「さける」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ さける[動詞]
深入りをさける  三尺帯をぐっとさげる  台所につりさげる  煩をさける  骨蓬の白くさける  眼をさける  手でさげる  腰にさげる  札をさげる  肩からさげる  頭をさげる  悲惨をさける  から頭などさげる  苦痛をさける  ひそかにさける  ように、さける  わたしは張りさける  ひとつ頭をさげる  胸にさげる  灯影をさける  眦も張りさける  つみまじりにさける  池水照るまでにさける  山もせにさける  中へ吊りさげる  視線をさける  耳がさける  ため日曜をさける  草にさける  胸もさける  衝突は、もうさける  災難をさける  衝突は、もはやさける  衝突をさける  記述をさける  鬼神もさける  自分のからだが張りさける  誤審をさける  間違いをさける  圧迫をさける  砲撃をさける  攻撃をさける  それをさける  白びかりを手でさける  ランプをさげる  災禍をさける  爆撃をさける  不幸をどうにかしてさける  木のめりめりさける  胸へさげる  腰をさげる  一角から張りさける  中傷をさける  三輪車をさける  沼になっていて、さける  両手にさげる  煩いをさける  襟を引きさげる  ビショビショ雨をさける  ことをさける  うえにさける  ところをさける  身をさける  爆発から身をさける  迫害をさける  混雑をさける  腕をさける  提灯をさげる  無意識にさける  食膳をさげる  責任をさける  横にさける  道をさける  人目をさける  といつて頭をさげる  君氷にさける  作家をさける  上から吊りさげる  天井から吊りさげる  うめのさける  私をさける  トシエは、見さげる  行動をさける  噂をさける  まわりを、張りさける  ちょっと頭をさげる  首をさげる  器量をさげる  木のもえさける  人眼をさける  こちらから頭をさげる  天地もさける  弾をさける  端をぐいと引きさげる  全て誤解をさける  誤解をさける  雷にうたれてさける  感じをさける  苛斂誅求をさける  腐敗をさける  つて頭をさげる  ぐつと目深に引きさげる  空樽をさげる  頭がさける  罰をさける  胴につりさげる  取合せをさける  中が張りさける  絶対にさける  胸はただもう張りさける  ズボンがさける  幕をさげる  接触をさける  私を見さげる  綱をさげる  スパイ禍をさける  深酔いをさける  僕の振りさける  タテにさける  背負つて提灯をさげる  二升樽とをさげる  愚痴をさける  溜飲をさげる  同室者をさける  目を、恐れさける  雲なしてさける  黄色にさける  川岸にさける  田のくろにふとしくさける  茂きがなかにさける  みなへし短くさける  一口応答をしようと思うけれど、張りさける  五月一日をさける  ふいに氷のさける  前にさける  岸辺にさける  陰にさける  あたりにさける  店先にさげる  のをさける  戦争をさける  男が出て来て、まるでさける  大体春夏から秋まではさける  紛糾をさける  七五などさける  四五わがさける  調子をさげる  三十年以上はさげる  母の怒罵をさける  それがさける  言明をさける  受取つて心持頭をさげる  目をさける  



前後の言葉をピックアップ
叫ぼ  裂けめ  裂け目  さげよ  割ける  裂ける  避ける  さけれ  避けろ  さけん


動詞をランダムでピックアップ
分捕り飛び起きよ酬いよ融ける浸り過ぎ行こ掻きむしろもめことなる学びとり賄え訪ねよ誤魔化そ取扱い轟かせ力む践も塗り潰すことわりはね返さ
形容詞をランダムでピックアップ
心強かっしがなかっ力強きていたうまくっいちじるしかっ卑しけれ瑞瑞しい根ぶかくにぶきにあわしい暖かけれめざまし男らしくあぶなく高し上手けれこちたから恨めしき哀しかっ