「傷つけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 傷つけ[動詞]
心を傷つけ  柳を傷つけ  自尊心を傷つけ  ために傷つけ  頭を傷つけ  どこかを傷つけ  顔を傷つけ  身体を傷つけ  値打をいささかも傷つけ  身体が傷つけ  自分が傷つけ  神の人格性は毫も傷つけ  御身に傷つけ  臂を傷つけ  気持ちを傷つけ  気もちを傷つけ  名誉を傷つけ  どれだけ傷つけ  極度にまで傷つけ  肉体を痛め傷つけ  面目を傷つけ  ナイフで傷つけ  父母を傷つけ  他人を傷つけ  ために悲しく傷つけ  心などのたやすく傷つけ  生活を傷つけ  妹は、傷つけ  人が、傷つけ  何だかあなたの傷つけ  時の傷つけ  自尊心をかなり傷つけ  何かで傷つけ  いばらに傷つけ  味方を傷つけ  敵も傷つけ  止めどなく傷つけ  矜りを傷つけ  無慙に傷つけ  身を傷つけ  眤さはれ、また屡々傷つけ  権威を傷つけ  性格を傷つけ  死罪、傷つけ  途中では傷つけ  動物に傷つけ  皮を剥がれ、傷つけ  十字に掻い傷つけ  健康をさらに傷つけ  時代に傷つけ  いたずらに傷つけ  人々を傷つけ  彼を傷つけ  手で傷つけ  世の中から傷つけ  自分で傷つけ  ぼくに傷つけ  肉体を傷つけ  旅楽を傷つけ  蹄を傷つけ  誰かをうって、傷つけ  早合点から盟友を傷つけ  信に傷つけ  友人を傷つけ  それを傷つけ  賊に傷つけ  兄弟をかなり傷つけ  天真爛漫を傷つけ  小手を傷つけ  匕首で、傷つけ  兵を傷つけ  人民を傷つけ  一人を傷つけ  誇りを傷つけ  兵士を傷つけ  外記に傷つけ  土がはね返され、傷つけ  生命を傷つけ  娘を傷つけ  文章ゆえ、わざと傷つけ  偉大さを傷つけ  節操を傷つけ  龍虎ともに傷つけ  矜を傷つけ  指を傷つけ  威権は、いたく傷つけ  人馬が傷つけ  自尊心でも傷つけ  老人を傷つけ  存分に傷つけ  心を深く傷つけ  眼を傷つけ  目を傷つけ  唇を傷つけ  兄さんを傷つけ  品位を傷つけ  威厳を傷つけ  他人を深く痛み傷つけ  小郷を少しも傷つけ  生活はこんなに傷つけ  お互いに傷つけ  めにもそこない傷つけ  肉体がむごたらしく傷つけ  あなたの傷つけ  他を傷つけ  おまえは、傷つけ  妻を傷つけ  幸福に傷つけ  散々に傷つけ  運命を傷つけ  男を傷つけ  肉を傷つけ  自尊心とを傷つけ  幾分か傷つけ  命を傷つけ  親愛を傷つけ  信用も傷つけ  暖簾を傷つけ  幾分かを傷つけ  誤解によつて傷つけ  品位が傷つけ  上もなく傷つけ  社会的に傷つけ  戸田氏さえも傷つけ  めちゃくちゃに傷つけ  評判を傷つけ  ためにしか傷つけ  雁を傷つけ  家屋を傷つけ  家畜を傷つけ  相手を傷つけ  鳥を少しも傷つけ  緊縛されて傷つけ  細君が傷つけ  胸を傷つけ  自尊心はずいぶん傷つけ  私は傷つけ  右肺が深く傷つけ  自尊心も傷つけ  ものすら傷つけ  人を傷つけ  幸福を傷つけ  其耐震價値を傷つけ  手を傷つけ  足を傷つけ  前に傷つけ  左眼を傷つけ  女だけをこんなに傷つけ  咽喉を少しばかり傷つけ  毆いたり、傷つけ  中を、傷つけ  自信を傷つけ  半四郎師匠を傷つけ  鐘を傷つけ  岩井半四郎さまを、どうして傷つけ  自負心を傷つけ  信仰仲間を傷つけ  いずれをも傷つけ  君を傷つけ  機嫌を傷つけ  僕を傷つけ  竹管に傷つけ  私を傷つけ  精神を傷つけ  鼻によって傷つけ  可愛い家来なのだ、傷つけ  人に傷つけ  つて間接には傷つけ  直接彼に傷つけ  前にのみ、傷つけ  腹を傷つけ  ほうぼうを傷つけ  無理じいされ、傷つけ  思い出を傷つけ  手の甲を少し傷つけ  両虎を傷つけ  十右衛門を傷つけ  屋根瓦が落ちて傷つけ  何者にか傷つけ  妹をも傷つけ  刃物で傷つけ  石に傷つけ  信用はひどく傷つけ  人形を傷つけ  脚を傷つけ  名を傷つけ  美風を傷つけ  捕手二人を傷つけ  代官を斬ったとか、傷つけ  貧乏人同志が傷つけ  皿を傷つけ  朋輩を傷つけ  皮膚を傷つけ  役人を傷つけ  面を傷つけ  つまり自分を傷つけ  道徳を傷つけ  階級的の誇を傷つけ  三・四人を傷つけ  自分を傷つけ  別に彼を傷つけ  自由とを傷つけ  自尊心が傷つけ  純潔さをひどく傷つけ  それに深く傷つけ  愛情を傷つけ  