「垂れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 垂れ[動詞]
いしぶみ低く垂れ  頭を垂れ  両手をだらりと垂れ  蓆の垂れ  簾を垂れ  竿頭から長く垂れ  幾筋もの縄を垂れ  木綿を長く垂れ  縄なりが垂れ  那須野が原まで垂れ  額に垂れ  一所にだらりと垂れ  鎖を垂れ  だれでも垂れ  泥だらけになり、だらりと垂れ  首を垂れ  枝を垂れ  索はひっそりと垂れ  ところまで垂れ  後に垂れ  ように垂れ  あたりで、垂れ  首うな垂れ  雲間から翼を垂れ  肩より垂れ  肩から胸に垂れ  葉をふっさり垂れ  穴から釣糸を垂れ  あいだだらりと垂れ  しろに垂れ  胸に垂れ  風がなくなって垂れれば垂れ  腰から下に垂れ  闇が垂れ  頭から肩にふさふさ垂れ  頭をずうっと垂れ  下へ垂れ  聖寵を垂れ  綱を垂れ  前髪の垂れ  空は重々しく垂れ  髪を垂れ  尾を垂れ  脊伸びをして覗いて見ても、ひっそりと垂れ  ひつそりと垂れ  漁師の垂れ  くりと垂れ  雲が垂れ  肩は低く垂れ  肉がたっぷりと垂れ  一所に垂れ  青ばなを垂れ  幕を垂れ  ぢゃないかと恐れながら、白く垂れ  中に垂れ  釣針を垂れ  地に垂れ  空で、低く垂れ  岩に垂れ  湖水に垂れ  幾筋もの銀箔が垂れ  やうに長く垂れ  釣を垂れ  枕に垂れ  涙を垂れ  灰色に低く垂れ  鼻を垂れ  屁古垂れ  駄文を垂れ  ドドーンと垂れ  文句を垂れ  能書きを垂れ  言葉が垂れ  雫の垂れ  水面に垂れ  静かに垂れ  疎らに垂れ  幕が重々しく垂れ  短刀を洗い清めると、垂れ  帷が垂れ  頭次第に垂れ  綺麗に編んで垂れ  振分髪は垂れ  下に垂れ  誰かがうな垂れ  枕もとにうな垂れ  処どころに垂れ  唇を垂れ  胸から真直に垂れ  理窟を垂れ  髪を長く垂れ  糸を垂れ  急に悄げ垂れ  あたりに垂れ  グンニャリと垂れ  両側へ垂れ  悄然としな垂れ  我等に垂れ  祝福を垂れ  二級に垂れ  時、垂れ  何れもやはらかく垂れ  燭涙が長く垂れ  ほとに押し垂れ  湿気は低く垂れ  肩にがくりと垂れ  髪が長く垂れ  屁から水滴が垂れ  雲が余程低く垂れ  急に低く垂れ  教訓を垂れ  後ろへ垂れ  しろへ垂れ  数珠梯子が垂れ  原稿紙を破り棄て、低く垂れ  尾羽を垂れ  髮を垂れ  上に垂れ  肩に垂れ  みんな首を垂れ  タラリと垂れ  慈愛を垂れ  恩恵を垂れ  方に垂れ  力なく垂れ  襟まで垂れ  総を垂れ  外に垂れ  棹を垂れ  手を垂れ  船に垂れ  頸を垂れ  膝に垂れ  色を垂れ  革紐が垂れ  腰に垂れ  睫毛の垂れ  重みで垂れ  幕でも垂れ  立止って、ぶらりと垂れ  ぐんなりと頭を垂れ  外れに垂れ  叢が、垂れ  ところに垂れ  床に触れるほどに長く垂れ  葉を垂れ  片足をぶらりと垂れ  恵みを垂れ  水の垂れ  必要に垂れ  舳のむこうづらに垂れ  ところで垂れ  そうに垂れ  そばに垂れ  天井が低く垂れ  穂が垂れ  蔓を垂れ  板の間へ垂れ  ぱらつと後へ垂れ  ほうへ垂れ  髯は垂れ  片足で、だらりと垂れ  襟骨を尖らせて垂れ  其處に垂れ  帷の垂れ  其処に垂れ  顎から下へ延びて垂れ  首をガックリ垂れ  帷を垂れ  埃臭い帷を垂れ  前へ垂れ  内側に垂れ  脇へ垂れ  胸さきに垂れ  胸先に垂れ  枝はやっぱりひとりでに垂れ  