「ツ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ツと正面を向いてた  ッて威張るこた  ツてしまふ  ツとした  ツかりは掘るより埋める  ツかりドツサリ割り付けやはるんだすやろけど  ツかり泊りやはりますんで  ツしやろ  ツと安心した  ツと泣き出した  ツぽかすと一生恨む  ツつおう  ツかりして  ツたいのを左の指に嵌め  ツと見せたげ  ツとしては居られない  づ書くべき手紙を書いてだす  ッて上りませんだった  ッたる様子を窺い  ッたかと思いましたよ  ッて了簡が定まらんから  ッて男女七歳にして  ッくうでもあり  ッてもいけません  ッて来て  ッちゃア蚊が這入って仕  ッたかと思うと  ッて口もきけず  ッて帰る  ッと差上げ  ッてしくじらせる  ッぽッと湯気の立つ  ッて宜いじゃ  ッとの思いで今はこれ迄になった  ッかり云っていますよ  ッかりは口外はしないよ  ッ切られてしまう  ツ白い嘆かひの  ツ白い嘆きを見たり  ッこいと取  ッて言ってたよと  ッかな恟り側へ行くと  ッかり出よう  ッて言う  ッかり側へ行って  ッそろしい  ッと思う  ッかり寝転んでいる  ッと気が変って  ッてやる  ッて了った  ッかり面を視ている  ッて好かろうという  ッと手廻して早うせにゃ  ッかり触れると  ッしゃい  ッて何にも仰し  ッと火を吹く  ッと目が覚めた  ッどッどッと煙をたてて寄せくる  ッと軽くなった  ッはッはッチビのやつそれでひどくなぐられたっけ  ツと問うたら  ツすぐに帰つたと見えるね  ツと歩いて来たのよ  ツたくなつたりするのよ  づ取りそろへてある  づのなかの月のやうにはてしの  ッと声をかけると  ツたら何卒怠惰屋の弟子といふことに願ひたい  ッつけて待っていたが  ッと一人も発見されなくなった  ッという怪しい笑声を発した  ッという貧乏くさい悲鳴を挙げたので  ッと自嘲した  ッて風のすさまじく吹く  ッていた  ッて襟から胸へ垂らしていた  ッたはその面ざし  ッたらモウわたしの事なんざア忘れて  ッとこれからは気をつけるが  ッて聞き惚れていた  ッとおいでなさいよ  ッてきた  ッてつらくッてならない  ッて心細くッてなりゃ  ッて駈けだそうとしたが  ッてのらへ出た  ッて烈しく吹きつける  ッと消えてしまったり  ッとかけ声をすると  ツては何うする  ツて有仰る  ツて俺の大嫌なことを悦んで  ツてゐる  ツて其樣なに非人情に出  ツて置く  ツと紅をさす  ツてうるさい妻なんか持ちはしない  ツたのぢやありませんか  ツて可い  ツて更に他の望を持つ  ツて有仰いますけれども  ツて叫ぶ  ツて不愉快だと仰  ツてねるとし  ツてゐなければならないのでせう  ツて此樣なに氣が合はないのでせう  ツて其樣な侮辱をなさる  ツて一生懸命に働いて  ツて小犬を育てる  ツて自己の存立を安全にしてゐる  ツて見れば  ツてゐて  ッこんで焼きました  ッて恐しいもんだなあ  ッて言ったら  ッたそうに云った  ッつかないでせう  づをしました  ッと手もとへひいた  ッと目の前がうす紫色に見えだした  ッひッひ  ッぞうんともいうな  づ最も愉快であらう  ツちへ行つて一処に喰ふ  ツてやる  ツ伏して睡てゐる  ツきの窓さきに行つて電柱をながめた  ツて言ふんで  ツからしでしたよ  ツ放しにして置いて  ツと下まで腐敗して居つて  ッと散る  ッと刀を冠った  ツと畑の中にひ  ツて聞いたで  ツて泣いてたど  ツてでもゐる  ツとゆれた  ツて云ふのに  ツて落ちてくる  ツさらしの停車場で降ろされると  ツて云つてくれ  ツ飛ばされる  ツ白い息子さおべ  ツと出た  ツと開いた  づが澤山ついてゐた  ツか郊外の方に越して行きましたよ  ツと紅葉が燃え出してはゐないかしらと  ツと噛みつかれ  ツと息を吐いて振り返ると  ツと思ふと  ツても帰る  ッちうらはその辺で遊んでい  ツちへ取りかへたとて  ツと吹いた  ッこんで書きはじめた  ッついていなければ怒る  ッと暮して行けば  ッて参りました  ッて考えまするに  ッた自分のお智恵に対して自信をお失いにな  ッている  づ見えなくなり  づ助かったといきなり来た  ッて三菱だッて変りゃ  ッついてゐる  ツてゐらしつたお  ツておりました  づ荒してゐる  ッと庄吉の腕がのびて  ツていふのに  ッぽじった  ッと吐掛けたれば  ッかりしよと下腹に力をいれると差し込んで来て  ッはッ肩で息ながら上る  ッつもやりかねないといった  ッとした  づの幣帛の緒の鎮もる  づの堰かれたぎち  ッて置かない  ッつかまえると驚いて吠えた  ツてゐた  ツて此處を通す  ツた燒肉を頬張る  ツて何か購ふといふ  ツぽけな理由からして  ツて廣く  ツて罪惡の子と謂ツてゐる  ツたくいふと  ツて何等の美感を與へられる  ツたといふ嫌な噂のある  ツ散かした  ツたりしてゐる  ツた呼聲やらがたくり  ツて耳に入る  ツてゐるか  ツてゐるから  ツてゐるので  ツぽの袖の中へ引ツ込めてゐた  ツたといふ趣が見える  ツたらかされて  ツ散かされて  ツてゐたり  ツて考へた  ツて了ふ  ツて行く  ツたことがある  ッと明りが流れて来た  ッとくる  ッきじゃいるけれど  ッて後ろへ抜ける  ッと思うと  ッともッと大きなやまが  ッぽで天下を沸かせる  ッかり見える  ッかり忘れていた  ッた一人の男が腰をかけている  ッて下さいまし  ッと帰ってきた  ッて下さい  ッかり事情は聞いていたが  ッとしたが  ッた一夜同じ家に夜を明かしただけの  ッと心の奥のものを持ちだした  ッかり覗けた  ッた一人あなた様という強い力がありました  ッかけられた  ッていると  ッかり朝化粧まですまして  ッかりして  ッかりと抱きとめた  ッつかれちゃつまりませんよ  ッとならない  ッ裂くような声で叫ぶ  ッた斬ろうと思う  ッた獣のようにうろたえた  ッとこちらを見ていた  ッかり胆を冷やしてしまいましたよ  ッといたした  ッこく駈け上がってきた  ッぽさがジメジメと感じてくる  ッという眼くばせをして  ッと立った  ッと挙動をみつめておりますと  ッ黒ないでたちをした  ッと阿波の内幕を探ってみせる  ッて大きな声で喚いている  ッ伏してしまった  ッきの雷にうたれて死んでしまえば  ッきの雷が落ちた  ッ着いて行かねば  ッとひるみ立って  ッと熱い息をついた  ッと吾に返って  ッと強く恋にぶつかって行くだろう  ッぽどどうかしております  ッかり堅気のお内儀らしくなりましたね  ッぽり放しで  ッかり肺臓へ力を入れて  ッと阿波へつれてまいるぞ  ッと白壁へ刺し込んだなと思うと  ッと驚いて  ッて捨てて  ッた今女をこの長櫃へ押し込んでいた  ッと櫟林を抜けると  ッて吐鳴ったら  ッとッとうちのほうへかけだして行ってしまって  ッかぶさって居睡っていた  ッと内側から押し破れて  ッさらわれた  ッ込んでしまった  ッさらって行かれ  ッと戦慄を感じたが  ッと豹一の顔を見たが  ッとまえ  ッと立つと  ッて言わ  ッかッと咳をした  ッかりゃ塩を浴びせたって  ッぽり出してしまわっせえよ  ッこんで呑まっし  ッくと出でて  ッちらお山へ来たという  ッて聞えてさ  ッと出た  ッても信仰はしませんでも  ッて八人の九人のと目鼻のある  ッかい棒の杖をついて休みながら  ッという呼吸をつかせてやりたく存じますが  ッさり尻をついて  ッはッいうと  ッたあ様子も聞かれるだろうと思うが  ッちゃ困ります  ッと嬉しそうな顔をする  ッてやろうか  ッかり腰をすえて  ッ暗となった  ッてあった  ッと思って  ッかりすると  ッかりその鏡の裏を覗き召さるな  ッぽど甘くみている  ッとどうかと思われるくらいだ  ッて行く  ッ飛んできた  ッていたとみえて  ッちゃいほうの姉ちゃんはね  ッと中へ潜りこんだ  ッてきて  ッと巻きだす  ッかりしてくれ  ッと片手を懐へ入れて  ッても分っているだろう  ッとするかと思うと  ッと揚がった  ッと河から這い上がってきた  ッと絶えてしまった  ッて曳いた  ッと悪事の足は洗う  ッと洗える  ッて行かれる  ッかり元気がよくなった  ッていったよ  ッと太い息がもれた  ッともかまやしませんが  ッと邪心を起こさぬ  ッぽりだす  ッと眼をこすって見直すと  ッかり安心した  ッ飛んでしまったが  ッてその後につき  ッとなって  ッと巡りめぐってきた  ッとして手を引ッこめた  ッて書いてあります  ッく呑み込んでいる  ッすぐに育っておくれ  ッすら分ってきた  ッかり仔細も分るだろうが  ッと先を読んでみるから  ッ向兵字構えに直って  ッかり様子を見届けて来ました  ツがツとふるえている  ヅなどを発音する  づと倒れる  づ浴びようとすると  ッ直婚礼へ行く  ッて君は云って  ッて云う  ッかへ花を持って行く  ッて云うのよ  ッつ斬られつ  ッと二人をかき分けて  ッた船底が思いだされます  ッと命を貰いにまいるぞ  ッきお前が聞いていた  ッついている  ッと寄って行ったかと思うと  ッとしてお綱に目くばせした  ッと刃囲をくずして追いかかる  ツぽい一時の興味に過ぎない  ツき迄遊びに来てゐたよ  ッと笑った  づ落ちつくことができた  づ考へずにゐられぬ  ッとこみあげて  ッとして振向くと  ッという冷めたい  づ第一にひ  づ最も病める  ツと先の方に行くと  ッかけてニヤリと笑う  ッかけようとするから  ッかける水のことなぞは忘れてしまった  ッすぐ帰宅したから  ッたてられて  ッかり無くなつてゐて  ッかり知つてゐる  ッちめて遣らうと  ッてしまひました  ッかり反古にして  づ遣した  ッと息をすると  ッかりした  ツと息をすると  ツといつて  ツかりした  ッとその光を見つめていた  ツて人が待つてる  ッ付いている  ッこい宅助は怒りません  ッつけてやろうと  ッと行燈を消す  ッてしまうし  ッとも酔っちゃいねえ  ッちゃありませんぜ  ッかりやんちゃになりやした  ッすぐに上って  ッているので  ッたるそうに刻んでいた  ッとしたけれど  ッてやつあ面白れえ  ッたいような気もした  ッていう顔をする  ッてみて下さい  ッたらいかがであろうかと思いついた  ッすらと沈んでいる  ッた今奥へ入ったというか  ッかしいとは思いますけれど  ッ暗になった  ッたい煤の暗闇を這って  ッと巡り会ったという  ッといて  ッかり気がすんだであろう  ッておけ  ッ伏していた  ッかけてきた  ツて居る  ツたかと思ふと  ツて行ツて見ると  ツた事が知れた  ッて行ッて見ると  ッた声のさざめきも聞えぬ  ッと本能の皮膚にさわって来たのよ  ツと壁ぎわに身を隠した  ッちめてみれば  ッぽど大きく見えて  ッとして足もとを浮かしかけたが  ッと自由になって  ッと翅が生えた  ッくと向うに立ったので  ッて考えなおし  ッと見ると  ッしぐらな姿は世阿弥の体と縒れて  ッと洩れて  ッと空が鳴っていた  ッかり霽れていた  ッておきねえ  ッと鼬に吹掛ける  ッと立って  ッと膝を入れて  ッとしながら  ッと裏庭へ出抜けるまで  ッと避けて  ッと遠くへ行く  ッと私の前へ直しました  ッて貴婦人が言いましたっけ  ッと来て  ッくりさッくり横紙が切れます  ッと気競が出て  ッと笑う  ッと頤を引く  ッくれた調子で言い放した  ッつけてやる  ッて見える  ッすらと夜が明けかけてくる  ッと捕手の退く  ッと獣じみた呻きをあげ  ッと放しておいた  ッかきまわされて捨てられていたが  ッと台湾へ行ってる  ッき乱世と仰  ッき仰有った  ッて言った  ッ飛びに床から跳ね上ると  ッて夜番が言いましたが  ッ立って敬礼をしました  ッ掻いた痕がありました  ツかく足を包んでいた  ツかツと喰いかきながら  ッと向うに浮いて行って  ッと喧嘩を遣れ  ッと鳴って  ッと伏せる  ッと川合が生きていて  ッと後へ飛び退いたが  ッと飛んで来た  ッてりと  ッと顔赧らめ男らしくなき薄紅葉とかようの場合に小説家が紅葉の恩沢に浴する  ッこむよりも早い札附き  ッぽく出た  ッたる跡の気のもめ  ッとしたれど  ツと太つちよのをぢさんの横顏をみてゐましたが  づ書き直さねばいけない  づ無學だと推測できる  ッと思い当る  ッと思った  ツと睨んでゐたかと思ふと  ツて母さんが今迎へに来た  ツと突き出した  ッてもミズミズしく若返る  づ驚かされる  ッという鬨の声が揚った  ッと落ちて来ると  ッと同音に笑いでもする  ッて俯向いた  ッと立つ  ッとかかって  ッと握  ッかりは云わなかった  ッと溢れた  ッこぬこうと努力した  ツけてやる  ツて云ふは  ツて云ふ  づ第一の素質とした  ッて云ってよこしているから  づ福々しい一つの円を想像し  ッかへされてしまひました  ッこく問ひつめましたが  ッこんで窓からにげ出した  づ第一ばんにおまいをころしてやるから  ッぽに気安めを言うと  づ高く薪が積まれてゐた  ッけていた  ッこんで天井を睨み  ッ飛ばして見せるから  ッたく思って  ッと口を開きながら  ッて世間で大変悪く言うが  ッても其様な真似は私はしない  ッと云って呉れ給え  ツくと立つたら  ツたくツて堪らない  ツと引込んで  ツとも憂慮をさつしやる  ツと野末へ引いて  ッてかかれ  ッつけてみると  ッちゃいけねえぞ  ッつとねじ切って  ッさげて広場へ出てみると  ッて打ッて打ちすえて  ッたまま席へつれてきた  ッと吐いて  づ比べて見たかつた  ッしと射られたが  ッと顔色を変えた  ッてかかり  ッ掴んでこれへ持ちきたって  ッてたずさえて来たであろう  ッてしまおうとする  ッかっている  ッてみろ  ツて来た  ッと一時に席を立とうとした  ツといつて泣き出した  ツて見ても居られず  ッぽく云った  ッたがって  ツとしてゐると  ツとして横を向くだけの  ツと堪へてゐた  ツたく思ふ  ツと物々しく前を睨み  づ高くもりあがり  ツかいお腹飴ちよこブルジヨアでツかいお腹プープと吹く  ツたたくおんまは三匹大急ぎスタコラサツサと這ひまはる  ツぽ丸がとんだ  づふざけちやいけないおよこしよおいらは寒うて洟が出る  ツと思つて目をこらした  ッとしましたよ  づと知れる  ツと危い  ツてなんにも不思議では無いでせう  ツた一つ丈わたしは飲みました  ツたから今日まで誰にも話が出来なかつたの  ツと思ひ  ッしえん  ッしえんたい  づ驚いて眼を覚す  ツと身動きせずにゐると  ツと突き出して  ッたと后を睨みつけて  ッと血の気の引いた  ッと擦り  ッくッく  ッくと起ち上った  ッくと立ちはだかっている  ッ白い自分の男ッ振りに多分の自信を持っている  ッく解っております  ッしと腕を組んだ  ッ苦しいことは言わないが  ッ白い青二才とばかり思い込んでおった  ッとここにおって  ッとせせら笑った  ッと長庵をふり返って  ッと来りゃ  ッとして顔を上げると  ッと書院へ通って  ッと眼を見ひらいて  ッと部屋隅へよろめき  ッ尖で釘を打ち込むという  ッと顔を上げて  ッ掴んで顔を釣り上げようと  ッかり思いこんで  ツと毟り取って  ッぽの手で自分の辮根を守り  ッぽの手で阿Qの辮子を掴んだ  ッとそうだということになる  ッと煮て  ッしゃいますで  ッかり懐中を覗かれたね  ッて喜び  ッちゃ出来ない  ッふッと息をして  ッと安心した  ッつけてやります  ッと水が狭うなる  ッきと当って  ッくと立ったが  ッとする  ッと横ざまに突出したは  ッと漕げるか  ッと深く溜息つく  ッてなりません  ッとまた泣きしずむ  ッ立った廉平の頭上を飛んで  づ見する  ッと大喝して  ッぽちであった  ッ恍けてあたしを嬲ろうとしたって  ッてなりませんよ  ッきお相手してあげますから  ッと待ってい  ッてあげるから  ッくらべをしてる  ッく竿の先を見ていろ  ッと息をつめていると  ッ恍けたことを言ってやがるから  ッとは小手先の器用なところも見せたが  ッと声をあげ  ッく考えて  ッとばかりちがう  ッふッふ  ッつけられる  ッ叩いて見ると  ッ走っていようと  ッくご納得がゆきましょうから  ッころがらしておいて  ッから頼りにする  ッとひと煽りあおりつけられると  ッと喘いで  ッと顔をあげ  づも食べろ  ッた捕  ッと声をあげて泣き伏した  ッてしょう  ツと曳戸のそばへ行く  ッとわたしの顔をごらんになった  ッと乗物のそばへよると  ッたりと腰をおろして  づ考へられる  ッどうした  ッとと逃げ出した  ッと低い叫び声をあげた  ッとこちらをうかがっている  ッとならぶ  ッちまおうと思っていた  ッぽど変った  ッと紅の色がさし昇って来た  ッと息を吹きかえして  ッと取りはらわれる  ッとうなずいて  ッと音をあげてしまった  ッと声をあげた  ツて困つて居る  ツていふ  ツて食べられねえ  ツていふとね  ツて書いてある  ツてはお聲だつて聞く  ッてもんだぞっ  ッ付けてしまった  ツと赧らんでゐた  ツく吩付けて置くべと  ツと立つて  ッと喚声が湧き上りましたが  ッこんでしまった  ッしゃいよ  ッしゃって下されば  ッかりやッとくれよ  ッき申上げた  ッといてもらうと  ッて電話があった  ッこんでいる  ッしゃるお客様は本日はお見えになっておりません  ッぽうに言ってみると  ッちにしても  ッて云いや  ッかけてる  ッかりしろよ  ッて喚いたからさ  ッぽりだして来た  ッき社長に呼びつけられてさ  ッとくことにした  ッさと振向いて去ってしまった  ッと持って  ッきから放  ッているだけでした  ッても分り  ッかけてやりたいよ  ッしゃる方を探している  ッせと貯金し  ッこんでらッし  ッちゃ栓がぬけない  ッて話はきいた  ッき橋を渡る  ッと火をふいた  ッきから待っているが  ッさと帰れと言っているではないか  ッたらかしておく  ッたてるように階下へつれて行った  ッつかまえた時にさ  ッておッし  ッちへ出向くだろうと思っていたが  ッたらかしておけば  ッ放してヒルネもしていられない  ッてやろうかな  ッとく必要があるだろう  ッてもかまわないが  ッたるいことは  ツと立って  づの姿なき涸れ乾きたる  ッて法がある  ッと消えた  ツて本当に心配をしてえましたよ  ツてえましたら  ッと浮きあがり  ッと地面へあたりやがる  ッとふるえて  ッかしい  づ第一に考へ  ッと引抜いて  ッこさを感じないでも  ッぽい鼠色に変化した  ッたんでげすが  ッて何時も旦那様のお噂ばかり申して居りますので  ッ攫まえて  ッと下った  ッてえ知らせが  ッと派手に飾って  ッと抜けると  ッと取りのぼせましたか  ッと品物が廻って来る  ツばツと煽いで  ッという音が聞え始めた  ッと可恐いものが引包むと思うと  ッと立ちます  ツと透る  ツと身を一方に開くと  ッと透る  ッとしていた  ッと物にして  ッと迎えの出るまで帰って来なかった  ッたり坐って  ッちら歩いて行った  ッと坐っていられなくなった  ッせと体を動かしていたが  ッせと骨を折って  ッせと札を匣へしまい込んで  ッと早く出るかも知れませんよ  ッたいような気がした  ッたいような顔をして  ッたり坐っていた  ッとしてもいられなかった  ッた六畳敷きで  ッたりと坐りながら  ツとばかり胸をうちて  ッ切りまして漸く歩ける  ッちゃアならんと申しましたが  ッて此の人込の中で知れや  ッたって気に入ったから  ッつと改心いたした  ツと起る  づ大きい聲でわめく  づ知ることにある  づ考へておいてい  づ考へてみたい  づ第一に頭に浮ぶけれども  づ受けとる習慣がわれわれには根本的に欠けてゐるといふ  づ起ちあがるか  づ戦ひを挑まねばならぬとする  ツてやらうか  ツたりしながら  ツやつて見よう  ツと考へた  ツぽく頭をさげてゐたばかりだつた  ッと溜息をした  ッとのすと  ッと閉ざされた  ッと響き渡る  ッと猿は宙で啼き  ッとお八重は溜息を吐いた  ッという悲鳴を響かせながら  ツと視凝  ッぽりだされていた  ッぽりだされても持つかも知れんが  ッさと行ってしまった  ッて鍋に煮て食う  ッくるめても三十人ぐらいしかおらぬという  ッと便所へ立つ  ッち引越して歩いた  ッかいストーブを買ってきて  ッとも気がつかない  ッかける奴はいないか  ッかけられてるな  ッちあげなければならない  ッちあげて  ッ倒れてしまった  ッかけてまた歩きだす  ッこないから余興にならないらしい  ッかり西鉄ビイキになってしまった  ツ立つてゐる  ツと突入してきた  ツた顏をしてゐた  ツとしてゐた  ツ飛ばすやうにして  ツ返へされてきた  ツてある  ツつかんで引きずり  ツつかんでしまふ  ツとひき起す  ツつかれない  ツつかれてゐるといふ  ツて言葉があるさ  ツと微細なところをやるかな  ツと癪にさわつた  ツつけなければならない  ツて云つてきてゐる  ツとあつくなり  ツこませた  ッた候補者だということに気のつく  ッすぐ自宅へ戻った  ッて自殺した  ッと特殊な個性をもった  づ考へなければならない  ツて親父にさう  ツせツと歯を磨いた  ッと月の光りの  ッと桜色になりました  ッと白島山平の顔を見て居りましたが  ッとお照は有難涙に思わず声が出て  ッていけない  ッと起きまして  ッかすると宿場へ遣って  ッけ忘れた  ッと奥に居た  ッと跡へ下ろうと思うと  ッと土瓶を放したから  ツとしてゐてやれ  ツそろしい  ツぽくて少々疳が高ぶつてゐた  ッて云ったって  ッとさせた  ッと芸妓をして来てしまった  ッたるくなった  づ考へねばならぬ  ッけのする  ッとなくなる  ッて望んで  ッかあがポンコツ食った  づ悠々と吹き上げてから  ツて呉れよ  づ祝すべきは市谷の詩人が俗嘲を顧みずして  ッと突張るや  づとタメになる  ッとも好いこッちゃある  ッて言っていた  ッていいます  ッて謂いますね  ッと言って  ッたあ御人体を見て  ッたりと首を低れて  ッてことはかいきし知っちゃあいない  ッちゃあなりませんとも  ッた返す  ッて言いましたぜ  ッふッ鬢の尖を  ッていいますが  ッと後退りに飛ぶ  ッとも声なんぞはしませんでした  ッかッと燃える  ッてお謂いなすった  ッて謂いなすった  ッて欠厘でも贅な銭を使う  ッてしまうとするだ  ッて忌がります  ッとッと歩行き出した  ッ立つと斉しく  ッたってどうせ助けてはおかない  ッて言います  ッて騒いだ  ッというと  ッと障子を開けましたが  ッと押し堪えて  ツぽと烟の出る  ツ拡げた山の岩石の姿を愛する  ツ暗と申して  づをする  ツかけて来はせぬかと悟られぬ  ツかり画いて居りました  ッとお飲み  ッたり倒れたさかい  ッかりせい  ッてしまうやろ云われた  ッと腹が立っとった  ッと一段烈しう速射砲弾が降って来たんで  ッと右に離れた  ッた独りぽッちの背中に各種の大砲小銃が四方八方からねらいを向けとる  ッと一息した  ッとして蒲団を被ろうとしたが  ッとさきの方で負傷した  ッとかれた  ッとさきに進んだ  ツと翅を止めて  ッと毒笑している  ッと毒笑していました  ッと笑って  ッて思う  ッつかり合わなければならなかった  ッて云うんでねか  ッ切って行く  ッく覚えておいて貰う  ッかることがあった  ッ放しになって  ッ臭い匂いが流れてきた  ッ続けに真暗闇の底にいて  ッ臭くよごれて  ッて云うし  ッついているらしい  ッ臭いにおいと人いきれのする  ッて云うのに  ッ放しにした  ッて分ったら  ッかながってる  ッ立っていた  ッて気でいる  ッと頭から水をかけられた  ッと段を下りて行く  ッと川下へ庵を結んで  ッと畑を奥へ忍ぶと  ッと遠くなった  ッと覗込む  ッとほてりました  ッふッと吹落して  ッと面を打った  ッなどと恥かしい  づ高くなり  ッつけていた  ッかり思っていた  ッとしたほど  ッと叫んでから  ッこまれる  ツと取るを  ツと同知する  ッとしてずいぶんいそいそした  づは生きたる  ッと生白い仮面を引っぱいでお目にかけましょう  ッと廊下を引摺って行こうとする  ッしぐらに馳けだして行った  ッといふ塊まりのやうな叫びが起つた  ッつけるようにして  ツと入ると  ツと煙の如く消えたので  ッと現れてきた  ッちゃくなる  ッかるほど小っちゃくな  ッ飛んじゃいましたね  ッと流れる  ッと流れて  ッさりと上げ胡座を掻くと  ッついたらくッついたと云う  ッちゃア困るべ  ッと長いのを引こ抜いて  ッと草原へ突立てますと  ッと切れますると  ッと噛みましたから  ッと手を中へ入れにか  ッと残らず玄蕃石を二様に並べて  ッと前にはまた閑院の宮樣もゐられた  ッと奧の方へ遊びに行つて來るかも知れない  ッたりと廣がつて屹立して  ッと奧までも自動車がとほる  ッと見渡された  ッた三軒だけある  ッとさきの方の道へと狹い  ッたと思ふ  ッついた鯛のかたちをみながら  ッて来た  ッつかんでバタバタと逃げだした  ッと我れに返った  ッと忘れた  ッぽど大層な訳柄がある  ッ潰すことも出来る  ッ掴まえなくてはならんが  ッと妙な声を発し  ッ飛んで来て  ッ白けになり  ッと奇妙な声を発し  ッ恍けていやがった  ッ掴んだつもりでいる  ッ恍けちゃいるが  ッと声を出した  ッ始まるてえことをちゃんと前から知ってた  ッて置き  ッ欠いて底だけ取り  ッちめていますと  ッかり片附いちゃいましたとぬかす  ッ掴んでズルズルと扉の方へ引ずって行って  ッかけて一と息ついていると  ッつるんで碌でもない妾のところへなんぞ行ったば  ッ背負って行ってあげますが  ッちゃアいけない  ッちだっていいじゃありませんか  ッとも恐れ入った  ッかり啖呵になって  ッ白けになった  ッくれやがると  ッて椅子の上にも居たたまらぬ  ッかり膝頭を掴んで押さえつけようとする  ッと楠田が張込んでおります  ッつけられりゃ  ッという啜り泣きの  ッ広くなった  ッ走っている  ッているんでさ  ッているなんて  ッてえことが判る  ッぽ挨拶も申さず  ッと見ている  ツと腕を伸して  ツと長い睫毛をあげて  ツと舗道の上に膝をついた  ツとその傍を離れて  ツと出て行っては  ツと顔をそむけると  ッといわんかね  ツとあいてゐるではないか  ッとばす野球の選手がいる  ッと痙攣する  ツと動くとともに  ツと言ふ  ツと飛出す  ツかと立揚つた大漢子がある  ツしと掛けた  ツぽが答へる  ツと吹き  ツと思ふ  ッた事条があるなら  ッと一ツ胸を突かれて  ッと力を入れた  ッて聞いた  ッて蓮葉に出て  ッと痩せた  ッこぬく  ッとも姿を見せないで  ッぽちは  ッつかんで往った  ッとそいつを両腕でうけとめたが  ッと蒼くなり  ツとあげて  ッとどっかにそれだけ損し  ッついたが出なかった  ッとむすんで  ッと形を改め  ッと甲板をはしって  ッとわらって  ッほッという嘆声が聞えた  ッと寄って  ッと肩に絡わって  ッとするまで気がついた  ッとして覗きますと  ッと言って駈けつけますと  ッて鼻をクンクンいわせながら  ッてたまる  ッて与うる  ッと不思議な事があるよ  ッと早く分らせる  ッて見れば  ッて死にはしない  ッてまだ生きているよ  ッても生きているよ  ッて生きているよ  ッかりしてきかないと分らないよ  ッてろくに付ける  ッて来たから  ッているの  ッて螺線を描いて  ッて実はまだいくらにでもコロガリ出す  ッて言いますの  ッこい玉菜の羹汁の臭いがムウッと流れ出してくる  づと解る  ッたるい屠蘇を飲まされた  ッせとそこい  ッても健と会えなくなった  ッとしていたが  ツてやつ読んだよ  ツかりすると負け  ツてエ話は止めて呉れ  ツとする  ツけなく過ぎて  ツこくられ  ッ暗なグランドの上にその日昼みた  づ一応芸術的に印象されてゐなければならない  ツちまつ  ツとなりて  ツかアは知らないよ  ツかアがどうにかしてやるよ  ツかアは疾くに大坂へ行ツちまつたとさ  ツかアに逢ひたくな  ツかアはもう帰らない  ツかアが帰らなきや  ツかアに逢ふ  ツかアはどんな遠い処に居た  ッと垂れて  ッと急いたか  ッていったがね  ッて帰ったがね  ッかけて追い出す  ッていいますぜ  ッていいながら  ッて渋団扇で煽いだ  ッとなる  ッちを取おさえようにも  ッて声をかけてくんねえよ  ッころばしの湯気の立つ  ッと袂を噛んで泣くと  ッていった  ッ臭い焦  ッたてこッてす  ッているから  ッていってるんで  ッかと笑い  ッと附着く  ッくと出て  ッと続いて  ッたりと下に垂れて  ッ飛んで取りに駆けたは  ッつべき様子を知って  ッと胸に応えた  ッぽくばかしなって  ッて危ながって  ッと来ら  ッて名告ったで  ッと腰を擡げると  ッと起きると  ッては肖りません  ッて聞かれたから  ッて莞爾しました  ッて聞くと  ッてならなかった  ッと乗が来て  ッてくちを抜いた  ッてなりますまい  ッかけて来るんでね  ッと飲む  ッと出て  ッと立って行こうとなさると  ッて声をかけて  ッと寄った  ッて恐ろしい愛想づかしじゃありませんか  ッと気がついて  ッと足を出して  ッてならないの  ッと入った  ツこりと顏を崩した  ツと胸の透く  ツかり愚老の口から申し上げます  づ極平凡に考へてみても  ツと寄って  ツと口唇突らせ  ツと打ち驚くかも知れない  ッと闇をすかして見た  づ最も跋扈する  ツ熱いツと口々に叫びながら  ッつづけてやる  ッたって居る  づ第一にこの農村の現状を判断する  ッじたッとぬれた  ッと立ち上がろうとする  ッと葉子のほうに向き直って  ッつッつッつッと早足に進んで  ッと出て来たと考えている  ッと振返ってみたが  づ起せ強く正しく生活せよ  ッかぶせられて  ッと懇意にしておられた  ッと書室を出る  ッてよいから遊びに来いと云いはしませんか  ッたって僕が行く  ッて云いましたね  ッぽいこと云う  ツきりいつた  ッと後を振り向き  ッと思い当たった  ッと見つめました  ッと足を止めた  ツと眼を据ゑて虚空を視詰めた  ツと私の顔を見守  ッかりではらわた  ッ張っている  づ高いほど積まれてゐた  づと遠ざかるを  ッきから見  ッきの家の子に似ていた  ッこい復讐感を満足させると共に  ッと寒いものを感じた  ッと叫んじゃうの  ツと身を引いたかと思うと  ツと叫んで  ッた様に着いていた  ツて帰ると  ツと静かにしてゐよう  ツと船は五月雨に濡れてゐた  ツと見ゆる  ッちまふ  ッと泣声をあげて  ッて云えば  ッかりしなさい  ッこむにかぎる  ッ払われた  ッちになると  ッた黙  ッてエなア何様せ  ッとばかりにどよめいた  ツと辛抱する  ツて来るのでせうか  ツて大仕掛に捕るです  ツて仕舞ふです  ツて来るです  ツと反身になり  ツて来る  ツた一度往ツて見  ツくうの特点有るですが  ツと餌を引いてく  ツと手応へし  ツて仕舞ひ  ツさり有るですから  ツた一度試して見  ツて堪らず  ツてくれ  ツとして訪者の前に現はれる  づ怖る  づに文がら濡ぢぬうす  ツなどの教師の発音の訛りを指摘した  づ同じ内容を含蓄する  ッてそんなところに立っている  ッて聞きましたら  ッて言って  ッてんなら解ってるが  ッと雲のかたまりの  ッと変って  ッと面を上げると  ッぽど超特別の阿呆だろうと考え  ッたらかして  ッせと東京の軍医学校へ運んで  ツとして面をそむけた  ッたひとりで生きている  ッぽけな存在だという気がした  ッと部屋のなかに放たれる  ッ散らかっていると思うと  ッちもさッちも  ッすぐにしてないと  ッたりぶつかった  ッとハッキリ読者に提出して  ッたりしていた  ッ黙ってるな  ッつける手筈になった  ッつけるかは知らないが  ツと帽子を被り直した  ツと手をあげて  ツと巧みになすつた  づ聊かひるみたれど  ツてえんだから  ツとしたと見へて  ッとスキーを脱いで  ツて聞いたから  ツかけて戸外に出た  ツかけて穿いた  ツて言ふこつた  ツていこつた  ッと胸を撫で降した  ツてお主婦さんにそ云つて見て呉れ  ツとしてゐられなくな  ツかをつかつてゐる  ツて言ふこともございませんけども  ツて言ふんでせう  づ暫くそれをわきにやつて置くといふ  ッせと追いまわしておりますから  ツ走らうと思つてゐただでな  ツて出會さねえ  ツて言ふんだ  ッとなった  ツと瞼を染めながら  ツと飛び移つた  ッ黒いフロシキ包み  ッ払われて  ッたらかしておいても  ッとも怪しむに足らないし  ッとらんラヴレターをかいて  ツと傍らに突き出てゐるのに  ッと思ふ  ッせと差入れしている  ッくりかえされる  ッこんでからに早う死んだら  ッ払われる  ッたてて交番へのりこんだ  ッこみやがってね  ッたててきた  ッたてたくなるという  ッすぐ上へあがったから  ッこないにきまってる  ッちへ吸収されるか  ッたらかしておくと  ッつけて浪花節をかけてた  ッかりはゴカンベンという気持になる  ッせと巡礼して  ッついているというだけで  ッきも云う  ッかッて一銭いれると  ッてあるだけ  ッたか分る  ッせとやりなさい  ッと走りました  ッかかるところがある  ッきも云った  ッた一ツの取柄の方がなくなってしまう  ッと複雑な智脳や訓練を要する  ッたところで全然よろこばない  ッても全然うれしくなかった心境がさこそと察せられる  ッと忘れる  ッつけられ  ツと立ちどまつてゐるだけだつた  ツとドリアンの蹄の音に耳を傾けた  ッと笑って見せ  ッた一度のマトモの写真ができた  ッた一軒の家督をまもる  ッちか一ツをハッキリと選んでやりなよ  ッていたっていう  ッこしているという  ッせと忠義をつくしながら  ッとライターの火が光った  ッと一礼してから  ッかかるのだか合点がゆかなかったが  ッつけて無念無想にムシャぶりついている  ッけておくという  ッ暗になる  ッこむのを見て  ッくり返して書いて行く  ッた顔でオドオドしている  ッかり困惑して  ッた返して  ッてことになる  ッすぐそびえたつ  ッた唄い  ッて与え  ッこんで出てこなかったという  ッてるのは東京湾だけかと思ったら  ッくるめて国立公園に申請している  ッた一人の神主すら満足に食えない  ッて取り扱い  ッて結婚式に到るまで  ッかけてきたね  ッた一ッぺん通るだけだ  ッた一ッペン通るだけですよ  ッても分って  ッと開いて  ッと通って行く  ッと階段を昇っちまって  ッて云いました  ッて階段を転がり落ちた  ッて云うと  ッて来ましたがね  ッぽ目も通しません  ッた調子といい  ッた一晩で熱が落ちた  ッと床につき  ッぽど高貴の筈の人たちが実にムザンに実に大量に殺されたり殺したりしているではありませんか  ッしと飛ぶ  づの花の露に厭き  ッちにも同じ孔がある  ッかけられても  ッけてアッというまにすべり降りる  ッこんだって邪魔になるだけさ  ッけて椿の並木を歩いている  づを撒く  ッと床に臥就いてしまい  ッと動かなかった  ッとしたかの  ッと飛び出して  ッと動く  づ貴夫人のどれかに関係を付けようと企てた  ッたやら覚えてもいなかった  ッちめるがいいと云う  ッついて一ツになってるという  ッちあげていますが  ッた二度それも百何十年も距てて突如二度だけ現れて  ッくり返していると  ッくり返してある  ッすぐ御岳サンと向い合っております  ッたるい感情を支えとして見ている  ッとうに願望している  ッぽど芸が達者でないと危ッかしくて見ていられない  ッちと遠くはなれた  ッているし  ッた十五人ぐらいの生徒のうち常に一人か二人が当り前の跫音で教室を出たり入ったりしているよ  ッて馬にぶッかけて  ッこむ時だけに用いている  ッた使い方はしていないし  ッとうでまとまりのある  ッと大きくなってしまった  ッすぐに立つ  ッた一ツだけハッキリしている  ッたッて鉄筋コンクリの熱海銀座ができる  ッとも彼は真ッ昼間というのに酒に酔っ払ってふらついていたから  ッぽど市長に会った  ッてひ  ッかッとれば  ッて下へ二本の棒に垂らした  ッちゃくて  ッこするのを現している  ッこするというけれども  ッた七ツの音の組合せで出来ている  ッこの他の剣術とは類がちがう  