「目明し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

目明し[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
目明しを一匹召捕った  目明しを殺した  目明しの居所知らず  目明しという肩書に面目がありゃしません  目明しの飯を食ってきた  目明しだということを忘れている  目明しをしている  目明し下っ引を追いまわして  目明しなんぞに負けるも  目明しや岡つ引の機嫌も取らなければなりません  目明しもあれは女郎屋もある  目明しで有った  目明しの代官松だけは見過ごしておく  目明しの代官松が追って行く  目明しと若い武士とへ向かった  目明しを嫌わねばならない  目明しや好奇半分の若い衆が夜を日に継いでの  目明しのお目こぼしで  目明しの安が顔を見せた  目明しを連れて歩いていた  目明しの辰の家をのぞいてみた  目明しの仙右衛門は飛びかかった  目明しの黙々とした  

~ 目明し[名詞]1
のが目明しの  その間に目明しの  半分の目明しを  それは目明しの  年まで目明しの  字も目明しにゃ  上方から来た目明しの  悪党にも恐れられる目明し  ように目明しの  縄は目明しの  悪党と見れば目明しの  倖いにして目明しの  はじめ常木鴻山や目明しの  ヘボにしろ目明しの  与力や目明しの  折から目明しの  軒を出た目明しの  ッ青になった目明しの  弾みをくって目明しの  天満組の目明しを  なかばにある目明しの  職掌がらの目明しの  阿波へまぎれ込もうとしてきた目明しの  自身十手もちの目明し  危いところを救ってくれた目明し  組下の目明し  つては目明しや  商人にやつした目明しという  代々の目明しで  人物こそ目明し  稼業が目明しという  これが目明しの  足を止めて目明しと  下等な目明し  腕っこきの目明し  ほかならぬ目明しの  やつは目明しの  例の目明しの  多年苦労をした目明しの  御用聞きとか目明しとかいう  凄腕の目明し  腕自慢の目明しや  近くにいた目明しの  役所外の目明しや  奴が目明しを  いちばん古顔といわれる目明しの  佃は目明しの  ころりと転がってしまう目明しの  

~ 目明し[名詞]2
怖い目明し  もし目明し  あらゆる目明し  この目明し  あの目明し  

複合名詞
目明し万吉  目明し仲間  目明し万吉  目明し根性  目明しさん  目明したる者  いくら目明し  目明し親分  野目明し  目明し草履  ところ目明し  同心目明し  目明し・番太  目明しふう  目明し共  目明しども  目明し文吉  目明し稼業  目明し岡  目明し提灯屋亥  目明し駒蔵  目明し藤吉  目明し影法師  目明し奉公  目明し釘抜藤吉  目明したち  目明し衆  目明し部屋  目明し組  



前後の言葉をピックアップ
目差し  目の子        目明き  めあたらし  目新し  目新しい  目新しかっ


動詞をランダムでピックアップ
殖やせ読み替え追い散らす思い止まら立て通し行き詰る捲き込ん取合せ馳せるさからえまつわっ差し込み捩じ伏せよこわがりたたきこむ訝る立ち竦み浮ぼ唸り
形容詞をランダムでピックアップ
勿体な馬鹿馬鹿しからしおそろしかろ近かろともき誇らしゅうこちたから初初しいほそながい愚かしい見よ小賢しく木深いひくい永き悩ましいひょろながいひょろ長くいさぎよく