「柄」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
柄の折れるまで戦った  柄に手をかけ  柄がつけてある  柄の尖に別れる  柄に手を掛けて  柄に引掛けて  柄の蝙蝠傘を持って出て行く  柄に手をかけて  柄にはまった  柄の血をながめた  柄の友禅に包まっている  柄のものをわたしが着さえすれば悦んで居る  柄を杖にして  柄にもない飛び上がり方をしないで済んだと思う  柄にもないところに出しゃばらせる  柄にあう  柄や型を選ぶよりも  柄にもない高い値段を吹っかけたりしてさ  柄にもない啓蒙的な仕事に時間を潰そうとしている  柄は婆やにはよく見えなかったが  柄が真ん中から二つに切られ  柄ばかりが黒木で出来ていた  柄を握り  柄を握った  柄で蔽われていた  柄を握って  柄の辺りにも日が射していて  柄に卷いた  柄にもなく登り口をまちがってしまった  柄の附いた  柄を両手で握って  柄を押さえていた  柄で肩をたたかれた  柄を付けたる  柄を括り  柄を添へて短刀の如くに用ゐ  柄を添へて槍とする  柄を付け寄せ石細工を以て之を飾れる  柄に固着する  柄の着け  柄を固着するに適したり  柄を添へて用ゐられし  柄の着きし  柄は木質にて朽ちて居りし  柄とより成る  柄になく詩や歌を作ったり  柄を選んであるが  柄が高等になったので  柄が流行する  柄ではありません  柄を引寄せて見せ  柄のスウェタアかなんぞ着込んで  柄のスウエタアかなんぞ着込んで  柄で肉の締っている  柄の小さな家鳩を拳にのせて  柄を握らせてやった  柄がちがっていた  柄にかかり  柄を握りしめて  柄にこめて  柄をソロリと握った  柄をつかんだ  柄の浴衣を着た  柄にもなく日本へのノスタルジアを感じさせた  柄にもない喫茶店へまぎれ込んで来た  柄のわるい妙な大阪訛で男がいった  柄のわるい調子で言った  柄にもない冗談をふと言ってみたくなった  柄の長い鍬をもった  柄を漏る  柄長く椎の葉ばかりなる  柄へ手を掛けて  柄の方でこ  柄へ飛ぶ  柄にはまらない  柄をみずおちに当てて  柄に当って  柄を自由に扱う  柄へかかり  柄に満を持していた  柄にないことはよせよ  柄によりかかった  柄をバタバタとはたいた  柄につかまり  柄の節の上のほうを細かく裂いて  柄で割り竹を無理にしめつけた  柄の付け根で首がちぎれ  柄のやうなものがついてゐた  柄を持つてゐて  柄をつけたりした  柄のついた  柄を東に向けて  柄の鋭利なる短刀心臓を見事に貫き  柄の紺絣の膝をゆすりながら  柄にもない大作にとりかかつたが  柄の手は鞘を離れて  柄を握ったかと思うと  柄を低目に持ち  柄に手をかけながら振り返りました  柄がしらの上に置いている  柄がしらで鏡に一撃をあたえると  柄がしらは鏡の上の壁を打った  柄こそ大きくても青年は医科大学を出たばかりで  柄が二十二の規矩男にしては  柄を買って着ると仰有ったね  柄の底の部分に僅ばかり白い粉がついている  柄の内側に一つの雄蕋があるから  柄を片手に持換えながら  柄がしらに小手を叩かれて  柄ならぬステツキは朽ちもせず  柄に乘つて出ていつた  柄を双手に握りしめ  柄へ手をかけている  柄でせう  柄の正札を睨んだ  柄の処々に金などが巻いてあるから  柄の所には緑いろの  柄をにぎって  柄を引掴んで  柄を手袋の尖で突いた  柄の付いた  柄で掻寄せようとするが  柄に似合わず  柄をそらして  柄にもねえ光る  柄から斜めに切られて  柄の長き和蘭陀パイプを斜に一列に置きあり  柄は折れ  柄へ手をかけた  柄に適った  柄を叩いて  柄がしらを叩いて  柄が滑る  柄に手を掛けながら  柄まで駕籠へ刺されて  柄を持ち添えて  柄にもないことを空想して  柄にはないことのようにも思われだした  柄にもない新生活なぞと言ってきても  柄にないことはまあこれ位にして  柄を抱きこみ  柄の値段を問合せて来た  柄が榻の下に見える  柄を強く引っ張った  柄を見る  柄を向けて  柄を握っていた  柄と交叉して  柄は曲ってるだろう  柄にかじりついている  柄に手をかけた  柄に屈めていた  柄を叩いた  柄まで肉に喰い込んで  柄になく風流なところのある  柄へかけて  柄にかけて綱でなぞ絡めてなかった  柄になく立派な釣道具をしまいこみ  柄へ行ったと見えた  柄に掛ると  柄を下げて払い落した  柄のお召のドテラに浴衣を重ね  柄がひとりで廻った  柄が曲らないから  柄の長い鍬をかついで  柄にしがみついて  柄にないことはおよしなさい  柄があるなら  柄がちぎれると  柄にもねえ渋いものを着けております  柄をつかまえていましたら  柄ではありやせんのさ  柄になく悄っとして  柄でもなく愛誦した  柄に手を懸けた  柄を握つて  柄のよいことではありませんから  柄が変っていた  柄にない方面にまで空想の翼を延ばしたくなった  柄なのを着て  柄にもない高足駄さえ穿いていたのに  柄に似ず  柄にもなく小判が一枚あります  柄もそつくり其儘といふほどよく似て居りますが  柄を見立てていた  柄に手を掛け  柄の方が一寸以上も出てゐたから  柄が出てゐれば  柄でもある  柄を握りしめた  柄を彼の衿に引っかけて  柄の選択はすぐ一致した  柄合いから見て  柄の頭へあてられた  柄へ手もかけず  柄に鏤めたは  柄の上に一連の文字が刻ってあったので  柄へ手をかけながら  柄がわるいから女代議士かと思ったら  柄に幾度も手をかけたが  柄に手がかかったと思った  柄にない他人の批評を書き散らしてゐる  柄の長いのを持って来て  