「気づか」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 気づか[動詞]
ことに気づか  だれも気づか  心にも気づか  いままで気づか  令嬢だとは気づか  人に気づか  それと気づか  花に気づか  ベートーヴェンに気づか  病状を気づか  恋愛には、わざと気づか  俺達に気づか  それを気づか  男どもに気づか  事にも気づか  外ではきっと気づか  ことには気づか  家族には気づか  道を、こんなに遠いとはほとんど気づか  のには気づか  のも気づか  いろいろな気づか  心に気づか  のを気づか  自分でも気づか  自分すら気づか  首府というよりも、むしろ気づか  夜になると曇るので気づか  父に気づか  主婦にさえ気づか  声は再気づか  娘に気づか  彼女も気づか  其上、気づくか気づか  雄吉は少しも気づか  仕事でひどく気づか  母親の気づか  彼女は気づか  没頭していて、気づか  精神状態に気づか  怪塔王に気づか  怪塔王の気づか  方が、気づか  観客であるオレは気づか  あいかん、気づか  本人もそうと気づか  のだなどとは、気づか  表情をそれと気づか  素ぶりにも気づか  何んにも気づか  さには気づか  存在に気づか  君だけ気づか  陽の射す気づか  かけをつくり、気づか  それにも気づか  宏子に気づか  調子に気づか  天候を気づか  それには気づか  それに気づか  身体をすぐに気づか  誰れにも気づか  のにも気づか  心境に気づか  従つて向うの気づか  不幸に気づか  僕には全く気づか  それとは気づか  修羅が気づか  まちがいに気づか  身を気づか  ことさへ、もう気づか  母は気づか  のさえ気づか  間違いに気づか  相手に気づか  与助には気づか  ことを、気づか  不審とも気づか  自分では気づか  政治的動向を気づか  捉われていて気づか  のに気づか  のかと気づか  悪事については全く気づか  それが気づか  生死を気づか  いるかを気づか  ことにしばらく気づか  何の気づか  あなたとは気づか  行つたのを、ちつとも気づか  百合子に気づか  滝本に気づか  それまで気づか  何も気づか  誰も気づか  ことを夢にも気づか  明りだ、いつも気づか  存在には気づか  つて、気づか  誰にも気づか  居住者であるとも気づか  ことさへ気づか  後ろから、気づか  ことが気づか  風貌ゆえとも気づか  ように、気づか  スクロールさせながら読んでいくと、気づか  時点で気づか  写字生たちに気づか  事実に気づか  目にあう気づか  足もとに気づか  曹操兄弟とは気づか  のも、気づか  立札に気づか  後になって気づか  その間に、気づか  ことについて、気づか  彼女は、早く親しみたいといふ嬉しい気づか  国々が気づか  ほかたは気づか  姿に気づか  食傷しはしないかと、気づか  殺人事件とは気づか  母に気づか  存在であることに気づか  時はつい気づか  ことは、つい気づか  自分で気づか  私も気づか  不足には気づか  ものが生れる気づか  それから先生に気づか  人間に気づか  火星人も、気づか  ことぐらい気づか  おれ自身が、気づか  方々から、ほとんど、気づか  容易に気づか  文献学主義は気づか  夢中になっていて、それと気づか  将来を気づか  彼も気づか  事に気づか  方に会ってしゃべりますと、気づか  難事と気づか  ことにも気づか  ギャップに気づか  ことでありながら、さうと気づかず、気づいても気づか  今日まで気づか  のさえ、気づか  日本人全体に気づか  彼等は気づか  気分にはいっこう気づか  気づきながらわざと気づか  心持ちには少しも気づか  敵味方とも気づか  当人までそうとは気づか  ほかに、気づか  人たちに気づか  誰れも気づか  ことも気づか  贈りものだとも気づか  眼鏡には、一向気づか  夢にも気づか  耳目も気づか  