「憂」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 憂[形容詞]
暗い憂  はた憂  大きい憂  信濃憂  いたく憂  深い憂  青白い憂  淡い憂  ない憂  から憂  もの憂  ハ憂  ラ憂  喜憂  深く憂  慷慨憂  長き憂  暗き憂  ひどい憂  何憂  積憂  レ憂  薄暗い憂  の憂  ぱいな憂  ぐべき憂  男憂  何かしら憂  やさしい憂  懶い憂  気憂  忠義憂  しら憂  ルノ憂  芸憂  こと憂  長い憂  欝憂  

~ 憂[形容詞]
敗北の憂  私も憂  身心の憂  例の憂  彼の憂  未練も憂  はりの憂  わたしの憂  春の憂  一日の憂  動物も憂  皆破船の憂  虐殺の憂  湖の憂  闇討の憂  春に憂  小生をも憂  坂田の憂  俺達の憂  種の憂  近代の憂  徴候としての憂  大敗の憂  連敗の憂  胸底の憂  苦労も憂  社交界から追放の憂  丞を憂  陽に憂  田園の憂  人に憂  いずれも憂  あれ世の中を憂  発禁の憂  毎日の憂  落第の憂  これほど憂  刑期の憂  武士ガ凡テ後顧ノ憂  これらの憂  詮議の憂  つて没落転々の憂  それからの憂  海の憂  私の憂  凌辱の憂  ますます妙なのは蚤の憂  失業の憂  アワヤ落城の憂  空の憂  彼女の憂  失敗の憂  不合格の憂  破鏡の憂  種々の憂  彼が憂  夫婦生活の憂  創作難の憂  落城の憂  先生の憂  失職の憂  彼も憂  凡てが憂  南さんの憂  後顧の憂  國の憂  事態を憂  憂を憂  これを憂  気分が憂  真昼の憂  孤独の憂  生存の憂  てつぺんの憂  梅雨季の憂  二人の憂  廃者さえも憂  たしかに相当の憂  入獄の憂  誘拐の憂  壱岐対馬の憂  破損などの憂  由来韓国の憂  今日の憂  一抹の憂  由來韓國の憂  分散の憂  袋叩きの憂  仲達の憂  情の憂  風の憂  者が憂  捕縛の憂  北条氏全滅の憂  掠奪の憂  転時難を憂  晒し同様の憂  小沢の憂  外国干渉の憂  上を憂  相手の憂  社会が憂  快活も憂  心の憂  海が憂  荒海の憂  ざまの憂  戚の憂  砲丸破裂の憂  王妃エジスの憂  落選の憂  深夜の憂  まま退去の憂  翁は憂  眉を憂  草いもうとの憂  美津子も憂  置去の憂  笞の憂  保守主義者の憂  前途の憂  岡氏の憂  世を憂  滅亡の憂  きみの憂  戀の憂  世の憂  島の憂  一度ぐらゐは破壊の憂  人が憂  発売禁止の憂  發賣禁止の憂  逮捕の憂  人たちの憂  無我夢中の憂  エリザベートも憂  額全体に憂  柿沼の憂  一同立往生の憂  何よりも憂  水葬の憂  燒の憂  何等かの憂  姉上の憂  花よ憂  聖者の憂  縁から銀の憂  肉体の憂  春機発動期の憂  そもそも論者の憂  聖人の憂  連続の憂  のは憂  追放の憂  鼠同様の憂  飢渇の憂  

