「とろける」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ とろける[動詞]
とろとろととろける  中で、まるで、とろける  頬をなでながら、とろける  節々がとろける  紅色ととろける  だんだん重くなって来て、とろける  感動の、とろける  全身のとろける  総身がとろける  母はとろける  君のとろける  舌もとろける  鉄もとろける  一度にとろける  三時間ぐらゐも煮ると、とろける  様なとろける  温泉のとろける  それだけで、とろける  中にとろける  骨がとろける  心もとろける  御飯がとろける  時ならぬうずきを見せてとろける  魂がとろける  それから舌のとろける  



前後の言葉をピックアップ
トロクサイ  蕩け  トロケ  とろけ  蕩ける  トロコ  トロサ  とろし  トロス  トロストロース


動詞をランダムでピックアップ
救け立ち寄煮つける喫しよふくみ堪り兼ね籠っ一旗揚げれ申し送降り掛かもぐりこま引っ括める約め持ち去る請す走らすぬすめるかつぎ上げ逃げ出せる並べ立て
形容詞をランダムでピックアップ
うたがいぶかい手っとりばや美味い嬉しけれ疑い深いちいさきむつかしきそこはかとなし甘かっひとし厚かっ脆い見好いちょろう色濃いうらやましひとしかっ懐かしくっぬるほほえましい