柄にはしり  柄がぶら  柄に向けられた  柄にあらず  柄を横に倒して  柄に持ち添えて  柄でもなく甘ったれた  柄がわるくなったわね  柄でもなく持ち出して  柄を腰にさして  柄の長いシャベルを使う  柄長く造らせたる  柄に手をかけ居り  柄に手をかけている  柄をすてて  柄を刺して  柄で力一杯馬の尻を殴りつけ  柄に手をかけ青ざめて殺気立つから  柄にないことまで考えています  柄の先に鉤が附いている  柄で障子を衝き破って  柄といひ  柄にもない負ン気が起つ  柄にもない張りのある  柄をつけた  柄の一端に唇を當てながら劇しく  柄ではないかもしれぬ  柄を苦しげに握  柄多くありたり  柄も器量もある  柄にもねえ仲人口を利いてるっていうんでもあるまいし  柄にもなく大仰なことを言ってしまった  柄を握りつめ  柄へ革を巻いた  柄に合っている  柄へ手を掛けたが  柄にもなくお世辞のような寝言のような事をいうと  柄にもないことを企てた  柄が真名古のズボンの股のあたりに引ッ掛って  柄にもなく大きな仕事をするので  柄を畳んでしまう  柄を金棒のやうに地に突いてゐた  柄にからみついて来る  柄に吸ひつく  柄に着いてゐる  柄の小さな石になった  柄が流行しているか分らなかった  柄を傍から見る  柄にもない眼つきをするない  柄には刀痕が五ヶ処あったという  柄にも因るか  柄の朽ちた  柄を引き上げて  柄に触れているというに過ぎなかった  柄は彼等の胸から離れた  柄を引き  柄の品評をしたりしたが  柄を選ぶ  柄は折れた  柄のようにヒョロリと瘠せた  柄にないジミな話をし始めた  柄を伝わって  柄の小長い奴を右手に持ったり  柄を蹴飛ばして  柄を取って  柄がかわり過ぎた  柄と鞘は黄金で作られ  柄を黒と朱との漆に巻き立ててある  柄の細かい所には里の母の着古しというような香いがした  柄にもない謹慎を装いながら  柄のハンカチーフを取出して  柄で僕の背中を突いたり  柄の杖をついて  柄にないことと罵りた  柄にもないことを言ってしまったと  柄もはっきりと思出す  柄の表面美に囚われていて  柄の長い提灯を一人の女が持って  柄をいじって黙っている  柄にはまつて見えたかも知れなかつた  柄にかかっていたというので  柄を延した  柄のように変ったりしました  柄にも似ずに  柄を折る  柄の着物は二度と着る  柄といい年格好といい  柄の長い白の琥珀のパラソルの握りに手を乗せていながら  柄のパラソルとが置いてあった  柄を切り折られたら  柄にあった  柄の長い杓子ですくっては  柄へ捉まったりして  柄を択り分けている  柄を見たてて仕立てさせなければいけない  柄も透れと貫きたり  柄を返して  柄をもて  柄の所に片仮名のテの字の焼き印のある  柄があった  柄を支え  柄にかけながら  柄へ手をかける  柄など気にかけぬ  柄であんめえちゃ  柄に合った  柄にもない突飛な疑問を起しながら  柄を砕くる  柄をがちゃがちゃと乗馬ズボンの背後に廻しながら  柄とを縛り合わせる  柄がのぞかれた  柄に引っかかって  柄に眼が触れると  柄にかかったかと思うと  柄に絡んだ  柄にかかったので  柄にもなく言わざるを得ない  柄も調査しましたが  柄の端近くに抜かれた  柄の端にこんな穴の開いた  柄を持って  柄を切って  柄を押へてゐる  柄はもたせたい  柄が小さく感じられた  柄になき  柄を伺ひましてと  柄が不粋か存じませど  柄までぐつと突込んだ  柄へしがみついた  柄を使う  柄にかかっている  柄然ういふ  柄の着物につつまれた  柄に負けない  柄を持っている  柄に無い侠気を出すからだ  柄のしなう  柄も埋まらんばかりに  柄には指紋が残っていない  柄を栓の口に嵌め込んでから  柄のひびきが  柄に湿りをくれながら  柄を両手でぎゅっと持った  柄をたたいた  柄だといふ  柄の一部とも見られる  柄といふ問題に関聯して  柄を手許へ引いて掻く  柄を附けたらうと思ふ  柄の長いちっちゃなパラソルをさし  柄にもないことをかんがえる  柄が付いている  柄の方に顔を合せようとする  柄の方に顏を合せようとする  柄にみとれている  柄を示すと  柄の聳えている  柄を握り直した  柄を鳴らし  柄のくつ束の間を初めて知んぬ  柄の短いむちを下ろした  柄の着物をもらったというので  柄を打った  柄だから揃っていると  柄は河野が見立ててくれた  柄を畳んで  柄かろく廻せば  柄でないのにと私は思う  柄にない節廻しを見せる  柄を扇拍子で叩いた  柄は貴方も最う半信半疑と云う  柄の長いほうが自分の今の運動の目的には適しているというある  柄に固定する  柄に縛り放しでも  柄を彫る  柄を持ち直して  柄を持ちあった  柄にある  柄にないことに手を出して見た  柄が残っているので  柄が残っている  柄と相当するから  柄にもなく少々センチになる  柄をもう一度見せて下さいな  柄を打返して調べはじめますと  柄を見ていた  柄に手をかけて寄らば斬らんと身構えてはいるが  柄に相応して  柄に合います  柄を握り締めた  柄をすげ  柄に手がかかって  柄を丁と打つ  柄にもない慷慨をして  柄に手をかけると  柄にかけた  柄にとりつかせ  柄も拳も通れ通れと突き立てる  柄を取払い  柄にない自負や虚栄心が醜く現われているかも知れない  柄も拳も我が身も魂も打込めて  柄に彫られた  柄をくるりと左へ向け  柄を見れば  柄が蔦代の掌の中から突き出た  柄にもない仕事を見て  柄は竹を合せて作った  柄と少しも変らぬ  柄へ手をかけて立ち上った  柄を両手に掴んで  柄は真赤に塗ってあって  