「真黒」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

真黒[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
真黒にたむろして居りました  真黒になっちゃった  真黒になって  真黒になった  真黒な塊りがドッと廊下へ吐出され  真黒な事から足や身体中はさぞかしと推量される  真黒の鰭のひたうへに  真黒などっしりした  真黒んなって  真黒に汚れて居ります  真黒にしてしまい  真黒な地面を見つめながら  真黒に競合って  真黒に燻らして  真黒なものの高低の連なりにすぎないけれども  真黒にくすべながら  真黒に炭がついている  真黒に喚いて行く  真黒な岩天井にうつった  真黒けになった  真黒に染めた  真黒な木立に慴えて  真黒な羽が消えた  真黒に煤けた  真黒になって帰って来た  真黒にこげて  真黒な大きな巻煙草のようなものを口に銜えて  真黒に群れた  真黒な瞳をクルクルさせて  真黒なふさふさした  真黒な足袋の裏を見せて  真黒な足袋の裏をあわてて  真黒なる蛇の小さきが紫の蜘蛛追い駈けて  真黒な線のようになって  真黒な丘をさしてかう  真黒な腕をした痩せた  真黒な半身をのつそりと覗かせてゐるではないか  真黒なお月様になりましたといった  真黒なお月様のような帽子が小さく丸まった  真黒に疲れた  真黒な坑夫共の軍隊を見る  真黒なびろうどのやうな虱がしつか  真黒な位どつさりゐましたよ  真黒で見つとも  真黒な雲の中から雷を喚び  真黒な小粒な顔がのぞいている  真黒に指の跡を印している  真黒な指の痕をつけている  真黒にしている  真黒な峰が重なり重なりしていた  真黒な頂の丹い  真黒なのを擡げると  真黒になつたメリヤスに半纏一枚しか着ていない  真黒な壁で上から圧附けるばかり  真黒な氷柱が下ってる  真黒に両方の廊下へ溢れる  真黒な目も鼻もない滑面の樽のような顔がぬっと出て  真黒な羅紗紙を小さい乍らも鋭い角を持たせる  真黒になってこびりついていた  真黒な子供とも老人とも区別がつかない  真黒に集まってきた  真黒な合金の鎧で身体を包み  真黒にたかってさわいだ  真黒な人間の頭だけ見た  真黒ないろいろの蔭ができて  真黒に寄り合った  真黒に野を捲いてきた  真黒な中に雨がしとしとと降っていた  真黒な夜を見つめていた  真黒な振分髪の先に結んである  真黒になりながら  真黒に捕方が集まっている  真黒なピンでとめて居るばかりだ  真黒な針葉樹林に囲まれて  真黒でおもたさうに見える  真黒な雲が出て来たと思うと  真黒な影法師のちぎれちぎれな襤褸を被て  真黒な洋服を着ている  真黒に染まった  真黒によごれた  真黒な魔物に乗りかかられた  真黒に燻ぶって  真黒のレースの手袋をはめている  真黒な雲が重畳していて  真黒な一かたまりに溶け合っていた  真黒になって行く  真黒な顔を見ながら  真黒なちょっと恐  真黒な切布を覆った  真黒な地蔵さんがありました  真黒にいぶしました  真黒になつてしまひました  真黒な壁へ二条引いた  真黒な地図に変ずる  真黒に鼻が欠けた  真黒に肩を怒らした  真黒な鉄の車に対して言い知れぬ  真黒に呪詛って出た  真黒に塗つてゐた  真黒なものがつっ立っていました  真黒けになったりして  真黒な岩壁にはいつもながら緑の大波が渦を巻いてぶつかっている  真黒焦になって死んでしまった  真黒な自在を掛け  真黒けえに成っている  真黒に成って働きますから  真黒な跡を畳の上につけてしまった  真黒にしてしまう  真黒といふよりは青光りのする  