「つめた」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ つめた[形容詞]
かなつめた  ないつめた  清きつめた  白きつめた  何かしらつめた  

~ つめた[形容詞]
水のつめた  それはつめた  秋のつめた  銀色のつめた  元のつめた  手触りのつめた  ば水のつめた  彼女はつめた  虫のつめた  自分のつめた  風のつめた  露時雨のつめた  手のつめた  何かつめた  やみのつめた  白骨谷のつめた  星はつめた  汗のつめた  紙のつめた  具のつめた  皮肉以上のつめた  時計のつめた  こころのつめた  汁気のつめた  初冬のつめた  

つめた[形容詞]
つめたさ  つめたところ  つめたそう  つめたげ  



前後の言葉をピックアップ
詰め込ん  詰込ん  詰め所  詰所  詰将棋  冷た  つめたい  冷たい  ツメタイアイスクリーム  つめたう


動詞をランダムでピックアップ
にぎっともせ重立ち思いがけるかわそこがれあわて及ぼせる取去鳴きしきる討取っ振る舞わ歩けれ交す寝転がもみあわほどきむつかっうるおう標さ
形容詞をランダムでピックアップ
あさましく危なげな貧しくっうとうとしとおくすき尊いあったかいねつく嬉しかろ儚くあつう男々しいなまぐさくみよい押付けがましくよきゃかるういぎたない