柄とは釣り合わないよ  柄に紙片が巻きつけてある  柄の頭が額にかかって  柄へそっとかけた  柄にかかっていた  柄から右手は放さなかった  柄へ掛けていた  柄から手を放して  柄を下げて  柄を握っている  柄を烈しく打った  柄にも似合わず  柄にない男ぶりをして  柄の中へ箝め込む  柄は杖にしてついて歩き  柄に似合わない  柄でないことを知っているから  柄によって奥向のと下働きのと二つに分れています  柄の柄杓で水を牛の背にかける  柄の根元までブスリ突き刺す  柄を肩にした  柄に手をかけねばならぬ  柄を杖づく  柄を板囲いに立てかけ  柄に躓きもせずに  柄に似合わぬ  柄に手をかけました  柄に手をかけたが  柄を内輪に引寄せた  柄をしかと握り  柄へかか  柄にはまっていたとも言い得られるが  柄に残された  柄をも拭いて  柄にねばりついて離れぬので驚いて振ったり  柄をすげた  柄のところに触れてみて  柄に手を当てて撫でてみました  柄をこころもち斜めにして  柄だけをザブリと盥の中へ入れて  柄だけを洗っている  柄になく凄んでみせた  柄にもなき議院政略を乱用したる  柄に合って  柄にのせていた  柄にない役はもってこない  柄の好いのばかりで拵えた  柄を二様に使い分けるのみならず  柄に合わねえ  柄にもなき議院政略を亂用したる  柄も透れと  柄のうつりの  柄に結びつけたる  柄に乗せ  柄や舌の調子にあわなければ  柄を向うにして  柄を丁と打ちましたから  柄の先につけたる  柄にもない部署につかされ  柄を叩く  柄とさやをこしらえて  柄の割に腕の立つ  柄になく優しい声でお世辞をいいました  柄になくわたしがお芝居を打とうという  柄にもなく頬杖をついて  柄にこめ  柄を肩へ立てて  柄の夏衣を着て  柄の先きへ頭が行く  柄とかにあまりとらはれず  柄とかにあまり囚はれず  柄にもないことを呟きました  柄にもなくしおらしい同情をした  柄を頸のところで押さえて  柄にもない口を清三はきいた  柄にもない美しい文字を書くし  柄の絹の小日傘をぱっと開くと  柄へかけながら  柄へ手をやられましたが  柄のサックコートに青光りする  柄は二枚の巨きな羽かれ  柄に草木の緑色が乾着いている  柄の金具も如何はしければ  柄もほつれた  柄を発見する  柄にない事をうっかりやらされていたりする  柄になく嘆息しました  柄をもちかえる  柄を握りしめている  柄にマントの肘をかけて  柄にないことだからまア止した  柄へ手を掛けました  柄をしなやかに袖に捲いて  柄にもなくはにかんだ  柄を突っ立て  柄でそうっと揉み消した  柄が細くてハッキリした  柄の悪いやつを相手にすると  柄を着るじゃあねえか  柄や鞘を巻く  柄をつかんで起き直ろうとすると  柄の長い槍で遠方から突く  柄をちょいと掴んだが  柄を力いっぱいぎゅっと握りしめた  柄や下駄を製作し  柄をつけぬ  柄の両手の上に顎を安定させ  柄にもない自費出版なぞを思ひ立つた  柄にて探りながら  柄の残っている  柄にもねえ信心参り  柄にあり  柄猶御病氣も重り  柄で無えんでげすからね  柄で弾く  柄を握  柄の後に細い棒が二本並んで  柄をつけて  柄につかまつてゐる  柄にははまりました  柄に合わない  柄を考えない  柄になきお世辞を言う  柄も半分ぐらいは革の鞘のなかにはいっている  柄を持つた  柄の色を見ても覚られた  柄にはありませんがね  柄が目印になって  柄の網をもった  柄へかすかに糸を張り渡す  柄を二つの掌で握り合つてゐる  柄を中にして  柄を押し  柄を二人で握り合ふことの  柄を手元に引き寄せる  柄は引き寄せられる  柄をピッタリと押へる  柄をもつ  柄へも手をかけないで  柄に手をかける  柄を握り締めて立った  柄や留針の頭の製造に没頭する  柄をすげし  柄を女の前に持って  柄にからませた  柄で桑樹を撫でる  柄が気に入らぬからといって  柄が気に入らないからといって  柄になく通めたい口をきいた  柄さえ読める  柄を作して  柄にもねえ分別するねえ  柄をムズとばかり握った  柄へキリキリと巻きつけた  柄にもない野心を捨てかねていると見える  柄にもなく興味ある  柄に往った  柄払いして  柄がおちて  柄を腮のところへあてがって  柄をもって  柄に僕は劇しく  柄に結んで  柄にもない芝居を打つ  柄をしつかり握つ  柄の樣に眞直につけられた  柄を片手に提げ  柄に合つた仕事をみつける  柄で食卓を叩いたり  柄も通れと突き立てました  柄の長さ七尺五寸二分ある  柄に白布を巻いた  柄が上下についてゐる  柄だけを以て立ち現われ  柄を振り上げて居る  柄に合つてゐるので  柄は小さいがサーヴィスは満点という娘盛りの一大船隊を擁して控えていた  柄のところに菊の紋の彫られている  柄にからすが止まると  柄に凭れながら  柄に乗し懸って  柄の如く飾られ  柄を踞った  柄ばかり庭の中へ差向けたが  柄の方から団扇を受取り  柄は力のない手を抜けて  柄のついた置き  柄の長い日傘を担いだ  柄もりに袖絞る  柄もりの袖絞る  柄のある  柄にもない艶な夢を見た  柄のやうなものにまで真白に霜がおき  柄に合う  柄の所をすっかり拭いて  柄を握りしめながら  柄でパチリと受け留めたかと思ふとはなれ  柄だぞ柄では切れないぞと  柄で打つたと思ふ  柄をねぢるやうにしたかと見ると  柄にない狂歌を学んだり  柄になく涙を無性に流しつづけて  柄が気に入ったから  柄にない遠慮ぶりが不審でたまりません  柄じゃがあせん  柄を挟んで  柄にもない種類のものばかりに気を向けて  柄もて汲めりてふ  