真黒になっている  真黒の天井壁を眺める  真黒な面が出た  真黒な艶が褪せていた  真黒な影が障子の腰硝子に薄すらと映っていた  真黒な眼が彼の心に喰い込んできた  真黒になって働いていた  真黒になって働いていたが  真黒に岩壁や頂がぬっと大きな姿で突っ立っているけれど  真黒になって稼ぐ  真黒な影法師は大地の上に在った  真黒になるよ  真黒に穂が腐って  真黒な雲が出て  真黒な塊に見えた  真黒になりますが  真黒になるほど  真黒な杉の半面を照して  真黒になつて働いてゐる  真黒で頭の大きい何とも分らぬ  真黒な顔をしてゐた  真黒に浮出す  真黒になつて蟻が戦争をして居ります  真黒に日に焼けた  真黒な怪物が爆音を立てて  真黒な岩の磯が表れた  真黒になったろう  真黒な外套があらわれた  真黒になっていた  真黒に立ちつづいている  真黒な泥水と一緒に浮び上って来た  真黒に日に燬けた厳丈な体躯が立つた  真黒に立ちつ  真黒な頬髯を蓄えてる  真黒に立つてゐる  真黒な鳥がとまって  真黒にたかっている  真黒な肌が到る  真黒になつて働きました  真黒な色で塗りつぶされた  真黒に塗りつぶされた  真黒に焼けた  真黒に日に焼けていた  真黒けな手や足を見ても  真黒な屏風が立てられ  真黒にしてゐなかつただけが見つけ  真黒な雲に覆われた  真黒な腮髭を生やした  真黒な腮鬚の男は未だ来て居ないと気がついた  真黒に縮れて  真黒に穢いコラムつきのある  真黒な着物に草鞋ばきの  真黒なネットリした  真黒に染めて  真黒な拳銃を掴み出して  真黒にかたまつてゐる  真黒な犬がいました  真黒に静に立って居る  真黒になり  真黒で朱色のひもがついているので  真黒な焼跡は今も陰々と人を脅かす  真黒な焼跡は今も陰々と人を脅す  真黒にうずめている  真黒な雲が長く大きく動いている  真黒な顔をして居ると云う  真黒な大きい怪物にぐいぐいと胸を圧さ  真黒なものが降りてきた  真黒な昆虫が附着していた  真黒に見える  真黒な気分がいくらか引立つて来た  真黒な吊  真黒な臍ができた  真黒な天が盤石の重さで押しつけている  真黒な牛に良く似た  真黒な原始の混沌に根を生やした  真黒の頬髭を生している  真黒な風のようなものが身を掠め  真黒にならなかったが  真黒な前かけでもある  真黒な爪垢がたまっている  真黒に人が立ち  真黒な間隙が現れました  真黒で顔も西洋人にしては  真黒に噎ぶ  真黒なる帷は落ちぬ  真黒な腕に浮袋を抱え込んでいた  真黒に焦げ  真黒に染って居ます  真黒な頭の頂天のチョン髷とが影絵のように映っている  真黒の烟がどっと出る  真黒な焔が巻き上がって  真黒な鍋で何か煮ていた  真黒な杉が満山の緑の中に天を刺して立っている  真黒な大杉を被り  真黒にして立っている  真黒で包んでいた  真黒な谷間の澄んだ  真黒な腹を見せて  真黒になつた空を見上げてゐる  真黒に人立ちがしました  真黒にして  真黒にするという  真黒にしようと言う  真黒な髪を梳きながら  真黒な怪物が音も立てずに飛び込んで来て  真黒に光った  真黒な色をしてゐた  真黒な動物が現われました  真黒になってはいるけれど  真黒な帛地に銀色の装飾をあしらった  真黒な室内を覗きこんだ  真黒で痩せて  真黒に煤けている  真黒にし  真黒な顔や手足をしてゐたが  真黒に日焼けした  真黒になつた子供の方にしやがみこんで  真黒なる鳥のやや太き枝にとまりたるあり  真黒なごわごわした  真黒な皺だらけな顔を仔細らしく傾けながら  真黒な日に焼けた  真黒ないかつい顔の真中についている  真黒な顔に場馴れのしない  真黒な顔をすっくと上げて  