「畏まっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 畏まっ[動詞]
そこへ、ちょこなんと畏まっ  彦太は、畏まっ  警官は畏まっ  傍に畏まっ  上へ畏まっ  糜竺は、畏まっ  趙雲は、畏まっ  帳前に畏まっ  魏延は、畏まっ  方を向いて畏まっ  割膝で畏まっ  突揃えて、畏まっ  主人は畏まっ  そこへ畏まっ  ペリッチが畏まっ  石子は畏まっ  きりで畏まっ  遠くに畏まっ  前に畏まっ  次の間では、畏まっ  前にしばし畏まっ  源氏は畏まっ  杯をさすともう深く酔いながら畏まっ  中将は畏まっ  膝を並べて畏まっ  食後一時間は畏まっ  わしも畏まっ  ベンチに畏まっ  窮屈そうに坐って畏まっ  襖際に畏まっ  所に畏まっ  俯向いて畏まっ  前へ畏まっ  大地へ畏まっ  ことなので、畏まっ  ところ、畏まっ  端居して畏まっ  先ほどから縁端に畏まっ  松監督は畏まっ  意気事を畏まっ  ままです、畏まっ  中に畏まっ  私は畏まっ  ぼく、畏まっ  おしもは畏まっ  手をついて畏まっ  



前後の言葉をピックアップ
貸越  賢島  賢堂  賢所  畏ま  かしこまっ  畏まる  かしこまる  貸座敷  カシス


動詞をランダムでピックアップ
跨い掲げよさしだす送り届け落ち着けよ堪忍ばこわがっ瞑るにぎわっ疼き滑る使いこなし謝れる萌まきしめいほてら翔びはじけふせっ進めろ
形容詞をランダムでピックアップ
なまめかしゅうふるし歯痒い欲しかっ欲しき賢しゅうほの暗かっ力強くぎこちない見易くかがやかしく安かれからかれでっかいけがらわしき後ろめたく目ばゆい悪かっひだるくかしこかっ