御幣を垂れ  祖師花を垂れ  目を表し、垂れ  髯が垂れ  ゆたかに実り垂れ  袖を垂れ  頸を低く垂れ  渦を捲きつつ垂れ  後に長く垂れ  涎を垂れ  彼のだらりと垂れ  釣糸を垂れ  毛を垂れ  兵古帯を垂れ  髯を垂れ  肩まで垂れ  窓掛けを垂れ  灰色の雲が垂れ  庭を見ると、あの長く垂れ  空次第に低く垂れ  雲が低く垂れ  水中に垂れ  今まで黙ってうな垂れ  教を垂れ  項を垂れ  下迄垂れ  訓戒を垂れ  竹簾が垂れ  大抵下顎が弛んで垂れ  面影を、垂れ  珠数が垂れ  ゆたかに垂れ  簾が垂れ  境に垂れ  水も垂れ  針を垂れ  層雲が低く垂れ  塔を圧するばかりに低く垂れ  光輝を垂れ  鉢巻をだらりと垂れ  壁に伝わってスルスルと垂れ  さりと垂れ  訓示を垂れ  密雲低く垂れ  恩浴を垂れ  仁慈を垂れ  頭だけはじっと垂れ  軒がさも鬱陶しく垂れ  額から頬へ垂れ  腰の拡がったり垂れ  其を結び付けて垂れ  帽子から雫が垂れ  帳を垂れ  忿怒にうな垂れ  ダラリと垂れ  眼は垂れ  雨雲が垂れ  頭首を垂れ  乙女が垂れ  暗闇に垂れ  訶和郎は垂れ  上へ垂れ  両手が延び出ると、垂れ  首に垂れ  弔旗が垂れ  嫋々と垂れ  山形に垂れ  下を視るには視たが、垂れ  上瞼を、すぐに又垂れ  應を垂れ  梢に垂れ  袖がただぶらりと垂れ  翼を垂れ  雫が垂れ  中腹に低く垂れ  飼馬桶にうな垂れ  白髪を垂れ  耳の垂れ  帷帳を垂れ  葉の垂れ  カーテンの垂れ  空は重苦しく垂れ  耳が垂れ  涎が垂れ  私はうな垂れ  枠から長く垂れ  うち働く女性達には、あまりながくだらりと垂れ  前髪がのびて垂れ  布でむすんで垂れ  卓子に垂れ  彼は、うな垂れ  膝あたりまで垂れ  彼に垂れ  範を垂れ  鬚を垂れ  教示を垂れ  あたりへ垂れ  梢を垂れ  襟筋に垂れ  雲いとひくく垂れ  ままいくすじか垂れ  ダラシなく垂れ  岸から綸を垂れ  上からつり糸を垂れ  虚空へ垂れ  風もなく垂れ  ゴム管が垂れ  だれが垂れ  ように、物ものしく垂れ  恩を垂れ  上に低く垂れ  メリンス布が垂れ  垣に垂れ  カアテンが垂れ  隙間いっぱいに垂れ  線を引き垂れ  腕を組んで首を垂れ  綱が垂れ  たまを垂れ  眞直立てそして垂れ  穗首を垂れ  穗首をひくく垂れ  たまを低く垂れ  賢慮を垂れ  喪旗を垂れ  かっこうに垂れ  前に垂れ  心持うな垂れ  憐愍を垂れ  賢察を垂れ  釣り糸を垂れ  日雲の低く垂れ  カーテンが垂れ  頬まで垂れ  縁側に垂れ  手先から長く垂れ  周囲に垂れ  おかっぱに垂れ  つど肩まで垂れ  膝へ垂れ  グッタリと垂れ  幾筋もの助け綱が垂れ  片手を垂れ  尾を長く垂れ  髪が垂れ  辺まで垂れ  糸しずかに垂れ  筋肉は白く垂れ  軒に垂れ  鼻汁を垂れ  唇をだらりと垂れ  密雲が重く垂れ  上にまっ黒くよじれて垂れ  小便を垂れ  足をすっと垂れ  気が着いたが、まざまざ垂れ  血潮も垂れ  カーテンを垂れ  葉が垂れ  入口に垂れ  指先も最早すっかり痺れたらしく、次第に垂れ  切れを垂れ  臭い汚物を垂れ  腕に垂れ  袖が時として、垂れ  つて頭を垂れ  尻ッポを垂れ  シッポを垂れ  二本ぶらぶらと垂れ  暗澹として垂れ  あたりまでうな垂れ  方へ垂れ  のが、汚く垂れ  板もところどころ外れて垂れ  力なくだらりと垂れ  頭を重く垂れ  