ツてゐなく  ッてしまえ  ッせと焼酎で洗っては  ッて落そうと  ッとしたらしく  ッと叫んだ  ッて斬  ッたりする  ッと怒れ  ッすらと見えだして来た  ッた一拳のもとに仆してしまった  づ現はれた  ツて紳士程金満家にもせよ  ッと泣いてしまはねばならなかつたからだ  づは文句もありません  ッかをいう  ッか野郎ばかりいては  ッて来る  ッと叫ぶ  ッていますぜ  ッてくる  ッこい眼をぐりぐりうごかし  ッて来てやろう  ッちになる  ッとそこを突き抜いていた  ッこう動かない  ッて教えて置いた  ッて時が来なければ  ッてくれ  ッても可いぜ  ッて見て来ておくれや  ッて断った  ッと蒼空に渡って  ッと音して  ッと云う  ッかけてくる  ッと流れだした  ッと風を巻いて  ツと風を巻いて  ッと響いた  ッと泣きながら  ッとと降った  ッけて底を渡るだ  ッと止まっていた  ッと降りだした  ッと取付いて離れなくなっている  ッ飛ばされてしまうと  ッ飛んでしまった  ッ飛ばしてしまおうという  ッとあばれだせば  ッこすったのだとみえて  ッ飛ばされてしまう  ッほッと笑った  ッと眼がさめた  ッと白い陰が往来を横ぎって消えた  ッと怖しい  ッついてしまえば  ッちめてやろうと睨みつけていたが  ッぽへ走った  ッぽいことが余りにもわかってくる  ッこしている  ッと首を擡げた  ッすらと夜の白みかけた  ッとキャラコさんの方へふりむくと  ッと笑い出す  ッつけて坐った  ツと手を伸ばして  ッて言っちゃあ  ッたじゃ有りませんか  ッしゃいましたよ  ッぽい笑い方をする  ッて先頃も手紙が参りました  ッしゃることとばかり思召して  ッとして置くが  ッつけろと言うんで  ッて私に聞きますから  ッて仰ったから  ッて言いますからネ  づ疑はしい  ッとと帰っておくれって  ッきゃと騒いでいる  ッと水の中に潜ってしまう  ッがだんだん頻繁になる  ッと走る  ッちら食器棚へよじのぼって  ッと抱きつづけていて  ツと腕組みをしてゐる  ッこう姿を見せん  ッちになって  ッかしさを笑いに紛らして  ッと前へ引き寄せた  ッこんでうつ伏しになっていたが  ッていく  づの實母おほ  ッと室内に躍りこんだ  ッ始めてしまった  ッと引けば  ッと帆村の背後に曲って来て  ツこい頬に微笑んで  ツと我に返つた  ッとふるえた  ッて困ったナ  ッて淋しいッてまるで娑婆でいう  ッて土の下三尺下りゃ  ッて死者に対する礼を欠くという  ッて始まらないや  ッってもう粟粒の出来る  ッかりして行った  ッと拍手が起った  ッて言うよ  ッと思いました  ッて手紙を書く  ッ立ったままにやりと笑う  ッてもこわい顔をして  ッという足音がして  ッというんで止しちまったが  ツと放れて  ッと目を覚すと  ッついという髪の見本を見せておいてくれた  ッと吹きはするが  ッと床を鳴らして  ッと木剣の先を向けると  ッちになった  ッついて来たと思いましたら  ッちもさッちも行かない  ッぽちな  ツく聞し召し  ッと頭を下げ  ッ放しになっている  ッ放しで皆一家族の風なり  づまで引めく  ツはツと息を吐く  ツはツとはずませながら  ツと群集の騒いだ  ッ取られる  ッはッと息を吐く  ッはッとはずませながら  ッと群集の騒いだ  づ待つてくれよと  ッてゐる  ッてゐるといふ  ツちらかツてゐる  ツたのを一週間も隱匿してゐて  ツてゐても  ツしやるナ  ツたらかしてある  ツた向ふの  ツたり跳たりしてゐる  ツて眼の中に突ツ込むで  ツた腕を摩りながら  ツた胸に賑な町の空気でも呼吸させたらばと  ツて千駄木町になる  ツて見た  ツて砲兵工廠の傍に出た  ツた長い長い土塀に沿ツて小石川の方に歩いた  ツて見たりする  ツても賣らなく  ツてゐるといふ  ツて見る  ツた顔にも氣品がなくなり  ツた乳をさぐ  ツた風をして  ツて遊んでゐた  ツせと工場に通ひ出した  ツて到底遣切れやしないわ  ツこりして  ツて貰ふ  ツた綾さんの姿を胸に活かして  ツたことを思出した  ツて見えた  づ第二のバケツへ移し  ツとぞんざいに云つても宜しいと申す  ッと見上げている  ッと胸を打たれました  ッと遠くなる  ッて女房さんが言ったでしょう  ッて内証で逢う  ッと頸を伸ばしている  づ其の眞實の感謝を言ひ  ッと顫えた  ッと思い出した  ツて云つてるぢやありませんか  ツてエば米櫃の中にチヤンと入つてゐる  ッと来たから  ツて鳴いてるわね  ツと映つた  ツと吹く  づ験す可し  ッた具足で威もよほど古びて見えるが  ッて見回すとちぎれた  ッた方がしずかに幕を取り上げて  ッて行くと言うので見ると  ッたのよりまだ軍にも馴れないので  ッて歩いて行ったが  ッた武者は北東に見える  ッて騎馬を三人打ち取  ッた方はなかなか経験に誇る  ッた地面には小枝の影が破  ッて意地わるく人の肌を噛んでいる  ッたところには一切闇が行きわた  ッているだけに  ッと思いついた  ッたまま尋ねに飛び出す  ッて気を落ちつけ  ッた心配の矢先へこの凶音が伝わ  ッたので仕方なく手真似で仔細を告げ知らせた  ッて壁のようにたつ  ッた冬のすさまじさが見透かされる  ッていて  ッかえしていた  ッて居る  ッて困るじゃ無いか  ッて聞く  ッても未だ分らぬから  ッた手に附て居たから  ッて外に仕方は無いのサ君に其町名番地を聞けば  ッて胸の当りを拭きながら  ッて仕舞います  ッたから後は明日の昼迄には分る  ッて居て  ッて遣る  ッて髪の外面を包んで居ます  ッて解ぬのです頭の毛ならば順毛ばかりですから好んば  ッても終には解ます  ッて見ました  ッた儘で四五分間も其所を圧附て居た  ッとも無いから止を得ず  ッた時何の様に怒  ッて好い事ネ隣館の子は矢ッ張り合の子で珍竹林と云う  ッとお出待て居る  ッて寄越せ  ッたら無罪の人を幾等捕えるかも知れぬ  ッと見ています  ッと周をとりまいた  づ第一に除數の一位の穴が3であることに氣がつく  づ第一着手は0を探す  づ解くことにし  ッと声をあげて  ッと酒肥りのした  ッつかれそうな気がしていた  ッぱくして通ったが  ッと気を抜いて  ッこい顔を向けていた  ッと啼いている  ッて行きなさい  ッて来たじゃねえか  ッてるように見えた  ッたと駈けだした  ッと拝み  ツと行き過した  ッと笑うだけで  ッと気がつき  ッ蒼い顔をしながら睨め廻した  ッとこちらへ来て下さい  ッと写った  ッ引きならぬ  ッて呼ぶ  ッと気が着いて駈出したが  ッてまた姉様を殺した  ッて堪らなかったけれど  ッといって  ッちゃあならないという  ッて下さいって  ッて慕ってくれます  ッて困る  ッとむこうの  ッと呼吸のつまる  ッて一声呼ばれると  ッとしないじゃいられないわね  ッと気が休まって  ツふツ嫌になる  ツと我に返りて  ッ赤いけにつけてしまって  づを數へる  ッと言ってみたが  ツと私は舌打ちした  ツと氣がついた  ッているに  ッておられ申した  ッしッと駒を追う  ッちゃられた  ッと廊の外へのがれ出ると  ッこみおった  ッて栄えだし  ッと知って  ッて捨てるに  ッと逸り  ッと一つ大きく吐かれた  ッた直実が吠え猛って  ッつづけに入るなんて  ッて湧くと  ッたものになるが  ッておる  ッた男女は遊山気分で矢来にむらがり  ッて湧きましたので  ッて湧いたとは  ッとおッとこいつはいけない  ッこらしい  ッといけない  ッ立つてゐます  ッ立ちつくしてゐました  ッつらをして立ち上ると  ツ捕へられはしないか  ツとしてしまふよ  づ知られねばならぬ  ッと恐ろしくなる  ッと跳ねかえす  ッと眼を閉じ  ッと肩を震るわせます  ッたげな嬌笑が流れるやら  ッと怖い顔してみせた  ッとしたらしい  ッたそうな声をあげて  ッてください  ッて下すった  ッてみると  ッぽい寝具の匂いを動かした  ッておりましたな  ッけから語気あらあらと闘っていた  ッかけ合って猛ぶ  ッとして上を仰ぐと  ッて湧く  ッかかると申す  ッていない  ッておくにしても  ッてしまい  ッかけ廻した  ッとわれに回り  ッこないと思った  ッと後へひきさげた  ッても火がつく  ッきから話しかけている  ッぽりだして  ッかけて追っかけてくる  ッこむように召しあがる  ッてキモのできた  ッて出て行きましたの  ッちゃッとくわ  ッくこの目をごらんなさい  ッこめようとする  ッこむことを知りぬいた  ッちゃ小柄をぶちこめる  ッたこれが一本しか存在しない  ッとは女遊びぐらいしたかも知れませんが  ッかぶって寝みなさいと  ッかけるようなことも致します  ッとうな番頭に返れる  ッしゃいました  ッすぐ家へ帰った  ッとらえて来ました  ッとと立ちのけと申し渡されたね  ッかぶって物思いに沈んでおりました  ッすぐ突きすすむ  ッさと行け  ッ直ぐ浅草へ参っておりました  ッ直ぐここへお這入りになる  ッ直ぐ露月へ這入る  ッこむということを知り  ッかけられる  ッた跡がある  ッかきまわしても銀行預金というものが在るらしい  ッていたとは驚くべき  ッたというから  ッこんでいらッし  ッと赤らんだ  ッと一瞥した  ッと気づいた  ッと頭をもたげる  ッと立ちあがった  ッと構えた  ッと救われる  ッと耐えて待っていた  ッと首を立てた  ッと武者ぶる  ッと唇を結んで  ッ黒い湿った  ッと舌を鳴らして云った  ッすッと進んだ  ッと唾を吐きとばした  ッと混乱した  ッと立ちはだかった  ッと身ぶるいをした  ッしと頬に来て  ッと昂奮してしまうほど  ッと震えた  ッと潜った  ッけに尻までからげ  ッととびだした  ッと隠れた  ッと血の気がのぼった  ッとばかり大仕事かと思いますね  ッと立ちはだかって  ッと何か冷酷なものを彼らの胸に反射する  ッと赤く顔にでた  ッと肩をそびやかした  ッと音たて棍棒が自分の足をさらう  ッと前に出た  ッと見ただけで  ッくと原野を睥睨していた  ッと襲った  ッと思い浮べた  ッと溜息を吐いた  ッと突きつけて  ッと身ぶるいを感じた  ッとしていられない  ッと明るいその場所に出た  ッとかげった  ッと愁眉をひらいた  ッぽりと抜けて来て  ッとあたりが明るくなって  ッと見ていると  ッと頭をあげた  ッと腰におとし  ッたッと突きぬけて行った  ッと遠退いて行って  ッとこちらに押し寄せた  ッとと踏みとどまっていた  ッと差しだした  ッと周囲を見まわした  ッと吉原は上半身をのしあげた  ッとぶち当った  ッ黒く盛りあがった  ッと燃えあがった  ッ直ぐ向うに  ッと腰をのばした  ッとあたりが明るくなった  ッと八文字にわけていた  ッと身ぶるいした  ッとして腰をのばした  ッとこちらを見た  ッと断ちきる  ッと見えた  ッと風を切って  ッと入口に向って身構えた  ッ直ぐ宿に帰る  ッとふるわせた  ッと力車が牽き出された  ッとのぼった  ッくわッと沸き立っていた  ッと吹きこんだ  ッと四辺が暗くなって  ッとして来る  ッと肩先に来た  ッと掬われた  ッと前のめりにぶッ倒れた  ッ黒く沈んでいた  ッくわと見えだした  ッと泣き  ッと首から上を包む  ッとしておれない  ッと軽く筆をすべらせた  ッと若い高倉に反映した  ッと舞いあがった  ッと吹きつけた  ッと墜ちた  ッと刺さった  ッはッと呼吸を吐き  ッと頼りない思いに憑かれた  ッとふりかえった  ッと手をひいた  ッと腹を立てていた  ッと胴ぶる  ッと烈風が吹きつけた  ッと雪のなかにへたばって  ッと目をひらいた  ッと身体の支柱が取られて  ッと怖毛だつものがあった  ッ白い雪の巨濤がそのままの形でぴたりと停止していた  ッと一つところに塊っていた  ッと焔があがった  ッと流れこんだ  ッ暗なデッキを通り  ッこんでやるだけよ  ッ暗な甲板へあがって  ッきの逆をやった  ツすら覺えてる  ツくと起き  ツと驚かされる  ツと呆れた  ツこいもんが色事も存じ  ッてしまった  ッちゃア秘密がもれてしまう  ッとは手下もいるし  ッちゃアいけないね  ッこんでおりましたから  ッと地震のようにゆれだしたと思う  ッと冷いものが玉太郎の顔をたたいた  ッというようなあやしい声を上の方で聞いた  ッと大きな音がして  ッという顔をして  ッとあいた  ッと大きくむかれていた  ッて酒を浴びつづけている  ッ払うことになったが  ッとくと死ぬかも知れんね  ッかぶっておそくまで寝ている  ッても下さった  ッかり申上げてしまいましたが  ッぽど確かな殺される  ッてみても  ッた一ツある  ッくり考えるかな  ッから来たといった  ッと丸髷の顔を窺かせた  ッとしたぞ  ッはッはと笑いこけた  ッてやるとしよう  ツ暗な夜着の中で呟いた  ッぽく見られる  ッてお訊きするのに  ッと見ていたが  ッとすぎていたろうか  ッ暗な屋内へひきいれ  ッついて尚もしきりに手まねきで自分の前まで呼びよせて  ッたらかした  ッ返している  ッすぐに左近の居室へのりこんで  ッかぶっているから  ッてこの部屋に居たくなかった  ッて持ち去って  ッた一人の兄さんがオソノちゃんの実家に居候だかお客様だかで居る  ッきウチへカサを返しに来たから  ッかかれたらしいカスリ傷もあるし  ッた点など相似ておりますが  ッかり汽車にひかれた  ッきの雄弁とは変って  ッと山の奥へはいった  ッかけて着流しで出かけた  ッついた泥を払うと  ッかけたのはオレとオタツを祝ってくれた  ッかけられたので  ッかり人相が変り  ッこないとベク助は自負していた  ッた一つ斬り落して  ッかと力をこめて  ッきの疑念が納得できた  ッとそうして下さるでしょう  ッた一人ウロウロしている  ッき示した  ッた一人推賞して倦む  ツて歩を續ける  ツて聞えるばかりだ  ツては或意味に於て寧ろ幸福であるかも知れない  ツてまでも安さを貪らうとは思はないからな  ツて安らかな時はありやしない  ツて行かなきやならないかと思ふと  ツてはこんなことを云ふ  ツて少しも減ぜられたといふ  ツた雲の間から突然日の光が映した  ッてからは毎日の雨降  ッと言った  ッと念仏やお題目の声があがって  ッきから保太郎の手のホータイに気をつけていたが  ッと見つめたが  ッきから錠がおろされた  ッちゃアなりませんから  ッきの姿が目にちらついて  ッきの人物は前夜のうちに重二郎を殺して  ッとろうとした  ッてくれねえかな  ッで話さ  ッたらありやしねえ  ッかぶッて寝ていたが  ッてくれるね  ッと困った  ッちゃいないから  ッせと通っている  ッすぐ家へ戻らずに  ッとここに飲んで  ッて帰ってきた  ッた量だけ毎日お志乃さんが買ってくるんで  ッとあがったから  ッたら有りゃしねえな  ッかく悪血をしぼりながら  ッすぐにタタミとネダをあげて  ッこんでいたから  ッて帰った  ッそくそッと読んでみようという  ッさと死んで  ッて自分のウチをまちがえた  ッたり蹴ったりして帰った  ッたのでナミ子がハッとした  ッて銀行へ戻った  ッて起きてきたから  ッかぶっている  ッと悪いことが起っています  ッた返していた  ッとも凄味はありやしない  ッた返している  ッきの女に起された  ッすぐ行くと  ッかきまわしたが目ぼしい  ッせと物色して  ッかきまわされて  ッて死んじまえ  ッとも決まっている  ッて隠していた  ッたらかしておいた  ッせと書き送った  ッとも疑わず  ッ払って吉原の近くに三百代言の店をもたせてやった  ッてるからいったんぐれると  ッてやるから  ッた一人裏口からきて  ッてその人の前へおき  ッて坐って  ッたかも知れんですが  ッた三軒の料亭に狙いをつけて訊いてまわると  ッぽりだされている  ッてやるという  ッこなかったという裏附けだった  ッとしていると  ッせと働き出す  ッぽちで  ッてゆき  ッて春も四月に入っている  ッていよう  ッたとも思われません  ッかり眠りこんでいた  ッすぐに白状しておる  ッかけて行く  ッた自負もある  ッて追いに追う  ッて俊基の身に縄を縛けようとする  ッくと起って  ッておりました  ッきとなって  ッて佇んでいる  ッと背すじを正した  ッとおゆるしを得ましょうか  ッた車はもう止まる  ッて代ろうとするのに  ッた一少年がある  ッて来ても  ッと元のところへ戻されて行く  ッて見えます  ツと見た  ツと折れて  ツと身顫ひを  づ第一におらが死んでみせる  ッてお前さん茅葺屋根から虫が落ちるだろうじゃ  ッついて居やアがった  ッかりに己をお客にして騙しや  ッてパチリと柱へ当ると  ッて来ました  ッと起上って  ッと彼のどうも深い谷川へ逆蜻蛉をうって  ッたって向うで打つから  ッてそばからぶく  ッてお付の女中と伊香保の茶見世でお茶を売って居た  ッたってお前唯は往かれねえ  ッと息を吐きました  ッと起上って障子を開け  ッと湯屋から出て  ッたって私は逃げられませんよ  ッと入ると  づ其の必要ある  ツ申しておる  ッた大衆の沸るような戦意の中につつまれて  ッて去る  ッかな耳に入れようとはせぬ  ッと駈け下りて来る  ッかけ使いを飛ばして来て  ッた顔は廊にまで溢れた  ッたもののいつかみな坐り直して  ッた手勢三百をひきいて  ッて行き  ッついて来た  ッ暗な虚空と変り  ッて吹き飛んだ  ッていたと思われる  ッ抱えてゆく  ッ組みあいの肉闘が行われていた  ッついて来てはなれない  ッすらと京の三十六峰を白くして明けた  ッかな天皇の礼を執らねば  ッたわけでござりまする  ッと結んだ  ッと寒烈に耐えている  ッかしい一殿を寝るにも起きるにもつかっている  ッ返していただきとう  づたはむれに  ッてやんで  ッと顔色を変えるなり  ツとホームシツクが直りました  ッと吸っておくばかりだ  ッたるく言いつけている  ッており  ッていたからではあるが  ッて侍側の者へごさいそくあらせられる  ッとな乞食法師の分もわすれて  ッてやっていただきとう  ッぽど倖せだろ  ッて下さいますか  ッかけようとした  ッかけられていた  ッついて来て  ッかけ追っかけ  ッついてまいるまで  ッて吹き通って行く  ッつく手筈となっており申す  ッかけさせた  ッせと急いでいたが  ッかけ出していた  ッているだけで  ッと振り向いたが  ッと覚悟を急かれた  ッた雷獣のごとく跳びかかって  ツと直きに行かれますよ  ツしやいました  ツしやいまして  ツちまひました  ツしやいます  ッて薪を買わなければならなかった  ッと目をあげると  ッてゆく  ッとします  ッかりしていた  ッた切れ長な眼は細く針のような底光りをかくしていて  ッてつけた  ッといたしました  ッと地鳴りが響いたら  ッて奥の灯を指した  ッかけて行き  ッて潜むに  ッそろしく  ッておられた  ッて仰っし  ッついて来たほどである  ッてわかりはしない  ッかけ出した  ッてわいた  ッとのこと媼やそれらの者が取りしずめ  ッたように呟いた  ッついて歩き  ッとしたよ  ッちゃいけませんよ  ッちゃ危なッかしいと思っていたが  ッかり改心した  ッて気持が分らないわね  ッとうめえ  ッたッて分るじゃありませんか  ッかくロマンチックになりかけたのに  ッこねえだよ  ッと運命ということを考えたわよ  ッて言うには  ッて話された  ッていたかと思うと  ッてあたりの様子に気をつけて見たが  ッて四方山の話を始めたが  ッた時のように今もなお抱いたり  ッたりしたいという  ッこりしたので  ッて来たが  ッて娘と姉とを見た  ッたと見えて  ッてそして頭を撫でたが  ッと貌を赤らめて  ッてしまッて心は目の前にその人の像を描いていた  ッこりして  ッたのかその理は知らなか  ッたので臥床へはいッてからも何となく眠る  ッて来たので  ッて出かけた  ッて見えるが  ッちら背負ッていたが  ッて往くと  ッて見ると  ッていたが  ッて採り始めた  ッたのも知らず  ッかと腰を打ち掛けて  ッて御休息をなす  ッて話を始めた  ッたのを娘のと一しょにした  ッたのと比較して見て  ッてはいけないと  ッかり忘れて  ッたのが溢れて  ッきとなり  ッと溜息を吐いて  ッかりしていて  ッと境へ出るから  ッと皆さんが心配しましょう  ッたり衣を織  ッたり倒れる  ッたりそこへ坐  ッた今まで抱えられていた  ッて耳を清して見ると  ッていたので  ッて笑い興じて遊んでいた  ッて別れる  ッと視入ったりしていた  ッと物思いに耽る  ッちゃいけませんわね  ッと来た  ッ切って行った  ッと身顫いをした  ッこり笑った  づ面白く聞きなさる  ッと離れた  ッと投げた  ッと投げつけた  ッ立っていました  ッて怒鳴った  ツと一途に取  ッついたまま怯まない  ッても来ない  ッたり手を引いたり  ッさげて登山してきた  ッてしまう  ッて行った  ッてみた  ッたにすぎなかった  ッた聞き耳をすましていた  ッて叫ぶ  ッてしまったからには  ッかけて来た  ッて言い出すか  ッすら陽の色をさまたげている  ッかりばらしてはいけませんぜ  ッた文化の府でもあった  ッて釘を打つ  ッて見送る  ッと顔から顔へ波騒をよびおこした  ッて俄にせがんだ  ッておいてもらいたい  ッてある  ッておりまする  ッた語調で兄を励ました  ッていらっしゃる  ッたものの矢作の破綻からここまで来て  ッこくいつまで相手を離さなかった  ッてもらいたい  づしさを増す  ッてのはノーミソが腐つ  ッと私は空想の世界を去って  ッくッと笑いながら  ッと体をひるがえしてしずんでいく  づ動かないと思ふ  ッてことがある  づ老功の侍とは申さず  づは秀林院様お果てなされ  ツてくれとはたのまれぬ  ッた結城勢も加わって  ッた返しの宮居を描いていた  ッさげて来て  ッついてまいりましょう  ッて斬って斬りまくりましょう  ッて呼ばわる  ッていたほどだった  ッてしまっていたか  ッていたに  ッてやった  ッかけて来ていたに  ッて寄って来るだろう  ッつ追われつだ  ッて仆すなどの万策もとっているので  ッておいても  ッて来ると死ぬ  ッぽい眼をただショボショボさせるだけだった  ッて打臥している  ッておるな  ッちでここにいました  ッているかに見える  づ見られなかつたからである  づ歪んだ唇を少し微笑ませ  ッて怒鳴ってやった  ッて云ってやった  ッて云ったら  ッと見た  ツこいしよと浮かして  ツぽど今それで煙管掃除の紙捻を  ツさと歩き出して  ツぽく臺の上に一寸見たなりで  ツとくれやす  ツ付いて歩いた  ツぽく台の上に一寸見たなりで  ツかけるやうにして  ッたってしまいました  ッ白い絵描きを引張り込んで  ッ払われてしまう  ツと妻の顔を見あげて  ッて言うから  ッて言っても  ッて岸野君が言う  ッていうことにした  ッて出かけて行ったよ  ッと長く勤めている  ッてマザアが言ったから  ッていう人ではありませんから  ッていう話は聞いていたが  ッて言っていましたねえ  ッて聞きました  ッてしかたがないッて父親は言いますけれどもな  ッても来られない  ッたが惜しいことをしました  ッてうまいことはありやしない  ッと笑ってみせた  ッて不自由な思いをして  ッてしかたがありゃしない  ッてかまう  ッて言いますからねえ  ッて言ってましたよ  ッてかまいやしない  ッて校長なども言う  ッて言ってくれ  ッてさびしがっているだろう  ッた凱歌のあしおとが近づいて来つつあった  ッたことがある  ッた若いほうを包囲した  ッて投げやる  ッて入って来た  ッて弾んでいる  ッてくると  ッちゃってしまおうかしら  ッかない政府ができてしまってさ  ッと外していたが  ッて尊氏のからだを跳び越えた  ッと突かれた  ッたとおもうと  ッついてきた  ッすぐに殿上のほうへ歩まれて行く  ッすらと通り道にまで吹きこんでいる  ッて休もうともしなかった  ッてしまっている  ッすぐに立っていた  ッとさとって  ッた眼は咒文のように呟いた  づ第一に味わいに来た  ッたのをよく覚えている  ッと船は中流へ出ました  ッと人心地のついた  ツしやる  ツしやるから  ツしやるが  ッとしてすくんでいたら  ッとななめ横にぴりぴり手足を慄わしながら倒れてしまった  ッと畳の上に日がさした  ッつけた経験談を語り出でて  ッて悪いことをしなければ  ッちゃっといておくれ  ッと眩暈がした  ツたら老先の長い青年男女を堕落せし  ツと何か熱いぬれた  ッとなにかあついぬれた  づは友人藤原嘉藤治菊池武雄などの勧める  づ好がった  ッこりされると  ッて室を飛び出した  ッこりすると  ッこり会釈し  ッて艶があって  ッと締ッた口尻の愛嬌は靨かとも見紛われる  ッて仰ぐがごとく  ッきから二階の櫺子から覗いたり  ッてすぐ脇を向いた  ッきから大分紛雑てるじゃ  ッたあ可愛がッてやる  ッと平田を見つめた  ッと出来ましたよ  ッたアそこで燗番でもするが  ッかいるだろうから  ッてやるぞ  ッたッてかまやアしない  ッて死んじ  ッと泣き出した  ッていたんだ  ッて口へ附けようとした  ッて察して下さいよ  ッと考えている  ッて西宮へ倒れかか  ッちゃアいけないのに  ッちゃアいけないと言うのにねえ  ッと平田を見つめている  ッと吉里を見ていたが  ッて横を向いた  ッた行燈の火を煽  ッてからは毎晩来ていた  ッて見て  ッと来ない  ッて来られない  ッこりしながら  ッとおれのところへ来る  ッちに駈けて来た  ッとその人を見た  ッかりなさいよ  ッとお臥るがよござんすよ  ッたらお起し申しますよ  ッたお熊は室を出て  ッとしかも白粉を吹いた  ッた頬に乱れかか  ッて窓の障子を開けた  ッた吉里は始めて善吉を認めて  ッて立ッてごらんなさい  ッとよくお似合いなさいますよ  ッたまま吉里の後から室を出た  ッて手拭を受け取  ッたッていいじゃありませんか  ッと逢いに来る  ッと来まい  ッと出ない  ッと出さない  ッたら平田が来て  ッて慰めてくれる  ッてくれる  ッてくれるかと思うと  ッて涙が止らなくな  ッとうつむいて  ッか遠方へでもおいでなさる  ッたら怒られたかも知れないが  ッかへ泊るのに  ッておいて下さい  ッとしますよ  ッておくんなさいよ  ッと顫えて  ッても善吉は帰らなか  ッつけとく  ッて追ッつけたい  ッてお言いだから  ッた手紙を出した  ッと見つめている  ッて三声ばかり聞えると  ッた紺博多の男帯を巻いていた  ッと見ていた  ッこりと  ッて飲んでおくれよ  ッて毒になるかも知れないよ  ッと吉里を見つめた  ッと平田さんへ届けておく  ッと見て  ッて行ッて見たが  ッつさんの機嫌を直したいとばかりいってます  ッて討つ  ッて代るに  ッと答えた  ッかけて来  ッた大物もある  ッついて来る  ッて都へ迫るかの  ッておいでられました  ッと喊声をあげている  ッかかったまま水に洗われており  ッかけて来い  ッてまま切れてしまう  ッさげて行かれようか  ッた自分はいとも罪深い者になろう  ッた四五間のところに五六十本の焼夷ダンが落ちてきて  ッこわされる  ッこむことに相場がきまっている  ッせととぎすましたり  ッと七年目にすぎないというのに  ッたくッてやろうと考えながら  づ第一に考へねばならぬ  ッと開いたので  ッほッと手に取るばかり  ッと喚声が上って  づ第一に彼を責めつける  ツたのか知ら  ツと顔を挙げて  ツぽくはしやぎ出した  ツとしてその顔を睨めた  ツかり構つて居たから  ッ放されて  ッと引っ裂く  ッ暗の土の底で彼等が働いている  ッと闇の中に落ちてきた  ッとして立すくんだ  ッたあげく筑紫落ちと落ちぶれ果て  ッ広い武者溜りの床を覗きに行った  ッついてその男を見つけた  ッては主君の許へ密報していた  ッと撲  ッすぐ向う  ッて形見に送り届けたという  ッと逃げ足立てた  ッて採った  ッて来たら  ッて陸上を行く  ッたのを見て  ッたい書簡の重たさからして  ッて逃げた  ッちめてくれるぞ  ッくと立上って  ッと発熱して寝こんでしまった  ッて餅を食べない  ッかっていた  ッせと工事をはじめた  ッて景気がでる  ッと止まってしまうと  ッ暗な部屋の中をみつめていたが  ッとあけて  ッと押しつまった  ッと思って見直すと  ッと胸に迫ってくる  ツとひきこみしは  ツとしてしまふの  ッてさえ見える  ッそお親しくそれが感じられた  ッてみせんとはしない  ッた例しさえある  ッて笑い  ッて連れて来ていただいた  ッて帰す  ッかけてゆく  ッてはおる  ッたひには  ッ駈け追っ駈け  ッた耀きを放っていた  ッてはいない  ッすらと顔をゆがめた  ッたことになる  ッ飛んでいるだけで  ッかけ追ッとりつつんで  ッてこれへ来る  ッついては来ない  ッたようでもあった  ッたとすら聞えるほどな  ッかけて行った  ッておりますので  ッとせずにいられなかった  ッてみたり  ッてやがる  ッておるまいな  ッとなって来て  づに氣を付けて  ツと云へばカと云ふ  ッちめて女中を追ひだしやよ  ッこんで財布をとりだしつ  ッつかまへて  ッて見よう  ッたに違いありませんヨ  ッて何時かもお客様のいらッし  ッて余りじゃアありませんか  ッているを  ッても邪魔に成らぬ  ッてならないから  ッちゃア主義の実行は到底覚束ないと仰しゃ  ッて宜じゃア有りませんか  ッたりしてしまいましたの  ッかりだとおもうと  ッて心細ッてなりません  ッても思い切れない  ッて口数をきかず  ッて大変憤  ッて視遣る  ッて手探りで洋燈を点し  ッた薬鑵の白湯を茶碗に汲取りて  ッて口へ出してこそ言わないが  ッたと聞いたら定めて  ッたと聞たら急にお勢をくれる  ッて何も役に立たないという  ッて何も別段役に立つという  ッからなかったからそれで免職にされた  ッて実に卑屈極まる  ッて突胸をついた  ッてネお浜さんが勧めきる  ッこむばかりで面白くもなんとも有りゃ  ッたという顔色をして  ッちゃアならない  ッてお勢に渡すと  ッて文三は吻と溜息を吐いて  ッた風をして見ても  ッたことゆえ  ッたッてチョックラチョイと有りゃ  ッちゃアならないや  ッて成程人減らしだッて罪も咎もない者をそう無暗に御免になさる  ッて置きゃ  ッたのかも知れないけれども  ッて父親さんには早くお別れなさるし  ッかりを楽にして  ッても厭だと思う  ッちゃアならないと  ッて極付れど  ッたッて成らなく  ッて御免になりながら  ッて一人でもいられまいから  ッたら一人授けたい  ッてもいられない  ッちゃアなるまいから  ッかいたんだ  ッた怖ろしい  ッて文三が再び取  ッかり立てている  ッて匿立てをした  ッてももう出来ない  ッてお置きなさいヨ  ッて見せる  ッてまた能く  ッてエヘヘ笑いをする  ッてチヤホヤされる  ッた者があると  ッていれば  ッて見ればネ  ッては見ていられないや  ッてかつ婦人の身でいながら  ッちゃアならぬ  ッて成りゃ  ッたと言うと  ッてお出でなさるけれども  ッてお世辞がよくッて男振も  ッて愛想が尽き  ッかな争な紛れる  ッて文三の顔を視ながら  ッて見ても  ッてもゴソゴソとして  ッて観る  ッた水浅黄縮緬の半襟をかけた  ッて冴が見える  ッて絶えず笑うが  ッていても  ッた木像の顔が文三の欠伸をした  ッ被さッて笑い出したので  ッて荐りに礼拝していた  ッても気移りはしない  ッて観た  ッて言出せば  ッて人を威かして  ッて視ると  ッたと見えますネ  ッて五十銭出して遣  ッて見たが  ッているかも知れぬと思えば  ッて燈火を点じ  ッて見たりして  ッてガブガブそれこそ牛飲した  ッたと云ッたような面相をして  ッとくれ  ッて坐に着いた  ッてもナニモ遊んでいて食えると云う  ッて玩弄されるばかりだ  ッて黙想していたが  ッて我々共を追出した  ッてあんな庸劣な奴ばかりを撰んで残した  ッた黒衣の園丁らしい男が冷笑した  ッても事務にかけちゃ  ッつけて遣ろうかと  ッて関わん  ッて来給え  ッちゃ我が済まん  ッと心附いて  ッて貴君があんな事をなさる  ッた落こち  ッてしまいなす  ッたッて宜いじゃ無いか  ッてはこれを弁解する  ッた事は解ッているだろう  ッて観ながら  ッて他愛もなく笑う  ッて信切に言ておく  ッてのどうのと云う  ッて極付けかけたので  ッて信切に言ッておく  ッて見ますと  ッちゃ誠に迷惑しますネ  ッたと云ッてそれを根葉に有ッて周旋をしないとは  ッて見るが  ッた顔を見るも  ッて非常な事をして  ッたにも拘らず  ッて坐に着いて  ッてそうじゃ有りません  ッて宜いじゃ有りませんか  ッてそんなに卑屈な人じゃ有りませんワ  ッてもいないから  ッたと云う  ッて無暗に人を罵詈して  ッと気を取  ッても宜いじゃ有りませんか  ッたッて些とも困りゃしないぞ  ッて口惜しくッてならないよ  ッてあんな奴のお嫁に成る  ッて口もきかないから  ッて此雜誌へ載せる  ッと云ッても追付かず  ッと狼狽えた  ッて誰とて口を聞く  ッてお奥で御用をしていた  ッて呼びはしないよ  ッて洋燈は持ッて来たが  ッてみれば  ッているとも  ッて見たり  ッてみて  ッて跡ぴッし  ッと心附く  ッかり捉えた  ッて茶を膝に滴したので  ッても視ていられなくな  ッけな顔をする  ッて云うとも  ッて云ッて置きながら  ッて私ア腹が立つ  ッて罵  ッて余り人を軽蔑した  ッたようす  ッた面目なさに消えも入りたく思うばかり  ッたとは云わないけれども  ッちゃアいけないよ  ッてもよさそうに思われるだろうけれども  ッているは  ッて考えてみれば  ッて惜し気もなく打棄ててしまう  ッて眉を顰めた  ッて見るより  ッて噎で応答をする  ッてちんと澄ます  ッてお勢を睨め出す  ッた所をみれば  ッて引ほほほ  ッた顔を眺めて  ッとお政が入ッて来た  ッても耐え切れず  ッたと安心し  ッたそうに挿頭で髪を掻きながら  ッきゃッと軽忽な声を発し  ッて書いて無いと  ッてと口答をする  ッた程にも思ッていないのに  ッた当坐は  ッたりするは  ッても底の認識までは届かず  ッているでも  ッて徒に日を送るを  ッと云って驚いた  ッて聞いていると  ッと奥座敷を出る  ツと身を起し  ツと部屋へ入ッて跡ぴッし  ッとしてはいませんよ  ツやられた  ツと気がついてみると  ツと來て激しく自分の身體が杉戸に打つ  ッ倒れたのを見た  ッかついでそこを登った  ッせと無言でキャラメルを押しこんだ  ツていふとだ  ツと出てた  ッて散った  ッたといっては  ッ放して帰したという  ッかけて来て  ッてよいものではありますまい  ッたきりふたたび帰って来なかった  ッてみせ得るか  ッて行かれましたとの  ッて次の刹那に肩から胸へ長刀の光を咥え込むやいな  ッと抑えて  ッ組んだあとで泣き合った  ッたものと申しますが  ッた御処置になされた  ッたようなお方もただ一人はありました  ッくるッとラセン状にまわりだした  ツて言つてる  ッつけて顫えていた  ッと紅くなった  ッとそこへ出た  ツと湧く  ッばッ揺れる  ッと入る  ッどと吹く  ッと小止になった  ッつと切れ  づは心得て居りました  づ大あらまし土を知る  ッと泣伏しました  づに大人びた  ツと翅を休めると  ツぽい憂鬱に落ちてゐました  ツとしてゐられない  ツと眼を瞑  ッと奥まで見たいと思っていましたから  ッて喚く  ッつい様を燃したも  ッと上って来た  ッと行く  ッふふ  ッとして歌麿の顔を見つめた  ッからでも勝手に描いたら  ツといつて駈け  ツかけて二町計りの所に郵便を入れに  ツ立つて其の力強い腕に荷を運ばうと待ち  ツついて居る  ツつけてストーヴの臺の所に捨てて居る  ツかぶさる樣な暗い一つの影がさまよつて居る  ツと擧げた  ッかかっていなきゃ  ッてはおけない  ッちゅうので折詰を持って帰るなどは  ッていうので枕か何かにくいつくよ  ツ広い庵を想像されるだけで  ッほッほ  ッどッと流れてゆく  ッはッと息を吐いた  ッと気を取直した  ッて尋ねたらネ  ッて云ってたよ  ツと目の前に上げると  ツと足を停めて振返った  ッと身ぶるいをして  づの天なる調やはらかに  ツと立上った  ツと手を引いた  ッ付けて見せた  ッと吹いては  ッと掲げて  ッとつけて聞いてまいりました  