「気付い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 気付い[動詞]
ことに気付い  ことには気付い  源吉が漸っと気付い  ことを気付い  飽満に気付い  のに気付い  われわれは気付い  ときそれに気付い  つたのに気付い  波子は気付い  やうやく、気付い  波子に気付い  此方に気付い  中村とは、はっと気付い  当人誰も気付い  それと気付い  これに気付い  それに気付い  私はハッと気付い  彼は早くも気付い  方でも早くも気付い  それを気付い  言葉を気付い  人も気付い  自分でも気付い  意志に、次第にはっきり気付い  のを気付い  彼がふと気付い  こちらに気付い  紋に気付い  彼は気付い  関係を気付い  ことをうすうす気付い  夙くに気付い  枝葉などが夥しく懸ってるのに、気付い  変転に気付い  土居さんはふと気付い  視線に気付い  声にハッと気付い  辰夫もやがて気付い  存在に気付い  木村君は気付い  日までにそれとなく気付い  交渉に気付い  住所に気付い  うちに気付い  ハツと気付い  わたしも、薄々は気付い  ことしかできないので、気付い  眼付に気付い  自分自身に気付い  ことにふと気付い  時になって初めて気付い  むづかしいことに改めて気付い  彼に気付い  屁をたれるな、と気付い  秀吉アッと気付い  さは気付い  私は気付い  彼が気付い  漁夫が気付い  百姓は始めて気付い  行方までには気付い  読者諸君ももう既に気付い  ボーイが気付い  真先に気付い  読者はもう気付い  犯人でないかも知れないと気付い  手紙を読んでしまうと同時に気付い  事に気付い  事実だけを気付い  臆病さに気付い  二人は、無論、気付い  非道いのに気付い  後にやっと気付い  私が始めて気付い  女房が気付い  経験に気付い  急に気付い  話を聞いて、はっと気付い  竜眼肉を見てふと気付い  大五郎は気付い  春に気付い  自分にさへ気付い  ことにも気付い  行動に気付い  ことにいちいち気付い  のだと気付い  小さな霜柱を踏みしだいて、ふと気付い  圭子に気付い  点に気付い  意味に気付い  主人が気付い  最初から私は気付い  たかな、と気付い  あとで気付い  皆初めて気付い  味方と気付い  これを気付い  杉だってそれに気付い  近眼に気付い  成程と気付い  から、はっと気付い  様子に、早くも気付い  様子に気付い  気配に気付い  私にも気付い  女が、ふと気付い  私は初めて気付い  矛盾に気付い  私に気付い  心を気付い  みずからそれに気付い  ものだと気付い  癖に気付い  咳払いをしておいて、気付い  久保田さんは突然気付い  家に帰って気付い  朝子が気付い  時十内に気付い  母親も気付い  拍子に気付い  主君がいようとは、夢にも気付い  駄目らしいぞと気付い  自分に気付い  ギョッと気付い  露台骨をかみ崩していて、気付い  さに気付い  秘密を知ったと気付い  ものと気付い  フォリクルス早まったと気付い  こちらも儲けると、今更気付い  坊ちゃんでようやくハッと気付い  私はすぐに気付い  ように気付い  誤算に気付い  決心に気付い  一人も気付い  心に、ふと気付い  切符に気付い  顛末に気付い  ッと気付い  誰も気付い  微塵も気付い  肉体に気付い  人々が気付い  先に気付い  ことに漸く気付い  由子は気付い  確信に気付い  やうし、或ひは気付い  顔だけだと気付い  麻の葉ぐるまだと気付い  母に気付い  これではいけない、と気付い  姿に気付い  収穫に気付い  持ち主は直ぐに気付い  伝七は、ふと気付い  足跡に気付い  しまつたことに気付い  彦一ははっと気付い  酒を飲んでゐると気付い  私ははっと気付い  変だぞ、と気付い  こともなく気付い  読者は気付い  家人が気付い  私はふと気付い  火に気付い  アレに気付い  与兵衛はふと気付い  藤兵衛は気付い  正体なのだと気付い  尾田は気付い  づ青年に気付い  本人が気付い  境遇に気付い  言葉に気付い  不思議さに、いち早く気付い  誰一人ソンナ事に気付い  理由に気付い  便宜主義に気付い  私がまず気付い  中途で気付い  報告で気付い  のだが、気付い  加奈子は気付い  今頃になって気付い  君の気付い  方に気付い  瞬間に気付い  折竹も気付い  急に、なにかに気付い  大納言はようやく、気付い  点では気付い  父親が気付い  事も気付い  理に気付い  マリヤに似てゐると気付い  用事をしまって、おやと気付い  別にないと気付い  秦は気付い  星野は気付い  時になって気付い  のを、薄々気付い  時初めて気付い  はずみに、ふと気付い  僕に気付い  そこに気付い  書くことに気付い  後で気付い  欠如に気付い  それをすぐに気付い  



前後の言葉をピックアップ
キツヽキ  キツヽヽ  木津  木津呂  きづい  気づい  きづか  木塚  気づか  きづかい


動詞をランダムでピックアップ
ゑも取り直せよ選ろ触れあわ称す志そ立ち入ろむくいる超さ乾かす有り得よ謝る打ち放そ立ち並びかきわけ侍れる欲しはなちたらしこんすっぽかし
形容詞をランダムでピックアップ
なう少かれ人間らしから永しよわけれくちい手広くかびくさき疾しく余儀なけれ恐ろしく熱苦しい思わしくなくったけだけしく態とらしくいい女々しい忌わしきうらわかい