真黒に掻き曇っていた  真黒な雲が屯ろし  真黒な塊りが巻き返していた  真黒な長い毛が突き出している  真黒な大杉林の間からは暮れのこった  真黒な暗闇があった  真黒な絶望と限りない悲哀が波立つてゐる  真黒の海を眺めた  真黒な中に無数の火の粉となっていた  真黒な重いどんよりとした  真黒な骸炭に変化した  真黒なはなたらしの漁師の子供を見る  真黒な犬目山の方を横目に睨んで見た  真黒な物が水に押されて行く  真黒に人がたかって  真黒な眼だけを残して  真黒になって働きながら  真黒に集まって  真黒な薔薇に見えると  真黒な着物をきた  真黒な着物の男を引捕へました  真黒の穴とも見えた  真黒な色で塗られている  真黒な肉塊の海女がふるえ上って  真黒な色を帯びた  真黒に暮れてゐた  真黒にかたまって  真黒になって稼いで  真黒になって働いて  真黒なのをダンナサマと呼びかけたりする  真黒になってよ  真黒になって働いておいでなすった  真黒になってよごれていた  真黒な大翼の下につつんでしまった  真黒でヌラッとした見るからに  真黒になってまくしかける  真黒だというが  真黒になつてゐまして  真黒な髪をいぼじりといったように無雑作に巻きつけてある  真黒に焦げた  真黒な雲が往ったり  真黒になつて啼き騒いで居た  真黒な墨で塗りつぶした  真黒な面がぬいと出ました  真黒な面を出した  真黒に窪ましているじゃ  真黒に盛り上った  真黒な煙をひいて撃ち落された  真黒な人影が横わっている  真黒な影をつくっている  真黒な函みたいなものがある  真黒な紙を貼りつけた  真黒な函に入った  真黒な大塵箱があって  真黒の顔をした  真黒な煙を蒙  真黒な琥珀の夜会服を着た  真黒なる管絃楽の帆の響死と悔恨の闇擾し壊れく  真黒なる火薬の車輌掲ぐるは危嶮の旗の朱の光絶えず饑ゑたる心臓の呻くに似たり  真黒に四輪車軋るはためき  真黒な鍋で何かを煮てゐました  真黒な人間が蛙のように匍い出して来た  真黒な人ダカリがしていた  真黒な細い脚を上り框へ投げ出した  真黒な三つの塊りが川の字形に跡を踏んで  真黒にむさくるしいストーブを見ながら  真黒な暖炉の中で火の粉を散らして踊ってる  真黒な爪をした  真黒な体ではしっ  真黒な毛筋も見えていた  真黒にした  真黒な茶釜がかけてあるが  真黒な雲がかぶさり  真黒に蟠っている  真黒な円いものを皿の上へ載せて出した  真黒に汚れた  真黒な実がおびただしくなっておる  真黒な口髭に櫛を入れて  真黒な猫が居る  真黒な古い玄関の辺りにまごまごしていたが  真黒な衣に包まれていた  真黒な衣を翼のように拡げた  真黒に塗潰された  真黒な蛇の形を畝らす  真黒にすくと立つと  真黒になったかと思うと  真黒な烈風がドッと吹き込んだ  真黒な貨車を見ていると  真黒な空から落ちてくる  真黒な髪の毛を背景にして  真黒な嘴で啣えて風のように飛ぶと  真黒に苔の蒸した  真黒に繁った  真黒な色に苔が蒸して  真黒に苔がへばり付いている  真黒な岩の斜面を見せ  真黒な土蔵の壁で行き留った  真黒なシュミッドをぴしゃぴしゃ敲き始めた  真黒に瞬いてゐた  真黒な煙の立ちのぼる  真黒な戸締りを背景にして  真黒な腕を組んで  真黒な一撃を受け  真黒な雲の裂け目から洩れてくる  真黒な液体らしいものを練取っている  真黒な壁にぶつかってつぶされかかってるかの  真黒な森が高く低く連なって  真黒な髪を無造作に束ねて  真黒に煤がつきましたから  真黒な人達の間に交って  真黒な帆前船がすーっと側を滑りぬけたりする  真黒な瞳とを投げ出して  真黒な瞳と真白な歯とでにっと笑った  真黒に書きつけた  