「濡れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 濡れ[動詞]
肖像画を濡れ  花のように薄紅く濡れ  べろんと濡れ  陽に濡れ  雨に濡れ  啓吉は、濡れ  落葉して濡れ  枯草も濡れ  ビショビショに濡れ  長手紙が濡れ  竹をきる濡れ  人も濡れ  ことは忘れない、濡れ  田舎道を歩きだしたが、いやはや濡れ  から、また濡れ  豆腐さげてしぐれて濡れ  葉の濡れ  汗で濡れ  指で濡れ  休憩すると、濡れ  量感のある濡れ  全身雨に濡れ  欄干から橋板がびっしょり濡れ  はだしで、濡れるなら濡れ  二人は濡れ  吾立ち濡れ  君が濡れ  水に濡れ  月に濡れ  浴場から躍り出て、濡れ  水を含んで触ると、濡れ  ただ雨に濡れ  気ぶりはなく、いつも濡れ  中を濡れ  口が濡れ  インキに濡れ  それに濡れ濡れ  しとどに濡れ  のだから、濡れていると思ったらやはり濡れ  そこにも濡れ  涙のあとが濡れ  涙に濡れ  自分の濡れ  寝床を敷いてやり、濡れ  露には濡れ  こぼれ水や洗い流しですっかり濡れ  一つは濡れ  帆、濡れ  大原野に、濡れ  腕が濡れ  悲しみに濡れ  やうに濡れ  やうな濡れ  艶は濡れ  夜もおちおち寝ず、濡れ  石だたみがまだ濡れ  髪が濡れ  風が、濡れ  風に逆立った濡れ  ここでも濡れ  月明かりに濡れ  波に濡れ  ふたりの濡れ  なかで濡れ  わきにかかえ、濡れ  ように濡れ  石だたみが未だ濡れ  祈祷的な、かなしい濡れ  博い、濡れ  衣は濡れ  悲しみとに濡れ  彼は、濡れ  海水着の濡れ  袖は、ぐっしょり濡れ  露に濡れ  眼から眉へかけての濡れ  色気に濡れ  打水に濡れ  苔清水に濡れ  髪も少し濡れ  光に濡れ  瞳にも濡れ  顔を濡れ  さに似ず、つらつらと濡れ  中にずつくり濡れ  心持でも濡れ  滑らかに濡れ  労働者の濡れ  虫は丁度その濡れ  そうに濡れ  花は濡れ  これに比べて濡れ  太陽に濡れ  あたりが、まだ濡れ  赤褐色が、濡れ  敷石がびっしょり濡れ  雪で濡れ  ためしっとりと濡れ  一晩中夜露に濡れ  静かに濡れ  頭からぐっしょり濡れ  とりと濡れ  おじさんは濡れ  ぢさんは濡れ  時雨に濡れ  大変に濡れ  灰の濡れ  横顔がほんのりと、濡れ  仕方なく濡れ  柔いせいか、濡れ  湧き水か、しっとりと濡れ  ベンチも濡れ  時は濡れ  皆ずぶずぶに濡れ  皆ずぶ/″\に濡れ  草みたいに濡れ  草履ばきでも濡れ  僅に濡れ  裾が濡れ  潮に濡れ  青年にはぐれもせず、濡れ  雨にうっすりと濡れ  ような、すべすべとした、濡れ  ねばねばした、重い、濡れ  悪臭を発し、濡れ  切な、たらたらと濡れ  のも馬鹿げている、かように濡れ  お馬にゆられて濡れ  袖は濡れ  寒中余り水に濡れ  絨毯に濡れ  中がしっとりと濡れ  霜どけの濡れ  血に濡れ  霧に濡れ  血で濡れ  後から、濡れ  庭土には、まざまざと濡れ  快楽に濡れ  打ち水に濡れ  張つて、濡れ  私に少し濡れ  思つたよりは濡れ  朝露に濡れ  先は濡れ  蠢めいたりし、濡れ  それに濡れ  全身海水に濡れ  海水に濡れ  衣服は濡れ  毛布は着んにもすでに濡れ  海水打ちこみ来らざれば濡れ  五月雨に濡れ  自分は濡れ  汗でびっしょり濡れ  好きだったし、常に濡れ  黝く濡れ  あたりまで濡れ  ために濡れ  これは濡れ  夫人の濡れ  緊め、濡れ  体臭、濡れ  人の濡れ  着物が濡れ  