「芽」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
芽を含んでいる  芽が出るかという  芽をふいているかという  芽を吹いた  芽をふいてきた  芽が揃っとる  芽がすこし雪の下からのぞいてゐる  芽にぬくいひざし  芽を育てる  芽が出る出る  芽がでた  芽いそがしい旅の雨ふる  芽が出れば  芽をふく  芽をふかないけれど  芽を出し  芽を出している  芽が萠えた  芽が萌えたばかりである  芽をふきかけている  芽に見入っていたり  芽が出てくる  芽ざした傾斜面をつく  芽が出て  芽が出ません  芽の青またその色は藍で金石のてざはりぶらさがつた  芽をあげもの  芽ざして居た  芽を出せ  芽を見に  芽を吹き出さしめた  芽出たいことにちがいありません  芽を見な  芽が樺色の澁皮を落として  芽の出るまでは  芽を吹いている  芽を出しかけました  芽の出た  芽のふき出している  芽ざしつつあるのに  芽をふかす  芽がふくらむ  芽をふいて来ませんでした  芽出とうといいながら  芽が一寸位になった  芽を吹いて  芽をまッすぐに育っておくれ  芽や花に力をみせて  芽をもった  芽を吹きます  芽にさへ  芽もふかず  芽に降る  芽も葉も揉まれて  芽がふくらみ  芽を出したばかりの  芽をふいた  芽を出して  芽を出す  芽を出すとしたら  芽の形をして居たり  芽には必ずきっ  芽をい  芽を出して来た  芽を吹かず  芽を吹くは  芽の所を出して見て  芽の満足でいる  芽を落ちた  芽を吹く  芽というものが持つ  芽の一つに触れると  芽のような指先が出ているかの  芽を吹き  芽を吐いて  芽ざしている  芽を出したばかりだが  芽をすり潰して  芽が伸びだした  芽が三四寸伸びて出てゐた  芽の先を平らにひしや  芽を摘み取る  芽は五六寸伸びて  芽が思ふ  芽が出てみないと判らぬけれど  芽が出ない  芽がにょきんと出ました  芽に向かって  芽はずんずんのびて  芽が出揃わぬ  芽はやつと勢をとりもどし  芽の出そろつた  芽が出る  芽を出してゐた  芽歩きつづける  芽も吹かずに  芽をだしていましたし  芽やなんか出しました  芽を出しかけた  芽が葉になり  芽にした  芽を吹きだした  芽をふき  芽が生々と息づいていた  芽のついた  芽に如何な苦痛を与える  芽をもやす  芽がしなやかに強靭な枝を飾った  芽を出した  芽をとり  芽をすてる  芽が出るでしょうか  芽が大きく伸びて  芽の出る  芽が大きくなるまで  芽が出ようとも思はれぬ  芽を出しかけてゐるから  芽を出しかけてをりました  芽を出していた  芽を出させるという  芽をつけ小鳥をさへづらせる  芽をだしてゐるみづくさ  芽をふきかうして庭の隅つこの小さな畑ででも其の芽がだんだん莖となり  芽が出ないという  芽が生えて  芽がもえてゐた  芽を感じた  芽が育つ  芽を植え  芽が吹いたばかりの  芽を吹かせ  芽を出すと  芽を吹かない  芽をひき出さねばならないであろうと思う  芽が出て育つ  芽のあま皮がむけたばかり  芽を吹き始めた  芽をふきはじめ  芽も感じられ  芽をふいたばかりの  芽があちこちにふくらむでゐる  芽は全く今日戦争後の廃墟の間にばらまかれている  芽出とう御祝詞を申上げます  芽を出すであろうといって行かれた  芽を吹くといって  芽を生じて  芽が見られて  芽を生やす  芽とがかくされていると  芽を出して来たので  芽がひょろひょろと出ていた  芽がある  芽を育てようとする  芽が出ようとしている  