「奉る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 奉る[動詞]
翼賛し奉る  御返事を奉る  頃たのみ奉る  讃辞を奉る  主に奉る  謹で崇め奉る  惠福を祈り奉る  乞ひ奉る  直流し奉る  伺候し奉る  御前に向け奉る  手を捧げ奉る  従つて言上し奉る  給へと求め奉る  何とたたへ奉る  慈悲をほめ奉る  御身に傷つけ奉る  神を讃え奉る  神を見奉る  君に奉る  ものはどうも従い用い奉る  聖父を拝し奉る  読誦し奉る  御礼をなし奉る  叫びをなし奉る  願をかけ奉る  上り物を奉る  扶翼し奉る  天皇に仕え奉る  盟主と仰ぎ奉る  京都へ奉る  皇室に触れ奉る  表を奉る  主を崇め奉る  魂を奉る  親方へ奉る  拝見し奉る  もとに預け置き奉る  帰一し奉る  神慮を宥め奉る  法楽を奉る  祝を奉る  鳥より仰ぎ奉る  憚かり奉る  ろを以て仰ぎ奉る  まごころを以て仰ぎ奉る  迎へ奉る  朝廷を軽しめ奉る  天職を妨げ奉る  扶け奉る  神に奉る  佛に奉る  名をつけ奉る  かくの如く推し奉る  今上大泊瀬幼武天皇に上げ奉る  今上天皇に上げ奉る  恭順を示し奉る  漢帝に奉る  幕府をうらみ奉る  拝謝し奉る  賢察を仰ぎ奉る  んじ奉る  冊き立て奉る  王位へ即け奉る  武祖と号し奉る  白帝城に入れ奉る  呪し奉る  中執り持ちて、仕へ奉る  聖躬に移し献じ奉る  威力を得させ奉る  宣詞宣下があるのに、和し奉る  風俗歌を奉る  君として仕へ奉る  実例と申し奉る  ピユリタニズムとも申し奉る  託にこたえ奉る  膳を奉る  前へ供え奉る  主上に供え奉る  ものを奉る  鮮鯛を奉る  調度を増し奉る  帰依し奉る  御伽仕るべしとて仕へ奉る  薪を奉る  団扇を奉る  上に奉る  灌い奉る  地を納め奉る  造物主とあがめ奉る  何時でも奉る  物を奉る  生物のみを奉る  物をも奉る  穂を奉る  新米を奉る  食に奉る  古米を奉る  朝廷へ奉る  諸国から稲穂を奉る  から差し上げます、と言うて奉る  伊勢大神宮へ奉る  陵墓にも奉る  宮廷へ奉る  伊勢へ奉る  社に奉る  陵墓に奉る  五穀を奉る  長上に奉る  守り魂を奉る  天子様に奉る  歌を奉る  荷前を奉る  山人の奉る  天の羽衣をおぬがせ申し奉る  機嫌を伺い奉る  帝祠に奉る  献上し奉る  芸術家であると奉る  山僧までも承り奉る  宸襟をやすめ奉る  義をなし奉る  兵をさしつかはして、誅し奉る  海島に遷し奉る  祭主となし奉る  彦根城に遷し奉る  仏身に至るまでよく持ち奉る  安置し奉る  天覧に供し奉る  甚内様と記して奉る  島津修理太夫義久と申し奉る  怨じ奉る  君に殉じ奉る  三拝九拝して捧げ奉る  車を出して、あがめ奉る  朝廷に奉る  遠流し奉る  皇位に即け奉る  おんねがい奉る  仏に仕え奉る  追従を奉る  おん頼みにこたえ奉る  至尊と仰ぎ奉る  正成がどう答え奉る  島へ遷し奉る  頭に捧げ奉る  尊号を奉る  神意を伺い奉る  帝を奪い奉る  興を催させ奉る  のを有難く存じ奉る  知遇し奉る  余人を近づけ奉る  暗殺し奉る  弑逆し奉る  処分し奉る  太平楽ばっかり祈り上げ奉る  長光寺へ入れ奉る  寵恩にそむき奉る  刃で殺し奉る  闕下に奏し奉る  従ひ奉る  叡慮をわずらわし奉る  敵対し奉る  大君には仕え奉る  軍勢みな合掌してしばし拝し奉る  大君に仕え奉る  艶様さまと奉る  夫れ謹み敬いて申し奉る  此に降し奉る  