から、濡れ  モスクワじゅうが濡れ  アンテナが濡れ  空地の濡れ  藥湯に濡れ  腹が濡れ  雨にびっしょり濡れ  毛皮の濡れ  行つたにしても、濡れ  下帯まで濡れ  衣類は濡れ  すつかり濡れ  博士を抱き上げて濡れ  眼蓋が濡れ  境驛へとて、濡れ  紅に濡れ  セーターの濡れ  ビシャビシャに濡れ  音が濡れ  ウイスキー曹達に濡れ  額を濡れ  肉体は濡れ  額髪の黒く軟かに濡れ  桂木は濡れ  お前様一枚脱いでなり、濡れ  袷ぢやけれどの、濡れ  鞍も濡れ  涙と、濡れ  唇から、濡れ  枕が濡れ  コートが濡れ  氷雨に濡れ  月光に濡れ  横顔だけは濡れ  青苔が、濡れ  一斉に濡れ  茎にたかると、濡れ  鮮やかに濡れ  ように、濡れ  御衣もびッしょり濡れ  馬体を濡れ  肩がぐっしょり濡れ  額に濡れ  清二は濡れ  林町へかえると云うので、濡れ  衣服も濡れ  ぼんやりと濡れ  真紅に濡れ  牌をどかせるやら、濡れ  睫毛が濡れ  路が濡れ  処どころ路が濡れ  後向きにしよんぼりと濡れ  董承は濡れ  ずぶずぶに濡れ  主人の濡れ  肌まで濡れ  のが濡れ  頬を摺りつけて、冷たい、濡れ  マスクがだらだらに濡れ  秋風が、濡れ  水で濡れ  洵吉とは、まだ濡れ  灰を浴びて濡れ  紺にして、濡れ  通り雨にあって濡れ  衣服が濡れ  蒲団は濡れ  山しとどに濡れ  すすきも濡れ  つた落葉の濡れ  汗に濡れ  うちにも、サッと濡れ  のは、濡れ  字が濡れ  通り、まだ濡れ  字がまだ濡れ  日照り雨に濡れ  小屋にはいると、すこし濡れ  それはまだ濡れるともなく濡れ  電線も濡れ  髪はまだ濡れ  青青とそしてしつとり濡れ  陰に濡れ  間に美しく濡れ  手巾を濡れ  濡れに濡れ  空の濡れ  泡に濡れ  傘を持って来なかったので、濡れ  木の葉が悉く濡れ  帽子を脱いで、時々濡れ  三千代は濡れ  一面に濡れ  楽に濡れ  涙で濡れ  われ立ち濡れ  素子が濡れ  一度に濡れ  裏側がいつの間にか濡れ  これほど烈しく濡れ  睫毛がふと濡れ  皆吸い込んで、濡れ  膝が濡れ  服の濡れ  枕紙の濡れ  駄目ぢやないか、濡れ  ことを思えば濡れ  んだ、濡れ  風颯と、濡れ  部屋になっているんで、ジメジメと濡れ  びしよ/″\と濡れ  其足形を濡れ  皺は、濡れ  うちに濡れ  従つて何処も濡れ  間に、濡れ  真珠色に濡れ  さを感じつつ、濡れ  湯気に濡れ  本通りまで濡れ  油か、濡れ  畑だから、じとじと濡れ  身体に触りましょう、汚させ、濡れ  田圃で濡れ  膚とならずや、あの濡れ  毛の濡れ  ふじ子が濡れ  寒い雨に濡れ  娘ですから、黒く濡れ  後には、濡れ  手には乗らずに、濡れ  紳士の濡れ  瞬間に、思わず濡れ  音がしたかと思うともうあがって、濡れ  夜露に濡れ  ペリカンの濡れ  霙に濡れ  一人、しょぼしょぼ、濡れ  白砂だから濡れ  唇が濡れ  火となった、濡れ  液ですこし濡れ  紙は丸く濡れ  びッしょり濡れ  徒渉に濡れ  ベタベタに濡れ  泥がつき、濡れ  嗚咽したが、やがて濡れ  体を暖め、濡れ  せんも、びっしょり濡れ  終日ひそひそと濡れ  林を濡れ  空の下で、濡れ  静かに通る濡れ  叫び声でいななき、濡れ  玉露に濡れ  雨にまで濡れ  土は、少しも濡れ  中から、濡れ  ライトに濡れ  紙がまだ濡れ  指先はまだ濡れ  ような濡れ  露にしとしとに濡れ  細雨に濡れ  足跡が、やや濡れ  犬が濡れ  春の雪に濡れ  夏服も酷く濡れ  