「眼」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
眼をした  眼はつかれ  眼の先に何時の間に現れた  眼をして  眼を白黒させてゐる  眼で見あげた  眼を挙げた  眼を瞑つて  眼をぱつちりと視開いた  眼をそらす  眼をやる  眼がさめてしまいました  眼の前に展開される  眼からみて  眼に触れる  眼の前には実際の利害関係をもった  眼を見開いていた  眼に見せる  眼を閉いで  眼に訴へるので  眼にのみ見せようとする  眼をそらさうとする  眼をぱちつかせている  眼をぱちつかせる  眼を移して始めて  眼をしばたたいて  眼が覚めているだろうが  眼を細くした  眼をしだいに細くし出した  眼を開いた  眼をぱちぱちさせていた  眼を眠っている  眼に飛びこんで  眼に入れると  眼の大きい女達が数十人生活をしてゐた  眼をやりながら云った  眼をやった  眼の下に影のある  眼をいきいきさして  眼を天風の方へ向けて云った  眼や眉を動かす  眼には美智子の室が夢の国のやうに更に明るく見えました  眼を瞑  眼をつぶりました  眼を瞑つてゐる  眼の前に何か見えるだらう  眼の前に現れて来る  眼の前に浮ぶ  眼の前の今迄の美しい金色の虹は一羽の孔雀と変りました  眼を空いてもい  眼は春雨にうたれた  眼を開く  眼を向けました  眼を射す  眼に付いて来た  眼を離して  眼の前で九官鳥のやうな声が響いたので驚いて  眼を放つならば  眼を四方に配るならば  眼を合せた  眼を向け  眼をつむっていた  眼を開いてみると  眼を宙にして  眼につき  眼をつけられやしないかと思いますわ  眼をつぶっていた  眼を細くあけて見ていた  眼をつぶった  眼の底に残像がはっきりと残っていた  眼がさめたら  眼が覚めた  眼で最初に食べ  眼についた  眼に入らない  眼をみは  眼で味ふ  眼にもみえぬ  眼くばせして  眼をくらませる  眼はその瞬間鋭く輝いた  眼をテーブルの上に注いで言った  眼につかなかったので  眼についたので  眼に当てた  眼をつぶろうとしたが  眼の中まで真赤になっていた  眼の中が熱くなつて来ます  眼に注きました  眼を伏せていました  眼のはやい者がたちまち見つけ出して  眼を据ゑる様にして云った  眼に沁む  眼には口惜しい涙がにじみ出た  眼をしあってゐた  眼があいて  眼を放つ  眼を視  眼を放たない  眼の前にチラついてゐたら  眼をさましておられると  眼をさましていると  眼が見えない  眼を光らしている  眼に一杯涙を湛えている  眼の見えない  眼を皿のやうにして  眼立つて愛くるしい口元に微笑を浮べつ  眼の光を浴せて  眼を病むあるきの  眼を移しつ  眼の前に見える  眼にとまらなければ  眼に浮ぶ  眼になつて魚を狙ひ  眼がさめた  眼は見えないでも  眼がさめて  眼がさめる  眼に入らず  眼の球は全で此方を見ているよ  眼も眩み  眼を擦りながら  眼は血走り  眼と眼を見合せ  眼が眩んでるから  眼が覚めて  眼が覚めたので  眼を疑つた  眼覚めさせられた  眼の前に暗闇がすべり墜ちた  眼が見えないので悶えてゐた  眼が見えなくな  眼から血が出てゐる  眼に留まるので  眼は涙ぐんでゐた  眼覚めて街へ出かけた  眼が覚めて見廻すと  眼が覚めたら  眼が見えないので悶えていた  眼が見えなくなった  眼から血が出ている  眼に留る  眼は涙ぐんでいた  眼をつぶって  眼を丸くした  眼にものが見えぬほど  眼のいろを変えて  眼がくらむくらい  眼が落ちくぼんだ  眼をまっすぐに見ながら問いかける  眼を見はった  眼を大きくして  眼は歓喜に輝いていた  眼を丸くして  眼をとおして置いた  眼がらんらんと光り  眼にはいった  眼をぱちくりさせて  眼で僕を見つめる  眼が綺麗にすんでいる  眼で僕の顔を見つめて  眼を丸くして尋ねた  眼を細める  眼に抱き  眼をくりて  眼は消えしや  眼は硝煙に血走りて  眼といったら  眼へ出ると云う  眼を閉じて  眼も鼻も一つにして  眼を青貝のように列べて光らせている  眼にも余まり見とも  眼を輝かして飛んで来る  眼を円くした  眼に潤みを持ち  眼の前に丸髷が見える  眼を抉出して  眼を閉って毒を飲む  眼になって  眼の色を異えて  眼をしょぼつかせた  眼を放って見渡すと  眼で局外から観ると  眼には立派な生活をしている  眼へ入って  眼へ入らぬ  眼へ入った  眼に物言わせて  眼の覚めた  眼に入る  眼に映ずる  眼を惹く  眼には少しは異って見えたには  眼を開いて見ると  眼を瞑っているので  眼をさまして  眼を忍ばねばならぬ  眼から遠ざかる  眼の中へ飛込む  眼を細くし  眼をつけた  眼を擦りこすり  眼を凝らして進んだ  眼を輝かして  眼に立つといふ  眼を輝かした  眼をさますと  眼を見あわす  眼はことごとく異様に輝き  眼をふいていた  眼がさめんほど熟睡しているなんて  眼は涙ぐんで  眼の離されない  眼が覚めてゐて  眼をつむり  眼をつむって  眼がしらが熱くうるおいそめて  眼に写った  眼の届き過ぎる  眼に珍しく見えたまでである  眼をそむけた  眼にしみ入る  眼が包まれる  眼を欺き  眼の前に踊り現すなどといふ  眼を据ゑて不思議な唸り声を挙げる  眼を細くして  眼をあいてゐた  眼を傾げて  眼の前に突き出した  眼には思ひの  眼の間から穏かな瞳を私の胸に投げた  眼がくらむ  眼に映じます  眼の色がちがふ  眼の前にゆらめいて消えなかつた  眼が青黒く光つてゐた  眼をチラリと投げたが  眼は見る  眼をつぶり  眼をもつて  眼のおほ  眼で待つてゐる  眼で御用をきいてゐる  眼をあきかけた  眼をみてゐた  眼もくれないで  眼をたたいてとびださうとする  眼にはやさしい媚がとがつてゐる  眼がとびでて  眼のまへに逃げてゆかう  眼をみはつてわたしはかぎりなく大空のとびらをたたく  眼ふはふはうかんでゐる  眼のなかにはあをい  眼をなぐさめる  眼をしめらせて  眼にたまる  眼は赤くいちごのやうにふくらみ  眼をよせる  眼をとぢてわたしをさそふ  眼をいつ  眼をすべり  眼をかはし  眼といふ眼をふさいでひきこもり  眼をあけて  眼にしみいる  眼に押しあてた  眼を覚まさない  眼の前に見せられても  眼も赤く充血したらしい  眼さえも黒く動かさない  眼の前に来かかった  眼がキット釣上っている  眼を光らせて  眼を見合わせる  眼の下に曇のある  眼の上瞼の青黒く腫れあがっているのに  眼を向けた  眼が青くきろき  眼が青く鬼魅悪く見えた  眼を移した  眼をつらつらとやった  眼のせいではないかと思って見なおそうとした  眼の引つ込んだ  眼が眩んで倒れる  眼につく  眼が利かなくなり  眼は緞帳の奥から輝いていた  眼を眩惑せし  眼すらはつきりとあけてゐられない  眼にうつるは  眼のさめた  眼は乾魚のように光を失っていた  眼の前にチラチラふるわせて云った  眼をカッと見開き  眼とスレスレのところまで垂れていた  眼でみると  眼に涙が光っていた  眼でじっと見ていたが  眼を見入った  眼に涙が湧いて見えた  眼をやったが  眼にかかるまで  眼にかかりましたから  眼にかけます  眼をよりつける  眼で危険を見て取った  眼に眼糞をつけて  眼は小さくて深く沈んでいたが  眼は倍も恐ろしい様子になり  眼のあたりに見た  眼なざしとに心をつらぬかれて  眼の前に見た  眼を見つめていると泣けて来る  眼が待望の中にひたすらあなたに向けられている  眼の人ゲーテは音楽を理解しなかった  眼で眺め暮した  眼に表はれてゐる  眼を眩まして置かう  眼を以て古人の心を描く  眼を離さぬという  眼をさます  眼がまひさうだな  眼が澄んでゐる  眼が覚めると  眼にはみえないけれども  眼をやりました  眼はその小壺の上に落ちました  眼はこがね虫のやうにのつそりと小壺の胴を這ひました  眼からしては  眼をくれながら  眼がね羨ましく思ふぞ  眼を引きちぎる  眼に自信が持てなくなりました  眼が低いか高いかがきまる  眼に自信を持つ  眼に間違ひはなかつたなと思ひました  眼をつけて  眼までチラチラと白い火花を見たりした  眼をとじて  眼の底に烙きついている  眼が眩んでも  眼をつぶってみたり  眼には狐疑の焔が青く燃え  眼をくれ  眼のするどい瘠せ  眼がある  眼が自分の上に注がれて居るからである  眼を掩ってそれ以上の残忍は為し得ないという  眼に浮ぶから  眼にある  眼にも輝いていた  眼に燃えて  眼に赤い光を見せて  眼に浮いて来た  眼をして立った  眼のなかが重くなった  眼と眼を見交して  眼をして訊いた  眼に恐怖を見せて訊いた  眼を惹かれていた  眼の醒める  眼の前を走って来た  眼の前へ止った  眼がついた  眼をはち切れる  眼を通したが  眼を輝して  眼は急に悲しそうになる  眼には涙が浮んだ  眼で我等に視入り  眼からはもう涙が乾いてゐた  眼の上に安眠のヴェールを曳いて下さるだらう  眼をあけてくれたばかりではない  眼をあける  眼に猿蓑を見てゐる  眼や髪はそれぞれ特色を具へてゐるであらう  眼や髪の特色を具へてゐる  眼の前に浮んで来る  眼なるものはお伽噺の蛙の眼と多少同一に出来てゐるらしい  眼のごとくに朗かに晴れた  眼に逢わぬ  眼を覚ましてみると  眼ざしは分らなか  眼を物音のした  眼ざしにおどおどした  眼へ宛がおうとしてみた  眼のそばへ持ってきて  眼を細くしなく  眼を細めた  眼の底に浮ぶ  眼に触れない  眼が始めて開けたとさへ  眼を抜かれても  眼を開けて見ると  眼で見よと知らする  眼の大きく見える  眼にはいつた  眼も充血してゐる  眼を見合わせ  眼に一種のロマンチックな色彩を帯びる  眼を彼の身辺に集注した  眼覚めていた  眼を付け  眼のまわりには疲労の線条を印している  眼が妙な表情をして瞬く  眼に付く  眼にはおそらく人間のあらゆる偏見や痴愚が眼につき過ぎて困るだろうという  眼と眼を見合った  眼に病的とも言える  眼にいっぱい涙をためて  眼を据えて  眼の上にあてた  眼をふさいでいた  眼が覚める  眼のうちが凹んで  眼を見入りながら  眼を向ける  眼を輝かしている  眼を見開いてる  眼覚めた支那青年を思わせる  眼は冷たく光つてゐると  眼が窓にあると知ると  眼を開けるという  眼に見える  眼に見えて  眼のあきかけた  眼が見えなくなってしまった  眼が見えなくなったというが  眼が見えなくなっては  眼が見えないといってさわいでいる  眼の見える  眼が見える  眼が見えないさわぎの  眼が見えても  眼をまたたいた  眼は見えぬながら  眼が見えなくては  眼だということをわすれずに  眼の下五十センチもある  眼をいからせて叫んだ  眼がくらんで  眼が見えだしたって  眼が見えだすなんて  眼のきく  眼がうっすら見えだしましたよ  眼の見えだした  眼にあててみて  眼にうつった  眼が見えなくなって  眼をぐるぐるまわしながら  眼をねらっている  眼をしばたたいた  眼をみはって  眼を閉じた  眼がのぞいていたが  眼を刺戟されて  眼をかがやかせて  眼でも見たいと  眼を光らせる  眼から見れば  眼のぎらぎらと光る  眼を爛つかせたが  眼に嘲  眼遣で妻の顏を見て  眼を嶮し  眼から見たら  眼を閃かせ  眼を移して  眼を開けて  眼は哲郎の方へぢろぢろと注がれた  眼は絡み  眼に注くと  眼と地蔵眉になった  眼は哲郎の方へじろじろと注がれた  眼は絡みあっている  眼に注くとともにそれがふわりと首に纏わった  眼である限りは蜂や蜻蛉のそれでさへも怕れ戦くほどの  眼を放つと  眼ばゆく照り映えて  眼を転じたい  眼を転じ  眼を据ゑ込んでゐる  眼が据はれば  眼のあたりに流れてゐる  眼を放つて見たが  眼ぶしく  眼が裂けたり  眼の前に居る  眼である限りは蜻蛉のそれであつても怕れ戦く  眼は遠い所を見つめていました  眼を輝やかせて  眼を当てたが  眼は彼女に集った  眼を向けているよ  眼を血走らせて  眼でじろりと睨んだ  眼を開いたが  眼で美しい死顔を眺めた  眼をパチクリさして頭をふりました  眼の中を熱心に覗き込んだ  眼だけを見張って  眼を閉じて見る  眼の前が五色の斑点でちらちらする  眼を開くと  眼がありありと写る  眼のきらきらと光る  眼はくもりたる  眼をさました  眼には見えないが  眼の光りで  眼にあてて  眼を拭いた  眼をさましてゐて  眼について離れなかった  眼をしょぼしょぼさせた  眼で見る  眼の色を見せて  眼にかかれれば  眼は殆ど睨む  眼に明子のあらゆる不調和がその度を強めて  眼の前で黒と白の二つの要素に分身する  眼の前で組んで見せた  眼に触れさせなかつた  眼を開きかけてゐた  眼をつぶつて頸を縮め  眼に青年らしい決断の色が閃めいた  眼に村瀬の栗色の肉体が仄見えた  眼を天の幼児に投げた  眼にはつきりしてゐた  眼を走らせた  眼を閉ぢてし  眼をしばだたいた  眼を皿にした  眼をうごかした  眼に涙さえもって  眼を醒まさせた  眼に映らない  眼の中へとびこんで来る  眼を惑わせながら  眼をほそくした  眼をこすった  眼をさましたか  眼をしばたたいているし  眼の中にまで沁みこんでいる  眼を向けている  眼でターニャを見ながら  眼で刺す  眼を見つめていたが  眼に浸みる  眼をとほしてゐると  眼には余り多くの好奇心を惹かなかつた  眼がつぶれたら  眼にかかりたいと  眼を止めて  眼もくれずに  眼に見る  眼ぼしい  眼を見開くに至りました  眼を見  眼を見ひらきました  眼を見ひらく  眼にはこの光景が如何に映じたであらうか  眼に映つて  眼のさきにちらつく  眼を引く  眼を光らせた  眼を見えぬ  眼を開けた  眼をやると  眼に記憶があった  眼は今度は右の方へと往った  眼を開けると  眼を醒して  眼が窪んでいた  眼を見て驚いた  眼を覚ますと  眼をとぢずにはゐられなかつた  眼をとぢてし  眼に涙を見て  眼を走つた  眼に憎しみをこめて  眼を閉じる  眼を閉じたら  眼の前の腰窓がそつと開いて  眼を視合せた  眼に一人の少年の姿が入ってきた  眼を糸のように細くし  眼がさえて来た  眼がさめてみりゃ  眼の間はかなりはなれ  眼の前にしょんぼりと光っていた  眼をできるだけ鋭く窓のほうへ向けたが  眼をおおうと  眼をはなさずに  眼の上まで頭をミルクのなかに突っこんだ  眼で彼はながめた  眼の前のテーブルの上にならべて見せる  眼に感謝の色さえ見て取った  眼の視線が元気そうに注意深く射し出ている  眼もほとんど開けていなかった  眼を開け  眼の前に置かれた  眼で母親と妹とを探した  眼を閉じ  眼がほとんど自然に閉じ  眼を丸くし  眼を放さないでいた  眼を上げなかったが  眼をまん円くして  眼で視  眼をつける  眼に涙をうかべて  眼配せをして  眼に見えています  眼の前に懸つてゐる  眼の前に懸つてゐるではないか  眼を落して  眼の前に現れた  眼を挙げて  眼をかすめて  眼の先に差し示すと  眼より覆面を去れ  眼だけを凝  眼に映つた  眼にさへ触れなければ  眼をつむ  眼を覺すと  眼を覚すと  眼を自分の横顔に移して  眼をもつてゐた  眼をつぶられた  眼に涙がにじみ出してくる  眼を刺す  眼に映った  眼で相手の制服を残る  眼はぼうっと暗くなり  眼の前でひどく混乱してしまった  眼をどろんとして寝ぼけ面をしているだろう  眼の中にもかっと火が燃えたち  眼につけば  眼で見ているだろうかと  眼の前に吊るしておく  眼をこすっている  眼に射しこんだ  眼を与えた  眼を与える  眼は言っている  眼のいう  眼の前には障子も蝿もなくなっていた  眼を遠ざけた  眼をつぶりながら  眼にだんだん明瞭な姿を取ってゆく  眼を放して  眼がとまると  眼の先に塵まぶれになって下っていた  眼の中に感ずる  眼の前の鐘を発矢と打った  眼を強度の近眼鏡の後ろから覗かせながら  眼を転じた  眼と眉との間にあからさまに現われて  眼はふたたび手紙の方へ向けられていた  眼を落した  眼につきだして  眼がトロンコになったよ  眼までを輝かして  眼を眠そうにしばたたいて  眼をしながらすましていた  眼の上に皺を寄せながら  眼を高所大所に向けてみろ  眼がきゅうに輝きだして  眼もとまらぬ  眼まぐるしく動いた  眼を走らすと慌てて  眼をやりながら  眼を母の方にやりながら  眼をちょっとそっちに向けた  眼をさける  眼を母の額の辺に向けて  眼がさめたりした  眼のところに持っていった  眼を見ると  眼にも入らぬ  眼を西山の方にやると驚いたらしく  眼は申し合わせた  眼を放さない  眼の中に湧いてきた  眼をさましてみると  眼のあたりを触ってみると  眼も見えないまでに  眼の前に見せる  眼を大きく開いて  眼をすえて  眼にあてあて聞いていたが  眼の前の窓の鴨居あたりに向けた  眼に触れぬ  眼はもちろんそれを見のがしはしなかった  眼の前には大黒座の絵看板があった  眼をそむけたいほど  眼の中が熱くなって  眼をやるまいとした  眼にまざまざと映って  眼を細くしている  眼のべっ  眼から見ると  眼をかがやかして  眼をかがやかしながら  眼の色に牽かれていた  眼は思わず鋭くなって  眼の前に数限りなくならんでいる  眼の前にすえてふやけていた  眼の前で数字が堂々たる陣容を整えて  眼の前で生きかえり始めた  眼の前で躍りはじめた  眼でじっとラムプを見つめながら  眼に射られると  眼は人見を見ているというよりも  眼は今度はまさしく人見を見やっていた  眼の前にふさがる  眼まぐるしく流れていた  眼に残して  眼をあげて  眼の前を歩いていった  眼を開いている  眼を原稿紙の方に振り向けた  眼まぐるしく  眼を落したが  眼に涙をためていた  眼がしらのところにあてて  眼をふさいでいたけれども  眼を上げた  眼に涙がたまっている  眼をぱっちりと開けて  眼とが酔ったくれていう  眼の前がかすみ始めた  眼には涙がたまっていた  眼のところにもっていって  眼の前にちらついた  眼の前につきだされた  眼を見てくれ  眼を持った  眼の前にあった  眼を父の方に移した  眼を避ける  眼は父の手から辷り落ちて  眼から新しくこぼれでた  眼にあてていた  眼から下をすっかり包んで  眼を覗かせて  眼の前に自分の家の様子が普段のままな姿で明かに思いだされたばかりだった  眼の前の壁を見つめていた  眼を我に挙げ  眼を走らしながら  眼の前を離れなかった  眼の前に髣髴と現われでた  眼の前に行われようとしている  眼に映る  眼を挙げると  眼があった  眼を思わずじっと眺めやった  眼にひらめかしたが  眼から離れて  眼早く見まわした  眼には涙がいっぱいたまっていた  眼に迫る  眼を瞑って  眼の前にちらついて離れない  眼を外らして  眼を見張った  眼を瞬いた  眼をくるりとさしたが  眼を覚してしまった  眼を外らす  眼を開いて  眼を見開いた  眼を見返して  眼の玉が飛び出すというじゃありませんか  眼を見張っている  眼をぱちぱちやっていた  眼の中に受けると  眼で見ていられる  眼に一杯涙ぐんでいた  眼に余る  眼を今井の顔に見据えた  眼で相図をされて  眼にはいる  眼を赤く泣きはらしていた  眼を見たが  眼を落すと  眼を感じた  眼を覚した  眼が冴えた  眼で見廻したが  眼を覚してる  眼を一杯見開いて  眼を見据えて  眼をき  眼ばかりで働く  眼と能く  眼はいつも夢でも見てゐる  眼をながめた  眼のぎらぎら光つてゐる  眼を讀み込む  眼を射りつけた  眼のある  眼を窺ふ  眼に恋の焔を漲らせながら  眼には始めて  眼は急に光を失って  眼をひらいた  眼を掩ふ  眼を開かなくちゃ  眼がみんな強く自分を見つめて居た  眼はすべて曇って  眼に入った  眼を横にやった  眼を考へた  眼の上に空を見  眼は夢のなかのやうに物事をはっきり見る  眼に留まりました  眼で見られた  眼をさましましたが  眼はかがやき  眼のまわりをまっ黒に塗った  眼が痛くなったらしく  眼を覆いました  眼を明いて見ると  眼をもって  眼の視る  眼で見ると思った  眼を決して有しないという  眼で極めて明証的に直観すると考える  眼を盲にする  眼の耐え得る  眼を向わせなかった  眼をこの論証から転じるや  眼に現前するもののごとくに  眼を小さい松明の火よりもいっそう多くは刺戟しないにしても  眼なんとあたり前のかなしげな挨拶あるけあるけと  眼だせつかく此処まで来た  眼の裏側を糾問する  眼は鹹水に漬かるべし  眼をひらく  眼に蒼緑のにがき光をうがちなば  眼にくらく辰砂の方陣はみだれおち  眼は二たび霞んで来て  眼が悪いということをいった  眼は一眼全く濁り  眼を患って  眼もそろそろ見えなくなって来た  眼が少しずつ見える  眼がよほど好く見える  眼つかち  眼と手でおいでおいでをしながら  眼に悪戯らしい色を浮べて笑った  眼を放たず  眼をしぼしぼさせながら  眼には今日の有様をもって  眼を通す  眼で視ただけでは  眼を二つ三つしばだたいた  眼の前の仕事に没頭してしまう  眼を光らし  眼を持っている  眼を瞠はり  眼に親しんだ  眼の前の境遇に釘付けにして貰う  眼はいつの間にか閉ざしていて  眼は瞑った  眼を開けて見た  眼を離せなくなった  眼を醒す  眼の前に実現したならば  眼を開かれた  眼に満ちわたり  眼から放れなかった  眼が光っていた  眼に入れまいとした  眼をつむって考えた  眼を上げました  眼を外らせました  眼を覚さねば  眼のせいかとも思いました  眼にかかる  眼が悪るくな  眼の前に置かれている  眼にとまった  眼を離したと申す  眼づかひをするが  眼のかがやきと申し  眼の大きさといったら  眼のなかで燃え立つ  眼のなかには自分を調べる  眼をくるくるとさした  眼を醒ます  眼がちらつく  眼に見  眼にうつらぬ  眼は利かん  眼をつぶつてもかまわぬ  眼ざしには工匠が怨みもこもりけんよ  眼がさめたが  眼を伏せながら聞いた  眼をくるくるさして対手を見た  眼をかけてくだされる  眼で対手を見た  眼を押えて逃げて  眼を押えて逃げた  眼やにをつけてるだろう  眼には見えますまいが  眼には見えます  眼には仏蘭西の南部を流れる  眼から去らなかつた  眼に愛嬌のある  眼に笑ひを見せながら  眼は斯んなにまで美しく燃えてゐる  眼がしらに涙を溜めてゐる  眼を遣  眼をやつてゐた  眼をひからせ  眼にあてました  眼のようにわるくなる  眼をしきりにぱちぱちやって  眼と身ぶりでしらせました  眼を光らせながら  眼をはなしません  眼をさっと射しました  眼の底にやけつく  眼をくもらせました  眼からは熱い涙がどっと湧きいでました  眼の価値を知りました  眼が眩れて  眼を落とした  眼に見えてなくなってしまっては  眼で部屋を見廻すと  眼を盗んでやったらしい  眼にかける  眼を見張ったが  眼の白味に星が入っていて  眼の前へ現われたからであった  眼に云われぬ  眼から見る  眼を奪うには足りた  眼でジロジロ見廻す  眼へ篏められてある  眼と眼とを見合わせながら  眼に入れたので  眼の前の余燼を赤らめて  眼眩めくばかりに輝いて  眼に見てはとれた  眼に見えもした  眼潰れている  眼を返すと  眼をひそめたが  眼を睨み付けた  眼を配った  眼の前に連らなっている  眼を追いながら睨んだ  眼は細く開けられている  眼を返したが  眼を走らせて  眼をもて  眼を奪うばかりに  眼の前に拡がった  眼をつけると  眼の下に見える  眼の中へ入れた  眼は潰れております  眼を基にして  眼を注いでいた  眼の光に比べては  眼をえぐりにかかった  眼から燦然と輝いている  眼を備えた  眼に持った  眼に邪魔になる  眼に煙が入る  眼ば眞赤にしてよ  眼の前をふさいでゐる  眼かくしされてゐる  眼をひ  眼を外さずに  眼を細めて  眼だけを光らして  眼で母親を探がした  眼をして立つてゐた  眼をつけてゐる  眼に一杯ためて  眼を手の甲でぬぐ  眼が變に上ずつてゐる  眼をさましたりする  眼の前につり上つてみえた  眼につかない  眼をまるで変に光らして  眼を細くして座っていた  眼がすっかり紫の眼鏡をかけた  眼をつけておいた  眼に凉しく  眼も唇もはつきりして  眼は空の色を写していた  眼を洗つている  眼を見ていると  眼を寄せて覗いて見ますと  眼がそんなに乾いて  眼をもつて見た  眼をかすめるなんて  眼に留つた  眼を落してゐると  眼を合せて  眼の輝きを感じた  眼の前の濱に押し  眼に映じた  眼を疑ってしまった  眼ではっきりと見てしまった  眼を有っていない  眼は澄みき  眼には涙が滲んでゐた  眼の推移でもあるので  眼がマジマジとするので  眼は後悔の色を浮かべるので  眼を伏せて  眼を遠くに向けた  眼に浮かぶので  眼を離すので  眼もくれず  眼のいい加減のやつになって  眼を剥いた  眼に見えない  眼をつぶってる  眼をやっていました  眼をしばたたきました  眼を開きました  眼をぱっちり開いていました  眼を見開きました  眼を見開いては  眼をつぶりましたが  眼にちらと残りました  眼を見合して  眼をやり  眼にはさっぱり判らなかった  眼にはなんらの変化を認めなかったという  眼を皺めながら言った  眼を見あわせた  眼を動かしているばかりで  眼を離し  眼を再び芍薬に戻すと  眼でじつと芍薬を見つめてゐた  眼を上げて  眼に立ちては見えねど  眼を見張りて  眼に触れて  眼はあるか  眼の前へ袋ごと突き出した  眼の玉を引っくりかえしてしまい  眼に打つかると  眼ばかり輝かせていたが  眼をしながら  眼を離さなかつた  眼を据ゑて睨む  眼にも十人並を少し優れた  眼の前に一帶に貧乏村が開けて  眼には立派な一つの球技として観賞されるであろう  眼のなかにも読みとられる  眼を世界劇壇の大局に注ぎながら  眼にのみ訴へる  眼にしみて  眼をあけてゐる  眼覚めたる医学などというのではないと思う  眼覚めた科学などに注意を向ける  眼から公休を要求でもされた  眼はグラグラと廻り出した  眼が二つ左右にあるだけでは  眼の上と鼻の下にはまゆとひ  眼を窃かに働かして  眼をぎろぎろ空に向けし  眼をせわしくまたたき  眼をさまし  眼を釘づけにされた  眼を大きく開き起き上って  眼は空しく大きく開き  眼を光らせ  眼はじっと雷竜を見  眼をあいた  眼の前までにゅうと突き出され  眼の間に当った  眼の前の無常を見て  眼から光りを放っている  眼のあたり道場に現われた  眼から光を放って  眼のあたりそれを見  眼の隈から光を放って  眼を澄まして眺めていると  眼近い処にお置き下さって  眼もかすんでいたが  眼にも見る  眼をまわしてしまった  眼の部何れも横長き橢圓形の輪廓を有し  眼とすれば  眼の部分に細き横線を截り透かしたる  眼に害有る  眼を保護せしや  眼の部には小き孔ありて  眼を害する  眼を情慾に輝かせつつ  眼をさましました  眼をせはしくまたたき  眼にも描かれる  眼に浮かぶ  眼となる  眼のように光りつつ  眼深にかぶって  眼が異様に輝いて  眼を据えた  眼が語っている  眼には妙に青い冷たい光りがある  眼でじっと一つ一つ物を見据える  眼と見られた  眼を向けようとしている  眼で私の魂をじっと見つめるとしたら  眼を落していた  眼がじっと私の方へ向いて  眼を見張っていた  眼の上に薄いベールが被ってきた  眼をはっきりと知っていた  眼を私の上に据えた  眼は恐ろしく彼を睥みつけていた  眼が私の心にぷすぷすと小さい針を無数にさし通している  眼にちらと映った  眼を一つ所に据えた  眼に入らなかった  眼を止めた  眼がぐんぐん彼の方へ私を引きつけようとしている  眼から熱い涙が落ちてくる  眼でじっと私を見た  眼の中を見つめた  眼からほろりと涙が落ちた  眼で美しく微笑んだ  眼に一杯涙をためて  眼をじっと箪笥に据えていた  眼の前に聳えてゐた  眼に立つ  眼が冴えて  眼を怒らして  眼も続かず  眼の縁を真赤にして  眼を蔽うた  眼と耳を疑った  眼をくれず  眼の前に控えながら  眼を抜く  眼には認められない  眼かくしが楽に見透かされる  眼がそれからそれへ飛んで行く  眼の前に山積している  眼のつぶれた  眼に付き  眼に立たないで  眼に立たずに  眼に付かない  眼の玉の飛び出る  眼にもわかる  眼のあたり見せ付けられた  眼の光りも  眼を剥く  眼を一層高める  眼にイヤでも這入る  眼で見られている  眼に見えずに凝った  眼のあたり見て行くと  眼も眩むばかりで  眼の玉を引っ掴む  眼には立たぬが  眼に付いた  眼を驚かす  眼をまわす  眼に止まった  眼を驚かした  眼まで診察してやる  眼に会いたくないという  眼を皿にしても  眼から耳まで隠れる  眼で見ると  眼もうるんでゐる  眼をさましてゐたが  眼が油つぽく澱んでゐたり  眼の前でこはれて  眼にさへ  眼を輝かせた  眼が廻つてゐたが  眼が廻つてゐるので暴れる  眼を閉ぢて激しく首を振つた  眼には夢見る  眼は熱い黝ずんだ光を帯びた  眼で意味を尋ねた  眼を覚しながら  眼を覚して  眼を伏せた  眼に見えてきた  眼は少しも濁っていなかった  眼を伏せて云った  眼を覗き込んだ  眼は好奇の色に輝いていた  眼は益々彼の内心へ向けられていった  眼はその言葉を裏切っていた  眼が絶えず動いてる  眼で答えた  眼がはっきりしてきた  眼の底に残った  眼を感じて  眼に止った  眼を外らすと  眼に出会った  眼を吸い取ろうとしていた  眼を定めた  眼を見上げて  眼の前に立っていた  眼の底が熱くなってきた  眼を見据えた  眼を伏せてしまった  眼の中を覗き込んだ  眼の光りは  眼の光りを  眼の中に現われてくる  眼はまた冷かに澄んだ曇りに返った  眼の前に浮んだ  眼の前にその姿を見ると  眼が濡んでいた  眼に涙が出てくる  眼を覚さなかった  眼を見開いて  眼を見据えてる  眼でその後を見送った  眼が冴えてきた  眼の凹みと  眼を濡ませながら  眼の前にある  眼で二人を見ました  眼見てすぐに彼女の心を知りました  眼が不安に光っていました  眼にしむ  眼には免るることのできぬ  眼に残って消えませんでした  眼にのみ  眼のうるおいと赦しとをもって  眼に立つから行きたくありませんというので困っています  眼で見つつ  眼がつくほど  眼には封じられています  眼で見守りましょう  眼が明らかになってくる  眼の下を船がたくさん通ります  眼に触れた  眼にうつりました  眼に残っています  眼にかかって  眼にかかりたい  眼にかかれる  眼附していた  眼に皮肉な微笑を浮べて  眼を覗き込んで  眼を醒まして見ると  眼を彼の額に据えた  眼をつぶると  眼の落凹んだ  眼附きを見せて  眼がピカピカと光って  眼附してゐた  眼を釣りあげてどなりました  眼にとまつた  眼が一座の誰よりも美しく輝いてゐる  眼はたたへてゐた  眼を固くつぶつて自分に問ひきかせる  眼をみひらいて  眼をキョロキョロさせていても  眼が貪慾な光を放ち  眼が斜めに下っている  眼は白く冴えて  眼をこすりもしないで  眼の前に覆いかぶさって来て  眼に思わず涙がにじんだ  眼でじっとこちらをにらんでいた  眼をきょろきょろさせたが  眼にも随分と目立った  眼は駭いた  眼をうるました  眼をおとさない  眼に投げ出してみせた  眼に痛いくらい光を反射する  眼がくらみ  眼をこする  眼へ水でもはじき込まれた  眼が斜めに下がっている  眼は放て  眼にもつかねど咲く  眼も冴えて  眼に匂ふ  眼のやどり  眼を注がねばいかぬと思う  眼を剥いて見せたり  眼をさまされた  眼で自分は見たくない  眼に入ると共に  眼を血走らせていた  眼を掠めた  眼の隅に閃いた  眼は輝いていたが  眼を上げると  眼で睨まれ始めた  眼を尖らせた  眼を大きく見ひらいている  眼だけを毛布のそとに出しながら  眼をあけた  眼を大きく見ひらいてゐる  眼が少し野獣じみて光った  眼を襲って来る  眼の前に落ちかかる  眼を細めている  眼の中へ弾き込まれちゃかないませんからなあ  眼をしながら云い続けた  眼から涙が二三滴落ちた  眼を開けている  眼の色に現われ  眼の前にひろがつてゆく  眼をしつかり  眼にとめたり  眼にすがりつく  眼のとどかない  眼へ眸をやる  眼で追つてゐる  眼の下には緑色の海が揺れてゐる  眼にしみる  眼のなかに見て行く  眼も呉れない  眼を剥き出して喚く  眼をきよ  眼を通してゐる  眼から見た  眼が付いた  眼はパツチリした  眼を剥き  眼を国内に向けて  眼くばりに漂い流している  眼醒めはじめる  眼にも止まらぬ  眼が眩んだ  眼の誤りかと思ったが  眼をパッチリと開いて  眼を半眼に開いて  眼を閉じて考えたが  眼をまん丸く  眼がしらがズウーと熱くなって来る  眼の前がだんだん暗くなり初める  眼を輝かせて語り出した  眼を塞いだ  眼の前に隣家の小さな土蔵が見え  眼に笑みを浮べながら  眼の前に一枚の紙片を差出した  眼をおとし  眼が惹きつけられた  眼はキラキラ輝いてゐた  眼にも映つた  眼をまじまじさせて  眼は窓の外の風景に喰入つてゐた  眼ばかり光らせながら  眼に映じる  眼をみひらいた  眼はキラキラ輝いていた  眼に留った  眼に描かれて来だした  眼は窓の外の風景に喰入っていた  眼もくるめく  眼が血走った  眼を見張る  眼を醒した  眼を勇蔵に据え  眼の中にもえている  眼を放さず張りきった  眼を閉ぢてゐる  眼ばたきもしないで  眼を瞑つた  眼にて窺う  眼を嵌めてある  眼を長き睫の裏に隠して  眼を放って  眼とは鏡の裡にてはたと出合った  眼を後ろに投ぐれば  眼の前の事の如くに叫ぶ  眼さえ氷りて  眼には涙が溢れる  眼を眠る  眼は開く  眼をさまして見ますと  眼をちゃんときめて  眼をやり過ごした  眼がねで  眼を光らして  眼は炯々となり  眼をみはった  眼の鋭いところ隼という感じがする  眼をみはると  眼とぶつかった  眼でじっと渡してやる  眼を対手に射つけた  眼が上へそれるや  眼となった  眼を閉じてこらえていたが  眼を射て  眼にトロトロと燐の炎を立てたかと思うと  眼にあらわれて  眼は閉じられてあった  眼を隠した  眼をうばわれ  眼でお綱を視る  眼づかいを迷わせた  眼をつぶっている  眼くばせをして  眼が闇へ光ると  眼ばかり光らしている  眼を吸われている  眼から遁れる  眼のやり場にうろたえながら  眼に見透されはしないか  眼ざしをかえて  眼をそばだてて行くに  眼づかいをしながら  眼を半眼に閉じ  眼の縁には青い蔭が隈どっており  眼は衰えた  眼がしらの露を払い  眼の前にザブーンとすごい波音がして  眼をあつめた  眼で見廻した  眼を閉じたが  眼をみはる  眼の前に来たぞ  眼を往来に向けて開いていた  眼を覚して泣き出した  眼を遮る  眼を手の甲で子供らしくこすりながら  眼の前にひかえて  眼の廻る  眼をきょとんとさせて  眼の飛び出る  眼がくるめいた  眼をさまして見ると  眼で睨みつけた  眼を射る  眼にはすぐ川森爺さんの真面目くさった  眼を覚ました  眼を引つらした  眼で笠井を見守った  眼に角を立てて  眼を見張っていたが  眼を牽いた  眼の前を透明な水が跡から跡から同じような渦紋を描いては  眼がかすんで来た  眼をさまして起きかえった  眼で小屋の片隅をすかして見た  眼で一人一人睨めつけた  眼をそのまま床の方に振り向けた  眼がまた床の間からこっちに帰って来  眼と口とを節孔のように開け放して  眼と眼との間をおとなしく撫でていたが  眼は可憐にも何かを見詰めていた  眼を泣き腫らして  眼で母をじろと見て  眼のことばかり苦にして  眼をしてきよと  眼をあけました  眼をぱちぱちさせました  眼の出た  眼はつぶって  眼をくばりながらあるいてゆく  眼黒い髪がとつぜん恋しくなる  眼もほそすぎ  眼は不愛想でニヒリスティックではあったが  眼のまえの  眼はほとんど本能的にドアの隙間に吸いついた  眼がぎょろりとしていて  眼は依然おれをねめつけながら  眼が局限されてきた  眼のまえにさしだした  眼かぐ鼻が居たり  眼がギョロリとして一癖あり  眼を大きく見開いて  眼ざしがあやしく輝く  眼に涙をためて  眼をつぶつて聴き入る  眼に浮びます  眼になつてしかも本人は得意でいるから驚く  眼はつまつてゐたけれども  眼を移して行くと  眼では見られない  眼の凹む  眼をむいて  眼を反らした  眼と鼻と口で一緒くたに息を吸い込んだ  眼を醒ました  眼が醒めたか  眼の前で女房を強姦し  眼からかくされている  眼をそらさせようとした  眼からかくされてしまう  眼覚めさす  眼をパチクリとしたが  眼のピントを合わせて  眼で充分に見物しようとするには  眼で自分の頭で自然を観察する  眼の方向に流れているか  眼新しい珍らしい科学上の知識の集成に走っていて  眼を転じて  眼をそらした  眼が突き出し  眼の玉をくるりくるり廻していた  眼に入れた  眼の玉をまわして  眼の覚める  眼で提灯に書かれた  眼で意味もなく天井を睨んでいた  眼がぎらぎら光って  眼のふちはだんだん黝んで来た  眼の先にぶら下げていた  眼を閉じていた  眼をむいた  眼が異様に光った  眼は冷たく輝いて  眼を細め  眼を素早くこすると  眼にどんな風にうつるだろうかと考えて見た  眼は輝いた  眼のようだとうっとりしていた  眼を光らせねばならぬしもたやでは出来ぬ  眼でその背中を見送った  眼にはいると  眼の落ち込んだ  眼を向けていた  眼の前が一瞬真っ白になり  眼を眼鏡の奥にぎょろりと光らせながら  眼をパチパチさせて  眼は異様に輝いた  眼の色の中に効果を計算しようとした  眼をしやがった  眼をうっとりと細めた  眼の裏が熱くなって来た  眼が無気力な笑いを泛べてじろりとこちらを向いた  眼のまわりが目立って  眼のまわりの皺は四十を越えていた  眼をしょぼつかせて  眼がいっせいにじろりと来た  眼の前が燃えて  眼を皿のようにして  眼で豹一を見た  眼でじっと膝の上の猫を見たりしているし  眼をふっと細めて  眼の前が明るくなった  眼は久し振りにぎらぎら光って  眼を離した  眼を離したが  眼が一せいに自分に注がれている  眼の方向を見抜かれたと思い  眼を据えている  眼は一層凄みを帯びた  眼をこすって  眼は白く光っていた  眼だけはそれを見逃すまい  眼もあてられない  眼を離さなかった  眼の玉をくるりくるりまわしながら  眼に来た  眼をしょぼつかせている  眼を見て  眼を配っていると  眼覚し時計が鳴り出した  眼覚し時計の音を停め  眼覚し時計を鳴らす  眼を離す  眼の傘をさした  眼はもってる  眼で見ればわかる  眼でじっとにらみつけた  眼をつけるだけの  眼を光らせていた  眼は多鶴子の胸から腰へ執拗に注がれていた  眼の色に彼女への野心を見て  眼を通した  眼も痛む  眼にはいらぬ  眼が笑ったと  眼ばかりぎょろぎょろ光らせている  眼の玉までやける  眼が霞むほど  眼だけは多鶴子の車から離さなかった  眼をあげて走っている  眼へ笑いをかぶせた  眼にも凄いほど美しく見えた  眼を二階へ向けた  眼をじっと豹一に注いだ  眼を痛く突いて来た  眼の輝きが睫毛を押しあげた  眼を通してみた  眼を通してみて  眼から見て  眼もそれを怪しむ  眼を瞠らしめるに足る  眼に余った  眼をまわさないがね  眼に涙が来た  眼の前が血の色に燃えて  眼のまわりに皺をつくって  眼のふちは不気味なほど黝んでいた  眼と濃い眉毛を持っていて  眼をさましたら  眼をひらいたが  眼をむいて登って行く  眼をつくる  眼の前に醜悪な伯父の姿が立っている  眼を瞠った  眼に涙を見つけた  眼を張り感動せずに居られません  眼か何かついてゐ  眼より見て  眼もあてられぬ  眼は窪み  眼は幾度見直しても誤  眼にはどこか科学者の自然を見る  眼からはいった  眼で事物の真相を洞察し  眼だけがへんに生気を帯びている  眼を見返した  眼のふちを擦る  眼が醒めた  眼をみはっていた  眼を以つて之を視る  眼を向けて  眼からは淡く見ゆるぞ  眼で座中を睨む  眼からは涙がこぼれた  眼にかからぬ  眼の前で雪は紅と一変した  眼を付けた  眼を楽しませる  眼で見ない  眼の前で絶叫し  眼を向けだしたし  眼の瞬きとなって現われる  眼は相手の顔に注がれずに  眼には猶更注がれずに  眼をじっと見ながら  眼はわきに向けられてる  眼もまた偉なる  眼で最もよく見て取る  眼で世間をみて  眼にはいって来る  眼を硝子窓の外へやりながら  眼で眺めたが  眼でじっと本間さんの顔を見た  眼とも違う  眼と向うの言動との間にある  眼を本間さんから離して  眼を疑う  眼のあたりに見ながら  眼でちょいと頷いた  眼で頷いた  眼にはあんまりぞっとしなかったので  眼と頭にははっきりと分りながら  眼のあたり見せて貰わなければならぬ  眼のあたり特色も看て取っている  眼を醒さしてやろうという  眼を閉ぢた悪魔の奴は永遠の如き饒舌の虜となり  眼だけ出した  眼も恐ろしそうに犬の方を見ていた  眼をして見下したが嫁いだ  眼の前を行き交う  眼をとめた  眼をうつした  眼に浮べた  眼の上にある  眼を見た  眼の灰いろの  眼のしめりもなくなっていた  眼に接吻して  眼を以てヤソを見ていた  眼の中にも影を持っている  眼は霧のなかに透く  眼に私は山かげの二つの暗いさびしい沼を思い出した  眼からそっとぬすみ見していた  眼の中のかがやきの  眼であるか私には分らなかった  眼に燃えていますから  眼の前にあらせる  眼に影を持つ  眼のその人は自分の前にある  眼がつかず  眼を忘れよ  眼だけを白く上ずらせながら  眼をそらし  眼配りして  眼があるなら  眼には打出ヶ浜の月の色がみえる  眼を眩惑するにありあまる  眼を見ひらいた  眼ざしをして  眼が馴れてくれば  眼をあてて覗いてみると  眼があるので  眼をさますだろう  眼は吊り上がってしまっている  眼をくらます  眼からみれば  眼をくれたが  眼をこすって見直すと  眼ざしで闇を探った  眼へ掌を当てた  眼をいからせた  眼でそれとわかる  眼を見開き  眼をぢつと見つめた  眼にもつと  眼をはなせない  眼を惹き  眼のあたり見る思ひである  眼の前にゐる  眼が馴れると  眼にさした  眼の縁を赤くして  眼を通すと  眼の前に浮びあがらせた  眼が闇の中で光つてゐる  眼に浮ばず  眼をくばつてゐなければならぬ  眼に残つてゐた  眼覚ましい  眼を蔽ふ  眼の前の洋館に伊太利の国旗がはためいてゐる  眼をつぶつて考へ込んだ  眼で用心しろといふ  眼を見張つていくどもうなづいてみせた  眼を向けてゐた  眼を僕へやった  眼を引かれていた  眼で御作を拝見していた  眼のとどかないほどの  眼に止められて  眼に見つからない  眼は不安に空を見つめた  眼を開きながら  眼と唇辺に冷やかな微笑を寄せつつ黙して  眼からは田舎出の学士の何にも知らない  眼がMRAに集りはじめている  眼のあたり見て  眼のあたり見る  眼のあたり見た  眼に見て附け  眼のあやしさを見ろ  眼を無理に開き  眼を明く  眼で彼を内から外へ誘ひ駆りたてるので  眼の前にあつて手に取る  眼を円るくして女の顔を凝視した  眼を視入りながら  眼で女の眼を見つめて  眼を外らしもせず  眼を見返へして  眼がこんなに大きく開く  眼を睨み  眼で見守つてゐるので  眼を円くし  眼を屹と天に向けてゐる  眼がつるし上り  眼で天を仰ぎ  眼と鼻とから迄出血して  眼をつかふ  眼に無気味な光りを  眼で笑ひ  眼に見えてゐた  眼深にかぶり  眼で愛想よく彼に会釈した  眼の下に底知れぬ  眼を我等に垂れ  眼にもとまらないらし  眼が光つてゐる  眼との間に裕佐は割り込んだ  眼は蛇のやうに動かず  眼を屹と視ると  眼を持つた  眼に熱い涙が浮んで来た  眼を拭き  眼をこすつた  眼を横に向け  眼できつと睨み見てゐた  眼は狂ふ如く  眼眠たき者は永き夜の眠を貪るに如かず  眼をここに注ぎ  眼に入らぬ  眼をさまさない  眼を開いていたので  眼が変ではありませんか  眼が寄っている  眼が少しぐるりと廻転した  眼をしていた  眼を据えて歩いた  眼はもう寄っていなかった  眼をぼんやり見開いていた  眼を開いていると  眼を見合った  眼の中を見合った  眼を瞑っていると  眼には硼酸水に浸した  眼のガーゼを取ってくれた  眼を見守った  眼が廻り  眼を少し開いていた  眼をつぶらせようとした  眼は少し開いた  眼を少し見開いて微笑んでいる  眼を少し開いて微笑んでいた  眼を瞑った  眼と見合した  眼を診てゐる  眼に塗りつけた  眼を見開いて居りました  眼の色の婦人を見かけた  眼をこすりながら  眼を通しただけで  眼のあたり蘇って来た  眼を円くして  眼の色が凝って燃えだす  眼を視張らせられて  眼の底がぎらぎら光ってくる  眼を伏せていた  眼の映像と意識とが会った  眼をとめ  眼をそらして  眼を大きく見開いた  眼はうるんでいた  眼が異様に輝いてきた  眼には苦悩の色が浮んだ  眼の光がへんにうすらいで  眼を見合せながらなした  眼を室の隅に据えていた  眼はぎらぎら光っていた  眼を開いては  眼もくれずに引裂き初めた  眼の中が熱くなって来て  眼のところまで両手を上げて  眼に這入らないで  眼をとじた  眼をとじていた  眼にした  眼をクルクルさせて  眼をとらえた  眼をしている  眼だけが空洞のように呆んやりみひらいている  眼を絲のやうに細くして  眼の前が白く霞んで  眼を放つた  眼を射られながら  眼だけを見ていると  眼は実に大きく一時にびっくりした  眼とぴったりと突き当った  眼まいを感じながら  眼の底に何かしらぎらぎらと感情的な光を見せていた  眼は病熱に輝いていた  眼とともに私の目にすぐに映った  眼の湿うた  眼をあげた  眼を避けようとして  眼をもった  眼を丸くしていた  眼が錯覚をおこしている  眼を渋そうにあいた  眼をさまして貰いたい  眼にはしかと分った  眼をつけていたが  眼がハッとそれへ惹きよせられていると  眼の向く  眼をいからせて  眼を瞑ると  眼ばたきをして  眼を曝してゐたが  眼を遣ると  眼を見入ってくる  眼を開いても  眼だけが真面目に私を直視する  眼を外らしてしまう  眼に涙がにじんでくる  眼から涙が流れてくる  眼を以て見れ  眼は悪いものを見ない  眼にあったから  眼をはなしましたが  眼を血走らせ  眼が熱くなる  眼をぱちりと開いて  眼と烈しい語調で迫る  眼が否でも応でも承知させずにはおかないという  眼で探すと  眼をじいっと見入っていたが  眼をみはって眺めたものの  眼をこの友人の上にジッと据えた  眼の前の問題については何の名案も頭には浮んで来ず  眼はからっぽで額には幾条も襞がただしくならんでおった  眼の高さまで挙げ  眼をほそく細く閉じられて  眼を閉じると  眼の動かし  眼の隅で周囲を細大洩らさず見とおしながら  眼を全局に注ぐ能わざるがため  眼を張れば  眼を病める  眼には泪がある  眼をふせて  眼のわきに黒子のある  眼深かにかぶつた小鳩のやうに臆病な少年はおど  眼に映じ  眼が多少ひらけ  眼の前にあります  眼で見られてゐるといふ  眼に見えてゐます  眼にもそれと感じられ  眼の前にちらつく  眼には稀覯の古書よりも寧ろ尊くまた懐しく見える  眼の下には遮る  眼の中も曇っていず  眼にはわたくしなどより此男の方が却て素姓が知れている  眼を驚した  眼を移したが  眼を瞬きながら  眼を与へられ  眼が悪くなる  眼にいけない  眼の良いものはさすがに違った  眼の良い杉山平一などとグルになって  眼の良い者がすべて皆頭脳優秀とは限らぬし  眼の前につき出して  眼に一杯たまって来ました  眼をおさましになると  眼のさめる  眼からぽたぽたと流れ出して来ました  眼の前に僕のおとうさんとおかあさんとが寝  眼を泣きはらしながら  眼も明けていられないほど  眼で注目されはじめた  眼を寄せられてゐる  眼に如何なる意味をつたへて映ずる  眼を閉ぢて余念もなく弾奏に耽つてゐると  眼深く降した  眼を集めてゐる  眼の玉が頭の後側にあるという  眼は怒りに燃えました  眼の色を動かさないで  眼にしみた  眼が舞い  眼を見て笑った  眼の裏に浸みる  眼に見えている  眼を輝かすに  眼で見られてゐたなんて  眼から球のやうな涙がポロリと滾れ落ちた  眼の先へ息の詰まる  眼に見えぬ  眼を盗み見た  眼の前に大きく拡げられてゐる  眼を背向けて  眼の前へそのとみ子の影像が不可思議な鮮かさをもつて  眼の前に盛られる  眼をつむる  眼にも見た  眼の前に浮んで  眼をまっ赤にしてゐる  眼を配ってゐました  眼を変に光らせて  眼を片っ  眼をおどろかすばかりで  眼の前にして  眼のあたりを少し赤くする  眼が髣髴として乳色の光を放ち  眼をながめ合って  眼に物見せてやりたいとは思っておりますが  眼を衝いて  眼の前の空気をかき抱く  眼をうってやまなかった  眼にうつむき  眼を利かせるという  眼を伏せてしずまっている  眼をあげると  眼も眩みてか  眼にはみえねども  眼は開きたるに似たり  眼もくらむ  眼にして  眼もあらぬ  眼と眼と合せる  眼を愛したばかりで  眼を思ひださせる  眼に萎えた  眼が醒めぬ  眼が光る  眼にばかり心が出てゐて  眼もおまへの清い冷たい肌は通されぬ  眼を赤くした  眼の窩を貫いて咲いてゐる  眼にみえぬ  眼にはふれないかも知れません  眼を西北方の空に挙げるならば  眼をもって眺められている  眼ばたきもせず  眼の先の虻を眺めていたが  眼に当る  眼ばかりを据えている  眼を凝らして眺めると  眼を視張って  眼を円くしました  眼をさますかさまさない  眼からは何物ものがれる  眼で見た  眼で木虱で出来た  眼は穏やかな力強い威厳で光つてゐる  眼は眩んで  眼と青い斑とを持つてゐる  眼を入れて  眼と云はれてはゐるけれども  眼が二つある  眼を持つたくさかげろ  眼をやつとあいてゐる  眼を使ふ  眼は透きとほる  眼を当る  眼で叩いて  眼に恐怖の情が動きました  眼で叔父さんを見つめてゐる  眼があかない  眼は黒く光つてゐます  眼は青くて下側は褐色で波形の線があります  眼は涙で一杯になつてゐます  眼で見つけ出す  眼にも見えない  眼の前に何にも現はさないでも存在が出来る  眼をチラと見  眼がくらみましたよ  眼に手を翳すだけでい  眼に入りました  眼に見えなくな  眼には見えない  眼をこす  眼を大きく開いた  眼を潰すかも知れない  眼で山が走つたり  眼を遮  眼に入り  眼もいたましい位に騒ぐが  眼の下に代る  眼の斜めについた蒙  眼でだけ見る  眼を大きく見  眼を喜ばせる  眼を引きつける  眼を持つてゐるね  眼を引きつけます  眼を瞠つて眺めましたし  眼と鼻の事をお話しし  眼になり  眼とをポケツトの中へし  眼を鞘におさめ  眼と鼻の働きをしてゐるばかりでなく  眼の届く  眼でそれを見  眼をあけてやる  眼を注ぐ  眼は重くなり  眼や口や耳の力をかりて  眼はどこかに見開かれている  眼で見  眼を大きくあいた  眼を疑うほどに  眼にみえない  眼が高いところから私を見おろしている  眼を配ると  眼のようなものが女の姿を窺っているらしくも思われた  眼には恐怖の色が浮かんでいた  眼の球は飛び出して  眼に立つほどの  眼がゆきとどいているとか  眼は見開かれた  眼という表現でいわれてきた  眼をもって生きているか  眼として紹介されなかった  眼にふれ  眼を突く  眼にもとまらぬ  眼ざしを感じ得なかつた  眼の光栄に浴しようというので  眼は帽子の下で輝いていた  眼は心の空虚をあらわし  眼も活気づいて来た  眼の色を変えて  眼をふくと  眼で何か目配せをした  眼をさまさせて  眼は間断なく微笑にまたたいていた  眼を細くしてたずねた  眼を信じる  眼配せしている  眼を皿大にして見て居る  眼を床の上に落として  眼は死骸の上を離れなかった  眼にはその手先はなきように見えたり  眼に入れり  眼にみえざる  眼にはなんにも見えない  眼にもみえない  眼には妙にものものしい行列のように見えた  眼のしょぼしょぼした干からびた  眼にはあまり渾然とした  眼の前に押し出された  眼の前で車掌が乗客の一人と何かしら押問答を始めた  眼の前にそれを突きつけた  眼で見ていると  眼をかけるではない  眼に這入ました  眼が留まりました  眼に立つて来た  眼の光にも曇りが出来て  眼をあいて  眼をつぶって考えました  眼をぱっちりとあいて  眼かくしをしました  眼かくしされているので  眼かくしとをはずされました  眼のまん前に寺の門が見えました  眼かくしをされて  眼定めて見た  眼に映って  眼の前にまるでさわれるぐらいに  眼が再びあいた  眼をあくまいと  眼は矢のように光りを放ちました  眼でわたしに言いました  眼で物を言っています  眼を向けて行きました  眼の前にきらめく  眼をとじてみたりしました  眼をそむける  眼を抜き取る  眼をくばりました  眼の上をおおいながら  眼から見えなくなってしまいました  眼の輝く  眼はただこの広大な建物に戸惑いしているばかりであります  眼から頬を流れて  眼をあげる  眼を落としてしまいました  眼をそそぎました  眼を醒まさせない  眼があいて来ました  眼に光りが  眼はふたたび燃えはじめて  眼を醒まさせないで  眼に見えるほどにいや増して  眼の円い瞳孔が楕円形にかわって来ました  眼は瑞みずしく輝いて  眼を襲って来て  眼をしっかりと据えて歩かなければなりません  眼を伏せる  眼の前にきた  眼に野猪の片腕が見えた  眼を離さないで  眼で私と火とを見くらべながら  眼の前にあてている  眼で自分の肩を見おろしながら言った  眼はベルの方を見ていて  眼にみえる  眼を爐の火に落として  眼にあてながら  眼が肉眼のように開いていたら  眼をこすりながら言った  眼にしないであろうか  眼には涙がにじんだ  眼で自分を見たが  眼は何処か物哀しく何処か優しく何処か恐ろしく輝いた  眼利きを誇つた  眼は帝王の様な豪放な表情を有つて居る  眼に浮べて  眼が星の如くに光るかと思ふ  眼を開いて見れば  眼が血走  眼が妙に血走  眼を開けて居ようと思ふが  眼が覚め痛む  眼がクラクラッとした  眼附きは確かに変っていた  眼の持主のことが浮んできた  眼を一パイに見開いた  眼の前に立ち塞がってしまったではないか  眼の前の空間を凝視して  眼も眩むばかり  眼を上釣らせた  眼から双眼鏡が離れない  眼も醒めるばかりの  眼が覚めている  眼に映るであろうと思った  眼覚めようと努めながら  眼を向けてはいたが  眼でご覧になる  眼をもって見ている  眼がこの灌木に落ちた  眼で運んだ  眼は彼をあざむいたかも知れない  眼にも今までこんな快活の光りは  眼をそそいだ  眼の前に立った  眼を男の顔に向けて言った  眼ざしは再び変化した  眼をかわるがわるゆっくりと抑えた  眼の裡に苦しげな色がある  眼を見まもった  眼は著るしく  眼のうちにはまた深いやさしさも籠っていた  眼をとめようとする  眼はまがうべくも  眼にはかの粗暴の色が残っている  眼は依然として遠い氷の上にそそぎ  眼を輝かしながら  眼を皿にして見ている  眼は絶えずこの画の上にそそがれている  眼は血走っていた  眼を離すまい  眼で見送っていた  眼にはそれが単に吹雪としか見えなかったが  眼を射た  眼をわたしの上にそそいだ  眼の光りが  眼を離すと  眼には非常に上手な油絵の肖像画としか見えませんでしたがね  眼が変になってしまった  眼を留めると  眼の前へ持って来た  眼の前に突っ立っているではないか  眼にはやはり恐懼の色が現われていたに  眼で見られると  眼には涙がこみあげてきた  眼を老婆の上にそそぐと  眼でじっと彼女を見つめているばかりか  眼にもあの鏡の中に女の顔を見て  眼を醒まされた  眼のふちに眼張りをしている  眼をして見廻しながら  眼で検査している  眼とがぴったり出合うと  眼から来る  眼から来るという  眼と頭と胃から来る  眼の前に見えた  眼へかけて  眼とから来る  眼が冴えてしまって  眼をはっきり開いて  眼を見はっていた  眼が働く  眼の前を指す  眼には別にどこといって変わった  眼はどんよりと曇っていた  眼の前にはっきりと彼の顔が浮きあがってきたので  眼をあけながら  眼をさまして飛び起きると  眼をあけていた  眼を醒まさないという  眼に自分というものを立派に見せようという  眼をそそいでいたからであった  眼をはなさずに見つめていると  眼の方向を見た  眼を皿のように見開いた  眼でじっと僕を睨んでいるらしく  眼を射てゐました  眼や手足を動かして居る  眼も見え足元もたしかになりましたが  眼の瞼の爛れた  眼の惡い  眼を惡く  眼をする  眼がきつくそれを抑えた  眼が粘り  眼ばかりを光らせて  眼の光をからませた  眼がしらの露を払った  眼を爛とかがやかして  眼がさめてみると  眼をすえて見ると  眼のあたりに見て  眼に情恨ふたいろの  眼の玉を白くする  眼がさめたというのけえ  眼もうしろへうごく  眼が刀の肌に吸いつけられた  眼がさめてきた  眼のさえた  眼ざしを邪魔する  眼をくらまし  眼をジッと注いだ  眼で啓之助の足もとから逆さに見上げた  眼をさましていた  眼配りを忘れていない  眼をくらまそうとて  眼を失った  眼も空洞のようにそこへ気を奪われている  眼は閉じないである  眼を上げたが  眼を向けたが  眼をつけていた  眼も開けられない  眼が疲れて  眼に這入る  眼がそそがれ  眼でじっと部屋じゅうを見廻しながら  眼の力を感じた  眼の力によって永遠に打ち砕かれた  眼も眩む  眼に現われていた  眼の前に盛装した  眼を覗こうともしなかった  眼に沁み込んだ  眼に刺をさされた  眼をこすってみても  眼を止められたくらいだから  眼を指さして答えた  眼のうちで輝いていた  眼のどこかには年寄り独特の穏かさが隠れている  眼までも取り換える  眼には華美な宮廷服を身にまとった  眼をわしの上に向けるな  眼に見えるほどの  眼をわしに覗かせてくれ  眼を怖れる  眼には恐怖など宿っていないのみならず  眼の力はだんだんに強く迫って来て  眼は皇帝の息をふさぎ  眼は何物も見えなくなった  眼がどんよりと陰って来た  眼をえぐり取って  眼から追い出されたので  眼を人間に投げかけた  眼はちらと彭の顔へきた  眼の色に親しみを見出した  眼の前に見えてきた  眼にかからない  眼を瞠るとともに急いで  眼の前に出した  眼にかかっている  眼のあたりに不思議なものを見た  眼はだんだんに暗いところに馴れてきて  眼はいよいよ暗いところに馴れてきたので  眼を働かせている  眼のひかった  眼に浮かべながら  眼を彼女の上にそそいだ  眼を見合わせはしないかと恐れながら  眼にはもう涙が宿っていなかった  眼はコスモの方へ向けられなかった  眼を惹いた  眼と眼がぴったりと出合わない  眼をひらかなかったが  眼をつつんでいた  眼には涙を宿して  眼で彼女を求めているばかりである  眼が自分に注がれている  眼にはまたもや静かな涙がにじんでいた  眼のあたり逢いたく思った  眼を大きくいっぱいに見ひらいて  眼が彼女に一種の魅力を与えた  眼と眼とが合うほどまでに近づいたが  眼を大きく輝かして  眼は燃える  眼にいっぱいの涙をたたえて  眼は鋭く見詰め寄った  眼のように新鮮で活気を帯びている  眼の前に現われたといううろたえた  眼の色にはあまり幸福らしい光は閃いていなかった  眼を輝かす  眼を近々とすり寄せて  眼を一度瞑って  眼を離さない  眼ざしで青年の姿を眺めていると  眼の前のむす  眼もいろ  眼と眼とが離れ  眼のなかへいつものむす  眼が飛び込んで来て  眼の前に現実を突きつける  眼に与える  眼をやっている  眼の届くまで眺めて行った  眼が引返してむす  眼が注がれる  眼を空虚にして  眼とむす  眼を瞠合った  眼も眩しく瞬いて  眼を働かしている  眼を八方に向け放っていたむす  眼と眼を見合しては  眼で眺め  眼で追いながら  眼は少年の後姿から離さず  眼を外らし  眼に薄い涙を浮べた  眼がぶつかると  眼の前の媚かしい  眼をかの女に返して  眼に薄い涙を泛べていた  眼の底に畳まり込み  眼に残り  眼を向けられている  眼を覚ましました  眼覚しき活動に遠ざかりて  眼にかかりたく  眼にかかりし  眼を向けながら  眼の前の更紗模樣に侮蔑的な視線を投げた  眼も振らない  眼から覗く  眼をつけてゐたほどの  眼を反らして  眼のやり場に困つて  眼に浮んだ  眼から溢れた  眼をのがれ  眼の焦点が合っていない  眼の焦点が対象物にぴたりと合って  眼をぎらぎらかがやかせ  眼だけが陰気に光つてゐた  眼の色を知つてゐた  眼を思ひだして  眼の底に隠しきれずに  眼にふるへた  眼に顔があふれた  眼は睡むそうに  眼は感きわまって  眼を輝かせて見送るばかりで  眼も胡魔化しおおせて  眼を輝かし  眼を伏せたが  眼が見えなくなると  眼でたずねていても  眼光りが変った  眼を吊りあげた  眼の前にチラつくほどである  眼からポロポロと涙を呼んだ  眼を馴らしていると  眼らしいものがギラリと光っている  眼だとは断定されない  眼を感じるばかりだ  眼へ問いかけた  眼と孫兵衛の影が向い合って  眼で哀願した  眼が誤っていたか  眼は頭巾の蔭にあわてきった  眼に描いた  眼で示すと  眼から涙が溢れだした  眼がじいっとそれを見つめていた  眼の用を知らない  眼をもっている  眼が頭の両側についていて  眼の前に長い梯子のようなものが現われる  眼は科学者の眼でなければならない  眼の前に忽然と昼間見た  眼を投げる  眼をあけ  眼に沁みる  眼でいま少し見とどけたいので  眼の前にはまた冬の夜の星の群が見えてくるので  眼をしてゐた  眼の無い隙を見て  眼がちょと潤んだ  眼をちらと見て  眼に潤みのある  眼がちよと潤んだ  眼で見て  眼には平凡あるいは無意味と映ずる  眼には非常に有益な創見を示す  眼が行届かない  眼のつけ処でその価値にかなりの懸隔を生じる  眼には疵ばかり見えて  眼に觸れる  眼をひかないではゐなかつた  眼のくるっとする  眼をひらきました  眼をひらいて  眼をこすりました  眼をおおわれて  眼を着し  眼をつけ  眼をただ政府の一方にのみ着して  眼に触れないで  眼に暗く映る  眼によりていか  眼を視張り  眼でけがされたとあっては  眼を光らせかけた  眼を覚ましたが  眼にはむしろ蓮っ葉じみて  眼をむしりとる  眼でじっと坂本を見つめた  眼見れば欲しがる見せなきやねだる  眼はポチポチ鼠の嫁さんお髯が生えてゐた  眼かくしてかくれんぼしてる見えた  眼の上にちよいと飛んで来て  眼を注いだ  眼にはどこも異常が認められなかった  眼が血走っている  眼から限りなく涙が流れ落ちた  眼から大きな涙がころがり落ちた  眼の力が人間以上になった  眼に限りない満足の色を泛べて見入っていた  眼をしたが  眼になった  眼はその牡丹の花から後ろの女の顔へ行った  眼の前には女の姿が一ぱいになっていた  眼を潤ませて見せた  眼に注いた  眼にかかったからには  眼はその牡丹の花から後の女の顔へ往った  眼に入りかはらせ  眼もあり得ない  眼を見ひらいて  眼に浮かべて  眼が光った  眼ざしが額ごしに  眼をドンヨリとお千絵様にすえて  眼に痛いような磨きすました  眼が何物を見つめ  眼が特攻隊員の再教育などといふことに向けられ  眼は衆議院の議席からも国民の常識からもハミだしてをり  眼を転ずる  眼が恐ろしく敏感であるからだと言っておけば  眼と頭とに具有されている  眼と頭との作用を極度に利用する  眼があります  眼のつけ所が逆になっている  眼をまるくして驚くだろう  眼の向う  眼をさませば  眼を開けば  眼を皿のようにして見詰めしが  眼に四方を見まわせしが  眼は独楽のごとく回転して  眼に入りしは  眼はこの耶蘇を見る  眼の前へ突き出しながら  眼にも明かで  眼の中のうす笑ひが  眼を注いでゐた  眼の前へ運ばれて来た  眼を開かなかつた  眼を擦  眼を醒ましたけれども  眼の下に墓地の全景を見渡す  眼ざしでそれを眺めながら  眼をとじる  眼をつぶって伺っていますわ  眼をあけて見ると  眼の下の巴里の市街を眺め渡していた  眼からあふれ出す  眼を見かえすと  眼と出会った  眼を見返すと  眼覚ましいほど  眼づかいの  眼に指先を近づけて  眼見てこよう  眼で軍人だと知れる  眼見てこようと思っていた  眼の眩む  眼を見かえした  眼を上げて見ると  眼に見えぬほど  眼が霞んできた  眼もあやなゴブラン織の壁掛が掛け連ねられてある  眼を開けていた  眼の前に展けてきた  眼の縁だけに燐光を帯びている  眼の縁に燐光を纒った  眼の縁だけに燐光を放す  眼の縁だけ燐光を放す  眼敏くなった  眼の縁だけ燐のような光に輝いている  眼をつむりながら  眼をグルグルと廻し  眼をふと注いで  眼をじっと据えて  眼に映って来る  眼を開き  眼を私に注いだが  眼でむしろ慇懃に眺めている  眼を泣き脹らしておりましたので  眼の前の砂丘の上へ石の標柱を現出した  眼には何んにも見えないけれど  眼は疑惑に輝いている  眼を顰め  眼から滝のように涙が流れ出た  眼には非難の光がギラギラ輝いている  眼にはいかにも困った  眼を配って  眼を顰めさせる  眼は急に見  眼をそばだて  眼を注いで  眼ばかりで手も足も力を失ってしまった  眼に見てから  眼に獲物を見すえ  眼を小屋の方へ高く向けながら  眼も南洋の土人というよりも  眼の前に土人部落の例の広場が篝に照らされて拡がっている  眼で私を睨み  眼を躍らせ  眼と口の間に延び縮みして  眼を見張って  眼の働きやもしくは肢体の蜒らし方によってその感情を知る  眼をやって  眼に打たれて  眼を前方に走らせた  眼に焼き付いた  眼には金剛石が嵌められてあって  眼を奪い  眼があり  眼を左の方へ移していきますと  眼をもって眺めていましたが  眼をつぶります  眼をつぶって見れば  眼で大村氏一家の写真を見ていましたが  眼を見たまえ  眼だけ見れば  眼が窪んでいて  眼の観察でやる  眼を細めたい  眼でたしかめたかった  眼で発見し  眼にまだはっきり残ってゐる  眼のなかにも降る  眼をあげて見ると  眼をかへして  眼に見えた  眼はつねに誰か他のものを見守っていた  眼の形にもなる  眼にたたえていた  眼だけは忙がし  眼は異様に光っていた  眼をしばたたいていた  眼の前には極めてイマジナチイブな瞬間が閃めいて過ぎ去  眼を護るは  眼を覚まして  眼を忍んで  眼の前に浮んで来ますよ  眼をもつた  眼で私を眺めてゐます  眼を見るに堪へない  眼で彼がそうっと家の中を窺った  眼のあたりに御受難の御有様を拝しました  眼を見る  眼をしていられた  眼を見ると共に  眼に涙を浮べながら  眼の下の床へぱたりと一疋の玉虫が落ちた  眼にはさも  眼が醒めると  眼が再び心からなる  眼も今は私の存在を認めぬ  眼に蔽いかぶさっている  眼の前の空間をみると  眼にとまらなかった  眼に親うする  眼ある恐ろしい犬が居て  眼からは全て美しく見える  眼をそむけ  眼で生の世界を眺めている  眼についてゐる  眼を交してゐました  眼の下を流れている  眼に浮かんで来たそうで  眼の辺へかかって来る  眼でお蘭を見詰めた  眼を眩しとっ走る  眼で男の顔を見詰め  眼で声のありかを捜した  眼ざしで答えた  眼のまえに  眼の前の砂原に着いて  眼をギョロリと光らして  眼の前に突きつけて  眼にかけた  眼を盗んで  眼の眼付で解る  眼と眼とを見合せた  眼を付けたは  眼を覚まされては  眼などまるっきり活きている  眼をつけたが  眼覚めなさりませ  眼から涙を流しながらも  眼を引いた  眼を点ずる  眼さえ打ったら  眼配せをした  眼を怒らせて  眼が潰れた  眼を配ったが  眼を押させた  眼はなかなか慥かにして  眼を着する  眼に経済書を見て  眼っかちの子を生みよるわい  眼から出た  眼の前に立っている  眼やにを拭きながら  眼にも見よ  眼をまわして  眼をパチパチさせて呆れながら  眼は急に生々と輝いた  眼がかすみ  眼をこすり  眼をやれば  眼の前がパッと青白くなりました  眼をやったり  眼の高さにつるした  眼が鏡台をひき寄せて  眼は笑って  眼をつむって掻いている  眼が窺う  眼でみる  眼はそれに吸い寄せられている  眼は毛虫を離れないでいる  眼を通していた  眼にはしらずしらずに  眼をショボショボさせて  眼でなめまわしながら  眼をむいていた  眼が三ツあるといふ  眼をぱちぱちさせたり  眼をぱちぱちさせながら  眼をとめたという  眼をたるませ  眼を曝していた  眼を主人へ挙げた  眼もかけず  眼を捉えた  眼に天井を見つめていた  眼を私に向けた  眼を思い出させた  眼の底に微笑の色を動かしながら  眼が途中でぱったり止って  眼を真円い顔の中に見張っていました  眼はひとりでに下へ落ちた  眼にする  眼がをぢさんの眼鏡の高さになると  眼を見てゐると  眼の奧から流れて出てくる  眼をとめたといふ  眼を三角にして  眼を押さえた  眼で挨拶した  眼が赤く腫れあがっていた  眼を廻すに  眼をぱちつかせて  眼をご覧なさい  眼をぱちぱちさせた  眼を野だの頭の上へまともに浴びせ掛けてやった  眼をぐるぐる廻しちゃ  眼が大きいから役者になると  眼と眼を見合せている  眼を剥ってみせたから  眼を障子へつけて  眼を斜めにすると  眼がちらちらする  眼をぎゅっと固くつぶり  眼を光らして尋ねましたが  眼を丸くしました  眼を光らしているだけでした  眼でぐっと見ているだけである  眼の前に浮べながら書くとなると  眼がただならず輝いていた  眼は気狂いのように光っていた  眼をこらして見入った  眼ぶしい  眼のあたりに見ても  眼も呉れずに駆け抜けた  眼の先の百合子の姿から遊離して  眼で小鳥を掌の上にとり出すと  眼の先にチラついて来た  眼に涙を一杯溜た七郎が松林を脱けて行かうとしてゐる  眼を輝かせてゐるので  眼を庭園の彼方に放つならば  眼も呉れずに踏み  眼を醒して驚く  眼を輝かせてゐたが  眼の先でそれらの巻物の数々を手早く繰り  眼にあてた  眼にあてたが  眼を挙げたりした  眼を輝かせて  眼から涙が滾れてゐる  眼で空を仰いだ  眼の凹んだ  眼を挙げながら  眼の先へぬツと突き出した  眼に謎の感を与へるかの  眼には一向区別もつかなかつた  眼をそろへて光りの  眼をもつ  眼から隠す  眼に認めた  眼を離さずに  眼を見張つたり  眼の前には安食堂の卓子みたいな机があり  眼にはひつきりなく涙が出た  眼が僕を見てゐる  眼の輪郭がはつきりしてゐて  眼を小さくして  眼を攻めて  眼に留まった  眼を出して  眼につくと  眼の前に拡っている  眼ざしを古ぼけて  眼を聳てて  眼を蚊の眼のやうに細めて  眼を凝  眼と鼻の間である病院へ意地づくで  眼を晒した  眼くばせすると  眼は意地くねて  眼の前に浮かんで  眼に立つて見える  眼の前へ積まれて  眼に涙を浮べた  眼にかかれば判ります  眼を見あわした  眼でさした  眼をさす  眼でみどりはミサ子を見つめた  眼をせばめて  眼もくれぬ  眼を放つてゐます  眼で一人好がりに父の立場を認められなかつた  眼には涙がやどつてゐた  眼をまんまるくして  眼や口や鼻までそっくり見えて  眼に涙をためた  眼で見ていて  眼と小さな鼻と小さな口とがぽつりぽつりと置かれた  眼で見られ  眼を見つめた  眼は妙にぎらぎら光って  眼に敵意めいた  眼の前にふり廻して見せた  眼のやうな可愛らしい眼がすわつて来ると  眼を配らなければならない  眼を短かく送りながら立つて  眼も醤油と脂肪の蒸気でむされる  眼に涙を一杯ためて  眼の前にさし出した  眼がしらに持つて  眼の据つたおんつ  眼の色が痛ましく近眼鏡の奥に輝やいた  眼で康雄を視つめた  眼に佗しい  眼で母を視つめる  眼の前の青い壁は電燈の明りで雲母の破片がキラキラ光って  眼がジロリと老婆の方へ行く  眼に見えるなら  眼のみで観る  眼を踏みつけた  眼にいる  眼で見比べたらばと思ふ  眼の前を流れてゐた  眼の前にひらけた  眼をとめて見る  眼をとめて  眼をひいてゐた  眼でこの地方を見ると  眼をひいた  眼の下に見おろされる  眼の前に息づいてゐるかの  眼で萬福寺の庭を見ると  眼の前にひらけてゐた  眼に付くほどの  眼には格別の美人とも見えなかった  眼を晃らしているばかりで  眼をかけて遣れといっていた  眼に着いた  眼に着きます  眼に残っている  眼のその爺さんは上着のポケットに手を入れた  眼もひかり息も  眼が少し教育されて来た  眼の色ばかり読んでい  眼と眼はうんとくっつけるか  眼をつぶってばかりゐた  眼の碧い  眼をギラギラ光らせながら  眼を別々にパチパチさせて云った  眼をぱちぱちさせて  眼をぎろぎろして  眼を揃えて  眼の眩んだ  眼の上をへこまして  眼は謝まっている  眼にはそういう頸すじなぞ眼に止らないで  眼に一杯泪をうかべた  眼に残って忘れられない  眼かくしの革を取り去られた  眼は学者のものになり  眼の下に急に黒い隈が出来た  眼にでも気がつかずにいない  眼にうつらなかった  眼はいやに血走っていました  眼をうつしました  眼が如何かしてる  眼が醒めないから  眼は鷲のように輝いた  眼にまでつく  眼をぱっちり開きました  眼にうつす  眼をみはりました  眼をさましたり  眼につきました  眼で私を見返しました  眼をとぢて考へてゐた  眼に立つた  眼にもさう見えたといふ  眼を彼は避けた  眼の前を過って行った  眼がついて  眼がさめてしまった  眼の色は引立たなかった  眼を見せていた  眼くばせする  眼づかいをする  眼が眩んで来たから  眼眩きばかりに美しく着飾った  眼と眉の間に一種形容の出来ぬ  眼でジロリと睨まれた  眼の前に彷彿いて  眼は冴えて  眼が醒めたので  眼の前に絶えず彷彿く怪しの影を捉えて  眼の前で針仕事をする  眼と口とが茫漠となる  眼の前で惨劇の進む  眼をかき  眼に狂的な絶望を光らせて  眼は生き生きと輝いた  眼には手とも腰とも肩ともつかぬ  眼の先二三尺のところを掠めて  眼の前でふうわりと青い火が燃えた  眼を見交わしては  眼を血走らせながら  眼苦しく電話線を飛び交わして  眼で相手の身体検査をするらしかったが  眼を異様に据えつけた  眼をパチパチやり出した  眼だけ覗いている  眼となく鼻となく花束で叩かれて  眼がどこかにこびりついていた  眼に白い女の顔が見えて来た  眼の前に来た  眼をきょろきょろとさした  眼で天井を隈なく詮索したが  眼を摩って  眼を射られて  眼にも見よ  眼で四方八方捜索したが  眼を円くしている  眼を見張っているばかり  眼をぬすんで  眼が無かったのだと思った  眼の大きな背の高い青年を連れて  眼の前を一匹の兎が駈け過ぎる  眼の前の窓に頭をよせかけて居ねむりをしている  眼のまわるほど  眼の惡るい人だから心配をさせない  眼の中にふくみぬ  眼が鋭どいという  眼とも明を失った  眼は冴えていた  眼が醒めてしまいました  眼の少し細いのと歯並みの余りよくないのとを疵にして  眼立たないようにすれば  眼のまえで  眼を据えて煙りの  眼をかけてくれるとも聞いているから  眼にはいじらしく見えてならなかった  眼にはもういっぱい涙を溜めていた  眼にはもう涙がにじんでいた  眼にはおかしいように思われた  眼には又となく可愛らしく映った  眼でじっとこっちを睨み詰めているので  眼は火のように燃えていた  眼の前でずたずたに引き裂いて見せた  眼を拭きながら  眼をあいていた  眼でふたたび吉原の空を見た  眼をそらしていた  眼の下の仲の町には妓楼や茶屋の男どもが真っ黒に集まっていた  眼の下に群がっている  眼にも見えず  眼の前につきつける  眼をつぶりな  眼にうかぶ  眼をつぶつてゐる  眼をあけてもい  眼をこちらに注いでゐる  眼をおほ  眼かくしをする  眼を丸くする  眼の底にこびりついて  眼をうつすと  眼にとまる  眼の前はまつくらです  眼深にかぶつて  眼をつけはしますまい  眼を通しはじめると  眼をくばる  眼をとめる  眼の金髪の姫君が訪ねて来る  眼はうるましてゐる  眼の覚めて  眼にかるい冷笑をうかべながら  眼は嬉しさにかがやいた  眼をふさぐ  眼をやっていると  眼の光とともに灰白色の動物の頭が見えた  眼が光りだした  眼の光で埋まる  眼を惹いている  眼がさだまってくると  眼の下で牛乳屋も通る  眼にかからず  眼を据へて帰つて来た  眼はどろ  眼立つて面やつれがして  眼の前の木だけがぼんやりかすんで見えるだけです  眼にも涙が一杯浮んで来ました  眼は貸家札を探してゐる  眼を窓の外のぽつんと浮いた  眼を光らせて歩いてゐ  眼の不自由な老人が一人暮しをしていただけあって  眼の不自由な老人が寝て居ります  眼が見えないにしたって  眼がしらが熱くなり  眼のきびしい十六七の小間使いがいて  眼は黄色く濁って  眼に僕は生れて始めて  眼のするどい画かきが  眼をつりあげたりした  眼がかすかな視力を囘復した  眼をくぐって  眼のあたり人生の真実に対ひたる  眼を少しも変える  眼を光らせて睨んで居たと云う  眼をキラキラ輝かせて  眼を轉じて前後を竊視する  眼には見えたであらう  眼が血走つて居る  眼をうごかさなかった  眼の前に近づいてきた  眼をおおう  眼にも見えよう  眼をふるえ上がらせる  眼をおおって  眼をさましてしまった  眼は大きく驚異にみはった  眼ばたきもしなかった  眼に見えないか  眼にふくむ  眼をくばると  眼の光におどろき  眼に見ても  眼にいっぱいためた  眼を細くして歓んでいる  眼をまるくした  眼を息子の顔へあげて  眼の痛むほど見てきた  眼の光にかまわずにいると  眼のふちを赤黒く染めた  眼は怖ろしく  眼が向った  眼のとびだしている  眼にえがいて  眼をそれへはせて振向くと  眼をみはらせるばかりな  眼を振り向けた  眼を奪われた  眼を見合せて  眼を醒まさなかった  眼が湯の泉のようになっていた  眼から見るとなめられ  眼をあつめながら  眼も顔もいっぱいに曇らせながらいう  眼で急き立てていると  眼まぜでしめし合わす  眼をふさぎ  眼だけの観念を超えて  眼が光るだけだが  眼の配りが  眼だけは笑いに加わらない  眼を擦った  眼でにっこりして  眼にとまって  眼のまえに見える  眼を瞑っておった  眼を配る  眼で睨んでおったぞ  眼と見られない  眼で見上げて  眼じるしにと  眼だけ出している  眼も赤く濁っている  眼をあつめている  眼をかえして  眼をつけるとは  眼がきらめく  眼を外らした  眼を返して  眼を上げる  眼の色を変えて探しておりやしょう  眼が据わって  眼に入らぬか  眼が相手のさし出している  眼まぐるしいほど  眼に留まって  眼のぎょろりとして  眼を開けな  眼が暗く澱んでいる  眼にかかれて  眼はくぼみ  眼がつぶれるほど  眼にかかれました  眼に入るので  眼をぱちくりさせているものの  眼に見てくれよ  眼を返し  眼をまんまるにして  眼がぴたと合った  眼を上眼づかい  眼へやって  眼を合わせて立っている  眼を射たので  眼へ当てた  眼を射抜く  眼を庇いながら  眼を眩ましてやりましたので  眼を掩っている  眼も当てられない  眼を見張っていると  眼を凝らして  眼を覆った  眼は皿のように大きく見開かれた  眼ばかりギョロギョロと動かしていた  眼の方を疑ったに  眼を脅かす  眼には悲愁といったような色が流れた  眼とあなた方を信用しますよ  眼がキラキラと光った  眼を半分伏せて  眼の底に泌み付いてしまって  眼の前にチラ付いて  眼を醒まして  眼が信じられない  眼の前の空間を睨んで  眼をパチクリさして猪村巡査の顔を見た  眼を真赤にして云っていたがね  眼の前の空気を凝視して  眼を潤ませながら  眼が尋常じゃなかったように思う  眼をつむってもらえまいか  眼にかければわかるわ  眼をシッカリと閉じて  眼は重大な決心に満ち満ちた  眼をパチパチさせた  眼が義眼のように物凄くギラギラと光った  眼の色が違う  眼の前で大喧嘩をなすった  眼と唇に気をつけていると  眼を潤ませていた  眼立たぬように変装させて  眼にかけるわ  眼も通さない  眼の色を変えて聞く  眼を細くして聞いている  眼を附け  眼から御覧になったら  眼を細くして笑い  眼醒め初めた  眼にかけました  眼も眩ゆい  眼を一パイに見開いて  眼をつぶってゐられた  眼のまはりの赤い隈もはっきり見えました  眼も青くぎらぎらしました  眼を開いてゐましたので  眼を瞑ってだまって  眼を泣きはらして  眼から落ちてゐました  眼をじっと下に落してゐました  眼を指で突っつかうとした  眼を瞑ってゐたさうでございます  眼を泣いて  眼が光って  眼をつぶってゐると  眼がパチパチしたばかり  眼でむりに向ふを見ようとしてゐる  眼でじっとこっちを見てゐます  眼をつぶっていられたじゃ  眼のまわりの赤い隈もはっきり見えました  眼を開いていましたので  眼から落ちていました  眼をじっと下に落していました  眼を指で突っつこうとした  眼を瞑っていた  眼をつぶっていると  眼は白く閉じた  眼でむりに向うを見ようとしている  眼でじっとこっちを見ています  眼のいろ  眼にかかれますか  眼も涙含んだ  眼に涙一杯含ませて  眼と注意とを振播き始めた  眼の前を歩いて居る  眼で検閲されて居る  眼を疑った  眼を以て彼女に近付いた  眼には挑戦の意気込みが現われた  眼にあった  眼を二人に投げた  眼の先へ恐ろしい獄舎の建物さえ浮んだ  眼をし  眼で合図した  眼にも同じく映じて居た  眼でジロリと見たかと思うと  眼にハタと桂木を睨めつけた  眼に止ったので  眼を瞠って言った  眼をして言った  眼には不思議なものとして映っていた  眼が醒めては  眼についてくる  眼の遣り場にも困っているらしい  眼を皮肉らしく輝かして言った  眼の前で小説を作るなどと  眼をくらまして  眼を閉じている  眼をひらいて見ると  眼がするどく働いている  眼にはまだ見えぬか  眼ばやく  眼のまえから追いのけろっ  眼のまえに帰ってきた  眼をみはらせるばかりだった  眼に止まらず  眼をふさがじと誓っておる  眼を辺りへ移して  眼をふさいで  眼のまえに近づいた  眼のせいとも思われませんが  眼の前へ来た  眼に涙すらたたえて云った  眼で招いて  眼も離たずにいた  眼をつぶってやってくれよ  眼も綾に耳も聾せ  眼を貂蝉のすがたにすえ  眼をいからして  眼をこらして  眼と姿態にいわせて  眼の隅から見やると  眼を拭った  眼はたしかに血走っていた  眼もかすんでいた  眼に入れても  眼を白黒して  眼を閉じて考えていたが  眼がくらくらする  眼の前へどーんと一つ落ちてきた  眼を嵌めて居る  眼を通し  眼に就く  眼に掛ける  眼ざしをして登って来た  眼の前を後から後から通って行く  眼をかがやかした  眼はとがり  眼がくらむぞ  眼は心の窓という  眼で大勢に見られた  眼は飛び出してしまった  眼ばかり時々左右へ向って  眼に見合って  眼をつけるな  眼で聞きとった  眼を射ぬかれて  眼を放さずに立っていた  眼を瞑じて  眼の上で慄えていた  眼にとめた  眼を走らせながら  眼の向けられた  眼を流した  眼より野獣の牙を恐れねばならなかった  眼から消えてゆくと  眼で山上に揺られている  眼に嫣然と微笑を投げて  眼は強く反りを打った  眼の前の訶和郎の死体を眺めてみた  眼は次第に激しく波動する  眼の一角に映り始めた  眼を醒ますと  眼を向けると  眼の方へ背を向けた  眼が醒めなば  眼は蒼みを帯びて光って来た  眼を見詰めている  眼に怨恨を流して  眼を沈ませ  眼を注ぐと  眼から家の奥深くへ隠し始めた  眼を狂人のように山の彼方へ向けて  眼の武将を乗せた  眼を卑弥呼に向けた  眼は瞑  眼が次第にさえて  眼を開いて下さい  眼とで私は知る  眼が二つほかついてませんよ  眼覚めるとすぐ私はめすの  眼を時にあけて  眼の周囲が脹れぼったくて  眼が絶えず私を見る  眼が私の心の前でぴったりと眺め始めた  眼とで純に客観する  眼の前に下ってはなれないから  眼が据って居なかったから  眼を輝やかせ  眼の絶間ない動きに深い不快を覚えた  眼くばせを与えて  眼を階下に並居る  眼の孔からばかり人間を観るので  眼を張り  眼に応えながら  眼ざしを向けたか  眼ざしに身もこわばって  眼を露骨に向けて訊ねた  眼に迫られると  眼をとめながら  眼に涙をうかべて云った  眼や手をもって  眼のいろ変えて  眼ざしからのがれたくなって  眼で見ていた  眼がそれた  眼の隅からちろと  眼もかすみ  眼をすました  眼を突ッついたり  眼をとめると  眼をいからしながら  眼に見えぬか  眼はひとの賢愚をすら識別がつかない  眼をみひらいたが  眼にも見えてきた  眼があやしく曇る  眼を主人の邸へふり向けていった  眼がつかれる  眼が悪くなったと思い  眼は落付きなくキョロキョロ動かして居る  眼を耀かせて居る  眼で読む  眼ですがり  眼がまわるほど  眼をさまさなかった  眼のつやつやと黒い大きなモルモットを見た  眼に幻灯のやうに映じた  眼を醒ましやしない  眼がすっかり覚めてしまったの  眼で拝んでいる  眼にあったかも知れなかった  眼を樂ませるには  眼に映  眼には家の中は暗くて何も見えなかったが  眼ですべてを描いた  眼をちらと光らした  眼をして出て来た  眼が冴えて眠れなかった  眼を覚す  眼が怖ろしいほど  眼にはそれがアラビア海のマラバル岬に鮮かな赤更紗の虹がうき出た  眼をしてゐると  眼が牝牛の眼に似てゐるといふ  眼に綺麗なような色々の図版を入れる  眼に或る厭な気持をよびおこさしめた  眼は険しくクワッと見開いて  眼を惹かれて  眼に掛かる  眼を晦ます  眼を有っている  眼に及ばざるを  眼を煩つて居る  眼がどうかしとる  眼は矢のきた  眼をひからしながら  眼をもって告げるらしい  眼がつぶれている  眼のまえにいる  眼のまえで晴らしてみせる  眼にも漢朝はあったけれど  眼には見るに耐えなかった  眼は赤く血ばしり  眼をふせながら  眼をそそいで  眼をなじ  眼の前へつきだした  眼に見られてしまった  眼くばせに  眼をかすめた  眼は病んでおりません  眼をくばり  眼のいろ変えて喘ぎ喘ぎ  眼を放ちながら  眼がありません  眼が覚めて睡られなかった  眼を開けていると  眼をぎらぎらと光らして  眼をつむろうとすると  眼に見えなくても  眼をつぶっても帰れる  眼の前に身のたけが一丈余もあろうと思われる  眼をぎらぎらさして衝立っていた  眼を覚してみると  眼には夜の明け離れた  眼をとおした  眼が急にかっと光った  眼によく分つた  眼を落しながら  眼には涙があふれ  眼をもち  眼がさめて見ると  眼とをもった瘠せた  眼で眺める  眼が厳格に光っている  眼を騎者に注ぎながら  眼深にかぶっている  眼だけが見つけ出されはしないかと恐れてでもいるかの  眼と取留めのない思いとが心に浮ばせた  眼を半ば閉じながら  眼をテルソン銀行風の落著いた  眼の持主に多少は骨を折らせた  眼とを円くしながら  眼とぴたりと会った  眼がそれらのものに止まった  眼をちらりと向けた  眼は開いていて  眼が例の脊の高い剽軽者があの駄洒落を書き立てているに止ったので  眼をしており  眼と眼との間にはかなり大胆な豪放さがあった  眼を注意深く彼女に注いでいた  眼は編物をしている  眼で見えるというよりも  眼が問いかけた  眼が再び見上げた  眼の見て知っている  眼を放さずにいた  眼と光との間に揚げていたが  眼はドファルジュの方に向いた  眼は床を捜してから  眼と怖い顔をして  眼が互に近よっていると  眼で父親やフリート街の他のあらゆるものをきょろきょろと気をつけているという  眼の前で薄割きにされ  眼とをした  眼がその方へ振り向き  眼を愛情をこめて向けながら  眼の注がれている  眼は終日そうであったように天井に向けた  眼にし  眼で見つめられたり  眼で彼を見ながら  眼を留めて  眼に笑いを含んだ  眼を疑ったほどであった  眼がその金貨の落ちる  眼は彼女をちらりと眺め過し  眼と見合いながら  眼に現れた  眼と耳とに強く響いた  眼にしていた  眼には見えなかったが  眼に涙を一杯ためている  眼を疑いました  眼をあげながら答えました  眼をぐりぐりさせなくっても  眼に見えるに  眼を走らす  眼もあります  眼の前に見ている  眼くばせしたが  眼に見て  眼の下に見て  眼をくらまされて  眼で見届けました  眼をつけたので  眼を爛と射向けて  眼で見てくる  眼の仇にされて  眼は碧にちかく髯は紫をおびている  眼に出ている  眼や失笑を孔明に投げながら  眼には涙が光っていた  眼くばせした  眼を離さず睨んでおる  眼をくらましながら  眼にとんでもない力を与えている  眼をちっちゃくしてのぞきこんでいる  眼があったからだろうか  眼に異様なものを発見した  眼を知らぬ  眼は霑い  眼が正面にある  眼は閉じられ開かれる  眼がさえて  眼がさえる  眼の裏に思ひ出す  眼にはいつて  眼の下を小さい釧路川の上流がゆるく走つてゐる  眼に這入  眼にあてたりしてゐた  眼も離さず眺めていました  眼の前へつきつけてから  眼を丸る  眼で笑った  眼が美しく見えた  眼で彼の顔を見た  眼を怠らぬ  眼には見えないけれど  眼で見ている  眼をなすってね  眼を見ても  眼の前で踊らされている  眼の前にいる  眼を見せる  眼でじっと見つめられながら  眼のふちが黯ずんで鼻が尖がり  眼が生って  眼を醒し  眼を突かれ  眼を突いたり  眼を閉ぢてなにかの草の根を噛まうとする  眼を引っくり返して見たり  眼に角を立て  眼の色を変えて叫んだ  眼ざしでもって見入った  眼に泪が溢れて来た  眼がはっきりと見開かれた  眼を遣った  眼に泪が一ぱい溜っている  眼を拭いながら  眼を床に落して  眼の前につき出しながら  眼に這入ったので  眼を覚しはしないか  眼の玉の溶ろけて行く  眼は少し日やけした  眼に涙が浮んだ  眼をつき出し  眼でじっと睨んだ  眼をとおしはじめた  眼からころがり落ちて  眼をして叫んだ  眼でじっとナースチャを見つめ  眼でナースチャを見まもり  眼もちらとそれに往った  眼をきろきろと光らした  眼のきろきろ光る  眼をうすめに開けてみた  眼をぎろぎろとさしている  眼を月にやった  眼を閉ぢられた  眼はその花にひきつけられた  眼をひかれた  眼をやらずに  眼を見上げてゐる  眼もふさいでしまいました  眼に止るという  眼をこらした  眼を据え  眼をパチクリさせ  眼覚めつつある  眼にかかり  眼を注ぎましたが  眼を輝かせ  眼は廻る  眼の覚めるほど  眼をしばたたき  眼を瞑ったが  眼の前にかかった  眼の前の曹操を斬らんか  眼がないと思っている  眼を醒ましていたから  眼に見えてくる  眼できめつけた  眼の黒いうちは断じてなりません  眼もくらむばかりだったからである  眼を送るだけであった  眼の前にそれを見たが  眼をくばっているので  眼にかけるで  眼をギョロギョロ動かして  眼まいをしてしまいました  眼をくらませて  眼を据えはじめた  眼を凝すと  眼を探す  眼を閉ぢたりした  眼を凝してゐた  眼を向けてゐても  眼に涙が溜つてゐる  眼と眼とを見合せて  眼で彼を見物したがる  眼を視開いてゐるばかりだつた  眼醒しい  眼を曝し  眼を反らせた  眼が開いた  眼をきよときよとさして四辺を見廻した  眼を車夫に移した  眼をして坐  眼にだけ媚のある  眼を火鉢の灰に落した  眼にさへ止る  眼を落したなり  眼にはひる  眼についたが  眼にもつかぬほどであるが  眼ばっかりが生きて居る  眼の様だと笑った  眼ばかり上眼を用って物をねらう  眼を見ながらも  眼の前に並べられた  眼をまばたきしながら呟く  眼にも怖がっているらしい  眼がくらくらして覗いてはいられない  眼を放った  眼をはなす  眼には涙があふれていた  眼をぱちくりさせる  眼に触れ  眼を吸ひ寄せられる  眼に留ると  眼にうつる  眼にうつるが  眼を運動場のはてにある  眼の前にとまった  眼の奥で渦巻いた  眼をパッと見ひらいた  眼の前が真暗になり  眼を見交わす  眼に映じていた  眼の前に立ち  眼の高さに止っているので  眼が届かない  眼と同じ高さに横から眺めて  眼が光つてゐた  眼を釣りあげて  眼を据えてゐた  眼の前に投げ出される  眼を白くしてある  眼の下に連なって  眼に立った  眼のこすり  眼の輝いた  眼を挙げてみると  眼に這入らず  眼を瞠つて居る  眼を開いたり  眼がついてならなかった  眼の色が白く妙にかはって行く  眼を走らせて云った  眼を凝し  眼や鼻や口ばかしが先に眼立つた  眼の前に迫った  眼にはいり  眼をむいてみたり  眼をはなさなかった  眼をつむっていると  眼がキラキラ閃光を放って  眼の前に展けていた  眼でじろりと私を見つめた  眼はなおもじっと動かなかった  眼はあらぬ  眼は案外私を見ていない  眼を見ながら  眼で私をにらみつけた  眼で下から見たら  眼にくるいは  眼で恨めしそうに私をにらんだ  眼を醒したら  眼醒しになるかと  眼が離されないのよ  眼を輝やかせた  眼を曝してゐた  眼をさらしていた  眼に見た  眼をふさぐと  眼から火となって飛びだした  眼でその面を見まもった  眼のまえへ  眼で睨み返した  眼くばせを交わし合っていた  眼にふれない  眼をどうしても正視できなかった  眼もくらむばかりな  眼をしのんで  眼にも武功自慢に見えた  眼もかすんで  眼がまたすこし変った  眼をふさいだ  眼ムラムラと紅線走り手巾持てる  眼を人々の顔に走らせて  眼まぜとともに裃の肩がざわざわと揺れ動く  眼にあまる  眼じりに有名な黒字がある  眼を笑わせている  眼配せして  眼をかけているので  眼がくれて  眼の底にしっくり焼きついていて離れようとしなかった  眼まぐるしい  眼を誤魔化す  眼に力を持たせて  眼と眼がガッチリ合って  眼で父親の顔を見上げた  眼が光っている  眼を皿のようにして歩き廻っている  眼のギョロリとした  眼をつけておる  眼を光らせますで  眼を合わせた  眼のふちを赤くしている  眼を逃れようと思って  眼を逃れて  眼が部屋の中を見廻したが  眼を見つめていた  眼を凝らすと  眼をさらし出した  眼を掠めて  眼を配りながら  眼を潜って逃げ隠れている  眼の行ったかの  眼立たないように裏口に廻って  眼がさめると  眼の色を変えやがる  眼が行った  眼を集めて  眼にとまらぬ  眼が合うと  眼の前の障子に明るい光りがさしている  眼が行って  眼はくらんで  眼が音松へ向って  眼じりに皺を刻んで  眼の色が変っているぞ  眼へはいりかけて  眼に険を持たせて  眼に掛った  眼が冴えて眠れないので  眼を見張り  眼を羽毛が掠めた  眼を見つめている  眼だけ出していた  眼をむいて睨みあった  眼を見張ったであろう  眼にも美しかった貞奴のまぼろしが浮みあがって  眼にもまだこの幻は消えぬ  眼のふちを腫らしながら  眼を挙げてさげすみながら言った  眼も呉れず  眼を開けてみると  眼に稜を立て  眼のふちを赤くしながら言った  眼を信じなかった  眼が暗くなり  眼が暗くなって  眼を訝しげに動かした  眼のキラキラした  眼で眺めながら  眼に涙が滲み出た  眼も鼻も寧ろ小憎らしい程殺風景で見るからに  眼には巧な隈どりがほどこされて  眼を白黒させた  眼で森野を眺めた  眼のまえにあらわれました  眼からながれる  眼にハンケチをあてていました  眼を光らせて沈んでいた  眼に幻覚が生じた  眼を塞げば  眼を円にして  眼をそれにやっていた  眼がそれに往った  眼の前にあらわれた  眼に湛えて聞いた  眼のまえにながめた  眼には異様な光があった  眼で芥川龍之介身の作品をも見てゐる  眼は彼の作品の缺點をも見逃さないでせう  眼を最もよく開けてくれた  眼を向けはじめました  眼に最も影響を與へたのも  眼を注がねばならぬ  眼を擦る  眼を挙げました  眼を怒らせながら  眼といわず  眼にでも止まったが  眼かくしでもする  眼にも触れないと  眼にははいりません  眼を当てた  眼をつぶったなり  眼といはず  眼にでも止まつたが  眼にははひりません  眼をつぶつたなり  眼かくしがしてあるので  眼にも触れない  眼の先きにちらついて  眼も触れずに置いた  眼にかかろうた  眼は大きく青く光り  眼はぎろつと此方を向いた  眼で自分を見た  眼を閉ぢて歯を喰ひ  眼がかつと  眼には眼をもってむくい  眼にもいっぱい涙がたまりました  眼からぽたぽたと落ちる  眼には黒いふちの大きな眼鏡をかけている  眼が現れて  眼の前につっ立ってる  眼の前に思い浮べて  眼をじっと前方に見据えて  眼は熱っぽく据えられており  眼の前の惨めな男を殴りつけるという  眼を輝かしてる  眼が凹んでいたが  眼をぱっちり見開いて  眼で睥み返してくる  眼を開かなかった  眼を覚しかけた  眼が覚めなけりゃも  眼を見張りながら  眼にはっきり映る  眼には広島の惨劇の世界がすぐ見えてくる  眼に世の中を何と見てか  眼の前を離れぬに  眼を止むれば  眼も止めず  眼の高きことは争うべからず  眼をむきて  眼のくぼに  眼を離さなかったが  