「恍け」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 恍け[動詞]
顏を見ても、恍け  出鱈目を言ってすっ恍け  べつに、恍け  なにしろ、こんな恍け  平素なら恍け  仙波、永らくすっ恍け  ようでもあり、また、恍け  わきをむいてすっ恍け  顎十郎は、恍け  あなたはすっ恍け  私はそら恍け  飽までも恍け  さつきの、恍け  ジャッキーなんていって恍け  気を配ったりしたが、寝恍け  三吉は寝恍け  先生、恍け  爺さんが恍け  御座ますから、あんな酔った振をして、恍け  んていう恍け  へへへ、そんなに恍け  のであったが、わざと恍け  なあにと恍け  ものだと、わざと恍け  聽き恍け  蛙子あそび恍け  兄さん、恍け  同感を感じないでもないが、それにしてもすこし恍け  人もなげな恍け  信念は、こういう恍け  夜が明けたかなんて恍け  モウ夜が明けたかなんて恍け  



前後の言葉をピックアップ
跳ぼ  トボガン  とぼけ  とぼけ  惚け  トボケタ  とぼける  恍ける  とぼし  乏しい


動詞をランダムでピックアップ
立てかけれ乗切っむせかえ取り縋っ凍っ付合いつたお開け放しのび吹きだす嵩ずる抉ら娶ろ遅らしさしまねいよびとめれ意気込むわかろ狙え黙し
形容詞をランダムでピックアップ
あぢきなき危うき痛ましき青き甘から鬱陶しき気恥しくっめずらしくっ有り難き弱よわしうとく大層らしいかぐろき勿体なむつまじかっ残り少な七面倒臭小さうゆかしから