ッと陰気な音を立てているばかり  ッかッのほてり  ッと青の電車の間に合って  ッと度胸を衝きながら  ツと葉之助は走り寄り  ッきってかけていきました  ッとびっくりしました  ッこんで朝風呂をちょうだい致そう  ッく目をとめて見ておられよ  ッとその低い白く塗られた  ツをさそい出して  ッて大へんにいいことがある  ッていいましたら  ッくお前の志操を咄して  ッてはいないわ  ッて山中正は私しの  ッておくれ  ツと一列に並んで  ッと吹き出した  ッととどこへでも消えてなくなれ  ッとと行っとくれ  ッき不二男がここへ来たろう  ッと奥の沢へでて  ッたり車を曳出しながら  ッと溜息ついて  ッと乗った  ッと云うから  ッくハイ御挨拶しろと云うてね  ッと乗る  ッと退いた  ッていいましたとの  ッかを使ってる  ッつけられるに決まっていた  ツとそこを紛れ  ッぽの手に赤い饅頭を撮んでいたが  ッと動かないで見ている  ッとしてさえ居れば  ッと下に落ちて来ました  ッ助けてくれ  ッというほど  ッきも申上げた  ッせと物資を売りこんだ  ッくり返して調べた  ッぽり襟でつつんだ  ッこんでおく  ツてあげ  ツと降りる  ッて紅の長襦袢がすらりとした  づこの餓鬼奴はどうした  ッとしたといえば  ッと顔を伏せた  づ大きいものでごわすわ  ッちゃならねえからの  ッついた商家の裏手へ立って  ッくれた面をして会わせてくれた  ッとと消えて失せねえと  ッと行く先をさえぎった  ッとばかりに声をそろえながら  ッと城中が騒乱のちまたに化そうとした  ッたい鞍状地に到着した  ッこんで聞きました  ッと通りました  ッと身ぶるいしながら  ツと鳴  ツて聞くと  ツて答へると  ッとなりながら  ッと忌ま  ッとそこを立ち去ると  ッと石突きをふるって毛鞘をはねとばしたと見えたが  ッたさまぎれに  ッと目をかがやかしました  ッと下りて来て  ッと思つたとほり  ッてどうする  ッとばかり二匹のくまに拍手の雨を送りました  ッと声もなくそこにのけぞった  ッと抜いて放つや  ッとまた突き出すと  ッとその面前に立ちふさがりました  ッとなっていた  ッとなりましたので  ッとばかり伝六が鼻を高めて  ッとおいでなさるからね  ッとことばをつまらして  ッとなりました  ッと思いながら  ッとあとずさりして  ッとしながら青ざめた  ッと我に返ったもののごとく  ッ寄れッが掛けられた  ッならんばかりにうろたえながら  ッと飛んでいきました  ッと鳴りわめいている  ッと半畳のはいった  ッといくらか気が遠くなるだろうと思われるのに  ッと今のさっき表のほうへ飛び出したんでね  ッとうちおどろいた  ッとホシをさしておく  ッもふうもある  ッと雪の上に泣き伏しました  ッとなったばかりでも  ッとしながらききとがめようとした  ッともみ声あげながら騒ぎたった  ッというようにはやしたてた  ッとなりながら呼びかけました  ッとしたとて  ッというほどつねり上げたから  ッとなりゃがった  ッと窯の口からのぞいていたからです  ッとまた畳とすれすれに下げた  ツと海のむか  ツと眼をあげて  ツぽそい  ツとむかふむきにな  づ知るべきだと考へた  ッかけて家へ戻ると  ッと向き直って  ッかぶって寝てみた  ッとものにすると思うな  ッこぬき左の人波から肩をわり  ッかと坐り刀を逆手にもって  ッと子供のころのことを思いだす  ッて云ったじゃないか  ッと格闘つづきの  ッちだか分らない  ッかとアグラをかいてみると  ッと墓を抜けて出ると  ッと溜った  ツと見る  ッて此の室を出た  ッと引き卸し  ッかけて往来の向うへ駆けていた  ッ立って自分の方を凝と見て居る  ッと起て  ッと出て来た  ッとして思わず心で叫びながら  ッと思っただけだった  ッと大きな溜息を吐いて  ッと逃げて来たばかりじゃないか  ッとの思いでアパートの階段に辿り着き  ッちゃいたくなるよ  ッとも知らなかったよ  ッとして立ち停った  ッとして眼を落した  ッと入って来た  ッと尾けていた  ッかりと腰を下す  ッといっただけの音とを結びつけてみて  ッと射し  ッとして来て  ッと我に返って起きあがった  ッと砕け散って無くなる  ッから達ちゃんのお嫁さんでも定めておこう  ッと奮発して  ッとしていれば  ッというので  ッて言いましょうか  ッと気が着いて  ッ盗まれた  ッとあとへ引きました  ッと云うと  ッと色の冴えました  ッと城下へ拡がると  ッと涙をお流しなすった  ッちゃアありゃしない  ッつけるがごとくにして  ッたと後悔する  ッ立つた烟柱は周圍の壓迫に負けて倒れる  ツたひに  ツちえのを先へねらつたら  ッきの服装を見とったから  ッすぐ支局へ行けば  ッて言ってやったら  ッき奇声を発した  ッ暗の部屋へはいって行ったら  ッたりを木彫にした  ッたりと緩めて居た  ッたりと笑って  ッたりとはして居なかった  ッとするね  ッと病室を覗く  ッと霞んでいるばかりで  ッとなって行った  づ深く感じ  ッぽけな塊に過ぎないし  ッぽり潜り込んで寝たが  ツと唾をのみ  ツといつた  ッて言いねえてば  ッと出して  ッくと立った  ッという  ッくと立って  ッてそんな真似をする  ッちゃあ埒明かん  ッて可うござんした  ッと唸らせちゃあ  ッて何がつまる  ッて言われた  ッと寄ると  ッと面白い盗賊のしようがあり  ッと燈を消すと  ッと押すと  ッて追い駆けると  ッついて立つが  ッこしい  ッとお邸には来ない  ッちゃ色男は勤まりませんよ  ッて前のように太平楽は並べましたものの  ッたと敵を睨んだが  ッといって平伏した  づ最も穏当な説かと思ふ  づ高く積まれてありました  ッと音がして  ッと伸ばして  ッか一方へ落着かせたかった  づ思ひ出した  ッと廻ろうも知れぬ  ッと探し出した  ッと色を染めて  ッたッて食器にオの字をつけて敬う  づは上杉の家にやかましき沙汰もおこらず  ツと吹いて  ッとか声を立てますのでございますが  ッと思いますと  ッくと立ち  ッと顫えたと見るが  ッと寺田が呶鳴ると  ッと感じたから  ッ突かって修業をしてから  ッかけて宿をでてしまった  ッちゃったのに気がついた  ッと行方が知れない  ッかぶって寝る  ッ黒い母親が二人の一間ほどの距離まで近づいて立ちどまった  づ見てゆく  ツくわと照る  ッと驚きました  ッつかってしまった  ツけて見たり  ツと棹をのばして  ツてをかしくツて吹出さずには居られない  ツて母様の肩をつかまいたり  ツ放しにして  ツたりがツたりいつて  ツたり落ちた  ツて聞いた  ツてならないので  ツて天上に遊んで居る  ッけてみたり  ッてそういうとね  ッて囀る  ッて聞いたよ  ッて一しきり騒いだ  ッて母様の肩をつかまえたり  ッ放しにして  ッたりがッたりいって  ッてならないので  づ異れる  ッとこちらを見詰めている  ツとしては居ない  ッとうかべながら  ッとしました  ツて途中へ消えて  ツてお別れした  ツて喜んで在らつしやいましたが  ツて云ふんだ  ツて申した  ツて言はれる  ツしやるでせう  ツて言やがる  ツても可い  ツと宜しく睨まへれば  ツてわけでは無かつたんでげすナ  ツて寝て  ツと面を背向けぬ  ツて一と風変つた連中のお揃ひだナ  ツて仰  ツと老女さんのこと申す  ツて御世話なす  ツと一道の活路を待つ  ツて伝言頼むぞ  ツほツと片頬に寄する  ツて云ふんでネ  づを卷いて  づがあり  ッと太息をついた  ッと自分のいない  ッとして立ちすくんだ  ッきのかいつむりを射ち損ねた  ッ放りだして売れるにまかせる  ッという悲鳴が聞こえ  ッと中段につけ  ッと追っかけた  ッと一軒から火の手が揚がった  ッと火の手が空へあがった  ッとあがった  ッと主水は息を呑んだ  ッと息を飲んだ  ッと筒口から出る  ッと薄白く感じられた  ッと引かれた  ッと主水は前へ出た  ッとばかりに地に坐わり  ッと掛かった  ツて事がある  ツて其儘帰した  ツて仰しやるの  ツて云ふもんですから  ツて其儘歸した  ッと慄え上った  ッと蒼白になった  ッととまる  ッ切るだろうかとも思いやった  ッかけたまま半蔵らの歩いて行く  ツて見たら  ツて行ツて見ようといふ  ツて其何物かを教へて居る  ツたから多少我儘も通せた  ツこくて效果が無いのかも知れんね  ツたりして  ツて居たが  ツた風呂敷を引張り寄せた  ツて十二時が過ぎて  ツてゆく  づ第一に占領すべき  ツて居るのに  ツて来ぬ  ツた大島染の袷を着た  ツて臥て居る  ツて数知れぬ  ツた事がある  ツて見えなくなる  ツて無駄な事は解ツてる  ツても人の前へ出た  ツて怒るさ  ツてくる  ツて見  ツて其後姿を見て居る  ツて立ツて居る  ツてから既に足掛三年にもなるがね  ツて留める  ツて来て  ツこく効果が無いのかも知れんね  ツて行ツたのであらう  ッぽりだして行ってしまった  ッ早く出かけて行って  ッ平ごめん蒙るよ  ッと倒れた  ツくさ言いながら  ッという魂消える  ッすらと眼を開けたが  ッちまッちゃいけない  ッた切り  ッた石門の中へずッと続いている  ッているかと思うと  ッて置かれるか知れた  ッて生きている  ッとおれが敵を取  ッたと思う  ッたことかも知れない  ッてあげますから  ッてどうにもならない  ッくり考えようと  ッた白髪の鬢をほうけ立たせ  ッたりとへたり込むと  ッてまたとあろうた  ッたのですけんが  ッかり気に病んで  ッてしまいました  ッと泣き出すかと  ッかりと憊れて帰って来る  ッ早く起きる  ッ返るような騒ぎでげす  ッと湧いてきた  ッとのぼってきた  ッしゃるならこのお手紙をどっかへうっちゃってしまうから  ツ貯めたげなと  ツてゐだす  づ考へなければなるまい  ツと眼が覚め  ツてゐたす  ッしても駄目なこんだ  ッ叱ッと追うが聞えつ  ッて聞いてるんさ  ッかけてやりたいほど  ッと顔を出した  ッと帰り来る  ッてえんで帰っての  ッてどうもなり  ツと先へ進んでゐる  づ第一に作家の心構えが遠大となり  ッかり一陽来福の新玉の春がやってきた  ッかりわかった  ッかねえ野郎ばかりゾロゾロいると思いましたよ  ッておくれでないか  ッかりこさえあげると  ッかちに鉄槌の音をさせはじめた  ッといてくださいよ  ッちゃいけねえ  ッとお絲の肌の温みを思いうかべ  ッさり窄める  ッはと笑い  ッと気がつくと  ッて憚ったから  ツて仕  ッと跳び越した  ッと膨れかかった  ッとして身体をとめた  ッと声を上げて泣き出した  ッと冷たくなると  ッとしてそこに立ち停った  ッとすると  ッと彼女の顔色は変っていた  ツ売れよった  ツと右へ廻つてお庭に出や  ツと消えると  ツと思ひました  ツけへした  ッて仕舞え  ツと飛び去つた  づ第一にそこから始まる  ッて連て行れたも  ツて言ふが  ッと這入って来たと云う  ッけて行く  ッと考え込んでいたが  ッかへ出ましたか  ッと落ち着いた  ッと出抜けて  づの言の葉とぞなれりける  ッしと支いて  ッと引込んだ  ッと太く渦巻く  ッて聞いて見た  ッてまでにも行かず  ッと引着けられて  ッて素振だろう  ッて先刻お三輪に聞いたから  ッて留めた  ッと高くなった  ツていふと  ッたぁ三河町でござんす  ツてあの人らは教正とか何とか言つて先づ奏任官のやうなものだ君らは無位無官ぢやないか無位無官の者なら一兵卒同様に取扱はれても  ッかかって来ると  ッと脱して  ッと眼が覚めると  ッと這付く  ッと中心を失って  ッか活ちょったか  づ動いて居た  ッと氷るばかり  ッと逆上せて  ツと氷るばかり  ツと逆上せて  ッておいたら  ッかに染まり  ッていただけだが  ッさいて生き血をのんだ  ッさいて生き血をしぼり  ッぱくして言って聞かせてある  ッと燃えあがる  ッと見廻した  ツかつた以外のものに脇見をしない  ッと天まで手がとどきます  ッと向へ去ってしまった  ッて云った  ッて云ってたぜ  ッて事は分ってるわ  ッと見据えた  づ高く岸の広場に積んで  ツと顔をつきだして  ツと小さな焔が燃えあがつた  ッと気合を懸けては  ッても青訓や青年団さ力瘤ば入れてる  ッて誰も気付かねべし  ッと強い気持をもっている  ッ苦しい声で始めた  ッて云うかと思えば  ッて云ってある  ッかくして歩いても  ッかかって行く  ッておだてあげて  ッ放しになって居り  ッついていた  ッ立ってしまうより  ッて行って  ッたらかして置いて  ッて誤魔化されていない  ッて話してた  ッ放しになっていた  ッていなさる  ッつり切った  ッて頼んだ  ッく分った  ッて云ってるど  づ考へようとしたであらう  ッとして棒立になった  ッと飛び立ち兼ねない  ッとして見交すと  ッても天下の諸侯はなかなか服さぬ  ッたらよかろうおらが親分お気が好過ぎる  ッたか見たかの  ッても熨斗をはりつけ  ッてやっきと  ッても六日の菖蒲に十日の菊酒あとの祭りでおさまり附かない  ツと出て来  づ折れてしまふ  ッと白い煙がでて  づ挙げてもい  ッしぐらな逞しい意志力を感じさせるじゃないか  ッとも女そのものをフシギがっている  ッ込まれると  づの秋の悲しきを味ひ得んと  づを君の姿にして  ッと逆上した  ツと罵るかの如く  ッ放しの無縁塔となってしまった  ッたくなって  ッぽり雲に包まれ  づ感じるものはなんでせう  づ尊い自己の内部生命を生み出す  ッと吹かれて飛ぶ  ッと日を浴びて云った  ッとしていて  ッとなるよ  ッと暑くなくてはならぬ  ッと頭を出すと  ッと進んで来ていう  ッと炉の傍へ投げ出した  ッとそのとき出て来た  ツと泣きぬ  ッとしたの  づという  ッ直に世を歩けば  ッ飛んで行ったかと思うと  ッ放しをあたり前にしていやがる  ッとりさせて  ッかない眼をして  ッこくて面白くもねえ世間とはちがう  ッて来ちまったに  ッてしまってからの  ッたく知らずだ  ッてくるぜ  ッてやろう  ッとばかり買って来たから  ッ飛んで行って  ッてくれたと  ッちゃ埋まりませんぜ  ッた一吠えだけだった  ッと階下へ駈け降りて行った  ッ駈けて来ねえ  ッ暗な冥府の底に落ちて  ッた顔をそろえ  ッて知って  ッと大きな声がするわい  ッと逃げる  ッて酷い手をやったらしい  ッ直にものをうけとれなくなった  ッ直に歩けば  ッて見せたが  ッとんで来て  ッぽく暮れてしまったぜ  ッて追ッて追いやまなかった  ッてやまない  ッて来おりません  ッと会いたい  ッた一つの希望を与えただけで  ッと止んで  ッともッと悪い事をして  ッかり囮になってしまった  ッて捨て  ッぽちの胸をグッと張って  ッき自分が蹴倒され  ッたッて帰る  ッとも騒がなかった  ッてらッし  ッせと肩をもんでやる  ッてことが分らないかな  ッとかれやしないよ  ッてピクピクやってるよ  ッておやり  ッといた方がい  ッき言ったじゃないか  ッ放しにカンキンしておく  ッかりしろ  ッちめてやる  ッとも腹を立てない  ッかり残ったって  ツと進みでて  ツと三人の方に進みでて  ツとよりそって  づのうてなたか  ツと奧に入りし  ツと男の傍に立寄りて  ツと己が部屋に走り  ツと通る  ツと次の室に立入り  ッとも無いなと不意に聲を懸くる  ッたが開けて  ッて八か間しく言うから  づ珍しい部類に属すると思ふ  ッた鉄板みたいにじいんと照りつけていた  づ涙ぐまれて  づ堪えかねた  ツと持ち上げて  ッただなかにほ  ツと平伏して  ッと寒い風が真っ向から二人へ吹き付けて来た  ッとも云え  ッと風を切る  ッと溜息をしたが  ッけて食べる  ッ放しにしていた  ッちで書いている  づ上げぬ父まつる  ッたり蹴ったり  ッちへ行って  ッかりすれば  ッと平々凡々でよく分る  ツと息を吐いた  ツつおうや  ツちでは親子が別々に住んでゐて  ツせと灰をかぶせた  ツと沈んで行く  ツきに元の通り出ける  ツぽと青い炎をあげてゐた  ツた時やらう  ツしやろちうて  ツた一目覗きたい  ッて岩と岩の中から身を起し  ッと書き  ッと結婚して  ッかりして来ましたよ  ッぽらかしてくれるから  ッぽらかすなどという異様な言葉で威勢のほどを示したが  ッてきざんでやりたいが  ッとも取り乱した  ッしろなお尻が現れた  づ御話を申上げる  づ吹き入る  づにひとつのふねに  づの葉にすれてゆく  ッちでも構わないが  ッて言っておくれ  ッて聞こえるよ  ッて空を仰いでいた  ッたが森へ来て  ッて言やアがる  ッてやアがる  ッて言ってやれば  ッて言ったから  ツと外に出た  ッと黙り込むと  づ住みなれし  ツそろしいやきもちやきな  ツて云つてゐる  ッともイボンヌという娘がいるから  づ望まれぬ  づ第一に龍村平蔵さんを数へなければならないからである  ッて声をかけるから  ッちゃならない  ッかり飲んで  ッて何処にいるの  ッと長田と私との間に坐っている  づ第一の値打がある  ツと思ひ出しました  ッて胸算用に余念もなかった主人が驚いて  ッた男は年ごろ三十にはまだ二ツ三ツ足らざるべく  ッつかんで出ていく  ッと瞠めていたとしたら  ッ死んでしまやがった  ッぽい小暗い工場の中をコンヴェイヤーに乗って  ッてきたな  ッかける真似をした  ッつぶされてしまう  ッつけて邪魔をした  ッと音をさして腰をのばす  ッかの大学を首になった  ッつい顔だと思っていたのに  ッぽり出されている  ッと減っている  ッぽり出される  ッく分るの  ッて悲観してる  ッて気がしてるの  ッ放しのものがあるし  ッこまれた  ッて奴は共産党の宣伝をしてる  ッつけ合う  ッ壊しに来る  ッて云うけれどもね  ッたるい  ツけて締めつけ  ッと顫えて引きしまった  ッと這入って来た  ッていたと  ッかり麻袋にドロをつめる  ッと唸る  ッつけることを想像しながら  ッても分っている  ッしゅの工場で厄介を見とる  ッさと歩いた  ッてもい  ッつこうとする  ッとへたばった  ッと浮び出た  ッつけるのに最も重要な要素となる  ッと居眠りをしたりした  ッとして顔色を変えた  ッとして赤面した  ッと我に返った  ッと美しい夢からさめた  ッとして気がついて見ると  ッと自分のポケットへ手をやってみる  ッと眼をさました  ッと平伏す  ッつけたという話がある  ッ着いた金なんか借りたくないよ  づ保つことができても  ッつと切れたり  ツと梢に向つて眼をむいた  ツて下さいな  ツて下さらない  ッて肯きなさらないかも知れません  ッと卓子に拳を掴んで  ッと思ひました  ッと太息をもらして呟きました  ッこんで壁にもたれている  ッと太い長い鼻いきでこたえただけで  ッたッたッと歩きました  づ第一に研究すべきは  ツとぬけ  ッすッと先に立って急ぎます  ッて腹も立てない  づ見えしとき寒き風吹くと思ひぬ  づは文学態度として見る  ッかいるだから  ッと心付くと  ッと気張ってくれさっせ  ッとして擦れ違う  ッと礼を返したが  ッて聞かしった  ッべッ唾をしっかけてい  ッて吃驚していました  ッつ反ッつの苦患を見せない  ッついた田代に小倉はいった  ッ広くひろがった  ッかへ引越した  ッともまだ手がついていねえ  ッとももう以前とかわらない気がするけれど  ッきりそう結論を下す  ッちだってい  ッちを持って  ッたそうに笑って行きゃ  ッついていれば  ッきら棒なその仲間たちのあいだを縫って  ッと気のついた  ッきりそうその証拠をみせつけられた  ッけて曳く  ッつこうと思案をして居る  ッと旦那ならハッキリいって下さるだろうと思うんで  ッと時節がまわって来ます  ッつける役者が何人あります  ッともそれを喜んじゃ  ッかり五六本飲んだ  ッかへ行こう  ッと田代は小倉の顔を見た  ッきりいって女房や子供に合せる  ッと止める  ッともそんなかまやァしません  ッか前川へでも久しく行かねえから連れてってやろうかと思った  ッと一つえりをしごき  ッかなことはやっちゃ  ッからくは出来ている  ッと来るだろう  ッぽどか  ッぽど慈姑のきんとんに出来上っている  ッとも変らねえじゃァねえか  ッとそうだろうと思った  ッかりそういって  ッたこたァあたしだって知っている  ッかへもっと連れて行く  ッたそうに田代はいった  ッかに脆いところがある  ッとものにされる  ッかけてしめる  ッと掠めた  ッとお体が悪るくって  ッとハッキリきこえよがしに  ッと閃いた  ッちゃいかん  づ望み得る  づ第一に深井戸の水を汲んで  ッちゃならねえ  ッと答えて  ッと風呂敷包みにして  ッとがまんをしている  ッと戸外を見守っている  ッ斬ってしまうぞ  ツせと仕事に從事して居る  ツと消えた  ツて阿  ッと気合を掛けて打込む  ッてこれがために多年の夙望を思留り  ッて安心する  ッすぐ銀座へでる  ッとる計画をねっていたが  ッて後妻を貰う  ッてのが間違ってる  ッと群集は鬨を上げた  ッと左右へ引いたが  ッと群集のどよめいた  ッと引き上げ  づ大した危険はないと思つてゐる  づ飲ませろと  ツと我れに返つた  ツともせず  ツといはせ  ツと声を立てる  ツと気がついて  ッて廓を出てゆくと  づ第一に人間理解に於いて  づ見られる  づ挙げる必要がある  ッと胸を撫で卸した  ッと叫んで  ッき井戸端へ水を飲みに行った  ッかいい座敷を一つ開けてもらいましょうか  ッこいと思わせない  ッつけられた  ッて催促するの  ッかなうそだと合点した  ッてかまいません  ッついておらなくとも  ッちゃくれだ  ッぽこ旦つくと  ッぽどするでしょう  ッかになって  ッたくりかけたら  ッと言っては押し寄せ  ッと静かに引き  ッちゃる  ッと深入りが出来ると  ッかりしないといけませんよ  ッちへ駆けまわって買い込んだ  ッと安くしてくれろ  ッてもこの子の代りを約束しに来た  ッともおうなは召しあがらないじゃ  ッて要領を得ないと考えたので  ッと見つめた  ッかりやって  ッて言ってりゃ  ッた今あった  ッても困るから  ッかりしている  ッと読みつづけていると  ッかり疲労し  ッかりいだき締めて  ッと遠くまで並び立った  ッたらしい文句ばかりを言って来る  ッちゃくれも  ッ伏していたが  ッて聴かない  ッかり私におまかせ下さい  ッとその意だけは通じている  ッて知れて  ッこりしたが  ッとせざるを得なかった  ッぽどのぼせている  ッと痛めてやる  ッと派手な襦袢がある  ッかけられて  ッかり譬えている  ッこけの住いに変じ  ッこしく思って  ッこりした  ッかり直った  ッぽくしょぼついていた  ッたり当て填る  ッと傑作だろうという確信が出た  ッかで飲もう  ッとして驚いた  ッちで離れている  ッぽい空気が障子の紙を透して  ッて出懸けて行った  ッぽなかごのなかに入れられなければなりませんでした  ッと染めた  ッと極め  ッ白いパンばっかり食わされていた  ツと顔を出す  ッと息を引いて  ッとするて  ッはッと内証で呼吸がはずむから  ッと心得た  ッふッと大儀そうに呼吸を向うへ吐くわさ  ッという呼吸で変ずるわ  ッついて取れる  ッかり甘い顔を見せると  ッと申上げられます  ツとして居ると  ツと息を引いて  ツといふて  ツといふ呼吸で変ずるわ  ツついて取れる  ツしやんを貸してくれ  ツしやんは陸の漁師みたに  ッとするほど  ッと胸轟かせながら  ッと自分の顔を鏡に映して見る  ッと長い溜息とともに警部を振返って  ッと長く三方に続いていた  ッと思って見廻わすと  ツと席を立って  ッ倒れたのとガーッと何をか吐いた  ッ放しにしておけ  ッとも退屈しなかった  ッたりしました  ッこんだかと思われる  ッと吹きさえすれば  ッてみたら  づ誇貌に冷笑ひて  ッちゃいけません  ッて寂しい笑顔をなさると  ッちゃいけませんて  ッてから私がよくそういって  ッておっしゃるけれど  ッて言えません  ッて見離している  ツせツせ  ッと天に冲した  ッとしていても  ツと書かれているが  ツと変じた  ッかり轡をかませ  ッて正直だッて好きなまねしていける  ッて新華族にしちゃ  ッて先生おほめなす  ッてばかりおやンなさいますから  ッと思って改むるほどの  ッて言いましてな  ッていらっしゃいましてしょう  ッちまいなはる  ッたら逗子にでも転地療養しなすったら  ッかえしてやったら  ッははは思い出しても  ッても自由にならないでしょう  ッから親に不孝をす  ッてそういつも言ってます  ッはうけあいじゃ  ッなこらうけあいじゃ  ッて離別するなんぞ  ッてなおらん  ッかりおっしゃるが  ッてどうしますか  ッてせっかく嫁にやった  ッて戻されて  ッて浪を取り戻したら  ッてそんな事はでき  ッていなさい  ッて来たぞ  ッついてもらえば  ッと声もなし得ず  ッて何も浪が悪かというじゃ  ッと立ち止まりて  ッても髪なんぞ切りませんで  ッた人をこう申す  ッと目がさめて  ッておいでなせ  づを多く使ふ  ッて訊いたらさ  ッこめかけたが  ッて雑誌があるだろう  ッせと下へ降していた  ッせとワキメもふらず  ッつかまってもめったにボロを出しゃしないや  ッと四角な窓があいた  ッと上へのぼって  ッとそこに動かない  ッと火花が光り  ッと口をあくと  ッと女が笑いだした  ッと床に就いたが  ッと姿は消え  づ第一に取計らはねばならない  づは暖簾に腕押しといふところであらう  づ金輪際やつぱりないと言はなければならない  づ第一に信じられない  づ第一に叔父甥の特殊な関係に依頼する  づと忘れる  づ第一に人のことは言ふ  づ当然な話だと言へると思ふね  づと己れの冷めた  ッふッふと笑ひを殺した  ッとするので  ッと家につきあたる  ッと気付いた  ツと頭が熱くなると  づ高く積める  ツて言ひましたら  ッつあん  ッてないのかも知れない  ッていたら  ッと気持ちをわるくせず  づ第一に夫を愛しなければなりません  ツ直に佐太郎のわきをすりぬけて  ッと背後を向き  ッた西田若子さんの御兄いさんが  ッしゃるんじゃないかと思う  ッしゃる列車を探した  ッて涙を浮べない  ッて変った  ッひけッひけ  ッぼッぼ  ッと三度ずつは牛小舎を訪ねました  ッから嫌だって手を引っ込めようとすると  ツとふところに入れて  づして下さい  ッと奥手にある  ッちゆう  ッこんでキチンと上体を直立させてゐる  ッとしか飲まない  ッかき廻されて負ける  ッこんで否応なしに対談となり  ッとも疲れた  ッかり肩の皮が剥け  ッて堪りませんが  ッかり塩ッぽくなっちまう  ッかり昔と体質や容貌まで変ってしまったというから  ッとして居た  ッかけて店から外に出ようとする  ッて下さいと  ッと紅玉島の方をにらんだ  ッと噴き出した  ッとふるえながら  ッと一しょに火を吹いた  ッと吹きちると  ッと致しました  ッとしたるごとく  ッぽどようござんすわ  ッかりいるの  ッと櫛が落ちたぞ  ッかり療治が出来る  ッと息をつきぬ  ツと揺れる  ツのスリーで生れた  ッと照りつける  ツたくなりました  ツぽと燃えて  ツつおうするいふよ  ツぽとおこる  ッせと返事を書いたか  ッたらかしておいたら  ッとも救われもせず  ッたらかしとけ  ツしやらう  ツから来いへん  ツから覚えて  ツぽさを見極めてゐた  ツておくれ  ツと彼の鼻先へ突きつけて  ツ平に意見され  ツとして口をとがらせた  ツぽい肚を見透かされて  ツと取り  ツと坐つた  ツとして其処に坐つてゐられない  づ明るい印象を人に与へる  ツぽく首を縮めて  ッと赤くなった  ッと寄り添った  ッ放してしまった  ツと進んだ  ッちゃい罌粟粒になって  づ明るい印象を人に與へる  ッと吹いて  ッと親もとへ引込んでいた  ッても極極僅かです其うちで屡々来る  ッては手前は女房を愛し過る  ッても容易に口にまで出して  ッた者の無いのは確かです夫は私しが受合います  ッと息して  ッと晩餐に有附く  ッたがバチグノールに人殺が  ッてから直に牢屋へ行くと云う  ッて牢屋には肝腎の藻西太郎が居るだろうじゃ無いか  ッただろうと思いますよ  ッたゆえ自分の望みは外れて仕舞い  ッて居ます  ッて居るなら  ッて来ます  ッと通越して  ッて居ますから  ッとばかりに憤しかども  ッて砕けろとは  ッたなア実に困た  ッた内儀が帰ッて来れば  ッて夫が為に私しへ  づ高くつまれてをり  ツと青白い電光がお部屋中を気味悪くてらす  ツといふ様なものすごい音がして  ッ黒い表札を確めると玄関の格子戸を細目にあけ  づ拓いたと思はれる  ッと思っちゃった  づわがみじめなる影をいだき去り抱き  ツきをもて  ッの気合を助成した  ッしゃッと洗いながら  ッかけるような顔して嘲ったが  ッと此方を見て佇った  づ明けましておめでたう存じます  ツと烏天狗が立つてゐる  ッしゃッていただくと  ッしゃいましたが  ツくひ  ツと驚いて  ッ壊しが始まれば  ツと飛び出したさ  ツと軒の上に現はれたかと見た  ツと地に堕ちたかと思ふと  ツほツほ  ッと顔を上げてみた  づ第一に自然的条件を挙げる  ッ放しで動く  ッとうしい  ッつく状態で溜息をもらす  ッてことじゃアないと思いますけどね  ッといて下さいな  ッたくしがみついている  ッたり覆せてある  ッたりと光って輝いている  ッたく伝わって  ッたく切截した  づ咲く宿の梅の花香をなつかしみう  づ出て来ます  づ打ち切ることにします  ッたになったって  ッたって粗末にゃあ扱いません  ッちゃあ歯切がしねえと  ッて二度の勤と相成ります  ッちゃあお祭の時幅が利かねえ  ッと引取られたいより  ッと我に返って  ッて歯を噛んで  ッと耳が鳴た  ッたり悄れ伏すがごとく坐ったが  ッたらないじゃアありませんか  ッといきをついて  ッたくなったから  ッかきまわしてきた  ッとあなたに電話しちゃ  ッかぶってねていたり  ツけてあげるから  ツても今起きますよ  ッと耳を澄して聞いていた  ッこい不幸に苦しむだけ苦しんで来た  ツと云つて承知した  ッ払っちまえ  ッていやがるから  ッて長助がこぼしているよ  ッせとやるから  ッかりは請合え  ッて柄の悪いのが一人いる  ッせと細工物をやってる  ッて忙しくやっている  ッとおしよせてくる  ッと抱きつかれた  ッとひえびえとした  ッとあたりの様子をうかがっている  ツこく肥えてゐるだけだが  ツと氣附いた  ツと速度を増してゐる  ツと地上に飛びつく  ツと変形される  ツと流れた  ッと速度を増している  ッと地上に飛びつく  ッと変形される  ッと流れた  ッたりとぼかしこむ  ッ暗な穴の中へ陥入れてしまった  ッと不気味な音を立てていた  ッとよみがえった  ッとちがった  ッとあおのいた  づ高い僞印の山が證據物件として法廷に積まれた  ツついを買ふ  ツてもいないし  ツて唇に噛む  ツつけてくる  ツこしてゐても  づ大往生と思つてゐた  ツぽい男ときいたが  ツかれぬうちへ怒  ツて訊いてやらう  ッと地下まで続いている  ツてくるのに  ツかはせる  ツかも解らねえでし  ツてあたまゆつたりなにつかしたんで  ツて白粉をこて  ツたのが野らへ出ると  ツきから嶺に棚引いた  ツかについて居る  ッと気がつきかけたが  ッさりと結んでいた  ッちろッと走っている  ッと飛びこむ  ッとふきだしました  ッたさを覚え  ッとんでしまうほど  ッたくッてしまった  ッと入って来ました  ッかり赤い表紙が浮び  ッと笑いものにされて  ッと笑うのに  ッ白い国が浮びあがってくる  ッと身体を乗りだし  ツふツと沸き  ツ言うのも聞えなくなりました  ッと出して差置く  ッて尋ねると  ッと背中まで外へ出して  ッと思うくらいに  ッと思うほどの  ッけておくと  ッかぶっていたりした  ッと下流になります  ッと御逗留の事も毎度ありましたが  ツとしては居られなく  ツと僕の顔を眺めてゐた  ッきと鉄の楯を支いて  ッと呑んで  ッと縁側に腰をかけた  ッと光ら  ッこむ天窓を上げて視  ッ飛んじゃするすると浮いて行く  ッと身震をさしっけ  ッと伸した  ッていわしった  ッて事アありやしねえだ  ッて泣かしちゃ  ッて叱られ  ッたるそうに頭を下に垂れた  づ全然失敗して居る  ッて言うのよ  ッくれた女だとは思いながら  ッて僕は最初からそう言ってるじゃないか  ッと身顫いして後退りした  ッと呻られると  ツと止つてゐた  ツこちたと思ひねえ  ッと待合室を出てしまった  ッと自分の顔にまきつけた  ッと電光がとんだ  ッとその環のなかへはいってのぼっていった  ッつかんならんとは思いません  ッてゐます  ッはと笑ふ  ッかけて外へかけだしました  ツと身動ぎもせずに  づ第一に爺の意志を確めねばならぬから  ッと見物をおしやしたか  ッと響く  ッと乱れて  ッと沁みたも  ッがッ響がして  ッとマヌエラを抱きしめた  ッと流眄を送ったりする  づ擧げられるであらうし  ッとして息を吸い込み  ッたら離れられない  ッちめてやると  ッと笑いながら  づ互に勝を占めんと  ッたろうと思う  ッた事を実行するに  ッたところの智識というものを利用して  ッていかぬ  ッてしまえば  ッて卒業免状を持ッて行けば  ッても片瀬の浪があれば  ッて読めるぞと  ッと本を読む  ッても出来る  ッたというが  ッたところの人格を養うという  ッてぶら付いておるべき  ッた書物あるいはさッきからお話する  ッき横井さんの言われた  ッて能心を養う  ッて頼んでも  ッて返事をしましたとさ  ッと泣き倒れて  ッと泣きぬ  ッてこれ坊ちゃんのようなお小い  ッてもらってあげますから  ッちで何しに残る  ッけてくれないか  ッて帰れた  ッぽけなお客様がある  ッかりじゃありません  ッて下さる  ッて言うのに  ッて寂しくッて寝られない  ッと灯を吹消したまい  ッてくれたらなと  ッからお雪さんは嫌っていた  ッて継母が言いましたさ  ッて聞いたろう  ッて一廉の役には立つのに  づと浮んで  づの顏に似た  ツきに戻  ツと紅を刷いた  ツさと歩いたが  ツぽど早うおましたで  ツせと臺所を働いてゐた  ツと前に診て  ツこの相談を始めた  ツち道輕いこ  ツと泣き伏した  ツ放しにしてある  ツと見られた  ツ付いてゐる  ツと口を開いて  づ眩しいほどに光つて見えた  ツて来たと  ツと白壁が明るくなる  づ少しく悲しみの氣息に慣れなば  づ沈めるマルスの像を取上げ  づ第一嚢に己または人のために女を欺ける  づ進みて第六の堤に達し  づ見られなく  ッと聞えた  ツさと歩き出した  ツてあの時皆んながさう  ツた一つおましたけど  ツかり起して  ッてくれと聞かない  ッと腹をコワしていた  ッて頼まなんだ  ッて言っていらっしゃいましたよ  ッつこうとしているのに  ッて風に考えている  ッたくたるんで  ッかけてもい  ッ続けに七八人掛りで拷問をされた  ッこんで貰って  ッても恥かしいのよ  ッくうがり  ッかり忘れてしまっている  ツと一息して  ツて連れて来た  ツかしじやありませんから  ツと人影は潜り戸へ寄った  ツと旅僧が潜り戸へ寄った  ツと一つの小石を取った  ッと身をふるわせて  ッと一息つかれた  ッきとした  ッとわたしの奇妙な収穫物をみつめていた  づ少しく笑を含み  づ斯くいひて  づ凝固まらせ  ッとするまで  ッついた野菜を食べると  ッと飲み干した  づ定めて見よう  ッて貰わなければならぬという  ッちゃいけないぜ  ッぽらかしにされている  ッ暗な障子の彼方をすかしてみると  ッて放ったらかして二階へあがっちゃった  づ浮び出る  づ強く擦って拭き取る  ツたさうに呟いたり  ツと此方を睨めてゐた  ツぽの頭からすつ  ツたさうに顔を顰めた  ッぽどある  ツとばかり乗出しぬ  づ張詰めし力も抜けて  づ少しく微笑みて  づ始まりし舞を棄てつ  づ強き光に慣れしむ  づ新しい作家が現はれて来るといふ  ッと血が顔中へ上つて来ると  ッこむのを見たぞ  ッついているので  ッ返えしの二十九日も退屈なく過ごせると思った  ッて来たり  ッかり調らべられてから  ッつけて置けよとひやかされてしまった  ッと引かれる  づ考へてゐた  ッと大声をあげる  ツといふ只ならぬ  ッていました  ッて厭じゃと断る  づ向けられた  づ感じなければならぬ  づに興をそふる  ッくと起上がった  ツてゐて下さいよ  ツてぢい  ツて房雄さんといろ  ツと心に思案して  ツてあらはれるといけないから  ツとかたちを正して  ツてまゐりませんから  ツぽど借金のかたをつけた  ツたらさぞなさけなくなるだろうよ  ツこり笑ふ  ツたでせう  ツとの事でまゐりましたの  ツしやらないでせうか  ツて引よせれば  ツて間もない折ではあり  ツててうだ  ツて下さる  ツたものと見えますね  ツてはできない  ツしやいませんか  ツて居りますので  ツとばかりにおどろきながら  ッ黒い人影が現れました  ッと肩をふるわせて  ッてとこですね  ッと力を入れて  ッと体をふるわせて  ッと見入った  づ逸早く耳に入るか  ツと泣く  ッ黒い溶岩の流出が見える  ッせと書いて  ッとそれを研究してきた  ッてやりたいよ  ツて言つたら怎うする  ツと振返つた  ツて出てらし  ツて見ませうか  ッてどんなに心地が快か知れん  ッておいて  ッと鉄の棒をうちおろした  ツと身体を病院の玄関脇によせた  ツと濠端に身を引いた  ッすッすッと歩きだした  ッと押した  ッと耳を澄ませていると  ツと地べたへ泣き伏してしまひました  ッとあとしざりしだした  ッとしたのに  ッって呶鳴ったら  ッ勇ましく歌を唄え  ッと叱っている  ッと怒った  ッときつく云って  ッと切る  ッと藪を隙かして見た  ッと剣気そこから湧き  ッと一度に引っこ抜いてくれた  ッと小一郎は走り出したが  ッと振り  ッと突っ立ち微動もしない  ッと切った  ッと杖を突き出した  ッと横仆しに転がった  ッと館を見廻わしたが  ッと笛の音が聞こえて来た  ッと建物へ馳せつけた  ッと上へ差し上げた  ッと戸口から走り去った  ッと綱を引いた  ッと火が立った  ッと一列に押し列び  ッとばかりに振り下ろした  ッと一度に下ろされた  ッと一組が走り出す  ッと一組が追っかける  ッと笛の音がする  ッと何物かを空へ投げた  ッとドアを開けて  ッどッと立ち騰る  ッと身を躍らせて  ッと待っていた  ッとして私は飛び起きました  ッとして私は立ちどまりました  ッ暗になッちまう  ッたてて得意の腰の物で首をはねていたという  ッた音をききわける  ッかりはカンベンして下さい  ッと前にだした  ッと奥になると言いますね  づと何かに通ずる  ツて遣  ツても尚だ譯の解らぬ疑とな  ツて捕へて  ツて一匹もゐた  ツかりもした  ツて吻と一息した  ツて了ツて闇の中に取  ツと思ツて驚いた  ツたやうに思はれる  ツたか知れぬ  ツかれてゐるので  ツとして縮上る  ツて行くと  ツてもう血迷ツてゐる  ツたかといふ事が解る  ツて見てゐると  ツて飛違ツてゐる  ツかなびツくらで訊ねた  ッとも注意されなかった  ッていたろうし  ッかかっている  ッてお頼みになったが  ッて訊きほじる  ッと今夜の吉川さんもステージで泣きますからね  づに依  ッち込み  づ前遊の時立ちよりし  ッて頭を軽くたたくと  ツたさうな石を拾ひあげると  ッとしなければならない  ツつけてゐるので  ッぽさが次第に強く感じられて来て  ッ付けて模様のように太く書いてある  ッとお人が好過ら  ッてならない  ッつけてあるいていなかったと  ッと身震いして  ッからいる  ツと信吉の前を抜け  ッと伸びて  

