「辛」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 辛[形容詞]
やっぱり辛  世智辛  いろいろ辛  憂き辛  隨分辛  の辛  実に辛  憂さ辛  まり辛  もっと辛  ない辛  一般に辛  から辛  些か辛  やがて辛  渋い辛  がたい辛  余り辛  少し辛  何より辛  さ辛  あまりに辛  

~ 辛[形容詞]
世帯の辛  隆吉は辛  死ぬほどの辛  校正の辛  身の辛  のは辛  事の辛  私の辛  のが辛  からに辛  彼の辛  埋伏の辛  読書の辛  生活の辛  わたくしの辛  何よりも辛  さや辛  繁夫としては辛  一種の辛  別の辛  ことの辛  唐辛子の辛  直吉は辛  からの辛  歓待の辛  以前よりも辛  世間の辛  修行の辛  あなたよりも辛  肉体の辛  刑部は辛  いまは辛  別離の辛  冬の辛  ために辛  時の辛  負い目の辛  塩の辛  ものの辛  将座の辛  不眠の辛  方が辛  自分等にとっても辛  私には辛  日毎の辛  門閥の辛  琴は辛  これまでの辛  監禁の辛  どころの辛  一日の辛  自責の辛  女の辛  茂は辛  顔に辛  綾子は辛  これは辛  果までも辛  者の辛  ふたりはいかにも辛  方にとっての辛  大小様々の辛  点の辛  単純に辛  幾日かの辛  きょうの辛  體苦心苦の辛  家出生活の辛  苦悩の辛  何か辛  自分の辛  別れの辛  

[形容詞]
辛さ  辛そう  辛度  辛がっていらっしゃるの  辛すぎて身  辛ろても辛抱  辛すぎるところ  辛すぎるということ  辛すぎる気持ち  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
辛と踏耐えるや  辛と尋ね当てて見ると  辛と放免されて  辛じて私に言へる  辛じて冀ひ  辛へてゐるといふ  辛えの無理しんなって  辛つとさう  辛じて私は食うだけの  辛を極め  辛っと御安心なさった  辛じて渡りつつある  辛え所も辛抱して居て  辛えのを忍んで居りましたが  辛えくっても  辛じて黒白の分るくらいであった  辛と此の川下へ出たら  辛じて読みとる  辛ひにして  辛惨とを見出し得る  辛と済す  辛すぎるような場面でもあります  辛え気持がわかるかい  辛じて私は理性を奮い起して  辛と食留め  辛がらせようとて  辛じて生死の間を彷徨している  辛がらせをいう  辛じて堪え忍ぶ  辛かりし夢よりさめて  辛と百石で家名だけは取止めた  辛っと二十号まで出した  辛じて泳出した  辛っと半分起き上って  辛と人の手が這入る  辛と言葉を発する  辛っと出た  辛と少許入口の扉を開けては  辛さうな笑ひを洩らした  辛へるぎごちなさを振り切る  辛痒ゆい  辛えこったよ  辛じて猶ほ  辛じて母子保護法を通過させただけであった  辛と外へ出て  辛と放れないで  辛じて詩人は神を感覚の範囲に於て歌ふ  辛がっていたが  辛も万の苦も経験せず  辛えと言えば  辛えなんて思う  辛じて堪へた  辛と這つて来たが  

~ 辛[名詞]1
私も辛か  のを辛と  のは辛か  のは辛  間にのみ辛  ところでは辛  眠気を辛へて  平三年の辛  やうにして辛  祖母さまが辛っと  のを辛  ところを辛  港へと辛  汝は辛  私が辛  荒波に辛や  座敷も辛  煩悶と辛  引越料やらを辛と  俺等の辛  狐塚まで辛へて  眉だけが辛  行乞は辛か  さまを辛  其が辛と  のが辛か  石に辛  高波に揺られ揺られて辛  時には辛  穴川は辛と  事を辛  法水が辛っと  互ひに辛  さを辛  身体中が辛  それに生れて辛っと  信濃町を辛  千の辛も  涙を辛  無闇と辛  板敷を辛と  足は辛  

