「畳ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 畳ん[動詞]
中へ畳ん  家を畳ん  四ツに畳ん  棄を畳ん  紙を解いて見ると、小さく畳ん  叮嚀に畳ん  蚊帳を畳ん  毛布の畳ん  ポケットから小さく畳ん  店を畳ん  キャロルを畳ん  新聞を畳ん  紙を小さく畳ん  着物を畳ん  青瑪瑙を畳ん  褞袍をぐるぐると畳ん  室に入り、まだ畳ん  着物の畳ん  底に畳ん  裏へ折り返して畳ん  めていますと、畳ん  紙を畳ん  わきに畳ん  棹を畳ん  住居を畳ん  皿にのせず、畳ん  一緒に畳ん  毛布がきちんと畳ん  洋傘を畳ん  スッと畳ん  四つばかりに畳ん  革紐に似て居り、畳ん  袂から畳ん  八つに畳ん  釣手をはずして、長く畳ん  蒟蒻版を畳ん  瀧子は、きちんと畳ん  石で畳ん  涙に濡れた、細り畳ん  懐に畳ん  洋傘は畳ん  着物を引っ張ったり畳ん  小父の脱棄てを畳ん  母親は畳ん  単衣物をきちんと畳ん  東京地図を畳ん  事務所を畳ん  穂高岳を畳ん  ところに、畳ん  無頼漢を畳ん  着ものを畳ん  丁寧に畳ん  胸を畳ん  そこに畳ん  寝間着を畳ん  涎が垂れるので、畳ん  老舗を畳ん  蝙蝠傘は畳ん  傍に畳ん  自分で畳ん  柄を畳ん  袴を畳ん  自分はまたひとしきり、脱棄てを畳ん  物を畳ん  写真版を畳ん  のを畳ん  胸に畳ん  紙片を畳ん  座敷から新聞を畳ん  茶の間へ来て、畳ん  空洞になっていて畳ん  間胸に畳ん  円石を畳ん  毛布が畳ん  四人落ち合うと、畳ん  手帖を畳ん  手を返して、畳ん  石を畳ん  帯をほどき、畳ん  着物も畳ん  縫ひ畳ん  律義に畳ん  洋服を畳ん  店も畳ん  下手に畳ん  通りに畳ん  懐から畳ん  手紙を畳ん  所に畳ん  会釈も仕後れて、畳ん  懐に小さく畳ん  五ツ紋を、畳ん  網を畳ん  無造作に畳ん  四つに畳ん  折り紙を畳ん  寝道具を畳ん  検べたら、小さく畳ん  そこも畳ん  着物なぞを畳ん  羽根を畳ん  四折に畳ん  夕刊を畳ん  手拭を畳ん  原稿紙の畳ん  我胸一つに畳ん  手拭の畳ん  覗き窓をあけると、畳ん  皺が畳ん  先生、こうして畳ん  寝床を畳ん  蝙蝠傘を畳ん  お前、その畳ん  手判紙の畳ん  羽織を畳ん  額に畳ん  涼傘を畳ん  傘を畳ん  スツと畳ん  葉を畳ん  めいに畳ん  つた家を畳ん  拍子に、畳ん  皺をくすぐったげに畳ん  風呂敷を畳ん  新聞で畳ん  千代紙で畳ん  つばさを畳ん  白扇をとって、煽ぎながら、畳ん  道具を畳ん  半紙を細かく畳ん  野郎一人ぐれえなら畳ん  遺書を畳ん  一緒に重ねて畳ん  丸石を畳ん  所帯を畳ん  帯をきちんと畳ん  煉瓦を畳ん  何か大きな畳ん  それを又畳ん  浜は畳ん  衣類などを畳ん  形に畳ん  羽織を、脱いだり、着たり畳ん  ひがしへ畳ん  胸にだけ畳ん  ふところから鼻紙の畳ん  お召物を畳ん  双方から畳ん  展してまた畳ん  世帯を畳ん  ように畳ん  帰りには畳ん  紙切れを畳ん  おむつを畳ん  紙を畳んでは刻み、刻んでは畳ん  例の畳ん  きれいに畳ん  細鱗を畳ん  名古屋扇も開くに及ばず、畳ん  