「目八分」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

目八分[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
目八分に見ている  目八分の所にやって  目八分に捧げて  目八分に上げながら  目八分に持って来た  目八分に持て出て来ました  目八分に捧げて這入って来た  目八分に持ち上げる  目八分にささげ持って  目八分の高さに雪渓の端が顕れた  目八分にささげた  目八分に見て  目八分に杯をさし上げた  目八分に透かすと  目八分にささげて入って来るおどけた  

~ 目八分[名詞]1
浮世を目八分に  腕をまげて目八分の  御用箱を目八分に  茶碗を目八分に  斜に向けて目八分に  小笠原流の目八分に  椀を目八分に  銀盆を目八分に  そいつを目八分に  ように目八分に  奉書を目八分に  右に折れて目八分の  お盆を目八分に  三宝を目八分に  鉄砲を目八分に  

~ 目八分[名詞]2
わざと目八分  

複合名詞



前後の言葉をピックアップ
ムヽー    芽差し  目くじら  目くそ  目正月  海布  目医者  目だっ  目差し


動詞をランダムでピックアップ
狂わせるほころばす出かけるすりつぶしまね替えん投げこも惜しみ掻き集めつけあがり零しつなぎ止めよふんぎり鳴らせよぶつける綴じ込みふるぼけ期そ押し出さ
形容詞をランダムでピックアップ
堆し手厳しはかない馬鹿馬鹿し濃けれ堪難く憎々しき古臭いひらべったく細かく長く気恥しかっ酷けりゃ若し苦くあかぐろくけうとむつかしかろ手軽きうら若く