~ ツ[名詞]1
今日一緒になッ  へへッ  手前エが知ってるッて  子供をせッ  音でなくツの  病気がうつツて  そこまで聞くとかツと  井戸ばツ  家へばツ  人ばツ  やうだツ  何んだツ  光にばツ  江戸でもじツとしては  皆寝静まッ  貴方だッて  金打をなすッても  半分にやッ  がらかッて  突立って這入ッちゃ  幽霊だッ  粗相が有ったッて  為めだと思わッ  譫語ばッ  こればッ  ふりをしておいでなすッ  國源次郎を討たせて下さると仰しゃッ  泥棒だッて  ンなすッ  誰かが棄てッ  誰が棄てッ  狗を棄てッ  炭屋さんが見て来なすッ  間怠ッ  己が持ってッて  ズンズン何処かへ持ってッて  一寸入らッ  何処へ入らしッ  邪魔しちゃッ  うしてらッ  鉢巻でやッ  神さんはうッ  一遍下へ行って見ていらしッ  話に入らッ  糸さんに入らッ  実が有るッていう  私はふッと  ようにくッ  ッはッは  奈々子は泣いたかツと  さうだツ  脊をくッ  背をくッ  れいのけッという  頭をかきむしッ  青かッ  蒼味がかッ  ころがッて  眼ざしは分らなかッ  えなかッ  かすかにいッ  明日になッ  おまえだッて  ことはちッとも  アアよかッ  声で叱ッ  宛てがッて  眼鏡をひッ  それゃア当座四五日はちッとは  アラモウちッ  モウちッ  波だッて  言ッたッて  林を去ッて  刈科をわたッて  波たッて  四方に充ちわたツ  ようにすうッと  やうに降ツては  始めやがツ  彈れツて  お前だツて  思索に耽ツて  無かツ  俺だツて  機嫌を取ツて  有仰ツ  何時だツて  話になツて  ツぱりとお暇を下すツ  誰だツて  女だツて  何方だツて  一緒になツ  やうになツ  癪に障ツ  躍起となツて  馬鹿になツて  獨になツて  何んだツて  原因になツて  娼妓になツて  體でもツて  母だツて  態度を取ツて  俺に依ツて  らツしツて  其後を見送ツて  中につッ  亭主だッ  スターなんかにはなれッ  係長が焦れッ  ッひッ  伴れてツて  サア呑みなツ  窓ぎわにつツ  世帶を持つツて  者でずつとすれツから  憲法は打つ壊しツ  荷物をひッ  中にひツ  來てるツて  臭ひにとツ  豆でもぶツ  そこをつツ  買つて來たツて  らへば直るツ  さ行くツて  ーんツて  畑ばとツ  んでねえツてな  手をつツ  歸れツて  懷につツ  息子さおべツか  水をぶツ  何時くるべかツて  氣持をつツ  藁くづが  物のなづの  此なづの  用ゐたなづの  ッ母さんが帰るまで来なくツても  あとで見るッ  頭をつッ  眞ツ直ぐにふうツと  いふしやれといふもんだツ  片隅にじッと  ようになッて  私今となッて  頼りになッて  事実によッて  信頼遊ばしていらしッ  智恵を裏切ッて  むづかしい名前をくッ  アインシュタインを頼まなくッ  乞食だッて  何をするッ  風にひッ  人がいらしツ  下宿なすツて  月日を送ツて  上をふッと  洋杖でかッ  唾をかッと  うろくづの  夜這に来たッて  三どんだッて  尻尾をひッ  鋭敏になツて  顏をすツ  店で賣ツて  そりや賣ツ  加之立停ツて  姿勢になツて  祖先に依ツて  我々人間に取ツて  原書を取ツ  例に依ツて  友となツて  畑になツたり  疳走ツ  混同になツて  一生懸命になツて  立停ツて  光彩を放ツて  中心點となツて  耳には入らなかツ  林檎を賣ツて  立停ツ  紺のつツ  擇ンなツ  風早に取ツて  好かツ  體となツ  斑になツて  やうになツて  影となツ  頭を振ツて  我に返ツ  雪の下になツて  光を放ツて  學校に取ツては  寂然靜返ツて  惡くなツて  根方へ押しやッ  縮緬ぞッ  胸を掠ッて  ッともッと  ごらんなすッて  ひとりでじれッ  人なんかできッ  ご免なすッて  お立ちなすッて  肚がきまッ  手をふりもぎッ  絵の具をなすッて  貸しなすッて  水をぶッ  物をいじッて  駕をひッ  綱はほッと  死神なんかに取ッ  二刻もたッ  一杯くわせやがッ  みな孫兵衛の粘りッ  色香をかきむしッて  罠へかかッ  朽葉の湿ッ  なんだッて  手元へのめッて  性格はもッと  ぱずして一太刀に斬ッて  赤痢さとッ  歌を唄えッ  女は飛び降りて行きますよッて  ッとッと  あの世へかッ  股倉につッ  骨ぐるみかッ  彼はほッと  紀代子ははッと  ぼくが生れないずッと  明白を立てる立てるッて  ッかッと  そいつばッ  崖よりぬッ  様子に呆れッ  目庇のつッと  のに出ッ  有味はなくッても  下へつッかい  片時でもほッという  ッはッ  驚きなすッちゃ  半日だッて  戸が閉めきッて  番茶をぶッ  ザブザブとかッ  涙をこぼしてむせかえッ  江戸くんだりまでやッて  腰帯をひッ  真っ向に飛びかかッて  音はふッと  外神田まで焼けッ  足もきッと  振りもぎッて  金箔付きだッて  轟然とゆすッ  伏せに斬ッて  ほうへすッ  十夜は苦りきッて  一月寺におるッて  私を振りきッて  菰にくるまッて  俺にはうッすら  いやがッ  ツがツと  あぐらを掻くッてな  事があったッて  嫁にいらっしったッて  奴はッて  日数にしてたッ  双方斬ッ  ことだッて  顔をみると狎れッ  笹をひッ  横にひッ  音波をゆすッ  芳村はもうさツ  月給はいらないからッて  鎬をけずッて  頭を下げてにッと  ツはツは  浮世離れてッて  奴に取られッ  しゃくッてぶッ  在郷軍人分会へひッ  寐るからッてばさ  事などはちッ  關係をすッ  時をとッ  事をすッ  日も明けないツて  腰に取ッ  言葉をぶッ  宅助も黙りこくッて  ほうがよッ  嘘ばッ  形がふるッて  どこへ行こうッて  鳴りをしずめているッて  ことは言いッ  ごめんだよッていう  お話しなすッて  ことをいッと  それですッ  つづらによッ  大丈夫だッていう  ほうへ取ッ  舳をつッ  際立ツて映ツて  其煙も見えなくなツ  室へ走ツて  二階に甲走ツ  時分となツ  三階からは甲走ツ  際立ッて映ッて  煙も見えなくなッ  室へ走ッて  二階に甲走ッ  時分となッ  三階からは甲走ッ  僕はツと  城に取ッ  職人を取ッ  胸で繰ッて  前よりよッ  泡をくッて  呼吸がふッと  爪でひッ  目こぼしがあろうッて  屋台もかッと  白ばッ  病床に臥すまでやッ  闇をかすッて  対手に斬ッ  ハンドバッグがひッ  半年もずッと  犬も気がつかないだろうッて  お尋ねになっているッて  鯱ッちょこばッ  色がぶツ  ツかツと  誰とかに肖てるッて  満場わッと  湯漬けかッ  裏口から逃しやッ  様子を凝ツと  ようにツて  先へぬツと  スキ焼でもつツ  ヒロポンなぞうたなくッても  毎日朝晩ボクに掃き集めてくれッて  アブラ汗をかいちゃッ  顔をつツ  煙のうづ  真直にさッと  土をいじッて  学校が済んでからッて  宇野さんをやツけて  一ツやツけ  まつたんだらうツて  縁は異なものツて  日の丸を出すッて  ほうへつッ  中へつッ  鯛になって御座らッ  背中に乗ッ  天才だッて  上にのッけて  足をつッ  青龍刀をひッ  一太刀にかッ  ツたくツて  残ずツと  桂木はほツと  こっちから斬ッて  首をふッ  矛をひッ  臂を引っ張ッ  香をほッと  敵兵二人をひッ  彼奴をひッ  禰衡を斬ッて  上に乗ッ  一ぺんいッて  槍をひッ  誤訳をもツて  何も叱りつけなくツ  眼をなじッ  五百余騎をひッ  曹操は焦れッ  舌を鳴して凝ツと  彼が擽ツ  やおやふくれるでツかい  #飴ちよこブルジヨアでツかい  チビはぶツ  石のはづ  私ははツと  事云ツたツて  それを凝ツと  腕をぬツと  ッくッ  ピカリッ抜いたッと  地べたに寝ッ  鮮かに遣ッ  音松がふッと  髷をひッ  一人とばッ  白刃をひッ  先祖代々ずッと  湯でさッと  お客様が入らッ  船饅頭だッけな  渡し場まで入らッ  婿でも取らなくッちゃ  役目が好かッ  夕立だッ  傍へ寄って来なくッても  私だッて  取引もしていたッ  お玉だッ  お玉坊だッて  一足違いだッ  叔母さんでなくッちゃ  ものを見るてッ  ッふッと  今つッ  井のみづに  彼が痩せッ  きらいなすッ  魚と駈けッ  鰹でもひきよせようッて  今まではちッとは  ッふッ  乳房へぶッ  手紙をぶッ  市をぶッ  十里先をつッ  気ままに寝ッ  ッた捕ッ  口だけでもかッ  土堤へべッたりと  ここにずらッと  家へ帰って寝ッ  ドシこんでしまわッ  一つ位持つて来たツて  谷底からぬッと  身體が弱るツて  惡くツて  刺身にして食べないかツて  成つて遣るツて  苦勞をして呉れたからツ  つて遣るツて  其でなくツては  聲が出なくツて  なんざあ吾儘すぎるッて  畳までくッ  私もよツ  近所からはわッと  行つたのだなツ  事だなツ  神樣だなッ  神様だなツ  何てッ  好きになッ  みんな借りまくッて  まとめには出来ッ  アブレちゃッ  ピストルぶッ  フトンをひッ  何者かッて  世界中でたッ  一晩ほッと  二三日帰京がおくれるッて  ルームにひッ  ザックと斬ろうッて  ふるさとだのッて  信用できるかッて  お前さんたちが甘えるッて  ツバをひッ  店へひッ  タクサンだッて  的にさばくッ  先に見つかりッ  ところはちッとも  京都はほッ  今でてらッ  時間くッちゃ  マッチはきッと  友だちになりたいッて  下駄をつッ  ツバひッ  スッとひッ  ギロリとむいて笑いながらひッ  へんに居るッて  箱をひッ  一人がひッ  君をとッ  持ッてらッ  万年床をしきッ  ドブへはまっちゃッ  お腰も持ってッて  部屋へひッ  方をほッ  自由にほッ  子供を生まなくッても  おいでなすッ  ヒタイをこすッて  のがツと  女を怨むッて  娑婆からずッと  んだらうツて  からだはふわッと  度いッて  事を云ったッて  それを取ッ  方にばらりッと  腹ア切ったッ  外見はずうッと  横町をずうッと  溝におっこッ  柱にふツ  團扇をばツば  ばツばツば  人には解りツ  形がぼッと  傍にべッたり  #こっちへ来てはばッたり  上にじッと  叔母はまたせッ  私がせッ  庄はせッ  そこにべッたり  家にじッとしても  私なんざ慣れッ  部屋はたッ  一度にふッ  一寸是非上らなくッちゃ  一緒に往こうとッて  茶代を置いてッて  私もじれッ  土間へくッ  唯今ふッ  暫らく凝ツと  彼女はツと  わッはッは  戲れをじツと  ゴルフ場へ放ッ  二時間放ッ  羽毛をむしッて  中毒なさるッて  信者全部ひッ  胸にひッ  奥へひッ  性分は直りッ  一番でッかい  先生はちッとも  千何百年間ずッと  一パイひッ  男の子がよろこんでぶつけッ  ポコポコ当ててぶッ  やうにつツ  變にひきつツ  ぢいツとして  母をつツ  云つてつツ  毛をひツ  彼をひツ  恐怖病にとツ  方へ流し込んでやるツて  的行動はあり得ないツて  一席もツと  心配してるかツて  胸がふツと  軍備反対をぶッても  演説をぶッ  何か借りッ  一行を書きたしてもらッてから  三人そろッて  行つてウント酒を飲むからツて  鏡を眺めながらせツ  互ひに憤ツと  貴方いらっしゃッても  出家にならっしゃッ  此処に入らッ  くだものをつッ  気障ツ  ヨタ咄にひッ  外へふッと  それに乗せてツて  棹をつつッと  それでなくッて  懐手でぬッと  塩梅に遣ッ  天窓を頼まれるッて  奴が出来たッていう  商法にするッて  門に込合ってるッて  癪に障るッ  愛吉はぐッ  ものだッて  呼吸をかけてふッ  呼吸を引かないばッ  ッはッと  五十両したッて  土器色にばッと  無理情死でもしに行こうッて  愛吉鶏をッて  鶏をッて  材木まで焼けッ  この間鉄砲汁をやッ  引奪くッて  宵啼をするッて  店前をとッと  町中へつッ  気にするッ  皆で取押えるッて  淋いッ  夢でなくッて  利きなさりますばッ  許へ行ったッていう  疝気が起つていけないツ  素ツ裸の開けツ  一とッ  度にぞッと  ものずうッと  道筋をずッと  僕はぞッとして  旅順開城後までほッと  岩よりもそッと  蓋に凝ツと  それを読むなりけッと  すべかッて  下にはいてるッて  荒波をつッ  横にのッ  手をつッ  間も繋ぎッ  懐につッ  瓦斯も恐ッ  開発するッて  雑巾切れでもひッ  仕舞いだッて  腕をつッ  代議士になるッて  ウマクつッ  袋に入れるッて  弾をつめッ  一生懸命働いてやろうッて  畜生等にねじ込もうッて  ようにつッ  のっけに遣ッ  正面がずッと  斜にずッと  僕はきゃッなどと  ぺッたりくッ  ものだとばッ  ものとばッ  私はきゃッと  からだにつッ  關係からツと  牛肉でもつッ  眼をくッ  門内へつツと  発散させながらぬッと  掌に乗ッ  小っちゃくなッ  どっかへふッ  一緒でなくッちゃ  駄目だッて  後へ退ッちゃ  ア此処を構わずずうッと  閃りッと  ずぶりッと  雲がすうッと  押原通りへずうッと  一度もッと  山にべッたりと  奧をもッと  高みからずッと  宿屋がたッ  誰れだッ  小藪を分けてやッて  裁判長めがけてぶッ  被告を見たとか見なかったとかッて  みなうそだとやッ  鳥打帽子をひッ  美人はふッと  ッたいッ  内閣をぶッ  幸田を凹まそうとしたッて  襟首をひッ  六人とひッ  瓶をぶッ  山木をとッ  鍵輪をひッ  あんたとひッ  ところへなんぞ行ったばッ  私がひッ  方へおびき寄せて取ッ  ことをいわなくッちゃ  しらばッ  息ばかりになッて  両手でしッ  巣がひッ  今朝からずッと  襟をひッ  鮮やかにやッ  周囲をひッ  小田原在をつッ  理窟になッて  ッ転がッて  人違いだッ  足も出ねえでじッと  急にツと  竹刀でぶんなぐりッ  ポコポコぶッ  きりりッと  ように引きつッ  やにツ  ト筈高にがツ  鼻息をふツと  あんすなッ  大木をひッ  向う脛をかッ  連れの痩せッ  曾をひッ  左手をツと  草をむしってつッ  鬚をつッ  幾回もつッ  虫をつッ  唇をきッと  ッほッという  自分でわッと  得意になッて  想像をもッて  前にもいッ  君だッて  僕だッて  関羽だッて  仙人にならなくッても  虫だッて  蛾になッて  ナニ蝶になッて  何かになッて  区別だッて  デングリカエシをやッて  コロガリころがッて  泊りにやってくれッて  言いやがるとぶッ  誰やらが混ぜッ  綴くッ  ッてッ  国がせッ  母アにたッ  こちらミンナたッ  つて無頓着を振り廻すツて  海へ行かうツて  繁代は憤ツとして  手とともにずッと  内ですかッて  五十石積が出るッて  処だッて  仕事をしたッて  見物わッと  御飯ですよッて  放火を教えようッていう  一所になろうッて  ようだッ  こだわッて  不思議だッて  方があるッて  憚って秘すッという  腰障子へふッと  猿臂がぬッ  泥を吐いッ  手はぐッ  見事だッて  壱岐殿坂だッ  幼馴染とでもいッ  曾我五郎時致だッて  船でなくッては  町人が来ては叱られましょうッて  それでなくッても  私もずッと  どこでもかまわないッて  腫ぼッ  胸へつッ  鼻頭がぬッと  らぞッと  白酒でなくッては  踰してずッと  大儀だツ  對面だツ  ことをすツ  下士がツと  三人ぶッ  彫像の如くつッ  誤りだッ  時じたッ  ッつッ  #ッつッと  毒瓦斯がすうッと  ウカツに喋っちゃッ  ゆすりですッて  今井さんとずッと  何と云ったッて  ものよッ  半分おくれッ  ことをはツ  年を取ッ  顔をじッと  稍暫らく凝ツと  単身に乗ッ  口ばッ  皮がつッ  茹りやがッ  時計をさッ  特有な執ッ  顔でもつッ  眼にうつツ  方へずッと  あれ板塀にひッ  目にうつツ  ミチミはツと  引ッこすッ  夕暮脚を引きずツて  脚をひきずツて  やうに凝ツと  粉になッ  弓子はしめたッと  急にわッと  ザアマス趣味をひッ  甲羅にひッ  大謀網もかけッ  今までッて  世評がひッ  田舎へひッ  軽井沢へひッ  身柄までひッ  時でなくッ  独りぼッ  ッた黙ッ  予防線をさすッて  為てけツ  のをやツ  屹度五六寸のが懸ツて  お釣りになツ  気の利かないツて  君もたツ  徐かにすうツと  顎に刺さツて  気になツて  チとツなどの  つもりだッて  鞠ちゃんにくれるくれるッて  遊びに来いッて  片隅へほッ  ことたッ  二番列車でせッ  地上にたッ  前からにッ  私をはッと  思い出にばッたり  全部をもッと  手でやッ  プログラム片手にひッ  弦吾はツと  なつたツて  母はむツと  想像してぞツと  帰つてゐるツて  下駄をつツ  藁草履をつツ  弟弟子だツて  経べい読んでゐるツて  偶然出ッ  一番年長者だらうツて  禁めるからツて  書きなすツ  私も凝ツとして  向う岸にわたれツて  手を引張るツて  歸つて來いツて  のだツて  後からせッ  昨夜だッて  山へつツ  一度だツて  上さん持てツて  腕だけがぬツと  漁をほッ  十一米ふッ  私にひッ  片足つッ  労働者をひッ  交番へひッ  交番にひッ  品物を置いてッ  非常線にひッ  昔とちッとも  一方もいらッ  舞台をくッ  楽屋をくッ  ものはそればッ  ことしなくッても  ここをせッ  建物としてくッ  去年はもッと  輪をつくッて  シゲシゲ鑑賞しろたッて  上へのッか  こッちはもッと  猫がのッ  色がぬたくッて  んだッ  われ一人せッ  ことはできッ  感情にひッ  番犬というたッ  事をふッと  子供らににッと  生涯にたッ  徳川幕府というたッ  発端をつくッ  一杯やッて  鉄砲の打ちッ  クビにかけてもらッて  軽犯罪にひッ  仕事をほッ  フタをのッけて  OKなどとはもッての  大股に歩いてひッ  モゾモゾモゾとひッ  それをひッ  エキストラに使うてくれはッ  水素瓦斯を送ろうッて  帰還あそばすッて  こもッ  邸をつくッて  山奥へひッ  突ッたッ  牡鹿半島ひッ  結婚式にまでさかのぼッて  安産からさかのぼッて  一日にたッ  芸者は見なくッても  ものを失ったってちッとも  前をすうッと  主変らずッて  冷ッこかッ  夢中になッて  人間だッ  ミササギをつくッて  父子よりもよッ  千よろづの  お客をのッけて  首をつッ  頭にのッけて  ためにはッと  顔をしてほッと  黒蜜をなすッ  字をぬたくッ  処を取ッ  国史上にたッ  本をひッ  アベコベにひッ  噴水をつくッて  生後四ヶ月ぐらいでずッと  十年たッ  自転車に乗ッか  二ツにわッて  メス獅子を取りッ  二匹が取りッ  メスを探しッ  のはちッとも  カバンをひッ  一緒にゐたツて  ばさりと斬ッて  馬鹿いわッ  不愍がッたり  そればツ  度にはッと  私たちはわッと  朱実を引っぱッて  途端に憤ッと  者へ怒ッて  恥を雪ごうッていう  風を衝いて走ッて  ようにぶすッと  ことだからッて  何度郷里へ帰らッ  兄さんと附いていらしッ  是非一緒に連れてッて  ことを為さらないたッても  いかがですかッて  当分仕送りは出来ないッて  ッへッへ  ッたッ  コップ酒をひッ  ッけッ  丘はツと  一団がわッと  一団がわツと  船に乗ッけて  原子爆弾でふッ  どこかへふッ  どこかでわッと  むやみにひッ  けっきょくのところアトミック・ボムブでふッ  口をつぼめてほッ  ッほッと  いまひッ  合法的でやッ  何かへ取ッ  損害をかけたら取ッ  鞍へ取ッ  山と睨めッ  藤づるへ取ッ  なほつツ  声ではッと  肱をくッ  実だからッて  母さん摘って下さいッて  方へでも連れていらしッ  父さんが帰っていらしッ  御覧なすッ  近く住んでいらしッ  ようにッて  一人ぼッ  側に居らッ  一遍捜してみようッて  ことをしなくッても  一つやッ  んだッて  自分らだけできゃッ  何うだらうツて  自分のそそッ  顔をつッ  目あてにうつッて  アこれに限るッて  静かだッて  のだッ  日だッ  墓表を建てたッて  独り議論したッて  ところへぞッと  泥棒が流行るッて  多忙くッて  私もつれて行くッて  骨がツと  気持に寝ていてふッと  親方はへッ  目高がつッ  殿よツ  へへッと  七のづまで  ツはツと  番頭に乗ッ  公園のずッと  乳をさぐッて  ツちらかツて  倦くなツて  何うだツて  母親は黙ツて  赤痢に罹ツ  人が死なツ  戀しがツて  轉がツ  嫌になツて  肥料も遣らずに放ツ  地を掘ツ  登ツて躍ツたり  刄物になツて  貰ひたかツ  一ツは荒れきツ  さうになツて  テニスをやツて  崩れかツ  い光を放ツて  少時黙ツて  手に取ツ  加はツ  一回目からして腐ツて  ことになツ  綺麗だツ  購ツて遺ツ  金を借りて困ツて  女工になツて  氣になツ  籠を飛廻ツて  美しかツ  十六になツ  九ツにもなツて  やうにやツて  お家だツて  意氣がツ  砂塗になツて  加はらなかツ  秋になツ  綾さんはせツ  眞ツ黒になツて  幾ら稼いだツて  辛面にツ  親類に預かツて  運命に陥ツて  姿となツて  氣持になツて  狐色になツて  眼を瞑ツて  味はツ  眼がじッと  稽古だわッて  何うかなすツ  口まがりツて  こたまだツて  吸つてふツと  私もふツと  利足を取ッて  腰へ反り返ッて  これもきッと  毛彫りになッて  辺へ来かかッて  遠近に飛び散ッて  三人打ち取ッ  暮れかかッて  跡は降ッ  合方となッて  二尺ほどへだたッ  一切闇が行きわたッて  水際だッて  老女はきッと  隅にかかッて  手に取ッ  種になッて  跡を聞いていられなくなッ  今朝忍藻がいなくなッ  凶音が伝わッ  色が変わッ  ことにはなッ  眼をみはッ  刈株をわたッて  のらに向かッて  間近になッ  野面に散ッ  虚空に響きわたッ  歌をまぜッ  ソレ分るまい分らぬならば黙ッて  是ほどいッても  アノ握ッ  コッソリ取ッて  一本握ッて  声を放ッて  素徒とは見えんだッ  手拭に受け絞り切ッて  起が利くッて  恰好だッ  荻沢警部にも黙ッて  了に言切ッて  重なッて  コンガラかッて  コンガラかッても  斯も疑ッて  無なッ  様に怒ッ  ナニ寧児だッて  好かッ  紙入を取ッて  真直だッ  上からじッと  横腹をぶッ  十日あまりでかツ  眼をつけなすッ  病気にでも取ッ  口をすッ  馴つッ  逆さに降ッ  ただにッと  私はぞッと  行跡が退ッ  ことも退ッ  ことが退ッ  足跡も退ッ  歴史だけが退ッ  時に退ッ  人間の退ッ  僕を可愛がってくれたッちゃあ  嫌にいじけッ  良人になッて  木戸があかなくッて  今といっちゃあたッ  御利益があるッて  方が殺されッ  村ははツと  星くづを  云つた言葉にはツと  身うごきは出来ッ  ころがッ  上がッて  興がッて  観やッ  おかしがッて  幕府は怒ッて  残念がッて  ッしッと  時は退ッ  すがッ  思い上がッ  波にのッて  武者がぶつかッて  直義は泣きじゃくッ  不当に怒ッ  事態が降ッて  賞めちぎッて  踵で蹴ッ  巻き上がッて  刎ね返ッ  ことも降ッて  胸を吹きめぐッて  教壇につッ  数時間もつッ  云はさずひツ  気分がのうツと  ところだツ  それをやッと  窓を開けッ  そこを崩れ出るごとく退がッて  悲調をそそッ  声音で叱ッ  なにしにまいッ  ふたりぼッ  彼をくすぐッ  転がッ  声のありッ  水でもぶッ  申し出でをせんとまいッて  ことはありッ  金も温もッて  運命がかかッて  ペチャクチャ喋べッて  ままに引かれて走ッ  賭かッ  姿を捜しにかかッ  大事が降ッて  神経をつかッて  いま去ッ  野に放ッて  放免すべてを締めくくッて  押ッとり囲みにかかッ  矢が突き刺さッて  濃姫をくれッ  筈は有りッ  家来もずッと  女中がひッ  太政大臣をひッ  どこでこすッても  先祖代々つたわッ  野郎をのッ  側から離れずさッ  書生下駄をつッ  三膳かッ  犯人を見つけなすッ  ッちゃッ  介をひッ  二三分でかッ  田所をひッ  場に行ってみなくッちゃ  刀といえばたッ  とげなすッ  冷酒をひッ  犯人をひッ  うちにとッとと  刑事にひッ  犯人にとびかかってひッ  犯罪は見ッ  あちこちひッ  虎でなくッちゃ  全員をひッ  世良田摩喜太郎をひッ  故郷へひッ  硫酸をぶッ  何かをひきずッ  中をひッ  五年間もゆすッて  ヒマをもらッ  花田がゆすッて  署へひッ  万引なさッ  奥にひッ  野郎ばッ  火がぼッと  言葉がふッと  玄関にぬッと  人物が来なくッちゃ  役人はがばッと  ようにきッと  煌々と感ずるだけでもほッと  それからぬッと  これもほッと  彼はむッと  ようにげッと  彼はぬッと  それだけでぼッと  彼はぶるッと  疳に障ってかッと  窓下をすッと  目に見えてかッと  こいつはちッとばかり  初めにさッと  薄暮のひやッと  胸をたたいてぬッと  方がずッと  刀をすとッと  一ぱいにたッ  主君を迎えてほッと  酔いに向ってあけッ  斜めに傾きながらとッとと  ッ向からどさッと  畳についてぬッと  口ひげをさッと  堀はぞッと  眼をほそめて凝ッと  話をすたッと  猪首をぶるッと  視界をすッと  ッくわッと  どこからかすッと  彼らはとろッと  さがぞくッと  何ものかにさッと  炉火がくわッ  さにぞッと  彼の凝ッとして  はずみを喰ってだッと  高倉ははッと  鋸屋に憤ッと  襟がみをひッ  がたッがたッと  オレはひッ  残り酒をひッ  兩手でしツ  母はむツ  生きだとばッ  習慣をつくッ  実力は有りッ  手は打ちッ  大工を殺さなくッちゃ  石はないかと訊いてまわりなすッ  風来坊がたッ  刻限だと思わなくッちゃ  そッくり突っこんでひッ  一膝ぶんぐらいひッ  恐竜夫人がくわッと  鯉口をきッて  姉さんがはからッても  フグをつくッて  遺書をつくッて  術がたッ  貧民窟は開けッ  一ツじッ  暮しを立てようッ  ッはッはと  土産に持ってッて  驚いちやツ  文字をじッと  家は有りッ  悪臭がうつッて  上にひッ  病気がのりうつッて  抜き身もほッ  海舟先生をまぜッ  井戸も見せてもらッ  二ツ三ツ時田さんをぶッ  らッしゃッ  皿屋敷にきまッ  三枝子さんにひッ  時田をゆすッ  鶴巻温泉からずッと  ことは有りッ  草履をつッ  お茶をぶッ  坊主首をたッ  姉さまがきッと  道理がひッ  ツちやになツて  人に取ツては  動物でも送ツて  動物となツてまでも  一生を送ツて  人に依ツては  其によツて  蔽重なツ  心地になツ  入梅になッてからは  誰だッと  屋台骨を乗ッ  ケンヤクしなくッちゃ  ときはもッと  後にまわしなすッ  手を施しなすッ  やりとりをしなくッ  目をじッと  人を連れて出なくッちゃ  山キを乗ッ  オカネはもッと  ドッタンバッタン慌てるッ  松之助をもらッて  余計にかッ  さがッ  松之助はもッと  イクラももらッちゃ  ヤケ酒をひッ  三本キューッとひッ  二ハイかッ  イナリズシを食べさせてもらッて  目玉はたッ  お茶づけをかッ  一番齢をくッ  フクレッ面はとがッ  ッきり分らなくッちゃ  奴にきまッ  茶づけをかッ  バカにしてかかッちゃ  死神に取ッ  家まで走ッて  何をおいてもさッ  ワケが分らなくッて  ドアをぶッたり  馬車にのッて  寝ぼけ眼をこすッて  狂いはありッ  ヨメにもらッ  土蔵をひッ  ものも放りだしてひッ  わが家をひッ  頭をぶッて  奴めに云われなくッとも  羞しくッて  思いをせッ  齢をくッ  折ヅメを持ってッて  のがたッ  ハナレへ持ってッて  前へおきッ  顔もあげず黙りこくッて  客人をほッ  ハナレにほッ  ところへ持ってッて  女の子に持ってッて  ヒマがありッ  揚がッて  殺気だッて  乱闘が始まッ  柄へかかッ  方へ走ッ  興味をそそッて  ことだッ  体当りにぶつかッて  沼底をすくッ  何がよかッ  談義をくッて  ことは出来ッ  転がッて  ように轟き鳴ッて  花は散ッて  ひとりでしゃべッ  町家者になりきッ  あちこちを見て走り戻ッて  尻に取ッ  転び入りたかッ  前へのめッ  みな上わずッて  声振りしぼッて  矢来をめぐッて  小石を蹴ッ  坂へかかッ  北条氏に取ッて  日がやッて  幾ら私が惚れたッて  彼奴に逢いてえばッ  肩をかすッて  今云ったッて  何んだッて  矢張彼処にありますかッて  一緒にッ  山田からずッと  十分でないッていう  参をするッて  女中が来るッていうから  陰でぶツぶツ  木立から軋みめぐッて  帳までひッ  興がッ  勝ちにのッ  大将一人打ち取ッ  山を蹴ッて  鬱憤を言い哮ッて  女の腐ッ  騒ぎや沸き返ッて  香気を放ッて  座を蹴ッ  肩をゆすッ  われに返ッ  灰となッて  修羅道へひッ  揚がッ  乱刃の斬りむすびや取ッ  ままには出来ッ  上で囀ッて  嘆願つかまつッ  ものが降りたかッて  手を揉み揉みじッと  馬腹を蹴ッ  杖つきて出づ  何いッて  密告なすッ  此れでやツと  んだツて  網膜にうつッて  士を募ッて  身まで奪われ去ッ  気をふるッ  近所でどなッ  下にちらばッて  身一つさえやッとな  可愛がッて  生れだッ  森も奥まッ  才気ばしッ  眼を取ッ  どっちも黙りこくッて  山せばまッ  列を撲ッて  こだわッ  刎ね辷ッ  河内きッての  損なッ  藤さんに馴れちゃッ  転嫁にほッと  眼をさえぎッて  それを叱ッ  いやもッと  黒雲を破ッ  お出でなすツ  出でなすツ  茶屋が有りますから入らツ  篠原様が入らツ  森大臣さまが入らツ  散髪になツ  方が入らツ  貴方芝居見に入らツ  知事をなすツ  中に交ってたッ  一風景を損じて見ッとも  ことさえ出来なくッて  箱を眺めてはッと  風が掠ッて  丞がもッと  むらがッ  毛虫眉をかぶッ  師直は取ッて  金若は黙ッて  数が散らばッて  頬をゆすぶッて  眼をくばッて  身をゆすぶッて  何が来るかだッて  三人をひッ  首もまじッて  降伏を誓わせにまいッて  男が捕まッ  伺候つかまつッ  手に捕まッ  石焼きみたいになって寝そべッ  一ト太刀くッ  軍書にとッ  虫みたいに送ッ  封蝋を破ッちゃ  封蝋は破ッ  恩賞がかかッ  手脂でひかッて  書物をひッ  滝にうたせようッて  桃はもッと  つぶッてらッ  ッたッて  娘は死にッ  昔となッ  背を見送ッて  客座敷へ集まッて  さかッ  自分を見てにッ  席に連なッ  席に連なッて  自分はふり返ッて  たてには枯れかかッ  そうになッ  向きもしなかッ  #柱へつかまッて  音一ツに集まッて  娘はじッと見ていたがにッ  ,痛かッ  手の筋へ染み渡ッ  身に染み渡ッ  ものは出来なくッても  名を附けてもらいたかッ  理は知らなかッ  上に坐ッて  横になッ  休暇を賜わッて  こととなッ  話が始まッ  お伴をと加わッ  賑やかになッて  首をふッて  面白がッて  アへ往かッ  小径へかかッ  皆一とこで採ッて  離れ離れになッて  時のうつッ  跋扈かッて  小屋へいらしッて  土間になッて  一塊となッて  一方へ陣取ッ  身の採ッ  お立ちとなッ  ぢりになッて  自分の採ッ  楽しかッ  中から採ッ  一ツも残さず採ッて  娘はほッと  娘とたッ  夢中で走ッて  湯は沸き返ッ  糸を採ッたり  種となッ  楽しみとなッ  娘はべッたり  手をやッて  翌日となッ  客座敷へ寄り集まッ  本心は往きたかッ  わが身に怒ッて  机を削ッて  自分が黙ッて  思想がまとまらなかッ  一しょになッて  舟へ乗り込むまで見送ッ  老翁となッ  水にじッと  煖房を据え付けなくッちゃ  それに出ッ  何をしに行こうッてん  ものを食べようッて  真似が出来ないッて  良人はぐッと  芝生をつッ  ことよろづ  目玉をつッ  貴様はッて  矢を稼ぎ取ッ  計略には乗ッても  しかかッて  兵力をひッ  ように消え去ッて  どこへともなく去ッて  思案にふけッて  口で括ッて  今朝から出ばッて  櫓全体をゆすぶッ  一つを引っぱッて  口火となッ  暴状にむかッて  奈落をゆすッて  矮小で骨ばッ  参上つかまつッ  馬の背にひッ  威儀だけをつくろッて  今夜にかぎッて  御用をつとめて来たッて  神妙ぶッて  気が乗ッて  素ばしッ  後ろ向きにつッ  双六盤をひッ  機げんも直りきッて  一面熟れきッ  急所をくすぐッて  先手を取ッて  砂丘にのぼッて  袂を引っぱッて  遠くに放ッて  相なッて  上がッ  首斬ッ  手を振りはらッ  みな嘘ばッ  さん見たッて  ッくッと  鼻もひッ  ポケットにつッ  お前は見つかッ  足をなぐツて  先ごろ寝返ッ  気をふるッて  首をひッ  いきどおりで叱ッて  矢が刺さッ  喉にひッ  声をふりしぼッて  刃でうッ  梨の礫だッ  意気も倦み腐ッて  所民がこぞッて  息をきッて  阿修羅の吠えを放ッて  