眼はその顔を求めた  眼もつぶれんばかり泣き濡れて  眼はかがやいた  眼に涙をたたえ  眼ざしを注いで  眼はかすみ  眼にだけだと仰し  眼も鼻も口もみな額際へはねあがって  眼をそば立たせずには置かない  眼を見ひらくと  眼をつぶる  眼をおつぶりになるまで  眼を走らせると  眼の中へでも入れたい  眼をなくして笑いながら  眼をキョトキョトと裏木戸のほうへ走らせながら  眼のかたきにして  眼をおとした  眼のなかへでも入れたい  眼の上に翳した  眼をはなすな  眼の中でチラチラと白眼を光らせ  眼を見あわせ  眼を見合せていると  眼は浄らかに澄み  眼でわかった  眼の前に現われないまでな  眼を向けよう  眼の所有者であることを証明する  眼を通すという  眼を向け始めた  眼に写る  眼が行き届いているのに  眼を海外に転ぜねばならぬ  眼に訴える  眼に一杯涙を溜めながら  眼じりを釣りあげて  眼で顎十郎の顔を見あげ  眼をギヨロリと光らした  眼にはこの種の芸術は貴族や金持ちの道楽品に過ぎぬので  眼で顎十郎の顔を見あげながら  眼のつりあがった  眼を光らせながら近づいて来ると  眼を伏せて考え沈んでいたが  眼をそらしていたが  眼を持て  眼に浮び  眼と言葉を必死に払いのけながら  眼だけは火がついた  眼に血をそそぎ  眼をしょぼつかせ  眼がくらむかと思うばかり  眼にあまりまして  眼のすみから顎十郎をねめつける  眼だけ沃えた  眼の前には有名な啓蒙哲学者モーゼス・メンデルスゾーンがあるし  眼に余っている  眼から生れた  眼の前にし  眼立って行なわれる  眼の前に持って来て  眼の前に与えられている  眼の前に横たわる  眼にも一眼見て判る  眼には治者同志の対立しか写らぬ  眼立って進出した  眼をりんと張って  眼もみんな教室の中の変な子に向いていました  眼から火花を出せる  眼を横の方からひどく圧しつけて  眼を少し意地わるそうにくりくりさせながら  眼のキョロキョロした  眼へしみる  眼の色で卑怯だったものをすぐ見わける  眼ざしで甲斐守の眼を見かえし  眼をくらました  眼をとじている  眼の色をかえて  眼見てここで腹を切る  眼や耳に伝へられてゐる  眼をすえて眺めていたが  眼のくり玉をすえて  眼のくり玉をくっつけていやがる  眼をまっ赤に泣きはらしながら  眼へ手を持ってゆくが  眼を見はって  眼はそれでくらまされようが  眼では到底見透しができない  眼には感じない  眼の病気がある  眼に感じないとされているだけに  眼に見えなかったので  眼と左の眼との色の感度がちがう  眼は赤の色によく感ずる  眼の色に対する感覚がかたよっている  眼が嘘を視ている  眼をやってみる  眼は悪戯者らしく爛々と輝いた  眼には見えぬというではないか  眼に映ります  眼にも飛んで来た  眼の中へ流れこんだ  眼は殆んど見えなくなり  眼も大変弱っています  眼はやや充血している  眼を剥きだし  眼を悪くしていた  眼に見えないだろうし  眼を輝かすと  眼はもう胡魔化されんぞ  眼を犯され  眼の視力異常についても聞きこむ  眼に映るからだ  眼を見ひらき  眼をむき  眼をすえると  眼の下一尺もあろうと思われる  眼ざしを鋭くして  眼にかけますから  眼をそば立てて眺めていると  眼で石鏃を探しあるくと  眼聡く眼をつけて  眼ざしでじっとお小夜のほうを見おろしている  眼で三度も見ているが  眼をやっていたが  眼と睨めっ  眼で顎十郎を睨みつけながら  眼の前に浮かんで来る  眼ばかりいやにキョロリとした  眼のキョロリとした  眼の中がしっとりと濡れ  眼をこすりながら起きあがって  眼にあう  眼を見あわせて  眼の前へそれを突きつけ  眼くばせをしてから  眼の下には黒い隈が太くついていて  眼を持ち  眼の先が明るくなった  眼をグルグル廻して  眼の前に見る  眼にとめ  眼をひっこすって  眼をさましていたとあれば  眼でうなずいて  眼くばせなんかして  眼をひらくと  眼でアコ長の顔を見つめながら  眼を剥くと  眼も引きぬこうという  眼で顎十郎の顔を見かえしながら  眼の玉が飛びだす  眼にかかった  眼ではとてもそんなことは出来ませんな  眼を持っているので  眼が烏賊汁の光る  眼を見あわせてから  眼をやりますと  眼をよせて眺めていたが  眼でも見えなくなった  眼だけ大きく明けて  眼を押しひらき  眼が眩ると  眼が廻る  眼からは眼脂が流れた  眼には曾て栄えた  眼には見ゆる  眼を覚しました  眼は覚めませんでした  眼をぱっちりと明けました  眼がさめたの  眼を見て点頭き  眼の下の川に落ちた  眼の女には愛嬌を認め  眼の女には上品さがあります  眼の前の縁側の端に一枚の浅草紙が落ちている  眼に付き出した  眼は見えなくされたが  眼に血があった  眼でありヒルダの眼でもある  眼を見させてくれ  眼を見ている  眼の光り  眼でその歩道から目前にぱーっとうちひらいた  眼の前にひろがって  眼をかがやかして聞き澄ましていた  眼の前には大きい河が流れていた  眼を蓋せ  眼を伏せ  眼の前に噴煙をあげていた  眼の上の火山を見上げた  眼がくらんだ  眼にみながら  眼で見られるので  眼もくらむばかりである  眼をつけるであろう  眼は諸将を見まわして  眼を熱くしてしまった  眼をくるるな  眼に孔明を見たからには  眼のとどく  眼を惑わし惑わし逃げていた  眼を李に向けた  眼で正枝を見あげた  眼覚めたのか自分でも分らない  眼を覚めさせる  眼を開いていた  眼をつぶらせる  眼に据えた  眼をつぶっても飛び降りる  眼をぱっちり開いていた  眼から涙が出てきた  眼をもっては  眼は直ちにその底に横はつてゐる  眼を絞る  眼を晴々とさせて  眼のやうに頭髪を光からせた  眼の中へ鮮かに印象されてゐると  眼の中へ流れ込んで来る  眼に止まると  眼がさえ  眼の下を走つてゐる  眼へ写つて来る  眼をつぶつて森としてゐた  眼をやつてゐる  眼には深いあわれみが宿って見えた  眼にはいらない  眼でコラムを見た  眼を丸くして驚いた  眼をみはり  眼は油断なく四方を睥睨し  眼をぱちぱちさせ  眼で津田氏にせわしなく合図した  眼がさめている  眼を覚ませ  眼は血走って  眼は土間の片隅に置いてあった  眼には彼の心が感じた  眼を一ツ瞬いて  眼を残して  眼を出すのみ  眼のみあきたるにより  眼は塞りて視る  眼を見は  眼は物珍らしく四邊の店頭に走  眼は自在に動く  眼は險しく  眼をしぼしぼさせた  眼を赤くしたので  眼のいろなどが  眼その島を見るなり  眼の前に立ちあらわれた  眼でじっとこちらを凝視していた  眼はおっとりと柔和に見ひらかれ  眼は狂暴な色を帯びて  眼をうった  眼ざしでこちらを睨んでいた  眼にさえ覚束なそうに見える  眼をそらそうとした  眼は益々冴えて来た  眼の光が疲れて  眼でじっと見ていた  眼で眺めると  眼に気づいて  眼をしよ  眼に肖たと  眼が此學校の精神ででもあるかの  眼が右に動けば  眼が左に動けば  眼に隨つて動く  眼を圓くして直ぐ前に立つてゐる  眼の上に度の強い近眼鏡をかけてゐる  眼に随つて動く  眼はつるし上って  眼を閉じました  眼を開いてみますと  眼は燃え立つばかりに輝きました  眼の前が暗くなった  眼が俄かに輝く  眼も輝いて  眼の前の石塊を睨んだ  眼が疲れてか  眼で調戯つてゐる  眼で調戯ふ  眼の中に發見した  眼が開き  眼の濁  眼も輝いて来た  眼の中に発見した  眼を泣きはらしている  眼も放さずに見て居らつしやるなんて  眼をくぎづけにしている  眼でもって  眼をむけて  眼をもって眺められた  眼を窃んでその名誉に泥を塗る  眼は天を睨む  眼を封ぜ  眼があるばかりである  眼の深さ冷めたさ  眼のさきが明かるくなった  眼を泣き腫らした  眼もかすんできて  眼がさめるほどの  眼が馴れてくると  眼を不安そうにしょぼつかせて  眼は笑っていなかった  眼をつけられ  眼で見つめながら  眼の附根を寄せて  眼に入れながら  眼の前で転向して  眼は青味勝ちに澄んで  眼の縁の黝い  眼をしょぼつかせていた  眼から頬へかけて  眼を押えて  眼はもうギラギラ残酷めいていた  眼が冴えるばかりだった  眼をじっと見据えた  眼が覚めてる  眼を転じると  眼の玉をキヨロキヨロさせ  眼だけを生き生きとした  眼を触れない  眼は近眼鏡のために神経質に瞬いてゐる  眼を見はるので  眼をぢつと見てゐたが  眼の光がニヤリと動いた  眼を向ければ  眼を向けなければ  眼の中に私は感じた  眼が昏み  眼の前に投げ出されてる  眼を着けた  眼を以ってすれば  眼はその仏像から少しも離れなかつた  眼を付けさせて  眼と見えまして  眼が悪くなり  眼が明いて駈け出したり  眼が見えなくとも  眼にとまると  眼に飛び付いて来ると  眼が逸早く飛んだ  眼の縁が暈っと紅く染って来て  眼が飽ちくなりやしまいと思う  眼の中に血が下りて来て  眼を瞬いたが  眼が回ってならないよ  眼に飛び付いて来た  眼をむいている  眼で酬い返されるだけで  眼の中にあった  眼を宙に釣り上げて  眼を土に落すと  眼にまずイの一番に映じた  眼で追いはじめたりなどしながら  眼をとめたが  眼はロブィトコの左に坐っている  眼をちょいと細めて  眼をまるくして見せながら言った  眼をあけてみた  眼を凝らしたりしていたが  眼の前を流れている  眼を水面から転じて  眼に見えると  眼に見えなかった  眼が変になって  眼から見ても  眼の前が眞つ暗になる  眼にかけな  眼を走らせました  眼ばかり光らして  眼と耳に燒き付けられながら  眼を光らせて居た  眼を輝かせます  眼に突つ立てられて  眼に突つ立てた  眼の中へ突き立てた  眼を覺しました  眼を落しました  眼から引拔いた  眼を突かれた  眼にもツイ涙が浮かびます  眼を刺され  眼を銀簪で刺されて  眼を注ぎました  眼に涙を浮べての  眼を突いて  眼を突きたい  眼を突きたいといふ  眼を廻してしまひました  眼を廻した  眼を廻したりする  眼と見られません  眼で睨めば  眼が昏んだにしても  眼を伏せるばかり  眼を光らせて居る  眼を打たれて  眼へかけての  眼を掛けられた  眼の色を變へて飛び込んで  眼をたいへんしげきしたので  眼は白眼ばかりにしてゐなければならないので  眼にいつ  眼を働かせた  眼を光らした  眼をみはりながら  眼の盲ひたる  眼もあてられざる  眼を塞ぎつ  眼に逢はされたとかで  眼にも不思議に映ります  眼になつたつて  眼で判るだらう  眼で見とれ  眼は泪ぐんで仕舞う  眼の前に泳ぎ寄る  眼に触れずに  眼を悦ばす  眼をして居ると  眼をとじて居られます  眼でわたくしを見詰めました  眼もなかれております  眼に阿  眼にすこしばかりの生きた  眼の利かない  眼の利くまでに  眼が肥えてる  眼を瞠ってしばらく想い廻らしていたが  眼が開いてゐる  眼には今滅びかかつた  眼を啓くと  眼を掠めるので  眼で自分たちを見たが  眼で遣って来まして  眼も寝ずに  眼の前で名前を書いて  眼ばかり出して  眼に懸ると  眼も何も泣き  眼の悪い針医を呼んで  眼を開いて見ますと  眼を注けて居ると  眼に涙で潜然と草原へ涙を落しますので  眼にいっぱいためて  眼をうごかして  眼もかくされ  眼は覚めていたけれど  眼覚めるより起きた  眼には見えず  眼はまん円で煤けた  眼をぱちぱちっとして  眼をあげては  眼をふせている  眼には一瞬間異様な閃きが輝きました  眼に瞳がちらちら光り  眼に深い陰が宿る  眼に宿る  眼の中に落す  眼の中がふ  眼の中の陰は次第に深くなってゆく  眼を痛めようと  眼に深々と陰を宿した  眼の涙を拭き  眼にまた深い陰が宿った  眼を思い起した  眼を伏せていたが  眼にそっくり重なり合った  眼につくといふから  眼の前に展開する  眼を見張りました  眼で合槌を打ちます  眼の前に差出す  眼をのがれて  眼に狂ひはない  眼で見られる  眼を向けてしまふ  眼をふさいではならぬと思はれる  眼からすれば  眼を交し  眼によつてちがひはするだらうけれども  眼をみはるであらう  眼にちらつきすぎて  眼をおほはしめる  眼に浮ばない  眼といひ  眼が届かなくなるといふ  眼と他人の眼との区別を軽視し  眼だけしかもたぬといふ  眼を感じながら  眼をみはらせようとする  眼を発見したとしたら  眼を求めてゐる  眼は人間の全貌を見ようとし  眼をはなれて  眼でしか見る  眼で周囲を見渡すと  眼をくれぬとかいふ  眼がいつの間にかゆがめられてゐる  眼をそらしてし  眼をつぶつて我慢する  眼の及ぶ  眼を逸して  眼が離れていてとぼけている  眼に入るべきで  眼で読んで  眼を近づけて  眼もまるで血走って  眼をすぼめてはいましたが  眼をしたかと思うと  眼や額からぱちぱち火花を出しました  眼をつりあげて  眼をひらいて飛びのきました  眼を片手でこすりこすり云いました  眼をじっとして  眼ばかり光らせ  眼覚めた姫君に見咎められ  眼をお開きなされたが  眼は釣り上って  眼をまた膝頭へ落してしまう  眼を瞑ってみた  眼ざしさえ風情あり  眼配せが交された  眼立たないように注意した  眼もくれなかった  眼の前へ突きつけた  眼覚ましかった  眼を光らせて聞いていた  眼を付けていると  眼を皿と擬した  眼の据ゑ方から口の歪めなりや  眼の当り見た  眼が窪んで  眼に一脈の凄味がある  眼など真赤に充血させていたが  眼を抑えた  眼を着けていた  眼を据えたが  眼の前にあって  眼の前に加賀屋が立っている  眼の前にお父様がお在でなさる  眼の前にいなさる  眼で見詰めている  眼を驚かすばかりであって  眼が濃い睫毛に蔽われた  眼を見合わせた  眼をひらき  眼の達せざる  眼に映じて  眼が肥えている  眼とめてご覧じ下さりませ  眼に近付けて  眼に星の入っている  眼に近く持って来た  眼を落とし  眼が闇に慣れて  眼を半眼にして考え込まれた  眼の窪んだ  眼が潤んだ  眼を掠め  眼に見えるからだよ  眼をギラリと光らせ  眼で見詰めたが  眼を嘲笑わせ  眼を天眼に据えて  眼をとられて  眼を四方へ配った  眼に入れるや  眼が廻った  眼を移し  眼には涙が溜まり  眼を閉じてはいたけれど  眼などもおちつかないで  眼の下にあった  眼には眼をもって  眼を輝かせながら  眼に見せてあげよう  眼に不思議な光景が見えた  眼を付けると  眼より見る  眼の前を通つて行く  眼は凡て大きく潤を帶びて見える  眼を通じて想像の手を女の肌に觸れる  眼も潤ひ  眼より見れば  眼を瞋らし肩を聳かして  眼を背くるの  眼の前に突付けて呉れた  眼に周圍との調和が美しく浮び出る  眼を内に向ける  眼も耳もありません  眼を覚ます  眼に適した  眼でも覺すと  眼をあけて見た  眼をつけてゐた  眼で前方を見据え  眼をつぶつてゐた  眼が慣れない  眼を初めはまばゆくさせた  眼の前で網の目から落ちて行く  眼がきかない  眼は眞赤にふくれ  眼が自分の顏を覗いてゐる  眼が男らしく光つてゐた  眼を開くと開かざるとの  眼を以つて法界を觀ずる  眼を開かざる  眼を以つてせずに  眼を以つてする  眼の前に在り  眼の屆かぬ境に對しては  眼を覺してゐた  眼のあたりにエホバを見奉らむことを  眼の中に入れられていなかった  眼ざしが見えてきている  眼でこの問題を扱う  眼にはやや当惑の色が見えた  眼には三馬などは市井の俗物としか映らなかったし  眼を覆いたい  眼を輝かして乗り出した  眼の虹彩のせばまる  眼をそらしただけで  眼で物を見なくていかぬという  眼にはいったら  眼に見えないくらいの  眼で現象も捉へられてゐる  眼を上へ走らせた  眼で此方を見ていた  眼で児を見まもって  眼と眼を見あわしながら  眼は垂れて  眼のあたりにする  眼を据えてゐるが  眼をそばだてた  眼の前にチラつくので  眼のあたりに吹き出したとなど思ふので  眼で此のだらしのない母と子を観察して呉れ  眼を伏せながらいった  眼も遥かに投出された  眼が見えないと訴えている  眼の前の十数メートルの処で敵の曳火弾が炸裂した  眼の前を動いている  眼に向けた  眼の前の零下二十度近い空気を凝視している  眼は見えませぬが  眼の前に突立っている  眼に見ていた  眼のふちが紅くなった  眼に餘りはつきり映り過ぎてゐるから  眼の前に呈露された  眼を本に移した  眼をそむけて  眼に立つほど  眼を暗ました  眼と心とは僕のやうに苦味に充ちてゐないにも  眼にゆとりを得  眼を以つて見れば  眼はどこかへ行くなら  眼をあいて見ると  眼を視張ると  眼で彼方此方を見渡してゐる  眼に入って  眼が求められている  眼にながむれば  眼の先一尺のところを掠め  眼に触れただけでも  眼の下三尺ぐらいの鯛が六十八文で買える  眼が醒めて  眼が有りますから知っては居ますが  眼して睨んだよ  眼で直に迎い僧を勤め  眼を着けて居りますると  眼から火が出る  眼を覚し  眼に這入って  眼悪くて旅按摩に成りましたと云うから  眼を着けて  眼が眩んで  眼は大分とろん  眼で心意気を知らせるとか出来る  眼を窓の外へ投げながら  眼から涙を流しながら  眼を驚ろかした  眼を娘のそむけた  眼の前の光景であるのは堪らなく  眼は涙に満たされ  眼をしばたたきながら  眼をおどろかしてみとうござる  眼で妾のカンカンを見ると  眼に止ったという  眼のないのが出来た  眼の悪い人がよくお参りをしに来ますが  眼を傷つけ  眼の傷を洗ったという  眼の傷を洗った  眼が潰れているといいます  眼がなかったというと  眼と限った  眼を射られたというより  眼を射られたという  眼を取って置くという  眼のないのが幾らもいた  眼の玉だけを抜いて行かれる  眼だけを取って  眼にあたった  眼を射貫き  眼の一箇しかない方があるという  眼を抜いて置いたという  眼をぬいて  眼を抜いて置いて  眼の玉を抜いてくれます  眼を抜いたという  眼の一つある  眼を射貫いたという  眼の病を祈り  眼をお突きなされた  眼の病になるといっています  眼を病んで  眼をさした  眼に中りました  眼を病み  眼に中るといって  眼を傷つけたという  眼にあたったとも  眼を半分にすると告げたともいって  眼を射たという  眼を射られた  眼を見合う  眼をもって見詰めながら  眼が闇の中に光の幻覚を生ずる  眼で闇の中を当て途もなく見廻わ  眼につくは  眼近かに覗き込む  眼を向けるので  眼にでもしてゐるかの  眼の先から離す  眼を向けてゐて  眼を輝かせてからといふ  眼ではなくして  眼を顰めてゐる  眼ばたきをした  眼を瞑るので  眼近かに吹き寄せて  眼を据ゑて悪だくみに耽つた  眼近かに見た  眼の中に愛嬌となって  眼の前に生きている  眼を虎のやうに視  眼にも触れずに済む  眼を瞑りながら  眼の瞑り  眼の前に赤鬼のやうに怖ろしい  眼を放つてゐた  眼の前の風景を眺めた  眼を見張っても  眼は弱い光線にさえ痛みを感じた  眼が彼女の去りゆく  眼の前に浮ぶが  眼の輝きはまるで消えてしまった  眼には狂気じみた  眼は大きくしっかり見開いているので  眼はじっと前方を見つめていて  眼につかぬくらいだった  眼で読むといふ  眼の表情を第一に問題とする  眼に訴へる  眼で見たい  眼をつぶつて耳を澄ましてゐた  眼に雫をうかべて  眼のさきが暗くなる  眼だけを出して  眼をみると  眼を険しくして  眼をつむっているから  眼で制して  眼をやっていた  眼の前の必要を満たす  眼と心にしみついている  眼は開いていても  眼のまわりに皺を湛えつつも  眼の孔から安房上総まで見ゆるほどな  眼も見える  眼を凝らしてゐると  眼も痛ましく日増に青べうたんになつてくる  眼の前に浮べて見る  眼に写つて来る  眼の前で十四五本の鶏頭が秋の風景をつく  眼しか持たない  眼は空しく開けども  眼が盲れてゐた  眼にカーキ色の幕がはられた  眼でソヴェト同盟をみてきた  眼も鼻も口もクチャクチャになくしながら  眼が廻ってきたら  眼を閉って面白くもなさそうな顔をしながら  眼から逃げ廻る  眼でみるほど  眼で玉子を見て  眼をぬすんでは  眼を輝かせました  眼を反らす  眼は塞いだ  眼にもみえざる  眼には木の根つ株かなんかのやうに見えた  眼をとぢようとした  眼の前に現はれた  眼の前に裸體で突つ立つて居る  眼は希望にくらめいた  眼をくばっていると  眼を外らしているらしい  眼の球が半分以上も飛出していた  眼に泛んで来る  眼が笑ふ  眼にも一寸面伏せなやうな気がして  眼は捕られてゐて  眼を外らして黙  眼がちらと光つたのを感じ  眼の大きい写真をかくす  眼を使って  眼を移しながら云った  眼を開けて笑っていた  眼は向けられた  眼の大きい女であることをほのめかしながら  眼が怒っている  眼は訴えていた  眼は悉く将校の軍刀の柄に向けられた  眼は瞑っていた  眼の前の広場を遮り通る  眼の色のようにぼんやりしていた  眼には大人しすぎる  眼を誤魔化しては  眼が同一に陥り  眼で見れば  眼を以てせねばならぬ  眼を持つていたとしたら  眼をさまされて  眼に憎しみが閃いて流れた  眼には憎しみがこもつてきた  眼を僕は生涯忘れる  眼を養ふ  眼にも余るとみえ  眼が人生に徹してゐないからだといふなら  眼に映り  眼でたしかに見て来た  眼にしみこんでしまっている  眼の利いた  眼につくほど  眼のまえに浮ぶ  眼があって  眼から行われ  眼は開かれていませんでした  眼の力が衰えた  眼を凝しても  眼を射つた  眼が月夜のせゐか  眼も放たでみとれたる  眼を過ぐるものを言ひ  眼はにぶらしてはなりません  眼は開いているが  眼に入るまでには  眼も凄い急流となる  眼を奪ふものであらうか  眼を掠める  眼をぱちくりさせながらの  眼はひっこみ  眼や眉や鼻や唇や歯の形とその配列状態によって起る  眼がひっこんでいる  眼で睨む  眼を塞ぐ  眼をくるりと遣りますとね  眼が血走り  眼はお夏に注いだ  眼あるものならば面をも向けられないほど  眼の敵にしてゐる  眼の修業に相成りますと  眼を見開いている  眼には一寸困惑の色が見えた  眼はその大きい瓦斯溜に止った  眼を囚えた  眼に矢島さんは喫驚した  眼は別の光りに輝いてくるじゃないか  眼を伏せながら云った  眼から自分の眼をそらした  眼を足下に落した  眼が落ち凹んで  眼が早く覚める  眼で秀男を見た  眼にはそれらの精巧なる機械も極めて簡単なるものとしか映じなかった  眼は注がれた  眼に種々な人々の姿が浮んできた  眼を見開いてみた  眼を引きつけた  眼はじっと閉じている  眼をつかれた  眼をきょときょとさせながら喘ぐ  眼で私達学生席の方を視  眼の表情を更に冷厳なものにしていた  眼の中に含む  眼を瞬りながら腰を上げた  眼を近寄せながら  眼を凝っと視詰めていた  眼を瑞々しく光らしながら  眼をあけるかな  眼に愛でし  眼をやみてかけし  眼から離れた  眼の前を離れぬ  眼を持つて居る  眼から逃れ去る  眼であらぬ  眼の上にまっ黒くよじれて垂れていた  眼に当った  眼を見ていられなかった  眼を持つ  眼をふと開けて  眼が不安そうに光ってゐた  眼を開いてた  眼をうっすりと細目にあけてゐた  眼を見つめてゐた  眼を開けて聞いた  眼を閉ぢてる  眼の前に光りたり  眼は常に論者の怯懦を叱責す  眼にはうつりたる  眼をあつむれば  眼を見ひらきて聞きほるる  眼を開いて見よ  眼の端から泣いて  眼で見ようが  眼の裏が熱い様で居て  眼をしばたたいて居た  眼にふれた  眼はすべての望を失った  眼にはいかなる力を以ても争う  眼が赤くはれ上って居た  眼をあやしく輝かせた  眼を呉れながらねだったならたとえいけないと叱るにも  眼はよく張った  眼は全くみえず  眼を光らせるという  眼の前に閃めかしてみせた  眼がひそかに私の方に注がれている  眼にじっと見入った  眼にも止まらないで  眼の前に坐っているかの  眼が飛び出すって聞いていたが  眼の前に突立った  眼を落している  眼を瞠っている  眼を離さぬ  眼を閉じたり開いたりして  眼の前にしおらしく伏し  眼で上眼づかいに  眼を伏せている  眼の前に夢想しつつ  眼に会わしたら  眼をこすって見ると  眼を一パイに見開きつつ  眼を瞠らせられた  眼で今一度そこい  眼に見返したが  眼を伏せると  眼は情熱に輝き  眼の前に蔽いかかって来た  眼で私を睨み上げていたが  眼をグルグルさして  眼や鼻から血を噴き出しながら  眼の前にモヤモヤと渦巻きのぼる  眼の前でサッと血の色を喪った  眼で店の柱時計をふり返って見たら  眼にかかりませんが  眼をやつてゐると  眼をくぼませた  眼に入るからで  眼でなくて何か未知の機能で感ずるとしても  眼をもって見られていた  眼は一寸まごついて  眼がさめたら起上る  眼で文章を辿りながら  眼を大きく挙げて  眼を堪へて  眼が窪んでゐる  眼から輝いた  眼にあらわれ  眼をひき  眼を遮っていた変り  眼の前で溶けてしまう  眼の前に透し  眼のあたりには険しい色があらわれた  眼がもう一人の方にうつると  眼は職業的功名心で輝いた  眼で見られていた  眼にも同じような恐怖の色があった  眼は床の一隅にむけられていた  眼を見ながら言った  眼のところへ持って行って  眼を眩ませて上げよう  眼でじっと見つめ  眼から消えてしまった  眼がふと私の手に止まった  眼の前ではっきりとびくびくしていた  眼よりもぴったりと彼に結びつけられて  眼を西に転ずれば  眼醒ましの音でハッと目をさました  眼を輝やかせながら  眼は人のアラを見逃してを  眼にえがくと  眼も動かさなかった  眼を拭くと  眼に浮んで来る  眼でたしかに見た  眼のふちをすこし赤くしてござる  眼をさますほどの  眼が冴えて眠られ  眼に残つてゐる  眼は獣類の眼と入れ替える  眼と兎の眼が最も人間の眼に近似している  眼のふちがあかべをした  眼の高さに振ってみせた  眼を丁度向い側の棚の下にすえて  眼の前を空のマッチ箱よりも軽くフッ飛んで行った  眼だけとんがらせて  眼で瓶を追った  眼も何かを見た  眼のあたり見ていられない  眼の前で手を振って見せた  眼が慣れてくると  眼だけ光らせて  眼の高さにかざして  眼をきめた  眼から血を出したり  眼の前で群化てきても  眼に見えずに  眼の前ですかして見る  眼の前で減って行った  眼の前で殺されてしまった  眼に見えないだけの  眼に涙をにじませて  眼と眼を見かわしていたが  眼にかかります  眼の前に不意に閃いた  眼を被いながら  眼の前には大きな紫色をした  眼だたないように化粧をして  眼は青澄んだ  眼を射透してみせます  眼はみがいた  眼で一度睨めば  眼の前に男の顔がある  眼に痛いほど強く光っていたりした  眼を向けたので  眼であることを悟った  眼にもはいり  眼にだけ見えた  眼の光る  眼に入りませんでした  眼を見合せた  眼を通していたが  眼を通してから  眼の中へ入れても  眼を釣り上げ  眼に涙を浮べる  眼がくらくらとしました  眼をじいッと見詰めていると  眼で夫を惑わせたか  眼を釣り上げている  眼をおとしながら  眼から涙が落ちた  眼は終始一貫して  眼で舞台を眺めてゐる  眼の前へ浮ばせてくれた  眼がさめてゐるかも知れない  眼でみてゐる  眼の前に現れるという  眼を目標とする  眼を教わってしまった  眼と手は互いに裏切り  眼の中にはいった  眼におそれを成して  眼や境地や文章から影響を受けた  眼と手をもって  眼にくらべれば  眼の中にノスタルジアした  眼を眼鏡の中に見つめながらいふ  眼を室内に漂はしてゐたが  眼で追つてゐた  眼には涙がいつ  眼を持つてゐた  眼で森の中にかがんではいない  眼の中に一ぱいつまっている  眼がたまたまぬすみ  眼の前の売地の札の前に立ちどまって  眼に滲む  眼が生きて  眼で圧えながら言った  眼が泣いている  眼にすると  眼を大きくあけて  眼にとまりました  眼がその時ちかりと光りました  眼で宙を見つめていた  眼の前へ足を出した  眼の中へ入れてやりたい  眼に涙をためているので  眼をさましますと  眼をパチパチさせて泣き出し  眼の前でブルンブルンブルンとまわり始めました  眼をまわしてしまいました  眼にしている  眼の前に出て来ない  眼をあいたら  眼の前に若い子供子供した  眼には黒い女の眼が見えてゐた  眼の前に壮い  眼には黒い女の眼が見えていた  眼に見えて動く  眼を溪の方の眺めへ移した  眼の下ではこの半島の中心の山彙からわけ出て来た  眼立っていた  眼はいつもその尽きない  眼はだんだん雲との距離を絶して  眼は一時に視力を弱めたかの  眼の前にひろ  眼に諦觀の色ものうげに見ゆ  眼をあけし  眼をとぢにけり  眼をとぢて日にぬくもれる  眼ぬち  眼を覚ましている  眼をあけると  眼の玉だけ動かしてみると  眼をはなして  眼は大きな黒眼をもち  眼の玉だけで見えなくなるまで見送る  眼だけ動かしてみると  眼で彼女の視線を追ってみた  眼は妖しく光って来た  眼にはふいと  眼からは涙がぽとぽとと流れ出した  眼ざしをしながら語りはじめた  眼で僕の方を見入り  眼に非常な恐怖と怨恨との入りまじった  眼には泪がいっぱいに溢れていた  眼でじいっと清水を見据えた  眼には深くあわれみの  眼立たないのを不思議に感じるほどである  眼に醤油を注ぐ  眼が少しは物象を見る  眼を透す  眼に意味深いものとうつりました  眼を御覧遊ばせ  眼が廻るばかりだよ  眼血走り歯がみをした  眼は陰々とすはつて一点を動かずといふ  眼の中にあって  眼には何にも映ってはいなかった  眼の中にさしてきた  眼は全く狂人らしく没表情にこわばって  眼には底知れぬ  眼をくるくるさした  眼を宙に据えている  眼覚めたようないきいきとした  眼は全く据った  眼を見合って  眼をほそめて  眼をかがやかせました  眼をふさいで眠りました  眼につかないが  眼が悪くなってきた  眼でお見になるかと  眼ざしに私の窶れた  眼で捜して見ても  眼も鼻も揃っていない  眼がちらちらするばかりではない  眼の前へぶらつかせる  眼の付け所が違う  眼に着いたとすると  眼に浮ぶと云いました  眼に浮ぶと云う  眼が廻るとも云う  眼の奥で大火事が始まったかと思うと  眼が廻っては  眼をもって読んで行くからであります  眼を輝かせてゐた  眼にはとまりませんでしたでしょう  眼の前の清さんへ向いていきました  眼をつけました  眼の前に浮かみ上って来る  眼が小山すみれ嬢の方へ動いた  眼で鞄の化物を見た  眼を大きく明けている  眼でぴつかりと此方の顔を眺めてゐるばかりで  眼ばかりがギヨロリと光つてゐた  眼を廻させて  眼をむいてゐたが  眼をおりおり  眼を開けてみた  眼は涙の影をさへ見せなかつた  眼には思索に疲れた  眼の前の商人支離遜に  眼のように変って行きます  眼に残って居る  眼を荘子にとどめると  眼の裡に微笑むでゐた  眼の前に大きな鬼がつっ立ってるではありませんか  眼は熱く涙ぐんでいる  眼を据えていたが  眼で眺めた  眼にもついた  眼が情熱的に光っていた  眼がちょっと見られるからって  眼をじっと見据えて  眼をとじ  眼を宙にすえた  眼にとめて  眼もあげなかった  眼が鋭く光っていた  眼でじっとおれを見た  眼を手の甲でこすった  眼がじっと彼を見  眼に曝される  眼からこの問題を取扱ふ  眼が動いて  眼ばたきながら  眼に映ずると  眼には判然としない  眼が二つ左右にあるだけは  眼はただ軍艦の探  眼の神経が多少うとくなる  眼と神経をなぐりつけようとする  眼のあたり分かる  眼のあたりに眺める  眼には滑稽に見えたであらうほど  眼で凝  眼で云ひ直した  眼を拭いて  眼のさきまっくろになって  眼を塞がねばならぬ  眼はただならぬ暗色を湛え  眼が配役の一部に触れると  眼をハッシと射返した  眼に止めていましたが  眼に止まらなかった  眼だけを白く抜いて  眼の中に移ったかと思われた  眼を更に次の間へ転じなければならぬ  眼を拳から離さないでいる  眼を開けていなければならなかった  眼ではすでにカルルをうまく見わける  眼をあちこちと移していた  眼をながめていた  眼を被っていた  眼を休める  眼でまわりを見廻している  眼のうちをじっとながめた  眼を蔽う  眼から視線を外さなかった  眼を一層赤くしながら  眼の色を変えた  眼を欷て別ても若い女などは立ち止まって見たり振り返って眺めたり去り  眼を付けますと  眼を廻わすなよ  眼をふさいではならぬといふ  眼に浮んだとしても  眼に驚嘆すべき  眼についてならない  眼が澄み渡  眼をつぶらせて  眼を捕えた  眼は野獣的で人をジロジロ眺めていた  眼でながめていたに  眼には漱石氏よりも寧ろ髪を切っている  眼を以て眺め入る  眼がわるくて弱り  眼をかけず  眼の下に小さい痣があった  眼をくぐり抜けるには  眼の下に小さい痣のある  眼の下に痣を持っている  眼の下に小さい痣を持つ  眼の前にまいりました  眼をとぢてしまひました  眼をむけました  眼をとおして  眼でそれを見ながら  眼は院長に往った  眼は憎悪に燃えていた  眼は金盥に往った  眼から離さない  眼の光を見て  眼を据えて見定めてみたが  眼もあく様になるかも知れぬと言った  眼と入れ替えて貰うと  眼見える様になったとか  眼と入れ替る  眼が明きたくないと思っている  眼の球が光る  眼の輝きが見えた  眼のひらめきが  眼に有らざるは  眼にも様々あったが  眼と直芳との眼とがバッタリと見合った  眼に見られたら  眼が着いた  眼をそらしました  眼が暫く合った  眼を周囲に感じる  眼を据えていましたが  眼を見合せました  眼を据えました  眼の前に覗きだして  眼を地面に伏せ  眼の中にはっきりと残っている  眼は一つ所に定められて動かなかった  眼もじっと蝦蟇を見つめて動かなかった  眼が金色に光ってるという  眼が睨む  眼をしてるという  眼の玉をくるりくるりと廻した  眼にいれた  眼がぎらぎらしていた  眼は冷く輝いていて  眼の前がカッと血色に燃えて  眼が絶えず敏感に動いている  眼を細めていた  眼をキョロキョロさせ  眼を情けなく顔に感じながら  眼に掛りたく  眼につきますからね  眼をひいたろうと思われる  眼をくれて  眼に燐火を燃えたたせて  眼も眩んで  眼もいつに似ず  眼を転じるならば  眼を近づけたりするので  眼で見るだけで  眼の男が開いてゐる  眼に見えつつも  眼に浮んで  眼が眩しさに思い切って  眼をまとまりなく光らしてゐるばかりで  眼だけ狂つた獣のやうに光つてゐた  眼を輝やかして  眼にみなぎらし  眼を輝やかせながら呟いてゐる  眼の前がパッと明かうなったり  眼は近眼鏡のうしろにギョロリと突出し  眼の前がぼうっと霞み  眼にも異様にみえた  眼の輝きは見逃されたとしても  眼は勢一杯の敵意を託されて血走り  眼がさめ  眼は安二郎に挑みか  眼が異様に輝いた  眼は冷たく輝いていて  眼が絶えず敏感に表情を変える  眼づかいに  眼は光った  眼のまわりに皺が目立って来た  眼を注いでいると見えた  眼を据える  眼をしばたいている  眼を僧の方へやった  眼を瞋らしてその方を睨んだ  眼のぎらぎら光る  眼を放さなかった  眼が無くなると  眼をつむればいた  眼をしてゐる  眼を細くしてゐる  眼をく  眼について今でも想出される  眼には矢張その環境にぴつたりはまつてザハリッヒな美しさを見せてゐる  眼について今でも想い出される  眼にはやはりその環境にぴったりはまって  眼をやつたところで橋の向ふ  眼にかかつた三島と云ふ  眼の前には無邪気なおつとりした  眼をやつて見ると  眼を見せた  眼は其所で奇怪な光景を見出した  眼も開け  眼も開けなかつた  眼を据ゑて這入つて来る  眼は譲の顔から離れなかつた  眼はぱつちりと開いた  眼とをひきつける  眼には漢方医者の家を客商売に造り替えた  眼の前には無邪気なおっとりした  眼のせいであったろうと思った  眼をやって見ると  眼はそこで奇怪な光景を見出した  眼も開けようともしなかった  眼も開けなかった  眼は讓の顔から離れなかった  眼はぱっちり開いた  眼をそむけたくなる  眼で見たいと  眼を聯想させる  眼をみはったくらいの  眼のやり場に困っている  眼を見はり  眼が細く吊り上っていて  眼を持って  眼と長い髪とを見た  眼は地におちた  眼は海のなかの不思議な光となりましょう  眼に照り返した  眼のようにも見えた  眼が見つけた  眼は岩をも沈めかくす  眼は海のように変り  眼を疑わずにはいられなかった  眼のふちは灰だみた  眼をやつて北村さんのことを考へだした  眼は此方の眼をまともに見詰めた  眼の前に一めんに立つてゐる  眼をふさいで歩き出した  眼の前に見えて来た  眼のまわる  眼が釣上っちゃって  眼が眩んじまいましたよ  眼を細くして申しました  眼を剥き出して恐しい  眼の前まで来て停  眼を開いてみるて  眼が醒めない  眼が醒めても起き上る  眼に這入りました  眼を覆わしめる  眼ざす人間を私刑せずには止まないだろう  眼を皿のようにしている  眼の前に立つ  眼の色を変えて寄ると触ると  眼を窪ませて  眼を合わせて  眼を眩まして  眼の光がぎらぎらしてきた  眼覚めて後もはっきり頭に残っていた  眼で相図した  眼がくらくらとした  眼と口とを打開いてくる  眼を据えてみると  眼の中が熱くなってきて  眼の中に一杯涙が出てきた  眼から涙をこぼしながら  眼の前にぽかりと浮出してきた  眼を移していったが  眼を四囲にギロギロ移していた  眼はなんと怕しい  眼を外界から遮ってしまった  眼が傘の下から彼等二人を眺めていた  眼から外してうつむいてしまった  眼を潤わせながら  眼は綱へ平行して走っていた  眼を四方へ見張った  眼も気にはかからなかった  眼を閉じてみたり  眼を廻したかも知れぬ  眼をパッチリ明きまして  眼を明けて居た  眼を閉いでしまい  眼の黒いうちは何うしても此の祝言をさせる  眼に角立って  眼がぎらぎら光っていた  眼の前に迫ってきた  眼の前がほんとに真暗になって  眼を覚してきた  眼に涙一つ浮べなかった  眼を通し終って  眼の光が消えて  眼からほろりと涙を落した  眼で彼の顔を見上げた  眼の縁の薄黒い隈取りが赤くなった  眼をくるくるさしていた  眼の中に熱いものがたまってくる  眼を据えながら  眼を光らしながら  眼にははつきりとはその顔が見わけられなかつた  眼は少しぼんやりして来た  眼を横切つたりする  眼となり  眼の前に待ちもうけてゐるかの  眼はちかちかと忙しく光り  眼の光りの  眼をしばたたかれた  眼の前で風呂敷を解くと  眼と唇を閉じて  眼にかけましょう  眼にかかりました  眼に会いながら  眼で見たら  眼に妙なものが見えた  眼を退けた  眼にかけておきましょう  眼から涙がポロリと落ちた  眼で見ていながら信ずる  眼は急に輝きだしました  眼をまるくして尋ねました  眼を注ぎ  眼をパチクリさせた  眼を青白く見開いて  眼は好奇心に輝いていた  眼の前の安楽椅子に旅行服のままかしこまっている  眼の前にその号外を突付けた  眼にうかべた  眼をかえすと  眼の鋭い決してそのあお白い顔をわらってみせた  眼から逃れる  眼にそのさまが浮ぶ  眼をつけるだろうよ  眼に痛い絵模様となりましたので  眼は血走っておりましたが  眼を見はらせる  眼がぱっちりと見ひらかれないで  眼を美しくする  眼をお洗いなさいという  眼をわづらひ  眼とは見られない  眼でみるかを  眼をみはらせる  眼がしらに涙を溜めて  眼のふちを赤くし  眼あきにだけはなりたくない  眼を閉ぢると色は消え  眼や頭や手そのものの存在は確實らしく見える  眼を射るばかりに輝いている  眼の前へ浮かんで来た  眼が冴え  眼で塀の上を見上げながら  眼をすっかり閉じ  眼を正しく向けている  眼をしたので  眼を泣きはらして出て  眼がまい  眼で会釈した  眼にかからなかったけど  眼の中には淀まぬ  眼を微笑ませながら  眼には確かには映じて来ぬ  眼も覚める  眼も寝なかったのよ  眼を微笑えませて  眼の前で加十と眼に余る  眼を見合わせて  眼を無理に押開けて  眼に張りのある  眼を走らしていたが  眼は銅像の方へ注がれて  眼に瞶められて  眼をショボショボさせながら  眼のあたりに接し  眼を見合せ  眼の間から鋭い瞳を光らせ  眼で育ちが知れる  眼を開けて見ていろい  眼や眉の辺が不思議に俺に似ている  眼だけはごまかせない  眼はまるで掏摸のようにキョトキョトしているが  眼はひどく威厳があって  眼で道路を見渡せる  眼を瞋らせ  眼が釣るし  眼のぱっちりとした  眼を瞠らせるという  眼を注ぎながら  眼の上に有明荘の建物が突き立っている  眼を伏した  眼を近付けて  眼を近付けて見たが  眼を近付けて見ると  眼も鼻も唇も一つ一つそれだけで完成し切っていて  眼ざしを走らせ  眼には王様なんぞどんなふうに映る  眼の前の部長の顔がだんだんぼやけて行く  眼を見合わせていたが  眼と鼻の日比谷公園で図太い野天詐欺を働いて  眼の前でこんなことをするなんて  眼に入っただろうが  眼にも触れた  眼を走らせていたが  眼に柔和な光を湛え  眼を伏せながら  眼を放すな  眼にも見えぬほど  眼を白黒にする  眼を見合せていたが  眼を寄せて見ると  眼の下の噴水の池を眺めはじめる  眼の下の噴水の鶴を指さし  眼を閉じていたが  眼が釣るし上ってきて  眼から離れない  眼でそれと見てとった  眼を剥いたり  眼で認められた  眼を走らせる  眼をこすっていたが  眼の周囲に鳴神の隈のようなものが出来  眼をキョトキョト動かしながら  眼をパチクリさせていたが  眼を見合わせるばかりだったが  眼を晦ましたい  眼にはそう見える  眼を晦まそうなんて  眼も当てられないくらいだった  眼を走らせている  眼は火がついた  眼の周りにもおびただしい小皺が寄り  眼で見通す  眼に火がついた  眼を外らしながら  眼の中の光がぼんやりとして来て  眼も離さずに  眼を駭ろかした  眼で人違いだッてえことが判る  眼配せを交しながら  眼の下に三日月の大きな傷痕がある  眼を見合わせると  眼にもつき  眼を病んでおります  眼の悪くなかった数年前にそれを見た  眼が見えないかの  眼で笑ひながら  眼を奪ふ  眼はぎょろりとして  眼をつけられていた  眼が現実の底の底まで見透す  眼にあらわれていると思った  眼が届く  眼を放心した  眼からヤニが流れ出して来ても  眼ばかり向けている  眼覚める快い日も得られる  眼にも感に堪えるほど  眼をうるませた  眼には見えねども  眼も頭も凡て海と一致している  眼を病んで居ります  眼の惡くなかつた數年前にそれを見た  眼を見張るほどである  眼を配つて危害を加へようとする  眼から隱して  眼がつく  眼は冴えた  眼だけ出すと  眼だけで便所の入り口を見張り続けた  眼をさえぎる  眼をもしその時だれかが見たなら  眼は恐るべき  眼はこれを見ていた  眼にはその将来の惨めさに対する涙がしみ出す  眼をさまして起きた  眼を放すと  眼をうすく開いて  眼を開いてみたら  眼も鼻も口もないのっ  眼を怒らして叱り  眼が宙に据わり  眼を外らしたが  眼が宙に据わって  眼に見えないほど  眼がしらに涙を浮べて笑いころげさせる  眼には六尺七寸以上に映る  眼を授けた  眼を睡  眼で追っていた  眼にもすぐにそれがみそさざいであることが分ろうという  眼をもっては観えない  眼でそれを感づいたらしく  眼をあけかかる  眼を覗けている  眼の前に迎えて  眼を奪われるという  眼しか見せていない  眼は二つともいい  眼をしか持っていなかったから  眼でものを見るより  眼が急に風邪をひいてしまった  眼が神を見て  眼は悪魔を見て  眼は何かつまらぬ  眼だけは外に出して  眼を光らせながらいった  眼は涙に濡れていた  眼は同じように潤んでいた  眼は喜びに輝いた  眼はやさしい情味に溢れていた  眼に立たぬ  眼をぱちくりさせたが  眼を閉じるか  眼でそれをするが  眼で笑ったら  眼をしょぼしょぼさせながら  眼を見交した  眼ばたきをつづけてゐるので  眼を歪めて  眼は何うしても閉ぢることは出来なかつた  眼を見据えながら  眼は没表情な白目となって  眼の光も消え  眼を真直に見据えて歩いてゆく  眼が眩むばかりの  眼とを見ると  眼で柿を鑑賞していた  眼に現実以上のものとして映った  眼を開けて見ますと  眼は黄金の色をして光っておりました  眼立ちすぎる  眼を惹きつけてゐた  眼の前は暗澹としてゐたが  眼にはどう映る  眼は何かを探す  眼は暫く暗闇のなかでぼんやり戸惑つてゐる  眼もとどかない  眼が僕を見つめ  眼には今迄と世界が変つて来た  眼はすぐその手紙を見つけ  眼につかないと思う  眼にとまらないなんて  眼の玉がとび出る  眼が弱くて困るといい  眼の玉をブスリとやるか知れない  眼の前に現はさうとした  眼をつむった  眼がじろりと光る  眼は真直に前をみつめて  眼も見る  眼をつむって思った  眼を宙に見開いてるだけの  眼をあけてみただけでした  眼を開けたり閉じたりしました  眼がさめました  眼とを打ち開いた  眼を見開きましたが  眼はダルヰンが論を守りても事足るべけれど  眼を持ちたる  眼に怪しい光を与えて  眼に立ち塞がつた  眼には涙が溜つてゐた  眼を覆  眼を凝した  眼の上の薄緑色のカーテンは明るい光りを含んで  眼も有り  眼の近くに居たら  眼を一ト筋縄でも二タ筋縄でも縛りきれぬ  眼の皮をたるませて  眼に入ったほどの  眼ざし鋭く再闘を挑んだ  眼からはハラハラと涙がこぼれた  眼を張って窺って居た  眼には明々白々に看えた  眼は光って居たに  眼の外へ出た  眼と眼に思い入れ宜しくあって  眼の底に冷然たる笑を湛えて点頭き合ったに  眼に物見せて呉れんと意気込む  眼を見張らさせた  眼を快うした  眼の睛は一ト月に三たび処を易えまする  眼は斯様な恐ろしく長い脇指を指している  眼を皿にして  眼の前に現れてゐる  眼深く被つてゐた  眼に熱いものがつきあげて  眼を閉ぢてゐると  眼には眼でまるで天使のような優しさがこもっているし  眼のところへ垂れかかっている  眼をとじました  眼が信じられませんでした  眼で見たいとは思いません  眼こそ見えないが  眼のまえに見るほどの  眼をしていますね  眼を高くあげると  眼をこすりこすり  眼にハッキリした  眼は眩んだ  眼が闇に慣れてきた  眼をあてて  眼の敵にしてる  眼を僕にそそいでくれる  眼が鋭い光を放ってるのに  眼の前に現われてきた  眼がこちらを覗き込んでいた  眼を外らして考え込んだ  眼を輝かしていた  眼の縁に肉の落ちたらしい  眼と大入道の左の眼とを持った  眼の置き  眼だけで笑っている  眼が眩む  眼を濡ましてる  眼を異様に輝かしていた  眼のように感ぜられた  眼へ飛び込んできて  眼の中が熱くなった  眼を定めてると  眼で彼の方を見守っていた  眼を避けながら  眼を開いたり閉じたりしてる  眼が引吊ってると思われる  眼から額が父親に似てると  眼の肉が落ち  眼と差出した  眼の前に浮出してきた  眼が大きくくるりとしてる  眼が据っていた  眼が据った  眼で追う  眼の前を塞いでる  眼の前が真暗なものに閉された  眼にはっきり見えて来た  眼の中が熱くなってきた  眼の奥で微笑んでいた  眼を見据えている  眼に険を帯び  眼を覚したって構う  眼の中を覗き込んできた  眼の光を二三度ちらちらさした  眼を一つ所に定めて  眼が馴れてきて  眼は皮肉な色に鋭く輝いていた  眼が彼の心に喰い込んできた  眼から涙が出て来た  眼を通して見た  眼の中に漂わせて  眼の中に嬉しそうな微笑を躍らせながら  眼が宙にすわって  眼も馴れると  眼をくるくるさせました  眼が大きくなって  眼のあたりに見せ付けられた  眼の返礼を独占しようとする  眼のところが窓わくにとどくぐらいな  眼じりを下げていさえすれば  眼の前に見て  眼をぎょろぎょろと光らしていた  眼をむいて怒鳴りつけた  眼の下にまで延びた  眼がさらに一層意地わるく光った  眼の敵にし  眼には画ける天女の微かに笑を帯べるが如く思わるる  眼の奥には又一双の眼があって重なり合っている  眼に遮  眼に聚まってくる  眼を翻して  眼の如く光る  眼が遠慮なく部屋の中へ進んで来る  眼をむける  眼を放たずに答える  眼はまだ盾を離れぬ  眼は猶盾を見詰めている  眼をパチパチさせてみたが  眼をパチパチさせながら  眼が醒めたら  眼に涙を一パイに浮か  眼も離さずに見張っていた  眼にかかって聞いてみると  眼を大きく大きく見開いて  眼かくしをしなけれや  眼で見られてゐた  眼の前に新しい女が現はれる  眼の敵にして  眼は涙ぐんだ  眼にうっすら涙を浮べて  眼をまわした  眼に角を立ててききました  眼ざしでおさやは坂口の爺さんを見た  眼くばりを表の気配に向けていた  眼を指差した  眼はまだ見開いた  眼をよそへ向けた  眼を向けたら  眼もあけられず  眼を最高の眼とする  眼に会う  眼を向いて  眼が釣り上って  眼をぬく  眼の図抜けて  眼が陰険に光った  眼を掛けてやっている  眼によくは見えない  眼に泪を浮べた  眼をとじると  眼と足に負傷した  眼がかすんで  眼はだんだん見えなくなるばかりでしたから  眼は見えなくなってしまいました  眼がちらつくといって  眼のようにぴかりと光る  眼の睫毛にさわりました  眼のように光る  眼は猫のように光りました  眼の光った  眼は暗やみの中で光らなくなりましたので  眼が前方に突出して来る  眼が助からぬという  眼に燃える  眼をずぶりとつき刺しておりました  眼はつぶれただけですみましたが  眼が覚めてみると  眼などは中に銅線が幾重も張つてあるかの  眼につけ  眼をはなさない  眼を炯々とひからせて  眼をはしらせた  眼くばせしてから  眼をぱっと開き  眼をぎらぎら光らせながら  眼をむけられない  眼をぎゅっとこすりあげ  眼がみえなくなった  眼を開いてゐて  眼によって見れば  眼がじっと覗き出す  眼覚めながら息をひそめた  眼覚めの息を吐きつくして  眼覚めて起き上る  眼を見開かせる  眼が深く凹んでゐて  眼で互に顏を見合せて  眼で上村を見返りながら  眼でみんなを見下しながら  眼の血管にかつと  眼に涙が染んでゐる  眼のまえに在る  眼が足もとへいってしまう  眼に涙を誘う  眼を放していて  眼の上へ手を翳して  眼を星のようにきらきら光らせておりました  眼を隠して  眼をくらませるが  眼に僕がそんな卑しく見える  眼をきらきらさせながら言った  眼をそらせながら  眼で睨みつけながら言いつづけた  眼ざしでチラとこちらを見上げて  眼でこちらを見上げながら  眼にかかれぬ  眼でまともとこちらの顔を眺めた  眼の中を覗き込みながら  眼で眺められる  眼は一度にかれの  眼をそそがせていたが  眼で見届けない  眼が眩んだといいながら  眼をかがやかしながら答えた  眼は兩方ともに血走り  眼でも突つかれては  眼を擧げると  眼の前をぱつと飛んで行きました  眼の縁を残して  眼は急に光つて来た  眼が冴えての  眼をさましや  眼をくばつて  眼ざしをしている  眼が落ちくぼんだり  眼に涙がたまって居る  眼がくっつき  眼へ這いこむと  眼はぎらぎらして  眼をあげてみると  眼はやっぱり自然にくっついて  眼をむきだして  眼のなかでちらつき  眼をやさしく撫でて  眼へ這いこんで  眼を見すえて  眼には涙が浮んで来た  眼にふれる  眼やにの出る  眼ばかりこすっていた  眼の前にはたちまち太秦あたりの光景が画の如くに浮ぶ  眼に羞恥の情を見せる  眼を瞠いて  眼を以て小説を見し  眼にはそれほど著しく映らなかった  眼を伏せるだろう  眼を視開いてゐた  眼をパツチリと視  眼を閉ぢて見せたりした  眼醒しさを感じた  眼醒しさを思へば  眼ざしをそそいでいた  眼をあけて立つた  眼を半分開けて  眼をそらしながら  眼も口も鼻も見わける  眼で視た  眼を向けてゐると  眼で壜を眺めてゐたが  眼ばたきもしない  眼ばたきを消し  眼が妙になり  眼をそそぎながら  眼がくらんでゐた  眼をつぶつて見せました  眼をなくして  眼の高さまでさし上げ  眼に着くが  眼を注いでいる  眼を私の上に向けた  眼につかなくなるだろう  眼と鼻の間に住んでいる  眼でじっと自分の心を眺めている  眼の前に浮ぶくらい  眼によく着く  眼にはその白い顔が大変美しく映った  眼に涙が滲み出る  眼を絶えず彼の上に注いでいた  眼に浮かばない  眼で見渡して  眼が灰いろになってしまっていますし  眼が冴えて眠れませんでした  眼をさますという  眼から泪をながして云いました  眼が灰いろにな  眼をさますといふ  眼から泪をながして  眼の前で花々しく行はれた  眼にはまだ今迄の急がし  眼を前方に注いで立つてゐる  眼に馴れた  眼が疲労を感じて痛むばかりである  眼が疲労して  眼を知らず  眼には少しもあせっている  眼の前のイモは五分前とも三十分前ともすこしも変らず  眼が会ったら  眼が内をのぞいた  眼であったとわかった  眼に遠い空を見つめつつ  眼を打つた  眼との間の恐ろしく暗い彼れの顔が其処へ表れる  眼を竪にした  眼は心持ちうる  眼を奥底から光らした  眼は一層そのうるほひを増し  眼は急に涙の湧き上る  眼のようなものがあった  眼のような穴から出ている  眼に見えないが  眼にも停  眼は淑やかとなり  眼で追ひ  眼のやうに遥かを見遣  眼のくらんでいる  眼までをも請うが  眼の前で開けて見せなければ  眼に触れながら  眼をきらめかして止めて  眼を眩ます  眼に触れなかった  眼には這入らない  眼の前に立ちふさがって  眼をさまさせない  眼を以てするは  眼に映せば  眼ばかりは見る  眼を潜って  眼を凹ませて死に  眼とも云わず  眼には涙も持たずにいた  眼は田舎の児らしく野性的な激しさが輝いてゐた  眼とが西洋の子のやうに接近してゐて  眼と声は笑った  眼を見あげておりました  眼ぶちを赤くふるはして居る  眼ばかりが馬鹿に鋭く輝いていた  眼が異様に輝いていた  眼はいつも冷かな鋭い光りを持っていたが  眼には赤いものが見えた  眼の中を見入った  眼をじっと見入った  眼と信頼の頬とで彼に微笑んだ  眼で室の中を見廻した  眼を覚そうとしたが  眼から涙が出て来て  眼はそれに裏切って  眼がその顔立によく調和していた  眼が赤く充血している  眼を瞬いて  眼を閉いだ  眼の中に残っていた  眼に湧いて来た  眼は赤く脹れ上っていた  眼で見上げた  眼をつむっていたが  眼がはっきりとした  眼からは涙が零れた  眼の前へ女の姿が見えた  眼の前に城市が見えてきた  眼に涙を溜めて立っていた  眼をしたりして  眼のやうになつてゐたので  眼は閉ぢてゐる  眼が痛んだ  眼もどうやら暗い方へ近づき始めたのであらう  眼の前に現はれて来た  眼にその焔を映した  眼はもう光りを  眼はこの頃から既に光りを失ひ始めてゐた  眼を涙に曇らせ  眼を瞠りて見詰めゐたりしが  眼もきりて  眼をしばたたく  眼からは自分でも思いがけない熱い涙が溢れ落ちた  眼でちやんと看ておきたかつた  眼には特長があった  眼に一寸興味を惹かれた  眼を見張ってから  眼をやってる  眼の前に浮んでる  眼の前に押し寄せてきたりして  眼の輝きを失わなかった  眼に現われてきた  眼で私の方をじろりと見たが  眼の光も消えてしまった  眼は輝いてきた  眼を外らしながら云った  眼に見入った  眼は黝ずんでじっと据っていたが  眼だけが異様に輝いていた  眼を見合せたが  眼も頬も口も冷たくこちこちになってしまった  眼は憎悪に燃え立っていた  眼を離したら  眼に残ってる  眼には澄んだ  眼の光がむき出しになってきた  眼をじっと見開いた  眼をパチパチさせていました  眼をパチパチやらかしてますよ  眼をどれほど得意でいたかは  眼をよせると  眼を走  眼をあけてゐられなかつた  眼の中でも算盤を彈いて  眼が光るので  眼とを見合はせてゐた  眼が覚めてから  眼の前に黒く切っ立った  眼を掠めて過ぎ去りつつ  眼の前を照らした  眼を擦ると  眼の下に見れば  眼を染めた  眼の前へ落ちて  眼を何度となく射られた  眼の下に橋が渡してある  眼が平になるほど  眼の底に陳列さしていた  眼の前に浮んでくる  眼を開ける  眼隠をしている  眼の中へ飛び込んでくる  眼には即時の疑問として起る  眼がすっきりと静まった  眼を慣らす  眼は舞台の華美にあらざれば  眼には芳年流の美人絵を以て最上の美術と認むべし  眼を開けてゐて  眼の焦点を合はせる  眼がすこしいけない  眼で正面を見る  眼はジッと憎悪をこめて  眼がまわっただけだ  眼で遠くを見て  眼がすわっている  眼で皆を見る  眼をむきだして聞いていた  眼をさましてくれたまい  眼で見まわす  眼が飛び出し  眼が釣りあがって来る  眼がキラキラと光って来る  眼をやられた  眼をギッシリとホウタイした  眼も開きます  眼はこんなふうになったけど  眼で妹を見て  眼で友吉を睨んでいる  眼は普通に開いた  眼がさめねえ  眼がいくらか見える  眼をこらす  眼には脚下の村の存在は断じて見出せなかつた  眼の玉がとび出るほどで  眼を開けば到る  眼が冴えて睡れなかった  眼と季和の眼が合った  眼もひかずに見ていた  眼にも口元にも何の感興も動いていず  眼を傷める  眼に止つたら内心おやツと打ち驚くかも知れない  眼も見えなくなって  眼を離そうとしても離れず  眼には殆ど必死らしい熱心さがある  眼ばかりに見える  眼が利いて  眼の前を女が行く  眼は死絵を見  眼についたは  眼にあたる  眼には隆盛に見えるかもしれませんが  眼をさましたが  眼をつぶす  眼をつぶしただけでは  眼を失くするだけですむ  眼に浮んできました  眼にうつったので  眼の前にストラルドブラグの例を見せつけられている  眼をくばりながら歩きました  眼で制しながら  眼をつぶったりしようとすれば  眼につくという  眼覚し時計が平和なメロデイを奏ではじめる  眼覚しを直してるわ  眼は捷くかがやいた  眼を据えてやりきれないという  眼の前の共同墓地に新らしい墓標が二三本殖えてゐた  眼にはみのるの笑顏が底を含んでる  眼に食卓の白いきれが靡いて見えたばかりで  眼は眞つ赤になつてゐた  眼から涙があふれた  眼の底に現はれてゐる  眼には又新らしい涙が浮んだ  眼を遮つていつた  眼の前から消えなかつた  眼を赤く腫らした  眼はいつまでもこの娘の姿から離れなかつた  眼のうちにすつかりと包まれてゐたので  眼が知らず  眼にあふれてきた  眼に漲らして  眼を眞つ赤にして  眼の前に色硝子の破片を降り落してゐる  眼には血がにじんで  眼から又涙がみなぎつて落てきた  眼にあり  眼にいつにもない冷めたい  眼にはもう涙が浮いてゐた  眼が多くの時間みのるの机の前に光つてゐた  眼が晝寢でも爲てゐた  眼に義男は心を惹かれながら  眼を隅から隅へ動かしながら  眼の前には直ぐ義男と云ふ  眼の底に閃いてゐた  眼はいつの間にか涙含んでゐた  眼の前から遠い空との間に一とつの光る  眼ばかりの女の顏が上に向いてゐた  眼が広くなり  眼に見えぬだけに  眼の迷いかは知らぬが  眼の前にその大きな不幸を見た  眼が三つある  眼ともいい  眼の前に大きな川が出来て  眼の記憶として残っている  眼の八つある  眼の前に入用のない事物や諺を覚え  眼を蔽い  眼を細めてゐる  眼を押し開いて  眼で一寸睨まれたら  眼に涙と成って浮ぶので有った  眼にも謎で有ろう  眼の凄さと云ったら  眼カッと見開いて  眼差す加利福尼亜へ着いた  眼を覚まされた  眼を垂れた  眼を閉って考え込んだが  眼を堅く閉じた  眼には映らない  眼の前でパッと開いた  眼を円くしたが  眼の前にこんもりとした  眼も見えず  眼にも妥当な法律の適用でないという感情をもたせた  眼をあげて見た  眼がひらかれた  眼と私の心の眼がぴつたり合つて霊が握手した  眼を紛らわしていた  眼もうすらぐ  眼にもう涙を一杯ためて  眼がしらに涙がにじんだ  眼もさめる  眼で二人を見おろして居る  眼の生々しい輝きに時折り想い詰めた  眼を見合わすと  眼を輝やかし鞣皮細工のような形の宜い  眼をまたたきながら  眼ざしを宮坂の横顔に向けた  眼を学徒らしく瞑目していた  眼をポックリ開いて  眼に物見せて呉れよう  眼を高く離れた  眼で月の姿を見ねばならない  眼に三人の役者を見  眼や口の表情で感情をあらわしたり  眼を徐ろに開くと  眼からほとばしつて  眼のふちを真赤に染めて  眼のなかで燃えてゐた  眼をキラリと光らせて  眼のなかの闇に起ち  眼に強度の近眼鏡をかけてゐる  眼をきつく伏せ  眼で実見してた  眼はだんだん開けていつた  眼と頭を休息させない  眼がちらちらします  眼の前に展げられてゐる  眼をそらしてゐる  眼をすり寄せている  眼を以てこうつづけた  眼で彼女を見た  眼ざしで俺を見ながら  眼の前に押寄せて来る  眼からは涙が力なくこぼれ落ちた  眼も鼻も埋めて仕舞い  眼は必して  眼は持つ  眼に見つめられる  眼をふさいで仕舞った  眼は性質の愚鈍なのをよく表わして居る  眼は倍もショボショボになって居る  眼をすぐ祖母にうつして  眼でよく見て  眼が馬鹿になって居ます  眼と低い鼻と両端の下った  眼がすばしっ  眼の中さあ入れたいほど  眼も亦それの様に細く気がよさそうにだれて居る  眼をかがやかしながら云う  眼で眺めてゐる  眼で眺めてゐた  眼のしたに  眼のほとりをいっそうぽっと赤くして  眼をくるっとまわしてみせた  眼をふたつ乍ら煙った  眼もおそれを知らぬ  眼を更におおきくして  眼にもとまらぬくらいの  眼の高さまでささげ  眼が坐っていた  眼とがまざまざと想像に浮かび上がって来た  眼にあてている  眼の光りを観て取  眼を開いていつた  眼にとまらなくな  眼に見え出した  眼に付かぬ  眼立たぬ態度で拾って来る  眼を凹ませて立つてゐる  眼は落着を失った  眼が悪戯児のように光った  眼が向けられ  眼に答えた  眼くばせをし  眼を凝らしてみると  眼を見上げた  眼の中には判断に迷つたらしい色がただよつて居た  眼のまえで投げ出しました  眼のまえに見ていながら  眼のうえを少し腫らしていましたが  眼の前という草津の宿に這入る  眼にはなんにも見えないので  眼にも露が宿る  眼にはほんとうに見えた  眼のさきの躑躅園まで客を送って行こうと  眼をあいて見まわしたが  眼がぼうとしている  眼のまえに浮んでくる  眼のまえに見えます  眼のさきに浮び出しました  眼に止まっては  眼から涙を幾たびか零すと云います  眼のなかに錐と云おうか  眼をつぶるという  眼が一度に出逢うと  眼に残っております  眼に初めてはっきりと映りました  眼の前に置きました  眼が眩むほどに驚きまして  眼をあげてうか  眼をつけていたので  眼も呉れずに  眼が普通の美人画では嫉妬というものが美しく強く出せないので  眼の白眼の所に特に金泥を入れている  眼から見ましたなら  眼から見ますと  眼の前へ浮んで  眼を外らせて行く  眼と云ひ  眼を目がけて飛んで  眼に立つて  眼を遮つた  眼に映りました  眼で尋ねました  眼のあたりに眺めました  眼のくばりには  眼だつて事あり  眼の中と云ひ  眼を放さず  眼も離さず  眼を持っていた  眼を男からはなさずに  眼をしてましたわ  眼をまるくして  眼を地上に落した  眼の中をくぐって  眼は生来自由に度を変更し得る  眼を隠してながめると  眼の前へ浮んで来る  眼を目がけて飛んで来ます  眼に立つて参りました  眼も放さず  眼の前に置き  眼の前の会席膳の食品の鮮やかさに強て念頭を拭った  眼を悦ばせ  眼の前にぐいと五大力の苫を葺いた  眼の前見渡す  眼が涙を拭いた  眼を眩しそうに云った  眼を炯々と光らせながら  眼にとまっていた  眼のように涼しく開けて  眼が開きかかって来たのに  眼を押えた  眼を慰めていた  眼を瞠って膝を立てた  眼が離せなかった  眼のように竪に開いていた  眼を押えたが  眼を柔かく見返していた  眼が曇った  眼にもつ  眼に浮んでいる  眼にもとまるほどであるから  眼を赤くして居た  眼に涙を一ぱいに溜めて  眼ざし定まりて  眼に感じは変るまじ  眼の動かん  眼の性か銀座で見たりや  眼がくもる  眼に涙のうかぶ  眼をつぶっても  眼でおどおどと彼を見て  眼には身のまわりにある  眼からは涙がとめどなく流れるけれど  眼がさめきらないので  眼からあふれて  眼の前の看板の文字を数へてみて  眼に一丁字もない彼女が何をする  眼の凹みから溢れて流れた  眼の高さ位のあたりに手首の這入る  眼の前に姉の痩せ細った  眼を眩わすくらいの  眼くばせをしながら  眼が眩み  眼の前に宝石のケースを持った  眼を欺くに足るほどの  眼に会わされるかも知れないよ  眼の底にチラ付いております  眼が痛くなるほど凝視している  眼も眩むほど  眼をジッと澄まして  眼の前の暗の中にソロソロと這い込みはじめた  眼を抉り取られたり  眼を大きく見開きながら  眼に気勢の欠けた  眼を以て見れば  眼をまっかにして  眼を人間一般の弱点の上に向けて  眼にふれなかった  眼が見えぬ  眼は涙を感じた  眼を瞑って云った  眼もみんなそっちへ向いて  眼にはいりましたので  眼もみんなそつちへ向いて  眼を覚ましていようといまいと  眼をぎょろりと光らせた  眼が赤くただれていた  眼をしょぼしょぼさせていた  眼に沁みるばかり  眼をみつめていた  眼をおさえた  眼に涙を一杯にためて  眼に辛く沁み  眼の廻りに隈を取  眼に入らなかつた  眼でながめてゐた  眼をしば叩いては  眼に立たない  眼遣ひで眺めまはしてゐた  眼に涙が滲んでゐた  眼には穏かな光があった  眼を刺激した  眼で笑っていた  眼の中を見た  眼をうるまして  眼を白黒させるが如き  眼を据ゑて虚空を視詰めた  眼の前に見つけて  眼でごろうじて下せいと  眼で見ていて下されば  眼の注がるる  眼を楽しまし  眼には仲見世と奥山と六区とにかれ  眼をわずらって  眼立たぬようにする  眼がつぶれて  眼を投げ  眼をしてゐます  眼は敏感にはたらいた  眼だつたさうです  眼の前の屍体の一つを見つめてゐたさうです  眼だけがそんなふうに古島さんの印象にはつきり焼きついてゐた  眼ざしも現にこの目で見  眼のくりくりした  眼を覗いた  眼を伏せましたが  眼が合つてしまひました  眼のことは前にも書いた  眼はぎらりと不気味に光りましたが  眼のなかを一心に覗きこんだといふではないか  眼をねむつてばかりもゐられません  眼と眼がぶつ  眼をそらしましたが  眼で見てみれば  眼にうつつた姉さまの表情だつたのかも知れません  眼を据えながら云った  眼には率直な澄んだ  眼を覚したり  眼に突然厳しい光りが現われた  眼で見てきてあげた  眼で一寸会釈をしながら  眼を通したり  眼が細くなってくると  眼が急に大きくなると  眼から言っても  眼のお正月をさして戴きませうと  眼にもつきて  眼に満ち充ちて  眼の中には明かに不快に近い曇色ある  眼で考える  眼を凝らしていた  眼と眼とでそれを聞き分けようとしていた  眼のうちにおさまり答えた  眼にうつらなくなる  眼をみつめた  眼をしばたたいては  眼がかすんでしまって  眼をふさいではならぬと思ふ  眼をすゑて見直す  眼と唇とで笑った  眼が兎の眼のように赤かった気がし  眼を養わなければならぬ  眼を養わねばならぬと言ったが  眼が肥えるに従い  眼の前の停車場がずるずると後ずさりを始める  眼の前へ浮んで来た  眼をくぎって行く  眼で眺めていた  眼のいろさえ  眼をお稲にあつめて  眼でなで廻して  眼のわるいくせにして  眼がうごいた  眼で見ていたらしいが  眼がまわって  眼だけを上げて  眼はわからなかったが  眼をこすりつけた  眼が霞んで  眼をあけたが  眼を閉じてしまった  眼に映していた  眼だけが温かくなって来た  眼にも熱いものが湧いて来た  眼覚めさせる  眼の中へ這入つて来ない  眼について来る  眼も腫れ塞がつた  眼の敵にされていたので  眼には頑健な彼の姿のみが映る  眼を輝かしただけで  眼は的確に現実を洞見し得たが  眼と心とを以てもう一度直視する  眼の底に残っているわ  眼で滋子の顔を見つめながら  眼を細めてながめながら  眼にうつむいて  眼を視合せたり  眼には涙が溜つてゐたが  眼には涙が溜つてゐたぞ  眼からは滝の涙が流れ落ちるでありませう  眼にうつ  眼の前へやって来たかの  眼を俯せて凝と  眼をぱちぱちさせながら拭き始めた  眼を心持大きくした  眼の皮が弛んで見える  眼を付けて  眼の長さが顔の幅に比例しないとか  眼に見えているから  眼の前に浮べてみると  眼遣を見た  眼を認めて  眼が血ばしっている  眼に付いてならない  眼が冴えてしまう  眼にはそれがぱっと映じただけで  眼を通さない  眼を醒まさない  眼も赤くしていた  眼に訴えてみて  眼に映ずるかと云う  眼を刺してならなかった  眼を醒まして起き上がっても  眼ま苦しくなったので  眼は常の如く輝を帯びて  眼と顎で招かれて  眼を俯せた  眼をしきりに摩った  眼を眠って  眼に映じて出なかった  眼を正して  眼を有していた  眼を通さないで  眼を頁の上に曝していた  眼で合図をした  眼の中に涙を溜めていた  眼を代助の上に注いだが  眼の前に控えている  眼を寄せて  眼のつづく  眼がぎらぎらした  眼の眩うまで嗅いだ  眼も眉も口もぴたりと活動を中止した  眼は代助に随いて  眼を三千代の上に据えて  眼を相手から離さなかった  眼に残った  眼を働かした  眼も口も固くなった  眼のあたりに縮めた  眼を以て寺尾を迎える  眼を外面に着けながら  眼を擦すった  眼が付いていて  眼は漂泊者の上に来て  眼の前に持って来た  眼の中にも若い沢が宿っていた  眼を空に据えて  眼と眉を動かした  眼を代助の上に据えた  眼のうちに狂える  眼がぐらついた  眼はちらちらした  眼が輝いてゐた  眼は落ちくぼんでゐたし  眼をとめられい  眼に角を立てる  眼の開いた  眼を閉て居る  眼の前へ突き出した  眼がぐらぐらして来た  眼の前でうごかしていました  眼でほほ笑んで  眼を見上げている  眼を漂わせていた  眼で何か考え深んでいるらしかった  眼の表情はいつか母親の眼の上にもあった  眼に何が映ったか  眼を遣ったが  眼を刺戟する  眼をしていたのに  眼をいくどもいくども見た  眼ばかりが見えてくる  眼を室内へうつしたら  眼の光があった  眼で父親をそっと穏やかに見上げた  眼をみた  眼を何と久し振りで見た  眼がいつの間にか自分に馴れなくて  眼をそっと見て  眼を丸くしたよりも  眼のあたりに浮び出すかの  眼にとめていませんでした  眼は輝き  眼で見られていました  眼を光らしてるだけで  眼を配りました  眼を空想的に見開いてるだけで  眼をふさぎました  眼を以て見られた  眼を杜先生の方にチラリと動かした  眼が少女の緑茶色の袴の裾からはみだした  眼を皿のように見張った  眼を持っていたのネ  眼には泪が一ぱい溜っていた  眼をクワッと開いて  眼の中から見のがさなかった  眼の奥から湧いてくる  眼かくしをした  眼を下に俯せた  眼で杜を見据えた  眼でもって追っていった  眼をつぶつて聴いてや  眼をあけてれば  眼に繃帯をしてゐる  眼をどうなさいました  眼にしみ付いた  眼のあった  眼ばかりパチクリさせていた  眼が見ている  眼の有つたのは全く余り有り難くありませんね  眼を据ゑて其顔を見詰めた  眼ばかりパチクリさせて居た  眼が見てゐる  眼が痛む  眼には確かに強く人を牽きつける  眼じゃ無えと思った  眼をかすめながら  眼が霞み始めた  眼をつけて居た  眼にぶつかった  眼ならショパンの顔に着けても似合うだろうと  眼の前に置いて  眼をぎろっとむいて  眼から贅沢水を流す  眼から耳にかけた  眼の前の船渠を指差しながら口を切った  眼の前の海の中へ這入って行った  眼に逢わなかった  眼でとつくに見抜いてゐて  眼にはうつらなかつた  眼をそそぐ  眼を向けはじめた  眼を庭さきの闇にそらしてゐた  眼のやうな臆病さを含んだ  眼覚めてゆく  眼で宏を凝視しようとしてゐたし  眼で真弓をみつめてゐた  眼の色が西洋人のやうに碧くなる  眼にかげらせたかと思ふと  眼にとまらなかつたのにちがひない  眼を注いでゐたが  眼がわからないの  眼を白い砂に伏せた  眼の遣り場に困つて  眼にも止まらない  眼や手やを働かせるので  眼のたまが融けてはしまはなかつたの  眼の前に揃へて眺めはじめた  眼を蔽ひか  眼を閉ぢてヂツとしてゐた  眼の前を色々な美しい店先の光景がぐるぐるとめぐりはじめた  眼のなかを不思議な炎が燃えた  眼にとまるかとまらない  眼を衝いた  眼を視張るなよ  眼で沖を眺めた  眼を落すべく  眼のやうに凝  眼を挙げ  眼を合はせて  眼に色ガラスのようなものでもかかった  眼をさましている  眼が異様に光って  眼で読んでみても  眼をたのしませる  眼に掛りたい  眼が艶かしい  眼で弓子を睨みつけた  眼附きをした  眼でじっと鶴雄を見つめた  眼の中まで赧くなった  眼は情欲的に輝いていた  眼で鶴雄の横顔を見つめた  眼に掛れ  眼は瞬間豹のようにピカリと輝いた  眼に会わされたので  眼がうるんでいた  眼に掛らねばならぬ  眼で君勇の横顔を見ていた  眼の前をよぎって行ったので  眼を細めてしまった  眼はギラギラと燃えた  眼に合わせた  眼だけ嫉妬に燃えながら  眼の中まで赧くなりながら  眼に会わせても  眼に掛ろうとは  眼は妖光を放ち  眼を光らせて通りすぎた  眼で見られてゐ  眼も普通の破廉恥罪と政治犯とは大分違つてゐた  眼で何かをさがす  眼をして見てゆくわね  眼をしなければならない  眼には一杯涙をためて  眼に一杯涙をためて立つてゐた  眼をぢつと彼等の上に据えた  眼がギロリと暗い中で光つたと思ふと  眼を惹いてゐた  眼した三間のあたりに現はれた  眼にうつつた狭い船室の内部は思つたよりも煌々として居  眼を真昼の星宿の方へと投げた  眼を開いてゐた  眼のすきから誘惑に満ちた  眼を開いてゐる  眼は力無く終夜閉ぢられてゐる  眼をさまして立ち上る  眼を見合はせ  眼は何も見てゐない  眼を見合ふ  眼の下の骨が見えるよ  眼は耀を増し  眼にあてて泣いている  眼に見えて来る  眼は炬火の如くに燃え  眼を疑る  眼に銀鱗の飛躍を夢み  眼からぬけて  眼を白黒して急き  眼を開けよ  眼に浮かせなかつた程  眼にはこの頃涙が絶えません  眼を放てば  眼が覚めてから睡し  眼の濁った  眼にのみ聊かの風趣を覚えさせるばかりである  眼に嬉し涙を宿らしめ  眼を外らさない  眼の光の中に漂つてゐる  眼を海の方に向けた  眼をしかめたり  眼だけは大きく開けて  眼を閉ぢし  眼を雀部の髯面に移した  眼ばかり光らしてゐますがね  眼で笑つて言ふ  眼を玄関に注がせた  眼ばかり熱っぽく光らせた  眼をぎょろつかせ  眼を瞠いていたという  眼をひからせた  眼付して二人を見て笑った  眼の中には劍を藏つてゐなければならぬ  眼を覺した  眼の上の濃い眉毛が何となく陰鬱に見えました  眼を浸す  眼の下のあたりに熱味がのぼり  眼を見入りました  眼はかう  眼からは更に冷たい涙がはらはらと枕に落ち散りました  眼の光の中に漂っている  眼は人を見てゐるけれども  眼を皿にする  眼の三つまではいった  眼は脳心のほうにしゃにむに引きつけられて  眼から熱い涙を流しながら  眼に映じて来る  眼で真に人生の可能を探ろうとすれば  眼で読むだけの  眼がごまかされた  眼の光りに  眼をじっと伏せた  眼の前のようでもあった  眼に映って来た  眼を円くするやらした  眼は華やかに輝く  眼ばかり光らせて  眼を悦ばせる  眼に一ぱい涙を溜めていた  眼にも見えて来た  眼の放されない  眼を放せ  眼から消えた  眼が覚めてしまって  眼を家の台所にまで向ける  眼は眼面におげんの方を射った  眼が非常に驚いた  眼に映らなかった  眼に光って見えた  眼にいつも僕自身を曝らしている  眼を放さずに  眼は一度でも青年達の方を見る  眼の待っていた  眼の下の町を眺めていた  眼の前でそんな窓が開いていたら  眼が惹かれた  眼を外らせた  眼がふと先ほどの病院へ向いた  眼が再び崖下の窓へ帰った  眼がね  眼に涙を催させる  眼はひかり  眼にきっと光を見せたが  眼はみるみる光り  眼のかたきである医者征伐を標榜し  眼もヒステリックに釣り上がって  眼にあまるくらいだったから  眼の前で見せつけられると  眼のうらに熱くちらついて  眼のたしかさを思はせる  眼のみに全神経を集中させて  眼に映ぜざる  眼をつぶらねばいけない  眼を疾んで医師から読書を禁ぜられる  眼立って来た  眼の前に破裂する  眼の前に浮んで来て  眼に付きました  眼に死際の苦悶を見せながら  眼にしますと  眼だけが狂人のそれのように血走って  眼が一番怪しい光を放った  眼を大きく開かない  眼近い夾竹桃は深い夜のなかで揺れはじめる  眼が覚めては  眼の前の小部屋の障子が開いていた  眼がこちらを睨んでいた  眼をごまかせるかも知れない  眼をじっと見つめて  眼を見据えていると  眼をぱちくりさしておれの顔を見た  眼を養い育てるには  眼をそらしながら言った  眼に押しあてている  眼を投げた  眼に泪が一ぱい涌いて来た  眼の前にあらわれたので  眼はくもってしまった  眼を閉じさせる  眼の青い娘がゐる  眼には触れぬと思う  眼に送る  眼には涙がにじみ出て来ました  眼に冷淡な薄情な男として映る  眼を上げて黙って  眼の内には一撃に私を打ち砕き  眼を移して下さい  眼は空洞になろうとする  眼が悪いからこそ起る  眼を身体の中心線の方に寄せる  眼にて見れば  眼が眞赤に充血して  眼を白くし  眼をもって見た  眼が鋭さを増さない  眼は外形の特性をのみ見て  眼の開く  眼を開いて見る  眼は自然に対してふさがっている  眼だろうと思う  眼をくっつける  眼の円い小悧巧そうなところがあった  眼の光に働きかける  眼を思わせる  眼の底深い男が立っていた  眼に映じ来る  眼とほぼ同水平面にある  眼だけが注意の焦点となるのに  眼はそんなに問題にならないで  眼を少し大きく見過ぎている  眼を少し小さく見過ぎている  眼が似ている  眼の相違で同じものの長短遠近がいろいろになったり  眼の前に浮んで来るので  眼が本能的にあなたの方へ向かいます  眼を通したりしてはいられなかったであろう  眼の前に殺されている  眼の中を覗き込む  眼の中を促す  眼配しながら玄関口へ出て行った  眼が馴れるにつれて  眼に余るというよりも  眼を見ました  眼を見返しました  眼がありました  眼を細めて飲みほし  眼に入れました  眼のない人間の群は眺めていて  眼に描いただけで  眼で制する  眼をうるませる  眼をふく  眼で知らせれば  眼のさきへ突き付けて  眼のさめるまで  眼の先にちら付きまして  眼をぬぐう  眼をふいて  眼をつけたらしい  眼がすべてかれの  眼が何処にゐるかを見る  眼は其処にゐなかつた  眼の方を思ひ出さずに  眼の持主の配偶者にしようと  眼の持主のことを聞いた  眼と体とに反射して来た  眼の前に起つた  眼から涙がにじみ出さうとした  眼に涙を一杯に溜めて  眼を留める  眼からぼろぼろ涙をこぼしながらも  眼をなおじっと見入ってきた  眼を外らして答えた  眼をぎらぎら光らしていた  眼と石竹色の唇をもつ  眼を見はるだけである  眼はぬれた  眼で見て知って居ながら  眼を覚まし  眼が赤くてつるつるした  眼もすっかり黒い硝子玉か何かになってしまい  眼がそっちへ向いてる  眼の前に白いほこりのぼやぼや立った  眼のまっ黒なかあいい子も居た  眼ばかりぎらぎら光らして  眼の前は平らな草地になっていて  眼がぐるぐるして  眼は向うの四十雀をだまって見ていた  眼がチクチクッと痛み  眼を絶えず私の身辺にそそいでいる  眼を軽く閉じて  眼にうつると  眼の前に描いてみる  眼の底に焼きついて  眼で見ましたの  眼に描いてみると  眼の悪い傭い  眼を動かしては  眼を後へ投げた  眼を送った  眼ばかり注いでいた  眼に彼女を眺めていた  眼の色を送りながら  眼にそんなに光った  眼と耳とに直接愬える  眼に快い流動のすがたをうつす  眼でたしかに見ている  眼に映ったかという  眼でみている  眼に浮ぶだけでも  眼にちらついて離れませんでした  眼覚めさせ  眼を覚すまでうなされ続ける  眼の光の深く沈んだ  眼を据えてる  眼をあげただけで  眼に写るので  眼の先を飛んでゐる  眼をわきへ外させた  眼には如何にも気の毒に見えた  眼にはいつか涙が溜っていた  眼にも見えた  眼を塞いで  眼を曝したり  眼はふとした新らし味を自分の妻の上に見出した  眼を通しただけであった  眼にはそれが下手な技巧を交えている  眼のように思われた  眼を放した  眼を有った  眼に映るだろうかを考えながら歩いた  眼を蒼白い細君の額の上に注いだ  眼を懐古的にした  眼にはどれもこれもごちゃごちゃして  眼の前に髣髴した  眼の位置と書付の位置とを色々に配合して  眼は行手を望んだ  眼には同じように見えた  眼の前を過ぎた  眼が覚めて見ると  眼を覚まして見ると  眼から涙を流した  眼と怒に  眼から突然消えて失くなった  眼から消えて失くなった  眼にも映ずる  眼はその底で常に反対の何物かを語っていた  眼を今擦り  眼の前に味わった  眼で自分の一生を通して見たならば  眼は鈍いくせに明らかにこの意味を物語っていた  眼にはやっぱりどこかに隙があったら  眼を見下した  眼はもう天井を離れていた  眼を一杯に開けて  眼は突然平生の我に帰った  眼が冴えている  眼を閉じて仰  眼がかえって不安の種になった  眼の前に夢を見ている  眼が不意に浮んだ  眼は自分の下に黒い頭を並べて  眼からは時々こんな光が出た  眼をそっと細君の方に向けて  眼を狡猾らしく動かして  眼に這入って来るには  眼を故郷の空に向けた  眼を驚愕で丸くさせた  眼にはさも気の毒に映ったと見えて  眼の前に見ながら  眼は何時でも涙が湧いて出る  眼に涙を宿す  眼の前に開けている  眼から奪われてしまった  眼で同じ境遇に置かれた  眼を有っていた  眼には何時でも不安が閃めいた  眼には自分の父の方が正しい男の代表者の如くに見えた  眼には光らない  眼は暗い中に輝やいた  眼を注がなければならなかった  眼を通し始めた  眼を刺撃した  眼で他を見ていらっしゃるから  眼にも映る  眼ざしだったことを思い出した  眼を外らせて  眼にも申し分のない婿と見えて  眼や口のまわりに微笑さえ浮べて居る  眼を押え  眼を瞑っても  眼が熱くなって来たからであった  眼を急に伏せて  眼に溢れて  眼でお母さんを見あげました  眼だけまんまるく見張  眼を耀かせ  眼をちらつかせた  眼ざしをすらりとさほ  眼がとれていた  眼を前方に瞠っている  眼でそのあとをつけた  眼を向けられ  眼を一寸物思ひに走らせて  眼と首を横に振つた  眼が醒めないにも拘はらず  眼を放つて  眼を牽く  眼の前に控えてゐる  眼を三国誌からはなして  眼を欺くと共に  眼で笑い合った  眼を紙へ落して  眼をさますが  眼をさけて  眼を走せ  眼に一杯涙をため  眼を誰でも有つてゐる  眼にも美しいといふことになれば  眼のくらむ  眼の前に現われた  眼がくらんでいて  眼から逃れ去った  眼は鋭利そうに光っていた  眼で彼を睨んでいた  眼の前に迫っている  眼をつぶって考えていたが  眼と眼を見合せた  眼は猛虎のそれのように鋭く閃めいていた  眼の前に差しつけながら  眼に見えない驚く  眼を見合わした  眼がその城を見たのに  眼の前で火の中にくべられてしまった  眼の前に開けていく  眼の下に底の知れない  眼の下十米ばかりの所に蒼い海が見える  眼と眼で睨み合った  眼の前に突きつけた  眼を伏せて黙っていた  眼の仮感にまで歴々と訴へ得る  眼くばせである  眼を向けたか  眼を白黒させるし  眼に映るとしても  眼で自分を眺めるか  眼の前に現れない  眼に涙をため  眼をさましたばかりで  眼に浮ぶわ  眼のやり場のないやうに天井を見あげ  眼が吸ひ寄せられてゐる  眼をそむけながら  眼の前で破つてみせておくれ  眼の及ばぬ  眼で飽かずおん  眼をもつて視てゐるか  眼をもつて見てゐる  眼からみると  眼が一種間のぬけた  眼で見てゐる  眼のためではありません  眼に集めた  眼ざしで私の方を見ながら  眼に写ってくる  眼で刑事に哀願してから  眼をさう  眼をつぶつて兩手に顏をかくした  眼の前にあらわれるまで  眼を逸し  眼をまん丸くしていると  眼を瞠っておりますと  眼に泪を一パイ溜てうつむきました  眼と小い  眼と小さい鼻を掩ひ  眼の丸い頬ぺたのふくらんだ顔で坐っている  眼はまばたきをする  眼を移しながら  眼を下に落とした  眼は同じところを見た  眼にもはつきりとそれが映つた  眼からはたうとう涙がこぼれて落ちた  眼は夜の星でもあるかの  眼と眼とが相合ふ  眼の縁は赤く赤くなつてゐた  眼を赤くしながらも  眼をかけて  眼の前に動いて行くので  眼の前にそれと映  眼の縁を赤くしてゐた  眼は赤く腫れ  眼こそまだ明かぬが  眼はその文に燒附きでもする  眼から涙が流れた  眼の前に頼みにもし  眼から溢れ落ちた  眼の前には何年にも目にした  眼に涙が一杯にたまつてゐるのに  眼からは涙がほろほろとこぼれ落ちた  眼がじつと一ところを凝視してゐる  眼からはひとり手に涙が流れて  眼から行をなして落ちて  眼を裳の下袖で拭いた  眼を注いでゐる  眼を擧げて  眼の前を通り過ぎる  眼からは涙がはらはらと流れた  眼の前に描いた  眼を惹くに  眼に出  眼の前に山の裾が落ちて  眼を離してゐる  眼にもこの世の喜びとは思へぬ  眼には大内裏の藤壺のさまがそれとはつきりと映つて見える  眼の前に起りつ  眼をつけたり  眼を明けて  眼が閉じられて  眼にも臨終が來たのであるのがそれとわかつた  眼をぱつちりとは明けてはゐるが  眼を白黒しながら聴かされて  眼で杓子定規に鑑賞するから  眼の底に浮かべて  眼を円くして狼狽えぬ  眼を奪われたりしに  眼を遣りたりしに  眼に熱涙を浮かべ  眼は期せずして合えり  眼を脅かせり  眼を睨むがごとく凝えて  眼は陰に始終恩人の姿に注げり  眼を閉じぬ  眼を開くとともに  眼はにわかに清く輝きて  眼を掩いて  眼をとほす  眼をしばたたきながら黙って  眼を動かして  眼の裡にあった  眼を動かしつつ  眼を引はなせない  眼の中に輝く  眼の裡に翳がさした  眼や紅がいくらか乾いてついている  眼の先に短く肥つた腕を曲げ  眼には体操のやうに見えた  眼深くかむつた  眼の奥が冴えて痛むだけだつた  眼の前で子供をつるし  眼をはだけ  眼に彼のカンヴァスは醜怪以外の何ものでもなく映った  眼ばかり大きな王が輿にのっている  眼のところに程よい陰翳を与えた  眼でじっとその眼を見かえしながら  眼を先につけてやって行って  眼で伸子を見  眼に現れている  眼がひどく血走っているだけでも  眼を開いていようとする  眼を瞑り  眼で看護婦を見た  眼に訝る  眼と鼻とがある  眼から涙が溢れ落ちた  眼で伸子を見た  眼では絶えず上甲板の欄干にそうてびっしりと並んだ  眼がなじ  眼を瞑りたくなった  眼で彼を見た  眼が合った  眼がかち合うと  眼が喰い合った  眼を逸す  眼とをもって  眼が闇に馴れ  眼を瞑りよろめいた  眼で伸子を見守っていたが  眼を曝すとしたら  眼を遠方に転じた  眼の前でひけらかそうとも  眼の前に踊っている  眼に見ている  眼を失わしめるに  眼を足許にばかり据えていても  眼の下にすぐ見渡される  眼で観れば  眼に具えて居なかった  眼を覺してゐると  眼からは見る  眼を克服せよ  眼を遺伝した  眼を外らさうか  眼に何も入らなかった  眼にはいるので  眼と口と耳を惹きつける  眼は血走って来た  眼も血走っていた  眼は残酷な光にふと燃えていた  眼を光らせていなくちゃならない  眼の前に持ち出した  眼は鋭く透徹してゐる  眼が紀州人に向けられる  眼のなかには何かが映  眼をまるくしないでも  眼の前で死体解剖を行って見せたならば  眼の前で死体を解剖し  眼の前で動かせて見せようかとも考えましたが  眼がしょんぼり凹んでいました  眼をしばたたきながらやって来ますと  眼を宙に据えていました  眼の縁が黒ずんで居た  眼は急に輝いたが  眼の瞳が切り抜かれてあって  眼をあてると  眼の前から離れず  眼を比較するとわかる  眼が変化するから  眼を転ずると  眼の光が益々凄くなって来る  眼の様なかの暗黒星は明るくなった  眼を大きく見張りました  眼にしみると  眼も開かず  眼にしみました  眼を見据え  眼の涼しさは宵の明星にも負けない  眼にあると考える  眼には日本の自然も支那式に見える  眼には稲荷神社の鳥居まで異国の色を帯びて見えよう  眼にうかべ  眼をある  眼をくば  眼のきかなくな  眼を天井に向けて  眼にあてる  眼で食卓の傍へ招いた  眼を父の方に向けた  眼の前に懐中電燈の光の輪がパッとうつ  眼に見せて  眼を覺して見ると  眼を覺まして床の中で幾通かの手紙の返事を書き  眼の瞼しい  眼を擧げて見ると  眼をば決して疲らせる  眼をすぐそこの建物にやった  眼はすぐ入口のテーブルに内の方を向いて  眼のように暗い中にちろちろと光って見えた  眼のようなちろちろした  眼がちらと見えた  眼を見据える  眼で読んでいたが  眼を止めて見た  眼を務めて開けた  眼をつむってしまった  眼の前にありありと展げて見せている  眼は見えないし  眼新しいものの出現や思い付きの所産を創造と呼んでいるに過ぎない  眼をのぞきこんだ  眼の大きな口許のひきしまった  眼を異様に光らしている  眼をやって考えこんだ  眼が大きくなっていった  眼に一杯涙をためていた  眼をさましても消えない  眼がさめやしないよ  眼の笑いも顔の表情も消えて  眼が揶揄的に光った  眼の光を沈めて  眼を光らしていた  眼を手首の時計に落しながら  眼の前に有吉はつっ立って  眼の下をしたたか撲りつけました  眼が痛み出してよ  眼がこんなにならなきやよ  眼が開いてるたつて  眼が見えてゐたら  眼を押へる  眼が見えないし  眼は両方ともまるで見えないの  眼はあんなに開いてゐるから  眼を悪くし  眼をさましてくれる  眼が開いてゐたら  眼で見てゐねえ  眼さとく起き  眼を障る  眼も眩むばかりなり  眼も及びか  眼が見えなくなり  眼からさきに死ぬと  眼の前に想像しながら  眼で実際に見た  眼を押へてゐた  眼は美しくふるえています  眼の前に街の景色が見えて来たり  眼は不思議にかがやいていました  眼をよろこばせ  眼を着すれば  眼にも明かである  眼を開かし  眼には入らない  眼を掠めて過ぎた  眼の下に百里の眺めが展開する  眼が自分の頭の上に注がれていた  眼の縁を薄く染めて  眼を活版の上に落した  眼にどう写るであろうかと思うと  眼をとろつかせて  眼は端なくもこの裸体像の上に落ちた  眼のうちに我を頼るがごとき  眼がつかれると  眼を皿のようにして眺める  眼に耀く光りは  眼に高柳君の姿がちらと映じた  眼の前へ出て来た  眼が自分の方に注いでいる  眼は輝やいた  眼を膝から移して  眼をして見る  眼まぐるしかった  眼の前に置きながら  眼は鋭い光りを放っていた  眼で睨まれちゃ  眼の光りに射られながら  眼はこんな事を云っている  眼に涙が一ぱいに滲み出た  眼を丸くしない  眼にかけとうございます  眼の前に引き寄せようとする  眼を注いで行かねばならぬ  眼をパチクリさせただけであった  眼を剥いて  眼の底には一種の光りが流れていた  眼に会わして殺した  眼の球を見れば  眼くばせをした  眼の球のクリクリした  眼の球を真白に剥き出して  眼を一ぱいに見開いて  眼を凝視するばかりであった  眼の前にぶら下っている  眼に沁みるほど  眼が集まって  眼に止めながら  眼には確信の輝きがあった  眼の前に差し付けて  眼に当てて泣いている  眼をぎょろ付かせて  眼を一ぱいにあけて  眼を皿のようにしていた  眼の前を遮っていた  眼に立ってはいけない  眼に立たないが  眼に会った  眼の前に坐っている  眼で私を見たが  眼で見たので  眼こぼしが叶いました  眼もじ致します  眼を眩まされておりました  眼の前の夫を見殺しに致して  眼を開きますと  眼で睨んでいる  眼は最前の通り黒水晶のように静かに澄み切っていた  眼に付きますと  眼を一ぱいに開いて  眼にかけますと  眼にかかりまして  眼に会い続けておった  眼覚め初めました  眼を逃れつつ  眼の前に面を伏せている  眼を注がない  眼には云い知れぬ  眼から溢れ  眼の迷いではなかったかと思いながら  眼の迷いかも知れないと思った  眼に薄桃色のガーゼを当てて坐っている  眼をギョロギョロさして私を見ると  眼のふちを撫でたりしてやると  眼の前に描き出された  眼の前に並んでいる  眼に合わされて  眼に合わせ得る  眼の前のスープの皿が眼に付いた  眼の前に十二三の見習いらしいボーイが立っている  眼の前に空しく並んだ  眼も何もないのに竹の棒を探り当て  眼とか耳とかいう五官の活用に信頼し過ぎたり  眼で見え  眼を絶え間なく小さな針の先に注いでいる  眼を閉じていると  眼の前に並んだ  眼の前に並べて見せる  眼かくしを送ってやるぞ  眼を凝らし  眼を半眼に開いてへの  眼を眩ま  眼を瞠らない訳に行かなかった  眼はかっと窓の中を睨んでいた  眼の前で志免に電話をかけて  眼は恐ろしそうに警視庁用の封筒をじっと見つめていたが  眼を二三度ぱちぱちさせた  眼は唇と共に固く閉じて  眼を見開いたが  眼の前に差し出した  眼からちょっと稲光りがさした  眼に会わせようとした  眼でじっと女を睨み付けた  眼を剥き出して  眼を閉じて考え込んでいる  眼の前の女の姿を見ると  眼にお会いになる  眼は人種の区別を忘れた  眼の前に火薬庫が破裂したかの  眼の光りばかりが  眼を固く閉じて  眼の前にわななく  眼には世界中が硝子のように透きとおって見えている  眼の前の美しい幻影に向って  眼はどこを見ている  眼にかかりませぬが  眼は空しく女の影を反映し  眼をソロソロと開いた  眼の高さに差し上げて  眼を閉じたから  眼も眩むばかりの  眼は代る代るに大きくなり  眼の球を破裂する  眼の前の入口の暗の中から浮き出している  眼の前の物体を覗き込もうとした  眼にはもう何も見えないらしかった  眼の仇のように狙って来た  眼の前に死んでいる  眼の前の硝子窓をびりびりと震撼して行く  眼の前に展開している  眼をそろそろと上げて  眼の前にぶら下げて見せながら  眼に会いましたよ  眼と眼を見交した  眼の前の空気を凝視しながら  眼を閉じかけた  眼にはこの自分がそんな話もできない  眼の前へ顔を近付けて  眼を瞠って動きにそなえたけれど  眼を染めて  眼その身にも似る  眼に見ゆる  眼にうかんで  眼には輪が廻つてゐる  眼のかがやく  眼をはなち  眼のうちにこもつた  眼をぢつとそそいで  眼を駭かした  眼で見つめた  眼で笑はれたり  眼を見張らずには居られなかつた  眼は血走るどころか  眼はしづかで動かなかつた  眼をなぜて  眼の前に浮んでは  眼でうなずいて見せ  眼をはたらかせる  眼には映じていなかった  眼に映じていなかった  眼が霞んでくる  眼の前に固く閉ざされた  眼を廻し  眼を覚まさなくては  眼が凄く光っている  眼の飛び出した  眼を挙げたが  眼の前に迫って  眼で信号をする  眼を見開きながら  眼は義弟の更生を謝する  眼には何物も見えない  眼には一向見えない  眼を細めながら  眼に入らばこそ  眼にだけそんなものが見える  眼は愛嬌に富んでいる  眼にはさも旨そうにみえた  眼を瞋らせて  眼のない重兵衛と弥七とは遠慮なしに飲んで食った  眼にはなんにも見えねえが  眼には何かおかしい物が見える  眼がにわかに獣のようにけわしく変った  眼がそうした不思議を見せる  眼の前の石垣伝いに漂い歩いている  眼をしばたたいてゐると  眼はどこかあらぬ  眼のとげを感じながら  眼だけがこれを限りと一つものにしがみつく  眼がさめたんで  眼で弄ぶ  眼は語つてゐる  眼に映りはしないかとおそれる  眼を射られ  眼をはなさなかつた  眼の眼尻がたるむと  眼がなくなり  眼がひらけるといつた  眼を遠くへやつて見たが  眼と神經がすぐに疲れた  眼を向けるやいなや  眼立たぬものにし  眼に射すくめられてゐるばかりでは  眼の前の菓子を邪慳におしやつていふので  眼が時計に觸れた  眼を一時もそらさなかつた  眼から見  眼を持っていて  眼をかすめ過ぎる  眼を泣きはらしていたし  眼の前で育った  眼を泣きはらした  眼の白い雫をうっかりと見つめていた  眼をかけられていた  眼の前にうき出した  眼にも余って  眼にも見えていた  眼をしてはいって来た  眼の痛むほどに  眼には悲しく見えた  眼には反抗の強い光りがひらめいた  眼を表の方に向けて  眼に見えているので  眼がおのずとうるんで来た  眼に針を刺すという  眼と鼻のあいだに廓を控えている  眼がしらには涙が浮いていた  眼には偽らない  眼はとどかなかった  眼の前にがらりと投げ出された  眼からは煮え湯のような涙がこぼれた  眼は碁盤の上に配っていながらも  眼が触れると  眼をあげて黙って  眼づかいが  眼がとどかなくなった  眼には涙が浮かんだ  眼にはかえって可愛らしくも見えて  眼がここにとどかない  