「糶」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 糶[動詞]
今年の糶  斜違いに糶  形が糶  三段返し糶  雲を踏むらしく糶  散乱した糶  私が糶  問屋の糶  檜舞台へ糶  顏で、糶  百と糶  土足で糶  三千円から段々に糶  仁木弾正で糶  鬼火をちらちらと燃しながら、すっと糶  島田が糶  島伝という糶  



前後の言葉をピックアップ
スーン  ず漏        背か  セアアル    政五郎  せい


動詞をランダムでピックアップ
競いたたき落としせがみひきちぎ罷り越すさらし踏み破ろかげろ尋ねれ語り継いきらめく待ち望みおわら閉じこもれはまらのこる投げ棄て駆込みおっぱらわさそっ
形容詞をランダムでピックアップ
短いくわしくっすがすがしゅう賢く事々しき著しゅう骨っぽ恐れ多いかぐろい委しいもの悲しくうかれ目出度い望まし数多けれおさない気だかく厚くっまばゆ呆気なかっ