[形容詞]
憂目  憂欝  憂はわたし  憂は一  憂ありとは天下  憂げ  憂ウツ  憂人  憂て死ぬ  憂れ顔  憂惧  憂心  憂そう  憂るわし  憂ナキガタメニ  憂イニ  憂イナシ  憂艱難  憂更  憂うるの  憂さ  憂悲  憂記  憂憤の士  憂うるところ  憂二  憂根絶  憂成  憂てこれ  憂て様々  憂ること  憂悩  憂は政令  憂は絶対的  憂気  憂憤捐  憂は絶  憂やつ  憂るの念  憂憤の情  憂ありとせん  憂わし  憂るの  憂國  憂流  憂する者  憂病  憂憤の者  憂るに及  憂れわし  憂髪  憂る者  憂する事  憂すること  憂芸  憂は杞憂  憂といふ色彩  憂たて  憂眼  憂よ思  憂のし  憂なみ  憂憤の余り  憂する人間  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
憂の裏より洩れ来る  憂を帯びて  憂を絶ち  憂慮っている  憂を除き  憂と愁とを渡れる  憂を生じ  憂を倶にする  憂の原因は学者の身に閑なくして  憂にやつれながら  憂は察しています  憂を散じよう  憂を転じて  憂を断つ  憂に沈む  憂はしくも  憂を蔵する  憂を除かん  憂を憂てこれを防ぐにもせよ  憂を除く  憂が深く織り込まれた  憂の皺がうかんだ  憂にとざされていた  憂を忘れ草というに頼りて  憂を晴らそうとしました  憂はしさうに  憂をこめて  憂を念とせざる  憂を遣らんとも  憂に沈んでいる  憂とし  憂を免かれし  憂はつきものかも知れないが  憂のこもる  憂や迷を抱く  憂をいだく  憂にやせたる  憂の基を問ふてくれた  憂を長く覚えては居ず  憂があって  憂の色漸く去りて  憂もこの刹那にや忘れ  憂かる身の柱はなれし  憂はしく思ひ  憂をなくする  憂の花にかざしたる  憂を去りし  憂を払ひしは  憂を絶つ  憂としないでも  憂があるので  憂に先んじて憂い  憂にして  憂の涙あり  憂の墓は人のあと命の花は神のわざ同じ夕の星影を彼と此とに照らしめよ  憂のしづくつらからばとはに喜び  憂を吹送る  憂の子らを入らしめよ  憂へ憂ひに  憂をからんた  憂はしかりしよ  憂に心が閉され  憂も懸念ももつ  憂がないにせよ  

~ 憂[名詞]1
党派問題と見なされる憂が  色に憂を  滅多に朽ちる憂は  顧の憂を  愛より憂を  親愛より憂を  愛樂より憂を  愛欲より憂を  渇愛より憂を  後顧の憂を  何等の憂の  なりとも疑をおこされる憂は  細君は憂を  病態は憂はしか  南方の憂を  何処かに憂の  さする憂も  情熱に映り映え憂は  以て憂を  心に憂を  様々の憂を  消極の憂を  後國を傾くる憂も  親の憂を  間をおいて憂は  中には憂を  百世の憂を  拾ひて憂を  祖母が憂に  ためには憂  煤に汚れる憂も  人を誤るの憂を  詩人に憂は  時あって憂や  ような憂を  私の憂の  子供心に憂を  風雲をまき起す憂が  顏に憂の  旅の憂も  白きちさき牡丹おちたり憂  戦争の憂が  他から犯される憂が  盗難の憂を  ために憂を  穂の擦れ落ちる憂が  天下国家を憂と  蹈はずす憂が  人の憂に  うちに憂の  浮世の憂を  花よ憂の  ふところに憂の  出し發覺の憂を  立聞きされる憂は  一たび聞くと憂に  禍根を残す憂  何等の憂も  そこをしも住み憂の  弊害には陥る憂が  

~ 憂[名詞]2
已に憂  その憂  この憂  深い憂  ひとり憂  いかに憂  

複合名詞
九月三十日憂欝  終日憂欝  憂欝  憂目  底欝憂  憂樹  眞率憂思  憂はしげ  憂國  憂欝そう  信濃憂人  生理的憂欝  喜憂  憂わしげ  樂以忘レ憂  憂惱  憂思シテ  煩憂  憂ウル時ハ臣辱メラル  憂惧ハ子女  憂ナシ  排日ニ憂  憂欝たへ  身心憂欝  苦楽喜憂  人生憂  憂國等  憂虞  憂ウツ  呉西風吹妾妾憂夫一行書信千行涙寒到君邊衣到無  憂悲  欝勃沈憂  憂華  其欝憂  喜憂栄辱  憂國志情  憂ひと  万象憂欝  七月十五日一切憂欝  いつか憂欝  憂懼  憂人  欝憂  憂陀那  憂欝さ  苦憂  憂欝気  憂曇華  憂月日  憂晴  憂容  憂日暖堤頭草風涼橋下流人  憂げ  憂死  喜憂目的物  憂念愁怖  憂欝等  七月廿二日憂欝たへ  憂欝さうに口  憂喜  憂欝病  憂欝性  憂惧  憂無風  慚愧苦憂  憂欝症  こちや憂  王憂  懷天下憂  



前後の言葉をピックアップ
  卯月山        卯太郎      ウァッハッハ  ウアイー


動詞をランダムでピックアップ
引き裂いさがしいでたて差引か申しつける乾そ逃げだそ持ち回っ恐がら挺する喋れん止みふるい落しずらかろ駆り出し絶え入る回せる織れる登りつめる引張ろ
形容詞をランダムでピックアップ
がたき手酷しいまいましいせまいわすれがたき鋭からむつまじき心細くっ遠慮なき騒がしき荒かろ明いきたなきはかなくっだるかっ青白たわいなものものしい善く激しくっ