煤の垂れ  雨に重く垂れ  練絹を垂れ  眦を垂れ  そちこちに垂れ  のだらうか、しかし、あんなに垂れ  一めんに垂れ  花の垂れ  斜面を垂れ  四百米ぐらい垂れ  のだろうか、しかし、あんなにうな垂れ  髪の毛は依然として長く垂れ  深淵にむなしく垂れ  旗が垂れ  頸に垂れ  首をうな垂れ  我も垂れ  頭は垂れ  白髪かき垂れ  窓掛は垂れ  一面に垂れ  山々に垂れ  空一面に垂れ  手足にだらりと垂れ  スカートが垂れ  四方へ垂れ  眷顧を垂れ  二尺も垂れ  識らず垂れ  ところへ垂れ  毒を垂れ  綸を垂れ  青簾のスラリと垂れ  頭を低く垂れ  背後に垂れ  白楊は、垂れ  襞を拵えて垂れ  ぐたりと前に垂れ  ように長く垂れ  尻尾を垂れ  すれすれに垂れ  結ひ垂れ  上両手を垂れ  眼を垂れ  紙凧から垂れ  露も垂れ  ッと垂れ  夜はすっかり垂れ  とり雫が垂れ  勃然と、垂れ  釣りを垂れ  水に垂れ  紙テイプが吐き出され縺れ垂れ  眼付でなおも見ながら、垂れ  層がずっしりと垂れ  私の垂れ  糸が長く垂れ  頬に垂れ  目じりの垂れ  板がこじ放されて、だらりと垂れ  グニャリと垂れ  ブランとして垂れ  スーっと垂れ  そうに重苦しく垂れ  暗澹として低く垂れ  それからだらりと垂れ  水が垂れ  床に垂れ  あたりまで垂れ  雨雲低く垂れ  足を垂れ  恵を垂れ  みな首を垂れ  糸条を垂れ  乳房が重たく垂れ  中ぶらりんに垂れ  眼球のうへに垂れ  脇に垂れ  豊かに垂れ  脇の下に垂れ  岩肌を絞って垂れ  鍔の垂れ  皇愍を垂れ  辮髪を垂れ  一本、ぶらりと垂れ  中にぶらりと垂れ  馬の足は垂れ  鬢髮伸びるがまゝに生ひ垂れ  花を垂れ  蕾を垂れ  血潮が垂れ  露の垂れ  頤を垂れ  未央柳の長く垂れ  タラタラと垂れ  髭を垂れ  こつくりと垂れ  遺誡でも垂れ  兎糸が垂れ  山々の頂きに垂れ  中腹までも垂れ  幾筋か垂れ  氣に垂れ  前進し、垂れ  げに垂れ  空は低く垂れ  尻尾が垂れ  菰が垂れ  あたり一面に垂れ  胸へ垂れ  液が垂れ  帳白く垂れ  首根に垂れ  から屁古垂れ  内心ヨッポド屁古垂れ  蔓は垂れ  紐を垂れ  肩へ垂れ  両端が深く垂れ  腕を組んで頭を垂れ  両側に垂れ  腕はまたぐったり垂れ  旗は、だらりと垂れ  胸まで垂れ  辮髮を垂れ  儘眉際まで垂れ  達筆に垂れ  線を描きながら垂れ  うえへ垂れ  午過ぎになると、低く垂れ  枝の垂れ  瞼を垂れ  側に垂れ  ポタポタ水が垂れ  巖に垂れ  布を長く垂れ  さそうにだらりと垂れ  窓かけの垂れ  みんな頭を垂れ  毛糸が垂れ  房の垂れ  それまでぶらりと垂れ  幅や、長く垂れ  兩手をだらりと垂れ  南瓜がいつの間にか垂れ  ような吝垂れ  眼瞼を垂れ  物倦げに垂れ  帯がいつしか解けて、長く垂れ  膝を揃えてじっとうな垂れ  力なげにうな垂れ  両手をついてうな垂れ  顔をうな垂れ  憐れみを垂れ  黄に垂れ  雲から地上へと垂れ  幾房か重く垂れ  兩手を垂れ  すじが垂れ  樹木に垂れ  幌を深く垂れ  窓に垂れ  露をふくんで垂れ  端が垂れ  御簾を垂れ  壁代が垂れ  雲を低く垂れ  旅笠に垂れ  ガツクリ首を垂れ  目蓋が重く垂れ  涙まで垂れ  眼尻が垂れ  窓掛けが垂れ  血が垂れ  髯の垂れ  頭を深く深く、垂れ  洟水がぶらりぶらりと垂れ  ひだを垂れ  