眼をくばった  眼は吸い付けられた  眼と鼻の間のこんなところに隠れていようとは  眼をかける  眼かづら賣  眼かづらと樽を出す  眼も向くでしょうよ  眼の奥ににじませていました  眼でしか見ていませんでしたよ  眼は輝いてきましたが  眼がこつちへ向けられてゐる  眼をウッスリと半分開いて  眼に合った  眼よりすれば  眼を載せて行く  眼よりして  眼をほそくして  眼をひきつけた  眼に見えて来ない  眼をまじまじと見た  眼をさましまして  眼をまるくして答えた  眼を慰める  眼をくるりとさして  眼を大きくして眺めた  眼がもう笑ってる  眼に刻みつけ  眼を吊り上げて  眼を充分に覆すだけの  眼の美しいモスコーを納得させようと  眼に私の心が寒くなりました  眼のやり場に困って  眼に描くだろう  眼を瞑つて閉めなければならなかつた  眼を下向けて見れば  眼に入れる  眼の底に浮かんできた  眼の細い物静かな老僧が出てきた  眼の上高く舞いめぐる  眼のまわりには白い輪がある  眼の下に白い色の小さい点が浮き出し  眼にはあり  眼もおよばぬ  眼ばかりギョロギョロ動かしていた  眼を将校のほうに向けた  眼にあっては  眼で笑って  眼の前にひろげられた  眼に合わせたので  眼には合わせませんぞ  眼に就て論ずる  眼とラクロの眼は大変違ふ  眼だと小林が徒然草の作者に就て言ふ  眼は思想によつて動く  眼であつたにすぎない  眼によつて描いてゐるにすぎない  眼によるに拘らず  眼を覆ふて  眼を覆ふにしても  眼の中に思い浮べた  眼を大粒に見開いた  眼で喬介の指差す  眼を引きつけて  眼は怒り  眼は高い蒼空の雲に見惚れようとする  眼が血走って  眼はどこを見ているか  眼の前を及川が手拭を首に巻いて  眼はむこうからばかり  眼はどこを見てゐるか  眼に映らないが  眼の痛む  眼を留めずにして進んだ  眼新しい方法でもなささうだが  眼が見えた  眼の前の大きな邸宅が大砲か爆弾に破壊されて  眼に雪片が飛び込んだ  眼の前に突出した  眼をぎろりと輝かして  眼をその方へやった  眼を彼方此方へやっていた  眼をせわしく動かして  眼に止まる  眼の前に差迫っている  眼にもそれとは悟られず  眼にも発見されずに  眼を覚ましても  眼のあたりに見る  眼の視線を自分の鼻の先に向けて  眼を現実の俗世間に向けさせる  眼を刺戟し  眼は望遠鏡に押付けた  眼の明いているのに  眼は青みがかった  眼ばたきしてつっ立っていました  眼は生きているとしか思えません  眼を大きく見ひらいて  眼のふちをふきました  眼の中に入れても  眼をひるがえして  眼をみはるばかりだった  眼はいきいきと輝きを加えた  眼を蔽った  眼から涙がどっと湧いてきて  眼からぼたぼた流れる  眼をできるだけあざむく  眼を彼方此方にやって見た  眼を覚して起きあがった  眼を覚したが  眼の色をしている  眼で此方を見ている  眼に物の影のようなものが映った  眼が覚めましたか  眼を開けて見といて  眼を見すえた  眼ばかり光っていた  眼と口とを打開いた  眼は濡れて光って来た  眼を潤ませて  眼には停車場の赤や青の燈火が水に映る  眼の前に長い窓の行列が燈影を撒き散らしながら  眼は濡れて  眼は三白眼かヤブニラミに見える  眼を注がせらるる  眼醒めあそばせど  眼にいはす  眼に懸けたふ  眼が狂ふもの  眼を離さず  眼を醒ませば  眼が醒めませぬ  眼に掛けられず  眼の正月が出来るといふ  眼を開いたる  眼もある  眼は醒めまい  眼は火のように輝きました  眼をかたくつぶった  眼をあきました  眼からはらはらと涙がこぼれました  眼の悪い人はいないかね  眼の悪い人は前へ出なさい  眼の驚くべく  眼潤み居り  眼と筆の或る種の技能を巧みに操り  眼を閉じてうつぶせになった  眼がすっかり変ってしまった  眼にうつったらしい  眼からは涙が流れた  眼に入つたぢやありませんか  眼の前にする  眼には荒れ果てた  眼をつぶすに限りますよ  眼をつぶして  眼をつぶせば  眼にパッと暖かいものがかかったかと思うと  眼が痛み出した  眼を診察してくれましたが  眼の出血だといって  眼が又もやずきんずきんと痛み出しました  眼が痛み出し  眼が痛みと共に急に見えなくなって  眼に痛みは起りませんでした  眼にずぶりと突刺して  眼に注射されて行く  眼は見えなくなってつぶれてしまいました  眼をつぶせばなおると  眼を輝かして申しました  眼の前に持ってきました  眼を丸くして言いました  眼に見えず  眼からも白いすじが流れていた  眼じりを越えていた  眼がこっちへ向く  眼をもどして  眼をしていった  眼と声があった  眼に泛べることができる  眼にかけているか  眼でも休める  眼をうるませて  眼の中へでも入れてしまいたい  眼をぬすんで誘き出したばかりか  眼を光らすと  眼でその人々を見つめた  眼もくれない  眼にちらつく  眼じりもおもむろに下がって来た  眼をかがやかせている  眼をつむっているので  眼じりからとめどもなく涙をながして  眼だけまだ生きている  眼を落して見ると  眼ざしをもって  眼を集めている  眼のくらんだ  眼で覗いてゆく  眼のまえに仰がれた  眼を洗った  眼をひらいたという  眼を曇らせてしまった  眼まで熱いものになってしまった  眼を曝してきた  眼をつぶって駈け去ってしまおうとした  眼をある程度まで信用して  眼に近づけてみたり  眼ざしを向けると  眼の前に仁王だちに  眼をつぶつてあたりの物音を聴き澄ましたり  眼のなじむにつれて  眼につけて  眼ばかり神経質に光らせながら  眼ざしで頷き返す  眼をあげれば  眼を落してゐる  眼ざしまでがとろりとして  眼が濃い茶色にさへ見える  眼に一抹の碧の流れをみとめた  眼の色をふかく究めれば究めるほど  眼が一閃するので  眼のふちを赤らませた  眼を途方もなくぱつちりと見開いてゐる  眼をほそめ  眼で人なつこくまじまじと見つめながら  眼でちらりと十吉を見ると  眼ざしを彼に投げると  眼の端に窮つてゐた  眼の心底から險しくな  眼には如何なる苦惨な人生にも意義と幸福と悦楽とが見出された  眼を丸田の方に向けた  眼に止つたやうに見て過ぎた  眼をぱちくり見合せながら  眼にはさばけた  眼でそして細長いけれど矢張り何處かに恐ろしいやうな所がある  眼でじろりと二人を見た  眼の前で開いてみると  眼の縁を赤くして居る  眼の上へあげると  眼を掌で塞ぐ  眼を繁く叩き  眼に浮かんだ  眼で座敷のなかをあちこち見  眼にはこんな見すぼらしい  眼を私の顔に移して  眼をそらすと  眼が開けた  眼も笑ってしまった  眼にて云ふ  眼には虚しく映った  眼の隅に異状な現象の生ずる  眼の前にきょとんとした  眼に麗容美色を見れは  眼には虚しく映つた  眼の前にきよ  眼は忽ち冒頭の一章に吸い付けられて行った  眼にチカッと嗤うような光が現われた  眼を停めた  眼も口も塞ぎ  眼にあり得ない  眼には灰色としか映えません  眼の中で囁き続けている  眼のキヨトンとした  眼がくらくらして来たにすぎない  眼がのぞいて  眼で観察しだす  眼を遠くへ走らせて  眼をよせて  眼の隅にもおいてない  眼にかどを立てた  眼の前からいなくなっても  眼にえがく  眼が醒めても  眼にえがいた  眼はまたすぐ細工場のうちへ戻っている  眼をそばだてて  眼を光らせている  眼をバチバチとしばたたいて  眼の下に見えて来た  眼に射られて  眼をぐりぐりうごかし  眼を足もとの水の渦におとした  眼を吸いよせられた  眼にも眩ゆいほど  眼を投げて  眼の側を流れてゆく  眼の範囲はだんだん拡がって行った  眼は地上を辿って  眼をひからかして  眼の前の女性に尊敬をもった  眼の隅から自分の脚もとを射ている  眼が武蔵を見た  眼が痛くなって  眼をまたぴかりと感じる  眼のするどさに驚いた  眼をそばだたせました  眼と一つものとは思えないほど  眼が溶けて  眼に真っ先につかまる  眼が信じられなかった  眼をつむっている  眼ばたきをしていたが  眼へ指を持って行ったりしながら語る  眼が見えなくなっていた  眼をパチパチさせたり  眼を室の一隅の方へジッと据えたりしている  眼をさまさぬ  眼が食卓の端にのっている  眼でジッと見つめる  眼をお光に移して  眼がお光の後姿に行き  眼が自然に清水にとまり  眼をこすったり  眼で捜すと  眼をあげないで  眼から涙が流れる  眼に物を言わせる  眼を見合わしている  眼を光らせて見ている  眼を附けている  眼がまわる  眼かくしされていたんだ  眼かくしされていると言う  眼をハッキリ見開いていれば  眼からバラバラ涙をこぼしながら  眼で追っている  眼で客の方を見て  眼は正太に向って  眼が言った  眼から遁れたかった  眼が離されない  眼で笑いながら  眼で言わせて  眼に映り初めた  眼に一ぱい涙を溜めている  眼は柔順と満足とで輝いていた  眼に触れただけの  眼を覚ませまいとして  眼で言わせていた  眼は自然と涙を湛えた  眼を覚まさないで  眼でも打ったという  眼には一つの点が顕われて  眼で姑の方を見た  眼に見えてる  眼の奥から浸潤み出る  眼で驚異しなければならぬという  眼には勿論見えず  眼の先に泛かんで  眼をつけないが  眼を奪ったらしい  眼をみはって空うそぶく  眼から観ると  眼の前には三宅坂がある  眼のせいかも知れない  眼立ってみえる  眼の先もみえない  眼に立って  眼の嶮しい  眼にも着き  眼にもとまり  眼に浮かんで  眼の前の水を飲む  眼の前には裃も見えなかった  眼にはいろう  眼の下につらなって  眼にも留めないであろう  眼にはいりました  眼の前に夢のように開かれました  眼にもはいる  眼の下に連なって見える  眼は欧洲大陸へ渡ってから  眼を拭わせられた  眼のまえに拡げられているではないか  眼に見えざる  眼は気違いじみて  眼を助手の方に向けて叫んだ  眼を外すと  眼で見てわかる  眼寒し観魚亭夕風や水青鷺の脛を打つ  眼で眺めているか  眼だけが痙攣的に細くさがって  眼を開かしめ  眼の前に浮んで来ない  眼を返へす如く  眼の先をかすめた  眼のあたりに見れば見るほど  眼がねをかけた  眼を輝かせると  眼の底が次第に白く更け  眼の奥がじーんと熱くなり  眼を明らかにし  眼を見張らねばならぬ  眼を持ち考える  眼を蔽うている  眼が血走る  眼も輝き  眼を朦朧と惹き付ける  眼に秘められた  眼はすぐに老樹の根に向かった  眼をさまして答えました  眼にもうなづけた  眼に止まり  眼やにを拭いた  眼の仮感というものに訴える  眼の仮感に訴える  眼と耳に沁み込ませる  眼がなにを語っていたか  眼をだます  眼の前にあるだけに  眼の表情に人を惹きつける  眼をみはらせるでしょう  眼を眩まし  眼も又違って  眼から見てすらも  眼を少しく明けて  眼からは真白な涙が糸を引いて流れた  眼に晒されようとする  眼を落してゐた  眼をつぶつて一口二口味ふ  眼の下になった怒  眼を開けたが  眼はもう少し遠方を見てゐた  眼をつむってとりとめの  眼をひかずに  眼が始終あったので  眼をギョロつかせて  眼をグルグル廻すばかりで  眼は次第に険悪の色を濃くしていった  眼で見入った  眼はカッと開き  眼はギラギラと輝き  眼の大きなかの一疋の蠅は馬の腰の余肉の匂いの中から飛び立った  眼で野の中を見続けた  眼の大きな蠅が押し黙った  眼はびっくりした  眼が曇って  眼もはなさずに  眼をあけたら  眼と眼の間がむやみに離れ  眼の下に見えだしてきた  眼で長謙さんを見あげ  眼に収差が出来  眼がお見えにならない  眼で叱る  眼でこちらを見ていた  眼をあいてみると  眼でうなずきあったりしている  眼をふいたりしている  眼の前の景色が急に夕暮のように暗くなる  眼をさまさなくっては  眼を見あわせながらいった  眼をつぶるか  眼の大きな士官が立っていて  眼にあてると  眼にとびついてきた  眼なんかぎょろぎょろさせて  眼のまわりからくしゃくしゃと笑いだして  眼のまわりにロイド眼鏡でもかけた  眼をあけてみると  眼をあいていようと思う  眼にもちがう  眼でじっとあたしを見てからいった  眼がまわり  眼であたしを見ながら  眼がさりげないようすでこちらを眺めている  眼をすえた  眼の中でガラスのようなものがキラリと光った  眼をパチクリさせている  眼がキラリと光った  眼の前に霞のようなものがかかって  眼には浮世のすべてが陰惨な翳に満たされてゐる  眼を剥いたが  眼が残像にごま化されるからです  眼には残像がしばらく残っているから  眼がぎょろぎょろと動いた  眼を強く惹きつけていた  眼も文鳥のように平らに横に附かず  眼の上の眉のひさしがやや眼にのしかかり  眼に陰影を与える  眼で睨まれ  眼が一層真黒に見える  眼だけでも何となくひやりとした  眼が底光りがしてきて  眼をして申しました  眼をそそがれる  眼からは狼狽の色がありありと読まれました  眼を射りました  眼を蓋ふべき  眼はよぼみぬ  眼はらんらんと輝いた  眼をギロリと光らせた  眼を避けて  眼をショボショボさせて云った  眼まいがこみあげて来るらしく  眼のやり  眼をじっと睨め返して  眼はもう自分の生きる  眼や耳には意識しても  眼のみ大きくみひらいて  眼が自分の方を見つめて這い進んで来たので  眼をして見廻している  眼を醒まし  眼を奪われていた  眼がくると  眼が彼を見上げた  眼を濡らして語った  眼じりから開いて  眼をじろりと彼の顔へあげた  眼になる  眼で見すえながら  眼の前へ呼びよせられる  眼が注がれた  眼のおよぶ  眼は開かなかった  眼を開いて下され  眼をそばだたしめて行く  眼をすくめた  眼は充血し  眼いろになる  眼だけがいよいよ白く鋭く見える  眼の光は違っていたに  眼をくれた  眼を浴びたり  眼へ突き抜けて来る  眼に明らかになっている  眼を瞠り合って  眼のまえに立った  眼とも鼻ともわからない  眼も飽かさず  眼の焦点を集めた  眼を拭つて見直した  眼をつぶって仰  眼をはなさず  眼を軽くつぶったり  眼をひきはじめた  眼から大きい鼻にかけて命中した  眼を軽くつぶって  眼をつぶつて仰  眼を輕くつぶつたり短い頭髮のふけを拂ひ落したり  眼もくれなかつた  眼を輕くつぶつて  眼にたつ  眼の隅からジロジロとキャラコさんの顔を眺め  眼で一同の顔を見廻した  眼の前で死んでゆく  眼をあけてうかがうと  眼をさまして見ても  眼はあいていた  眼を真っ赤にして帰ってきた  眼ばかりになった  眼で森川夫人の顔を見つめていたが  眼ざしで静かに煖炉の火を見つめている  眼を向けようともしない  眼の下に木戸池が西洋の手鏡のようなかたちをして  眼でキャラコさんの顔を眺めると  眼に逢わなければならない  眼の悪いひとなのだと気がついて  眼が見えなくなったという  眼をしていらっしゃる  眼のようだというひともありますけど  眼に見えますよ  眼で読んでいる  眼のことに触れられる  眼のことに触れたがらない  眼をふたつ貸して  眼のほうへ持って行った  眼で指しながら  眼を癒して差しあげる  眼をそばだてている  眼を走らせてから  眼を見かえし  眼がかならず癒ると茜におっしゃった  眼をつぶそうとしている  眼を擦り擦り出て行った  眼が見えなく成っても  眼が言う  眼からは涙が流れて来た  眼の縁を紅くした  眼を喜ばせた  眼のように閉じられていた  眼で父の方を見ている  眼を円くして飛んで来て  眼で言わせたが  眼を円くして来た  眼とで一寸挨拶した  眼に凄じく映った  眼のクリクリした  眼を細くしながら  眼は物凄く輝いた  眼で言わせた  眼で二人の孫の顔を眺めて  眼につくほど光った  眼にチラついた  眼は笑っていた  眼で言わせて置いて  眼を着けてる  眼の中へ入っても  眼も当てられ  眼は冴えて来た  眼で養子や嫁を見るべき  眼を引き  眼で三吉の方を見た  眼には早くから映っても  眼を注いでやりたい  眼を細くして笑いながら  眼をつぶって眠ろうとしていると  眼に見えないほどの  眼の前で水の面へ飛び出して  眼のすみからジロジロと見まわしていた  眼をも驚かすほどの  眼をしっとりとうるませていた  眼をあいていられるでしょう  眼を転じよう  眼は何といったら  眼をねらって  眼と口を除く  眼を付けるなら  眼に竜之助の白く光る  眼の色を見ると  眼が深く大きくて海のように碧く  眼でやり合う  眼をつぶって見せる  眼ざしでキャラコさんにうなずいてみせる  眼に見えぬくらい  眼を見かえしながら  眼に見えないくらい  眼でキャラコさんをにらみつけていたが  眼で相手の顔をながめながら  眼からあふれ出した  眼を見はらせずにはおかない  眼を無くして  眼を見はる  眼に出逢うと  眼さえも庭のほうへは向きたがらない  眼を外したり  眼をキット睨ま  眼をグルグルまわしながら  眼が醒めてからの  眼をまん丸に見開いて  眼も口も開けられなくなってしまったの  眼に会っちゃったナ  眼の玉が飛び出しますよ  眼だけを大きく見開いて  眼に会い続けたので  眼が眩むくらい  眼に会わされた  眼ばかりパチパチさせていたら  眼が醒めてから  眼をまん丸く見開いて  眼もあやに寝そべったり  眼が塩ッ辛くなって  眼にあわしてやる  眼に飛びついて来る  眼で見たり  眼にいっぱい涙をためます  眼をつぶっててください  眼をよせて眺めると  眼をクルクルさせながら  眼の前がひらけ  眼からたえず涙をながしている  眼のところまで槽の中へ突っこんで  眼を経しめ  眼を経しめた  眼で混血児だとわかる  眼まぐるしく行ったり来たりしている  眼の隅からジロジロと見物していたが  眼をかすませて  眼の中が白くなりかけ  眼には人間も蚤も選ぶ  眼の据つた何処となく鷲を想像させるかの  眼をみはっていると  眼をしばたたいていたが  眼に流れこむほど  眼をくれる  眼に露を見せた  眼を大きくした  眼を見ろ  眼をくわっと見る  眼をにらもうとする  眼を見ていては  眼に睨まれると  眼を見ていられなくなってしまう  眼にも劣らない  眼に加え  眼が夜具の裾のほうにいる  眼は答えたが  眼の楽しみに眺めてゆくが  眼をくばっていた  眼でさがし求め  眼をぎらぎらさせながら  眼に沁みてくる  眼には見えぬが  眼をひらけば  眼をひらけよ  眼をはたと引きつけた  眼を革めて  眼いろまで無遠慮にして  眼を醒ましておくれよ  眼でお甲を見つめた  眼が土間の水瓶を見ると  眼へ刎ねた  眼が見えなくなって来た  眼に沁みた  眼ざしは水平線の彼方にふりむけたい  眼を茶釜の方に移しました  眼は茶釜より他にはやりません  眼は何時の間にか死骸の方に往きます  眼をつむりました  眼を開けました  眼に見えていた  眼の光が澄んでいた  眼ひらきてながめ入り  眼ざしの日のぬるみ  眼におしあてた  眼を奪っている  眼を動かした  眼をパチクリしている  眼がこっちをジロリと睨んでいる  眼をそっちへ移した  眼にあつめて  眼ばたきもせずに  眼が現われて  眼があったばかりであった  眼がギロギロと動く  眼から入ってきた  眼といえば  眼をギョロギョロ光らせている  眼を光らかし  眼はぽんぽん飛び出していたかも知れない  眼をつけてゐるといふ  眼を見合しただけで  眼はもう決して何んにも見ない  眼で香代に気がつく  眼をカツと見開いて  眼が香代を睨んで立つ  眼で見詰め  眼こそキラキラしてゐるが  眼で睨んでゐたが  眼は伝七の方をみてゐる  眼で捜してゐたが  眼で津村を見やり  眼は敵意に満ちた  眼が飛出る  眼の周囲の筋の縮んだ  眼を摩って見たりして  眼の前を通る  眼が深く凹み  眼をのみ美しいと云う  眼にも見て取れた  眼を驚かせた  眼を据えて見た  眼のしょぼしょぼした  眼で坐  眼は少し眠むい  眼に愛嬌を含めて  眼には涙が一ぱい含んでいて  眼に笑を含んで迎えられると  眼が作る  眼を宙に据えて  眼がさめていても  眼の縁を赤らめ  眼だけできっと睥んでいらした  眼を泣き腫らして寝ています  眼をして痩せていた  眼はボクンと落ちくぼみ  眼の前でやった  眼が私の上にギョロリときたが  眼の子だが出  眼に涙を一ぱい溜て堪えていた  眼を凄めに細めて  眼をとんがらして怒った  眼がつりあがり  眼の光っている  眼が見えないから  眼をむいて睨んだ  眼で焼き  眼で見ていたが  眼をパチパチと伏せた  眼にたつんで  眼を避けてうつむいた  眼が廻るほど  眼に今も鮮かにくる  眼を丸くさせた  眼を洗う  眼を洗いに毎年の行事として出かけた  眼を洗えばなるほど  眼を悪くしなかった  眼が私を睨んで  眼が大きく鋭く作られてある  眼が覗いていた  眼をうごかさずによせている  眼にかかりたいといっていられる  眼がほほえむと  眼にかかりたいと思っておりましたが  眼を投げながら  眼も醒めんばかりに  眼を留めている  眼をみはらずにはいられませんでした  眼を放ちました  眼をクリクリさせて  眼が冴えてくる  眼を円くしましたが  眼にみておくという  眼の前に躍って  眼を向うの方へ走らせて  眼の縁が染まって  眼を回してしまうかも知れません  眼の前に散らついてくる  眼の前に展開されてきた  眼を奪われずにはいられませんが  眼で見ていただいて  眼を通すでもなければ  眼の前で跳躍して  眼の前を過ぎてゆく  眼の前に躍って離れなかったか知れません  眼の回る  眼が醒める  眼を憚って書いてやりました  眼を離しました  眼に入りません  眼に入ってきます  眼の前に近づいて  眼に入ってきました  眼を峙てました  眼でお嬢様たちの死体の上がった  眼を光らせています  眼の下が開けて  眼も遥かに下方へ下って  眼に焼き付いて  眼眩めくという  眼立って多くなってくる  眼から鼻へぬける  眼についている  眼には文壇では里見さんを大柄にして  眼を通していると  眼をつぶったら  眼をひらかせてくれた  眼をつけといて捕まえた  眼を遣る  眼をお通へ集めて  眼で撫で上げている  眼を丑之助へして見せた  眼を揃え  眼をつぶって駈ける  眼はいっていた  眼には涙が見える  眼に溜めている  眼をくれるな  眼で挑んだ  眼と眼をまず激突させて  眼をみはったが  眼でながめて  眼に拾いながら  眼から涙が飛び散った  眼であったかもしれない  眼の上に腫れ上がった  眼をくばりながら  眼をみはって立ちどまった  眼を細めて見せたが  眼はそこに懸けてある  眼を感じない  眼を反らし  眼に気づかず  眼をべつな方へ遣った  眼を荷駄馬と山伏のほうへ返すと  眼を遮った  眼は飛びつき  眼ざしが落着いていなかった  眼を忙しげに俯向けていたが  眼をそれに注いで  眼をくわっと開いて  眼をふさげ  眼をふさいでいないと  眼を開きたくなった  眼をこすっていた  眼を光らしたりする  眼にお見せ  眼を読む  眼は確かに明いていたにしても  眼が過去に向けられ  眼が未来へ向けられ  眼が定着せらるべき  眼が過去にレンズを合せた  眼が未来に定着せられた  眼が未来に定着しない  眼につけていたりする  眼を覚して見ると  眼を覚して見ますと  眼と薔薇色の頬を持った  眼をぱっちりあけていましたが  眼を丸めた  眼のくぼんだ  眼にしみて消えない  眼の力もよいと聞いて喜んでを  眼は決して笑っていなかった  眼を仮りて観察しますれば  眼は疲れてゐて  眼を細くして笑った  眼がうるさくなりだした  眼をもたなかった  眼の手術をしてもらって  眼の届かなかった  眼をして云った  眼の焦点を急に合せ  眼はいつしか天井を仰いでいた  眼がちらりと輝いた  眼の前につっ立っていた  眼のあたりを見つめた  眼の前に浮べた  眼のくるりとした  眼をそれでもくるくる動かして  眼のよく動く  眼が挙げられなかった  眼なざしに極度の優しみを湛えている  眼の知覚作用の総合作用だと誰でも考えているし  眼を薄暗い庭の方へやったり  眼の前のものがごっちゃになった  眼を真円く見開いて立っていた  眼をぎらつかせながら云った  眼が向けられるべきではないでしょうか  眼を連れて行って見せたい  眼が戸まどいをして視るべき  眼を通してものを見るという  眼を獲得する  眼になみだをいっぱいうかべて  眼を開いていないからです  眼と心とを慕わしく感じます  眼を止めましたが  眼を慕われるなら  眼をこそ愛されて  眼を打った  眼を張った  眼にとってはいかに信じ  眼にはあまり大きく見えない  眼の中に入って  眼で見るならば  眼に気品を感じない  眼新しい餌を発見して用いたならば  眼に認め得る  眼に涙をうかべて言った  眼だけで笑いながら  眼の前にしろじろと見えている  眼には涙がにじみ出た  眼には餘り大きく見えない  眼の中に入つて眼を痛める  眼ばたき一つでさへ私の科白には従順の見  眼を醒すと  眼をこすると  眼を丸くしてゐるよ  眼ばたいてゐるのみな  眼を激しく眼ばたきながら  眼がさめてから  眼には涙さえ浮べて  眼の先に煌く  眼の中に突ツ込むで  眼には今肉屋の切臺の上にある  眼の飛出した  眼で傍觀者の地位に立ツてゐた  眼を啓けて  眼に義眼をした  眼を養う  眼で此方を覗いてゐる  眼近かに近附いてゐる  眼を挙げて呟いた  眼で女の姿を眺めもした  眼もくるめくとある  眼に映るのみ  眼の縁に塗り  眼に微笑をたたえながら  眼が覚めてからも  眼がじッと見上げている  眼を落し  眼の縁が薄黒くなり  眼を僅かに動かす  眼を閉った  眼は刺す  眼になにか陰欝な影があった  眼を刺戟した  眼がくらんでくる  眼をじっと見つめて下さい  眼を見つめて言った  眼も見え  眼で描きだそうとしている  眼を見上ぐる  眼が他人の眼と同じ様に恐ろしく思われる  眼が消失せた  眼なざしを感ぜしめる  眼まいを感じ出した  眼が大きくなります  眼をみひらき  眼の前に控えた  眼が醒めていたらしい  眼をしながら言った  眼敏く私たちの姿を見つけると  眼をあげよ  眼にわかきは見あげ  眼もなきひとやから載せて  眼も病ま  眼の球をキョロキョロさせていた  眼で見て参じました  眼も口も開かなかった  眼に初めて涙らしいものが湧いて来た  眼の下瞼がベッカンコーをした  眼が醒めておった  眼の球を白うするばっかりで  眼が付かいで  眼の配りは  眼に物を見せてくれ  眼を付けるか  眼をシッカリと閉じていた  眼で見て来た  眼で赤猪口兵衛を白眼み付けた  眼をギョロリと光らした  眼にかけまする  眼から又も涙がハラハラと落ちた  眼の内に輝かしながら  眼に掛かって来たと思うと  眼を晦まそうという  眼を白くして  眼の玉をデングリ返して言い詰りおった  眼の相違からくる  眼には如何に奇怪にうつろうとも  眼を過去に投げ  眼が見え出した  眼をぱちぱちして見せた  眼をおどろかす  眼にはそれが気の毒にも思われた  眼に涙をうかべて口説いた  眼を伏せたかも知れない  眼を伏せて仕舞う  眼を楽しませながら  眼を覚ますかも知れない  眼を明けて見ると  眼に這入った  眼の馴れるに従って  眼を覚ましたかな  眼を覚まさなかったと見えて  眼の前にのたうつ  眼の前に荒れ狂う  眼の前で行われた  眼を奪った  眼がしらが潤む  眼に沁み込んで  眼が光ると  眼は物に憑かれた  眼ばかり光からしている  眼がくらむほど  眼に一杯泪をためて  眼を偸んでは黒吉のごろごろしている  眼を失い  眼を潰った  眼の跛足という化物のような姿に変ったのに  眼は益々冴えてくるし  眼の前にならべた  眼をこすりながら呟いた  眼のさきがまっくろになってしまって居  眼にいよいよ鮮明にしみついていた  眼には見得られぬぞと  眼の前にあらわれる  眼の間を仰山に顰めて  眼を眩わしたね  眼ざす鯖の群れが青海原に見えて来ると  眼の前でバタバタと飢死して行く  眼を皿のようにして見廻わしている  眼が醒めました  眼をパチパチさせていると  眼に止まらんです  眼の前の山々に猥雑な名前を附けながら  眼の前に見ていながら  眼に泪を一パイ溜め  眼を白黒させていたよ  眼を赤くして  眼に付くと  眼の前にあらはれる  眼でそれを見ている  眼なくして  眼で批判される  眼で観察される  眼にも見えている  眼でみれば  眼は正しくなり  眼で眺められ  眼は狂ひ燃え  眼が私をさがす  眼の玉をつけていて  眼で伊沢の顔色をうかがい  眼の先に差迫り  眼のさきの全べてをふさぎ  眼が涙を流すなら  眼をパチパチさせたよ  眼醒めになった  眼を丸くしたよ  眼は一種の熱情に輝いて居た  眼をさましたに  眼をぼんやり私の方に向けた  眼の色の何処に昔の婆さんらしい意地が残つてゐる  眼にうつつた此の光景は私の頭に深くしみ込んでゐました  眼は決してどんよりした  眼で見てゐたが  眼のまはりを動かす  眼を移すと  眼の下の大河を隔てた  眼で暫くダアルベルグの顏を探る  眼でぢつとソオルの方を見守りながら  眼が神經過敏に瞬いてる  眼に殘る生きた  眼にも着かずに  眼に掛かりたいから  眼は淀まぬ  眼を伏せているが  眼の下の墓地を指さし  眼になって聞いていたが  眼の色を沈ませて  眼の下の墓を見おろしながら  眼に涙をうかべながら  眼を白目にうち開き  眼にためてる  眼がどんよりしてくると  眼は涙でくもった  眼がくるくるっと太く丸く見える  眼を思いだした  眼で坪井の顔を眺めていた  眼醒めてる  眼もくれないかも知れないと  眼が変に人の心を惹く  眼を合せかねる  眼を大きく見開きました  眼を輝かしましたが  眼の中へじっと視線を向けました  眼をやりませんでした  眼はどんよりとしていました  眼を二三度まばたきしただけで  眼を伏せました  眼で彼女を眺めました  眼を釘付けにしていました  眼もその時だけは生々とした  眼が次第に大きくなり  眼の中に溺れかけました  眼を細めました  眼の玉が金壺の内ぐるわに楯籠り  眼で月を睨みながら  眼に注まるのは夜目にも鮮明に若やいで見える  眼は脹目縁を持ッていながら  眼から張り切りょうずる涙を押えて  眼の中には三郎の俤が第一にあらわれて  眼をとめれば  眼をつけている  眼の前にぼんやりと現われた  眼にみえるだけで  眼が冴えて眠られませんでした  眼のひかりが物凄くなりました  眼を欺いた  眼には平生から真っ白に見えていましたよ  眼のごとくに朗らかに晴れた  眼に遮る  眼の犬が蹲っている  眼の物が来た  眼の前を横切った  眼の前で行われている  眼の前に展げている  眼の前を流れて行った  眼に泌みる  眼は酸性の悲しみで満たされていた  眼の前には破滅にむかって  眼に甦って来た  眼にカチリと触れた  眼の前を通過する  眼の前に友人が現れていた  眼を有つてゐる  眼を留ねば成ません  眼を閉ぢてゐるので  眼を呼びとめてゐる  眼のくぼみといひ  眼を思ひ出してゐた  眼は何も見てゐなかつた  眼の下を通る  眼の前に渦をなして  眼をやつてゐたが  眼でにつこりして  眼の中をうろつき  眼はぢいつと  眼が里子を睨んだ  眼の前に坐つてゐる  眼のつぶり  眼が腫れ  眼が鋭く兵隊の直吉を見上げて  眼に掠めた  眼に白い輪がかぶさつた  眼を狼のように光らせている  眼をおおいました  眼は忠勇の光に輝いていました  眼は生々と輝いてきました  眼を追つてそつちを見ると  眼がしらに満つて来るほどの  眼を通してゐないから  眼を働かしてゐる  眼が言葉を探してゐる  眼にはまつたく触れずにし  眼をあけていさえすれば  眼が網の代りになり  眼がつぶれるほど見つめている  眼の前の地平線を少しずつ塞いで行った  眼にいっぱい涙を溜めた  眼に見えて膨れて来  眼や鼻の孔や脣のまわりにへばりつき  眼を見張るくらいだ  眼を半分つぶった  眼の上がいやに落ち窪み  眼を海綿で洗い  眼を隠している  眼の前へ落ちて来た  眼の縁を薔薇色にして  眼を覚まさせる  眼のようでもあり  眼を私に向ける  眼を水で冷やしてばかりいる  眼をとめて見ると  眼が暗くなるので  眼の先にチラツクまま話して行きましょう  眼の色いよいよ嶮しくなる  眼をはだけて  眼をつけているらしい  眼のまえに倒れている  眼の下にお土産物を売っている  眼を娯します  眼を開いて見ましたら  眼が見えなくなって来ました  眼を閉じようとしますと  眼には昼よりも明るい一面の火の幕がハッキリと見え  眼うつりになって  眼の前で実行しては  眼に留まらない  眼を驚かし喜ばした  眼がないから気に入らない  眼の底に滲み附いている  眼が覚め  眼を据ゑてゐる私に対当する  眼を眩ませてしまふ  眼を視張るのみで  眼からは火花が散つたかと思ふと  眼のあたりの意気に炎えてゐた  眼を瞞着する  眼が眩んだので  眼を落したりして悶える如き  眼にそれが珍奇に見えて  眼の前に黒い幕が引かれていた  眼について嫌になつちまう  眼から隱れてしまひたい  眼をぢつと閉ぢて力がぬける  眼には涙が浮ぶ  眼の見えぬ  眼のやうに光り出し  眼をこすれば  眼がはつきりして  眼に涙が浮ぶ  眼を見開いて居る  眼の下の腫れ上つた白い眼をむき出して  眼には冬枯のさびれた  眼に靜かに暖い  眼はみんな同じ方向を向いてゐる  眼はボンヤリ往來を見てゐる  眼には出しぬけに涙が湧いた  眼には恐れと苦しさが一杯涙とまじつて見える  眼はさめない  眼を見合して居る  眼をつむつたり  眼に生氣を與へる  眼を四方に配る  眼で眺めずにはいられない  眼のなかへ飛び込んで来る  眼を遮切る  眼を細めて笑った  眼を無念そうに瞬いた  眼は今申す  眼の光つた四十位の男と乗  眼を注いでゐるといふ  眼を投げたが  眼ぼしい  眼を離すな  眼の前へ転がして  眼をつけなす  眼で分った  眼いろを閃かせた  眼をさますぞ  眼まいを感じるらしく  眼をねむって  眼をのがれる  眼を円くする  眼を剥き出し白い歯を突き出して  眼にもつく  眼も少しかがやいてきたが  眼の前にちらついて  眼が曇ってくる  眼の縁を払い  眼と眼が合う  眼は屹と一心斎の面に注ぎまして  眼を瞋らして竜之助を睨んで  眼の中に充分の冷笑をたたえて  眼にかかりとう存じまして  眼にかかりたいって  眼は潤みきって  眼にはいっぱいの涙を含んで  眼に彼等を睨めて  眼を白黒した  眼からは竜之助の剣術の進歩を進歩と見ないので  眼をつけたと見えた  眼をつけざるを得なかった  眼と眼を合せた  眼のぶっつかる  眼を放しませんでしたが  眼も少々上ずっていた  眼がみどりの方に向く  眼には涙が宿ります  眼をみつめながら  眼の前にバタバタと同志が枕を並べて  眼を悪くして  眼のように糜爛していた  眼があいたかと  眼があかなかったならば  眼の前の一軒の農家がめらめら燃えている  眼には困った  眼があかないので困ります  眼がよくならなければ  眼があくでしょう  眼があいた  眼の先にその暖みを滾した  眼の先に親爺の横顔が横たはつて居た  眼も凹んでいず  眼にたまってきた  眼を二つ三つ大きくまたたいて  眼にためながら  眼をさえ驚かすくらいの  眼は瞬きもせずに  眼がクラクラして  眼の中はやっぱり冷やかな光で満ちて  眼を行燈の光につけた  眼の前に連なっています  眼が落ちると  眼も親切にいたわります  眼が冴えて眠れない  眼がさめたので  眼に虫のいろ  眼はいらじ  眼が覚めたが起きずにゐた  眼がくらむや  眼はさめたけれど  眼がさめ鳴く  眼を見張り澄んで  眼に蜘蛛のいとなみ  眼覚めたらすぐ起きる  眼にのこりました  眼を張って入って来る  眼で凋びた顔をして  眼で竜之助を睨めながら  眼を光らかして  眼の光を浴びせられた  眼にかかりたくて上りました  眼にかかって申し上げたい  眼にかかれぬならば  眼もなんとなしに潤うてきます  眼にかかれないかと思いました  眼を撥ねた  眼がつぶれてしまった  眼に角立てて  眼の色を変える  眼くばせをする  眼を据えるかと思えば  眼の色が変っている  眼で睨められた  眼が吊り上る  眼に見て取れたからであろう  眼がとまる  眼を外れた  眼が長く切れて  眼にも落度は無いように思われた  眼は寮の方ばかり見詰めるだろう  眼が眩んで来て  眼で自分を見る  眼からは徹底しない  眼を以て佐治君を見ない  眼が美醜を分ち得たでありませう  眼を潤ませて帰る  眼に涙がにじんでいた  眼に来ている  眼を前方へ向けていた  眼をきょとんと瞠いて  眼が瞬きした  眼をあいている  眼と耳を引き寄せる  眼をパッと開いて  眼の前へ人間並みの姿で現われています  眼の前を過ぎ去って  眼は長く切れて  眼は燃ゆる  眼の色を少し変えた  眼へ入る  眼へ血が入ったので  眼の下に見えるだけで  眼の底に鮮やかな残像をいくつもいくつもダブらせて行く  眼がないかつてことがわかる  眼でちやんと見  眼の前のことが何もかもはつきりした  眼の前のことがまるで霧にでもつつまれた  眼で肚の中をすっかり見られてしまうからであった  眼で私を睨んだ  眼には気味悪い光が満ち  眼が気味悪く光って来て  眼の前に在る  眼がドウかしている  眼と白い唇を半分開いて  眼を醒ましやしないでしょうか  眼ばかりキラキラ光らしている  眼を開けますよ  眼の色が変るくらいですから  眼から電が発する  眼は少しく冴えているばかりで  眼の前に転がって来た  眼がつきます  眼が舞いもどる  眼の下に群がる  眼のあたり見届けた  眼をつけるかと思うと  眼に触れてしまった  眼に展開さるるは  眼でこの女を見る  眼は見えない  眼を洗っていた  眼を吹かれた  眼のふちにはうっすらと痣がある  眼を充分に癒してからにするが  眼はハッキリとこの子供を見る  眼が一層険しくなって  眼の色が血走って  眼の前にあっても  眼を光らして見送る  眼の前を静かに滑べって行く  眼には敵の艇と自分の艇の前方に白く光っている  眼が見えんでも知っとるわい  眼は大方ふさぎかゝって居た  眼にて言ふ  眼をつむっていらっしゃい  眼と額の際だって美しい妹の顔を振り返った  眼を逸したが  眼の中曇を帯びて  眼を悪くせまいための砂除だっていう  眼を合しつ  眼が小さいからちった  眼で睨まれたよ  眼に着くほど  眼にも見える  眼にも涙を湛えたり  眼細く天井を仰ぎながら  眼を瞑る  眼を見ようというは  眼にこめて  眼の前に思ひ浮べました  眼を真赤にして  眼を微茫の底に放って  眼を醒ましたら  眼も中てられぬ  眼の戸惑ひして  眼の無事なるを取柄にして  眼は眠れども  眼が果たして見える  眼を嵌め込んだ  眼を凄く見ひらいた  眼の高さに三十センチの処まで持って来て  眼の下の小涌谷あたりに丁度夏の宵の星く  眼を遊ばして  眼のように光っている  眼を見張りだした  眼の中で揺れ始めた  眼を飛行機に乗せたがる  眼は庭先から導かれて来る  眼と眼を見合せておりますから  眼が眠る  眼が怪しく光りました  眼の明を失った  眼の色が現われておりますから  眼は蛍のように光る  眼にかから  眼を拭って  眼をクルクルと廻して  眼がクルクルとまわります  眼は光る  眼を洗っている  眼が悪いのだとは気がつきませんでした  眼を洗っていましたが  眼をつけていました  眼を擦りつけて  眼から涙が落ちる  眼に角を立てた  眼には触れなかった  眼に映っていた  眼をキョロつかせて  眼のなかへ躍り込む  眼に入つてくる  眼より高く差し上げて透かす  眼は絶えずあらぬ  眼が覺めたといふPassionateな芭蕉の性質もあらはれてゐる  眼には青年のやうな輝きのある  眼が狂つてゐて  眼でもある  眼でねらっていた  眼いろを変えだした  眼を凝らしてしまった  眼にも見てきた  眼を瞠りはしない  眼で拝見せねばならぬ  眼に言外のものをいわせて頷き返す  眼を拭わされた  眼をこらさずにいられなかった  眼にも見ていた  眼も充血している  眼に媚びを凝らして  眼をこらしていた  眼の前でものをいっている  眼の裏に潜む  眼のように泣き濡らしてでもいる  眼の前にした  眼は何を見るとも  眼の線から放さなかった  眼にものみせねば  眼近な相手の群れではある  眼いろになった  眼はさすが口惜しそうなものをキラとこぼしかけていた  眼に物を忘れて  眼は不気味に赤い酔光をおびていた  眼いろを変えている  眼にたどるまでは  眼で見るには及ばんさ  眼は食いつく  眼を洗われる  眼の前へかかって来た  眼に見ており  眼をくばって  眼くばせして退がりかけた  眼で見たならば  眼はつり上がってきた  眼を凝らしはじめた  眼を誇りたい  眼にみるごとく  眼に見たとも書いている  眼を潤す  眼に涙を浮べて言った  眼を慰めた  眼の悪い旅には陸よりも船の方がよかろうと言った  眼が悪くなった  眼をむく  眼に力がありません  眼が覚めたらしい  眼が見えなくなりました  眼と七兵衛の眼がピッタリ合う  眼にだけはその姿がちらついた  眼の届かねえ  眼は闇の中でもよく物が見えます  眼と鼻の上を筋違いに走って  眼が覚めませんでした  眼を以て見る  眼ががんりきの面の上へ来て  眼は眼光爛々というような眼ではありません  眼がハタと留まりました  眼で見たらわかり  眼に涙を持ってきて  眼をつけ出し  眼が覚めても  眼の明を失いました  眼が鏡のように光ります  眼の前を過ぎて行く  眼の前を通った  眼をクリクリさせながら  眼を円くしたり  眼をつぶってしまいました  眼になつて文學に從事する  眼が見えると思ったくらいですから  眼を廻すべき  眼の前に出て来る  眼の前に現われる  眼が見えなくなってから  眼がなくてお月見をしているではないか  眼がなくても月が見えるだろうか知ら  眼が見えなくても  眼をどうした  眼が見えれば  眼にちらついてなりませんよ  眼のつぶれて  眼を掠めて貯えた  眼は盲いたれど  眼を白黒としていると  眼をつぶって通れ  眼ばかり光って  眼をして睨む  眼から鼻へ抜ける  眼がないようになってしまった  眼をパチパチしました  眼を以て遠くから兵馬を睨む  眼を険しくはしたが  眼で笑い  眼が放されない  眼をパッと開いた  眼を止めたが  眼でささやく  眼のふちのあたりが充血をして  眼の前へ流れて来た  眼では老儒者を睨んでいる  眼で追ったが  眼に見えて来た  眼で追った  眼の前に宏壮な屋敷があったが  眼の前にそびえている  眼を大きくみはった  眼には見てとれた  眼であるといえた  眼でみつめられた  眼の前の貧しげの家へ無造作にはいり込んでしまった  眼の前へ現われて来た  眼の前から消えてなくなってしまった  眼を疑わざるを得なくなった  眼には焼きついていた  眼をそばめて  眼の前へ下がって来た  眼の前の火の玉を睨む  眼の前の空間にふらついている  眼の前でポンポンと懐中物をはたいた  眼と耳が利いておりまして  眼に一抹の怒りが現われ  眼が天井を見上げている  眼の前に太郎冠者がいるかの  眼の中に輝いて見えた  眼の前に躑躅の叢が円らかにコンモリと茂っていて  眼や鼻に陰影がついている  眼の中に一抹の悶えがある  眼の中の一抹の悶えの  眼を張って  眼をして立っていた  眼をうるませると  眼へ冷笑を浮かべた  眼と眼とで睨み合った  眼とか眉間とかいうような急所を狙って吹きつける  眼だと心得て  眼は潰れてしまいました  眼を狙って  眼の先から放れない  眼をつけずに  眼がパッとひらいて  眼の前へ蟋蟀をかざす  眼の色が少しく据わっている  眼を真っ直ぐにお粂の顔へ注いだ  眼には痛々しい光をたたえて  眼でお粂を睨む  眼にもこれといって  眼を走らした  眼があかれない  眼を走らせたが  眼の下の光景を眺めたならば  眼深かにかむ  眼は一層大きく開かれて  眼にはよろこびとおどろきに  眼は新らしい望を一っ  眼はあけさせます  眼が潰れて  眼が見えないで  眼が見えたら  眼に涙を持っている  眼をクルクルして  眼には驚きの色がありました  眼がつぶり切れねえ  眼がはなされねえ  眼をクルクルと剥いて  眼の色を変えると  眼で見ています  眼にさらしながら  眼は何ひとつ見えん  眼のまえに突きつけた  眼に怨む  眼はまるで彼の魂を見透そうとしている  眼ざしで部屋のなかを見まわしながら  眼からさえぎる  眼をあてがったと思うと  眼でしかと見とどけた  眼のうえにさながら何か摩訶ふしぎなヴェールのように濃い睫毛がかぶさっている  眼も見かわさず  眼のなかはまっ暗やみになり  眼は裂けんばかりに  眼がちらちら光っていた  眼に笑みを浮べて  眼でちらちら笑いながら言った  眼から何と見ても  眼は泣き濡れている  眼でジロジロ相手を見遣ったが  眼を抜くと云うが  眼掛けて投げ付けるものの  眼でも潰れてはと  眼の前にスンナリと駕籠に寄り添い立った  眼だけは鋭くなり  眼がとどかない  眼の中からウツバリを取りのけて  眼から火を吹いて  眼を持っています  眼にさえも既に古く遅れてしまっている  眼を以ってはしないが  眼の外へ追いやる  眼をあいて見やあがれ  眼にもとまらない  眼と鼻の間に一刺を加えました  眼をあいて見ておきねえ  眼につかなかったけれども  眼の上なる笹子峠には鎌のような月がかかっている  眼を配りつつ進んで行ったが  眼でながめ  眼と眼を見合わせると  眼の前の金一封が的になります  眼の前の金一封を睨めながら  眼にとめていた  眼をつぶって考える  眼はつぶれなかった  眼を私にじっと注いだ  眼の前にキラめいて  眼のついた  眼を伏せずには居られなかつた  眼にするに堪えなかつた  眼にしなければ  眼も触れずに  眼の先の白いカーテンが一杯に陽を含んで  眼の先を寄切られた  眼をあくと  眼の先に置いて  眼に時雨の糸が殴り込む  眼を大きくあいておらなくてはいかんよ  眼がピンと上へひきつって  眼を銀の針のように光らせて  眼の前に現われて  眼の中から憎悪の光が迸る  眼の瞳孔が明けっぱなしになってしまっている  眼を持っていない  眼の肥えていて  眼の熱心さが尋常でないことを知りました  眼を着けました  眼の光こそ今は見る  眼でも見えたなら  眼に物見せてやろう  眼を醒ましましたが  眼は眠っても  眼のさめるほどに  眼ばかりしか出さない  眼をじっとお銀様がお御籤の紙上に注いで  眼の色が変って  眼に違いはありません  眼を拭いながら近寄りました  眼に映じて来た  眼を見合した  眼はその病症が緑内障であるせいか眼鏡の下に一寸見には生き生きと開いた  眼の色を仰ぎ見た  眼を白くしてうなずき合った  眼をマン丸くして  眼にかかるかも知れぬと  眼を据えていた  眼を丸くして見上げ見下ろす  眼を釣り上げた  眼が涙で一パイになった  眼からホウリ落ちる  眼をきょろきょろさせ  眼のあいている  眼のクルクルした  眼から下の半面を覆面し  眼だけを見せていた  眼から下を三角帛で隠した  眼を輝やかせたが  眼をパチパチ瞬いた  眼から下を黒い布でスッポリと覆い  眼が輝いていました  眼に見えて窶れ  眼をむけた  眼にとびこんで来た  眼の外へは出られまい  眼でおろおろ迎え  眼を庭面へそらした  眼をのがれてみせます  眼にものいわせて  眼を横顔に感じながらも  眼をあざむくにも  眼で拾って  眼をふさいだものの  眼のまえに来ていた  眼が横へそれる  眼にとまらなかったほどである  眼に見つつ  眼でさしまねいて  眼いろに出た  眼をくばっているかが推し量れる  眼には見えませんが  眼は仲のよい顔へ移った  眼をさませ  眼にはもう一塊の土くれに過ぎない  眼はぐらぐら揺れ  眼に見せられた  眼にも見  眼をそらせて  眼を彼の額に射むけた  眼の離せぬ  眼にはばめられ  眼もはなたず  眼くばせ交わすと  眼をあざむかれてたまる  眼でまざと見た  眼はすでに左右から迫った  眼を見あった  眼を疑って  眼には涙がにじんで来た  眼は狂喜にかがやいて見えました  眼ばかり見えていた  眼を擦って  眼と心とを離す  眼と鼻の間を一撃の下に打ち倒されて  眼がキラキラと光ってきました  眼から留度もなく涙を落した  眼はお城の濠に沿うて  眼がそういうふうに慣らされた  眼が見えぬから  眼に白い雲のようなものがかかりました  眼へ入りました  眼のあいた  眼でその男の面を見下ろしました  眼をこすりながら立ち上り  眼の前を歩かれたってわからねえやな  眼にも面にも筋肉にも充ち満ちている  眼をクリクリとさせて  眼を定めて見れば  眼に物珍らしい色を湛えて  眼の前へ来て  眼深にかぶっているが  眼に一寸釘をうち  眼に釘をうって  眼によって非凡なる英傑の目を狂わしめた  眼を血走らせる  眼覚めることを待っていた  眼をしかめて見入った  眼と鼻との間に見えている  眼がしわりと瞬いた  眼がとっくに比較していた  眼を阿賀妻に移して  眼をのぞき込む  眼をぱちりぱちりと瞬いて  眼を見ていた  眼をして眺めあっていた  眼を湿ましていた  眼をたかめ  眼をさがした  眼をうつして云った  眼はぎらぎらと彼を睨んで光っていた  眼が眉とともにひきつって来た  眼をあげて云った  眼に集まっていた  眼をぱちぱちと瞬き  眼をあげ  眼には一つの状景が浮んでいた  眼をほそめた  眼をおどおどさせた  眼をそむけてしまった  眼をそっとあげて  眼がかすんだ  眼にぱッと出あった  眼をすえておく  眼に高倉祐吉は目ざわりになった  眼の瞳の孔に見入って話しかけた  眼がぱちぱちと瞬いた  眼はきょとんと阿賀妻を見ていた  眼にぶっつかった  眼で高倉祐吉の顔をのぞきこみ  眼で祐吉の視線をたどって  眼はまたもあの漂茫とした  眼がぎらついていた  眼でその男はしきりに合点していた  眼の色をかえて走った  眼を唐紙の南画にのせかけた  眼が赤くひかった  眼をすえて構えている  眼でそう受け止めた  眼が凝然としていた  眼が柔かく彼を見つめていた  眼をぱちくりさせた  眼をほそめて凝  眼をまッ直ぐに注視して  眼で会釈して  眼をじろじろと上向きにして  眼で相手の胸もとを睨みつけていた  眼が疼むほど青い海の彼方に煙が見え  眼を船の小窓に置いて  眼でもう一度見て置きたいと思う  眼を近づけた  眼をひしひしと感じて  眼をしかめて  眼は沖の船にそそがれていた  眼はにごり  眼を強くまたたいて  眼を見開かうかと  眼を晦ますだけでは詰まらないといふ  眼で透かして見た  眼の前に起る  眼をもそれへ向けさせるといふ  眼を瞠つてゐると  眼はチラと見た  眼を集めた  眼を擦りつ  眼から消えてし  眼を白黒にして  眼に入ひる  眼を惹きつける  眼がクシャクシャに小さくなる  眼の下にその阿古村が現われた  眼で眺めている  眼にはある  眼につかないという  眼のありかがわからないくらいに  眼で草を喰んでいるが  眼を細くするだけな  眼に何だか溶ける  眼をつむって歩くだけが  眼に電気のように飛び付いて来た  眼のはたらく  眼のようにも見えたが  眼の前にかがやいている  眼をかがやかせた  眼を玉太郎にむけたが  眼は生き生きとかがやいていた  眼をさましておどろいた  眼をこすりこすり起きたが  眼は大きく見開かれ  眼で見たという  眼をさませよ  眼で二人を追った  眼をギロギロさせて  眼にもわかったらしい  眼を見詰めていた  眼が利かなかったと  眼から離さなかった  眼を天下に転じて  眼だけでも動けば  眼がくらくらと眩んでしまいました  眼には入りません  眼が醒めてから呼ぶとしよう  眼の下の広い庭の中に池があって  眼が覚めないか  眼の前に突きつけました  眼から結構と言われては  眼の前に突きつけられた  眼が釣り上る  眼で神尾主膳を睨みました  眼が醒めたけれども  眼をあく  眼を塞いでいる  眼を開かないけれど  眼にパッと鬼火が燃えました  眼には判然として現われました  眼をクルクルと光らせて  眼の前へ来てから  眼を円にしました  眼を閉じていました  眼を円くして見ると  眼を醒ますの  眼を円くしない  眼にはよくわかります  眼が一人として能登守の後ろ姿を追わない  眼からはなして  眼を据えてしまいました  眼の中へ隠れて行く  眼を八方に配ります  眼に留まらぬくらいに  眼もあやに走ると  眼と鼻の間を突くと  眼がとまりました  眼で見られなければならなかった  眼がしらに浮ぶ  眼をとおす  眼をくるっと  眼を通してゆく  眼を我歩み行く  眼は滅入り込んだ  眼を何心なく裏庭の方へ向けると  眼の間違いでないことを主張したけれども  眼と眉は有るといえば有る  眼を以て見送っている  眼を円くしていましたが  眼も触れないで  眼を醒ますと共に  眼で一座の連中を見廻して  眼を醒まさせるくらいに  眼の前で行われるに至った  眼もくらむばかりに  眼まぐるしく変っている  眼も疲れ  眼で呼んだ  眼にかざして  眼をみはって疑った  眼をおとして  眼は既に壁にかけた  眼は四壁にかけた  眼の下は潜れんば  眼に付いて来る  眼に掛って  眼の前にチラ付いて来た  眼の前で渦巻き初めたので  眼にかかっておりましたならば  眼で追い払いながら  眼を輝やかした  眼には涙を一パイに溜めている  眼から涙がハラハラとあふれ落ちた  眼の前が真暗になって来たので  眼の前の不思議な女性を睨み詰めた  眼をカッと見開いて  眼の前に泣き濡れた  眼で平馬を見上げながら  眼に涙が一パイ溜まった  眼がくりぬかれている  眼の失明や耳や鼻の畸形や怪我を隠す  眼をえぐったり  眼をまわすほどの  眼をパチパチして  眼よりも高く差し上げて  眼より高く差し上げていた  眼の前に聳えている  眼の色を変えて飛び込んだ  眼の色が変ってるだけに  眼の敵のようにそれを読みはじめました  眼は放さずに  眼の前へ置きました  眼違えという  眼を拭って見たけれど  眼は松の木の下の真黒い動物に注がれています  眼が爛としてかがやきました  眼は間断なく犬殺しどもの挙動を見廻して  眼にキラキラと黄色い色が見えたかと思うと  眼の色を変え  眼を引きました  眼がつきました  眼を醒まさせる  眼の柔和な老人が見える  眼だけをきらつかせ  眼をきらつかせてゐた  眼を瞠り立つてゐる  眼をはつきりと開けて  眼で熱心に中をのぞきこんだ  眼がのぞくと  眼の前で光つてゐた  眼が急に徴笑した  眼が又微笑した  眼に現はれた  眼がこちらの顔を撫でる  眼が房一をぢつと見下してゐた  眼がぎろりと房一を一瞥した  眼には何か訴へる  眼をはなした  眼の中をしつかりとのぞきこみながらつ  眼はその人の心を映す  眼をこらすだらう  眼の中をのぞきこんだ  眼で房一を見  眼で見上げ  眼は多くのことを見て来た  眼で今迎へたばかりの客を見た  眼がいつも人を小莫迦にする  眼で入つて来たばかりの  眼を迎へようとして一層高く頭を持上げたが  眼が一種こつ  眼が意味あり  眼で庄谷を眺めてゐた  眼がとび出して  眼にちらりと微笑を浮べた  眼の色と全身に滲み出た  眼をこらしてゐる  眼で二人を眺めた  眼の中へさしこんでし  眼に向けてみた  眼が潰れち  眼は喰ひこむ  眼でしきりと家の中をのぞきこみながら  眼を極端にぱちぱちさせ  眼を開けさせてみる  眼の色を調べた  眼で時々そつと男の方をぬすみ見た  眼だけをちよつと動かせた  眼をその白く光る  眼と唇がいくらか引つ  眼を道平に向けた  眼とを何かむき出した  眼で方々を見る  眼はぢつと房一の顔をのぞきこみ  眼を一層大きくし  眼を上げ  眼もそれに釣り合つて細い糸を引いた  眼を外れると  眼に当れば  眼で見直されるという  眼を光らし合った  眼をつぶっているが  眼の前におわせられる  眼をのがれえようか  眼をくばり歩いている  眼をかがやかして聞く  眼をつけているう  眼にのこっている  眼がつきあたる  眼に責められる  眼に狂いがあるか  眼の奥におさめてある  眼を放していた  眼のくばりが  眼をそそいでから  眼でまねいた  眼をかけている  眼を独り春の雲に遊ばせていたが  眼醒めるような心地がした  眼を半眼にとじ  眼のいろ変えて走って来る  眼じりを裂いて叫んだ  眼をとじて言った  眼にも判った  眼は開いた  眼だの言葉だのいふ物は何の役にも立たん  眼も遊ばせては置かなかつたよ  眼は疑はしさうに  眼の前にそれからそれへと限りもなく拡げられる  眼を向けなかった  眼もくれずにいた  眼を強く惹き付けた  眼をおどろかした  眼を絶えず働かせている  眼をおどろかし  眼と鼻のあいだの木挽町に新しい大劇場が出来るという  眼が見えなくて  眼を塞ぎ  眼より見ても  眼をつむって考えたりしていたが  眼をつぶつてみせ  眼には点となり  眼をつぶつて汁を啜つた  眼でいた  眼についたから  眼を蔽うたりしながらも  眼に入れ  眼をこらして見ていた  眼をするなよ  眼ばかりキョトキョトさせ  眼に泥が入って  眼と眼を見合わせながら  眼は油断なく尾根の方と峠路の方をかわるがわるすかして見込みながら  眼をまわしてしまう  眼は五寸先は見えても  眼に仏壇が見える  眼こそボンヤリ開けているが眠った  眼はさめず  眼でお妙を見る  眼で相談をする  眼で戸口を見る  眼をさましたらしい  眼は長五郎の方を睨んで  眼に物ば見せてやっから  眼が血走って来る  眼の小さな男は鼻の大きな男の口真似をしながら  眼のあいたお奉行様にお願え申して  眼を闇の中に光らせました  眼が怪しく輝いた  眼にもわかります  眼を指さしながら  眼を円くして見下ろしているばかりです  眼を円くして進んで行くと  眼を剥きました  眼にもはっきりとわかります  眼を醒ましたかと思った  眼をギョロギョロさせて  眼を光らせました  眼で笑つて私を見つめてゐる  眼のせゐだ  眼で笑つてゐた  眼からは止處もなく涙が流れた  眼からは復た涙が流れて  眼には種々なものが映  眼よりは耳の働く  眼が全く働かない  眼の不自由になった  眼の前へ霞がかかりましたよ  眼が暗くなった  眼を明るくして上げたいという  眼を惹かれない  眼でひとつこの遠眼鏡を見直してもらいたい  眼で見ては  眼で見ても  眼のふちへ持って行って  眼にうつっている  眼から涙をポロポロとこぼして  眼を明るくして上げようと思ってした  眼の前へ抓んで来て  眼に立つほどで  眼にいっぱいの涙をたたえております  眼の中にいっぱいになって  眼をさえくらくらとさせる  眼に左様に見えますか  眼には見えてなりませんのでございます  眼を驚かすばかりでございます  眼をクルクルとさせ  眼にも歯にも合わない  眼で睨められると  眼をそむけてしまいます  眼をそむけて戦いている  眼を円くするより  眼であたくしに  眼を反らせると  眼は複雑な陰翳に輝いて  眼をつぶつてほかのことを考へてゐるらし  眼をカツと開いて  眼の前の一人の同性にふと憫みの情を覚えた  眼だけで笑ひ  眼よりも心を疑つた  眼に見えん  眼をはなさずに呟いた  眼もでき  眼のうちに覆ひかぶさる  眼のなかに深い悲しみの色を読んだ  眼の前に突きつけ  眼が大里町子嬢のそれへ微笑みかけた  眼を働かせながら  眼を彼女から反らして  眼は一旦しづかに伏せられて  眼は不機嫌に彼を監視してゐた  眼を閉ぢてゐた  眼は現象として外部に表はれた  眼をもつてみてゐる  眼の大きな女がきまり  眼よりは寧ろ心憎きばかりなりし  眼の前のタコをむしゃむしゃ食べてしまわれました  眼の球が同じ横に往きながらも  眼を瞑って居ながらも  眼を引附ける  眼も暗んで居る  眼を着けると  眼に懸った  眼が判然覚めないと見えます  眼の間へ差して  眼で治平の顔を見るばかり  眼を射った  眼をギロリとさせた  眼を隼のように輝かせながら  眼を瞑って考えていたが  眼は訴える  眼で部屋の中をグルリと一廻り睨め廻した  眼にふと開いた  眼を無邪気に光らせながら聞いた  眼に遭わされて  眼で彼を盗み見た  眼で隅々までも睨め廻したが  眼を見やると  眼の前の沢山の写真をいじくっていた  眼を落とすと  眼を落として  眼も当られない  眼で机の上を睨んでいたが  眼を瞶った  眼を瞶りながら答えた  眼に遭せやがった  眼でじっと対手を見据えた  眼を落とすと周章て  眼と耳とにして  眼で浅田を見ながら云った  眼を配っていた  眼の前で展開していたが  眼の調節が急に取れないで  眼を光らしながら降りる  眼がギロリと動いた  眼を主任に向けた  眼を考え  眼を刑事達に投げかけていた  眼で刑事の顔を見上げていた  眼を薄気味悪く光らしながら  眼の前に気味の悪い頭蓋骨をつき出した  眼の前につきつけられた  眼をみようと  眼を輝かして見  眼に遭わなければならなかった  眼に押し  眼には新たなる感謝の涙が光っていた  眼で支倉を見据えながら  眼覚めかけた  眼で見られるし  眼は爛々と輝いて  眼は怪しく光った  眼で夫を見上げた  眼は爛々として輝き  眼の色を変えて訴える  眼を大きく見張り  眼は悲痛に輝き  眼を閉じて怖じ恐れて  眼のあたりに迎えて  眼でジロッと一睨みしたが  眼が大きいからそう見える  眼が出会った  眼は引釣り  眼の前の人俵のうめきの  眼を四方に配っている  眼を静に開けて  眼で眺めて居つたが  眼にもとまつたは  眼の前へ現れた  眼を曝しながら  眼に触れれば  眼にも入る  眼に映ぜり  眼には頗る陰気にして  眼が油断あるまい  眼で見送った  眼も見えない  眼にあらわれている  眼を悪うしてしも  眼の中をたぎらせ  眼をさましたかのごとく  眼にも映っていた  眼に見せた  眼が生き生きと獣めくまで  眼をじっとそそがれた  眼を移していた  眼で彼女の凝視に凝視を返していらっしゃる  眼にとまったぐらいでなく  眼はもンどり打っていた  眼であなたを見る  眼を外らしてしまった  眼の底から世の中を横に睨んだ  眼の前の物に手の届かぬ  眼に羨みき  眼を姉は傷みき  眼を病みて  眼見ゆ津軽の海を思へば  眼をも忘れず  眼ひらく時も呼びし  眼のうるみなどかなしかりけり  眼の下の狭い通りを漠然とながめながら  眼のなかをしらべた  眼で見て行ったか  眼でわかる  眼を除けば  眼の前が真っ暗になった  眼の前に湖の全景がひらけた  眼を細めてながめていたが  眼をさましたといっても  眼の上に折畳んだ  眼をあけて見る  眼の中を騒がせると  眼もあやにゆらゆらとゆらめきわたる  眼を紅く爛らせながら  眼も耳もない木偶と思いおる  眼を光らしていたが  眼にうるみを持って  眼を向けたがっている  眼いろを変えて  眼を刺した  眼に涙も持っていなかった  眼を留めた  眼がギックリとそこに留まると  眼に留ったから  眼も離さず見ていたが  眼にもよくわかりました  眼に残っていない  眼では睨みきれねえが  眼を円くすると  眼の夢に見て  眼のあたりに見せ  眼の色が変るに  眼をすずしくして  眼が見えませんから  眼の見えないに致しましても  眼があくべき  眼は血走っているし  眼の前で締め殺してくれ  眼の前で断たなければ  眼の底に真珠のような光を沈めて  眼の色の冴えを見る  眼の前を流れて行くから  眼に閃めく  眼を覚すじゃありませんか  眼に見えなくて  眼を覗きこんだ  眼が光るぞ  眼をつらぬかる  眼で言った  眼が笑った  眼の奥を覗く  眼で探した  眼がよく動くので  眼と眼を交した  眼の輝きはさすがに押へ得ぬ  眼の前にしげしげと見た  眼を部屋の片隅にうつした  眼に見入りながら  眼にものをいはせてゐる  眼なざしほどに今の杉村をぶちのめす  眼のなかにぢつと見入り  眼に見つ  眼のなかのうるみを  眼づかいをして  眼についたって  眼があらわに露出してきて  眼のところだけ穴があいて  眼にまで拡がって  眼をとめていた  眼を大きく見開き  眼を落しながら言った  眼がちらと彼女に注がれ  眼を吸ひ寄せられてゐる  眼覚めさせて  眼の色を変えて駈け寄って  眼の前で盗まれたとすれば  眼の前で許してやってくれ  眼をつけておいでなさる  眼の前へ現われて  眼をおわず  眼が見えなくなりましては  眼には石燈籠も立木もみんな人間に見えて  眼を瞋らして四方をながめる  眼があいていました  眼が開いていなければならない  眼に無限の優しみを持った  眼の見えた  眼が明らかにあいて  眼を癒さないという  眼を注いでいるらしい  眼があいても  眼が少し見える  眼に触るる  眼や耳ではとどきえません  眼には何も触れなかったらしい  眼をそばめ合ったが  眼をぬすんでのつかのまながら  眼のまえを  眼を落す  眼をくばっておけよ  眼を取  眼はとうに見ぬいていた  眼ざしでさえあった  眼をあらためて見るまでは  眼のまえに見て  眼と眼を見あわせた  眼をそばめる  眼で見届けたい  眼に甦  眼をふさいでも  眼に見てきた  眼をすこし細めながら  眼は書物に落していたが  眼を書物へ沈めていた  眼の下へかけての  眼の前のやや離れた  眼を熱くして  眼をとじながら  眼をさえぎ  眼を戻して  眼に待って  眼には頗る陰氣にして  眼を蔽わしめた  眼がむけられている  眼に士官階級以上しか映じなかったより  眼にうつらなかったのに比して  眼には鈴を張れという  眼を一方に転ずれば  眼を明治文学史の巨人なる福沢諭吉君に転ぜしめよ  眼のさきに森林がありながら  眼の前を次から次に横切っても  眼の前の美くしさを見向きもせず  眼を驚かして  眼から涙がハラハラと溢れ落ちた  眼に出会うた  眼を巧みに潜ってきた  眼を呉れず  眼の前に屹立っている  眼で押えた  眼が急に光り出した  眼も眩れ  眼の前にあるではないか  眼を離れた  眼がさめるか  眼が養われて来て  眼に宿りかけた  眼が見えないけれども  眼をおさましなさる  眼に四辺を見廻そうとしたが  眼の色を変えて飛び出そうとするから  眼の前で騒がれながら  眼の前に突き出すと  眼を投げると共に  眼を向けない  眼を奪われてしまいました  眼が見えないからです  眼をつぶっていますからね  眼の前に物の祟りを見る  眼から一切の光が奪われまして  眼をこちらへ振向けて  眼をクルクルさせると  眼の前に突き出して  眼を円くしますと  眼は開いている  眼をかけてやったか知れないのに  眼をして睨みつけたから  眼を注ぎます  眼をすまして  眼を隠せるを  眼を隠せるを知らざりしより起こった  眼の先からこの男の姿を拂いのける  眼のふちが紅潮し  眼で音のする  眼をピタリと私の眼につけた  眼をチョッと光らせたよ  眼には見えないでも  眼でユックリとあちらを見たり  眼は伏せないで  眼を信じない  眼の正月と言う  眼はどんなに鋭くても一面しか見ない  眼の前に浮びあが  眼にいすくめられて  眼を赤くしていました  眼にはあの人のように見えました  眼に附く  眼で見たが  眼の配り  眼の色を見ればわかる  眼で國友を見つめている  眼附きをしている  眼の中をのぞき込んで  眼が馴れたか  眼のやり場に困つていると  眼でジッと僕の眼の奧を覗きこむ  眼の中に何を認めた  眼をすこししわめて  眼をするだけで  眼は射る  眼がつりあが  眼をさらしている  眼や唇がとび込んで来る  眼の前に一つの争闘の活劇が起った  眼をさましては  眼をつぶって書き殴っては  眼さえしていた  眼の前で料理する  眼だけ出して  眼は血走って居た  眼からはボロボロと涙が二三滴こぼれた  眼ざしは執着のねばりを示し  眼もそうして男を検めていたが  眼はそれを制して  眼で迎え  眼に涙をみたので  眼は細く針のような底光りをかくしていて  眼をみはっただけでも  眼で彼をとりまいていた  眼いろもそれに伴って  眼からはなおそう観えているだろう  眼でジロと帝の御気配をねめすえている  眼の持ち主にしろ  眼で眺めるに  眼を涙にした  眼の中をうろつくなよ  眼にかかっても  眼を掠めて来た  眼でにらまえた  眼を研ぎすました  眼は見えておらんな  眼にみえた  眼は世にめくらな  眼でその小さい勅使舟の行方を見ていた  眼で見ていました  眼もうつろに佇んでいた  眼を油断させる  眼から逃げる  眼をふりむけて  眼からここの二人が見える  眼に入るだけでも  眼ではそうかと信じられる  眼をくるりとさしてる  眼の前の障子に映った  眼のようにぼーっと浮出していた  眼は急に輝き出して来た  眼を長く見開いていた  眼には二重の疑問が映じた  眼のぎょろりとした  眼を見張り口をあんぐり開いていた  眼の事は一言もいわなかった  眼をさらすという  眼を天井の方へ上げた  眼を見てとった  眼を放さずに言った  眼を上げない  眼がわたしの前に優しく輝き出したかと思うと  眼が飛び出している  眼でまばたきして  眼をそそぎ  眼を本へ落してしまった  眼の前にちらちらするばかりで  眼でわたしをじろりと見ると  眼の前に捧げている  眼をのぞきこんだので  眼の中が暗くなった  眼でにらもうが  眼は少し横合いから物問いたげに  眼もつぶらずにいた  眼とジナイーダの眼がぶつかった  眼をわきの方へそそぎながら  眼でわたしを見上げた  眼をあけないのに  眼を上げずにはいるものの  眼を上げずにつぶやいた  眼は静かに光って  眼を天井へ上げて考え込んだ  眼をこらし  眼の前にひらけ  眼のなかでくるくる回りだし  眼ではっきり見た  眼を上げずに  眼の前に立ち上がった  眼を以て人の顔を見て居る  眼にうかべて  眼を醒してみると  眼を盗み取り  眼は駝鳥の胃の腑を剖いて取ったという  眼をつけ無いか  眼の中が痛む  眼の色を隠す  眼と紅をぼかした  眼を新しくしたと見えて  眼の下に現われた  眼の色が忙しく動き出し  眼を飛ばせて  眼を失っているからの  眼が見えなくなっている  眼は見えないけれども  眼があいている  眼の色を変えて怒り出す  眼を瞬きをして  眼に涙をたたえて  眼の前へ現われてくる  眼まいをするほどに  眼が三ツある  眼は何を意味する  眼しか用をなさない  眼は与えられていないのに  眼を与えられた  眼で七兵衛を見ました  眼を円くしてたちどまり  眼をうつし  眼の下に青い痣のある  眼だけは閉ぶっていた  眼にじろりと見上げたが  眼の下に痣があった  眼の下に大きな青い痣があった  眼で赤星を見上げ  眼のお医者へも行かねばなりませんね  眼をやすやすと動かさず  眼に見えず蝕まれる  眼を冷く  眼の底に焼きつけながら  眼があつたりすると  眼はねつつこく  眼覚めるような美人と駈け  眼をつむって静まっていた  眼の色が光る  眼は文字の上に落つれども  眼の中には憂をこめて  眼は期せずして  眼を涼しく見張りて  眼を嬉しがらしょうともせず  眼の女が会して  眼をしょぼしょぼとさせる  眼から何かを読み取ったり  眼をぎらぎら光らしてきて  眼の中に残っている  眼を拭ったが  眼をくれたり  眼の前のものが残らず  眼からは涙がにじみ出した  眼をあげたが  眼の前へ書付を投げ出しておいて  眼に留めただけであった  眼の前で大きな木を伐っとばされれば  眼でにらんで  眼に浮んでくる  眼をぱちくりさせました  眼を輝かしていいました  眼が止まった  眼を見合すと話しかけた  眼を掠めたので  眼が晦んで運んだ  眼がありませんな  眼で見詰めてはいるが  眼を近づけ  眼付けて見せる  眼に見えるがな  眼の下を見れば  眼をキラリと床の間へ向けた  眼はまた据わった  眼にかけ  眼を怒らせたが  眼の前をキラキラと火花が飛び  眼を睨みつけた  眼に見守られながら  眼が面越しに火のように輝いた  眼を止めると  眼が突き抜かれていた  眼をひそめた  眼をクラクラさせた  眼の前にブラ下げたって訳さ  眼ばかりパチクリさせた  眼がギラリと光った  眼まぐるしく飛ぶは  眼の色を変えて飛んで来た  眼と咽喉とを縫いつけられていた  眼を見張り囁き交して  眼を眞丸にして訊き返して居る  眼を見合せてゐた  眼のさきの暗くなる  眼を自らに向け  眼とすれすれに機躡が忙しく上下往來する  眼が見えました  眼を皿のようにしていました  眼とすれすれに機躡が忙しく上下往来する  眼のうしろへはい上がって  眼のまえを流れる  眼を丸くして笑った  眼をつけて飲みはじめた  眼の色は早春の朝のように澄んで  眼では彼方の一院の方をながめていた  眼で見届けもし  眼ざしを見くらべては  眼がさがしていた  眼をひらいてみると  眼をおおわずにいられぬ  眼と爪だけのものに変っていた  眼で地上に見られもする  眼に安心をみせた  眼は驚きをもった  眼をあらためた  眼の中にいる  眼の揣摩憶測がさまざまにあるからでしょう  眼をこらしあった  眼と眼が戦った  眼のすみにもないように道誉は待たせてある  眼をかりて  眼だけがあった  眼ざしをじっと凝らして  眼のすみで  眼も歓呼に弾む  眼にもわかるほど  眼で叱った  眼はらんと光ってみえた  眼を光らすなどの  眼をひらいてみた  眼覚めるとすぐ起きたけれど  眼の治療にも電灯を用いる  眼に点ずると  眼の辺には紺青色と真珠色の光を放ち  眼には見えぬ  眼はかなり遠距離の物体を見る  眼が疲れて来る  眼に害がある  眼を起す  眼を病む  眼には丁度二色の写真を重ねて見ると  眼と蒼黒い大きな口だけしかないようなツメオは息子の上に屈んで  眼を皿の豆に吸いよせられながら  眼にみられ  眼をキラキラさせて訊いた  眼で真正面から見て笑うので  眼と眼の間に死が現われでもするかの  眼と眼を経だてている  眼を奪うまで  眼と眼の空間に明暗を与える  眼で彼を見詰めた  眼のように放っていた  眼だけでも瞑っていれば休まるだろう  眼がぐらぐらする  眼にはその兵士の黒く逞しい顔と軍隊手帖を読む  眼で空を見上げた  眼の前にはつきり見えたりした  眼に涙を溜めてゐた  眼に感激の涙さへ幽かに染んでゐる  眼の前へ差出した  眼を白黒させながら  眼にはいらなかつた  眼をつぶつてやつてみた  眼がいたくなつてしまつて指をはなし  眼と眼を見合はす  眼でやつても左の眼でやつても見えるわよ  眼の真中にある  眼と眼の真中にある  眼や鼻をガーゼで拭ってやりながら  眼を忌んで  眼に狂いはありません  眼でばかり見られて来ました  眼から涙が流れてとまらない  眼から涙が出ていました  眼が涙をこぼしている  眼をしばたきながらいいました  眼をまるくしました  眼には喜びが浮んだ  眼をうっとりとさして  眼もうっとりとしていた  眼を朝子に移した  眼で笑いかけた  眼にあざやかに浮ぶと  眼も心も崩壊の膿汁にふれていながら  眼をうつして  眼にも合理的に見える  眼や口なぞのように動的な表現力は全然持っていない  眼や口と同様に数限りない表現が鼻にも存在するという  眼や口なぞいう  眼や口の表現は如何なる心の落ち着きに依って  眼や口とても格別鼻の表現に加勢をする  眼はあらゆる注意力を奥深く輝かせ  眼を怒らし  眼は細く波打ち  眼をパチクリさせるなり慌てて  眼や口や眉は盛んに活躍します  眼や唇なぞが受け持つ  眼や口がいくら騒いでも  眼や口に出来る  眼と口と耳とが証人として出廷着座しております  眼を瞠り耳を澄まして  眼と口と耳の四人の証人に向って  眼は色が変り果てております  眼や口その他の動的表現係より受けたる  眼や口だけで表わしている  眼や口と同じような表現を鼻に押しつける  眼に止まらぬ  眼や口には出来ぬ  眼だけが細く波打って  眼が表す  眼や口がその人間の感情や意志を現わして相手の感情を刺激する  眼や口なぞが如何に努力をしても  眼よりも口よりも真中でニヤニヤ笑っている  眼とおちょぼ口との間にありありと見えすいている  眼にも止まらず  眼や口が表現している  眼や口はニコニコしながら  眼や口を細くして語り合いながら  眼や口を使いわけても  眼や口なんぞと同じように支配する  眼を見せ  眼の前に現われます  眼や口や身ぶりの表現が鼻の表現と悉く一致しているからであります  眼がくれた  眼までも閉じて  眼の前ではさり気なく男の言葉にうなずいていても  眼や口が怒りの表現で大車輪になってる  眼で見詰められております  眼醒め得る  眼新しくて面白かろうとさえ考えられる  眼と白い牙をむいて  眼の前に結び止めて  眼が瞑れる  眼に付きます  眼をむけ続けてゐたが  眼を抑へた  眼も廻るほど  眼にとめてゐられなかつた  眼を円らにしてゐる  眼には何物とも判じ得られぬ  眼が怪しくかがやきだした  眼が恨みを含んで  眼の前につきつけられて  眼が上ずってしまう  眼が合いました  眼に当て  眼を奪う  眼をあげてながめた  眼をとざせば  眼が見えないでしょう  眼が見えなくたって  眼をつぶっていても  眼がつぶれ  眼がまわります  眼をきょろきょろさせながら  眼にうつったと見えて  眼で人間がその昔の時よりも暢気に見える  眼というものは見るべからざる  眼は見えないが  眼を見合わせました  眼よりも着た  眼の中に涙をさえたたえて  眼をうってみましょうか  眼に当りました  眼と鼻の先に吉原があろうとも  眼のかがやきを  眼が利き出してきて  眼の下に見えますから  眼とはいえ  眼は悪心降伏の害毒削除の威力を示すが  眼が一つなんて鳥はありませんよ  眼が出ないで  眼をつけますと  眼を眩惑する  眼ばかり出した  眼がさめて見ますとね  眼の色が少し変りました  眼を冷し冷ししていると  眼を冷しながら答えると  眼にしめして  眼の明を失いましたけれど  眼の色が緊張する  眼をむき出して  眼を挙げて答えた  眼のうらにありすぎるからだ  眼より小さき星あまた飛散致し  眼を通せば  眼もあやなる極彩色にぬりつぶされて行く  眼をすえている  眼で自分を凝と見詰めた  眼の前へぶら下げてみせたとしたら  眼が人並みすぐれて  眼を伏せてしまいました  眼の前へ曳きずり出して  眼の前に見ていると  眼をぎらぎら輝かせて  眼を釘付にされた  眼より落つる  眼をつむって待っている  眼をあけてきて  眼を閉じさえすれば  眼を他に転じた  眼には涙さえ浮べながら  眼から涙がぽろりと落ちた  眼に浮び出て来た  眼は平常に似ず  眼が高いと思いましたよ  眼をつぶらない  眼が合っても  眼に写って来なかった  眼さえ挙げようとしない  眼もじっと針の上に止まっている  眼のまわりの暈を見ても  眼には涙の漂った  眼を合せながら  眼を御覚ましなすって  眼を明いた  眼だけ笑いながら  眼も挙げずに  眼をやったなり  眼は大空の閑かなる  眼を大きくし  眼にもって  眼ざしをして見せながら  眼で舐ぶるがごとく見直す  眼のふちは笑っていた  眼でさしながら  眼をお持ちの  眼はいつも遠くを見ておいでられる  眼でぼやッと坐っている  眼をただショボショボさせるだけだった  眼でジジの顏を見てゐた  眼を細目に開ける  眼がぢつと自分を追つてゐる  眼をとぢて静かにしてゐると  眼の前に立つてゐる  眼の前に太い竪樋がかかつてゐた  眼をあけたのに  眼に盛り  眼にも潔癖に見える  眼でしか眺めなかつた  眼でかぞへた  眼には父の志操とうつり  眼をつぶつて見ない  眼を近寄せて見ると  眼のあたりにした  眼にはまだ映らず  眼を解かなかつた  眼がはつきりと開いた  眼ができてゐた  眼の迷ひでないとするなら  眼から紫色のものが溢れでた  眼へはやらなかつた  眼をくりくりさせて  眼は一重瞼で理性の光を帯びてゐた  眼に当てて  眼どうした  眼をさましたの  眼がつり上がって  眼には涙が一杯にたまっていた  眼も在る  眼をパチリとやらずにいられない  眼をとじていました  眼を閉じても  眼で入り  眼がわるなつたけど  眼を注ぎつ  眼を光らして見てゐる  眼を覺ますほどの聲を立てて  眼をクシヤクシヤさしてお文の方を見た  眼を覚ますほどの  眼も話す  眼をぱちぱちして  眼のまはりが染まらず  眼を据ゑて朝から油を呑んでゐましたが  眼には見えないが触  眼で合図をする  眼立った辻斬がたださえ寒々しい府内の人心を盛んに脅かしていた  眼を光らせてきたが  眼の配りと  眼惹き袖引き聴耳立てていた  眼で承知のむねを示した  眼の前へ並べたので  眼で町内から見られていた  眼が同情に変ったが  眼が紙へ落ちると  眼にすこし険がある  眼の下の大きな黒子とこの蝶々彫り平打ちの金かんざしである  眼から落ち  眼の前の往来のまんなかで起りました  眼に角を立てて立ちどまりますと  眼をすましました  眼を醒したけれども  眼を据えておりました  眼が光らない  眼が据わって来る  眼をかがやかしている  眼をはなさず見ていましたが  眼が醒めませんでしたのよ  眼醒めになりませんという  眼が輝いてくる  眼の前に積んで  眼を醒まして見ますと  眼がだんだんよくなりますのよ  眼を冷しに  眼でも醒まそう  眼を眩惑される  眼を通して歩き  眼を惹くという  眼を外らせてしまいました  眼を醒ましてしまうと  眼の前へ番付を突き出して  眼を怒らして怒鳴りつけたので  眼が肥えていさえすれば  眼を醒まさせてやる  眼のさきに突っ立っているだけで  眼にもついて  眼を晦まして  眼にも馬であるらしく見えた  眼はまるで黄金いろでした  眼を惹きつけていた  眼に本当に映った  眼を湿ませなかったであろうか  眼から遮る  眼はその方へばかり惹かれ  眼に止めたならば  眼だけを残して  眼を見合せたので  眼に映つたりした  眼の先へ浮びあがつて  眼を閉ぢて有り難い光景にふら  眼の方が米俵に腰掛けてゐる  眼のあたりに見るが如き  眼の先に拡げて  眼は爛々として広袤千里の雲煙を衝きながら  眼指して止まざる  眼をさへぎる水馬の影さへ見へぬ  眼に加へて恋々の想ひを含めて  眼にうつっては消えうつっては消えた  眼をしょぼしょぼさせて  眼にみなうつった  眼を覚ましていて  眼を大きくあいていた  眼をそのほうに向けて黙ってしまった  眼をあざやかにした  眼の美しいのを知っていた  眼を閉じて眠っている  眼の前に仰いでいる  眼と眉とをはっきりと見せて  眼にたって  眼も心もさめておらなかった  眼かくしをさせられる  眼の前にさながらさまざまの色彩でできた  眼の前を通って  眼にあざやかに見える  眼の前に浮かび出す  眼にもうつった  眼のぱっちりした  眼にはやさしい表情があった  眼がみんなこっちに注がれた  眼の前にちらついて見える  眼の前に浮かんで通った  眼の発達せざりし  眼眩がして  眼には涙があふれた  眼をなかば開いた  眼に浮かんできた  眼に映って見えた  眼もギラついていた  眼は咒文のように呟いた  眼を二つ三つ瞬いて  眼で娘の方を見やったが  眼も口も篦で一すくいずつ  眼を伏せて言った  眼を痛いほど横暴に刺戟する  眼は今日一日のスケジュールに就いて  眼に稲妻形に曲る  眼を地に戻して  眼の一掃きで見て取った  眼まぜをして見せた  眼の前の情景にもつれて  眼に効果を現わして来た  眼の前に再び展開しかける  眼の前の小娘を一人遊ばせて居るという  眼の裏のまぼろしに綺麗な水に濡れた  眼はこれ等すべてを裏切る  眼に青とも桃色ともつかぬ  眼を剥いて睨みまわした  眼を天井に向けては  眼で次の間をふり返って指した  眼を白黒さしていたが  眼を寝ずに働いた  眼で見下した  眼であったという  眼の玉を真白に剥き出して  眼の玉をギョロギョロさせながら  眼がまわりますから  眼をパチパチさせながら云い放った  眼をまん丸にして見上げていた  眼に涙を一パイ溜めたと思うと  眼を醒ましかけた  眼を醒ましたが  眼をコスリながらうなずいた  眼をコスリコスリ身体を拭いた  眼を逸しっ  眼のすわらない  眼と耳をつぶって  眼をそらせ  眼のまはりをくり拔いて  眼がくるりとなつたと思ふと  眼を持っているでしょう  眼をぱちくりやっている  眼を偸んで行くという  眼を以て見られる  眼を見合せながら  眼を移してきた  眼はその針を隠して  眼にたたえて  眼がちらと光った  眼もとめずに  眼をずらしていくと  眼の前に思い浮べてる  眼を光らしました  眼の前で笑っている  眼をぎらつかせながら  眼がぬうっと伸び出す  眼を据ゑてぢつと山々を見てゐると  眼に殘つてゐる  眼の色を見詰めてゐたり  眼に着いたが  眼を常に到る  眼はこの身の眼となるだらう  眼に入つては来なかつた  眼が醒めんわい  眼をやって見ました  眼の先にある  眼くばせをされ  眼をやりましたが  眼の前の屋敷を見ていました  眼にかかるから  眼をクラクラさせ  眼の前を掠めて  眼に見えました  眼と体のあらゆる感覚を集めて  眼が少し据って凄味を帯びる  眼の感覚に弾動を与える  眼をきらきらさせて  眼をつむって居た  眼を瞑って動かない  眼のなかに大きな星が出来たと騒ぎ始めた  眼を持って行く  眼のなかを覗き込む  眼に星が出たの  眼に出る  眼を気にして  眼で兵士達を見据えた  眼は光り続けていなければならない  眼を避らしてしまった  眼ばかり光らせて居る  眼を正面に据え  眼はつむった  眼から星なんか出やしない  眼で微かに加奈子を見た  眼で見ながら訊ねた  眼も醒める程  眼を戻すと  眼を閉じてみると  眼の前に浮み上って来る  眼に溜まっていた  眼が奥深く光って  眼くばせを受けると慌てて立って  眼を白黒さした  眼の前のタタキの上にモンドリ打って伸びてしまった  眼で私を見上げた  眼が見えます  眼の中に一パイ涙ぐんで来た  眼の前でチャンとした  眼を逃れる  眼をパチパチさした  眼に涙をためながら  眼の前へ降って来ました  眼をキョロキョロさせて尋ねました  眼を瞠って申しました  眼を遣りながら  眼の前に彷彿とする  眼を思い浮かべた  眼はきらきらと光っていた  眼に涙が浮かんでいなかったら  眼をつくづく眺め  眼でさがしていた  眼が信じられないといった  眼のまえには  眼にちらつき  眼に押し当てた  眼に正体とはちがった  眼まぜして  眼に留まるとは  眼と口を帽子の顎紐でしめ上げた  眼の保養をしました  眼がチラチラして  眼の前で嘘の皮をひ  眼の下にその場所を見ながら  眼の前に展開した  眼の下に見えていた  眼にとめる  眼をお放しにならない  眼の前に空虚な袖の垂れている  眼覚めて攪乱されて眠れず  眼の前に黒い雲のような緞帳が下りて来て  眼のやうに見える  眼をピカピカ光らせて  眼をしばたいた  眼の黒いうちにと蝶子は焦った  眼をパチクリさせていると  眼で暫らくその男を睨みつけた  眼には無頓着に通訳にきいた  眼から消えなかった  眼のさきの傾斜の上にある  眼を刺された  眼は醒さなかつたし  眼は眠りたがるばかりで  眼のなかには複雑なレンズがあつてけしきやみんなへんにうるんで  眼をまたあげるなら  眼にははつきり見てゐない  眼に見え  眼に残っておりますよ  眼を右へ引いて行って  眼の廻るほど  眼で睨みました  眼は海上遠く注がれながら  眼で見るに  眼がさめない  眼の色まで変りかけてきました  眼の色も変り  眼をあいて見て驚きました  眼がさめていたとて  眼を皿のようにし  眼がさめます  眼で室内をながめて  眼を兵馬の寝ている  眼のさめるほどの  眼の前へ突き出すから  眼を覆ふてし  眼は一所を注視して動かなくなり  眼があるのみであるし  眼をつぶってねむる  眼が俄かに遠くへ萎んでしまひ  眼深にかぶっていた  眼の届かぬ  眼にもひらひらと映った  眼でじろじろと尾田を見る  眼がばかに美しく光っていた  眼も片方は濁っており  眼がひどく不調和な感じを尾田に与えた  眼に異常な姿として映っても  眼をそ向ける  眼を瞠って見たが  眼がいつの間にか抜け去っていて  眼の模様がはいっていた  眼を持たねばならないと思います  眼を白くろさせて喘ぐばかりだ  眼を移す  眼に映って来ると  眼があったらと思う  眼が赤黒く充血している  眼の先に黒い粉が飛びまわる焦立たし  眼はその水中で眼を開けた  眼にだけ見える  眼の鋭さにもとづく  眼を投げました  眼を大きくしました  眼も見えなく  眼は知らない  眼深に被つてうなだれた  眼はひとたびそれを異の空間の高貴な塔とも愕ろきますが  眼もうるうるして息吹きながら  眼がさきにをかしいの  眼を蝕まれ  眼に象って  眼をひらけ  眼をとぢるときはにせもののピンクの通信が新らしく空から来る  眼のまへまで一ぺんにひろがってくる  眼をだんだんその方に向ける  眼で追ひながら  眼の前に垂れ  眼につくだけだ  眼についたり  眼が曲んで  眼もまず平田に注いだが  眼に物を言わせ  眼は眼蓋が腫れて  眼を閉ッて一息に飲み乾し  眼で外見悪る  眼を畳へ移した  眼の色がおかしくなると  眼を細くしながら見つめていた  眼で天井を見つめて  眼に見えていて  眼を含涙している  眼は物を言うかのごとく見えた  眼の中に実情が見える  眼に掛けられぬ  眼をぱちくりさせながら  眼に心痛の色が溢れる  眼はもう涙に潤ってる  眼を煩った  眼は何となし曇っている  眼は潤んでいる  眼に涙を浮かべた  眼を遮らないのであらう  眼に痛く空を刺してゐる  眼の前へつるし上げながら  眼の中においてもいない  眼と見あった  眼には入るまい  眼のうちのものを煮えたぎらせた  眼だけはそらさなかった  眼で知りえた  眼の下にあり  眼をうるませ  眼のあたり目に見る  眼ざしでいつまでも見送っていた  眼はぐらぐらとくらむだけである  眼はただ二個の無力なレンズであるに過ぎない  眼はガラスと変じ  眼で石崖の穴を覗いて見たが  眼が以前よりも物凄くなってしまった  眼に苦悩を表していた  眼でわれわれを顧みる  眼が真黒の穴とも見えた  眼が鋭くなって来ました  眼を自分は備えていない  眼の働きを恐れる  眼の前に蘆の葉の薄緑が一連に輝いて見え出した  眼にも附かない  眼の底には残るが  眼が明いていた  眼の働きを失って  眼の前にころがる  眼を注いでいると  眼をいっこうはなさないで  眼のさめるほど  眼をつぶったらしく  眼をあやにしたり  眼の中にいっぱいの媚が流れる  眼を限らないで  眼をあけられた  眼に触れないとも限りますまい  眼がはなせた  眼をまるくして言うと  眼をパチクリして見ていると  眼をしましたから  眼を不審の色に曇らせて  眼を抜くという  眼の前の炉の火に投げ込もうとしますから  眼がかがやいてきました  眼にも露が宿るらしい  眼をクルクルと廻しながら  眼に余ると見ている  眼もはなさず頑張っているから  眼を円くしてしまいました  眼は熊に向いつつも  眼をつけてしまいました  眼をつけたという  眼と口だけを残して覆いかけました  眼が見えて  眼というものは怖ろしい  眼でまざまざと見ました  眼を光らせてゐた  眼に祖母の愛した  眼をみはってしまった  眼でもしていないかと  眼に遭った  眼にまざまざと見せつけられた  眼を追つてゐた  眼の美しい髭の男を見てから  眼を細めると  眼のすんだ  眼の中まで真暗になり  眼は宙に据って動かない  眼を定め  眼も鼻も全体の顔立も正夫は覚えていない  眼や鼻や唇にまで霧はしみこんできた  眼から出ていたよ  眼をつぶって呑み込んでしまう  眼になじむ  眼を傍の外國人へ眞面に向け掛けて  眼をしばだたかせて頷いた  眼は何か悲痛な事柄にでも出  眼に掛からう  眼は一瞬の怒に  眼の二亭はこぼたれ  眼に映ぜしめる  眼にもはっきりと見えた  眼はいつか涙ぐんでいた  眼は風雨に逆らって  眼が光るばかりでなく  眼の光を私は忘れない  眼であたりを見廻す  眼から涙が抑へても  眼でぢつとお前の顏を見詰めてゐる  眼の前から消え去  眼の前にちらついてくる  眼を見開いてゐる  眼には私の胸に最高音のリズムを打つて  眼はお前の顏の上にす  眼を光らせて囁いた  眼を開いてみながら  眼には暗い影がちらりと差して  眼に差してゐた  眼にはあの貞雄君の顏が消さうとしても消えぬ  眼は暫くお前の腹部に注がれてゐた  眼は何時開かれるとも知れない  眼を見張ると  眼の下へぱつと海が展開した  眼をやったら  眼を一ぱいに見はった  眼に働きのある  眼ばかり徒に大きく見開いている  眼を畳へ落した  眼を沾ませて  眼もぱちぱちしている  眼の眩んでる  眼で互に眺めながら  眼で迎えながら  眼を伏せて聞いている  眼を地面に落しながら  眼をもって居たり  眼をうごかしませんでした  眼がかすむ  眼の生々した  眼がとろんと据わ  眼で私達を見詰めてゐた  眼の光に氣が付くと  眼を伏せてし  眼の前にすると  眼は深く凹んで  眼を女の姿に投げかけた  眼は一杯に涙ぐんでゐた  眼で隣の部屋の方に眼くばせした  眼の前の女の姿をぢつと見詰めた  眼の前にしながら  眼で私の側へ近寄りながら  眼にまざまざと映  眼も口も開かぬくらい  眼が潰れるぜ  眼が眩ゆうて  眼にトラホームが伝染し  眼を奪われたら  眼が潰れたら  眼がスッカリ醒めてしまったばかりでなく  眼を思い出し  眼を眩まされてしまった  眼と口をシッカリと閉じたしかめ  眼をマン丸く見開いて  眼の前に凝視しつづけて来ていた  眼が覚めないと  眼にはいって  眼をピカピカ光らせていた  眼の奥が熱くなった  眼はもはやぼうっとかすんでいた  眼にうかべている  眼を見張りながら叫んだ  眼の先に展開しはじめて  眼を伏せて行く  眼で覗き込んでいる  眼をカムパネルラの方へ向けて  眼のなかには涙がいっぱいになりました  眼の下のとこを擦りながら  眼を避け  眼をそらに挙げました  眼の下のまちまでがやっぱりぼんやりした  眼の前がさあっと  眼を擦ってしまいました  眼の前を通り  眼をつぶってるね  眼にさわりました  眼の茶いろな  眼が熱くなりました  眼を細くしたり  眼をあいて云いました  眼がさめちゃった  眼はまた泪でいっぱいになり  眼を大きくしても  眼にはきれいな涙がうかんでいました  眼がしんしんと痛む  眼を送りました  眼に僧の眼のうすい藍色の光が顫えついていた  眼には忽ち前のやうな溌剌たる光が還  眼は動かなく  眼を背後に感じながら  眼も鈍くなっている  眼をおさまし  眼をみはつてゐる  眼がうるんで来る  眼の肥えて来た  眼の前にだらしなく酔つてゐる  眼で田部の手元をみつめた  眼が注意深く周囲を見廻した  眼を開けねえじゃおかないからな  眼が開くな  眼を擦り擦りやっと  眼の前が一様に白っぽい布で覆われた  眼は火になって輝いた  眼をまやかしてる  眼が白く光った  眼について欲しいなと思った  眼に触れて困ります  眼をとめました  眼のさめない  眼の不自由を感ずる  眼の先につきつけました  眼を拭いました  眼を吸い寄せられている  眼はどうかしている  眼を立てました  眼が今日はどうかしている  眼に少しも見えないとは  眼を以てたずねて廻ろうという  眼を通して置く  眼を細い活字の上へ曝しはじめた  眼を頁の上に落した  眼や唇は彼女の精力的な熱情を反映する  眼のなかには涙がいつ  眼を拭ひながら  眼の下のところを擦りながら  眼をそらにあげました  眼を擦つてしまひました  眼を擧げ  眼をつぶつてるね  眼にさはりました  眼はまた泪でいつ  眼にはきれいな涙がうかんでゐました  眼を見はらせて甘んじていなければならない  眼をじっとすえた  眼だけをしぶくあけて  眼の前をとほつていつた  眼をつぶつてらくらくと話し  眼もわからず  眼はいつかな休もうとしない  眼を瞞着し  眼の前に日当りの良い緑の草原が現れてくる  眼をぬすみみました  眼から遮断されてし  眼ばたいた  眼は偽つて置いたが  眼を輝かせてゐる  眼を視開いた  眼をあけてゐた  眼に印象派の画のやうにチカチカと反映して  眼の据へどころに困つた  眼も涙に濡れてゐた  眼を空へ挙げてゐるばかしだつた  眼をそらせました  眼の色に影響した  眼に湧上って来る  眼が向って行く  眼をぬぐいながら  眼の下のとこをこすりながら  眼をこすってしまいました  眼のかげんか  眼をあいて言いました  眼をこすってのぞいても  眼に烙きついた印象を生かす  眼を奪おうと努めている  眼をみはらせた  眼の中程の處にまで音がする  眼だの手だの足だの殊に心臟の處を摩擦する  眼の瞼の上へバタの溶けた  眼を開けさせるが  眼が開いて  眼も眩くなりよろよろしました  眼を見開かせた  眼を出席簿から挙げたと思うと  眼を飛ばせる  眼を駭かせた  眼はこっちの眼をまともに見つめた  眼の前に一めんに立っている  眼を上の方にやった  眼をふさいで歩きだした  眼を開けて云った  眼が闇に馴れて来た  眼が益々闇に馴れて来たので  眼をパッチリと見開いていた  眼は据えつけられた  眼も矢っ  眼が私の動作に連れて動いた  眼の上で私は手を振って見た  眼の行方を彼女に見られる  眼だけを何故私は征服する  眼を見よう  眼に涙さえ泛べていた  眼で私を見た  眼に涙が一杯溜った  眼で甘えた  眼が自分の上に注がれている  眼で招いたので  眼がチラとお芳を見つけた  眼にあまるほど散らかっている  眼を寄せながら  眼のまえにひき起された  眼を澄ました  眼のそばへ持っていった  眼を掠めたと思うと  眼と唇に一種の表情を浮べながら  眼でジイッと僕を見られただけで  眼を附けて  眼には涙が湧いて来た  眼を円くしながら  眼に笑いかけながら  眼に光った  眼で合図をして  眼は答えていた  眼をはらしていた  眼に這入らなかった  眼を下へ落した  眼から鱗の落ちた  眼に埃が余計はいる  眼を容赦なく喰い荒し  眼を紙から一定の距離に置き  眼を閉ぢて物を思ふ  眼を開けなければ  眼にうつたへられる  眼にどんな感じをあたへるか  眼にふれると  眼の着け  眼を円くしていると  眼の中に湛えて  眼をマドロス君に向けている  眼と鼻の間の出来事とはいえ  眼を据えてしまった  眼をパチクリする  眼の前といっても  眼の前に現われたほどの  眼を驚かすばかりでなく  眼をひからしているって  眼ざしにさせていた  眼をそそぎかけた  眼で端から解いて行った  眼の大きい美しい二十七歳の女が坐っている  眼を離させぬ  眼の中にある  眼で見学したくてやって来た  眼と黒い髯とが見えた  眼をそらさせる  眼を覚していた  眼の前へ白い衣服を着た  眼のちかちか光る  眼に入らなかろうが  