鈴子は気づか  はじめはいっこうに気づか  三成すらも気づか  私たちにはっきりと気づか  私たちにも気づか  こととは気づか  それは気づか  彼は気づか  事には気づか  事を気づか  ちょっと目をやりながらもいっこうに気づか  今まで気づか  裁判長が気づか  寺詣でに気づか  正体とも気づか  こちらもずるく、全く気づか  ことに少しも気づか  悪事に気づか  行つても長く勤まる気づか  気苦労をしてゐようとは少しも気づか  上が気づか  観客のまったく気づか  之に気づか  人々が気づか  事がらを気づか  人が、それと気づか  ことは気づか  地震にも気づか  らを、それと気づか  蔭に隠れていようとは、気づか  だれにも気づか  どれほどのうるおいを与えているかも、気づか  のだとは気づか  三木に気づか  新吉は気づか  自分にもまだ気づか  伝さんの気づか  重大さに気づか  しまつたのにも気づか  推移には気づか  精神から遠いかを気づか  ことを気づか  これに気づか  囚はれてゐるかも気づか  時は気づか  此も知らず気づか  人の気づか  毒蛇だとまでは気づか  おしげには気づか  ほうだから、いっこう気づか  しまつたのも、気づか  時には少しも気づか  奴らに気づか  テーブルに坐ったかも気づか  あなたにはなんにも気づか  女達に気づか  さを気づか  私が気づか  木山に気づか  ものに気づか  相手をはっと気づか  島には気づか  姉に気づか  かぎりは、決して見つけられる気づか  さんは一向気づか  夕刻まで気づか  俳句をはじめるまではさっぱり気づか  自己疎外に気づか  主人公の気づか  殺意に気づか  家人すらも気づか  宿泊しても気づか  ぼんやりして気づか  歩合の上る気づか  声にも気づか  薄暗がりである故に気づか  わたくしはついに気づか  自分が出し抜かれたとは気づか  声に気づか  彼女に気づか  私に気づか  神も気づか  みなに気づか  イヴォンヌさんに気づか  あたしたちが気づか  てゐながら、気づか  貰つたのに気づか  警官たちに気づか  皆に気づか  仕掛けに気づか  さが気づか  のであったかと気づか  事には少しも気づか  平静を装って気づか  時は、それと気づか  知らない物や気づか  ものとは決して気づか  さまでとも気づか  こことは、ついに気づか  わたしに気づか  いやでも気づか  女心に気づか  手つきをしながら、気づか  途中容易な気づか  安否を気づか  者に気づか  殆んど気づか  若い帰還兵は、なんにも気づか  てゐながら気づか  正夫に気づか  者の気づか  大工たちには、気づか  ことはもう気づか  萱屋とくらべると、気づか  祭りだと気づか  皆さんに気づか  人たちは、少しも気づか  墓とは気づか  吾ながら気づか  夫人に気づか  あらわれとも気づか  下心にも気づか  のも、ちっとも気づか  彼もはっと気づか  今迄気づか  尼とは思ったが、いわれるまでは、気づか  手には気づか  異状も気づか  船でさえ、たれも気づか  庄太郎に気づか  栓がどうなっていたか、気づか  症状によってきわめて気づか  マラリアとは少しも気づか  何人も気づか  原状にもどしても気づか  おれは気づか  施設に気づか  矛盾を気づか  逢ふ気づか  真面目な、一層気づか  事にも、気づか  彼自身も気づか  恩知らずであることに気づか  うちに気づか  悩みが気づか  苦しみにほとんど気づか  だれにも少しも気づか  何にも気づか  客もまつたく気づか  ルイザの気づか  ことが起こってるか、長く気づか  ことだとは気づか  軽蔑して、さらに気づか  自分ですら気づか  私には気づか  何者か気づか  事とは気づか  中から画家自身すら気づか  場合を気づか  所だったので、少しも気づか  博士に気づか  それにさえ気づか  アチミアーノフに気づか  かさへ気づか  無礼に気づか  目配せに気づか  ユーディットに、気づか  