心は傷つけ  者を傷つけ  一士人を傷つけ  信仰が傷つけ  屈従的精神をさらにはなはだしく傷つけ  評判が傷つけ  直接間接に傷つけ  それに傷つけ  片足を傷つけ  感情を傷つけ  自尊心の傷つけ  名誉の傷つけ  自尊心は傷つけ  辱しめられ傷つけ  心も傷つけ  心の傷つけ  気品を傷つけ  名の傷つけ  愛を傷つけ  それを殺したり、傷つけ  のは、傷つけ  体面を傷つけ  間に、一度傷つけ  腕を傷つけ  信頼を甚だしく傷つけ  人生に傷つけ  剣でひどく傷つけ  血が流れ出るほど傷つけ  叱責によって、一旦傷つけ  回復されたばかりでなく、一旦傷つけ  杉を傷つけ  妖巫に傷つけ  小山は傷つけ  妙味を傷つけ  神経はいよいよ傷つけ  幼芽が立って傷つけ  ために、ひどく傷つけ  ほうであろうけれど、もし傷つけ  先で傷つけ  過敏さを傷つけ  芸人をひどく傷つけ  心臓を傷つけ  伸子は、涙ぐむほど、傷つけ  ことが互に傷つけ  からだを傷つけ  口論に疲れて、傷つけ  同僚を傷つけ  頬を傷つけ  体面感を傷つけ  見え坊を傷つけ  弓矢で傷つけ  まり身を傷つけ  多大に傷つけ  なかった、傷つけ  教師に傷つけ  和歌子を奪われて、傷つけ  関心に傷つけ  極度に傷つけ  ために、ずっとずっと恐ろしく傷つけ  類でむごたらしく傷つけ  友人たちは傷つけ  原文をひどく傷つけ  黄金メダルを傷つけ  剣に傷つけ  左足を傷つけ  舌を傷つけ  翼を傷つけ  脳を傷つけ  ちょっと自負心を傷つけ  艇を傷つけ  無益に傷つけ  全身がおそろしく傷つけ  木片で傷つけ  正業保護、罵らんとして罵るにあらず、傷つけ  こころはいつそう傷つけ  誇りを、すっかり傷つけ  彼女を傷つけ  殺ぎ竹で傷つけ  縄張り精神を傷つけ  人を撲ったり、傷つけ  士気を傷つけ  幾人かは死し、傷つけ  ぺたを傷つけ  膝を傷つけ  他人から傷つけ  矜持を傷つけ  気持を傷つけ  枝を傷つけ  虫を傷つけ  志を傷つけ  歴史を傷つけ  美を傷つけ  自尊を傷つけ  彼らを傷つけ  理想を傷つけ  母が少しでも傷つけ  日本人同士が傷つけ  東洋人を傷つけ  者に傷つけ  釘で傷つけ  天然の美術を傷つけ  完全を傷つけ  レペルが傷つけ  ヘアピンで傷つけ  栄誉を傷つけ  しかも、ひとたび傷つけ  おのれを傷つけ  最後の言葉に傷つけ  家名を傷つけ  かわり鳥を少しも傷つけ  どこを傷つけ  事情によって多少でも傷つけ  言い伝えあれば、もし傷つけ  俺を、あくまで傷つけ  俺を傷つけ  罵倒から、かなり傷つけ  手足を傷つけ  元気よく傷つけ  肩を傷つけ  何ものかにひどく噛み傷つけ  果樹を傷つけ  一人は傷つけ  テレフオスを傷つけ  暴力をもって傷つけ  完全に傷つけ  魂の傷つけ  知世子を傷つけ  主人飯島平左衛門を傷つけ  抵抗もしたが、あるいは傷つけ  脛を傷つけ  何かお互に傷つけ  記録を傷つけ  時信吉は傷つけ  鼻をも傷つけ  真価を傷つけ  僅かに傷つけ  旅人を傷つけ  自転車に傷つけ  づほぐれつして、互に傷つけ  扱いを受けた、という深い深い傷つけ  徹底的に傷つけ  肉を抉り、傷つけ  十二分に傷つけ  ようになって来ているし、傷つけ  神経を傷つけ  神聖感を傷つけ  翼を少し傷つけ  看護婦を傷つけ  ものによってもひどく傷つけ  名声を傷つけ  誰も傷つけ  声望が傷つけ  さを傷つけ  しろ撃って傷つけ  眉間だけは傷つけ  誰をも傷つけ  自尊心をたいへん傷つけ  わが子を傷つけ  敵兵を傷つけ  己等兄妹を傷つけ  額を傷つけ  スバーは、傷つけ  被覆を傷つけ  九鬼のように傷つけ  やうに傷つけ  言葉から深く傷つけ  疲労によって、痛ましく傷つけ  出生をいため傷つけ  声名に傷つけ  何者にか知れず傷つけ  顔面を傷つけ  靜寂を傷つけ  



前後の言葉をピックアップ
きずつく  傷つく  傷付け  きずつけ  傷つけん  傷つけよ  きずつけよ  傷付ける  きずつける  疵付ける


動詞をランダムでピックアップ
繁る準じ隠し持ち掛かり合い噎せ返導ける賑わい有し雑ざっ鳴り出し基かほめれ併せるきづかわ毀っふるまお嫁ぎおこしたちあがら蒔き
形容詞をランダムでピックアップ
ひやっこい小賢しく真黒く心地よからさくい冷っこく浅い高かっほし物すごい等しから柔かやむをえない少かれ奥床ししる辛からいろっぽく軟かく