眼の色に迸らした  眼の邪魔になった  眼が痛くならない  眼だけをつけて  眼を空に開かせる  眼も窪ませた  眼と口とがぽっかりと現れて来る  眼を正眼に煙らせて来た  眼は神経質に切れ上り  眼を半開きにして  眼を瞑っている  眼を広くして  眼の下なる汐留の堀割から引続いて  眼にも直ちに想像される  眼の痛なるまで見詰めていたい  眼をひらいてくれた  眼に立ちぬ  眼を擦りつ驚くばかりの  眼の醒むるばかりに咲揃いたる紅白瑠璃の花を現ともなく見入れる  眼の前で服用して見ろ  眼で合図を送った  眼と眼で囁き交した  眼と眼で囁き合う  眼に掛けます  眼に掛けますから  眼をむけよ  眼もてきみにそと教えて居る  眼のまわるくらいの  眼にこもって  眼で眺めながらも  眼を向けず  眼も向けず  眼は同時に彼の顔の上へ落ちた  眼とのあいだに揚げた  眼を離していた  眼の前に霧のやうなものがふるへだす  眼には映らなかった  眼には滑稽に見えた  眼は火のように輝いていた  眼で愉快そうに笑った  眼を空へ向け  眼がひどく飛び出していた  眼が銀貨に食い付いていた  眼がクラクラと眩んだ  眼を彼女は持っていた  眼がいくらか治つたかと思ふと  眼が見えなく  眼の苦労は絶えなかつた  眼などはもうどうでもよろしいではないかと思ひつつも  眼で斜めに足の踏み  眼に国語を知らず  眼を見入る  眼でときどき見た  眼を動かさなかった  眼が光っておりました  眼をつむっておりました  眼を長者の方にやりました  眼で恨めしそうに見ておりました  眼は魚のように冷たく光っておりました  眼はちらと瞬いて  眼の光りから  眼が一杯見開かれて  眼をくるりと動かした  眼を外らしていた  眼ばかり色っぽく働かしていた  眼を外らさなかった  眼をぱっちり見開いていた  眼が自分の心に向けられてる  眼の中を覗いたが  眼を外さざるを得なかった  眼が疲れてきた  眼で睥むようにして彼を見た  眼の小さな足の短い肥った  眼が出来てきた  眼からはまた涙が出てきた  眼の前に彼女の姿を浮べていた  眼の前に在った  眼の底が熱くなる  眼や頬に涙がたまってる  眼を押し拭いながら  眼の前に寄せられてきた  眼は嘘仰しゃい  眼の中をじっと覗き込んで  眼がしつこく自分に向けられてる  眼はいつしかまた隆吉の上に据えられていた  眼を見据えていた  眼の前に出ていても  眼につくばかりでなく  眼の光りとが  眼が涙で一杯になって  眼覚めてる  眼の底が痛くなる  眼を覚してるだけの  眼がじっとこちらを覗いていた  眼を伏せて考え込んでると  眼はやさしい色を浮べて  眼を覚さない  眼をぱちくりさした  眼にじっと眼を見据えながら  眼が小賢しく閃いた  眼を見据えて黙っていた  眼とに特長があった  眼が絶えず敏活に働いて  眼をちらと覗き込んで  眼の底が熱くなってきて  眼を見据えると  眼を見合したが  眼を伏せて歩きだした  眼を一杯見張って  眼と口とで微笑んだ  眼でじっと見られた  眼のように浮出していた  眼を足下に落しながら云った  眼を惹かされた  眼がぱっちりと開いて  眼がすぐ前に見開かれていた  眼で笑ってみせた  眼を彼はじっと覗き込んだ  眼に涙がにじみ出てきた  眼を見開いていたかった  眼をぼんやり眺める  眼の前で渦を巻いた  眼を離さないでいる  眼を空間に定めて考え込んだが  眼に止めて  眼を円く見開いて  眼でじっと見つめられた  眼をやりもしなかった  眼を地面に落した  眼で村田の顔を睥みつけた  眼から見られてる  眼に涙が溢れてる  眼の下へかけて  眼をちらと大きく瞬いて云った  眼を見据えてきた  眼を止めず  眼をやっても  眼を開いたり閉じたりしている  眼を円く見開いていたが  眼を惹きつけた  眼には熱い涙が一杯溜っていた  眼の中へ飛び込んできた  眼が輝いていた  眼を開かなければならない  眼は子供によって仕方がなく湧き出た  眼の底に映ってゐた  眼が遠く走ってしまった  眼を上げて云った  眼には可笑く見えたらしい  眼の色がいかにも僞りを包んでゐる  眼にも生地の堅氣とみえる  眼で意味あり  眼の前に突き付けられて  眼の前にもお文の姿がまぼろしのやうに現れた  眼にはおかしく見えたらしい  眼の前で何もかも云わしてみせる  眼の色がいかにも偽りを包んでいる  眼もくらみ  眼にも生地の堅気とみえる  眼の奥に疲れた  眼について来た  眼をけわしくして  眼を向けなければならなかった  眼をくぼませて出て来た  眼をいよいよ陰らせて  眼とを絶えず働かせながら  眼にはありありと読まれた  眼は意気地なくうるんでいた  眼を瞑じて立ち止まった  眼を拭いていた  眼にもつきません  眼をこすりながら起き出して  眼にもとまらず  眼の光のただならぬのが自分を椅子から押しのけて割り込んで来る  眼もすこし血走っていた  眼をつけてしまったらしい  眼は一度に輝いた  眼を見あわせている  眼を白黒させました  眼を放されない  眼をひからして伸び上がった  眼でうなずいた  眼をつけ始めた  眼を据えてささやいた  眼をしょぼしょぼさせながら振り向いた  眼と鼻との間に巣を食っていながら  眼から意気地なく流れる  眼を送っていると  眼に鋭く沁みて  眼をつむって考えていた  眼ばかりを光らせている  眼が出た  眼を瞋らせていた  眼が眩んでいる  眼をあいて窺うと  眼をかすかに明いて  眼をまるくして驚いた  眼かくしをして乗せて行く  眼はじろりと光った  眼利きをさせた  眼もかわらないで  眼を拭きながら云った  眼にも発見されなかった  眼には涙がいっぱいに溜っていた  眼を拭きながら訊いた  眼がひかっているので  眼をして睨みつけているので  眼と鼻のあいだにいる  眼をつけられて  眼のひかりを半七は見逃がさなかった  眼に浮かべる  眼の色をやわらげないで  眼の前につかえている  眼のさとい半七はそれが彼の山崎平助である事をすぐに覚った  眼を見なかつたら  眼をみあわせた  眼にはいっぱいの涙を溜めていた  眼の色まで変えて  眼で知らされて  眼にもやっぱりおふくろさんの顔が猫に見えた  眼にも七之助の眼にも確かにそう見えたと云い切った  眼にはおまきの顔が猫に見えた  眼があく  眼が血走っていた  眼もうとくなりまして  眼をふきながら  眼があたかも半七と出合った  眼をさまして取っ  眼をさましたので  眼に見逃がしておく  眼は兎角にその人の方にばかり動いた  眼を醒まさないので  眼を醒ましたらしかった  眼をさましかかった  眼を瞑ってしまいました  眼をひからせて  眼の色が俄かに変ったらしい  眼の前の客をかき退けて  眼は急に光った  眼の前に突きつけられて  眼のはやい半七はふと見かえると  眼を丸くして眺めていた  眼配せをされ  眼が鋭くひかっていた  眼をかけてやるから  眼の先に突きつけた  眼をふいた  眼に残っていると  眼を晦ました  眼の色を変えて哮った  眼のかれも  眼をふさいでしまいますと  眼をあきますと  眼ざしを凝らしてしまう  眼をすましていた  眼にも見えなかった  眼ばかりがらんとしていた  眼を射るだけである  眼で捜しあう  眼は血走  眼の前ですぐいたせとの  眼のきいた  眼をかけないだけに  眼をつけられたが  眼を逃がれる  眼をもたない  眼をむけると  眼をこすりながら笑った  眼は動いた  眼を眩してしまったかも知れません  眼をひらかせ  眼を薄くつむって考えていたが  眼をかけて下さる  眼をかけられているばかりか  眼に一種のまぼろしが映った  眼が潰れるか  眼を見あわせているばかりであった  眼をつぶりながら考えていた  眼を以てお年を窺っている  眼が眩んでいるから  眼のさきに支えている  眼のまえに迫って来るにしたがって  眼を瞑じた  眼をひからせて云った  眼を泣き  眼のふちを青くぼかしていた  眼をつけていなかったが  眼の前へさし出せば  眼を白黒させ  眼を真赤にしている  眼の前に出てきた  眼をぱちぱちやっていたが  眼が一つのぞいた  眼に向かって  眼を放し  眼と眼を見合わせた  眼をあいてみれば  眼が数百となく迫っている  眼を走らせ  眼が覚めますわい  眼をあけろというのに  眼をかっと開いて  眼から涙がぽたぽた湧いてきた  眼にとまったか  眼をぱちくりさせながらいった  眼をくらましたか  眼を天井につりあげる  眼がきらりと光った  眼がぎょろりとうごく  眼をまわしたので  眼をぎょろつかせて  眼を鰯のように赤くして入ってきた  眼をぎょろりと光らせながら  眼をとび出すほど見開いて  眼にうつったではないか  眼をぎょろりと光らせたかと思うと  眼をうまく騙しおおせたという  眼をあいていますし  眼を蔽っていてはならない  眼をかがやかし  眼を細目にひらいてみた  眼を蔽いたいほどだった  眼のさとい水兵が叫んだ  眼であたりを見まわしていたが  眼のまえにひかえて  眼の前に突っ立った  眼のさきへ突きつけると  眼を動かすばかりで  眼をつけられた  眼があいているので  眼利きのところへ持って行って  眼と鼻のあいだの道具屋へ鬼の掛地を売るなんかは  眼のまえに積んで  眼はにわかに光った  眼の前へつかみ出した  眼につくので  眼の色が半七の注意をひいた  眼を眩わして  眼の色を変えて担ぎ込んだ  眼を抜き  眼の前に大きな山が迫って来て  眼を据えて睨みまわすと  眼を白くして縮み上ったという  眼がポオとなって  眼早く青切符を見咎めて  眼の中が熱つうなります  眼が眩うてフラフラと足が止まらぬ  眼が硝子のゴト光って  眼の色が変りました  眼に合わせる  眼をグルグルさした  眼をパチクリして  眼をすこしばかり開いて  眼を聳てて坐り直した  眼は蛇のように忌らしくみえて  眼をとじて考えていたが  眼にとまったりすると  眼に強く睨まれると  眼を大きくして睨んだからといって  眼のひかりは怖るべき  眼が怖ろしかった  眼にしみて働けない  眼をしたたかに撲った  眼は先ず彼の上に注がれた  眼をつけているらしいので  眼をみはって見送っていた  眼をいよいよ光らせて  眼のさきへ突き付けた  眼にじろりと睨まれると  眼に立たなかった  眼を誤魔化し得るだけに  眼にも覚られた  眼のまえに投げ付けられた  眼をみはっている  眼を塞いでしまいたい  眼について来たので  眼を窪ませていた  眼のさきに突きつけられて  眼のまえで試してみなければならないというので  眼でまねいて  眼をつけなかったかと  眼にも付いたが  眼を仔細らしく皺めながら  眼の前に大きく開けている  眼からは止め度もなしに涙が流れ落ちた  眼で突っ立っていた  眼には残忍の殺気を帯びた  眼には殺気を帯びている  眼はおのずと血走って来た  眼のつけどころに困った  眼を泣き腫らしながら  眼じりを下げて  眼のなかへ入れたいほどに可愛がっていた  眼のさきへ突きつけられて  眼のさきに浮かんでいる  眼でそこらを詮議すると  眼でしらせて  眼から逃がれる  眼にもかけない  眼を突き潰したので  眼で見るだけの  眼と耳とをもって  眼も放さずに  眼をやりながら訊いた  眼のまえに並べると  眼がきいているので  眼をつけられますよ  眼のきいている  眼がくらむほどに  眼から火の出るほどに撲り付けられた  眼をつぶっても歩かれるくらいに  眼をして睨んでいる  眼のうちも陰っていた  眼をふきながら云った  眼からは新らしい涙が流れた  眼のひかりを避ける  眼をこすりながら起きて来た  眼の下一尺あまりもあろうという大きな鯉が生きていて  眼をとじて黙って聴いてしまった  眼と鼻のあいだの葭簀のなかに平七が寝込んでいるとも知らねえで  眼の前には虚無僧すがたの男が突っ立っていた  眼をひからせながら  眼で知らせると  眼が利いているね  眼が利いている  眼も鼻も利きません  眼のさきに怪しい女の顔がだしぬけに浮き出したので  眼を晦ましている  眼の捷いお  眼をひからせながらはいって来た  眼じるしを立てて埋めて置く  眼を瞑じて考えていた  眼配せしながら  眼をかけないから  眼の色が変っていて  眼が眩むほどに  眼の中へ押しこんだ  眼の前の新堀川へ身を跳らせて飛び込んでしまった  眼にはお節と見えたかも知れねえが  眼を光らせたが  眼の捷い  眼があるから  眼をつけていると  眼について豪家の嫁に貰われる  眼がジロリと動き出して  眼とピッタリ出逢う  眼は俄に光り出す  眼も合わず  眼がしょぼついて来て  眼と眼を看合わせ  眼に逢ッて解けるが如く  眼を剥出して  眼に懸るまい  眼遣をし  眼の中の星よりも邪魔になり  眼に看て置くなんぞ  眼に懸  眼はパッチリ視開いている  眼と眼を疾視合わした  眼に逢ッて解ける  眼を剥出しても  眼に成っていた  眼を配ッてお勢を探す  眼を覚まして見れば  眼の底に染付いて忘れようとしても忘れられない  眼を視合わせれば  眼で喰込んだ  眼を額越にそッと親子へ注いでみれば  眼に一杯溜るので  眼を改めてみれば  眼早くそれを視て取  眼が曇り  眼を看開いて  眼の皮がたるみ  眼を覚ませば  眼から観れば  眼を見合わして  眼の中を曇らして  眼を見合しては  眼や耳やへ入ッても底の認識までは届かず  眼には宇宙は鮮いで見え  眼を眩ませて  眼が覚めようかと思われる  眼の中を曇らせる  眼で肉筆を見ると  眼のまえに迫って来るので  眼利きは出来ねえが  眼についたから堪  眼で知らせた  眼の中に冷たさを感じると  眼にも肌にも強く当った  眼には凡てのものが美しく珍らしく見えた  眼を覚ましてからは  眼には陥穽に陥ちた  眼のひかりが鷹よりも鋭いのを見て  眼のさきの吾妻橋に住んでいた  眼も違わねえ  眼のとどかぬ  眼を赤く濁らせ  眼も鼻も無い真っ白なのっぺらぼうの顔にみえたので  眼が眩んで歩かれなくなった  眼配せされて  眼は光っていた  眼から白い涙が糸を引いて流れ出した  眼をふと瞑つて  眼も開いていない  眼の前に迫って来た  眼のまえに控えて  眼と鼻の間にあるので  眼をふきながら訊いた  眼をして睨んだ  眼につき易いところに席を占めた  眼にとまっておれば  眼をおれに向けた  眼がくらくらした  眼から入る  眼を見開く  眼で物を見る  眼のうち鹽風吹き入りて  眼を見開かせたであらう  眼はアッシッシの丘にある  眼は一層深められた  眼をよろこばせる  眼のさとさにもすぐれてゐたと  眼を見開くなら  眼のどんよりした  眼を以って彼を見る  眼を丸くして云った  眼が明いてい  眼のさきにいる  眼はいよいよ光った  眼に触れたら  眼の前を行交ふ  眼がまうが  眼でもつて  眼は眞赤に充血してゐた  眼は真赤に充血していた  眼はそういう道誉の面をらんと見すえた  眼からはほくそ笑まれる  眼にもしかと映っていた  眼はつねに尊氏を冷たく刺した  眼に哀しく見えた  眼をして求めた  眼で拝見させていただきましょう  眼を室内へ移して  眼に始めて  眼が絶えず光っていた  眼の先にぶらさがっている  眼と眼が向かい合った  眼を明いている  眼を突かれますからね  眼をも瞑  眼を覺された  眼を半眼に開き  眼のさきへもっていって  眼をすがめて見ている  眼は素晴らしい発見に爛々と燃えて  眼にダイヤの大きなのが光る  眼が集まってくる  眼配せをされて  眼を瞑じていた  眼には付かなかった  眼に付くからと  眼のさきに柳の立ち木があって  眼に付くから  眼の前に人殺しを見ていながら  眼を着けて居られた  眼がとどきません  眼も当てられません  眼にも容易に鑑別される  眼をむき出しにして死んでいた  眼には見えなかった  眼は怪しく輝いた  眼はいよいよ異様にかがやいた  眼の前に見せられると  眼を星に十分に真正面に向けるにつれて  眼に入るさ  眼でその家を調べてみよう  眼に解決不可能と見える  眼に頼らないで  眼で調べてみた  眼にとまらないで逃げる  眼にとめると  眼から炎を放って  眼を半開にして  眼と鼻のあいだの近いところを駕籠に乗せて帰る  眼の前に突き付けさせました  眼の前でこの活劇が突然に始まった  眼の前に近づいた  眼には怪しく見えたと云う  眼をみはって空嘯く  眼がつきますから  眼を丸くして喜んだ  眼を瞠ったに  眼に入ったので  眼をこすりながら帰って来た  眼を明いちゃあ歩かれません  眼じるしに  眼をこすりながら歩き出そうとすると  眼を着けられる  眼に狼狽の色が走つた  眼を喜劇面に転じた  眼によつてはじめて伝へられる  眼に愬へる  眼早く見つけた  眼の先きにあると云って  眼をわしは見る  眼の中には青春が夢みておりました  眼をさますであろう  眼はおさましなさりますまい  眼はお覚ましなさりますまい  眼もて見るに  眼をどう使うと  眼に注意を集中している  眼のさきへつき出した  眼に角立てた  眼で二人をにらみつけた  眼を配って行かなければならなかった  眼と鼻のあいだで産湯を使った  眼をもって見れば  眼をおどろかしたに  眼をさえ抜く  眼の前にそびえていた  眼こぼしにしてやる  眼のそばによせて  眼のあたりに拝みました  眼はなかなか働いていた  眼をして覗いていた  眼をむき出しながら捻じ伏せられた  眼にみえて居りましたが  眼には立ちませんでしたが  眼の前にお歌が倒れた  眼は議会において質問をする  眼によく見られる  眼は隈なく照っている  眼を閉じたばかりの眠ってる  眼でその破滅を眺めていた  眼が牧師にジート注がれた  眼で空間を見つめながら  眼から再び現われ始めた  眼は大きく見開いていた  眼をちらと光らして  眼も凍らせる  眼が瞬いている  眼からは光りが消え  眼を眩しそうに瞬いて  眼のなかを窺う  眼を桟の雪に据えて  眼のあたりに思い  眼に帰ってしまう  眼で見てきた  眼を醒まさずに  眼に入れたい  眼を開かせられました  眼の中までが燃え出しさ  眼を伏せてゐる  眼が室の内部を見た  眼をして見おくっているだけでした  眼が青々とすみきっていました  眼になりますと  眼をさまします  眼はいきいきとかがやいてきます  眼がするどくひかっていました  眼をひからしました  眼にも遣り切れない  眼で見ただけでも  眼のためにはよくありません  眼のためにはいっちよくきく  眼を据えて見たって  眼をあいて見ろ  眼をあけろったって  眼がつぶれただけなら  眼をあげて見分けてもらった  眼に触れると  眼の落つる  眼の悪いことは隠せないにしてからが  眼を急転させて  眼が悪いから見て取る  眼がなおっても  眼の前につきつけ  眼をすましながら  眼もいけない  眼が爛々と光り出します  眼に鈴鹿山を睨めて  眼は鈴鹿山から伊勢の海あたりをながめながら  眼がさめて見れば  眼より怖ろしい  眼は威力を現わすけれど  眼は倦怠を現わす  眼にまで残している  眼の色が燃え立つ  眼を湿らして見せるな  眼の前へ浮いて来る  眼が三ツあるよ  眼が一つだのという即興をうたわない  眼はなかなかいい  眼よりいいかも知れない  眼でひとつ見てくれ給え  眼をはなすと  眼のはなせない  眼をさましてくれるし  眼からポロポロと落ちる  眼を転じたが  眼には豊富なるうるみを持った  眼の前にころがっている  眼に見て取られます  眼に落ちた  眼の中には焦燥はあるが  眼があるの  眼が碧くて  眼で見てはいましたが  眼を醒ましていたと見えて  眼の前にも泣き出し  眼をかけて使っていた  眼のさきに十手を突き付けられて  眼にかかりたいから  眼は曇っていた  眼が悲しそうになった  眼には新しい涙が湧いていた  眼で外の闇の中を探る  眼の前にいながら  眼は何ともいえない  眼に心を残しながら  眼と眼との間に顔中の皺を寄せて  眼は泣いた  眼に真実涙を潤ませている  眼がしおしおとして潤んでいる  眼のあたりがひどく窶れている  眼をしてうなずきながら  眼が凄いように釣り上がって  眼にかけては自分と正しく一致していた  眼も同情に堪えないくらい  眼をして通って行く  眼をさらしていたら  眼をさらす  眼の前に黒い閃きがする  眼は云いあわした  眼のせいでしょうとは云ったが  眼の迷いと云う  眼は暗いなかで梟のように光った  眼が見えなくなってしまいました  眼に故障があるか  眼でうながして行きかかると  眼に何かの意味を含んでいる  眼のさきへ舞って来ると  眼のさきへ大きい白い蝶が飛んで来たかと思うと  眼のまえに争っている  眼の怪しく光っている  眼のさきにあらわれた  眼とを働かせながら  眼が冴えて眠られなかった  眼には確かに菅糸と見えた  眼をいよいよ光らせた  眼をひからせていた  眼は異様にかがやいていた  眼の色もかわっていた  眼のまえに立ち塞がっているのに  眼にも触れなかった  眼のまえに泣いている  眼をおどろかせれば  眼の娘がありまして  眼に涙をうかべて云い聞かせた  眼を開いて見たら  眼は眠っている  眼は弥兵衛老人からはなす  眼を癒そうとしまして  眼によい温泉がある  眼に立ち  眼を以てして  眼が光ったりして  眼は上ずり  眼を集めると  眼を驚かせつつ  眼も口も打たれて  眼をかすめたくなる  眼を醒ますというたしなみが  眼を据えながらも  眼を酷使して  眼を円くしたけれども  眼はやっぱり子熊から離れない  眼をしているので  眼をはばかる  眼を急にパッチリとあけて  眼をとじてしまった  眼にみえないほど  眼の前に展開された  眼がくらんで来た  眼をいからせ  眼ざしを透して  眼を半分ひらいて  眼を拭うと  眼にもかからずに  眼をつぶって見せた  眼をキラキラ輝やかせながら  眼をほおえませていた  眼を見つめながら  眼だけは胡魔化せない  眼のようにも見える  眼で乾を見すえた  眼を走らせただけで  眼はいつもききたがっている  眼のまえが  眼をほおえませて立っていた  眼で初犯の手口だということがわかる  眼に苦渋なものがあらわれ  眼を見かえして  眼のまえから消え失せた  眼で乾を睨みつけながら  眼をぬぐうと  眼くばせをすると  眼が着いたので  眼さえ肴から離さなかった  眼の前に押し寄せて来るまでは  眼の前に活動している  眼の前に据え付ける  眼に遠い霞を眺める  眼だけ光らして  眼の前に戻った  眼に応えた  眼を眠った  眼は細長い路次の一点に落ちた  眼を覚まして泣き出した  眼が往来へ向いた  眼も利かない  眼が四つほどすでに宗助を覗いていた  眼だけをその間から出した  眼立った批評は加えなかった  眼を塞いでいたので  眼の縁に帯びていた  眼に浮ぶに連れて  眼がいつ  眼のあたりに見ると  眼が覚めませんが  眼を押し開けて  眼の色を見るや  眼がひとりでに覚めた  眼の前へ控えた  眼がまだ覚めている  眼と鼻と口とを髣髴した  眼を霑ませて  眼を堅く閉ってしまう  眼の間を見詰めた  眼に付かずに過ぎた活きた  眼の働らきから来たとしか思われなかった  眼を眠っていた  眼の前を往ったり来たりする  眼を閉じながら  眼を丸くしないばかりに聞いた  眼の前に据えて  眼を通して叙述されており  眼に外燈の滲みいれば  眼に輻射してゐて下さい  眼ばやく見つけた  眼の落ちた  眼に痛いほど沁み入って来る  眼の前に引きすえられた  眼も彼に注がれていた  眼がないと嗤われていた  眼から捨てきれない  眼に水気を帯び  眼が非常に痛み出して  眼が潰れるというほどの  眼の前に現れるだらう  眼と云い  眼の美しさなどは妙な云い  眼の小ささがそのまま舞台顔へ乗って  眼のさきには昔の麹町のすがたが浮び出した  眼もそれに因って  眼まで来て  眼を網の中から放さなかつた  眼には五六本としか見えなかつたが  眼の明るい間はお前に心配はかけぬわい  眼ばかり大きくなつた血の気のない顔は凄味を帯びて居た  眼の前に働いて居る  眼で制した  眼の縁を擦りながら  眼が覚めたかい  眼は赤く腫れて居た  眼の前に蜘蛛の糸でもある  眼の上を指先でこすってみた  眼を瞑って呑み干そうと思う  眼や手になんらかの変化が起ったら  眼と手で私の過去を見直し造り直してみよう  眼のうちに暗い険しい色をうかべる  眼ざしが迫って来て  眼とチョビ髭だけをのぞかせている  眼のなかには精神の動きが見えている  眼は冴え  眼の色で話した  眼ではそれが見えなかった  眼の光がある  眼の見えん  眼の視力が失われている  眼をそらさず  眼くばせをなさいました  眼に涙を浮べて  眼のさめる思ひの  眼つぶれる思ひにて  眼で女の姿を眺めてゐました  眼の前で大きな円を描いて  眼の前に発見した  眼と頭とを疑わずにはいられません  眼が覚めん  眼から隠蔽する  眼で知らすれば  眼に検察して  眼の観察の一度達したる  眼にてきっと見たり  眼に御覧あそばして  眼にいっぱいの涙を湛えて  眼の先からは消えはせぬ  眼をつむりましたが  眼ばかり白黒させてゐる  眼で尊重されてゐたが  眼は憐れみと  眼をごまかして  眼の前の五人の並んだ  眼を視開いて見ると  眼を見返し  眼をひたとむけて答えるに耐える  眼をみはりしかある  眼鋭る  眼瞑づれば氷の上を風が吹く  眼とみな失ひて  眼には極めて処女らしく見ゆる  眼を置時計の針に遊ばせてゐた  眼の前に見せられた  眼をそっと拭きながら  眼からは涙の雫が訳もなしに流れて落ちた  眼を拭きながら慌てて  眼の色を播磨は怪しむ  眼の色を変えて慌てた  眼を据えて聴いていた  眼を据えて見つめていた  眼がギラギラ光り出した  眼も光りました  眼の前に飛び出して来た  眼の前に飛び出して来るなんて  眼をしないでよ  眼が利かないで  眼を見合せていた  眼で男を見ていた  眼を嘗め廻した  眼におうたわね  眼がうるんだ  眼はまたうるみ  眼を見るだけや  眼まぜで知らせたが  眼の前がぽうっと霞んだ  眼で語って  眼を白黒させていた  眼で畳の上に置かれた  眼が迫る  眼で観察していたが  眼はいつかうるんでいた  眼は急にいきいきと輝いた  眼と眼を見合っていた  眼さめて眠られぬ  眼を菱型にみはった  眼の前へ現れでもする  眼をしてながら  眼の先から消そうと努めた  眼の前が真暗になる  眼鋭く鼻の上の皺に惡相を刻み  眼からも耳からも血が噴き出ている  眼をつぶって黙って聞いているが  眼にあて  眼に流れ込まない  眼を渋くあけて  眼でぢつと眺めて  眼をねぶつて皆の歌ふのに  眼の前に一個の殉教者を見る  眼をつぶつて林檎をふくんだ  眼は異樣に輝いて  眼はぱツと冴えた  眼につかなかったりする  眼で捉へられ  眼と口とをふさいだ  眼をぴくりぴくりとうごかしている  眼をつぶって走り去る  眼の色こそ変っている  眼は特別によく働く  眼に誤りがあった  眼でマドロス君だけを見誤る  眼をつけて見たが  眼がはなれないでいる  眼が躍り出し  眼を眼中に向けて  眼が利かないから  眼の前の朝の生命の糧が差迫っている  眼をふさいで逃げて行ってしまって  眼を後ろから押えて  眼が車のように廻る  眼の明を奪い  眼に走る  眼の使い方が解せない  眼を醒ましていてさえくれれば  眼を奪われて  眼がさめたばっかりという  眼の玉の碧い  眼が一つ殖えた  眼の中にかがやいている  眼の色を変えて起き直り  眼を以てするけれども  眼を以てする  眼を授けられて  眼が爛々と輝きはじめました  眼の前に置くと  眼の前にあるから  眼にうつると共に  眼をはなさないほど  眼が承知しない  眼に訴えて  眼をはなさないでいると  眼があけられず  眼も利かなくなったも  眼もちゃんと二つあるし  眼はかっとむいた  眼らしきものがついている  眼につかぬのに  眼を向けかえなければならぬ  眼を怡ばしめなかった  眼によっても見たい  眼でものをみる  眼にはよく見える  眼でみるならば  眼でいうならば  眼は知る  眼は色をもって  眼の楽しみ  眼の心懸けで暮らしてきた  眼が開いていない  眼を上げて訊ねた  眼を背してしまった  眼を輝したが  眼に這入つた  眼は心の窓であるといふが  眼には無限の悲しみが宿つてゐた  眼は死んだ  眼はしよぼしよぼと  眼には二千年の癩者の苦痛が映つてゐる  眼に映つて来る  眼をつぶつてゐると  眼の前でもがく  眼を放さずにいると  眼を一点の曇りも  眼や口のあたりに何處か拔けた處のある  眼の前にぼんやり立つてゐる  眼のギョロッとした  眼と耳とを誤魔化す  眼は閉じられた  眼を離そうともせずに  眼から脱れる  眼を見張って尋ねた  眼の寄る  眼の前に現れて啼く  眼のくるくるとした  眼を覚まして見ても  眼には赤いというだけの  眼は澄んで  眼には涙をためながらも微笑まされたりしなければならなかった  眼でゆられゆられて居る  眼を瞑らせておいて  眼はちゃんと明いている  眼は閉じて  眼を薄く開けて  眼を開かれ  眼をこの浮き島の上の残忍な屠殺者の群れに向けている  眼を向けるという  眼は絶えず筋向うのボックスに注がれた  眼をしょぼしょぼさせながら黙って  眼を凝視ていたが  眼で挨拶をしながら  眼は手紙の表に記された  眼を擦りながらいった  眼はつり上り  眼はじっと空間を見つめていた  眼に合わされねばならぬという  眼に見えて増すかも知れない  眼をつけなくても  眼を何遍も何遍も拭きながら  眼の前につるしてあった  眼に見ようという  眼に合おうという  眼の前の斜坑口を上って行った  眼にもハッキリと解った  眼に付いて来るにつれて  眼の前に浮かみ出て来る  眼を顰めていて  眼をカッと見開いた  眼で見まわすと  眼の前に坐っている仕繰  眼をマジリマジリと開いたり閉じたりしながら  眼の球の奥底に在る  眼の球の五寸ばかり前に坐っている  眼の前の暗黒の核心を凝視しつつ  眼の前の曲線の継ぎ目の上に乗りかかって来ると  眼には何ともいえない  眼の球一つ動かす  眼を真白く剥出した  眼を力一パイ見開きながら  眼にはかかれません  眼にかかれた  眼も眩むと云う  眼のつり上った  眼を見合わしながら  眼を御やりになって  眼からは恋慕三昧に日を送った  眼を御伏せになった  眼は糸の方へやっていても  眼をやらない  眼を据ゑて毛虫啄む  眼のなやみ  眼ざしあはれそが夢ふかき空色しつつ  眼をみひらけば  眼ををののかし  眼ざしやはらに縺れて  眼なにか見る  眼にうつり  眼も痛ましき香のけぶり  眼にまどふ  眼が鳩のように可愛いいって  眼をくるくる廻していた  眼の前の繪は消えて  眼にも鼻にも感じられた  眼をさらした  眼の前を通りすぎようとした  眼がじっと己の方を見ている  眼の前にはさっきの女の姿が花のように映っていた  眼に己の眼を持って来た  眼を注けていた  眼は灯盞のように大きくて金光を放って輝いていた  眼に妖気がある  眼の前には暗い淋しい世界があった  眼の色変えて  眼はお写真を見ている  眼からは涙がこぼれて  眼の前の文夫さんが急に憎くなり出して  眼にも受け取れぬ  眼をつぶつて見せる  眼は絶えず笑つてゐる  眼を止めて見て  眼がもの憂げに私に微笑みかけてゐる  眼がまわった  眼には博識ということは一種超自然的なもののようにしか見えない  眼をこそ向くれ  眼で新思想や学説が正統の教理と撞着する  眼に触れていた  眼に見られる  眼から顔を外らすと  眼をつぶって見たかった  眼から隔離して置きたかったからに  眼に見えないから  眼のさきにちらちらする  眼をギョロつかせ  眼に浮べる  眼が飛んでいたり  眼は持っていなかった  眼をただパチクリさせて  眼に涙を湛えながら  眼で蛙を睨みつけ  眼をパチリと開けて  眼の前に展開するを見た  眼の前で殺された  眼は固く閉じている  眼を澄ませて見ると  眼で見なければ見えぬ  眼までが梟のように変質している  眼を見せて  眼をかがやかせ  眼があけていられないくらいだ  眼と手とは動いて  眼の前へもってきて開くと  眼を瞠ってみせた  眼を蔽うて  眼が痛くなる  眼と唇とは私に読唇術で呼びかけていた  眼を押しつけた  眼と鼻とをすすり上げて  眼にはっきりと浮んでくるけれど  眼ざしがまざまざと蘇ってくる  眼ざしのようにかがやく  眼を細くしながら見まもっていた  眼の菫はいつも綺麗に咲くけれど  眼ざしをそそぎつづけていた  眼ざしをやっていたが  眼を半分閉ざしている  眼ざしを投げてゆく  眼で見知るや  眼ざしで眺め出した  眼に浮んできた  眼には吻と安心らしい翳りが拡った  眼はベッドのなかでふるえていた  眼に見えて衰えてゆく  眼の前に苦しみだしている  眼あきはめくらに如かず  眼に見えたり見えなかったりする  眼には怒りがありました  眼が伊勢の国へ向いている  眼の中にありありと浮び出でた  眼を地上におろすと  眼を無明の闇に向けられているという  眼に認められてしまいました  眼が釣上り  眼の前に置いたって  眼をはなせば  眼を円くして唸らせるだけの  眼がまるくなる  眼で爛々と見つめる  眼を見て驚きました  眼をつかったり  眼を惹いたけれども  眼が涼しく明いていたら  眼の感じがよくさえあれば  眼を刺激して  眼をこすりつつ起き上ったあぶれ  眼が時々は動いているから  眼の前に写る  眼の前で見せられて  眼もあいている  眼は徒らにポカリと開いていて  眼をそらしたりした  眼をはなさずに見届けていた  眼を据えて見ようとも  眼は沈みきって  眼をくれている  眼に浮んで来ました  眼もぱっちりと開いているし  眼を塞いで立ち竦んでいた  眼を丸くしながら  眼をキラキラ光らして  眼もシッカリしている  眼をショボショボとしばたたいた  眼を据えて睨み付けた  眼に形相すさまじく此世の人とも覺えず成ぬ  眼は相手の差す  眼で一直線に結びつけて  眼で挨拶してはいって行った  眼だけで笑って  眼も開けないほど  眼のない瓦本でつい髪結床へ腰が据わり  眼がぎらりと光った  眼で見て通りながら  眼を開こうともしない  眼をやっただけで  眼に持って生れた  眼は凍りついた  眼が嶮しく光った  眼を掠めては  眼の底から抜けねえ  眼の下を忍ぶ  眼からあふれて落ちた  眼が青いくらいに光って見えて  眼をつぶるわ  眼からぽろぽろ涙が出た  眼のさきがもやもやと暗くなって  眼のうらを焼く  眼は美しく澄んでいるし  眼をつぶって寝ている  眼くばせして立ち上った  眼から涙があふれて出た  眼がさめたなんて  眼に涙がき  眼のふちが赤くただれて  眼からあふれ出て  眼を見つづけていました  眼の表情の出来る  眼に触れてくる  眼をほそめて眺めて見わたすと  眼を追った  眼は異様に輝いていた  眼が利くのう  眼がはたと会う  眼をすえていた  眼が色のさめかけた  眼は光の国たる南方のフランスに注がれた  眼に見えるが  眼え瞑った  眼の色変えた  眼も少しは見える  眼隠していた  眼を真んまるにして  眼を瞑って諦めるより  眼のこえた  眼に涙を滲ませていて  眼についていると  眼が冴えて来たと思われて  眼も眠られない  眼に着いたので  眼を持って居て  眼の保養でげす  眼が覚めねえか  眼の男が手に針か錐のようなものを持って  眼を突き刺そうとしています  眼の異様に光った  眼は潰れていましたが  眼の男がふらりと尋ねて来て  眼の職人は遂にその姿を見せませんでした  眼の夫がどこかに忍んでいて  眼を潰した  眼にも錐を突き立てた  眼をつぶしても  眼の男が錐を持って  眼を突き刺そうとしました  眼もぎらりと光る  眼につかなかったらしい  眼のまえに現われた  眼を無理矢理に大きく押し開けながら言った  眼にぎらぎらと涙を溜めて  眼をして言う  眼に見えねえ  眼を輝かしながら言った  眼を視詰めている  眼を馬の顔に押し当てる  眼を視詰めていた  眼深に冠って小豆色の被布を裾長に着た  眼はお鷹さまのように鋭く伝二郎を見下していた  眼が怪しく光った  眼を丸くしている  眼がまだ黒えのも知らねえ  眼で絵のようにそれを見ていた  眼は道夫の魂を誘った  眼もはるに  眼のうす赤いぢいさんが読んでゐる  眼に哀訴嘆願の色を見せて  眼にも泪と申す  眼と鼻の間でこう鮮かに手を下されてみると  眼だけは笑いに加わらなかった  眼の光が強過ぎた  眼が覚めたか  眼から毒でも吹き出し  眼を潰し合おうとして睨み合っている  眼の中に涙が溜まるではございませぬか  眼には涙が溢れている  眼からも今夜のように涙が流れておられました  眼ばかりギラギラと輝いたが  眼で夏彦の画像を見詰め  眼で宗介の画像に見入ったが  眼をしばたたきながら云う  眼を醒ませ  眼の下遥かの下界に当たって  眼を追って峰の方を見た  眼を見合わせたが  眼に何んとなく剣があり  眼は恍惚りとなり  眼をうるませて聞き惚れていたが  眼を抑えたので  眼に湛え  眼は光を増した  眼はこう云った  眼に残っていた  眼の前へ広漠たる氷原が現われた  眼は焚火を見詰めていたが  眼の優しい熊の顔が現われた  眼は一斉に内陣の奥へ注がれた  眼の下の林から湧き起こった  眼を眩ませ  眼ばかりパチクリ剥いた  眼ばかり睨み付ける  眼の前が霞んで来た  眼を配っていたが  眼を瞋らせた  眼も鼻もない妖怪が声を立てずに笑ってい  眼で葉之助を見据え  眼をカッと開け  眼をおどおどさせ  眼が気絶している  眼には憎悪が満ち充ちている  眼を遮って  眼を湖上へ返すと  眼を顰めたが  眼が眩った  眼は見開かれている  眼は一行の文字に喰い入った  眼の前へ現われた  眼には見えませぬ  眼に恐怖が現われたが  眼が眩れようか  眼が互いに相手を貪り見た  眼には気の毒で見ている  眼の前の地面を横切り  眼を白く剥いて死んでいた  眼にかけし  眼を配るべきを  眼の前に亭があった  眼を怒らせていた  眼の下に見る  眼の下に広々とした  眼の前一面にこめて  眼の前の壁を見たと思いなせ  眼にもはっきりと映った  眼にも入らない  眼はできるだけ避けたが  眼にはいってきた  眼を瞠っていた  眼が飛び出ていた  眼にうつっただけじゃあ  眼はこうまできく  眼を藤吉の顔に据えて  眼の前へさし出した  眼の間に漂って  眼くるめくばかり頭痛を催し  眼覚めんとする  眼を真っ赤に泣き腫らして  眼に触れ過ぎて  眼をうるませて言った  眼をみはって見つめていると  眼を欹たせた  眼につかないので訊いてみた  眼ばかりぱちぱちさせていた  眼の前で復讐をしつつある  眼も頭も眩暈み  眼を俯せると  眼の当りにおそい  眼もて制し  眼を思ひ出すと  眼の色に打たれた  眼で読むよりは  眼の底から涙のにじみ出すほど  眼を思い出すと  眼をそばだてしめた  眼というものが消滅してしまうにきまっている  眼をとめつつ  眼と眼を見合わせました  眼にアリアリと決死の色を浮ばせて来ましたから  眼にも余り  眼だけはちっともゆるめない  眼でみ  眼だけは爛々として輝く  眼をつぶって行き過ぎてしまった  眼の前の宮川の岸辺に漂うた破れた  眼には見えますまいけれども  眼は利いている  眼を惹くほど  眼の前につきつけられる  眼の色が変ってきました  眼もない隅でそんな奇態な行動をとる  眼の先の鴎を眼がけて飛びつき  眼の先の空堀の向ひ  眼だけしか見えない  眼近かにして  眼近かに迫つた幸福な夜への憧れを  眼を円くして見詰めた  眼まいがして  眼が冴えて睡れない  眼を光らして飛びかかろうとしたが  眼を覚して泣く  眼の前を通りすぎるが  眼にもつかない  眼は閉じてくる  眼がじっと自分を眺めていた  眼をぎょろつかしてる  眼の前が真赤になった  眼でちょっと覗いては  眼を挙げる  眼の中に蓄えられてる驚くべき  眼には止まらなかった  眼に自分の眼を見合せると  眼は憤怒の念に燃えていた  眼がぼんやりしてきた  眼は閉じていった  眼をあげなかった  眼をやき  眼に涙をためる  眼や喉にはいってきた  眼を覚ましたりした  眼が疲れに閉じてくるまでやらした  眼をこすっていたので  眼の中によりよく刻み込まれるらしい  眼には見ない  眼をすっかり閉じている  眼は顔の半ばを覆いつくすかと思われる  眼は見落としていた  眼にははいらなかった  眼はやさしくて笑っていた  眼に涙をたたえていた  眼はゴットフリートの顔に出会った  眼を半ば閉じ  眼にも見ないで  眼が曇ってき  眼を垂れたまい  眼を垂れて  眼の玉が飛び出るほど  眼に涙を浮べ  眼や自分に向けられてる  眼をあげて見る  眼にもついてる  眼をさまして叫んだ  眼を怖れて  眼配せをすると  眼を開けてゐた  眼の先へ現れる  眼をかすめる  眼をあいてはっている  眼の前にでてきたとおもうと  眼を皿のやうにし  眼をあいては  眼のふちの赤い支那人とたつた  眼の前にでてきた  眼を泣きはらし  眼のきよろきよ  眼が針で突き貫かれたりしていた  眼を円くして驚きました  眼を漂はせた  眼だけ笑ひながら  眼を通してゐた  眼を通してしまふと  眼には涙を浮べて居る  眼が冴えて眠られず  眼が覺めて見ると  眼を移して見てゐると  眼の前に急に大きな瀧を出  眼の前に見かける  眼をさましてきた  眼に入れまいとしても隠しきれなかった  眼ももはや意のままにならないらしかった  眼を覆い  眼には涙が出て来た  眼でいどみかかり  眼にもつかなかった  眼に浮べて言った  眼の前に出ると  眼の中まで真赤にならした  眼からじっと見られながら  眼をなやんだ  眼がちらついて  眼を痛めながら読んでいる  眼には涙があふれる  眼にはいらなかった  眼に涙を浮かべて  眼はまったく何にも語らなかった  眼で顔を見合った  眼からは涙がほとばしっていた  眼ではたがいに眺めなかった  眼配せをしたり  眼をむき出し  眼も口も開きながら  眼にはいらなかったから  眼で彼を見守っていた  眼は躑躅の花に往った  眼は山の方に往った  眼の前に垂れていた  眼の前に鎌首をもったてて  眼は再びゆくとも  眼は潰れていた  眼のせいではないかと思って見なおした  眼は潰れている  眼が潰れていた  眼も開けてください  眼も潰れていた  眼の二つある  眼は開けなかった  眼を開けてはならんぞ  眼の潰れている  眼を走しらせると  眼は五分のすきさえ見出すべく動いている  眼が帖のなかへ落ち込むまで  眼は余の方を見ている  眼を見て下さい  眼と云えば  眼の中を見詰めた  眼がつけば  眼で人を釣り寄せて  眼を醒すほどの  眼を惹いて  眼に写っただけの  眼を乱すほどの  眼に落つる  眼の下に朧夜の海がたちまちに開ける  眼が夜でも見えると思うているらしい  眼には落ちぬ  眼が覚めるや  眼には小さな石塔が映つた  眼は涙に潤つてゐた  眼から涙を出して  眼を動かしながらたずねました  眼をあらん  眼の前の地面に栗いろの  眼をつけない  眼をきろきろとさしながら這いだして  眼を白黒にさしながら呑んでしまった  眼の前を灰毛の大きな体のものが掠めた  眼をつけていて  眼は燃えた  眼がパッと冴えた  眼を光らして呆れ返って  眼をさらしていて寝ようとはしないだけの  眼を集めて見たからとて  眼のつぶれるべきほどの  眼を醒すと共に  眼にはっきりと受取れてしまいました  眼にとまらない  眼に止らない  眼にありありと分ります  眼の色が違うからと言って  眼をらんらんと光らせて  眼の色を変えて飛び出しました  眼の色を変えて飛び出すからには  眼の玉の碧いことはわからないが  眼の前へ異性の女の肉のかおりがうごめいて来る  眼と額をおさえてうつむきました  眼がクラクラとしました  眼で睨み出しました  眼の前で鉋を掛けられた  眼を指しながら  眼の瞼に触れ  眼にさわっている  眼を開かせる  眼の前に浮かんで来て  眼に公園の如く映り  眼の前に浮かんで来た  眼を輝かして帰って来た  眼に繃帯を当て  眼に苦々しく映ったに  眼覚めた時地獄に堕ちていようとも  眼で観る  眼でそうした実例を見て来た  眼の見据えて  眼にしみ込み  眼をつむりますと  眼をひらいては  眼で一郎を見ながら  眼のまはりが黒くなって  眼は大きくて眼の中にはさまざまのをかしな器械が見えて  眼には黒い色も見えなかった  眼の前は谷のやうになった  眼をこっちに向けました  眼に吸ひ込まれる  眼が闇になれて来た  眼がなれて来た  眼を伏せて立ってゐた  眼はとぢその息は絶えそしてその手や胸は氷のやうに冷えてしまってゐた  眼の前に一筋の野径が横断して  眼が放せなかった  眼も霞んだ  眼はどこに注がれている  眼に見ましたんで  眼の前の相手に聴かせるには  眼をおちつかなく動かして  眼の前には半兵衛の映像がかすかながらの光芒をもってちらついていた  眼を拭いてやった  眼をつぶってやった  眼をさまさせられた  眼をもっていて  眼を輝かしながら説いた  眼でレオンハルトをながめた  眼を向けるくらいの  眼を見合したり  眼は祖父と父との眼に出会った  眼配せをし合った  眼の前に描きだす  眼をうるましていた  眼で彼女をながめた  眼にちらついて  眼覚めようと欲する  眼は光に酔わされ  眼に留らないほどの  眼がする  眼は出会わなかった  眼を少し開いて  眼で彼の方を見上げたが  眼に止らなかった  眼に止る  眼を通して彼女をながめていた  眼と言葉とをもってすれば  眼が問いかけてる  眼は炉の炎をじっと見つめていた  眼で見合った  眼覚めはすまいかと恐れた  眼で彼女を見ようとつとめていた  眼でクリストフをながめていた  眼をまたたき  眼や睫毛や小鼻や脂肪太りの頬骨に接吻し  眼のように光っていて  眼を閉じてささやく  眼が彼を見ている  眼をしてる  眼をおぼらして  眼でながめていると  眼を覚させまいと  眼にしみるとか  眼覚めたばかりの子供のようなおかしな鹿爪らしさをしていた  眼にはやはり心痛の色がある  眼をまた見出した  眼に手をやった  眼で微笑み  眼にもみずから堕落する  眼に涙を浮かべながら  眼で彼の方を見上げていた  眼の下やまわりの眼瞼の皺が消え  眼のことを思った  眼であたりの人々を見回した  眼にはそれが見えなかった  眼覚めかけてる  眼を覚ますだろう  眼にはまだ涙があった  眼を皺めて  眼を見上げるさえ  眼に籠っている  眼にも分っていながらも  眼に馴染んでいる  眼に拘泥わり  眼に阿ねる  眼を通して作を展覧させる  眼を気にしただけで  眼には興なく見えた  眼も曲がった  眼を戻した  眼にふれさせまいとしている  眼には粗にして取るに足らぬともみえる  眼にみていた  眼を凝らして眺めた  眼の下に展開されていようという  眼を澄ましました  眼の前に落ちた  眼をすましていると  眼の下いっぱいの原野のいずれにあるという  眼には子供と見られない  眼がくらんだという  眼の前へ持って来て  眼の前で数を読み  眼の前に示し  眼が届き  眼の下に控えている  眼をつけてしまった  眼に物見せてくれ  眼が肥えた  眼を閉ぢてゐますと  眼の前にありありと見えて来ました  眼を閉ぢて考へました  眼を閉ぢて考へ出してみた  眼を円くしてききました  眼が覚めるが  眼の前の岩の上に一人の坊主が突っ立っていた  眼を引きつっていた  眼立ちしやと  眼を母様に起こされたる  眼にも立ちませぬ  眼をひきてや  眼が少し充血していた  眼からは涙が出て来た  眼ばかり輝いていた  眼はじっと地面に据えられていたが  眼の前を過ぎ去った  眼の前にただ一枚の空皿が残っているだけで  眼のふちを黒くしていたが  眼はやッぱり上ずっていた  眼はちらついているが  眼を離そうともせず  眼をこすってみましたが  眼だけはその人間から一刻も離しませんでした  眼を天井の方に大きく開きました  眼にもうつらないで  眼をパチパチとしばたたいて  眼は真赤に充血し  眼もあてられません  眼を一同の方に向けました  眼をうつしますと  眼では透明としか見えない  眼がよく見え過ぎるので  眼をすえる  眼は離れずに  眼はぼんやり花畑を眺めていた  眼にか鼻にか判らない  眼にうけさせ  眼の色がキラリと光った  眼の前に大きな階段が見えるだけです  眼をつけて見ましたが  眼は眼を見る  眼をくれなかった  眼がしらが熱くなった  眼がしらが熱くなる  眼がしらが熱くなって来て  眼がしらが熱くなるどころか  眼でふり返った  眼の前へひろげると  眼をつけられて愛せられ  眼に一脈の熱気がある  眼の前に長く横仆わっている  眼に射した  眼を輝かせている  眼を潤ませる  眼で微笑んでいた  眼の飛び出た  眼にはまだ涙が光っていた  眼で貪る  眼が眩んで愛してもいない  眼には涙が溢れて来た  眼を器用に瞬いたり  眼は負けぬ  眼がこの二人に注がれて  眼で二人を眺めている  眼ざして進んで行く  眼の前に押し寄せて来た  眼を下へやると  眼の色怖ろしく  眼は青くして光っていた  眼にも触れる  眼には世の常の人間のように見えるが  眼の他に額になお一つの目あり  眼に光あって  眼が一つということは突然に聞けば  眼きらめき長き唇そりかへり  眼の光がきらきらとしている  眼の迷いとしても現代になるまで  眼は円くして  眼の怖ろしい  眼も一つだと信じ  眼に立つや  眼は終に川に落ちる  眼は今汽車の下りつ  眼を巡査にむけた  眼で媚笑いをしながら言った  眼とから遁れてしまう  眼で藤沢の顔を視つめ続けた  眼深に冠った  眼を光らせて言った  眼にはむしろ不可思議に映った  眼の下には坂下の町の屋根が遠くまで昼の光の中に連なっている  眼ばかり光る  眼をとめてゐると  眼に入つた海の上にかけ出しになつてゐる  眼の前にそれらの一人の笑ひ  眼にも今までと違つた眞劍さが見えて  眼にほんとにどう映つてゐるであらうと思ふと  眼には入らず  眼の合ふ  眼の前にどこまでもつづく  眼の前が光って  眼の如く変転する  眼をしばたたきつつ  眼ばかりを恐れて  眼の黒いうちは其様な事は許さん  眼がギラリと光る  眼にはハッキリ残っている  眼が死んでしまいます  眼を互い違いにシカメつつ流れ込む  眼に流れ込んでも  眼に這入って困りましたが  眼がチラリと見えました  眼の高さの処まで上げた  眼のギョロリした  眼をつむって云う  眼の光りであった  眼の光りが冴えて来て  眼に入らざれど  眼を放さないで  眼を凝して見ると  眼の先は大通りの一端に触れてゐた  眼をギョロギョロと光らせていた  眼をこすって見直した  眼かくしして  眼かくしをとられた  眼によらないで  眼をみろ  眼と一つになった  眼が湖心の眼の方へ合体してゆく  眼が田宮の眼の方へ合体してくる  眼の中がさらさらと揺いで  眼を通じて定着する  眼はまた閉じた  眼が荒立たない  眼の前にちらつきはじめた  眼が広くなつている  眼をさまさせはしなかつたかという  眼もくれぬという  眼についていた  眼をくれんという  眼を通している  眼をつぶつていてい  眼をときどきあげる  眼に残つているだけで  眼に浮ぶには浮びましたけれど  眼にうかばない  眼をつぶつてみた  眼をおとしている  眼をひどく患いまして  眼のふちに皺をよせて  眼を輝やかす  眼を窓の方へそむけた  眼がねかけたら  眼がねにかぎらず  眼がねのことだけをいつ  眼をつぶつていたが  眼の前がすこしずつ明るくなつて来たわ  眼の前に繰りひろげられ  眼のやり場に困つた  眼を輝やかし  眼で追つていた  眼で彼に合図をしたので  眼から逃れ出た  眼はにわかに異様な輝きを帯びてまいりました  眼をきょとんとみひらいて  眼を角ばらして振り向いた  眼を上に吊った  眼が開けない  眼が悪いと仰っし  眼をふさいでいたが  眼の隅から袂の後ろを恐る恐るのぞくと  眼の前に現れて  眼をギラギラ光らせて  眼を別々にパチパチさせて云いました  眼を驚かしたる  眼の前脚の下に見るほどの  眼を放つて見わたせば  眼に入りしに  眼には驚かる  眼にしたれど  眼がいつもなんとなくそれを見る  眼の下で落ち合っていた  眼覚めるような冷たさで私の眼を射る  眼はなんの輝きもあらわさなかった  眼にも見えたと思った  眼を轉じて溪向ふの  眼を裏切る  眼の配りといい  眼はいつかうるんで来ました  眼の前にあらわれるとか言って狂い出して  眼の中に燃ゆる  眼をあきながら  眼のようにパチパチと光らせ  眼をくりくりさせて見すえました  眼から大きい涙を流した  眼からこぼれた  眼を背けて  眼を据てゐる  眼は一様に掏摸の如く才走り  眼になど触れる  眼に涙をためて喜んだ  眼は水色をしていて  眼もおかしくなった  眼で探す  眼にいっぱい涙をためた  眼には見えないので  眼を覺しますと  眼を固くとじて死んだ  眼を固く閉じていました  眼に軽侮の色を浮べて  眼を開こうとした  眼の前を過ぎて通ったと思った  眼に逼る難儀を救ってくれと  眼でじっとクララに物をいおうとする  眼がくらみながらも起き上がろうともがいた  眼の下には夢で見た  眼にはあとからあとから涙が湧き流れた  眼の前を見つめながら歩いて行った  眼がしらににじもうとした  眼を熱くし出すと  眼には涙が湧き上った  眼ある者は見よ  眼を注いで見ねばならぬ  眼あるものは更に眼をあげて見よ  眼をあげて見よ  眼が燃える  眼は命の綱のようにフランシスの眼にすがりついた  眼は落着いた  眼をかき抱く  眼を通してその尊い魂を拝もうとした  眼に涙が溢れるほどたまったと思うと  眼を外にうつす  眼をさましていたけれども  眼に涙をためている  眼を向け出したか  眼鈍きものはまず肉によりて  眼さときものは肉に倚らずして直に愛の隠るる  眼さときものは聖霊によりて  眼さとく生れたる  眼にはアグネスの寝顔が吸付く  眼の前に展け亘った  眼は未練にももう一度涙でかがやいた  眼をいっぱいのしずくにうるませました  眼は私をみつめた  眼を外らそう  眼のない人間になつてしまふ  眼を以て聖約を為さざる  眼の前に現れて来た  眼が醒めてゐながら  眼を抉りぬいてしまふ  眼に手をかざして  眼から隠されてし  眼の輝いてゐる  眼は其時迄見る  眼は開いて  眼をわしの上に注いで  眼もさまさずに  眼は忽ちに輝いて  眼の瞳は円いと云ふよりも  眼に涙ながしぬ  眼の前をとおりすぎる  眼をちらりとうごかすと  眼を楽しませたし  眼をむけたが  眼から放して  眼を洋上にむけた  眼から外すと  眼からひき離す  眼のつけどころがちがっていた  眼をそむけたい  眼にさっきから灼きついて離れない  眼を真っ赤に泣きはらしながら  眼を鋭く光らしていた  眼がついての  眼がついたというので  眼がついたからこそ  眼の前にさしつけながらいいました  眼がついてくりゃ  眼のつかねえ  眼を光らしていたからです  眼が違うか  眼がついているかもしれねえから  眼がついておりますが  眼がついたな  眼がもうついた  眼のついたというな  眼がついてる  眼がついていたとみえて  眼もついたか  眼がついたんで  眼がついたぞ  眼をつけたか  眼の狂いがわかってたまりますかい  眼が狂った  眼がつきゃ  眼が狂ったらしい  眼のつきだした  眼がちょっと狂った  眼がくるんだからな  眼をつけたとあらば  眼をつけたかと  眼がつきかかった  眼がついていらっしゃるでしょうが  眼の働きどころは別とみえて  眼を踏みはずした  眼がつかねえで  眼を持っているより  眼は輝いて  眼をぱちつかせたりしながらむらがっていた  眼はぱっちり開いていたが  眼とどす黒い顔の色とはその顔をぞっと怖毛の立つ  眼を凝らして見ると  眼の前まで這入り込んで来た  眼の人をぞっとさせる  眼を見詰めて腰掛けていよう  眼の暮れた  眼も挙げなければ  眼を挙げて見た  眼で闇を貫いて見定めようと  眼を留めながら訊いた  眼に涙が燦めいた  眼には吃驚するほど  眼を拭いてから  眼を大きく見開きながら云った  眼には涙が宿って  眼と睫毛を見詰めながら  眼を寝台の周囲に放ちながら  眼は朗らかな親切らしい眼ではあったけれども  眼附きで棚の上からそっと目配せしたり  眼の上までサルビヤや葱に漬かっていた  眼のようにあかあかとぎらついていたが  眼を顰めながら  眼を持っていたと信じないと  眼を見張って見ても  眼が自分をじっと見詰めている  眼は鋭く自分を見詰めているなと思った  眼が痛くなるまで好く  眼の前にちらついているでしょうからね  眼にさわってねえ  眼を弱らせるね  眼をお目にかけまいと思ってる  眼で従いながら  眼に皺を寄せると云う  眼をつけるっていうな  眼もつくじゃねえか  眼がついたら  眼に不足をいう  眼は狂ったかね  眼が狂っちゃいめ  眼がつきましたかい  眼をつけてね  眼がついているなら  眼をつけたとみえて  眼がついたという  眼をつけて帰ったばかりなのに  眼はただの一度狂った  眼がつかねえかい  眼は欧州大陸へ渡ってから  眼はぎらぎらと涙で濡れていた  眼のあたりを拭った  眼に驚異の表情を含んで凝っと  眼のつきもはええだろうと思って  眼のネタになる  眼がつきかけると  眼もはっきりついてくるだろうと思って  眼をおつけあそばした  眼をつけに行く  眼のネタがある  眼を廻して  眼の前の松の金屏風をじっと眺めていましたが  眼をつけて放たなかった  眼をまたしても  眼に何となしに露を帯びている  眼を見開かして  眼をまるくせざるを得ませんでした  眼が見えようとも見えまいとも  眼をどんぐりさせながら  眼の前に現われて来ました  眼に一種異様の光を帯びてきましたが  眼を注いだだけでは  眼にも触るる  眼の下に胴面を押開いている  眼の前に浮び上って来ている  眼を注いでおりました  眼の下に見えておりまするが  眼から鼻へ抜けました  眼で現われて来ました  眼の醒め  眼は外れても  眼を見廻した  眼を奪われない  眼と鼻の先まで来ると  眼をつむったという  眼でじろりと一通り見渡しました  眼で列席の奴等をまたおもむろに検討にとりかかる  眼の色を変えるかも知れない  眼を瞑せし  眼をくれたけれども  眼をつぶっていましたが  眼を開いて言いました  眼の前に並べて  眼を鋭くして見た  眼がつくよ  眼がぎろりと鋭い底光りを放つと  眼はついたかい  眼をつけてやるから  眼をつけるが  眼を藁葺屋根の上にやると  眼に把えられた  眼に畳の目は水底の縞のように朧気に映る  眼の片隅にある  眼のなかには彼の神経の火がそのまま宿っている  眼のなかにあった  眼にしなかった  眼はいつもそそがれる  眼を見ひらいていた  眼は大きく見ひらかれた  眼は遙か遠くにある  眼の前に一人の女が信じようとしている  眼もギラギラと燃え光っていた  眼には編笠をかむって  眼のなかで燃える  眼はふるえる  眼をつぶってさ  眼をあけません  眼もまばゆい大広間に来ると  眼がさえ渡りました  眼をつけてやって来たからには  眼のさえというな  眼が狂ったか  眼に狂いがあった  眼をかけてる  眼をちかちかと潤ませた  眼が動いた  眼にはちやんと見える  眼の前でひらひらとした  眼になつた特徴のある  眼で見廻はしてゐたが  眼の前に描きながら  眼はぢつと此方を見詰め  眼のやうに動かなかつた  眼がぱつちり開いて  眼にたたえながら  眼だけはたいして誤らぬと信じる  眼の前にいささか常軌を逸した  眼で自分を凝視していた  眼を赤く泣き  眼のまわりに黒い輪のようなものが出来ていた  眼にはあきらかに狼狽の色がうかんだ  眼で見るなどは  眼を腫らして  眼でうれしそうにうなずきあう  眼をさまして見たら  眼で自分の眼を見つめながら  眼がついたかい  眼も狂い  眼がちっと狂ったかな  眼がついたぜ  眼の行く  眼のつく  眼の恐ろしさを知らねえ  眼や肉体を一層懊悩せしめた  眼に涙のにじむ  眼がひとりでに大きくなって  眼には馬鹿に明るい心地のする  眼のところを見て  眼で自分をやさしく見守り  眼眩むほどにかつ重々しく翔ってくる  眼の丸い人のよい蜘蛛に似ている  眼についてくる  眼を眩まされていた  眼に映じなかった  眼の中に意見を捜し合っていた  眼をさましかけていた  眼にとめていなかった  眼を瞬き  眼の潤んだ  眼に十分慣れていなかった  眼の中に彼が見出した  眼はみずから知らずして  眼は無関心になった  眼がまた輝いてきた  眼を動かしながら  眼と理知とはとらえられていたが  眼に留めない  眼を忘れる  眼を見つづけていた  眼がそれに関係ある  眼とどちらが多く苦しめられる  眼をつぶっておく  眼に涙を浮かべようとした  眼に映ってる  眼や頬にたれ下がっていた  眼は笑い  眼で彼を迎え  眼の皺までも真似て  眼覚めさすほどの  眼の鋭い重々しい顔つきの連中が出入りしていた  眼の中をじっとのぞき込んだ  眼から彼女は消えていった  眼の上に彼女の眼の接触を感じていた  眼から彼の上へ静かに輝き渡る  眼で相手の顔をうかがっていた  眼をむき出しながら  眼にはいらず  眼までもぐり込んだ  眼には見えなかったがある  眼をすえ  眼は出会った  眼だけは生き生きとして  眼の前につきつけた  眼をもってる  眼でそれをながめ  眼でクリストフをながめた  眼は輝かなかった  眼でじっと見つづけながら  眼を半ば閉じて  眼と耳とをうち開いた  眼は前よりはっきりしてき  眼を伏せて話していた  眼を逸した  眼の下から斜めにたち切っていた  眼は古い聖歌の上に落ちた  眼は顔から飛び出し  眼の前で踊っていた  眼もやらずに  眼を考えながら  眼をもっていますね  眼をうるませながら  眼はこう言ってるが  眼の涙をふきながら  眼の中にその確認を求めていた  眼の訴えを心に聞いた  眼を覚まさなかったら  眼は話しつづけていた  眼が見えると思い込みたがってるらしかった  眼の近くをひどくぶっつけた  眼が曇ってきて  眼も曇った  眼につかなくなる  眼を閉じて死んでいった  眼に涙が湧いてきた  眼が見えるかの  眼をながめ  眼を伏せて通りながら  眼覚めてくる  眼はラテンの国たる南欧に注がれていた  眼でじっと彼をながめた  眼に上ってきたので  眼を見合わせもせず  眼で彼をながめた  眼で見守っていた  眼に涙を浮かべていた  眼は徐々に室内を一巡して  眼に振りかけた  眼を焼かれ  眼で見すえながら言った  眼を下に落して  眼に涙をいっぱい浮かべて  眼で彼の顔をのぞき込んだ  眼がつくだろう  眼は横へそれかかったらしい  眼がついてきやがったね  眼がぴかりと光った  眼がつきゃ騒ぐこた  眼がついたとみえる  眼がついたればこそ  眼をつけ違いますなよ  眼がついたとみえて  眼のくばり  眼が狂ったから  眼のにらみも  眼を離さぬだけの  眼の邊りに見たからで  眼にいれながら  眼のきれいな痩せた  眼をおいてゐる  眼と鼻のちかくにある  眼がくらんだばかりではあるまい  眼をさましても  眼のふちや口のまはりは光線のやうな皺にかこまれ  眼で筒井肥前守を描寫してし  眼にどう映つたらう  眼をきょろきょろさせるばかりであったが  眼の色をかえなかった  眼にさっと走った  眼ざして来た  眼を牽いたので  眼ざしている  眼に脚だけを見せていた  眼でなぶられる  眼の所に持って行ったが  眼の下からも血がにじみ出した  眼には単なる目籠でも同じことの様に見えるが  眼の夥しいのに怖ぢて近づかぬと伝へてゐる  眼には世界中のお祭りのやうに映  眼が風車仕掛けのことは解つてゐる  眼の上で泳いでゐる  眼の前で物品の批評でもする  眼の下を流れた  眼は一つになつて空の一点のみを凝視した  眼を視開いて  眼にも涙が宿つてゐた  眼ばたきを見せない  眼から圧迫を感じて  眼だけが烙印になつて残つてゐる  眼を視詰めて  眼とは違ふ  眼は俺にこのやうな静けさは与へて呉れない  眼近かで視  眼近かに冬子の瞳に自分の視線を吸ひとられた  眼を三角にして詰め寄つて来るから  眼で修を睨む  眼を付けたが  眼くばせを交して  眼をパシパシさせてゐる  眼がくつつき  眼は見えるよ  眼から離れなかつた  眼の前を睨んでゐたが  眼が欺されて居る  眼も幾分か暗さに慣れたか  眼に涙を湛えるかと思われた  眼は何の為に光って居ます  眼を睨み附けて居れば  眼は一番多く秀子に注ぎ  眼に注いだ  眼に力を込めて  眼を輝かせる  眼は涙に閉じられて居る  眼が眩んで居る  眼の底に一種の凄い光を隠しては居る  眼も暗いに慣れて  眼だけには実に異様な不似合な生気が有る  眼とは思われぬ  眼だけが気に掛かる  眼の生気は全く失せて居る  眼に何等かの曰くがあるに  眼から内を窺く  眼は余の顔に注いで居るか  眼を見交わせた  眼には容易ならぬ  眼は只室内を見詰めて居る  眼に朱を注いで  眼の動き工合でも分る  眼を疑い度いけれど  眼は見損じなどする  眼ばかりがたとえ  眼から観ても  眼にかどたてて  眼をそろえて  眼はまるで彼を睨まえている  眼の隅にも入れてはならない  眼をかがやかす  眼でさして  眼のくぼの  眼とてもそう威厳のある  眼で問う  眼をまるくしていた  眼を与えていた  眼の赤くなっている  眼がふとうごいて  眼をしばだたいていると  眼がひらいて下されば  眼をくぐり  眼を向けても  眼の球をクルクルまわしながら  眼をパッチリと開くと  眼には所詮は逃避成し  眼にでも触れよう  眼に這入らずにはいない  眼に機械を白眼んで刻々近寄って来る  眼で凝視め続けた  眼の光りも濁ってきた  眼は欺かれる  眼覚めるのを感じて震えた  眼を遠くに外らせた  眼に涙が湧いて来た  眼の前に浮べていた  眼を瞬く  眼の動かない  眼には涙が浮んできた  眼でお島の姿を見やった  眼を見開いて眺めた  眼の前に浮んできた  眼が私を睥んでいる  眼もみなそのヒルテイという村の方へ向いてるだろう  眼の前の地形とくらべていましたが  眼を欺かれて  眼を彼等の上に休める  眼をけわしくぢつと凡太の足もとへふり注ぐ  眼には庭の色までもまるで毎日変化し  眼の縁を青く塗つたげるからね  眼にしては  眼を砂の上に転じて  眼で自分の方を見る  眼を自分の方へ転じたと思うと  眼を自分の書籍の上に注いだ  眼に角を立て叱り  眼に涙を見るより  眼には成程僕が怨霊の顔と同じく見えるでしょうよ  眼には疲れ  眼を張り呼吸を凝して  眼を泣き膨らして  眼は最後にこれを描くといふ  眼は最後に入れた  眼は心の窓といふ事があるが  眼を描く  眼にあるといふ  眼の愛の心持とか云ふ  眼に次いで  眼には不思議の情がある  眼と鼻の先にゐる  眼が向いた  眼をえぐり取った  眼のなくなった  眼がないということを発見した  眼につかないほどに  眼で見返しました  眼をちらと顔に感じました  眼が明いた  眼をランランと光らせて  眼でじーっと真正面から見てやったが  眼の前に糠のやうに小さな虫の群が渦巻いてゐた  眼は何かをむさぼる  眼の前の地面に金盞花や矢車草の花が咲き  眼に戦慄を呼ぶ  眼に見えてくるや  眼の前にチラついた  眼だけが残っている  眼がぼんやりしてきて  眼で微笑んだ  眼で微笑み返した  眼には敵意があり  眼と貪慾なるべき  眼が絶えず私達の方へ向けられる  眼が妙に陰険な光りを帯びていた  眼で変に黒ずんだ  眼の光りだった  眼に表情のある  眼が何処からか覗いていた  眼を閉ぶった  眼には明白に侮蔑の色があった  眼に意味あり  眼を輝かせて見惚れていた  眼は緊張して  眼深に被り  眼がどうかしている  眼を円くしてつっ立って  眼の前に糠のように小さな虫の群が渦巻いていた  眼を据えると  眼には異様におもえた  眼によく見憶えのある  眼を丸くして驚いたほど  眼を脱して見た  眼覚めて来ている  眼にかかれないと思いますから  眼がグラついて思はずのめり  眼の閉るに任かして置いた  眼さむるばかり輝いて  眼を遮つて  眼には何處かに悲慘の影さへも見える  眼の前に拡がって来ました  眼をさましたりします  眼の前の横文字はいつか縞にかすんで  眼の玉を吸い込む  眼をさまそうとはしません  眼の中をじっと見入って  眼はじっと火鉢の中に落されていた  眼を挙げただけだったが  眼を半眼に開いているというより細めているという  眼が光り  眼の底に残っていた  眼をつぶりかけた  眼から楽しませ  眼の案内をして  眼新しい趣向を凝らして  眼を達也に向ける  眼はこの美人鷹匠に吸いよせられている  眼を一杯に見張り  眼には深い決意のいろが現われていた  眼の利く  眼の光を険しくしている  眼が死んだ  眼と耳に愬へる  眼によって見ようとする  眼に入って来る  眼をつぶつて考へてゐた  眼は晴れた  眼は怒りに燃えてゐた  眼の距離が基線となって  眼の前で料理して  眼を見張つている  眼を上げないで  眼がギヨロリと光つてゐました  眼にまつ  眼で下女の真赤にふくらんだ  眼を屋内にやりますと  眼にあの盛んな何物をも一気に焼きつくしてしまふ  眼の動く  眼はどうしても合わなかった  眼で画面を瞶めてゐた  眼に不気味に映じた  眼の前の細事は一切没却した  眼は華やかにも沈痛を極めた  眼で此方を睨み上げていた  眼のあたり尺寸の間に限られて  眼の前に大きく立ちはだかった  眼の前にポーッと雪田が顕われる  眼はいつしか三千米の天空に今年のこの夏の唯一日であるかの如くに今日を矜っている  眼がまじまじと私達の上に注がれている  眼に描けば  眼をみはるであろう  眼をこすりこすり起き上がって  眼の前までやって来ました  眼ばかりぱちぱちやっていました  眼の前に釣橋が現れた  眼に入ったのみで  眼もくろからむ  眼は意味無く動くまでで  眼が見張られて  眼で睨み下した  眼の中より青白い火が飛んで出たかと思われた  眼の様にかわる  眼の潤み  眼は半眼になって終った  眼に一生懸命の力を現わして老主人の顔を一寸見たが  眼で女を見遣った  眼はチラリと主人を射た  眼と手とに一時に制止して  眼からも青い火が出た  眼などが開いて居らぬ  眼に見えてござるぞ  眼覚め雪の消える  眼のあたりに目撃しつ  眼の前を通り過そうとする  眼が冴えていたのにとか  眼が二つ着いている  眼でちょっと挨拶をするだけである  眼の色はだんだん沈んで行く  眼の下は眩いほど明かである  眼に応える  眼の視神経を疲れるまで  眼の底からたちまち晴れ渡った  眼の疲れるほど  眼の前にじっとしていた  眼の前へ馬の首が出た  眼の明かない  眼の底に陽炎が湧いた  眼を梧桐から空へ移した  眼を机の上に落した  眼を翻えして  眼に伝わるには  眼と口と鼻と眉と額といっしょになって  眼も鼻も口もひとしく自分を待っていた  眼の底に残っている  眼をしていらっしゃいと云う  眼がハッキリと醒めてしまった  眼の前にブラ下がっている  眼を拳固で力一パイこすりまわした  眼を見開くと  眼を覚まさせられますので  眼の前に薄暗く蔽いかぶさって来る  眼を白くして出て行った  眼の前に見届けた  眼の前が真暗になった  眼の前の青ペンキ塗りの扉に手をかけたが  眼の高さの処に並んだ  眼を眩わしたり何かしたら大変な事になると思ったので  眼のあたり発見した  眼を閉じさせられた  眼の前のコンクリート壁に植えられた  眼を醒ましても  眼を欺く  眼を醒まさせられた  眼が涙で一パイになって  眼を剥き出したが  眼の前を見た  眼のふちを何遍も何遍も拳固でコスリまわしたが  眼には見切れぬほど  眼のあたりに見られる  眼もあやになる  眼をねぶるばかりであった  眼に会って居なければ  眼の裏が燃える  眼をあいたりつぶったりして居ると  眼の隅から鈍くお金を見て  眼の前に自分をおびやかす  眼をむいてにらんで居た  眼の赤味立った  眼を明いて歩けやい  眼も心もつぶって  眼の色を変えてかかる  眼が割合になみより小さいのも気に入って居た  眼がきょろきょろしていますから  眼を開いて頂き  眼にも見えなくなり  眼にふるる  眼の底に残つてゐる  眼をこすって見ましたが  眼をまん丸くしました  眼は開き  眼を閉じない  眼深に被った  眼がくらんでいた  眼を開いてる  眼の前で欠伸をやり始めた  眼と違っていた  眼をくれずに  眼に自分を見せかけたがる  眼を開きかけている  眼では真実のものだとは考えられなかった  眼は商売生活のために数世紀来ゆがめられていて  眼をえぐって  眼に止めなかった  眼には漫画として映じた  眼から落ちた  眼を見合わしていた  眼とをもっていた  眼で人々の魂や身体を赤裸に看破しながら  眼はわれにもあらず  眼でそれをながめる  眼の底に捜し求めたりしますけれど  眼が冴えてる  眼を向けるにも  眼を動かし  眼とつぼめた  眼で言いたがった  眼と心とをひきつけた  眼覚めにすぎなくて  眼にはつかないほどの  眼に映じてきた  眼をやるだけで  眼の前に浮かんできた  眼をまた開いて  眼の中にもっていた  眼は街路の向こう側の一つの眼とぶつかった  眼を思い当たった  眼を向けないでも  眼で観察した  眼はすぐにそらされたけれど  眼で輝いてる  眼の平静さと矛盾してる  眼をすでに見た  眼に自分がおかしく映ってると思った  眼の底にちょっと浮かんだ  眼を瞑って居て貰って  眼に我が清濁は見ゆらん  眼が今日ほど鋭くひかり輝いてゐなかつた  眼が今日ほど鋭くひかり輝いていなかった  眼は睡  眼ばたきを一つした  眼の中に現した  眼に涙を一杯ためて居たとか云う  眼の前に小さな白い物がちかちかと光った  眼ははっきり醒めた  眼の下の曇の深い肉の落ちた  眼ばかりが大きく大きくなって行った  眼がさめるの  眼をイマイマし  眼を瞭った  眼の玉を充分に引きよせておいて  眼にもっていった  眼は濡れていて  眼に止ると  眼が一斎にこちらを向いたので  眼を輝かしてきた  眼をくるくるさして  眼は女の一番いじらしい首筋に注がれる  眼の下にそういう一人の老人の首すじを見る  眼や眉や鼻や口や耳などという個々のものに就いては  眼のぱつちりした娘さんとの間にも了解が成立つてゐるらしい  眼の色に読みとられる  眼の底に焼きついております  眼の中にえがいた  眼であらためて世の様を眺めわたしますと  眼から消え失せる  眼がいたい  眼は時々ジムの卓の方に走りました  眼からは涙がむやみに流れて来る  眼で見られたい  眼が利くらしい  眼は円くて睨み続けている  眼が利く  眼の底に焼きついてをります  眼の中にゑがいた火の色と白と鼠の取り  眼の底にも美しい雪景色を写して置いて  眼の中を覗いて  眼の底に写して  眼を見てよ  眼を見るよりは  眼なんか見ていると  眼の細い頭髪を油で綺麗に分けた  眼からも惚れ惚れとする  眼に何んと知れぬ  眼のあたりにポッと微薫を帯びて  眼には一種不敵の光が浮んでいた  眼に多少の文字ある  眼をひからせている  眼を丸くして言う  眼の蔭には恐怖の色がありありとひそめられていた  眼を持ってる  眼にびっくりしたらしい  眼の玉が濡れた  眼のあたりへかけて  眼だけ笑えなかった  眼に浮びあがって  眼を覚している  眼の前に見えない  眼で追っていると  眼の前に突っ立っていた  眼の前まで来ていて  眼が轡川の眼にぶつかった  眼の前に覆いかぶさって来る  眼覚めている  眼を外らさずには居られなかったが  眼に余るほどだと  眼に光っている  眼の前がパッと明るくなった  眼で僕の家庭などをスケッチされては困る  眼をしていて  眼を患っている  眼を薄くとじた  眼がさえて寝つかれなかった  眼をあいてうかがうと  眼をさますからだった  眼の悪い年増は首をかしげていたが  眼の前にかざして  眼から女は眼を放さずに言った  眼にちょっとしたしなを作って  眼で三人を眺めた  眼は二人に語った  眼はうなずいた  眼を車の外の方へやった  眼はのぼせて  眼の前には恐しく  眼で相図をした  眼になつた睫毛の裏に涙を一ぱいためて居ります  眼もやらなかつた  眼にわたしの顔を見つめました  眼も明かずにほほ笑みながら  眼に愛する  眼と鼻の間をギョロリと凝視している  眼の下にピクピクと皺が寄った  眼の縁と頬がホンノリして  眼の底にコビリ付いているがね  眼はともすると暗い処を覗きまわって行く  眼の前にボーッと島の影が接近している  眼にかかるじゃないですか  眼にかかったんで  眼でかけあるく  眼を瞠って聞いていた  眼は新に狡猾な色を湛え  眼に涙を溜めてゐました  眼の一致する  眼は意地惡く  眼に馬鹿にcharmがある  眼で女に參つてし  眼と眼の偵察戰は絶えない  眼が好奇心に輝いてゐた  眼の前の雑沓はまた動きだしてゐた  眼に流れ込んでくる  眼ざしでそれを眺めた  眼を輝かしだした  眼は久しく忘れてゐた  眼に喰入つて来た  眼をつぶって云いました  眼は真さかさまに上を向いていて  眼は祈りを含んだ  眼を波間から見上げる  眼を振向けてみた  眼の色になっている  眼はくらくらし  眼の前にいたとする  眼や脳髄に沁みてゆき  眼はニスを塗った  眼の少女がお茶を運んでいる  眼の少女と話しあっている  眼は真さかさまに上を向いてゐて  眼の色になつてゐる  眼の前にゐたとする  眼や脳髄に泌みてゆき  眼はニスを塗つたやうにピカピカし  眼の少女がお茶を運んでゐる  眼の少女と話し  眼をもって評すれば  眼の前を老人が一人妙に哀しい調子で歩いてゐる  眼の前に浮浪児狩りの白い網の壁がするすると降りて来てし  眼の前を歩いて行く  眼のなかには深淵に脅える  眼は美しい色彩にみとれ  眼に甦り  眼を燃やしてゐた  眼は今はじめて見る  眼に残る  眼の中には暗い影が漂つて居る  眼をとぢて居たが  眼をクワッと見開き  眼がさめますと  眼でジロリと見た  眼を飛出  眼から涙をハラハラと流してうなだれると  眼にかけると  眼を閉むっても本能的なカンで通抜けられる  眼の前のシーツの上に大きな曲線を描き初めた  眼にかかりたいが  眼を定めておりますと  眼の前の白壁の前を横切って  眼でよく見ますと  眼をパチクリさせていたという  眼をパチパチしながら  眼に浮かべた  眼で見守った  眼をつけてる  眼が回ってき  眼に美しい涙をためてる  眼をすえてはいたけれど  眼は開けた  眼を覚ましかけてるばかりだった  眼から見たら許されもしようが  眼にもはっきり前方に広がって見えていたが  眼をすえながら  眼のところまでたれていて  眼は落ちた  眼の中にその意見を求めた  眼を時計にすえて  眼をつぶらなかった  眼のまわりはくぼみ  眼はいつもあんなに若々しく清らかで澄んでいたが  眼覚めくる  眼にはいかにも麗わしく  眼をしか見なかった  眼が共に見てくれない  眼でぼんやり見ただけだったけれど  眼は一瞬間彼女を認めたであろう  眼と眼とを近寄せて  眼の中にそれが輝いていた  眼の中に認めた  眼にかかりません  眼をして乗っていた  眼を溺らせる  眼に感じている  眼を外へ転ずると  眼の構造もまたそれに似る  眼や髪の色を云う  眼の底にはっきり映り  眼を惹き付けられた  眼がじろりと後方からそそがれた  眼の前の道をぞろぞろと人々が押しかけはじめる  眼をぐりぐりと剥いたが  眼深に引き下げていた  眼がさめましたの  眼にも付いた  眼の前には高い山の影が真っ黒にそそり立って  眼の前に眠った  眼に触れずにいたという  眼を凝らした  眼で一代の腕を見た  眼だけは挑みかかる  眼は急に輝いた  眼を豁と開いて  眼の暗さに慣れて来る  眼を醒してしまつて  眼の前に現れたりする  眼近かにでもなつて躓きでもした  眼のあたりの睦ま  眼の暗さに慣れてくる  眼から頻りに涙がこぼれるので  眼が眩むほど撲られた  眼をつむったが  眼に涙を浮べていた  眼の前で振ってみせた  眼や鼻をおおわせる  眼をひかないではいなかった  眼は油断なく左右に注がれ  眼の下の汀に葉蘭のような形をした  眼の前に現われて来た  眼が歸つて來ないうちは目を覺ますことは出  眼や天使の眼であることを信じてゐた  眼を離さずにゐるからだ  眼がぱちつと開いた  眼に付いて  眼をも抜くといった  眼を大きく大きく見開きながら  眼の球が白昼にトロトロと流れ落ちる  眼に滲みついております  眼をしばしばさせて  眼を閉ぢて動かない  眼がぱちりと閉じた  眼は普通の倍も大きく開けてやった  眼はいつ潰れたの  眼の上へ差し上げた  眼がぴかぴかと光っている  眼障にならない  眼を拭く  眼の前に漾わす  眼が昏むほどお腹が空いて  眼は板垣の外へ枝を張っている  眼の位置の高さに窓の外の地面が見えた  眼には周囲にある  眼を怒りに燃えながらも  眼が床の一点に凍り付いてしまった  眼に入ると  眼を円くして聴き咎めた  眼じりの切れの細く長く切れ  眼と眼で合図をした  眼が自分に何か言つている  眼で笑いかけながら  眼がそれを迎える  眼に見えるちゆう  眼をつぶつていた  眼に残つている  眼いつぱいにためていた涙をはらはらとひざの上に落した  眼をさましたらしく  眼の動かぬ  眼をうつしていく  眼をふせた  眼の前に浮べる  眼がしらに涙がたまる  眼じりからこめかみへかけて  眼に見入つた  眼の前に迫つている  眼をふせ  眼は読んだ  眼からあふれ出  眼をつぶつてし  眼の底にうかびます  眼で笑つてみせる  眼を庭へうつすと  眼の高さに差しあげながら  眼をしていいました  眼を円くして居る  眼を瞋らせて立ちはだかっているので  眼をつぶれ  眼をつぶりなさい  眼がさめるとあわてて  眼をさまさせた  眼を見開きたい  眼に向つて語らず  眼を養ひ  眼がさめると消えてなくなるではないか  眼がさめてからも  眼を覚ましながら  眼がさめるかさめない  眼を見張って眺めました  眼の下に自分の城を見ると  眼に涙をいっぱいためながら抱きついて来ました  眼がさめましたか  眼の前の暗さに浮いて  眼を砂浜の方に転じました  眼を刺激しなかったばかりではない  眼には触れずに済んだ  眼は固く閉ざしたるが  眼よりはむしろ心憎きばかりなりし  眼を開きて  眼を塞がんとはなさざりき  眼では駄目だといふ  眼でなければならないと  眼附きを忘れ  眼にできてゐた  眼を覚ますだらう  眼をなくする  眼をかりてよろこびの  眼のあたり舞台で知る  眼を通さうとする  眼をむけはじめた  眼をらんらんとみひらき給うかに拝せられる  眼が開けば  眼にかかりますな  眼を床の紅楓黄菊の方へやりながら  眼の悪いのを苦にしてゐる  眼の前に展開して来る  眼を針から離さずに  眼の悪いのを苦にしている  眼をパチつかせる  眼の前に立っているではないか  眼のみえねえ  眼覚しい  眼は自分の足許を見る  眼の前へ展げて見せた  眼の前に思い出した  眼に私自身を善く見せたい  眼の表情が峯子には手にとる  眼のなかに浮べて  眼を腹部に受けても  眼でちらと笑った  眼を足先に落した  眼につきます  眼は絶えず前面の広野の四方にめぐらされている  眼を以て認め得た  眼の前にあざやかに受取りながら  眼を白黒し  眼がさめたと思うと  眼がさめたけれども  眼にうつって来た  眼と腕とを信じ過ぎた  眼は爛々と燃えておりました  眼にはそう見えるらしい  眼のつけどころが違っている  眼をまわしている  眼のところばかり亀井戸の鷽形に切り抜いた  眼の前に投げ出した  眼のつけどころも心得ていらっしゃるんで  眼の届かない  眼があっても  眼と鼻の間の大津に宿を取っているという  眼を皿のようにしましたけれども  眼の前に現われてくれた  眼をみはってしまいました  眼の前まで来て  眼でお婆さんを見る  眼を見合わせたので  眼が烈しい渇きを訴えて  眼は乳を呑みたがっている  眼が勢いを加えて  眼を吊し上げて  眼の色を変えて騒ぐけれども  眼が醒めて見ると  眼を定めて見直すと  眼ではその美しい風景も見る  眼の前に現われて来たとか  眼は見えませんでも  眼で見て間違えがねえ  眼でよく見定めていただきましょう  眼では満目の海を眺めて  眼が特にすぐれていて  眼の前へ直ぐに帰って来る  眼を信用しなさい  眼を信用しろと言われると  眼の敵にするのみでは  眼はあやまたず  眼の前のところへ来て  眼を以て透し眺めると  眼をつぶってかき込んだが  眼をくれました  眼を奪われるの  眼にもの見せてやらなければ  眼に物を見せておかなければならぬ  眼を以て見ている  眼にもの見せてやる  眼に不審とし  眼をつかって  眼が血走つて  眼のふちがひやりとして  眼のさきに見える  眼で御覧なす  眼がくらむで  眼が覚めるのであらうと  眼だトまたふるえた  眼をあいてる  眼で御覧なすって  眼を以てその外皮を看破せば  眼のとどかん  眼には何らの苦悩悔恨をも蔵せざるが  眼を以て見るが如く  眼は二つの穴の真中に黒点を添へたるに過ぎず  眼には聊か誇張に過ぐるの嫌ひあれ  眼でジロリと私を見て  眼が覚めるという  眼は覚めない  眼がつき  眼は霑むで来た  眼を上にやると  眼に見まわした  眼をつむつた  眼ばたきをしないで  眼を瞑つ  眼掛けて突進して  眼と心とをもち  眼には映った  眼にたいして前日と同じ感銘を得た  眼の清澄な光を反映してるが  眼の前に浮かんだ  眼に出会っても  眼に留まらなかった  眼で読んでるばかりだった  眼をふいてやり  眼や魂をさわやかにする  眼をそなえていた  眼に留めた  眼をば見開ける  眼に開いてやった  眼に見せつけてる  眼を閉じて聴き入っていた  眼がくらんで見られなかった  眼とを見出した  眼でながめていたが  眼で人をながめる  眼の上に筋があって  眼には超自然的な威光を帯びてるらしく映る  眼から滑稽に見てとられた  眼からのがれなかった  眼の明晰さをもっていたく  眼にははいらず  眼に涙を浮かべてる  眼と耳とをふさげよ  眼を覚ますや  眼の中にアントアネットの姿が現われてきた  眼をくぼましていた  眼が覚めていない  眼を認めた  眼覚めてきた  眼に涙まで浮かべた  眼覚めた今となっては  眼で彼をながめていた  眼を輝かし落ち着き払って言っていた  眼の前に浮かべた  眼はぼーっとうち開いて  眼をつぶりさえすれば  眼の玉ほど大事に見守っていた  眼の存する  眼をぱちくりさして  眼をしよぼしよぼさして  眼のギロリとした  眼の前より隠れ去った  眼のあたりに咲き返って来た  眼のあたりに思い浮べる  眼には何も見ず  眼を空に向ける  眼は何を探し求めたか  眼の底に残っているよ  眼のやうに爛々と輝いたと申します  眼で見つめてゐたが  眼も眠らず  眼に氣が付くと  眼には涙さえ浮かんでいる  眼にもさぞ自分が愉快に映るだろうと思う  眼を配って行きながら  眼も通さずに  眼はたちまち好奇心に燃えて来る  眼がだんだん笑いで一杯になり  眼は細くなり  眼で見てはくれず  眼で男を見上げた  眼を醒ましている  眼をまやかそうなんて考えてもおりませんわ  眼を細めながら訊いた  眼にじっと見入りながら訊いた  眼を眩ましおおせた  眼で見ているかは  眼の中で踊りだし  眼が微笑を含んでいる  眼の前にきらきらし  眼を真向から直視したまえ  眼があいていられなくなる  眼にかかったよ  眼がちらちらしてならん  眼を凝らしても  眼は青味を帯び  眼の色が違うの  眼の色は人の注意する  眼が淙々として生活の上に君臨してゐる  眼を乱されまいと  眼を円くしてみせた  眼をきょとんとさし口を開いて  眼と口元とで軽く微笑んでみせた  眼をこすりながら起き上った  眼を挙げて眺めると  眼を地面に落して  眼も口も鼻もないノッペラボーが船の舳に手をかけて  眼を合わして  眼の中に落した  眼の前に滑らかな皮膚を差伸べた  眼を俄に伏せて  眼の前に曝してる  眼へちらと微笑みかけた  眼が濡んでる  眼で彼の方を窺ってる  眼に籠って  眼がすぐ前にあった  眼の前がはっきりしてきた  眼は異様に輝いて  眼の前にちらつきます  眼の光りでありました  眼が一層輝いたので  眼して姉を睨みつ  眼を円くして打ち仰ぎぬ  眼に見廻  眼を輝やかしつ  眼に打ち見遣りつ  眼を再び紙上に注ぐ  眼に笑を含めて  眼を開きたる  眼に老婆を仰ぎつ  眼は熱情に輝きつ  眼を閉ぢて沈黙す  眼を開きぬ  眼は血走りて見えぬ  眼を掩ひぬ  眼を其方に転じつ  眼に微笑を含みつ  眼して睨みぬ  眼を閉ぢて俯けり  眼は日の如く輝きて  眼を射りたる  眼には隱されてゐる  眼をつぶらなければならなかつた  眼が熱くなった  眼で咎めた  眼をおとすと  眼のやり場に困りました  眼が見送  眼の前をかすめました  眼をみつめました  眼ばたきの効果を引立たせ  眼を見はりました  眼を曇らせながら眺めてゐます  眼を脱れながら  眼にかかりましょう  眼がこの上もなく美しくキラキラと輝やき初めた  眼をシッカリと閉じた  眼をなかば閉じ  眼を見たり  眼には彼を見出さん  眼を遠き方にのみ注ぎて  眼ありかならずよそには見じ  眼にて翁が顔を見て  眼を閉じて動かず  眼に変わりぬ  眼のふち赤らめて泣きたまうを  眼定めて見たり  眼を覚すかの  眼をしよぼしよぼさせながら  眼の前をすぎて  眼から何物か飛び出して  眼で社会的の仕事から退かなければならなくなってからの  眼が窪みましたねえ  眼を病的に働かせて  眼の中をながめた  眼は開いたなり  眼かしらんと思われる  眼に好色的な輝きが漲  眼は青く戦いた  眼がよく覚められない  眼を小擦つて  眼を瞠つてゐたが  眼を細めてゐた  眼をのぞき込みながら言った  眼を信じ得なかった  眼でひそかにうかがってる  眼の澄んだ目差しと  眼を閉じてる  眼には彼女の澄みきった  眼に出会い  眼の落ち着きを多少心に注ぎ込まれる  眼が聞けてきた  眼は目配せをし合っていたが  眼で自分をながめていた  眼に喜びをたたえて  眼にだけでも見てる  眼の前でピストルを一発みずから自分の身に放った  眼にありありと浮かんだ  眼は世界に向かって閉じている  眼にただ輝ける跡をのみ残して  眼を洗いに行った  眼で旧知の人々を見たので  眼は変わり  眼を見聞いて  眼に映ってるか  眼に涙を浮かべながら別れた  眼でたがいに見はしない  眼からほとばしった  眼をあげてみた  眼にかち合った  眼で彼女を見てはいなかった  眼をそらすだけの  眼も考えもそのほうに奪われてしまった  眼で世をながめてゆく  眼でながめられます  眼の前が何もかも混乱した  眼でセシルをながめていた  眼の前には涙の霧がかかっていた  眼の曇りが消えて  眼を彼女の眼に定め  眼にはいらなくなった  眼をつぶってもらう  眼に手を当てて  眼を半ばつぶって動かなかった  眼が見る  眼の大きな田舎めいた  眼に輝いていた  眼に堪へ切れぬ  眼は私の涙を誘ひ  眼と眼を見て  眼とがやはりきりはなせない  眼をひろ子の顔の上へ据える  眼は一枚のカットに吸いよせられ  眼も黒子があって  眼のこりかたまった  眼と耳を通じて心に愬へる  眼をふさいでゐられる  眼をつぶっていて  眼を開きたくない  眼を持ちながら  眼でたずねたので  眼のまえに坐っている  眼をそむけてしまったが  眼についてはなれません  眼を皿のようにする  眼を落していると  眼に睨んでおりますと  眼の前へ持って来やがった  眼の前に置いて見せました  眼が離れると  眼は三人の青年の方を見て  眼を驚かすに足るほどの  眼で見なければわからないが  眼が火のように燃え出してきました  眼の先に控えているのに  眼は癒った  眼の前へ一つの白い軟らかい手が現われました  眼をしばたたいていました  眼を宙に据えていいました  眼が一つあります  眼は一杯になる  眼は大地の上に据っている  眼は地面に没しました  眼の光に以前通りの鋭さが残っていました  眼ざしはまだ夢の醒めない  眼の先に浮かんでくる  眼は釘付けにされてしまった  眼に一ぱい涙をためながら  眼と少しもちがい無いので御座います  眼を隠す  眼の網膜炎に罹って  眼と左の眼との相違こそあれ  眼には気がつかなかった  眼しかないということは悲しいといえば  眼しか見えないと  眼しか御見えにならぬという  眼を観察しようと思いましたけれども  眼が見えるので御座います  眼敏く追ひながら  眼をひく  眼の前の紙片に何か書つけていた  眼をとめて云った  眼で庭の石楠花を見やりながら続けた  眼で坊さんを見つめていた  眼が狂乱的に光った  眼で見なかったら  眼を引き寄せられた  眼だけを向けた  眼のところまで上げて  眼で絵を見た  眼に力いれて  眼でジッと暗い窓の方を眺め  眼だけ空にある  眼と手でイグナトをせき立てた  眼に見えて迫っていた  眼を中の庭にはしらせ  眼をさけおうていたが  眼のつつきあいしか  眼にはいっていないかも知れなかった  眼の光を見た  眼のあり  眼はひとしくその迅い  眼はぎらついて  眼はおとめの怖れで  眼の前に来ていた  眼だけ生きのこっている  眼の前で果しあうとは考えても考えられなかった  眼にくい入っていった  眼はなにかに憧れて  眼に入らなかつたから  眼をあいてゐました  眼には黒い土が見えてゐました  眼で菊次さんを見るとかういひました  眼にも昔のままのおん美しさに拝せられ  眼にはなにもかもスペイン的な陰謀に見え  眼の前は畑を通して一帯の雑木林が続いて  眼には高原と云った  眼の前に展開されている  眼のあたり見ると  眼の開かない  眼を通して居る  眼で人々を見廻している  眼で自分の作品を見る  眼の前の春の海原のなかに木屋町の白けた  眼の前に洲本の海がぎらぎらする  眼の中に躍り上って来た  眼の中から奇妙な閃光が飛び出した  眼の前に浮び上った  眼の前に踊り出す  眼が異常に光った  眼はいろいろのものを見ながら  眼の前に横たわった  眼の裡がすこぶるハッキリして  眼をやらずにはいられない  眼して部屋の中を覗くと  眼の前にあり  眼によって為し遂げて来た  眼が奪われた  眼のさめて在る  眼さむるとともに  眼がねをかけ  眼の据場所の相違から起ってくる  眼を内心に向ける  眼を怒りに血ばしらせている  眼を移して見た  眼には当惑らしい表情が出た  眼の縁辺りが薄く隈取られ  眼を閉じ黙ってしまったが  眼は鳳眼といって  眼をまぶし  眼の先にあり  眼の先にあったが  眼の先が暗くなった  眼眩み倒れようとした  眼を抑え  眼をさまして聞くと  眼とに圧せられ  眼が霞もうとする  眼醒めて見れば  眼に鮮かに見えた  眼にもよく見えた  眼と眼との食い合い  眼と眼との睨み合い  眼をこっそり盗んで  眼の前に迫って参りました  眼にかかれますが  眼につかぬか  眼を閉じ静まっていた  眼をさましてしまい  眼を優しく痙攣させ  眼が眩んでいて  眼をさまして起き上った  眼覚め居りますで  眼を覚まして起き上った  眼をヒタと睨み  眼で陣十郎を睨んだ  眼の前を落ちて来る  眼つぶれている  眼の老人は歩き出した  眼の老人は説明した  眼の老人は権威者と見える  眼はひきつけられた  眼まぜで知らせ合い  眼であたりを見廻した  眼に映るけれども  眼から生気を吸い込もうとする  眼に輝いて  眼は凝然と竹山の筆の走る  眼をギラギラ光らして  眼にも若い光が残つて居て  眼が一層恐ろしくギラギラして  眼は暗ながらギラギラ光つて居た  眼でチラリと竹山の顔を見たが  眼に度られる  眼を去らないで  眼を閉ぢずに寝るとは  眼を恐ろしく大きくして  眼は依然として瞬きもせず  眼に睨められた  眼に才気の輝いた  眼で対手を見ながら  眼に睨められます  眼には何も見えぬ  眼に不思議なくらい鮮明に映る  眼に今の寄せ餌に集つて来る愛すべき  眼も浮子に集中されて居る  眼の方は浮子を専念見つめて居るので  眼は流れる  眼にも若い光が殘つて居て  眼を圓くして渠を仰いだが  眼でチラリと竹山の顏を見たが  眼に才氣の輝いた  眼で對手を見ながら  眼附きをする  眼を塞いで聞き入りながら  眼をつぶつても覺えてゐられる  眼でぢつと眺めてゐる  眼の中に含まれた  眼に殘つた女のほつそりと痩せた  眼にはどんなに懷しく  眼を開かせてから  眼をやりもしないで  眼をもっていた  眼で人の下心をも洞見したので  眼が落ちくぼみ  眼でながめていた  眼に止めていなかった  眼の丸い青石盤色の鳩が鳴いていた  眼に止めないか  眼がよくきかないからといって  眼を泣かした  眼と手と趣味とででき上がっていた  眼を回しはしなかった  眼をのがれてる  眼であたりを見回し  眼で見守ってる  眼の底に描き出された  眼の中に殺意を認めた  眼にはすべてが一変して映じた  眼でその争闘を見てる  眼に止めず  眼は見えなかったが  眼の中には暗闇が躍り立っていた  眼を覚まそうと  眼はしつっこく  眼に出会うと  眼をテーブルの上に伏せて  眼や口や身振りから輝き出てきた  眼の美しさに気づいた  眼はすわっており  眼だとは信じかねた  眼はもう伏せられていた  眼もあげずに  眼を見すえ  眼を見合わせながら尋ねた  眼にさえ誇張的だと見えたほど  眼にとめなかった  眼をそらしてしまった  眼を自分のほうへ向けさせる  眼に見ないでも気づいた  眼には何にもわからなかった  眼は暗闇の中で相手がわからずに  眼をとらえようとしたが  眼の中に受けてよろめいた  眼や口を指先で撫で  眼でクリストフをながめるだろうか  眼の非難に立ち向かい得ない  眼もあげかねた  眼は室の中のあたりを見回し  眼にはいらだった  眼を見張っていて  眼で二人を窺っていた  眼であたりをながめた  眼はすぐそれを見てとった  眼を覚ますかもしれない  眼の中にそれを読みとった  眼も開かなかった  眼に燃えてきた  眼に見てる  眼の血走った  眼を不安に思う  眼へ叫びかけたい  眼からながめてもらいたかったし  眼に力を添えてやりたかった  眼をつぶったり  眼の中に読み取った  眼は魂の代わりに叫んでいた  眼の前に霧がかかってる  眼に見覚えがあった  眼の上にたれ下がって  眼はふたたび平静を得ており  眼が急に怖く光ってきた  眼をくばりつ  眼には彼への軽蔑があった  眼のこ玉から火が出る  眼で訴えた  眼に負けちゃ  眼ざしを持って  眼はそれを訴えた  眼はもう一度それを訴えた  眼は猿のように寄っている  眼に見えなくなった  眼にあつたかきつとどなたも知りたいでせう  眼をきよろきよ  眼まで上げたりしてまつ  眼には僅か二三滴の水に過ぎない  眼になると  眼に過ぎない  眼は鈍っており  眼に感謝の涙を浮べて  眼の前にかざす  眼をして見つめてゐる  眼の前にどんな非常な事が起つても  眼の据つた頬のこけた  眼をつむらうとすると  