被害者らも気づか  彼はさらに気づか  クリストフは気づか  それを少しも気づか  疲れをさえ気づか  ことを、ほとんど気づか  あたしたちにも気づか  彼等に気づか  クリストフは長く気づか  類似さに気づか  ことを、少しも気づか  彼女自身もさらに気づか  苦悩に気づか  彼に気づか  源氏は気づか  源氏の気づか  過失に気づか  気が狂ってるわいと気づか  こととも気づか  当惑を感じながらも、気づか  自身でも気づか  それに長く気づか  木に気づか  何があるかを夢にも気づか  愛しすぎてそれに気づか  なかったが、気づか  好意を気づか  のであるが、気づか  いつか自分でも気づか  クリストフに気づか  ますます蒼ざめてゆくのに、少しも気づか  盗みに気づか  自尊心、気づか  彼ら自身も気づか  事柄を気づか  彼は少しも気づか  人には気づか  人は早く気づか  奇行に気づか  みずからほとんど気づか  世界には、けっして気づか  ことを少しも気づか  熱中には気づか  放心に気づか  クリストフはなおさら気づか  二人の気づか  急には気づか  好意にも、何一つ気づか  子持だなと気づか  私は気づか  何事も気づか  人々には気づか  頓と気づか  自分の気づか  のさえも気づか  錯誤には気づか  王女に気づか  行つたのを気づか  誰からも気づか  のか気づか  彼の気づか  応酬をしていると感じながら、殊更、気づか  時には、あんまり気づか  容態を気づか  顔にも気づか  彼らに気づか  十分には気づか  ぶんでも気づか  左セン騒ぎが起るまで気づか  ものには気づか  誰でも気づか  足許の気づか  調子で気づか  のを見るまでは気づか  限り誰にも気づか  自分たちの気づか  病だとは気づか  事変なのだとは気づか  若者と気づか  私は久しく気づか  生死が気づか  博士自身はまだ気づか  から、荒れる気づか  ものになる気づか  今まであるとも気づか  君自身は気づか  そこに気づか  みずからは気づか  ハチミは気づか  青空のせゐだとは気づか  奥さんの気づか  いるかに気づか  たかに気づか  自分達を気づか  ことさえ気づか  ような気づか  ことがすぐ気づか  自分は気づか  鍵をかけ損ねて気づか  一事に気づか  美代は気づか  何かしてゐて、なんにも気づか  丹七は気づか  自分ではまるで気づか  武家様、お気づか  ためにか、それとも気づか  爆音も気づか  戦場では、さして気づか  ものを書く気づか  人たちは気づか  菌類とは気づか  職人たちに気づか  一足先に、気づか  ようでもあり気づか  なかには気づか  難儀に気づか  諜報部長も気づか  時にはまったく気づか  変化に気づか  最初は気づか  彼女が気づか  丈けを気づか  娘たちから引きはなそうと思って、気づか  一廓があらうとは気づか  急にある気づか  パトロンは気づか  つたのかも気づか  馬琴も気づか  つたのも気づか  嫌でも気づか  房一は気づか  損を気づか  標準にさせて気づか  へんだなと気づか  機械人間にも気づか  憂鬱と気づか  誤解する気づか  女は、忘れる気づか  なにも気づか  下にできていたので、気づか  妻がそんなになるまで気づか  上、気づか  門前では気づか  芸人だなと直ぐ気づか  ことは知ってゐたと見えて時々気づか  おいおいに気づか  娘たちに気づか  風は澄んでゐた、気づか  お母さんにでも気づか  諸君は気づか  若い妻を、気づか  意味には気づか  ヒーヴリャは気づか  男に気づか  瞬間の気づか  バスは、気づか  それまでは気づか  ちがいをようやく気づか  特権に気づか  欠点にもほとんど気づか  興奮に、たいして気づか  人は、すぐに気づか  作用にほとんど気づか  下で行われたか、気づか  面と向って話していたんじゃ、ちっとも気づか  姿などには気づか  人と気づか  今迄少しも気づか  門だとは気づか  文学者たちにさえ気づか  