「あつらえ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あつらえ[動詞]
のにはあつらえ  客商売にはあつらえ  シャツをあつらえ  暮方仏像をあつらえ  地蔵をあつらえ  鰻山葵をあつらえ  際利用されるにおあつらえ  駕をあつらえ  牡丹餅屋にあつらえ  祝をあつらえ  皮をあつらえ  悪党としてはあつらえ  これはちょうど、おあつらえ  時計屋だというから、おあつらえ  葉子があつらえ  船宿にあつらえ  今日はあつらえ  皿をあつらえ  勝手から、あつらえ  一段になるとおあつらえ  ためにまるであつらえ  下座にはおあつらえ  お客のおあつらえ  そこへあつらえ  引越しそばをあつらえ  そこへ、おあつらえ  泥鱒鍋をあつらえ  霧はおあつらえ  上には、あつらえ  あんばいに、おあつらえ  ものだから、そこでピシャリという、あつらえ  苦としないから、あつらえ  一くくりあつらえ  服装をあつらえ  服、あつらえ  ものをあつらえ  時に、あつらえ  すべておあつらえ  雨が降って参りましたよ、あつらえ  上手はおあつらえ  肴をあつらえ  泥鰌鍋をあつらえ  ように突っ立って、おあつらえ  こっちにどうもあつらえ  子息様からおあつらえ  らに取ってはおあつらえ  女、おあつらえ  天ぷら蕎麦をあつらえ  障子二枚をあつらえ  女中にあつらえ  代りをあつらえ  狩にはおあつらえ  仕事ですから、おあつらえ  肴もあつらえ  がんりきというあつらえ  実行出来てもおあつらえ  物などをあつらえ  口取りをあつらえ  つぎにまた、あつらえ  鐘、あつらえ  不破の関守氏は、おあつらえ  アイスクリームをあつらえ  晩は丁度あつらえ  烏帽子のあつらえ  人形をあつらえ  人間テキにはおあつらえ  滑り台におあつらえ  そこには、おあつらえ  飯をあつらえ  逍遥するにはおあつらえ  方へあつらえ  これがおあつらえ  そこへおあつらえ  討論会にはおあつらえ  屋敷にはおあつらえ  息子にはおあつらえ  これはおあつらえ  風な、まるでおあつらえ  ビールをあつらえ  棺をあつらえ  村はずれには、おあつらえ  頃には、おあつらえ  のにあつらえ  酒のあつらえ  際にはあつらえ  これならおあつらえ  河を下るにおあつらえ  講義としては、あつらえ  特に全くあつらえ  鯛茶をあつらえ  ヒサを片づけ、あつらえ  一しょにそろえて、あつらえ  場にあつらえ  帳場へおあつらえ  ぴき出すにはおあつらえ  ばいはおあつらえ  ところへ、さながらおあつらえ  のは、おあつらえ  んだから、どう見たっておあつらえ  物事はそうそうおあつらえ  京人形をあつらえ  三十樽ほどあつらえ  から、それほどあつらえ  屋形船で、おあつらえ  万事がおあつらえ  男雛をあつらえ  折り詰め弁当をあつらえ  特別にあつらえ  虫が黒く伸びて寝ているなんて、おあつらえ  大穴は、おあつらえ  から泥棒よけにはあつらえ  寒中あそびには、なんというおあつらえ  病気はまったくあつらえ  田舎でもあつらえ  東京中おたずねになってもおあつらえ  五色せんべいをあつらえ  時刻もおあつらえ  靴をあつらえ  品をあつらえ  あれをするにはおあつらえ  



前後の言葉をピックアップ
あつめれ  集めろ  あつめろ    敦盛  誂え  誂えれ    アツラエダ  誂向き


動詞をランダムでピックアップ
手繰ら開き這いだすほおえみ続けんほどこしひろがろ長けれさえかえりわすれるやり合い投げ飛ばし遇せふりはじめるひしめき合う向けよはせつけ減らす鎖し言い交し
形容詞をランダムでピックアップ
辛いおかしきひとしきてっとりばやく相応しけれはげしゅうさかしき憎たらし著し青黒物堅瑞々しい危な小ざかしい印象深い手ばやく高くおそく奥床しいきたならしい