「ル」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ルのところに今もある  ルヲ看  ルなど相当多くなければならぬ  ルの字を裏表から眺めた  

~ ル[名詞]1
リとルとが  片仮名のルの  先ンゼントスル國民的覺醒ヲ裏切ル  世界ニ跨ル  サニ測ル  ダ会セズンバ山僧ガ提携シ去ルヲ  紙に書いたルの  案内仕ル  医卜ニ隠ル  能ク睡ル  片肌ヌギデ座敷ヘ来ル  功ニ取ル  

~ ル[名詞]2
恐ル  然ル  

複合名詞
秋ハ夏ト同時ニヤッテ来ル  ヲ語ル勿レ  ノール  アラブル  ソノオレヲ視ル嗤ヒヲスベテ痩セタ肉体  レイタンナ風ガ渡リミダレタ髪毛ニ苦シク眠ル人ガアリシバラク太陽  充血シタ眼ニイツタイ何ガ残ルサビシクハナイカ君  ル野末ニ喚イテル人ガアリソノ人ハ顔ダケニナツテ生キテユキ  ル暴力ガ  ルミンナ  俺ハ知ル  ル粗悪  画ル視野  ル風ニ  ルウルトラマリン・デイプノ  渦巻クモノヲオレハ知ルオオ  ル岩床ニ蔦葛  引キ縛ル騒擾落葉松ニ絡ム砂ハ苛立チ  ル落葉松  親愛ニ昂ル  ルオレタチヲ冒シテル蒼褪メタベエリング  ル者ラガ疾ン  悪血ニ噎ル生肉  冥冥トシテ細雨来ル  知ル是レ何人  ル二南山  也到ル鉄関  牛酥煎ル二落蕊  平山闌檻倚ル二晴空ニ一  歸客千里ヨリ至ル妻孥怪ミ二我  ル今年  ル二盗人ニ一語  微弱ナレド辛ウジテ読ミ得ル程度  張ル  許シ得ル範囲  地形ト事態ニ視ル可キモノニシテ英國  ル可シ何トナレハ其  披キ太平洋ニ於ル我カ帝國  ル所  トイフ句ハ遥カニ進歩シテ居ル  宿石井町桝屋清左衛門方ニ帰ル  明光丸士官両人来ル  帰ル  士帰ル夫  家来来ル  使来ル  至ル  魚屋ニ至ル  止ル  高柳使来ル  麑府ニ至ル  廿三日宰府ニ至ル  ニ至ル  将軍坂ニ下ル  大坂ニ下ル  伏水ニ下ル二時  長崎ニ至ル  鹿児府ニ至ル  浜ノ市ニ至ル  シヲヒタシ温泉ニ至ル  霧島山山上ニ至ル  シヲヒタシ温泉所ニ帰ル  日当山ニ帰ル  浜ノ市ニ帰ル  鹿児ニ帰ル  改正所ニ至ル  桜島丸来ル  近日西客来ル  ユル証文案紙成ル  加ル者ニ勝リ  ルニ足ル  アイヌ語ル  安永元年江戸ニ生ル  聲日ニ起ル  天保四年生ル  ルマサニ斯  ル眉黛促シテ成ス遊子  上ハ将校ヨリ庶民ニ至ル  瞰ル群材  楽ミ得ル者  公瑾今ヤ永ク別ル  以テ彩ル  登ル自由  衛ル軍三百人  際ル  覚ル  舒ベ張ル  帰ル師  知ル  城墟只見ル草茫々  ニテ足ル者ナラザルベカラズ  漫ナル愚論ナクシテ解悟スル能ハザル穉態ハ阿片中毒者ト語ル如シ  垂ル  過渡期ニ至ル專制君主國時代ナリ  ル特異ナル一人タル制度  日本ハ斯ル建國ニモ  斯ル低能哲學ニ支配サレタル時代モナシ  リテハ一ニ奇異ナル風俗トシテ傍觀スレバ足ル  ル知者階級  擁護シ得ル制度  ル目的  ル現時支那官僚富家  ル如キ  保護シ得ル國家ハ同時ニ國民  私有シ得ル所以ハ凡テ國家  ル者ナリ  併シ乍ラ斯ル物質的生活  ル劃一  孰レカヲ決シ得ル國家ハ其  持續シ得ル者ニ  ル時代  ル借入金  生産業ガ國營タルベキ爲ニ起ル疑惑ハ事業家  知ル如シ  ル自己滿足  