羽があって垂れ  往って、だらりと垂れ  境界に垂れ  力なげに垂れ  夜が深く垂れ  瞼が垂れ  そこだけが垂れ  露が垂れ  後れ毛が垂れ  雲がいよいよ低く垂れ  わきに垂れ  袖の垂れ  肉が垂れ  タッタ一つ屁古垂れ  青史に垂れ  まっ青に垂れ  紐をひっそり垂れ  おろしてやったがっくり垂れ  神威を垂れ  うなじを垂れ  向日葵が垂れ  軽やかではあるが低く狭く垂れ  幕が垂れ  顔から血が垂れ  門に濡れ垂れ  鏡掛が垂れ  頭を次第に低く垂れ  布を垂れ  むしろを垂れ  かしらを低く垂れ  ようにおどろに垂れ  腹ばかり垂れ  恵みをお垂れ  方へ長く垂れ  凝視を垂れ  柳が繁って垂れ  暗雲低く垂れ  垂直に垂れ  駒下駄まで垂れ  そこに垂れ  宙に垂れ  おまけに垂れ  雨雲の垂れ  首をふかく垂れ  燕尾を垂れ  糞を垂れ  屹と、垂れ  毛が悩ましく垂れ  たわわに垂れ  肩も、垂れ  背中に垂れ  一番下に垂れ  血の垂れ  穗は重く垂れ  空の中途に、短く垂れ  上まで垂れ  重げにまた軋る、熱く垂れ  二三人釣を垂れ  力を失って垂れ  後ろに垂れ  壁に垂れ  瞼は垂れ  窓一ぱいに黒く垂れ  ゆるやかに垂れ  めぐみを垂れ  空が低く垂れ  枝が垂れ  ぢつと垂れ  地面まで垂れ  首を低く垂れ  地面に垂れ  幡が垂れ  模範を垂れ  腕をだらりと垂れ  末は低く垂れ  雪渓に垂れ  崩壊面を見せたのみで、低く垂れ  さに垂れ  塊が低く垂れ  夜露を浴びて、しっとりと重く垂れ  雲は低く垂れ  腕を垂れ  旭を遮り、低く垂れ  片手をぶらりと垂れ  腕白く垂れ  陰気に垂れ  舌を垂れ  腹をすべって垂れ  柳のけむりが垂れ  高田は垂れ  花が垂れ  方が少し垂れ  びは垂れ  ます手は垂れ  くるくると巻いてやんわり垂れ  もやもやっとしてきて、垂れ  科学的訓誨を垂れ  瓔珞を垂れ  方が垂れ  天より垂れ  瞬間で、よく見るとだらりと垂れ  何時しか頭を垂れ  燈下に垂れ  父剛造自ら頭を垂れ  梅子はうな垂れ  悄然頭を垂れ  ベロリと垂れ  なかに、垂れ  糸の垂れ  そのままだらりと垂れ  日本国じゅうに垂れ  冥助を垂れ  尻に垂れ  胸間に垂れ  暗雲が垂れ  烏帽子を引き垂れ  ポタリポタリと垂れ  つばさを垂れ  オシツコを垂れ  電柱だの、焼け垂れ  水がぽたぽた垂れ  首をば垂れ  訓誨を垂れ  頭上に垂れ  弁髪を垂れ  ように鳴り出していたし、垂れ  穂が赤く垂れ  岬角に垂れ  バケツ一杯ぶちまけたぐらい垂れ  鬢髪からも、長く垂れ  帳は相変らずかけ垂れ  毛が垂れ  滴が垂れ  頃に、重苦しく垂れ  水面に重く垂れ  凧から糸を垂れ  後足をだらりと垂れ  校長先生の白く長く垂れ  花房を垂れ  良竿に垂れ  皮膚を垂れ  ガクンとうしろに垂れ  粛然として垂れ  女に似て垂れ  ように、ながく垂れ  憐れ味を垂れ  腕を伸して垂れ  千筋に垂れ  爪を垂れ  まま、青々と垂れ  波を垂れ  それらの廻りながら垂れ  ベンチに並んでうな垂れ  死骸を轢き飛ばすと、ぐったり垂れ  水滴の垂れ  手欄に垂れ  しょんぼりと垂れ  さうに首を垂れ  豊年らしく垂れ  軒先に垂れ  絹房の垂れ  つて首を垂れ  情を垂れ  三角帆もだらりと垂れ  臍下に垂れ  馬ども耳を垂れ  馬ただ涙を垂れ  尿を垂れ  樹の垂れ  そうに、だらりと垂れ  玉がたらたら垂れ  