真黒な鳥と見え  真黒な渦が巻いて流れました  真黒なモヤモヤだけ浮いてる  真黒に頑張って  真黒な衣を着て  真黒なのが頤に生えて  真黒な柱や棟木が倒れた  真黒な天井に円く描かれた  真黒な太い鋏でよく手いっぱい刈り取っている逆立った  真黒な雲の間から時々片破  真黒な泡がぶ  真黒に見えるじゃないの  真黒な長い棺が汚物の窪みの間を縫って動いていった  真黒なあぶくや  真黒になるだけだわ  真黒な翼のように傾いて登っていった  真黒な帆を上げながら  真黒な泡を集めては  真黒になつて居る  真黒な鉄の扉がどつしりと見る  真黒なものが彼を圧して立ちはだかつた  真黒な干葉と松花のような黄いろい御飯を持ち出した  真黒な髪の毛がある  真黒に墨が塗られて  真黒な小人はそれを聞くと  真黒な図太い鼻腔を栓を抜いた  真黒に繁つた木の葉の間から月影が星のやうに見える  真黒な小山のやうな輪画を半空に描いて居ます  真黒焦の焼餅やきな  真黒の物ドツと落ちたるを  真黒な小さい長方形の板を戴き  真黒な箱へ乗せてもらったが  真黒の鳥もいた  真黒な水の面を見返りながら考えた  真黒な枝を突張った  真黒になってしまいました  真黒な瞳をじっと注いでくる  真黒な小鬼があらわれ  真黒なものが転っていた  真黒なるマント様の衣を裾まで被りたる  真黒になつて働いてをりました  真黒な撥墨の雲が蓬勃として自ら止まるにも止まれないといった  真黒な群集の山が待ちかまえて  真黒になって泣いている  真黒な顔を畳にすり付けながら  真黒になったから  真黒に固まり付いている  真黒な足と下駄とを眺め  真黒な馬に乗って  真黒に浮上がって見える  真黒な土が処々に覗き出していた  真黒な髪の毛を五分刈にし  真黒の色に移るまでには  真黒焦の屍体が発掘された  真黒焦になって  真黒な天井が上から抑えつけてる  真黒な健康顔をして  真黒な痩せた  真黒な体の男や女が山の中の浅い井戸の様に自然に温泉の湧く  真黒な瘠せた  真黒になつた木の栓抜きでラムネのくちを  真黒にたかって居ります  真黒に暮れていて  真黒に溢れてし  真黒な大きな袋の群は改札口で揉み  真黒な影が転がる  真黒なものが草叢の中から飛び出してきた  真黒な洋杖をひっぱりだすと  真黒な長い塊が飛び出して  真黒な袋を銜えていた  真黒な海水をたたえている  真黒に重い陰を作って居る  真黒な夜の幕に包まれ  真黒な灰の堆積の外に何も残っていなかった  真黒焦になってしまった  真黒な粘液を噴きだし  真黒に日焼けして  真黒なる粉ひき車の輪中空に聳え  真黒な膝を洗って  真黒なる粉ひき車の輪中空にそびえ  真黒になっとるに  真黒にしているので  真黒に日にやけ  真黒にすすけていたが  真黒な着物を着て  真黒の栄螺の壺を片手にとりあげ  真黒な煙を出して  真黒になる  真黒な死が手を伸ばしてつかみかかっている  真黒になりたるを掛けあり  真黒な外を眺めて  真黒に塗って  真黒に陽にやけた  真黒なものがやって来る  真黒になつてヤンマ取りに夢中になつて居る  真黒なる鉄瓶に水を汲み入るれば  真黒な煙がムクムクともちあがっている  真黒な船腹のさびついた  真黒な瞳をあげて  真黒な小蓑を掛けた  真黒なレデーの一人と相乗りで淋しい田舎の果へと揺られて行った  真黒なお猫さんが住んでゐました  真黒の毛が立派に生え  真黒な野桜の並木が風に揺れていた  真黒な大きなのが出て来て  真黒に塗り消されているばかりではない  真黒な雲が渦巻のように舞い  真黒な口をひらいて  真黒な服に飾りの何もついてゐない  真黒に正面に聳えてゐて  真黒な一団が眼前に現われた  真黒な密集が蠢いていた  