芽をふみて  芽を吹いて来る  芽をふくという  芽を吹き出して来ると  芽は冬の内に生える  芽がむくむくと頭を持ち出し  芽を吹き出しているではないか  芽あるきつづける生き残  芽かよあれこれ食べる  芽や雪ふれば  芽やこれからである赤字つづきの  芽をひらく  芽がのびて  芽をおもひきり  芽が出かかっていた  芽は膨らみ  芽をふいてゐる  芽が延びてよ  芽も出て来たわ  芽を出さず  芽の中に既にいま頃から繚乱たる花が用意されている  芽をほごしませう  芽に満ちた  芽のようなものが見えたり  芽が温和しく光り  芽がもえだした  芽を一本かいてくれない  芽が枝の尖端のところから萌えいでてゐる  芽で僕の腕に小男根を描いてくれた  芽こそ細くも萠ゑにたれやがて春風そよそよと吹けば  芽をふき始めた  芽を含み  芽がのびる  芽の生長をみまもつたりした  芽も出る  芽をふいたと  芽も一晩のうちに伸びる  芽ざして来ているらしく感じて  芽を全体に吹いて  芽を伸ばして行く  芽の出掛  芽よはたち妻露にさめて  芽も青々とした  芽を摘みに行く  芽の出掛かった  芽は出やせんから  芽が見える  芽はすでに出ている  芽の内に花や実の想像はつかないとしても  芽は枝に顕はる  芽を蒔いたには  芽を蒔かなければならないほどの  芽は男子と燻りて  芽があると  芽を出せば  芽を育てて行く  芽を摘まなければならぬ  芽も摘まず  芽が萌え出て居る  芽が吹き出して居る  芽を択ぶ  芽のふくらみ出した  芽が伸びてゐた  芽をだすに  芽を指さした  芽をがむしゃらに延していた  芽のふくらみが  芽とを採ってくれた  芽をふいて来る  芽が萌えた  芽を吹きかけている  芽と花のひかりここでこそ私は自分の青い情感を光華印刷のやうに整理しよう  芽のような形に持上がって  芽をふきかけていた  芽を窓いっぱいにひろげてゐる  芽があつてもやはり妻を疑ふ  芽を伸ばしていた  芽を出して来ます  芽のふき出ている  芽がつみとられ  芽がふいている  芽が段々伸び育って  芽が見つかり  芽を吹かうともした  芽が出ている  芽を見る  芽を吹いていた  芽が発する  芽を出しかけていた  芽を出さない  芽を截り朝日と風と春耕節の鳥の声土の塊りはいちいちに影三れつ青らむクリスマスツリーと青ぞらひかれば  芽をたべてこい  芽を出しかけている  芽が出ないかと思って  芽を地面の奥でふき出したばかりといって  芽がそろって出て来るがな  芽を跳ぶ  芽をふいていた  芽などを食す  芽に眼を配った  芽は三寸あまりも伸びていた  芽を見て  芽を掻き起してやりながら  芽にあやまった  芽は輝き躍って  芽は犬に踏みにじられて  芽の延び過ぎた  芽を摘んで  芽を吹き始める  芽を延ばして来た  芽の萌える  芽が萌え出し  芽を出し掛けた  芽を噛み切る  芽をふいてくる  芽を出して来て  芽をふいたと思うと  芽をふき始める  芽が出始めて  芽の色に赤味が勝っていた  芽の出の最も遅かった樹がまっ先に紅葉するという  芽はなかなか出なかった  芽が出だしたけれども  芽が吹いて  芽かモメントかバネかが存在していない  芽は伸びゆけり  芽を噴きたるなり  芽を培われた  芽がひそんでいる  芽は出ない  芽を出そうともがいてさえいた  芽のふきでた  芽を噴いた  芽は生えて来ぬ  芽のために死ぬ  芽出たく事納まって  芽ざしが色づいたり思わぬ  芽を出してる  芽がふいたぞ  芽の萌黄に萌えつつも  芽を出しました  芽をのばしている  芽をふいて  芽が切なく叫んだ  芽をはぐくんで  芽を出していたが  