崖をのぼッ  樹林を伐ッて  前進をはばめにかかッて  救出にあせッて  さかッて  たいがいここへ走ッて  ような湿ッ  蓑をかぶッて  わしたちを恐がッて  今お前えらば訴えてやるからッて  そこさッて  んでないかッて  やうにくツ  言ひましたさうだツ  頭へぶッ  奴には取ッ  私は凝ツと  思いをしてはいけないいけないッて  話があるッて  頼みしようッていう  行ッて来るッて  いたずらに肥えてるッていう  士族だッていうじゃ  雨に会っちゃッ  こっちに来たッて  いつまであこがれていたッて  教員をやめても困るッていう  転任になって行ったッて  ことをしたッて  それア誰だッて  学校に来たくッても  Art先生帰っているッていうじゃ  発展したッていうじゃ  何か言ったかッていう  何をやったッて  とんでもねえこんだッてな  酒を飲んだッて  女はにッと  はずだがッて  #世話しようッて  お前だッて  学校にいたッて  女房などを持ったッて  望みを出したッて  口ぶりだッ  様子だッ  これを渡してくれッて  女だッ  訪問したッて  いやだッて  雨は降ったッて  村だッ  到達に誇ッ  屋武士に捕まッ  みな首斬ッて  法印が怒ッ  二人を斬ッ  普請が始まッ  私へ仰ッ  麩をちぎッて  宮もためらいに戻ッ  襟がみを引きずッて  中でも威張ッて  寝顔をめぐッて  楮幣を断わッ  気合いがのッて  尊氏はばッと  衝動にふッと  頬ばッ  公知は言いきッ  威をふるッて  自身なりと驕り誇ッて  下がッて  おん眉を見せて怒ッ  内心ほッと  将がつッ  血は凍ッて  淵辺の血走ッ  影がうつッ  雑りツけ  寛大に見て在らツ  発明で在らツ  チヤンと見抜いて在らツ  交際つて在らツ  涙を覆して在らしツ  拳を避けて取ッ  片っぱしからやッ  鴉がかッ  おいでなすッて  後から追い縋ッ  さがッて  善さんだッて  万がにッ  おいでなさッ  気休めだともッ  今行くッ  猪口を取ッて  そうににッ  吉里を見返ッて  お代り目だッ  一人者になッ  涙となッ  御内所へ断わッて  毒になッ  毒になッて  声が走ッて  損なんかなすッ  ようになッ  波紋をつくッ  吉里は慌てて遮ッ  #平田は弱りきッて  承知しておくれだッ  飯になすッちゃ  時でなくッちゃ  謝罪せてやッ  善さんが覗いていなすッ  身にもなッて  つもりだッ  ッきり言い放ッ  西宮へ倒れかかッ  吉里さんしッ  平田は思いきッて  西宮さんはちッとも  気の毒だッ  梅は見返ッ  梅は戻ッて  部屋へ走ッて  お世話になッ  顔をしてじッと  平田もじッと  油の尽きかかッ  火を煽ッて  多かッたくらいだッ  今月になッてからは  徳利を振ッて  情夫になッ  今夜ッきりきッと  思ッたッて  煙管を探ッ  茫然として見送ッて  言ッてらッ  何にも忘れなすッ  八時になッ  多くなッ  充血くなッ  #頬に乱れかかッて  汽車を見送ッて  瞬きもせずに見送ッて  汽車でなくッちゃ  夜汽車だッ  臥ッてらッ  後から掛けてやッ  お通しなすッて  善吉は戻ッて  善吉を見返ッ  一度くらいは連れて来て下すッ  声高に戯れながら去ッて  二枚散ッ  気がしなくッて  念いばかりでもきッと  現在になッて  これも言いたかッ  夜になッ  差向いになッて  涙が止らなくなッて  ところを知らなかッ  私をからかッ  どこにもいられなくなッ  店ももッて  物になッて  目ッかッ  心持になッて  否になッ  ことはきッと  紙入れを握ッて  ことになッ  全身がぶるッと  中をたどッて  失ッて黙ッて  夜になッても  時刻にもなッ  裸美人が陣取ッて  本統に困ッ  誰だッて  本統に来なくッても  心配しなくッても  三日でなくッちゃ  好男子だッ  おいでだッ  お客から預かッて  待ッてくれろッて  今怒ッちゃ  皺になッ  涙になッ  調子を取ッて  次の間を見返ッ  一杯になッて  赤味走ッ  ように坐ッ  大変御無沙汰しッ  #笑ッたッて  笑ッたッて  いくらだッて  平田さんを連れて来て下さッ  座敷だッ  お前さんが止めておくれだッ  口一杯になッ  耐忍してやッと  酒だッて  二人になッ  明後日あたりでなくッちゃ  今度おいでなさッ  今度来なすッ  万がじッと  私しゃ今まで知らなかッ  私しゃよッ  吉里はうつむいてじッと  万をじッと  時刻になッ  万は驚きながらふッと  蒼白になッ  かおとッ  お願いつかまつッて  事々に先ばしッて  仇敵をやッ  権を取ッて  ようにばッと  馬鹿だッ  腹では割りきッて  敵へ寝返ッ  侍たちを叱ッて  師泰も疲れきッ  乱杭にひッ  水面に落ちかかッて  君恩を裏切ッ  埋没され去ッて  ように流れ去ッ  指揮を振るッて  敵を見くびッて  手はずもきまッ  六百人程はひッ  節操を罵ッ  それをねだッ  豪奢ぶッて  赤チャンをだッ  ようなのッけからの  一晩にやツ  繃帯を施してやツ  前たッ  戦争になッ  戦争して殺されぶッ  隅ッこへひッ  朝夕せッ  丸ハダカになってからやッと  そッくりぶッ  今思ってもぞッと  おいでになるッて  呼吸もほッ  全てになるはづ  病気がうつツ  ぢれツ  寒冷地帯をほッ  鳩にばツ  尺玉をぶッ  具足師をしめくくッて  大敗をかぶッ  平手打ちにばッと  一ト月もさかのぼッて  大軍を駆ッて  仇を取ッ  人間が躍ッて  目鼻を撲ッて  真っ向から吹きなぐッて  伝令に放ッ  袖をちぎッて  雑兵などは放ッて  岩頭によじ登ッて  兵をこぞッて  福山城をたッ  余地はありッ  一村こぞッて  ようにのッ  自ら指図してせッ  パチンコ屋をたてたッて  十時頃になってふッと  唐紙をそおッと  それもぐッと  私はぐッと  お客様がいらっしゃるッて  浜に葬ッ  肩をゆすッて  ののしッ  鬼にして叱ッて  名を買いかぶッて  西国街道がぬかッ  尊氏に服しきッて  接岸をさぐッて  指揮がなッて  打物取ッての  手を振ッて  激戦を交わして疲れきッ  地を蹴ッて  横から挑みかかッて  どこかを走ッて  ささッ  そこから怒ッ  顔をこすッ  精兵をひッ  眼は血走ッて  馬の背を巡ッて  手配は抜かッて  両手をつッ  鼻柱へくッ  宿六をとッ  野郎をとッ  十万以上残つてゐるはづ  一所に這入ッて  障子になッて  薄化粧なすッ  霜が降ッ  不器量だッて  頸巾を取ッて  害になると仰ッ  ト疑ッ  五月蠅なッ  婿を取ッたり  私ばッ  手を宛てて黙ッて  悪がッて  アア熱かッ  残酷だッて  咲懸ッ  身の上になッ  文三が振返ッて  居間へ這入ッて  彼娘だッて  免職になッ  我だッて  者だッて  真似をするなんぞッて  いびつに坐ッて  一所に往こうッてネ  成ッて見なくッちゃ  嫁に往かなくッちゃ  覚悟をして置かなくッちゃ  世話ばッ  新聞を取ッて  後姿を見送ッて  褥へは這入ッ  恐々座舗へ這入ッて  口てッ  思いをしなくッちゃ  人減らしだッて  オヤ善かッ  善かッ  母親さんだッて  立身するばッ  出世をしなくッちゃ  ト層にかかッて  御免になッ  #ッて成らなくッ  今までだッても  アア困ッ  言事を取上げなくッて  事たから黙ッても  何かしら祝ッて上げなくッちゃ  一言位言ッたッて  物ばッ  気を附けて上げなくッちゃ  人を見括ッ  悄然と萎れ返ッ  浮み出し懸ッ  立戻ッて  旁付に懸りは懸ッ  腹ばッ  打遣ッて  手頭を振ッて  容るされてで持切ッて  無かッ  案内もせず這入ッて  人に依ッて  棍と成り切ッ  喰ッて懸ッ  喰ッて懸らなくッて  腹が立て堪らなかッ  虚言ばッ  人が黙ッて  勢さんも黙ッては  縹致は好くッても  叔母さんは喜んでいなくッちゃ  一等お上なすッ  オヤ五円違いだッて  三十円だッ  今時高利貸したッて  書物が読めたッて  言て貰いたかッ  モシ罷めになッ  眼を遣ッて  中へ這入ッて  何処へ触ッても  ッ被さッて  吻かなかッ  車に乗ッて  車に乗ッてから  事いうッて  立戻ッ  文さんばッか  #ッてッ  令妹とか仰しゃッ  云ッたッて  のを視たッても  ト背後を振返ッて  昇は萎れ返ッて  喫驚して振返ッて  難かッ  持ッてッ  思ッてネ黙ッて  #十銭出して遣ッ  五十銭取ッて  首を振ッて  居間へ戻ッて  日曜だッ  眼に看て置くなんぞッて  面白かッ  訳にもいかなかッ  もんだから黙ッて  ト萎れ返ッ  眼に懸ッ  別品だッ  子舎へ這入ッて  子舎へ這入ッてから  癖静まり返ッて  持ッてッと  拵らえるッて  沢山だッて  非常に憤ッ  舗へ這入ッて  君だッても  拳を握ッて  耻辱を取ッ  棒を振ッ  文三も黙ッても  手出もしなかッ  坪に陥ッて  思いはしなかッ  顔もしなかッ  静り返ッて  ものは静まり返ッて  通りすがッ  僕だッても  跳付けてやッ  アがッ  置てやッ  暴だッて  遊びに遣ッて  牛店へ立寄ッ  至極よかッ  裏へ這入ッて  所に黙ッて  何処へ遣ッ  昇は坐ッ  文さん憤ッて  苦味ばしッて  気に障ッ  #何方だッ  気色に障ッ  悪かッ  文三は黙ッて  お気に障ッ  顔は尖ッて  お世話だッて  アアやッて  おしまいなすッ  層に懸ッて  立腹なすッちゃ  愛想尽かしと聞取ッ  機嫌を取ッて  筵に坐ッ  思案を形作ッ  叔母の苦り切ッ  心附かなかッ  ナニ我だッて  今度こそは思い切ッて  心を疑ッ  部屋へ這入ッて  顔をしたッて  貌をしたッて  依頼したッて  本田さんだッて  アノ内海が困るだろうから黙ッて  古狸なんぞッて  些し烈しかッ  匿したッて  口なんぞ聞いてくれなくッ  乞食したッて  事言ッたッて  本田さんにだッても  本田さんが来たッて  三篇ハ都合に依ッて  筆を執ッて  部屋へ駈戻ッ  そればかりを怒ッ  事に拘ッて  首を捻ッて  気の毒になッて  頃になッて  家内も湿り切ッて  泣出したくなッ  焦燥きッて  真青になッ  勢ははッと  陣を取ッ  舗へ還ッて  起ッて見たり坐ッて  窺てはッと  伏臥になッて  縁を廻わッて  文三立ち止まッ  二三寸跳ね返ッ  時になッて  母親は叱ッ  ッても視ていられなくなッ  ンぞッて  部屋へ収まッ  云いなすッ  踏付たと仰ッ  顔になッ  念として坐ッて  今となッて  厭気になッて  好なッて  鼻声になッて  本田さんは憤ッて  顔をしてふいと遣ッて  ンだッ  そいつア痛かッ  何しても困ッ  蓋を取ッて  酒となッ  調味のみになッて  所へでも往きたくなッ  両人差向いになッ  真面目になッて  例の黙ッて  引手なんぞ握ッて  真赤になッても  昇を憎がッ  ッきゃッと  女大学にだッて  勝手にしなくッてと  鼠を捕ッ  受大刀になッ  娘を詰らなかッ  物をいッたり  常となッ  空想ばかりに耽ッて  仮使思い切ッて  顔をしてふッと  召上ると仰ッ  変てツと  今太郎君はわツと  太郎君ははツと  今しがたぶッ  センベイ布団をひッか  手紙をひッ  #なんしとツと  茶でも飲んどツと  検疫で止められとツと  奥さんば連れて来ツて  だになツと  馬もそそけだッ  意義に生かしきッて  きわだッて  雷が鳴ッ  大声で叱ッ  敵中に没し去ッ  一矢を放ッて  破棄は始まッて  いまはあきらめきッ  刎ね躍ッて  一に破ッ  平べッ  弟へ怒ッて  崖で取ッ  せりがつのッ  所もまかせきッて  自分を破ッ  自分をころし切ッて  自滅を取ッ  ッくるッと  大変だったッてね  二つ体をくッ  時間におくれッ  軒行燈がばッば  元結ふッ  知つてゐるはづ  字をくツ  長柄にはッと  私は凝ツとして  何時までも凝ツと  これがずッと  最高度でやッ  誰じゃいッて  腰にぼッ  目に立つてッ  右のつッ  石段へずッと  足駄をつツ  玄關につツ  相島ははツと  酒場にひッ  内に待ってるだろうッ  ッほッ  お父ちゃんもいるのッて  紙をツと  女はツと  星くづの  匂いは忘れッ  残りをふッと  左右へさッと  何も怒ッてなどは  高麗橋からずうッと  ッかッの  新橋に着くとやッと  腹の中ではッと  ななめにつッ  一ぴきつかまえて引きずッて  茶漬けをかッ  鼠がひいて持ってッ  山中というやツを  うちかッて  すだッて  ことをいッ  世の中だかわからんツて  誰も来やしないッ  お前さんが頼んだッて  裏のずッと  唄が聞きたくッて  婆様がよッ  先生に上げてくれッて  みちやッ  ツつツ  夏三爺はすばしッ  旅館へせッ  裏をいそいでひッ  アゴをすッ  戸棚へつッ  裾を端折ッて  山が崩れたッて  末がつかなくなるだらうツて  吟味を洗い直さなくッちゃ  庭口のくッ  手を焼いているッてじゃ  んですかツて  敬四郎はむッと  なに思ったかふいッと  ころ三十がッ  手をつけるッて  蝋色鞘をさッと  ざまをみろッとばかり  駕籠だッと  各自巧みにさッと  ことかふいッと  ッ寄れッが  ことばがずばッと  宗助出せッと  目色を変えながらふいッと  げいッも  力のこもったよッという  見物たちがわッと  猛犬をさッと  けいらんツて  きみにぬッと  ときふツと  酒をぶッ  客が寄りつかなくなッ  外套をひッ  小夜子サンをきッと  腕をひッ  わけにいかなくなッちゃ  出口がなくなってしまっちゃッ  我々はうッ  ことはしッ  ニセ貴族を仕立ててまでッて  ようにひッ  中でふッと  ハナもひッ  一枚売って下さいッて  屋台をひッ  お母さんにとられちゃッ  当人以外に分りッ  瓜畠がずッと  魂がふッと  曳やッと  四百をひッ  其処につッ  のを止めッ  俺やちッとも  本庄ははッとして  のをずうッと  金は持ち合せていないッて  一度もぶツから  ラジオのぼッといっただけの  頭がぼッとして  高田ははッと  今のツて  嫁さんでも定めておこうッて  それともぐッと  達也さんが動かないでじッと  女はわッと  頂戴なすッ  んだら好かッ  空天につッ  方がもッと  百万どまりにきまッ  駅に待ち伏せているッて  マフラーにうずまッて  そうにふうッと  のをつッと  方がよッ  背後ではわッと  島野は耐えかねてずッと  往来で見ッとも  そこで止しちゃッ  径へずッと  度にわッと  ものをやッ  これを止しちゃッて  人にも見せてやりたくッて  滝やッて  世の中にゃもッと  突にかけてずッと  身にもぞッと  容赦てッ  紳士はぞッと  こないだからふッと  工合でなくッちゃ  丈夫にしようとッて  目にはッ  高谷さんに思いつかれようたッて  手をぬッと  土間をずッと  こいつを持つとすッと  真中へぬッ  火事だッと  児を蹴ッ  生命保険をつけたッて  いくつもぶッ  庭ゲタをつッ  京山ははッと  手でも出しゃがッ  上へ乗ツけて  鳥とくらべツ  お話しなすツ  棒杭に縛りツ  ツたりがツたり  蝙蝠傘がばツたり  上へ乗ッけて  何かいって聞かせますのッて  のじゃあなくッて  鳥とくらべッ  誰だろうッて  母ちゃん母ちゃんてッて  棒杭に縛りッ  ッたりがッたり  僕は驚いちゃッ  三十分とは凝ツとしては  大皿山盛り四ハイたッ  薄笑いをにッと  車でも挽かうツて  何のツて  ことも出来ようツて  博愛しツて  僕だツて  富豪だのツて  量見を伺ひませうツて  何するツて  耶蘇だからツて  平生参りたいツて  様にツて  通り聴てらツ  チヨイチヨイと看て居なすツ  私を殺して行かしやんせツて  今夜あたり其様所へ行かなくツても  捕獲したツて  意趣晴らしツて  曾禰さんだのツて  お前何するツて  姑まであるツ  能く解らないツてんで  頭痛がするツて  芸妓あがりだツて  安藤太郎だのツて  芸妓だのツて  剛造ほツと  憔悴なすツ  男子を得なすツ  ちや居ねえツて  ツほツと  伯母はほツ  何しなすツ  組織するツ  もの出づが  清三はほッと  今頃探偵はきッと  口出しをして止すツて  催眠術をかけて呉れるからツて  癒るさツて  ウント虐待したッて  來いツて  それを思うとぞッと  一ツ一ツ急にさッと  汽船だツ  向になツ  日曜だツ  代用教員になツ  手紙だツ  田舍だツ  助役一人だツ  感慨無量だツ  黒かツ  頭を捻ツて  後姿を見送ツて  自由になツ  程に遠ざかツて  一緒になッ  絶間もなく破ツて  伝はツて  横はツて  褶くちやになツ  向になツて  海風に散ツて  幾何云ツたツて  横になツ  三年だツ  林檎畑へ這入ツ  七八人も居たツ  誰だツ  冷評してやツ  ツたツて  真赤になツて  背身になツて  右へ辿ツて  二人は黙ツて  僕が這入ツてから  事をいツて  其中へ這入ツ  様になツてからの  田舎だツ  船に乗ツ  一つ残ツて居たツ  町へ這入ツて  仁王立ちになッて  体だッ  中へずッと  恰好で放ッて  男だッ  敵を取ッて  違いだッ  諜合せて殺ッ  噂ばかりだッ  首を捻っていたッて  中でとッ  そこへべッたりと  唐天竺まで捜したッて  ことでッ  ちのとこへ来らッ  ことになッて  わたしも殺さんのでッ  巣だらけになってがッ  昼間隕ちて来るッて  小屋は割れッ  血がかッと  準備せツて  何を謂わッ  ッ叱ッと  参籠に連れて行かれますかッて  そつとやツ  懸賞小説が取れたッて  毬栗頭がぬうッと  風邪でも引かしッ  んでなくッちゃあ  衣一つにしたッ  オイ飯を食わしてくれろッ  エのだッていう  アちッとも  絵のくッ  圓太郎はもうすッ  棚を吊ってッて  チャンとしッ  圓朝はむかッと  圓朝はふッと  女中はぼッと  傘ばッ  其上法外に忘れツ  宮子のむッと  杉ははッとして  ぱーれいほッ  彼ははッと  まんまいっぱい食べさすッで  石垣につツと  んだツと  鍾馗といふもめツけへ  一つやッて  心配なすッて  放火が流行るツて  今度は載ッけて  娘が見ッ  いつまでもいつまでもじッと  新さんもじれッ  今日やッと  時いらしッて  以前のよりもずッと  挫げそうにのッ  表をずッと  声もがッと  腕車を捜したッてまでにも  青田のへりでも伝うッて  空へずッと  三年前だッ  喙でつッ  右手をやッと  此三昼夜ばッか  何かやッて  唇がひッ  唇がひツ  松ヤニにまぜて塗りたくッて  ノミをふるッて  毛皮をひッ  へんへぶッ  婦人はすうッと  吃驚しないだッて  ダイヤを渡してやッ  顔を見るとにッと  紛失して居りませんッて  もんだッて  正面からじッと  僕は焦れツ  そこへぬツと  顔をくッ  力瘤ば入れてるッて  ザブザブかッ  一日中いたッて  何んてたッて  肩もつッ  一寸つッ  損ったッて  事聞くと思わないッ  労働組合にひッ  孝子だッて  後からのッ  皿が置きッ  蟻穴をつッ  日本蟻ばやッ  餌でもつッ  炉辺へずッて  謀叛でも起したくなったッて  ことば考えたらッて  朝までつながれッ  後をつッ  それがよッ  腕ずくでも取ってみせるッ  都会さ稼ぎに出れッ  すりこ木かかえて威張ったとッても  屁でもこき出しひッ  骨も折らずに取ッ  人だとッても  こと腕を捲ッて  お代といえどもしッ  あっぱれ言われろしッ  それとはかわッて  涎を流したとッても  珍優というばッ  煙突からすうッと  示唆にひッ  素人にはとッ  かげへつッ  箍を逸してかッと  どこにもツて  真正面からかッと  ッはッはは  妻はほッと  日中がかッと  噛ってみてはふッ  アラブ名マイムンに出づと  別れと願いたくなッ  棒に振ッ  お断りをくッ  首を振ッ  襟もとをひッ  くよくよするなッて  気にさわッ  ゆたぶッて  ことばかりいッて  お前さんたちにくれなすッ  曲がッ  草の根を分けてもひッ  顔へひッ  彼にぶつかッて  肉がひッ  何とおいいだッ  あいさつに困ッ  御礼日にあたるとかッて  前にして辷ッ  いぶかッ  みな火照ッ  阿呆いッ  おらだッて  藤沢在へひッ  手錠をくッ  のもたッ  下に屈まッて  一世をひッ  眸にきッと  父越前守に会わせてやるというたッ  者は知らないッていう  膝を揺すぶッ  助け下すッ  縄を抛ッ  今のさッ  平伏するばッ  東京へ帰れッ  彼はちッとも  ッてらッ  ようにしてもらわなくッちゃ  下痢をやッ  エビみたいに曲っちゃッて  ムムムとひッ  材木を売りつけようッて  当分ほッ  魂をぬかれッ  悪漢はとッ  いくらハゲ頭ばッ  写真がのッ  ノブ子がツと  ツル子がツと  ちやのみづの  わらんづ  厭じゃッ  量炭も買えんだのッて  空が焦けきッ  しまやがッ  顔付をツと  小田刑事はほッと  工夫してもらッ  オジヤにのッけて  南雲さんに委せッ  女房をぶッたり  精神病が起りッ  手にとッ  企画をひッ  美術家をひッ  心事はもッと  ダンナ方がよッ  不潔感でぞッと  竹丸はほツと  教場だツ  御免だツ  心配ばツ  火箸でせツ  何んだツか  九番勝つたツ  道中ばツ  慾得からばツか  田ア何處だツ  答えは有りッ  勇をふるッて  年よりならきッと  艱難辛苦してやッと  鼻をひッ  お前を叩き斬ッて  位置をひッ  桃割れが乗ッ  詩くめどつきせぬわかみづを  いづみかわきもしらぬわかみづを  厄介になッ  母親は亡くなッ  倚っかかッて  なんだッ  時思い当たッ  大尉になッ  写生するとよかッ  小説だッ  薬が足りないッて  頭へ逆上せるだッて  二合も買ってもらえッてや  さっき親父さんが出直せッて  影がぶッ  真ン中につッ  違ふでせうツて  そこへべッたり  酒ばッ  智慧を借りるッ  歌をつツと  長火鉢に寄っかかッて  細君をひッ  それをじッと  庭下駄をつッ  鉄削りやッて  唾をひッ  他愛なくひッ  尻をくッ  家を開けッ  頭がつッ  今迄の誤ッ  首になったッて  手ば取れッ  小路をつッ  お互いに話してみるとよッ  仲間は作れるッて  問題をひッ  ニュースとかッて  事をくッ  連中が上がるッて  専務をとッ  ところがあるッて  蓋をくっツけて  人が逃げッ  上わずッて  上衣が見ッから  ようにやッ  それは云わなくッても  負傷兵は片づけッ  のどをかき切って死ぬるッて  鮮やかにぬッと  何者かに取ッ  康雄ははッとして  康雄ははッと  二人ははッと  それからはッとして  時ふッと  楓ははッと  思のとッ  緒ふッ  想ひを馳せて凝ツと  貰つた物でも分けて置いてツ  事がありますかッて  校長さんもずッと  ふううッと  毒蛇をつッ  二人ばッか  垣覗きよりもそッと  何処へッて  分にはちッとも  ことをいうッて  さんだらぼッ  奴は感づいて擽ッ  師匠にさえくッ  景気もいわれなく上ずッて  眼にうつッ  人間が乗ッけて  足もとへでもよッ  新旧つッ  今度こそきッと  今度はきッと  下に置くとぐッと  縁が切れたとはッ  三浦もきッと  由良一座とちッとも  因縁をつけてとッ  のがもッとも  それだけどッかに  中をすうッと  それからずッと  共産党はもッと  フトンをしきッ  競輪やってッ  穴をねらッちゃ  遠慮してもらわなくッちゃ  結城左京らのあわてようッ  夜風に吹かれて立ってるかッて  へんですッと  故障があったからッて  大船に救い上げられたからッて  財産を乗ッ  美人があるからッて  行儀を仕込むッて  駒下駄をひきずッて  あなたはしつッ  僕よりもずッと  先生だッ  いへッ  あいつもよッ  お前に対するよりもずッと  今度だッても  一言にむかッと  あたいを貰いたいッて  三味線をひッ  おやじに話したッて  気になったッて  吉弥はたッ  不断はしッ  私に弾けなくッても  僕はぞッと  充血して腫れぼッ  肩をしッ  僕にすがりついてわッと  上につッ  あいつがしみッ  丈がずッと  吉弥はにッ  中をすッ  病人と痩せッ  吉弥はにッ  やにッ  小遣いを置いてッて  吉弥だッて  僕そッくりがひッたり  脚本よりかずッと  車中を見たかれははッとして  東京に出て来るッて  其処まで送って行って来るッて  書類をかくしにつッ  突張ってぞッと  中にもはッは  がきッきッと  ままはッという  にしをつツ  あたりがばツとして  突張つてぞツと  行らつしやツて  一寸よツ  風がぞッと  夜なぞじッと  路地がずッと  らっかしッ  あとのくるまで閉めッ  二時間ばかりしゃべッたり  身をつッ  われに返ッて  兩方やツて  ことをなすッちゃ  血がのぼッて  ことなすッちゃ  目をおさましなすッてから  それでなくッてさえ  話でもッて  口惜くッて  ツせツ  中にうつツて  仮名ではツと  きりとこぼしていなすッ  唾もひッ  めだッ  心配しなすッ  のはよかッ  頑固だッて  ア川島だッて  水上に負けちゃッ  何じゃッ  あいがッ  あいがッてばかり  逆さまになッて  ものをくださッ  いっしょに行こうッて  遠慮がいッも  方だッ  わたしがまぜッ  方といったらはッははは  大分重かッ  病気すッから  座ぶとんにすわッが  肩を休めたいッて  肺病で亡くなッてじゃ  ことをいッて  子に伝わッてじゃ  あいだ亡くなッ  母御のがうつッ  ようなッ  伝染すッ  代でつぶれッ  病気したからッて  肺病だッて  わたしのからだばッ  長生きしたッて  家だッて  病気になったからッて  険呑だからッて  他人だッて  わたしにゃたッ  千々岩につッ  わたしじゃッて  母さんはからだばッ  殺しなすッ  いつだッ  時だッて  一汽車おくれたッて  耳に入らなかッ  亭主が亡くなッても  声にふッと  休みなさッて  編輯長ですよッて  んのッて  手をひッ  途端にすっッと  巳吉はふッ  澄江はふッと  甘酒屋のとッ  机をいじッ  簡単にやッ  どこへ行ったッ  みんなもッと  眼のつツ  つて来たツ  一揖してくるッと  師団に居らしッ  私ははッと  何でも呪って居らッ  其方を見て居らしッ  兄さんの乗って居らッ  様子てッ  彼様に立って居らッ  一人だッて  ッひけッ  ッぼッ  煙がぼッ  #ッぼッと  毎日きッと  見料取られッから  処分して出かけたッ  手をツと  圧迫感があるはづ  席をはづ  パレスコートがもッと  酒をひッ  お茶もちよッとしか  升田にひッ  アナウンサーはひッ  砂利山にぬッと  朝からぶつッとして  人のあるにはッと  私をいじめてばッ  はつたばツ  縁側からぬうツと  太宰がせッ  んどツ  何かはツと  もんどツ  娼妓してはるんどツ  別嬪さんどツ  自分を叱ツ  隅に凝ツと  家に置きツ  敷居傍にぬツと  岩をとッ  ッだッ  薄情ではあったがつッ  武士がツと  亂れ出づ  仄にうつッ  所だッ  人だッ  位は疑ッても  室へ這入ッ  独り六かしがッて  珈琲館に居しッ  六時頃だッ  無かッて  現場を立去ッてから  易かッ  のが分ら無くなッて  思ッたからずッと  矢張り自分が犯したと言張ッて  余はむッとばかりに  夫は困ッ  言たッけよ  云たッけな  助かッ  私もあれッと  砂にうつり出づ  ッしゃッと  竹簾がぶツ  手洟をひッ  半分ひきつッて  ッしゃッて  一坪ばかりのしツ  ツほツ  背中にひッ  たくさんだッ  苔がべッたり  三個ばかりくッ  ものばッ  五助はぐッと  箱を押すとすッと  何がッ  五助のでなくッちゃあ  寒いこッて  手が足りなくッて  指の尖でずッと  まんまずッと  差配さんは忘れたと謂わッ  口惜いッて  フト心着いてはッと  五助はがッと  宅まで曳いてッて  寮はッて  火鉢もひッ  電話しちゃッ  女をやッ  んをひッ  云はなくツても  間じッと  彼等はしつッ  鼻をそいでやりたくなッ  年をくッて  タマが投げられやしないッて  心掛けでせッ  何かせッ  商売人がひッ  ように指し終らなくッちゃ  角をひいて教えてもらッちゃ  尻をはしょッて  時はぞッと  七人はほッと  夜が明けてほツと  あたりまでひッたりと  ッばたッと  帯をしているすらッと  どこに散らばツ  和菓子ほどには凝ツても  スイツチをひねツて  大人にはなれツ  蕾をむしツて  男どもをやツ  口繪はこぞツて  鏡とにらめツ  かくはぼツとして  非常に忘れツ  突つツ  遲かツ  五時過ぎになツて  十分にまくし揚げてせツ  加はツて  自分で行きたがらねえツ  やうなかツ  助かツ  けさら目ぶちが腫れぼツ  顏へ思ひ切ツて  光を放ツ  村へ這入ツ  駄目だツ  んだツ  けつかツ  三尺をふッ  ッちろッと  厭らしいッ  気がふッと  ッたくッて  ボオト・デッキに行こうッて  ツふツと  皆のぶツぶツ  蚊が居るッていう  私を助けてくれるッて  タオルをのッけて  着物をひッ  それをほッ  へへッへ  桂もぞッと  筈だツ  眼が凝ツと  蚊が居なくッても  三之助はぐッと  一掬いにずッと  何も済まねえッて  額をがッ  僧はのッ  事があったらッて  外で待っていらっしゃいッて  塔の頂きに凝ツと  椅子をすッと  スリッパをつッ  脛をつッか  親切に取ッ  どこから持って来たッて  四五人どッと  褄がばッと  座間はわッと  ヤンへにッと  女にかかッ  払済になッ  今日新聞を取ッて  世の中が治まッて  お話しなすッ  お話しになッ  それでやッて  学者になッ  船に乗ッて  学校さえ去ッて  いくら船に乗ッても  者になッ  問題になッて  三十分位はきッと  これをやッ  お話になッ  読みになッ  壁際につッ  二部だのッていう  金魚ばかりせッ  何てッて  石が乗ッけて  お気に入りませんだったら叱ッて  己をのッけて  贔屓になすッて  友達になれッていう  蒲団を敷かせないで下すッ  毎晩来てくれなくッちゃ  稲つッと  母様が居なくッて  あなたが考えて見ておくれッて  さしたッて  時ばツ  腹までさツ  片岡だツ  客の取り替へツ  女中さんだツ  庖丁とともに置きツ  一目にずうツと  十六七本挙げやがッ  方へさツ  嘘ばツ  四時だツ  里心ばツ  屹とだツ  お出でなはツと  評判だツ  一しょに連れてッて  爪掛けをつッ  おれに抱いて下さいッて  さし出がましいけれどもッて  ハレぼッ  罪にひッ  ことをするからやッ  おやじのとッ  めしをかッ  私を引きずッ  ことをすッ  君子はほツと  好きだからツて  お父さんばツか  彼女はぶるッと  今までずッと  県がぞッと  卵のくッ  引ッ張ッてッて  発音がちがっていなくッちゃ  お客は放ッ  オーバーをひッ  私が降りてッ  ことにはなりッ  独りで焦れツ  やうに凝ツとして  大勢凝ツと  言葉が見当らないので焦れツ  眉ひとつ動かさずに凝ツとして  一辺伴れてツて  庄太郎はむツと  問ふに及ばず急げツとばかり  ぴッたりくッ  片足を引きずッて  自動車はせッ  眼のひッ  ものをすッ  建物がつッ  まわりをつッ  加減にやッ  水にうつッて  事だツ  現代のツの  折ともよろづに  富岡老人釣竿を投出してぬッ  間話相手になツて  人間とはちがツて  どこへいツ  遊びにいツても  うそばツ  おれだツて  さがツて  奥方きツと  ばよかツ  男だツ  はかへツて  兄だといツ  大変長かツ  一所になツ  夢中になツて  ハイやツとの  手紙を下さツ  其手をとツて  所へつれてツて  頬をくツ  なんのツて  都でなくツては  瑞巖寺へでもいらツ  所へまゐツて  ひまになツ  手をとツて  遲う御座んしたなッ  のをせッ  泥がぬれたらぬたくッて  人間とは思われなくなッちゃ  心をきいてもらッ  貰はなくツても  お立ちになるツて  誰方からツてば  散歩して来るツて  迎ひにやツて  渡をやッて  有がッて  歌だッ  前だッ  連中は乗ッて  暴風でも吃ッ  見物だッ  後にかばってツと  背のうを取ッて  処まで駆けツ  加減に遣ツ  軍に出づも  果てにずッと  辛子のひりりッと  女は飛び降りて行きますよッって  それ旗を振れッ  #歌を唄えッ  女中がいけませんよッと  事を云うなッと  額をぶッ  客車全体にはッてや  急にさッと  速水をつッ  脇腹をつッ  腹をつッ  ようにだだッ  インチキをあばかなくッちゃ  住人をひッ  後閑さんの殺されなすッ  そればッ  父を殺さなくッ  それはもッとも  ノックアウトしちゃッて  屑だッて  なりがッ  水にひツ  水にひッ  大人になツても  譯の解らぬ疑となツて  何うなツて  朝だツて  隨分がツ  不意だツ  此うなツては  景色も好かツ  思ツて驚いたツて  何樣なに悦しかツ  幾ら考へてゐたツて  臆病風に取ツ  自分はひやりツとして  一散に走ツて  幾ら考へたツて  狹くなツて  それすら解らなくなツて  何樣なに困りきツ  それですツ  やうにかたまツて  歸りたくツて  泣聲になツ  螢を放して遣ツ  家まで送ツて  老人はえんやらツと  間自分にも解らなかツ  ボーシュレーとは組んづ  ことなどちッとも  雀が囀ッて  方にもひッ  すがッて  上がッたり  限りぞッと  有名になんてなりツ  河風の湿ッ  あたい今夜泊ってッても  間をくッ  んだッていう  信吉はがッ  字がすうッと  

~ ツ[名詞]2
痛ッ  いいッ  おおいッ  あぶないッ  よしツ  すぐツ  悪くッ  若くッ  熱くッ  とくッ  怖くッ  怖いッ  ぽッ  辛くッ  明るくッ  小さくッ  なくッ  深くッ  口惜しくッ  よしッ  ぴしゃりッ  そうツ  ううッ  つまらないツ  ないツ  つらくッ  心細くッ  ややッ  無くツ  ぽツ  淋しいツ  淋しくツ  ほほッ  さツ  くすツ  にがくツ  にくッ  宜しいツ  しっかりッ  白くッ  にぶッ  さッ  わっッ  からくッ  こッ  危なッ  どうッ  すくッ  どうどうッ  重くッ  憎らしくッ  広くッ  えぐッ  寒いッ  ここだッ  しろいッ  ないッ  憎ッ  くどいッ  うるさいッ  びりびりッ  くッ  早くッ  もしッ  甘ッ  悪いッ  口惜しいッ  煩くツ  吝ッ  痛いッ  とうづ  ういッ  口惜しいツ  悲しくツ  いたいツ  面倒臭いツ  はてッ  固ッ  さてはッ  優しくッ  美しくッ  無くッ  心細いッ  すいたらしいッ  可愛くッ  こわくッ  おとなしくッ  こいづ  悪いツ  遅いツ  何故ツ  ぽうツ  つたなツ  なッ  なツ  なんとかッ  渋くッ  こくッ  差出がましくッ  ぽくッ  こうッ  悲しいッ  女々しくッ  苦しくッ  バカバカしくッ  高くッ  さるツ  ぶるぶるッ  粘ッ  えらいツ  にぶツ  そうッ  懐しッ  面白いツ  なぜッ  嬉しいツ  どうしてッ  よくッ  細いッ  おもしろくッ  済まないッ  くすッ  ぱらぱらッ  よツ  やかましいッ  ずるずるッ  危ないッ  がらがらッ  可愛らしくッ  湿っぽくッ  まあッ  極ッ  からいッ  ここだツ  くきツ  後ほどッ  いざッ  するするッ  神々しくッ  いじらしくッ  懐しくッ  いとしいッ  熱いツ  ふらふらッ  ぐらぐらッ  くるりッ  遠いッ  いかさまッ  たたッ  来るッ  むずかしくッ  ちらッ  どどッ  安いッ  びくッ  温ッ  よいッ  やかましくッ  黒いッ  なしッ  馬鹿馬鹿しいッ  すうッ  無いッ  弱くッ  つまらないッ  熱ッ  くるくるッ  丸々ツ  淋しいッ  あつツ  惜しいッ  まだッ  あつッ  こくツ  なくツ  痛ツ  情ないッ  おそろしいッ  もやもやッ  いたいッ  にくツ  ねむッ  易くッ  からきッ  ごくッ  つまらなくッ  居たたまらなくッ  清くッ  嬉しくッ  無いツ  何とッ  悪がしこくッ  憎らしいッ  ちょろッ  よろよろッ  くさッ  がりがりッ  たまらなくッ  むずかしいッ  苦しッ  暑くッ  忙しくッ  臭くッ  気ぜわしくッ  ずるくッ  あさッ  ねばッ  くくッ  苦しいッ  ちらツ  ぶるぶるツ  すぐッ  寒ッ  細ッ  いさッ  よッ  からくツ  くやしいッ  唯ツ  よろしッ  わかッ  ぽうッ  寒くッ  淋しくッ  返す返すッ  うまくッ  どうしてツ  ばりばりッ  やかましッ  至極ッ  心細ッ  善くッ  たらしくッ  痛いツ  狭ッ  どーッ  えらいッ  有難いッ  くらくらッ  よしッ  すこしくッ  どうのこうのッ  さようッ  とどッ  嬉しくツ  恐づ  偉いッ  ずばずばッ  ぽちゃぽちゃッ  高いッ  こりこりッ  漸ッ  ばらばらッ  ぶよぶよッ  好いツ  煩いツ  面白くッ  おかしくッ  とあるッ  まずッ  おもしろくツ  ぽくツ  小さくツ  憎らしいツ  しろッ  可笑しいツ  痛くツ  ぶらりッ  じろりッ  もったいなくッ  忙しくツ  ぽいッ  なぜツ  もうッ  いかんッ  にくづ  ごろごろッ  危ないツ  臭いッ  口うるさいッ  すばやいッ  うるさいツ  うるさくッ  汚らしくッ  ぐるりッ  甘いッ  ぴりぴりッ  ひょこひょこッ  つめたくッ  だるッ  にがくッ  うまいツ  ぐらぐらツ  あぶなッ  ぐるぐるッ  甘ツ  もどかしくッ  短くッ  疑わしいッ  浅黒くッ  細くッ  赤くッ  細くツ  赤くツ  情なくッ  ひどいッ  くやしくッ  さびしくッ  よろしくッ  わるくッ  永くッ  ろくなッ  お高くッ  ぴかぴかッ  かちかちッ  いいツ  唯ッ  くろッ  なうッ  うれしいッ  酷いッ  にくくッ  寂しくッ  柔かくッ  強くッ  凄いッ  めりめりッ  くツ  忙しいツ  ねむくツ  あぶないツ  くすくすッ  はやッ  酸くッ  冷たくッ  がたがたッ  酷くッ  可愛いッ  にくくツ  どんなにツ  づらツ  ろくなツ  何卒ッ  何卒ツ  涼しくッ  あついッ  ひろくッ  多くツ  よろしいッ  古くッ  

