「乾き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 乾き[動詞]
露の乾き  涙も乾き  間をびくびく動かしながら、乾き  常住湿り気の乾き  下宿において、冷たい、暗い、乾き  喉が乾き  絵具がのびなかったり、乾きにくかったり、乾き  脳が乾き  癖、乾き  体が乾き  降り口にある乾き  首を下げられるだけ下げて、乾き  土は乾き  口は乾き  歳月を閲しても、乾き  精力を出し切って、乾き  濡衣は乾き  陰惨な、そして乾き  家が古いのに、よく乾き  日には、乾き  なかも乾き  日光に乾き  濡色も乾き  微塵に砕けて、乾き  照りつづきで乾き  唇は乾き  彼はふと、乾き  身体が乾き  大丈夫です、すっかり乾き  姿なき涸れ乾き  庸三は乾き  口も乾き  鳶色に乾き  肉は乾き  部屋を暖めたので、乾き  壁が乾き  往来はところどころ乾き  お前さん、直き乾くだけは乾き  彼女は、乾き  水薬で乾き  声が止むと、乾き  空気は暖かく乾き  空っぽの、乾き  ところからそこへ入って行ったので、乾き  壁など乾き  露出しに乾き  咽喉が乾き  ものが乾き  あとで、まだ乾き  カラカラに乾き  グチャグチャに踏みしだかれて、乾き  空は、乾き  大金を放り出して、乾き  墨がまだ乾き  唇と乾き  背肌の乾き  干物は乾き  一瞬、乾き  妙にばさばさ乾き  空気は冷たく乾き  中が乾き  のですけれども、乾き  焔硝が乾き  雨が少ないので、乾き  根も乾き  庭土は白く乾き  墨の乾き  地面はすっかり乾き  上に乾き  影法師を乾き  舌が乾き  そばに駆け寄り、乾き  まっ白に乾き  それとは違って、乾き  ッぽり潜り込んで寝たが、乾き  切り株がゾクゾク並んで、乾き  びれに、乾き  気がぬけて、乾き  心はひどく乾き  座敷は暑くて、乾き  寝台をみると、乾き  赤面し、乾き  もので、乾き  私にかかって乾き  高原は乾き  蘆も乾き  山々から瞰下されて、乾き  ような、がさがさとした、乾き  蹙まって、乾き  土が乾き  じきに乾き  規則正しくかたまって、乾き  日に乾き  昔しに乾き  暑気に乾き  汗が乾き  万物を乾き  カチカチに乾き  旗と乾き  鼻頭全く乾き  空気が乾き  内臓なども乾き  涙が乾き  眼が乾き  すべてが乾き  為め大層咽が乾き  こいつはね、あんまり乾き  道はやっぱり白く乾き  気持よく乾き  真先に乾き  沢山にはなかったと思われ、乾き  何といふ乾き  赤インキはまだ乾き  つたのが未だ乾き  カルシウムの乾き  底に乾き  水の乾き  頭は、まるで乾き  からからに乾き  爛れが乾き  間にまた乾き  朝露が未だ乾き  泥が乾き  板屋根が乾き  明かるく乾き  十分に乾き  国道の乾き  胸いっぱい、乾き  涙の未だ乾き  香が乾き  つて私達は、乾き  夜半は乾き  やうに白く乾き  ころは、その乾き  服も乾き  絶間にも乾き  流行するとか、しめりなくして乾き  中心は新しく乾き  もの風を起し乾き  晩には、そんなに早く乾き  咽喉は痛いほど乾き  田は乾き  雨なら直ぐ乾き  ような、乾き  文字なればひとしれずこそ乾き  足に、乾き  三度目だ、いくら撒いても、乾き  涙も既に乾き  十字路の、乾き  後、ようやく乾き  まま色もなく乾き  風が出て乾き  雪解け後は乾き  來て、乾き  涙が漸く乾き  畑地も乾き  

名詞

乾き[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
乾ききつた夜ばかりつづいてゐた  乾きはしかし飲む  乾きに悩み  乾きによって自分に有益な飲料をとる  乾きが咽喉に起り  乾きになった  乾きとで誰も彼もみんなへばった  乾きに気づきます  乾きのようなものは私にはわかる  乾きを医す  乾きが眼にも止まらぬ  乾きはて枯れはてた  乾きが早過ぎて  乾きが早いかといえば  乾きの速い塗料を塗り  乾きのセメントは前からある  乾きを覚えた  乾きになる  乾きついたような佃の声が鼓膜を刺戟した  乾きに乾いた  乾きをおぼえましたので  乾きに苦しんだ  乾きを医さずにゐられ  乾きをみたす  乾きもあえぬ  乾きてあさ露を飜し尽したる  乾きさうな鹽辛蜻蛉が炎天の屋根瓦にこびりついた  乾きはしない  乾きを覚えていた  乾きが少しはなおるかも知れねえよ  乾きもあへず  乾きたるものを擇ぶべし  乾きあがった生活にまきこまれて行った  乾きに駆られるので  乾きの遅さでまた食糧を借り歩く  乾き暑くさえあれば  乾きの方がきついという様子に見えた  乾きを待って  乾き来るなり居酒屋の榾火のけむり出でてゆく  乾きたるやあると  乾きは小川で満たし  乾きを光らせて供えられている  乾きを癒やさずにはいられなかった  乾きがする  乾きの早い白い道に降る  

~ 乾き[名詞]1
咽喉の乾きは  咽喉の乾きに  同様の乾きによって  種の乾きが  喉の乾きとで  喉の乾きに  心の乾きの  喉の乾きを  赤土の乾きが  乾漆液では乾きが  方の乾きの  板には乾きの  喉の乾き  咽喉の乾きを  方が乾きが  高氏は乾きを  柴の乾きが  のどの乾きを  砂は見る見る乾きて  海鼠餅に搗き込みますと乾きが  咽喉の乾き  百日照っても乾きは  喉の乾きが  袖に乾きも  穗苗藁其外柔く乾き  夏の乾き  稲の乾きの  東海道の乾き  泥の乾き  日麺包の乾き  日パンの乾き  喉の乾きは  白飯の乾きを  ように乾きの  

~ 乾き[名詞]2
ない乾き  この乾き  なぜ乾き  早乾き  まだまだ乾き  激しい乾き  長く乾き  どの乾き  やっぱり乾き  早乾き  

複合名詞
乾き裏山  処々乾き  乾きよう  乾きぐあい  乾き加減  乾き定まり月見草  乾き眼  乾き切  乾き具合  當つて乾き切つて  痕乾き  乾き盡  乾き工合  地乾き汚水處  乾き掛つた白粉  乾きたる  ちょびと乾き  



前後の言葉をピックアップ
川上  カワカミ  川狩  乾き  かわき  渇き  かわき  渇き  川北  皮切り


動詞をランダムでピックアップ
なめれのりうつっ望める驚かす出盛知り抜い聞き落しはためい燃え上がり断ら斥け逃そ着飾ら揮っなぞらえる売りつくし引立てん起と否ん借り集め
形容詞をランダムでピックアップ
片腹痛し狭していたかれ息苦しく重々しかっ分厚とろし楽しからあくどく煩わしかっ黄色い手緩きかがやかし憎し激しかっ男らしくえがたくかうばししわく