「繪」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
繪に見入つてゐたら  繪もきつと  繪のやうな風景が出  繪入小説を書いてゐる  繪にも描くだらうからと  繪のやうな空家とその庭とを目に入れた  繪で見たべよ  繪をかいた  繪の具にて塗りて作りしと思はる  繪の具を付けたるも有り  繪の具入れとせし  繪の具を入れたる  繪の具の類を造りし  繪の具を以て畫きたり  繪などで見るべき  繪の或る複雜な構圖と同じやうな不可解さをもつて  繪がはつきり見えだす  繪のことを話してゐる  繪のことをあまり知らない  繪のことを何も知らないせゐだと信じた  繪で埋まつてゐる  繪に囚はれてゐたといつても  繪入新聞の中に見かけ  繪にでもしたらと思ふばかりに  繪を誰が描いた  繪になつて私の眼に映  繪がはいり  繪に見入つてゐると  繪は自分で描い  繪のやうな氣がする  繪に見る  繪に描いた  繪にかいた  繪にもされた  繪の具で描かせた  繪を眺め  繪の中にある  繪でも思ひかへす  繪即ち書き  繪を描くので  繪のよいのが出たといふので  繪を見てゐると  繪を描いたり  繪にしても  繪などを思ひ出しました  繪のやうな美しさがあるだらうと  繪に適する  繪を理解する  繪の所有者となつてゐた  繪を見に  繪の前から離れられずにゐたが  繪に近づいて  繪の一部をしきりに擦  繪をよく憶えていらつしやいますか  繪がどんなに變つてゐるかを  繪の前に立つてゐる  繪に對する  繪の上に移しながら  繪がおのづか  繪の置かれてある  繪の前を通り過ぎた  繪を見せられ  繪の前を去りながら  繪と向ひ  繪が並んでゐた  繪は騷しいだけな  繪の前だけに一層目立つて見えた  繪のなかの漂流物の間に混つてゐた  繪を自分の二十代が終らうとしてゐる  繪を見てきてから  繪にだけすがりついてゐる  繪の中で死に  繪の具皿に浸ると  繪は旨いぢやありませんかと  繪を教へてゐた  繪がかいて  繪を知つてるだけで  繪になりますと  繪に致しましても  繪の邪道に落ちてゐる  繪を仕上げた  繪を描くと  繪を描いてゐる  繪を描き上げると  繪の具を合せたり  繪の具を溶く  繪を描いて居ります  繪をやる  繪を描いてらつしやるの  繪でもやらうかしら  繪にしてゐる  繪について語りながら  繪は價値がある  繪は椿岳氏から學ばれた  繪か何かのやうにかれ  繪になつて展けられて  繪のやうに展開されてある  繪のほとりを歩いたり青ざめた  繪を旅人の眉に懸  繪はほんのりおまへの額に消えかかり  繪をよこせ  繪を描いてよこせば  繪などに見るべき  繪を見に出かける  繪が刷られてあるかと思ふと  繪がかかつてゐる  繪を見た  繪を先日拜見しました  繪を展いた  繪を認めたと  繪があります  繪描きになり  繪が描いておれた  繪がチョウクで描いてある  繪にのみ見てし  繪と彫刻とを見た  繪のやうになつてしまひ  繪に見るごとき  繪があの本の表紙についてゐたらう  繪を見て  繪と双方兼ね  繪をつけて  繪や上繪や釉藥の力を借りる  繪を描いて  繪は明代の繪畫をみる  繪になる  繪本露の小人ジヤム地獄トランプちやん桃太郎ポケツトすみれとてふてふつかまへたいな  繪のある  繪を見てゐる  繪に見入つてゐる  繪を書かうとも  繪にもどの繪にも同じ四つ目垣の何處かの部分が顏を出して居たり  繪を見ると  繪の裏へ極めて大まかに描き始めた  繪がもう少し人の目にうまく見えなければ  繪を描いてる  繪になつて居た  繪の中で一枚も此の美しい光景を描いた  繪を描いて居る  繪の穴を埋める  繪として見る  繪は消えて  繪を見て居た  繪の底に隱れた  繪に味ひが  繪を見せて  繪の上端に押した置き  繪の動機に浮んで見える  繪を寺に留めて置いて  繪を借りて  繪のまへにたつた  繪を描き  繪と文は確然と分離してゐないと  繪を離れて  繪がある  繪をみた  繪などで見ただけだつた  繪にも取られてある  繪で描いた  繪のかいてある  繪をながめつ  繪でも描く  繪を想ひ出した  繪描きさんがよく見えます  繪描きのやうな青年がひとりで雨宿りして  繪になり  繪の寫眞版が殘つてゐた  繪をかく爲めに旅に出なければならなかつた  繪によつて生活しなければならなかつたので  繪の心得のある  繪にしかふさはない山の樣に言はれないでも  繪の左富士を想はす角度にその山を仰ぐので  繪がずらりと懸っていた  繪のような多島海を過ぎ  繪の書いた  繪が見え出した  繪を愛し出したのに  繪に興味を持つたり  繪でも見てゐる  繪のなかですべての女たちがしてゐる  繪に依つて  繪が見たかつた  繪に畫いて  繪を描く  繪にのみ見た  繪の面に濕つた仄かな油のひほひは  繪の女王や昆虫の彩色を痒いほど押しては貼り  繪はかかりたり  繪を手の甲に押し  繪を手本にして  繪に描く  繪をいたく愛して  繪ばかり描いてゐた  繪が大部を占めてゐた  繪の道具なんぞと一し  繪の道具にとりまかれながら  繪をお描きにな  繪に描きたいというて  繪となり  繪をかくかと思へば  繪を描いてゐたらしい  繪や詩などを書いて  繪といふ唇齒の關係をもつてゐる  繪が描いてあるといつた  繪にさへ  繪といふ重大な援けがある  繪解き的な理解も共にして見せなければ  繪のたすけがあるから  繪そらごとに見えてくる  繪の具で厚くでこでこと盛り上げられて居る  繪の具で並列せしめられた  繪が染めてある  繪にある  繪の前にころりと落ちた  繪と引き合はせた  繪もまがりの  繪を好む  繪に強烈な趣味を有するに  繪に夢中になつてゐた  繪の色が私の夢のそれに似てゐたからで  繪に一種の劇し  繪をかきてあり  繪を掛けし  繪にそへてかう書いてある  繪が出  繪を見ても  繪をかく  繪を手に入れた  繪の具の買ひ足しにいつて  繪を欲しいと思つてとうとう手に入れ  繪から受けた  繪をよせてゐた  