複合名詞
三ツ  ツ赤  稍憤ツ  突ツ  文科ツ  上ツ面  先づ  づ人物  其ツ切  一ツ向う  一ツ  づ絶対  づ感傷  九ツ  五ツ以上  五ツ  鼻ッ柱  帰りッ  莫迦ッ  ばりッ  伸公ッ  小僧ッ  お出でッ  貴方ッ  白ッ子みたい  ぴしッ  六ツ  七ツ  四ツ  五銭玉二ツ  五拾銭玉一ツ  づ私  八ツ  先づ噺  づ現在  先づ何  先づ我々  つて先づグループ  先づ制度  先づ隋書經籍志  先づ日記類  先づ僕  づ可  づ今日いち  づ最初  づ風呂  づ鯨  づ一円位  づ身  バツト一ツ  駄々ツ児  五ツ上  二ツ  づ聞ゆ  づ納得  づ変化  右ツ  左ツ  づ毎日肴買はん  清ッ  づ骨肉  づ雪見  づ枇杷  先づアジア人  バツト一ツ一金二十三銭  しようが一ツ一金四銭  邪魔ツ  余ツ  痩ツ  づソークラテスあたり  ツそり  突ツ立て  引ツ  ツかいな  こツちや  つてはりまツ  はりまツ  鼻ツ先  ぱツ  ことばツ  押ツ立て尻  ゆツくり  大阪ツ  八分間停車ツ  眞ツ黒  先づ二階  先づ相摸  先づ旅中  暴ツ  薩摩ツ原  から出遇ツ  先づ東京府  先づプチブル級  先づ横浜  先づ半職釣  先づ夏  づ先方  づ安心  づ茶碗  先づ金銭  づ空  三ツ葉  づ眼  づ留守番  づ風鈴  づ五円位  づ玉葱  りくッ  ッこ  首ッたま  痩ッ  ッつけよう  ッつり  怨みッこ  ッたん  らッ  泣ッ面  こッ  これッぱかりも私  じいッ  鼻ッ  お前がくッ  ッぺた  鼻ッ先  毎晩八ツ九ツ  八ツ九ツ  内八ツ  八ツ時  八ツ前後  八ツ頃  晩九ツ  づ書債  づ酒  先づ金  づ金  白ツ子  ツ直  力一ツ杯  乍ら出ツ歯  づ郵便  先づ湯田  づ異状  鮑ッ貝  蜆ッ貝  ッけが  ッ児  獅子ッ鼻  行ッ  ッたよ  棄狗ッ  ッ了  逆上ッ  哀れッ  ッくり  勧工場ッ  ッちゃッ  ッ甚  男ッ  ッぷりと余裕  ゃいッ  寧そ其時帰ッ了  仇ッ  二ツ三ツ年上  切ツ  余ッ  えいッ  畜生ッ  ッ外套  ッ逆賊  馬鹿ッ  ふけッ  ッ敵  ッ切っ先  四ツ角五階建名物食堂  江戸ッ児  づ天井  山頭火的飲ツ  菜ツ葉  づ炬燵  ツ直ぐ  あなたツ  馬鹿ツ  先づ清子  先づ敬君来庵  餅七ツ二銭  糞ッ  一先づ其所  づ一杯  づ何  菜ツ葉一把三銭  づ苔  先づ外面的  ツちり  四ツ角  それッ  ぱッ  そッ  呀ッ  先づ斯  先づラクダルさん  ッぷり  音一ツ  づ日本  づ難物  おいツ  づ石段  先づ一服  づ先  今時八ツ  二ツ返事  づ世人  なかッ  伝ッ  積ッたま  通ッ  茂ッ  眠ッ  繕ろッ  笑ッ  待ッ  ト言ッ  言ッ  こともちッ  思ッ  わかッ  ッぱりお袋  乗ッ  そばッかす  作ッ  そッちの眼  こッちの眼  持ッ  しまッ  マア積ッ  往ッ  上ッ  漂ッ  持帰ッ  繊雲一ツ  シブトイ奴ッちや  五ツ六ツ  凡先づ  僕先づ出陣  先づ正正堂堂  よせッ  ッ黄いろ  人殺しッ  ぴしりッ  連ツ子  了ツ  謂ツ  ツきりなし  じきツ  吻ツ  思ツ  燥ツ  滑ツ  何かこツそり  其樣なに考込むでゐらツ  ひよツくり俊男  突ツ立ツ  らツ  行ツ  知ツ  藏ツ  解ツ  虐ツ  默ツ  思切ツ  昂ツ  ツくに  ツくり性  ツぱりとお暇  口籠ツ  空ツ  なかツ  ツたん  野ツ原  知ツたこ  寄ツ  頬ツぺた  立ツ  理屈ツ  根性ツ骨  斷ツ  守ツ  從ツ  冷ツ  養ツ  言訖ツ  搖ツ  待ツ  召喫ツ  ツ腹  籠ツ  減ツ  持ツ  蔓ツ  ゆッ  くつッ  づ自分  先づ御馳走  ぐッ  吉川さんッ  山本さんッ  始めッ  なにッ  逃げッ  ちよッ  先ッ  先ヅ案内シタルハ浦賀  づ家庭  づニセ物  一ツ二ツ三ツ四ツ玉蜀黍  一ツこ  ツ元気  それツ  二ッ三ッ  さしづ  一先づ解散  先づ住民  先づイリー教授  一先づ福田英子姉  殆ど駄々ッ児  今一ツ  通り七ツ八ツ  つけッ  一ッ  二ッ  三ッ  四ッ  五ッ  六ッ  七ッ  八ッ  九ッ  十ッ  十一ッ  十二ッ  十三ッ  先づ書き  先づ首相  ツちやつた  一ツ一ツインキ瓶  一ツ一ツ  三ツ年上  二ツ年下  愚痴ッ  手ッ取り  ッ赤  一ッ走り  突ッ  人ッ子一人  ッ面  くりッくりッ  根ッ木  おいッ  飽ツ  手ツ取り  ツ昼間  頬ツぺたをふくらませて玄関  父ツちや  今朝ツ  父ツさん子  一二ツ三  引ツぱたいた  矢ツ張  ッぱり  ツつて言つて  三ツ四ツ  引ツぺかすと  ツ方  ツつき  笹ツ葉  食ツ  ぎゅッ  木ツ葉微塵  終駅聴カセテクレ木ツ葉ガ飛ンデル眼ノオク底カラ  音楽木ツ葉ガ飛ンデル君  館泡立ツ黒ト緑金ト  先づ政治的見地  ツ二汀洲ニ一  先づ日  先づ敗北  先づ貴族院  政府先づ地租増徴案  先づ彼  三ツ葉うど抔  ぢツ  父ツさん  菜ッ葉  菜ッ葉問題  ひよツ  尻ッ尾  赤ッ茶  攀づ  先づ發  わッ  先づ誕生寺  サルマタ一ツ  徹ッちゃん  ちょッ  ぱらッ  ぺッぺッぺッ  石ッころ  ツ廣  石油ツ  根ツこ  いたこツ  だまツ  外ツ方  ツ切り泥  ツかな  つて行つたツ  ツかし  俺ア百姓ツ子  それツ切り  あらツ  横ツ面  鼻ツぱしをなぐりつけた  糞ツ  一ツ言  繩ツ切れ  ツ鼻  ツ切り  ツ張つて  石山はつツ  ツきり  隅ツこ  こツ恥かしく  畜生ツ  ことツ  がれツ  岩ツころ  ツぱぢになるべし  ツぱし  ろツ  青ツぷくれになつてな  隅ツ  かねツ  ツ痛  ツぱ  そツ  くすりツ  現在二ツ  おしげツ  づ姿  先づ之  づ伊勢  づ行  づ今  づ迎  づ鎮魂  あれッ  ッ端  先づ小野家  づ打切つて  ッ母さん  なんッ  ッ母さんだつ  ッ母さん私  身一ツ  手一ツ  うど八ツ  頸はつッぱつて  まつてつッ  つて先づ読者  駄々ツ兒六分  眞ツ赤  眞ツ直ぐ  ちよツ  何糞ツ  危ツ  ツぱりして  女嫌ひだツ  五ツ七ツ  勝ッ  さッ  ッきり  七ッ蔵  七ツ道具  づ大丈夫  ば先づ股引  づ飮  石噐出づ  先づ此事  破片出づ  先づ地面  先づ噐具製造  最初先づ漬け物  先づ板  先づ適宜  先づ底面  方法コロボックル先づ何品  先づ貝塚  ひえッ  づ背骨  市川寿三郎二ツ目左膳  二ツ目左膳  頭ッ  根ッこ  ッちか片足  ッぱたきながら浪花節  乞食ッ  ねつッ  引ッ  何ッ勉強  何ツ  立ツ筈  づ不思議  ッ粋  巴里ッ子  倫敦ッ子  中ッ腹式  中ッ腹  水ッ子  隅ッ子  タッタ一ツ孤光燈  二ツ三ツ  ツこ  引ツ張つた  お客ツ  海軍ニ從事セシメ且ツ巡洋艦  ッぷりと  ッしり  ぐわッぐわッ  ゅッ  ゃッ  づ敷臺  先づ僕達  つて出づ  ぐッぐと咽喉  ッ肩  ものッ  人ッこ一人  切ッ  九ツ坊さん  ッ気味  娘ッ子  ッぺらであるということ  ッぺらな所  づ奥行  づ注意  立塞ツ  憖ツ  轉ツ  拭取ツ  整ツ  集ツ  事ツちや  限ツ  人體解剖ツ  素ツ  傷ツ  熱ツ  喰ツ  眞ツ白  笑ツ  弄ツ  變ツ  住ツ  引籠ツ  泥濘ツ  威張ツ  渉ツ  晴渡ツ  通ツ  勝ツ  絡ツ  泡立ツ  ツすり  ツくり  艶ツ氣  幾個ツ  一ツ購ツ  購ツ  廣ツ場  横ぎツ  響動き立ツ  霽ツ  殘ツ  終ツ  生れ變ツ  眞ツ  吹立ツ  引ツぱたくやうに風早  飛上ツ  繞ツ  先づ其處  先づ腹部  先づ多く  木ッ葉  づ三月  づ声  ッぱって  屹ツ  びッくり  ッぱな  河岸ッぷち  ッ白  親分ッ  ッちり  ッぱい木津川  ッぱい  めッ  ぇッ  御用ッ  ッそ川  ッ方  ッさ  岡ッ引  ッ二つ  ッぱり影  素ッ首  吹ッ  何奴ッ  両所ッ  ッそり  駄々ッ子  ほこりッ  大勢こッ  ッぴらご免  押ッ  ッかけ  ッぱり女  きりッ  ッぱりいつかお綱  しめッ  色ッ  ッ黒  ッぱいな  むッちり  綱ッ  十夜ッ  銀五郎ッ  これッ  ッ先  ッ引き  ぷッ  ッぱいな玉  埃ッ  おのれッ  男気ッ  上哀れッ  明けッ  熱ッ  ッ蒼  何ッ  ッぱりといいきらぬッ  こッそり夜遊び  腕ッ限り  そッくりそこ  曲者ッ  りゅうッ  徳川ッ  用意ッ  廻し者ッ  ッそ  ッぱいに風  四ツ手  二ツ三ツ酌  一ツ灯  一ツ咳払い  五ツ息六ツ息  七ツ八ツパッチンパッチンテーブル  一ツ裸踊り  二ツ位  バスケット一ツ  一ツ二ツ  接吻一ツ  二ツぼんやり  あと五ツ  一ツあと  朝日五ツ  真二ツ  五十銭玉一ツ  拾銭玉一ツきり  十銭玉一ツきり  拾銭玉一ツ  一ツ蚊帳  風呂敷一ツ  一ツ一ツ何  これッ位  横ッ面  母はくッ  ッ涙  ッ元気  砂ッ風  先づ現場  ッ走り行つて  ッかさん  ツかさん  づ野鼠  づ理髮店  づ母親ショウタン夫人  父ツ  ツ母さん  ぴょこッ  びょこッ  ッ玉  ざあッ  べたッ  ぎゃッ  ほうッ  ぴりッ  げッ  首ッ玉  風ッ  車夫ッ  岡引ッ  今度ッ  女鳴神ッ  一ツ大野暮  一ツ詮索  小僧ッ児  残ッ  気絶ッ  あらむ時三ツ  三ツ五ツ  お茶一ツ  あかり一ツ  一夜ちょッ  先づ順  以ツ  決ツ  づ滅多  先づ切角  冷汗びッ  鼻ッつき  根ッ  風ッつき  それッきり  土間一ツ  数二ツ  八ツ時分  先づ心配げ  づ塵払  空ッ風  盗ッ人  ッぱり人  ッぱりここだな  水ッ洟  岡ッ引きめ  こッそり  ッぱり妙策  こやつッ  ッちの部屋  ちくしょうッ  ッぺらな  引ッこ  ッただ中  火ッ気  お嬢様ッ  冷ッ  二人ッきり  父ッちゃん  はしッ  万吉ッ  チリチリッ  ろッ  ッきの使屋  突ッきり  むッ  万吉はかッ  野郎ッ  切ッ先  ッ逆さま  引ッぱずして  そうッ  周馬ッ  ッちゃ  叩ッ  ざッ  河岸ッぷちで  お待ちッ  膝ッ骨  ッぴらでござるよ  ッたけ  ッ伏  ッくに  ッかいな人間  ア痛ッ  横ッ  ッそり腰  こッそり阿波  あれッきり屋敷  朝ッぱら  ッかい  空ッ  今夜こッそり  ッぱり私  素ッ  突ッ拍子  ばッ  ッ青  隅ッこ  ッとり  佐竹ッ原  ッ裂羽織  八ツ当り  東海道八ツ山口  二ツ鐘  八ツ山口  八ツ山下  三ツ鱗  三ツ扇  二ツ三ツお辞儀  九ツごろ  待ツ間  四ツ五ツ  じい三ツ目  四ツ目  先づ天津  先づ衛兵  先づ私  先づ石家荘  ひと先づ此処  先づ椅子  先づ浴槽  づ歌劇  づ例外  づ見もの  終りツ  白ッ  ク小田原ッ子  三ツ蒲団  一ツ奮ッテナドト思ウコトノナイデモアリマセヌガ  先づ廿六人  づ彼  お多福先づ屋敷  先づ恵方  五時頃料理出づ  つて先づ城楼  神先づ余  づ門  先づ一匹  ついで先づ自分  先づ我等  人ッ  悪戯ッ子  窓ッぷち  あなた夜番ッ  夜番ッ  三十円ッ  匂いッ  二ノ宮ッ  理由ッ  一ツ僕  あいツ  五十幾ツ  五銭玉一ツ  空一ツ満足  葉ッ葉  股武士めッ  天ッ辺  山番ッ  引けッ  ッぱいグン  ッ正直  ッたい  毒ッ気  空ッ腹  苦ッ  ッさき羽織  ッぱいで  ッきりそれ  ぐわらッ  ッぱいな湯けむり  一角ッ  むむッ  ッぱずした  くらッ  一ツ手前  もちの木坂三ツ目  これツぱかりの事  涙ツ  ツぺらな戯談  これツぱかりのことで此方  水ツ  気持ツ  子供ツ  何云ツ  小僧ツ子  首根ツこ  首ツ玉  戛ツ  酔ツぱらふと直ぐ  痛ツ  危ツ気  廿四日朝五ツ時頃也  廿五日夜五ツ時頃高柳楠  時ニ廿六日四ツ半時頃  廿六日四ツ時頃高柳使  廿六日夜五ツ半時頃成瀬国  廿七日朝五ツ  廿六日朝六ッ時前頃  先ヅ昨日  スコールステヱン二ツラツトラアトルカスト  ニ此国ニ来ラバ先ヅ其事件云々  ッてこ  先づ当分トラスト  先づ学校  仏蘭西ッ児  砂手本一ツ  ため二ツ  先づ此  づ生産拡充  先づ自分  七ツ下り  半紙四ツ切  上ッ張  玉の井館ッ  一人ッきり  初めッ  溝ッ蚊女郎  づ心  づ云  づ家庭教育  上つて先づ自己革新  つて吻ツ  云つて屹ツ  づ主張  づ世話  づ菊  先づ露軍  先づ諸君  先づ長男  石ニ立ツ矢ノタメシアリ  ッつき二人  一ツ手  一ツ一ツ五拾銭銀貨  キャラメル一ツ  先づ帽子  先づ門番  先づ一盞  先づ物  與一出づ  廿餘歳出づ  薄衣出づ  先づ奧  先づ以上  づ冷酷  木の根ッ  黒ッ  閉づ  づ其面  ッ井戸換え  先づ牡牛  先づ羊  先づ幼虫  づ巣  づジユウル  みんな先づ此  づド・ロマ  先づ一  先づ蒸気  先づ地球  先づ空  先づ船体  先づ正面  先づ空気  づ小指  先づ最初  二ツ引き  づ片  しゃくッ  怒りッ  数え年七ツ  とき七ツ  坊ッちや  ッぱり自分  ッぱり女中  ッぱり默つて袖  五ツ目  二ツ三ツ言  塩ッ  づ引  二ツ三ツ言爭つて  鹽ツ  ツたけ  横浜ツ子  野ッ原  引ツ越し  づ自ら教  一先づ小樽  話ツ  此方の人ッ  此方の人ツ  道ツ端  棒切れ一ツ  ツ手  矢ツ張佳味  有村様ッ  ッ畜生  鼻ッ張  ッけた顔  手ッ  押ッとり刀  今宵こッそり  ッ仆  露ッ  夜ッぴて  嬢ッちゃん  抱ッ  ッぱで  川ッぷちで  酔ッぱらいが  ッぺん  原ッぱ  首ッ根っこ  侍さまッ  素ッぱだかが  もちょっとむッ  森ッ  吉ッ  むッつり  ツイどうもうッ  奴ッ  分りッこ  あっちッ  ッつり一語  ッ伏せ  ッくみ  ッ通し  天堂ッ  呆ッ気  ッ蛆虫  やつッ  ぱちッ  引ッぱずして外  体ぐるみ吹ッ  一ツ所  四ツ手駕月  五ツ刻  五ツ戸前  一ツくん  小塚ツ原  際立ツ  作ツ  儘凍ツ  黒味渡ツ  少時前報ツ  小塚ッ原  際立ッ  泡立ッ  繞ッ  少時前報ッ  先づ一つ  角先づ今回  づ生田葵山  づ門前払  先づ青軒翁  先づ俗界  先づ五火  先づ文學  先づアノ弓  先づ是  モー一ツお話  づ相手  涙先づ  素ッ裸  嘘ッ八  酔ッぱらうなよ  朝ッぱらからお  酸ッ  亡者めッ  ッぱたく  勘ッ  無心ッ  ッぱいになってきた  むむむッ  ッぱらな怨み  お父さんッ  切ッ立て  ッぱいついた  二ツ三ツ源次  ッぱと  今更遁出そうッ  一ツ穴  二ツ三ツ何  一ツ部屋  一ツ絡  四ッ橋  四ッ橋畔  づ二階  づ帰つて行  さッくり横紙  えなッ  八ツ頭  五ツ紋  二ツ一所  皮剥一ツ  一ツ一ツ一重  四ツ手駕籠  先づ北宋  其出づるや出づべからざるに出づ  えいツ  一ツ目小僧  何一ツ目  一ツ目  四ツ手籠  ッ腰  乱心者ッ  冷やッ  丞様ッ  ぶりッ  ばかめッ  ぶつッ  綱さんッ  盗ッ人猫  のぶッ  ッ黄色  先づ生活  先づ民衆  先づ自我  先づ人心  怯づ怯づ眼  しょッ  ッかき  ょッ  あなたッ  こッちの南京虫  一ツ二ツ落ッこッ  先づ宗教  鯱ッちょこ  狙ッ  撃ッ  石川五郎ッ  づ信用  づ初め  先づ理論  先づ北西航路  はまづ低空飛行  二ツ三ツ杖  一ツ突慳貪  横面一ツ打挫  一ツ鮮麗  云ッ  知ッ  ようッ  願ッ  伝五郎ッ  ッつる  づ手始め  荒ッ  三ツ上  末ッ子  出ッ歯  髭ッ面  ッ腹  横ッ腹  づ脈  づ枝  棒ッ杭  七八ツ位  今七八ツ  小僧ッ子  木ッ葉微塵  眼ッ  五ツちがい  くめッ  づお母様  莫斯科ッ子  歳二ツ上  間違いッ  マント羽織つた莫斯科ツ子  づ手近  先づ本誌  嚇ッ  矢ツ  只今ツ  ツ面  鍛冶屋ツ  ツ白  はつきり誰ツ  屹ッ  一先づ山  先づ森  先づ幾通り  一先づ  先づ行儀見習ひと  先づラツキイ  づ意  餓鬼めッ  ッきりブチコワシ  しらッ  三ツ年長  出づ  づ肝  づ高山  先づ諸行無常  先づ否定  ツ先  ツ平  先づ詩人  づBohr教授  先づ指摘  づ私達  づ東海岸  づ鳥取  先づ眼  先づ汗  先づ二疊  先づ山陰線  四ツ目あたり  三ツ目入道  初手ッ  ッとこ  嵐お萩ッ  ちゃッ  先づ理解  愛読がまづ  づスワン  づ大名  黒ツ  ツ組み合つて密集  乾ツ風  腕ツ節  蓮ッ葉  ッ四角  二人ツきり  素ツ裸  ツちか  六ツ違ひだつた  色ツ  七ツ八ツ  あれツきり  藤田ツ  乗つて相川ツ  三ツ残つた  次第ツ  朝一ツ  ツちや仕様  つて勝負事ツ  誰ツ  やうツ  心一ツ  言つたツ  シユミーズ一ツ  一先づ天  づ二度行  張ツ  家ツ子  江戸ツ子  鉋ツ屑  づ友達  づ一安心  菜ッ葉ズボン  づ宿  づ清冽  づ一行  づ生命  主任ッ  先生ッ  てつッ  先づチル子  貴様ッ  終りッ  とつッ  イワンはつッ  ゑツ  ッたけ嘴  釣ッ  背むしッ子  人ッ気  づ女  先づ左舷  先づ頂上  先づ火山灰  先づ土砂  づ今晩  先づ自己  誰か先づ一人  づ真  づ勇気  小篇三ツ  づ精神統一  江戸ツ兒  彦ッ  こまッ  事ツ  云ツ  お待ちツ  渋ッたい面  馬鹿野郎ッ  ちく生ッ  明星出づ  ぐぐぐぐッ  だい矢ッ張り  矢ッ張り  探偵ッ  ババ馬鹿野郎ッ  バ馬鹿ッ  ッぱつて外  づ疾翔大力  づ試し  凡そ知ッ  切一ツづゝ  びツ  塩ツぱい  ツちや  ぐツ  ツかけ  づツしり手応  一ツ蜒つて這  人ツ児一人  かけツこ  袷一ツ  ぐわツ  星一ツ  一ツ釣銭  一ツ二ツ牛  黄いろッ  股肱めッ  木ッ端微塵  呂布ッ  ぴゅッ  木ッ端ども  不届き者めッ  断ツ楡銭買ワズ千金  ふうッ  天ツ日嗣  づ京都  先づ今川  先づ京都  先づ大将軍  先づ事  づ形  ろづ嬌羞  づ夫  びッ  俺ッ  木ッぱ武者  駄々ッ児  芋虫めッ  ッそ足  喝ッ  ッ今日  浅慮者ッ  びゅっッ  ッ裸  張飛ッ  関羽ッ  孫乾ッ  紀霊ッ  颯ッ  づ搬び  づ人  づ問題  先づ己  先づ私たちアイヌ  浮ッ調子  紙白粉二ツ  陳宮ッ  びゅッ  ッぺ返し  意地ッ張り  ッぱってきたくせに  木ッ端みじん  衝ッ  ッぱり凧  不義者めッ  先づ他人  先づ鳴雪翁  先づ要領  先づ女  先づ解決  先づ不可能  吁ッ  豊ッぺ  先づ四馬路  先づ日光  びツくり  ぼろツ兒  ぐるツ  容子ッ  はりツ  うえツ  ッつけこれ  ッ人  妖爺めッ  先づ心  先づ致し方  づ理知分別  ツつぶし給  ちょうッ  こッぴどくいって  立ッ  三ツ葉蝶  三ツ髷  三ツ輪  先づ兄  波一ツ  づ南方  二ツ三ツ呼吸  づ音樂  づ夜  先づ以  先づ音樂  づ言葉  づ我等  先づ脱却  先づ現在  ッぷした  ッぷしていたが  悪戯ッ児的  ッ周瑜  ぐわらぐわらッ  ひょうッ  皆君ガ神算ニ出ヅ  出ツ張り  先づフランス  づ答  ツぺらな雑誌  白ツ  先づ祖母  先づ友人  づ世間  づ照子  怯づ怯づ彼  先づ女郎花  先づ馬追虫  太鼓鳴り出づ鞍馬山八島  先づ成功  づ海  づ面わに  事云ツ  ツぱし日本  俊傳兵衞俊子ツ  知ツてい  紋ツ  ぱりツ  ありまッ  づ吉報  づ確め  先づカシワ手  先づ筑波登山  ひと先づ小田城  つて先づ朝顔棚  づ色  運動ツ  ツ歯  一先づ清々  むかむかッ  三ツ児  ツ振り  喜びごと万づ祝ひ  卑怯ッ  魏延ッ  ッきり関羽  水ッ  卑怯者ッ  神尾氏ッ  腕ッ節  べら棒めッ  ぎよッ  アがれッ  おとッ  男ッ振り  下町ッ児  下谷ッ児  爺ッ  胆ッ玉  殿様ッ  三ッ引  ぎゃおッ  堅ッ  喬さまッ  曳ッ  ッ直中  筆屋ッ  不吉ッ  はじめッ  神保ッ  茫ッ  音松ッ  尻ッぺた  藪ッ蚊  手前たちッ  坊主ッ  づ喧嘩買い入れ  づ喧嘩買  五ツ半  二ツ枕  づ明治大正  づ一般  ゃよッ  引ッぱたいた  引ッくら  瘡ッかき  艶ッ  ッぱめ  引ッぱたくぞ  尼ッちょ  奇ッ怪千万  引ッぱたいて  砂ッ塵  わざッ  腰ッ  引懸らなかッ  ゃらないかッ  一ツ川  二ツ折  三ツ巴  ツ肚  颯ツ  渡船ッ  ッくり俯  事ッ  何てこッ  感じッ  ぴッ  斜ッかい  うちッ  づ寺子屋  づ藝術的感激  怯づ怯づあたり  骨ッ節  先づ悪魔同志喧嘩  づまれツ  戦争止めツ  づ此  先づ苦心  先づ頬ぺた  づ麻酔薬  先づ父君  水あふれ出づ  骨ッ  六ツ年下  一ツ年上  無精ッ  合ッ点  七ツ頃  ッ引  ッてっぺん  一人ッ子  尻ッ腰  毎日八ツ当り  素ッ気  船ッ  ッくら  無駄ッ話  岡ッ引ども  菜ッぱのようにかじかんでしまって  苦ッ面  はなッ  間ごろッちゃ  仕事ッぷり  手ッ暗がり  暇ッつぶし  ッかし飯  洟ッ  切れッ離れ  ッぷり鍼  塵ッ葉ひとつ  五ツ半ごろここ  いちツ  金ッ気  ッぱし  おいらッ  土手ッぷち  娑婆ッ  五ツ頃  六ツ刻  四ツごろ  六ツごろ  馬鹿ッぱなしでもするか  掻ッ  四ツ半  むッつり不機嫌  ッぱ  暮六ツ  六ツ半ごろ  六ツ半  奇ッ怪  先づ俳優  づ悲痛  秘蔵ッ娘  暮六ツどころ  八ツ半  七ツ半ごろ  まま人ッ子ひとり姿  人ッ子  川岸ッぷちだからつい目  先づ知つて  先づ皆さん  先づ能狂言  先づ今日日本  先づ観客  先づ能  先づ頭  先づ人形浄瑠璃  先づ時代もの  先づ濡場  先づ創立  今日先づ健全  先づ大体今日皆さん  先づ米  ッ誰  ッ窓  ッ大変  先づ左樣言はる  先づ香  こんだこッ  くどッ  七ツごろ  八ツごろ  八ツ半ごろ  はまづ葱  づ木木  づ太陽  一ツ塊  七ツ半  四ツ刻  生れつき遠慮ッ気  返盃ッ  づ僕  づ人道主義者  先づ咳払  空ッ脛  水ッ鼻  人ッ子ひとり  素ッ堅気  てれッ  七ツごろあっし  けさ七ツごろ  切れッぱなれよくうなずいて  八ツ山  五ツごろ  九ツ半  四ツころ  七ツ近く  赤ッ恥  甚ッ  六ツ七ツ  ッ引ども  五寸釘でぶッ  嫌ッ  深川ツ  これツきり  六ツキヨネンハ  五ツ七ツニ  ソノ不意ニ出ヅ  づ一  先づ土地  づ現代落語  づツ  雁もどきツ  肴ツ氣  刺身ツ  こツ  身體一ツ  四ツ目形  ツつけ合つて大工  鹽ツ氣  四ツ身  ッ葉  ッぱなされるように  ッぴき  ッぱ屋  こッぴどい運上  伯ッ様  丸ッ  ッぱ酒  器ッちょ  ッ原  派手ッぱりな伯父夫婦  子四ツ  先づ控所  時ツ  居ツ家  ツ子  づア  先づ胴間聲  先づ胴間声  者ッ  突ッぱねる  りやッ  ことばッ  ッくに通り  ッぽか  酔ッ  ッちゃん  そッくり  五時ちょッ  上ッ方  冗談云ッ  ッさん  神様ッ  奴らッ  しみッ  ッぱたくか  ッぱたかれたッ  ッぱたかれたのは  ッぱたいたわ  子供ッ  ちょうだいッ  めッきり  いらッ  こッぴどく  酔ッ払ッ  思考はずッ  ッつき  女ッ  ゃるんですッ  投身自殺ッ  こッちの方  ッぱたかれた  馬鹿ッぷり  当分そッ  しようッ  坊ッちゃん  こッちの気持  そう熱ッ  ッたい顔  そッくり昔  童話ッ  小説ッ  悪者ッ  ッぱりッ  ッぱる糸  盗みッぷり  ッとくの  九時ちょッ  ッそく支度  合せッ  ッとく  ッちか  ッたいこ  ッきり身  ッちゃら  ッぱりだして  何一ツ  四ツ五ツ往復ビンタ  三ツ四ツ例外  三ツ子  彼ツ切  あれツ切  ツちやア  つたツ  坊ツちや  上ッ滑り  三ッ原  先づ肥前  づ天然  七ツ釜  図ヤ故国大星墜ツ  ク投票シ且ツ投票セラルベシ  世紀的社會主義ニ對スル一般且ツ有理  且ツ社會  且ツ動カスベカラザル原理ハ  待ツ能ハズシテ  交付シ且ツ繼承シタル該事業  且ツ利己的欲望其者  基礎及ビ範圍ニ於テ直接且ツ密接シテ國家社會  ニシ來リ且ツ  居常且ツ終生  ハ男子ナクシテ貧困且ツ勞働ニ  且ツ其  且ツ下掲  且ツ一年志願兵特權ハ此等  且ツ此  最初ニ且ツ完全ニ賦與セラルルヲ明カニスル者ナリ  處ニ立ツ  矛盾ニ立ツ者  且ツ中世組織  日英兩國ハ中立的關係ニ立ツ能ハズシテ  且ツ茫々  器ニ待ツ者ナリ  迯ルルタメニ先ヅ  鮮人ニ先ヅ參政權  國ニ於テ先ヅ此  如キハ其程度先ヅ三  獨資ナルハ先ヅ投資的分割ニ  以テ先ヅ今  先づ筆管  四ツ橋  八ツ割草履  先づ産業  丸ッきり  先づ淨土宗  づ要領  先ヅ分カレテ  且ツ  為ッ  是ッ切お前  喰ッ  ぐうッ  ッぷ  強情ッ張  筒ッ  づ明らか  づ書名  づ和銅  膝ツきり草色  ばツ  婀娜ツ  九ツぐらゐな  尻ツ撥ね  横ツちよ  伏せツ  動きツこ  寂ッそり  枯ッ葉  赭ッ  散々ツぱら  六ツ四ツ  一ツづゝ數萬  岡ツ引  贋者ツ  父上ツ  地雷火ツ  野郎ツ  わツ  御用ツ  安岡ツ引  先づ絶望  ツ組み合  先づ用人  馬鹿野郎ツ  しまつたツ  河岸ツぷちの家  田舎ッぺ  宝ッぺ  ぺッ  ッぷりした肌脱ぎ  ぐッすり  のッぺりしたような人嫌い  草ッ原  そっちこッ  先づ死骸  づ発見  先づ女房  先づ一番手近  一ツ目入道みたい  粗忽かしくッ  ッきし  ッ直さまお供  野郎叩ッ  ぷつりッ  ぷッつり悪事  内々小兼とくッ  耻ッ  ア叩ッ  二ツ返辞  二ツ三ツ云  虫けら一ツ  夕方一先づ散会  先づ郵便  先づ一杯  づ仏さま  づ一洵居  先づ初穂  ぺツ  先づ聽  先づ灯  先づ戸  先づ男  づ自ら  づ講師  づ珍  先づ新聞  先づ最近  づ精神  づ石炭  づ貸金  づダンス  づ学校  づ気  づ一人  づ水  づ型  づ不可能  づ手  調子ッ外れ  素ツ気  づ必至  ッ正面  づ主人公  酔ツぱらひには  上ツ調子  ツたい  げツぷ  小説ツ  田舎ツぺえだと云つて嘲笑  赤ツ面  始めツ  芋書生ツ  づ云々  先づ支出  ひと先づ安心  づ仕事  先づ生活精神  先づ祖国  先づ日本人  江戸ッ児肌  ッぴどくやっつけられて  ぼうッ  ひきッ  江戸ッ児風  横ツ腹  持ツ人ニチガイナイ  ソレニイマ一ツ活字トイウモノハ歯ギレガヨクナクテハイケナイ  先づ二人  ッくせ  ッ手前  四ツ事件  四ツお互い同士  時一ツ  首根ッ子  づ一つ  づ人間  先づ常識  鼻ツぱし  づ其心  先づ其魂  先づ微笑  先づ郡役所  ッちゃり  ッ暗闇  ッ直  突ッ立ッ  川ッ  こッちの英語  落ッこッ  ッそ軍隊  ッちの系図  それッきり歴史上  ッつけ人間  酔ッ払い  昔二ツ  石油カン一ツ  ツヅラ三ツ  三ツ一しょ  三ツ別々  一ツ私  四ツ足  四ツ目殺し  一ツ我慢  五ツ海  壺二ツ  毒ツ  ちよツぴりした餘波さ  初め黄色ツ  ツ續  ツ糞  紙ツ片  ツたら  警察さ引ツ  引ツこ拔  皆もうこツ  それツ切り彼  それツばつ  先づ内面的  冐頭先づ  先づ社會  づ上求菩提  先づ不一致  づ当代独歩といつて差支  名前なぞ一ツ  ヅ可ク侯  先づ西洋近代劇  づ郷土  先づ指  江戸ツ子気質  づ小田原  赫ツ  苦労ツ  酔ツぱらひは駄目  あなた何云ツ  ちやツ  でぶツ  八十一ッ  右ッ  コン畜生コン畜生コン畜生ッ  八ツ裂地獄  ッぴろい曠野  ッさき  木片一ツ  先づトルストイ  先づ價値轉倒者  ツ端  危ッ  赫ッ  云ッつけ  明ッ  ッ切  吹ッかけ  くりッ  味噌ッ歯だらけ  ッ母ア  一先づ自国  一先づ村  酔ひツ  突ツ伏  歯科室ツ  慣ツ  祕藏ツ子  先づ山城屋  お先ッ走り  好きッ  君ッ  あたしッ  ゆッくり研究  ッとつ  こッちからいろ  年ちゃんッ  白雨ッ  ッぴつにつがれた火  むかしッ  金田ッ  ッぱにあなたが  づ此頃  めづ  先づ機械論的  われ先づ  涼気先づ  先づ青空  づ看客  獅子ツ鼻  先づ国立演劇学校  づ外  づ皇子  づ怒り  夜ごと四ツ竹  かりかりッ  開ッ  ゃっちこばッ  ッ場  二ツ三ツ圧  こツこツ  二ツ三ツ話  広場一ツ  二ツ提  二ツ行き  づ縹緻  づ此様式  ッきし素人  一ツ十五貫  八ツ裂  先づ茲  づザツ  先づ日本  先づ支那文化  先づ謙虚  先づ学生生徒  がまづ実情  づ丁寧  づ一番勢力  づ此区別  稍屹ツ  づ椀貸し  先づ幽魂  記事出づ  ツぷう  先づ此読書  先づ用  先づ此設備  ツマリ独逸人  床ッ附  一こッ  片腕ッ  敵ッ  胸ッ  加茂川亘ッ  窮屈さッ  柳屋ッ  団扇ッ  知己ッ  手ッ首  横ッちょ  米ッ  ッ鬢  ことッ  いよッ  様子ッ  酔ッぱらいの足つき  投ッ  ッくり根  松ッ  深川ッ女  叩き止めッ  宵ッ張  あっちこっち耳ッ  とそッ  ッたん機織  二人抱ッこ  上ツ方  二ツ三ツ蚊  あと二ツ  四ツひで  硝子杯五ツ六ツ前  御所車一ツ  愛吉さん一ツ  二ツ三ツ人  銀一ツ  幾ツ  一ツ自分  浮ッ  先づイプセン  小柄ツ腹  江戸ツ子ぢ  先づ辞儀  予先づ小樽  石ツころ  づ朝飯  づ此辺  後先づ此一點  先づ私たち  先づ舊街道  家ッ子  三ツ目小僧  清二ッ  づ言  づ置場処  先づ屏風絵  一ツ祇園  一ツ形見  矢ツ張り龍馬  一ツ踊つて  矢ツ張り支那流  ツつり  三日一先づ薩摩  矢ツ張り橋本さん  こツそり  こッちゃ  矢ッ張り雨  矢ッ張り大胆  ッそ戦線  矢ッ張り大石軍曹  ッちの背中  ッそ子供  八ツ当りみたい  思いッ切り片側  ッぱい臭気  紙ッ片  それッ切り  黄色ッ  ッきり簡単  ッちょ  頬ぺたをつッ  浅川ッ  青ッ  ッ切り  ッ切り疵  紙ッ切れ  ッぱたかれたり  性ッ骨  五十万円ッ  ッぺらい布団  鼻ッ面  八ツ目鰻  先づ存在  づポケツト  ツぱりました  ツぱりすぎたので  ツとり  先ツきの酒  ダガ矢ッ張り僕たち  矢ッ張り僕  先づ不快  づ平均  二ツ三ツ頭  二ツ目  先づ官兵衛  先づ家康  づ存分  先づ一献ぢ  先づ釜山  先づ時  先づ誓約  先づ秀次関白  隠居奇ッ怪千万  全身素ッ裸  四ツ年少  八ツ切り  四ツ手網  ツさん  襟ツ首  ぷツぷツ  父ツちやん  先づギルフォオド  づ次  先づ大音寺  理窟ツ  谷口ツ  ッきりなし  ぞうッ  何かじッ  ッぱり事実  づウヂヂ  づ捜索  づヨーロッパ  マタ三ツ  ク打ツ  づ領事館  木ッぱひときれのこってはいませんでした  毎日一ツ二ツ  ツぷうツぷ  がまづ人間  づ十分  づ時間  布令出づ  付百圓ヅ丶  づ酔  端ッこま  萬づ代  づ印刷紙面  先づ一課目  一課目先づ  づ今日  づ小当り  一ツ時  五ツ六ツ年上  黒縮緬五ツ紋  加賀ッ  兆二郎ッ  ばか者奴ッ  今日ッかぎり  先づ十銭  先づ由井  今先づ淨土眞宗  先づ榮西  づ立板  先づ東京  先づ所  白ッちゃけた灰  上ニ立ツ者  一ツ見学  三ツ指  赤ッ鼻  白痴野郎ッ  耳ッ朶  キタネエ首根ッ子  菜ッ葉服  嫁ッ子  らくッ  七ツ時  九ツ過ぎ  四ツ時  筒ツ  眞ッ直ぐ  眞ッ下  ひよッ  づ板  先づ一番神聖  四ツ行儀  一つ宛四ツ  ッこ鰻  ッこま  食ッ  江戸ッ児気質  一本二本突ッ  雀一ツ自分  先づバークレイ  先づプラグマティズム  先づ認識論  づ成立  お互いッ  裏ッ側みたい  ッぱなしてしまうし  書生ッ  従業員達はつッぱねちまったんです  ッきりアカ  ちの怨みッこ  脂ッ気  女ッぷり  ッとこ冠  ッとこ脊  素ッ頓狂  ょッくり  端ッ  突ッつき  ッさなか  ッ毛  恥ッ  やけッぱちになって  引ッぱっては  塵ッぱ  ッかかり  通り水ッ調子  二人ッ切り  ッきり諒解  もちッ  俺ぁ娘ッ子  ッ最中  つけッぱなしにしているだろう  真ッ直ぐ  跳ねッ  引ッ掛り  警察ッ  趣味ッ  引ッぱり  ッきり気  廻りッ  ッきり皇帝  ッ掻廻  首ッたけ  首ッ  やけッぱち  ッ転  裏ッ側  六ツ目  ッ武麟  先づ齊  先づ漢初  先づ孟子  先づ外  づ氣  先づ思つて  づ馬印  ツぱだかへとんぼとまらうとするか  みの三ツ葉  すすきツ穂  づツしり  ツこま  一ツ人參  行つて先づ玩具  ただ一ツ在野  それぞれ先づ適役  先づ坪内君  三ツ目  先づザッ  一ツ身  樣餘ッ  先づ雲  先づ人  づ實相  先づ沒理想  先づ用語例  先づ逍遙子  先づ此原則  いなかッ  貴様余ツ  土蔵一ツ  今一ツ  犢鼻褌一ツ  二ツ座上  鼻ッ張り  然様手ッ  蜆ッ貝野郎  蝨ッたかり  ッ組合  一ツ胸  六ツ八ツ  七ツ金  先づ提灯  四ツ這  づ子供  こッちの事情  銀さんッ  づ吟味  づ進物  お母さまッ  曲ツ滝付近  ッぴどく男  ざッざッ  敷金三ツ  づ鬚  ッぷり床  ッしり腕組  ッつけ  づ十月一ぱい  づ敬意  境ッ  洗ッ  逢ッ  曲ッ  ッてる  りきッ  ぎッ  這ッ  劣ッ  成立ッ  従ッ  先づプルウスト  づ正宗白鳥氏  四ツ目垣  襤褸ッ  舌ッ足らず  甥ッ子  づ一風呂暖  ッぺらな小紋縮緬  男ッぷりはよし  ちょッしようが  脂ッ  あれッきり  隅ッ  ッ調子  不味ッ  これッきり  箒一ツ  母ッちや  母ッ  天ッ晴れ傑作  且ツ我日本帝国憲法及ビ法律  荒ツ  猿ツ  ツきし駄目ぢ  貧弱さツ  ツ逆  君ツ  一ツ年  ょッちゃん  ツ危  ツ黒  カツ払ツ  ツきり都  づ卓子  怯づ怯づしてゐて  先づ喪章  ッぱりあいつは墜落  郵便ッ  づ山  先づ憐愍  ッてん  づ話  芒ッ  うじッ  先づ一人  先づ様子  郡八ツ山村大字八対野字算所  先づ婦女子  五ツ年下  づ提燈  づ本  づ命  づ予  づ噴飯  ちいッ  告げ口一ツ  柏手一ツ二ツ  寐ツ  落ツこちらア  明けツ  亀さんツ  ツいつ  ツ母ア  それツきり  ッぴらにはやれなくなったのだ  づ主食  石一ツ一ツ  三ツ角  一ツ横  鍋釜一ツ  一ツ話  八ツ下り  一ツ召食  一ツいかが  一ツ小袖  江戸ツ児  酒ッ癖  愛吉ッ  鼻ッつまみ  銀次ッ  瘠ッ  斜ッかけ  互ッ  ッちゃ不可  翌日ッ  福ッ  寄ッ  奴ッちゃ  抱ッこ  福ッ子  てこッ  たくッ  さ加減ッ  狐床ッ  ッきり剣呑  ちょッくらもち  今日ッ  酔ッぱらっちゃ喧嘩  嬢ッ公  通用ッ  火事ッきり  ッちや厭  ッ手  お前大島ッ  末ッ児  ッそり陰気  婀娜ッ  この間ッ  熟ッ  神田ッ児  笹ッ葉  賤ッ  世の中ッ  ずるッ  芥溜ッ  ッぱたかれて  尻ッ  深川ッ児  らひだツ  ツぱい  ツぺん  こツぴどくやつ  玄竹のぶツ  ツさ  ツぺりした顏  先づ與力ども  ッぱり変  づ代  づ刃物  づ普通  ツ皇  上ツ毛野  づ万葉集  先づ其処  先づ代作  づ正直  づ巻十四  田舎ッ  ッぱや  魔ッ子  ッ走り  先づ雪  一先づ小屋  二ツ三ツ引金  づッ  ぼろッ  づ手短  先づ輸入  ゆづ  づ不断  先づ白河  