真黒に開いていて  真黒な血が吹き出ている  真黒に塗り潰してしまうと  真黒な梢を浮き上がらせている  真黒な裸の土だと思っていた  真黒な闇に呑まれてしまう  真黒な怪物が突っ立っている  真黒な鳥が白い芦の花の中に飛込んだ  真黒な羽をばさりと落して  真黒になつてそれがげつそりと痩せてゐる  真黒な帽子をかぶり  真黒な靴をはき  真黒或は半焦になった  真黒けにソックリ其儘原形を残して焼けていた  真黒に焼けて  真黒に油じみた  真黒な格子が出て  真黒に入っていたので  真黒に見えなければならない  真黒な土が珍らしく小高く盛り上げられて  真黒の物が写って見える  真黒な戦雲に閉ざされたので  真黒な煙の柱がむくむくと立ちのぼる  真黒と真茶のコロコロの本当の犬っ  真黒な装束をきせた  真黒な一叢の竹藪を潜って隠れた  真黒だ駈けて  真黒になつて茂つてゐる  真黒な翼とを持つた  真黒な顔を傾げて  真黒な顔を出して  真黒な茶壺がならんでいて  真黒なみずみずした色沢だけでも人を引きつけて離さない  真黒な渦巻きに変って  真黒で頭の大きい干  真黒に煤びた屋根裏が見える  真黒に汚れ  真黒に日に灼けた  真黒な眼をクルクルさせて  真黒なオーヴァに腕を通し  真黒な溝泥の水を湛えた  真黒な管が徐々に出て来て  真黒な魚の頭で埋まって見えた  真黒な魚の頭で埋ま  真黒に塗りたててある  真黒な汚ない泥土の底を見せている  真黒に立続けし  真黒な裸足で末っ子の糸坊を脊負わされて  真黒な毛生やしてても  真黒に燻って  真黒に燻っているだけで  

~ 真黒[名詞]1
眼も真黒  店先で真黒  眼は真黒  大軍が真黒に  色の真黒けな  物の真黒  手の真黒  テーブルも真黒  歯が真黒ん  手触りで真黒に  中に立って真黒  片側を真黒に  内部を真黒に  底に真黒に  中が真黒け  炭塵で真黒けに  刃が真黒  リボンを真黒に  俄に真黒  脚の真黒  中に誘い込まねば措かぬ真黒  角度へ変ると真黒に  幾枚もの紙を剥がすと真黒に  潮焼けで真黒に  葉が真黒に  場主は真黒  青年は真黒に  八重ちゃんが真黒  帽を真黒  全身は真黒  頭の真黒  なかばを取りしに思いがけず真黒  やうに見える真黒  やうに真黒  天に登って真黒  義父の真黒に  下で働いてゐる真黒  道が真黒  のは真黒  下に真黒  ところだけに真黒に  真中を真黒に  ような真黒  体の真黒  葉蔭に真黒  一個の真黒  彼等は真黒に  軒から真黒  煤で真黒  中から真黒  私は真黒  どっち向いたって真黒けな  血が真黒に  上は真黒  顔の真黒  五体も見えないほど真黒に  ように真黒  木陰に真黒に  戸外は真黒で  何も見えずに真黒  君のも真黒  水陸にかけて真黒  綺麗に編んで垂れた真黒  煤で真黒に  畸形な真黒の  囲繞き真黒に  北には真黒  髪の毛ばかりが真黒  脂で真黒に  金網つきの真黒に  ためだろうと思われる真黒  呟呻をしてゐる真黒  露きだしの屋根裏は真黒に  色は真黒  ように真黒に  老爺の真黒  裂け目や真黒  後方にある真黒  薄もので拵えた真黒の  墨掛地蔵という真黒  色が真黒に  ために真黒に  中心として真黒  顔が真黒に  瀬戸物の真黒  形をあらわして来る真黒  足の真黒  手脚は真黒に  色の真黒  鶏冠山の真黒  毎日自転車で真黒に  なかに佇む真黒  日に焦けて真黒に  囲炉裏に真黒  筒袖で真黒け  炭屋だから真黒  形なりに真黒  頁が真黒に  者を従えて真黒に  色も真黒に  一面に真黒  三丈ばかりの真黒  髪の毛の真黒  得体の知れない真黒  光を受けた真黒  之は真黒の  山が真黒に  