掲ゲタル爭鬪ヨリ劣ル者ナシ  利己的欲望中ニ含有サルル斯ル幾多  況ンヤ斯ル改造組織  流入横溢シ爲ニ物價騰貴ニ至ル  ル甚ダ  廢止シ得ルノ時來ル可キハ推想シ得ベシ  ル省  斯ル場合ニ於テ  株主タリ得ル權利  ハ特種能力ニ於テ教養セラレ得ル兒童ハ  保護ニ優ル者ナキヲ以テナリ  作ル  ル分科的專攻  ル如ク  ハ半年ニテ足ル國際語  權國民ガ西比利亞ニ於テ露語ヲ語リ濠洲ニ於テ英語ヲ語ル顛倒事  紊ル者ナルヲ以テ別個  戰慄ヨリ來ル反省改  終ニ日露開戰ニ至ル  ル民族ガ其  ニ於テ自決スルヲ得ル覺醒的民族ト  ル民族ハ老婆  ル民族ハ少女  斯ル短時日間ニ此  ル内鮮人ハ平等  國家ニ冠セシムルニ至ル  支配シ得ル者地球上只一  徴兵ニヨリテ斯ル軍國主義者  愚昧ナル善人ガ斯ル惡魔  ル理想  ル信仰ニ基キテ徴兵  誤解セル解釋ヨリ來ル思想  低級ナル者ニ於テ斯ル例  紊ル者  ル露西亞  斯ル唾棄スベキ思想ガ上級將士  半解スルヨリ來ル卑怯ナリ  國内ニ於ル無産階級  天道宣布ニ歸ル時  リテ支那ハ只分割サレザレバ足ル  ル時  ル程度ニ於テ支那  ル能ハザルノミナラズ  ル所歐米  躍進セル現代日本ヨリ視ル時單ニ分科的價値  積リテ清ル事ナキカ如シ  距ル二千六百年前  原料ニ鐵ト青銅トノ別有ル事  知ル所ナリシガ  ル時ハ殆ト  度ニ於テハ二者相距ル事  ル一根據トナスヲ得  日本石器時代人民ハ幾種族ナリシカ容易ニ知ル事能ハズト雖モ  ル一種族  距ル事凡ソ三千年前  服裝ニ稍異ル所有リシ事  飾ル  造ル  造レドモ乙ハ更ニ造ル事  忘ル可カラズ  ル有ラバ本表編輯  何ウモ君ノマハリニ集ル紳士連ハ  ル手ハ  ル変化  ル声ハ  ル間モ烈シク一様ニ押シ流サレテ居ルヨウダ  人間ニ政府ヲ立ル所以ハ  ルそれ  ヲ圧抑シ誣テ兇徒ト称シテ獄ニ投ズルニ至ル  距ル甚ダ  ル其禍  臣年六十一而シテ老病日ニ迫ル  寺町今出川下ル町  上立売下ル瓢箪図子  永年ニ亘ル秘密  ル十二月二十六日  愛シテ居ル事  ヲシテ居ル最中  私ハソコデ出来ル限リ彼女  失ッタ今生キテ居ル甲斐ガナイト思ッタノデアリマス  室ニハ夫ガネテ居ル事  テ居ル間ニヒソカニ道子  愛シテ居ル女  リ熟睡シテ居ル道子  ハ此処ニ居ル道子サン  ソシテ彼女ガ自由ガキカズタダ苦シミモダエテ居ル間  ル足音ガシタノデ  ル博士一人  ル千八百余年前日本武尊御東征  ル寄附廣田社ニ  クモ宿ル夢路  ル大久保一翁  面前ニテ行フト有ル  英雄生ル所山河清シ  ル限リ速カニ地域外ニ転出スベシ  ル場所ハ何処  ル者ハ流三等  飄トシテ来リ岸蘆ニ倚ル  七歳ヨリ綴ル所  誠之至ル者  ル後事  ル二鉛槧ニ一也  ル二劒楯ニ一也  ル一焉而已  コノ真相ヲ調ベ切ル人ハアリマセン  反射的にべル  ル閑中  ル相似テ  ヲ申付ル  ル疫病  ル大統領  距ル一里  愛読シ居ル者ニテ  数千尺崩ル  把ル二耕犂一  空気卜豊カナ日光トヲ得ル目的  ル処ニコノ  ル方法如何デアルガ  法的名義人トナリ得ル  ソノ居ル所ニオイテ  ル九百一十里  瓊子作ル  ニテ挟持シテ成ル  ニ保温シ得ル等  守ル  説カント欲シテ先ズ涙下ル  ル児孫  ル莫ラン元弘三年五月七日  