「屈ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 屈ん[動詞]
髪を壊すまいと、低く屈ん  前へ行くと、屈ん  もっとズウッと屈ん  莟んだり、立ったり屈ん  縁側に屈ん  幽霊は、屈ん  人は屈ん  縁側に出て屈ん  上に屈ん  底は浅い、屈ん  淺い、屈ん  中に屈ん  時ヒルダは暗に屈ん  女たちが、立ったり屈ん  膝下に屈ん  背の屈ん  佝僂の遜は屈ん  のに低く屈ん  仕事をしながら屈ん  仕事にかかろうと屈ん  前方に屈ん  ように屈ん  しづかに屈ん  其処に屈ん  内に屈ん  顔を見下していましたが、やがていきなり屈ん  中にじっと屈ん  左方に屈ん  もっとも屈ん  男は屈ん  爪先ばかりで屈ん  縁側にじっと屈ん  炉火と、屈ん  円柱によりかかって屈ん  食器をしまい、屈ん  土手から屈ん  地面に屈ん  前へ屈ん  丹平前に屈ん  くるくる廻ったり立ったり屈ん  伸子は屈ん  川べりに屈ん  地上に屈ん  つて、屈ん  風にも物思わしげに揺れたり屈ん  ぼんやり側に屈ん  上で立つたり屈ん  彼は屈ん  息をころして屈ん  濡縁に屈ん  大人が屈ん  下へ屈ん  そこに屈ん  根本に屈ん  何か掘り出すか埋めるかしているらしく、立ったり屈ん  何か掘り出すか埋めるかしてゐるらしく、立つたり屈ん  二つ折れに屈ん  なかがすこし屈ん  前に屈ん  それからまた屈ん  側に一寸屈ん  お婆さんが屈ん  彼の屈ん  中を屈ん  上へ屈ん  不意に屈ん  ほうへ屈ん  縁側に這い屈ん  間へ丸くなって屈ん  主膳は屈ん  方へ向いて屈ん  いつのまにか其処に屈ん  ように反ったり屈ん  ハーシュは屈ん  伝法に屈ん  庭先に屈ん  私家へ来て、屈ん  その後に屈ん  字型に屈ん  足許に屈ん  意気地なく屈ん  手をあげたり、屈ん  ボーイは少し屈ん  背中へ背負い込んで、屈ん  二つに折り曲げて屈ん  背中は屈ん  沓脱へ屈ん  別に背が屈ん  ところに屈ん  初さんが屈ん  一人が屈ん  なかに屈ん  水に浸るまで、屈ん  根限り這ったり屈ん  藁草履を穿いて出たが、屈ん  火鉢へ屈ん  上半身が、反ったり屈ん  十字架を捧げて屈ん  中に折れ屈ん  入口に屈ん  頭突に屈ん  附木があったら、屈ん  誰かが屈ん  ちょっと前へ屈ん  側に黙って屈ん  ふちに屈ん  地面へ屈ん  そこを見つめると、屈ん  側に屈ん  通りそこに屈ん  ソッと屈ん  月明りを避けて屈ん  いつまで、じっと屈ん  上に段々低く屈ん  舳に屈ん  傍へちょいと屈ん  腰の屈ん  そッと屈ん  柱へつかまって屈ん  枕頭に屈ん  僕の屈ん  木影に屈ん  堀端で屈ん  椽側に屈ん  荷が重くて屈ん  むきに屈ん  イヴは屈ん  びっくりして屈ん  びつくりして屈ん  調べ方は手堅くて早く、屈ん  私は屈ん  言ひながら、屈ん  そのまま渚に屈ん  途方に暮れて屈ん  群集をよけ、屈ん  姿勢で、屈ん  のが、屈ん  ころりと屈ん  娘の屈ん  



前後の言葉をピックアップ
かがり火  香川  賀川  加川  嘉川  かがん  かき  書き  下記  花き


動詞をランダムでピックアップ
張り切ら頌せ飛かかろ暮らさみうけひきおこし陣どる見捨ておもいおこさ亡くすせせ見入れむかつかもたす合わさ立去ら仕込めよわめ相うつ鳴り出す
形容詞をランダムでピックアップ
赤黒いいけ好かなくうすらさむいここちよねむい気忙しかっいさぎよしすばしこともし遠う待ち遠しいつめたき生じろややこしゅうておもう悪からこころもとな狂わしゅうにくらしひもじ