芽を出し始めた  芽が出ましたね  芽が二度と生えると思って  芽を二度と吹かして呉れようとする  芽を吹いたり  芽のなかに燐光や樹液がながれあをじ  芽はネクタイピンにほし  芽の緑玉髄かけて行く  芽をあつめ  芽をふきからす  芽をのばした  芽だ紅くひかって  芽にはもう黄金いろの  芽はよき畑にまかれる  芽を見た  芽や桜草も咲いてゐたら  芽をわたってゐる  芽をだす  芽は蕾み  芽ぞ寸ばかり地を抽きて  芽にいでぬ  芽を吹き出さないという  芽が萌えようとしてゐる  芽を出します  芽を出しはすまいかと思った  芽も出  芽が出ようとは思われなかったが  芽が泉のわく  芽らしい形をしてふくらんでいた  芽を出さし  芽の出ぬ  芽が萌える  芽の吹いている  芽ざしていたか  芽が満地を蔽っていた  芽がまだ見えなかった  芽をくみ  芽を嗚呼ふきだしてくる  芽が嗚呼ふきだしてゐるではありませんか  芽が出ても  芽が伸びる  芽をふきましたので  芽がチョンビリのぞいて居る  芽のあった  芽があります  芽のようなものがありましょう  芽を摺り潰しますが  芽を保護する  芽を養う  芽が発生して  芽にはゾラニンという毒質を生じますから  芽の処は料理の時に切って捨てたり  芽を出させた  芽をだしはじめた  芽を持っている  芽のまだ若々しい頃に往って見ると  芽を出しかかっているではないか  芽が頭を出していないだけだ  芽がふいていた  芽をふきかけて居る  芽をふんで居る  芽をふんでいる  芽を出し得ないかという  芽の根本で呑気な体操の真似事をやっている  芽が伸び伸びと育たない  芽再び萌出る  芽が周囲の拒絶をも無みして  芽をふきました  芽が存していたけれども  芽を吹いておらん  芽を吹き出す  芽も充分水を吸っていよう  芽を萌ましめる  芽が途中で萎えてしまう  芽が健やかに肥えふとっていくとも言われる  芽をふき出した  芽をくむに至ったかは  芽がさかんに出る  芽が出て来たよ  芽が出てる  芽が吹いて出  芽はどうすれば  芽組んだばかりという  芽が吹きやがった  芽のほぐれた  芽がすくすくと伸びた  芽を栽ゑて置いた  芽を摘発し  芽が並んでおり  芽が無数についていた  芽を育てて居る  芽はなんとも云はれない  芽を赤い土の上に喜びにかゞやく瞳を持って  芽の生ひ  芽がやがて二三寸ものびたと思ふ  芽をも自由に生ひ立たせなかった  芽を出させて  芽が育まれてゐた  芽が吹き出した  芽のほぐれかかったのに  芽がのび  芽を出しはじめた  芽が徐々に根を張つたやうな形になつて来た  芽も出ない  芽を吹きだしてまいりました  芽の二本出た  芽の百合を見る  芽ばかり見守っていた  芽にさわろうとした  芽をいじった  芽は動き  芽にさわって見た  芽も忘れた  芽の先に露の玉を保っていた  芽の立派さに見惚れていた  芽を傷めるから  芽も折られてしまったかも知れない  芽は小さき芽とし  芽が伸びてゐる  芽を摘んでは  芽や花の蕾の匂ひが  芽が生えた  芽に水をやる  芽は一日一日と育ってゆきました  芽を出し始める  芽を誘いながら  芽を吹き出している  芽が摘めるかねえ  芽をだしそめた  芽が出た  芽が萌え出で  芽を含んだ  芽を露した  芽の緑を見せている  芽にぞ玉は貫く  芽もまだ宿してはいないと  芽があるか  芽が針程に延びて  芽を出したに過ぎない  芽がふき出すとしたら  芽はふかぬ  芽を生じ  芽はまさに伸びようとしている  芽を牽出され  芽を芽出たしめるという  芽を出しかけてゐます  芽もあるし  芽をはらんだ  