能因出づ  づ説明  四ツ弧形  づねてみましたら先づ以上  一ツ食  づ自責  づ君  辻永ッ  一ツ小説  づ一切  モウ一ツ以前  熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円  矢ッ張り科学小説  先づ鉄条網  先づ私達  豫め先づ  外側一ツ  ぼくそッ  ぐるッ  奥さんはずッ  オヤどなたかいらッ  先づ一口  づ城  はまづ嫌悪  づ生活化  づ文体  づ思想  づ語  私びッくり  二ツ三ツ四ツ  づ四五ニズム  めツ  聳ッ立ッ  豊吉はつッ  肥ッ  帰ッ  二ツ三ツ咳払い  一ツ宛丸裸体  先づ独り  先づ汝  先づ掠奪  つて一先づ帰  目次江戸ッ児  ッ風納豆  ッちょこ  ッ風の音  江戸ッ児本来  江戸ッ児以外  ッくしょい  晴天十日江戸ッ児  江戸ッ児同士  ッぱりと  オオさッぱり  東京ッ児  ッ風  ッこれいくら  鼻ッぱり  鼻ッぱりは  ッ気  芝居ッ気  それ江戸ッ児  江戸ッ児全体  これら江戸ッ児  三ッ葉  噪ッ気  納豆ッ  番ッさん  赤坂一ッ木  経ッ  先づ妹  づ清掃  づ大抵  づ一号室  八ツ鹿踊  づ一ぷく  づ家  腕一ツ  火傷ッ禿  こッぱずかしい事  ゃっッ  気もちッ  子守ツ子たち  陰気ツ  づ屋  ざッざッざッ  ざッざッざッと列  葉ッぱをおもちゃにしていました  先づ目  人なつッ  ぱッぱッ  女ッ子  大声でぶッ  思つて先づ封  先づ懐中  三ッ堀  ニテ待ツ  づ奈良  づ木の葉  づ此時疫  づ髮  づ姑  ツ代  塵一ツ動き  づ口  先づ解釈  ッ切上等  づ影響  づ真弓  先づ精神的  転ばり落ッこッタラ  転ばり落ッこ  転ばり落ッこッ  ッ平  笑つたッ  先づ台湾  づ必要  あんたッ  旦那様ッ  づ圧し  づ髪  あちらッ  負け惜しみッ  先づ了解  木ッ葉役人  俺ッちの地獄  土性ッ骨ヒッ挫  木村ッ  掃除ッ  方ッ  突ッ立  がれッ  一杯引ッ  根ッ子オ引ン  閻魔ッ  づ大喝一番これ  づ試み  づ水中  先づ箸  柴漬ツ  狙ツ  ツたら三年目  潜ツ  此間釣ツ  あしらツ  釣ツ  参ツ  買ツ  一度往ツ  為ツ  極ツ  違ツ  ツこ無し  ツ丈  往ツ  却ツ  噎ツ  先づ綱  先づ領  先づ隅田川  つて今先づ隅田川  づ隅田川  づ黄河  先づ西流東流  先づ西岸  三ッ叉  づ品川  円ツ  つて先づ  先づ筆記  先づ椰子樹  われ先づ云  先づ可笑  づ此程  づ郎女さま  づ姑らく  づ櫻  づ筆  明くるみづ色  づ暇  慚づ  揮つて先づ  先づ普通  づ直衣  叡慮先づ  先づ裁判官  先づ正確  骨ッ柱  頂戴ッ  一とこ引ッ  づ雑誌  先づ屋外  先づ暫時無能力  先づ水  づ計算  先づ天地  頃五ツ  従業婦もとッくにオハライバコ  ッぱって静  ッそく返事  五ツ間  四ツ車  頬ツぺたをつねりあげられたので  ぎよツ  ひだツ  酔ツ払つて  得意ツ  むしづ  もさッ  ッぺらすぎます  ッ突き当り  こッ此  棚ツ尻  一ツ肩  ゆツ  先づ一ツ  づ想  諸子先づ三尺  先づ初め  ぴたッ  始ツ  ッぱに立  先づ埋伏  城ツ  思つてそツ  長昌院ツ  慈海ツ  先づ生徒  空ツ風  一先づ斷つたの  茶目ッ気  一切女ッ気  先づ観音崎  ッぱり癇  ッぱり相  ッぱり楽  ッぱり学者  父ッさん  ッぱりそうは  ッぱり支配  八ツ頭芋  甘えツ子  仕事ッ  先づ機械体操  先づ準備説明  先づ喧嘩  先づ抒情詩  づ棚  がまづ  先づ今  先づ左  先づ息  づ病院  ぷツ  上ッ調子  先づ創刊  江戸ツ児弁  一ツ先  ツとい  修ッ  づ五本  先づ類  先づ床  菊池ツ  ツちやツ  アノ金村ツ  貰ひたいツ  上つたツ  高見ツ  先づ吉例  先づ五錢  先づ徳島  先づ西宮  づ応接間  酔ツ私  手ツとり  先づ学生フロッシ  先づ飲助連  疱瘡ッ子  意地ッ張  娘ツ子  先づ彼女ら  女ツ子  行つたツ  先づ当分眉唾  ふし一ツ二ツ  先づ奔放自在型  痛ッ  ツノソサマジニクギジアマトンツマイセリンコゴラミ  づ洋ちやん  鼻ツ張り  先づ考  葉ツ葉  そッちの方  むるためにきまッ  二ミリ七ツ  先づ午食  立ち出づ  毎日二ツ三ツ  ダイヤ指輪二ツ  ペンチその他七ツ道具一式  結局七ツ道具  手ッとり  そッくり日本  たかッ  端しょッ  ッぱたかれ  ときッ  重箱ッ  ガブリ四ツ  先づ洋燈  つて先づ湯  一番色ッ  ッぱりだこや  ッぱりだす  こッちの女の子  時こまッ  こッちの男  一ッぺん  六米ちょッ  ゆッくり  負けッぷり  そッくり衣裳  そッくり今日  こッちの旦那方  先づ非常  一先づ解放  先づ内地  先づ足  づ洗濯  それ一ツ独立  ッぱるというのはあまり  そッちの家業  そッちの家  ッぱたいたわけでもなく  中へそッ  ッぱりこまなければ  それッきり行方  づ兎  一ツ気  奇ッ怪フシギ  づ楽しみ  一人ぎめにでッ  以上二ツ  一ツ覚え  胆ッ玉がち  雛ッ子  酸ツぱい  酸ツぱがる顔  一つぎゆツ  奴ツ  矢ツ張りあたし  それツきり取返し  一先づドリアン  つけづ只ぼんやり  ッくに女房  浮気ッ  天性浮気ッ  赤ッ面  裏ッ先  神一ツ  国ツ神  はじめ七ツ  塚一ツ  切ッ立  畜生めッ  あっちこッ  理窟ッ  こッちの店  ッつけ仕事  ホルモン焼ッ  ッぷり食いッぷりは人  ッぷりのようでもある  ッぷりと身構え  大阪生ッ粋  飛上ッ  こッちの意志  こッちの身命  ッぷりがよろしいという時  汗ッかき  ッぷりだけ観賞  そッくり俳諧  ッ昼間  先づ木曾  太一ツあん  つて太一ツあん  太一ツ  お客さんッ  違ッ  冷ッこ  最初出逢ッ  先づ各自  何一ツ見物  一ツ調子  とき末ッ子  先づ深邃  先づ打ち入り  ろづ  づ暮れ  ボタン一ツ  ッきのアレ  鼻ッぱし  ままじいッ  八ツ代り  先づ一ぱいはじめようか  づモスクワ  づ汽車  づ片々  一ツ一ツ笊  先づ十二月  狐ッ  みんな天ツ神  天ツ神  手足四ツ  天ツ舟  天ツ船  つまり二ツ  顔二ツ  中ツ国  ツ国  一ツ昔  ただ一ツ後々  像二ツ  さらッ  背中がくッ  そッくり現実的  ワカヒコとそッくり  ぴしりツぴしりツ  シュミーズ一ツ  大人ッ  危ッかしく  ていらッ  そッちの側  根ッ子  ッけた農家  ッけた屋根  猛獣そッくり  木の根ッ子  そッくり二本  敷居一ツ外  これ一ツ  三ツ襲  一ツ合  先づ盆正月  先づ今日  先づ罰杯  先づ落着  一ツ特別  こッちの水  一ツ別格  劈頭先づ彼  先づ以つて無我  づ教法  先づ罪惡  づ蓋  出づ可  一先づ結実  男ツ  友達ツ  女ツ  貴方ツきり  ッぱいな声  俯ッ伏  ッ刎  ぎゃっッ  馳競ッこ  ッかいな商売  みいッ  尿ッこ  不所存者めッ  鬼ッ  突ッぱって地  ばばッ  呆ッ  狂ッ  姉者人ッ  ぴしゃッ  俯ッ  づ位負け  づ小器用  づ文献  がまづ目  づ食  づ機械  先づテーブル  終つて一先づ彼  先づ飾  先づ着  一ツ軍人  づ一陽来復  度々有ツ  芸妓二ツ  踊ッ子  ょにごうッ  ッぱりかえっていて  ッぱりかえっていました  先づ下村為山さん  上ッ張り  先づ支  先づ床の間  むふッ  づ目さき  有象無象がくッ  むッくり  たまッ  こッちから顔  ッぱりした返辞  だこッ  爺さんッ  嘘つきッ  びにくッ  居眠ッ  びりッ  ッつけここ  ぐッたく  貰ッ  みな嘘ッぱちだといわれても仕方  酔ッぱらうな  欣二ッ  ッこなし  おれッ  福ちゃんッ  一つ抱ッ  奉公人そッちの  葉ッ子嚥  三ツ四ツそれ  つてごろツちや  落ッ  昨夜ッ  三ツ五ツ縦  一ツ夜着  所謂いたずらッ児  づ我々詩人  先づ教育  先づ彼等  先づ上述  先づ近代人  先づ支那  先づ佛國  ば先づ學問  一先づ文字  先づ劉  づ最近  一先づ背水  づ長編  づパースレイ  汗ッ  出来ッこ  一ツ星  三ツ四ツ七ツ足駄  びしゃッびしゃッ  土地ツ子  首ツたけ  きよツ  先づ儒教  先づ何れ  先づ軍備  大臣先づ辮髮  づ上乗  先づ思  こッこれ  腓らッぱぎ  ぱあッ  取次ッ  こッぴどくやっつけられたら  先づ十住心論  四ツ四ツ  三ツ身  先づ裕福  一ツ年下  こいつらッ  八ッそれ  むッつりむッつり又八  首根ッこ  ぐわッ  鮮やかッ  ッ黒顔  づ友人  先づ祖先  先づ絶無  先づ反省  先づ孝弟  先づ妥當  涅槃ッ  豊世さんッ  ッ子  むでいらッ  一ツ注意  二ツ并  先づ笞刑  先づ大  先づ嫁  づ其同意  毆ツ者ハ皆  ッぴら  ッぴらだわ  ゎッ  一ツ宣告  五ツ宛行列  づ神嘗祭  づ悠紀殿  づ罪  づ御子  づ其御子  天ツ祝詞  回つて出づ  戸山ツ原  火一ツ  ょろッ  わんッ  どんッ  先づ支那人  先づ自身  先づ克己  先づ自然  先づ出土年代  屁ッぴり腰  土手ッ腹  先づ中等学校  先づ文化性  一ツ廻つて  ツ児  先づ差  ツぺらな石  一ツ飲  ッぺらな石  そッくりあなた  温ッ  むうッ  ッぱり彼女  おいでッ  ためッ  醤油ッ  二ツ三ツ作  日本橋ッ子  六ツ位  一ツ棟  大袋四ツ  竹づッ  三ツ重ね  下地ッ子  七ツ星  トランク二ツ  下町ッ子  土地ッ子  先づ寢酒  汝ッ  薪ざッ  阿呆ッ  んだいッ  ッしょさん  づ督促  先づ寝酒  發句ツ  ツぱなしで  一ツ分  いたずらッ子  四ツ岸  深川ッ子  神田ッ子  づロンドン  一先づ別れ  づ一週間  づホテル  むツ  ざツ  づ野蒜  先づ根本  上ッ面  嬌声外頭ニ出ヅ  ッぱり人並  づ闘  一ツ下  づ腰  先づ十中  先づ國家  先づ算盤  先づ經濟的  先づ五十仙  先づ子供  矢ツ張り人並  木ッ葉屋根  さなかッ  開ツ  ツぱなしは  繕ツ  閉切ツ  眠ツ  揃ツ  纒ツ  吸ツ  うに謂ツ  恟ツ  ツくり弱  迫ツ  氣張ツ  了ツたんぢ  先ツ  實ツ  登ツ  眞ツ逆さま  突ツ俯  引ツつまツ  失ツ  照ツ  曲ツ  光ツ  沿ツ  嫌ツ  昃ツ  思切つて出張ツ  立起ツ  拾錢購ツ  購取ツ  貰ツ  隔ツ  經ツ  結ツ  僥舌ツ  ゆツくり構  欝込むでゐることなどもあツ  四年經ツ  繁ツ  圍ツ  スッカリ違ツ  仇ツ  有ツ  ちよツくら口  眞ツ紅  優ツ  末ツ子  駄々ツ子  摺ツ  こツそり其處ら  廻ツ  一ツきりづゝ  歸ツ  夜集ツ  持上ツ  遇ツ  思ツたより意久地  漂ツ  上ツ  毎日通ツ  ツとり濕ツ  蒸上ツ  ツト立起ツ  引ツ摺  ツそり戸棚  先づ叔父  ば先づ足利  ツ最中  矢ツ張り夜  先づ殆ど全部  風俗ッ  じいづ  枯ツ葉  がたッ  矢ッ張  ッ逆様  先づ面  先づ愼獨  先づ英雄  トシレ靜ヲ立ツ二人極  頬ツぺたをやぐらに  木ッ葉船  砂ッ原  情人ツ  先づ可  一先づ讀  先づ水口園  大小二ツ  づ無用  先づ其生  づ三級  づ一ヶ月  奴ッちや  づ腕  淺草ツ娘  先づ水曜  先づ臺所  先づカロリイナ  先づ老人一家  青ツ  一ツ舟  起ッ  騎ッ  終ッ  揺ッ  騎ろうと思ッ  対い合ッ  一人起ッ  張ッ  わらッ  決ッ  争ッ  張ッたま  芝崎村といッ  昇ッ  づ小口  づ安全  づ蛇  先づ例外  づ零といつて  づ文学  づ判つた  黒痣一ツ  一ツ非常  此二ツ揃ッ  一ツ其鱗  一ツ切  爾先ッ潜り  畢ッ  襲ッ  訳ッ  仕舞ッ  大勢集ッ  引浚ッ  仕舞ッたん  宿ッ  冠ッ  ッきり手掛  ッ切り今以  集ッ  ッぴらたい所  其儘取ッ  交ッ  矢ッ張り女  斯う曲ッ  アネ帰ッ  矢ッ張り合の子  売れツ妓  四ツ星漁業会社  四ツ星漁業  集合ッ  付けッ  ご免ッ  全速力ッ  面舵一杯ッ  主砲砲撃用意ッ  一時機関停止ッ  艦集合ッ  づ古典作家  先づ食  づニコラ  先づ同志  先づ當然  先づ官立俳優学校  づ案じ  握りッ拳  本所二ツ目  づ右端  づ1  づ三時間  七ツ梅  土地ッ児  ぎゆくうちにいつともなく一ツ一ツ消去つて  引ッ返し  切れッ端  ッ法  なに一ツやる気  上ッ冠  三ツ柏  ッ取り  本所五ツ目  づ笹  づ朝日一本  づ一番  づ評判  先づ遠く  流行ッ児  づ千体仏  づ米  一ツづつトランク  一ツ列車  八ツ室  玉子一ツ五十カペック  づ毛布  こッちの切り札  顔ッ  攫ッ  ちかッ  払ッ  推参ッ  残念ッ  助太刀ッ  飽きッ  運賃引ッ  誰だいッ  二ツ三ツ波  一ツ別  一先づ女  先づ一刻  思つて一先づ帰  明朝七ツ時  ッ何者  ツ陽  づ日暦  五ツ過ぎ  べりべりッ  ッ馳  づ皮切り  ッぴろげて  六ツかしく  素ッ裸体  目見当一ツ  それッ限  怯づ怯  怯づ怯づふり  怯づ怯づ窓  不可ッ  奥様ッ  ッかしく  衛生髯ッ  遠藤ッ  叱咤ッ  ッくり俯向き  逆らッ  推ッ  朝ッ  めいッ  断ッ  とわッ  ツ嫌  先づ支度  矢ッ  河ッぷしにも  先づ神經  一先づ腰  づ問  先づ先頭  執権殿そッくり  まさッ  横ぎッ  譲ッ  誓ッ  毛立ッ  いたずらッ  契ッ  煤ッ  廻ッ  匍ッ  機ッかけ  飲ッ  ッちの身  夜ッぴて城戸  旋ッ  戸惑ッ  雑ッ  むッそり  悪戯ッ  ッぱいな露  競ッ  びがぱッ  盗み知ッ  搏ッ  びしッ  育ッ  上ニ立ツ  づ八分  先づ十分意識  ッ危険  ッこれ  悪戯ッ児  ッ山県紋也  ッ山県先生  一ツ目橋  四ツ師  馬ツ  痍ツ  畜ツ  怒りッ面  ッぱりいなかった  ッぱりあの時  先づ毎朝此処  先づ愛鷹  昼間ツ  ツ倒様  なに引ツ込み思案  何時引ツ  つて引ツ  づ森林寺  づ演壇  御免ッ  外道ッ  与一ッ  戞ッ  ッそ申さい  突き立ッ  ッ腹気味  失ッ  かまッ  ッそく  ッそ一人  二度びッくり  押ッ取り刀  そッ気  引ッぱった  藤五ッ  せいッ  吸ッ  参ッ  すさッ  絶ッ  ッきり其奴  ッ建て小屋  喧嘩ッ  そッちの落度  がさッ  挙ッ  押ッとり囲み  引ッくり転  引ッ立て  縛ッ  四ツかのう  一ツ杖  一ツ体みたい  一ツ品格  七ツ八ツ腰  みんな七ツ八ツ  一ツ格式  ッそく神田正彦  介はぶッ  あすこッ  ところッ  ッくにアツ子  六ツ七ツ召  奇ッ怪事  男ッぷりがよくて愛想  都合ッ  夜ッぴてこの通り  男ッぷりではあるが  ッそく突ッ  ッくらヤミ  夜ッぴて外  首ッぴき  そッくり天王会  ッそく達也  ッそく牧田さん  ッそく留守宅  ッていらッ  零時ちょッ  三ツ四ツ続けざま  殺しッ  分りッ  こッちの女中  女手一ツ  旦那二ツ  危くッ  三ツ四ツ崖  二ツ三ツ間  ッ当  気ッ風  ひととき赫ッ  ッ直ぐ  ッきり反対  ッさい中  あま酸ッ  茶ッ  ばらッ  ッぱになっていた  ッぱが風  外ッ  吻ッ  ぷすッ  ッ向  ッとき落日  身体ごとぐるッ  ッとりゃせんか  ッ取り刀  木ッぱみじんであったかも  寒けがさッ  ぎゅッぎゅッ  さばッさばッ  みそッ歯  ばさッ  上ッぱり  ッ平ら  上ッぱりはかぱかぱに  だんなッ  八ツざきにしても  ツん  父ツぁん  且ツ北海道樺太  白黒二ツ  こッちの仲間  真ッ  ッそ埒  酔いッぷり  ぐいツ  ツちやら  鼠ツ  矢ツ張り文吾  餘ツ  矢ツ張り笑  眞ツ先  善海子ツ  こと言ひまツ  ツぺいにお女郎買  わせらツ  引ツ張り  矢ツ張り惡  ツ痛ツ  先づ家  先づ驚き  先づ袂  迫ッつけ戦場  ッそく仏間  ッぴどく  ッそく仕事  ッそわが子  さッさ  こッちのツイデ  こッちの夫婦  一ツ玉乃  当時三ツ  ッそく塩竈  そッくり米  ッそ芸者  キレイさッぱり  昔ッ  俗ツ  相手ツ  哀れツ  法ツ  そツ気  兄さまッ  二ツとも  喚ッ  三ツ組  差ッ  差ッぴいて二十銭  ッちからユックリ  こッちの九千円  フンドシ一ツ  二ツ三ツ時田さん  能面一ツ  皿一ツ  そッくり台所  面くらッ  さッていらッ  意地ッぱりだし  四斗俵二ツ  づ何回  ッけた  殺しッぷり  ッつり人  ただ一ツ  一ツ確か  一見二ツ  何一ツ特別  口一ツ  前後二ツ  ッぴらにやってる  ッちから名探偵  寂さや三ッ日月  ッぱり構造  昨日霽ツ  保ツ  むるやうになツ  言ツ  些ツ  引取ツ  幾度通ツ  酔ツ  來なかツ  見入ツ  アちょッ  発ッ止  ッきの名  ッぱりここが定宿  そッちのゲジゲジ  庭ッ  ッぱたかれるよ  ッそく身支度  ッくにここ  ッすり  ッぱらッ  一時ちょッ  強情ッぱり  そッくり師匠  ッこみだし  ッぱり私自身  タタミ一枚分そッ  ッそく機会  ブリ一ツ取り  一ツ距  一ツ半  合計一ツ半  ッ憑  先づ一二町  先づ三四人  先づ安心  先づ手燭  金箱一ツ  いまはずッ  ちょッぴりしかありません  ッくに蛭川家  何者ッ  覚悟ッ  当日以来一ツ  十時ちょッ  ッぱなしてあって今  十二時ちょッ  ッぱる  一番手ッとり  ッきの石  そッくりタンポ  ッぴらよ  助平ッ  そッくり一包み  とき十七ッ  小花はまッ  ッぺがして家探し  友人縁者片ッぱし  あとはずッ  ッぺがして人間  ッぺがして徹底的  口先一ツ  太モモ一ツ  一ツ条件  二ツ一しょ  結論一ツ  こッちの  顔ぶれはずッ  一同そッくり  女中二人ッきり  百姓そッくり  ッちゃらかし  ッそ自殺  先づ差当り白米  先づ救民小屋造立  先づ一段  一先づ用  先づ手はじめ  先づ関東附近  目ッ  ッそ夫婦心中  舞ッ  取り換えッことしよう  げッそり  ッぱいな楽園  循環ッ  割ッ  ッそ気らく  出会ッ  俯ッ伏せ  口幅ッ  限ッ  切れッぱしだの膠鍋  鬢そッくり  喋ッ  四月ッ  妊娠ッ  むッそり顔  牛車待ッ  憚ッ  合ッ  そッ首  窺ッ  よう守ッ  ッそり閑  五ツ衣  先づ相應  先づ日本國  八ツぐらゐのとき  八ツぐらゐの時  五ツぐらゐ年上  づ入口  先づ臀の  先づ真中  江戸薩摩ッ原  言ッぱ  夜五ツ時  夜四ツ時頃打入り候処  先づ其方  先づ焚火  油ツ気  ツ恥かしく  茶目ツ気  実用的ニシテ且ツ居心地ヨキ  先づ各種  づ脚  先づ内科  づ羽織  づ及第  づオフエリヤ型  づ仲直り  摘ッ  アノ明けッ  耻ッかき  綱ッ引  ッぺすぞ  ッぺしちゃア危  ッちい茄子  醤油ッ気  壺ッ  横ッ腹ア  愚図ッ  ょぴいてッ  ッ旦那月  ッ是  ちゃッぴい  二ツ嶽  こと六ツ  づ身の丈  ッぱられた頃  三ツ美  ト一ツ  星一ツ一ツ  二ツ胡蝶  ッ申上げ  ッ立花様  支度ッ  先づ胸中  先づ藩閥元老  先づ政党  先づ自ら戒飭  自身先づ政友会  先づ十分政友会  先づ灌漑工事  先づ行政各部  先づ国民  先づ主義  先づ藩閥  先づ有形上  先づ南面  都筑馨六氏先づ  先づ閣下  先づ試  先づ権力  先づ華族  三ツ下  火桶一ツ  陰でぶツ  づ九重  さといッ  びッこ  ッそり面  意地張ッ  成ッ  揚ッ  逸ッ  轟ッ  天ッぺん  綴ッ  ッそこう  出張ッ  ぴらッ  引ッきりなし  押しつけッこ  曳ッぱられてゆく途中  かぎッ  伺ッ  迫ッ  づ云つて  先づ人さき  出づ秋  づ森  お松ッ子  踊りッ子みたい  威張ッ  何一ツ悲惨  転び出づ  づ不尽山  下谷佐竹ッ原  四ツ五ツ先  づ徹底  づ時代  先づ閣議  づ軍部  加賀ッ原  三ツ四ツ一度  失策ッ  しぼッ  道誉がきッ  喞ッ  紊れきッ  買ッ  涙ッ  ゆうべ夜ッぴて  雑人輩めッ  詰ッ  下郎ッ  こッくり  四ツ目結  堂塔四十幾ツ  長巻一ツ  三ツ四ツ年下  先づ政黨  先づ舊自由黨總務委員  自身先づ政友會  先づ十分政友會  先づ國民  先づ權力  先づ享  矢ツ張り舌  ツ平ら  なんツ  先づ明治文学  一ト先づ  つて先づ手  先づ外山正一矢田部良吉等諸氏  先づ材料  先づ其大躰  づ才子論  首ッ引き  十三七ツ  づ皆  先づ妻  そッちの  こッちから匂い  恟ッ  閾一ツ  首級十幾ツ  七ツ井戸  首一ツ  正面切ッ  甘酸ッぱさをまた妙  ッかいな至難事  区ぎッ  呶鳴ッ  童ッ  謳ッ  救ッ  ッきり六波羅  あいそッ気  泣きッ面  野呂ッ  ッさい  幾うねり登ッ  づ大体  ッそく初音サン  ッそく旅行  なすッ  つぶッ  先づ豹皮  浮き立ッ  遇ッ  至ッ  色はくッきり  ぱッちり  語ッ  慕ッ  飾ッ  骨折ッ  赤ッ  籠ッ  微笑ッ  引ッ張ッ  娘はじッ  折ッ  習ッ  わがままッ子め  止ッ  遊びといッ  波立ッ  背負ッ  一言言ッ  蓋さッ  ア皆さん採りッこ  繁ッ  ッたて小屋  立ち上ッ  物語ッ  移ッ  ウそッちの  どこッちの方  ッちの方  ッさら  ちょッくら往ッ  一ッ走り往ッ  ッただア  さッさろ  躊躇ッ  今ちょッ  かなッ  迷ッ  引ッさらッ  わがままッ子  渡ッ  何一ツ稽古  四ツごろようよう  二ツ三ツ叩頭  ウ七ツ下り  先づ一本  先づ鼻  陰気ッ  ッぷり一月  火ッ  ゃずッ  巴里ッ児  お前ッ  気晴しッ  ッぱり泪  厭ッ  こッそり寐間  ッぱり煖房  当地はめッきり  吉公ッ  先づ彼女  先づ試み  づ踏台  づ二人  摺ッ  七ツ八ツ九ツ十  穴ッぱいりか  先づ菓子  先づ明晩  先づ人並  先づ瞬き  先づ梅干  星一ツ晃  ッぱりだそうと  こッちの首  赤坂二ツ  一分一ツ  討ッ  拾ッ  一杯食ッ  穿ッ  縒ッ  なだれ打ッ  大蔵ッ  娑婆ッ気  一ツぴしゃッ  撥ッ  駄々ッ子声  すり寄ッ  守ッ  伴ッ  ッそまし  めッそう  ッそり藤夜叉  身一ツ高野  ほか幾ツ  顔一ツ一ツ  玉盤ニ落ツ間関タル鶯語花底滑ラカニ  づ仏前  づ下駄  づ借金  づ焼酎  先づ服部けさ子女史  崖ッ縁  ッちや  人魂ッ  づ芸術  ょうばいになるじゃないかッ  づ地面  先づ桑子  お茶ッ葉芝居  江戸ッ児気取り  江戸ッ児専売  落ッこ  白楽天ッ  民ッ  石灰分がくッ  太ッ腹  ッぱりオメンクイ  それッきり発育  いちづ  づ刺  廿三日晝九ツ時  づ南蛮渡り  づ高見  先づ門口  都合三ツ  三ツ庄  むッつり顔  ッせい  一人割切ッ  田中氏政ッ  攻めくだッ  殿ッ  誘ッ  太守ッ  腹掻ッ  ぼやッ  年五ツ  かな具一ツ  木ツ葉天狗  当年九ツ  づ具体的  づ玄人  づ心配  づ危機  先づ母  何処ッ  先づ愛児  づ歴々  三ツ四ツ年上  七ツ八ツ嚔  づ無量  づ五十がらみ  先づ源太郎  矢ツ張り福造  ツさん一寸銀場  ツぱなしになつてゐる三疊  そツ氣  ぴツ  引ツ切り  ちやツちや  付けツ  引ツ詰め  ツたい色白  引ツ張りつ  連れはんだツ  ツさら散財  ツさん別れ  ツぱなしになつてゐる三畳  づ渾然  先づ父子相姦  づ父親  先づスキ焼  坊ッちやんぐらし  女ッ気  づ虜  お茶ッ葉  木ッ葉役者  暮六ツ泊り  七ツ立ち  先ヅ槍  先づ世の中  づ難  先づ水車  古城ッ  このごろッ  戦争ッ  声先づ  ッかい者  引ッぱりだこだそうで  めッきり風  引ッぱって  演ッ  ぷッつり  元祖ッ  ッぴらだ  なにやつッ  ッつれ  ッそりかん  宮さまッ  図面どおり幾ツ  五ツ骨  守ッ子  一ツ宛  二ツ三ツコロコロ  七八ツ  是非一ツ  きみッ子  ッぺ  薩摩ッ原  六ツ時  八ツ番  六ツ時後  一ツ管轄  兄さんッ  頸ッ玉  鍼ツ  酸ツ  先づ猛獣狩  万づ  先づ日本犬  先づ馬  ゆツさゆ  づ一行  どなたッ  突撃ッ  煙ッ  づ底  五ツ半時  二三度突ッ  突ッつけこっち  突ッつけそっち  突ッつけヤレ  膝ッ小僧  膝ッ小僧連  先づ直参  先づ癩病患者  先づ日向  先づメッショナリウス  先づ聖  づ定石  先づマストリリ  先づ磯  日先づ白石  栗四ツ  蜜柑二ツ  干柿五ツ  丸柿二ツ  パン二ツ  ぐぐッ  慈善病院三ツ四ツ  佳辰先ヅ祝ス君公  丈夫玉碎愧ヅ二甎全  錢恥ヅ二季子ニ一  ラ攀ヅ  家ニ一而出ヅ  ヲ涙先ヅ下ル  リ飛ビ來リ悲ミ且ツ欣ブ  絶ツ二逢迎  且ツ欲シレ使メント二宮中府中ヲシテ一體タラ一  保ツ二餘生  顰ツ顔  づ犬  づロビンソンクルーソー  づ赭  先づ赤米  黒味渡ッ  引き摺ッ  ッさッ  纏ッ  言ッたん  二女はじッ  引ッ立ッ  締ッ  ことばッかし  座ッ  不実同士揃ッ  小杯ッ  ッそ苦労  放擲ッ  歩きッ振り  謝罪ッ  発ッ  帰郷ッ  閉ッ  臥ッていらッ  喰ッたん  謝絶ッ  断念ッ  変ッ  ゆッくりお茶  西宮はじッ  とく立ッ  多かッ  今夜ッきり  しまッたん  ッたかね  ゃりはしませんかッ  臥ッ  善吉はじッ  洗ッていらッ  屈ッ  ッかし  了ッ  今日ッきり  唄ッ  出来なかッ  思ッたより  結ッ  死去ッ  ッぱりそうだッ  二夫婦揃ッ  登ッ  吉里はじッ  私しゃ今日ッきり  使ッ  冷え渡ッ  夫婦揃ッ  なかッたん  思ッたこ  混和ッ  一時ごろ帰ッ  さし代ッ  煤払きだッ  十日ッ  冷遇ッ  ッぱしそれッ  先日ッ  アそれッきり  ッぱし気  あれッきり手紙一本来  いなかッたん  見当らなかッ  相違なかッ  二ツ揃  浮気一ツ  先づ秘か  先づ京音  ッ母さん心配  ッ母さん仕事着  はおとッ  ッ母さんしよう  兄者ッ  ほろッ  奮ッ  左衛門ッ  腹切ッ  ッそ息  保ッ  切迫つまッ  三ツ股者  チャブ台一ツ  武蔵ッ児  川越ッ児  三ツ櫛  ッちい  張りッこ  素ッぱ  三日月パン一ツ  茶目ツ子  一角先づ燧  むぐツ  一先づ家  喉ツ首  朝ツぱらから  兼ツ  ぺなア兼ツ  ツら  巾ツ  徴兵檢査ツ  なあに眞ツ  一先づ手  一先づ本人共  一先づ安心  先づ伊作  先づ目先  女優はめッ  づ意慾  づ我々  先づ篇中  今一ツ六蔵  んこツ  先づ恁  ッそくドス  そッくり生活  づ自己一人  遠方ッ  ッつる肌  瞬き一ツ  舌ッ  五ツ位  先づ故郷  先づ無意識哲学  三ツ胴  づ青年  づ谷川  照子ツ  ツぺらな感情  嚇ツ  ツたんだい  厭味ツ  ツちのこと  頬ツぺたのあたりに  渋ツ面  照子はかツ  失敗ツ  あれツぱかしで  顰ツ面  何云ツてん  竦ツ  ツ切  一ツ人  づ歸  づ古賀  先づ西洋  先づ自ら幾日間定  先づ定  先づ舌  先づ油  強情ッ張り  出ろッ  むらッ  七ツ傘  づ固定  先づ金剛智三藏  先づ加茂  一ツ分占領  身体一ツ  一色右馬介ッ  ッきり殿  つけ狙ッ  揃ッ  ッぴろげな芸  上陸ッ  光ッ  播磨ざかいまで上ッ  一ツ落ッこ  五ツ六ツ餅  とき意地ッぱりの村  意地ッぱり  ッぱればアメ  しびれッ  先づ問題外  づ困難  ワッピョーワッピョー鳩ッ  ッぺりした三十がらみ  づ吻  先づ顱頂部  芸妓ニ於テハ先ヅ小梅  且ツ絃妓  づ白川  づ其方法  先づ冒頭  先づ屋敷中  先づ手近  先づ何處  先づ口  暮れ六ツ  四ッ半  一ッ風呂  毎日暁六ツ  夕六ツ  明け六ツ半  六ッ半  四ツ頃  七ツ過ぎ  父ッ  当日五ツ半  夕七ツ  明け六ツ  草ッ葉  白糸出づ  六ツ半頃  夕六ツ半  六ツ過ぎ  朝七ツ  播磨ざかいへ迫ッ  戦ッ  ッ廷尉  泣き顔そッくり  みな戦気立ッ  夜ッぴて諜  ばいッそ息  減ッ  一同打揃ッ  濡れ光ッ  はずッ  庇ッ  一同ッ  わらわらッ  望むにきまッ  闘ッ  灯一ツ  笠一ツ  三ツ四ツ頃  それら三ツ  大抵五ツ  夕七ツ半  ッ端連  博多ッ子  一ツ景気  づ此樣  本所四ツ目  引け四ツ  浅蜊ッ貝  夕六ツ過ぎ  五ツ半頃  暮れ六ツ頃  加賀ツ原  夕六ツ頃  ゆうべ四ツ半  シト打ツ  暮れ六ツ過ぎ  四ツ過ぎ  四ツ時分  四ツ過ぎころ  店名なぞ三ツ四ツあれこれ胸  五ツ六ツひつぱたいて  三ツ無理  買つた四ツ  秘蔵ッ子  ッ歯  荒稼ぎッぱなしの野武士  先づ当分  づ大切  先づコック氏  づビール  先づ紙  づ一パイ  尻ッ端折  摘ッ鼻  把ッ  目送ッ  お茶ッぴいゆえ  お茶ッぴい連  一ッ家  愉快ッ  這廻ッ  ト思ッ  二段三段登ッ  五月蠅ッ  トハ思ッ  解ッ  ほつれ掛ッ  写ッ  ッていらしった  回首ッ  引取ッ  チョッ今夜言ッ  糞ッ今夜言ッ  思切ッ  起揚ッ  チョッ言ッ  切上ッ  トハ言ッ  豆ッ  さく成ッ  強情張ッ  ッぱら人  落着払ッ  何かしら祝ッ  幾程言ッ  一言位言ッ  フフン違ッ  ブッ座ッ  噛切ッ  拭ッ  喰切ッ  ト我知らず言ッ  噺しだッ  囓切ッ  今朝言ッ  過去ッ  流れ渡ッ  一時笑ッ  塞切ッ  アラ喰ッ  アアモウ解ッ  一番失策ッ  塗ッ  ッ今  不断そう言ッ  立帰ッ  ッぱり何時  辞ッ  靠着ッ  蘇生ッ  起上ッ  徘徊ッ  生茂ッ  ト云ッ  立止ッ  弘ッ  ッたま  厭味ッ  ト愚痴ッ  峙ッ  蒐ッ  暁ッ  莞爾笑ッ  使用ッ  友達同志寄ッ  蹲踞ッ  随ッ  押切ッ  自ら叱責ッ  仔細有ッ  回ッ  耋ッ  ア厭味ッ  唯今帰ッ  寐入ッ  晴渡ッ  事言ッ  勢ッ子  羽織ッ  悟ッ  頬張ッ  待遇ッ  見積ッ  進入ッ  靡びかそうと思ッ  突起上ッ  褫ッ  突立ッ  シカシ幾程云ッ  一等上ッ  対ッ  冷笑ッ  ブン打ッ  受取ッ  衝当ッ  連ッ  静ッ  何時帰ッ  たちこッこ  首ッ丈  チョッピリ有ッ  事云ッ  盛ッ  ッたか  馬鹿気切ッ  オイ笑ッ  改ッ  突立ッたま  渝ッ  覚ッ  文三起上ッ  ツイ饒舌ッ  附上ッ  ッぱり思切ッ  諍論ッ  配ッ  こッそり起上ッ  暫らく待ッ  截ッ  拍ッ  ちょッくり抱ッ  摺寄ッ  間違ッ  跡ぴッ  端坐ッ  蹙ッ  失敗ッ  ウ帰ッ  有ッ  立入ッ  変生ッ  尤めなかッ  ッつり遊び  欠びまじりに云ッ  復習ッ  掛ッ  構ッ  逐ッ  食らッ  ょッとこ面  暫時争ッ  話合ッ  慾張ッ  危坐ッ  ちょッかい  費ッ  鈍ッ  却ッ  大層作ッ  粧ッ  留ッ  吹渡ッ  適ッ  三人集ッ  齟齬ッ  回り回ッ  彷徨ッ  立留ッ  二ツ三ツ英語  紙襖一ツ  これ一ツ卓絶  二ツ三ツ礼拝  三ツ四ツ辞儀  耳一ツ  暮れ六ツ半  明け六ツ過ぎ  夜四ツ半  明け六ツ頃  ッぴらで釧路丸  ツ鱶  勢でぶッ  首ツ  二ツ文字牛  二ツ文字  先づ聲  先づ平安朝以後  先づ獨逸  先づ基調  先づ三年  先づ西瓜  先づ生活力  先づ英吉利  先づシェークスピア  うちツ  きばツ  ツてん  まゆツ  なかばツ  ありまツ  そぎやんこついはるツ  大抵八ツ  ひと先づ東京  ざッぱ  何度戦ッ  突ッぱねつづけて  はめッ  ッぱい師直  練ッ  一ツ風  長所三ツ  ようツ  小五郎ッ覚悟  大変ッ大変  石松ッ  先づ一二位  先づ悲哀  先づ眞先  ツてい  先づ退治  づ伴さん  八ツ半頃  九月二十四日昼八ツ  五ツ時  ッつき玄関  お茶ッぴい  先づ長崎奉行竹中采女  先づ世界  先づ定評  先づ現実暴露  づ戯曲  意地ツ張り  昼八ツ  先づ簡單  唯一ツ  づザッ  づ案内  づ斯  づ一難すぎ  夕七ツ限り  ッぷてえ奴  びかざりッ  八ツ過ぎ  こいつあまづ  ッ旗本  総計三ツ  三ツ目錐  七ツ以上  鼻ッ端  都合四人づれで六ツ半  他生の縁ッ  宗山ッ  一ツこいつ  饂飩六ツ  二ツ三ツ拍子  一ツ刎  これツぱかりのことでまたそんな心  ッきが  先づ右  先づ一緒  づ胸  づ男  教導師先づ躬  塵ツ葉一本  ッ闇  づ従はん  先づ形  先づ鑑賞  つて先づ裝飾  先づ土  先づ危險信號  先づ疵物  先づ燒物  づ青磁  黄身二ツ  まま二ツ割  橋一ツ  唯九ツ  林檎一ツ  モー二ツ三ツ  残つて皆一先づ家  なかッぺ  づ入道広元さま  づ箱根権現  づ戦  先づ蜂起  づ義村さま  つて先づ其身  先づ御礼仏  先づ御車二両  先づ居飼四人  ッ二ツ活血  矢ツ張り  面前ニ立ツ者ハマタコレ何人ゾ  ナンノ為ニ野狐ニ堕ツ  二人出づ  先づ箱  先づ命  稲妻出づ  づ何事  二ツ処  七ツ十ウ  うずッ  方始めッ  姥石なぞッ  こいつッ  腰ッ骨  塵ッ端一本  づ憐愍  先づ此處  一ツ紋  ツつり下  先づ古今集  先づ金槐和歌集  先づ溜息  ツテ奴隷トナサンコトヲ企ツ  対空射撃用意ッ  そォらッ  警報出づ  先づ自発的  貧乏徳利二ツ三ツ  万分の一ツ  刺傷一ツ  一ツ奥  それ一ツ  先づ行きたて  先づ一軒  頬ッぺたをしているね  末ッ子達  ッ唯中  爆撃始めッ  くらッくらッ  三ツ坊  づ猛烈  先づ人々  先づ先  先づ川  行つて先づビール  先づ禅寺  づ首肯  先づ人間社会  四ツ五ツ年上  先づ大概  づ竜  シャチコ張ッ  こッそり単独  東京ッ  ッちく  名古屋ッ児  三ツ眼錐  明朝九ツ  しみづ子  これッきりお宮  へんッお前さん  あれッきりお宮  山ツ気  こッちの隅  前髪ぷツつり切  五ツ六ツ袂  もの一ツ  字二ツ  花二ツ咲出  花唯一ツ  花一ツ採り  先づ帳合  酸ッぱいものが咽喉  一ッそネネ  モウ二ツ三ツ  あくび二ツ三ツ  ちょッくら  ッ車  腰ッぺたを  ッてい  といッたん  通りお茶ッ葉  二ツ小袖  突ツ切つて  つた娘ツ子  づ妻  づ凡  づ川  馬賊ツ  がれ出づ  こッちの山  先づ高館  づ高館  昔二ツ眼  一ツ眼  二ツ眼  たる三ツ眼  三ツ眼  矢ツ張り僕  ツ先きの崖  山一ツ秋谷在  四ツ竹  身二ツ  三ツ五ツ星  私一ツ  部屋一ツ  私一ツ腰  螽一ツ  一ツ音  一ツ噛  一ツ上の  ハイ一ツ一ツ白髑髏  三ツ二ツ手毬  白ッ首  ッきり饒舌  光ッたけ  杉ッ葉  ッしり汗  眞ツ平  先づ大和  米ッつぶ  四ツ割り  一番江戸ッ児張り  男ッぷり  づ孔子  一つッ切り  一ツ又一ツ僕  我五ツ  我七ツ  天ツ  先づその一ツ  一ツ拵  事一ツ叶  づ方様  胸先づ迫  づ終局  朝ッぱらから  ッぱりお腹  一同前進ッ  番号ッ  呀ッ呀ッ  ここはずッ  ッどこ  一ッぺん順序通り  あしらッ  大通り四ツ角  三ツ巻  二ツ三ツ口  七八ツ九ツ  ッしり鉄  五ツ年上  品川八ツ山下  悪戯ツ児  づ勝負  づキクッタ  先づ下  紋縮緬三ツ紋  町ッ子  坊ちゃん一人ッきり  一先づ瀧  ヲ建ツ  三ツ地  一枚二十五両ッ  ハアー水ッ一杯  づ大  づ国王  づ長者  姿ツ  先づバツカス  遍照金剛ッ  んづ  づつてゐるぐツ  づ瞑想  白粉ッ気ひとつ  三ツ叉  先づ長野  づ爐  小塚ッ原行き  盗ッ人仲間  盗ッ人走り  紺屋ッ原  ッ立て便所  雲霧ッ  相棒ッ  大盗ッ人め  ッ畜生ッ  風邪ッ気  父上ッ  外記ッ  しょッ中  青ッ洟  父様ッ  潜ッ  づ皆無  ろづ物珍  二葉三ツ四ツ  ツこなし  議出づ  づ相談  ひと先づ遠慮  伝六ッ  岡ッ引根性  づ山岳会  幅びろく突ッ  校長馬鹿ツ  鰻ツ  赤鰻ツ  矢ツ張乞食  人ツ  ツ限り  先づ廣  先づ無難  先づ根柢  ゅうッ  先づ書記  先づ傍聽席  正午一先づ休憩  先づ日清間  一先づ質問  先づ如何  先づプラグマチズム  先づ自ら自由人  ッぱなしにしてゐます  づ時計  先づ自分自身  バカ者ッ  ッ八  がらッ八  ゅうひゅうとからッ風  先づ眠  とおり九ツ  喜びさせるにもほどがあるじゃごわせんかッ  大将ッ  伝六大将ッ  五ツ六ツ用意  ちくしょうめッ  辰ッ  百面相ッ  五ツ下がり刻限  四ツそこそこ  四ツ菱屋  四ツ菱屋さま  五ツ下がり  夕景六ツ下がり  八ツ山坂  あっしゃくやしいんだッ  ゃんこのかぶとむしめがッ  岡ッ引き  伝馬ッ  べらぼうめッ  公卿さまッ  兄貴ゃどこへもぐったッ  たわけ者ッ  こっちゃねえんだッ  目ぢょうちんだッ  しだッ  今宵九ツ  六ツ近く  九ツ前後  宵六ツすぎ  九ツ下がり  これ辰ッ  ぐさッ  寄ッちゃいかん  伝公ッ  駕籠屋ッ  ゆうべ本所四ツ目  四ツ目行者  五ツ四ツ  宵五ツ  づ体裁  