眼を開いたので  眼の前に探し当てた  眼の先に描き出した  眼をいた  眼だけは丸く開いて居る  眼はつぶれて居つて  眼の前にひらけて  眼に浮かぶだけ  眼で見送っている  眼は意地惡しく  眼のあたりに多くのものの苦しみを見る  眼を放る  眼が痛くなるといふ  眼に耳にはなやかな気分の味わわれる  眼には直に北斎の画題を思起させる  眼の下に見下す  眼を驚かすにいたる  眼の隅から上眼で睨め上げ  眼は見ねえぜ  眼で知れる  眼を見合せてから  眼を近づけてためつすがめつしていると  眼見てわかる  眼につき次第誰彼かまわず  眼も当てられぬ  眼立つ服装をしている  眼で辿って行くと  眼は真ッ赤に泣き腫れている  眼を繁叩きながら  眼のくり玉を突ッつかれますぜ  眼に輝いて見える  眼から火が出たという  眼にもつかずに終ってしまう  眼には見えんだけの  眼も哀れなくらいに血の気をなくし  眼で頷き合った  眼ばかりは火がついた  眼と御耳とに必ずとまり給ふべく  眼が幾度も涙でいっぱいになる  眼を示す  眼がパッチリと醒めた  眼の前の闇暗の核心をジーッと凝視していた  眼のひらめき  眼は広く見開く  眼は相手の人の額の後ろに隠れている  眼は鈍い焔のように見える  眼が自分を見る  眼の鋭さに由来するが  眼を背負って立っているという  眼は曇ってしまう  眼を持ちつづける  眼が曇つたり晴れたり  眼を擦り  眼をして出て  眼には涙が浮んでゐた  眼にも遽かに涙が湧いて  眼に浮ばぬ  眼の得も言えぬ  眼の中に現われた  眼は他の言葉を語っていた  眼に南方人の代表として映ずる  眼から消えてしまっていた  眼や鼻や唇や皮膚のあらゆる毛穴から肉体の底まで滲み込む  眼は色彩を喜ぶ  眼をぎょろつかせながら  眼で彼をながめながら言った  眼で彼女を見てる  眼と眼前の彼女との間に介在していた  眼とともに消えてしまったと思われる  眼が平和の秘密の鍵を握ってるらしかった  眼をつけていらした  眼には涙が浮かんできた  眼で私をお見になります  眼は友の眼の上に信じきって注がれていた  眼で物を見ていた  眼覚めの懶さに快い眩暈が交じる  眼に鏡の中で出会った  眼はローマの光によって開かれました  眼に急いで  眼で見なくなってからは  眼で人をながめます  眼と手とを失いません  眼は不思議に私の父の眼を思い出させました  眼に涙を浮かべます  眼を覚ましていた  眼の鋭い顔のやつれた  眼は燃えたってき  眼に止めざるを得なかった  眼はそれを多少現わしていたに  眼の中に読みとれる  眼が疲れきる  眼は不思議そうに室の中を見回していたが  眼や頬や鼻や髪に接吻した  眼が弱っているからね  眼や口や顔だちなどは  眼には今にも涙を浮かべ  眼の記憶を新たにしなければ  眼をなおよく見ん  眼から憂鬱な影が消えてゆく  眼はなんでも見てとった  眼をそのヴェール越しに見てとった  眼を開かない  眼が閉じる  眼をそらしていたし  眼が明るみに向かって開けるや  眼の前では自分がごく小さな子供のような心地がした  眼と眼との無音の対話をした  眼に止めた  眼覚めていて  眼の中に見つけようとした  眼も配らなかった  眼には涙が湧いてきた  眼の巨人プルードンの大きな影の下に隠れて  眼は己が創造の全体を見渡す  眼覚めないようなふうで笑いながらぶらついていた  眼を覚ましてきた  眼覚めさしたらしかった  眼で主人の様子を窺い  眼から涙を流し  眼の表情までも似てると  眼をつけず  眼を覚まして飛び上がった  眼には過ぎ去ってゆく  眼にも止めない  眼でながめられてる  眼を見合わしたら滅びてしまうであろう  眼の下に流れていた  眼を前方の薄暗い岸に定めて  眼を必要とした  眼をやるだけの  眼もうるはしき  眼の覚め  眼を奪ひ  眼で見直さうとする  眼を向けるべきであります  眼と耳を通じて心に訴へる  眼を見張らせる  眼を向けつ  眼を疑  眼には涙が浮かんでゐた  眼にも遽かに涙が湧いて来た  眼と心が働いているという  眼を注ぐといふ  眼をもつて視られる  眼にかけべき  眼を満足させる  眼の中を真直に見た  眼に思いやりの柔かみが浮んだ  眼のなかには自分に沈潜しきって  眼が時々率直に心配をこめて  眼の底にのこる  眼と口は判然としない  眼は全く無心に見開かれてるだけで  眼とぴたり合った  眼と眼をひたと見合せてる  眼を一杯見開いてまばたきもせず  眼はそれを訴えていた  眼を思い起す  眼も遠くぼやけていった  眼は光つてゐると  眼をさえ動か  眼と眼を見合せしが  眼を定めて読みおろしぬ  眼に相見え候えば  眼張ってれば  眼を潰しておくれ  眼を潰すなんて  眼に見ておくれ  眼に遮られて  眼を着け  眼と耳を通じ  眼を転じつつある  眼で聴き  眼に愬たへる  眼を瞞着し得る  眼は病める  眼にはあらざるか  眼から血を滴らすばかりだつた  眼をこすって泣き出した  眼で私の方をじっと眺めた  眼を見返す  眼と眼を見合したら  眼を希望の一路に向けた  眼の潰れた  眼を隱した  眼をきよろんと  眼の中まで赤くしながら  眼は顧みず  眼にのぼる  眼のひかり  眼をしたる  眼ばかりパチクリさせてゐた  眼につきさした  眼の前で停ったので  眼が見えなくなります  眼に見えて来ました  眼で私を見る  眼の前が見る見る  眼の下はるかの淵に投げ込んでしまいました  眼をみはっておりました  眼が覚めていて  眼がさめたら飛び起きるが  眼の廻りの薄黒く顔の色一体に冴えぬとは  眼にも見えなくって  眼につきしや  眼にも見えてた  眼に浸みて  眼に見えてちゃあ  眼で見りゃ  眼は耀く  眼の奇麗さにまず驚いてしまった  眼がたった一つ現われた  眼が覗いてくれたら  眼で凝と見すえられたら  眼で指しながら訊いた  眼だけは開けていた  眼を開けなかった  眼は動揺した  眼配せしたに  眼がいきいきとして来た  眼は其の牡丹燈籠に貼りついた  眼が窪み  眼のふちには黒い隈さえ縁取られて傷ましい  眼の前の畳の粗い目をみつめている  眼から見たらば  眼の悪くなった  眼を打たれました  眼を反らしたが  眼ばかり大きくなってゆく  眼からもわすれられない  眼を瞠りて帝国ホテルに寄り  眼をあげて見廻すは  眼が近いに気が遠いと来て居るので  眼を閉じて黙思するを  眼に去来する  眼をさまして来たので  眼が慣れたせゐか  眼を娘の顔に注ぎながら  眼が暗黒に慣れる  眼ばかり動かせてゐた  眼を伏せてゐたが  眼を挙げてゐたが  眼の前へひょいと出て来た  眼も鼻もないのっ  眼も鼻もないのっぺらぼうになっていた  眼には見えないけれども  眼にその姿があった  眼にその朝鮮人こそ正しく佐橋甚五郎と映った  眼によって抱きとる  眼に輝きが添う  眼は火のように輝き  眼にも涙を出すという  眼も以前は火のように輝いていたが  眼ざしで眺めている  眼をさましつつあると思はれるからである  眼をみはらざるを得ない  眼で見える  眼で見えない  眼には一切が見えない  眼でごらんなすった  眼がなくっても物がめえる  眼の前に山と積まれた  眼の前へ振り撒かれた  眼をつぶって立った  眼はじっくりと塞いだ  眼を開かないという  眼を開かないで  眼を開いていない  眼をあいて見い  眼のあかない奴には手がつけられない  眼を開いて見ようとしない  眼で見て取った  眼も高いと言わなければならない  眼を拭って見直したが  眼を通すだけは通しておいて  眼に相手を見ざる  眼をなくしている  眼は利かないし  眼の問題ではないように疑われて来た  眼の前の大きな行燈が眼にうつりますと  眼の前に置いた  眼に女人を見るさえあるに  眼を向けられての  眼の深い奴から篤と見定められた  眼で見直さなければならない  眼はその文字の上を惰力的に追っている  眼との趣味性を与えると共に  眼では自分の眼が見えぬがごとく  眼から看たらば  眼を眩ぜし  眼をして寝ている  眼を天井に放って  眼で比較をするとなると  眼に納めた  眼に一種の驚異を与える  眼でいつも又この人は笑ってばかりいたが  眼に一杯の涙がたまった  眼が一杯な涙をためていた  眼で微笑した  眼をくばりましたが  眼でほほ笑むと  眼を新蔵に返すと  眼が消えてしまうと  眼の幻を見た  眼にはいりません  眼を離すと云う  眼にも唇にも懸命の色を漲らせて  眼なざしを恐る恐る泰さんの顔へ挙げて  眼の前へ散乱すると  眼を傍へ転ずると  眼をお敏から返して  眼をとざしてしまいました  眼が枕もとの朝顔の花に落ちている  眼のせいかしらと思いながら  眼にはなんにも見えなかった  眼のせいとかいうことになる  眼を配りながらたどって行くと  眼をズルさうに輝かしながら  眼をオドオドさせてゐる  眼はジツト注意して  眼は母をまだ見詰めながら  眼ばかり見て噛みつ  眼で沖の方を見詰めた  眼が釣り上つてゐ  眼の色が変つてゐる  眼に射すくめられて  眼で庭の方を見てゐる  眼に物を言はせて  眼をグリグリさせてさ  眼だけ鋭く五郎を見詰めた  眼がスガメになつてしまつて  眼を釘付けにされた  眼を見合はせてゐる  眼は赤井を見てゐる  眼はやつぱり赤井を見てゐる  眼で見ながら  眼で舐めまわしてゐる  眼を据ゑて空を見詰めて  眼を掻きむしる  眼を蔽うてゐる  眼をそちらへ向ける  眼を吸ひ附けられ黙つて見詰める  眼が肥えてゐやがる  眼を据ゑて空鑵ばかり見てゐる  眼でちらりと参木の方を振り返った  眼のように光っていた  眼かくしをされていた  眼かくしをされた  眼で宮子はどうした  眼を光らせると  眼の二重に光る  眼がうす笑いを浮べて光っている  眼は澄み渡った  眼についただけだった  眼を合した  眼を瞑じて眠り出した  眼を思い描きながらも  眼を大きく開きながら  眼を鈍らせて  眼で参木の支えになりながら笑っていた  眼の悪い犬が眠った  眼が廻って  眼の色を見てくれたって分るだろう  眼の色だって分るだろう  眼を細めて聞いていた  眼を洗いながら  眼が廻るよ  眼から狙われた  眼をしぼめて  眼にかかりたいとは思わないでしょうから  眼から逃げながらも  眼からもう笑いが消えて  眼を眺めてみた  眼を打たれて飛び上った  眼で計った  眼にかかれるに  眼にかかろうとは思いませんでした  眼に合わされるか知れませんし  眼を上げていった  眼の色が輝き出した  眼のように光り出した  眼に全身の疲れを感じた  眼で参木を眺めながらいった  眼だけがぎろぎろ光っていた  眼はじっと前方の一点に焦点を失った  眼に浮んで来つづけた  眼でも見たい  眼に壁のように照り輝いて写った  眼の前を近々と見せびらかして歩いた  眼に浮んで消えた  眼を隠せ  眼にはひとりで空の一部分がはひつてきた  眼でむさぼる  眼と眼との間が痛くなつてきた  眼には何が映ずるであろうか  眼を素通りして  眼で示した  眼の前に見ていた  眼に誤解が起った  眼は生々と輝き  眼につくほどゐるとすれば  眼のやり場に困つてゐる  眼をもつて対し  眼で睨まれやしないかと思はれる  眼なざしを送った  眼が右と左とちんばだったり  眼のうわずった  眼で見上げる  眼を擽  眼は小さなダイヤに刺戟されて  眼が複雑にちらちら光った  眼はこんどは円くなって  眼でびっくりしてみせて  眼を中江の方にずらしてきた  眼で千代次を見ていた  眼は冷たく凍  眼にうつらない  眼を丸くして聞返した  眼や顔をふく  眼を廻させる  眼の裡を深く眺めて  眼の水晶体が熱と血液の毒素のためにむくんで  眼ににじむ  眼の裡にはいつもの重吉の精気のこもった  眼づかいで  眼はよくおなりになった  眼から逸し去られてゐた  眼を左右に転じ  眼を瞠って突進して来たので  眼がキョロリとしているので  眼の前に人影がさした  眼配せをしながら  眼をすぐ伏せ  眼をつかい  眼に入らなくなってしまった  眼で安部を見ながら  眼を輝かせてゐるなど  眼を覆ひたくなるほどの  眼で打ち眺めてゐた  眼でみるせゐか  眼を喜ばせ  眼のやわらかさかなあはれにも宴あらけて  眼の前が真っ白になる  眼さえ是を見て  眼の出所分らぬ  眼かけられて  眼を恨みし  眼を擦って見れば  眼がしらさへも沾み  眼は何を読めるや  眼はうつろにて熱計の針も見わかず  眼の前の展望は段々狹まつて  眼から遠けるだらう  眼でのぞいて  眼にしてゐると  眼には如何なる空想の影をも宿して居る  眼の前には西洋の読本の中の仙女の故郷がちらついて  眼の前に転つて居るから  眼に涙を拭き  眼を放つてじ  眼に入つたものがある  眼の光の中に無限の悲しい影を宿しながら  眼は凄じく一所を見つめ  眼覚めずに居つたなら  眼を開ければ  眼を丸くしやがって  眼を眩わす  眼の球の飛び出るほど怒鳴り付けてやった  眼は忽ち佃島の彼方から深川へとかけられた  眼は永久に光を失ったばかりに  眼だけは生きていた  眼をこすっては  眼は戸口へ釘づけになっている  眼には見えなくなった  眼の見まちがえかと思いながら  眼配せした  眼はそのパンフレットの各頁の上を走りだした  眼は大きく見はられた  眼は大きく開かれ  眼をお開きなさいね  眼をとじていますね  眼をあいてしまったのね  眼の前からぱっと消えて  眼よりも上に高くさしあげ  眼は皿のようにかっと見開き  眼を怖い顔で見ながら  眼を据えなければなるまい  眼の据え  眼で彼等を眺めた  眼をつけなければならない  眼を使用する  眼で観察する  眼で現実を見直さなければならない  眼に見えて描かれてくると  眼で現実を見直す  眼で見るという  眼で外界が眺められるならば  眼の感覚が古いか新らしいかに由来する  眼の作家から新らしい作品が生れる  眼が覚めたなら  眼が別なところに向けられていて  眼にその情景を彷彿させはしない  眼の熱いのを意識した  眼をしつつ  眼が覚めて寝つかれないので  眼を通さなければ  眼の光といひ  眼をあつめていた  眼の先に浮かび出した  眼をつけられている  眼はもう一つところを見つめる  眼にもはっきりわかった  眼にも教授の眼にも涙が浮んだ  眼に止り  眼を丸くしていふと  眼に笑つてゐる  眼でちよつと合圖をするだけである  眼を冷やす  眼を避けてゐるとしか見えない  眼はため  眼が僕の眼にぶつかる  眼で合圖をする  眼はといへば  眼を通してしか世界を見ようとしないのに  眼を大きく開けながら  眼を円くして叫んだ  眼でぼんやり私を見上げていた  眼ともいはず鼻ともいはず侵入し来るに堪へ  眼には涙の絶ゆる  眼にかかるなぞと云うてゐたが  眼に怒  眼で視ているので  眼の前に踏反ッている  眼を覚してみれば  眼にその泪が這入る  眼で観ても  眼を半眼に閉じて死んだ  眼を開いて視て  眼で山査子の間から熟と此方を覗いている  眼が覚めたかと思うと  眼を向けてみると  眼をけわしくする  眼で言っている  眼を掩い  眼に星が出来  眼はみるみる釣りあがった  眼の悪い髪の毛の縮れた  眼は半眼に閉じ  眼を覚すかも知れない  眼を足もとに据え  眼を押える  眼をぱっちり開いて  眼を見るから  眼の中を覗かせ  眼の中を覗いた  眼はむしろ鋭く秘密を射当てる  眼を私にかへして  眼を軽くつぶりながら  眼をにらめた  眼指されている  眼に映じて来はしまいかと思われる  眼の前に肉迫して来ましたので  眼で相手を睨み付けた  眼を閉じて行った  眼も眩むほど輝き出した  眼に触れてはならぬ  眼の前の逞ましい  眼の前に見ると  眼の先が真暗になる  眼を膝に落して  眼を輝かせて云う  眼を反らせて  眼で合図するほど  眼がまたよく物を云う  眼をそそいでいた  眼で睨んだ  眼で探しながら  眼ざしをくらまし得る  眼から秘密をおほふ  眼にしてみれば  眼の前にうかんでゐる  眼じろぎもせずにこちらを見あげてゐる  眼を今はいつて来た  眼からはもはや敵意は消えて  眼をこらしてゐた  眼をまるくしながら  眼に見いつた  眼の下の谷に部落があり  眼を引かれ  眼や家人の眼を盗んで  眼を躍らせて  眼から見りゃ  眼から流れる  眼を醒すに  眼で唖鳥を見直した  眼には涙が浮かんで居た  眼で金包を指して  眼には先づ自分の家が指点された  眼には仏壇の扉の開かれて居る  眼にも耳にも入らなかつたほど  眼の前に聳えて居る  眼を開くに堪へ  眼が冴えて来て  眼が鋭く私の眼を射た  眼が冴えて来たが  眼を見開いても  眼を見出して縮みあがつた  眼のきれの  眼の様に見えた  眼の前に高く晴れた  眼で私をじろりと睨んだ  眼ばかりを残して  眼で彼女を見ながら頷いた  眼の中にそんな言葉を読んだに  眼で幾度も見返りながら  眼を瞑つたりして居た  眼について恐しくてならなかつた  眼に注したりして居た  眼に注す  眼に注した  眼も殆ど全快して  眼は鋭く凝って  眼に止まるならば  眼には危機として反映する  眼を大学から新聞にまで転向しつつある  眼に多くの刺戟は与へるであらうが  眼の下にみて  眼ざしに見入つた  眼の前に展開されようとしてゐる  眼からひとりでに涙が流れでる  眼に映り易い場所を一番私としては選びたい  眼で見ておきたい  眼の前でさつきの袋を開け  眼ながらほ  眼を静かに見開いた  眼に冷やりとした  眼を厳にする  眼はいづれも  眼のまはる  眼がどれほど厳しくわれわれの時代の責任を問ふても  眼が何に向けられてゐるかといふ  眼に映じない  眼の前へ証拠立てられる  眼の下に墓地の全景を見わたす  眼ざしを糸杉の小径のほうへそよがせる  眼を伏せてきいていたが  眼でじっと天井を見つめていらっしゃいますのよ  眼ばたきしない  眼を眩まされて  眼は女のやうに柔和な光りに溢れて  眼がくるくると廻りだす  眼のまわりの米噛みへと  眼がきらきら燃えた  眼を放しませんでした  眼を転じました  眼を注いでいました  眼のあき  眼の邪魔になる  眼の前で壊れて行った  眼につき出した  眼ば真赤にして泣いてたど  眼をムキ出して駈け出した  眼を前方の一定のところにすえた  眼で農村を見れば  眼まぐるしい  眼の前で見た  眼が健の顔色を読んでいる  眼の前に手紙を投げて寄こした  眼も寝ず働いて  眼にあててももいろの  眼を眇める  眼の遣り場に困っていた  眼を逃げては  眼を驚かさぬはありません  眼の前へ足を踏みつけて  眼の前を素通りして  眼と頭によって余念なく名園を観賞し  眼に入ったが  眼に見えちゃ  眼にも留まらぬ  眼で四つの小粒が行儀よく並んでいるだけ  眼を使いわけて  眼を見せて遣わすぞ  眼あるもののように飛び出して  眼はつけないが  眼の発見から逃れていたという  眼とぴったり合いました  眼とかち合った  眼を以てしても  眼を向けられているのに  眼のあやまちではないかと  眼が不自由であったと申しますが  眼がまわり舌がもつれるほどの  眼に触れるという  眼には位負けがする  眼は鞠のように飛んで  眼の玉の飛び出すほど  眼に物見せてやる  眼でよく見て来たぞ  眼をつむって坐っていた  眼のうちに輝いた  眼で自分の景色を形つて居なさるだらうが  眼は直に活きて居る  眼ばたきを浮べてゐた  眼を沈めてゆく  眼を閉ぢる病氣上りの氣のやみにまぶしく照らす  眼を燃しながら  眼の前につく  眼みひらいたのは僕等である地殼を破  眼に涙がたまつてる  眼の前に迫つてゐる  眼を伏せては  眼だけでも峯の愁いに義理を感じて  眼が怠くなって  眼や鼻から餓えた  眼でまざまざと見なければならないという  眼を娘から外らしながら  眼が刺される  眼に悲しく附き纏う  眼からして  眼に突付けて  眼は落ち窪み  眼をわきへ外らした  眼から鉾を突出す  眼の懸命に戸惑う  眼覚めを思わせる  眼を放たないなら  眼に今見えている  眼に見えなくなる  眼を着けて見ると  眼を忍び  眼を読み兼ねた  眼を広く日本の演劇界全体に放つて  眼をつけなくてはいけないので  眼を配つてゐる  眼をそらすでも  眼を見据えて囁いた  眼を丸く見開いて  眼の前に僕がいさえしなければ  眼が見つめていた  眼ばかりきらきら光っている  眼は以前ほどまん丸く開かず  眼を据えて言う  眼をあいておりますし  眼にいっぱい涙がわき  眼に涙が浮んできた  眼がくるくるちらちら動いている  眼をごしごしこすった  眼で観察していた  眼がありませんね  眼の小さい男が振り返  眼がいくと  眼が痛くなるほど泣いた  眼を凝らしてながめていると  眼はきらきらとした  眼に立直って言った  眼が少し爛れているが  眼は孤独で専制的な酋長の眼のように淋しく光っていた  眼の病気をして  眼がつぶっていましたので  眼も眩むほどです  眼から離しますと  眼をまん丸にして尋ねました  眼にお当てになってから  眼に当ててみますと  眼に当てました  眼に当てながら  眼はいつの間にか両方とも開いておりましたので  眼が両方とも開いていますよ  眼を白黒さしていましたが  眼をぎらぎら光らして  眼を挙げて答えました  眼を異様に光らして  眼が心持ちつり上り  眼の下に見えて  眼の前を去  眼を鎖して  眼をギロリと動かしていう  眼だけギロリと動かしながら  眼にはっきりと映った  眼に湛えて  眼を醒ましたる  眼が見えぬに至らし  眼を転ずれば  眼に毒あり  眼懸けて立つほどに  眼が火のごとく光ったというも  眼を食らう  眼を明いて見ろの  眼の観察は狂ひ  眼に水せき込みて  眼をつぶりたる  眼に角立てべきなれど  眼には自から生気あり  眼に這入らなくなる  眼の前には黒砂の焼山が大斜行する  眼にうるみを覚えた  眼にいらず  眼には汚い四畳半の下宿が浮んで来た  眼をこっちへ持って来た  眼がじっとこちらを見ていた  眼に涙を溜めていた  眼でうなづいて  眼だけが見える  眼から永遠に置き  眼を気にしながら出ていった  眼は朦朧とし  眼のあたりの水を拭い  眼の色に現われた  眼に見入ってきた  眼に一杯涙ぐんでいる  眼を転じなければならなくなる  眼ばかりは窺うべからず  眼を見るべからずとぞ  眼を眩ますを  眼を以て魅する  眼は不釣り合いに小さく輝く  眼と面を傷つくる  眼と呼ぶ  眼はいつもここで停ると  眼見て置こうと思い  眼の高さでただ一つぶら下った  眼から放れない  眼を耀かせて黙っていた  眼を放さず見詰めている  眼が根柢に於てあまりに自然主義だったというべきだ  眼立って顕れてくる  眼に泛ぶ  眼になったりする  眼にあわされる  眼が私の方を見て  眼が明るく大きな体をのびのびとさせている  眼の高さにある  眼に映ったばかりの  眼の下に稀に見る  眼に泛ぶが  眼醒めるばかりの広闊な場所に変っていた  眼から消え失せた  眼を丸くぱちぱちさせていてから  眼から離れ  眼のいく  眼が丸く活き活きした  眼の細く吊り上っている  眼ざす私の舞台は漠として分らなかったが  眼の冴え光っている  眼を転じても  眼を向けます  眼が生活の理想に向いて開いていたなら  眼から熱い涙がハラハラと溢れ落ちた  眼なんてあいてゐられやしなかつたから  眼の前には叔父さんがタイキの轡を執つ  眼を外した  眼と眼とが瞬間にらみ合った  眼はふと信吉を誘っていた  眼はギラギラと輝いた  眼や笑った  眼はさすがに信吉を探していた  眼と眼とが触れ合った  眼にふと驚異の表情をうかべて  眼が理智的に冴えすぎている  眼を疑いましたよ  眼は青み勝ちに澄んでいた  眼を想い出した  眼は冴子と知り合った  眼は燃えても  眼で信吉の顔を覗きながら  眼をつむると  眼にかけよう  眼の前を素通りし始めて  眼は単に科学の一小分野のみを覗く  眼としては存在しない  眼が開いたから  眼も呆れるべく  眼を曝した  眼で数年捜すと  眼を驚かさぬ  眼に物大きく見え  眼の水晶体平らにて物大きく見えぬ  眼果して物を大に視るとするも  眼に依然他の馬より小さく見える  眼をつぶつてみたが  眼にうかんだ  眼と眼がぶつか  眼で聲のありかを  眼をしわめながら  眼の前のひとに心で怒つてみたりしたけれども  眼を久江へ呆んやり向けた  眼は眩んでゐる  眼を賤しく  眼を附けた  眼には一家の夫人ともあろうものが酒飯の給仕をしたり  眼に触れるというは  眼を白黒する  眼で視とれたばかりが  眼ほど性慾を挑発する  眼を瞬きし  眼が見えぬからのみでなく  眼を病むと  眼に塗れば  眼をはなしたが  眼をつぶっているだけな  眼がさめぬか  眼から涙のすじを描き  眼ざしをし  眼をくぼませ  眼の前を通ってゆく  眼をもって見送っていた  眼で強いて  眼をうごかす  眼に見たが  眼でいった  眼に見せただけで  眼を抜きやがって  眼に張りをもった  眼に燃やし  眼に燃やして  眼で見送られて  眼まいをおぼえて  眼が見違えるか  眼をつりあげ  眼だけを光らした  眼には鋭さのある  眼へあててしまった  眼じりはもう非常な決心と敵意を示していた  眼をして囁いた  眼に似た  眼をそらして歩いた  眼をうつろにして  眼に涙がありました  眼は覚めてしまった  眼の色を読む  眼のくちゃくちゃした  眼が慣れっこになったので  眼がギロリと青い炎をふいて光った  眼を以て見るべく  眼を以て見るべし  眼を何遍もこすり  眼は閉じ  眼と鼻との上に大きな緑色の覆いをかけている  眼をなくした  眼は見えなくても  眼をくり抜いてくれりゃ  眼が見えたらなあ  眼をとろんとさせ  眼はきらりと輝いた  眼は大きな顔の中でほんのピンの先ほども小さくなっていたが  眼が本能的にその方向へ向くと  眼はそのようなどす黒い顔の中でまったく際立っていた  眼の前に嚇す  眼を休ませたりした  眼に煙を入れてはなりませんから  眼も緊張させていた  眼をやるまでは  眼を闇に慣らそうとした  眼だけを舟縁の上へやっていると  眼を舟縁の上へやりながら  眼を丸くして訝るより  眼をしばたたきながら話し続けた  眼は決して私の眼と会わなかった  眼と眼とがぶつかった  眼を四方へ配りながら  眼では何一つ見分ける  眼は絶えずこっそりときょろきょろし  眼には何となく皮肉に見える  眼の上に銅貨をのっけていたよ  眼はぎらぎらと燃えた  眼をこすりこすり聞けば  眼の裡にきらめいているだろうか  眼を疑うほど  眼をさし入れる  眼で見てゐれば  眼に角たてて  眼の前で行はれようとしてゐる  眼の縁を拭って  眼を眩ましながら  眼に着くと  眼の中が熱くなる  眼を覚された  眼には入らなかった  眼を恐れる  眼の前が暗くなる  眼を反しながら言った  眼に下からじっと男の顔を見上げながら  眼でにらまれ  眼を閉ぢて默然たりし  眼に思ひも寄らぬ  眼にも世は盛りと見えつるよな  眼に湛ゆる  眼を過ぐる雲煙とは瀧口いかで看過するを得ん  眼を閉ぢ首を俯して  眼の前に展開されて来る  眼にもキエの姿は女中とはうつらなかつた  眼をキョロキョロさせている  眼ばたきひとつしないで  眼の前に現れたが  眼を射たるは  眼いたく凹み  眼は涙ぐみたり  眼閉じて聴きぬ  眼も少しはあけられて来ました  眼も鼻も手足もわが夫の物なれば  眼を抜き去って  眼に異ならず  眼を共有し  眼の弱かったオオドゥウは中年にいたって  眼というものはたいへん素朴にしか成長させられていない  眼を挙げてゐた  眼の美しい表情は程よい読書と頭脳の集中された  眼をごまかし  眼に入れて  眼を潰し  眼をぐるぐると動かして  眼の眩みし  眼に集めて  眼を拭ふて  眼を皿にしていた  眼を廻しました  眼は涙に潤み  眼をぎょろぎょろさしている  眼を斑に開いて  眼の下ヘポツリと訝しな腫物が出来て  眼は一方は腫れ塞がって  眼ざす乃蛮国へと進軍を開始するであろう  眼がこれを洞察し得るとも  眼を張りて  眼まで塗り付け  眼は細いが風の方向を仔細に見分くる  眼を晒し  眼に逢う  眼を害せぬ  眼をこすって居た  眼馴れた物を貴ばず  眼に這入ります  眼とぢたり瞼ひらけば  眼を鈍くしながら  眼をうるませていた  眼を指さして云った  眼でするか  眼を奪られても  眼も複雑にうごいた  眼を天井に向けた  眼をつけているかな  眼に大変美しく映ったので  眼をむきだし  眼の危険を悟った  眼をギョロギョロと光らせ  眼の玉をクルンクルンと廻した  眼の下へ其の手の甲を引き寄せて  眼をショボショボと凋ませ  眼を瞑れば  眼のさきへ圧しつまつてゐる  眼立たしくはあるが  眼にも付く  眼立たしい  眼を対象の方向にのみ向けている  眼に静かに見渡す  眼などへ沁み込んで  眼ざしたところへ登って行くと  眼にものの糞というような感じは更に起らない  眼の前に拡がっている  眼の行方を見ますと  眼の中から見出したい  眼に笑みを含んで  眼に鋭い光りがあって  眼は水面に重く垂れ  眼に涙を浮べている  眼からは不遇のように見えても  眼ざしが家の隅に残っている  眼の前の暗闇が薄れて  眼をつむっていても  眼には森の奥における鳥の行動や水底の魚の往来が手に取る  眼を覚まされたという  眼を驚かすばかりなりけり  眼を注がれける  眼をさましてから寝そべった  眼はじっとおみちを見ていた  眼を赤くしている  眼をぬぐつてくれる  眼を薫ずるに困ると申されたりと  眼を薫ずるには  眼をつむるという  眼をつむるなんて  眼をよせて眺めていた  眼を反むけながら角立てるに  眼を窓の外にやって  眼を剥いてる  眼をよせて考えこんでしまっている  眼を丸くしたが  眼覚めていたので  眼を辷らせ  眼の中から涙がじくじくにじみ出る  眼の前へ持ち上げたが  眼が冷たく鋭くキラリと光った  眼の凄さに専斎はペッタリ尻餅をついた  眼で計っていたが  眼を驚かすばかりじゃ  眼をば廻されな  眼に付いたは見霞むばかりの  眼に見て取った  眼に見られない  眼を顰めた  眼をグッと見据えて睨んだ  眼を洗え  眼はボッと霞み  眼からこぼしたが  眼を洗おうぜ  眼で三次を見た  眼が醒めたり  眼のやり場に窮して  眼を苦笑させて  眼を受けた  眼のまえに見ながら  眼で訊いた  眼を通しておかなければ  眼のさきにかざしてみた  眼が廻ります  眼の焼けつく  眼が乾きすぎた  眼に満つ  眼によき玉おばしま比良のむらさき二尺に足らぬ  眼にいつしか霧の枯野を得たり  眼ばかりくりくりさせて  眼の下を蚯蚓ばれにして  眼の前でひ  眼を白くしたり  眼に涙が一杯たまっていた  眼をさましますよ  眼に狂いのあった  眼に見詰められると  眼の前に突ツ立つてゐた  眼をパチクリさしてゐた  眼を光らしつ  眼も呉れなかつた  眼でよく見ると  眼を涙に霑しながら  眼で睨んでゐる  眼配せしたけれど  眼覚めたのを彼女が感ずると  眼は我知らずつり上った  眼でミツ子を眺め  眼じろぎもせず註文を待っていた  眼で見たんで  眼へ入っても  眼をそばめた  眼を輝かせたが  眼から大粒の涙が零れ出た  眼は消えていた  眼の中へ燃える  眼が見覗いた  眼は最早潤んでいる  眼に涙を一ぱい含ませている  眼を瞬たいた  眼のすずしい女の子がいて  眼を激しくしばたたかせながら  眼でじっと見つめるじゃないか  眼と大儀そうなのろのろした  眼がしらや言葉のはしはしが児蛇の舌のようにちろちろ燃えあがっている  眼を被いかくすほど  眼をかるくつぶって眠った  眼がすこし笑っていた  眼の前を滑り忽ちのうちに陰の方にかくれて  眼が一種の潤いを帯び  眼があかなくなるまで  眼のすずしい女の子がゐて  眼のまへをぞろぞろと歩いて通る  眼を被ひかくすほどもじやもじや  眼をつぶつてそんなふうの男を想像して  眼を絲のやうに細くし  眼をかるくつぶつて眠つたふりをしてゐた  眼の前にぶら下ってきた  眼を外らし努めて  眼にふれずとも  眼があいたので  眼がふさがってしまって  眼がひらかず  眼を洗ってやって  眼があかないという  眼がなかなか開かなかったので  眼がぴったり合った  眼を皿の中に萃めていると  眼が眩んだね  眼の前には誰もいない  眼を小左衛門は忘れる  眼が有りうる  眼が彼の偽らぬ  眼を思ひだすと  眼はうるみの  眼で父を見つめた  眼の如くじれつたさ  眼の前に示した  眼も鼻もなき喜びに耽っている  眼を送ると  眼を一巡させたが  眼にもふたたび見ゆるかな  眼に見ては  眼の色のうるほひは  眼のひかり二つの鶏のすがたこそ是おそろしき風情なれ妻鳥は花を馳け出でて  眼の周囲を赤くした  眼を閉ぢると何か夢のやうなものを見た  眼は五分と保たれなかつた  眼はとうに曇っていた  眼を持っていたが  眼立って来る  眼をヒョイと見て  眼を桃子の上に停める  眼が桃子の方にしばり附けられている  眼を一方にやっている  眼が須永を見ている  眼だけ開いているが  眼は若宮を見て  眼に入っちまったと言うか  眼を釣り上げんばかりになっていて  眼の中を火のように覗きこむ  眼を据えて見ている  眼をちょっと見ていてから  眼を返す  眼を周囲の一同にまわして  眼がまわるので  眼が見えなくなっちゃった  眼は桃子を見ている  眼を移して行く  眼が急にハッキリ見えはじめた  眼を釣り上げて  眼は須永の顔の上に据えた  眼はまたたきもせず  眼で撫でまわして  眼がギラギラと殺気立っている  眼は裂けんばかりに見開いている  眼をなすっていますのに  眼をしています  眼だけは異様に光っている  眼が充血している  眼をキョトキョトさせて  眼を睨みつけている  眼を冷然と見返していたが  眼が切りむすぶ  眼を柳子に移し  眼を移しつつ  眼を私に移して  眼ざしで見て  眼をも十分楽しませる  眼の前がぎらぎらしてきて  眼をつぶってて  眼がくらむほどの  眼が落ち凹み  眼が眩むほど  眼でわが輩を見るには  眼がぽかっと開いた  眼を見合してしまった  眼の向いた  眼がきょとんと黒ずんでいて  眼とが輝きを帯びてる  眼とを光らして  眼に笑を湛えて  眼をおとなしくしばたたいて居る  眼はいつになくぎろりと光り  眼の前が血色に燃えた  眼にはいらなかったら  眼を三角にした  眼は瞬間細ったが  眼もおそろしく利いて  眼が熱くなり  眼をむいたが  眼だけ光らして通ったかと思うと  眼の前で百のマグネシウムが焚かれたと思った  眼の前に片盤坑の電気が見えた  眼で動きもせずに  眼を輝し  眼を使いながら  眼をつぶったが  眼に良人の妻への専制とつづいて  眼には又新しい涙が浮んだ  眼に見張られながら  眼にうつって揺れる  眼に特長のある  眼を外してと云っているが  眼をくばって見れば  眼がクラクラっとした  眼を頭の上へちょこんとつけて  眼にたまった  眼をして眺めてゐた  眼を廻させてやらう  眼が益々後悔されて来るので  眼で見てゐた  眼を怒らせてゐる  眼に涙を溜めてゐる  眼の先きで肌脱ぎになつて化粧をしたり  眼に依ると  眼には確かに美はし  眼には老ひ行く  眼の底に残つています  眼が光つていなかつたら  眼をふさいではいないか  眼でぢつと視つめた  眼に立つて見えます  眼も睡れない  眼醒めると朝まだきから一人でまはして遊んでゐます  眼で視入り  眼は千登世を打戍つてゐなければならなかつた  眼に凝  眼に写っても  眼にはそんなぐあいに見える  眼の前の野原は黄いろや茶の縞になって  眼を庇って  眼では悪びれず  眼のほうたいを抑え  眼の罨法をする  眼の御恢復をひたすら祈ります  眼も全快して  眼が凹んで  眼をいよ  眼の前を江の奥へ行く  眼を痛くする  眼には完全なる安息という観念を与える  眼にハッキリ見え  眼が底光りを帯びて  眼の光が変に浮いていた  眼はその不機嫌さを示した  眼の活発な断髪の美人がついてる  眼に映じてくる  眼を膝に落すと  眼についてた  眼がよくさめない  眼に冷い  眼の冷い  眼と頬の円いふくらみ  眼の中を覗きこんだ  眼が彼女の方に向いて  眼からすーっと涙がひいて  眼をしばたたきながら見上げる  眼の中に納めてしまうと  眼を醒させながら  眼はじっと瞬きもせず  眼の奥に閃いている  眼で焦  眼に映つて来ない  眼の前に見てゐる  眼が異様に光る  眼にはかくも映るなるべし  眼を閉じつ  眼は輝きて  眼を血に染めて  眼をうっとりさせる  眼と口を打開き  眼をまるくしていました  眼の中を覗きこんで  眼の大きな何処かに男好きのする  眼は眼花となって  眼は動かさなかった  眼にちらちらと映った  眼を瞠って額に三角の紙を張った  眼の動きにのみたよるという  眼を三角にしていいました  眼を向けようとする  眼の届いた  眼と鼻との間の同じ小石川区内にいるとは知っているけれど  眼のように心の変る  眼から姿を隠して  眼に入るだけで  眼を拭いてくれるから  眼に着く  眼もしおらしい眼になった  眼を遠くの壁に遣りながら  眼に立たぬほどの  眼を眩しそうに細く可愛く開いて見て  眼を放ったが  眼を呉れている  眼に一杯涙を湛えながら  眼が眩んできた  眼も鼻も口もない真っ黒けな焼死体になってから歩き出して  眼をしました  眼には鼻につかえ  眼に相変らず  眼に浮かべるという  眼を向けなかったが  眼を覗きこんできた  眼に勝気らしい険があって  眼に鋭い光があった  眼がじっと相手を見据えていた  眼が凹み  眼は始終相手に注がれた  眼が更におち凹んで  眼や鼻や一緒になって  眼の前に出ましたので  眼が金十郎の顔に吸いついて離れない  眼の色を変えたが  眼によつて映しだされた  眼に先づ第一の値打がある  眼によつて描き出された  眼を瞑しつ  眼を覚ましたので  眼を反向けた  眼を据えてゐたが  眼を避けるといふ  眼の先の影の中に吾身をもつて  眼も鼻もない怪人があらわれる  眼も鼻もない怪人のことが気になるので  眼も鼻もないものが出ると云いますから  眼の玉が熔けち  眼を引きつけられてしまう  眼を洗われた  眼をまわしたか  眼をむいて驚いている  眼をショボショボさせていたが  眼をグルグルさせ  眼を光らせて立ちあがり  眼をギラギラさせ  眼を白黒させてゐたが  眼の細い角頤の車掌がは入つて来たので  眼は非常にはげしい眼ばたきをして  眼を見つめてゐたが  眼も若い時は深く澄んで  眼もうるんだ  眼をふきながら向き直った  眼は火のように爛々と輝いていた  眼はいよいよ燃えかがやいて  眼とは見えないので  眼をいよいよ嶮しくしたかと思うと  眼の玉がこはばつたらべたりとそこに坐るが  眼をほそく体をゆする  眼をぐるぐると廻転さしてゐるし  眼をして寝静まつた  眼だそこに闘ふ  眼を見合す  眼になつてゐた  眼をもつて居り  眼の前に浮んで来るからね  眼を不図輝やかしたりしない  眼を白黒させてゐた  眼は濁り  眼にこの和紙を讃えてゐる  眼を見張らない  眼付していやがるからよ  眼も見えないらしい  眼はもう凋落を見るには  眼は時の祝祭に耐へないちひ  眼に同じい悲しみが宿る  眼の前には焼岳の傾斜をこえて  眼は吊上って  眼の下に深谷をのたくって行く  眼の皮を無理やりに張って  眼ばかり出していたが  眼もくれずに踏み  眼を下へうつすと  眼の下に捨っちゃられて  眼には映つた  眼らしい凹みもあり  眼と口を引き  眼は充血して  眼を拭い  眼の前を櫓拍子いさましく通ってゆく  眼はお皿からはなれてもいないし  眼なんぞ考えにも入れていなかった  眼の暗い宮城氏の手をとって  眼にとまり  眼の前をぐんぐん通り過ぎて行きました  眼の前に現はれました  眼を疑って立ちどまってゐましたが  眼になりました  眼は達二を怖れて  眼の前に立ちました  眼の前に現われました  眼を疑って立ちどまっていましたが  眼で笑ふ  眼もねずに  眼はその俊爽の色ある  眼は必ずしも論ずる  眼にして来た  眼には驚くばかりの  眼に立たなくなった  眼につくであろう  眼に生命の余裕を示していた  眼が覚めていらるる  眼敏くていらるる  眼の中を覗く  眼の前に展開せられた  眼を定めてみた  眼に一杯涙をためてあわてて  眼はいつも若々しく輝いていた  眼の下に細い皺を寄せて  眼は悲しそうに円く輝いていた  眼を恐れていた  眼を恐れた  眼が何処からかじっと自分の方を見守っている  眼が自分の心のうちにも在る  眼が眩んじまいましてね  眼をちらちら刺激した  眼が光って居るので  眼をしていまして  眼でじっと見つめられて  眼をくるくる動かしました  眼をくるりと動かして  眼をくるりとさせました  眼が生々としていました  眼が光っていました  眼には獨りでに涙が出た  眼を教科書の上にさらしてゐた  眼をぱつちり見開いて  眼はもう嫣然と笑ひかけてゐた  眼を以て見ただらう  眼で靜かに私の方を振り向いた  眼をきよとつかせながら  眼では見なかつたが  眼だけは走らせてゐた  眼の縁をぼつと赤らまし  眼を急速に注いだ  眼を疑ひたかつた  眼に涙が湧いた  眼に離れなかつた  眼に映じました  眼に見えない程  眼ばつけてた  眼が腕時計の上をチラッとすべった  眼は明かに誰かを探がしていた  眼の前で動物線以下の労働を強いられている  眼をまぶしく細めて  眼をすべった  眼の前につき出した  眼がギロリと光ったよ  眼はそれを四方から思う存分嘲った  眼の前の煙でも払う  眼をすえてるの  眼をぬぐった  眼を覚さなければならない  眼覚すであらうから  眼をもつとはつ  眼覚めることによつて即座に出現される  眼だけにつこり  眼になりながら  眼を開いたなり  眼の色を変へたなり  眼をくり抜くのみならず  眼くされ金で胡麻化そうとする  眼のさきにある  眼がくり  眼を垂れ  眼が竹三郎の身辺に光っていた  眼のさきへ来た  眼でお互いに笑い合った  眼で顔を見合って  眼をじろじろさしてまわった  眼の裏に描いた  眼と眼が語りあった  眼が感情を表現した  眼でじいッと睨みつけていた  眼まいする  眼には敵意があった  眼ばかりのように見える  眼の赤い子供を見て  眼で前方を見つめていた  眼をくりぬかれた  眼はそう云っている  眼をやったかと思うと  眼の行き届かないか  眼が気に喰わなかった  眼で中尉を見つめた  眼に見えて分った  眼のさきへやって来た  眼と眼でものを云った  眼を怒らして吠えかかってきた  眼に浮ぶではないか  眼の前で開いた  眼をながめたが  眼には涙がたまった  眼をむいて叫んだ  眼にも触れなかったであろう  眼を据えて言った  眼をつぶって考え込んでいた  眼には悲しく見えてくる  眼深にかむって  眼でもさまされたら  眼の前がクラクラッとなって  眼の前の新聞記事によれば  眼から隠そうと  眼の先の働きにも追使われていた  眼が復員軍人に対して冷た過ぎる  眼を向けるほど  眼にも届かない  眼覚めて耳を疑つた  眼に障る  眼は覚めたけれど  眼をとぢてと眼をあいてと  眼を渋々こすりながら  眼にキラキラと殺気を見せたが  眼から見ますると  眼を醒された  眼が痛くなるほどの  眼のよく光る  眼もしよぼしよぼしていた  眼が普通の人々よりも大きいとは認められなかつた  眼よりも高くさし上げました  眼をまん丸にしていました  眼の前の古井戸の口で遊んでいた  眼がわるいと云うと  眼をまん丸にして  眼に合わされる  眼を覚ましましたが  眼にかけません  眼に遇うよりも  眼に会わなかったでしょう  眼をまわしてしまいましたが  眼に会わなくても済む  眼をキョロキョロさせながら答えました  眼をまわしていた  眼の前に呼び寄せて  眼をこすって起き上りました  眼くばせをしますと  眼に這入りますと  眼をつぶっていろ  眼をあけろ  眼がさめたら困るだろう  眼にかかりとう御座います  眼の下には川が青々と流れて  眼をこすっても  眼がわるくなった  眼には見えないほど  眼をキョロキョロさせました  眼も眩むほど飛び散り初めました  眼をまん丸にしながら  眼を白黒しましたが  眼を白黒して黙ってしまいました  眼を丸くしながら尋ねました  眼を丸くしまして  眼を開きましたが  眼にしみましたので  眼に沁みてよ  眼にかかりとう御座いました  眼にも触れなかつたであらう  眼にはやはり生きたる  眼に恨みを宿し  眼をパチパチ云わせて  眼の蠍星が向うから  眼をまるで火が燃える  眼も赤く悲しく光りました  眼には矢はり生きたる  眼に恨を宿し  眼に映つたので  眼を私がときどきふんづける  眼にちゃんと見える  眼の先に浮んで来る  眼に涙を一ぱい含くませた  眼に剣のある  眼ばかりパチつかしている  眼を釣上げて詰寄るだろう  眼に角を立て睨む  眼に媚を浮べて  眼は醒め  眼に沁こんだ  眼の辺には泣きた  眼で自分をじろりと見たばかりで  眼の先にちらついたが  眼の先を児を背負った  眼に浮ばないで現われる  眼には知れる  眼に人を動かす  眼覚めを心のうちにまざまざと蘇らせた  眼をいたずらにその文字面にさまよわせていた  眼をおほひたくなる  眼に見たい  眼に見えて居る  眼を覚して居る  眼を彼方に逸せ  眼の前にこちらを向いて居る  眼のまはりが幾らか隈になつて容易ならず  眼が次第に濡んで来るだろう  眼をつぶって祈る  眼が閉されて  眼が開かれている  眼には力強さと自由が満ちて居る  眼の輝きとかなり長い髪と白い手を持って居る  眼を大方の娘がもって居た  眼と高い額とは神に仕えるに  眼で見上げていた  眼に掛れぬと思います  眼のまわりが腫れたりする  眼を楽ませた  眼を眩む  眼を閉りかけた  眼を覚まさせない  眼に浮んで来た  眼のまえにある  眼がくらくらして倒れ  眼をむけずにはいない  眼醒めるようにしたら  眼をむけて触れようともしなかった  眼が自然主義の露骨な解剖に向はずに陰翳の忠実な捕捉に向けられた  眼が光つて来た  眼には些末と感ぜられる  眼と腕はこれを貫いてゐる  眼を回してはいけません  眼はまわし  眼に描いて  眼と眼で私らに何の打ち合わせもしないで  眼にも映じると云う  眼を大きくしながら  眼にはほとんどまっ黒に映りました  眼から怖ろしい  眼は哀願してゐる  眼の色を感動した  眼あきに読ませようとしてゐる  眼でみるから  眼だけ泣いて  眼でみるみるうちに人生の疑ひを解きほどしいとも  眼からはすべての作家も坊ちやん嬢ちやんに小さく見えるから  眼を閉ぢながら涙をためた  眼をうすくして  眼を閉ぢて眠りに入らうとしたが  眼を見はりながら  眼の前の人を呼ぶ  眼を青空の一角に注ぎ  眼の高さに薄手のコーヒー茶わんを差あげてゐる  眼を醒ましました  眼をとめるらしく  眼で怒鳴る  眼の中で笑っていた  眼がよく利かないと云って  眼でじっと見やった  眼の動きには実際豪い所があるよ  眼にちらついて来た  眼からある  眼を突棒の先に注いだ  眼の細い白粉をつけた  眼の奥に熱い涙が湧いてくる  眼がとどかぬ  眼が必ずそれにとどくとは言えない  眼が足りなかったと考えて  眼の前に背のヒョロ高い顔の真黒い鬚だらけの泥棒がによつ  眼を白黒させて居りましたが  眼を円くいたしました  眼が見えませんので  眼をまんまるにしながら  眼をまるくしてゐました  眼をさましてみますと  眼したに街の灯がきらきらと美しく見えるではありませんか  眼から手を離すと  眼は抜きとられて  眼をすりつけて  眼を真丸くして  眼にあふれ  眼をつけ始めました  眼をしよぼ  眼を具し  眼がほとんど見えないらしい  眼ば据えて  眼なんぞつぶれるべし  眼え泣きはらさねえ  眼の前にその本がある  眼も開いて行く  眼にのこり  眼から二雫ばかり涙が落ちた  眼を無理に据えて  眼が暗んでは上がれぬ  眼にも何となく坊主の生活が羨しくなる  眼の大きな頬の緊った  眼には何物も映らなかった  眼と上から見下す  眼と眼が行き合った  眼を庭の方へ転ずると  眼をふとあげて  眼もまがふばかりに  眼をひらか  眼となりぬ  眼を惹いてゐる  眼に耳に感じながら  眼が覺むれ  眼のあたりに見つめて  眼の醒むる樣な濃い藍を湛へて低い山と山との間に靜かに横はつて見えて居る  眼をつけてゐたと  眼の前の砒素にあつまる  眼のさめる思ひがする  眼の前に渦を卷いて  眼が覺めたと共にもうどうしても眠れない  眼の前の湯の中に動いてゐる  眼が少し見えていたが  眼を本につける  眼が治ると思って  眼のことなど忘れて  眼の方は何時の間にか明りも見えなくなっていた  眼が離せなかつた  眼を離せない  眼に見ていて  眼の前にこまかにさし  眼を見張るといふ  眼を擧げる  眼を伏せるの  眼も及ばない  眼の細い男が出てきた  眼の前の見なれた  眼の中の涙を誇った  眼を忙しく動かした  眼には留らなかった  眼で蒼くなっている  眼を脹らしながら起き出て  眼をつけて開けようとしたが  眼が振り返る  眼が誇張してとぼけている  眼で労働者を侮辱なさる  眼をくれないで  眼には一種の殺気を帯びて  眼をふさいで逃げ出した  眼をとじようとすると  眼のあたりに見たであろう  眼はだんだんにとろけて  眼を丸くしてす  眼に睨まれてすくんでしまった  眼は慈悲深い観音のそれよりもやわらかく清げに見えた  眼をとじて黙っていた  眼を再び皺めて  眼もくれないで行き過ぎてしまった  眼にはしずくが宿った  眼でたしかにそれを見とどけた  眼は見透しじゃ  眼となぜ言やった  眼にはいったと思う  眼のひかりに打たれて  眼をひいて  眼で笑いながら空うそぶいた  眼のあたりに教化を受けたい  眼には更に一段のあでやかさを加えた  眼の底にあふれていた  眼には不似合いな柔かい声で言った  眼をして黙って聞いていた  眼をみあわせて  眼のひかりに魅せられて  眼でじっと睨まれると  眼の前の谷底へ投げ込もうとする  眼の前に泣き伏している  眼から白いしずくがはらはらとこぼれてきた  眼をつけて叱る  眼の奥には決心の光りがひらめいた  眼をみあわせると  眼のさきに遠く横たわっていた  眼を見合っていた  眼にも触れていた  眼の色は見るみる陰った  眼にも何かの陰翳が懸かっている  眼を据えて透かして視たが  眼が明らかに語っていた  眼で答えて別れた  眼を以ってその人を見ていた  眼を以ってその人を見なければならない  眼がくらんでしまった  眼にはこの秘密が映らなかった  眼のうちをうかがった  眼をじっと見ている  眼はくらくらと眩んできて  眼ばかりを爛々とひからせて  眼のあたりに魔性の者を祈り伏せるには  眼のあたりに見せようとする  眼をとじて祈り始めた  眼の底には強い決心の光りがひらめいていた  眼には白い露がきらきらと光っていた  眼をもっていなかった  眼をふさぎながら  眼の前には一人の女が立ちすくんでいた  眼は怪しくさか吊って  眼に入らぬかという  眼をあつめて  眼のあたりにこのおそろしい神通力を見せられて  眼に観破られて  眼も動かさずに  眼の光りだけが  眼はおのずとうるんできた  眼をみはりながら聴いていた  眼にはなんと見えた  眼を信じなければならないと思いながらも  眼じりをあげて  眼を働かせて陰った  眼が眩うて倒れる  眼を輝かして言った  眼に付けば  眼をして居る  眼にはしみじみと涙が湧いて居ります  眼の球のある  眼はきらきらして  眼の前には沢山水が流れていましたが  眼だけ動かしていました  眼をコスリコスリ青年の顔を見直した  眼が醒めましたら  眼も寝ない  眼に止まって  眼を拭い拭い潤んだ  眼に涙を一パイ溜めながら  眼をコスリコスリ応接間に出て来た  眼のあたりみた  眼でばかり見たがる  眼をさまして泣き出した  眼をさましたらしかった  眼も通されずに  眼をさまさなかったのに  眼をさましたという  眼をほ  眼を赤く充血さして  眼を凝らすので  眼の前で嚥み  眼の前に立つてゐるといふ  眼を一わたり通してからでなければ  眼にかんじ  眼の痛みをしつかりと  眼を洗滌し  眼と鼻の苦痛は漸くにして去つた  眼は其処に坐れと命ずるので  眼をぱちぱちやつてゐました  眼でにらんでゐた  眼をきょろきょろさせて  眼を近よせて見ると  眼がクラクラとする  眼も眩むほどの  眼の前に出現し  眼をグイグイと強くコスッて今一度よく見直した  眼の前に近付いて来た  眼をつぶつてるだけだ  眼でみられた  眼は怒りに燃えてゐる  眼にうつるなんていふ  眼だけで挨拶をして  眼をおほひます  眼をきつく働かして  眼と心に映るまでに  眼で尋ねると  眼を願望した  眼を夜景のなかに吸ひこませた  眼を持つてゐる  眼は晴やかに澄んで見えた  眼にかかりたいと申しておりました  眼赤きを見ればうら  眼もこえていて  眼あたらしく思える  眼できょろきょろあたりを見まわした  眼をうっとり細めた  眼の前には落寞とした  眼は烏のような水だらけの鳥へ往った  眼はきろきろと  眼をするない  眼が大きく開いた  眼の前に倒れた  眼はぎらぎらと光っていた  眼は依然としてぎらぎらと光っていた  眼をつむらなくてはならなかった  眼はいきいきとした  眼は秋毫の尖も  眼は水神社の古ぼけた  眼は池の水の上へ往った  眼も広栄の眼を追った  眼は物置と庖厨の間になった  眼に微笑いを見せていた  眼の前を流れて  眼もやらないで  眼はその時広巳の右の袖口へ往った  眼にでもかかったら  眼が潰れたって  眼を追っかけて  眼をあわす  眼にかかりたいと思ってたのよ  眼が見えないので  眼だっていた  眼をまえへやった  眼の大きな年増の婢が入って来た  眼に光があった  眼がぱっちり啓いた  眼はお杉へ往った  眼にかかりますが  眼は次の一枚に往った  眼こぼしを願います  眼は光って怒に燃えている  眼を怒らすばかりで  眼づかいをした  眼の瞼をびくびくとさした  眼を覚すには  眼に己の入ろうとしている  眼は白沙を敷いた  眼には怒が湧いた  眼は脱沓の方へ往った  眼にもすぐお高の姿が映った  眼にかかりに往く  眼はお鶴の傍にいる  眼の変化をなるだけつけようとし  眼さえ持った  眼のふらつかぬ  眼をすえて見ていると  眼で追いはじめた  眼を見あわせたいだけの  眼は涙を催しかけた  眼をかけてくださいますから  眼にかかってから  眼を円らにして  眼が痛むほど  眼に似て  眼で一座を見廻しながら  眼と眼を見合はせて  眼を大きくして呆れてゐる  眼はひたと對手の顏に注ぎながら  眼を輝す  眼を眼鏡のかげにすくめる  眼をかけられた  眼を相手のほうに向けた  眼もい  眼にキラリとそのとき泪が光った  眼を交した  眼であたかも興隆期さなかの唐の文運を見て来たので  眼のウツバリまでが取  眼ざしをじつと眺めてゐると  眼をしょんぼりと開いて  眼を覚して聞いた  眼に涙が滲んだ  眼はいつしか空間に放たれ  眼が囁く  眼に浮べている  眼への直射をさえぎる  眼に涙をさしぐます  眼は私たちの目とあまりちがわない  眼だけ見つめていたら  眼がけわしくひらめいた  眼と心とを鋭くひらいて  眼をきらめかせて  眼はそのまばゆい緑をじっと眺め  眼を大きく見開いている  眼のすわった  眼を紫メリンスの前かけ姿でそこに現われた  眼のなかや口のはたにおさえきれない  眼を三白のようにした  眼がからだの小ささに似あわしくないつよい光をもっていた  眼の中は笑わなかった  眼が無視できなかった  眼にいっぱい涙を浮べた  眼で見まもっていた  眼をそちらにむけた  眼を定めてみれば  眼でそのひとを眺めた  眼でじっと伸子を見すえた  眼と心とで入って暮してみれば  眼をみたしている  眼を上眼にした  眼が愛嬌の笑いを下まぶたのしわにまでたたえながら  眼を大きくする  眼を移しました  眼の下に在る  眼を瞬きました  眼に餘程異樣と映つたのであらう  眼を反らせながら  眼にも滲み  眼も眠らないかも知れない  眼に余程異様と映つたのであらう  眼で時々彼を偸み視た  眼と眼のあいだに傷がある  眼をさますという  眼のあいだに怪我をした  眼が悪くなって  眼が悪いためにしじゅういらいらしている  眼を見ひらいている  眼に見えてふるえだしていた  眼にかかりますでございます  眼をみはらせて  眼が澄んでいて  眼がわるくなってから  眼があるというんで  眼のまえを走り過ぎた  眼にはいったので  眼をくもらせて  眼をそそぐと  眼をかがやかせているに  眼にかかっておりますでございますよ  眼のふちが蒼くなっていた  眼を届かせてくれますので  眼をまともに受けると  眼いろでわから  眼にとまって恐れ入りましてございます  眼にかかるまでは  眼にかけようと  眼にかかりたいと存じて  眼がおわるいので筆役のようなことをいたしております  眼のまえにあらわれる  眼を笑わせていた  眼をかえした  眼からは人殺しであるといった  眼にかかろう  眼にかかりませんでございました  眼を小雨の庭へ向けて  眼がすぐ泪で光って来た  眼に媚びをあつめて  眼を無視して  眼をつけていようと思った  眼で磯五を見上げてから  眼がおっとりしているので  眼にかかったのに  眼を凝らしている  眼を大きくあけている  眼立たないように路地に立って  眼がなさ過ぎるじゃないか  眼の色をかえて怒るにきまってるから  眼をすえているらしかった  眼が光っていないと  眼を光らせていてえ  眼の湯治に参る  眼があつまっていた  眼を笑わせて  眼も口もあけない  眼が肥えておりましたので  眼がいっそうほそくなって  眼で見はじめた  眼をぱちくりして黙りこんだ  眼立たぬよう眼立たぬ  眼のまえにくりひろげられて  眼がしじゅう笑っていた  眼をしておった  眼がさめていた  眼がうるんで光っていた  眼をかけてくださる  眼に見入って  眼にかかりに来た  眼にとろりとした  眼を真っ赤にして  眼をまばたいて  眼をいたずらめかして  眼に見ると  眼をかわしてうなずき合っていた  眼が白っぽくきらめいて  眼という眼が与兵衛に向けられた  眼をお高へ走らせて  眼で老人を見た  眼に異様なひかりがきて  眼をぐっと見ひらいて  眼にかかりませんでございます  眼をそわそわと動かしたが  眼を落とそうとすると  眼を笑わせた  眼を輝かしていった  眼の隅からにらむ  眼のまえを通り過ぎた  眼が冴えて眠られないで困る  眼と口を大きくひらいて叫ぼうとしたが  眼からはすなわち天下の一大事とみている  眼を凝らしてきた  眼をつけたな  眼を壁にすえて  眼を庭へ向けている  眼にかかるが  眼をほそめてながめていた  眼が不自由では困ろう  眼から涙がにじみ出た  眼を返した  眼がぱっちりあいた  眼が小さ過ぎる  眼に出逢った  眼を大きく開けて  眼の底が熱くなって  眼を向けながら云った  眼を覚したりした  眼を伏せているのみであった  眼の前に白く注ぎかかった  眼が覗き込んだ  眼は益々執拗になっていった  眼が妙に輝いてきた  眼の閃めきを見て  眼の前に持っているという  眼の奥が暗くなってきた  眼を定めて  眼に籠っていた  眼が上目勝ちに据っていた  眼にかぶさった  眼が寄っていた  眼も届かないほど  眼の下には黒い隈が出来  眼の奥が熱くなってきた  眼を持たなかった  眼の前に黒ずんだ  眼を沾ましていた  眼を開いてきた  眼をきょとんと据えていた  眼がさめてるから  眼を閉じてよりかかって来た  眼をつぶってもたれかかってくる  眼の肥えた  眼のくれる  眼に角たてた  眼の前に爆発して  眼をじっと大作にすえて  眼をおとしていると  眼の光っておる  眼が行くと  眼にかかりたいとの  眼できいた  眼をまるくしてさがってゆく  眼を見かわす  眼くばせを受けて  眼をかわした  眼の前に控えて  眼をこすったといいますが  眼がさめて困る  眼をはなって  眼を光らせていれば  眼がそっちへ向いた  眼のあたりにして  眼をパチクリさせて  眼に千万無量の感謝をこめて  眼の先に赤い布を見た  眼が血ばしって  眼くばせです  眼で対馬守を見あげている  眼でその筆先をみつめる  眼のさきへ壺を見せた  眼で往来の人をジロジロにらみながら  眼にもはいらない  眼を怒らせた  眼を四方に配つて見ると  眼の前に浮び出し  眼で前をぼんやり見つめ  眼でながめた  眼を仰ぎ見て  眼を失ってしまった  眼につかないけれど  眼を大きく張って  眼に孫である阿  眼を真赤に脹らして  眼に会せるか分らない  眼に触れないかも知れない  眼で見られているち  眼が覚めるち  眼は光っている  眼で彼の行動を見守っているであろう  眼覚めになります  眼をつけましょう  眼で微笑み合ってる  眼へは映った  眼を据えて云いました  眼に一杯涙をためてた  眼だけが深く落ち凹んでいて  眼の下に煉瓦塀があって  眼を伏せながら云い出しました  眼をぱちりと瞬きました  眼を痛めて  眼を痛めたりする  眼のためというよりも  眼が輝いた  眼がついていて  眼の視力を熔かして  眼を嵌めている  眼はあんたのものでもあり  眼の使い方を知っている  眼を持っていたがるという  眼をはずして  眼をひったくろうとしてさぐり廻しました  眼を渡そうにも  眼はお星様のように光り輝いている  眼をさぐり廻って  眼をはめ込まない  眼をもぎ取る  眼を取った  眼を持たせてもらっている  眼が何処の何者とも知れない  眼を返して下さい  眼が二つもあるじゃないか  眼を返しておくれ  眼を返してやろうと  眼を返してやって  眼をしっかりと掴んでいる  眼ほど人間が大切にする  眼に負けないくらい  眼を彼等のうちの一人の額にある  眼を二つずつ有っていて  眼が薄暗がりに慣れて来ると  眼の前も通って行くので  眼はそれぞれ向うの湖ほどもあり  眼もかすんでいたでしょう  眼には涙がうかんでいました  眼をくるくるさせていたが  眼には本当に涙がうかんでいた  眼のきょろきょろした痩せた  眼をぴったりあてていた  眼を挙げるので  眼が澄んでゐました  眼の上まで吊りあげたが  眼の金髪の見あげれば見あげるほど  眼から見るというべくして行うべからざる  眼を晒らしていた  眼を閉ざさした  眼をとめますと  眼でセエラをじっと見ている  眼で見るより  眼には神秘な望みが動いていました  眼に充ちた  眼には見えないけど  眼が顔から飛び出し  眼を覚しさえすれば  眼を覚してくれれば  眼をお皿のようにして  眼が覚めきらない  眼でベッキイを見ている  眼はうれしさのあまり潤んでいました  眼でじっと先生を見ていると  眼を惹かれている  眼によく見える  眼の赤くなるほど  眼は見る見る  眼のまわりには黒いくまが出来ていました  眼でミンチン女史を見つめた  眼をしてさ  眼に加わりました  眼を紅くして  眼をしてるわ  眼で追いました  眼で自分を見ている  眼は霧の中できらきら光っていました  眼を見開いているばかりでした  眼は硝子玉にはちがいありませんでしたけれど  眼は輝き出しました  眼を見張っていました  眼を擦りました  眼をきらめかせていいました  眼を紅くした  眼にいつもの輝きを湛えながら  眼はいよいよ大きくなり  眼をして見詰めている  眼を開けませんでした  眼をあけずにはいられませんでした  眼がさめたらあってよ  眼には失望の色を湛えていました  眼には隠しきれない  眼で不思議そうに紳士の眼を見ました  眼が曇って来ました  眼眩めき  眼の玉の飛出る  眼を剥きつつ  眼をして叱りつけ  眼がしずかに涙ぐんで  眼だけが大人になりかかっていた  眼と尖った  眼ではいぶかしげな視線を送って  眼を留め  眼がじっと見つめていた  眼醒めてくるんだ  眼のあたりの他国人めいた  眼を地面におとしていた  眼が殊に大きく見開かれていた  眼が濡れた  眼をひきました  眼でないところとかでみつめる  眼の前で雨が降つてゐる  眼やになどをつけたとぼけた  眼が先の広がった  眼で人類の現代と未来を注視してゐる  眼がす敏くその相違を発見した  眼は藪の下に燃える  眼を瞠って闖入者を見る  眼の前にまざまざと生きている  眼の記憶に残っている  眼で二人の方を睨んだ  眼を醒まさぬ  眼はらんらんと光った  眼を見合せましたら  眼をくりぬく  眼の敵にして抑える  眼の前に据え  眼を向けられると  眼さえ閉じ  眼をぴかりと視開いてゐた  眼をして勿体ぶれば  眼にもうつる  眼を見張り耳をそばだて  眼のまはるほど忙しいことがある  眼が何を云つてゐるか  眼のやり場に困  眼をこすりはじめた  眼をぐつと細めて  眼を外らしてゐるので  眼を据ゑながら云ひかけた  眼を血走らせてゐた  眼の前に横はつてゐる  眼が冴えるばかりで  眼くばせで  眼が意外な光り  眼はそれぞれ一点を見つめた  眼は歓びに輝いてゐると  眼が都会の子供に馴れてし  眼を薄く開けた  眼の前に現れようとしてゐる  眼に触れないといふ  眼をうつす  眼をそれに向けた  眼の前に浮んで来た  眼をしょぼしょぼさした  眼を覚まされて見られては  眼をはっきり開けて  眼は腫らしても  眼を堅く閉じ  眼にも見えないほどの  眼もふりむけないだらう  眼の前に提供し  眼でさうした計画をみてゐたい  眼と想像とに示す  眼には強く訴へないから損にはちがひないが  眼には写らない  眼をかけてゐて  眼は生きてゐる  眼は何処を見てゐるとも思はれぬ  眼の下をくぐつて出版されてゐたか  眼が落ち窪んで  眼にかけたい  眼にかかりたいと言って  眼と鼻の間とも言うべき  眼と鼻の間の遠い感じをあらわしていたが  眼にかかりたがっているって  眼にかかれない  眼の前の長椅子に重なり合って倒れかかった  眼に止まりますれば  眼の前の白鷹先生の前額から後頭部へかけて  眼にかかり損ねまして  眼には私等二人が何と見えたであろう  眼にかかってみると  眼が醒めたという  眼に付くくらい  眼をパチパチさせながら坐り直した  眼の光を見守っている  眼を据えて答えた  眼をマン丸にして  眼の下のトタンの屋根をバタバタとたたいて行く  眼を大きくギョロギョロさせながら  眼も口もない真白な頭を今一つ背中に取付けておられる  眼で私を見ておりましたが  眼でソッと覗いてみますと  眼がクラクラして堪りませんので  眼の中に溜って  眼の前に突き付けられた  眼の色を見ました  眼に余るほど満ち満ちている  眼を真赤にして輝かしながら  眼の下の深い木立の中へ投げ棄てますと  眼の玉を白くして  眼の下はるかのお庭の中に走り出て来た  眼の中に涙が溜まって困りました  眼で誰人とも応酬出来る  眼を着けられた  眼にかかっては  眼につかないからです  眼の奥を熱くしました  眼のたちの悪い人が刺繍で成功しようとしたり  眼は横につき鼻は竪についている  眼が横につき鼻が竪についている  眼の前の不成績を取り戻す  眼を備える  眼の前の生活に真剣に働きかけながら  眼には付きません  眼につき耳について離れません  眼の前の小欲にばかり夢中にならず  眼の付ける  眼にちょっとそう見えるだけの  眼の前の役に立ちません  眼が曇っていて  眼で人生を視る  眼と魂とを奪はれた  眼を希望と夢の世界に転じさせた  眼を見張らしめたと伝へられる  眼が冴えて寝つかれなかった  眼は突き破られていた  眼と紅いくちびるとを持っていた  眼をみはっているばかり  眼が少し窪んでいる  眼の先きもみえないほどに降り続けた  眼が眩れた  眼を盗んでぬけ出して  眼の美しい下膨れの顔が少し痩せた  眼の前にあらわれました  眼が三津子さんの眼と出逢った  眼の色も俄かに変わった  眼のさきに泛かび出しました  眼が冴えて眠られません  眼を瞑じていました  眼の色が怪しくかがやいて来て  眼が冴えて寝付かれないので  眼の前へ連れ出した  眼で知らせるらしいので  眼の細いのと髪の毛のすこし縮れている  眼を向けたらしく見えた  眼にも感激の涙が浮かんでいるらしかった  眼の下に見おろしていると  眼のふちに小皺をよせながら  眼を放さずにうかがっていると  眼に感ずる  眼を驚かすべく  眼を合はすと  眼の中にはかう  眼をつむつたりするの  眼を瞑つてしまふ  眼の先に手の甲を差し出します  眼を瞑つたり  眼を瞑らうと  眼ばたきをしようと  眼にしたらば  眼ざしで両腕をハラハラと打ちふるはせながら  眼の痛いほど光る  眼には血みどろになった  眼にふと某物を認めた  眼は丘の裾になった  眼と住職の驚いた  眼の勢であったなと思った  眼を眩まして射し込んだ  眼もぎらぎらと爛いた  眼のにらみに集めたらしい  眼のやにを拭いた  眼には柔和なやさしいところがあって  眼を遣う  眼は鈴を張った  眼の前に舞う  眼の濁っている  眼はすぐ美しい着物の色を求めたが  眼の前を通るが  眼を令嬢の姿から離さず  眼が覚めたとなれば  眼を明いて  眼は久留米絣の上からこの蟇口を覘った  眼はその重たくなっている  眼の運動が始まるや  眼の運動は済んでいた  眼にじりじりやられた  眼で自分の身体が見えなくなるだろう  眼でじろじろやられた  眼の前に引擦り出して  眼が覚めないかね  眼を遮りながらも  眼を迷つかせない  眼が横町へ曲りたくない  眼も真直に行かなくっては  眼の自由行動と平行して成り上った  眼の中に飛び込んで来る  眼が移る  眼を覚したら  眼で見渡した  眼の下三尺の鯉を釣るよりも  眼には毛布だか何だか分らない  眼に這入って来た  眼から見たって  眼だけ開けても  眼が覚めていないなと気がついた  眼に入るや  眼が壺のように引ッ込んで  眼がみんなこっちを向いて  眼でできた  眼に着いて  眼は自分の方に着いていない  眼を開けて見たら  眼のように光ってる  眼と擦  眼へも這入った  眼へも鼻へも口へも這入った  眼の前に湧いて出る  眼を閉るや否や生き返った  眼の中で降りて行く  眼を開けるや  眼を開けない  眼がいっぱいになった  眼だけが霞んでくる  眼を見張ったなり  眼の中にたまって来た  眼の前にジャンボーが出て来た  眼を彼の顔に物凄く釘づけして立っている  眼を呉れると  眼で彼を見ている  眼で俺を見た  眼を呉れた  眼をそむけていらっしゃる  眼は更に深い深い意味を以て輝きわたった  眼に光りがあって  眼が少しく据っていた  眼には見ながら  眼を泣腫して  眼には涙が溢れた  眼を光らせて見守つてゐる  眼醒しい働き  眼の悪いひととは思へないほど  眼をうしなつて戻  眼を失つて戻  眼を失つて来てゐる  眼の視力をたよりに毎日ろくろを廻して働いてゐた  眼をつぶつたまま自分の膝のところへ持つてゆくと  眼の中に宿る  眼の光が失われてつむった  眼にきめていた  眼の中にあるという  眼の構造の精緻なことを感嘆する  眼が精妙な仕組みのなかに私たちの愛する  眼を配っていて求め得られる  眼はするどくある  眼に出遇っては  眼がくらくらしてきて  眼は道を見てはいなかった  眼の中に吹き込んだ  眼が令嬢を満足させたが  眼を発見した  眼は憧れや  眼を睨み返したが  眼は無造作に反らされてゐた  眼の正面へ進んできて立ち止まつた  眼を画布に向けて  眼に光を湛えて  眼は果してその場所で画布に向つてゐたが  眼を車の中へ射込んでゐた  眼は爛々と燃えて  眼に映してみると  眼は別人のように落ちくぼんでしまった  眼が薄闇に馴れるにつれて  眼配せをしたかと思うと  眼は炎のように燃え  眼に近い艶沢のある  眼は黒い南京玉のやうに小さくつぶらに輝いて  眼の前にびつくりする  眼の前にはつきりと視  眼が絶えず慄へてゐる  眼には薄く涙さへ浮んだ  眼を持つてゐたから  眼の色とひらめく  眼をふり向けて  眼をとじて堪えていた  眼を細くあけて  眼張って待っとるに  眼をひけば  眼とを持って  眼の細い瓜ざね顔の歌麿の画き  眼をしげく眼ばたきしながら  眼を持たぬ  眼の前の道路を通行する  眼を煩らって入院している  眼に繃帯をしている  眼の方が強く私の胸に迫ってくる  眼は上目使いに遠いところを眺めているという  眼をショボショボさせている  眼がさめましたね  眼をかがやかせながら  眼だつて見えましたが  眼に浸みて来ますと  眼をしてみせる  眼を染める  眼や心を肥やして行くのでせう  眼が小さく眇になっていた  眼が眇になっている  眼の前に火の光が見えてきた  眼は馴れてきた  眼の中に蘇ってきた  眼にとめない  眼に涙が出てきた  眼にいっぱいたまり  眼をよく洗って  眼を皿のように見開いてうかがっていました  眼を見張りましたが  眼の前に現われ出るだろう  眼で恐ろしい夢でも見る  眼がしらに滲み出て来た  眼から搾り出したとでもいえば  眼はもう朝まで閉じなかった  眼の前でさめざめと泣き崩れた  眼に涙を要求する  眼の前にはお前たちの叔母が母上にとて贈られた  眼に描かず  眼が開かれ  眼で睨まれ追われる  眼の前に突き出ている  眼の前の紅葉の枝に簑虫が一匹いる  眼にはあるいはちょうどこの簑虫のように気の知れない  眼には気味悪いほどの光があって  眼はどこか私が子供の時に死んだ  眼に似ていて  眼をじろじろ見入った  眼を細くして仰いで見ると  眼や足の裏に泌みて  眼を覗き込む  眼が漸くこちらに気づいた  眼ざしになつてゐた  眼なざしをした  眼の位置と同じところに眺められる  眼の前に浮かび  眼に泌みついてゐたが  眼を停めて  眼は飢ゑによつて荒んでゐたし  眼は自信あり  眼をクルクルさせていた  眼もきく  眼の配りも  眼をこやし  眼で見るよりも  眼の前に三人のマダムが坐ってゐる  眼を動かす  眼の底にある  眼をきよめれば  眼も耀こう  眼をすえて見れば  眼の奥の潤みを  眼をじっと窺って  眼が挙げられて  眼になるかも知れない  眼を後廻しにして  眼の光を見て取った  眼がまた私の方へ向いて  眼を半ば開きながら  眼が要る  眼が益々強く深く働く  眼が見た  眼をのみ対象とし  眼は百錬の鏡を欺き  眼の光に恐れけん  眼を見張りたるのみにて  眼を見はりて  眼より溢落る涙堰き  眼を釣りあげて悶えしが  眼も放たず見てありしが  眼をみはりいづ  眼を開きたら  眼で見てくれる  眼がかすかに笑ふ  眼から珍しい涙がながれ  眼を以て見てくれる  眼が此世にもう絶えて  眼を見てゐるだけで  眼には確かに阿  眼の及び  眼を見ているだけで  眼の色恐しく  眼がわたしを睨んでゐる  眼にまさに没せ  眼で彼を見るであろうか  眼も片方は盲ひて  眼が覚めてし  眼についてゐた  眼を越えて  眼を眺めながら  眼には映らぬが  眼と色が異つてゐた  眼の太吉と向き合ふ  眼だけを蓋する  眼を惚れ惚れと見あげて  眼の方の横顔を久良の側にして  眼を用ひてゐる  眼の色も形も十分知つてゐるから  眼の間に深い皺を寄せて  眼の外にこぼれ落さなかった  眼の前に突立っていた  眼の位まで高くなるというが  眼の前に野広い海辺の緑の沙地が展開して来た  眼をあげてゐると  眼深にかぶつたまま挨拶をした  眼はまだ活きてゐて  眼のあたりに誘ひ脅かした  眼をわれらに廻らせ給え  眼の立体角が大きくて遠くにある  眼はらんらんとして怪しい光を放ち  眼は炯々として野獣のように輝いているという  眼に停り  眼からはまたひっきりなしに涙が湧いてくる  眼のようにも感じられた  眼でつたえた  眼を明けようとしても  眼のように正面だけが見えるばかりではなく  眼を頭の真上にもっていた  眼があろうとは思わなかったので見  眼からはふり落ちる  眼を手で蔽うなり  眼は潰れた  眼を開いてみた  眼が次第に慣れてきた  眼がハッキリ見えないらしく  眼の大きい与太者がドス声でどやしつけている  眼で上眼をつかい  眼もはなさず  眼に力を入れて云って  眼を大きく見開いて云った  眼をいたみ  眼には明かに憤怒の色が漂って居た  眼を赤くしてうずくまって居た  眼をあて途も無い様に見据えさせたり  眼は片岡陸軍中将の家に注ぎぬ  眼細うして光り  眼をちょっと光らせて見て  眼の前の日本堤署へ飛びこんだ  眼の前に坐った  眼ともよく見えなかったらしい  眼をいつもしょぼしょぼさせていた  眼の前へ控えていた  眼が一斉に岩佐に注ぎ  眼が抗議する  眼にはパアサーから借りた  眼を真紅に充血させて  眼の前に現はれてゐる  眼を鋭くさせる  眼を青くして  眼の前に露出しはじめてからの  眼に触れるまでは  眼をウッスリと見開いているだけであったが  眼を一パイに見開いている  眼を一しきりパチパチさして  眼を丸くして立ち竦んだ  眼の前に立ち塞がった  眼をこすってしまった  眼の前の欄干へ砕けよと打ち付けながら  眼を閉じて仰向いた  眼のあてられない  眼の前へ髪をふり乱した  眼が眩んで来る  眼もて人の心を誘い  眼に涙を一ぱいためて  眼にはいっただけでも  眼がまわって来るので止した  眼を覚すが  眼に少女の顔を覗きこんだ  眼は油断なしに編み棒の先を追いながら  眼はパンス・ネエの奥に笑い  眼の中にあらゆるクリスマスの美しさを感じた  眼の前が早くも茫として額に微熱を覚えた  眼の前には一匹の蜻蛉が飛んでゐて  眼の前がはっきりしなかった  眼をやすませながら  眼をぎょっとうごかして  眼なざしをもって  眼へバイキンなど入れぬ  眼を皿のようにひろげた  眼を蓋わざるを得ない  眼をそむけし  眼が覚めてしまった  眼におびえて  眼のくりくりよく動く  眼がひらいてみれば  眼の前へ吐きだした  眼づかひである  眼のうるみの  眼の前へさしつけた  眼の下の草むらにかくれてゐる  眼を蛇の方へ向けた  眼は見た  眼の前で振りはじめた  眼に利くというので  眼の良い人だと浦山しく思いました  眼も快くなって  眼を書物に注がず  眼からポロポロと涙を溢しながら  眼が覚めぬなどという  眼をぱちぱちさせて起き上り  眼をわずかに開いて  眼を軽くつぶると  眼をひらいたら  眼で魚容に合図して  眼を醒していると  眼にも触れ  眼も綾なる文章に限り  眼が小坂部のさかしげな眼と出逢うと  眼は捷かった  眼のさきに黄いろくまばらに見えた  眼の中には怪しい笑みが泛かんでいる  眼じりをしわめて笑った  眼に稲妻を走らせた  眼に止まりましたる  眼かは存じませぬが  眼を落としてしまった  眼が魚の鱗を挟んだ  眼をしずかに瞰おろした  眼で叱って  眼は火のように輝いて見えた  眼の光りを思い出して  眼の光りと  眼で招くと  眼も火のように晃っていた  眼がきょうは取り分けて  眼はやはりその異国の男の上にそそがれていた  眼を見あわせたが  眼は妬ましげに光った  眼を働かせて  眼の前になりました  眼と聡しげな耳とを絶えず働かせて  眼を屹と見据えたが  眼の前の敵を斬り払って  眼をこなたの  眼にとまっては  眼の前に黒く横たわっている  眼をかけるに  眼を見合あわせて  眼の前の権右衛門を斬って捨てて  眼にしみるな  眼を押さえながら駈け寄って  眼を誇り顔に晃らせた  眼をも洗った  眼もすがすがしゅうなった  眼でも眩んだ  眼がくらんで倒れる  眼の前は俄かに明かるくなって  眼と眼で笑ったばかりで  眼の上には高い甍が仰がれた  眼のような大きい星がたった一つ赤く光っていた  眼の前の敵を睨みつめていると  眼で確かに睨んだ  眼にはかならず見ゆる  眼の下にひろがる  眼の先きに  眼の艶を御覧になり  眼の検査をしてもらった  眼は右と左とで大変度がちがっているので  眼を向けてゐる  眼さえ見えぬ  眼掛けて突進してくる  眼の色も灰色を帯びた  眼を円くしたりして眺めていた  眼を悦ばすであろうと思われた  眼の下にして立った  眼には灰色に見えた  眼眩しいほどギラギラ輝いて  眼にあって  眼に入るばかりだ  眼は小さいけれど正直な働き好きな性質を表していた  眼の下に望む  眼にはいくらか青みを帯びて見える  眼を泣きはらして来る  眼を入れて納める  眼のつけかたはさすがに早かったと思われる  眼を襲った  眼の近くへさしつけた  眼の近くへ顔を持っていった  眼に涙をうかべた  眼にあわせおった  眼が見えるらしい  眼が見えるくらいだから  眼であたりを見廻すと  眼の下に見えた  眼をまるくして驚いていたが  眼の下にチャンウーの店の屋根がある  眼を細めて眺めながら  眼をつむって考えていたが  眼をひからせたが  眼をしばたたいたが  眼につきささっている  眼にもつっ立っている  眼のまえに見る  眼を落していましたが  眼を光らして聞いていました  眼にもかかれ  眼をかけた  眼をしばたたいていると  眼をつり上げて  眼がぎょろりと光った  眼は生き生きと輝き  眼は踊る  眼がどうして残つてゐた  眼に半信半疑の色が浮かんだ  眼が言はふとしてゐる  眼にも普通の娘といくらか違つたものに見える  眼にいつさ  眼は明らかに茶碗の場所を視凝  眼をふさいでゐてすら  眼の玉をむいてゐるが  眼深にかぶつた帽子をぬぐと  眼の前に現れてゐた  眼に隙間を叩きつけられ  眼だけくりぬいた  眼にとまつて  眼の玉を白黒させて見せる  眼も濁り  眼立つてゐた  眼は不覚に涙を宿さうとした  眼が少年に異様な思ひをそそらずにはをかない  眼もあけられない  眼は歓喜のためにかがやいた  眼の玉の黒いうちは燈りの消える  眼を蔽はずにゐられなかつた  眼を光らす  眼の前に裸体を見せる  眼に最後の秘密をみんな見られて  眼の中に残しながら  眼に一人の人をどん底まで軽蔑しき  眼もなくまた耳もない蛆虫どもの行ひの  眼がくぼみ  眼を怠らずにゐると  眼に忽ちおど  眼は怒りのためにギラギラと狂暴な光を浮かべた  眼を打たれ  眼のみ夜禽の如くけはしき  眼に怒りを燃して  眼はたとひ  眼に宿して  眼に涙すらためてゐた  眼に暗らい混乱が陰を落した  眼を暗らくして  眼に狂人の閃きが  眼に涙が無残にあふれでた  眼が色情の油のために異様に輝きはじめてゐた  眼をつぶつて新潟の街を通りすぎてしまふの  眼がちりばめられてゐる  眼を光らしてさ  眼はたしかに開らかれてゐる  眼をとぢて袂に顔を蔽ふてゐた  眼の玉がとびでて  眼の前に虚しく白いものを見た  眼すら持たなかつた  眼にすら逞しいまで己れの批判に己れを縛りとほしてゐる  眼が木村重吉の頭に重くからんでゐた  眼をもち悲哀の後にのみあらゆるものの誕生を認識した  眼を曝すに  眼に肥えてゐるといふ  眼でちらりと隱岐を眺めた  眼を輝かすので  眼を霞めて  眼をねむってる  眼をかけてくれるよ  眼が姉を窺つてゐる  眼を與へて觀察すると  眼は沈んで  眼は怒と  眼を移すならば  眼の藍色の床しさをあやしみつつ見詰めた  眼を持ちこたえる  眼が早期に大人的となり  眼につくといふ  眼に着いて居ます  眼をとめて見ました  眼が覺めると母に連れられて  眼の療治のために同行する  眼に嬉しく映りました  眼を覺ましました  眼にあります  眼でも拔かうといふ  眼に珍しく映つた  眼をもってみている  眼に涙が光って  眼が落ちくぼんで  眼に一杯涙をためていらしたの  眼の光をまた思い出した  眼に涙を一杯ためて説ききかせた  眼も鼻も口も平凡に恰好よく並んでいながら  眼をぼんやり見据えて  眼の光を思い浮べて  眼のたまが痛くなったほどだった  眼をさましていたって  眼をさましてしまう  眼に見るだけでも  眼のやうに疲れた  眼に沁みながら  眼にみせると  眼で露骨に言はせた  眼を一度鮫島へ向けただけで  眼をかへした  眼に一杯涙をうかべていた  眼はその紙のなかに吸込まれて行く  眼を細くさせる  眼をのせて  眼を閉ぢて思へば  眼が吸いつくばかりの  眼を澄ませ  眼はその荒れ寂びた  眼がみな一様に前方を見詰めている  眼がし  眼を洗うより  眼の前がパーッと絵に向って開いて行って  眼覚まさないと言い切れよう  眼で彼女が何病だかを直感させた  眼を彼は反射的にそらせた  眼を気にする  眼を覆つてゐる  眼は猜疑の光りに輝いてゐたに  眼は執拗にあれに惑かされた  眼を挙げたりして  眼を盗みながら  眼でも輝かせて  眼をもつて見ました  眼もじ致しませぬ  眼には残しながら  眼づかいまでが  眼の前で行き詰まりかけております  眼の前に押し迫っております  眼に止まりませぬ  眼に見えませぬ  眼もじしなければ死んでしまい  眼が醒めますと  眼についております  眼の球にはお母様の工夫で膠を塗って光る  眼の玉のギョロギョロする  眼や鼻や口をやすやすと選りだす  眼の中に涙を溜めて  眼や鼻をソックリ男のようにお描きになりました  眼と鼻が生き生きと睨みかえっておりました  眼の前に思い浮か  眼から涙をポロポロとお落しになりました  眼で二度ほどパチパチと瞬をされました  眼をお上げになりました  眼ざしされております  眼を瞠っておりました  眼に残っておりますばかり  眼の前がズーと暗くなって行く  眼を瞠らしめぬ  眼の前が真っ暗になりました  眼にかけまして嘸かしお読み  眼をひきつける  眼のうるんだ  眼の前から姿を消した  眼を初めて見た  眼で見守つた  眼をまわしたが  眼で見廻している  眼の色をかえた  眼に残れり  眼の可怖い学生らしい方に押されながら  眼で教えて下さったので  眼には涙がほろほろと溢れて  眼に目礼した  眼には憐みを乞う  眼に一瞬間の喜びの輝いた  眼に閃いている  眼をつぶってねていたまえ  眼をだんだんに上へうつした  眼はどうかしてるよ  眼は急にいきかえった  眼はきらきらとかがやいたが  眼をはなさずにいった  眼は富士男のほうを見たので  眼に熱火のほの  眼をいる  眼に目かくしをかけ  眼をいからし  眼にいっぱいの涙をたたえ  眼には涙がかがやいていた  眼は悲しみにくもった  眼をみはってうながした  眼にも容易に発見され  眼をギラギラと光らした  眼をかがやかして勇んだ  眼をギラギラと光らして  眼を皿のようにして飛びおりる  眼をいすくめる  眼は厳下の電のごとくかがやいている  眼と鼻のあいだに落ちた  眼をかすかに開いて  眼に涙がうかんだ  眼もくらむばかり  眼からも立派な罪人のように見えたに  眼をくらましていた  眼の前に罪を犯すだけの  眼はその正しい機能を失っている  眼を退けて  眼の前には新たな視野が開けるだろう  眼はくぼむではないか  眼もて見  眼覚める程緊張したならば  眼覚めかけて来た  眼は持っていました  眼の言語をならいました  眼からこぼれる  眼と耳と両方を使って  眼と同様に耳も働かせた  眼を大きく輝かせて  眼に大きな美しい泪の玉が浮かび上ったかと思うと  眼の前にいつも姿を見せた  眼をとても大きくして  眼に涙がきらきらした  眼は何を見つめている  眼にまぼろしの都大路に入った  眼は涙を泛べている  眼を移し上げて来て  眼がわたくしの顔に届くと  眼に運んでいた  眼を俯けていたが  眼に蓮の枯茎が眼について来た  眼にいちじるしく映じさす  眼を細眼に開けてはいるが  眼の遣り  眼を眇めて見ていた  眼を眠そうにうっとりしている  眼からたらたら流している  眼の前の現実に襲って来た  眼で見送って呉れた  眼はうつろに斜め上方を見ながら謡う  眼がさめちゃったの  眼に合わせてやらなくてはならぬ  眼が二つキラキラと光っています  眼を目あてにして  眼から鼻から口と一つ一つていねいにのぞきましたが  眼をパチクリさせていましたが  眼や口や鼻を指さして  眼をクルクルまわしてうなずいております  眼の下に絵のような美しい都が見えて来ました  眼が眩んでしまい  眼と眉と耳とは当り前にある  眼をまん丸くして尋ねました  眼と眼の間へ突込んで殺してしまいますと  眼がさめて考えてみますと  眼にしみるほど引き立ちます  眼に宙を見て  眼ざしをして話した  眼が眩んでしまって  眼を顰めている  眼もふさがる  眼には父が死んでから  眼をやつて居たが  眼をぱちくりさせて居た  眼のない母は直ぐ飛んで  眼に這入り  眼をはらして  眼も見ずに暮す  眼をさましたばかりだつた  眼で兄を見やりながら  眼をつぶつてぐつと飲み乾した  眼は涙にかすんで  眼に涙があふれる  眼に怪しい影の映ろう  眼が真赤になって来た  眼にも明らかな試みをもったが  眼には実にわがもの顔に文学の領域を踏みあらしていたと思われる  眼を向けさせ  眼には湿った  眼がくらくらして  眼の下の草原には随分草がほうけて  眼のキリっとした  眼をつぶって走って通り抜けた  眼の汚点が出来て来ると  眼には鷲よりも強い光がある  眼のかがやき  眼を爛々と光らせ  眼に涙がいっぱいたまっている  眼で海の上をにらみつけた  眼をかがやかしてたずねた  眼の前の敵を見すてて  眼ばかりぎろぎろ光っている  眼がさめるだろう  眼を光らせていばった  眼をもっていない  眼をむけたという  眼を向けたに対し  眼には恐しい  眼は烈しく輝く  眼のなかには暴風の暗いくもりは見えなかった  眼には炎があった  眼に燃えていた  眼をついばます  眼深に覆つて  眼の眩めく  眼に写ります  眼をうつ  眼に涙をにじまして  眼を悪くした  眼ににじみ出る  眼の肥えている  眼にしみたらしかった  眼をとじて眠ろうと試みてみた  眼が嫌いでならなかった  眼のところに穏やかな優しみのある  眼でお幸に二人を指して笑っていた  眼をどんよりすわらせた  眼を横にやると  眼をいっぱいに輝かして  眼を充血さした  眼で知らした  眼はある  眼には涙がにじみ出ていた  眼をさましていてくれれば  眼の片方潰れた  眼や品のいい鼻などにその面影を残していた  眼で仰ぐ  眼をくれない  眼を注いだが  眼を天空に注いで  眼をとじて堪らな  眼をかくす  眼の迷いではないかしらと思いましてよ  眼の怕い  眼のように表情深い眼をもった  眼とが深い学者的な感銘を与えずにおかない  眼の小さく窪んだ  眼を閉じて見ますと  眼に起った  眼を検査致しました  眼に点ずる  眼に検眼鏡をかざしますと  眼の明を失うと  眼を失うという  眼と殆ど見分けがつかぬ  眼をガーゼで蔽い  眼をさらけ出して  眼は健眼と変りなく何となく私を睨んで居る  眼を繃帯し  眼のあとが痛む  眼にはヨードフォルムガーゼが詰められてありまして  眼でジッと前方を見つめ  眼が見えなかった  眼の方へ持って行きましたが  眼をくり抜きましたねッ  眼でついでやれと  眼に涙を溜めた  眼の赤い氣球がゆらゆら搖れて居ります  眼の前は暗闇と化しました  眼の方に少し神経的の異常が生じ  眼の中に言われぬ  眼の前に出でぬ  眼のさりとも知らず  眼に微笑を見せて  眼はレンズに喰い入る  眼の前に浮んでいた  眼立たぬつもりでいたのに  眼に今度は小牛ほどもあろうかと思われる  眼を欹てながら  眼の前で微笑んでいる  眼をつぶっていてから  眼には何も見えない  眼にもみえず  眼にみえるばかりで  眼にはちっとも見えなかったという  眼のさとい李は忽ちにそれを看破して  眼には涙さえ浮んでいた  眼が醒めかけた  眼を近くにやった  眼を据えつける  眼で眼に答えてくれる  眼にしました  眼を覆っていましたが  眼がけだるい甘美さを帯びて  眼で見ていなければならなかった  眼の黒い丈夫なわんぱくどもであったが  眼には曇りが  眼でじっと見ている  眼でそれを見ると  眼の前に展げられた  眼のかわいらしいひらめき  眼の輝きが消え失せた  眼やその眼のいきいきした  眼を見はって言った  眼は顕微鏡か坩堝をのぞく  眼と脳髄のすばらしさを蛆虫の類がかたずけてしまうあり  眼に現われている  眼の球はこまかい仕事を一心にやった  眼をそらしたが  眼は自然の魅力には感じなくなっていた  眼が開く  眼のなかにわけのわからぬ  眼を覆いながら  眼の前にあるので  眼が笑っている  眼と感情の持ちぬしである  眼を円くしなさいよ  眼からも涙が流れた  眼をくらませ  眼がもとどおりになるまで  眼からこぼれ  眼が曇ったらしかったが  眼に欺かれた  眼から逃げ去り  眼がひとりでに燃え立ち  眼の前にひらけてきたので  眼に入ってくる  眼に霧がかかり  眼にするのに  眼を向けてはくれない  眼を蔽ったので  眼をつぶらなければならなかった  眼から光を遮った  眼が光に慣れてきて  眼にひっきりなしに見せつけられる  眼が輝き  眼の涙を拭きながら  眼から悲しみと歓びの涙が同時にこぼれた  眼にものを言わせて  眼の前にあったので  眼がわたしに向けられる  眼を蔽って  眼や愛らしい唇をじっと眺めたが  眼で一目だけ見てもらうなら  眼ではふた目と見れないほど  眼には同情の念があらわれています  眼の前を過ぎ去り  眼はじっとすわっていても  眼で風景を観察した  眼も頭もどんよりとしてエヂンバラに行った  眼を伏せて坐った  眼の前に現われるとしたら  眼から流れ出した  眼が徹夜と苦悩のために充血した  眼から薄皮が取れて  眼の前で永久に終りを告げようとする  眼から涙がほとばしった  眼をくれてから  眼がなかげ開き  眼を掩って悶えながら叫んだ  眼のかすかな光しかさしこまぬ  眼の前で虐殺され  眼を輝かしてよろこんだが  眼に薄皮をかぶり  眼から流れた  眼には怒気がちらついた  眼から消える  眼の前の広漠たるひろがりを眺めたが  眼に溢れたので  眼を編棒の先からはなさずに  眼の前に帰って来た  眼は眩み  眼が開いたくらいだから  眼には見当らなかった  眼のふちが紅くなるほど泣いた  眼を彼女の口元に注いでゐた  眼を躍らせた  眼で追ったりした  眼が悲しげにすわっておられる  眼が眼窩の奥にあった  眼に見えてやつれて行った  眼を移してから  眼の前の格子戸が内から開き  眼でながしめに見た  眼の前にいた  眼に争い  眼でも醒ますといけない  眼が大きくひらいている  眼をやりながら続けた  眼で紀久子には姉にきかされていた  眼は紀久子の顔を見ず  眼が合うと困った  眼のあたりを覆うている  眼を何やら瞬く  眼の前の父の姿がよそよそしい遠いものに感じられる  眼がじっと遠くの何かを視詰めている  眼はどうやらそれへ執着しているらしい  眼だけが吸われる  眼の中に涙をみた  眼の敵にした  眼を東山に向けた  眼を後へ向けささうと努める  眼を置き  眼の置き場をそれに定めた  眼をわけあり  眼を醒すまでの  眼醒めになる  眼の前の芝地は森の精でいっぱいになりました  眼の前へ連れて来て  眼を細めていたが  眼を細くしてよろこんで  眼を細くしてよろこんだ  眼にあっている  眼をぱっちりとあいた  眼が打っ  眼で拾っていた  眼は光っていなかった  眼は牢獄の壁で近視になっていた  眼を泣きはらしていなかった  眼を光らさぬ  眼ばかりパチパチさせて  眼を瞑ろうとした  眼の光は俺には解らなかった  眼を持ってやがる  眼を細くして見ていた  眼の前に投げ出された  眼も合わさず  眼に一尺以上もある  眼も鼻もわからない  眼も鼻も口も揃っていた  眼で娘に笑いかけながら  眼のみえない  眼のような赤い実がなるなんて  眼をあけていました  眼をとじようとしましたが  眼のひっこんだ  眼で母親のように微笑んでいた  眼が乾き  眼の中に涙をためた  眼からはらはらと涙をこぼした  眼を見入っていた  眼を半分だけ閉じて  眼で上からじっと待っている  眼の前にひろげた  眼を見て云った  眼を大きくして云った  眼もあけず  眼の前でちらばる  眼の兄の表情がくもつて  眼をふいてゐた  眼の色かへて憤つてゐる  眼を世間の若い美しい娘たちの上に投げた  眼をして見詰めながら  眼を繍眼兒みたいにして  眼が寧ろ黒ずんだ光りを  眼を赤めてゐる  眼の中には明るい涙が浮んでゐた  眼を私の方に向けたが  眼に刻まれていたが  眼が眩んでゐた  眼して私の顏に視  眼に視入りながら  眼は日本人とも外国人ともいへない奇妙な表情をもつてゐた  眼つぶりもつてでも  眼が悉く私の上に注がれ  眼と鼻の先斗町や祇園から出す  眼が違つて来たや  眼をごまかした  眼をぱちつかせてゐたが  眼を天井へ向けながら  眼が開けられなかつた  眼の痛さを忘れて  眼をぱちくりさせてゐる  眼の前に見せつけられた  眼を洗つてくれたりした  眼の前に浮んでゐた  眼をしばたたきて見かえれば  眼で眺めていたが  眼で庭の方を透し見ていた  眼の光の鈍い善良な顔付を見て  眼が黒ずんで  眼をぱちぱちやってみせた  眼が澄んで光っていた  眼をぎろぎろさして  眼の中が熱く涙ぐんできた  眼の光だけが機敏に働いて  眼をぎらぎら光らしてきた  眼をきらきらとさせる  眼をじろりとさしたが  眼を覗きこんで  眼に一杯涙が出ていた  眼ばかりぎょろりと光っていた  眼の前に咲いて居る  眼を書物から外すと  眼をおど  眼で見つめて居ると  眼を切りに働かせて見定めようとする  眼ざしを注いでゐたのにちがひない  眼に見えてゐる  眼を慮  眼の前でそんなに母から労力を吹聴されて  眼に入りたるを  眼の睛をも焼かんとす  眼を穴にあてた  眼をガッと開くと  眼の男はイキナリ言った  眼が青く光る  眼をグリグリとさせて  眼も口も泥まみれになって  眼をつぶつたまま亀に尋ねる  眼をつぶつてゐやがる  眼をあいてもよ  眼で浦島の顔を見て  眼を挙げて見ると  眼は歓喜に燃えた  眼であたりを見廻し  眼には浅間しい  眼はまぶしさのためにつぶれるかも知れない  眼でお爺さんの顔をじつと見つめて  眼をそそいでゐる  眼へ掛けた  眼だけで父を指摘して  眼を視あげた  眼に沁みるばかりの  眼が覚めました  眼をかっと開いた  眼をかけてやった  眼をごま化し  眼を白黒している  眼をぎょろりと光らせ  眼の前がくらくなった  眼をさまさせ  眼をしろ  眼でにらみつけた  眼にたちますよ  眼を傷つけてまでも  眼を注いでみると  眼に快よいヒルガオの花が郊外で薫風にそよぎつつ  眼にも気がつかぬ  眼をクリクリさせ  眼で見据えながら  眼に付かぬか  眼をかけ  眼に入れては  眼の中へ漂わせながら  眼から見ますれば  眼にも口にも漂っている  眼で見送ったが  眼を焼いて消えたので  眼とも失明する  眼の上に落ちたという  眼をつぶつたまま龜に尋ねる  眼で浦島の顏を見て  眼は歡喜に燃えた  眼には淺間しい  眼でお爺さんの顏をじつと見つめて  眼で私をきっと見て  眼には涙をためながら歩きました  眼の下にひろがっている  眼を灑いだ  眼だけは敵意かとも思われる  眼で見ようとする  眼を灑いで待っていた  眼に泌みた  眼で現在自分が見ていながら  眼でシカと見た  眼をあげたけれど  眼に曝らす  眼にたたぬほど  眼にはうつらない  眼を眼窩から突き出す  眼を上の方へ向けて  眼につくほど下っていなかったから  眼はまったく意味のない絶望からくる  眼は一刻ごとにらんらんとした  眼の前にさし迫った  眼はわが鈍き眼に映るよりも  眼よりは怪しき光を放てり  眼は鋭く光りて  