「ねり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ねり[動詞]
方とは、ねり  箸でよくねり  手間を惜しまず、極力ねり  罪のねり  火がはいっているし、ねり  方へ、おねり  肌身をこすりねり  二度たきとして、ねり  各地をねり  展覧会場をねり  体をくんねり  技をねり  ひき物があり、ねり  たづなとらせて、くらおいて、さあさ、ねり  道をねり  釦からは、ねり  行列でねり  アレコレ秘策をねり  想をねり  コンタンでねり  二十九番のねり  坂をねり  ミコシのねり  人造のねり  泥にねり  順々にならんで、威ばってねり  街をねり  熊葛で作ったねり  熊葛のねり  力が強いので、そのねり  姿形は、ねり  呉竹をねり  其時千束樣へねり  合唱がねり  隊を組んでねり  智行寺へねり  街路をねり  構想をねり  要素がねり  案をねり  充分心をねり  蕎麦のねり  純粋絹をねり  市街をねり  悪魔をはらって騒がしくねり  行列をねり  妙薬のねり  議をねり  薬をねり  町をねり  プログラムをねり  ふしぎなねり  木の根を、ねり  それをまぜてねり  お爺さんは、またねり  御幣を奉じてねり  香をささげてねり  庭園をねり  計画をねり  響も勇ましく駈けて来ましたが、ねり  蟻をまぜて作ったねり  三時間余もねり  扇子を使ってすましてねり  身体をねり  様に云って、ねり  火が入ってねり  から、ねり  



前後の言葉をピックアップ
狙わ  狙われる  ねらわれ  煉り  錬り    練り  練りもの  ネリ  根利


動詞をランダムでピックアップ
たずね弘めよ明か黄ばむみせりゃとりなそ給せ謙り呈すはねろくわせ靡け見計らう起る着く焦げつい相伴わよみふけるうけたまわれたえぬか
形容詞をランダムでピックアップ
はがゆくさむい恐れ多く尊かっ長かろ危うし息ぐるしい心もとなけれ尊き大層らしいたゆき等しく痛ましいこちたき愛らしく畏れ多くまずきうすらさむいいやしい広けれ