制服も濡れ  種は、濡れ  泥濘をこねて戻って来ると、濡れ  霜に濡れ  土に落ちて、濡れ  雨が濡れ  雨で濡れ  大方雨に濡れ  膝を、濡れ  衣類が濡れ  空に濡れ  草木も濡れ  秋雨に濡れ  水にも濡れ  中に濡れ  あなた様も濡れ  婆も濡れ  つけ床に立てて、濡れ  椿を濡れ  土は冷たく濡れ  膝は濡れ  焚火をして、濡れ  岸辺へ出ると、いつもは濡れ  あたりに、濡れ  傘をさし、びしょびしょ濡れ  涙でぐっしょり濡れ  鬢櫛で、濡れ  面が、濡れ  彼女は濡れ  山気に濡れ  体まで濡れ  一枚の濡れ  彼女は、濡れ  虎は然う云いながら、濡れ  其方の濡れ  露かに濡れ  身体が濡れ  砂はじつとり濡れ  だって、その濡れ  グッショリと濡れ  手紙かい、濡れ  お玉は濡れ  上へ濡れ  綿か、さもなければ濡れ  霜で濡れ  湯に濡れ  表へ出て見たら、まだ濡れ  あいつ到頭、濡れ  足の濡れ  殊にひどく濡れ  女は濡れ  手尖の濡れ  想いに青く濡れ  ズブ濡れに濡れ  手に渡された濡れ  上にはね飛ばされ、濡れ  のに濡れ  雪に濡れ  晴れ間に、濡れ  青菜が濡れ  ビッショリと濡れ  お召物がこんなに濡れ  枕の濡れ  涎に濡れ  雪水に濡れ  壁はしっとりと濡れ  足袋が濡れ  紅木瓜の、濡れ  手よりも濡れ  農夫が濡れ  矢張り雨滴で濡れ  常は濡れ  それから、濡れ  しんめりと濡れ  茶を入れてくれたり、濡れ  眼は濡れ  先が、濡れ  全身の濡れ  寸法は、あの濡れ  正直が、濡れ  くせ刀は、濡れ  高は濡れ  グジャグジャに濡れ  涙でしょう、濡れ  唇へ甘く濡れ  旗が濡れ  暮果てず明いのに、濡れ  時に濡れ  ざつと顔をあげて、濡れ  一直線に濡れ  私は濡れ  酒に濡れ  味噌なのだが、それにしても、濡れ  おいらなんぞは濡れ  兄さん、濡れ  おいらは濡れ  保羅は、濡れ  キャラコさんは、濡れ  保羅が、濡れ  ジットリと濡れ  酒気と濡れ  露でしっとりと濡れ  鱶が、時々濡れ  入日に濡れ  神尾主膳は濡れ  暮方夕立に濡れ  裾は濡れ  髪は濡れ  間を潜りて濡れ  のと、濡れ  涙よりも濡れ  タオルで、濡れ  真暗に濡れ  美くしく濡れ  雨か濡れ  けふもまた濡れ  私もしつとり濡れ  けふも濡れ  十時過ぎて濡れ  輪同志で濡れ  さん/″\雨に濡れ  工合もよろしくない、濡れ  なつたが、わざと濡れ  やつてきた、濡れ  私も濡れ  面を拭うと、べっとりと濡れ  髪がべっとりと濡れ  鰌をあけて更に濡れ  仄かに濡れ  眼、黒く濡れ  男に濡れ  ところが濡れ  辺へ、濡れ  黒髪は、濡れ  掛で濡れ  シトヾに濡れ  黒土がべたべたと濡れ  久美子が濡れ  靴が濡れ  昨日雨に濡れ  薪が濡れ  地までさんざと濡れ  はなを、濡れ  顔は、濡れ  手は濡れ  横眼をくれて、まだ濡れ  シットリと濡れ  ビシッと濡れ  私はさんざん濡れ  それはぐっしょり濡れ  枕一杯に、濡れ  薬がきいて、ぬらぬら濡れ  しぶきでいつも濡れ  雫に濡れ  右京もふと共に濡れ  足は濡れ  辺まで濡れ  雀も濡れ  あたりも冷たく濡れ  料紙の濡れ  旗竿より濡れ  肩、濡れ  風から先に濡れ  道だが、濡れ  め、濡れ  葉はただ濡れ  雨中を濡れ  彼女の濡れ  野宿して濡れ  張子じゃないから濡れ  だって、ほんとに濡れ  おいらがしっかりしたって、濡れ  ことだし、もし濡れ  足を洗い、濡れ  のを、一寸直し、濡れ  ニスが濡れ  揮発油で濡れ  