眼より怪しき光の閃きしを  眼うるみてわが顔を打ち  眼をみはりて  眼の中に示した  眼は室中を馳廻れり  眼に映じ尽せり  眼は宛も写真の目鏡の如くなりし  眼より直ちに種板とも云う  眼で顔色ぐらい読む  眼にて余を叱り  眼で見てるわ  眼の前でそんなことをなさる  眼の色が違っていた  眼が見えたらなあと  眼の悪いということを忘れている  眼に浮かんで来る  眼をつぶつてゐるには  眼は舞台をみながら  眼をまん円にした  眼を糸のやうにした  眼を明ける  眼になつた猫はやはり背中を円くした  眼と眼を見合せてゐた  眼の奥には強い決意の色が閃いていた  眼だけ横眼にじろりと睨んだ  眼に染ませる  眼を遣り  眼が得意そうに輝いた  眼を空にして  眼をしばたたいて伏せた  眼のあたりに見なければならない  眼の前をみじめなものに感じさすだけだった  眼を細めてでもいる  眼を瞠らせ  眼で見られても  眼と描き入れかけた  眼をつぶっていたのに  眼はそう云っていました  眼も見開かない  眼を両手でこすりながら  眼の中がひやひやする  眼を見開け  眼で斜に睨む  眼を剥き出す  眼で私をみて下さい  眼というものの微妙さをおどろき直す  眼ほど謂わば  眼のむさぼり  眼のよろこび  眼へ流れる  眼の裡にうつっている  眼の中に近く近くあなたがすっかりうつっている  眼とその手ざわりに感動して  眼ざしをします  眼がよくっていらっしゃるから  眼を据えられたという  眼を向けさせられ  眼でかぶりつくから  眼と微笑を見て来た  眼のまえに見せて  眼とをもつ  眼をとおすと  眼が窺っている  眼を逸らす  眼の処に穴が空いていないが  眼覚めたような心地になった  眼には比較的老けて見えた  眼の下に見た  眼は好色らしく光らせた  眼を見はったが  眼くばりの中にも認める  眼でひろ子を見て  眼をギラギラさせた  眼うれひて  眼差す苫小牧へと着いた  眼もはるかな蒼穹に見詰め入つたりしながらも  眼に觸れ  眼に残つて居る  眼を逸らしました  眼だという  眼でもあった  眼の色をかえ  眼をとおしている  眼の吊り上った  眼にかけましょうか  眼ぶかにかぶって  眼を見詰めて  眼をみつめ返していたが  眼にも沁みる  眼と耳とを自分の思つてゐた  眼をなほ近づけ  眼で何處を見るとも  眼遣ひをして  眼の長く切れた痩せ  眼に涙をうかべさえした  眼を瞠らずにはいられなかった  眼ざしに接する  眼がさめるなんて  眼を光らせ過ぎる  眼はいささか意地わるく笑っていたに  眼のくらくらとする  眼が白墨へあつまる  眼にあわれに  眼まぐるしくあらわれる  眼に一ばんさきにうつる  眼がさめたから  眼の前にまざまざと見え感じる  眼の中でほほ笑んでいるだけで  眼をそこからひきはなす  眼の色を変えている  眼にも行き  眼にもはつきりわかる  眼の中がいつ  眼の触覚が掴む  眼のあたりに発見している  眼の色を変えながら  眼を円くして言った  眼をまるくして叫んだ  眼をwildにする  眼が集まる  眼の仇敵にしてる  眼がずらりと壁に覗いている  眼と呼ばれ  眼で見きわめたい  眼くばせし合い  眼にかけようという  眼と鼻のさきと口だけ出している  眼にかかりてえ  眼へはいった  眼の辺りへまで差し出されていた  眼が冴えて眠れ  眼にかかれないが  眼を疑がわせる  眼にあてて泣いた  眼に涙が溢れていた  眼を外し  眼に入れますと  眼は細く開いていて  眼が眩みだして来た  眼へ光が射した  眼を開けようとして  眼がグッと据わり  眼が五郎蔵の方へ向いた  眼をヒタと塚の頂きの  眼で五郎蔵を見下ろしたかと思うと  眼を上げて見た  眼ざして左門は歩いて行く  眼をつぶされた  眼ばたきも出来ない  眼いろで見  眼にも姑と清子の仲はそれほどまでに映るらしかった  眼で西尾を見あげて笑った  眼を逸らして  眼の玉にタラリと酒を落すと  眼で追うと  眼を逸らした  眼を遣っていた  眼がいく  眼に沁みていた  眼の前で始められた  眼いろをしている  眼をせずに諦めて死んでくれ  眼を覆わせるに  眼をつぶったって  眼と歯を見ただけでも  眼と歯をもつ  眼をつぶって歩いても  眼と鼻を衝く  眼をおおわせるに  眼を隠していた  眼はどこを見てる  眼がスタンドを見渡した  眼を忘れない  眼が燃えた  眼へ一杯の涙をためて  眼をつぶって呉れ  眼は何んなに上釣り且つ濁りつつ光っている  眼から二寸位は離れているが  眼に映ずるらしい  眼を見出した  眼を見附ける  眼で眠っている  眼を見交している  眼がユッタリと頷ずいている  眼を大きく開くと  眼の前に浮き上がる  眼には悲痛な色があった  眼から見るなら  眼に取りかこまれて  眼がつぶれた  眼から大粒の涙をふり  眼から隠れて  眼を正面へ向けたならば  眼や鼻は硫黄の煙りで害された  眼を外らしてはいけない  眼にはっきりと見えて来る  眼から取り去って呉れ  眼を上釣らせて  眼の光りを曇らせた  眼を赤く怒らして  眼で見つめて居た  眼の中に麻酔薬のようなものを感じて  眼とから流し  眼の球が冷たくなって行く  眼は静かに開かれ  眼は閉じられ  眼は何か黒い流れや斑紋を幻覚し  眼を蔽われていて  眼にも判る  眼と声の腐った  眼から桃色の蝋のしたたりの  眼でもう一度身辺を検査した  眼の色をかえている  眼と眼の中間で両手を泳がせていた  眼を据えているだけで  眼に月が光っていました  眼をつぶって聞いていましょう  眼をあいていても  眼を仰ぐと  眼や学識のある  眼で視られた  眼にまざまざと見ておいでなされましょう  眼を見はらしめるに至った  眼を笑わせる  眼で促している  眼に入りっこないし  眼で合議した  眼が光ります  眼を眩惑し  眼利きはむずかしいといえよう  眼利きさえ見出し  眼を欠いているからである  眼を丸くして話した  眼まぐるしく滑って行った  眼で看  眼はいけない  眼にも恋人同志としか映らなかった  眼を忍んでは  眼をさましていました  眼で泣いて  眼で笑う  眼で泣きながら  眼を細めましたが  眼について印象に残った  眼が一斉にこの不幸な犯人の左の顋下の大きな痣に注がれる  眼で語り  眼で媚び  眼を貼り  眼を瞠って驚かねばならなかった  眼がとろんとしている  眼の笑えば  眼もしている  眼をこし  眼と指の確実さと速さにも驚く  眼に蔽い  眼で笑っている  眼をぱしぱしで仰向いた  眼が迫って  眼が眼鏡越しに笑いかける  眼の縁に湛えて  眼の縁に紅でもさした  眼で挑む  眼の大きな百姓娘が坐っている  眼があるか  眼に入ったは  眼にその頬に蕾んでいた  眼と眼とぶつかると  眼で笑ってうなずいたので  眼がはにかむ  眼で会釈をすると  眼を近々と寄せた  眼がしょぼしょぼして  眼では笑っていたが  眼は全く見えない  眼の先にちらつきます  眼の深く落ちこんだ  眼に一杯涙をもっている  眼をまじまじさせます  眼のはっきりとした  眼の前にお幸を突きつけられて  眼はとうとう片方が見えなくなり  眼の色まで妙に殺気立って来る  眼をやってしまった  眼も涙ぐんでいる  眼の中を窺った  眼へはいって  眼にはかからないで  眼は勿論つぶっていない  眼を落したと思ふと  眼して視ながら  眼から見ては  眼に剛情な色を見せて  眼を剞り抜き  眼が鏡のように晃っていました  眼が赤くなった  眼に異状があるか  眼に朱を塗って置いた  眼を瞋らしているので  眼の前へその姿をはっきりと見せてくれ  眼に映っただけで  眼を引離す  眼のまわりに眼鏡のあとを赤くつけて  眼は異様に輝きを増し  眼の大きな鳶いろの  眼を突きつぶされ  眼にも一瞥してわかった  眼を触れずに  眼印しとなって  眼を曝す  眼を閉ぢることにした  眼は円く晃っていた  眼の前にあらわれて来ても  眼をつぶすぞ  眼は頭の上に付いていた  眼が醒めて覚った  眼でもしているかと  眼に涙をたたえながら  眼にながして働いている  眼を振向けて  眼を輝した  眼が向けられた  眼を宙に見据えてる  眼で会釈をした  眼が惡くなって  眼はいなず  眼が輝いて  眼を射ると  眼に彼女が天使に見えた  眼などをそばだてるので  眼を見開いて見ると  眼ばたきもあまりしない  眼はくれない  眼にとまつただけ  眼を見開いてかう呟いた  眼を見はらせた  眼から五寸くらいの距離に近づけて読み  眼の先などは好くは見えないので  眼に映るであらう  眼のあたりに河口の彼方から砂を巻いた  眼の先をかすめ去つた  眼を瞑じておいでなさい  眼をかけられて  眼のさきへ突き付けたら  眼をあつめて眺めていると  眼で人々から見られるだろう  眼が働くという  眼が存在する  眼に逢っては  眼にばかり頼る  眼を呼び寄せ  眼の奥を窺う  眼をぱちくりやって  眼の上へ叩きつける  眼を醒したりした  眼をあてた  眼をもって生まれた  眼をはなし  眼がつり上がってくる  眼を開いてだしぬけに  眼を少し細くしてつけ足した  眼を開けて居られないほどの  眼は乳房が垂れ  眼も口もみな明らかにそなわっているので  眼というだけの  眼に留めていはしないか  眼を食らうという  眼も鼻も無いのっ  眼にはつき  眼を患い  眼は近くなり乱視の状態にまでなりましたが  眼を病んで寝ている  眼を患いましたが  眼にうつり始め  眼をまったく瞑じた  眼にも怪しく見える  眼を晃らせて  眼と眉とのあいだは二寸ぐらいも距れているにも拘らず  眼も鼻も勿論ととのっていない  眼の休職曹長が非常に私を憎んだ  眼を暗がりに向けた  眼に写ると  眼だけで笑っていた  眼の深い女を見ると  眼に次々とはいって来る  眼のうちがばさばさに乾いていて  眼が碧く  眼をさまさせられてくる  眼の前にさし迫っている  眼をあかくした  眼は鋭いと思います  眼を配り  眼を凝然と見詰めていたが  眼を瞑じてしまいました  眼で法水を見上げた  眼にも節度を失っていた  眼をクリクリさせたが  眼を奇妙にビクリと瞬き  眼も胸も剥り抜いてやって  眼を見やりながら  眼を見ても判る  眼は暗さに馴れるまで  眼が一点に停  眼を誤らせた  眼には涙を滲ませる  眼にまで拡がってきた  眼の中に残った  眼に涙を見出す  眼の前にいつも浮んできた  眼の前で破いちまえ  眼で辿った  眼がふらふらしました  眼は飛び出し  眼が映り  眼から眺め下すと  眼を瞠らせずには置かない  眼の前の川の中にどこかの美しいお嬢さんが一冊の本を持った  眼の前にズラリと置き並べました  眼の前に積み重ねました  眼を瞬いておりました  眼眩しい程咲き乱れていたが  眼の前の鸚鵡の事も忘れてしまって  眼を真ン円にして  眼の前の最前書物の置いてあった  眼の爺様は見向きもしないで  眼は見え耳はきこえても  眼からは日の光り  眼をえぐり出し  眼くばせをしたが  眼の前に差し出したから  眼を丸く大きくパチパチさせながら  眼でも眩わして終わなければならぬ  眼を驚かし  眼を瞑って聞いていると  眼にかかりませぬと  眼指す赤い鳥は影も形も見せない  眼も見え耳も聞こえていたが  眼の前に踊り出した  眼の前に近付いて来た光る  眼の光りに驚いて  眼の前の不思議に見惚れて  眼は黄玉の光明を放ち  眼も鼻もわからず  眼の前に並べてある  眼を眩まし  眼を一層まん丸く見張って  眼にかからせて下さいまし  眼から電光のように光りが  眼をまわすといけないと思いまして  眼見得に出るとの  眼を配っていますと  眼の前に寝ていようとは  眼をパッチリと開きました  眼の中に溢れて  眼や口を静かに閉じて  眼に生れたろう  眼を疑っていた  眼の迷いではあるまいかと思いましたが  眼の迷いでも何でもありませんでした  眼も心も奪われて  眼に湧いて  眼からぼろぼろと落していましたが  眼を覚ましてはいけませぬよ  眼を閉じて座っている  眼の前に見えます  眼が醒めずに  眼をしっかりと見開いて  眼を疑わずにはおられませんでした  眼見得に来た  眼の前の寝台の上に横たわっている  眼見得の式で濃紅姫に勝ちさえすれば  眼が覚めてからも忘れる  眼が眩んで立っている  眼の前に横たわっている  眼見得の式に間に合いました  眼は火のように血走りました  眼は又旧の通りに釣り上りました  眼に会いたい  眼をパッチリ開いて  眼を見開きまして  眼を見せるぞ  眼を閉ぢるやうな気持になる  眼の前で絞殺して  眼ざす二階家は直ぐ眼の前に在った  眼を凝らしながら身構えていたが  眼の前の赤い光りの  眼をマン丸く見開きながら  眼の前の少女が大きな寝息をし  眼と口を真白く見開いて  眼には身命の危険を軽んずる  眼で読み  眼と眼を見合せる  眼を見ないから  眼がよく覚める  眼に止めていられない  眼がやっと醒める  眼の前の霧の大かたまりが  眼の前にボーッと立つ  眼の前の大山を登った  眼も口も開けられないほどの  眼が重くなった  眼の前の農鳥山を仰ぐと  眼から鼻へと抜ける  眼をチラチラさせる  眼醒めるように鮮やかな緑に色づけて  眼の縁に蓋をしている  眼を見開いていました  眼を見張らせました  眼を見張ったとて  眼の奥ににじんできました  眼で新たに眺めている  眼の前に現れぬと云う  眼にとまったので  眼に整って  眼の前に創造した  眼にはこの黒いものが血とは思えなかった  眼を颯と開けたかった  眼の前に憶い浮べて見ると  眼を急に開けた  眼の前に思い浮べる  眼の前に逼る結婚を延期して来た  眼の前に描き出せない  眼を開けさえすれば  眼を開けると共に  眼から透かして見たら  眼の前に群がる  眼の前にありありと浮べる  眼が開くと  眼の前に並べて見ると  眼を物外に向ける  眼がさめたという  眼立たなくなってしまう  眼がボーッとなる  眼を上向けてみせた  眼の色と云い  眼にもはつきりして来た  眼の高さによつていろいろに映り  眼をつぶつたまま寢言のふりして  眼にも私は鈍重で野暮臭く見えたにちがひない  眼にこびりついたら  眼の前をよろよろととほ  眼をつぶつて笑ひかけたり  眼に映らなければならない  眼をさましてから  眼が涙で光つてゐる  眼の近くまで持って行って  眼をやられました  眼にするであらう  眼の光るは  眼の色も變るまで慄いた  眼のふちの無智な薄褐色の慄きを凝と眺めながら  眼の前には白い蛾の粉のついた  眼に沁んだ  眼を患つて肥前小濱の湯治場に滯留してゐた  眼や頭を狙つて殺して歩いた  眼の狡猾らい人士のみが小さな裁判沙汰に生噛りの法律論を鬪はして  眼も燃えて  眼たまたまに思ひいでつつ  眼はなべて光りぬ  眼に入りし  眼を見せつ  眼を見れば  眼のふかく息する  眼が泣く  眼に滅えぬべき  眼は晝の年増の秘密をば見て見ぬ  眼はいくらか血走って  眼を窓外にそらした  眼は再び盤の上に戻つた  眼がぱつと明るくなつたやうな気がして  眼で昔を見てゐるか  眼は大層大切に致しまして  眼の悪い人にひどく同情致しました  眼が鋭く恐ろしくなります  眼をすえて居る  眼を紙につけて  眼の色まで変る  眼を瞠って居住まいをなおした  眼をみはったと  眼をしていたよ  眼をあけられない  眼をさし覗いた  眼を私の方へ送  眼は冷く  眼から逃れられる  眼を持つて  眼に一つ一つ唾を吐きかけた  眼の前で揺り動かした  眼が違ってきます  眼が前へ前へと注がれ  眼でたしかにものを見  眼の下に見わたされる  眼を通り過ぎた  眼のあたりそれを知る  眼は明らかに猜疑の光を含んで  眼をまともに見やっていた  眼の前に自分の愚かしさを暴露する  眼も烈しく彼を見込んでいた  眼の前に嘘をせんで  眼に涙をしぼり出そうとした  眼の前に拡がっていた  眼のなかへ入れても  眼が熱くなって来た  眼をまんまるくしました  眼をぱちくりやり  眼はじっとつぶって  眼がおちくぼみ  眼で見ますかね  眼に這入って来ない  眼をちらつかせて  眼を恣にすると  眼がひかるなり  眼の穴の間から舶来のブローニングに似た  眼に決して止まらないから  眼の玉が飛び出たかと思った  眼に付いていた  眼にかかると  眼から涙がニジミ流れ始めた  眼を潤ませている  眼に一点の露が光った  眼からポロリポロリと光る  眼で悲しそうに吾輩を見上げているが  眼の玉の動かし  眼に合わせて  眼でそいつ等の後姿を見ると  眼をかけ下さるので  眼をマン丸にして這入って来た  眼を白くして首肯きながら  眼にかかりますれば  眼を剥き出して睨み付けた  眼で睨み付けている  眼を白黒させて  眼から新しい涙が溢れ出した  眼ににじんでくる  眼で私たちの企てを解釈した  眼をひこうとすると  眼のせいだらうそれとも何時ものやうに風の具合で木の葉が動く  眼を引かうとすると  眼がはっきり見える  眼をさましてゐる  眼がおれの手く  眼でばかり見られる  眼で一文字にうら  眼ばたきを繁くしながらよっかかる  眼が窪んだ  眼と云う  眼をつぶって居た  眼で胸のあたりを見て居た  眼と白い良くそろった  眼が働いて居る  眼の奥が痛い様になるほどいそいで読んで  眼をぼんやりと見開きながら  眼があたしを見据えてる  眼にぶっつかりました  眼をつぶって笑って見せました  眼を細めていらっしゃる  眼に当てがいながら  眼に涙が滲む  眼といふのであらう  眼でひろつて  眼だけのものに過ぎない  眼に殘つてゐた  眼が甘えて  眼があいてゐるといふ  眼はあいてゐない  眼に見てゐるし  眼にのこつてゐる  眼をとほして  眼をもつて見ると  眼から見るとを  眼を患つた時感じた  眼をつけてゐたなど  眼は男性の力へ常に拍車をかけてゐる  眼だのを持つた  眼に浮び出して  眼は突張つて僕の唇は乾いてゐる  眼の奥に涙が溜つたとき焼跡は優しくふるへて  眼の奥に涙が溜る  眼がこちらを見る  眼はガラス玉のやうにパツと水のなかで見ひらいてゐた  眼をみどりに染め  眼は涼しげなひとの眼にそそいだ  眼は朝ごとに花の咲く  眼に広島上空に閃く  眼の前をぞろぞろ歩いてゐる  眼にお絹の顔が見えてくる  眼はどぎつく空間を撲りつける  眼のなかにまだ消え失せてはゐなかつた  眼の前にチラついて見えた  眼のなかには願望が燃え  眼のなかに一切が燃え  眼には何かちらと昔みた  眼を信じようとした  眼の前をながれた  眼の前も心細く薄暗くなつてゆく  眼には人間の姿は殆ど見えなく  眼を捩  眼のまへに若い日の君のイメージは甦る  眼を磨ぐばかりだ  眼は僕のなかに生き残りの人間しか見てくれなかつた  眼は突張って僕の唇は乾いている  眼の奥に涙が溜った  眼はガラス玉のようにパッと水のなかで見ひらいていた  眼の前をぞろぞろと歩いている  眼のなかにまだ消え失せてはいなかった  眼のなかには願望が燃え狂う  眼のなかに一切が燃え狂う  眼の前も心細く薄暗くなってゆく  眼には人間の姿は殆ど見えなくなった  眼は僕のなかに生き残りの人間しか見てくれなかった  眼を当てて  眼を見張ったり  眼を開けて居る  眼を寤しました  眼に供する  眼に掛けましょう  眼にひどくきれいに見えた  眼に結婚の祝いにくる  眼をさえ  眼に止まっている  眼が余りに力弱きものであることを悲しむ  眼を瞬いてゐる  眼には感じられ  眼に達する  眼は次第に力を失って  眼となって  眼に見入られながら  眼にすぐに感じられ  眼は俄にきっと鋭くなった  眼の潤うた  眼にゃ涙を出してる  眼も離さねえ  眼でじっと火を見つめた  眼には随分若く見えたらしく  眼の前に厚い緑色のカーテンが下りてゐ  眼をしてさしまねいたが  眼に涙が溜つてゐた  眼で彼らの様子をうかがっていたが  眼が教師に向けられて  眼のうちに捉えていた  眼だけが見えた  眼でものを見ている  眼が君たちを見わけられない  眼から放さないでしょう  眼だけで部屋に入ってきた  眼にまじまじと見られる  眼をちゃんと開けて生きてきた  眼につかないで  眼についています  眼を助手たちから村長へと向け  眼が慣れると  眼の上をこすり  眼をまともに見ていた  眼から去らない  眼はそれを求めており  眼をおおわないではいられなかった  眼がさめたばかりの  眼を上げていったが  眼を手で抑え  眼を部屋とここにいる  眼の前でほめられている  眼の前で暮らす  眼でながめる  眼の前の小さないやらしいことばかり考えているが  眼にも明らかなほどすっかり疲れていたが  眼を思い出させるの  眼からときどきわたしの身体のなかをさっと貫いていく  眼を上げながら  眼を大きく見開き始めた  眼の前にいるというだけで  眼をアマーリアに向けていたが  眼を心楽しく見ていた  眼にとまるまで  眼をほとんど閉じて  眼にだけそう見える  眼に繃帯した  眼をじっとこらす  眼をさまされました  眼がさめてしまって  眼もごまかす  眼を曇らせられてはいましたが  眼の前に浮かぶ  眼を逃がれようとする  眼をアマーリアに向けながら  眼の前にきています  眼のなかに輝きを見ると  眼にあの知らせそのものの価値を低く見させ  眼に見えるほどには驚かないで  眼がさめなすったら  眼のなかを探った  眼の前にしている  眼をはじめて私に向けて  眼をやっとの思いで見開き  眼を見張られる  眼を疲れた  眼にほとんど見えないくらいな  眼をとめていて  眼に自分の姿をさらす  眼をたたき  眼をじっとコーヒーのポットに向けた  眼につかずに暮らす  眼に彼の行為をいよいよすばらしいものに見えさせた  眼をくらまされてしまった  眼も上げようとはしない  眼をもっているし  眼がついには勝つ  眼にも奇妙に見えています  眼をあざむく  眼から涙があふれるほどの  眼に新鮮なものとなった  眼のなかに何ものかを探している  眼のなかに完全にあきるほど  眼と頬とから拭い  眼の前に彼のほんとうの姿を描いて見せてやろうとした  眼立つこともなしに手に入れる  眼にすぐつきました  眼醒めるような生々した感情がかえって自然の中から微笑まれてくる  眼も使わない  眼に幻影の市街を現わす  眼を外けさせる  眼がそこに及んでしまうと  眼には眦が鋭く切れて  眼だけが大きくなっていった  眼の光りを消し  眼の中から脈搏の音が聴えてくる  眼に映っている  眼覆しを除してくれと  眼を異様に瞬たいて  眼に飛びついてくると  眼に映らなかったとすれば  眼醒めかかった  眼に涙が一杯に溜ると  眼を覆いたくなる  眼を縛って  眼も口も溶け去った  眼の前にありあり泛んでくる  眼にキラリと紅い光が瞬いた  眼もよいと云うぞ  眼をくれようともせず  眼のことを口にすると  眼の位置だとすれば  眼が昏むのを覚えた  眼が微光の眩きに慣れるにつれて  眼がおちくぼんでおり  眼に浮いてきました  眼をまるくしたほど  眼には昂奮の色がただよっていますが  眼をやっています  眼で微笑みました  眼をつぶっています  眼をぱちくりやりました  眼ばかり異様に蒼光からせていた  眼にあわてて  眼をしかめたり閉じたり  眼の下に見え  眼をくりくり動かして  眼は靡く  眼に映ると  眼を角立てていた  眼につれて  眼を窓の外に移して行った  眼をのがれたと思うと  眼を釣りあげたり  眼は埃っぽい教室の白い壁に注ぎ  眼に平常の母らしいかさばった  眼の前へひよつ  眼を暗い中におど  眼の前へと停まつた  眼が遠のいたら逃げようと思ひ出した  眼の前には芝山内の森が高く黒い影を現しておる  眼をつぶってても歩けますよ  眼をぎらりと光らして  眼のようにきらきらと光りだした  眼について腹立たしい気分になるので  眼にみえていたからだった  眼でみつめながら  眼をおいていた  眼に見えてならなかつた  眼を凝して眺めると  眼の中へとび込んでくる  眼から遠ざかつた  眼に泛かんでくる  眼のまへにつきつけた  眼は燃えか  眼には思へるが  眼にも似て  眼でどうにも見られるし  眼による違ひがある  眼に觸れると  眼をまろくしてゐた  眼もあつていいんではないでせうか  眼ではかう見えるといふ  眼もそれを直視して  眼も二つある  眼で視ると  眼を凝らしあふ  眼をひらかせる  眼の物を云つてゐる  眼を開いていられぬほどに  眼と鼻のあたりに流れる  眼をパシパシさせて  眼のあたりに泥が附く  眼をやってから  眼の下へ持って行って流れて来た  眼にぶっつかって  眼をこらして見ていたが  眼を移して笑いながら  眼の上にひさしをして  眼え廻すべし  眼が青年に行き  眼を擡げた  眼を洋一へ挙げた  眼を恥じながら  眼を畳へやっていたが  眼を洋一へ向けた  眼を明いては  眼の涼しい美津の顔をありあり思い浮べた  眼を見せたが  眼を戸沢へやって  眼で舐められて  眼をみはるほど  眼をつぶつて低く吟じはじめた  眼をぱちくりさせてゐただけの  眼を丸くして驚くばかりで  眼をつぶつたまま寝言のふりして  眼がくるめく  眼を軽くつぶつて改札の美少年の駅員に顔をそつと差し出し  眼を転じて見れば  眼を醒しても  眼ばたきして  眼との調和を欠いて  眼ばたきをする  眼を無理に大きく見開いて  眼を伏せて黙り込んでしまった  眼ばかりぱちぱちやっていた  眼へというよりは  眼の端に道子の来かかる  眼を聳たしめる  眼のようにどんよりと曇って  眼に涙をためて言いました  眼を以て私は君達のよろこびと  眼から涙がこぼれ落ち  眼をこっちに向けて  眼から外していった  眼は湧いてくる  眼にだけ映って  眼に吹く  眼に涙がにじんできた  眼が現実的に存在する  眼がありありと見える  眼が宙に現われて  眼が柳の中から浮き出してきて  眼を開けず  眼に見入る  眼は呑みこみ  眼は空洞のようにも思える  眼とも言える  眼が浮んでくる  眼をひたと私に据える  眼にひたとその眼眸を押しつけてくる  眼に白くかすみがかかっていて  眼の中がいい心持に楽になった  眼の中が涼やかになるでしょう  眼を見ただけでも分るという  眼から第一歩をふみ出すべき  眼で空々しく読むなど出来ない  眼くばりをおとすと  眼の色が恋した  眼のなかが爽やかなような心持で笑いながら  眼をパッチリやって  眼の色をかえなければ  眼の手術をうける  眼がよほどよくなって来ていて  眼の上のアザをとってしまう  眼は小さくていつも笑ってゐる  眼をほそくしてみると  眼を配つて林をく  眼を一層藪睨みにして  眼からは涙はもうすっかり乾いていたが  眼の前に二人の敵を見ていた  眼がしらの熱くなる  眼を輝やかして言った  眼にしみついた  眼の上を飛んでいく  眼だけをお浜に据えて  眼は異様に光った  眼にもなじみがある  眼にはいよいよ憎らしく見えた  眼で見つめられたりすると  眼を天井にそらしたり  眼をやりながら叫んだ  眼の前に惨澹たる破壊のあとが現れるので  眼がまたかすかに開いた  眼を放したくなかった  眼をやりながら言った  眼をじっと見つめながら  眼だけが鼬のように光っていた  眼で家の中のあらゆるものを見まわす  眼をひかれていた  眼に出っくわした  眼は庭木をすかして  眼で俊亮を見あげながら  眼には眩ゆい  眼と両耳と口とを利かなくしようとした  眼に映らないでいる  眼だけが澄みきって光っていた  眼に浮かんで来た  眼にも涙が浮いていた  眼がすぐ窓口から次郎をのぞいた  眼が笑い  眼がのぞいた  眼を皿のようにして立ちすくんだ  眼をつぶってうめいていた  眼と口だけを残して  眼でもつぶれて  眼もありますので  眼を正木のお祖母さんの方に向けて言った  眼の前にお浜の顔が始終現れたり消えたりした  眼からも涙が流れていた  眼が母の寝顔に集中して  眼を母の顔から放した  眼に涙がこみあげて来た  眼にまざまざとうつる  眼のやり場に困っていたが  眼の輝きに似て来た  眼で自然を見直すという  眼の向け  眼にはただ一種の空虚な複製品としか思われなかった  眼には不思議な慰安と憧憬を感ぜしめる  眼で自然を見つつある  眼にはどうしても軽視され  眼からは甚だ不都合なものであるかもしれないが  眼で計れる  眼のぎょろっとした  眼にちらついています  眼を見交す  眼をおもい  眼でみつめた  眼と手に皺くちゃの手巾を持っていました  眼の色が変るほど  眼を塞ぎたい  眼に険のある  眼の前に蓋をしている  眼が少し変ってるなと思っていたら  眼の前を見ると  眼で殺される  眼の前に現はれる  眼で陽のとどかない  眼で天井をぐるりと見廻した  眼を潤ましていた  眼覚めなすったの  眼をつぶっていたが  眼を地面に落し  眼の方に注意が向いてきた  眼覚ましかったと言って  眼をつけようという  眼に付くというので  眼や人目がなければチョロまかしてばかりいる  眼や人目がなければチョロまかしてばかりゐる  眼をぱちぱちやりながら考えていたが  眼を空間に定めて  眼をじっと見た  眼で叔父の心を見つめているではないか  眼で見守っている  眼に何か云い出しかねている  眼の高さに見えた  眼の高さにたかまって  眼の高さに見えたし  眼に鉄縁の近眼鏡をかけている  眼を当てられない  眼に涙を一パイに溜めた  眼で三好をかえりみた  眼を付けとる  眼の前にコスモスが眩しくチラチラして  眼も眩むばかりに  眼が眼鏡の下でキラリと光った  眼の眩むほど  眼の注視を受けて  眼も同じ程度の熱意を輝き返した  眼の前の冷たくなった  眼は少年のように輝き  眼をしばたたいている  眼くばせをし合って  眼の前の訪問着を見上げた  眼ざしで眺めやる  眼が窓の外へ吸われた  眼を辿って  眼を外すか  眼を防ぎ止める  眼を怖れ  眼だけがおしもの体を離れようとはせず  眼ざしは執拗におしもの体を離れない  眼には愛嬌に見える  眼を細めて眺めている  眼を外して  眼が妙に気にかかって  眼が届くから  眼がいった  眼が徐かに離れの方を見やった  眼くばせで  眼ざしが気になった  眼ざしが変ってきていると気付く  眼を離さずに云った  眼を見合せる  眼を外らさずに  眼には強い視力がこもっていて  眼はじっと見  眼にしみ  眼に涙は湧かなかった  眼をじっと見て  眼でちらりと笑った  眼がとまった  眼に光りが湛えた  眼を見据えて考えこんだ  眼に浮んでいた  眼にはまだ皮肉な影があった  眼に深い光りを漲らして  眼をやっていらっしゃるので  眼にちらついた  眼で石山を見送り  眼を宙にやって  眼に納めて  眼覚める思いがした  眼がひそんでいた  眼はちらと笑った  眼をちらと動かした  眼が底光りしていた  眼にふっと涙をためて  眼を彼に近々と見開いた  眼の底に焼きつけられた  眼にあてて泣き出した  眼はすぐ襖のかげにかくれたが  眼から急に涙があふれて  眼にあまり上品には映らなかった  眼で微笑しながら  眼にすぐ浮かんで来た  眼をこすりながら立ち上ったが  眼は微笑をふくんで  眼はうしろにはついとらんからな  眼がぶっつかった  眼は自分の足先ばかり見ていた  眼はいやに冴えていた  眼をすえていたが  眼を皿のようにして見つめていた  眼をはっきり開き  眼をそらしたがる  眼をぴかりとお祖母さんの方に向けた  眼を天井にそらして  眼がさめなかった  眼が悲しそうに光った  眼を恭一の方にそらした  眼をお芳に注いでいたが  眼の表情も思い出されていた  眼をしてたずねたが  眼をおとしていた  眼にぶっつかると  眼を避けている  眼をはなしてしまう  眼に出っくわすと  眼に出っくわす  眼で見たってわからんよ  眼は光って来た  眼には映っていたらしい  眼を気味わるくさえ感じた  眼を向け出した  眼に新しく映った  眼を左の方に転じた  眼は依然として狐を見つめた  眼の底にしみて来る  眼を柵の外に転じながら  眼はすぐ三つボタンの顔にそそがれた  眼がすきとおる  眼に送った  眼はその中の一冊にひきつけられた  眼を通して行った  眼ばかりじろじろさしていたが  眼をきょろきょろさして  眼にいっぱい涙をためていたが  眼を向けはじめ  眼を引かれてたじゃありませんか  眼に興奮の色を帯びて  眼をつぶっているし  眼はいつまでも見開かれて  眼を拭いてゐた  眼は淋しい怒りを含んでゐた  眼を据ゑて呟いた  眼にも止らぬらし  眼で見返される  眼に夢のやうに冷たく美しく映つた  眼にはすぐまたカフェーの燈が見えたが  眼を持って来た  眼にも注きやすいと云う  眼さえよければ絵が引立つ  眼のパツチリした  眼を活動写真館の看板絵にやった  眼はその柳の嫩葉にちらちらと動いて  眼の傍へ持って  眼はそれに往った  眼をちかちかと光らした  眼がおずおずとなって見えた  眼の前の一軒の店へはいって行った  眼を離れねえ  眼が光っているから  眼へ返って来た  眼明かしまで赤い花のために続々殺られるに及んでは  眼じるしがないとはいわさぬ  眼に見てつかわしたに  眼だけは争われない  眼は貸家札から離れない  眼であいずをすると  眼の前の空にただよっている  眼がさめたか  眼がすわって  眼に近くしっくりと押し包んでいて  眼と耳に集めても  眼と鼻と口をふさいで  眼が光っておる  眼の先を走っていた  眼にあざやかな嬌笑が流れた  眼じるしのある  眼がつり上がっている  眼がぎょろっと光った  眼をつぶって放してやるとか  眼にあまるというので  眼ざして行った  眼の前にのっそりといばっている  眼がのぞいているだけだ  眼だけ出る  眼が壁にならんだ  眼を見渡すと  眼で女を見すえて  眼に黒味の多い細君の顔を眼前に浮べながら歩いた  眼の前へふらふらと寄って来た  眼に描き  眼の説明が残りなく出来ると  眼をつぶって貰って  眼のまえにちらつき  眼から鼻に抜けるほどの  眼だけが動く  眼をお忘れなさらぬ  眼で平気で観察している  眼で私をまっすぐに見ながら  眼を見据えていたが  眼にも心にもしむばかりの  眼くばせし合って  眼が瘤のように膨れ上がっていた  眼が大きくなった  眼の疲れは急速に去った  眼の先で受け止めた  眼の晴れやかな背のすんなりした  眼はその客の掌に入れた  眼を客の手にした  眼の前をその時黄色な蛾が飛んでゐた  眼の前に立つてゐた  眼の下に十坪ほどの庭がある  眼で自分の見当を眺めると云う  眼を通さなければならぬし  眼を細くせずにはいられず  眼を睨みつけて  眼をぬぐい  眼配せをしていた  眼は憎悪に燃え立った  眼をきらきらさせながら  眼も通し  眼の前の卓上へ書類をほうり出しはじめた  眼で私を見ながら言った  眼を細くして見せた  眼が醒め  眼に口に毛皮外套の襞という襞に這い込む  眼には不安の色がひらめいた  眼をしてゐるより  眼が凝  眼はいくらか細めて  眼はいつもより大きく美しく輝いていた  眼がでんぐり返らよ  眼を双方そらして  眼から涙がタラタラ流れてゐる  眼の色を変へてゐる  眼について吹き鳴らす  眼は前の方をヂツと見詰めてゐる  眼は相手の眼を見た  眼をとおしてから決めてもらっても  眼はそれ以来次第に内に向かっていった  眼をさましていたらしく  眼を据えているといった  眼を思い出さなかった  眼でじっと彼の様子を見つめていたが  眼に出会すと  眼を光らせるだけだった  眼をぱちぱちさした  眼を伏せて考えこんだ  眼にはどう映っていたか知らないが  眼を次郎の方に転じながら  眼に大きく映るにつれて  眼を黒板の方に注いだ  眼をきょろきょろさせた  眼を次郎の方に転じて  眼に浮かんで来て  眼を自分の方に向けた  眼には久方ぶりで涙がにじんでいた  眼はしだいに冷たい悲しげな光を帯び  眼のように動かなくなってしまった  眼にひきかえ  眼を仙吉になげた  眼をこするだけだった  眼で次郎を見た  眼からはしだいに微笑が消え  眼で次郎の眼を射返す  眼を地べたにおとして考える  眼で次郎の眼に見入った  眼からこぼれ落ちる  眼をふせていたが  眼はいつも光っていた  眼にはふしぎに彼女の顔だけがはっきり映った  眼を発見しなかったとすれば  眼を道江の身辺に発見したという  眼をもかへさせるだらうと思ふほどである  眼をつぶつてゐても出来る  眼でなりと彼に語りたい  眼に涙が溜つてゐはせぬか  眼は長沼正兵衛すらも驚いている  眼を患った  眼が暗夜に輝くという  眼が能く見えますんで  眼を光らかす  眼を潰されて  眼の中へ突込みやあがったので  眼を閉ぢたことに遇然な機会を見出した  眼を据えて凝と  眼は雲間を出た  眼には涙をさえ浮べて  眼を開き得る  眼まで今日は痛めたので  眼を押えながら  眼はただ一人助かったなれど  眼をきよときよとさした  眼を覚ますが  眼は綺麗な透通る  眼は唐黍の葉に行き  眼に青い月の光の漂うた  眼で見やった  眼では本を読んでいた  眼に真っ先に映った  眼を瞑じる  眼に奉仕しようという  眼にこそ見えないが  眼を外らせながら  眼を私の方に転じると  眼の前へ浮んで来ます  眼を相手の顔に注がずにはいられなかった  眼にも二つ三つ若く見えたのに  眼の前へちらついて  眼を私の顔に据えると  眼を向う  眼の見つくすあたわざる  眼をそむくべからざる  眼を通して見まもる  眼は集団の内面を見まもるともいえよう  眼がその深さにしたがって  眼の屆かない爲めに自然主義者の中には此懷疑的傾向すらも含んで居らない  眼に這入らないが  眼をそばだてる  眼の大きい頬のこけた  眼にはいよいよ初めての夜の事が浮んで来る  眼の中をうるませて  眼が潤んで来る  眼の縁に残った  眼は薄気味のわるいほどぎょろりとして  眼は見ませんでしたが  眼にはいりませんでした  眼もくらむほど  眼が見えて来る  眼が髪の毛ほどの魚体となつて卵嚢を破つて出る  眼に移し植えて  眼に涙を湛えて  眼を注いで居たが  眼新しい刺激のある  眼の先で舌でも出すかの如く  眼を避けると  眼ぶしさうにして  眼ばたきに依つて  眼をさし出した  眼を片手でおさへて彼に示してゐる  眼を軽く眼ばたくと  眼のあたりに手をやる  眼が醒めなかつた  眼が見えなくなる  眼はそのうしろに白熱の焔の炬光がある  眼の激しい光と笑いを載せて飛ぶ  眼を捕える  眼が暗くなる  眼をすごく光らして唸り立てた  眼にも顔にも乱れかかって  眼が見たので  眼が見たならば  眼は一層その相貌をまじめにした  眼に媚びる  眼にはその時代の人々の姿がまだありありと殘つてゐる  眼が展けた時でもある  眼醒めてじっとしていられよう  眼をごまかして通り過ぎようとしたって  眼ばたきもしないで見詰めている  眼を視張って訊ねた  眼ばたきをして見直すと  眼ばたきをして眩いた  眼を視張ったが  眼の自由によってのみ得られる  眼敏く見付けて  眼を付けておりました  眼でマジリマジリと小女の顔色を見ていたが  眼ざして集まって来て  眼を以って見られた  眼は少しく光っている  眼も憚らずにふざけ散らすという  眼の前にあらわれて  眼も眩むでゐる  眼を合せぬ  眼を看護員に睨返して  眼も口もあかねへ雪ン中に打倒れの  眼を懸けて遣はせとおつしやら  眼と眼を見合はして  眼や頤で会釈しつ  眼に反映した  眼には自分の家が見えだした  眼の前に自分を待つてゐる  眼の下に山のやうな水腫れでも出来ると  眼が覚めたといはんばかりに  眼を剥きながら  眼を移して見る  眼にはあらゆる珍らしい光景が映りだした  眼が少しやぶにらみで  眼の貴婦人は物珍らしさうにザポロージェ人達を眺めながら  眼のあたり見たといふ  眼を瞠つたまま立ちすくんでしまつた  眼も離さずにつづけた  眼に入ったとか  眼を港の口の方へやった  眼を松蔵へやった  眼は活いきとした  眼は思わず輝いたが  眼を渓の下の方にやろうとした  眼の前を飛ぶ  眼が丹治の方を睨む  眼と見返す  眼にもこの人の無頓着ぶりが何となく本物でないように思われた  眼もあてられないという  眼を放さずにゐるが  眼が怪しく閃めいた  眼を盗む  眼に漂はせながら  眼の光りといひ  眼も泣き  眼で運筆を見ながら  眼では窓の外に注意を払つてゐた  眼にはその城砦の狭い小窓からパッと灯りが映した  眼で見とどけろよ  眼は輝やきを帯び  眼にはどんなに愛情が溢れてゐた  眼で魔法使を凝視した  眼は火のやうに燃え  眼もくらんだ  眼を奪はれるな  眼にカテリーナの父の姿が映  眼を閉ざして  眼を閉ぢて冷たい土の上に横たはつてし  眼はまるで火のやうに爛々と光つてゐた  眼を凝らしてゐる  眼は瞑られて  眼からは鉄の釘抜がとび出してゐるわ  眼が人の心をそそる  眼には何も映らなかつたし  眼を袖で拭きながら  眼も離さずに坐  眼にはすべてのものが混乱して映つた  眼も合はされず  眼で四方を見  眼を醒して見ると  眼をしていたが  眼をほそめてまたたかせている  眼で追っていたが  眼を二人の方に向けて言った  眼にうかんで来た  眼をおさえると  眼にははっきりとうつる  眼を神経的にぱちぱちさせるだけで  眼をぱちぱちさしていたが  眼を机の上におとしていた  眼にそっと両手をあてて  眼をいつも鋭く光らせている  眼を見はってたずねた  眼にぎらついて  眼をかすめただけであった  眼に一直線に注がれた  眼だけをのぞかせて  眼だけがやたらに動いた  眼が一せいに平尾をさがした  眼は怒った  眼のように鋭く光っていた  眼をぱちぱちさしていた  眼をして陣取っていた  眼のくぼをこすりながら  眼のまえ  眼をつぶってしまった  眼をこすっており  眼をおとしていたが  眼をおとして考えこんだ  眼をこらしていたが  眼がじっと自分を見つめているのにでっくわすと  眼をつぶって答えない  眼にちらついている  眼だけを動かしている  眼に涙がにじんでい  眼は冷然と光っており  眼で先生の通りすぎる  眼で僕を見たり  眼はひとりでにとじた  眼にうかんで来て  眼に出っくわしたからである  眼をほそめて笑った  眼がぎろりと光り  眼はやはり動かなかった  眼もあった  眼にはかすかな笑いさえ浮かんでいる  眼はまたひとりでに伏さった  眼をふせたが  眼をしばたたきは  眼はしだいに乾いて来た  眼をふせて考えていたが  眼がしいんとして  眼を二三度しばたたいた  眼を畳の一点におとして  眼を八方にくばった  眼かくしをはねのけ  眼が一せいに光った  眼はいよいよ光って  眼でみんなの顔を一わたり見まわした  眼は怒っている  眼にうかんできたので  眼をやりながらつけ加えた  眼には涙さえ光っていた  眼と自分の眼とが出っくわす  眼が悲しげに微笑している  眼が彼の方に注がれた  眼をそらしてしまうには  眼は次第に遠ざかった  眼は一心にそれを追った  眼だけはたえず次郎の方に注いでいるらしかった  眼立たせたい  眼で少佐を見かえしていた  眼を見あっているだけだった  眼をこらしたが  眼が彼を見つめていた  眼にも映っていない  眼を可憐にも思い  眼に心から感謝したくもなったであろう  眼を恭一の方に向けながら言った  眼を恭一にむけた  眼をふせて答えた  眼をひらくと言った  眼が急に引きしまった  眼は俊亮の顔に釘づけにされた  眼をぱちぱちさせている  眼が自分を見ている  眼を少し上へあげ  眼の上にもたげられ  眼にぶつかると  眼を何処にくつつけてゐた  眼をくばつたりしはじめた  眼は今にも飛び出し  眼で見たらよかんべ  眼のまへで顔ひとつ顰めねえで呑み乾しただ  眼を向けようともせず  眼にとまつて見ろ  眼にみこまれてし  眼の前に三つの丘がある  眼を凝らす  眼も泣き枯らしてし  眼の前に戸がぴつたり閉されて  眼が生き返  眼をあげながらつづけた  眼は影をひそめて  眼の前に自分の義妹の姿を見て  眼をそそぐと共に  眼を以て東洋文化を觀察して  眼には確かに大都会の烈しさに対する恐怖がチラついている  眼を見はっていなくてはならぬ  眼や心を楽しませたか知れません  眼を奪われていました  眼に白い曇りのある  眼や心を楽ませたか知れません  眼を奪はれてゐました  眼とちがって  眼をくらまされるという  眼を描き  眼に電燈を灯し  眼には映じたれ  眼の前を走り去り  眼に染み  眼の前のまばらに立つ  眼には帝室技芸員の坊ちゃんという風に映っていたらしい  眼が肥えて来ている  眼があいたり  眼が又ふさがってしまった  眼も唇もほっそりしていて  眼で新子を見た  眼にも驚くほどの  眼が向き合えば  眼をクルクルさせた  眼がかち合った  眼にいい知れぬ  眼の中に浮んで来る  眼の玉をくるりとむき  眼で娘をながめながら  眼から離して  眼を合せながら云った  眼づかいをしたり  眼をつむっていて  眼の前に白い紙片が降った  眼を惹かない  眼の前にせり出して来る  眼は自然にその隣りの  眼の批評をする  眼も鼻もないように顔を真白けに塗った  眼にのこった  眼だけが出て来て  眼はそのなかでもちっとも変化しない  眼みるのもけがらわしいと思っている  眼の中へとびこんで来た  眼の前に生命を持って  眼に落つきがなかつた  眼を閉ぢて食卓に突ツ伏してし  眼を白黒させて点頭いた  眼を書物に落してゐた  眼を伏せて祈る  眼がすこしマクマクします  眼やすべてを感じて居ります  眼の医者へ行って  眼の黒子は三月に入って  眼で御覧になる  眼へ涙がいっぱいになるでしょう  眼をひやした  眼が冴えていらっしゃるかしら  眼の中が明るく不安なので却って例の水色スタンドをつけたら  眼や気持に沁みとおって  眼をキラつかせていらっしゃる  眼をキラキラさせて  眼もさやかというはりがないといやになる  眼のなかによろこびがあるという  眼のなかに生きているよろこび  眼の調整がすっかりすんで  眼の自身の力で保っていた  眼を見て貰っていた  眼のことを考えて  眼はちんばで右左ちがうが  眼だけで見ている  眼をつかう  眼の感じで追って行くしか  眼からの疲労と云っても  眼の苦情が増大している  眼をひやして寝て  眼はやっとどうやら眼鏡はおさまった  眼はよく気をつけています  眼に涙が一杯でアブないときでもべそはかかない  眼はいよいよさえるばかり  眼に鮮かにうつる  眼を皿のやうにいたします  眼が大きくなるといけないからです  眼も思はず知らず  眼の黒いうちは金輪際保証すると  眼ばかり大きくあいて  眼をこすりながら立っていて  眼に浮べて見ようと試みた  眼の前で躍った  眼の水晶体がふくれて  眼の検査には強い光線を眼にあてなくてはならず  眼の検査の為の作業が脳を刺激して  眼のこともいずれ読んでもらいます  眼のことは来る  眼の検査がすんで  眼が役にたたない  眼の検査をして下さいました  眼も全体がよくなれば  眼に力を入れて  眼の上に折りたたんだ  眼の為に先生が下さいました  眼がみえなくなって  眼も少し改善してゆけば  眼もそれに従っている  眼や頭を使わない  眼もみえない  眼と鼻の間なのにもう今年が終るとは  眼がよくなった  眼の為のヨード剤位にして  眼の方がちゃんとしたら  眼はまくまくで  眼のためだけ考えても  眼がもう一寸安定しなくてはね  眼のおくれは  眼のはっきりした  眼がしらがあつくなって来る  眼に浮かんでいた  眼と鼻の間に住んでいて  眼にはすばらしい成功だと映る  眼をとじて考えこんだ  眼にうかんで来る  眼に微笑をうかべながら  眼の様子はわからなかったが  眼をとおしていたが  眼だけをぎらぎら光らした  眼をぎらつかせて  眼をとじたり開いたりしながら  眼をいからしていた  眼は軽蔑する  眼を見あいながら  眼の底から荒田老の顔が消えると  眼をつぶったかれは  眼を膝におとしていた  眼をとおしながら  眼には次第に微笑さえ浮かんで来た  眼をかれの  眼はうす笑いしていた  眼がよく見えない  眼をのぞく  眼を来賓席のほうに転じた  眼がかがやき  眼は何かを一心に考えつめているかの  眼をつぶってだまりこんでいたが  眼で畳をにらみまわした  眼はさましていますよ  眼を戸口に注いだ  眼でさがした  眼を先生と恭一とのほうにそそぎ  眼はまたすぐ恭一のほうにそそがれていた  眼をとおしてもらいたい  眼だけはつぎの文字を追っていた  眼を半眼にひらき  眼をつぶっただけで  眼よりもおそれた  眼がこわくなって来る  眼をさらしては  眼をふせていた  眼で迎えただけだった  眼はたえず田沼先生のほうに注がれ  眼はあって  眼をぎろりと光らせたが  眼を朝倉先生のほうにそらしかけると  眼は廊下の硝子戸をとおして  眼に微笑をうかべて  眼を走らせはじめた  眼を大河からそらす  眼を見はると  眼だけがいやに光っていた  眼がじっと自分のほうを見つめている  眼をつぶってばかりいて  眼をつぶってしまい  眼を次郎にすえながら  眼を見はっていると  眼はやにわに光った  眼は塾生たちのほうを見つめて凍った  眼もとどきませんし  眼をとおすより  眼がまたぴかりと光った  眼をいりつく  眼は友愛塾のさしせまった  眼でちょっと履歴書のほうを見たが  眼が凍った  眼をそろそろとあげ  眼でかれの  眼をうかがいながら  眼が少しく持ちあがって  眼と心を惹かれはじめた  眼が物を見つめて  眼が少し持ちあがって  眼をさましてしまいました  眼にとめて下さい  眼の涙に曇るばかりにて  眼を通すだけで  眼には妙に射る  眼のあたりまですべらせ  眼には一種の輝きを帯び  眼の前の踏みにじられた  眼で追いながらいった  眼をやってみると  眼を拭き払いながら  眼をさますほどには吠えなかったという  眼につかぬ  眼を閉じていても  眼にも踏めていなかった  眼を腫らしていた  眼の隅へ寄って  眼が走ると  眼には不安があった  眼について寝られなかった  眼の球を奥の方へ引込まして  眼も眩ゆく  眼も眩めくばかり  眼も離さず見居りたる  眼を閉ぢむとする折しもあれ  眼に止まりなば  眼のあたりに思ひ知り  眼を驚かすばかりなり  眼交せして  眼の前に思ひ知りて  眼はほかの方にむいてゐます  眼の前にはちえ子さんそっくりの女の子が立ちながら  眼で自分を見ておりましたが  眼の前の机の上の一輪挿しには椿の枝と葉ばかりが挿さっていて  眼を見あわして  眼はやはり遠い眺望へ向けた  眼の前へ据えて  眼をきょろきょろさせている  眼を兄に向けた  眼を閉いではいられなくなる  眼の下の長屋の一軒の戸が開いて  眼は怯えあがった  眼を無理に開ける  眼も醒めるばかり  眼に穏当となった  眼を見張らせます  眼を忙しくさせます  眼に止ります  眼を引きます  眼に口に味うものが山々あります  眼を引かれます  眼に入りますと  眼を覚すの  眼が猛々しく左腕に注がれた  眼は不自然な凝視で以て重役の上に暫らく止まつた  眼には顔の見  眼にやさしい笑みをこめて睨んであげる  眼を史籍に注ぐ  眼に何物かが打つか  眼の前に出されると  眼をもって見られるであろう  眼は自然が我々を見る  眼でマヌエラをみる  眼を養はなければならぬ  眼をもつて見なければ生きてこないので  眼の下の頬がほんのりと赤味をさしている  眼をはなして云った  眼にはどこかいいところがある  眼で見て笑うばかりでした  眼を一杯に見開き  眼を二三度ぱちぱちさせ  眼に浮べながら  眼を瞠っていたに過ぎなかった  眼を生き生きと輝かせながら  眼を抑えながら  眼に何か刺さった  眼を抑えている  眼に何か刺さったと思った  眼を閉じて聞いていた  眼が開けて来た  眼に沁み  眼を熱くしてし  眼のなかに塵が入つて睫毛に涙がたまつてゐた  眼の前には再び仄暗い一塊りの別の地球が浮んでくる  眼をとめてゐる  眼が一本のすつ  眼をおどろかしてゐる  眼デ見  眼をうつさうとしてゐる  眼がしばしば光り  眼を瞑りて  眼に触れずという  眼にキトわれを見しが  眼を転じぬ  眼の鮮なる  眼に留りつ  眼を円にしつ  眼の犠牲に供え  眼に映ったといっていた  眼には見えた  眼を眩する  眼が大きく目立つ  眼が目立つといっても  眼も半眼に開いてる  眼がくたぶれてきて  眼の前の柚子の木に黄色く色づいた  眼なりの感覚に危険を訴えて呉れるから  眼にも見えなければ  眼を一ぱい見開いた  眼をごまかしていた  眼を細くしてされるが  眼にも生々しい事件を想像させた  眼で呼び寄せた  眼は執念く  眼が女房の言動に何事か関心を持ったらしい  眼を視返した  眼は同時に同じものを認めた  眼に送られて  眼に瞭りと映して呉れた  眼の前に一つの穴が開いた  眼眩いを感ずる  眼を欺瞞する  眼に陶然たる魅惑の色を漂わしていた  眼をぎよろりとさせて滞在してゐるとなると  眼ばたきひとつ浮べなかつた  眼を睨んでゐた  眼を光らせてゐる  眼を向けたといふだけでも  眼には認められなかつたが  眼を挙げてゐる  眼が凜と光つて水鏡に映つてゐる  眼が慣れるまでは  眼に映るので  眼も頭も終日朦朧としてゐるせゐか  眼近かでは私はその姿を眺めぬ  眼を輝やかせてゐて  眼の前だつて聞えやしないのよ  眼のふちなどを酒の香りで少々でもあかく染める  眼を反らせてゐる  眼に溢れた  眼の前に立ってるではありませんか  眼を白黒さしてるばかりでした  眼とみられないほど  眼は根元の醜さを見た  眼と口を向けなかった  眼の細い下ぶくれの  眼を涙でいっぱいにして  眼をのぞきこんでいる  眼はきらきらしている  眼を怒らして飛びあがろうとした  眼を一寸見据えたが  眼は何処についてる  眼は一種の拡大鏡に似ていた  眼と眉の間や口の周囲に残忍に刻まれている  眼は往来に向って  眼を走らせたとしたら  眼を付けていた  眼を瞑るんで  眼をあて  眼の下に広い川が流れていた  眼の中へ注ぐと  眼はギロリと光った  眼覚めなさいますまい  眼は宗春を見詰めていた  眼を曇らして  眼のくさった  眼に残してくれた忘れられない  眼のマクマクがなおしたいから  眼をよくつぶっていれば  眼もいくらかよくなる  眼のチラチラも直し  眼によくなくなったから  眼を思ってみれば  眼のなかに光がともる  眼のダラダラした  眼も特別な場合にはこの位のものがこうしてかける  眼で見て来ているという  眼も悪くなって来ていて  眼をキラキラさせ  眼もちゃんとしないし  眼がお疲れになるといけないと思って  眼が妙になったのよ  眼ばかりキロキロさせてひかえている  眼の方をよくしたいし  眼もはっきりさせ  眼と自分の眼とがぴったり合うという  眼もろくに見えず  眼の休みになりますから  眼のなかにはめこませて下さい  眼や口元にあった  眼では題もよめないの  眼で見詰めるよりは  眼から遠ざかった  眼に角のある  眼には却つて父の方が老人に見えた  眼のパツチリとした  眼は血走つてゐる  眼の光に打たれると  眼に媚を湛へて嘲弄ふ  眼も何も腫れふさがり  眼配せをしたけれど  眼を廻すやろ  眼を据ゑてヂツと横の方を見ると  眼を配りつ  眼の珠をも上げ下ろしして見てゐた  眼と一同の食膳との間を遮つたので  眼が涙に濡れてゐた  眼の縁を赤く泣き脹らして  眼で自然を見た  眼の下には石を載せた  眼の前を回転する  眼にかく映じた  眼はその急所を掴む  眼は社会の現象万端を動的な発展的なものとして観る  眼を伏せてきいた  眼で俺を見る  眼をつむったなり  眼の下から頸部へかけて  眼の先に蹲っている  眼をおもはしむ  眼がねをかけたる  眼を働らかせ  眼の光烟とともにスツポンの深き恐怖よりせりあがる  眼の光来る  眼と並びつつ  眼と嬰児の眼が一様に白い犬の耳に注がれる  眼には美人として映じたのに  眼緩かにして  眼をチェーザレの家より放ちし  眼濃き暗き空を穿つにおよびて  眼にて泣き  眼に見えるから  眼は彼自身の神聖さに輝いた  眼を丸くして語る  眼のふちを隈取った  眼の光りの澄み  眼づかいは  眼の前に朝から晩まで走馬燈の如く廻転した  眼にそう見えた  眼は早くも用心深そうに輝き始めた  眼はいよいよ警戒的に光って来た  眼が熱くなって来ました  眼をおほはせた  眼にされた  眼を光らせていると  眼をぎょろりと光らせて  眼が暗になれてくる  眼のあやまりで  眼も開けられず  眼の下に悶絶してゐる  眼もて僕を眺める  眼にくらべ  眼でこつ  眼をぱちぱちさせつつ考へ  眼を葉藏にむけた  眼を伏せて語りつづけた  眼にちらつくよ  眼を海へむけた  眼をくるくると丸くして  眼をずるさうに細め  眼のうへの傷について話だした  眼で昔のような可愛い笑い  眼は青葉の反映を受けて  眼を彼女が薄く開きかけた  眼がちらと外らされて  眼を光らしたが  眼で小池の後姿を見詰めつ  眼には懷かしさうな  眼の前に浮び出た  眼の縁に皺を寄せつ  眼に止まれへん  眼に入らざる  眼の色を異にしてゐる  眼に笑いを見せて睨む  眼に涙があった  眼の周囲に廷章の女に似た  眼をつぶり睡っていた  眼を逸らせる  眼は静かに澄んでいた  眼をみていると  眼を泣き腫らせた  眼を凝らしていたが  眼ばたきもしなかつた  眼を半眼に閉じながら  眼のわるさになれて  眼だけ見える  眼をあなたに届けて  眼はよほどゆっくり思っていなくては  眼のニュアンスは眼鏡かけている  眼が見えないという  眼も当てられず  眼が浮んではなれません  眼が一つのものからはなれやしないでしょうと思います  眼もその位になったとは  眼の下で芸当を演じた  眼かくしをかけていた  眼ざしなんか丈気にしていた  眼の色をせぬ  眼には見えぬというだけの  眼がぎょろぎょろしたとて  眼に見えてはおりませぬ  眼の前へ形が見える  眼はようように鋭き凄色を帯び  眼をくらませると思う  眼と舌との見  眼がだんだんあつい血の蒸気にかすんで来て  眼を交う  眼が醒めたかわからなかったが  眼につくし  眼の隅に背広を置いて  眼に注意を集めて聞いていた  眼で見はり  眼を見張っていたと  眼で私の顔を見はった  眼の下がハレぼ  眼にも分った  眼を覚ますと云った  眼にもハッキリしてきた  眼で一わたり見た  眼だけを向けて訊いた  眼を力一杯につぶって  眼がさめたらしい  眼だけで見ていた  眼をつけるらしいのよ  眼にも見よと  眼にかかつた事はありますの  眼からは年頃と思ふが  眼の晦みゐしを  眼に掛けよう  眼覚めているかもしれねえ  眼の下に小広い前庭があり  眼の前が真っ暗になったわ  眼が霞んで来た  眼が覚めたよ  眼の前に隅田が流れていた  眼を窃に挙げて  眼にぶつ  眼を袖で覆うて  眼にはそれほどこの私が醜くも怖ろしくも見えないだらうか  眼を押し付けて駈けるので  眼を開くや  眼には賞讚と感謝の涙が露のやうに宿つてゐた  眼をとおされ  眼を輝かして聞かれたであろうに  眼をとおされた  眼の縁が際立って  眼覚めて硝子障子越しに見ると  眼がちらちらと動いていた  眼が微笑んでいた  眼がちらちらして  眼を見据えましたが  眼に映じてきました  眼をつぶって歩き  眼は刺激されて  眼が引込んで  眼には娘の手足がまるで唐草模様のように巻いたりくねって動く  眼をして黙ってしまう  眼の知覚を呼び覚して  眼で眺めて  眼が少し赤く爛れていらつしやる  眼を感じなくとも  眼を見るよりも  眼が暗がりに馴れてくるにつれて  眼には貨車の窓から出てゐる  眼を据ゑて次の貨車を見ました  眼には白い煙が殘つてゐるだけでした  眼がいつもより多く濡みを帯びてる  眼から涙をこぼしていた  眼に非常に悲しげな色の浮んだ  眼をつぶっていらしたが  眼をつぶっていらした  眼との間が少しつまった  眼が上目がちに光っていた  眼で見返した  眼と眼でうなずき合って  眼をくるくるさして口早に云い出した  眼のあたりの曇りが  眼がぱっと開いた  眼から涙が流れてきた  眼と眼でにっこり笑み合って  眼をとりて  眼に妨げ  眼の前にて網を張るはいた  眼をよほど大切にしないと焼け  眼のように四角い四角い眼で見られる  眼を見ます  眼にも胸にも濃く映るなり  眼の玉をくるりとまわす  眼は折々南側にくっきり浮び出て来た  眼がまぢかに伝えられる  眼がこんなに弱ってしまった  眼にも頬にも燿きをてりかえして居ります  眼だけが気味悪く光っていた  眼をいつもより大きく見開いて  眼がまたすぐにじくじく水気ずいてきて  眼がさめてるなら起きておいでよ  眼につけると  眼をじっと見つめてきた  眼をちらっと光らした  眼の悪いのもいとわず  眼を底光らせて  眼をしょぼしょぼさせて待っていた  眼は益々悪くなっていった  眼をぎろぎろさしていた  眼の玉だけが光っていた  眼を円くして云った  眼を一度診てやるから  眼を診察して  眼を診察した  眼であたりを見まわした  眼の前に御馳走を並べられると  眼はそのダイヤに注いだ  眼の前に徳市が坐っているので驚いて  眼の前に立派な家が立っていた  眼は感謝に輝やいた  眼から涙を一しずく落した  眼くばせしながら  眼を丸くし合った  眼は急に輝やいた  眼の前に突立って見下した  眼から涙が一すじ流れ出て  眼で日本の過去を振り返って見ると  眼を付け出した  眼に白い眼帯をかけ  眼を著けて居られる  眼の中に震えている  眼をさますと慌てて  眼の中にとどまらせたからであった  眼を見ない  眼を母親から避けようとした  眼のところが黒ずんで  眼が自然に瞬する  眼を空間に遊ばせてゐた  眼の確かなものはありません  眼に描かれる  眼にも莫連女と知れる  眼は硝子張りのようにただ張って居る  眼の底に覗かして居る  眼は大きいが柔い  眼を休ませる  眼の前の建築群と建築群との狭い間から斜の光線に掬い上げられ  眼を瞬かせ  眼ざしを想出す  眼の前に感じた  眼についたらしいのよ  眼を丸くし過ぎたりと  眼の色少し凄しと思わる  眼の色少しちがえり  眼を塞げと言う  眼は耀きて  眼の光りかがやける  眼の先きまで取り上げ  眼はかがやけり  眼でそれを見る  眼を通してる  眼に見られなかった  眼だけに意識の力が集っているという  眼に集っていた  眼には留っていず  眼を滑らして  眼にはつかない  眼をやると消え失せるが  眼が冴えていった  眼を外らして答えないで  眼から鱗が落ちるとは  眼が妙に光って来たと思ったら  眼を向けて考へさせられる  眼の中に光つたものを見ると  眼にも熱いものが溢れて来る  眼にはつきりわかる  眼にあらずして  眼を定めて見渡すと  眼をもってするならば  眼をパチクリさせたが  眼を瞑じ  眼に入りましたので  眼が暗さに慣れるにつれて  眼が俄かに爛々たる光を帯びて来た  眼で先を促した  眼で眼に酬いてやらねばならなかった  眼を放つてゐると  眼の前に開けた  眼の覺めたごとき悦びに滿ち  眼を休ませないで  眼を欺かず  眼を焦らすかの  眼を閉じて見せた  眼の玉を血のニジムほど剥き出した  眼に泪を一パイに溜めた  眼ばかりが薄暗く光っていた  眼の下のスクリーンはなかなか妾の思う  眼の下のアパートの勝手口にスルスルと近付いた  眼の下の往来でブツカリ合う  眼をみはつている  眼が絶えず血走り  眼をつぶって見せました  眼の下を指しました  眼の下をこすりました  眼のあたりの事件的な起因を裏打ちしようとしてゐるので  眼をむき出し鼻筋に彼をつく  眼の前に居るので  眼に叔父と祖母の姿が水底に住む  眼の前で話されても  眼を投げてゐる  眼ばたきする  眼に映した屠  眼から御覧になれば  眼をぱちくりやってると  眼の前に思い浮べた  眼は急に険を帯びた  眼と耳とに注意を凝らした  眼とをあっと開いて  眼の前に想い浮かべた  眼のうちにも異様の光が出た  眼で研究される  眼にどう映りますかね  眼を峙だてている  眼にはそう映っていたらしい  眼で自分を内省したり  眼の中に涙をいっぱい溜めた  眼を開けて見極めようとすると  眼のうちに溜った  眼の前に並べてみて  眼にも今まで珍しかった私が段々陳腐になって来た  眼を赤くして苦しんだ  眼は好事家が骨董でも掘り出す  眼を引き付けた  眼を休ませていた  眼に笑いを漲らして  眼にはよく見えなかったらしい  眼の前に逼らないうちに呼び寄せる  眼の前の病人を忘れて  眼を作さんの方に向けた  眼がそれを物語っていた  眼の前に薄暗く映る  眼は几帳面に枠の中に篏められた  眼で刺し通そうと試みた  眼の前へ顔を出して  眼を洗って  眼が忽ち開いた  眼で叔父に対しています  眼はもとほどきょろ付かなくなりました  眼は着けていながら  眼にはよくそれが解っていました  眼の中へはいる  眼を通すべき  眼は充分私にそう思わせるだけの  眼を遠退いて行く  眼を書物からはなして  眼をお嬢さんに向ける  眼の前に露出した  眼を私の方に向けて  眼に着き出した  眼を注いでいるならば  眼だけ覚めて  眼の前に描き出しました  眼はその暗いなかでいよいよ冴えて来るばかりです  眼で私が眺めるかという  眼の前でゆっくりそれを眺める  眼を真向に見る  眼にも彼の言葉にも変に悲痛なところがありました  眼には勝利の色が多少輝いていたでしょう  眼に角立て  眼の色にも知られぬ  眼輝かせしかど  眼にも触れさせじと  眼にてじろじろと見ゐたる  眼を配りぬ  眼に映ってくる  眼には二つの方向に現われた  眼に浮かんでくる  眼を開いてくれた  眼よく太陽を直視すと信ぜられたればなり  眼にて仰ぎ見る  眼がだんだん雪に反射されて  眼の前を走って行った  眼の前に迫っており  眼を注ぐべきである  眼を向けつつある  眼に映るとすれば  眼を新たに作らなければ  眼を徐々に新しくしつ  眼か鼻で合図をして  眼に見えた進み  眼をつぶってみせた  眼は小さくしょぼしょぼして  眼は薄く涙ぐんでいた  眼を精一ぱいに見開いて  眼は普く人間生活の隅々に行きわたり  眼に映り出した  眼がまだ若いせゐもあらうし  眼の色でも想像されるので  眼は行を逐ふては行くけれど  眼には涙が一杯たまつてゐた  眼からは熱い涙が溢れ出した  眼には輝やかしく映つたらう  眼に映じたよりも  眼には涙の玉が光りました  眼がどうかしていた  眼を転ずるならば  眼の前に浮び出して来る  眼にもはっきりとわかる  眼にも全くはっきりとわかる  眼を有し  眼を貸さうとする  眼を奪はれて居るので  眼のひ  眼を光らして坐っている  眼に触れたが  眼で見たくて  眼の下に拡がる  眼で見て来る  眼であたりを睨め廻してゐる  眼の前に深山のもの寂びた  眼をやつて苦笑する  眼を枝の上の石榴に移した  眼を急に盤から離して  眼の悪いお方のお供をして  眼でもとめて  眼の前を通って行く  眼を向けられた  眼とがこれに代る  眼につくほどの  眼を有つようになると教えてくれるならば  眼と四本の手を有つようになるとか  眼の前に最も完全な手本を置く  眼を離してはならぬ  眼につかぬほど  眼につかずにいる  眼を向けなければならない  眼を光らせつ  眼の前に迫っていた  眼のように光をかがやかして  眼に出会って  眼のわるく光る  眼には映って見えた  眼が働いている  眼や鼻や耳などの描き  眼との間に引く  眼によって見た  眼のまがい  眼と朱の唇とがわれわれに飛びついて来る  眼に飛び込んで来ると  眼や口や頬などのゆったりとした刻み  眼の不足を思わせる  眼はアリアン種と蒙  眼が特に目立っていながら  眼にはっきりとはうつらない  眼が新しい精神によって開かれるという  眼からの距離を異にしている  眼との距離を更新しはじめる  眼は無限を凝視する  眼に飛びついて来た  眼にさえ触れた  眼に滲みて進めない  眼にかかって来るから  眼を嗔らせて叱りつける  眼を食われるやら  眼には血の涙を浮べた  眼をつぶっていました  眼にかかつて来るから  眼を食はれるやら  眼をつぶつてゐました  眼を驚かすか  眼が見にくくなった  眼が悪いとは思えないほど  眼覚めて猪之と一所に寐たる床より密と出るも  眼の下に現出した  眼がふさがってしまう  眼見ようと熱望しながら果さなかった  眼もあやな色とりどりの毛氈をかけた  眼が暗さに馴れるにつれ  眼を轉じて始皇帝の外交策を見ると  眼を必要とし  眼とこの動きとの間に些の間隙も許されない  眼と新鮮な動きとの合致を必要とする  眼で硝子へ顔をすりつけて  眼の前にあるのに  眼から滝のやうに涙を流した  眼と半ば嫉妬の眼とで視た  眼をかくれ  眼から去らず  眼を交はし  眼が少し悪くて姑の小言の種になつてゐた  眼には零れ  眼で面窶れた弱々しい顔をいくらか紅潮させて  眼を足もとに落した  眼の前を横切らうとしか  眼を転ぜられたい  眼をもっていたにしても  眼が熱くうるんでき  眼を見られたら  眼ばかりぎらぎら光っていた  眼には涙があった  眼がじっと元彦に注がれました  眼も覚  眼で我の顔を見つめ  眼は人世の紛紜に厭きて  眼の光りを放たれて  眼から見れば建てさせた  眼が全く覚めて見ますれば  眼に止めずして  眼鋭く怒りを含んで  眼を注ぎ居るに引き替え  眼は涙に曇りつつ  眼をつけ歪めた  眼に残したいが  眼を急に見張って  眼も動かさず  眼覚めて猪之と一所に寝たる  眼に暎って気の毒ながら批難もある  眼にかかりましたが  眼の前ではわが指揮に従い働く  眼でじっと見ながら  眼で見て下さるる  眼をつぶるまで  眼を見据えたが  眼の中がぎらぎらしてくると  眼をしょぼつかせながら答えた  眼の慣れるまでは見定め  眼を瞑ってみたら  眼は一切を見るが  眼を思い出した  眼を一つ処にじっと定めている  眼を一杯に見開いている  眼は夢みる  眼を驚いた  眼を女の方へ注ぐと  眼と頬から涙を拭って  眼に一杯ためていた  眼は淋しく光った  眼に湧いてきた  眼になっていました  眼をそむけました  眼は美しいと言い  眼が一つありました  眼と口で笑いました  眼が細工物のように見えました  眼が大きく見据えられ  眼で朝日の光りを眺めた  眼附きをしようなど思う  眼がもう一度その婦人を掠めた  眼で見ておこうとした  眼の前にはその光景がありありと浮びました  眼で見得た  眼が自然の美しさに対して開き初めた  眼にあたりし  眼を隠れては  眼にきく  眼を振つた  眼は先のものにばかり輝いてゐるらしく  眼ざしには一向無頓着になお進んで訊ねる  眼は爛々とかがやいている  眼を向けようとしていた  眼のあたりをしたたか蹴られた  眼の裏には赤黒い渦のような影像がはげしく廻転した  眼のまわりが切れただけで  眼の中には破片ははいっていなかったので  眼の縁に残っている  眼がくぼんでいる  眼を前から美しいと思っていた  眼とは彼を上品な老人に見せている  眼は静かに閉じ  眼の周囲に苦しそうな深い皺を寄せ  眼の光の静かな美しさにひどく打たれ  眼を見ないで  眼の中に見入つてゐるだけで  眼につくらし  眼覚めて来た  眼にも透して見え  眼を見合はせてゐたが  眼を送  眼で自分だけの食残りの皿を出してゐるだけなので  眼に入らないらしく  眼を恐れ  眼に見えて伸び始める  眼で睨み返して来た  眼を落してゐたが  眼にも明かだつた  眼をしばたたいてる  眼を二つ三つ大きくまたたいてみせた  眼から鼻立へかけて  眼がちょっと涙にうるんでる  眼が覗いていました  眼を深く瞑り  眼ざしで防ぎながら  眼のように瞬くだけ  眼と耳に疑惑を持った  眼もかっと見開かれると  眼だけが冴えていた  眼を見つめると  眼を固くつぶって  眼で女房を睨み  眼より高く差し上げ  眼の前に眺めて  眼を光らせてうなずき合い  眼に物が見えぬ  眼のさきの海水が金色に変り  眼はいやらしく青く光って  眼をあいていられないくらいの  眼を細くして喜び  眼を吊り上げ立ちはだかってわめき散らすという願ったり叶ったりの  眼を吊り上げ  眼まいがするほど  眼まいするほど  眼をどろんとさせて  眼のするどい痩せこけた  眼をぱちくりさせて尋ねた  眼で父の顔を仰ぎ見ている  眼のなおった  眼を細めて聞いてよろこび  眼にはいやな光りがあり  眼が吊り上ったきかぬ  眼をしぶくあけて  眼の前に置いてしつっ  眼をかたくつぶって  眼をつぶっても眠られず  眼を丸くして驚き  眼の色をかえて喚き  眼を光らせてはいって行き  眼を光らせても  眼を遠くの禿山に転じた  眼に涙をぼろぼろこぼす  眼を閉り歯を喰しばった  眼の訴うるが如く謝るが如かりしを  眼をしばだたいている  眼に跳びついて来た  眼で夫を睨み返した  眼が語っていた  眼を読んだ  眼を投げると  眼を以て今日の社会を見んか  眼が覚めて来ました  眼の前の上り線路を驀進して行きました  眼のクリ玉のドン底へハッキリと焼きつけられた  眼に喜びの色を湛えて  眼も気の毒な位にオドオドして  眼にははいらなかったに  眼にはそれだけしか見えない  眼できいたが  眼がせき立てている  眼まぜで誘って  眼だけキョロキョロ動かせていた  眼の前に春隆が立っていた  眼がピカピカ光っていた  眼かくしをされ  眼が注がれて  眼だけ笑っていなかった  眼を貴子は全身で受けとめていた  眼にはそれだけ相場が下った  眼でじっと京吉の顔を見つめながら  眼もふとうるんでいたが  眼も濡れていた  眼をキッと向けた  眼で貴子を見た  眼がいつも熱く燃えているので  眼はあけようとはせず  眼にもはいらなかった  眼とが触れ合ったが  眼は何一つ語っていなかった  眼の熱っぽさにくらべて  眼は取りつく  眼は触れても  眼をキッと向けたかと思うと  眼はギラギラと輝いていた  眼にやにが出ても  眼まぜで引き寄せると  眼の下にアザのある  眼はピカピカ光り  眼をちらと投げて行ったが  眼の下にも見当らなかった  眼で睨みつけながら  眼に会うてるのよ  眼はピカリと光り  眼は人生のサイコロの数を見つめる  眼の中のコロコロとした  眼が見ていた  眼も利いているから  眼を光らせはじめた  眼で嘲笑を浮べながら見ている  眼を細くしていた  眼の前に躍り出してくる  眼をあけようとさえしなかった  眼の前で見て来た  眼だけ放心した  眼を覚ましてから  眼と眼の間あたりに漂っている  眼の疲れを覚えながら  眼の方は相手からそらさずに  眼に油断せず  眼に眩しいような刺戟を与えた  眼の中に孝太郎はちらと昨日の感覚を見出して  眼はいつも何かしら肉感的な濡いを持っていた  眼でじっと見守った  眼に映ってきた  眼の中にはそれがありありと読まれます  眼を蒲団に押しあてた  眼に溢れてきた  眼を置く  眼がそれを示していた  眼には人の心を魅惑せねば止まない  眼が其処にあった  眼から大きい涙がぽたりと膝の上に落ちた  眼は空間を見つめた  眼とを孝太郎は見た  眼の中に恐ろしいものを見た  眼の中にある犯し  眼の前に想い浮べていた  眼はちらと光った  眼を地面に落して歩き出した  眼に懸っている  眼にはいいようのない不安の光りがあった  眼を漠然と富子の上に据えていた  眼は卓上に落した  眼は足元の方を向いてる  眼は凡ての人を見てるので  眼のことを言う  眼を足元に注ぐ  眼を足元に注いで  眼を上に挙げて  眼を向けろよ  眼には一杯涙ぐんでるわね  眼は伏せず  眼の鋭く澄んでゐる  眼が鋭くとがめる  眼をちらつとむけて  眼はかういつてゐる  眼ざしにでくはすと  眼の玉を射てくれるわ  眼を射つぶしてゐました  眼の療治を二月ばかり鳥右ヱ門の館でうけてゐましたが  眼がありませんでした  眼を狙つて射ました  眼がはつきり見えてゐました  眼の前がかすんで  眼を鳥右さんが射つぶしてし  眼のない顔を仰向けて  眼はありません  眼はきよろきよ  眼も駄目になりましょうよ  眼に父上の御名の現れた  眼が廻  眼で叱り  眼と耳とを働かせていた  眼の下に森林があたかも行手を遮る  眼を顰ませた  眼をとじたが  眼をとじて動こうともしない  眼の前で尽きていた  眼の前の大楠の木に灰色の山鳩が止まっている  眼ばかり出して覗いていると  眼に付かねえか  眼の間を迂  眼から離れようとはしない  眼の前に展開かれた  眼をとほんと据えて  眼の前の霧の中から灰色の物が見えて来た  眼を覗かせ  眼が冴える  眼は床を見詰め  眼は狂人のように血走っている  眼は焼け爛れた  眼の先で大きくなったり  眼からはその渦巻きが部屋一杯の大きさに見え  眼を凝然と見据え  眼はな二つながらちゃんと見える  眼にかけるまでさ  眼を屹と戸口へ注ぎ現われる  眼の前で仄かに見えていた  眼の前の闇の中で青い焔が飛び交った  眼と眼で笑い合っていた  眼の中へ一道の光を宿したが  眼の前に現われたではないか  眼をひそませたが  眼を刳り抜いた  眼が仄かに開き  眼を上げたなら  眼を逃れていたが  眼で引廻しの子と睨まれる  眼に浮いていた  眼の前はいよいよ暗くなって来た  眼かくしさえしていない  眼のつかない  眼鋭くハッシと許り橋本目がけて投げつけた  眼を眩しさうにした  眼が間斷なく働いて  眼に荒んだ  眼の心持吊  眼を一層狡さうに光らして  眼を氣の毒相に瞬く  眼を瞠つて昵と智惠子の顏を見た  眼の底に涙の鍾るを覺えた  眼を三角にして怨むが如く  眼の前に歌留多の札がちらつく  眼を瞬いてゐたが  眼を足の爪先に落して  眼づかひをする  眼をぱちつかせ  眼も開いた  眼も堅く閉ぢられた  眼で男を仰いだ  眼を異樣に輝かした  眼が充血してゐる  眼にも涙が湧いた  眼の前へ突きつけられて  眼が大きすぎて  眼も白み  眼に見えねば  眼の下の小さ黒子歯にあてつつ  眼の下の小さ黒子齒にあてつつ  眼の高さに等しい木片の棒を板の裏側から打ち抜いて  眼をギヨロリとさせて唸りながら  眼がそれに慣れるまでは  眼の先に茶呑茶碗の盃がぬつと突きつけられた  眼がぐるりと凹んでゐた  眼がさめませんの  眼にでも触れたら  眼にさへも  眼から眺められる  眼は凝  眼と篦に伴れて  眼の方は慣れてゐたが  眼でさしても  眼を寄せつけて  眼ばたきと一処に呟いだ  眼が傍らにひ  眼ばたきもしないで返つて  眼はまんまるくぎよろりとしてゐるのに片々の方は般若のそれのやうに口の端といつしよに引き吊られて  眼に妻君とりら子の姿がちらちらと映  眼のまはりには大胆なシヤドウやアイ・ブロウを施し  眼くばりを持っている  眼をまぶしくした  眼だけみえる  眼を慰めてくれる  眼を冷水で洗う  眼が間断なく働いて  眼を気毒相に瞬く  眼を瞠て眤と智恵子の顔を見た  眼の底に涙の鍾るを覚えた  眼の前に加留多の札がチラつく  眼をパチつかせ  眼を異様に輝かした  眼も見えません  眼で漕ぐ  眼にはいつの間にか涙がいっぱいに溜まっていた  眼が自分の男の眼に出逢うと  眼がまわるほどに  眼に角を立てて罵る  眼の前で自分の女を手あらく投げられた  眼の色は変った  眼にはよく判らなかったが  眼には涙の玉が美しく光っていた  眼が醒めぬという  眼をもたねばならぬ  眼の鋭い男が髪を紐で結んで  眼まぐるしく往く  眼は少し涙ぐんでいた  眼のまわりは涙ですっかり濡れていた  眼も少しうるんで来た  眼はひとりでに窓外の青葉にうつる  眼に一種の嫉妬の光りが  眼で隣室へ通ずる  眼覚めたとき彼女の眼は村木博士がうしろに立って  眼へかわるがわるキッスして  眼がのぞいているといった  眼をうごかしたが  眼を元にもどして  眼は光電管でできていた  眼を大きくひらいて  眼はその上にジッと注がれた  眼には涙がある  眼を射当てても  眼も醒める  眼を眩しく開くと  眼は常に追ふ  眼には憂国より一層高いものがあって  眼をあいてあるけとどなられて  眼を惹いたからである  眼必ず之に注ぎ  眼も大ならねばならぬ  眼に八荒を見渡すの  眼には上らぬと  眼を掩うて居るが如き  眼の方向は猶其のabmnなどの文字を書いた  眼の功徳は三百六十や三千六百ともゆかぬ  眼には動くといふ  眼は氣に置去りにされて  眼に在つて物を見る  眼を曝すとすると  眼の力などを具備し  眼見る可く  眼も見  眼を圓くして驚いたに過ぎなかつた  眼に沁み入るばかりの  眼の下にある  眼を欺くばかりに  眼の前を泳ぎまわって  眼がお前の釣り姿から離れると  眼を移せば  眼が円くて口が尖んが  眼が髑髏のやうにへこんだ  眼なんぞは隱れてし  眼を覚まされても  眼を真赤にして泣いている  眼がちくっとしました  眼をまん円にして立っていました  眼をぱちぱちさせていましたが  眼をまん円にして立つてゐました  眼をぱちぱちさせてゐましたが  眼をしょぼしょぼさし乍らきいた  眼醒めを主題とする  眼がとまれば  眼をあつめていると  眼の衛生を重んじた  眼のまへのものを拒否したがる  眼に見うる  眼を以て観る  眼が醒めましたか  眼の色を変えて力んで  眼をくり抜いて差し上げても  眼を避けたいばかりに  眼ざしをしだす  眼が尋ねている  眼に印象深く入って来る  眼ざしから顔を外らせた  眼だけを彼の方へそろそろと向け出した  眼でこちらを最初誰だか分からない  眼で彼を見上げた  眼は一瞬異様に赫いた  眼からは今まであった  眼を夫から離すと  眼ざしには圭介を苛ら苛らさせる  眼ざしらしいものを感じながら  眼のまわりの黒ずんだ  眼ざしに似て行く  眼ざしが変に交錯し合ったりした  眼ざしだけが彼の前に依然として鮮かに残っている  眼ざしを少しもうるさがらずにいた  眼がこんなに娘らしい赫きを示そうとは思っても見なかった  眼ざしがついそこにちらつき出す  眼ざしが彼を見送っていた  眼をして見廻  眼を外らせずにはいられなかった  眼ざしを向け出した  眼で受けとめていた  眼に浮べ  眼に少し険があると云えばいえますものの  眼の前の浅い水面をながめると  眼に訴えられる  眼に力をこめて  眼を瞠って認めた  眼に灼きつけられてゐる  眼を次第に働かせて行く  眼をなおさらくるくるさせて  眼ともすっかり見えなくなってしまった  眼のあたりに怪我している  眼をこすっては見回した  眼を虚にして  眼を開けて仰ぐと  眼をすべらせていた  眼もあきかねるが  眼をつむれば  眼を開くは  眼に飛び込む  眼を輝やかして叫ぶので  眼を慰むるに足る  眼を放たなかった  眼を開いて居られなかった  眼をふさぎたがる  眼がちらちらするだけだから  眼の前に置こうとする  眼で自分を観察している  眼の前の机の上にあるし  眼を押えると  眼をさまさなくてはならないという  眼でじっと見る  眼を鋭くのぞく  眼の前で私自身の朝飯を恥知らずにも平らげてから  眼で合図をしている  眼の上に手をかざした  眼をちかちかさせるからであった  眼があちこちと視線を配り  眼をしているのね  眼をしているって言われますわ  眼をそちらに向けた  眼の前にあったが  眼の前の壁に穴があいた  眼の下までずらせて  眼を狭めながら  眼が絶えず自分の唇に注がれている  眼をひいたが  眼からぬぐう  眼が現われ  眼を見たという  眼をひいたので  眼から離さぬ  眼の前にもうもうと立って息もつけなかった  眼が現われたが  眼をぱちくりさせながら見上げて  眼がきかないですね  眼から離さなかったけれども  眼を上げても  眼が錯覚を起している  眼の前で聖人の銀の立像がただ銀の輝きだけできらめき  眼や世故に長けてはいたが  眼を伏せてすわっていたので  眼を上げさせようとする  眼が彼のほうに向ってき  眼を大きく見張りながら  眼をもっとはっきり見開いた  眼が上げると  眼の視力をためす  眼から離した  眼にいっぱい涙をためていました  眼を走らせていた  眼に馴れてくると  眼をとじているなり  眼を見ていたけれど  眼のような行燈をみつめていた  眼を寒々と見下ろす  眼をいつも空にむけている  眼をタジタジとさせていた  眼は遠くの方を見ている  眼が私を見上げた  眼が痛いから電気を消しますよ  眼に写っていたよ  眼と眼とみあわせて  眼の中じゅうに拡がって  眼に浮べるほど  眼についてはなれない  眼の前に立ちどまる  眼を真赤にして書いてみたけれど  眼をすえていると  眼の中に寄って来て  眼のたまをぐりぐりぐりぐりと鳴らして  眼がみえませぬと  眼にも口にも灰がはいる  眼が吊りあがって  眼を細くして唄っている  眼の前のカフエーライオンでは眼の覚める  眼の小さいところがメダカに似ている  眼で私を見ている  眼も光る  眼の先をかすめる  眼は細いけれども芸者にしてみたい  眼の下を自転車が走ってゆく  眼から流してしまう  眼を険しくしたが  眼附きに敢為の気象が見える  眼の前三尺へ泳いで来た  眼を真ん丸にし  眼では四方をジロジロ見廻  眼と来ては  眼が見開かれている  眼には針のような光がある  眼を無邪気に見張り  眼につければ  眼で桔梗様の顔を覗き  眼から焼きましょうか  眼を放す  眼へ延びて来た  眼の前に一宇の建物がある  眼の辺をひっ叩いた  眼をあいているじゃ  眼なんか開いている  眼で何を見た  眼を落としたら  眼をパッチリコと開ける  眼がそういう役目を持っている  眼の形を写そうとした  眼を写実的に現わそうとした  眼の役目を十分に果たしている  眼は実に異様な生気を現わしてくる  眼が写実的に形作られていたならば  眼の働きが表面へ出てくる  眼にそういう働きが現われれば  眼に新鮮な感じのする  眼に溢れるけれども  眼には涙が湧いていた  眼が覗いた  眼は等しく美和子にそそがれた  眼を覆うて  眼で見て喜んでいましたが  眼で二人を見る  眼をつぶって歩こうが  眼は白目を剥きだし  眼はとろんとして  眼を持っていった  眼を覚すに  眼の誤りだという解釈もあるが  眼をピタリと閉じて  眼も可笑しいほどの温和し  眼へ抜けるほど  眼の中に或る敵意をさえ認めた  眼を白く剥いていた  眼を瞠って駭いた  眼は冴えるばかりでした  眼を輝かせて尋ねました  眼は血ばしって  眼を固くつむってううむと唸って  眼を著けて  眼は悉く惨烈な孤島の戦場に注がれてゐるにもせよ  眼の少し疲れた  眼の中に落して  眼の前へ押寄せて来た  眼で確な証拠を見届けない  眼で見たというのに  眼で知らせる  眼を瞑じたり  眼を嗔らせて  眼には狼と見えましたか  眼が狂って  眼に涙が浮んでくる  眼をつけて呼びとめた  眼ならば見損じという  眼に生首とみえた  眼のまえに置いてある  眼にみえたというならば  眼に生首とみえたという  眼にも人間の首とは見えなくなったという  眼にも勿論そう見えたろう  眼にはみえない  眼にも見え  眼の前にゐた  眼ばたきはする  眼の先に感ずるだけで  眼を醒したが  眼にも隈なく映ずるであらう  眼は妙に爛ついてゐて  眼の前へ出していた  眼の前に青あおとした  眼にかかりたくてかかりたくて  眼をやろうとして  眼を落してから驚いた  眼にかかりたいと思っておりました  眼をして聞いておりましたわ  眼でじっと正面に省三の顔を見つめたが  眼はちがっておりませんわ  眼を舟の左側の水の上にやると  眼をして入って来た  眼にかかりたくなりましたからまいりました  眼に細君の枕頭に転がっている  眼にはみるみる涙が一ぱいになった  眼の前には頭髪の毛の沢山ある  眼の前に出してゐた  眼の前に青々した  眼にかかりたいと思ふてをりました  眼をして聞いてをりましたわ  眼でぢつと正面で省三の顔を見詰めたが  眼をして這入  眼にかかりたくなりましたから参りました  眼に細君の枕元に転がつている  眼に過ぎる  眼の屆く  眼になどついた  眼を覚すと思はず  眼を買ひに  眼の様な前灯がサッと流れて  眼が悪いのか普通の眼鏡の上に黒眼鏡を二重にかけている  眼は異様に輝き  眼は不安定に動いているらしかった  眼を放たず見ていると  眼でルパンの顔を見詰めつつ躊躇っていたが  眼に涙を一杯ためていた  眼をルパンに向けて  眼と真剣さとはかつて見た  眼を輝かして叫んだ  眼をきっと見据えまして  眼は二重瞼の底から異様の光を見せて  眼からきゃつの秘密を読んでやろうと思っていた  眼を嵌めていようとは  眼の中へ御神体を祭り込むた  眼とは思えないほど  眼が異様に大きくなっていた  眼を丘のふもとに落しました  眼も見えます  眼は闇のなかでおかしく青く光り  眼に見えなかつた  眼は闇のなかでをかしく青く光り  眼はひたすら純白な自らの姿を見つめ  眼をさましたのに  眼の前に展開されつつある  眼にもそれがそのやうに映つたが  眼からどうみるべきか  眼に見ました  眼もあって  眼に見て来たが  眼をみはるが  眼をぼくらの方へあつめていた  眼のまえにしていた  眼をしていう  眼がさめるから起きるまで  眼にもお美しく見えた  眼ばかりうるましておられたが  眼で杉のこずえの星を見る  眼のまえだ  眼にもとめる  眼を剥いていう  眼の下にかすんでいる  眼の前の売店に誘う  眼を忙しくする  眼でたどってさえ  眼に伴って  眼を伏せながら聞いていると  眼に泛んでくる  眼で見ましたよ  眼を感じると  眼の処へ来ました  眼の間に新聞紙を拡げて  眼で外界を御覧になると  眼の視界がそれぞれに身体の左右の側の前後に拡がっていたとしたら  眼が耳の近所についていない  眼に泛び出して来る  眼のままに感じるしか  眼にうかんでくる  眼がきく  眼をしのんでは  眼をあげ出した  眼は小女に引きつけられた  眼の間の晴ばれとした  眼で山西の顔をうっとりと見た  眼をまた入口の方へやった  眼をとおしたり  眼と眉の間の晴ばれとした  眼にしっとりとした  眼を岩本の顔へやった  眼だたないようにそっとお出でを願います  眼を円くして見ていた  眼の前を歩いていた  眼を廻してしまっていた  眼のあたりが薄痣になっていた  眼が膨れてますわ  眼を湿布されながら  眼をぱっちり開けていた  眼をむいて驚きました  眼と頭の毛をこしらえる  眼をうるおして答えられました  眼で地図の上を物色して  眼の中に輝やかして  眼で慎一を見詰めたが  眼にやがて涙が溢れて  眼ざしが到る  眼して私たち見られる  眼を遣るに  眼を何げなさそうに走らせて  眼で猪首の若者を招くと  眼の上までさし上げて置いて  眼も離さずに眺めていた  眼を相手に注ぐより  眼からも口からも夥しく鮮な血を迸らせた  眼を合わすと  眼を嗔らせながら  眼を薄日がさした  眼を尊へ向けて  眼でその挨拶に答えると  眼を足もとの石から挙げると  眼に彼の顔を覗きこんで  眼を反らせていた  眼を血走らせた  眼にかかりに  眼の中に燃えあがった  眼早く彼の姿を見つけて  眼は思いがけなく  眼を配って行った  眼ざしで鮨をつまむ  眼には留まらない程  眼を自分の方に振向けない  眼を振向けられ  眼と永く視線を合せていると  眼を薄く瞑り  眼に涙を溜めている  眼の前に出て来たなら  眼の前に近づけ  眼にうすく涙さえためて  眼を奪はれ  眼え釣り上げていると  眼の前に物の気配がして  眼こおかなく燃やし  眼の前に幻視しつつ  眼に会わせられる  眼の前に彷彿させる  眼の中を熱くする  眼も遥かな下の線路に大の字形にタタキ付けられている  眼の前の薄黄色い光りの  眼の色を変えて駈け付けて来た  眼をパチパチさせている  眼でジロリと教室の内部を見廻わしただけで  眼をシッカリと閉じながら  眼の前に凝視した  眼の前を白いものがスーッと横切ったので  眼に縋り付いている  眼を大きく大きく見開いて行った  眼の球を剥き出して行ったが  眼の前がだんだん明るくなって来た  眼の前には見覚えのある  眼の前がグングン暗くなって来たので  眼にも眩しい金と銀の金具をちりばめた  眼だけにちらりと微笑を浮べた  眼を引いていた  眼をうっとりさせた  眼もあざむく  眼をとぢていたはられつ  眼を女の方へ向けて  眼に浮べます  眼の前に浮いて  眼の前で大きな円を描いてゐます  眼指して歩いて  眼にはいって来ます  眼を河の方に移した  眼にばかりありあり見える  眼の大い  眼には余りに色彩が強烈すぎるほどであった  眼がぎらぎら光つてゐました  眼の前に島はありますが  眼とで別れの合図をした  眼をステーションの雑踏のうちへ吸い込ませた  眼で挨拶し  眼で日本女の眼を見ながら  眼で信吉を見据えながら  眼を見あげながら  眼で信吉を見あげた  眼をせわしく瞬いて  眼に新しい腹立たしそうな光が閃いた  眼を醒しますと  眼の前にゆれ  眼の前で靄のようにかすんでしまうまで  眼をぐるぐるさせて  眼で見はっていたが  眼で先生のほうを見ながら  眼は瞳がなくなり  眼であたりを見まわしながら  眼の上に張りだしていたが  眼で相手を眺めた  眼もまぶしくきらきらして  眼もまどうばかり  眼にはフランクの王子がこの世の歓びの話をきかした  眼にかがやいた  眼はまだ地を見つめた  眼は清くやさしく彼を見つめていた  眼のなかの火焔の光は彼が曾てゆめみた  眼が上の方に進んで  眼の中の光を見た  眼を眩ました  眼を以って彼を見ながら訊いた  眼で彼を不思議そうに見ながら  眼はまたも静寂のなかを見つつ夢みていた  眼にはふかい怒りがあった  眼がモリイシャを見つけた  眼には涙のかわりにほこらしげな火が輝いていた  眼にいま何も見えず  眼を見交して  眼のうたがいを見た  眼が彼等をにらめるかも知れない  眼がむなしい樹から樹にさまよった  眼を樹のやみからやみに迷わせて言った  眼には緑の火が見えた  眼に不思議な輝きがあった  眼をあげたら  眼に見つけた  眼の光は月の火のようにふしぎに輝いていた  眼と土のような茶色の柔らかい髪とを持って  眼にみどりの輝きが出て来た  眼には驚きと神秘があった  眼に歓びの涙をためて  眼をみはって眺める  眼には蝦蟆の姿がはっきりと見えましたよ  眼にそんな幻影が見えた  眼を湿ませながら  眼にあてて啜り泣きをする  眼をふいている  眼のせいだと云っていたが  眼で見たばかりでなく  眼をあつめる  眼早く見つけて  眼の不自由な身で毎日往ったり来たりする  眼をそそいでいたが  眼に突き透すとみて  眼には右から左へかけて  眼に刺さっていますか  眼をむき出す  眼のまっ只中を突き透した  眼を貫いて捨てた  眼の前の川へ投げ込んでしまった  眼を突き潰しているばかりでなく  眼をなくしてしまった  眼が見えるからだ  眼を突き刺しました  眼から血のなみだが流れ出す  眼にも刃物を刺された  眼と細い眉とをもっていた  眼にそれが赤座の姿と見えた  眼について父は立止りました  眼が青い火のように光り輝いて  眼が光るか  眼が鬼火のように青く光るとは  眼のせいだとかいう訳にはいきません  眼には何かの不思議があるので  眼を詠む  眼はやっぱり青く光っていた  眼には何か薬でも塗ってあった  眼をいからせて向って来るが  眼にはなんにも映らなかった  眼をあつめて見ると  眼をまん中の娘にあつめると  眼に一種の幻影をみた  眼に涙をやどした  眼と鼻のあいだへ押寄せて来ましたので  眼早く見て  眼のまえに倒れた  眼の前にありありと照らし出された  眼は窪んで  眼は生きいきと光りかがやいていました  眼もあけない  眼がその眼附をじっと窺った  眼は上眼瞼のうちに引きつけて  眼がまたじっと壮助の方に向けられた  眼は平素よりも大きくなっていた  眼をふと挙げた  眼には物を詰問する  眼は本能的に輝いた  眼が睥んでいた  眼が湿んできた  眼の前には老婆の赤黝い  眼は熱くほてってきた  眼は障子の内からその足音の方へ向けられた  眼は彼の懐のうちに投げられた  眼は彼の内心に向けられた  眼が壮助の神経に纒わって来るに従って  眼をじっと見返した  眼はただぼんやり開かれていた  眼が湿んでいた  眼の前にぴたりと据えられた  眼がくらんできて  眼の大きくなった  眼の中に在った  眼がまた彼の方に向けられた  眼を詳しく調べて  眼がふたたび屍体の両腕に引かれて行くので  眼にとどまる  眼に耳に神経を集めて  眼をクリクリさせた  眼をつぶっていても出来るし  眼をつぶっていても出来るが  眼を見張っていても  眼にはそれが明かに映る  眼ざしを彼の上に投げながら  眼ざしを夫人の上に投げる  眼を通して物事を見る  眼を通して扁理を見つめだした  眼をぐるぐるまわして遊ぶ  眼が覚めてしまう  眼をほそくしている  

~ 眼[名詞]1