命が気づか  客は気づか  さっきまで気づか  私、気づか  現象であるかは気づか  爆発時計だけでは、あやしまれる気づか  話題になったり、あるいは気づか  造作なくは気づか  伝吉のありかには気づか  臭気に気づか  軽薄には気づか  ことなど気づか  神官が気づか  彼自身でも気づか  僕の気づか  眼に気づか  ほうでは、一向気づか  巌流はまだ気づか  こちらに気づか  一時に気づか  攻城堡塁が気づか  小山脈を越えたか気づか  妻もそう言って気づか  上官に気づか  顔を、かれに気づか  とこだったが、気づか  舐めるように、見詰めているとは気づか  十分に気づか  野心なんかに気づか  老体のほどを気づか  脇息に、気づか  焦燥に、気づか  何もお気づか  部屋から玄関にでてきていたのに、いっこうに気づか  男はすこしも気づか  おかみさんはすこしも気づか  だれひとり透明人間だなんて気づか  やつらはすこしも気づか  透明人間だと気づか  ことになるので、すぐ気づか  母親に気づか  女中に気づか  ものは、気づか  最期を遂げる気づか  眼からは、気づか  箇所が気づか  みち子に、ただ気づか  却って私に気づか  ように隠れていたのに少しも気づか  活動は気づか  寒いだらうと気づか  欠陥を、気づか  運びにも気づか  時僕は気づか  秘密に少しも気づか  そこまでは気づか  人がいるとは気づか  苦痛に何故気づか  ことに、気づか  目的に気づか  人たちに、気づか  種も枯れ果てるであろうと気づか  素振りはついぞ気づか  私の気づか  事態に気づか  坂野が気づか  そいつを気づか  敬四郎たち一党に気づか  先にみていながら、まだ気づか  腐肉には気づか  彼らが気づか  策が定まるまで気づか  自己矛盾に気づか  何時までも気づか  ところから、そうとは気づか  僕に気づか  装束に気づか  仇家へ気づか  者にも気づか  蕾にも気づか  ぶんでは気づか  おかあさんは、お気づか  なつてゐはしないかと気づか  恵で気づか  青年に気づか  少女がかれに気づか  これにも気づか  蹲つてゐるとは気づか  破損を気づか  感念に気づか  必要を気づか  互の気づか  のだと気づか  それ迄気づか  ことはすぐには気づか  三人に気づか  男には気づか  間が生じたので、気づか  ところからもどって、気づか  態度に気づか  まわりでは、ほとんど気づか  小さな説教壇にもきっと気づか  大海人自身がまだ気づか  あたし達は気づか  のでしょうね、気づか  どんなにか気づか  意識しなければ気づか  女掏摸とは気づか  ことを考えれば、いろいろ気づか  者もあり気づか  かくばかり深くもとづいているとは気づか  恐怖にも一向気づか  早朝からの気づか  矛盾に気づか  ときに気づか  君が気づか  一投足に気づか  ことだけは気づか  帰りになる気づか  事をあかす気づか  根があるとは気づか  我々の気づか  本人が気づか  監督官庁が気づか  東京では気づか  そうであるが、つい気づか  雨外套とは気づか  点に気づか  渓谷にはまったく気づか  人が気づか  ためだとは気づか  自分では少しも気づか  扁理たちに気づか  群集に気づか  光が射していたら、紛れて気づか  落下する気づか  中から、気づか  初めは気づか  懣に気づか  灰にも気づか  読者に気づか  人々が気づくと気づか  



前後の言葉をピックアップ
きづい  気付い  気づい  きづか  木塚  きづかい  気づかい  気遣い  気遣い  気遣う


動詞をランダムでピックアップ
軋む確かめろさか乾び届出ろおわらせよ乗出せ濡れん弄べ蔑しろらっせ取壊さ断われ打ち落とす抱えるどうぜよ汲み出し滑り出し差しのべ書きなぐる
形容詞をランダムでピックアップ
わりなけれすく著しかっくわしい堆し遠白こわけれ遅く何気なさむ聞きづらく妬ましいしおらしき疑い深く少き揺るぎない得難かろつらかったえがたい幼かっ