夜が濡れ  水気に濡れ  高氏はその重たく濡れ  春雨に濡れ  下に濡れ  門に濡れ  雨にさえ濡れ  顔の、濡れ  霜かに濡れ  霧にしっとりと濡れ  眼と、濡れ  夜気に濡れ  祕してゐたが、濡れ  女が濡れ  夫にも秘していたが、濡れ  武士も濡れ  夕刊を小さく折りひしいで、濡れ  働きをも見せないで、濡れ  腰をおろして、濡れ  枕紙はびっしょり濡れ  位に捏ねて濡れ  身電気が濡れ  うちに、濡れ  長作は濡れ  花があかく濡れ  潮水に濡れ  夜霧でびっしょり濡れ  渡し小屋で濡れ  冷たい雨に濡れ  彼女の白い濡れ  発汗に濡れ  目が濡れ  鮮血に濡れ  岸へ泳ぎ着いて、濡れ  目は濡れ  江戸の濡れ  ここに濡れ  無理にひき戻そうとして、たがいに濡れ  闇黒に染む濡れ  べら棒め、濡れ  雨を持っているらしく、濡れ  汗でぐっしょりと濡れ  冬が濡れ  犇とその濡れ  浪に濡れ  小便に濡れ  ひたぶるに濡れ  加減にして、濡れ  ひまなく濡れ  雨降りで、濡れ  裾を濡れ  下に黒く濡れ  みんな、濡れ  米も濡れ  窓から屋根へ出て、濡れ  そこへ濡れ  一枚も濡れ  臭い家、濡れ  ひろ子は、まだ濡れ  若い復員兵が、濡れ  唇が、いきなり濡れ  濾紙を載せ、その濡れ  播磨は濡れ  浪を打つわ、濡れ  さまで濡れ  処は濡れ  処は、後で見ますと濡れ  冷く濡れ  一雨垂れに濡れ  露ほども濡れ  情熱だけが濡れ  前垂で、濡れ  清も弱るし、濡れ  心に濡れ  私共は濡れ  気持はしないで、濡れ  小雨に濡れ  素直に濡れ  來て濡れ  作が濡れ  上に、濡れ  つて居ました、堅く、しかし濡れ  んですが、濡れ  悶あかあかと濡れ  草に濡れ  噴水に濡れ  香炉に濡れ  白金に濡れ  飛沫に濡れ  雨に驚いて濡れ  雪溶けの濡れ  茶碗の中にはいって濡れ  耳が濡れ  顎が濡れ  美津子はぎらぎらと濡れ  雨にでも濡れ  くせがあったが、冷たく濡れ  我々が濡れ  乗馬靴が濡れ  頬が濡れ  焚火をして暖まりながら濡れ  七が濡れ  髪もしっとりと濡れ  頭が濡れ  何ね、そうか、濡れ  袂が濡れ  髪の濡れ  後ともなく常にじとじと、濡れ  私たちは濡れ  子供たちは濡れ  人間がいづれも濡れ  いずれも濡れ  月かげに濡れ  髪も濡れ  なかをびしょびしょ濡れ  ものの濡れ  ぺたを掻いて、むくむく濡れ  薬液に濡れ  ものならば、そんな濡れ  音、濡れ  屋根が濡れ  空気も濡れ  顔をして、濡れ  笑顔を見せながら濡れ  泥だらけの濡れ  山並みも濡れ  ルージュで濡れ  靴下まで濡れ  ルージユで濡れ  通行人もその濡れ  習慣、濡れ  ことなけれど濡れ  袖もそのうちべったりと濡れ  ひやひやと気味悪く濡れ  雨が降る晩などは、濡れ  コツプと濡れ  額髪もぐっしょりと濡れ  波に濡れ濡れ  頭髪が、濡れ  方へ乗出して、濡れ  それみずからが濡れ  雨の洩って濡れ  裾はひどく濡れ  心はしんみりと濡れ  気持悪く濡れ  暖炉にあたつて、濡れ  許りの濡れ  氣持惡く濡れ  木々の濡れ  吾等も濡れ  雨、濡れ  ためしにて濡れ  村雨に濡れ  花ほどに濡れ  こころの濡れ  薫は濡れ  途中で濡れ  夜霧に濡れ  袖ぞ濡れ  水滴に濡れ  鼻、濡れ  どこまでも、濡れ  足取りで、濡れ  ジャックリーヌの濡れ  身体は濡れ  涙でひどく濡れ  川霧に濡れ  簑の濡れ  明りあれは濡れ  命は濡れ  りよは濡れ  靴先は濡れ  水着が濡れ  果実が濡れ  毛並は濡れ  