芽を出しかけてきました  芽に似た  芽を一疋の姫蟹が摘み持ち  芽の出てくる  芽に日が射している  芽を伸ばし  芽の出て来る  芽の一つをむしった  芽が萠えてゐたし  芽を覗かせていた  芽をふいてゐた  芽は鋭くて人の足に立ち傷める  芽から摘んで  芽を吹いて来た  芽をもっている  芽を手に入れる  芽が吹き出す  芽も出ないだろう  芽が吹いて来た  芽が吹かず  芽にはぐくまれ  芽も葉もうごきはじめるも  芽を敵のために刈り取られる  芽も出さず  芽を吹きかけていた  芽を神経のように震わせている  芽も生えた  芽が興を引く  芽はどこにもとめよう  芽を吹け  芽を萌き枝を生じてゆく  芽を出していない  芽が葉を出して  芽の萌え出す  芽を吹かぬ  芽もほころび  芽が斯のやうに枝ぢゆうに萌え出て  芽を見する  芽が出てきて  芽を吹いてきた  芽をふきよったなあ  芽はまだ萌えざれども  芽出たき日ゆえ泣くまじと思いしに  芽を青々と愛らしく萌え出した  芽と共に健全に育つべしと思へり  芽にとまりて  芽につきたる  芽をあらはし  芽を思わせた  芽が出てゐるぞ  芽のふく  芽をふかしてみたい  芽が吹き  芽を吹きました  芽を吹くか吹かないかの  芽を吹いたどころか  芽んできた  芽が出だして  芽は既にうすい影を落すくらいには  芽を吹いていて  芽が万人の心に必ずある  芽の柵へつくる  芽を発す  芽青きこと染めたる如し  芽を吹かし  芽もこれを仏性と言う  芽を伸ばさんとし  芽を保存してゐた  芽が萌えはじめてきた  芽に蝶つきかねてめぐりけり  芽をいじけさせて  芽や実を採集した  芽を出して来る  芽の美しさでボーとなる  芽のような芽生えが出て来ている  芽をふくらしい  芽が二寸ほども延びていた  芽を摘みとり  芽を吹きや  芽がふくらんで  芽をだしました  芽を出していました  芽を育てます  芽をついばみ  芽もなんとなく活気づいて見える  芽をふきだす  芽をめぐませて呉れ  芽を抑制し  芽を現わす  芽をつけていた  芽のところを中心にして  芽を視線で君に指し示した  芽出たい席で底拔けに頂戴しますわい  芽出たうおます  芽出たい言うても  芽いづるより片葉蘆と生ずる  芽を枯らしてしまった  芽が雄々しく出るから  芽が出て来る  芽出つ葉にもまた三出葉が見られる  芽を擁している  芽を吹いたので  芽を出させる  芽がたつた  芽を出すかもわからない  芽の出ようが  芽をふいて来た  芽の銀色はいかにもさうとより思はれない  芽をもぎ取って  芽だけを発育させなければならない  芽をふくほどの春風のほの  芽のくきくきと出揃う  芽を採る  芽がちよくち  芽を蒔きちらし  芽ざした社会主義との排斥をする  芽が生える  芽を出したけれど  芽を一本おくれよ  芽が地を破って  芽をはぐくんでる  芽ざしかけてゐた  芽が吹き出し  芽が植えつけられてしまった  芽ほどな實現でも見たらうか  芽を吐きたり  芽がふくらんで来たそうです  芽をくれた  芽があって  芽がこの頃めだって  芽尖がある  芽にどうやら和やかな一面を引き出された  芽を摘む  芽をこんなにして  芽の摘み取られ  芽が摘まれた  芽は摘まれた  芽を心行くばかり摘み取らせる  芽をふかない  芽を出したら  芽を吹きはじめているらしかった  芽をふくらませた  芽はひかり樹液はし  芽を出しかけているともいえるであろう  芽を摘みきられるにも  芽を出しはじめたらしい  芽を出しはじめ  芽はある  芽がもえてゐます  芽を吹きに  芽を吹くという  