それを翳していたか、畳ん  癖に、薄汚れた畳ん  手に、畳ん  土耳古帽を取って、きちんと畳ん  心に畳ん  蒲団を畳ん  タオルを畳ん  二枚に畳ん  大理石で畳ん  一面に畳ん  桐油合羽を小さく畳ん  二つに畳ん  さし俯向いて、畳ん  火熨をかけて、畳ん  解剖して小さく畳ん  夜具を畳ん  ちゃんと胸に畳ん  それを畳ん  ここへ畳ん  衣装を畳ん  新聞を隠そうとして、畳ん  洗濯物を畳ん  のし広げて、畳ん  うどんをのして畳ん  上に畳ん  衣服は手早く畳ん  のは畳ん  夜着の畳ん  夜着が畳ん  ていねいに畳ん  ヘラ台の畳ん  服を黙って畳ん  羽織などを畳ん  着物をきちんと畳ん  石垣を畳ん  投網を畳ん  蓆を畳ん  自然石を畳ん  ポケットへ、畳ん  不断着を畳ん  日常肚に畳ん  ふところからきれいに畳ん  ふところから手ぬぐいの畳ん  間に小さく畳ん  シャツを畳ん  布を畳ん  中の畳ん  掻捲も、畳ん  から、さっぱりと畳ん  薩張と畳ん  自分は畳ん  そばに畳ん  一部から畳ん  影を畳ん  家もとうに畳ん  紀久子が畳ん  羽織着物を畳ん  いくつにも畳ん  帯上を畳ん  皺を延ばして畳ん  おしめを畳ん  ものを畳ん  紙帳を畳ん  皺を畳ん  空箱を畳ん  切石を畳ん  白木綿を畳ん  さつきから盛子がひろげたり畳ん  岩で畳ん  芦を畳ん  中に畳ん  下から石段を畳ん  隅に畳ん  肚に畳ん  桐油合羽を畳ん  しずかに畳ん  手附きでせっせと畳ん  胸一つに畳ん  端を折返して小さく畳ん  法帖を畳ん  外套を畳ん  キレイに畳ん  四角に畳ん  シートを畳ん  蝶は畳ん  床几を、畳ん  勝利を畳ん  幾枚も畳ん  日傘を畳ん  見台を畳ん  それツ、畳ん  雨傘は、開いて翳しても、畳ん  そのまま傘を畳ん  べら絽が畳ん  敷蒲団、畳ん  級に属するか分らない、折って畳ん  立停まって、畳ん  帯を解いて、畳ん  首やらがむくむくと、まるで畳ん  これを見ると、きちんと畳ん  凭せながら、畳ん  支那扇を畳ん  肌着を畳ん  風呂敷の畳ん  小田原提灯を畳ん  何頁かを、畳ん  やつを畳ん  扁たく畳ん  傘は畳ん  のは、小さく畳ん  布団が畳ん  新聞紙をとりあげて見ていたが、そのまま畳ん  腰に帯び、畳ん  大岩を畳ん  字に折って畳ん  両足は畳ん  ゆうべ私に脱がせて畳ん  毛布を畳ん  とき、畳ん  やつだから畳ん  乱箱に畳ん  扇を畳ん  帆は決して畳ん  ぬれ手拭を畳ん  頭に畳ん  ように小さく畳ん  瞬間に畳ん  そうに畳ん  翼を畳ん  ここで、畳ん  磐石を畳ん  手紙をいそいで畳ん  ブランケットを畳ん  風船はそのまま小さく畳ん  蒲団はすでに畳ん  後には畳ん  



前後の言葉をピックアップ
祟れ  祟ろ  多端  他端  たたん  タタン  タタール      


動詞をランダムでピックアップ
思い返せなくなすにぎる肥ら立てれ惜しめかたそまちがえ持上げる曲ら得せ坐ろ吹飛ばすそらうそぶく競上げおこりかけ込も受かれ革まりはずさ
形容詞をランダムでピックアップ
まわりくどくすずし蒼くおおうよくっいとわし目敏き固き円い固から悲しけれ陰気臭かっ余儀なけれもろし芳しおとなしゅう怪しから凄まじき薄汚い美しき