柄のように反らせ  柄の着物を愛する  柄を切った  柄にいたるまで  柄を同じうするだけだ  柄で焚火を突ついている  柄を取上げた  柄を白糸で巻いた  柄を悪くし  柄の方を差し出し  柄に合つてゐるね  柄の曲がった  柄を引っかけて  柄にもない風流気を私の出しました  柄を新しくなさらなければ  柄は朽ちていたという  柄が朽ちた  柄になきことすなと  柄を口にくわえて  柄にもない教部省御雇いとしての  柄にもなくこんなことを考えて  柄でないような気がしなくもなかつた  柄の尖が  柄にもなく顔中を真っ赤にして  柄にもない親切な気持ちになった  柄を握りながら  柄にもないことを聞き出す  柄よりも姿が細りする  柄に手を掛けはしたものの  柄の大きすぎる  柄にもなく若々しく歌らしくもない歌をいい気で詠んで  柄にもなかつたのに三味線の音などに聴き惚れた  柄の長い提灯で足許を照しながら  柄になく散歩を誘いに来ました  柄を絹糸で美しく飾った  柄にない隠し芸のコケコーコーを鳴いてのける  柄には嵌らなかったが  柄の近くには黒い銹の痕跡さえ見えていたが  柄へ時々手をかけてみせたりする  柄の方に力を入れて  柄に塗ってある  柄のほうを下にむけて  柄にエッセンスを一滴おとした  柄もすぐ液体を吸いとった  柄のほうをもち  柄を押して  柄を握りしめていた  柄のところまで刺さっていた  柄の厚いナイフらしく思われ  柄を嗅いでみたら  柄も折れよとばかりに  柄にもなくヨシミだのホーバイだのといったことに気がついて  柄が長すぎる  柄がやつと二寸ばかり創口から出てゐます  柄をしつかり握つて  柄がやっと二寸ばかり傷口から出ています  柄をしっかり握って  柄の折れた  柄にもなく圧されていた  柄が金作りなるを見  柄が惡くな  柄を捻じ入れ  柄を持ち  柄の孔に合わぬ  柄の螺旋を捻じ入れ捻じ戻し  柄を持ち代えて  柄のいい男ものの丹前に下着をかさね  柄まで黒布で巻いていたという  柄がよくきこえるが  柄にすぐ手をやれる  柄までも血塗れになっている  柄の塵程も知らず  柄も氣も何時しか緩みて  柄の折れし  柄を執りて  柄の素敵に派手な事だけは軽い驚きをもつて認める  柄にメリンスの赤いのや青いきれを  柄になくとりみだしている  柄がヌウツと出た  柄ははずされた  柄に引っ掛けて  柄にない声を出して  柄を膝の上でもてあそんでいた  柄でをしへてくれた  柄や何かも好く見て  柄の浴衣がけで腕まくりで立て  柄に赤蜻蛉が止って  柄のことばかり気にしていた  柄がいいのでみすみす田舎芸者にする  柄を叩いてみせた  柄にもなくそんな事を云ふ  柄をはめる  柄にキャベツのがん首をすげたばけ  柄が折れた  柄のわるさとして反映する  柄にもない草鞋をいつも履いて居る  柄の洋傘と黄色な薔薇の花束を手にして  柄を伝つて汗は土の中に入る  柄にないことの實行されよう  柄に凭れ  柄の大きさに於て劣り  柄巻きしても  柄がしらにかけている  柄をさしてアカの溜まり  柄を押え  柄を撞着いて  柄を嵌  柄がシッカリ嵌っていない  柄に不安を感じた  柄を打込むべく  柄ですこしグラつく  柄を打つけて抜けない  柄にとりお払い箱を喰わした  柄の持ち  柄の光る  柄にもない文学論を試みようとする  柄を杖に支いて  柄からいったって  柄の着物に素直につつまれている  柄にないもんだがやってみた  柄にもふさわしくなく思えた  柄を考案する  柄へ走り  柄に見えるかと  柄に御幣を結び  柄に大きな手をかけながら  柄が光り  柄を附けた  柄の大きさとは反対に複雑な音を出す  柄を廻す  柄につかまって  柄にもないことをすれば  柄の悪い所に住んでいる  柄を抜いて  柄にないことのやうにも思はれたが  柄についている  柄を両手で持ち  柄にない海老茶色の風呂敷包みをかかえながら  柄などでしゃくい出しては  柄に合つたものだけを身につけて育つ  柄をつたって  柄になく錆びのある  柄に触れて  柄になきものを書かんとする  柄を逆手に握って  柄にもなく哀訴した  柄にもなく泡盛なんか喰いやがって  柄を握りて  柄を破れよと打ちたたき  柄を斬り折ると共に  柄になく沈黙している  柄の一部が折れていたが  柄にとまる  柄のぬけた  柄が三尺もある  柄を片手に握りしめながら言った  柄を固く握りしめていた  柄を握りしめているかれの  柄ふりしきる春雨に洗われながら  柄を挫ぐるばかりに握りしめながら叫んだ  柄には乾いた  柄にもなく真剣に女中を口説いて  柄になく勇みたつてみたりした  柄を飛越えた  柄にも無いやうな口眞似をしては  柄にもない飛び  柄にもない非望に駆られて  柄にもない不遜な老婆親切をもうやめねばならぬ  柄も五ヶ所迄斬込まれ  柄現われおる  柄にも無い親切らしい声でこう訊く  柄の見立てなども父がした  柄を巻いた  柄に少し穢れめをつける  柄にかかった  柄の処のボタンを押すと  柄に青貝を鏤めた  柄の長い添え  柄を杖につっ立った  柄も判らないと  柄でその肉質壁に坐っているから  柄にもなく左の拙吟を試みてみたが  柄がないので形がこの笠にはあたらない  柄で茎に互生し  柄で茎を抱いて  柄につけてあって  柄に無き事と思い  柄を外し  柄を縦に二つに割ったが  柄を握りしめ  柄にない読本を読むので  柄にあふ  柄にもない心掛けを起こしたら  柄にもない重荷をしょって  柄へかけた  柄を両手に持ち  柄へ手をかけ  柄を右手で掴んだが  柄を掴んだ  柄の長いブラシを持って  柄からボキリと折られてしまった  柄にもない華奢な洋杖蝙蝠傘などを買って来た  