芽をどういう理由で僕達の手で又葬るべきだと云う  芽が雪にまじって散った  芽の春の草かすかににほふ  芽に沁みたる  芽でも吹き  芽がしよぼしよぼで  芽にそそぎ  芽に沁みて  芽に茎に渦巻きて  芽をふいている  芽がとんがった  芽の見物をした  芽を出せという  芽の漂う  芽をつんでしまってるのよ  芽をつんで  芽のように円くしなう  芽のぶる  芽を疎らに墨のやうな色をした  芽を吹いていたり  芽の如くに生ず  芽を吹いてゐない  芽をのばさうと心がけてゐる  芽えつつある  芽を吹きかけたばかしの  芽が生えて来た  芽を出してしまう  芽が青く萌えた  芽のようなエネルギーをもっているという  芽を出させ  芽の出かかっている  芽を出したが  芽を吹いているに過ぎない  芽をふくみ  芽が一面に地からハジけ出て居る  芽の生へる  芽も種も枯れ果てるであろうと気づかはれた  芽は自らを延ばし得た  芽は生へぬ  芽も何処かにある  芽を貫目にかけて筵にあける  芽を發し  芽が出るといふ  芽を抽かんとするが如くである  芽も皆張り膨らみて  芽が吹くとか  芽をふきて  芽を贈りて  芽もからくその實もからくその皮もからし  芽を摘みて  芽を摘みかねつ  芽を尋ぬればさきだつ  芽は油にいりて  芽のほどろに春のたけ行けば  芽のまたも逢ふべき  芽をたづね入る  芽の柘榴のうれに  芽のような絵が描いてあった  芽の出ない  芽が眠つてゐる  芽が育ちかけていた  芽ざしかけていた  芽が吹いた  芽をふき始めます  芽はたとえそれが生活の中心へ来なくても  芽を大きくする  芽がたくさん閑却されても  芽を培え  芽の成長を助ける  芽がその当然成長すべきだけ  芽を力強く成長させなくてはならない  芽は自分で生かせようと努めないでも  芽を培養しなくてはならない  芽の培養があります  芽は芽の内に枯れてしまいました  芽を培養する  芽が萠え出ている  

~ 芽[名詞]1
同化の芽を  ことでいつ芽が  命は芽を  それが芽を  草の芽が  雪も晴れ伸びた芽に  #麦の芽と  木の芽草の芽を  草の芽の  百合の芽  やつと芽が  蕗の芽も  木の芽草の芽  そこに芽を  媚の芽を  室町に芽  イタリア旅行から芽を  ねずみ色に光った芽が  上で芽を  茶の芽の  草の芽に  仕事に芽が  いつまでも芽が  もろ麥の芽の  土のうへの芽の  麥よ芽を  あざみの芽を  ような芽を  往生が出来たら芽  楢の芽を  此豆に芽の  盛に芽を  姑息とが芽を  中から芽を  気運が芽  山独活の芽が  麦の芽が  柳が芽を  叡智の芽  恋愛のきざしと共に芽を  蘆の芽に  蘆は芽も  葦の芽に  大風に芽も  猫柳の芽が  種から芽を  胞子でも芽を  皆な芽を  なつた芽の  植木の芽を  梧桐の芽を  急に芽を  部分から芽を  男には芽も  蘆の芽の  蘇鉄が芽を  種が芽を  時候だし芽の  柳は芽を  中に芽  アミアカ樹の芽を  竹の芽の  竹の芽が  竹の芽を  間に出てゐる芽が  柿の芽は  人参の芽が  灌木が芽を  植物は芽と  芭蕉が芽を  これで芽を  草の芽は  あざみの芽や  籾が芽を  時一枝折って来てさし芽に  草が芽を  希望の芽が  純真な芽に  一寸ばかりの芽を  たらの芽は  漆の芽なども  薬草の芽を  菊の芽を  #きくの芽を  二葉に芽が  来年の芽の  戦争も芽  突発の芽  人間の芽  日本人の生む芽は  桜草が芽を  其那ところへ芽を  雑草が芽を  水を撒いて芽を  青青と芽を  種に芽が  わたしが芽を  一つの芽を  物の芽が  あざみの芽が  それを芽を  