髪も眼も  キヨトンとして眼を  肖像画を濡れた眼で  一処に眼を  一斉に眼を  中で眼を  面青膨れて眼  堂守の眼  顔へ眼を  ような眼を  私の眼の  生徒の眼の  諸君の眼に  文章が眼にのみ  此れは眼に  のは眼に  此女房が眼に  それから思はず眼を  文鳥は眼を  文鳥の眼は  文鳥も眼が  私の眼に  のまで眼に  方に眼を  腕時計に眼を  方を見ていた眼を  方へ眼を  物によると眼や  私の眼には  通り二人ともちやんと眼を  私は眼を  ものが眼の  いふ場合に眼の  二人の眼の  静かに眼を  先生の眼を  処が眼に  水面から眼を  東を向いて眼を  青年と眼を  冷かな眼を  彼は眼を  サイレンで眼が  日本料理は眼で  運勢欄が眼に  今朝の眼  姿は眼に  柿を食べるよりも眼で  自然は眼でも  げに眼  警察の眼を  警部の眼は  ものは眼に  新聞広告が眼に  手巾を眼に  ように眼の  記事が眼に  癖が眼  ように眼を  酔の廻った眼を  手を休めて眼に  志津の眼には  急に眼の  ぶんやすんだ眼が  軽蔑的な眼を  驚異が眼を  好奇の眼を  舟が眼の  風に眼の  お婆さんの眼の  光は眼を  黒子の眼  媚を含んだ眼を  白味の勝つた眼の  赭ら顏の眼の  上へ眼を  姿が眼に  何かは知らず眼には  姿も眼に  驚きの眼を  動物の眼にな  酔ひしれた眼にも  水音に眼が  のも眼に  涙を零して眼を  伴藏は眼も  面目なく眼と  二人が眼が  十月三日三時に眼が  自分自身の眼を  自分の眼には  ために眼  夜中に眼  加へられ眼が  夕方ふつと眼  夜中に眼が  一撃が加えられ眼が  随って眼は  兄さんは眼を  僕まで眼の  僕の眼を  姉さんは眼を  津田さんは眼を  こっちでも眼を  語句が眼に  いやな眼で  柔和な眼で  主任は眼を  フリュウト・コンチェルトに眼を  觀念の眼  女の眼に  なほも眼  旅人の眼を  合戰に眼は  隠居の眼と  評判の眼  気象が眼へ  父が眼も  誰が眼にも  何か貰えるかと思って眼を  吃驚して眼を  理智の眼を  父の眼を  初心な眼で  私達の眼には  燦然と眼へ  私が眼へ  母さんが眼に  吃驚して眼の  座蒲団が眼に  浮気男の眼を  のを看慣れた眼には  当惑の眼を  何時迄経っても眼を  夜中に眼を  監督者の眼を  両親の眼から  髪と眼の  垂して眼を  紙片に眼を  先方に眼を  春子畫孃は眼を  音に眼が  安心したもののごとく眼を  音に眼を  子はたがいに眼を  学生の眼は  ハンカチを出して眼を  戸をたたかねば眼が  男の眼は  やうな眼の  ざまに眼を  文学には眼を  等の眼に  世間の眼に  先生は眼の  矛盾不調和から眼を  観念の眼  合戦に眼は  時鐘の眼の  うちに眼  目しいた眼が  打者の眼を  気な眼を  逢つて見る眼には  貴方の眼に  真夜中に眼が  うちに眼が  それが眼に  ぼんやりした眼に  倅の眼が  さうな眼を  地主の眼は  前は眼を  やうな眼を  生生した眼で  やうやく眼を  わたしの眼を  ものには眼も  魚は眼を  二つの眼が  やうにきらめく眼を  わたしのつかれた眼を  やうに眼を  香料の眼に  やうな眼が  心地の眼が  づむ藻草のかげに眼を  ほやかな眼をと  あなたの眼が  あなたの眼を  蛇の眼の  手とは眼をかは  からだの眼といふ  わたしの眼に  21眼と眼の  自分の眼に  皆の眼を  姿を眼の  私の眼は  清しい眼さえも  自分の眼の  様な眼が  眠不足な眼の  互の眼を  白粉をつけた眼の  左の眼の  顔に怒った眼を  左の眼が  顔に眼を  四辺に眼を  腫れあがっている眼が  順作は驚いて眼の  夜明け前に眼が  仕舞には眼が  一に眼に  くつきりと眼に  フツと眼の  皆の眼に  万戸の眼を  老人の眼に  供の眼に  泣声で眼  窓に眼を  げな眼に  彼らの眼の  喫いながら眼を  幼児キリストの眼の  児の眼の  二度までも眼の  歌と眼  聴衆を眼の  万人の眼が  彼の眼に  彼女の眼の  幻滅に開かんとする眼を  今人の眼を以て  店さきに渇いた眼を  麦のにほひは眼にも  喜平の眼は  無表情な眼は  自分の眼がね  忠興の眼から  そちが眼では  喜平とやらの眼がね  二つの眼を  おれの眼が  自分の眼が  骨に眼を  私の眼まで  ころより眼の  二つの眼の  二つの眼には  涙の光った眼が  彼女の眼に  コルマックの眼にも  火炎が眼に  涙が眼に  影で眼の  眼と眼を  婦人に眼を  自動車が眼の  紳士に眼が  広告には残らず眼を  無邪気の眼で  私の眼からは  私の疲れた眼の  詩歌に対する眼は  詩歌に対する眼を  形式美に対する眼を  ものは眼でも  小春の眼や  心の眼  蛙の眼と  人の眼の  日の眼に  クワッと見ひらいた眼を  ヒタと視詰めた眼  眼鏡を眼の  方の眼を  觀る眼が  所天が眼を  人が眼で  津藤の眼には  皆は眼を  世人の眼に  驚異の眼を  事に眼を  ように牽き付ける眼  人の眼  アカデミックな眼  詩人創造者の眼  彼の眼が  鼻が眼に  犀利な眼には  痴愚が眼に  女の眼は  何度か眼と  腕を眼の  彼女の眼を  人間像が眼に  知的な眼を  知性的な眼を  近代思想に眼  君の眼は  私の眼が  洞察の眼を  世界に眼の  ほんとうに眼が  メリー号は眼が  皆がそろいもそろって眼が  船客たちも眼が  誰か眼の  おまえだけ眼が  船中の眼が  ただ二つの眼  スミス警部は眼を  操縦士の眼が  ひとりの眼の  双眼鏡を眼に  クーパーの眼を  観念の眼を  一せいに眼を  われわれの眼から  不審の眼を  方を見て眼を  無意味な眼  女の眼から  叢に眼を  彼の眼の  二人の眼は  上に眼を  水は眼ば  間でも眼を  中へ眼を  レンズを合せようと眼を  速やかさで眼の  川下へ眼を  僕の眼の  私に眼  好奇心の眼を  破れ目に眼を  人々の眼は  疑いの眼を  合図の眼を  係長は眼を  彼は憤りの眼で  蛙は眼を  津田君の眼の  駄目だと眼を  やうなる眼の  人の眼は  新派劇では眼と  俺は眼を  好意とも分らない眼の  ハンカチを眼に  部屋に眼を  額が眼について  赭ら顔で眼を  急に眼  伊曾の眼に  伊曾の眼の  茫然と眼を  自らの眼に  娘の眼に  明子は眼を  村瀬の眼に  母親の眼を  明子の眼に  表紙に眼を  今彼の眼には  人心の眼を  げに眼を  親戚の眼がね  輝やいた眼で  書棚に眼をと  住所氏名に眼を  波に眼も  今も眼に  中から眼  氣持で眼を  人々の眼を  花井博士の眼には  其夜僕の眼に  袖で眼を  顏が眼の  客の眼を  鶏の眼を  不思議に思って眼を  総門越しに眼を  特異な眼に  家へと眼を  所に眼を  黒子の眼に  一睡して眼を  翌朝自分の眼を  図私は眼を  母の眼に  ぼんやりしてゐると眼の  愚鈍な眼を  僕の眼に  ほうに眼を  両手で眼を  ゴールから眼を  涙が出てくる眼で  家族の眼の  妹の眼に  自分たちの眼の  真相を知ると眼を  死骸から眼を  侮蔑的な眼が  者は眼を  者に眼  のはくぼんだ眼ばかり  私達の眼の  月を視詰めてゐた眼を  薔薇から眼を  うつとりと眼を  ぼんやりと眼を  者の眼  彼等の眼より  あたしの眼だけを  頭から眼  他人の眼に  夜半に眼を  のさえみのがさないくらい眼が  両の眼に  さきに眼に  一つきりの眼を  一つきりの眼で  アカーキイ・アカーキエウィッチの眼は  半纏なんか眼の  拳で眼を  ぼろ袴に眼を  清逸の眼に  俺に眼を  異性に眼を  そこまで考えてくると眼の  園から眼を  鐘銘に眼が  ものを眼の  詩集から眼を  鈍重な眼を  ささやかな眼だけの  表情が眼と  ぬいさんの眼は  薬料に眼を  ぬいさんが眼を  死人の眼の  クレオパトラの眼が  盲いた眼までを  ような眼の  空を切って眼も  ように眼  清逸の眼を  特有な殺気立った眼を  書物をばたっと取り落して眼が  ハンケチを眼の  婆やの涙ぐんだ眼を  婆やなどは眼にも  群衆の眼は  奥さんから眼を  災難を眼の  柔和な眼を  手拭を眼に  顔を眼の  生徒の眼に  柿江の眼の  柿江の眼に  者をつかまえて眼を  俺の眼から  時渡瀬の眼に  ものが眼に  数字が眼の  奥さんを眼の  渡瀬は眼が  罫紙に眼を  連なりが眼の  ように澄んだ眼で  人見の眼に  園の眼は  道を隔てて眼の  幅を眼  清逸の眼の  顔から眼を  はけ口を求めながら眼  読本に眼を  光を放ってかがやく眼  ぬいの眼の  書物に眼を  ぬいは眼が  ぬいは眼に  中指を眼が  ぬいは眼を  好意をもって眼を  方の眼に  ように眼に  ぬいさんとを眼  書物から眼を  耳と眼とが  無恥らしい眼を  両手を眼の  渡瀬の眼の  渡瀬の眼に  俺の眼を  ような眼  男の眼を  せいの眼は  彼女の眼から  ハンケチを眼に  ショールに眼から  方から眼を  横ざまに眼を  園の眼の  ぬいさんの眼が  そちらに眼を  色を眼に  互いの眼から  茶の間を眼  小母さんの眼には  そうに眼の  学生は眼を  辰代は眼を  澄子は眼を  喫驚して眼を  愉快そうに眼を  中村の眼を  自然と眼に  息をつめ眼を  様子に眼を  視線を眼の  家が眼に  今井は眼に  底光りのする眼を  中村から眼で  今井の眼  親指に眼を  今井の眼を  とたんに眼が  眸の定まらない眼を  着物なども眼  言つて私の眼を  背中が眼の  私の眼を  グレージーの眼には  グレージーの眼は  葉の眼には  空気にふれて驚いて眼を  人の眼が  葉の眼は  やうに眼の  のが眼に  まっ青な眼は  ものは眼が  女の子が眼を  確かに覚めたる眼を  我々が眼を  それゆえに眼の  私が眼で  ものを見る眼を  いま私は眼を  精神の眼で  精神の眼を  智能の眼の  精神の眼に  此方を見た眼  ぐひの眼  ろしい眼の  幾万の眼を  遍路は眼が  彼の眼は  片方の眼も  片方の眼が  時には眼が  飛行機枯れ枝にとまつた眼  口から眼から  かも識者の眼には  碧い眼を  新聞記事にも眼を  裾野は眼で  聖者は眼を  聖者の眼に  時から眼に  刺戟で眼の  一冊を掴んで来て眼を  膝を刺して眼を  事が眼の  輝は眼に  彼の眼から  塵を眼に  喜びに満ちた眼で  天井へ眼を  弥三右衛門は眼を  行燈へ眼を  わしの眼に  方へ眼  双の眼の  列車ボーイは眼を  いやに眼が  書画骨董の眼は  二人の眼が  いずれも眼を  姿才華悧悧たる眼  中で眼が  牧野さんで眼を  林田の眼の  林田は眼を  お祖父さんは眼やにを  お前さんがたの曲がった眼には  孫の眼には  偶然わたくしの眼には  娘の眼は  植込みに眼を  二三度も眼を  ミチ子が眼を  人間の眼よりも  人間の眼に  なかから眼を  望遠鏡を眼に  重病人の眼の  怪塔王の眼に  博士の眼が  小浜兵曹長の眼を  兵曹長の眼は  女は眼を  屋敷に眼を  財産に眼が  文面へ眼を  京助の眼の  オドツイた眼で  お上の眼を  勘右衛門へ眼を  方が眼が  科学的の眼から  現代の眼から  人の眼を  今日の眼から  碩寿翁と眼と  碩寿翁を眼に  顛倒している眼から  碩寿翁の眼の  人々の眼に  一行の眼に  茅野雄は眼を  弦四郎の眼を  敵から眼を  四方へ眼を  碩寿翁は眼を  弦四郎は眼を  慈悲の眼を  弦四郎達の眼の  群へ眼を  光景を眼の  一方の眼は  一つの眼を  恍惚とした眼を  神像の眼を  何んにも眼に  勝の眼の  衣で眼  鏡から眼を  當に眼を  由は眼を  母親が眼を  うつろな眼を  涙を眼に  前方に眼を  聲で眼を  グウツと眼の  左へと眼に  十郎が眼を  十郎は眼が  夏に眼を  眉も眼も  ひとの眼は  冷水で眼を  ひとの眼を  名札掛を眼を  羨望の眼を  武士の眼を  印象が眼に  面に眼を  娘と眼を  佛像が眼に  ものとなると眼が  んじゃないかと眼を  識別ける眼を  顕微鏡的の眼を  自分の眼との  云つた弟の眼には  人がする眼  弟の眼は  弟の眼の  弟の眼が  一瞬弟の眼は  流石に眼を  私から眼を  渋茶にも眼も  くりくりした眼の  田辺は眼を  半田には眼も  何か眼に  蟇が眼を  遠くに眼を  久江夫人は眼を  巳之助は眼を  巳之助は黙って眼を  巳之助の眼に  看護婦は眼を  そうに眼を  僕たちの眼には  君の眼には  神経質らしい眼を  僕は眼を  花から眼を  景色を見廻した眼を  自分の眼を  やうな眼  程無遠慮な眼  黒色がちなる眼  袖は眼を  人の眼に  稲刈り時分から眼に  浩平の眼の  どろんこの眼を  心配そうに眼を  せきの眼に  行つた子供から眼を  僧は眼を  僧の眼にも  私を見る濁つた眼が  観客の眼には  ひとたちの眼の  演劇の眼にのみ  潮風が眼に  日本意識に眼  巧智に長けた眼を  びっくりして眼を  それでも笑いながら眼を  学士は眼を  精神的に眼を  観念をして眼を  定明の眼の  わらべは眼から  白象に乗って眼の  法蓮房も眼の  左右の眼の  者が眼を  念仏を止め眼を  善導は眼を  よその見る眼も  武士共が眼を  同地某氏藏是等土偶は眼の  輪廓全体を眼と  横線のみを眼と  エスキモは眼の  光線反射の眼に  如何にして眼を  覆面の眼の  甚く眼を  信之は眼を  笑ひながら眼を  枝へ眼を  世界から覗く眼と  奥の眼に  生物の眼の  鳥打帽を眼  横顔に眼を  瞬間彼の眼が  時彼の眼と  物象の眼が  魂の眼を  それらの眼の  無数の眼を  中折を眼  蔑視の眼を  時私の眼は  私に眼を  私の眼から  時母の眼から  一杯たまった眼で  岩山が眼の  ことだと眼を  充血した眼を  自分の眼と  利欲に眼を  仕事を眼の  生き馬の眼を  記者の眼には  漢語の眼  疑いの眼が  彼等の眼の  台所に眼を  方の眼の  真先に眼に  口や眼にも  衰亡を眼の  侮蔑的の眼で  バラックが眼に  事実を眼の  一番活躍して眼を  地方人の眼を  都人士の眼を  獣の眼まで  あなたの眼は  生活では眼ほど  いくつも眼に  棒にして眼を  魔術師でも眼を  前は眼から  大まかな眼で  庄吉の眼も  直ぐに眼の  刹那的の眼を  晴々しい眼を  彼女の眼は  #彼の眼を  ちりと眼を  急に眼を  畳に眼を  幾代は驚いた眼を  兼子は眼を  兼子の眼を  兼子の眼は  彼は眼で  敏子の眼を  耳が眼に  彼が眼を  兼子の眼に  彼の眼を  瞳に眼を  姿が眼の  幾代はふり向いて眼を  冷かな眼で  依子は眼を  無理につぶった眼を  陰影が眼の  幾代は眼を  一と眼  興奮した眼が  これ神様の眼には  労働者の眼に  仏の眼の  さが眼に  悲憐の眼で  私たちの眼には  愛の眼で  弁別する眼が  今でも眼に  筒に眼を  感興な眼  ポカンと眼を  ホモイは眼を  杉枝の眼にと  康太郎の眼は  美津子を見る眼が  大人を眼  美津子の眼は  車掌に揺り動かされて眼を  空が眼の  筋の眼は  川水がかすんだ眼に  こんどは眼に  順平の眼に  凄みを帯びた眼で  たかは眼を  びとの眼にも  びっくりした眼を  義枝の眼は  かすかに眼を  葉は眼に  涙をこぼし眼を  今度は眼に  初夜に眼の  夜を眼にも  父は眼も  童の眼に  太陽の眼の  ここに眼を  額を叩いたり眼を  近藤の眼の  憤怒とで眼は  変な眼で  そつと眼だけを  尻下りの眼が  氾濫が眼を  功利心に眼を  左手の眼の  海豚は眼を  水中で眼を  ピストルで眼の  小初は探り会う眼を  人々の眼の  旗が眼には  ものを眼に  前に眼  百合さんの眼に  百合さんの眼へ  時をり眼を  色彩を眼で  葉が眼に  立札が並んで眼に  心持の眼の  其には眼も  開げて眼を通して  少女に眼が  機械が眼  私は眼が  事なので眼の  顔付をして眼を  総監は眼を  安心して眼を  微かに眼に  三の眼の  紙に眼を  女に眼が  三の眼にも  清二は眼を  三の眼に  三の眼は  防空頭巾に眼ばかり  人物の眼に  清二の眼の  二重瞼の眼を  一晩睡って眼を  声と眼の  宏子の眼の  席から眼を  瑛子の眼と  舌を出して眼を  青玉の眼を  窓より眼を  女は眼  下より耀く眼を  鷹の眼を  老人は眼の  兜を脱げば眼さえ  エレーンの眼には  エレーンは眼を  眠りたる眼は  朝あまがえるどもは眼を  双の眼を  万吉の眼は  万吉は眼を  皮膚に眼の  三次が眼を  万吉の眼と  ろしい眼を  万吉の眼が  感激に潤む眼と  銀五郎は眼を  弥助の眼を  二ツの眼に  念は眼に  道中ぶりに眼を  十夜の眼も  綱は黙って眼を  ッと眼を  吾をも忘れている眼  ッという眼  銀五郎の眼が  十夜の眼から  ほうへ眼を  米の眼の  者の眼に  探りの眼を  物が落ちているのに眼を  連名状へ眼を  舞振りに眼を  一八郎は眼を  女中へ眼を  衝たれて眼を  敵が眼の  気も着かないほど眼を  真暗な眼を  赤坊も眼を  冬を眼の  赤坊が眼を  闇をすかして眼を  笠井が眼を  商人からは眼の  血のきおいに眼が  怒りの眼で  熟睡から破られて眼を  仁右衛門が眼を  ような眼で  表情を眼に  妻は眼に  ように呆れて眼を  彼れの眼の  闇に慣れて来た眼で  仁右衛門の眼に  敵意をふくんだ眼で  場主の眼が  愚かな眼と  翌朝仁右衛門が眼を  馬の眼と  白眼勝の眼で  呆んやりした眼を  声で眼を  カン蛙は眼を  二疋は眼を  上へ向けて眼は  左右に眼を  おれの眼は  新聞をみる眼が  名刺を眼の  処に行くと見る眼  揃ひの眼が  美女の眼  うつすらと眼に  港が眼に  声を放って眼を  ような眼に  眉と眼は  四肢に眼を  河原に眼を  二つの眼も  人間の眼では  若者が眼を  刃物から眼を  好奇心に燃える眼を  絶望が眼に  人民の眼から  現状から眼を  一般の眼から  良心を眼  夜店が眼に  げに眼の  科学者は眼を  自分の眼で  額から眼の  理論は眼  世界に眼を  綺麗な眼の  尋常二年の眼で  君の眼の  身辺を見廻す眼の  美貌に眼を  両の眼は  紀代子の眼に  豹一の眼は  鹿の眼の  警戒の眼を  人の眼には  偽善者だという眼で  ぱッと眼には  のかと眼を  陰険な眼を  奥で眼を  桑部の眼の  女という眼を  寝不足の眼を  女の眼が  不安そうな眼を  試験官の眼が  音で眼が  なかへ持ってはいって眼を  片一方の眼が  虚ろな眼で  瓶に眼を  新聞から眼を  糊から眼を  女たちの眼が  男の眼の  二つの眼だけは  身辺から眼を  足から眼に  うしろで眼を  豹一の眼を  上にある眼  退社時刻に眼  桂庵より見る眼は  ネーム・ヴァリューに眼を  鋭敏な眼を  経営者の眼は  経営者の眼の  新聞へ眼を  何ものも眼に  佐古の眼が  豹一は眼の  豹一は眼を  佐古に眼  佐古の眼にも  不安な眼を  疲れに眼が  豹一から眼を  多鶴子の眼の  豹一の眼には  ひとびとの眼の  豹一の眼から  誰の眼も  びとの眼を  佐古の眼に  顔が眼について  奴さんの眼の  おれなら眼を  女は眼の  友子の眼の  豹一の眼に  何人の眼にも  つぶらな眼と  こいつが眼を  速力にも応じ得る眼を  宙は眼の  宙は驚いて眼を  倩娘の眼に  それに眼を  張鎰は驚いて眼を  全能者の眼より  自分の眼から  物事を見る眼には  自然を見る眼と  彼自身の眼から  マテリアリストの眼から  批判的の眼を  自分自身の眼で  手の甲で眼を  真剣な眼を  トラホームの眼の  周の眼が  吾人詩学的の眼を  とき私の眼に  空洞な眼を  余の眼からは  彼の眼からは  北斎の見ている眼の  他の見る眼も  方向へ眼を  菊池君の眼は  相手の眼には  顔や眼を  菊池君の眼も  尋常な眼で  こっちへ眼を  気違いの眼では  平凡な眼とも  静に眼を  南洲先生を眼の  幼少から見慣れていた眼には  高田の眼に  我輩の眼と  本質を眼の  芸風も眼の  東京劇壇の眼を  魂胆は眼に  本が眼に  頭巾から眼だけ  松次郎の眼も  看板に眼を  胡弓に眼を  助の眼に  お前の眼に  愛の眼を以て  人たちの眼は  色の眼  星の眼を  みんなの眼に  星の眼の  人さえも眼を  人間の眼の  影ある眼の  何とかに眼  香煙に見立てた眼の  矛盾にさえ眼が  他人の眼を  フイと眼を  人の見る眼も  剣道に眼が  真意を読もうとする眼  十夜の眼を  棗形に眼を  らんらんと燃える眼  穴へ眼を  旅川周馬の眼が  周馬の眼に  おやじも眼を  尾行の眼を  丞の眼から  私の眼で  民衆の眼に  一つ時も眼を  指針に眼を  札が眼を  農夫たちを眼の  眼薬を出して眼に  屍体が眼に  氏は眼の  記事に眼を  いくつかの眼が  想像が眼に  日本人の眼から  軍将士の眼  われわれが眼を  悲劇に眼を  いく度も眼を  好奇的な眼を  女に眼を  崔は驚いて眼を  驚異な眼で  切長の眼は  私達の眼に  緑雨の眼と  任ずる緑雨の眼からは  疑惑の眼が  のを眼の  反照を眼の  実現して眼の  顔を流し眼に  者が気がついては眼を  朝赤児が眼を  姿に変じて燃える眼で  男は眼を  真剣に眼を  やうな眼で  照り返へしに眼が  充血した眼で  閉ぢた眼が  無理にむき開いた眼で  家に眼を  力を眼の  下役は眼で  事は眼に  頭巾を眼  云つて底光りのする眼で  主婦は眼を  のを眼に  絶頂で眼の  相に眼を  弟の眼にも  つて二つの眼が  二つの眼との  二つの眼は  一眼フェレラの眼を  復讐心に燃えた眼を  君達の眼の  つた彼の眼は  心労れ眼  それも眼に  斜酣の眼の  痘鳴が眼を  蜂が眼を  蜂どもが眼を  不安らしい眼を  十二時に眼を  堯は眼を  堯の眼を  病人の眼を  彼女の眼が  ちゃんあなたの眼は  天地に眼を  無意識の眼を  札が眼に  互の眼の  芳子の眼を  朗らかな澄み切った眼  唇をかみしめて眼を  黒目がちな眼を  一番に眼を  芳子の眼と  緊張した眼を  一人の眼を  馬の眼に  両手を眼に  げな眼の  何か眼の  不足の眼を  ゆらぎが眼の  字に眼を  夢に眼を  理知的な眼を  人形に眼を  坂田は眼を  敏子の眼には  坂田の眼は  肩とを抱きあいながら眼を  胸に合わせて眼を  顔にかぶせて眼を  下で眼を  それを眼に  悪戯ッ子らしく眼を  一ツ僕の眼を  ように満ちたりた眼を  山下先生は眼を  窓外に眼を  街上に照りかえしているのに眼を  表の眼だけを  刹那彼女の眼は  私の眼と  そうな眼を  わきに立って眼を  自分たちの眼が  おれの眼には  おのれの眼を  皆の眼が  爛とした眼の  感傷的な眼ば  延子は眼を  新聞に眼を  つたのを眼ば  一瞥するだけで眼を  キ成る眼を以て  おまえの眼は  タネリが急いで眼を  感情が込み上げてきて眼が  百合子の眼が  方を眼で  世間の眼を  二人は眼を  肝心の眼の  針を眼の  片方の眼を  今でも眼を  うちしばたたき眼を  ガラスの眼には  祖母は眼を  布団を眼  世の中を見る眼が  もののみが眼の  ことは眼に  私たちの眼を  誰の眼にも  わたくしの眼には  黒目勝の眼の  種田は眼を  巡査の眼には  意外のよろこびに眼を  わたくしの眼を  判断する眼を  僕は眼が  書物を読むと眼が  ところで読むと眼に  はじめから眼の  生理的に眼の  八割までは眼の  これも眼の  おかあさんが眼を  両方の眼から  特殊な眼で  母が眼を  裏側に眼を  先に眼を  ひさしを眼  風が吹いたほどにも眼の  何もかもが眼に  あざやかに眼に  誰一人嘲笑の眼を  七郎丸の眼から  外へ眼を  中に眼に  云つて彼の眼を  空へ疲れた眼を  道助は急いで眼を  餌が眼の  隣室へ眼を  政治欄に眼を  気がして眼を  長者の眼の  売卜者は眼を  人たちが眼を  わたしの眼の  ときは眼を  シラトリキキチに眼  顔をかしげて眼を  署長は眼を  實に眼を  桜を眼の  數の眼が  どこかで取り組んで眼に  枯葉に眼を  冬木の眼を  ところまで眼を  自殺者の眼の  無限の眼は  しきかの眼も  怪獸の眼に  眼と眼と  明色の眼を  音にも眼が  惡龍の眼も  聲で眼が  精の眼に  あなたがたの眼には  首を回らせて眼を  狩猟家には憧れの眼を  翅音をたてて舞っている眼の  追手の眼を  猜疑の眼ばかりを  子供達の眼に  クレエルも眼を  神様の眼からは  金色の眼の  錆色の眼と  物を見る眼は  やうに眼が  金色の眼を  昆虫の眼は  しみに眼を  壁を眼で  さんの眼に  毛虫は眼で  意味のこもつた眼を  此の眼に  恐れに満ちた眼は  先に眼には  瞬間に眼に  皆んなは眼を  電光が眼に  やうに眼に  水蒸気が眼に  水を眼に  間は眼に  エミルが眼を  ジユウルとは眼を  悪戯をしては眼を  何も眼を  物が眼に  頂が眼に  色が眼に  心の眼でだけ  形は眼を  牛の眼の  鼻と眼との  鼻と眼とを  時には眼の  経験をつんだ眼で  お前達の眼を  うちに眼は  ドストエーフスキー的世界から眼を  婆さんは眼を  不思議な眼を  ほうへは眼も  わたしは眼を  蟒蛇の眼の  色彩は眼に  作者の眼が  客観的現実を見る眼を  歴史にたいする眼として  把握しうる眼としての  自然に眼に  佐助の眼を  ように眼にも  人間有三の眼  祖母の流し眼の  自分たちの眼と  ヘルマンの眼に  晴れやかな眼を  どんよりした眼は  彼女は泣きはらした眼を  一つの眼で  元締が眼を  方に眼  否やと眼を  同伴者に眼を  人間の眼は  俺たちの眼にも  世間の眼の  広告が眼に  ものの眼で  女などに眼を  文句が眼に  文句にも眼が  相当に眼に  猿轡と眼  並ならぬ眼が  盲目の眼が  ものから眼を  人間の眼を  手をかざして眼の  わたしの眼から  野猫の眼の  わたしの眼は  召仕が眼に  涙が眼から  注意ぶかい眼を  彼女に眼を  嶮しい眼を  緑の眼に  そばを眼を  さは眼に  緑色の眼の  わたしが眼を  耳は眼は  私を見つめている眼を  うつろな眼で  とき私の眼は  私の眼ほど  袖を眼に  片腕を眼に  手で眼を  信仰の眼が  両方の眼を  自分の眼  急に眼が  男の眼  いやに眼の  疑惑の眼を  終日望遠鏡を眼に  仕事に向く眼  僕の眼は  うつかり眼の  手には眼も  おれは眼が  妄想から眼  真正面に眼を  心へと眼で  教授の眼を  われわれが眼で  花束に眼を  鋭さのあらわれている眼の  瑛子の眼  涙に濡れた眼を  姉の眼を  わしの眼の  文句に眼を  愛の眼を  効き目で眼を  彼から眼を  わたしの眼には  よけいに眼が  鏡に眼を  老女から眼を  娘さんの眼には  感謝の眼を  彼女は眼を  私自身の眼にも  蚤取眼で  サイレンが鳴ると思ったら眼が  わたしの眼とが  脳と眼から  頭脳と眼から  サンジョリーが眼の  顔をして眼を  口から眼へ  脳と眼とから  棒切れ一ツにでも眼を  人間の眼には  灰色の眼は  髪と眼を  なかで眼を  忌というほどたたきつけられて眼を  船長の眼に  がらの眼や  藁草履を眼に  吉の眼が  米の眼が  妙に眼ばかりを  丞と眼の  原士の眼を  純情な眼  丞の眼を  神まします眼の  宅助も睨んだ眼を  ように射る眼  妬心を眼の  久良の眼も  八方で光る眼を  皮肉な眼で  ほうへ眼  吾らの眼を  方向の眼を  つづらへ眼を  米の眼は  そこへ眼を  それへ眼を  砂埃とで眼も  枝が眼に  愛の眼が  どんよりとした眼で  ラザルスの眼に  らの眼の  冷やかな眼を  らの眼を  夢中になって眼を  ラザルスの眼を  彼の眼には  お前の眼を  言葉よりも眼を  ラザルスは眼に  おまえの眼を  ラザルスの眼は  如くに輝いている眼が  熱鉄によって眼から  無形の眼を  女の眼の  彭の眼の  わたしも眼の  なかに眼を  鉤鼻の眼の  彼女が眼を  自分と眼を  眼と眼が  姿に眼を  熱情ある眼が  彼女に眼の  コスモの眼が  眼と眼とが  マデライン嬢は眼に  いま揺り覚まされた眼の  青年に眼を  上にいたわりの眼を  頬も眼も  現実の眼の  母親の眼の  刺戟を眼に  子が眼を  いつか絵を見ていた眼を  女の眼と  境まで眼を  観察の眼を  興味の眼を  めいめいの眼と  好奇の眼で  子は眼を  女は眼に  女は呆れて眼を  真面目な眼を  女は立ち停って眼を  標準の眼から  一片が眼に  期待の眼を  四十年配の眼  帝都の眼  非難の眼を  夫は思はず眼を  場合には眼は  窓の眼から  負けに眼を  運動に眼を  瀧子の眼に  瀧子の眼から  どこか眼の  クワッと眼を  憎悪の眼に  監視人の眼も  秀蓮尼は眼を  鑿を眼の  手へ眼を  蔭から射向けられた眼  そばへ寄って眼を  世阿弥は落ちくぼんだ眼を  世阿弥のくぼんだ眼から  闇に眼を  双つの眼を  世阿弥の眼で  暗闇の眼へ  世阿弥の眼と  老人へ眼で  最期の眼を  さを眼に  具足櫃を眼で  そうな眼が  ふたつの眼が  盲人は眼の  始めから眼が  眼明きは眼の  時から眼を  右の眼で  左の眼で  観察の眼は  #者の眼  己の眼で  水の上に眼を  課長の眼の  女の潤みのある眼を  乾からびた眼に  つた水の上に眼を  行つて課長の眼の  やうな眼に  声に眼を  学者の眼で  学者乙の眼から  甲の眼には  乙の眼には  方面にまで眼が  疵を怖がる眼には  若者たちの眼を  アラムハラドは眼を  アラムハラドは急いで眼を  利害に眼を  これに眼を  成行に眼を  彼らの眼に  三角の眼を  女風情の眼で  登勢の眼に  奉行所でも眼を  いつまでも眼が  子供の眼を  奉公人たちの眼には  畳の眼を  石川の眼には  僅に眼が  君の眼から  恍惚と和いだ眼に  そうな眼に  喬生は眼を  喬生は驚いて眼を  日月は眼に  足場も眼も  ろしい眼が  音があったので眼を  周馬の眼  者の眼を  琥珀の眼を  志賀直哉の眼が  咢堂の眼は  悪魔的な眼が  実相から眼を  人間の眼が  人の眼と  ものの眼から  一方に眼を  悪鬼のごとき眼を  ように感じて眼を  余は血走る眼に  余の眼に  少女の眼は  金花の眼の  そつとほほ笑んだ眼を  時又金花の眼の  両手に眼を  げな眼  チラと眼を  竜太郎の眼を  ように眼から  ようすで眼を  ヤロスラフの眼と  隔壁に凭れて眼を  ボンヤリと眼を  後頭部に眼の  女王の眼を  闇に馴れた眼を  老人は眼を  無表情の眼で  様子をして眼を  手帳から眼を  彼を引き摺る眼に  張教仁は眼を  光景を眼で  ラシイヌの眼を  ょとついたダンチョンの眼が  方角へ眼を  下流へ眼を  方では眼を  例の眼に  二つの眼ばかり  大蛇を眼に  鼻は眼と  失望した眼を  陽に輝いて眼も  内面を眼にも  森林を出て眼を  左右の眼には  野球観戦に疲れた眼を  冷い眼が  点に眼を  女給は眼を  物のけはひに眼を  追跡者の眼に  わたくしの眼の  度に眼を  住職の眼を  さうな眼で  子の眼を  未開人の眼で  主の眼を  クリストの眼を  ヨセフは眼に  われわれの眼に  はつと眼が  島民児童の眼が  却つて今人の眼に  五つの眼  五つの眼の  死者の眼からは  土気色になり眼を  癖に眼  死体に急いで眼を  死者の眼で  今でも眼について  軽蔑の眼を  合流が眼の  顔が眼に  あたしの眼に  捕手どもの眼を  松乃は眼を  妾の眼に  慈悲ふかげな眼  驚愕の眼を  小僧の眼の  一人は眼を  ギョッとして眼を  武士などへは眼も  物を見る眼の  眼と眼とを  声に驚いて眼  窓へ眼を  右近丸の眼を  のは眼の  龍を画いて眼を  人形の眼を  人形の眼さえ  玄女へ眼  政府に眼を  文字を見る眼は  もの時勢につき眼を  余が眼を  文明の眼を  扇をうぬが眼から  ちょぼんと眼の  眼尻から垂れる眼やにを  入道の眼の  近くば寄って眼にも  入道は眼を  さそうな眼を  お手前の眼から  佐助の眼は  手足がしびれて眼が  奴は眼を  店並へ眼を  爺さんの眼の  爺さんの眼が  ように云うても眼は  さそうに眼を  奇異の眼で  内儀さんの眼は  お初の眼に  徐かに眼を  からだを眼で  賀状に眼を  原稿用紙に眼を  等辺三角形の眼を  繁忙な眼を  老女は驚いた眼を  のには眼も  陳の眼の  代りに眼を  憂鬱な眼を  房子の眼を  口や眼が  千代子は眼を  下に眼を  花を眼に  俊坊の眼がを  俊坊は眼を  ぢさんの眼を  光が眼の  なほも眼を  端で眼を  清の眼から  ハハハハと笑ったら眼が  驚ろいて眼を  あなたは眼が  君が眼に  十二時過までは眼を  ぐうぐう寝込んで眼が  どこか眼に  高鳥真作は眼を  真作は眼を  子供たちを眼の  茶褐色の眼の  光景を眼に  若者の眼は  反対な眼  茶色の眼と  舞台面に眼を  彼等の眼を  仰山に眼を  態度が眼  屹ッと眼を  神妙に眼を  さに堪へられぬ眼で  監視の眼を  下を眼  陽が眼  好意の眼を  ガラクタには眼も  興奮の眼を  滝本の眼の  思案の眼を  熱心な眼を  滝本の眼から  気な眼で  生真面目に眼を  つて青空に眼を  滝本の眼にも  疑念に富んだ眼を  太一郎が眼を  男達の眼には  魔物の眼  通帳から眼を  昌さんの眼の  功利に曇らされない眼ほど  彼らにとって眼  様子が眼に  勘次の眼を  すが眼を  土瓶が眼に  罵倒が眼に  惱んだ眼  癇癪を起して眼を  上さん達の眼を  道ゆくにも眼を  半眼を開いた眼を  雜誌などに眼を  やうに叫んだと思ふと眼が  かしらをあげたが眼は  やうにして眼を  通學姿が眼の  窓から見まいとしても眼に  対手に眼を  金を眼の  四辺へ眼を  長兵衛は眼を  辺へ眼を  二人は呆れて眼を  書類を眼で  奇岩怪石の眼を  空に眼を  雑駁な眼で  好きでもなかつた眼の  己れの眼を  青柿に眼が  怯かされて眼を  一緒に眼を  分まで繰り返して眼を  私は眼に  公平な眼で  鼠の眼の  ぁんの眼の  あたりに眼を  鼻も眼も  絶対的な眼の  やうに澄んだ眼を  襖が眼に  ヨングの眼が  色を眼のみで  關東を見た眼で  相棒も眼を  はるさまも眼を  人の眼も  色なぞに眼を  なぞの眼に  私達の眼を  船も眼に  位置から眼の  動作が眼に  笠が眼に  緑が眼に  話は眼に  醫光寺を見た眼で  弟子を見遣った眼の  私も眼を  主人の眼に  音で眼を  あかりも眼に  薔薇いろになってしまって眼も  此方の眼が  見物人の眼の  眼と眼は  涙をこぼして眼を  たくさんの眼の  六つの眼を  狸は眼を  ッくり窪んだ眼を  慾に眼の  松岡正の眼には  #頸すじなぞ眼に  妙に眼に  私は眼  無神経ものの眼にでも  細田氏の眼に  君達の眼が  なつた眼を  真赤にした眼を  右手が切り離されて眼の  彼女の眼にまで  窓とも云うべき眼の  トキエが眼に  動悸におどろかされて眼を  著るしく眼に  内の人の眼に  どこに眼が  娘たちの眼の  嫗と眼  疵痕に眼を  一寝入して眼が  終局には眼が  加之も眼  夜半に眼が  面高で眼の  雪子の眼の  裸身に眼を  蒲原氏の眼は  緊張が眼  両の眼を  其方へ眼を  放心的な眼を  やうに眼と  図私が眼を  茶碗に眼を  忰の眼に  試みに寝惚け眼を  閃光に眼を  者も眼に  醒子は眼を  爺さん達は眼を  腰を伸ばして眼を  母堂の眼を  三田君を見る眼が  基督の眼から  言ふは眼の  露を眼の  お前さんの眼の  彼は眼の  八橋は眼を  光に眼を  兄の眼には  彼女の眼には  八橋の眼には  丞の眼には  次郎左衛門の眼の  亭主の眼からは  空は眼を  次郎左衛門の眼に  太郎の眼の  浦島太郎の眼の  ちやんと眼を  力をもつた眼には  部屋へ眼を  歌子は眼を  珠数に眼を  賊も眼を  カンザシに眼を  胸に眼を  ブローチに眼を  美くしい眼に  光君の眼は  伝統そのものにも眼を  狼の眼が  狼の眼の  貸家が眼に  神さんの眼を  ふつと眼を  父は眼を  父は眼  ちやんの眼にも  六十二になる眼の  #嘘つきの眼  まつ赤な眼の  赤な眼の  而して眼を  人々の眼が  旦那の眼を  観音堂は眼と  町方の眼を  文人其者を見る眼を  一家の眼を  人人の眼には  まま遠心的な眼を  劉備青年の眼を  役人は眼を  徐々と眼の  昼ならば眼にも  民の眼を  劉備の眼の  ために眼を  落ちくぼんでいる眼は  さっきから眼を  おれの眼を  劉備は眼を  僧の眼が  怪力を眼に  母は眼を  老いの眼に  張飛の眼には  剣は眼に  無気味な眼の  炯々たる眼は  貌を眼に  劉が眼を  大皿に眼を  都会人などの眼から  玄徳を眼で  大河に眼を  曠野へ眼を  山役人の眼が  人の見る眼は  なみだを持った眼を  障子に眼  顔をそむけながら眼を  冷やかな眼で  父に眼を  法外と眼を  無道に眼を  やみに眼を  口もとから眼を  さまを眼の  二た眼と  三人の眼  中から眼を  弥四郎頭巾へ据えていた眼を  彼娘に眼を  大次郎は眼を  今ごろは眼の  何ものにも眼を  一望に咲き揃っている眼も  片方の眼の  殿の眼に  多喜の眼に  高札から眼を  笑いに眼を  異様に眼を  乱闘に眼を  千浪へ眼を  与助は眼を  六つの眼が  なかの眼を  頭巾の眼へ  出羽守の眼を  出羽守の眼へ  出羽の眼を  片腕を上げて眼を  あいつの眼を  見物は眼を  奥に眼を  二人の眼を  志賀健吉の眼には  菊に眼を  文月巡査の眼が  ブロマイドみたいに眼の  冠ると眼の  小娘の眼で  肩を窄めて眼を  主人の眼を  貴女を見上げた眼が  ヒッソリと眼を  一軒屋に眼を  ウッカリ久蔵親分の眼の  久蔵親分の眼が  大勢の眼の  兄様と眼の  支配人の眼の  兄さんを見送っている眼と  妾を見ている眼の  ヨネまでも眼を  十余名を眼  ロクに眼も  幸福そうに眼を  足跡に眼を  貴方の眼から  露わしつつ眼を  男性として眼  良心に眼  シッカリと眼を  中央には眼も  息を殺し眼を  脚で眼を  お前の眼は  穂吉さんの眼を  パチッと眼を  富の眼も  秀は眼に  乍ら左右前後に眼と  様な眼で  様な眼を以て  光が眼に  紅色の滲んだ眼を  幾度か眼で  金の眼に  小僧が眼に  信玄袋に眼を  袋から眼を  人たちの眼には  襤褸が眼について  紹介状に眼を  悄気きった眼の  仏国革命政府の眼を  機智の眼が  頑愚の眼には  曹操たちの眼の  無気味な眼を  呂布の眼を  大の眼を  窓外へ眼を  蠱惑な眼を  怨みがましい眼を  ほうを眼の  わしの眼を  呂布の眼は  喘息發作に眼が  ざつと新聞に眼を  寫眞が眼に  厭やでも眼に  緊張した眼  無数の飢えたる眼の  韓暹は眼を  君へ近づいたら眼が  恨みのこもった眼の  糜の眼は  ことばに眼を  お互いにしり眼に  ところへ眼を  和やかな眼を  爛々と眼を  馬の眼を  月から眼を  月へ眼を  落ち窪んだ眼を  若者を見詰めている眼の  姿を眼に  下から眼を  婦女に眼を  追手の眼より  彼が眼  空間に眼を  爾の眼が  朗な眼を  窪みの底に眼を  上に横たわって眼を  長羅の眼を  宿禰の眼から  羅は輝いた眼を  すべてに眼を  かおだって眼が  事を思って眼を  落付いた眼とで  顔色をし眼を  守備の眼を  哨兵の眼さえ  武士に眼  愕いて眼を  曹操の眼が  曹操は眼の  近頃は眼も  曹操の眼には  嘴で眼を  士が眼に  おれたちの眼から  貴公らの眼や  わしの眼から  不敵な眼を  人間的な眼を  めぐり合わせに眼を  姿に眼  容易に眼  それこそ蹴飛ばしたって眼を  旅客の眼を  ヨーロッパの眼に  足先に眼を  男の眼には  牝牛の眼の  牝牛の眼に  #牛の眼に  われわれ日本人の眼には  ウィンナ舞踊を見た眼で  商売がら何よりも眼に  併し見た眼に  帆村の眼に  帆村さんの眼に  さに眼を  鳥の眼を  足の眼に  一寸位では眼が  左右とも眼を  お前の眼が  関羽の眼は  何か眼を  弁喜の眼の  そちの眼の  孫策の眼にも  豊かな眼を  曹操の眼を  曹操の眼の  すべて彼の眼に  武勇を眼の  曹操の眼  光が眼を  ここは眼を  爛たる眼を  あれが眼を  彼と共に眼の  玄徳も眼を  識る眼が  好奇らしい眼を  妖怪も出ないだろうと思って眼を  騒ぎに眼を  八蔵は眼を  文字に眼を  私達の眼から  我々の眼に  色の眼を  中に眼を  言葉や眼  緑色の眼を  善良そうな眼を  敵意をもった眼で  碧色を帯びた眼が  馭者へと眼を  帽子を眼  一双の眼の  両の眼とを  彼自身の眼と  心配そうな眼を  焔の眼は  眼と眼との  ムシュー・ドファルジュの眼は  例のやつれた眼が  非常に光る眼を  彼のやつれた眼は  両の眼が  瞬きしている眼で  眼と眼の  黒眼がちな眼とを  彼の眼と  すべての眼が  多くの眼の  体中を眼に  にこにこしながら眼を  事務家的な眼を  好色な眼を  場所に眼を  侮蔑を湛えた眼は  顔の眼と  片手で眼を  甥の眼と  顔は眼を  諒安は眼を  賢こそうな眼を  最下等品の眼の  一と眼に  草は眼を  孫権は眼を  玄徳に眼  夏侯惇の眼から  将たちを眼の  国の亡ぶは眼に  らんとした眼を  煙は眼を  富貴に眼を  群れには眼も  双の眼は  炬の如き眼を  曹操から眼の  憤懣が眼に  大将はぶしつけな眼や  張昭の眼には  魯粛は眼を  敵の眼を  時世をみる眼が  祖母の眼に  祖母さまの眼を  祖母の眼が  風景を眼の  中が眼には  メガホンを眼に  一同の眼の  相手の眼の  桃子は眼を  酒にうるんだ眼が  ページに眼を  凝視の眼を  あなたの眼には  公衆の眼の  恋人の眼で  冬木に眼が  十二時過ぎに眼を  文章が眼に  卓一君は眼に  青年の眼に  しょぼしょぼした眼を  寺田の眼の  真黒で眼の  写真が眼には  洵吉の眼の  女が眼を  ナースチャの眼に  山羊は眼を  肱をついて眼を  項目に眼を  憎悪に燃えた眼を  聖者に眼も  キリストにだって眼や  灸は眼を  二人の眼も  白髪の眼  刀が眼に  銀色の眼を  注意の眼を  銀色の眼の  気が注いて眼を  繃帶に眼を  芳郎の眼は  それにも眼を  花は眼の  芳郎の眼の  だまつて彼女の眼を  花火を眼に  耳ばかりでなく眼も  私は思はず眼を  僕の眼から  真夜中に眼を  百姓には眼も  忠蔵は眼を  背後姿に眼を  巨艦大船は眼の  わしに眼が  最初から眼を  怒り方が眼に  母公は眼で  武将に眼を  耳をふさぎ眼を  放心的な眼にも  一連が眼に  夫の眼を  作者の眼を  作者の眼の  気に眼を  軽蔑の眼で  思つて静かに眼を  教科書にも眼を  天井に眼を  庭に眼を  主に眼  細君の眼が  やつと眼を  京子は眼を  つた家が眼に  夫は眼を  誰の眼に  姉と眼を  照子の眼に  すゞしげな眼を  十八九輪もの眼の  言ふもいはぬも眼の  綾子の眼の  つぶつてゐた眼を  少年へ眼を  何かにつかまらなければ眼が  空へ眼を  そうな眼で  監督の眼を  平吉の眼には  人が眼を  方にばかり眼を  落葉が眼の  いままで閉じていた眼を  頂上が眼の  原は眼に  梢が眼の  底までは眼が  露わな肌を眼の  運命を眼の  家々は眼の  づ驚いて眼を  これも眼を  つて先づ朝顔棚に眼を  皺の寄った眼の  母の眼  建築学研究なんか眼に  夜は眼  一つ彼女の眼に  やうに疑ひの眼を  先に眼  襖から眼を  蜘蛛の眼が  瞼をした眼を  片一方の眼で  鏡台が眼に  相手の眼を  蜘蛛が眼に  僕のにらんだ眼に  一寸も眼が  軍書にばかり眼を  波間に落ちたとみて眼が  これを眼に  関羽の眼を  それには眼も  者と眼を  子をみる眼が  天に眼を  酔人の眼の  顔にくぼんだ眼を  振舞いには眼に  晴ればれと眼を  介に眼を  金に眼が  妙の眼の  助の眼を  八丁堀の眼を  ところは眼を  御用の眼が  公儀の眼を  ここで眼を  詮議の眼を  厳重に眼を  専心に眼を  山城守が眼に  探索の眼を  音松という眼  絃も眼を  鍔に眼を  謡本へ眼を  障子から眼を  事ごとに眼に  窓へ眼の  双の眼で  しきは眼の  六人の眼を  音松と眼が  左右へ眼を  いっぱいにひらいた眼に  末席に眼が  人物に眼を  気になって眼を  忠相の眼が  一同の眼に  耳も眼も  汗が眼へ  妙に眼が  うしろに眼が  八つの眼が  はじめ五人が眼を  庵へ眼を  呶鳴りつけられて眼を  不思議そうな眼を  スッポリかぶって眼だけ  反感の眼を  わたしの眼にも  秋田さんの眼にも  翌日は眼の  横になって眼を  阿Qの眼から  阿Qは眼に  彼等は眼を  尼は眼の  洋先生は眼を  阿Qに眼も  彼に眼を  狼の眼  武家の眼に  混った眼で  瞼の膨れた眼に  さで眼が  ステパンの眼を  異人の眼の  通り碧い眼を  妙な眼で  笑ひの眼で  ジャッキイの眼から  姉様も眼に  唇が眼の  ように感じる眼を  李張の眼が  厳い眼を  #死人の眼を  ものに眼を  自然を見る眼に  一に眼を  婆さんの眼にでも  遠藤の眼には  鍵穴に眼を  妙子は眼を  かすかな眼を  遠藤の眼にはは  朝私が眼を  夕暮に眼  自分には眼に  少年の眼が  様な眼を  眼には眼を  互いの眼と  私の眼にも  日々を眼の  私が憤ろしい眼を  眉根を挙げ眼を  僕の眼には  亂だれて眼の  敏此處に眼を  觸れる眼  六三此金に眼も  猿は並びぬ眼を  碁盤から眼を  物の怪に憑かれた眼を  みな愕きの眼を  老いの眼も  自身の眼の  司馬仲達は眼を  顔ばかりか眼の  ふたりは眼を  冷笑の眼を  孫権は眼  玄徳の眼の  者の眼にだけ  衆人の眼を  クヮッと眼を  穏かな眼  顔むけて眼を  訴状に眼を  古松が聳えているのに眼を  阿古十郎は眼を  割箸なら眼の  まま血走った眼を  顔さえ見れば眼の  表裏へ眼を  ふりで眼の  チリと眼を  二人が眼を  叔父は眼を  局地に眼が  先進国の眼の  人民戦線を眼で  河野氏が眼で  日本にいては眼で  特殊事情を眼で  之が眼で  国粋哲学に眼を  卓抜な眼の  博士の眼は  本に眼を  懐疑の眼を  鮮かに眼に  取締りの眼が  邸に眼を  つぶらな眼で  おれの眼の  敵意を示す眼  僕は眼で  彼らの眼には  白眼がちの眼を  歯を噛んで眼を  凧を眼で  単純な眼を  されこうべなどが眼に  人に眼を  当惑そうに眼を  あなたの眼と  浮木から眼を  切長の眼の  精悍な眼を  くせに眼だけ  耳でも眼でも  新教復興運動を眼の  カントの眼の  所謂家族制度を眼の  そこで眼  一定事物を眼の  観念論を眼の  人間に眼を  サラリーマンという眼に  多彩な眼  大衆の眼には  人間の眼から  兄弟の眼を  まっ黒な眼を  木村博士は瘠せて眼の  白壁は眼へ  僕たちの眼の  驕慢な眼  甲斐守の眼を  板の間にころがされて眼を  藤波の眼  千太は眼の  彼等の眼や  どこに眼の  ようすが眼に  娘やらが眼を  いずれも眼も  御船手役人の眼を  世間の眼は  ょろ松は眼を  暗闇ばかりが眼に  色盲という眼の  被害者の眼に  ことに眼を  君の眼が  右の眼と  右の眼は  両方の眼の  右の眼の  どっちかの眼が  ダリアの眼は  わし等の眼には  予は眼の  器械から眼を  左の眼は  右の眼も  ダリア嬢の眼は  ダリア嬢は眼の  硫酸に眼を  お嬢さんに眼を  アリアリと眼に  長崎屋が眼を  處蚤取眼で  瞬きもせず澄みきつた眼を  ものの眼には  ほうも眼を  夜番の眼を  わしの眼には  姿で眼の  張り番をしたという眼も  助が寝ぼけ眼を  檐から眼を  十吉と眼を  藤五郎の眼の  チラと眼  一つに眼を  連中の眼に  トロンとした眼を  助と眼を  ふたりで眼  悧発そうな眼で  先刻から眼を  ギョロリと眼を  芳太郎さんの眼は  ひとつ三匁五匁という眼の  鮨売にばかり眼を  桜場に眼を  夜でも眼の  奇態な眼を  あたりへ眼を  釘に眼を  急に眼でも  車に乗ると眼が  盲目でも眼が  人々が眼を  船頭の眼からは  少年の眼には  少年達の眼には  羊までが眼を  太郎の眼は  閑太郎の眼を  烏が眼を  斑点が眼に  舵手は眼を  すべての眼に  わたしの眼  ヒルダの眼でも  ようなおどろきの眼で  サヨは眼を  麻畑が眼の  高谷君の眼に  誰か眼を  三人の眼の  加減に眼を  車を下りて眼の  診断書に眼を  崔諒は眼が  姜維は眼に  総帥を眼に  猜疑の眼で  父の眼に  街亭へ眼を  孔明の眼は  雑兵などに眼を  驚倒して眼を  女中が眼を  枝は眼を  敵意ある眼を  明らさまな眼で  おれの眼に  おれは眼を  おれの眼から  耳や眼を  人生を見る眼は  ごとくに余の眼を  畳へおとして眼を  トンボの眼の  帯に眼を  嘉吉の眼の  看板が眼に  つてゐても眼が  電車が眼の  舞つてなか子の眼へ  呆んやり眼を  灰色の眼には  愛の眼  記者は眼を  周さんも眼が  みたいに眼を  誇りに眼  周さんは眼を  ものに眼が  僅に眼を  すべて見る眼  姿とを見くらべて眼を  浜辺は眼も  唐突に眼の  狭山は瞬かぬ眼で  膃肭獣は眼を  それによって眼を  障壁に凭れて眼を  素人の眼にさえ  のさえ眼に  彼の眼で  憂欝な眼を  樣に眼を  奈勃翁の眼に  健の眼が  健の眼に  左眼が潰れた眼の  様に眼を  兄は眼を  喰べた人間の眼  早や眼の  臆病らしい眼を  光に眼が  クリクリした眼で  ポカリと眼を  クリクリした眼の  専門の眼で  無邪気な眼を  恩師なりの眼を  濺げる眼は  悪意の眼が  真実の眼も  そばには眼を  幾たびか眼を  私の眼も  不良少年に眼を  近眼らしく眼の  僕らの眼の  ソフトを被った眼の  左の眼から  左の眼を  方へ眼をや  作品に眼を  今日の眼を  向うへ眼を  瘴が眼が  杉江の眼が  もの静かに眼を  一日経っても眼が  式部の眼の  動作を眼で  彼には眼も  近視の眼を  今度は眼を  聴耳を立てたり眼を  リャボーヴィチの眼の  事を眼に  人間の達しなかった眼に  中では眼が  学者の眼から  店中に眼を  最初平次の眼に  平次の眼と  怨の眼を  かに邪しまな眼を  毒蛇の眼の  右の眼に  膝小僧に眼を  奴の眼から  銀簪に眼を  右の眼を  盡さずには措かない眼を  銀簪で眼を  奴の眼を  簪で眼を  敷臺へ駈け込んで眼を  勇吉は眼を  クワツと眼を  嫉妬に眼が  最初に眼に  綿帽子から眼を  俺の眼の  右の眼へ  人家には眼も  額から眼へ  男の眼が  男の眼に  ふつと眼に  感情で眼に  顔を眼に  八五郎の眼にも  私が眼を  急に果たし眼に  大概一と眼で  驚異の眼で  雇人たちの眼に  一番始めに眼に  頃の眼の  童子の眼を  童子は眼を  しずかに眼を  年をとってるから眼が  單四嫂子は眼を  運命を見透し得る眼が  旅客の眼に  鮮やかに眼に  髪際や眼の  夜寝る眼も  粥河圖書の眼の  気が附きまして眼を  向に眼を  鬼の眼に  黄金色の眼を  金庫が眼に  わしの見てる眼の  署長とが眼  娘の眼には  影を眼の  火花に眼を  不覚にも眼に  ハンカチで眼の  別な眼を  政代の眼に  正午近くに眼を  お前の眼  平次の眼の  葉の眼の  張り親分の眼で  三人は眼を  皆んなの眼の  杵太郎を見た眼の  主人鈴川主水の眼を  普通の眼  常識人の眼から  普通の眼で  国民の眼に  人の眼によ  道義的にみて眼を  現象が眼に  世界としては眼に  世間の眼と  点に眼が  自己の眼  自分の眼だけしか  周囲の眼を  笑ひかける眼を  周囲にさういふ眼を  人間生活を眼  作家の眼は  作家の眼を  盆栽作りの眼でしか  空席に眼を  異性をみる眼が  双方で眼を  理想には眼も  他の眼を  如くに眼が  顔も眼が  やうに眼で  ざとじぶんの譜へ眼を  赤になり眼も  パチパチパチッと眼を  風にあわてだして眼や  残念そうに眼を  かっこうは眼を  野ねずみは眼を  奥から眼ばかり  狐の眼の  越中守は眼を  不思議そうに眼を  逆上いたし眼が  外に眼を  物へは眼も  リンデンとに眼を  夜の眼も  上気した眼を  青銅色の眼を  報告に眼を  陶然と眼を  場合の眼の  瞋恚の眼を  不安の眼を  のは眼  大学へ眼を  丁寧松は眼を  乳母は眼を  鉄之進が眼を  武士へ眼を  前から眼を  乞食は眼を  与力町が眼の  精妙さは眼を  切れ長の眼が  甚内は眼を  左右から抱かれて眼を  外人の眼の  特殊の眼で  見物の眼を  左の眼に  金子などには眼を  地上へ眼を  主税は眼に  紙へ眼を  主税の眼が  主税の眼の  二人の眼と  覚兵衛の眼を  人達の眼に  膝頭を見詰めていた眼を  蒼褪め眼が  恋に眼の  飛田林覚兵衛が眼を  皮肉と嘲りとの眼を  星の入っている眼を  八重さんばっかりに眼を  葉は眼を  厭な眼を  あやめは眼を  主税の眼に  妾などへは眼も  税は眼を  涙の眼を  それに眼なども  庭木は眼の  好奇心で眼を  藤八猿は眼を  敏感なる眼より  心の眼の  潤のある眼を通じて  要求の眼より  自我は眼を  盲が眼を  世間の眼から  懷疑者の眼から  口も眼も  冬に眼が  物音で眼を  幸ちやんが眼でも  それが眼の  渡だけに眼を  子供が眼を  其處だけに眼を  方を眼  龍吉は眼を  今迄よりは眼に  龍吉が眼を  好奇の眼が  智の眼を  Appetitの眼を  慈愛の眼を  山と眼の  立場から眼の  當分それに眼を  世の如く眼の  我等が眼を  まじめな眼  恥かしめる眼で  松崎は眼を  馬琴の眼には  深見進介の眼の  陰鬱な眼を  彼の眼にも  猜疑の眼を  化学者の眼に  火花としては眼に  火花として眼に  誤りが眼に  確かな眼で  涙を浮べた眼で  声を聞いて眼を  事業を重んずるの眼より  厳然と構えて眼を  深刻気な眼を  虚空に眼を  深刻な眼を  起として眼の  微風が眼の  自分の眼も  つもりの眼で  淫蕩的な眼を  意外らしく眼を  ほかの眼に  読者諸君は眼の  小僧は眼が  候補生の眼に  私も眼の  豚を流し眼に  一人に眼を  げな眼を  世間の眼について  僕自身の眼に  君の眼を  君の眼と  自己とを見る眼に  交游の眼に  汝の眼を  求むるところなき愛の眼を  さうな眼は  輝やかしい眼を  云ふので眼を  ちよいと眼を  識者の眼に  青蓮の如き眼を  村人の眼に  旅人の眼の  今町では眼の  履物も眼に  話じゃが切ってしまって眼が  のは眼が  ろしい眼  渡し口に眼を  横面を打ったから眼から  おやまは眼を  灰が眼に  中に眼  私が眼  八方へ眼を  水司又市も眼は  市は眼が  村人の眼を  それを眼の  多可子の見る眼の  政枝の眼は  政枝は眼を  彼女の眼だけは  速水女史の眼に  一つしか眼の  薬師様には眼の  戦場で眼を  権五郎が眼の  一方の眼を  軍に出て眼を  泥鰌に眼の  天狗様が眼の  魚の眼だけを  鮒の眼に  大蛇が眼を  真中に眼の  大蛇の眼を  神には眼の  葉で眼を  ぐみで眼を  鳩の眼に  弟の眼に  弥五郎の眼に  間は眼を  神の眼を  権五郎の眼を  瞬きせざる眼を  盲いたる眼で  外に向うべき眼を  顔を眼  一盃毎に眼を  踊りに眼を  一端を眼にでも  厳格な眼を  自分の眼では  困惑の眼ば  矢庭に眼  貪慾な眼を  妻が眼を  見聞の眼を  図私の眼の  私は眼の  うつろな眼の  文字を眼で  涙にぬれた眼を  ことを考へると眼の  救いを求めているらしい眼を  藤川が眼を  二人に眼を  太郎右衛門は眼に  あとまで眼と  作者のおどろきに見はられた眼と  夫の眼の  対って眼は  気味合で眼の  叔父様が眼を  のなどを眼に  化物の眼を  四つの眼に  子規の眼の  自分たちの眼で  とくに眼を  俺の眼が  自分から眼の  浜子の眼から  母親だという眼で  継母じゃないかという眼で  きゅうに眼を  緑に眼を  老の眼は  鳥禽の眼にも  觀念の眼をと  恐怖に眼の  人達の眼にも  夫から眼を  女から貰った眼の  好奇心に眼を  上等兵の眼は  彼等の眼は  群集が眼の  玉が眼に  痴呆性の眼の  傍の眼には  叔母の眼を  筋や見た眼が  軍人の眼で  世間の眼を以て  憎悪の眼を  批判の眼を  相手に眼を  女の眼には  ような眼は  欧米人の眼から  人生を観る眼が  官憲の眼が  彼等の眼に  僕が眼  いつか日本人の眼に  光景が眼に  旅行者の眼に  籠めた眼  詐欺師の眼  小川が眼に  薔薇に眼を  歴史的な眼から  呆けた眼に  ものを見る眼の  凡て自分で眼を  急調に眼を  評価の眼は  花が眼に  夕暮富士とが眼を  坊やの眼を  ところの眼や  ツマリ独逸人の眼から  一同の眼は  書類に眼を  平造の眼の  文学を眼の  私共の眼の  先へ眼を  囲へ眼を  現在に向って眼を  未来に向っても眼を  何かが眼を  常子は眼を  常子の眼には  充血した凹んだ眼に  笹尾は眼に  笹尾の眼の  時の眼の  笹尾は眼を  父の眼から  年を取るほど眼が  疲労とを知らぬ眼の  時彼の眼に  矢島さんが眼を  矢島さんの眼を  腫れ眼瞼の眼は  松葉で眼を  青年は眼を  令嬢の眼の  私の眼や  欣びとの眼を  そうになるまで眼を  首の眼を  活字を眼で  妹の眼が  爛々たる眼で  狂猛な眼の  スヴェンの眼に  靄が眼に  火焔の眼を  頭髮が眼に  頭髪が眼に  閉ぢた眼を  ぢっと眼を  われらの眼の  つぶらなる眼を  ときの眼  独学をする眼の  光線をあびて眼を  まつ毛一つも動かさない眼を  喉をつまらせ眼を  庭先に眼を  一番先に眼を  悪魔が眼の  鉄鎚で殴ると眼が  叔父が眼を  者が呆れた眼を  左右の眼を  あとで眼を  タン場を眼の  中から潤んだ眼を  ウッスリと眼を  事で眼を  ふり返った眼の  彼女が眼  序に寝ぼけ眼で  蚊よ眼を  寝床で眼を  通行人の眼を  あいだ彼の眼を  女中の眼の  ゲストの眼は  憎悪の眼で  アッタスン氏の眼を  手紙を眼の  ハイド氏を見ると眼を  枕元の眼  期待で眼を  驚嘆の眼を  シヅは眼を  いつしよに眼に  お前が眼を  ばつた表情が眼に  豚の眼と  ように嘗めながら眼を  蟇口を眼の  声で眼が  船酔らしく眼だけ  ように眼で  海に眼を  髪の毛や眼の  漁夫の眼が  拇指を眼の  腕で拭いながら眼を  何んぼ眼の  高は眼の  種は眼  彼方此方に眼を  一行の眼は  葉に眼を  切れ長の眼  あちこちへ眼を  壁に眼を  久美は眼に  何者かの眼  魚の眼  自分の眼にも  福井の眼にだけ  魚の眼の  サンスュエルな眼を  特別な眼で  末期の眼を  嘘も眼の  老大家の眼と  玄人の眼と  観察する眼に  志賀直哉の眼の  搖り起されて眼を  寢汗をかいて眼を  涙の眼で  銃を持ち血走った眼で  気が変って眼の  爪を眼で  肩を抑えて眼を  時の眼が  一群に眼を  鳥に眼を  乾きが眼にも  吸い殻が眼に  吸い殻が眼について  さをの眼が  今まで上ずった眼で  みさをは眼を  みさちゃんは眼に  ビックリして眼を  チエ子さんは眼を  泥棒の眼の  頭をぶって眼を  我々が眼に  我々の眼の  家が眼の  素足に眼を  気持で眼を  #女の眼が  処はないかと思って眼を  気もちで眼を  変化を見極めようとする眼は  現象に眼を  ものを思へば眼をと  仔山羊の眼  サッキから眼を  鮮やかに濡れていて眼は  清水の眼に  ぼんやりとした眼  清水の眼には  西村の眼には  跡が眼  鯉の眼に  天神の眼を  女達の眼を  無慙さが眼を  之を見て眼  良一は眼を  影が眼の  川村さんの眼には  情景が眼に  新たに眼  鈴とは眼を  猫は眼を  椋鳥は眼を  椋鳥に眼も  横手ななめに眼を  そこらを眼で  一度に眼に  据らないで眼が  細君の眼の  エストミンスター・アベーが眼に  円が眼に  はずだと認めるだけの眼を  作者の眼に  近侍の眼から  小説を読んだ眼から  妙な眼を  様子にも眼を  臼井の眼が  二つの眼で  やうで眼ばかりが  真相から眼を  我々の眼や  気配がしたので眼を  空へと眼を  猫の眼の  荘子の眼に  あとの眼を  腕を措き眼を  汝が眼の  お爺さんは眼を  不審そうに眼に  信頼の眼で  憐憫の眼で  彼女の眼にも  澄代の眼が  岡野は眼を  片野さんは眼を  宙に眼を  変化に眼を  片野さんは眼も  そちらへ眼を  手指が眼に  男性の眼から  人形だけしか眼に  偶人の眼が  何時までも眼を  神妙に眼ば  突嗟には眼を  画家が眼に  初学の眼には  絵は眼の  あとは眼の  万理小路は眼を  内外人の眼に  笑ひを眼の  傍人の眼には  しらふの眼で  耳を覆い眼を  君の眼に  客間を覗いた眼を  決意を眼に  彼の眼では  あいだに眼を  みんなの眼を  伯父の眼の  面に眼が  店員に眼  怪漢の眼から  徹夜をして血走った眼を  署長は眼の  青谷は眼を  男女が集まって騒いでいるのに眼を  胆を潰して眼を  事実に眼を  作者が眼に  裸体が眼について  尼御前にいはれようとした眼  ものとして眼を  不思議そうな眼で  時私の眼には  興味の眼を以て  端ッこまで眼を  それらに眼を  駕籠が眼の  男が眼の  先輩の眼は  供の眼から  間から眼を  食卓越しに眼を  動物の眼と  大尉は眼を  芳との眼とが  首に眼が  怪訝そうに眼を  両の眼も  水を浴びてすくっと立っている眼の  恨みの眼が  豹一の眼が  師匠の眼に  棗の眼を  剣であったとみる眼も  はつとして眼を  表札に眼を  今彼らの眼の  片一方の眼の  冷い眼の  ことが眼に  野趣が眼に  青葉に慣れた眼が  忿怒に眼を  二つの眼だけ  喜悦を眼に  睫の眼を  守蔵が眼を  物音に驚かされて眼が  おしまいだと思うと眼の  憧憬の眼を  ものに眼  十九ときいてあきれかえって眼を  ちょと眼を  小屋が眼の  庵が眼に  のか眼を  仏像は眼の  下へ眼を  そぶりに眼を  顔をふせて眼を  つた夜が更けてゐた眼が  空を眼を  縁側に寝そべつてゐる眼を  妙に眼について  われわれの眼には  ことを止めて眼を  譲は眼が  潤ひのある眼を  譲の眼は  少年は眼を  ぐつたりとしたなりで唇も動かさなければ眼も  やうに眼も  魚の眼を  主婦の眼は  心と眼とを  土地馴れない眼には  讓は眼が  潤いのある眼を  讓の眼は  唇も動かさなければ眼も  ように眼も  一つ彼等の眼を  竹一は眼を  お前に眼を  青葉に向って眼を  所謂俗物の眼から  愕然と眼を  首をあげ眼を  天体の眼と  子の眼は  彼女のかがやく眼の  グラッドロンの眼が  ざめ切つた眼の  菊さんの眼の  北村さんの眼は  物が眼の  菊さんは驚いて眼を  茎に眼を  顔が眼の  自信マンマンたる眼の  変テコレンな眼の  オシッコも眼が  ピストルに眼が  あっし等の眼の  フイッと眼を  悪魔をさえ眼を  つぎに眼の  人は眼の  一生懸命に眼を  風潮に眼を  顔に眼が  不眠の眼を  黒では眼  視の眼を  顔へと眼を  動物から眼を  馬鈴薯を頬張りながら眼を  無関心な眼で  みよはふいに眼を  活動小屋が眼に  谷山と眼で  俺の眼に  歯をくいしばり眼から  落著かぬ眼を  爛々たる眼を  警官の睨んだ眼は  彼は眼が  幾千万の眼が  彼は眼  警官の眼も  のが眼を  今まで眼を  かくは急いで眼を  丹治は眼に  情愛が眼を  書信に眼を  心地で眼を  うち開いた眼の  姿を見ると眼を  腹に眼を  狆が眼を  時雄二の眼に  雄二の眼には  雄二の眼の  やうな血走つた眼と  水島は眼を  水島の眼は  一緒に眼の  途中で眼の  人の眼で  気持ちを考えながら眼を  われ知らず鍵穴に眼を  鍵穴から眼を  近眼らしい眼から  旅僧は眼を  俊夫君の眼は  小田さんは眼を  額に眼を  紳士は眼を  青年ボーイは眼を  ビックリしたらしく眼を  巨体を起して眼の  老人の眼の  本人が眼を  一部分が眼を  わたしは眼に  先生の眼から  いまわたしの眼に  あれへ眼を  堤へ眼を  わたしの眼へ  わたしたち女の眼を  わたしたちの眼が  水でもって眼を  清新な眼を  ちやんと眼の  姿が眼には  ボッと眼の  島子は眼を  陶酔的の眼  恍惚とした眼  娘さんは眼を  文学的な眼や  誰かに眼  ホンノリと眼を  加十の眼には  悪戯らしく眼を  朦朧たる眼で  加十の眼にも  皇帝の眼の  加十と眼に  官憲は眼を  夢を見ているかと眼を  一人は眼に  見え群衆の眼は  無数の眼に  署長室で眼を  豪華絢爛に眼の  笑子と眼を  あんたの眼から  一と眼で  下を隠して見ると眼や  俺の眼は  写真の眼は  ウムと眼を  酒月と眼を  山木は眼を  工合に眼が  色白な眼の  花は眼を  陰気な眼を  陰気に眼を  真名古を見ると眼を  縁に眼を  私服には眼も  葉巻に眼を  一室で眼を  慴然と眼を  警視庁に眼と  真名古の眼の  半眼に眼を  窓も眼に  読者諸君の眼にも  張りのある眼に  窓から眼を  顔で眼を  あいつら岩井の眼を  ふうで眼を  幸田は眼を  腕組みをしながら眼の  岩井は眼に  今でも眼から  引繰り返って眼を  少女の眼で  跡に眼を  方へ血走った眼を  加十は眼を  様子で眼を  印東と眼を  上で眼を  胸さきに眼を  秀陳は眼を  ウットリと眼を  面目なげに眼を  視氏の眼を  真名古の眼を  大急ぎで眼を  真名古は眼を  額にも眼の  霊活な眼を  真名古の眼に  ようにあわてて眼を  まま先刻から眼も  現在己れが眼で  ダイヤモンドに眼が  ハリのある眼に  面持で眼を  不意に眼を  キット寅造と眼を  こちらも眼で  斜視がかった眼は  誰からも眼を  武田さんの眼を  底まで見透す眼  監視の眼が  母子の眼を  時間に眼  夜明けに眼が  女に見せぬ眼を  洗いづくりは見た眼の  八方に眼を  小石に眼  畫家の眼と  我々の眼から  安岡の眼は  方の眼だけ  方の眼だけで  グラウンドには眼を  空な眼は  安岡が眼を  逸子の眼には  戸外に眼を  財布に眼を  上から眼を  男が眼を  顔には眼も  気配に眼を  馬の眼は  馬の眼には  いつまでも眼で  茶は眼にとっては  色は眼を  物好きそうに眼を  不機嫌そうに眼を  石は見えぬ眼で  怜悧そうな眼を  小鳥の眼の  遊び仲間を眼の  動作に眼を  唯一つの眼しか  一つの眼をしか  一つの眼  真っ赤な眼を  お前の眼で  一つの眼が  今一つの眼は  明りが眼の  恐怖に充ちた眼を  容子に眼を  空虚な眼を  Alcott女史の潤んだ眼は  帷を引張って眼に  方の眼で  物に眼を  寝不足な眼を  唇が眼に  其方ばかりを眼ば  小刻みな眼ば  獰猛な眼を  底濁りのした眼の  句は眼から  私は眼で  有様を眼の  人情味が眼  僕の生きてゐる眼の  生徒の眼には  どこか眼も  警察官の眼には  脾腹や眼の  夢を眼の  清吉は眼を  彼はつむっていた眼を  内儀の眼が  八重子は眼を  口と眼とを  建築を視る眼  後天にのみ注げる眼は  らこれを讀む眼を  田上の眼には  影が眼に  斯んな眼を  信長秀吉の眼の  家康は眼が  一鉄の眼に  力足を踏んで眼  氏郷の眼からは  憂虞の眼を  者の眼には  様子を見て取ろうとする眼は  政宗方の眼の  眼と眼に  嘆賞の眼を  鶺鴒の眼の  者の眼から  利家の眼は  其大脇指に眼を  ものかと眼を  小唄で眼を  極度に細めた眼に  勢急な眼ば  僕等は眼ば  ふじ子は眼を  廣太郎の眼に  眼には眼で  彼は眼こそ  神を眼の  情熱的な眼を  帆村荘六の醒めきらぬ眼に  帆村の眼は  仁慈の眼を  順造は眼を  右の眼が  左の眼とを  腹部に眼を  右の眼だけで  没表情な眼を  憫然と眼を  腹部から眼を  一度に眼へ  秋子が眼を  底光りのする眼で  視線から眼を  幾度も眼を  枕頭に坐り込んでも眼を  秋子は眼を  母親に似て眼から  腹が眼の  順造の眼に  不気味な眼の  順造は見かねて眼を  手付が眼に  心の眼を  後を眼で  順一は眼を  本箱が眼に  上目がちに眼を  闇黒に眼が  真黒な眼が  微笑を眼の  君さんの眼には  私たちは眼を  光に眼も  みよ子は眼を  みよ子の眼が  特務曹長は眼の  向うの眼の  色とに黙って眼  山脈を眼の  景色が眼に  強盗強姦犯かの眼に  婆さんかの眼に  顔とが眼の  僕の眼で  鼻を越えて眼の  狐の眼が  権力のみを眼の  彼が眼には  一双の眼が  事だから眼に  双の眼に  蜘蛛の眼の  ウィリアムは眼を  ウィリアムが眼を  ウィリアムの眼の  玲子は眼を  息を切らして眼が  ことを眼も  何処かに眼か  特別の眼で  世間の眼ばかり  子供らしい眼の  ことを眼の  上品な眼は  蜂を食って眼を  母はつぶっていた眼を  母の眼を  母の眼じゃ  相場づけに眼を  物ぐるいの眼に  生馬の眼を  三角型の眼が  初乃に眼を  何れ人の眼に  いつ迄も眼  車窓にもたれて眼を  足に眼を  日に眼と  夜は眼が  右の眼  怪船から眼を  それと眼  ほかからうたがいの眼を  破片で眼が  母さんは眼を  うちに眼を  加来は眼を  歴史の眼によって  神秘な眼が  凡ての閉じてる眼を  風貌は眼  先生の眼は  惡に燃えた眼で  自然に眼が  観客の眼に  鳥の眼の  探偵の眼を  憎悪に眼を  妻から眼を  夫を血走った眼で  臆病そうな眼  こちらの眼の  疑惑の眼で  三人の眼は  さに眼が  元はうるんだ眼を  ぢいつと眼を  顔は眼の  被告の眼は  一番先に眼に  事おれは眼が  客も眼を  いつでも眼に  ジャガイモが眼の  半びらきの眼へ  新吉の眼には  一般旅行者の眼に  何時でも眼やにの  片方の眼からだけ  片方の眼ばかり  余の眼の  皆気の毒そうな眼を  十二時に至りて眼  居士は眼を  批評眼以外の眼を以て  我らの眼には  居士の眼が  極りわるげに眼を  目的が眼に  愚しい眼を  華やかな眼  鼓動で思はず眼を  水の眼  声におびやかされて眼が  熱心な眼  晝間も眼を  女の眼も  介抱の眼を  端座して眼ば  樽野は思はず眼を  廻つて来て眼が  塊りへ眼を  無邪気な眼  ために眼が  夜中でも眼を  両手で眼の  興味に充ちた眼を  活字だけに眼を  半信半疑の眼で  偶然彼の眼に  いつでも眼の  それは眼で  一般の眼に  私でも知らず知らず眼に  病後の眼を  愕ろいて眼を  灰いろの眼から  びつくりして眼を  間我々の眼の  頭腦と眼と  奇異の眼を  われ等の眼には  誰かの眼が  泥棒の眼  眉毛と眼との  彼れの眼は  ほうた眼は  一つの漂う眼の  出来事を眼の  人間の眼にも  それっというので眼を  みどりいろ眼  愚弄の眼は  茫然と眼で  処女の眼の  ハンケチを眼へ  灰色の眼を  市民は眼の  記者の眼に  ハンカチイフで眼を  ルウスは眼を  筋の眼を  ルウスの眼には  僧が眼を  家族の眼を  独自の眼を以て  追憶の眼に  力任せに眼とも  上に眼が  渋谷博士の眼と  老人のうるんだ眼を  あなたの眼に  奥の眼  敬助は眼を  天井板が眼に  敬助は驚いた眼を  残忍な眼  慶子は眼を  上につっ伏して眼を  残忍な眼と  君は眼を  寂寥を感じて眼を  いつまでも眼の  其処に眼を  今度気が注いて眼を  女の眼  上へあがって眼を  王は眼を  瞼にきたかとおもうと眼が  王は眼が  王が眼を  兄の眼からは  朦朧とした眼の  王の眼の  秋月が眼に  兎の眼の  私の眼よりも  彼女のただれた眼を  空腹に眼  表情で眼を  往来へ出ている眼の  黒目を据えて眼を  景色に眼を  ことが眼の  据った輝いてる眼とを  病的に光る眼で  髪に眼を  一瞬間でも眼を  私は驚いて眼を  今日も眼を  文字が眼を  瞠つてゐた眼を  奉行の眼が  暫らく眼と眼とを  六尺ほどの眼の  余の眼を  景色を眼の  鶉は眼を  砲丸が眼の  断片に眼を  滅多に眼に  高粱とを眼の  煙管が眼に  景色が眼の  向うから眼の  東京ものの眼には  樹が眼の  市街から眼を  五六分休んで眼を  彼等が眼は  汝の眼には  万福は眼を  気が附いて眼を  視線のきまらない眼で  コンスイから眼を  苦痛にひきゆがんで眼が  空襲を受けて眼を  モーローとした眼で  恐怖のまじった眼で  妹さんの眼の  星に眼を  俊子は眼が  旅人の眼には  理智の眼が  ものは眼の  季和は眼が  婆さんの眼と  #和の眼が  無理に眼を  季和の眼に  ものだと思って眼も  季和は眼を  口元や眼には  甲で眼を  主人の眼が  ヒョイと眼を  外国人の眼には  箱が眼に  一マイルとは離れていない眼の  奥に聞えたらと眼で  顔をそむけたり眼を  ゴール入りの眼  商人の眼は  吉原は眼を  他人の眼の  義男の眼には  みのるの眼に  云つた義男の眼は  光つてる眼を  みのるの眼には  直ぐに眼を  みのるの眼は  みのるの眼の  みのるの眼から  俯向いた眼に  みのるは眼を  愛嬌に富んだ眼を  拾へば眼だけで  人生を視る眼が  そこに眼に  形が眼に  神は眼に  火事などは眼の  人間は眼が  私などの眼の  メカイという眼の  狐には眼が  竜次郎の眼に  此方を睨んだ眼の  屹と眼を  十平太は眼を  愁然と眼を  心を落ち着け眼を  土人の眼には  ジョンの眼の  ジョン少年は眼を  人間の眼という  回復せず眼も  誰か側に来たので眼を  はつきり私の眼に  主人も眼を  時私は眼が  心の眼が  見張りの眼を  警戒の眼も  文さんは老いた眼に  涙につりこまれて眼を  頭を包んで眼だけ  女性群と眼を  反射に眩まされて眼を  催促の眼  宮坂は眼を  今度こそ眼に  想像の眼で  三度も眼を  瞑目した眼を  女も眼を  客が眼を  ぼくの眼から  繁夫の眼を  繁夫の眼の  顔の眼の  劫火は眼の  仙波氏は眼を  死者たちが眼の  羊みたいな眼に  中に眼の  向うの眼を  少年の眼は  少年はあわてて眼を  そつと眼を  少年の眼を  妹娘は眼を  みんなさりげなく眼を  鼻を打ちつけんばかりに眼を  ガッと眼を  媚を含んだ眼を以て  氷袋がすべって眼が  処は眼も  子供の眼は  様な眼は  緊張した眼の  子供達の眼を  子の眼に  親切と見分ける眼を  私を見た眼を  風の音に眼を  鯛の眼の  満足の眼で  支考の眼の  誰の見た眼にも  何時か眼の  観察的な眼で  まわりや眼の  マダムは眼を  覚悟で眼を  少女は眼にも  コップを眼の  干物には眼も  体質の眼の  今の眼の  異様な眼の  中で見た眼に  その他何によらず出来るだけ眼に  場合に眼  輪郭が眼に  竜の眼の  芝山の眼は  帆村の眼が  嫌疑の眼が  餅が眼に  金に眼を  不審そうな眼に  ルミに眼  方には眼も  昂然と眼を  森源の眼を  新たな眼を  問屋役人の眼の  宿を眼の  中間どもに眼  勇作の眼には  久松の眼には  阿部さんの眼の  男も眼の  ふた組は眼の  夫婦の眼は  皆んなの眼に  両親の眼に  鬼の眼から  三人の眼が  わたくしの眼に  わたくしどもの眼に  師匠の眼の  わたくしは眼が  竊と眼を  侍は眼を  男の眼から  私どもの眼から  容易に眼の  圓い眼と  時私の眼を  靜に眼で  それに眼と  アンガスは眼を  汗を流し眼を  八つの眼の  静に眼で  五時前に眼が  高知で眼に  明け方には眼が  女を眼の  ときに眼に  女の眼を  娘の眼が  娘は眼に  娘は眼を  今まで眼に  花だけ眼の  節で眼を  態度に眼が  口も眼の  ハンケチで眼を  娘の眼を  お母さんの眼からは  優美に眼に  瞼を伝って眼が  翌朝は眼を  母は眼に  よに眼が  彼女は眼に  涙がつぶった眼から  感激の眼で  姉は怯えた眼を  泪が落ちくぼんだ眼の  姉が眼を  恰度私の眼の  貴族が眼を  現在私の眼の  耳と眼を  者の眼にも  酔漢を眼に  記録に眼を  人間が眼で  真空光電管の眼で  平太はだまって眼を  急に眼に  彼女銀子の眼に  青年が眼を  手拭で眼を  ものの眼を  茶色の眼だけは  まつが眼を  与平は眼を  千穂子が眼を  雨で眼に  千穂子ははっとして眼を  千穂子の眼を  真赤な眼の  いたいけな眼に  老人の凹んだ眼の  刺戟されて眼が  幾の眼から  町の眼に  半巾を眼に  看守の眼を  五郎の眼の  ツと眼を  獲物を眼の  女房は眼を  虎や眼  妻にも眼の  少年少女の眼には  途中を眼  今日の眼からは  だれを垂らし眼は  きれいな眼を  顔へ走らせた眼の  殊勝らしく眼を  さんの眼は  ぼんやりと眼の  顔や眼だけが  かたの眼  坊ちやんは眼の  奥さんの眼を  出はいりに眼を  古島さんの眼に  昌作は眼を  達子は眼を  達子の眼に  好意の眼で  俄に眼を  昌作は慌てて眼を  隅々まで眼を  猫の眼が  金三の眼にも  童子の眼の  ふしぎそうに眼を  眼と眼とで  影としか眼に  われわれは眼を  自分も眼を  油井の眼が  自然を見る眼を  材料の眼  殆機械的に眼を  冷酷な眼で  一本ずつ眼を  仁介の眼を  多数の眼  らんらんとした眼を  襟に眼を  お婆さんは眼を  風景に眼を  ようにして眼を  機械的に眼を  心境に眼  私は眼も  軍国主義者等から眼の  三木の眼は  新らしい眼と  杜松は眼を  貴様の眼には  それを寝かせば眼を  父さんの眼の  頁へ眼を  助は眼を  平岡は酔った眼を  下に眼の  言語動作を眼の  例の眼を  瞬間に眼が  助の眼には  屋根に眼が  どろんとした眼を  不愉快な眼を  評家を眼の  点々として眼を  それが眼  助に眼と  色彩として眼を  この間歌舞伎座で眼に  一頁も眼を  二時間程眼を  表へ回れと眼で  三千代の眼の  時三千代は眼の  普通よりは眼に  未来を眼の  平岡は眼を  それは眼の  試験官の眼で  梅子は眼を  不可解の眼を  香を眼の  三千代の眼は  如くに眼を  五十年を眼の  侮蔑の眼を以て  上を捩じ曲げて眼を  のが眼の  寐惚け眼を  封筒が眼に  気の毒そうな眼を  助の眼の  否や眼が  助の眼は  所を見る眼を  国者が眼に  ころが眼に  そうになる眼を  横へ眼を  静の眼の  一時に発して眼が  父親の眼の  向うに眼を  悒悒した眼で  いつか母親の眼の  方向に眼を  穏やかな眼を  お父さんの眼を  るいさんは眼の  何うかして眼を  苦笑と共に眼を  あちこちに眼を  まん丸な眼を  水甕が眼に  仁木は眼も  腕を組んで眼を  粉で眼を  軽蔑の眼を以て  少年私の眼に  切れ長の眼を  ジッと眼を  ように眼か  先を眼で  少年時代の眼に  晩成先生は眼を  人間に眼の  呆気に取られて眼ばかり  面構えから眼を  豹の眼  明盲の眼じゃ  甲虫に眼を  様な眼に  カチヤとを眼の  らの眼から  態度で居るかと思って眼を  舳に眼を  警官には眼も  海上へ眼を  警官に眼で  怜悧な眼でと  光代の眼には  真弓に眼を  種の眼を  羊の眼の  康らかに眼  理智の眼で  窩んだ眼で  海ばかり見てゐると眼の  微笑を眼に  真弓の眼に  何か探してらつしやる眼が  真弓は眼が  真弓の眼や  一わたり新聞に眼を通して  指を眼の  真弓は眼を  暫らくは眼を  支へて眼を  皺は眼に  人々の眼から  熱のある眼を  づ真弓の眼に  有つて彼女の眼を  恢復が眼に  五郎の眼の  熱心な眼で  断崖に眼を  無造作に眼を  観光日本が眼を  望月を見た眼が  流れに眼を  鶴雄の眼を  岩波文庫へ眼を  それには眼を  千枝子に眼を  ゲラ刷に眼を  女中は眼の  宮子の眼は  弓子の眼は  京阪電車が眼の  活字から眼を  鶴雄の眼は  汗をかきながら眼を  うしろ姿が眼に  小田は眼を  半殺しの眼に  翌朝小田は眼を  亮作の眼は  世間の見る眼も  皆んなの眼は  背中で眼を  嫌やな眼を  扉口に眼には  勝気らしい眼に  真赤に泣きはらした眼を  皮肉な眼を  憎しみの眼を  彼の眼  畢ると眼を  黄いろな眼を  母親たちの眼は  一人が眼を  ハンカチーフを眼に  ぼんやりと眼に  金網の眼から  塩鰯の如き眼  謹厳なる眼を  うつかり眼に  物を見る眼が  こと半途にして眼を  旭は眼が  突出して眼を  人の眼にのみ  母君の眼に  達磨の眼を  海から眼を  眞白で眼に  島民の眼から  神のさだめと眼を  目賀田は眼を  怒りが眼の  陰欝な眼を  暗がりに眼を  大塚さんは眼が  彼女を眼の  夫婦らしくないと言った眼  自分で眼を  大塚さんは眼に  真白で眼に  上には眼を  シナ墨を眼の  全集を見ると眼に  仮名を混ぜると眼で  形を眼で  さまざまの眼を  今日の眼で  代りに眼で  検閲官の眼が  落ち凹んだ眼の  息をつめて眼を  先生の眼に  高瀬の眼に  障子などが眼に  周囲だけでも眼に  子安は眼を  口を開くやら眼を  二人の眼に  学士の眼は  その他三人の眼に  中に眼ばかり  側に眼を  種々な眼に  げんの眼に  げんの眼にも  危くて眼を  げんの眼から  さだの眼は  病室に眼が  誰かの眼に  彼らの眼は  識自分の眼の  解放しているのに眼が  拙者の眼が  若党の眼に  書面へ眼を  丹造の眼は  雨に敲かれた眼に  売薬業者の眼の  眇眼の眼も  いまおれの眼の  さと眼の  彼の眼のみに  卿曹の眼に  必要に眼を  砲弾が眼の  時代を眼で  アリアリと眼の  提灯が眼に  見え刮いた眼に  悲憤を眼に  兇悪な眼が  ぎよツとして眼を  読者の眼を  態度にも眼の  明晰な眼を  おでん屋に眼の  妻も眼を  方に向けている眼は  方の眼は  俗人の眼より  ミクロスコピックの眼にて  かくのごとき眼より  日本政府の眼より  下までずつと眼を  輝きのあふれた眼  そこまで眼を  粗雑な眼を  彼らの眼が  正直な眼  地べたに眼を  心が眼の  牛の眼を  しめやかに眼に  そうな眼の  吾人の眼に  乙には眼は  あなたに眼を  兇器は眼に  有様に眼を  私へ眼  闇に眼が  隣室で眼を  山川正太郎は眼を  山川正太郎の眼を  上原稔は眼を  静かな眼が  好奇心は眼を  顔や眼の  さきは眼で  くめに眼  鼻紙を出して眼を  科人の眼の  わたしに眼を  二つの眼では  涙を含んだ眼の  監視する眼が  光景がかれの眼の  違つてゐるのに眼を  地面に眼を  スマラグド色の眼と  空想家の眼は  邪氣さが眼に  此の眼で  声が聞えたので眼を  それは眼が  まっかな眼の  霊媒女は眼を  彼のかすんだ眼に  輪廓をすら眼の  顔も眼に  重臣共の眼から  勝の眼から  顔触れを眼に  蓮は眼の  頬へ眼を  炭火へ眼を  牧野の眼には  彼女の冴えた眼の  幕へ眼を  景色が眼には  艶いた眼を  婆さんは眼は  蓮は眼を  侮蔑の眼の  審査員たちの眼に  君の眼で  懐疑的な眼で  容姿には眼を  好奇心を眼  耳に眼を  程に眼を  窒息に眼  きりと眼に  五分の一ほど眼を  健三の眼には  姉の眼には  健三の眼に  子供の眼にも  健三が眼を  彼は黙って眼を  活字に眼を  健三の眼には  健三の眼から  血と輝いた眼を  細君の眼に  偶然健三の眼を  父を眼の  昔も眼の  慚愧の眼を  険悪な眼と  時健三の眼に  健三の眼を  火屋から眼を  一句を眼の  神の眼で  細君は眼を  細君の眼は  紙入に眼を  細君の眼からは  貴夫の眼から  同情に充ちた眼を  腹を眼の  同情の眼を  己の眼は  平生彼女の眼に  書物を眼の  不平に対して眼に  仏壇から眼を  姿などが眼に  佗びしさまで想像の眼に  傍観者の眼にも  事の出来る眼を  人が眼に  微かに眼を  意味のある眼を  公平な眼から  名刺に眼を  何でも眼に  写真にうつっている眼  夜が来ると眼を  顔を視詰めていた眼を  涙で濡れた眼で  一対の眼で  活溌に眼を  枕についている眼の  感謝に堪えない眼を  莞爾ともしないで眼を  注目ともつかない眼  両方とも眼が  空洞の眼を  不安げな眼で  一寸でも眼を  自尊の眼を  笑つて慎ましやかに眼を  靴下に凝と眼を  先で眼の  容易に眼が  カリと眼を  泉水に眼を  彼女達の眼を  仕事が眼の  細作の眼を  伝右衛門の眼を  特別に眼に  人類へと眼を  方が見た眼にも  光で眼が  ヴィクトールの眼から  巡査の眼の  強盗の眼に  ガニマールとは驚いて眼を  ピストルは眼の  時二人は始めて眼と  ルパンの眼は  少年の眼の  少女は眼を  みんな国王の眼の  風に眼を  坂が眼の  二人は眼と  ルパンの眼の  懼えた眼を  耳と眼の  良心の眼  敏感な眼を  母に似て眼が  妻の眼に  涙にぬれた眼で  永久に眼を  良心に眼か  場面が眼に  夫の眼が  罪には眼を  けりの眼の  燃ゆる眼で  せん望の眼を  憤怒に眼  私などの眼から  それを眼で  作者としての眼の  蹲踞むと共に眼を  露子さんは驚いて眼を  真赤にして眼に  碧い眼に  窕子も眼を  父母の眼にも  窕子の眼から  涙を溜めた眼は  呉葉は眼に  窕子の眼の  窕子は眼を  等の眼の  窕子の眼には  中が眼の  兼家は眼に  窕子の眼は  きりと眼の  呉葉の眼に  呉葉の眼からは  登子の眼には  嫉妬の眼で  窕子の眼からは  兩方の眼から  そつちの方に眼を  登子の眼が  あたりの眼を  此方を見てゐる眼に  姿から眼を  方へと眼を  窕子が眼を  言つた窕子の眼の  窕子の眼にも  時あたりの眼を  花に眼を  窕子の眼を  それと眼に  つくりと眼を  誰れの眼にも  面喰って眼を  作に泥んだ眼で  茶色の眼を  為体に眼を  馭者は眼  箇の眼は  半ば閉じたる眼を  欣弥の眼は  拳を握りて眼を  愁わしかりし眼は  私情の眼を  全部に眼をと  煙が眼に  彼特別な光りをもつ眼を  光井の眼の  昨今自分の眼を  重吉の眼の  さのある眼を  彼女の眼や  余は思はずも眼を  妻の眼の  伸子の眼に  頭でっかちで眼ばかり  考えに捕えられた眼で  伸子が眼を  熱にうかされた眼で  人間に眼と  伸子の眼の  声や眼に  輝きのでた眼で  伸子は眼を  伸子と眼を  心が眼を  声と眼とを  涙をためた眼で  論説欄に眼を  裏のもつ眼は  効果を眼の  幻滅も眼の  点だけに眼を  真実を見る眼を  盲目の眼  #進歩の眼  モラルの眼  文学の眼  現実観察の眼に  客観的な眼で  少年少女達の眼は  老婦の眼からは  人の眼などといふ  いふ意志や眼といふ  わしは眼を  汗が眼には  寿子の眼と  寿子の眼は  仮面の眼の  不思議な眼  助の眼も  身分をさとられずに眼を  帆村の眼の  人間性に放つ眼は  原稿が眼の  ときに眼を  烏啼の眼の  金博士の眼が  犯人の眼の  時警部の眼は  朝井刑事は眼を  王女の眼には  猛獣の眼の  空に輝く眼の  怪物の眼  悪魔の眼  悪魔の眼の  柱が眼に  張達は涙ぐんだ眼を  阮東が眼を  明りに浮んだ眼の  僕等の眼に  瞼のたるんだ眼を  彼を眼で  涙に光る眼を  口と眼に  夜なかに眼を  花も眼に  事ごとに眼を  ものは眼をば  光にやった眼を  店も眼に  時計に眼を  謙作の眼は  男に眼を  赤濁りのした眼が  女優に眼を  銚子を眼で  呼をしてから眼を  潜在的で眼に  円みがあって眼が  山根さんの眼を  寝不足らしい曇りが眼に  南さんは眼を  駭然として眼を  上目使いに眼を  隅に眼を  いつまでも眼を  友人等は眼を  奥に眼の  英子は眼を  顔色に眼を  有吉は眼を  人へ眼を  #相手の眼に  恵ちやんの眼が  仕事をさせられて眼を  奴等の眼を  鮮やかに眼も  手も眼も  馬は眼から  予が眼に  湯豆腐を眼の  さっきから眼が  花が眼を  片端も眼を  向上の眼を  妻の眼から  高柳君の眼に  道也先生の眼には  耀やく眼を  道也の眼に  読者の眼に  三四人の眼が  魔力ある眼の  器械的に眼を  茫然として眼を  述作をして眼が  汗で眼が  なかで眼が  たびに眼を  夫婦の眼に  友達と眼の  圧倒せられて眼が  輝やく眼が  高柳君の眼は  膝頭へ眼を  当時の眼  先に眼に  身体を眼の  二重瞼の眼は  世界でも眼の  ウームと唸りながら眼を  公平な眼を  真白に眼を  非道い眼に  者は喚び起して眼の  直ぐに眼に  私と眼  後姿を眼の  処に眼を  ハンカチから眼を  二三十の眼が  妖艶な眼の  言葉付きと眼の  二人の眼には  一挙一動にまでも眼を  高らかに笑い出しながら眼を  学生にとろんとした眼を  短気らしい眼を  ギョロリと光る眼で  標語に眼を  狭山氏の眼を  二十分ばかりして眼を  興味を感じたらしく眼を  紙面から眼を  ろしい眼に  暗殺者の眼を  興行が眼  オペラグラスを眼に  それは眼  見物一同の眼は  無茶な眼に  皿が眼に  気が付いてみると眼の  蔓が眼も  宇宙間には眼で  頭蓋骨の凹んだ眼に  事実に対して眼を  ストーン氏は伏せていた眼を  ろっとした眼  失望したらしく眼を  ストーン氏の眼の  髑髏に眼を  何かしら眼を  大変な眼に  突立っている眼の  ゴンクール氏の眼は  手に取り上げて眼の  反射的に眼を  吾れにもあらず眼を  中から眼も  それは眼に  緋色の眼は  氏の眼には  私が眼の  方へは眼も  裡に眼と  ぼんやりとなって来た眼の  感心したらしく眼を  言葉に眼を  実が眼の  刺戟で眼に  弟の眼には  朝燒けにすき透り眼を  羽をふるひ眼の  つて獨り眺めてゐると眼に  加へず眼の  花處女袴に眼を  一つの眼の  らには見るも眼の  煙管へ眼を  劇しく眼ば  描法とが眼に  三木の眼に  伯楽は眼の  青木の眼を  様は眼を  恰好が眼の  毎朝六時に眼を  毛並から眼の  何処かで眼に  マルクスの眼には  マルクスの眼に  無情にも眼の  不覚にも眼を  小屋が眼に  潮沫で驚いて眼を  群れを眼で  コン吉に眼で  涼しげな眼を  審判官の眼に  勝景も眼に  猟師の眼にだけ  粗朶の煙りが眼に  彼は眼に  子供の眼には  耳を立て眼を  酒に眼の  おれ達の眼には  黒めの眼には  鉈に眼を  臆病な眼が  意地わるな眼に  ひさが眼に  まつさきにおちかの眼を  顏からは眼を  底翳が眼に  窓により眼を  うちに眼の  ものだけが眼に  内部に眼を  存在を眼  家に生れながらおちかは眼に  機嫌は眼に  さは眼を  親の眼から  わたしたちの眼から  漆黒な眼を  叔母は眼を  あなたの眼の  母の眼の  主人からは眼を  時の眼に  外記の眼に  ことに眼の  親類の眼にも  綾衣の眼にも  綾衣の眼には  天井を仰いでいた眼を  母子は眼を  十吉に眼  小雀の眼に  疑いの眼に  菱屋の眼は  家来の眼の  五郎三郎の眼からは  柄に眼が  これで眼の  五郎三郎も眼が  五郎三郎の眼には  時の眼には  菱屋の眼が  綾衣は眼が  顔を見て眼で  表に眼を  腰の物に眼を  人びとの眼を  半次も眼か  勝利は眼に  方へ眼も  涙を眼の  高木君は眼を  陽気に眼を  揶揄的な眼でしか  熱心に眼が  朝松石君が眼を  夫婦は眼を  顔になって眼を  彼の眼より  巌稠しては眼を  キヤバリオルの眼より  久助君の眼を  はつきり久助君の眼に  まち子は眼を  石村の眼を  石村は眼を  奥から眼を  青木は眼を  丸田は眼を  四十年輩の眼  三十歳位の眼の  殺気を帯びた眼に  戸を閉めるのに眼を  水の上へ眼を  幻想となって眼の  甍が眼に  さまを眼に  乗客の眼の  身を浮べて眼を  がたが眼に  ぼくたちの眼に  宇宙服の眼の  兼好法師の眼に  兼好の眼と  兼好の眼は  フシアナの眼で  鬼の眼によ  不動の眼によ  人間を眼によ  一つの眼によるに  人間関係を見る眼の  如何に眼を  けた様に眼を  そこにある眼は  自分を見る眼の  花に眼の  建物が眼に  一箇所に眼を  事実から眼を  はつきりと眼を  狐の光る眼が  背後に眼を  男の凹んだ眼の  裸体女が眼に  間誰の眼にも  われわれ青年の眼を  直上して眼を  女の子の眼に  二つばかり眼ば  丁坊を眼の  丁坊は眼を  とき丁坊の眼に  愕きの眼を  意外に眼を  丁坊の眼から  老婆が眼を  滝が眼を  あたりを揺り動かされて眼を  滝の眼が  光のある眼の  のではあるまいかと思って眼を  一の眼に  刃尖に眼を  仰向けになって眼を  滝は眼を  拍子に眼を  息をつめて眼ばかり  馬の眼の  秋子の眼は  吉川機関手は眼を  別ても眼  傍で見る眼の  園は眼  さへ眼に  心を眼に  園を眼  鹿子はきよろりと眼を  運びに眼を  事では眼が  がた寝かけた眼が  天にや眼も  音では眼は  #馬庭念流の眼  妻の眼は  義夫は眼を  懷疑の眼を以て  ことは眼と  生徒の眼が  いつか男の眼からは  地平線を眼の  等の眼には  ように眼が  俊夫君は眼を  木村さんの眼の  木村さんは眼を  八の眼からも  険のある眼と  気持で眼に  朱実が眼を  そこで眼を  杉は眼を  足へ眼を  血になった眼を  沢庵が眼を  卑屈な眼を  殺気に燃えている眼  沢庵の眼の  途端に眼ば  大悟の眼を  悲壮な眼を  殺気に燃える眼を  建物を血ばしった眼で  生々した眼を  自分の眼まで  懐疑的な眼  ジャパン・アドヴァタイザーを眼に  十吉の眼の  十吉の眼に  氏は眼を  はるやうな眼  彼女の眼  書類から眼を  殊には眼の  微笑を含んだ眼  婆さんの眼の  ものに眼に  いま花の眼に  飮んでは眼を  人に眼  連続して欠かさず眼を  凱旋兵の眼には  間から寝ぼけた眼を  お母さん達の眼には  變な眼を  柔和な眼  搜ぐるやうな眼で  掌を眼の  雖も眼を  ざまを眼に  失望したらしい眼で  最後に眼を  豁然と眼が  つぶらな眼も  発奮すべし眼を  朝まで眼を  左側の眼の  ギロギロと光る眼は  のなれは眼に  却つて芸術家の眼で  飢ゑてゐる者の眼には  法水の眼は  杏丸の眼に  床上に眼を  室内で眼に  ように重なり合って眼も  貴女の眼  鹿子さんの眼に  鹿子さんの眼には  喫煙に眼が  友達の眼が  白っちゃけた眼で  述懐めいた眼を  俺たちは眼の  藤次は眼  甲は眼にかどを  又八の眼の  がたが眼の  通の眼が  慢心の眼が  ッとした眼を  藤次は眼を  清十郎の眼を  何事かと眼を  好奇な眼を  文字へ眼を  城太郎の眼にも  城太郎の探す眼の  木剣に眼を  ジイッと眼の  一同の眼が  ままの眼を  日観の眼を  城太郎の眼の  衆の眼を  子供の眼と  死神の眼に  殺戮に眼が  柴田から眼を  カーッとして眼が  辺を見まわしていた眼が  室内を見まわした眼が  上を眼で  印刷物を見ていた眼を  正面から見ながら眼に  私たちが眼を  双葉と眼を  憎悪のこもった眼を  せい子に眼を  俺達が眼を  僕等が眼を  手斧に眼を  隠居の眼は  智な眼が  これだから眼が  宗蔵が眼で  心地を眼で  実の眼が  雪の眼に  三吉の眼に  言葉で眼に  書生の眼を  象を眼に  相違が眼に  曾根は眼を  柔嫩な眼は  直樹は涙ぐんだ眼を  下婢が眼を  種の眼から  豊世の眼を  種の眼に  自分の眼でも  彼女の瞑った眼には  涙が眼の  商売女には眼も  徐ろに眼を  外に眼に  これは眼には  誰も眼を  観客の眼を  私たちの眼から  のばかりが眼に  泡が眼に  管理部の眼に  老いたる眼に  フロックコートなどは眼に  唐獅子の眼を  梢にのみ眼を  軽蔑の眼は  木に眼を  三平の眼は  五図から眼を  鮓に眼  句を得て眼を  一方の眼だけが  お手本が眼の  本質に明かな眼を  猫の眼を  赤井の眼は  猜疑警戒の眼を  雖も見る眼を  僕自身の見る眼  黒痘痕の眼も  凡てあなたの眼に  虫は眼を  印が眼に  ように思われる眼の  見物の眼と  公衆の眼に  周囲の眼が  不信の眼で  武帝の眼を  皆なから眼を  中でも眼に  菊の眼も  他人の眼から  菊は眼を  熊の眼からは  一時間おき位に眼が  なつた眼の  寺男ははっとして眼を  出家庵粥飯僧の眼は  暢気をさらけ出して眼を  簷に眼を  真澄は眼を  のではないかと思って眼を  叔母の眼が  真澄が眼を  指に眼を  銘々に眼を  ような眼が  生々した眼で  鎖に眼を  腹が眼に  涙で眼が  本から眼も  活字が眼に  神学生は眼を  神学生が眼を  流れが眼の  セイカンな眼が  笑い顔が眼に  パパの眼に  珠子さんがあわてて眼で  不意打ちを喰って眼を  膝について眼を  パパが眼を  遠くから眼で  あたしに眼も  ことにして眼を  おじぎをしたり眼を  チビさんに揺りおこされて眼を  パパと眼を  ひとの眼に  両手でもちあげて眼に  感じで眼を  アメリカ人は見た眼にも  折目のついた眼に  八十個の眼が  フレッドさんは眼を  フレッドさんの眼の  ジイグみたいな眼の  あたしは眼を  先任参謀の眼が  ッと眼が  われ空にむかひて眼を  頭も眼も  中で眼の  ものが眼を  気配で眼を  相手の眼は  屍体から眼を  山城は眼を  爺さんは眼を  不快な眼  独特な眼が  武者修行の眼は  武者修行の眼が  武者修行の眼  金銀に眼を  ところまで眼が  一行が眼に  諄々と眼を  眉端は眼  清十郎の燃えている眼を  唖みたいに眼を  七名は眼を  途端に眼は  恟々たる眼  良平が眼に  二つの眼だけが  武蔵が眼を  馬子は眼を  武蔵は眼を  群れの眼を  裏から眼へ  らんらんとした眼に  通の眼の  障子に眼の  ノオトから眼を  ふりをして眼を  女給には眼も  づつ女の眼を  槇子の眼を  梓さんの眼は  二人とも眼を  顔じゅうが眼ばかりに  沈鬱な眼  そうな眼  枕を置き直して眼を  白熊の眼の  佐伯氏の眼が  左手をいそいで眼の  ほうを眼で  キャラコさんの眼を  ぶんの眼を  兄の眼の  正太の眼は  延は眼を  房ちゃんが眼に  俊の眼からは  俊は眼の  延の眼を  姪の眼を  姪の眼の  下婢は眼を  俊の眼に  雪は眼を  額と眼とで  達雄さんの眼が  姉弟の眼に  雪は眼の  三吉が眼を  雪は眼で  老人は酔った眼で  やつが眼に  湯気で蒸された眼ばかり  対話が眼に  女の眼で  母親さんの眼の  三吉は眼が  種の眼は  神経質な眼で  労働者の眼を  豊世に眼で  老婆の眼が  二人とも眼が  方面にのみ眼を  科学者の眼をも  四人の眼を  文芸に眼を  象の眼を  方面へ眼を  潮して澄み渡った眼に  科学的智識に眼を  智識から眼を  野獣性が眼  ものの眼  イヴォンヌさんの眼を  敬意のまじった眼  ゆくえを眼で  レエヌさんの眼の  レエヌさんの眼から  緋娑子さんの眼の  冷淡に眼を  母堂の眼に  壁にもたれて眼を  妾が気が付いて眼を  繰り返し考えながら眼を  図などに眼を  間を眼  ボクさんから眼を  二書に慣れたる眼を  自然の眼には  空を見あげたりしてゐる眼の  彼女は憂ひに満ちた眼で  余五郎の眼も  汗が眼に  忠利は眼も  意外な眼を  不安な眼が  他人の見た眼の  武蔵の眼を  武蔵の眼の  欣びの眼を  武蔵の眼に  生き物の眼  自分を見る眼にも  光を帯びている眼  伊織の眼の  二ツの眼の  沢庵も眼を  密かに眼を  姿を眼で  死骸などが眼に  菩提に眼を  慾望に眼が  菩提の眼を  舞台へ眼を  陶酔している眼では  武蔵自身の眼へ  之に眼を  翌朝私が眼を  唇を噛みしめて眼を  稍静まったので眼を  正気づいて眼を  気がついて眼を  つぶらに眼を  君が眼  一方の眼に  ジロリと眼で  上原青年は眼を  互いの眼を  家族たちの眼が  眼鏡から眼を  長男らしい眼の  帆村は眼を  彼は眼ば  腕ぐみをして眼を  炯炯たる眼を  首だけだして眼を  左翼的な眼で  九兵衛と眼を  マツチを見送つた眼で  元気な眼の  互ひに光る眼で  徳利に眼を  方に眼をや  墓石を眼で  雪の眼は  香代が動かないので眼に  夢でも眼の  ときまでに眼を  恋人の眼をのみ  正次の眼を  箭を取ったが眼を  正次の眼の  井山という眼の  光を帯びた眼で  習慣の眼が  船艙に眼を  線に眼を  東屋氏は眼を  小野田さんは眼を  わたし達は黙って眼の  幼少な眼に  それらの眼を  校長の眼の  方に光る眼が  凄味で眼を  小欲で眼の  けんそんな眼  アンポンタンの眼に  唐画が眼に  明月で眼を  道頓堀川へ眼を  水で眼を  足をつけて眼を  金色の眼が  老人の眼は  通りに眼を  例の眼も  格天井に眼を  妹娘が眼を  官憲の眼を  鉱山主の眼に  切れ長な眼を  ポウッと眼の  今から眼の  水門に佇んで眼の  蔵書にも眼を  自身の眼で  新聞雑誌に眼を  肢体が眼の  手を上げて眼の  父母の眼を  女と眼が  息切れが眼  本から眼を  さで眼も  点々と眼に  左手遥かに眼の  さだけが眼に  