柄と尖とを  柄を両膝に確と立てると  柄の鎌ですう  柄の杓子棒をコトンコトンと音さして  柄へ手をかけて  柄にも似合わない  柄にもなく赤い顔をして  柄のところに鈴のついた  柄にもなく考えこんでしまった  柄に手をかけて身構えました  柄を砕くるばかりに握り締めて  柄からいへば  柄へ感じて来る  柄へのばさせた  柄から手を離すと  柄へ手をかけたが  柄をたたいて  柄が風に靱っている  柄にもなくマダムに熱をあげる  柄にないと申します  柄の悪いのが一人いる  柄の悪いのが集っている  柄の銘仙の上に縮緬の羽織をかけた  柄は紫の矢はづだつたと思ふ  柄が出てゐました  柄の小さく平素一見して  柄にからまして  柄をつけると  柄をもつてきた  柄にないことを云った  柄の見本をしらべに行った  柄が殆ど直角ぐらい曲ってしまった  柄でもありませんから  柄のやうになる  柄になくしんみりした  柄にもない物思いにふけりつづける  柄を袖でかばった  柄へ掛けた  柄にかかる  柄を小指だけ一本ぴょんとはなして居る  柄に光って  柄が玄坊の頭を殴  柄の長い団扇のやうなものを持つて  柄の長い団扇のやうなものから身を翻して  柄の長い団扇のやうなものを酷く愚かしげな眼差しで意味あり  柄に合わないから  柄をすげる  柄がピッタリついて取れない  柄の形にこしらえ  柄がささる  柄を削る  柄を見ると  柄の尻の所の丸め  柄の恰好など見た  柄のすげ  柄の羽織を見つけたので  柄を奥様に見たて  柄につながった  柄は多く焼杉を用いますので  柄に育てたり  柄に様々な名を与えます  柄に太い根竹を用い  柄にも特色があります  柄の細かいよい品を手機にかけました  柄に進み  柄は平竹を用い  柄も自から大変に美しく作られました  柄が麗わしい  柄などにも一々名を与えて親しみます  柄にかなっているけれども  柄を一度握らせたばかりでも  柄を嗅がせると  柄に犯人の指紋が残って居たならば  柄にもねえことをするなよ  柄にないことはする  柄の面白いようなスフではないものが入っている  柄の長い蛇の目を袋から出して  柄を上にして  柄は調和を破る  柄が小さいから子供のように見える  柄でもないことを企て  柄にないことをしてゐた  柄にもなく意気ごんでクタクタになって  柄には彫刻があった  柄がバターンと倒れて来て  柄とを両手でぎりぎりやっていた  柄につかまった  柄に集まる  柄と鍔とを既にその家にて持てり  柄に黄金を用ゐる  柄にないジャンプを試みる  柄の問題であるかもしれない  柄の方をかえし  柄についていた  柄に似合ない凜とした  柄を短くシュトックを握っても  柄にもなく挑戦し  柄に不相応で極り悪く二三度手を通しただけで打つ  柄の選択こそ野暮ならね高が二子の綿入れに繻子襟かけたを着て  柄を杖に腰を伸して  柄を杖に佇みながら  柄を力強く握りしめた  柄にもなく歌が唱いたくなり  柄に手を掛けた  柄も落ちていた  柄が落ちても  柄へ手を掛けながら  柄へ手を掛けた  柄から手を放しやがった  柄に手が掛かった  柄で叩いて見ると  柄を一つ一つ眺めていました  柄にとまり  柄に合ひます  柄にない軍事を論ずる  柄に頬をもたせて  柄じゃアありませんよ  柄にはあわない  柄の長いパラソルを持って出て来る  柄へ手をやると  柄をあて  柄へ片手はかけたものの  柄長き薙刀の刃尖である  柄を高くついた  柄を手巾で拭いた  柄の半ばを取りしめた  柄にない松島見物という不了簡を起して  柄は離しません  柄は一尺八寸に巻かせ  柄の太い嫩葉は鹽を振りまぜて  柄などに就いて  柄のものと頻りに註文していられました  柄に竜の飾のある  柄を上にほとんど鍔も見えないほど  柄を掴んで  柄にこそ手をかけて見たが  柄の長い鍬を肩にして  柄をかつぎ回ったり  柄とか仕立とかを気にする  柄をつかんで受けとめる  柄にかるくあたる  柄が少し曲っている  

~ 柄[名詞]1
島田は柄にも  槍の柄の  太刀の柄に  十二本の柄の  一刀のやれ柄に  団扇の柄に  大刀の柄に  山路ふみ子の柄に  燒鎌の柄といふ  短剣の柄の  派手な柄の  捕虫綱の柄を  中途半端で柄にも  僕を柄にも  私の柄に  私が柄や  安全剃刀の柄を  自分の柄にも  地や柄は  今井さんの柄にも  自分は柄に  御幣の柄が  刀の柄を  メスの柄を  十郎の柄にも  小刀の柄を  押丁が柄を  箒の柄で  貝殼に柄を  物には柄を  石槍を柄に  如くに柄を  土中よりは柄の  槍の如き柄とより  宝沢は柄に  風呂敷の柄や  色や柄が  自然と柄が  申上げる柄では  剣の柄を  八千近くといふ柄にも  惣領娘の柄でも  懐剣の柄を  ものとは柄が  助広の柄に  信国の柄に  薙刀の柄に  地金の柄の  豹一は柄にも  跣足で柄の  柄杓の柄を  これじゃあ拵えようという柄じゃあ  刀の柄へ  鞭の柄の  十手の柄を  助広の柄を  お前の柄に  匕首の柄を  十夜の柄に  人みしりをする柄でも  ちの事で苦しめる柄でも  腰刀の柄へ  鋤の柄を  傘の柄に  丸竹の柄の  木製の柄で  ガラス管の柄の  硝子の柄を  ペンナイフの柄の  青貝の柄の  ように柄を  黒樫の柄を  剣の柄に  剣の柄が  色や柄を  萼片の柄の  新藤五の柄を  鐸の柄を  柄杓に柄が  斧の柄  揚鍋の柄に  八丈といった柄の  云ふ柄の  私エスペラントなんて柄じゃ  テーモが柄の  渋団扇の柄を  杖の柄を  二間もある柄の  処で柄の  杖の柄で  肥大漢の柄に  脇指の柄を  手鳶を柄から  方は柄にも  槍の柄は  剣の柄へ  名剣の柄を  