びしょびしょに濡れ  水氣でぐっしょり濡れ  實物とわづかに濡れ  スイスの濡れ  やうにキラキラと濡れ  葉が落ちて濡れ  げに濡れ  閉ぢ籠めて来た濡れ  それが又濡れ  一様に濡れ  雑巾を絞り直し、濡れ  色の濡れ  一あんなに濡れ  中は濡れ  バナナの皮が、濡れ  瓦斯燈の光りに濡れ  油に濡れ  手を濡れ  店屋では、べたべた濡れ  先端で濡れ  灯影が涼しく動いて、濡れ  庭一面に濡れ  後頭部の濡れ  湯に入り、濡れ  服は濡れ  小雨が降って来て濡れ  お山は濡れ  ままよと濡れ  げた裾を外して濡れ  刈萱の濡れ  軒燈の光りがしっとりと濡れ  先が濡れ  花が紅く濡れ  被衣を深くかぶって、濡れ  緑も腐って流れるかと思うばかりに濡れ  たかに濡れ  自宅に運びいれて、まず、濡れ  口に濡れ  なみだに濡れ  気配りとで、濡れ  濁りがあって、どうかすると、濡れ  磯五はそういいかけて、濡れ  枝から枝へ、濡れ  雙眸が、濡れ  梅雨に濡れ  ものですから、ぐっしょり濡れ  天幕で濡れ  べつとり濡れ  間に濡れ  形に、しっとりと濡れ  雨がしみ込んで濡れ  方じゃ濡れ  状袋は濡れ  空氣も濡れ  燈火も濡れ  曼珠沙華が次第に濡れ  光を宿して濡れ  葉が濡れ  充分には濡れ  渡り上ると共に濡れ  二三人浪に濡れ  山道はまだ濡れ  泥だらけになって、濡れ  今度のも濡れ  ものが、濡れ  ように、いくら濡れても濡れ  むやみに急ぎ出したんで、濡れ  一面に濡れて、濡れ  頭から暗闇に濡れ  波はことによると、濡れ  泥で濡れ  火を焚かんとすれども燃えず、止むを得ず濡れ  肌着まで濡れ  肌着が濡れ  水が入るので濡れ  頭を抱えて濡れ  対手が起返ると、濡れ  唇に、濡れ  すそさへ濡れ  脱って濡れ  お召が濡れ  朝霧に濡れ  水には濡れ  溜つてじとじとに濡れ  着物は濡れ  歩道を横切り、濡れ  の子は濡れ  眼が濡れ  留置場は濡れ  △△△△に濡れ  円を描いて、濡れ  自動車の濡れ  人や、濡れ  一面滴に濡れ  非常に暗い、なにか濡れ  息をかけると濡れ  プラットホームも濡れ  待合室も濡れ  人間も濡れ  心も濡れ  らい廊下に濡れ  ことが、それほど重く濡れ  砂は濡れ  従へ、濡れ  鼻髭は濡れ  高原を踏み、濡れ  冬空の下では濡れ  ものを燻しながら濡れ  縁側に濡れ  新緑の濡れ  一山もある、濡れ  艶々と濡れ  しとど涙で濡れ  寄席囃子を聴き、濡れ  灯に濡れ  むらさきに濡れ  ぐしょぐしょに濡れ  糸は濡れ  鬼のように大きく濡れ  処に立って濡れ  何か濡れ  息づかい、濡れ  芥に濡れ  十八日には、どうせ濡れ  内へ引き入れてすっかり濡れ  茶の間で、濡れ  野外でつめたく濡れ  せきのしきりに濡れ  墓標も濡れ  日も濡れ  一晩、しっぽりと濡れ  それは濡れ  薔薇色とに濡れ  器械が、濡れ  雨に、あくどく濡れ  土は濡れ  頭から冷たい雨に濡れ  雨にじっとりと濡れ  かい垂れ毛も濡れ  砂利も濡れ  誰もゐないと見えて、濡れ  遺書の濡れ  灰色、濡れ  着物を濡れ  ますところなく濡れ  鳥肌立つまで濡れ  彼は濡れ  襟を正し、まだ濡れ  みんな潮水に濡れ  岩井は聞きとがめて、濡れ  身体じゅうが濡れ  かなたで濡れ  全身に濡れ  奴は濡れ  ばあやが、濡れ  人のと思うから、濡れ  板の間の濡れ  山が青く濡れ  それから三人前後して濡れ  私は、濡れ  一片がはさまって濡れ  板敷の濡れ  悄れたかと思う、濡れ  