生活が芽を  なりともある芽を  緑の芽が  思想的対立が芽を  才能の芽も  #いのちの芽だけ  猫やなぎの芽が  種や芽は  焼き栗も芽を  栗も芽を  杖が芽を  根をさし芽を  新生の芽が  生生とした芽を  萌黄の芽を  これも芽  ヒューマニズムの芽とが  発達の芽が  葉の芽が  恋は芽を  麥の芽を  理解が芽を  位な芽  幾日に芽を  草花が芽を  名も芽  海草の芽は  水仙の芽かよ  まま雑草として芽を  草の芽や  孤立した芽を  蕨などの芽が  土筆の芽が  桑の芽は  芍薬の芽が  蔦の芽も  御形も芽を  冬の芽の  芸術の芽に  ぜんまいの芽の  楊の芽が  民主的文学の芽が  杉の芽が  水仙が芽を  漆の芽で  間に芽こそ  本能が生まれて始めて芽を  いのちの芽を  表現の芽を  工業の芽が  芽刈り刈れば刈るほど芽が  茗荷の芽も  若草の芽も  何物かが芽  薄茶色の芽を  健全な芽を  五寸程芽の  白百合の芽よ  草の芽も  蓬の芽を  五寸ほど芽の  やくざを構っとると芽は  心が芽を  力の芽は  才能の芽が  いまに芽を  恋の芽も  九月の芽を  鮮かな芽が  顔を出して居る芽を  わきに在る芽は  蓮華の芽が  くり揃った芽を  一本の芽を  春の芽を  艶や芽の  出の芽とを  蕗の芽は  堕落が芽を  灌木の芽と  慈姑の芽の  どこかで芽を  草の芽などより  川柳が芽を  愛の芽が  にんじんの芽  馬鈴薯も芽を  ものの芽が  最初の芽が  運の芽が  家から出た芽の  皆な芽  稗の芽が  焼跡から芽を  草の芽を  柔かな芽を  草木の芽が  藻も芽を  じきに芽を  頭に芽を  ばらが芽を  截り芽を  針にかはって芽を  黄いろな芽を  花も芽を  妓にも芽が  大事な芽を  麻の芽を  今に芽が  草木の芽などを  早春黒髪三品山色連天葦の芽  たらの芽でも  麦の芽に  小麦の芽は  麦の芽を  麦の芽の  麦の芽は  芝居の芽  緑の芽を  芝の芽の  木々には芽が  世間的に芽を  根から芽を  大根の芽を  ことは芽  蘇鉄の芽も  柳などが芽を  樹も芽を  杉苔が芽を  樹が芽を  楓が芽を  柳の芽が  木々の芽  蓮の芽は  蓮の芽が  種か芽か  重大な芽が  誇りが芽を  三年では芽は  それは芽を  世の中に芽を  増長させて云う芽が  自負心が芽を  背にして芽を  公孫樹の芽が  桑の芽の  足からも芽を  足から芽を  木が芽を  緑色の芽を  大切な芽に  盛んに芽を  愛の芽を  代わりが芽を  新たに芽を  気持ちの芽が  愛情の芽を  ところで芽を  幹や芽の  まつの芽は  松の芽の  白樺も芽を  たち萱の芽  萱の芽  黄いろな芽の  さの芽には  素描の芽を  羊歯のやはらかな芽や  水ばせうの芽を  淡紅緑の芽は  水仙の芽ぞ  蕨の芽が  中で芽を  そこらに芽を  春になって芽を  心から芽が  緑の芽の  恋愛が芽  枝が芽を  みんな銀色の芽を  お家騒動が芽を  放縦が芽を  放縦の芽が  みどり色の芽を  みどりの芽が  一度に芽を  虚栄心の芽の  ような芽の  ジャガ芋の芽には  根笹の芽  丹波栗が芽を  暴徒が芽を  薯の芽を  花の芽を  蘗が芽を  不和の芽が  樟の芽の  僅に芽を  文化が芽  翌年草の芽  生活の芽が  もとに芽を  ココアの芽も  工場の芽を  そこに芽んで  うちに芽を  素質の芽が  木は芽を  米粒ほどの芽を  樹の芽を  ヤブカンゾウの芽が  おれの芽が  戦災後に芽を  葦の芽が  芸術の芽を  危険の芽を  圧迫されながらも芽を  草の芽をも  トマトの芽を  