瓔珞を長く垂れ  病いに垂れ  だれを垂れ  其葉を垂れ  両方へだらりと垂れ  皮革が垂れ  パラリと垂れ  ひたいに垂れ  葉を濃く垂れ  手から膝へ垂れ  真赤に重く垂れ  髪の毛が垂れ  垂れに甘垂れ  手をぶらりと垂れ  髯を細長く垂れ  釣絲を垂れ  草は垂れ  ぢ頭を垂れ  葉を長々と垂れ  さきに垂れ  花が咲いて垂れ  舷から絲を垂れ  間に持つて垂れ  縁先に垂れ  緒の垂れ  露重げに垂れ  一総の取分けて低く垂れ  天井からしずくが垂れ  しずくは始終垂れ  誨を垂れ  カーテンは垂れ  氷柱が垂れ  戸張を垂れ  鎌首を垂れ  葉はだらりと垂れ  瞼が重たく垂れ  片手をば、垂れ  三方へ垂れ  西風は依然として強く、垂れ  外側に垂れ  デスクから下へ垂れ  数度頭を垂れ  頃である、あまりに低く垂れ  朝露をふくんで垂れ  水の上に垂れ  ようにふさふさと垂れ  幸運を垂れ  上においてうな垂れ  靄を含んで重く垂れ  莢を垂れ  房を垂れ  そうにべたりと垂れ  玉が垂れ  雨もよひの低く垂れ  枝葉の垂れ  袖はだらりと垂れ  それは垂れ  実を垂れ  誰が垂れ  垂るるがごとく咲き垂れ  軽やかに垂れ  一緒に垂れ  まま動かずに垂れ  藤蔓が垂れ  緩やかに垂れ  わたくしに垂れ  叢、垂れ  額を垂れ  膝にがっくりと垂れ  頭ががっくりと垂れ  八拳髯胸前に垂れ  首だけ垂れ  顔に垂れ  外に、重苦しく垂れ  重みをもって垂れ  断念をもって垂れ  げ面をがっくり垂れ  ヴェールが垂れ  真直に垂れ  薄白く、じっと垂れ  ように、そよぎもしないで垂れ  静かに、柔らかく垂れ  何れもしっとりと垂れ  胸まで長々と垂れ  屁を垂れ  枝垂柳が垂れ  下向に伸ばし伸ばし、うるさく垂れ  帯を垂れ  耳を垂れ  かしらを垂れ  釣竿を垂れ  動きもせずに垂れ  毛を長く垂れ  衣が垂れ  穂を垂れ  花が白くて垂れ  四方に垂れ  煙が垂れ  ふいにうな垂れ  しずくとなって垂れ  しろにうな垂れ  こめかみに垂れ  右側へ垂れ  上に坐り込み、ぐったりと垂れ  面を垂れ  瞼はさながら祷るが如く、低く垂れ  かたちで垂れ  上瞼が垂れ  萼三片が垂れ  美花を着け垂れ  間頭を垂れ  舌がだらりと垂れ  鬣を垂れ  私どもにあわれみを垂れ  ひつそりとして垂れ  紫に垂れ  綱の垂れ  窓から釣糸を垂れ  葉は重く垂れ  脂の垂れ  影が垂れ  頭が垂れ  のれんが垂れ  仕切りに垂れ  野糞を垂れ  突き首を垂れ  茎を垂れ  五百枝剥き垂れ  むッくりと垂れ  暖簾が向い合いに垂れ  腕を組んで頭をうな垂れ  左右に垂れ  一本ぶらりと垂れ  サルオガセを垂れ  重味で垂れ  房をなして垂れ  蔓から群がり垂れ  大便が垂れ  小枝が垂れ  脚を垂れ  睾丸が垂れ  ふぐりを垂れ  下部を垂れ  流れに届くほど垂れ  げを垂れ  襟巻がだらりと垂れ  襟卷がだらりと垂れ  鬱蒼と覆ひ掛り垂れ  父親の垂れ  いつか砂利に垂れ  花の長く垂れ  髪の垂れ  穂先が垂れ  心持首を垂れ  空は、いつも重く垂れ  縁から下へ垂れ  気難かしく頭べを垂れ  慈悲を垂れ  肩や、波うつて垂れ  後ろに退き、垂れ  羽を垂れ  裳まで垂れ  地へ垂れ  そのままグッタリ首を垂れ  首を深く垂れ  足まで垂れ  地上に垂れ  なめらかに垂れ  牟子を垂れ  四面に垂れ  キレを垂れ  膝をかくすまでに垂れ  