「吊」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 吊[動詞]
蚊帳を吊  門の吊  真鍮の吊  動揺につれ、吊  端を一寸引つ吊  一本の吊  葭簀が吊  家元への吊  つて居り、ひき吊  上に吊  軒さきに吊るした吊  地球を吊  引懸けて低く吊  娘さんたちは長い吊  四隅に吊  ブランコを吊  作物を吊  瞳の吊  ロオプに吊  棚が吊  神棚へでも吊  一毫を加えたほどの吊  タバコの赤い吊  頸でも吊  何から何まで吊  毎に、吊  二人は吊  風鈴をつけた吊  腕を吊  繃帯で吊  倶楽部には美しい吊  喧ましき吊  体の楽々とした吊  目は吊  暗殺か、あるいは吊  知らない事とてお吊  省線の吊  片手に吊  經つた夕方、吊  夕方、吊  ハンモックも吊  そのままに吊  手で吊  のだろうと囁き合ったが、吊  身体を吊  お寺の吊  前の吊  棚を吊  丸で不吊  奈何にも不吊  サアベルを吊  方がぴくぴく引き吊  唇がぴくぴく引き吊  体と不吊  梁に吊  首を吊  東の単吊  布袋があって、吊  朝、吊  籾俵が吊  火刑台、吊  電車の吊  うすい青に塗った吊  紐に結えて吊  みんな首を吊  高座には明るい吊  真上に吊  蒲團を吊  心を細めて置いた吊  許りの明るい吊  點けた許りの明るい吊  テントを吊  真黒な吊  それは黒い吊  竹自在に吊  方の吊  舌が吊  細君は、薄暗い吊  軒に吊  劍を吊  電燈が吊  昼蚊帳を吊  そうに吊  地面まで吊  ような吊  一人は吊  紐へ吊  髪の毛エ搦み附いて、吊  セーラー服や吊  盞は砕け吊  腹掛けを吊  おしされて、はね吊  氷片の懸吊  前になって、かれは、吊  姿を、吊  三尺おき位に吊  右腕に吊  ハンドルに吊  枝に吊  兩岸から鐵線で吊  さ二尺ほど吊  片隅に伏せてあった吊  黒馬車や吊  北に在る吊  地平線、吊  敷わらも吊  だらしなく吊  二十六七の、少し吊  燈火は吊  ことばと不吊  枝から枝へ吊  眼は吊  上に吊つてある吊  訪ひ吊  造花を吊  袴をはき、吊  十斤で両吊  今日は両吊  私は両吊  鋼鉄ロープが吊  奴に吊  彼は吊  松の吊  しまひに吊  中を、やっと吊  短剣を吊  ピストルを吊  上甲板に降る、吊  眉目の吊  赤石山が吊  絲を吊  弟仲平とが、いかにも不吊  仲平とは不吊  父は吊  首でも吊  丈は不吊  黄金の吊  掛声勇ましく、吊  一緒に吊  蚊帳を低く吊  三人並んで吊  革紐に吊  馬塞棒から首を出して吊  軒口に吊  電車に乗り、吊  瞬間、激しく揺れ続ける吊  提灯が吊  蚊帳、早うまた吊  左腕は吊  車部屋から簾の吊  小腰をかがめて、吊  窓の吊  懇に吊  筋肉を引き吊  首に吊  胸に吊  行儀よく並んでいる吊  自然に強くなり出したので、こんな吊  今まで揺られていた吊  代りさっきの吊  村に吊  鳥右さんが、吊  形のよい吊  五分心の吊  三分心の吊  蚊帳も吊  箪笥一つ、吊  一つの吊  長持一つ、吊  そちらの吊  長持二つ、吊  場合長持一つで、吊  三味線もむろんこの吊  大燈籠が吊  十二番目の吊  私にもその吊  なかの吊  馬蹄型を吊  上から綱に吊  四畳半で、吊  間の吊  宇都宮の吊  紙看板の吊  屋台に吊  巳之助がゆびさした大きい吊  セル地で、吊  象の吊  壁には、吊  網を吊  柱に吊  一隅に吊  まわりを、吊  それに吊  



前後の言葉をピックアップ
ッポコ  ッポサ  ッポー  っ子  っ放し      ツァイダム  ツァイダン  ツァウォツキイ


動詞をランダムでピックアップ
切立っふりむき書き記しつりあわはやしあやしむ滅ぼさあしらわ交えよいざなう舞い狂う安らぎ泊まれ買取っ刺し違えさしおいつきとめろけしとぶ価しちらめき
形容詞をランダムでピックアップ
手痛かっ喜ばしくっ温かくくどく可笑しいわるく怪うつつまし明るくっまぶしき息苦しき痛いたしい磯臭い美しけれ多うすすどいいたわしい険しかっ清清しく甚だしかっ