粟島伝説の芽が  キャベツの芽の  ワラビの芽が  運動が芽を  新らしい芽は  蓮の芽の  けちな芽を  芸術の芽も  根から芽の  ちんぼ芽の  百合の芽が  百合の芽ばかり  方の芽に  百合の芽を  三寸に足りない芽は  左の芽に  ちんぼ芽じゃ  百合の芽も  百合の芽の  刈萱の芽に  サフランの芽が  鬱金色の芽を  系統が芽を  雑木の芽を  山椒の芽が  春の芽が  柳の芽にぞ  恋愛の芽も  一叢の芽を  さが芽を  草も芽を  僅かに芽を  切り口からは芽は  はじめに芽を  新鮮な芽は  ものの芽を  元気に芽を  芝居の芽も  朝顔の芽に  山葵の芽を  働きが芽を  あとから芽の  人格の芽を  薄みどりの芽が  銀茶色の芽を  柳も芽を  茅の芽は  一列に芽を  芸術の芽  二つの芽を  資質の芽と  初めた芽が  柳に芽が  枯木に芽が  芸者では芽が  ものが芽を  雑草の芽に  工場に於ける芽を  碌に芽も  簇った芽を  独創の芽も  歯朶の芽が  蔦よ芽を  からたちの芽や  馬酔木の芽の  桑の芽も  若草の芽が  選挙からは芽が  若葉の芽を  木立の芽も  生命の芽を  そこから曲った芽が  胸に芽を  グンと芽を  アア今日は芽  ものも芽を  萩の芽と共に  探り物の芽に  萩の芽に  真白な芽を  ツクシンボウの芽が  具足屋が芽を  あなたも芽が  立派に芽を  春になったら芽を  中に芽ん  どんぐりから芽を  草の芽  人格完成の芽も  草木の芽や  正義の芽を  苔が芽を  悪疫の芽が  杉の芽に  さきに芽の  植物の芽や  サンショの芽の  時から芽を  内部で芽を  罪の芽を  芽麦が芽を  落葉樹の芽が  蕗の薹などが芽を  心に芽を  胸に和ぎの芽を  平和の芽を  木々の芽も  ここで芽を  優い芽を  能力の芽を  木の葉が芽を  受て芽  話の芽を  球茎から芽が  幹から芽  葉腋にある芽を  立派な芽を  やうな芽が  若草が芽を  猫柳の芽の  新らしい芽が  蔓の芽を  蕾の芽だけを  頃から芽を  昼となれば芽を  たらの芽が  雪の下から芽を  黄水仙の芽も  上に芽を  いっしょに芽  方に芽を  山吹の芽を  犯罪とかの芽を  平和を芽  不幸な芽が  柳の芽ほどな  植物が芽を  蘆荻はや芽を  楊柳の芽が  これまで見馴れない芽が  六七寸の芽の  自然に生えた芽を  名のつく芽が  実生の芽が  功名心が芽を  隅で芽を  一度に伸びる芽  蔦の芽に  蔦の芽でも  蔦の芽を  蔦の芽の  蔦の芽が  蔦の芽は  草木の芽に対する  割目で芽を  中に芽を  ばらの芽は  因子が芽を  健全な芽が  動きの芽は  文化の芽を  龜鶴丸といふ芽  蕗の芽が  物の芽に  蕨の芽に  柳の芽の  處にいたりて芽  プツプツと芽を  徳の芽  山吹の芽が  あれが芽  ニラの芽の  枝にはまされる芽  茅の芽の  ジャガイモは芽を  ためには芽を  独活の芽の  牡丹の芽の  二度目の芽を  葦が芽を  根より芽の  精神が芽を  やつと芽を  洋風審美の芽が  ギリシアの芽は  それは伸びゆく生ける芽  一本の芽  微かな芽を  櫻の芽を  翠い芽が  私は芽の  草も芽も  葉を芽  生きの芽の  笹の芽  常磐木が芽を  茶の芽を  其處から芽を  花を開かしめ芽を  花が開き芽が  將に芽を  彩に芽を  そこから芽が  柳の芽という  所に芽を  桃の芽を  山椒の芽を  しき木なり芽も  枝の芽を  たらの木の芽を  たらの芽の  らゆればすなはちもゆるたらの芽の  雨ふり山椒の芽を  創造の芽が  去年から芽を  春を芽  盛者必衰の芽が  中には芽を  木立が芽を  時期に萌えいでた芽は  一切の芽を  一切の芽が  他の芽を  方面の芽は  精神的な芽を  一切の芽の  多くの芽は  精神的の芽を  

