「手向け」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 手向け[動詞]
灯籠を手向け  香花を手向け  君前に手向け  花が手向け  香を手向け  香華を手向け  勝者の手向け  枝を手向け  墓へ手向け  柳を手向け  九日に手向け  者が手向け  無縁佛に手向け  水を手向け  花を手向け  黒玉を手向け  塚に、手向け  一本線香を手向け  回向を手向け  霊に手向け  悲歌を手向け  前に手向け  法施を手向け  一枝を手向け  石を手向け  酒を手向け  そこに手向け  今朝も手向け  餓鬼に手向け  菜の花が手向け  諸方から手向け  水心静かに手向け  首級を手向け  墓に手向け  花束の手向け  涙を手向け  のが手向け  線香を手向け  

名詞

手向け[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
手向けがある  手向けに一曲吹こう  手向けとして袖を截つた  手向けになったわね  手向けと致しとう存じます  手向けをして通るなら  手向けをして行こうではないか  手向けをするにも及ぶまい  手向けをした  手向けを受けぬ  手向けの花や線香がその墓に絶えないというほどの  手向けの幣の袋かと見える  手向けをもたてまつりて  手向けになって下さいませ  手向けをする  手向けに行く  手向けの和歌を詠じた  

~ 手向け[名詞]1
一言の手向けが  銀五郎の手向けに  山の神の手向けとして  心からの手向けと  山の神に手向けを  弓矢の手向けを  庚申様へ手向けを  ことをいって手向けの  春への手向けの  里人の手向け  父さんへの手向け  なによりの手向け  花を手向けに  一文と手向けの  

~ 手向け[名詞]2
いい手向け  この手向け  

複合名詞
手向け能  



前後の言葉をピックアップ
タミル  タミーリ  タミール  たみ子  手向け  たむけ  手向ける  たむける  田虫  タムシ


動詞をランダムでピックアップ
射止め因ろ代えれ引っ提げ撓み抜かす渡っ渡せる見つかろはじめ廻らそ苅り焼こ心がけかかわり合いつらねよまじりひろめよ飛び退こほて
形容詞をランダムでピックアップ
つゆけきこころぼそいやかましいはかばかしから何気なき酷い臭い寝ぐるしいいまだしつつましのどけく堪難しいさぎよしなまっちろい小ぎたなき耐え難くいたましきならびない