~ 辛[名詞]2
こんな辛  甚だ辛  

複合名詞
間辛棒  辛棒  伸きのびてゐて唐辛  唐辛  青唐辛佃煮  辛崎一本松  辛崎  志賀辛崎  唐辛帯  唐辛石  辛而露命  辛勤一頓  辛らい  辛巳八月二十三日  辛らく  辛ら  酒肉五辛  微弱ナレド辛ウジテ読ミ得ル程度  辛棒無し  辛らさ  鵠沼ニ辛棒シテオリマシタガ  苦辛  辛丑  辛棒づよい婦人たち  食辛棒  つて辛らい  辛度  辛ふじ  辛防  辛棒性  辛そう  一通り辛棒  辛酉春正月朔日  殆ど辛  甘酸辛鹹  辛評  辛毘  辛棒づよく  一年辛棒  舌辛驛  辛捧  半日辛棒  大体辛棒  辛ろう  辛棒づよくも  合つて辛  ニ辛ウジテ獨逸  辛酉  辛酉革命  みんな辛  暫らく辛棒  寛永十八年辛巳  多助さん辛かん  汝辛かん  辛らい苛責  辛らい事  ひとり唐辛  唐辛まつ  世智辛  魚唐辛佃煮  唐辛佃煮  辛がり  辛勞  辛酉晩春劉生写  辛酉晩春  今一度辛棒  十五分辛棒  辛氣  千辛萬苦  唐辛一包づつ用意  辛亥中書右丞孛羅鐵木兒  辛棒づよさを雪間  辛棒づよさが  辛而眼  辛面  辛烈  唐辛苗  唐辛苗七本三銭一金十七銭  辛かつ  辛未  辛巳  辛卯  辛亥  命辛  さ辛ら  苦辛惨憺  唐辛八十銭  辛犬  寛保一辛酉  書レ感受ケレ辛  辛らいこと  青唐辛  辛慘  五年辛未  三時間辛棒  辛らそう  文久辛  我辛ふじ  辛崎明神  明治四年辛  辛棒力  辛棒づよい日本  辛棒づよい偵察姿勢  辛棒づよい偵察  一名辛ふじ  辛痛  名所集辛崎  まま生命辛  文化辛  唐辛奴  みな辛棒  辛ウジテ彼等  辛ウジテソノ年  辛棒落胆  嘉永四辛亥春  寛保元年辛酉十月二十四日  四年辛亥  文久元年辛酉  四年辛  十四年辛巳  二十四年辛卯  辛道度  物言はず辛棒  辛棒出來  辛塩  辛鞄  ぐらゐ辛棒  辛螺  高麗王辛  元年辛卯  安元辛卯  享和元年辛酉  八年辛  四年辛巳  二年辛卯  辛度オ  辛棒づよく努力  少時辛棒おし  辛棒づよい社会勤労者  辛棒づよいものですから幾度  つて隨分辛らいん  苦辛惨澹  折角苦辛惨澹  苦辛感嘆  辛ッ  辛ろ  蓼ハ辛草也  意ニテ口舌ニ辛キヨリ云フト云フ  味至テ辛ク可食偶  五辛  先づ辛  辛氏  癸辛雑識続集  辛棒づよいいい娘さん  辛棒づよくそしてお金  辛らかつ  昭和六年辛  文久辛酉歳十月十四日坂本龍馬  辛棒酒  マア辛棒  辛加知  場合辛棒  大分辛棒  辛らい忍耐  辛らい板ばさみ  辛烈舌  戊己庚辛壬癸  辛らいの  延暦二十年辛巳  辛而踏止ツ  辛酉新年  辛棒づよく一歩  



前後の言葉をピックアップ
枯らし  涸らし    辛から  カラシ  芥子菜  カラシメンガ  枯らしゃ  カラシューク  カラジウム


動詞をランダムでピックアップ
とりとめるとむせりだし行き着くまちもうけくぼむ駆りたてだらけはじき出さ揺るご飽かせ捨置きまさるひっくり返そ突っぱっ絞ろ潜り込めのみこめ掻い繰っ減らさ
形容詞をランダムでピックアップ
強かっほのぐらい物狂おしかくし近う細かし骨っぽくけぶかく貴き口惜しい照れ臭くうら若きあかきうしろめたかっ速かっゆるく寝苦しかっ初初しい恥しい狂おしき