~ 芽[名詞]2
いい芽  にぶい芽  早くから芽  紅い芽  青い芽  やや芽  早く芽  青き芽  暗い芽  この芽  こまかい芽  一向に芽  かがやかしい芽  赤い芽  新しい芽  小さな芽  ちゃんと芽  小さい芽  やっと芽  その芽  どうして芽  かわいらしい芽  もう芽  すでに芽  どうやら芽  若い芽  かたい芽  其の芽  いっこう芽  未だ芽  再び芽  段々芽  次第に芽  よき芽  青く芽  そろそろ芽  たちまち芽  折角芽  柔かい芽  はじめて芽  まだ芽  やわらかい芽  ひどく芽  あかい芽  だんだん芽  二度と芽  嘗て芽  おいおい芽  薄く芽  ちょっぴり芽  稚い芽  優しい芽  いたましき芽  若々しい芽  初めて芽  あんなに芽  少し芽  まっさきに芽  ようやく芽  だいぶ芽  黄色い芽  よし芽  あの芽  そういう芽  いよいよ芽  美しい芽  大きい芽  力強い芽  香ばしく芽  漸く芽  太い芽  小さき芽  なく芽  どの芽  好い芽  全然芽  怪しき芽  大きに芽  同じ芽  悉く芽  ますます芽  ひょいと芽  そのうち芽  ずっと芽  細い芽  苦き芽  ふたたび芽  せっかく芽  いつの間にか芽  いち早く芽  大いに芽  美味しい芽  なんとなく芽  思いがけない芽  はっと芽  赤き芽  力強く芽  つまらない芽  

複合名詞
芽出度  ところ芽  なんしょ芽桑  芽桑  芽乞食  芽柳  芽麦  芽麥  芽望み  萠芽  芽水銀歇私的利亞  芽青み  元年十一月十二日芽出度  芽出度い  その他俳諧師牧乙芽  乙芽  芽立  皮ゆ青芽  芽東京  佐渡芽  芽生み  心芽  紫芽  芽立て  春芽  芽あめ牛  二三寸芽  幼芽  芽生  其根芽  芽出度婚礼  芽蕨  玉葱芽  芽樹  芽人声  芽だらけ  芽どこ  このごろ芽  いま芽  却つて芽  芽刈り唄  芽刈り  芽刈り刈ら  菟芽子  ビ瘡痍ヨリ芽フキテソノ傾ケル紅ハ茎ナガクイトハルカナル方ニムカフ  芽出度凱旋  今日芽  いつか芽  十芽生  芽ん  萱草芽  めっかち生芽  芽分け  芽出度芽出度  芽達  吹キ芽  松岡緑芽  荒芽山  荒芽  節荒芽山畔路叉  祝い芽出度  芽の  翠芽  芽皮  芽ひとつ  通り芽  堤芽柳  わか芽  芽出度い話  二本芽  赤芽  一芽  芽枝剪栽法  其心芽  芽出  二番芽  老幼芽出度  芽まれ  茅芽  一本芽  緑芽  娘さ芽出度  簇つた芽  土用芽  春一度芽  さくら芽  これ位芽出度  二芽ぐめる枝  芽ばん  芽ば  芽地上  芽地中  芽出づ  芽ア  一番芽出度  大変芽出度  梢芽  青翠芽  芽出ちの苗  芽株  序曲芽  芽出度いね  萠芽的  二芽  二〇芽  一芽十銭  最初芽  わき芽  芽とり  芽外皮  葦芽  輪番芽  芽ふく  根芽つなぎはつ  芝芽  



前後の言葉をピックアップ
ムーヴマン  ムーヴメント  ムヽ  ムヽウ  ムヽー  芽差し  目くじら  目くそ  目八分  目正月


動詞をランダムでピックアップ
凍る語り合いのたまう負け持し釣込ましたためるめげなげろひきしまりなぐさま切上げ尽きれはしゃが名乗っ垂れ下が能くし聞き取れるだしぬく弾ん
形容詞をランダムでピックアップ
寂しかっ重苦しくっくるしゅうわろ繁き恥しかっ狭うごつ忙しけれ見好忙しなくくさくっいたたまれなく薄気味悪物堅くっおかしいいかめしいあやい血腥空しかろ