二の腕に付いてる濡れ  日に、ある濡れ  やうでいつもしつとり濡れ  底が濡れ  雨でぐっしょり濡れ  春雨にしよぼと濡れ  非常線が張りつめられ、濡れ  義男は濡れ  曇つて灯が濡れ  時などに、濡れ  雨垂れに濡れ  面の濡れ  月ほどよく濡れ  雨に、しっとりと濡れ  嬉し泣きに泣いて、濡れ  肉が落ちて、濡れ  ッとりした、濡れ  野営を撤して、濡れ  簑笠でぐっしょり濡れ  霜の白きもあり、融けて濡れ  苔の生えている濡れ  宗助は濡れ  雨にしつぽり濡れ  つて雨に濡れ  なかを、濡れ  枕は、ぐっしょり濡れ  白髪頭を持ち上げ、濡れ  顔をかくすと、なお濡れ  へんに冷たい濡れ  昼すぎに、濡れ  八時間もの登攀を続けているので、この濡れ  飯を分ち、暫く休むと、そそくさと濡れ  草付は濡れ  小走りに行き、濡れ  ものがゐるので、濡れ  心はぐっしょり濡れ  荷物は濡れ  毛穴まで濡れ  小沢は濡れ  色がまだ濡れ  しっとり花が濡れ  私が濡れ  ために悉く濡れ  硝子の濡れ  雨とに濡れ  おまけに濡れ  てゐますか、濡れ  血汐で濡れ  川原湯まで濡れ  窓さきに濡れ  すべてが濡れ  寒々として、濡れ  兄はその濡れ  汗でべたべたに濡れ  石鹸で濡れ  石鹸で洗っておきながら濡れ  ようにして跼まって、濡れ  若い男が、濡れ  千代は濡れ  着物を着て、濡れ  打ち水がしてあって、濡れ  橋の濡れ  腰をかけて、濡れ  べつとりと濡れ  一部分みたいにいとおしくなり、濡れ  芳一は濡れ  顔中ぬらぬらと濡れ  これに濡れ  大降りになろう、濡れ  からだを曳きずって来るらしく、濡れ  伊四郎は濡れ  草鞋も濡れ  死ねなかったものとみえて、濡れ  板縁も、濡れ  地面が濡れ  乙女、濡れ  睫毛が、濡れ  役所から帰ると、濡れ  武蔵は、濡れ  城太郎は濡れ  つた、重い濡れ  緑色が濡れ  処には濡れ  すそはびっしょり濡れ  雨にも濡れ  めしものが濡れ  海水にじめじめと濡れ  気になって、真黒く濡れ  先に濡れ  五郎次が濡れ  竹丸は思ひながら、濡れ  やうに、濡れ  手ふきの濡れ  背中がぐっしょり濡れ  曇硝子とに、黄色く濡れ  尿と、濡れ  しら、濡れ  かい紳士は濡れ  老婦も濡れ  濡れにぞ濡れ  潮飛沫に濡れ  そこへ出て来て、濡れ  水蒸気に濡れ  男は、濡れ  クロロフォルムでぐっしょり濡れ  飛騨が、濡れ  苔のある濡れ  上を濡れ  時はとても嬉しくて、濡れ  ぬめりと粘った、濡れ  裾まわりが濡れ  涙ですっかり濡れ  あとで、しっとりと濡れ  泪に濡れ  顔が、ベトベトと濡れ  雫で、濡れ  汐風が濡れ  紙が濡れ  眉毛まで情なく濡れ  玉が濡れ  くだつたり濡れ  木木の濡れ  砂浜は濡れ  鬢が濡れ  んですから、そんなにお離れなすっては濡れ  尿で濡れ  草露に濡れ  雪をかみながら、濡れ  少年の濡れ  冷汗に濡れ  椅子は濡れ  青味がかつた濡れ  まり雨にも濡れ  けさは濡れ  足が濡れ  裾も、ぐっしょりと濡れ  おいでになりましたが、濡れ  肌が濡れ  こまやかな、何時もねっとりと濡れ  盃を取り上げたが、濡れ  二つ切りにして、その生々しく濡れ  そうに囀り、まだ濡れ  お召物が濡れ  雨にだけは濡れ  陽射しが濡れ  ラケットとが濡れ  窓ぎわなどが濡れ  色も同じに濡れ  明日は濡れ  土と濡れ  片隅に、たとへば濡れ  路傍に濡れ  汐が入ると、さて、さすがに濡れ  坊主は、ぐっしょりと濡れ  そのまま晴上りそうに見えるが、淡く濡れ  