~ 繪[名詞]1
ピカソの繪の  表紙の繪に  種の繪に  馬などの繪を  のが繪よりも  之を以て繪の  赤色の繪の  廣重の繪などで  ウヰリアム・ブレイクの繪の  ルウベンスの繪の  壁が繪で  當時の繪か  我々の繪  弟子達の繪も  茄子畠は繪にでも  樂しませるに足りる繪  うらみ葛の葉などを現した繪も  のも繪の  さまなどがをりをり繪に  素描の繪が  猫の繪に  猫の繪は  世界は繪の  唄にも繪にも  爲に繪の  浮世草紙の繪を  地獄の繪の  樂しい繪でも  一部分は繪  松崎大尉の繪の  軍艦の繪を  鉛筆で繪を  乞食の繪などを  レンブラントの繪の  自分の繪を  セザンヌの繪を  氏の繪の  やうな繪の  キリコの繪と  數枚の繪が  靜かな繪の  キリコの繪の  悲痛な繪を  キリコの繪にだけ  詩や繪の  正岡の繪は  堂助が繪を  樣な繪が  男の繪を  良秀の繪に  五趣生死の繪に  良秀の繪の  屏風の繪を  男が繪を  祕密の繪の  弟子は思はず繪の  東洋の繪  ところを繪に  女の繪と  デッサンや繪について  デッサンや繪は  心も溶けるばかりの繪の  屏風の繪か  一つの繪にな  海の繪の  夜の繪を  つた夜の繪は  汝の繪を  石の繪を  佛法僧の繪を  廣重の繪などに  フェルメエルの繪を  らに繪に  瓶の繪が  二枚の繪がか  方の繪を  弟さんの繪を  弟の繪は  廣重の繪を  ピカソの繪が  ノンキに繪が  動物の繪が  輕くとも繪にのみ  伊太利の繪と  ホルバインなどの繪も  草雙紙の繪を  梅の繪を  ゴスの繪は  子供は繪に  目次小鳥風と繪  お菓子の繪の  玉ちやんは繪に  畫家の描いた繪を  前には繪に  さつきの繪の  私の繪が  別の繪にな  展覽會の繪の  此日かいた繪を  吸ひながら描きかけの繪の  中には繪を  前の繪は  私の繪を  爲恭の繪を  姫樣の繪が  繪と繪の  文章と繪を  自分で繪を  侍の繪の  ときは繪も  文字は繪を  饗應を受けた繪が  進水式の繪が  實物をしらずに繪などで  廣重の繪にも  鍋立のしてある繪が  現はした繪も  Milletの繪を  茶店には繪  ミレエの繪の  それこそ繪の  團扇の繪にしか  廣重の繪の  画室には見馴れた繪が  きれいな繪の  答案紙に繪の  すべてが繪の  くりの繪の  スクリインの繪が  キリコの繪を  クロオド・モネエの繪が  キリコの繪に  何ぞの繪でも  異教的な繪の  繪本の繪に  はるか龍宮を眺めてゐる繪が  氣分で繪を  淺間山の繪が  やうな繪  一夜を繪に  水に散つてゐる繪で  提燈の繪を  實にかの繪にのみ  長崎の繪は  美人の繪を  彼女が繪に  さへする繪を  筆觸の繪ばかり  他の繪の  家具類や繪の  他の繪と  ドランばりの繪の  中に繪と  典麗な繪を  版と繪といふ  宮本二天の繪  下駄まで繪が  なかに繪といふ  漆喰に混ぜた繪の  紺色の繪の  鰹の繪が  舞樂の繪の  本の繪と  櫃の繪も  其は繪を  マリイ・ロオランサンの繪に  NatureMorteの繪  牀に繪を  幕切れは繪の  春信の繪を  豐國の繪を  二重橋でも繪に  畫いた繪  背景も繪  調和をもつた繪  思想的な繪を  