ふえッ  浜ッ子  八王子ッ子  後家ッ子  育ツ  先づ一成  先づ此二三人  づ舌戰  野郎どもッ  うしゃがったんだッ  七ツ刻  五分ツ  梨一ツ  明け七ツ  六ツ下がり  べらぼうッ  ゃなおめんどうだッ  出ッ張り  坊ッ  朝五ツ  駕籠町比丘尼店平助ッ  先づ斷念  九ツそこそこ  かっぱ野郎ッ  立てッ  駒ッ  土左衛門ッ  無礼者ッ  年代はずツ  坊主ツくり  脇ツ腹  美濃四ツ折  美濃四ツ折くら  一ばん下ツ端  溝ツ川  今日五ツ  五ツ半時戸田村大行寺  四ツ時カヘル  ヨリ出ヅ  四ツニ出ヅ  づ後者  づ樺太島  はまづ  先づ外國  づ江戸内海  つてもちツ  根ツ  子供同士ッ  意地ッぱりで  今どきめッ  友達ッ  遊びッぷりはむしろ陽気  フトン二ツ  一ツ座席  ただ一ツ誤算  駄駄ッ子  二ツ三ツ団扇  づ目  づ人民  づ其象徴  づ形代  づ近世  づ一町  一先づ過去  へんツ  ぴりツ  先づカバン屋  づ門傍  づ健在  宵ッぱり  菜ッ葉色  先づ運命  づ考  づ術者  二ツ年齢  一ツお話  づ高須  事ッちゃ  ッきり同類  づ前肢  先づ民間  先づ不作法  づ身なり  敬礼ッ  先づ劈頭  先づ押ずし  先づ二臺  先づ此位  ッちの疵  胡坐ッ  友だちッ  様ッ  鼻ッさき  ッたい人  曲漢ッ  二ツ割  上りがくッ  出来上ッ  づ挨拶  づマスタア  一先づ僞つて公  ツツぺえちやツたん  けつツぺたあ  厭ツ  応えツ  ふくらツぱぎをこすツ  ツ気味  八ツ峰  三ツ岳  三ツ岳寄り  八ッ峰  五尺四寸ちょッ  ッこぬき  引ッこぬき  素ッぱぬいてやれ  一流投手二三人引ッこぬき  午前零時ちょッ  三ツ四ツ用意  先づ巴里  物音一ツ  指一ツ  様子一ツ  ッぱしからたたき  ッぱり亜米利加  チ畜生ッ  タッタ一ツ  づ島人  天一ッ柱  ッすり刷  白ッ茶けた草  づ無事及第  當ツ  人ツ子ひとり通り  佐竹ツ原  人ッ子ひとり通り  ぱぱぱぱッ  一ツ奇妙  先づ猫  一屁ツ鋒詩人  少年はずッ  尻ッ刎  切ッ屑  居ッさい  島野ッ  寺ッ  楽ッ  道はずッ  つけようッ  おいらこれッきり  ッぱと刎  ッそり悠々  二ツ三ツ地  二ツ三ツ横面  六ツ七ツ八ツ  九ツ十ウ  お前一ツ内端  ここかしこ二ツ三ツ岩  二ツ三ツ体  星一ツ遥か彼方  二ツ三ツ四ツ五ツ  づ寛正  づ政治  先づ汝ら  づアレキサンドリヤ市  それっきり人ッ子ひとり  オッ母ッ  づ坑山  怯づ怯づ細眼  先づ爽やか  川島芳子ッ  南無阿弥陀仏ッ  六ッかしく  先づ労役  づ此処  先づ勞役  づ此處  先づ俳優自身  ッつけ故郷  浅黄のぶッ裂羽織  先づ決定  先づ疑問  先づ題號  づ十中  先づニコラ  ツ兒  づ芸術的感激  づ内容  きゅうッきゅうッ  召食ッ  ぱッぱ  ざあざッ  黒縮緬三ツ紋  砂ッ埃  木ッ端細工  慢心ッ気  ッ非道  咽ッ風邪  七六ツかしく  落合ツ  しみツ  四ツ目屋  田舎娘ッ  彼女ッ  づ語根  づ終止形  呀ツ  末ツ児  静ツ子  づ鍋  とつッぱねられる  事ばよう知ッ  先づ個人  三本ッ  面ッ  二本目ッ  突きッ  小手ッ  胴ッ  ろ一ッ所  先づルナアル  づ劇界内部  づ釈放  先づ脚本  先づ申分  先づ絶対  先づ二種類  づ戦争直前ぐらゐまでに  七ツ岩  先づ当今  づ賊中  づ一足  一ツ聞カセテアゲルコトアリマス  ソレヲ一ツ  七ツ道具代用  大阪ッ子  ツ違  千本しめぢツ  つてツ  かしくツ  一ツづゝ此方  流れツ  落ツこと  せつツ  一ツ一ツ眼  一ツ一ツトわな  ざあざあッ  千本しめじッ  流れッ  落ッこと  白魚船四ツ手網  一見先づ日本ら  先づ画家五人  づ橢円形  一版出づ  TheHeritageofHiroshige出づ  づ洒脱  先づ文学  先づ荒膽  先づ此一事  づ魔法  パンツ一ツ  引ツ込み思案  ッ飛行船  宵ツ張り  づ耳  づ永井  先づ雇人たち  ゃりッ  一先づ魔宴  ッ二ツ  行つてちよッ  先づ人間  矢ツ張り忠君愛国  討死ツ  男妾ツ  矢ツ張り共産主義ツ  何百ツ  様子ツ  朝ツぱら  矢ツ張り目  マア何うしろツ  御免テ逃げツ  篠田ツ  是ツ  新式江戸ツ子  ツくり島田  花吉ツ  伊藤ツ  引ツ裂  虚偽ツ  大和ツ  ツ披  何れ麻布七不思議ツ  容子ツ  耄碌ツ  其ツきり道時  議長ツ  間諜ツ  ツ青  行つて仕舞ツ  悪党ツ  私ツ  敵ツ  名誉ツ  矢ツ張り私  嘘ツぱち  矢ツ張り人間  矢ツ張り心当り  社会主義ツ  一ツ善根  先づ其  此際先づ男  誰か先づ  先づ売国  先づ同君  組合先づ  新年先づ  先づ不敬罪あたり  先づ激動  臆病者ッ  布ッ端  二の膳出づ  先づ奮發  げツ  二ツ三ツ上  ぷつッ  六ツ時頃  且ツ基督教団  三ツ眼屋敷  先ヅ荒土  塵一ツ  先づ單  先づ日本書紀  狂人ッ  先づ冬  先づ百姓様  てい二ツ  づ作者  サリ横ッ腹  料ッ  破れッ  妻ッ娘  五ツ屍  二ツ弾  づ一番先  づ野村  先づ身慄  先づ竹山  屹度先づ給仕  先づ腰  先づ浮子  先づPlanCarpin  先づ其事  先づ飮物  飮むときには先づ一番先  づ片端  づマルタ航海会社  何一ツ抗議  封筒一ツ  一ツ一ツ急  ツ馬鹿めん  づ天気予報  先づ人智  先づ彼ら  先づ無事  先づ先づ目  ツぱりわからぬ  四ツ目屋事件  塵埃ッ  おつけッ  つて立ツ  ツけが  反逆といツ  完ツ  揮ツ  といツ  乘ツ  二人ツ限り  恁云ツ  逢ツ  先づ食ツ  矢張黒文字ツ  黒文字ツ  時黒文字ツ  一つ殘つて居ツ  つて行ツ  曇ツ  駛ツ  何日立ツ  乗ツ  幾何云ツ  ツ了  合ツ  笑ツちや不可  沢山集ツ  払ツ  用ツてる様  謂ツちや変  帰ツ  残ツ  二人ツ限  拈ツ  一つ残ツ  づ神  ツ二人家ニ一  一ツ二ツ落ち  何一ツ人  本所五ツ目羅漢寺  円ッ  出ッ  通り出ッ尻  ッ尻  目ッぱ  一名目ッ吉  目ッ吉  しょッぴくつもりなんだろうが  ア目ッ吉  山ッ気  ツ引  暁六ツ  丁度六ツ半頃  四ツごろ使屋  ほんとのこツ  確ッ  入りッ  そッちゃ  ッぱり長崎  てこッそり抜買  矢ッ張り縁  ときッぱりと  まじッ  ときッぱりと拒絶  ッぱり利七  疾ッくに覚悟  ッぷりと日  奇ッ怪超自然  素ッ天辺  ここでぶッくら  通りッ  路考ッ  朝六ツ  五ツの  六ツ頃  づ一ばん端  えなツ  八重ツ子  八重ツ子がら  八重ツ子ア今夜  何時ツ  芳ツ子  今夜日ヤ暮れツ  水道ツ  忠太ツ  ツ子ア遙  づ我  先づ四五日  づ一人源助  先づ兩脚  先づ明日  否や先づ險  先づ演出法  先づ欧洲劇壇  先づ希臘劇  先づ順序  先づ作中  先づ決定的  先づ例  づ存在  先づ縁  先づ文体  芳ツ子許  先づ両脚  否や先づ  先づ日本演劇  先づ他  先づ文化運動  先づ専門別  先づ出発  づ観劇  先づ快感  今朝ッ  場ッ  ッくり横  先づ言葉  づ演劇  づ念  衣一ツ  先づ纏持ち  先づ昔  づお茶  先づ三百  ツりや  居ツ  先づ我家  ぺしッ  ッ亀井  一ツ莞爾  ツちや砂利  赤ツ茶  老実ッ  エエ糞ッ  先づ忘  引ッ越しすべて背水  ッ師匠さん  うちひとッ風呂  間違いッこ  今日ッきりお前  先づ子爵夫人  づ貯  づ鶯  昼間ッ  づ右手  先づ差當  づ前  先づ花  丑三ツ  ノケイコニ三ツ目所  道具ガ一ツ  夜五ツ時分  七ツ時分ニ迎エヲヨコシタカラ  七ツ時分ニナッタカラ  身内ニ創一ツ受ケタコトガナイ  づ是  何一ツ燒  二ツ切り  先づ感嘆詞  づ体言  今日はた先づ  一杯三ツ葉  づフランス  づポン  ッ母さんの  げんこツ  ゃんこツ  五ツ六ツ私  自分先づ座  ぷるツ  五ツ目あたり  先づ兎  がまづ問題  先づ村民  づ蒔繪  引ツ張つて  呶鳴ツ  先づ翻訳者  先づ電燈  づ顧  じいツ  七ツ釜不動岩  三ツ峯  ぎよろツ  姫ツ子  三ツ四ツごろごろ  こッぴどい目  一人押ッ  引ッかけ  ッきりこれ  暴ッ  ッぺらな西洋づくり  一ツ先きの釣革  ば一ツ  何一ツ彫刻  今年七ツ  三ツ峠  三ツ峠頂上  先づ智恵  先づ筆墨料  づ尊堂  づ過日  一ッ橋  曳ッこ  一寸法師ッ  浜谷ッ  明座ッ  恐くッ  一ツ鉦  先づ七之助  づ起出  丞先づ  先づ両手  ツ気  黄金機会ツ  其黄金機会ツ  つて二ツ  此三ツ  みんな眼一ツ  此銅貨一ツ  今度福井ツ  先づ其銭  ッつけ野郎  ッつけめ  こッとら  二名先づ新宿舎  同業某先づ牀上  われ先づ口  言つて先づ奏任官  先づ日記  踏反ッ  むんむッ  づファリアス  先づゴリアス  づ應仁  先づ父王  七ツ兄  こッちの年  ッそ気  そッくり乗りうつッ  一ッぺん山  政ッ  二ツ三ツの  づ琴  づ意外  顰ッ面  頬ツぺ  品夫ッ  ッぱしからひきぬいては  山梨刑事ッ  掏ッたん  若様ッ  ッ皇命  結局ぎやッ  づ太子  先づ瀬戸物  づ妾  先づ湯  づ一服喫  づ伝  先づ河岸  づ順序  先づ戦争  づ危険  先づ密集隊形  先づ感情的  先づ矯正  つけツ  ツさア  づ間  先づ夏冬  由ッ  行げッ  思いッ切り  結びこぶのようにくッ  いたこッ  いたこ婆ッ  稲荷様ッ  模範青年ッ  釘ッ切れ  あまり行ぐなッ  阿部さんッ  膝ッ切り  毛ッ  健ッ  これ健ッ  切れッぱしで突ッ  枝ッ切れ  ちょッぴりちょッぴりいじった  何千人ッ  暴動ッ  一ッこぼれ  碌ッ  皺ッ  犬ッ  いがらッ  ぐなるべッ  ッぱし小樽  キヌちゃ首ばつッ  駄目ッ  餓鬼ッ  ドン百姓ッ  上ッ皮  百姓ッ  何十日ッ  中止ッ  ッつめ  あと九ツ  先づ今夜  づ大体一冊づつ  積ッ  上しッ  一ッ廉天下  今夕七ツ  嫌味ツ  ぴしやツ  食慾ッ  白黒ッ  先づ京  先づ弁当  先づ東海道筋  先づ貶  先づ山林濫伐  づ振袖姿  戸山ッ原  ッ首  じじッ  づ標準  づ無難  づ選択  うち一ツ  一ツごと  一ツ不安  そッくりハチマキ  づ数奇  づ内  珍づ  一たび出づ  あしろかうしろツ  掃除一ツ  馬鹿奴ツ  袋物ツ  ちや何一ツ出来  一人ツ  馬鹿ツこれ  国野ツ  ツ人間  赭ッちゃけた  ッ込み  赤ッちゃけた焼土  白ッちゃけた岩脈  づ寿詞  ッ何  エライことッ  ッなに  川越ッ子  先づ女子  先づ知らず  ぱしゃッ  先づハツ  話出づ  四ッ手網  頬ッぺた  怪ッ態  ッくら闇  逃げッこ  ッぱりこまれたのである  いッ  ゃるッ  こッちの身一つ  ッ弟  四ん軒はぶッ  祟ッ  二章雛鳥ッ子たち  初心ッ  雛鳥ッ子たち  雛鳥ッ子  朝ッぱらからでは  泥棒ッ  埃立ッ  逃げッ振り  犬ッ仔  法界坊そッくり  つぶしッこ  ッてるこ  いくら食ッ  金ッ  泣き声とそッくり  ッちの足  五年経ッ  七年経ッ  ッちゃ火  弟ッ  ッせい騒ぎ  それッきり往来  立ちッきり  遭ッ  鬼ッ娘  それッぱかりか  探りッこ  くじッ  ねじッ  めッきり公務  めッ相  圧ッ  ざざざッ  それッぱかしのことにもう  末路ッ  ッぱいな自暴  おだまりッ  いま三ツ  印籠一ツ  本所一ツ目  俯ツ伏  柴野ッ  坊ッちゃんみたい  お立ちッ  ッそ人中  オレひとりッ  二人ッ  本日さッそく  ッそく出発  ッそく一同  ッそく幹部  そッくり奉納  一ツ処  炭坑三ツ  んざ二ツ三ツ  づ脳髄  先づ此人  づ吉原  先づ契沖阿闍梨  づ始め  先づ大要斯樣  先づ人目  屋ツ  卵こぼれ出づ  先づ吾  先づ傾向  先づ學生  先づ先づ成功  人民ッ  づ勢  一ツ構  立ッこ  當一ツ  其内一ツ  一ツ有  小島一ツ  其二ツ  瀑布三ツ有  岩岬三ツ有  五ツ有  油ッ紙  づ自殺  先づ刀  先づ町奉行衆位  先づ寝所  づ恣  先づ主人  先づ橋本  づ格  煙草一ツ  七ツ買つて來  河ツぷち  歌二ツ出來  先づ足下自ら其良心  先づ足下  社会はずツ  博士はじッ  あいつッたら目  先づ一瞥  先づ建築  づ味  端ッこ位  先づ休養  量却ツ  至ツ  沖ツ海  落下傘ガ三ツ落チテキタト云フ  先づ鳥籠  さ取り持づ  がまづ初め  先づ桃園  三ツ編  先づ熟語  づ普通音便  先づウ列  先づ此処  づウ列音  先づ連用  ザル一ツ  ナベヤキ一ツ  一ツ王  ッそくお出かけ  ッそく東京  ッそく手術  切れッぱしのような  といらッ  はまッ  づ独立  ッぱなしました  七ツ八ツ風光明媚  ッそくシナ研究所  ナイフ一ツ  これツ  ツかしく  矢ツ張り天滿宮  何糞ツ天狗  引ツ張らい  こツちやろ  ツさい  づニコリ  一先づ明日  先づ立派  怒りッぷりが  ッそく某誌  二ツ荷物  こッちの公平  こッちの言葉  こッちの話  先づ其效能  アなかッ  言葉一ツ  一先づ目  先づ藤子  先づ香水  先づ香料  先づ身  横ッちよ  先づ新聞社  づ社員  一ツ文句  屍体七ツつみ  むとせるや先づ科擧  先づ人口稀薄  づ法律  言い方ッ  先づ一冊  山一ツ  影一ツ  先づla  先づ勸業偏頗  先づ鑛毒  づ其責任  先づ賠償金  先づ地方官  先づ帝國議會  先づ當  ツきり調査  づ秋  ゆくみづ  ろづちよろづ神  先づ表  あれツぱかりで  間抜けツ  飼ッ  用ッ  こうやッ  づ美的情緒  づ聴者  づ若鮎  なにようッ  きしょうッ  ころッ  ぺろッ  一ツ車  四ツ橋電気科学館  峯吉ッ  ろづ談合  愛づ  づ殻  言ふうづ  彼奴ツ  ツきり当  田舎ツぺえでせう  番号ツ  ケ右ツ  酔ツぱらい奴  おのづ  づ四隅  づ公  今日ちょッ  先づ五百圓  ちょッといどころ  且ツ我邦ニハ是レ  且ツ皆貴重  づ正確  づ正面  先づ那覇  先づ一方  先づ東郷  先づ首里天加那志  先づ階下  づ概念  づ巻頭歌  づ相当  づ田中君  ッきりお前  これッこれッ  今これッきり  これッ切り  三ツ岩  づ陵墓  三ツ二つ  先づ我  魚ツ  一ツ上  先づ呼鈴  ッぱり不安  下地ッ児  ッぷりした四十がらみ  派手ッ気  先づ君  ッきり見込  独り坊ッ  づ肉  一ツさき  一ツひとつ  づ太ぃやづだ  づ歩  づ未醒老人  づ飯盛女  先づ學校  先づ受驗寫眞  づ幾何  づ天皇  犬ッころ  がりッ  ゃりッ骨  ッかいもん  突ッこま  ッきり別  ッきり父  美人ッ  自由主義者ッ  ちょッぴりよりありません  一ッ切れ  外ッ方  失敬ッ  社民党ッ  突ッぱねたことがあるとか  首ッ根  ッ付き  兵卒ッ  河田ッ  恥かしくッ  こッそり工場長  安心ッ  油ッ  ッぱねた  共産党ッ  ッつけッ  木ッ端  氷水一ツ  頬ッぺたをぴしゃりとやったれよ  脚突ッ  やけッぱちな  はつッ  私ッしら  ッぱらわれてしまうぞ  ッぱっている  ッぱらわれたりして  突ッぱっている  ッぺがしてやりかえられだした  ッぱらって  ッ母  突ッこんど  こッくりこッくり  ッ苦  なめッ  理屈ッ  ポイポイ売ッ  はしッかいよう  ッぱしからめちゃめちゃに  ぱッぱッぱときこえた  酸ッぱい匂い  孫伝芳ッ  頬ッぺたをなめられたような顔  ッぱらわす  ッ振り  ッぱらってしまうさ  ぎくッ  あいつッ  三ツ股かけ  宇吉ツぁん  一ツ一ツ印  やつ一ツさ  銃一ツ  音響一ツ  ちよツけた能代  先づ足駄  しまツ  空ツ脛  づ玉泉寺  づ西光寺  づ大体次  先づ敬君  腕ッ節専門  づ水浴  づ我我  づ理性  づ無責任  づ自己弁護  でくッ  先づ藤野さん  二ッ三ッ盆  灯二ッ三ッ  俥ツ  焔ツ  づ昼飯  先づ戯曲美  ツこと  一ッきり  ッつけ口  ツつう  二百むツつう  ッつう  先づ先づ  先づ心配  先づ宿屋  朝先づ一本  先づ薔薇  づ酒酌  先づ靈岸島  先づ酒  先づ毎日三四十分の時間  一先づ此處  先づ眞正面  先づ勸め  先づ和田山蘭  づ下  先づ脣  先づ伊豫  先づ郭公  一先づ沼津  先づ江の浦附近  先づ一月  先づ枇杷羊羹  先づ竹  づ尋常三年生  先づ東京横濱  づ燒嶽  ッぱちより外  ぐいッ  一ツ一ツ元  一ッ時  先づ從來  づ右  づ對馬一支  づ髯  づ性質  づ十分の入り  ぼうツ  先づ全市  三ツ四ツ小片の  先づ演  づ殆ど  八ツ目  一ツ刎ねた  一ツ机  ッ様昼上り  松原はずッ  調子ッぱずれの可笑い処  ままッ児  額こッつり  先づ繁  先づ履歴  先づ誰  先づ上  先づ言  先づ高橋  先づ吾等農民  ッ唾  いつかッ  横ッ飛  一ツ土  一ツ胴震い  瞬一ツ  下駄一ツ  人影一ツ  突ッぱなして  ッともこ  ときッきり  不自由ッ  ふだんもちッ  そッくり半分  ゆッくり柚湯  いまッ  ことこれッぱかりもいや  そんなほッつき  頬ッぺたよ  突ッ慳貪  づ弓  二ツ田  東京ッ子  暖ツ  一先づ其家  ッぱるので有名  ッしょ  負けッぷりはお見事  巷談師ッ  酒ッ  つぎッ  泰軒先生ッ  先生様ッ  ッ川  鳶由ッ  ソレおのおの方ッ  咽喉ッ首  源様ッ  源三郎さまッ  子ッ  そこのけッ  胴ッ腹  馬鹿者めッ  痴けがッ  宗匠ッ  女房ッ子  馬鹿者ッ  竹田氏ッ  竹田殿ッ  串戯言ツちや  先づ林  先づ發掘場  一先づ一同  先づ蝋燭  ッぱたいて  三ッ抽出  芽出づ  二ツ巴  三時ちょッ  こッちの用  二十分以内でぶッ  シミ一ツ  ッぺらで目方  馬鹿ッ話  アンナ艶ッ  月出づ  右四ツ  づ花月  づ都  鬼ッ子  づ祇園乙部  づ撰  ひと先づ終  先づ隣組  づ見物  づ妹  ひと先づ重荷  ツたけ與  先づ此被告  づ絵  づ落着  先づ色彩上  づ日本画家  先づ画題  づ人間的義務  先づ明瞭  みんな嘘ッ八  先づサン・ジョルジュ・ド・ブウエリエ  先づ浪漫主義者  駄々ツ子サシャ・ギイトリイ  先づ無限  先づ此分  三ツよせ  四ツところ  夜ッぴて水田  酢ッぱい汁  一番手ッ取り  ッぱらって都会  ッ払ッ  天神髷三ツ輪  うに哀ツ  ッきり吉弥  おこッ  いつおッ母さん  ッぱり気  ッぷしてしまった  うそッ鉢  こッちから  僕はつッ  男ッぷりがいいとはかねて  こッそり二階  おれたちアみな恨みッこなし  膝ッこ  こッちからお客  酔ッぱらッ  ッぱり腹  ッ鉢  ッ母さん一杯  ざまッ  はやりッ子  たこッそり乳  水ッ気  ッぱし青木さん  こッそりそれ  そッくり湛  焼けッ腹  僕そッくり  ッぷして  先づ問題  ひきづツ  ッぱり板橋街道  ッぱり紙  ッ附坑夫  駄々ッ  書生ッ坊  ッぱり土  酔ッぱらったんでしょう  文学ッ  手紙ッ  ぱいつんつんつッ  木ツ葉海賊奴  づ船  七ツ違  づ弘法大師  先づ篆隸萬象名義  あれツ  づ蛙  づ十五年ぐらゐ  粗忽ッかしく絶叫  ッぷりお  ざいますからいっそそれへいらっしゃッ  ょうどちゅうとでよッ  肩でぶッ  ッぺいわさ  がきッ  一ツ一ツ伸縮  山一ツ一面  一ツ一ツ蛭  一ツ背中  枝一ツ  一ツ一ツ嘴  一本三ツ切  お辞儀一ツ  二ツ三ツ今  年紀六ツ  小屋二ツ  遠く四ツ岳  三ツ岳一二・〇〇烏帽子  三ツ岳午前〇・〇〇  踈匆ツかしく絶叫  ツ場  つてそツ  矢張幾ツ  づツぷりお  肩でぶツ  ツぺいわさ  辞義一ツ  ツ切何  がきツ  三ツづゝ鶏卵  三ツづつあひかはらず鶏卵  先づ草鞋  先づ人助け  先づ乗  先づ前  づ鰐鮫  先づ一日  四ツ切り  太ツ腹  ッぱることの  づ真青  づ動物的  お菜ッ  ッ嬶  下駄ッ  突ッぱねるようにいった  こッとら初手  明日ッ  糸ッ屑  俺何てこッ  三つぶッ  これッぱかしでも  度胸ッ骨  ッ風呂汗  江戸ツ子的浮薄  江戸ツ子的神経  洒落ツ気  づ写生  づ短篇小説十篇長篇小説二篇  づ避  矢ツ張り一ツ目小僧  ッさい空想  みつ出づ  先づ神奈川  先づ稀有  づ狐  黄金丸はまづ  黄金丸はまづ嗟嘆  づ他  づ弓矢  づ慇懃  づ待ち給  黄金丸はまづ聴水  這ツ  づ東北地方福島県二本松町  うたッ  日ッきり  上杉さんッ  せいせいッ  二ツ三ツ足ぶみ  づ二つ  づ別  ろづ屋  先づ名物  づ黒  づ始  坊ッちゃ  滑ッ  塵ッ葉一つ  五ツ島  縄ッ  ゃならないんだッ  すべてツ  ツ音  づ弖  先づ訓詁解釈  大体先づ  先づ諺  づ平安朝  引ッぱられてをりますのぢや  ッぱつてよこれ  ッ僕  母様母様ッ  皆自腹ア切ッ  ッの  きだッ  何年かたッ  ゃいましッ  びをしておるじゃなッ  ポンプ用意ッ  切ッていらッ  あざッ  ッきみ  ッあなた  ッ浪さん  会ッ  ぱぱッぱぱッ  持ツテ待ツ  血ッ  三ツ折  づ発生  づ声楽  先づ支那文  礼ッ  ぱかッ  づ旅館  づ世間なみ  づ一種  づ水雷  先づ信用名望  二つ三ッ  先づ偉大  ぎやッ  恩怨二ツ乍ら差別  づ昼  づ退屈  づ行動  づ四つ這  づ庭箒  づ金輪際  づ孫達  づ順当  づ東京  づ哀れ  弔問がまづ誰  妥協がまづ  眞ツ闇  先づ玄八郎  づ河  まひ愛づ  買つてツ  二ツ三ツ年長  へそツ  茶ツ葉茶ツ葉一雀ア  茶ツ葉  茶ツ葉小雪ヤ  雀ア茶ツ葉  わる酢ッ  歌一ツ  なに一ツ能  づ母  大人ツ  引ツぱり  引ツぱつた  本家ツ  木の根ツ  川ッぺり  半ば唖ッ気  四ツ足半  行らッ  喜び様ッ  辛ッ  戦死さッ  為ッ国  通ッぺね  先づネクタイ  先づ木村  づ六六歩  先づ感嘆  大山はちよッ  ちょッ切帯  ッちゃ虫  風邪ッぴき  左次ッ  ツ喰  なつッ  先づ家中  腕ッぷし  火ウチ袋ヒョウタン七ツ八ツ  川一ツ  汚点一ツ  木ッ葉みたい  日本万歳ッ  万歳ッ  ツぱへ集つて  ぱいぐうッ  先づ事実  づ分析  先づ氏  恩知らず奴ツ  恩知らずツ馬鹿ツ  皆そッくり奥村さん  づ十七世紀  ひと先づ打切つて  先づ分析  鱚七ツ  ぐりッ  世話しまツ  杉菜ツ  ぷつツ  眞ツ蒼  押ツ  矢ツ張り先刻自分  矢ツ張りレコ  眞ツ黄色  ぱツぱと瞬き  づ鼻  一先づ歸  突ッぱねていれば  づ聖書  お礼言ひまツ  先づ先づ生れ故郷  四ツ切  先づ田舍家  上づツ  矢ツ張り好人物  一ツ端  鬚ツ面  ばッばか  ッ貴様  づ日本書紀  乱れ出づ  づ舟  ツ瑞  酔ツぱらつても唱歌  丁度五ツ時  四ツ時ごろ  ゆうべ五ツ頃  今朝七ツ頃  先づ浅草  先づ日劇  先づ二時  先づ下二番町  先づ一生  づー  秋風一タビ起レバ根且ツ抜ク  浜荻三ツ村  先づ文芸部  がまづ上出来  先づ楽屋がい  先づ辛  先づ満員  先づ三時  先づ夜  づひとびとはその四つ辻  はずツ  づ役  とも分ッ  斯思ッ  何方ッ  ッこと  づ云つた  づ血涙一滴  もの二ツ  先づ驛前  づ入り  づ高市黒人  づ先代  づ巻二  リテ誰ガ家ニカ落ツ  ッぱの先  議長ッ  ッ母さん連  づ麦  泳ぎ出づ  づ其處  づ勝手  先づ身辺  先づ地方文化  板女ッ  膝ツ小僧  先づ春団治  づ其  以テ二ニ応ズル時ハ必ズ勝ツ  ょびくじょッ  ゃやろうッ  運転手君ッ  写真泥棒ッ  先づ佳作  言葉ッ  一ツ六畳  吹ツ  馬よりこッぴでえ使い方  一人俯ッ  ツてこ  先づ衛生知識  先づ洲崎あたり  濛ツ  ぎやあツ  ぎえッ  つて先づ之  がまづ手頃  先づ現代  先づ一般  づ文学者  先づ日本語  づ二流どころ  先づ最初討論  づ常識  突ツ切  作者先づ  先づ術語  づ二尺  廃藩速ニシテ布告出ヅ  喜多村ツ  伊井ツ  毎日一ツ宛  二ツ耳  もの何一ツ  只一ツ  只一ツここ  三ツ共妾  雲一ツ  一ツ病人  窓一ツ  矢張り二ツ  先づ考察  先づ読者  先づ科学  先づ芸術  先づ社会主義的  先づ生産力  何一ツ趣味  何一ツ見え  鼠ッ  赭ッちゃけた壁  甘酸ッぱいような  四ツ柱  づ順調  先づ現行政治機構  先づ形容  ツ度  先づ別  先づ近頃  づ規律  先づ青年  先づ山  づ弟  づハイカラ  先づ完成  づ文芸的素質  づ上  づ文字  づ古語  づ文芸  づ近代  先づ原作  密ッ  ッきり寐  田之助そッくり  行水ッ  顔色ッ  一ツ小盥  二ツ三ツ四ツ五足  一ツ小鍋  扱一ツ  二ツ三ツ背中  何一ツ苦心  先づ秋祭  づ如何やう  づ定跡  づ端  づ害毒  づノルマアル  怯づ怯づ右  づ佛蘭西  先づ洋子  づ素人  づ成功  づ雄弁  先づ人間的  先づ社会現象  先づ内容  ッぱりいない  彼はめッきり年  顔がくッ  父ッあん  そッくり彼  河ッ縁  味噌ッ歯  八ツ切  四ツ五ツ排列  これッぱかしも魚  ッぷり日  ッぱなしだったなア  ッぷりつけて  二ツ下  ぷうッ  ぱッとうしろ  づ小説  づ絣  づ机  づ曉闇  づ共作  づ酒客  先づ文教  先づ數  不安がまづ  先づ將門  先づ輕  先づ寢床  づツ洟  づ尻込み  づ茶  づ五月十九日  先づ舞台  づレコード音楽  伊達ツ  こん畜生ッ  ッば  跳ッ  菜ッ葉色制服  安雄ッ  ピエロ出づ  づ人それぞれ  づ頭  づ女子  汗ぐツ  ツそ  ひえツ  ぐるツたい  醉ツぱらつて  こツぴどく批評  來ツ  不精ツたい家  みな掻ツ拂つて  ツつけ  細ツ  ツかい  ツかいな解釋  五ツ色  づ雪  づ五年  づ文芸復興直前  づ民衆  づ仏間  づ袴  づペン  づ仮面  づ紹介  づ未来  出航始めッ  着陸始めッ  先づ横  びツこ  交ツ  思つて夜ツぴてうつぶになツ  寄ツつき  噛ツ  冴えまさツ  先づ一番間違  づ南大門  づ興福寺五重塔  人ツ子一人  づ勇戦隊  先づ父  先づ中瑞雲斎  引ツ掛  切れツ  關ツ  ッぱがれました  いちばん末ッ子  猫ッ  ぽかッ  女子選手ッ  ょッくりあなた  思いッきり手帳  ッ紅  ッ赧  クルウ全員ぐッ  皆のぶツ  一ツ歳上  づ作者ラジィゲ  三ツ計りブラ下つて  戸塚ッ  づ閨秀詩人  づ用材  づ落  呑気ッ  毒婦ッ  先づ夫  づ批難  こッつりこッつり  ぐらッぐらッ  先づ見物人  一人ツ子  浜ッ児  号外ッ  どんぶりこッこ  石塊一ツ  竢ツ右五則EOS  先づ大阪毎日新聞  馬鹿馬鹿馬鹿ッ  先づ耳  づ山の手  先づ風流  先づ手習  先づ其中  つて先づ肅然  一ツ一ツ畳  三人一ツ座敷  四ツ年  冗談一ツ  四ツ匐い  停留場一ツ  一枚二ツ折  江戸趣味ッ  巫女ッ  売ッ児  先づ国神系統  二つぎりにした火鉢二ツ  八ツ安泰  合計七ツ  づ紅  先づ日当  めツきり上手  先づ謹愼  云ふかツ  先づ子供等  丈八ッさん  づ餅  づ日本人  づ可能  づ語学  饒舌ツ  おいらツ  いま一ツ  残骸二ツ三ツ  先づダニーロ  先づ一同  先づ錫  づ賭  づ上分別  ぴくッ  ぷるぷるッ  先づ巽公園内  一ツ一ツ皆  一ツ二銭  二ツ三ツ手前  何一ツ不自由  松林一ツ  づ向  ッぺらなけばけばした絵  ッぺらな絵  ひきづッ  づパイプ  酔ツ払  愚痴ツ  ツ俺  大小一腰各々一ツ  今日八ツ時頃  先づ京師  十六日龍報国隊中品川様坂本龍馬八ツ半頃ニハ必  先ヅ一ト先ヅ  先ヅ難ズベカラ  二ツ割ニ  彼一ツ  是本一ツ所  夜九ツすぎ  此直次郎昨夜九ツ時頃此所  朝六ツ時頃  ヅ横笛船ニ  レ共先ヅ後藤  一件云々大坂四ツ橋大仏  今日四ツ時  今日出足七ツ時頃  先年すべて八ツ  ヲ恥ヅ  先づ仕事  三ツ紋  七八ツの  彼これ八ツ下り四時頃  烏瓜ッ  ずしッ  岡ッ  これッ限り  づ此方  空ッとぼけ  ッくるみ  ッ響  女中ッ  刺青ッ  先づ食つて  一ツこれ  一万円ちょッ  先づ広漠無量  づ概論  先づ必要  先づ概論書  づ勸め  先づ一册  先づアリストテレス  先づ云  出ッ鼻  先づ博士  づ運動  先づ所謂實  先づ其肉  づ意思論  づ意思  づ意識的目的  先づ宇宙  建ッ  筋ッ  持ッてい  といッ  かじッ  一つ思ッ  養ッ  いつか上ッ  今更四ツ  高山ッ  之ニ充ツ  づ申分  遊びッ  四丁ッ  おべっかッ  姉さん姉さんッ  姉さんッ  人ッ子一人通ろう  乱暴ッ  鳥居前ッ  しまッとくの  袂ッ草  治ッ  広岡ッ  こないだッ  役ッ  六はじッ  たこッ  井戸一ツ  三ツ紋つき  体一ツ  釦三ツ  釣洋燈三ツ四ツ  欠伸一ツ  袖二ツ  九ツ十  七ツ七ツ  四ツ児  一ツ貢さん  井戸一ツ地境  二ツ三ツ片羽羽  三ツとも  ハヤ川一ツ  谷一ツ彼方  さんッ  七月藤田小四郎等先づ山  先づ妻さ  一先づ落着  づ醫者  先づ十圓札五枚  づ商  先づ旦那  ゆーづー  づ此位  づ其所  ツさら嫌ひで  ツさら他人  吉備津ツあん  矢ツ張り漢法醫  矢ツ張り蝋燭  電報ツ  竹ツ  先づ大阪  先づ無言  先づ東  先づ下流  ッぺら  ツぺら  ツぱい顔  突ツ張つて簇  づ中  づ部屋  斷ハルヲ先ヅ  ツ列ベタル處ニ面白味アリ  先づ路傍  先づ蘇我一族  先づ豊成  先づ神教  ツ取り  づ中心  づ杖  づピストイア  づ地獄  づ地獄圈外  づアリストテレス  づ義人  づ男子  づ多く  づサールディニア  づポルトガル  づ二手  づ雲  づカイーナ  づウゴリーノ  づトロメア  一ツ一ツ撰  一ツ宛突  日本橋ツ子  京橋ツ子  づ道教  江戸日本橋七ツ立  先づ江戸  づ地域全体  先づ遊び  一先づ押  先づ改進新聞  づ率先  ッぱなしになりかねなかつたとたれにいへよう  ベニ赤ッ  ッぺたをふくらし  づ好意的  つてゆツ  此頃はちよツ  矢ツ張り眞個  初めツ  ツイ引ツ  づ首  先づ自ら楽  衝ッつき  切ッぱつまった仕事  ッ通し夜業  根性ッ  ざッぱりした着物  こッちの運動  引ッ込み  げッそり落ち  キット引ッ  ッとい  誰がくッ  向うかこッちか  ざッぱりした身装  あたし女工ッ  女工ッ  ッぴらな労働組合  白粉ッ気  こッちり  ぴッしり  づ一個  先づ髷形  づ帯  一ツ二ツ年上  文学士甲田美郎君著述ツ  ツ母アさん  ソー甲田さんツ  伺ツ  さい行ツちやア  つもりツ  胸一ツ  ば先づ  先づ俺  引ッつるよう  づ渡嘉敷  づ告げむ  づ珠  づ三度  づ小  づ火  水まづ味  づ岸邊  づ海路  づ忿怒  づ對話者  うつッ  づ之  先づ鐵砲  づ喧  づ春  づ一等  づ定論  づ挙つたの  づ糸口  づ巻一  三ツ歯  黄金出づ  山の神出づ  道路ツ端  ッぱなしのような様子  持ッてん  新作先づ呪言  づ文学意識  づ関  づ幸  づ何者  づ軍備  づ国軍  思想先づ  先づ命運  三ツ星  先づ過去  先づ次  先づ差し當  先づ客體  先づ客體面  先づ自然的實在者  先づ活動  角先づ直接性  先づ直接的交渉  先づ自ら神  先づ神  先づ檢討  神先づ  先づ自ら無  先づ共同  先づ時間的存在  先づ自然的直接性  そウうろツ  ツさツ  ツきり悸  つて突ツ  儘凝ツ  先づ自殺  貰ッ子  これ長吉ツどん  三太郎ツどん  おのれツ人  二ツ身  おのれツ  先づ今日明日  つて一先づ  づ毒  笑ひより出づ  吹出づ  づ樂  づ日  づ歌ひつ  火出づ  づ基  づダンテ  づ具體化  づ寺院  づ神學上  づフランチェスコ  語三たび出づ  づフィレンツェ  づローマ  づ神意  九三汝先づ三者  づ教師  づベアトリーチェ  浪花ッ子  先づ機会  先づ明  づ綿密  先づ日本人同士  先づ大衆化  先づ俳優養成所  先づ劇作  先づ演劇  先づ文学的  づ一個人  ようだいッ  うそッぱち  づ砂地  先づ大麻  先づ北の方氷寒界  一人ッ切り  ッ上  ッ下  こッそり蔵  ッ立ッ  三日もとッくり  親ッ  意ッ  先づ欲求  づ伯道  づ故郷  づ新茶  づ樹  がらがらがらッ  ぎいッ  づ常世神  一先づ歸宅  船出づ  先づ通  先づ明らか  先づ学園  ッとんでも  先づ内政  油ツ  骨張つた頸ツ玉  鼻六ツ  冷やツ  くぎゆツ  後藤立川二ツ  二ツ三ツ昨日  何一ツ愉快  炉縁一ツ  三ツ四ツ頭  二ツ三ツ冗話  八ッさんお世話  男ツぷり  先づ栃木縣一縣  先づ八百分の一  先づ衣食金融  先づ古道具  先づ八俵九俵十俵十一俵十二俵半  先づ二ツ  先づ発売禁止  先づ印刷刊行  先づ草画家  つて先づ歴史  先づ大過  よせツ  準備ツ  づ其人  づ整頓  上ッ代ぶり  ッ代ぶり  づ同一町内  はまはつッ  国ツ神最高  づ語原研究  天ツ神の  先づ種  ツ母様  此間行ツ  ツたらい  四時ツ  最初ツ  こツそり家  かきツ  ほんとうツ  さツ  迷ツ  ツぱり  思ツていらツ  ツぱりさうでせうね  さツたらい  ツそ浮世  さツてい  づ仮り  二切三切引ッ  面ッ構え  甘酢ッぱい子供  づ葱  素晴らッ  だめッ  芳ッちゃん  なにツ  づ物云  づ具  先づ村人  先づ挨拶  づ別室  先づ平生  一先づ結末  問題ツ  萬歳ツ  ツちの  人ツ子一人來  奈何ツ  ツ限  大丈夫ツ  つた事ツ  信吾ツ  夜ツぴて點  万づ四方  萬づ四方  昇りツこ  何ツ云つて  一ツ投書  三ツ採用  ア一ツ拙者  一ツ前  人物はめッ  八百万づ  づ三萬五千圓  先づ声  先づ概略  一先づ擱筆  朝ツ  敷ツ  頭ツ  寄つてらツ  万歳ツ  有つてらツ  夜ツぴて  心ツ  先言ッ  二個貰ッ  謝ッ  祝ッ  瞭然見えなかッ  づ死  づ社會  づ自己  先づ功名心  先づ後  先づ二十人  日直上ト兵ッ  十三日夕方毎日せんぎりとかんぴょうを喰ッ  司令部ニ打ツ  づ祝詞  づ天照大神  づ其最初  づ学者  これッぱかりの疑惑  づ地域的  づ遺憾  ツ競  やう一ツ知らず  樣一ツ卒業  慚づ可  先づ坦々蕩々  先づ大抵  先づ氣  先づ爲  先づ目前  づ發  一ツ一ツば  八ツ子  めづ兒  づ田  づ淺茅生  づ語らむ  一ツ川上  十銭玉一ツ  バット五ツ六ツ  七ツ八ツ卓子  一ツ林さんマザー  八ツ山ホテル  あと五十銭玉一ツ  一ツ手拍子  電報一ツ  一ツ一杯  一ツここ  間一ツ  一ツ五銭  八ツ目うなぎ屋  ッ背後態  づ疑問  づ一例  づ大半  ハナ子ッ  こーらッ  づ王法  先づ説得力  生みッ  お告げッ  ッちの坊や  吉田八十松ッ  一ツ腹  一ツ共通  ッかす  妙出づ  弥三郎出づ  源五郎出づ  百姓善助出づ  寅蔵出づ  孫八ッ  づ疊  づ高  胸中先づ悲慘  先づ秋風  窺ツ  きりツ  多かツ  ずり廻ツ  幾ら行ツ  血迷ツ  違なかツ  來ちやツたん  間違ツ  渡ツ  回ツ  辛而踏止ツ  飛違ツ  飾ツ  びツくら  背負ツ  當らなかツ  今晩先づ別居  先づ細君  一ツ一枚  一ツ手懸り  肩一ツ  何一ツ証拠  この間抜ッ  駑畜生ッ  気取りッ気  ッぱら努力  漁ッ  めッきり減ッ  ゆずッ  ッそり晴れ  ッぷりで  三ツ道具入り  洒落ッ気  先づ被告  長谷川家ニ出ヅ  ニ出ヅ  八ッあん熊さん  ッてんころ  われッ  空ッ下手  踊ッ  弥太ッ  帰りひとッ風呂  矢ッ張り中学時代  矢ッ張り前  三ツ失望  栄吉ッ  づ東京語  來むとてたち出づ  つて先づ太鼓  みんなおとッ  四ツ目垣一重  づ御馳走  ヅROス一つ  粥ツ腹  づ觀客  づ稀  づ道具  つて危ツ  ツたいゴマ石  それツ位  兵児帯一ツ  一ツ二ツ灯  酒盃一ツ  哀ッ  あれッきり御無沙汰  梶田楼ッ  づ飴  六ツ七ツ茸  會徳出づ  高田圭吉出づ  浦辺出づ  柳出づ  男三人出づ  僕ツ  



前後の言葉をピックアップ
ッポサ  ッポー  っ子  っ放し      ツァイダム  ツァイダン  ツァウォツキイ  ツァツォツキイ


動詞をランダムでピックアップ
かざっききとがめ読み通せふりむい喘ぎやことなりあっ居合せ申し送招か詠ず勘ぐっめざめ遷り変甜めらっしゃれ容れれひっ掻いとりのぞいかきだす
形容詞をランダムでピックアップ
素晴らしかっとげとげしき手強けれかくしまぶしけれ淋しくっやるせなあたたかう弱けれつまんなかっ熱っぽかっ心地よし黒っぽかっ汚らしく細長かっ悪きゃ空々しい恋しかろ有難いいとけなし