貴下、濡れ  一帆の濡れ  あたりも、まだ濡れ  眼も濡れ  孤独に濡れ  色にぐっしょり濡れ  春雨じゃ濡れ  坊の濡れ  袖やら濡れ  片手に濡れ  ジバンが濡れ  だんだん雨に濡れ  余りなく濡れ  声がして、やがて濡れ  華やかさに濡れ  さに濡れ  両手は、こわばって濡れ  襁褓の濡れ  母の小さい濡れ  圭介は濡れ  海を眺めると、黒く濡れ  葉は濡れ  下枝が濡れ  参右衛門も濡れ  山肌、濡れ  小雨が降って来て、濡れ  空気は冷えて来て濡れ  髪の毛が濡れ  眼差は濡れ  衣も濡れ  大雨に濡れ  伊那少年は濡れ  其処の濡れ  褌まで濡れ  頭の濡れ  隔った濡れ  ぶよぶよと濡れ  松葉の濡れ  躰はしっとりと濡れ  全身汗に濡れ  父子は濡れ  雨にこんなに濡れ  チットも濡れ  質が深くそして濡れ  雫にまだ濡れ  タオルで濡れ  街灯がポツンと立っていて、しっぽり濡れ  徒らに濡れ  私が出ていて、濡れ  徳さんが、したたるばかりに濡れ  潮風に濡れ  朝日の濡れ  折へ飛びついてゆくと、濡れ  絲は濡れ  時はまだ濡れ  鼠になって濡れ  ちゃんが濡れ  気持で濡れ  水しぶきに濡れ  傍には、いつも濡れ  汗で、びしょびしょ濡れ  なかでは濡れ  はいたらちっとも濡れ  畳の濡れ  陽差が落ちるので、そうして濡れ  妾は濡れ  露にベトベト濡れ  傘がしっとりと濡れ  くりと濡れ  草が濡れ  袖は、紅く濡れ  相見て、濡れ  断截された濡れ  こと、濡れ  全身水に濡れ  以って、濡れ  時反対に濡れ  油で濡れ  旗差物が濡れ  右手に濡れ  あれは濡れ  靄に濡れ  我立ち濡れ  料簡でしょう、その濡れ  女の濡れ  小雨しぶきに濡れ  それから附近あちこちを濡れ  ものみなまだ濡れ  どっちかが濡れ  香油に濡れ  ように入れてもらって、濡れ  もので濡れ  花を濡れ  頭を埋めて、絶えず濡れ  全身を濡れ  枕木と濡れ  滴に濡れ  頸ねっこを拭きながら、まだ濡れ  うつすらと濡れ  水とに濡れ  三和土の濡れ  雨、青く光って濡れ  冷雨に濡れ  赤旗が濡れ  水気にぼやけ、黒く濡れ  写真を濡れ  前を合わせて、濡れ  不気味に濡れ  一つ、濡れ  笑い声であり、濡れ  一杯ずつ食べて濡れ  間が、しんみりと濡れ  手が濡れ  私たち三人は濡れ  ほのかにも濡れ  地は濡れ  夕かた、濡れ  衣服はぐっしょりと濡れ  急に濡れ  とき、その濡れ  霜とに濡れ  半ば腐りかけてる濡れ  裾も濡れ  雨露に濡れ  女房は濡れ  夕露の濡れ  

名詞

濡れ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
濡れに出た  濡れ輝いた個性が出ない  濡れ輝く愛の個性に乏しいことと思います  濡れ輝いてゆく  濡れついた顔をジッとうつむかせた  濡れしおれた髪には海藻がからみついていた  濡れになって  濡れはせぬかと疑つて  濡れにくるかや  濡れに濡れた  濡れたる翼の桃色細毛舶來の石鹸の香も匂ひなむうす桃色のペリカンの羽毛ペリカンの圓ら赤目を我見るにつひに動かず  濡れに濡れそぼつて立つてゐる  濡れになつて突つ伏してゐた  濡れとした  濡れてはたらくめうと  濡れきつた改札口に澄江が待つてゐた  濡れはせぬか  濡れもせずに散った  濡れもしまい  濡れに濡れ  濡れしよびれて  濡れに来る  濡れしおったものを脱いで  濡れしおり  濡れ光った玄関からおくへむかって  濡れをたたいた  濡れにゆかむ  