ぐつたり首を垂れ  肥土を啜りとっていて、たかく懸け垂れ  憫みを垂れ  処々に捩れて垂れ  一面に低く垂れ  前額に垂れ  電燈の憂鬱に垂れ  糸になって垂れ  つて、垂れ  髪の毛の長く垂れ  毛の長く垂れ  男髪は垂れ  鉛直に垂れ  幾反も垂れ  鼻汁が垂れ  木が、垂れ  雫を垂れ  額にはりついて、その垂れ  肩を垂れ  髪結いたるあり、垂れ  上にまがりて垂れ  三条も垂れ  オランのうな垂れ  だんだんに低く垂れ  張つて首を垂れ  きみは、垂れ  更らに低く垂れ  肩骨までも垂れ  眼玉は繁りに繁って垂れ  彼は垂れ  鎖が垂れ  頬がやわらかに垂れ  さまになるほど垂れ  玉かつらかしらを垂れ  みな頭を垂れ  帳が垂れ  のか、だらりと垂れ  首をそろそろと垂れ  泰然釣を垂れ  頭をうな垂れ  文三はうな垂れ  文三は垂れ  まま首を垂れ  直ぐに弛く垂れ  真中へ垂れ  びを垂れ  紫が垂れ  頬へたらたらと垂れ  八幡さまの垂れ  如くに、綰ねずに垂れ  暖簾が垂れ  滴でも垂れ  顔を垂れ  間に垂れ  皺の垂れ  煤が垂れ  暖簾がだらりと垂れ  頬へ垂れ  鬚の長く垂れ  二つに分けて垂れ  右角が垂れ  黒髪を垂れ  袖口を垂れ  首は低く垂れ  髪をば垂れ  耳も垂れ  素直に垂れ  枝ごとに垂れ  関羽鬚を長々と垂れ  他人の垂れ  藤棚があって、咲き垂れ  フラリと上げて、垂れ  無数に垂れ  河床ちかくまで垂れ  ように降りしきるかと思えば、また、太く垂れ  天井が垂れ  ショールを垂れ  さで垂れ  五升は垂れ  中空に垂れ  ほのぼのと白んできて、重く垂れ  ただ重苦しく垂れ  もの顏を垂れ  ティラルリに垂れ  前まで垂れ  目を垂れ  足元に垂れ  一つポタリと垂れ  眼つきで垂れ  両手を垂れ  これを垂れ  血を垂れ  間から、だらんと垂れ  顔で、しお垂れ  腕はだらりと垂れ  昆に垂れ  ペロリと垂れ  其奴の垂れ  惠を垂れ  房が垂れ  顏を垂れ  腰低く垂れ  目と口を垂れ  その間に垂れ  われ顏を垂れ  泉に垂れ  奥にふかく垂れ  墓間に垂れ  下方に垂れ  宙に浮かして垂れ  手をさしのばして垂れ  首を長く垂れ  下まで垂れ  首をぐったり垂れ  教へを垂れ  舌が垂れ  向うからぼんやり尾を垂れ  池へ垂れ  白瓜のすんなり垂れ  跡に、ぶらりと垂れ  先端が重く垂れ  密雲が低く垂れ  実が垂れ  石に垂れ  氷柱から雫が垂れ  ぐたりと首を垂れ  天啓を垂れ  雨衰へぬ悉く縋りて垂れ  気の毒なほどにだらりと垂れ  三角に垂れ  穂の垂れ  頸筋を垂れ  雨雲の低く垂れ  親子電球を引っぱり消して、垂れ  真上に垂れ  やうに垂れ  菓汁が垂れ  眉を垂れ  皺、少し垂れ  白髯を垂れ  水へ垂れ  下何寸かに垂れ  前に短く垂れ  しっぽを垂れ  顔面にまで垂れ  血痕が垂れ  一大教訓を垂れ  唇が垂れ  戸帳が垂れ  戸口に垂れ  上にだらりと垂れ  枝に垂れ  これほどやさしく、いつくしみを垂れ  それがもうぶらりと垂れ  ようにだらりと垂れ  蝋燭からズボンに垂れ  柔かに垂れ  奇麗に垂れ  翅を垂れ  着衣で長く垂れ  葭簀を垂れ  レエスが垂れ  涎の垂れ  尻ッ尾を垂れ  あごに垂れ  出入口に垂れ  煤の長く垂れ  全部ダランとぬいで垂れ  柔らかに垂れ  首飾りの垂れ  飾り紐が垂れ  雲が重く垂れ  毛がだらりと垂れ  眼瞼はだらりと垂れ  