上に捧げ奉る  観音様を祈り奉る  期待し奉る  帰命し奉る  筏を流し奉る  ミカドを流し奉る  聖旨に副い奉る  窮乏を叙し奉る  春日大明神に奉る  詣で給うを誘い奉る  足下に伏し奉る  心念をやすんじ奉る  蔽ひ奉る  神慮を勇め奉る  限つて迎へ奉る  臣としてつかへ奉る  おん扉を固く閉じ奉る  秘封し奉る  其れを拝み奉る  景行天皇を指し奉る  行幸を待ち奉る  朝廷に返し奉る  太子に奉る  賀を奉る  住吉を移奉る  宰府は崇め奉る  東宮へ奉る  消息を奉る  院へ奉る  産養を奉る  宮に奉る  杯を奉る  太守とあがめ奉る  数へ上げ奉る  一つ心をもちて護り奉る  ザムライどもが申し上げ奉る  身に受け奉る  匍匐ならび、をろがみ奉る  盛儀大典を見奉る  船艦祝砲を奉る  死者に奉る  長からんことを祈り奉る  敬ふなり、奉る  これを奉る  御伽仕るべしとて仕え奉る  速やかに送り奉る  焼き飯餅を奉る  和歌を奉る  歌を作って奉る  采女にすすめ奉る  勧請し奉る  宥免を願い奉る  祝き奉る  妃に奉る  樣子を伺ひ奉る  想ひ奉る  われら夢に見奉る  乳糜を献じ奉る  人間を奉る  結局敬い奉る  願いをかけ奉る  すべて至尊に対し奉る  君を思ひ奉る  かく願ひ奉る  御主君を討ち奉る  真顔を拝し奉る  をかしげなるして、追ひて奉る  皆夫君に奉る  事にてまのあたり拝み奉る  斎ひ奉る  目見入れ奉る  人身御供を奉る  日足し奉る  づのをひもを解き奉る  湯を奉る  源兵衛から殿へ奉る  儀は平に平に謝し奉る  代表者と仰ぎ奉る  地祇に奉る  手に委せ奉る  御子を産み奉る  母上に奉る  願書を奉る  つるより見奉る  奴と仕へ奉る  供御の炊ぎに奉る  申上げ奉る  心にそむき奉る  同情し奉る  先祖として仰ぎ奉る  主君に奉る  法華経を読み奉る  場所にて呼び奉る  左右を待ち奉る  御名を称し奉る  謁し奉る  直言を奉る  やうに称し奉る  返書を奉る  者には推しはかり奉る  度り奉る  恩裁を待ち奉る  纔かに偲び奉る  朝廷に対し奉る  御所に対し奉る  咫尺し奉る  昵近し奉る  将軍を犯し奉る  別当阿闍梨を誅し奉る  傍に葬り奉る  陛下に対し奉る  斉しく崇め奉る  崇敬し奉る  代表者として仰ぎ奉る  宗家と戴き奉る  中心に仰ぎ奉る  だんだん帝を求め奉る  途中に奪い奉る  人々をがみ奉る  睦仁と申し奉る  同情を寄せ奉る  堰を切って、日ごろ慕い奉る  一献咽へ奉る  万歳を祝し奉る  祈祷し奉る  大臣に奉る  大般若心経、物々しくぞ奉る  讃美し奉る  御苦労にも及んでは恐入奉る  女王に奉る  生命を害し奉る  のが、奉る  つるが奉る  阿弥陀仏を見奉る  宸襟を悩まし奉る  骨弓をひいて奉る  神功皇后の古きを温ね奉る  御贄を奉る  おん礼をなし奉る  おん計らいに任せ奉る  寿詞を奉る  魂を著け奉る  齢を奉る  飯で、居させ育み奉る  地に隠し奉る  記念し奉る  



前後の言葉をピックアップ
まつりあげ  まつりあげる  茉莉花  マツリゴト  祭る  まつる  祀る  祭れ  奉れ  まつれ


動詞をランダムでピックアップ
いならべ売り出せ持直す気ど彫りこん降り積もっ込もおおわ受取れ打落す作り上げよ横たえよ思いがけよ向けん出ば相うち見張ろ燃えつきよおもいあがっもぎ
形容詞をランダムでピックアップ
えらき怪しく新しい遍く執念深くっめまぐるしくっあわい古し規則正しい荒き暑苦しく華々しかっはげしいわるから惨し畏れ多き蒼し馴れなれしく泥くさ差出がましく