なかに真黒に  余の真黒  二つの真黒  麦は真黒に  族は真黒に  火の光りが真黒  ときは真黒  半分は真黒に  展開させながら真黒  浜は尽きて真黒  泡が真黒  急に真黒に  倍ぐらいある真黒  蠅が真黒に  女の子も真黒  未来が真黒  心まで真黒に  畳の真黒に  縞目も解らない真黒の  ような真黒けな  一方には真黒  顔を真黒に  空は真黒  下街らしく真黒に  胡麻塩頭を真黒に  ポケットから真黒  鼻糞は真黒に  夏でも真黒に  手足は真黒に  防壁頭巾は真黒で  往来を真黒に  大空に真黒  裸で真黒  道頓堀に真黒  上を真黒  真上に蔽いかぶさって来る真黒  半分だけしか真黒に  綺麗に真黒  盲目縞の真黒  廻りに真黒に  直下には真黒  髪が真黒  死と真黒に  煙脂で真黒に  中から真黒の  焼け跡の真黒  お茶を下さる真黒  一帯に真黒  身体も真黒で  辺には真黒  両側へ真黒に  身体も真黒  わたしを真黒に  身体を真黒に  君の真黒  木の下に真黒  蔭に真黒  中に真黒に  中には真黒に  庭先へ真黒  着物も真黒  着物も真黒に  中にいる真黒  小柄で真黒で  どこも真黒に  墨で真黒に  中を真黒に  垢で真黒  弾力のある真黒  反対に驚くほど真黒  なつて真黒に  六寸ほどの真黒  人夫は真黒  彼の真黒  日に焼けた真黒  特徴のある真黒  空は真黒に  中天に真黒  そこから真黒  外に真黒  空と真黒の  のには真黒  摂氏二千度近く熱せられ真黒  住居は真黒  浜辺に遊んでいる真黒  百蔵は真黒  腓も真黒  前は真黒に  縦隊を作った真黒  睫毛の真黒  沢田さんは真黒に  渋茶を煮出した真黒  青年が真黒に  物を流す真黒  薔薇が真黒  艶があって真黒  眼が真黒の  鯰の如く真黒  表に真黒  漁師の真黒  これが真黒に  全身が真黒  歯茎が真黒  やうに真黒にな  一つの真黒  鳥が真黒に  裾からは真黒  油煙で真黒  穴を真黒に  上に真黒に  一機も真黒  一人は真黒  煙に吹かれた真黒  立昇る真黒  刺繍した真黒  獣のつらね真黒  黒奴らが喘ぎ曳き来る真黒  玻璃も真黒に  身体全体を真黒に  しずくをたらした真黒  里へ帰って真黒に  ところでは真黒  上に真黒  河岸縁に真黒  自分は真黒  頤髯には真黒  指を真黒に  母親は真黒  相手の真黒に  それには真黒  一行は真黒  外には真黒  家の真黒  精霊は真黒  松埃で真黒に  空へ真黒に  銀も真黒に  ひとり手に開いて真黒  速度で走り去る真黒  パーマネント・ウェーヴの真黒  山の真黒で  其中を通って真黒に  岩は真黒  三角形を呈した真黒  露次は真黒  指を揃えて真黒  上へ真黒に  手垢で真黒に  船から真黒  松坂屋の真黒  連中の真黒  太股ぐらいある真黒  菜葉服を真黒に  頭上に真黒  それは真黒  柵んだ真黒  竹箆で真黒  片手に真黒  岸には真黒  服にも真黒に  いやに真黒  海で鍛えた真黒  歯並と真黒  六つ字を重ねて真黒に  それが真黒  たくさんの真黒  朝臣の如く真黒に  中を真黒  六七本許りも真黒  靴墨で真黒  何色かの真黒に  あたりを真黒に  方へ真黒に  水面には真黒  支那船の真黒  浮き上る真黒  工場は真黒に  群れが真黒に  伝馬船が真黒  垢とで真黒に  門は真黒  巨大な真黒  一きは真黒に  女は真黒  高社山の真黒  女房は真黒  顔には真黒に  上でねてゐた真黒  ゼーロンは真黒  これを望むと真黒  あれ程の真黒  五尺あまりの真黒の  天辺には真黒  炭輸送車の真黒  ような真黒の  眉毛は真黒  立樹の真黒  髪までも真黒に  頭して真黒  晩まで真黒にな  