三人の柄に  髪兼安の柄を  女髪兼安の柄が  髪兼安の柄に  女髪兼安の柄を  創作なぞと柄にも  自分の柄には  孫策は交わして柄を  短剣の柄を  五十才ばかりの柄の  戟の柄が  着物の柄を  扇の柄を  偃月の柄と  お前の柄じゃ  傘の柄へ  傘の柄は  やうな柄でも  小剣の柄に  栽縫箱には柄を  鍬の柄に  帯刀の柄を  鞘から柄へ  鞘から柄にかけて  これだけは柄に  手が柄に  矢鱈に柄を  方へ柄が  二条の柄が  あれなら柄が  あれは柄が  槍の柄に  武家などという柄じゃ  んという柄じゃ  其基部の柄が  ポルジイが柄に  文句を言えた柄では  俺の柄じゃ  ことを喋る柄じゃ  鋸の柄に  ちょッと柄が  じみな柄  やうな柄  商賣柄に  それに柄にも  三寸も叩き込める柄では  色も柄も  あれこれと柄を  動もすれば柄に  んと柄に  ことは柄や  剃刀の柄が  氣にする柄でも  佩剣の柄を  若旦那らしい柄の  ステッキの柄を  年齢と柄  竹光の柄の  客の柄も  ゾンザイで柄が  軍刀の柄を  短刀の柄に  薪割の柄の  洋銀の柄に  軍刀の柄に  中小僧という柄に  日傘の柄を  日傘の柄に  杖を持とうという柄  主人公の柄でも  人情味なんか柄でも  鋸の柄を  ボイラーの柄の  一等なんて柄  刀脇ざしの柄に  刀の柄に  太刀の柄を  簪の柄を  槍の柄で  隠遁できたらと柄に  提灯の柄の  提灯の柄で  火吹竹ほどの柄を  兩手で柄を  鎧通の柄を  彼女たちを咎める柄では  花さけばかうもりの柄こそ  つて傘の柄を  意気な柄  番傘の柄を  温泉めぐりなど出来る柄では  推薦するほどの柄も  方が柄に  大刀の柄へ  白梅の柄が  ような柄の  鼻眼鏡の柄を  虫採り網の柄を  魚刺の柄に  足で柄に  鋏の柄に  鋏の柄の  他人が見ている柄を  鎗の柄には  斧の柄の  相手をする柄でも  義務的に柄に  ロールの柄は  男が柄を  これも廃れた柄  犂の柄の  自然木の柄を  年では柄に  緑色の柄の  柴刈鎌の柄の  箒の柄を  鳶口は柄を  ハタキの柄で  ことは柄にも  鳩の柄の  花を愛するなど柄に  形や柄の  団扇の柄を  男の柄には  五分ほど柄に  槍の柄を  洋傘の柄の  私が柄にも  妹分に当たるのに柄と  ガッシリとした柄の  自分の柄に  やうな柄の  彼の柄  彼の柄では  水を柄の  俳優の柄や  迚も柄に  錫杖の柄へ  道具は柄が  庖丁の柄を  一つ目についた柄が  車の柄を  自分の柄など  立小屋という柄の  氏の柄に  鍬の柄を  拳銃の柄を  手を出す柄じゃ  鋏の柄とを  縫つた着物の柄が  素人タンテイが柄にも  撥形鶴嘴の柄を  手鎗の柄を  斧の柄を  貴顕ほどの柄は  程度の柄は  以上に柄が  声の柄に  槍の柄へ  穂先を使わずに柄を  商賣柄  浴衣の柄に  傘の柄を  為に柄に  兵の柄の  持前の柄にも  自分の柄  声と柄と  声は柄の  俳優の柄といふ  戰爭をなし得る柄  金盥に柄を  統治しようなどと柄にも  形をして柄が  隨筆など書ける柄では  人物として柄の  衣服の柄の  ような柄が  デパート選出の柄に  刺叉という柄の  肩ごしに柄の  大刀の柄を  俺も柄にも  竿の柄を  君なんかの柄に  なんていう柄じゃ  井山の柄に  伊左衛門っていう柄じゃ  派手な柄  法律などは柄にも  水牛の柄を  車の柄  中になんか入る柄  端唄とに柄に  サア一理屈あると仰有る柄は  事が有る柄  鋏を柄に  ブレーキの柄に  洋傘の柄を  剣の柄  処に柄が  剣の柄と  この間の柄を  反物の柄を  気合は柄に  当人の柄に  それを磨いでは柄を  井村は柄にも  錫杖の柄に  芹沢めがけて柄も  丈夫な柄の  他から見て柄に  太刀先に柄も  象牙の柄に  私の柄にも  枯葉の柄が  脇差の柄に  竹の柄が  樫の柄と  舞台へ上がる柄じゃ  これも柄から  粂は柄にも  いつでも柄の  能登守は柄に  掛合いをする柄  本人の柄によって  手裏剣が柄の  掛矢の柄を  男の柄に  進言するという柄では  大小の柄を  太刀の柄へ  団十郎の柄に  兇器の柄に  兇器の柄の  ザッと拭き柄をも  笊に柄を  剣の柄の  刀の柄だけを  伯爵は柄に  薙刀を柄  納れて柄にも  侯の柄に  相合傘の柄では  のは柄では  脇差の柄を  槍は柄に  わたしの柄に  お金さんは柄が  幣束の柄に  ナイフの柄に  拳を柄に  自分の柄や  恥かしいっていう柄じゃ  剃刀の柄を  大刀を反らして柄を  静かに柄を  鉄扇の柄を  麦わらで柄と  犯人は柄の  白雲は柄に  薙刀の柄を  大胆な柄の  刀の柄の  説教の柄では  持ち味とか柄とかに  神尾主膳が柄にも  道庵が柄にも  米友は柄が  ラヴなどのできる柄じゃ  筆をとれば柄にも  好きだと云っていた柄の  二枚目なんぞの柄じゃ  客種が柄  光つてゐる柄の  一つに柄も  生地も柄も  わりには柄も  洋傘の柄に  助の柄を  方がずつと柄が  長剣の柄へ  唐鍬の柄を  唐鍬の柄で  剃刀は柄が  ものは柄が  派手な柄を  刀の柄や  曲者は柄の  日本刀の柄を  鍬の柄や  横に柄を  傘の柄の  傘の柄にて  短刀の柄の  方が柄が  涙をこぼしていらつしやる柄  謙遜するほどの柄で  身投げをする柄でも  長脇差の柄を  柄をつけて柄の  艶色という柄には  源之助自身の柄を  源之助の柄に  大小の柄の  物の柄が  ステツキの柄へ  二人は柄を  山楽は柄に  刀の柄へも  我知らず刀の柄を  ような柄では  小刀の柄や  水晶の柄を  指を柄に  雨傘の柄を  