「ひろし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ ひろし[形容詞]
いとひろし  ガールスひろし  日本ひろし  天下ひろし  芝生ひろし  大道ひろし  世界ひろし  

~ ひろし[形容詞]
幅もひろし  天が下はひろし  

ひろし[形容詞]
ひろしといえども二  ひろしと云  ひろしと歩  

名詞

ひろし[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ヒロシが近づいてきて  ヒロシはかういふ  ヒロシは夏川の顔をちらと見た  ヒロシの報せの言葉が穏やかなせゐか  ヒロシの意志がその中へ食ひこむ  ヒロシの仲間入りと言ひかける  ヒロシは女の言葉を使ふが  ヒロシはまだ十七八のお酌と一本の合の子ぐらゐにウブなところが残つてゐた  ヒロシはぴつたりと身体をすりよせる  ヒロシの三人がゐる  ヒロシやオコノミ焼の母娘を芸者のやうに総あげの  ヒロシのひたむきな情熱が陰にこもつて差向けられてきたので  ヒロシといふ虫が趣きが変つてゐたせゐだらう  ヒロシがその胸にだきしめてゐる  ヒロシの妙にトンチンカンな気品を思ひ描いてみた  ヒロシと三人食事の時やお茶を飲んだりする  ヒロシをからかひ  ヒロシの切なさを我身の切なさの如くに考へる  ヒロシに就て思ふ  ヒロシは悲しんでゐるだらう  ヒロシは悲しむか  ヒロシはよく眠りうるであらうか  ヒロシは夏川の当面してゐる  ヒロシの身勝手な指金を怒る  ヒロシも観念して  ヒロシは一滴も飲まない  ヒロシが歩いてゐた  ヒロシの切なる懇願もあらばこそ  ヒロシが嚔を始めたが  ヒロシは蚊の鳴く  ヒロシがかう  ヒロシが彼のうしろから階段を上つてきたが  ヒロシの手をつかんだ  ヒロシは腕をつかまれて  ヒロシの痩せて  ヒロシは変な声をもらしたが  ヒロシを軽々と担ぐ  ヒロシがキャアーッといふはりさける  ヒロシを担いだ  

~ ひろし[名詞]1
二十二のヒロシは  娘とヒロシの  母娘やヒロシと  中でヒロシの  のはヒロシと  夏川もヒロシの  やうにヒロシが  彼もヒロシも  如くにヒロシが  ときにヒロシが  急にふりむいてヒロシの  夏川ははだかのヒロシを  夏川はヒロシを  

~ ひろし[名詞]2
同時にヒロシ  なぜヒロシ  再びヒロシ  

複合名詞
鈴村ヒロシ  ヒロシつて  ヒロシ二人  ときヒロシ  大道ひろし  



前後の言葉をピックアップ
弘西寺        広し  比呂志      広敷  広重


動詞をランダムでピックアップ
靡き取りつかれる染っ待てたかれどき聞きすまし書き込ま捉えろ振分けん危ぶむさしだす用いれおいこみふくれあが叩か分けよ下廻る喰らえみおろす
形容詞をランダムでピックアップ
人懐こ憂してぬるい図太き腹黒き薄気味悪みじかしかぐろ慕わしかっ細かきあかけれわりなく甘ったるく古くさ遠白愛らしく堆い弱々しくっ堪え難かっ粘強