濡れつくようにまた咽び  濡れに出る  濡れ濡れて夕日さしそふ  濡れ濡れて薄闇に入る  濡れ黄ばむ憂鬱症のゆめ青む  濡れ滴る柑子の色のひとつらね  濡れもしめりて  濡れこそかかれ  濡れにけり  濡れ尽して肌着に浸  濡れをり瀧見  濡れしおれた髪を振って  濡れに寄るにも  濡れ乱れた庭をながめて  濡れの場を演ずる  濡れにし  濡れになつてゐはしないかと気づかふ  濡れもしないで消える  濡れの道の上へ突然坐つて  濡れたる砂にうつり出  濡れになった  濡れはしなかった  濡れにぞ濡れて  濡れとほり  濡れに濡れて  濡れ通ったのが気になったから  濡れものの仕  濡れ歩いてみた  

~ 濡れ[名詞]1
思想と濡れ  ほつれ毛の濡れ  車蓋の濡れ  身體が濡れは  日か濡れに  とりと濡れ  ペリカンの濡れ  葉もぐしよ濡れに  骨までぐしよ濡れに  湯気に濡れ濡れと  さまにしぐれてゐる濡れては  貴公こそ濡れは  房さりと濡れも  ところへぐしよ濡れにな  うちなら濡れも  日に濡れに  グッショリと濡れ  顔の濡れを  ヒタと濡れ  竹垣の濡れ  下へ濡れに  瞳晩秋の濡れに  噴水のむせび濡れ  髪のたわめき濡れこそ  雨に濡れに  雨に濡れを  花の濡れ  何処ぞで濡れの  ここちして濡れに  袖ぞ濡れに  ままでぐしよ濡れにな  みよや濡れ  おかげで濡れは  色に濡れと  甲板は流るるばかり濡れ  汗の濡れ  家内らは運び来った濡れものの  

~ 濡れ[名詞]2
わざと濡れ  ますます濡れ  その濡れ  あんな濡れ  とくに濡れ  ぐっしょり濡れ  

複合名詞
濡れ拭布  濡れ手拭  濡れ手  濡れ仏  幡随院濡れ仏  びしよ濡れいち  びしよ濡れ  濡れ色  ズブ濡れ  濡れ莚  濡れ放題  濡れタオル  濡れたま  濡れ鼠  濡れ徹つて  ゃりと濡れ薄  濡れ物  全身濡れ鼠  濡れ紙  濡れねずみ  ア濡れ鼠どころ  濡れしずく  づぶ濡れ  濡れ土  濡れたる  濡れ手拭ひで二三度顔  濡れ肌  濡れもの  濡れねこ  濡れ石  濡れ草履  濡れ髪  ビショ濡れ  濡れ雫  濡れ晒布  ズブ濡れ姿  一日ビシヨ濡れ  ビシヨ濡れ  濡れ濡  濡れ花  一濡れ  濡れてこ  みんな濡れ  これビショ濡れ  濡れ手紙  濡れ葉  下半身づぶ濡れ  ズブ濡れ泥だらけ  一切合切づぶ濡れ  濡れ雀  濡れ身  直様濡れ  濡れ濡れ  燈籠濡れ  濡れついで  濡れ鷺  濡れ傘  濡れ光ッ  濡れ乙鳥逢  濡れ冠  濡れ下り  グショ濡れ  夕あかり濡れ  濡れ毛  濡れめ  中びしよ濡れ  濡れ筵  觀音さま濡れ佛  濡れ佛さま  濡れ姿  袖濡れ  濡れ方  濡れ雑巾  濡れ蓆  濡れん  濡れ畳  濡れ手ぬぐい  濡れ燕  利刃濡れ燕  妖刀濡れ燕  通り半ば濡れ鼠  濡れ蓆位  全身ズブ濡れ  濡れぢ  濡れ手試い  濡れ手拭い  濡れ雪  皆濡れしずく  もと濡れ  ヅブ濡れ  濡れ通つたの  運び來つた濡れ  濡れガラス  濡れ漬  



前後の言葉をピックアップ
温ん  ぬるん  濡れん  塗れ  濡れ  濡れよ  塗れよ  ぬれ  ヌレ  濡れれ


動詞をランダムでピックアップ
濁すなじみ折れ合っ負ぶさりうちみ克て眠っふりかざすまかり出る荒立つ飛び上がり総毛立ち令す一皮剥け据えれ切り倒し煎れくべんいたす
形容詞をランダムでピックアップ
あじきな少くっ怪き愛しゅう色っぽ真黒き太き烈しき速く薄暗くうらさびしくしぶく似合しいはずかしいむごたらしくおくふかく手荒くまぢかく易かっ果敢な