三度かきくどけど黙黙としてなお言わざりしが、やがて垂れ  頭は低く垂れ  世に垂れ  教訓も垂れ  教えを垂れ  雨に縫われて低く垂れ  蔦がからみて垂れ  様に垂れ  墨が垂れ  カーテンを長く垂れ  窓を開き、垂れ  高説を垂れ  爪先よりも長く垂れ  直に垂れ  惰そうに垂れ  空の重く垂れ  ように咲き垂れ  崖に垂れ  外へ垂れ  枝も折れるばかりに垂れ  帆は垂れ  地面につくほど垂れ  原画では垂れ  あいだ両手を垂れ  空の低く垂れ  岸に垂れ  髪でも垂れ  ぼんやり首を垂れ  蒲鉾形に垂れ  珠太郎は黙ってうな垂れ  今まで垂れ  鎖がいまだに垂れ  額へ垂れ  不可解に垂れ  滴がぽたりぽたりと垂れ  半ば下まで垂れ  乳房が垂れ  孔雀の垂れ  グタリと垂れ  連つて蒼く垂れ  二本、長く垂れ  夏柳は、茂り垂れ  泡を垂れ  みすを垂れ  そこにだらりと垂れ  不精無精に垂れ  物静かに垂れ  舌をだらりと垂れ  左手を垂れ  春日の光りを揺りて垂れ  舷側に垂れ  默つて頸を垂れ  小便が垂れ  ものが垂れ  みぞをきざんでおり、そして垂れ  

名詞

垂れ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
垂れ下っている  垂れを揃えた  垂れを上げて  垂れもシンと下ろしてある  垂れの中へはねこんだ  垂れをはね上げた  垂れをソッとめくった  垂れ下げられてゐる  垂れ下げられて  垂れをあげて  垂れを解いた  垂れ下った筵戸の隙間から小屋の中へ這入っていった  垂れをかき分けながらかいま見をすると  垂れをおろしている  垂れをはぐって  垂れは両方から下ろした  垂れを破り  垂れを開けると  垂れを下ろす  垂れ下った柳の糸を胸の上で結び始めた  垂れ下った髪が目を刺すから  垂れ冷たい奇麗な朝になった  垂れをはぐって覗いていた  垂れを裂いて突き出して来た  垂れから一刀を覗かせて  垂れをはぐって行こうとするから  垂れはちぎれ  垂れをおろしていただきます  垂れはケシ飛び  垂れかかるようにして歩いていた  垂れを内から掲げながら  垂れをあげた  垂れは深ぶかとおろしてありますから  垂れを刎ねて  垂れ流した糞小便が歳月の力で自然天然に地の底に浸  垂れをつまみ上げて  垂れで拭いて  垂れをつかまれて  垂れ廻してある  垂れこけたどこで踏まれた  垂れ込めてゐた  垂れ出ている  垂れ流す糞便で所の者は大困りだといふ  垂れかかつてゐる  垂れしぼんでる  垂れたる帽子の形になり居りし  垂れさがった  垂れ下った半白の頭に飛び移り  垂れたる樹を択むであらうと想像する  垂れ下った大枝は折られ  垂れはしめえが  垂れ流す時もある  垂れやアしますまい  垂れをも打った  垂れ遂には地上に達する  垂れひどく手先を動かすでも  垂れさがっている  垂れ下った毛のような麻をとる  垂れ落ちて行った  垂れを鳴らして  垂れ下げた鋼索が引き通されている  垂れさがってる  垂れは上げて  垂れを一枚だけ上へ上げたかと思うと  垂れになってください  垂れ散らす象を得たとあるが  垂れ下げて互いに刺さり込みあった  垂れ曲った方向に風が吹かず  垂れ下った栗の林に包まれ  垂れ落ちた冬の外套を纏うてゐた  垂れからのぞかせて  垂れに甘垂れて  垂れ落ちた雲の凄味もうんざりさせる  垂れ落ちてゐた  垂れ落ちた毛髪を無意識に荒々しく掻きあげてゐる  垂れ下ったところを握った  垂れをまくって  垂れ流しちまうから  垂れ下った目の細い肥った  垂れにけり  垂れが上げられた  垂れを合掌している  垂れけむ桃のとばりか  垂れをおろそうとし  垂れをあげて見ると  垂れを下ろそうとした  