勘弁勘次が柄に  物の柄さえ  木槌の柄を  者も柄が  米友さんは柄が  役者の柄による  竹箒の柄を  杖の柄に  お召物の柄まで  コウモリ傘の柄を  巌木君など柄に  小刀の柄で  尊王攘夷をやるという柄でも  新撰組に加わるという柄でも  脇差を柄も  ナイフの柄を  ふたのつまみ柄の  団扇の柄が  斧の柄だけを以て  婆は柄に  好みや柄に  そうな柄  あなたの柄  鋤の柄に  手桶の柄に  網の柄を  眼鏡型の柄の  壁の柄の  縁側から柄ばかり  琥珀の柄の  煤竹の柄の  病人の柄にも  鍬の柄の  薙刀の柄で  柄だぞ柄では  こともあるし柄で  竹刀の柄をね  石川五山に従って柄に  浜縮緬の柄が  仏頂寺弥助の柄に  京女に持てるという柄じゃが  ひだへ柄を  あいだへ柄を  君たちは柄にも  白銀の柄もて  燭の柄の  車の柄に  きれいな柄の  青竜刀の柄を  着物の柄に  鞭の柄で  陣十郎は柄を  釣棹の柄の  舵の柄を  千段巻の柄の  用意していた柄の  斧の柄は  木の柄が  筆の柄を  僕の柄では  ほうが柄  脇指の柄に  友達がもって来てくれた柄の  尼君が柄にも  凡そ趣味にも柄にも  夜に柄に  教授もつり込まれて柄に  道楽者という柄には  二つだけは柄も  竹の柄の  力を入れないで柄の  所に遊んでる柄や  記者などには柄の  木の柄に  ステッキの柄の  ナイフの柄も  無地や絞柄の  ような柄でも  彼は柄にも  鹿子の柄の  信吉は柄にも  このごろは柄が  竈箒の柄を  二手で柄を  毛箒の柄の  大小の柄まで  毛繻子張で柄の  野武士といえば柄が  二人ッて柄じゃ  彎刀の柄に  鶴嘴の柄  玉網の柄を  題目太鼓の柄に  ヨタモノの柄に  鍬の柄が  裁判官という柄では  馬車の柄は  団扇の柄でを  着物の柄や  ような柄を  男の柄  色彩や柄の  枝の柄を  ほうきの柄に  妙にとりすます柄でも  時代の柄の  足に柄にも  負け腹を立てるなんか柄でも  着物の柄の  僕の柄じゃ  句などは出来る柄  歌の柄の  太刀の柄  太刀の柄が  刃物の柄を  兇器の柄が  シッカリと柄を  砥石に柄を  鍬の柄で  落ち度を柄にとり  茶杓の柄の  轉車の柄の  題目で柄にも  それ鍬の柄を  年にも柄にも  伝法な柄の  商人の柄に  駒ちゃんは柄や  短刀の柄を  作り話をきかされる柄に  一刀の柄に  槍の柄が  それに柄を  楽器の柄の  上の柄を  器械の柄に  舞台で踊る柄では  油絵画家の柄では  容器が柄の  上まで下ろして柄を  歯みがきブラシの柄などで  蹂躙しながら柄に  小刀の柄に  おのれの柄に  ドクトルは柄にも  長剣の柄を  青貝の柄を  手斧は柄の  われわれ船員の柄じゃ  柄杓の柄に  病気の折り柄じゃ  死屍は折り柄  腰刀の柄を  着物の柄と  心は柄に  急に柄でも  熊手の柄を  御職しょう柄で  鎗の柄も  司令官になる柄  木の柄  料理番は柄にも  衣類の柄の  紐で柄を  銀の柄の  先の尖って柄の  着物の柄も  好きなので柄にも  ように柄が  彼れが柄に  洋杖の柄を  それは柄も  仕事をしようなどと柄にも  オリムピックという柄にも  左胴まで曲げて柄を  白木の柄を  脇差しの柄へ  竹槍の柄を  ボウイ達が柄の  両手にもつ柄の  俳優は柄から  蝦鞘巻の柄に  太刀の柄から  緑の柄  彼が柄にも  これを柄に  ッて柄の  気のきいた柄の  松竹梅などの柄が  ホームスパンの柄の  金ものの柄が  鑑賞批評をする柄でも  曾祖父は柄に  重役という柄じゃ  俺も柄に  帰雁の柄へ  帰雁の柄を  佩刀の柄に  助言なんかする柄じゃ  須磨子の柄から  品や柄が  使つてゐた柄の  ちやんの柄の  隅に立てかけてある柄の  幣束の柄を  ことは柄に  突ん出す柄じゃ  小刀の柄が  父流の柄の  中身の柄が  刃物は柄の  衣地の柄を  様な柄  提灯の柄が  それに柄は  かくて絞柄に  渋色で柄は  色や柄も  絣の柄などにも  クチなら柄に  あなたの柄の  斧の柄に  短刀の柄にも  葉には柄が  私たちの柄に  來た柄の  事は柄にも  着物の柄は  パノラマ式などと柄でも  ようだが柄で  箒の柄が  鼈甲の柄の  鯨骨の柄の  頭と柄とを  水揚ポンプの柄に  歌留多などを取る柄では  劒の柄に  黄金裝の柄と  面々もかぎつけて柄に  ナイフの柄の  熊手の柄  私は柄にも  鶴嘴の柄を  省作の柄  珍らしく似合うという柄の  僧侶になる柄の  ホールの柄も  ネクタイの柄の  金篦の柄で  おしめの柄を  湯呑み茶碗に柄を  カウモリ傘の柄に  女に惚れられる柄  サーベルの柄に  パラソルの柄に  私の柄には  色のさめた柄の  講演などする柄  柄杓の柄の  柄杓の柄は  着物の柄から  着物の柄などに  飾のある柄を  両手に柄を  高麗剣の柄にこそ  高麗剣の柄へ  それは柄の  劇團の柄から  洋服の柄とか  晩酌なんていふ柄では  舵の柄をに  割には柄の  

~ 柄[名詞]2
こんなに柄  長い柄  あらい柄  ない柄  短き柄  長き柄  殊に柄  渋い柄  美しい柄  同じ柄  この柄  その柄  青き柄  そんな柄  荒い柄  もう柄  しっかり柄  あんな柄  つい柄  およそ柄  最も柄  所詮柄  あまり柄  どういう柄  ちと柄  えて柄  むしろ柄  大きい柄  凡そ柄  けばけばしい柄  黒い柄  これから柄  再び柄  何しろ柄  こんな柄  鋭い柄  おなじ柄  とうとう柄  小さな柄  全く柄  ずっと柄  好い柄  よろしい柄  いい柄  美しく柄  二度と柄  良い柄  ずいぶん柄  少し柄  細い柄  単に柄  新しい柄  どうも柄  よい柄  重い柄  わざわざ柄  あの柄  おんなじ柄  細かい柄  よき柄  冷たい柄  とても柄  ちょっと柄  