郵便なんぞ眼も  魂飛び眼  六蔵が眼を  野原に立って眼を  秀造さんは眼から  おのある眼  悟道の眼を  少年の眼から  闇夜を眼を  足元に眼を  兵庫の眼は  丑之助の眼には  くやし涙を眼に  伊織も眼で  微笑の眼を  労りの眼で  花など眼に  僧正のうなずいた眼を  老母の眼の  がたへ眼を  様を眼の  左の眼  谷間谷間を眼の  侍が眼を  佐渡は眼を  隈にまで眼を  さり気ない眼を  伊織の眼は  裏藪から眼を  近所界隈は眼を  かなつぼ眼という  定着せられた眼が  心の眼は  祖母の眼を  前垂れを眼に  法印さんは眼の  品も見る眼が  玄蕃が眼を  鼻と眼  歴史の眼を  時分から眼を  近所の眼が  明瞭した眼を  ソフト帽を眼  モナ・リザに眼を  生活を眼の  枕頭につっ立って眼を  晴々とした眼を  柔和な眼が  夕刊を読み終えた眼を  変に眼を  評価の眼が  観客の眼の  説明を聞いても眼が  映画の眼を通して  観察者の眼を  點に眼を  爛々として眼の  後者の眼で  美に向って眼を  彼等の眼から  並ならぬ眼と  美に眼を  民藝品への眼をこそ  茶人達の眼に  美が眼を  因襲の眼にとっては  人を見る眼が  光線が眼の  四方八方から眼に  影を眼  新規な眼  フケを眼に  彼は眼だけで  イヴァン・ペトローヴィチが眼だけで  きららかな眼が  荒寥としてゐて眼に  其光線が眼の  魯鈍な眼を  猜疑の眼などを  私は眼や  ハネ返されて眼を  右側の眼を  視開かれた眼の  奥さまは眼を  由三は眼を  恟ツとして眼を  ハツキリと眼に  ツて眼の  由三の眼には  やうな眼だけは  ものとを見分ける眼を  そうな光った眼を  己れの眼  今迄眼を  ことも眼に  燐の眼を  蛾の眼に  底光りのする眼に  斜視の眼が  新生寺さんは眼を  木山の眼に  塚本夫人は眼を  木山の眼を  一点に眼を  歴史の眼で  自分を見つめている眼  自分を見いる眼が  自己の眼が  そこから眼が  変に眼  ガラス鉢に眼を  大晦日を眼の  うち凹む眼  燃ゆる眼に  恋慕びと君吾燃ゆる眼も  彩も乱れて眼も  態度から眼を  和尚の眼に  うちから眼が  アクの利く眼の  今に眼に  反対に眼を  三郎の眼から  理知を眼の  博奕打の眼に  容色に眼を  現実を見る眼の  他人の眼には  絶望的な眼を  ことばかりが眼に  人生を見る眼が  饒舌が眼に  文次郎の眼には  街に出ばって眼を  のか眼の  黒吉の眼の  観衆の眼の  黒吉の眼を  黒吉の眼に  亢奮して眼を  誘惑を覚えて眼を  黒吉の眼は  遙か眼の  左の眼ばかり  芽に眼を  涙の出る眼を  しりをつとめていた眼の  凡俗の眼には  鼻と眼の  襲はれて眼を  奴が眼を  吾輩の眼から  朝になったら眼を  一名残らず眼を  呑兵衛ドクトルも眼を  知的の眼で  感情の眼で  冷酷の眼で  臆病が眼を  知的な眼で  公衆の眼から  だれの眼にも  一方の眼で  観照の眼を  批判の眼は  冷笑の眼で  狂暴な眼が  不安の眼で  逃げ場を失って追いつめられた眼の  犬の眼が  イヨイヨ驚いたらしく眼を  体で眼を  検疫官の眼を  留吉の眼は  時に眼に  地蔵眉の眼が  桃色の眼の  勾欄へついて眼を  鳳仙花が眼に  運轉手の眼に  あたしの眼にも  縁端まで連れて行って眼の  泰文の眼を  善世は眼の  坪井の眼は  蔦子は眼を  梟の眼を  蔦子なんかには眼も  汪紹生は眼を  汪紹生の眼の  水面に眼を  敏活な眼の  喫驚した眼で  柳秋雲の上に眼を  呂将軍の眼も  柳秋雲の眼が  荘太玄は憐れみのこもった眼で  感心して眼を  忍藻の眼の  手匣へ眼を  山岸に眼を  君たちの眼から  何分にも眼が  伊佐子さんの眼の  童子が眼を  眺めが眼の  念想が眼の  骨が眼に  発見する眼を  谷間田は眼を  微笑の眼の  泡に眼を  父は眼やにの  寝顔に眼を  船員の眼が  直吉は眼に  野心に眼を  出来事に眼を  双眼鏡から眼を  巴里人の眼を  涙が眼が  口と眼を  多くの眼が  からだは眼に  牛の濁った眼が  座辺に眼を  シェパードは眼を  三行に眼を  冬さんの眼の  娘に眼を  四時頃から眼が  上から陰った眼を  横わって眼を  夢を見ているなと思って眼を  一番自分の眼を  彫刻を見る眼が  平生から眼の  夜が明けると眼が  嫌でも眼に  年寄は眼が  今は眼が  仰天の眼を  畏怖の眼を  俺の眼からは  酔の眼を  ものだといふ眼の  大尽の眼を  ペン先に眼を  西洋人の眼に  切品ばかりが眼について  それから眼を  頬を崩し眼に  乍ら涙の浮んだ眼を  爲めに眼の  憔衰した眼に  上で眼が  #赤ん坊の眼の  畏怖の眼  自分は眼を  處で眼を  親愛の眼で  隊長は眼の  彼は血走った眼を  嘴も眼も  一挙手一投足にのみ眼を  揺れを感じながら眼を  一角の眼を  丈八郎の眼は  丈八郎の眼が  宿酔の眼  乾分たちの眼が  岩質に眼を  声で眼  実が眼に  武家の眼を  猿が眼を  猿どもは眼を  光のある眼に  間に眼が  お互いの眼と  一心斎が眼の  真赤にして眼は  主人が眼を  わしが眼で  弾正の眼からは  仕儀になるは眼に  少年に眼を  島田虎之助は眼を  容も眼の  みんなの眼が  みどりの眼には  達人を見分ける眼が  二人そろって眼を  死魚の眼の  こいつの眼には  子の眼が  午後に眼が  頼りない眼を  ポツカリと眼を  髪の毛に眼を  隆造の眼の  痺れも忘れて眼を  フツと眼を  与八の眼をさえ  浜は眼が  包みに眼を  風呂敷に眼が  夜が明けきらないのに眼が  雑草雑木が眼の  理解とが眼に  驚ろいて眼が  緑平老の眼に  赤子つぶらな眼を  仕事は見つからない眼に  大の眼で  獰悪な眼の  兵馬の眼の  物音に眼を  七兵衛の眼も  枝が眼を  井村は眼に  刀を取り上げて眼の  溝部に眼  与八の眼には  一隅に向って眼を  平山五郎がふいと眼を  財布に眼が  七兵衛の眼を  室子は眼が  母親の眼にも  樣な眼で  冷かなる眼を以て  神経質な眼を  影から眼を  図に眼を  蝶さんに眼を  大つぶな眼を  船長は眼を  自分の眼は  面の眼の  兵馬の眼は  金蔵は眼の  金蔵は眼を  血が迸って眼へ  鍛冶倉は眼へ  武士は眼に  豊の見た眼に  紳士が眼を  警部補は見る見る眼を  切れに眼が  婦人が眼に  政治的な眼で  これまでは眼の  二つの凹んだ眼が  何という眼  乃公の眼を  親爺は坐っていながら眼を  わたしは跳び上って眼を  今も眼の  証拠が眼の  貴女は眼が  支那人が眼を  そいつが眼を  十一人の眼の  浪士たちの眼から  火影に疲れた眼を  人相書に眼が  お化けを眼の  方に向き直って眼を  豊の眼に  昔の眼で  拙者の眼は  烟に眼を  罰で眼が  金蔵の眼が  金蔵は眼に  曲り口に眼を  向うも眼を  船が眼の  久野は眼を  久野の眼には  お前等みたいに眼の  充血した眼は  恭三の眼に  批評とは見える眼  顏から眼を  腫ぼったき眼に  眉毛から眼へ  嫌な眼で  近所中で眼を  少年の眼にも  気を眼に  誰もの眼が  様子を眼の  帰には寝惚けたる眼の  隙見したる眼の  プラスに眼を  硝子玉の眼を  姉は眼を  遠景に眼を  僕が眼を  黒猫の眼の  新芽が眼に  一座の眼は  真直ぐに眼を  ムクの眼は  兵馬は眼を  兵馬の眼と  年はとっているが眼は  お玉の眼に  のは眼を  人は眼が  俯向いて眼を  身体に眼を  兵馬の眼から  んは眼に  圭太は眼を  異様な眼を  わたくしたちの眼には  生徒たちの眼に  それを眼より  立像と化して眼を  大勢の眼が  社会を眼に  公卿の眼は  漢書へ眼を  なにも眼を  太郎には眼の  細やかな眼を  近侍して眼にも  土岐左近の眼  突として眼の  漠と眼を  牝鹿の眼の  渡良瀬川を眼の  筆ぐせを眼に  四つの眼で  かなつぼ眼が  赤橋守時へ眼  冷静な眼で  きょろきょろする眼の  高氏の眼  右馬介の眼は  藤夜叉の眼は  緑は眼を  敬虔な眼を  メロスは眼に  仕事に疲れた眼を  釘隠しが眼を  つもりであったが眼に  助の眼が  七兵衛の眼が  殿様の眼にだけは  がんりきの眼は  がんりきの眼と  同情の眼を以て  上人の眼は  ような眼では  上人の眼が  用意に眼を  太鼓に眼を  ムク犬の眼が  君は眼の  医者様が眼を  米友は眼を  身ぶるいをして眼を  死身になり果し眼にな  時に眼を  尋常ならば眼を  清水などが断えず眼の  わしは眼が  わしが眼にも  前には眼が  お前は眼が  君は眼が  金銭に眼を  先には眼が  一同も眼を  方を向いて眼を  わたしも眼から  ほかには眼が  爛々たる眼を以て  娘の眼の  例の眼で  正面へ眼を  行人が眼を  代官松は眼を  老人へ眼を  手代とが眼に  売卜者の眼に  君江は眼を  女煙術師を眼で  供につれて眼の  浪人の眼の  武士の眼の  紋也の眼には  蝮の眼  紋也の眼の  返辞もせずに眼を  虚の眼が  嘉門の眼に  紅色をのぞかせて伏し眼を  空虚の眼を  紋也は眼を  一ツ目小僧の眼の  敵方の眼  誰かが眼を  恐怖に怯えて眼を  瞳へ眼を  一人へは眼を  八方へ向かって眼を  蟋蟀へ眼を  お前さんの眼から  四辺へ眼を  フト横を向いて眼を  うちに眼に  空地へ眼を  上ハンチングを眼  涙にうるんで居た眼は  青葉は眼に  ようでございましたが眼が  小道具などには眼も  米友が眼を  絹の眼には  がんりきも眼が  道中は眼が  がんりきは起き上って眼の  わしの眼は  冷やかな眼  二人の眼から  病人の眼から  鎧戸に眼を  鳶色の眼の  言葉もかわさず眼も  志村は眼を  彼女は眼で  久木未亡人は眼を  駭然と眼を  人情の眼から  法律の眼から  天の眼からは  十兵衛の眼は  活馬の眼を  ギロリと眼を  庵の眼から  はんの眼でも  左の眼か  #右の眼か  ネレた眼を  私の眼にさえも  左翼的な眼を  現実認識の眼が  ところに眼を  米友は眼の  杖を眼にも  人足の眼と  太閤の眼から  怪訝な眼で  無礼を憤って眼と  執拗に眼を  幾つも眼の  先きに眼に  先づ私の眼の  先づ毎朝此処に来て眼を  方で眼を  上の空に眼を  ことには眼も  樽野は眼を  樽野は眼の  正吉は眼を  眠らんで眼を  面が眼の  釣り上った眼の  みな相当の眼を  支配様を見ている眼の  小林師範役に眼を  貴殿の眼でも  曲者の眼に  二度目に眼を  小林は眼を  面を見ると眼の  わたしの見た眼に  市五郎は眼を  つてわれわれの眼には  夫の眼に  三木雄の眼は  まま忠之の眼の  淵老人は眼を  まま茫然と眼を  ギリギリと眼を  真赤に染めて眼を  側女たちが眼を  何んでも眼を  喫驚した眼を  一時人の眼を  画に眼の  二つの眼だけを  理智的な眼が  疑いの眼で  底から眼を  薫は眼が  西園寺内大臣の眼の  六波羅の眼を  眉や眼  要心ぶかい眼を  警固の眼の  父貞氏の眼を  栄耀に眼が  鎌倉御家人どもの眼を  声に眼が  佐々木道誉を眼で  重態を眼に  隅へ眼を  義貞の嫉みが眼  藤五の眼は  者たちの眼を  予感を眼に  六波羅の眼に  二人が眼  労りの眼を  菊王が眼を  場が眼  不自由なるが眼に  冴かに眼に  写真から眼を  屋敷から眼と  お松の眼は  能登守は眼を  幸内の眼に  ボンヤリと眼へ  時ばかりが眼の  大手を振って眼の  陀竜王の眼の  爛々と光る眼に  火鉢へ眼を  蘭書から眼を  疲れが眼の  ハットを眼  ヒサの眼に  フシ穴の眼によって  未亡人の眼を  玉目三郎は眼を  方を眼を  獲物は眼と  鹿の眼が  玉目三郎の眼が  手をついて眼を  阿賀妻の眼を  怪訝な眼を  邦夷の眼を  阿賀妻に眼を  ものの眼は  灰色の眼が  手と眼に  典の眼の  阿賀妻は乾いた眼を  阿賀妻は眼を  阿賀妻を見ると眼を  彼らは眼を  ぱッと眼に  漁夫なりにうなずいて眼を  一秒と眼を  松岡の眼に  典の眼を  松岡は湿んだ眼を  落ち着きはらった眼  松岡の眼が  大野順平は眼を  灰がかった眼で  空気が眼に  はるかに眼を  忙てて眼を  なかで濡れた眼が  大野順平に眼  さを覚えて眼を  前で眼を  例の湿んだ眼を  阿賀妻のくぼんだ眼が  声に向って眼を  満足した眼を  大沼喜三郎に眼を  碧い眼が  黒田の眼が  番頭も眼を  羅卒は眼を  駭きの眼を  堀は眼で  阿賀妻はくぼんだ眼を  ことだけでも眼の  米村は眼を  家族に眼を  雪やぶに馴れた眼を  主人は眼を  ヂツと眼を  文吾の眼の  言はれる眼で  一和尚さんの眼を  文吾の眼は  ハツと眼が  先づ驚きの眼を  嘲笑の眼を  源右衞門は眼を  兵隊が眼に  島が眼に  笑いを含んだ眼で  ぐりぐりする眼で  こっちへは眼も  そこは眼の  夕刊に眼を  新聞紙が眼に  巨大なる眼の  希望が眼の  四人の眼の  玉太郎は眼を  ラウダの眼は  玉太郎が眼を  みんなは眼を  ダビットの眼は  玉太郎の眼は  ケンの眼には  ケンの眼にも  熱狂的にあおいでいた眼を  底光のする眼を  つてから眼を  壁へ眼を  心持になって眼が  形も眼には  #貪婪の眼  銀様の眼の  そなたの眼から  釣り上った眼で  人は眼を  結び状に眼を  ムク犬の眼の  ことの出来る眼の  いやでも眼に  お松の眼には  刷物を眼から  ところで眼を  見物の眼に  用心して眼を  自分の隠れている眼の  しるしに眼が  ウロンな眼で  おれたちの眼の  学芸欄などに眼を  がちの眼を  新聞にでも眼を  芝居になれたものの眼から  一番に眼に  書物に疲れた眼を  銀様は眼が  赧らむ面が眼に  一時沈黙して眼を  一種異様の眼を以て  それらには眼も  色をして眼を  そこから眼を  不審げに眼を  才助の眼も  晩も寝ていない眼を  兼すら眼を  利巧そうな眼を  好奇心が眼の  白髪頭を上げて眼を  酌に来ても眼で  平馬は眼を  石竹色に染めて眼を  植え込みに眼を  侍の眼から  仇と狙う眼の  息を切らしながら眼を  涙の浮かんだ眼で  平馬の眼に  薬研を眼よりも  厦高楼は眼の  今日は眼の  額を集めて眼の  南条は眼を  俺の眼  七兵衛の眼の  二人を見据える眼の  みんなの眼は  神尾主膳の眼に  米友に眼が  次兄の眼を  家中の眼を  呆然と眼を  裏を見抜く眼が  つても眼を  柔和さの現れたうるみのある眼を  はつきりした眼で  結び目が眼の  方が眼に  きよろりと驚いた眼を  庄谷の眼に  庄谷の眼が  庄谷の眼から  新聞紙から眼を  今泉の眼の  徳次の眼の  碧い眼や  信頼にみちた眼で  造の眼は  稍かすんだ眼で  房一の眼を  練吉の眼が  呆然とした眼で  房一の眼の  父親の眼を  病人は眼を  張りのある眼だけが  側だけの眼と  黒瞳がちな眼を  いがくり頭ときよろりとした眼とを  徳次はきよろりとした眼を  張りのある眼を  光束が眼を  そこは眼を  捕吏の眼を  胸に眼が  左の眼より  権三の眼の  二人へは眼を  柳斎の眼  六波羅放免の眼は  暴風雨に眼が  遠心的な眼を  尼は眼に  時機は眼の  一顧の眼  殿上の眼も  日満の眼は  近習の眼が  頭に眼が  狹い眼で  人達の眼は  顏から離して眼を  お前の眼の  神樣の眼の  今までは眼も  世間では眼を  老人の眼から  劇家の眼を  筆意を眼の  新富座とは眼と  色彩が眼に  芸術的に眼を  兄は眼が  詩人の眼より  妙に眼を  愛撫の眼で  石が眼に  チョイと眼に  餓え疲れて眼ばかり  子分二が眼に  今井と眼と  ウーンと唸って眼を  事をいっていても眼は  まま不安そうな眼で  ためヒョイと眼を  神尾主膳の眼が  音を聞いて眼を  老人の眼にも  栗を煮ながら眼を  辻番の眼を  それよりも眼の  吾儕の眼には  人は眼よりは  時分から眼の  他様の眼を  年増盛りに眼を  船頭を睨んだ眼も  拙者の眼で  お前様の眼で  わたしの眼で  戸を開くと眼の  角の眼に  人様の眼を  額面に眼が  お松の眼をさえ  そなたの眼に  角の眼にも  女たちには眼も  徒らに眼を  彼などはまつたく眼を  あんたの眼で  素子に眼で  自分の眼よりも  雑誌から眼を  幾島の眼は  人間を看る眼も  伯爵の眼を  素子は眼を  閉ぢた眼の  そつちへは眼も  素子の眼の  手から眼を  黒岩の眼の  未婚者の眼に  手の甲を眼に  ましく眼を  弥生夫人の眼が  物云ひたげな眼は  問題が眼の  床に眼を  第三者の眼は  はつきり不信の眼を  二十ばかりの眼の  予が眼よりは  アヽ失策ったと眼を  人を殺そうと思うので眼も  死骸へ眼を  稍く眼を  んければ眼が  耳たぶや眼の  妻は眼を  小林氏は眼を  敵意のある眼で  落凹んだ眼を  裏口に眼を  写真に眼を  紙に眼が  ギロリとした眼で  石子に眼を  全身を眼と  石子の眼の  遠くをばかり見つめていた眼の  様に眼に  根岸は凹んだ眼を  支倉の眼の  髑髏を眼の  不快な眼に  支倉は眼を  ような透き通った眼で  前科調書とに眼を  嘲笑の眼で  支倉の眼は  身に触れたので眼を  怒髪天を衝き眼は  度に眼の  者なら眼を  彼を眼の  異様な眼で  遠巻きに眼を  お方の眼  きりぎりすの眼が  僧侶に眼を  訝しげな眼で  夢かとばかり眼の  経に眼を  氏一流の眼  国民の眼には  六波羅の眼が  げな眼で  らんらんな眼を  みなの眼に  悦を持った眼が  さりげない眼を  高氏の眼に  みな冷ややかな眼で  谷水へ眼を  頬が落ちて眼が  少年の眼に  燃ゆる眼を  少女才をたのみき眼を  いもうとの眼  駅夫の眼をも  このごろの眼の  前へ行って眼の  久美子は眼を  管理人は眼を  私服に眼  ように動かぬ眼に  嫌味な眼を  湖水を眼を  感動して眼を  久美子はあわてて眼を  大池は眼に  鬱々と眼を  頭をつけて眼を  風の音で眼を  権十は眼を  純真な眼を  顔つきが眼に  家庭が眼に  団欒を眼に  灯に眼を  真実に眼が  命令が眼を  男連には眼も  ギックリと眼を  室内を見廻した眼が  有様が眼に  左右に振りながら眼を  道庵の眼に  さん様を眼も  兵馬の眼にも  物になる眼  俺の眼では  ことを見えぬ眼の  夜が明けても眼が  昼になっても眼が  殿様の眼の  南条は光る眼を  銀様は眼を  わたくしが眼が  お方の眼の  中へ落ちきった眼  業にからまれた眼  拙者の眼の  生命を眼の  紙が眼の  敏子の眼に  坊やが眼を  武田は黒ずんだ眼を  空虚そのものが眼に  武田が眼を  心持ち凹んだ眼の  めがねを出して眼に  栗鼠の眼が  お母さんの眼が  ヴァレリイの眼の  若ものは眼で  感情のこもつた眼と  今彼の眼の  杉村の眼には  大西の眼に  そこに坐つた眼の  杉村の眼の  杉村は眼の  はつきりと眼に  鏡へうつる眼の  意味をもった眼  櫛が眼に  金簪が眼に  九女八は眼の  微笑が眼にまで  雲から眼を  山口は眼を  無心に眼を  吉村篤史の眼に  吉村の眼に  吉村は眼を  ハンカチで眼を  ニユースに眼を  知性を眼  米友の眼の  五六騎集まっている眼の  おいらの眼の  道庵の眼から  主膳の眼には  ように燃える眼を  頭を向けて眼を  泊り泊りへも眼を  武士たちは眼を  警固の眼を  文に眼を  彼の長けた眼は  峠路などへ眼を  警固の眼に  動物的な眼を  それも眼で  彼を責めている眼の  眉から眼の  道誉は眼を  國民の眼に  國民の眼には  戦争から眼を  者に眼が  独歩の眼に  それ以上しか眼に  たき子は痩せて眼の  至つて吾人は眼を  人々の眼より  吾人をして眼を  色々な眼に  酒にも眼を  笑い声を眼で  役人の眼を  同心の眼が  新宿終点に眼を  気運が眼に  事実が眼の  顔を吹かれて眼が  越後で眼に  無能力者は眼に  早や眼を  わたしは眼が  弁信は見えぬ眼に  がんりきは眼の  先手を打たれて眼の  ことを眼に  両方へ眼を  姿へ眼を  人が眼が  肉の眼から  二人ともに眼が  物には眼の  熱心に眼を  小腰をかがめて眼を  貴島は眼を  キマジメな眼で  方へ流し眼を  人聲で眼を  ホントに眼が  それに眼  思つたか眼だけで  ファインダアから覗いた眼に  ファインダアから覗いた眼を  調子で眼を  身なりから眼の  事は眼の  國友大助の眼が  ランランと輝く眼で  久保へ眼を  貴島に眼を  あちこちを眺める眼の  僕が眼の  心の眼に  春子さんは涙ぐんだ眼を  顏に眼を  タミ子に眼を  わけにもゆかぬので眼を  わたくしは眼を  わたくしが眼を  清らかな眼さえ  上方路を経て来た眼の  稲の眼も  炬燵に眼を  足音や眼  時は眼を  蔑侮の眼で  切れ長な眼は  酒に眼が  貪欲な眼  幕府の眼からは  無作法な眼で  殺気という眼は  殺伐な眼の  いやな眼の  下に見つけている眼  能登は眼を  興味に燃えている眼  兵の眼の  兵の眼に  番兵の眼を  浮き腰な眼  そちの眼は  廉子の眼に  将来は眼に  探題方の眼を  錦旗も眼に  自刃を思う眼を  辺りへ眼を  楠木勢の眼から  ここから眼に  一夫は眼を  針仕事から眼を  口を尖らし眼を  刑事の眼は  警察の眼には  鑑賞に馴れた眼で  視力を失ってしまってからも眼の  兵書に眼を  わたしから眼を  わたしには眼も  無愛想な眼で  帽子を眼の  わたしは眼の  わたしの眼と  ジナイーダは眼を  野原が眼の  今日わたしの眼に  西欧派的な開かれた眼を  栄養不良な眼を  中学生は眼を  処女マリア像の眼を  彫像の眼は  門番に眼を  碧い眼と  角の眼と  急がしく眼を  拙者は眼が  威力を見定める眼を  向うは眼が  あれは眼の  ろしくとも眼が  金助は眼を  一学は眼に  駒井は眼を  おれには眼が  竪の眼は  二つ以上の眼は  三つの眼を  さげな眼で  墓が眼に  電燈を消して眼だけは  男は流し眼に  立松は呆れて眼を  数日以来予の眼に  あなたは眼の  満足そうに眼を  無理が眼  妹娘に眼を  油断のならない眼を  調子で眼が  彼を見る眼  花屋敷前が眼に  お嬢様で眼  侍さんの眼には  宿せる眼を  しょぼしょぼした眼から  自然と眼の  美登利の眼に  タオルで眼を  誰にも眼を  門番連の眼の  カフスを眼に  砂浜が眼に  白刃が眼を  わらびときたら眼が  一閑斎は眼を  手頼に眼  北は眼を  北の眼は  数百人の眼に  造酒の眼に  千代千兵衛の眼が  それを聞くと眼を  意外にも眼の  人間の眼と  虎の眼  九郎右衛門は眼を  浪人は眼を  耳を澄まし眼を  与力へ眼を  松五郎は驚いて眼を  彼奴の眼の  笹川繁蔵を眼の  鞘口へ眼を  これを見ると眼を  廊下が眼の  往生して眼を  艶の眼の  面白相に眼を  無言に眼を  省察の眼を  動きの出ている眼も  安気に眼を  おやじは眼を  酒樽に眼を  鯉は眼を  者へ眼  人々は眼を  大蔵の眼  そうで眼も  義光の眼が  筆へ眼を  周囲なども眼に  公綱が眼を  天も眼を  七の眼の  母の眼は  風雲の眼の  彼方へ眼を  殿を視る眼の  ふたりの眼と  師直ごときは眼の  石和尚の眼を  高時の眼だけが  高氏も眼の  それに眼も  町の眼も  藤夜叉は眼で  四隣の眼にも  庭へ眼を  性が眼を  おまえの眼には  よう眠れて眼  中耳や眼の  一プロセント溶液を眼に  読書の眼に  人類の眼は  一通りでも眼を  狂人の眼と  人よりも眼の  非常に眼を  光も眼に  その後は眼を  二つの眼と  食慾のこもった眼を  母親の眼に  一太は眼を  日向みたいな眼で  妻の眼を  冷淡な眼で  光鋩を眼の  妻は頷くと眼を  汽車が眼の  石階が眼に  銃とがかれの眼に  さうな眼が  シカシカする眼で  私はきよつとして眼を  興奮した眼に  軍曹の眼に  様にして眼を  魚が眼に  とき急に眼を  指で眼の  私たちも眼を  私たちは眼が  皆驚いて眼と  タマシヒは眼と  愛犬ビリーの眼や  孔に眼を  あっしの眼に  かしらの眼から  かしらはじぶんの眼が  侍の眼も  袋のついた眼を  印象的な眼で  旅行案内から眼を  ように見ている眼を  プチブル・インテリゲンチャなどの眼の  民族の眼にも  他の眼や  処は眼を  顔を出して眼を  無知無能が眼  これに反して眼や  眉や眼や  登場しなければ眼や  中一つでも眼や  眉と眼と  同様に眼は  於て眼や  於て眼に  親達の怒った眼と  表現は眼にも  お菓子を嗅いで眼や  如何ように眼や  表現は眼や  こなしや眼や  効果が眼の  得々として眼を  神仏の眼を  表現機関たる眼や  恩賞に眼が  幾分でも眼  人でないと眼を  ところだと眼を  粒の眼を  アルバムに眼を  地上に眼を  銀様の眼に  銀様の眼が  白眼勝ちの眼が  斯様に眼の  ワナを眼の  髣髴として眼に  五彩絢爛として眼を  雪が眼を  横にして眼を  先方は眼の  年とってから眼が  脅迫的に眼に  兵馬の眼で  田山白雲は眼の  一部が眼に  人形の眼に  時の眼と  ここで眼の  めの利く眼とは  我々の眼で  がんりきの眼が  櫛箱に眼を  浅吉の眼の  助が眼を  すべての眼の  俳諧師は眼を  小声で言って眼を  殼が眼の  梢が眼に  身を起し眼を  バッタバッタとなぎたおす眼も  花びんには眼に  げは眼を  ッしりとにぎって眼を  薬売りを流し眼に  象の眼に  妾の眼の  妾の眼が  複製を眼の  妾の眼を  自分はふいと眼を  人の閉されし眼より  地びたを眼に  ように閉じた眼に  いつでも眼を  ために周章てて眼を  両の眼には  庸介の眼から  両方の眼に  熱海あたりで眼が  娘さんと眼が  歌が眼に  旬刊新聞を見ても眼に  新聞から眼さえ  癖女自身の眼も  敏子の眼が  敏子と眼を  沾んだ眼の  敏子は眼だけ  敏子は伏せた眼も  足もとに眼を  信子は眼を  無遠慮な眼を  べつな眼で  土民の眼は  本能的に眼を  人態などを眼で  鉢を眼で  高時を慕う眼には  とき高時の眼は  慓悍な眼  互ひの眼の  寝起きの眼に  人の眼にも  字が眼に  字が眼を  ネロの眼でしか  歎賞の眼  異常な眼を  子供たちの眼には  智の眼が  判断する眼が  森に眼を  それを眼へ  そばで眼を  ころ私の眼には  真赤な眼を  看護婦たちだけが眼を  片方の眼だけを  お前片方の眼  一番先きに眼を  母アの眼が  イリデ叔母様は眼も  あとの眼  明かに眼に  源太郎は眼を  梶は眼を  めじろは眼の  方は眼の  日も眼を  恋人の眼が  木原に眼で  傍の見る眼も  水桶に眼を  使手は眼の  先刻から眼  番頭の眼の  番頭は眼で  箱を持って振り返った眼の  源右衛門は眼を  手前の眼から  道庵は眼を  三人ともに眼に  騒動に眼を  米友の眼から  例刻には眼を  角の眼を  ところへ眼が  睥睨している眼の  厳粛な眼を  角の眼が  外国人の眼から  大事が眼の  正金を眼の  先生の眼が  先生は眼を  船頭が眼でも  熱心に眼を通して  誰の眼を  居眠りから眼を  不興な眼を  丸山勇仙の眼の  豪傑を眼の  仏頂寺弥助が眼を  仏頂寺が眼を  よは眼を  福の眼にも  茂左衛門の眼にも  向うの眼は  諸君の眼を  諸君の眼は  真黒な眼だけを  医師は周章て眼を  主人と眼を  閣魔の眼を  真理を眼  山の頂きを眼  注意の眼に  事件とが眼に  小使は眼を  駄菓子屋などが眼に  清三の眼に  先ほどまで眼を  一座の眼を  美穂子の眼の  地につけて眼を  それをかれは眼の  袴が眼に  影を認めるほど眼も  景色が眼  前掛けで眼か  七時には眼が  孤独の眼の  あきらかに眼の  境遇が眼の  女が眼に  女郎の眼が  生活が眼の  清三は眼が  清三の眼の  顔をした眼の  郁治が眼を  清三の眼には  シーンが眼に  尊氏の眼  ッた眼は  慈愛の眼で  サムエルの眼は  #自分の眼  新吉の眼を  新吉の青ざめた眼に  服装を眼の  奥底のある眼  夫人が眼の  色と共に眼に  巴里が眼の  前に現れたのに眼を  大事そうに嘗め眼を  がましく眼を  以上に白け切って眼の  今度は眼の  知恵も備えた眼では  美青年給仕を眼で  旅の眼に  一人の眼の  爺さんは見えぬ眼で  まん丸にした眼を  夜の眼を  巡査部長が眼を  らを見まわしながら眼を  うちは眼が  贅沢さに眼を  児が眼を  二ツ三ツして眼を  金作は眼を  鳥を見ていた眼を  中にも眼を  砂が眼に  声と眼と  笑みを眼に  岸本の眼に  ふしぎに眼の  批評家は眼を  和田弁太郎は眼を  好奇な眼が  #身の眼と  行つても眼に  彼等から眼を  眠りの足らない眼にも  渋茶なと啜らんと眼が  俊斎様へ眼  わたしたちの眼に  京子の眼が  気違いの眼の  京子の眼に  何も言わずに眼を  今朝も眼に  星が眼に  加奈子の眼に  方から眼ばかり  形で眼を  京子が眼を  ように眼は  蒲団被って居れば眼から  加奈子をうろんな眼で  ベンチに眼を  茶色の眼が  印度人の眼  顔を見交して眼を  一パイ溜めた眼で  顔色が眼に  水上署の眼を  犬は眼を  様子は見る眼も  毛皮外套も眼に  森に眼  森へ眼  険相な眼と  ほんまに眼の  木津さんの眼の  左を見ても眼の  ものは思いきって眼を  正確に眼に  眺めに眼を  物馴れた眼を  顔を曇らせると眼を  妾から眼を  ロダンさんは眼を  妾は眼の  夜半に眼  づ一行の眼を  間は眼が  半ば閉ぢた眼が  静かな眼  天上の眼の  物に掛けると眼が  時間は眼の  栗本の眼に  憎悪に満ちた眼で  兵士も眼を  中隊長の眼に  兵士達の眼に  一度も眼は  美智子さんの眼は  ぜんたい馬の眼の  知つてゐるけれども眼には  従つてさまざまな眼に  日中には眼の  絵にばかり眼を  ところが眼に  二人ともに眼は  一部分だけに眼を  金椎の眼の  余物には眼も  自制心が眼を  碧い眼で  トロンとした眼で  酒を飲んでいる眼の  批判の眼が  今まで眼  青葉が眼の  幾本でも眼に  尾田の眼にも  一点から眼を  方の眼が  尾田の眼に  表面に眼の  癩者の眼を  首を押し込んで眼を  気がし出して眼を  満足な眼が  佐柄木の眼を  #水中で眼を  二た眼とは  臆病者の眼にだけ  影に眼を  社会を見る眼の  松吉は眼を  二人は眼の  克巳の眼は  わたくしの眼は  冽たい風に眼も  口をゆがめ眼を  木なども眼に  汗に眼を  帽子をなげて眼を  通り私が眼をと  蠅を眼で  男の眼にも  吉里の眼も  吉里は眼に  眼千両と言われた眼は  西宮は眼を  西宮を見ていた眼を  十六七の眼の  梅は眼を  西宮はうつむいて眼を  西宮を見つめていた眼の  上を仰き眼を  障子を眼を  涙一杯の眼で  善吉は眼を  太一は見る眼の  老いの眼は  憤怒の眼を  かわいそうになって眼は  父も思い迫ったごとく眼に  寝起きの眼を  五位は眼を  それ以上には眼の  具光の眼と  直義は眼の  禅の眼が  彼らが眼で  直義も眼を  尊氏は眼を  不安そうな眼  われわれの眼は  女性を見ると眼は  者どもの眼が  画家としての眼を  線上へ眼を  林を眼にも  いいかげんで眼を  おれも眼が  方面に注いだ眼を  陸だけに眼を  このごろキリスト教の眼を  駒井の眼に  主膳の眼の  神尾主膳が眼を  神尾が眼を  お松の眼に  七兵衛の眼にも  道庵の眼の  米友が眼に  前後左右に眼も  畳ざわりの音で眼を  森林に眼を  越前守殿が眼を  弁信は見えぬ眼を  弁信の眼が  白眼がちにかがやいている眼の  ような眼という  四つの眼を  うつろな眼を以て  ねぶそくな眼に  鑑賞の眼が  黒さんの眼の  今こそ眼に  組にばかり眼を  寒子の眼の  人たちの眼から  醉ひにたるんだ眼を  一點を際立つて眼に  二つの眼  小僧は眼を  冷酷な眼を  変化する眼の  感激した眼で  お前の眼から  水島の眼に  頸を凭せかけながら眼を  頸を埋めて眼を  不意に眼の  線上に眼を  ガラス玉の眼を  そこに眼を  年にも似合わず眼に  悸えた眼を  高島田が眼に  舞に眼の  微笑の眼で  首垂れて眼を  いやに光る眼を  正面を見つめた眼を  耳たぼとうるみのある眼を  來た眼を  淫らな眼を  感じの眼が  光を含んだ眼で  さうに私を見詰めた眼は  怪訝の眼を  女は涙ぐんだ眼で  默つて膝に眼を  主人公を眼の  變にぎらついた眼で  アンタは眼が  何とかせぬと眼が  小説書きが眼を  郵便屋だって眼が  トラホームの眼を  時間に眼が  雨が眼には  雨が眼に  彫刻家の眼が  娘が眼を  これをきいて眼を  顔に澄んだ眼を  いつかジョバンニの眼の  んも眼を  立派な眼も  ひとり十二ばかりの眼の  苹果を眼を  りんごをひろってきてあげましょうか云ったら眼が  姉はわらって眼を  ジョバンニの眼は  青年も眼を  カムパネルラの眼には  ジョバンニは眼を  容が眼に  人びとの眼に  人びとは眼を  同僚たちの眼を  批判の眼も  イワンは眼を  戸塚とは眼と  ときんの眼を  吃驚した眼を  女に眼の  不安な眼で  子供達は眼だけ  周囲を眼で  自分を見守っている眼が  お前も眼を  母アの眼を  お松の眼が  仙吉の眼は  チチアンの眼より  人様の眼に  笛に眼を  兵馬が眼を  雪の眼の  彼が眼の  わしの眼が  探索の眼を以て  岐阜提灯へ眼を  いつかジヨバンニの眼の  ジヨバンニは眼を  十二ばかりの眼の  云つたら眼が  さうに兩手を眼に  ジヨバンニの眼は  植物に眼を  青年を試す眼は  冷静な眼を  青年の眼を  光の眼から  儘凝と眼を  他人の眼は  ピツカリと眼を  照子の眼も  鼻と眼を  洞ろな眼を  作者の眼にも  ままうるんだ眼を  夫人の眼は  赤ん坊の眼の  画家の眼に  筆触に眼を  わたしたちの眼を  夫れからして眼の  夫れから眼だの  閉いで居る眼の  後には眼が  晴々した眼の  自分たちの眼を  皆熱心な眼を  先生の眼と  先生の眼の  彼女の眼も  父の眼が  兵助が眼で  父の眼は  父様の眼を  七の眼が  百匁秤にかけて眼を  七の眼は  赤光に眼を  活気を帯びた眼の  愛情の籠った眼で  黒眼勝の眼を  妾は眼が  金兵衛に眼を  梅三爺は爛れた眼を  梅三爺の爛れた眼には  朝八時半に眼を  店先が眼に  笑を押えて眼を  誇らしげな眼に  親爺の眼に  涙で眼を  通りぬけて眼が  二ツの眼を  彼は眼から  死神エレシュキガルの眼を  不信の眼を  田山が眼を  気を眼の  仰山な眼を  奥の眼の  番兵さんが眼を  ここからは眼と  家来さまが眼を  細かな眼で  辻馬車御者の眼と  無表情の眼を  感情を眼の  復一の眼の  魅着の眼を  蛾眉を描いてやりたい眼と  爛々と光る眼を  文学鑑賞の眼を  銀が眼の  眺望から眼を  絵巻物をば眼の  別様な眼で  寝の足らぬ眼を  ようなる眼を  持出でて眼の  一自由主義政治家の眼に  仲間達へ黙って眼で  眼と眼で  世の中にのみ眼を  高雅なる眼もて  気が眼に  私の眼との  階段に眼を  詩が眼に  そりと眼を  身を屈め眼を  ユダの眼には  湖水が眼の  子供の眼  頭の禿げた眼の  瞑想的の眼を  髯で眼の  熱のある眼  疑惑に充ちた眼  妻とは眼を  記事が眼を  彼女とは眼を  やうな眼と  今日まで眼の  手首を眼の  働きを眼の  二十余歳まで眼に  壁から眼を  円光を眼に  四つの眼が  腕を組んだなりに眼を  円な眼を  面長な眼の  露な眼は  一徹な眼の  彼女の眼と  周平の眼に  横田は眼を  周平は眼を  村田は眼を  保子は眼を  保子の眼を  保子の眼の  隆吉は眼を  笑みを含んだ眼で  自分の眼や  周平の眼の  俄に眼の  目高から眼を  白目がちに眼を  のと眼の  ペンとが眼に  彼女の澄み切った眼が  文字が眼に  上目勝に眼を  隆吉へ眼を  鼻と眼とに  二重眼瞼の眼が  保子の眼は  清の眼は  二重眼瞼の眼を  清は眼と  ことも眼を  手先から眼を  笑みだけを眼に  真剣な光りで眼を  敵意ある眼で  無数の眼から  何かを考え込んでるらしく眼を  周平の眼には  向に寝そべって眼を  彼は驚いて眼を  何物にも眼を  火に眼を  惘然と眼を  露な眼が  本能の眼を  首をかたむけて眼を  男も眼を  頬をつけて眼を  ぢさんの眼には  自分達の眼にも  ちの頭も眼も  表情に富んだ眼を  墨草紙を眼の  おじさんの眼には  主人の眼の  自分たちの眼にも  七の眼に  重蔵が眼を  重蔵は陰った眼を  七の眼には  小柳は眼を  小柳は黙って眼を  捷業は眼にも  気をつけていなければ眼に  石塊にも眼を  通は眼を  文字清はうるんだ眼を  疑いの眼の  半信半疑の眼を  ふたりの眼の  どっちにしても眼を  熊蔵は眼を  熊蔵は眼で  不首尾は眼に  いやに眼を  師匠の眼を  こっちの眼を  村というのに眼を  北が眼に  七は眼を  なかにも眼に  権太郎に眼  蝶は眼を  亀は眼を  のを連れて来て眼  貰い泣きの眼を  帯ばかりに眼を  袖口を眼に  くやし涙の眼を  登久の眼を  兵衛は眼が  兵衛が眼を  徳寿は見えない眼を  兵衛に眼を  庄太は眼を  庄太に眼  何にでも眼を  不安らしい眼の  平助の眼の  内外の眼を  なかに眼の  お初は眼の  七之助さんの眼にも  善八は眼を  徳蔵が眼を  酒とに眼が  市之助主従に眼を  関の眼は  七蔵が眼を  関に起されて眼を  辰蔵の眼は  七に眼  老人と眼を  鷹の眼が  文字春も眼を  ままで眼を  うしろには眼に  十分に眼を  亀吉は眼を  祠に眼を  遠慮な眼  汗に眼が  山へ眼を  蔦王には眼にも  顔も眼ばかり  達者な眼の  真っ先に眼を  方角に眼を  浪人ばかりに眼を  浪は眼を  幸次郎と眼を  給金というのに眼が  七の眼を  ふだんから眼を  由兵衛に眼を  通のおびえた眼に  仏罰によって眼が  ふたりは眼に  死骸に眼を  大樹が眼に  娘を眼で  嫉妬の眼を以て  二階に眼を  伊勢は眼を  親分の眼は  鶏に眼を  酒壜を眼の  長谷部大尉は眼を  世界中がおどろきの眼を  兵員は眼の  大辻が眼を  飛行島を眼の  大辻は眼を  長谷部大尉の眼も  杉田二等水兵の眼の  監視員の眼を  方を見ながら眼を  これは血走った眼を  互の眼と  敵の眼が  リット少将の眼が  リット少将は眼を  スミス中尉に眼  杉田の眼から  番兵は眼を  監視隊員の眼を  リット少将の眼に  川上機関大尉の眼が  リット少将に眼  人々の血走った眼の  印度人は眼を  奥にひっこんだ眼を  東洋人が眼に  世界中の眼を  リット提督は眼を  川上機関大尉が眼を  間から眼に  俄かに眼を  そっちに眼を  長次郎の眼の  いたずらに眼を  小坊主の眼の  犬などにも眼を  うえに眼を  方にも眼が  小間物屋に眼を  南京玉を眼の  豊吉の眼は  筆者の眼に  連名に眼を  高知市に近付くと眼の  如何に眼  起上って眼を  翁が眼  ドキドキして眼の  親父は眼を  中に眼が  イクラでも眼に  半分開いた眼が  一同が眼を  病人の眼は  貴様は眼が  家へ帰ってからも眼を  忌な眼を  町方の眼に  らの眼に  熊の睨む眼が  藤四郎の眼に  血潮が眼に  哥たちも眼を  うたがいの眼は  袖口で眼を  自分に眼を  定に眼を  上には眼に  清次の眼に  船頭の眼の  場合には眼を  素人の眼を  難題を眼の  げんの眼の  恐怖の眼を  憤怒に燃える眼を  人の眼について  広の眼から  広は眼を  草紙を眼の  むかし者の眼から  無言で眼を  秀も眼の  夫の眼にも  持参金に眼が  鉄に眼を  急に寝ぼけ眼を  煙管をにぎって果し眼で  冠蔵の眼には  七も眼の  浜は眼を  魔に眼  男などに眼も  ころ江戸じゅうに眼に  定吉に眼を  人攫いに眼を  由松を眼の  首を眼の  今でも眼の  松吉に眼で  尾行者の眼から  侍は眼にも  竹きれで眼を  今まで眼で  自身の眼と  仮面に眼を  饑えた眼を  横っ面を眼が  ここらは眼を  七は眼で  愛には眼が  藤左衛門は眼を  藤左衛門の眼からは  女房の眼の  寅次が寝ぼけ眼を  国は眼を  松吉も眼を  甚右衛門は眼で  ひと間が眼の  お前さんの眼  さき真っ暗で眼も  甚右衛門は眼を  自分らの眼の  幸次郎が眼を  幸次郎に眼  蝋燭なんぞには眼を  散らし髪で眼の  暖簾が眼に  慾に眼が  宿六の眼の  宿六の眼は  みんなの眼には  お節の眼に  女房に眼を  大勢の眼に  容貌が眼について  文三の眼は  何も眼に  冴て眼も  事にまで眼を  下宿が眼と  火入に眼を  貴婦人にも眼を  乙な眼  文三の眼より  面を脹らしても眼を  勢もうるみ眼に  眼付が眼の  ぴッたり眼で  好事な眼を  愕然として眼を  昇と眼を  事が眼や  勢の眼には  認識の眼を  勢の眼を  勢も眼が  木目が眼に  眉を皺め眼の  錦絵を見た眼で  空家が眼の  日は眼の  物の眼  絹の眼に  兵衛もおどろいて眼を  幸八の眼に  反射が眼にも  百歳の眼には  監視船の眼の  モネーなぞの使った眼を  巳之助の眼の  臆病らしく眼を  朝自分が眼を  せいに向けてゐた眼を  熊吉の眼には  牛が眼を  彼岸を眼の  南小田原町から眼と  奥さまの眼から  あすこへも眼を  富は眼を  あちらへ行けと眼で  教授の眼につき  教授の眼に  感じの眼を  #おれの眼に  常識的な眼で  彼女の眼ばかり  人達の眼の  人達の眼によ  一つの眼は  三の眼といふ  三の眼を  別の眼を  わたしたちの眼の  繪畫を見る眼は  ころに眼を  半鐘に眼を  人が眼の  詩人らしい眼を  時を見る眼の  身ながらに眼を  三角な眼を  役者が眼の  あいつの眼の  亭主が眼の  当分此類のが眼に  共同腰掛に凭れて眼の  金で眼が  箱に眼を  海蔵さんは眼を  鏡を見てゐない眼で  顕微鏡を見ていない眼で  師直の眼は  正行の眼に  冬の眼は  道誉の眼に  妻へ甘える眼を  心の眼で  らんらんとかがやく眼を  竜の眼が  琴は眼が  熊もおどろいて眼を  善八の眼が  金儲けが眼の  しらに眼と  葉に妨げられて眼を  うっかりすると眼を  私は眼をも  樣な眼を  モルガンの眼の  中腹に眼を  竜の眼に  好奇心をもった眼が  近所の眼に  口を閉じて眼を  信次郎に眼を  所まで眼が  七らの眼には  老女の眼は  千の窪んだ眼は  ことには眼が  平吉は眼で  西洋馬具を眼の  輝きは眼を  たくさん光線が眼に  僕たち自身の眼で  群集の眼に  避雷針を眼に  真っ白で眼が  三毛で眼が  角の眼の  それも眼の  半七老人が眼の  茂兵衛の眼には  藤助に眼を  事にも眼が  当人も眼が  才兵衛は眼を  血が流れて眼に  物には眼も  弥助が眼を  それを眼  苦笑の眼を  天才の眼によ  劇的伝統に眼を  耳と眼に  七は眼  家は眼の  彼女はいつ眼を  コーリヤは眼が  コーリヤの眼の  げに眼に  左右とに眼を  牢屋とは眼と  金蔵にばかり眼を  諸人の眼に  参詣人の眼を  表門が眼の  兜に眼を  仏の眼から  ぎんに眼を  ところは眼  江戸人は眼を  わたくしも眼の  あいつの眼は  近所の眼には  婦人達の眼に  鼻の眼の  古物好きの眼は  電光を持った眼で  好奇の眼から  心も眼も  不審そうな眼が  巡査の眼からは  風貌を眼の  虚空から凝っと見詰める眼が  悦の眼を  日ざしに眼を  うちでも眼を  しょんぼりした眼は  男で眼が  だれの眼も  貴様の眼の  弁信さんは眼が  等分に眼を  賢次は眼を  忙がわしく眼を  助は眼が  仏頂寺の眼の  挨拶した眼を  伊勢が眼と  爛々とかがやく眼より  我々の眼にまで  角さんに眼を  普通の眼の  わたしの眼より  七ツ以上も見る眼を  提灯から眼を  男の眼では  女を見る眼には  特別に眼を  七も眼を  幸次郎も眼を  和泉屋でも眼を  頃に眼を  防禦は眼を  防禦の眼は  興哥の眼が  三人の眼には  興哥は驚いて眼を  防禦は呆れて眼を  介抱していると眼を  遠くから眼に  明瞭と眼の  主人の眼は  象を具えて眼に  女を観る眼にかけては  いやな眼を  報道ばかりに眼を  正面に眼の  皆の眼は  中には眼を  伝兵衛の眼の  藤助の眼は  疱瘡が眼に  源蔵を眼で  幾人もの眼に  耳と眼とを  留吉の眼に  留吉も眼を  吉五郎も眼を  幸之助は眼を  幸之助の眼の  二人が眼の  町方の眼にも  佐藤の眼を  千人の眼を  恋に眼が  怒りの眼に  興味の眼は  温泉で眼を  災難に逢うと眼に  異様な眼を以て  方へ眼が  病気でふせっている眼の  朦朧たる眼を  使用に堪えない睡眼を  二十日鼠はつぶっていた眼を  壁に凭れて眼を  一ペンに眼の  幸福にたえかねて眼を  睡眠不足の眼を  きれいに眼を  掌で眼を  乾は眼を  鶴の眼を  引の眼の  ゎっと見ひらいた眼で  乾は眼に  脇腹へ眼の  西貝の眼を  古田は眼を  婉然と眼を  那須の眼を  久我の眼に  十八九の眼の  鶴は立ちどまって眼を  葵は眼を  葵はおどろいて眼を  乾の眼を  ハナに眼  着物へ眼を  洋書に眼が  襟飾りに眼が  様子ばかりが眼に  状袋に眼が  細君は眼さえ  窮屈に眼の  宗助の眼に  雑誌に眼を  翌日宗助が眼を  二人は眼が  丸顔の眼の  坂井の眼が  これという眼  色を眼の  ところを眼の  今になっても眼が  米の眼を  宗助の眼の  正月を眼の  米は眼を  宗助は眼を  明らかに眼に  問題を眼の  二度目に眼が  袋に眼を  私の眼を通して  さがり眼が  世間は眼  下とはいえ眼に  わしは眼も  父の眼も  子に眼が  鶏は眼に  刺撃で眼が  鋏に眼を  ぢき眼の  旅館が眼にと  山うどが眼に  地顔の眼の  柳などが眼に  乗客の眼も  鼻から眼まで  フェルガルの眼に  三の眼には  桐も眼を  皆に眼  平七は眼で  葉を貼つた眼の  坊主頭の萎びた眼の  桐は眼を  夏の眼は  外出して死に眼に  死顔が眼に  首を引込め眼を  記憶の眼に  汁を眼を  色彩は眼の  農民の眼で  古風な眼  切窓から眼と  相貌だが眼の  ひろ子の眼は  悲しみにみちた眼の  爺さんの眼では  重吉の眼と  正面にすわった眼の  堀へ眼を  稍暫し眼を  はたで見る眼にも  烈日を仰ぐが如く眼  僭越な眼で  幻が眼を  流れを眼の  傍まで燃えて来ても眼が  民衆の眼から  平目に似た眼を  眞弓は眼で  怪獣の眼の  おのが眼の  例の眼にて  因果の眼で  村人の眼は  俺達の眼を  怪し気な眼を  來て眼を  山に行き眼  書き物に疲れた眼を  世人の眼を  召仕にも眼を  菊は眼が  菊の眼から  彼女の眼からは  袂で眼を  唯ならない眼の  隅々にも眼に  井筒に眼を  十太夫も眼の  播磨は眼を  奴どもの眼から  三人が眼を  行動が取分けて眼に  近ごろ上役人の眼にも  妻君の眼が  白面なる眼を  先生の眼も  小沢の眼の  それくらいの眼が  朝小沢は眼を  小沢の眼を  加代の眼が  加代の眼は  阿呆な眼を  次郎は眼の  恐怖の眼で  異様に燃える眼が  三郎らに眼  小沢の眼は  豹吉の眼の  道子の眼は  調べが眼を  ふたつの眼  天に眼  侍と聞くと眼の  方に眼に  髮が眼に  通ふ眼  松右衛門殿は眼を  越後獅子は眼を  かっぽれは眼を  石鹸が眼に  生らの眼より  蒸気船を知りてをる眼より  前途には眼も  涙にあふれんとする眼を  相島は眼の  事實を眼の  子供の眼が  生等の眼より  蒸氣船を知りて居る眼より  素直な眼で  のは眼だけ  桜はと眼を  西に眼を  東へ眼を  白雲の眼を  白雲が眼を  蛇足から眼が  白眼で見ていた眼が  夢ではなく眼を  おいらの眼と  生れもつかない眼が  二つの眼を以て  三つの眼を以て  真中の眼が  せいの眼の  上は眼に  少年たちは眼を  みな不安にみちた眼を  外人の眼を以て  三の眼  空地には覗いても眼に  真理への眼が  医王の眼には  私どもの眼に  智慧の眼が  法の眼に  ビアトレスは眼を  泣膨らした眼を  垣が眼に  言つた彼の眼には  硝子越しに眼に  床に就いて眼を  白羊の眼が  絵が眼に  中心に眼を  床から眼を  貴婦人達が眼を  大分人の眼を  間諜船舶の眼と  東京警備司令部の眼  弦三の眼の  面から眼を  敵機の眼から  ように飛んで来て眼に  わしは眼こそ  ようにして眼に  明け方に眼を  我々の眼には  両方の眼は  うちに泣いたり眼には  涙にくもった眼で  池が眼に  せいで眼が  博愛心に眼を  水兵は眼を  パーヴェル・イヴァーヌィチは眼を  偶像再興者の眼より  生活に対する眼を  不平怨恨の眼を  ボックスに眼を  内儀さんは眼を  氏は眼で  私共二人の眼を  來た眼には  親馬が眼に  一等みじめな眼に  数は眼に  参考書などに眼を  参考書に眼を  半休取り消しという眼に  国民の眼から  役員連中の眼にも  態度が眼に  吃驚した眼で  ウスウスと眼を  脳髄が作る眼の  福太郎の眼の  気絶して眼を  福太郎の眼には  いつまでもいつまでも眼を  沙門が眼を  沙門の眼  予が眼からは  私どもの眼の  摩利信乃法師の眼の  法師の眼から  梟爛々と眼は  赤子らの眼の  空には眼に  数々が眼も  店が眼に  寢ころんで居る眼の  のが眼にも  許宣の眼に  女ぶりに眼を  白娘子は眼で  許宣の眼が  水に眼を  誰もいないと眼の  弟様の眼からは  率直な眼が  くらくらと眼が  民衆の眼には  方に眼をこそ  銀河が眼に  世界の眼から  原子という眼に  物が崩れて眼に  人々にあわれみのこもった眼を  相手を眼に  人間性焦点から眼を  太閤さんは眼を  連峰を眼に  不思議な眼は  小娘も眼を  市長は眼に  何事が起ったかと眼を  蟹は眼を  悪業が眼の  お陰で眼までが  賀川市長は眼を  人には見える眼が  赤蜻蛉は眼を  恐怖におびえた眼を  綱に眼を  パネルが眼に  ピストルが眼に  相良十吉は眼を  折りかえしだけが眼が  対眼レンズに眼を  根賀地は眼と  空虚な眼  少女の眼  おまえの眼の  特徴のある眼  空虚になった眼  好奇的な眼  好意に充ちた眼  ため彼の眼に  妻の眼には  銀様の眼には  鋭敏なる眼に  御馳走を眼の  米友の眼が  三つの眼で  低能娘の眼を  研究に疲れた眼を  工事仲間の眼を  主人自身の眼に  代官の眼は  最後まで眼を  自分一人に眼を  小坊主の眼も  大塚警部は眼を  老婆は眼を  落入たる眼に  独特の眼が  引勘次の眼を  灰溜りに眼を  藤吉の眼は  泥跡とを眼で  釘抜藤吉は眼で  葬式彦兵衛は眼だけで  盤から眼を  くせに眼の  勘次の眼が  気味のある眼で  藤吉は眼を  釘抜藤吉の眼に  藤吉の眼が  僧は眼に  葬式彦兵衛は眼を  かず子も眼を  顔を仰向け眼を  鯉の眼の  読者の眼の  こぶしで眼を  直治に眼  直治の眼から  三歳の眼の  くらしを眼を  上下へ眼を  藤吉の眼に  藤吉の眼を  紙から眼を  ことを感づいて眼が  ものより眼に  繩知らずに眼  勘次は眼を  与惣次の眼に  与惣次は眼を  眼配りと眼  涙に滲んだ眼を  物象が眼に  肉つきが眼に  のが眼について  小間使が眼に  花帳が眼に  鰻の眼を  四つの眼も  ほうに眼も  赤爛れの眼を  母親が眼に  伝平は眼を  高祖頭巾を眼  侍の眼が  女を眼よりも  出口へ眼を  藤吉が眼で  右側へ眼を  左側へ眼を  前へ眼を  水みずした眼を  道夫の眼に  年増の眼は  傷れて眼  後光のごとき眼の  鬼の眼にも  お互いの眼から  お互いの眼を  久田姫は眼を  妾の眼は  蒼白となり眼ばかり  冷ややかな眼で  家来島太夫は眼を  宗介は眼を  うその眼は  上気させ眼を  光を眼に  山吹は眼を  白法師の眼は  三人の眼に  俺が見てさえ眼が  杉右衛門は眼を  簪へ眼を  岨道を曲がると眼の  群集の眼は  法師は眼を  鬨の声が眼の  平和に眼を  猪太郎様の眼を  これを聞くと眼を  相手の眼ばかり  ーッと眼の  四方に眼を  北山も眼を  隅々には眼も  眉を釣り上げ眼を  人面疽の眼が  頼正の眼を  頼正は眼を  人買いの眼を  仲間には眼の  頼正の眼は  物象が眼の  弓之進は眼を  紋兵衛の眼には  助の眼とは  北山は眼を  風物へ眼を  町を眼の  家から眼を  彦兵衛は眼を  挨拶どころか眼にも  沓脱石へ眼を  約束に眼が  奉公人の眼は  死体におどろきの眼を  紫いろに変って眼が  藤吉が眼を  静かな眼を  親子の眼の  がたに眼を  藤吉へ眼を  喜怒哀楽に眼  野郎の眼の  藤吉の眼の  勘次に眼  病人の眼に  錯覚から眼が  台所道具が眼に  ネネの眼の  鬼神妖怪の眼の  足元にまつわるを眼もて  生命の眼  女と眼を  刹那の眼の  詩人の眼  伊太夫の眼を  これを見る眼という  挙動に眼を  頭を上げて眼を  監視の眼だけは  銀様へ眼の  それを知らざるものの如く眼を  跡へ眼を  今晩それに眼を  ビール瓶に眼を  金公あたりの眼から  芸妓を眼の  青葉城をながめていた眼の  毎朝五時に眼を  緑色の眼に  ふつと眼の  下で眼だけしか  いつまでも眼  凭つて熱心な眼を  尊敬の眼を  グラスの眼で  横顔を眼を  床についてみると眼が  甚九郎を見つけると眼を  赤児は眼を  クリストフの眼は  祖父の眼が  河の眼に  笑いを含んだ輝いた眼で  昏迷した眼に  猛獣を眼に  声を聞いて眼に  彼の眼や  すべてが眼の  それを眼には  真相が眼に  ハスレルの眼は  だれの眼から  ゴットフリートは眼を  幾百人の眼の  騒音や眼や  僕に眼  これと眼を  山長の眼を  金いろの眼を  山男の眼の  睫毛に眼を  与兵衛の眼に  与兵衛は眼を  麦畑へ眼を  トウルゲネフは眼だけ  郵便物に眼を通して  郵便物に眼を  言ひながら眼には  それと眼を  つて歸つて來る眼の  次へと眼を  クリストフの眼に  真白な引きつけてる眼を  精神が織り出して眼を  クリストフは眼を  厳格な眼の  何にも眼に  クリストフは眼に  爪先から眼の  クリストフが眼の  電光とに眼も  揶揄的な眼で  武士の眼は  枝が眼の  脚下に眼を  小僧に眼を  それぞれ一方の眼が  一方の眼が  隻方の眼が  一方の眼も  左の眼も  武士は眼を  約束があるので眼は  ときに眼が  客観に眼を  趣も眼に  笑い声がしたと思ったら眼が  余が眼に  ことに驚くべきは眼の  椿が眼に  鳩の眼が  容易に眼には  否や眼に  下から眼が  時余は眼を  久一さんと眼を  種子の眼には  奴はねぼけ眼から  そいつの眼が  こちらにも眼に  子供らのよろこびが眼に  通り見た眼には  其処へ眼を  山蚯蚓をくわえて眼を  半兵衛は眼を  半兵衛の眼の  風情に眼を  白雲に眼を  乙士の眼は  幾つの眼を  容易にすれば眼の  ムクが眼の  犬が眼の  人の眼につき  勢いに眼を  お客の眼の  指が近付くと眼を  ラファエレに眼を  土人達の眼を  狂少年の眼に  一つ一つが眼の  土人の眼に  好奇の眼を以て  繃帯をし眼を  傍人の眼に  捉われない眼で  #選択する眼  確かに眼が  一郎は眼を  楢夫は眼を  中で泣いて眼を  もんですから眼の  しその眼は  楢夫が眼を  手を合せ眼を  鉄柵を超えると眼の  展望から眼が  下の眼も  嫂の眼は  今日は眼に  先生の眼や  欠点には眼を  不快にも眼を  色に眼を  昏迷した眼で  親たちが眼を  父との眼に  彼らはたがいに眼  仕事から眼を  形象が眼に  愛欲の眼  空は眼の  間の眼に  にこやかな眼で  クリストフの眼を通して  容赦ない眼に  ザビーネの眼は  晴やかな眼で  あと急に眼を  ルイザが眼  クリストフの眼の  角燈が眼の  アーダの眼が  行いには眼を  自分をながめてる眼を  自分自身の眼にも  怜悧な甘えた眼で  俺も眼を  番所を出てきて眼を  人の眼を通して  色艶は眼に  銀三の眼にも  額へ眼を  母親の眼から  師匠も眼を  膝に眼を  呆んやりと眼を  草へ眼を  師匠は眼を  人を射るの眼を  彼等も眼を  山河江村までが眼の  鳥影から眼を  鳥の眼には  金銭に眼が  お雪ちゃんの眼の  光景から眼を  乳首に眼を  ゃつ道庵めの眼に  ことができるだろうと眼を  こっちの眼が  庭が眼の  愚助は眼を  画家さんは眼を  一切を眼の  漁師ははっとして眼を  顔色を変え眼を  子に醒まされ眼を  父は眼に  栓は眼を  年配で眼は  仔細に眼を  少年探偵の眼は  窓から眼に  惨状は眼も  不安に閃く眼を  土塊に眼を  背へ凭れて眼を  奥を貫く眼  匂いが眼にか  竿を眼に  栖子の眼の  唯七へ眼  田島は眼を  眼は眼を  日本歴史は眼を  炎が眼に  涙に濡れた眼で  山川技師の眼の  紙面へ眼を  紅梅へ眼を  紳士から眼を  彼女は眼の  チラチラチラと眼に  息をはずませ眼を  アーニャの眼には  歓喜が眼を  羨望の眼で  アーニャを眼  アーニャから眼を  勢で眼の  提灯に眼を  霊が眼の  何ぴとの眼にも  真中に眼が  引明けなどに眼に  男髪は垂れて眼を  始め人夫一同も眼を  おまけに眼も  赭い眼の  口尻を歪めて眼で  佐平は眼を  憤激に燃える眼とから  思いもかけなかった眼  臆病な眼で  蓮葉に眼で  續きに眼を  幸ひ眼に  竝びながら其處此處と眼を  人たちの眼にも  まひも眼には  人で眼の  仰臥して眼を  耳と眼ばかりを  翁の眼が  白足袋の眼  今でも眼には  翁は眼を  肝腎の眼が  イクラ汗が眼に  翁の眼の  前にして眼を  槇園君の眼に  帶びたる瓢箪のかかれるが眼に  貪婪な眼を  私はいくどか眼を  眼だ眼  蜘蛛の眼  湖心に眼が  田宮の眼と  田宮の眼が  湖心の眼が  湖心の眼を通じて  静かに眼が  門柱に眼を  深志と眼  世間を見る眼が  話となると眼を  誘惑には眼も  女には眼を  #彼女の眼を  かすかに眼で  ナゲシに眼を  好奇心だけで眼を  率直さに眼を  へんに眼を  宛名に眼を  期限を眼の  手紙から眼を  あたしが眼が  のが眼にと  言つて奥に眼を  京野等志は眼を  肉親の眼から  右門の眼は  安宅丸に眼を  雲霧は眠られぬ眼を  眼と眼だけ  無情な眼を  我慢の眼を  子息が眼が  初老を越えかけた眼を  此辺に来て始めて眼に  ハツと眼を  山々をも眼の  市中にて眼に  さを忍びて眼を  たるが眼に  流石に馴れぬ眼には  見えたるは眼に  誰の眼からも  其處から眼を  店も眼が  今夜は取分けて眼に  由の眼は  のに眼を  沾んだ眼を  四方のながめが眼には  ランプを眼の  ランプの眼を  六人の眼が  勞苦に疲れた眼から  其右の眼から  おれたちを見張っている眼の  必然性から眼を  事實へと眼を  洋盃をつまんで眼を  子供の眼になど  右門の眼の  カヨは眼に  猫を眼で  風は眼には  むつは眼を  歸ってからも眼を  一頁毎に眼を  道具に眼を  渡邊は呆れて眼を  しなやかさが眼に  破滅が眼の  石畳から眼を  一足先きに行けと眼で  フランシスに眼を  一ぱいためた眼で  クララは眼が  アグネスの眼を  クララの眼には  面を伏せて眼を  涙が眼を  諸君が眼を  クララの燃える眼は  フランシスの眼に  フランシスの眼は  クララの眼を  フランシスの眼を通して  クララの眼に  クララは眼を  渇仰の眼を  汝ら心の眼  クララの眼は  財産に眼を  暁方に眼を  わしが眼を  犬の眼も  光のある眼を  なつて眼の  局長は眼を  それすら眼に  望遠鏡を眼から  古谷局長の眼に  局長の眼が  動物の眼  右門の眼が  先に眼が  伝六の眼の  そこまで眼が  初めっから眼の  青梅と眼が  目にかかれるだろうと眼が  りっぱな眼が  おれにも似合わねえ眼の  たまにゃ眼を  行く先の眼も  娘があるだろうと眼が  先だきゃ眼が  先の眼を  音を聞いただけで眼の  それさえ眼が  千柿鍔に眼を  みみずばれに眼を  これにも眼を  何か眼が  右門の眼に  ここまで眼が  悪の眼を  前に眼を  現象を眼を  呼鈴に眼が  欲に眼の  中を眼を  お前さんの眼に  スクルージが眼を  きょろきょろした眼で  身丈恰好に眼を  冷やかな眼に  子供は眼を  伏眼がちの眼と  精霊の眼は  親切らしい眼では  狡猾そうな眼  者達は眼の  天の眼から  スクルージは眼を  陰惨な眼の  一対の眼を  明らかに眼を  靴に眼を  幽霊の眼が  探究から眼を  例の見えざる眼は  お前さんの眼が  物は眼を  方角へ眼で  図戸敲きに眼を  他人を笑って眼に  幽霊水とかの眼は  気もへえって眼も  ほうを洗って眼が  だんなの眼に  ろでぬかるんでいたからこそ眼が  三日めで眼が  犬と眼を  ここと眼が  そなたの眼の  嘉三郎は眼を  風呂敷包みに眼を  だんなの眼も  丸山勇仙が眼の  お雪ちゃんの眼に  お雪ちゃんが眼を  睨みの利かない眼を  凝然として眼を  琵琶湖が眼の  米友が眼から  道庵先生が寝ぼけ眼で  今朝に限って眼の  キョトキョトと眼を  のは眼と  主に眼を  何者であるかに眼を  はただ眼を  咽喉を突き刺されて眼を  断末魔の眼に  神尾主膳の眼から  恥かしながら眼の  与次郎が驚いて眼を  伊太夫は眼を  利章等は眼を  名人右門の眼が  ホシの眼は  瀕死の眼に  午睡の覚めた眼に  妻の眼も  ハーシュは眼を  三人は眼も  だんなの眼が  右門流の眼の  おいらの眼が  養父の眼が  其所へ眼を  ふたかは眼に  枝に眼を  人形の眼の  あっしだっても眼が  染め元と眼を  ものを見る眼だけは  敵意に満ちた眼で  強烈な眼が  魅力のある眼を  夫の眼には  夫婦は涙ぐんだ眼  死骸の眼  ままに眼の  おれだって眼の  居どころに眼を  啖呵と眼の  ところを通ってきた眼には  本当らしい眼の  上で眼の  クリストフの眼から  人々の眼や  熱情に眼を  的大智が眼に  がいの眼の  青年を眼に  陰鬱な眼の  唇や眼を  桟敷から眼を  耳と眼と  クリストフに眼を  どこへ眼を  女優から眼を  毛が眼や  褐色の眼は  隈のある眼が  口や眼の  フランス婦人の眼で  石をも眼  涙のたまった眼を  侮辱的な眼で  クリストフは眼の  ルイザが眼を  巨大な眼を  半ば眠っている眼で  文字が眼の  楽器へは眼も  誠実な眼を  シュルツの眼を  シュルツは眼を  そばにすわって眼も  友の眼の  シュルツの眼は  枝へ眼の  他方の眼も  娘は眼が  事柄が眼に  昔ゴットフリートを眼で  失明した眼を  驚嘆すべき眼を  不可抗的に眼  娘から眼を  熱烈な眼で  灰色の眼の  攻撃者の眼は  腰掛から眼を  怒りに眼を  焼き灰を眼に  下士が眼を  百姓らは眼を  腕を揺られて眼を  名人の眼が  右門流の眼  これだけ眼が  目つきで眼を  こいつもにらんだ眼に  手数がかかるなと眼が  名人の眼の  意外な眼  さまが眼に  幕府の眼を  一つところへ眼を  銀時計一箇に眼が  大勢に眼を  急激に眼を  ゴンチヤロフの眼に  ふから私の眼の  電氣磁氣の眼に  小説の眼で  男は眼の  好奇的な眼で  海とに眼を  手の甲を知らず知らず眼の  識らず眼を  神の眼に  唯神の眼を  斎藤は眼を  百の眼は  母の眼にも  父親の眼に  炎えた眼だけが  主人の眼とは  私の眼  機関士ははっとして眼を  客席に眼を  これは眼の  奴め驚いて眼を  初冬が眼の  眼を開いた眼で  ヂロリと眼を  これはと眼を  男が出て来て眼  一口に飲んで眼の  姿は眼にも  余の眼が  中に眼も  余は眼の  客の眼は  一寸高輪田の眼に  中にも眼は  顔に似て居ると云い眼が  個の光る眼  絵姿の眼  画の眼とは  画姿の眼の  筆力の眼  画像の眼に  アノ絵姿の眼が  絵姿の眼から  秀子の眼は  代わり彼の眼には  顔を見ての眼の  余の眼は  官兵衛は眼を  眉と眼の  感謝しないばかりな眼を  政職の眼から  蔵光正利が眼にか  人々は眼に  嫁などは眼の  菊を眼で  秀吉の眼が  三時でも眼が  黒ん坊が眼の  一等船客の眼にでも  張人に眼に  感嘆の眼を  エヴァンス技師さえ眼を  私かに眼に  フィリップスは血走った眼に  泪で曇った眼で  私達の眼は  Corpsnuを眼の  悪寒に襲われて眼を  家に帰るまで眼を  和やかな眼で  わりに眼の  運命が眼の  地図と眼の  形が違っているのに眼を  僕たち青年の眼には  眺る眼に  父が眼に  母すら驚いた眼を  老の眼に  母は眼の  母の眼には  里子は眼を  窓である眼の  仏像などでも眼は  つては眼を  生きものの眼を  善良さとか眼の  手は眼に  偶然に眼が  唯一の眼に  声を立てて眼を  アラが眼に  くせ人間の眼を  底意をこめた眼で  楽譜に眼を  幻は眼の  路の眼の  陰欝に光ってきた眼だけが  姿を見ながら眼で  美しかるべき眼と  者の眼で  彼の黒ずんだ眼の  記事を読んで眼を  底光りのする眼が  瞬間には眼が  睫毛に覆われた眼は  足音に眼を  ッとして眼を  僕の見ている眼の  尼子富士郎医学博士が眼を  栖方は眼を  梶の眼に  本心が眼  顔して眼を  悟りすまして眼を  ドツかと投げ下すと眼が  斷念めて眼を  平沼で眼が  青空は眼の  碁盤に眼を  代りに眼が  手を置いて眼を  合掌して眼を  如意が眼の  美春は眼を  波多野は眼を  血を漲らして眼を  吾らの眼の  作曲に眼を  これでもかと眼  見物の眼は  急におびえて眼を  麗わしいうるんだ眼には  女に掛けては恐しく眼の  われわれの眼が  私たち東洋の眼で  知つてゐる眼から  自分自身の眼によって  校長先生は眼を  筒井莞爾君の眼は  鵯に眼を  客に眼の  ものとして眼に  雪がかかるので眼が  気があれば眼も  今度子供達の眼に  何日も眼  彼れの眼に  汗をかいて眼を  李太郎も眼を  口と眼の  音におどろかされて眼を  ハンカチーフで眼を  堀部君は眼を  堀部君の眼の  びつしより汗をかいて眼を  微かな眼で  梟の眼  滝の眼に  お母さんは眼を  幾度か眼が  眠から眼を  風に吹かれて眼の  室堂方面に眼を  好奇心に惹かれた眼が  疾風に似て眼にも  釣り人は眼を  學者の眼より  脚元から起って眼の  あたりは眼に  其子らの眼も  うつろな眼は  憤怒との眼で  光の眼  さの眼  現在を眼に  復び涙の眼に  今は眼を  左京の眼からも  損得に眼などが  管領御家再興も眼に  わたしたちは眼  兵卒を眼の  泣声で眼が  二時頃までは眼が  潤のある眼で  靄は眼の  柱は眼の  蒸汽喞筒が眼の  机から眼を  豊三郎が眼を  例のむくんだ眼を  私はねぼけ眼を  気が付いて眼を  それで眼を  三段目の眼の  方向には眼も  インスピレーションを眼の  貴様から眼を  シパシパの眼を  声で眼の  盲いて行く眼を  血だらけの眼を  恭二の眼に  事となると眼の  他へ眼を  我魂の眼を  夢ではないかと眼を  静かに眼は  病弊に眼を  方面を眼に  ことを思うと眼に  ぞんざいに眼を  嘲笑的な眼を  ユダヤ人などの眼と  だれにも眼を  にこやかな眼を  コーンは眼を  ドイツ人の眼では  クリストフの眼には  一歩ごとに眼に  みずから善意をもって眼を  類似をしか眼に  クリストフの眼を  蔽眼布が眼から  両方から眼を  果敢な眼とを  めいめいの眼の  頭や眼を  近視の眼と  微笑を浮かべた眼で  褐色の澄んだ眼で  クリストフの眼と  最初の眼  蚕食してる眼に  幻覚を眼の  一つの眼と  批評の眼を  こちらをながめてる眼に  フランス式の眼  相手の眼に  みんなに眼を  懇願の眼を  伯母君の眼に  怨の眼が  アンの眼は  争を眼に  右斜に眼を  章一の眼の  章一の眼は  章一は眼を  白猫が眼を  フタカイ瞼の眼ばかりが  四つぶの眼の  思いに眼を  運命から眼を  紫縞が眼に  久保田さんは眼を  のは活きた眼だけ  顎と眼とは  後頭と眼とは  玄浴主の眼の  業を眼に  別の眼で  雑兵数人には眼も  熟と見定める眼  間に眼を  奴ほど眼が  巣の眼は  咥えた程眼が  陶然の眼を  ほこの眼の  おのづと別の眼で  あたしの眼の  あたしの眼を  兄さんの眼なんか  雪景色を見て来た眼  しゅん子の眼よりは  私の眼からも  千代子の眼に  ポッチリとした眼を  万人の眼を  勢力を眼の  波濤を眼の  何と云う眼を  日の出とともに眼を  縁先に眼を  眉毛から眼の  顔かという眼で  後姿が眼に  何者も眼の  灯を眼で  ぼくらの眼の  ぼくの眼が  #川の眼に  のかと閉じた眼の  重大性から眼を  ぼくが眼  轡川の眼に  ぼくは眼の  観察の眼で  昼ごろに眼を  龍介の眼から  かげな眼で  後藤の眼は  オオベルマンを抛り出して眼を  妙に輝いた眼の  箱には眼も  グッタリと眼を  心に眼に  俺の眼と  呼吸が詰まって眼が  二度ばかり眼を  船員の眼は  急に違って来たので眼が  一等運転手も眼を  家でも眼に  気ちがい眼で  話半ばに眼に  皆の眼の  四人の眼は  黒味勝ちな眼に  變らず眼と  四人の眼が  テーブルに眼を  祈りを含んだ眼  群に眼を  最後の眼の  予想する眼  僕は眼も  #わたしが眼を  文明活溌の眼を  民衆的作物が眼に  旅籠屋が眼に  僕の眼にと  後姿に眼を  後姿を眼で  姉の眼の  怒りの眼を  笑つたあとの眼の  小便に行きたくなりまして眼が  ムカ付いて眼が  まま観念の眼を  狃れた眼  頁から眼を  からだを曲げて眼を  気がかりな眼で  朝から眼を  批判力が眼  微笑を浮かべ眼に  方へ眼をも  二時間後に眼を  老婢がはいって来たので眼を  彼女の自惚れの眼から  アントアネットは眼に  ジャンナン夫人の眼から  輝きに眼を  温良な眼を  オリヴィエの眼の  間も眼を  ものが眼には  相手の眼をしか  者の眼が  捨鉢な眼  感情から眼を  顔を赤めて眼を  暗闇が眼に  口もとや眼の  彼に話しかける眼に  隆起に眼を  神経的な眼を  画家の眼の  ハンチングを眼  朝刊から眼を  妻の眼が  ソフトを眼  人いきれやらで眼が  西田さんの眼にも  さっき僕の眼に  観衆の眼に  6かと眼を  時寺田の眼は  狂暴に燃える眼で  寺田の眼は  一箇處が眼には  あけから眼を  云つたのは眼の  ゴールの眼  哀れな眼に  冬子の眼の  顔付きで眼を  方の眼から  身振りをしながら眼を  みんなの眼の  草に眼を  神樣の眼や  人間の眼  各々の眼を  海女の眼や  生馬の眼をも  はつと思ふと眼が  御前の眼は  大将の眼が  端を眼  髣髴と眼の  少佐は眼を  検事の眼が  室が眼に  検事は眼を  今日ほど眼に  女が眼と  方へ眼で  夫人の眼が  ほんとは眼で  いつしよに眼で  演奏者が眼に  ぼんやり外に眼を  指を眼に  小鳥に眼を  はつきり彼女の眼は  尾関は眼を  もの好きらしい眼が  新緑が眼の  ワラ包みを眼の  考えに眼を  万人の覚めて眼を  今朝五時頃に眼が  山は眼の  それが眼を  腹痛で眼が  さっき彼が眼を  知らん顔をして眼を  つて自己の眼を  ゲーテの眼に  王子は眼が  王子は眼を  女王が眼に  先刻から眼の  余の眼には  ナイフにも眼を  舞台のみを観た眼では  直接人生を視た眼  底光りのする眼  識らず眼に  俳優が眼を  自覚の眼を  健在を眼の  悪女と眼と  傷痍に眼を  溪は眼に  中から眼に  悲願に眼を  び自然に眼が  不快な眼を  所へ眼を  路は眼を  馬琴の眼に  ニョッキリと眼の  洵に眼  馬琴は眼を  足許へ眼を  己の眼の  とき子の眼の  口許や眼の  含羞みを輝いた眼の  美枝子は眼で  美枝子は眼を  白雲の眼と  向う岸を睨んだ眼の  白雲の眼は  自分は眼に  一つにひっかかって眼を  こちらは眼が  伊太夫の眼に  女人の眼は  蒔絵模様に眼を  こいつらの眼で  自分と眼と  こんどは眼を  教場の眼の  三つの眼が  三ツの眼が  主膳は眼を  主膳の眼を  愕然として眼が  ハタと眼を  わたくしの眼では  山河が眼の  あなたの眼  米友の眼では  あたいの眼を  刀を眼の  七兵衛の眼は  景気に眼を  角さんの眼で  観念の眼を以て  角さんの眼に  常道の眼から  角さんの眼から  人だという眼を以て  今に眼が  晒しを見る眼を  合理の眼を以て  伴はせて眼の  吾人日常の眼を以て  これらの眼に  欧洲人の眼には  毛沼博士が眼を  理由で眼が  執念の眼を  冷い眼で  雑誌に眼が  七郎は眼を  人々が眼に  人々を流し眼に  跳躍しながら眼を  東助の眼の  下を見ると眼も  晴次は眼を  変だと思って眼を  下向いて眼を  生真面目らしく眼を  純潔な眼と  友の眼で  クリストフが眼を  身を横たえて眼を  オリヴィエの眼を  病人の眼や  君は眼に  顧客らの眼に  オリヴィエの眼を通して  機才と輝いた眼とを  悪意の眼で  皮肉な眼から  何にも眼には  迷蒙から眼を  向こうが眼を  両の眼の  論説が眼に  胸部を眼の  念が眼  逸話になると眼に  本能が眼  愁わしい眼で  さで眼  臆病者も眼に  死者から眼を  忠実なる眼の  盲人たちは眼を  何度も眼を  エミリアンが眼を  傍に居る眼の  卯の花が眼の  軸物におりおり眼を  きわでかれの眼に  永遠の眼から  パウロは眼には  ところで眼が  夜の眼が  鹿の眼で  花むらを眼を  杜松子は眼を  私を閃くが如き眼で  尊敬の眼で  フォン・コーレンは眼を  隊商の眼に  小鳥が眼には  サモイレンコは眼を  字が眼の  あいだ用心して眼を  コンスタンチーノヴナと眼を  コップが眼の  動物学者の眼を  アチミアーノフは眼を  悪魔の眼を  家で眼に  谿が眼の  フォン・コーレンは眼に  士官たちと眼を  馬車に乗ると眼を  暗闇に眼を  夫と眼を  余計に眼に  差別的の眼を以て  例によって眼の  昔から眼の  評価の眼を  手元から眼を  俊子は眼と  瞬間に眼を  不安そうに眼を  彼と眼を  場を失った眼を  彼の眼へ  俊子の眼を  身動きが出来なくて眼を  心が眼に  姉の眼が  婦人の眼の  妹は眼を  ケンある眼に  篠田は仰げる眼を  清なる眼を  晴やかなる眼に  窃と眼を  呼吸を殺ろし眼を  ハンケチもて眼を  てる梅子の眼は  浦和は眼を  沈思の眼を  絹巾に眼を  伯母は眼を  大和は眼を  ギロリとせる眼を  慧なる眼に  川地の眼は  悄然として眼を  篠田の眼を  芝生に眼を  細かな眼ば  彼女から眼を  探偵の眼が  源叔父が眼を  憐れとみる眼には  櫓こぎつつ眼を  情見ぬく眼  顔見ては眼  眠気なる眼にて  母が眼の  自然に対して眼を  更子が眼を  四時頃から眼を  伊津子の眼に  伊津子の眼の  人の眼から  頭を回して眼の  咲の眼の  これが眼かしら  空二の眼に  空二に眼を  指で眼を  婦人は眼を  パツと眼を  みずから自分の眼を  理想化されて眼に  彼方はるかな眼に  温情に満ちた眼を  ランジェー夫妻の眼には  寛大な眼に  点ばかりが眼に  怜悧な眼や  実直な眼で  オリヴィエが眼に  ジャックリーヌは眼を  いっしょに眼を  ぼんやりしてる眼の  外出着をぬいで眼を  クリストフとの眼の  涙を浮かべながら眼を  一時間もたつと眼が  婦人の眼に  ジャックリーヌの眼に  純潔な眼で  炎に眼を  悪意ある眼で  底に潜んでいて眼に  前と異なった眼で  当局に眼を  やつぱりこの二つの眼に  げに動かした眼と  親身な眼を  角さんの眼の  中を見て眼を  卦面に眼を  人の見る眼の  がんりきの眼の  一視同仁に眼を  らを見立てた眼は  茂太郎の眼で  書物に対する眼が  神尾の眼で  徐和は眼を  決心の眼を  目玉だけの眼  四方八方に向いて開いてる眼  何でも見える眼  底なしの眼  様が眼の  日輪草は眼を  健康な眼と  二つの眼しか  あたしの眼から  鉄の眼の  ジーッと眼を  坊さんは眼を  ヴァランタンの眼が  オブリアンが眼を  ベッドに眼を  伸子の眼から  美佐子は眼だけを  手を眼の  入り口に眼を  まま流し眼で  はじめは眼を  冷酷無情の眼の  らの眼には  若者の眼の  さは眼の  父の眼の  清らかな眼を  基経の眼の  猟夫の眼は  のを眼だけ  橘の眼に  橘の眼は  顔さえ眼に  菊次さんは眼を  菊次さんの眼には  何物かが潜んでいる眼  アントニイ・ベエコンの眼が  弥之助の眼の  非常時現象が眼の  雑誌に眼を通して  睫毛の反った眼で  批評家の眼で  自分ひとりの眼に  洲本が消えて仕舞って眼の  作太郎は眼を  掲示などは眼の  辮子を引いて眼の  輪に挟まれて眼の  行先が眼の  西高峯は眼の  現実から眼を  君の眼  一切に眼を  鉄ぶちの眼がねを  見解も眼の  凡庸な眼で  澄江の眼には  助も眼を  陣十郎の眼と  源女は眼を  宙へ眼を  屋敷も眼の  主水は眼を  澄江は眼を  林蔵は眼を  今朝笹屋で眼を  女へ眼を  口に入り眼に  水の眼を  切先と眼とに  今朝になって眼  介の眼に  介の眼にも  息を呑み眼を  嘉門様おいでが眼に  人形は眼を  大胆に眼を  姿へは眼も  忍の眼の  妻は頷いて眼を  水が眼を  鍵屋で眼を  岩屋で眼  極にあって眼は  多四郎は云って眼を  介たちの眼に  水の眼は  時ヒョイと眼を  多四郎とは眼を  無意識の眼に  気象が眼に  一双の眼だけが  笑に眼は  霎時渠の眼を  佐久間の眼は  竹山の眼には  声を落して眼を  色に眼が  それが疲れ切った眼に  のを見て居る眼からの  氣象が眼に  野村は眼を  氣な眼で  云つた樣な眼  聲を落して眼を  枝振を眼を  私は病み疲れた眼で  見合つた二人の眼の  云つて沈んだ眼を  樹立に眼を  彼らの眼を  神の眼から  りっぱな眼を  清澄な眼で  奢侈に眼が  寛大な眼で  困惑とを眼に  オリヴィエの眼と  用に供せられた眼に  ぼんやりした眼を  官能と眼と  ことにも眼を  意識の眼を  愛情をたたえた眼で  希望に輝いた眼を  老練な眼で  殺意が眼  警察から眼を  血が眼に  別な眼で  音に眼  彼は疲れきって眼を  疲憊しながら眼を  なにゆえに眼を  彼のすわった眼の  活気に燃えたった眼を  彼女の眼で  仕事から眼も  ブラウンは眼に  彼女と眼を  祖母の眼にさえ  アンナの眼を  打撃を眼の  明日から眼を  二人は眼も  魂の眼に  彼女らの眼は  無数の眼で  ベービの眼を  アンナは眼を  九時ごろに眼を  彼が眼に  犬の眼を  獣の眼の  背骨を折りくじこうとする眼に  転倒した眼を  生に眼  病院の眼に  メリケン兵の眼には  雪に眼を  子供らしい眼で  混合した眼  栗本の眼は  峰々へ眼を  われらの眼に  道彦は眼を  えり巻を眼まで  大人の眼に  子供の眼に  死を眼に  彼等は眼に  彼女達が眼を  ハツとして眼を  怪美に眼を  右の眼だけは  ポーズが眼に  いろいろの眼で  廣みに眼を  みに眼を  見聞きする眼に  万世橋を眼の  目ッ吉と眼を  金調べの眼が  ッすらと眼を  源内先生が眼で  鳶に眼の  伝兵衛と眼で  候歌と眼の  人ありて眼を  張をもった眼が  ろひをふくむ眼を  深刻な眼は  雙の眼が  個々の眼の  カメラの眼を  カメラの眼の  冷い眼を  黒味勝の眼が  眠相な眼を  定の眼にも  口をつぐみ眼を  汝の眼の  彼女が眼に  北方人の眼に  光は眼から  人の眼や  オセロ風の眼を  #彼女の眼は  マチィーニの眼とともに  元気を眼  グラチアの眼が  従姉へばかり眼を  魂と眼との  グラチアの眼は  有情の眼で  確実な眼と  小鳥どもが眼を  ときオリヴィエを眼の  意固地な眼の  勝利を眼に  額や眼や  創作力は眼  彼女の落ち着いた眼を  グラチアは眼を  幸福に眼を  朝に眼を  晩に眼を  理性の眼が  ように満ちあふれて眼  洞察的な眼の  彼は眼と  記事を眼に  ジョルジュの眼に  心中にさえ眼  青年らの眼から  クリストフには眼も  コレットの眼には  巨匠の眼は  水は眼を  自由になって眼を  彼らの囀りを眼  怜悧な眼で  片方の眼から  動物の眼を  先には眼を  猫が眼を  中でも眼が  退屈げな眼の  彼を眼にも  顔は眼に  エホバと眼を  一時に躍りたって眼  はたの見る眼も  写実主義的な眼で  小説家の眼には  詩人の眼には  劇作家の眼には  耳や眼に  いふ点に眼を  素人の眼から  殆ど批判的な眼を  ツと眼が  観察者の眼と  一分野に眼を  特別な眼を  手の甲でもちあげて眼を  素子を隔たった眼で  素子の眼が  呆けた眼  文人の眼は  身さえ眼をさえ  拙者の眼に  三原伝内が眼  伝内の眼に  茶盆に眼を  通は見る眼も  歴史的事実に眼を  演劇に於ける眼に  方面に眼を  芝居は眼に  対手の眼を  美人の眼の  汝が眼は  すべての眼を  黴毒で眼の  盲ひた眼を  兵衞は眼を  燈臺の空けたる眼は  豹の眼の  亞麻いろの眼を  魚を眼  輪廓から眼の  軒燈に眼を  涙にうるんだ眼で  何が眼に  ア誰が眼にも  おれの眼で  魅力のある眼に  五十銭銀貨ほどの眼が  お嬢さんの眼  お嬢さんの眼が  魔力をもつ眼  一生懸命になって眼だけは  兄妹二人の眼は  敏捷さで眼  陸へ眼を  声に驚いて眼を  新三郎の眼は  周囲に眼を  そうに見えぬ眼を  若人たちの眼から  乱暴人に眼を  チリと眼が  室に眼を  キッシリと眼を  甥書生等の眼を  狸のごとき眼の  一双虎のごとき眼の  素戔嗚は眼を  じい大蛇の眼に  暫時は眼ばかり  須世理姫は眼を  須世理姫の眼の  鏡へ眼を  舟へ眼を  顔は眼も  六十六歳の眼に  声にも現われ眼にも  十三個も眼に  鉄粉で眼に  中間には眼に  内容のきまっていない眼  一時は眼を  本来ならば眼の  米友さんの眼で  犬の眼から  穀を眼の  颱風の眼に  一度も眼を  物に慣れた眼で  源松の眼を  双方に眼を  源松の眼も  真実あれは眼が  奴は眼の  眼前に眼を  行燈が眼に  狼が眼の  福松の眼の  身で眼に  頭と眼で  手と眼との  与八の眼で  支那文学研究者の眼から  人天の眼を  六畳に霞んだ眼を  家なども眼に  舞台を見た眼で  自転車へ眼を  一度に眼の  狛犬へ眼を  新蔵の眼を  敏は眼を  火花が眼の  新蔵は眼を  新蔵の眼が  門番の眼には  迷いとか眼の  行く手に眼を  男の子が眼を  媚を含んだ眼で  莫迦な眼を  安子が眼を  美緒の眼の  反対に眼は  五郎の眼ばかり  五郎の眼に  静かな眼で  私がいつ眼を  五郎から眼を  五郎を眼で  意味を込めて眼を  フツと眼が  身体から眼を  京子から眼を  美緒が眼を  美緒の眼を  タオルを喰えて眼を  参木は眼を  タオルで眼か  彼は眼か  智的な眼の  山口の眼が  秋蘭の眼は  大げさに眼を  高重は眼を  靴音を聞いて眼を  人影と眼を  おぼろげに眼が  杉が眼を  才気走った眼の  芳秋蘭の澄み渡った眼を  女たちが眼を  印度人たちは眼を  積って眼を  こっちの眼の  ガーゼで眼を  主婦の眼に  瘤にひっかかって眼を  秋蘭の眼  店頭へ眼を  煙管を喰えて眼を  柳の眼から  彼女を追って来て眼を  乞食ぐらいの眼  参木の眼から  宮子の眼を  用紙から眼を  距離を眼で  爆発する眼  甲谷は疲れた眼を  義勇兵の眼の  穴を開けて眼の  秋蘭を探す眼に  柔いだ眼の  あなたなんかに眼が  外を窺う眼だけが  甲谷には眼の  底で眼を  上へ仰向きに倒れて眼を  奴の眼が  ものは捨てる眼  疲労とに眼の  群集の眼の  朝為吉が眼を  朝の眼  暫らくは眼が  傷へ眼を  為吉の眼に  毛布にくるまって眼を  為吉が眼を  彼等の眼には  時の眼を  皿を眼で  ほうでも眼を  今まで眼の  ニッポン人を見る眼に  ょッと眼に  人間がさう眼に  哀願の眼  首垂れ窓は眼を  依田の眼は  村尾が眼を  斜視めいた眼が  場が眼に  批評の眼は  重吉の眼は  ひろ子の眼の  ひろ子の眼に  時流の眼から  らに眼を  七斤の眼の  模様までを眼で  好色じみた眼を  知世子はあげた眼を  雲を眼で  松久が眼を  感嘆の眼で  うたびとの眼の  余所の眼さえ  賽の眼の  遙拝して閉じたる眼を  首さし出して眼を  鷲の眼  後見られぬ眼を  誠を注ぐ眼の  夢かと眼を  漁師共の眼に  いま千二百なれが眼は  火をみつめたる眼は  暫らくは眼の  彼れの眼から  つた魚みたいな眼で  低頭勝なる眼には  いくらも眼の  右に眼を  自分が眼  王公は眼が  こっちは眼を  僕は眼の  もんの眼にと  遲く眼を  通りへ眼を  道夫の眼だけは  道夫の眼には  川北先生の眼を  一人へ眼  蜂矢の眼に  課長が眼を  課長の眼は  雪子の眼は  道夫の眼の  僕たちの眼に  コップを眼よりも  お祖母さんの眼を  透徹した眼を  白紙的な眼で  新らしい眼で  各自に異なった眼や  人生から眼を  赤児の眼に  作家の眼の  ふうに眼を  人道主義的な眼で  偶と眼が  通りは眼を  神経質な眼の  人声におどろかされて眼を  車外へ眼を  わたしも眼を  警察からも眼を  判事の眼にも  僕を見ても眼で  狂熱した眼を  彼女に眼で  僕の眼はと  時僕の眼に  彼女の眼を通してしか  他方の眼を  物かと眼を  声を潜め眼を  娘も眼を  枕に眼を  のろらしい濁った眼で  風俗に眼を  烟は眼  襲ふて眼には  円朝の眼に  よだかは眼を  此方の眼に  あいらの眼で  ヒョッと眼を  柔しい眼で  白昼の眼を  清子は眼を  金の眼を  如実に眼に  岩の眼は  渋紙色をした眼の  乞食に眼を  中途で眼を  多賀さんは眼で  金具類の光りが眼に  死体の眼  抵抗出来ない眼  死体の眼は  君は眠りながら眼を  俗の眼は  朧げながら眼の  私が思はず眼を  感傷らしく眼を  ぢちやんの眼を  溜息をしながら眼を  ソット鍵穴に眼を  犯人と眼  健策は眼を  当局の眼とかいう  貴方がたの眼に  光景には眼も  光線をふり仰いで眼を  戸棚に眼を  金色に光った眼を  小鳥が眼を  呆んやりとした眼に  ダイヤが眼の  ピカッと眼を  陽子は眼を  春樹は眼を  宝石に眼を  終いには眼で  魅力を持つ眼  私なんかの眼から  自動車を眼で  姉の眼から  姉の眼に  後世の眼から  夫人の眼には  政敵の眼から  やうなきらめきを宿した眼を  廻転しはじめる眼でも  王女の眼を  媛の眼に  蔵へ眼を  生首へ眼を  菊弥は眼を  姉の眼や  菊弥の眼に  綱五郎の眼から  盲いかけている眼から  今朝あたしが眼を  輪燈やが眼に  伯父の眼が  #私の眼を  塔が眼の  顔にかけて眼ばかりを  患者達が眼を  夜更などに眼を  涙を浮かべた眼で  つたので眼を  雪伯母は眼を  雪伯母の眼を  俤などが眼について  彼女は引き続いて眼を  雪伯母の眼は  先につけては眼に  雪伯母の眼も  千歳の眩んだ眼には  水は眼に  千歳の眼に  人々の眼には  日私の眼の  殲滅戦が眼の  私に眼で  姿で眼に  素人の眼ながら  今井君に眼  材木を眼で  ビルディングが眼に  歩哨の眼を  将兵の眼を  私は急いで眼を  唱歌集が眼に  桂班長が眼を  第三国の眼から  後世の眼が  抗日テロリストの眼が  あたりが眼の  赤心が眼の  光太郎も眼を  下目に眼を  別な眼に  色慾に眼を  星空から眼を  チカマーソフ夫人の眼の  肖像に眼を  秋山図から眼を  ガタと眼の  電燈になれた眼には  空虚に眼を  手足を眼の  健は眼を  百姓を眼の  身体が眼に  健の眼を  肩を揺すり眼を  間で眼の  慎作の眼を  米友を見かけて口説いていた眼と  形相のみが眼に  湯呑に眼を  関守氏の眼で  銭に眼は  颱風の眼を  お松の眼と  海には見飽きた眼を以て  以外の眼を以て  喜代の眼にばかり  軽輩の眼には  はずの眼を  書巻の眼は  老中が眼を  幹子の眼の  腫れぼつたい眼を  翁の眼は  思つて雪江は眼を  程亢奮の眼を  斯んな眼の  雪江の眼に  雪江が眼ば  虚な眼を  灼熱した眼を  つて光明に眼  僕等の眼の  翁は眼が  この世に足り足らいつつ眼が  翁の眼や  方が生きて眼に  嶺は望まれたが見れば眼が  繁栄を眼に  翁の眼に  感じが眼に  自分たちの眼から  姿も眼の  防禦心から眼を  男は眼に  山の眼  鳥群に眼を  人間たちの眼に  将門の眼を  心配さうに眼を  息災な眼を  外国人の眼で  運営委員会は眼を  人間が眼に  詩人の眼から  卓上に眼を  千重子が眼を  一度に眼を  しずかに眼  茂みに眼を  誰だって眼を  北村の眼に  どちらにも眼が  正確な眼が  傾斜したがる眼  方から逃している眼  黒板に眼が  涙が噴いて眼が  青草が眼に  動物的な澄んだ眼に  酋長の眼の  時に眼の  リイの眼の  さは眼も  遠眼鏡を眼から  遠眼鏡を眼に  ことがはじまって行くので眼が  リイは眼を  眼鏡を眼に  リイの眼は  悪魔が眼を  帽子に眼を  檜山は涙ぐんで眼を  檜山は眼を  靜かに眼を  聖像が眼に  空ろな眼を  兎の眼が  谿流は眼を  二竜は眼に  蛇を眼  蜈蚣の眼が  斜めに見る眼の  手を拱き眼を  事にも眼に  先生の眼には  事件以外何にも眼に  帰朝者の眼に  声を眼を  憲一の眼には  憲一はあわてて眼を  憲一は眼を  女のうるおいのある眼が  ギョロとした眼だけが  彼は膨れぼったい眼を  穴に眼を  一つが眼を  お前は眼に  人生の眼  国王これを訪い眼を  蛇が眼を以て  そこが眼から  作家は眼を  男たちの眼の  自身の眼が  実が眼  夜汽車が眼に  物だけが眼に  リアリストの眼に  怪しげな眼で  のっぴきならぬ眼に  兵隊から帰ったばかりで眼が  平野は眼の  景色も眼に  一同急に眼を  ものらは眼を  寡婦は眼を  老人たちの眼から  老人たちの眼の  自由批判との眼を  婦人たちの眼が  青年芳夫の眼から  対角線状に躍る眼を  虚ろな眼を  四五三号室で眼を  冴子の眼は  信吉の眼は  信吉と眼が  伊都子は眼  虚ろな眼や  現在信吉の眼の  好奇的な眼と  新内語りは眼を  どろんと濁った眼を  媚をふくんだ眼で  信吉は眼を  国民大衆の眼を  政友会の眼を  政権が眼の  一時金に眼が  事情の眼の  政治工作に眼を  科学者の眼は  専門家の眼としては  専門家の眼から  世界観などに眼を  転変猫の眼も  色子野郎ばかりに眼を  馬擾しほどに眼を  馬の眼  専門家の眼には  あかりを消して眼を  久しぶりで眼に  エレヴェーションが眼に  久江は眼を  九郎の眼は  九郎が眼を  新年号に眼を  ホームを見馴れた眼には  キリスト教では眼で  二教ともに眼ほど  毎に眼を  棗に眼を  寝顔を見た眼  市十郎は眼が  義憤の眼を  獣じみた眼を  おれたちの眼を  好奇心を眼に  反抗を眼に  辰は眼に  床の間へ眼を  どこか眼には  野獣の眼に  影へ眼を  穏やかな眼  巨男が眼を  巨男の眼に  白鳥は眼を  章の眼は  水みずした眼が  間へ眼を  のれんをくぐると眼の  形をして居るので眼を  私達の眼が  猫に劣る眼を  正宗菊松の眼は  一郷の眼を以て  一国の眼を以て  天下の眼を以て  大事な眼を  俺に眼が  ジョンの眼は  それを見抜く眼の  碧い眼は  私たちの眼の  #私の眼と  私たちは眼と  シルヴァーの眼に  彼等が眼を  黄ろい眼を  端で眼の  関所関所の眼を  中門が眼に  上書に眼を  内蔵助は眼を  きゅうに眼の  小平太は眼を  おしおの姿が眼に  群集の眼を  おしおの家が眼に  涙を持った眼に  是はとばかり眼を  怒りの眼は  其方が眼にも  星の如き眼の  眉秀いで眼  字が眼には  光子は眼ば  光子には眼も  翁は眼  生活に眼を  コッカトリセの眼に  歯と眼を  腺病質で眼の  生活を観る眼という  星空へ眼を  君公の眼に  鴈の眼に  買手も眼の  美登利は眼を  口を利くと眼が  上に落ちて眼を  源は眼を  顔色を変えて眼を  恐怖に眼を  皿大の眼を  豕の眼は  経典に眼を  草で眼を  馬は眼を  人は眼  雨戸をあけると眼の  足軽達の眼に  戦を眼で  心の眼までは  静かな眼も  利發らしき眼  先覚者の眼より  蒼空に眼を  笑ひ疲れて眼を  大の字に寝て眼を  百科辞典的な眼を  階級対立の眼  粂吉の眼を  昼飯を終えた眼に  絶頂と眼  大通りが眼の  木村は眼に  森田の眼は  海を思わせる眼を  商売柄の眼の  他人の眼からは  亡父の眼  亀さんは眼を  心の眼には  払暁から眼を  時刻に眼を  時代の眼を  それからは眼を  刻ごろに眼を  母親の眼は  美妙斎と眼を  美妙斎は眼を  錦子は眼を  大仰に眼を  さっきから眼  画面に眼を  充血した眼の  百の眼を  老人の眼が  布で拭い眼にも  様子を盗み眼で  真っ先に眼に  驚きの眼に  三津五郎は眼を  六つ揃わば眼を  涙を眼から  相模守の眼を  扇箱に眼を  糸に眼を  門衛の眼を  変調にともなう眼の  読書して眼を  春の眼に  みすがたたどる眼に  んは眼ばかり  金縁の眼がねを  んが眼を  彼奴と睨んだ眼に  鯨の眼の  圓い眼を  不作が眼に  互ひに眼を  數之介風情には眼も  不思議の眼  仙太郎は疑ひの眼を  手傳は眼を  度々利一郎に眼  何かの眼の  しみの現れた眼で  ものは眼へ  大道芸人は眼を  安房守は眼を  そっちへ眼を  正の眼は  正は眼に  大友は眼を  はんけちを眼に  そうにして眼を  半分閉じた眼と  ために煮えくりかえっているらしく眼が  僕の睨んだ眼に  私はあわてふためいて眼を  むき赤濁りに濁った眼を  佐竹は眼を  批判的な眼を  ギョロリとした眼が  ここにかうして坐りこみながら眼の  さうにして眼を  むき赤濁りに濁つた眼を  河野の眼の  吉岡が眼を  敏子さんが眼を  朝になっても眼が  いまに眼を  あいつも眼が  声だが眼の  瞬時の眼は  陰惨な眼が  陰惨な眼を  四郎の眼は  四郎の眼には  づれに眼を  小樽の眼の  東北に眼を  農民の眼に  東に眼を  白壁の眼にも  柔軟き眼の  血潮にまじる眼の  うしてゐる眼の  専念に眼を  あたりから眼の  笑ひで照子の眼を  何だかが眼を  予の眼は  リアリストの眼を  燦爛として眼を  底でも見ると眼が  辺を見まわした眼を  たたきをしない眼を  子へ眼を  須永の眼の  柳子の眼を  妻に眼を  柳子を見ていた眼を  ユックリと眼を  医者の眼  舟木の眼から  若宮に眼を  柳子は眼を  舟木の眼を  落着いているが眼だけは  顔をして眼が  若宮の眼を  指先を眼の  動物的な眼が  キョトリとした眼を  素人の眼をも  うろんの眼で  ぼんやりと眼と  額と眼とが  額と眼とを  落付いた眼に  吉はあわてて眼を  吉の眼は  自身の眼に  夢で眼を  あたり睨みまわす眼にも  これならばと眼を  沈没船引揚事業に眼を  次郎は見て眼が  次郎の眼を  ギロッと眼だけ  小頭の眼の  小頭達の眼が  まま天盤へ眼を  巡査に眼  係長が眼を  女としてめざめた眼に  げな眼が  額と眼に  ものばかりに眼を  現実に眼を  評価しているものの眼に  唇を震わして眼に  彼女等の眼を  登志子の眼に  批評的な眼で  どらかな眼を  大町さんの眼に  廊下トンビに眼を  卑俗の眼が  興奮に眼を  キヨトンとした眼の  仔細らしく眼を  さが眼  子にゆすられて眼を  火花に打たれて眼を  清の眼には  息子の眼には  衰弱は眼に  つては眼に  樣が眼に  恚れる眼を  圭一郎の眼に  ぎよつとして急いで眼を  お前たちの眼には  方の眼では  さに眼の  青年は眼も  波ばかり眼の  書が眼には  山腹に眼を  氷も眼に  中江の眼に  キミ子の眼が  中江の眼は  裾が眼に  鞭痕に眼を  中江の眼の  中江の眼が  上人老いの眼を  假睡に落ちようとする眼を  無数の眼は  治子の眼には  青年の眼は  朱文の眼の  八は眼を  八の眼に  大衆の眼に  資料にだけ眼を  何時とはなく眼の  一つ観念の眼を  お宮は眠った眼を  あれと眼に  歴々と眼に  ものも眼に  方ばかりに眼を  明白と眼に  平原に眼を  其方面に眼を  鬚男の眼には  怒りに眼が  真っ黒な眼の  長崎からは眼と  東京から行った眼には  ヒョイと見上げた眼に  白壁に涙ぐんだ眼を  方へは眼を  感じと眼の  わりに眼も  島村の眼を  芸者は眼を  感ちがいをして眼の  岸は眼の  冷然と眼を  理性の眼を  谷の勝れた眼によ  流れが眼に  雪太郎が眼を  恍惚の眼を  空想が眼の  近くには眼も  此処は眼も  それは眼も  心配して眼を  あんたらの眼で  登美に眼を  新鮮さに眼を  登美を眼で  ヒョッと眼が  三好の眼を  編棒に眼を  三好を眼に  お松の眼も  人間の眼とは  猛鳥の眼  唾をのみこんだ眼を  男はくぼんだ眼を  神経過労の眼を  中の眼  家畜の眼  添へてたがひに眼を  憂鬱な眼にな  はつきりと眼の  情熱の眼を  ギツクリとして眼を  手に眼に  膝へ眼を  総司は眼を  場ア此処と眼を  爪先に眼を  蚋が眼の  谷底を眼の  山稜伝いに眼の  んだ眼の  身を包んで眼ばかり  晩だから眼が  四辺の眼なんぞ  これはと眼に  切れ切れになって眼の  北原君の眼は  スケッチが眼に  いつでも眼が  しげ子は眼を  ようとして眼を  一つ一つに眼を  心持ち眉根を寄せて眼を  良助の眼の  田原さんの眼を  田原さんの眼が  重夫から眼を  田原さんは眼を  ピストルに眼を  田原さんの眼に  薩軍の眼が  丸顔に眼  敏子は眼の  洋子は眼を  敏子は眼を  怪しげに光ってる眼  輕蔑の眼を以て  閾口に眼を  羨望の眼を以て  姉は眼で  私は眼では  上へ眼だけは  鏡を照らして眼を  頭の禿げて眼の  番號に熱した眼を  たびに眼ば  河田は眼を  賃銀が眼に  笠原は眼を  目標が眼の  工場内の眼の  職工たちの眼は  かみさんは眼の  人類が眼  平中の眼は  平中は眼の  二百やの眼  巡警の眼に  黄白の眼が  裏を衝く眼を  疑問の眼が  支那人と眼で  支那へ眼を  六角になった眼を  場面を眼の  顔と眼が  六角の眼で  紙