~ 垂れ[名詞]1
鎖の垂れ  体を垂れの  駕の垂れを  りつけ垂れ  無数に結び垂れ  紐の垂れ  几帳の垂れを  向う側の垂れを  駕籠の垂れを  宿禰の垂れ  山山に垂れ  駕籠の垂れから  シッカリと垂れを  箱せこの垂れが  ところをしな垂れ  籠の垂れを  檐から垂れ  蕗の垂れか  駕籠の垂れは  瞼の垂れ  民が垂れ  上衣の垂れを  上衣の垂れで  目蓋の垂れか  間取って垂れ  牛にふまれて垂れ  雫が垂れ  細そりと垂れ  聖者の戴ける垂れ  馭者の垂れ  枝の垂れ  足先きを絡んで垂れ  木の垂れ  前髪の垂れ  雫も垂れは  ヨダレをまぜて垂れ  鼻などは垂れや  輿の垂れをも  横木から垂れ  カーテンの垂れ  振袖の垂れ  ダラリと垂れ  石から垂れ  岩から垂れ  屈曲して垂れ  せいで垂れは  大小便ばかり垂れ  穂の垂れ  糞尿を尋ねて垂れ  かごの垂れを  だらしなく垂れ  霧藻の垂れ  とんぼ頭を垂れから  茫漠と垂れ  パラリと垂れ  紙帳の垂れを  捌髪の垂れ  暖簾の垂れを  頬の垂れ  幕は垂れに  中から垂れが  なす者のごとく垂れ  珠数の垂れを  目尻の垂れ  縫ひて垂れけむ  農夫はあわてて垂れを  不思議に思って垂れを  

~ 垂れ[名詞]2
その垂れ  この垂れ  小さな垂れ  低く垂れ  長い垂れ  長く垂れ  あやしく垂れ  軽く垂れ  ふかく垂れ  甘垂れ  

複合名詞
垂れ下り  首垂れがち  かき垂れ一盞  垂れ伏  垂れ布  垂れ下  垂れ下つて垢だらけ  シミッ垂れ  垂れ下つた藤蔓  鼻垂れ小僧  凹垂れ剛力  垂れ落  蝋垂れ  バラリ垂れ  鹽垂れ  結び垂れ  垂れ頬  垂れ下つて  垂れ枝  はつ垂れ  垂れ來  垂れ初  垂れ林  垂れ小僧め  垂れ籠め  幾垂れ  寝小便垂れ小僧  さうに垂れ下つて  垂れ落ち  紫布垂れ朝寝  垂れ暖簾  涙垂れ熟視め  垂れ冠  袴垂れ  みな垂れ籠め  垂れめ  垂れ手  垂れ雲  垂れ罩め  垂れ物  鼻汁垂れカブ  垂れ下つて行つて景色  発明家鼻垂れ先生  鼻垂れ先生  鼻垂れ  垂れ後脚  垂れ毛  枝垂れ  鼻垂れ地蔵  菰垂れ  垂れぐあいまで  赤裳垂れ引き  藻塩垂れ  垂れ帛  首垂れ窓  首垂れかげん  垂れがち  垂れぎぬ  垂れぎぬの外  頷垂れただ一  偶然垂れ布  もと通り垂れ布  垂れ下つた隣席  垂れ相  垂れ粕ども  垂れ声  垂れ飾り  掻垂れ眉  垂れぎみ  垂れ四海  垂れ工合  雲垂れ  コモ垂れ  垂れ両  小便垂れ  露垂れ  黍垂れ  



前後の言葉をピックアップ
タルン  たるん  たる木  足れ  たれ  垂れれ  垂れ  垂れよ  多礼  垂れん


動詞をランダムでピックアップ
取崩し思いわずらっ付添わ着替えくぐまり伏し沈ん煮えすぎりゃおくらさ革め断ずるたてん煮え返り拉ぐ討ちとりふきこむかりかえ負けん取澄まし肖る
形容詞をランダムでピックアップ
名だかい手厳しく小煩い清け堆しめんどうくさ真新しいからう馴れ馴れしく物淋しかっ毒々しく重重しいしげいおしけれ細かいおっかな薄くっ凄まじき惜しきびしく