複合名詞
櫓柄  場所柄  折柄  一厘柄  刀柄  渡世柄  塗柄  商売柄店  蝋色鞘茶柄  花柄  折柄片破れ月  折柄社長室  土地柄  談柄  柄つき針  一家柄  折柄月明  一厘二毛柄  大手柄  柄もと  柄袋  把柄  弓柄  処柄  職掌柄  ところ季節柄河豚料理一点張り  商売柄  柄糸  柄手  茶柄  樫柄  折柄六月中旬  役目柄  余り柄  当節柄  柄元  佐柄木町すじ  柄ぢ  身分柄  折柄俄雨  折柄修理不在  折柄十人許  黒檀柄  地柄縞柄  唐桟柄  折柄南禪寺  折柄楼上  折柄南禅寺  折柄どこ  折柄木曾河  折柄教室  商売柄心  夏物柄  大手柄大手柄  折柄街  役目柄倉島君忽卒  いふ柄  折柄細雨  柄沢山  折柄霧  銘めい柄  職業柄  折柄向う  折柄頸  町柄  時局柄君自身  土地柄ゆえ  柄状  格子柄  折柄来訪  子柄  一厘五毛柄  一厘柄三  白柄  玉柄  柄身  田舎柄  折柄何等  違ふし場所柄  松吉商売柄  折柄塀外  商売柄運動不足  政柄攘竊  永禪和尚柄  柄前  声柄  政柄  家業柄  柄合  こと柄  其家柄  御身分柄  育柄  娘柄  折柄二十日あまり  折柄空  柄本家  其折柄  折柄腹こなし  柄みたい  時局柄不都合  今小柄  折柄通  わけ柄  拔けた柄  信心柄  其人柄  折柄戦  一柄ぢ  折柄午  商売柄感覚  笑柄  時局柄  佐柄木  土地柄売薬  柄鍋  柄付鍋  まま柄  一番手柄  折柄悪戦  家業柄私  二柄  職務柄客  職業柄産婆  つて柄  折柄小生  曲柄  職務柄  衆口談柄  職業柄他人  身分柄中途半端  柄先  柄模様  折柄そこ  國柄  二柄篇  神奈川県足柄郡下足柄村十三部落  折柄勃発  槍柄  柄酌  鮫柄  中柄  折柄来  柄ごと唇  商売柄アンタ  役目柄ズッ  切柄  役目柄案内  折柄ゆえ  聖柄  折柄ダンス  蝦夷拵え柄曲  折柄警部  折柄残暑  柄香炉  仲柄  すべて麻柄  職業柄彫刻  柄モ  九尺柄  赤柄  柄漏れ  稼業柄  貝塗柄  商売柄恥  折柄時分  ため折柄開庁  折柄絲  革柄  折柄天火  瞬間場所柄荷馬車馬  職業柄人見知り  職業柄アルコール漬  柄行き  候折柄  やつぱり柄  次第柄  折柄電車  折柄表通り  折柄扉  折柄満々  折柄表  折柄襖  辞柄  商売柄千六  場所柄お客様  得意柄  杓柄  柄絲  歳柄  代り柄  季節柄  柄がち  折柄衣山  季節柄田舎  柄付眼鏡  柄付眼鏡もろ  舵柄  気性柄蝶子  白柄組  佐柄木さん  方佐柄木さん  癩者佐柄木  巨人佐柄木  佐柄木自身  さっき佐柄木  児柄  ショーバイ柄  職掌柄それ  柄巻  柄巻師  折柄ガラガラ  折柄四時頃  折柄梯子段  職柄  折柄有馬玄頭邸  場処柄  升柄  私柄  出折柄難捨置  大変柄  最後白柄組  柄相当  折柄渡来  場所柄エリス  一見柄  あまり柄  折柄指導的立場  折柄養蚕上簇  職業柄懇意  職掌柄人波  胡麻柄唐桟  折柄篠  折柄買出し  柄の  折柄走り  柄短  藤巻柄  上柄流  折柄軒  柄附目金  赤手柄  洋傘一柄  銀柄  いくら職業柄  折柄二三頭  六尺柄  飾り柄とも  飾り巻き柄  三十番手柄  職業柄昌造たち  職業柄多く  背柄  斧柄  職業柄Sparks  職業柄私  此人柄  柄つき  折柄秀吉  折柄本国  柄オルガン  俗事政柄  折柄荒増  折柄日清  商売柄僧侶  私等商売柄洋服  一手柄  ところ柄  折柄門  折柄バタ  折柄竹の台  折柄誰  折柄三番鶏  二厘柄  いた事柄  折柄桜時  談柄たる  土地柄風紀  折柄青空  職業柄一日  身分柄軽率  折柄日  其事柄  商売柄音楽  折柄ホテル  歌柄  わや柄  男柄  柄附  珍柄  最初柄  折柄傍ら  折柄杉  商売柄目  鼈甲柄  鍬柄峠  折柄夜中  年柄  柄ゆき  一柄  商売柄嘘  地柄  紅柄染  折柄車止  朱柄  折柄昼  商売柄四月  柄選みの相談役  柄ぐるみ  柄相応  ひと柄  女柄  柄部  南佐柄木町  白柄組一統  折柄芋銭  折柄雪  有柄葉  折柄洋上  紫柄  柄お気  柄あい  柄あいだ  柄ばつ  柄上二  有柄花  太刀柄  自ら大発見大手柄  柄山脈  折柄風  いくら商売柄  余り商売柄心がけ  使い柄  白柄朱鞘  折柄入り  此家柄番附  折柄電話  象牙柄  柄杓子  絣柄  土地柄政治的原因  其の物柄  時局柄重大  其人柄及ビ當時此話ヲキヽシ時  折柄物価  折柄大患後  楫柄  折柄正面  折柄わたし  柄傘  白柄大小神祇一者甲  柄いき  折柄相当参考  折柄丁度  折柄紫派  兄柄枝吉江ヤ行  場所柄先斗町あたり  柄紐  柄湖  折柄呼鈴  神柄  柄臼  商売柄忍び歩き  太刀柄気海  職業柄理由  折柄通り  とき柄  繪柄  四尺三厘柄  



前後の言葉をピックアップ
柄もの    得ん        得て  獲ん  エァリエル  エア


動詞をランダムでピックアップ
言い合わやめれやしなう気どろひきもどさけずる乗換えよそっくり返るききほれやってこよ反っくり返っ酔っぱらっ付込ん病みつか振り放ち明らめようなだれるちらついのけよちらかる
形容詞をランダムでピックアップ
重苦しくっはかなく有難くっ痒し痒きあおい丸っこつらき幼きむつまじ遽しかっすし口幅ったい物珍ししがなゆるい悪がしこい勇ましかっ余儀なけれ