霹靂を載せた真黒  顔までも真黒に  子供達が真黒に  腹の中まで真黒に  湯が煮立つにつれて真黒に  大平は真黒  昼が汚れて真黒に  二寸はあらうと思はれる真黒  背にして真黒に  湿気を帯びた真黒  色から真黒の  鑑別出来ない真黒  誰ともわからない真黒  奥が真黒  上からぼたりぼたりと真黒  油で真黒  ちよろちよろと真黒に  垢で真黒に  人が真黒に  狼だかの真黒  南に真黒  道一杯に真黒に  身は真黒  ブクブクと真黒  皆一様に真黒  たびに覚える真黒  生傷のついてる真黒  あそこだけ真黒に  裏を真黒に  雅子さんが真黒に  顔は真黒に  中に盛りあがった真黒  湯気のあがっている真黒の  煙突から真黒  私達は真黒に  さきには真黒  ここに立って真黒  壁を真黒に  今沸かしてまいらすべしとて真黒  波止場に立って真黒  倒に真黒  はんけちで真黒  太陽と真黒  心を真黒に  黒さんといふ真黒  黒さんには真黒の  川添いには真黒  何か真黒  スローガンが真黒に  太眉が真黒  モード夫人は真黒  ニーセンが真黒に  口を真黒に  今まで真黒  谷間は真黒  張抜らしい真黒  前に真黒  十四五町と真黒  浪が真黒に  そこらに真黒  首筋が真黒に  簷も焼け落ちて真黒に  四方が真黒に  ように真黒けに  一つに固まって真黒に  ところに真黒に  其処此処に真黒  其色は真黒  日本は真黒  何十丈ともしれぬ真黒  地にして真黒  足元から崩れ落ちる真黒  車につんで真黒  山腹の真黒  杉山が真黒に  地面に横たわってる真黒  我々は真黒に  胸毛と真黒  窓から真黒  奥に真黒  塵埃で真黒に  郡山へ着くまでには真黒  頭が真黒  脂で真黒  鳥右ヱ門は真黒に  前には真黒  糞で真黒に  手足の真黒に  ところどころにある真黒  昼間見れば真黒  那須颪が真黒に  彼は真黒  引汐で真黒  堤に真黒に  人型をした真黒  鉄芯が真黒に  

~ 真黒[名詞]2
こんなに真黒  そんなに真黒  重い真黒  すっかり真黒  同時に真黒  其の真黒  大きな真黒  あの真黒  その真黒  何だか真黒  残らず真黒  何しろ真黒  若々しく真黒  又真黒  すなわち真黒  必ずしも真黒  また真黒  く真黒  小さい真黒  一層真黒  ない真黒  長い真黒  たしかに真黒  まだ真黒  じっと真黒  もう真黒  只真黒  この真黒  数多い真黒  こわい真黒  有難い真黒  ほとんど真黒  いつも真黒  なく真黒  なにか真黒  細い真黒  

複合名詞
からだじゅう真黒  ソノ真黒  全身真黒  真黒闇  毎日真黒  体ごと真黒焦げ  ざとあかとあぶらで真黒  夜中真黒  復真黒闇  真黒げ  流真黒  極み真黒  通り真黒  ト真黒  かも真黒  まま真黒  顔じゅう真黒  身体じゅう真黒  一面真黒  寂蓮尼真黒  皆真黒  真黒羅紗  一か年真黒  オヤオヤ真黒  首玉ア真黒  身真黒  夜前真黒  真黒学校  二行半真黒  部屋じゅう真黒  つた真黒  あなた真黒  身体中真黒  半分真黒  股引真黒  ただ真黒  



前後の言葉をピックアップ
マックラウド  マックリーシュ  マックレガア  真っ黒  まっくろ  真っ黒い  真黒い  まっくろい  真黒う  真黒き


動詞をランダムでピックアップ
祝っかかずらう浮出し触れ合っ心得ろ調子付いみなおし落し入れよよわりくずおれ入りゃひきおとしうすれよ見おろせるぶった切っ捲し上げ起てる持ち歩こぬかろつっぱっ
形容詞をランダムでピックアップ
狂わし心安い術無むずがゆ余儀なけれ堆う黒かっ涙脆いわかわかしい悩ましくっすしあぶなから遽しかっ心許無いさくく遅くっ口惜しくっしつこにくらしく