~ 繪[名詞]2
この繪  こんな繪  赤き繪  いろいろ繪  その繪  明るい繪  あんな繪  あの繪  いざ繪  どんな繪  幽繪  青い繪  黒い繪  小さく繪  そんな繪  どの繪  まだ繪  何やら繪  如何にも繪  多少繪  小さな繪  ない繪  いつの間にか繪  すばらしい繪  悉く繪  

複合名詞
繪ハガキ  繪入り  繪卷物  風俗繪  繪模樣  こと繪畫  ビザンチン繪  繪具  繪葉書  繪看板  口繪  油繪  繪畫其外  繪本  彫刻繪畫  繪葉書四五十枚  繪はがき  繪踏  版繪  繪馬  鼠繪具  墨繪  繪馬堂  夏繪  繪かき  繪草紙屋  影繪の  影繪  繪具箱  繪筆  それぞれ繪  繪心  繪畫的  繪畫  繪畫美  往生繪卷  繪双紙  繪畫的感  須敬重繪詞  製作品中ニハ繪ト名ヅク可キモ  錦繪  赤繪  繪行燈  浮世繪  繪畫遺品  繪卷物等これ  繪畫彫刻  大和繪  繪卷物時代  油繪描  繪はがき屋さ  新版繪雙紙  繪雙紙  戰爭繪  繪雙紙屋  購つた繪雙紙  支那繪畫  繪比羅  繪圖  英國繪  唐繪  多く繪卷物  繪自身  繪具屋等  ポンチ繪  フランス繪畫展覽會  當時繪畫  繪師  頃繪筆  繪師風情  繪師仲間  繪師の  地獄繪  繪師良秀  日繪  繪師根性  瞬間公家繪かき  百鬼夜行繪  繪そのもの  繪卷  油繪具  繪青藍色  一枚繪  皆名所繪  鳥羽繪  毎日一枚づつ繪葉書  繪端書  繪言葉卷もの  繪半切れ  石版繪  此石版繪  パステル繪具  涅槃繪  老女繪島  繪島  言つて繪島  山道づたひに繪島  繪島殿  後年繪島  繪屏風  ガラス繪みたい  繪端書屋  繪畫的  細見京繪圖大全  繪圖面  繪付  繪高麗  上繪付  云つた繪付  赤繪類  上繪  ため繪付  染付赤繪  繪高麗風  赤繪等  窓繪  時窓繪  窓繪土瓶  花鳥繪  外赤繪  宋赤繪  藍繪  所謂赤繪  赤繪物  所謂呉須赤繪鉢  繪高麗式  ぱたぱた繪本  日本繪  素人繪かき  餘程繪  大和繪出  古典繪家  繪樣  大和繪師  大和繪風  所謂繪具  伴大納言繪詞  繪畫自體  繪詞類  長崎繪圖  繪鞆  名所錦繪  候繪圖  天保二年蝦夷繪鞆沖  繪圖面其外巨細  スクーネル繪圖面一切  浮世繪史さ  名所繪  浮世繪的官能的  ペンキ繪  繪はがき屋  私繪  繪甲斐絹  此蒔繪師  浮世繪師  江戸錦繪  浮世繪氣分横溢  それ繪  繪絹  繪姿  どれ繪本  看板繪  繪馬等  繪團扇  泥繪具  武者繪  繪葉書屋  繪空事とき  づれで繪  繪空事  繪詞傳  繪畫的描寫  繪掛地  水繪具  繪書き  繪艸紙  初期浮世繪  陶繪  雜誌口繪  繪畫的想像  浮世繪版畫  寫樂繪  肉筆浮世繪  ニス繪  繪もち  繪みたい  繪所  色繪  繪畫的文章  繪草紙  油繪畫家  繪畫的刺戟  繪畫的要素  華魁繪  九三繪  只繪畫彫刻  繪畫彫刻等  ら繪畫  繪事  繪柄  影繪舟  江戸繪  



前後の言葉をピックアップ
  得ん        得て  獲ん  エァリエル  エア  エアガレヨソノ


動詞をランダムでピックアップ
生き残ごてつい及ぼせるころばす収まり織り込みあわれがる知合い積み込ま含まっ擦寄焼けるやしなう見合わせる差伸べるくっつけるみえれみがまえ入れ替引しまり
形容詞をランダムでピックアップ
つまらな臭しぬくし心強き角い重々しかっめずらしかっ危うし心安しいたわし毒どくしいきよう手早かっ悦ばしくせせこまし重々し淡いわるかろ極まりな見ぐるしい