落去伊吹山太平護国寺ニ幸シ留マルコト十八日京師ニ帰ル  ル時ハ肩  ル時ハコレヲ枕頭ニ安置ス  高倉通り六角下ル和久屋町  失脚落チ来ル江戸  功其四ニ居ル  ル後  勳業顯ル二多難ニ一  ル二是  眞意顯ル  鐘聲歳月更ル  ル二柴荊ニ一  從來交誼知ル何事ゾ  逗ル舊南山  ツテ成ル腸鐵石  秋氣早ク知ル荒僻  雨餘涼動イテ閑眠足ル  一知ル二世情  ル二兵燹ニ一  ル二賞賜  始テ知ル二安武  發シテ二於至誠ニ一而然ル也  而自ラ隨行シテ至ル二長州ニ一焉  ル二西京ニ一  至ル二東京ニ一  爲ル二臣子一者  ル二千思萬慮以テ救ハ一レ  ニ有ル一レ爲ス  而徒ニ爲ル二史鰌  戰衝突シテ而終ニ斃ル焉  ル三木尾君  ヲ涙先ヅ下ル  氣憤然發シテ而斃ル焉  ル二維持セ一乎  新田右衛門佐義貞誅伐セズンバ有ル可カラズ一族相催シ  府陸奥守北畠顕家十一月十二日鎮守府将軍ト為ル  ニ終ル  ル例ナレドモ  ル哉  三分ノ一ニ居ル  ル毎ニ  ニ優ル  余ハ推シテ量ル可キナリ矣  鑿ル  夜ル竊ニ蟲  白ク夜ル  安危ハ只コノ一挙ニ有ル  既ニ知ル所ニ有  知ルヲ得ル事ト為シ候而  レ有ル段相聞エ候  曰ク其意ニ中ル也  ニ知ル般若波羅蜜  通ル旅  クレ名怯ル二暮寒  今日来ル約束  チ切ル重大事件ナリ奈何ナル官憲威力ト雖此ニ反抗スル事  縁故アレドモ生死別ル  ル宋家  張ル心持アリ  如キ手紙来ル  刷摩スレバ尖鋭ナル處自滅シ終ニ用フベカラザルニ至ル  ル可シ  欲スルママニ如何ナル物品生物ニモ変ゼシメ得ル力  寺町今出川下ル町ニ壱人  上立売下ル瓢箪  伍長浜島シゲル  浜島シゲル  据ヱ得ル処  茲ニ始ル  困難ハ知ル人ゾ知ラン  ナシ得ル部分ハ  ツテ流ル夜  ズ渝州ニ下ル  ル序ニ  ハイハイト云イ居ル  厄介ヘモソレゾレ壱カ年アテガイヲ附ケテ稽古事デモ出来ル様ニシテ  金ガ出来ル  オレガ乗ル蒲団  食ッテ居ル  ル婆アモ  木綿フラン子ル  小金井様参ル  小金井きみ子さま参ル  友アリ遠方ヨリ来ル云々  以テ生ル  処方シテ帰ル  論談相濟ル  品物ハ飛散ル  血マミレニシテ来ル  堤ニ至ル  函浮ビ来ル  岸ニ渡ル  人ニ保護サレテ居タコトヲ知ル  受ケテココニ来ル  三四郎ムスビヲ持チテ来ル  福屋ナドノビルワヅカニ残ル  汽車アル由キイテ帰ル  廿日市ヨリ兄来ル  馬車モ来ル  ニ乗ル  台八ニ荷ヲツミテ帰ル  ル人有リ  ル如キノ比ニ  識ル  作ニ係ル等ハ  ル所ロ  作ル所ロニ相違  一目瞭然ニ知ル可シトス  シ古銭ハ鑑識頗ル難キモノニテ  攫ムニ至ル  古癖有ル者  ヲ飾ル  始メ支那泰西ニ至ル  反故紙ニモ劣ル  レバ分ル通リ  存シ記念ト爲スニ足ル顧フニ漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適  西洞院七条下ル堀川  ル事ニテ  ル後気局見解自然ニ濶大ス  ル演奏トハ  認ムルニ足ル証拠ナシ  著作物ニ表示セラルルヲ以テ足ル  開クコト一二萼年久シキ者ハ五六萼ニ至ル  院ニ至ル右側  ル十間許  出シ置キ其後ニ調食セバ無毒トナリ食フ事ガ出来ル  ニ結実スルニ至ル  ソレヨリ滴ル露  テ長崎ニ来ル  タル草浜ニ生ル也茎  西瓜今見ル生ルコトヲ二東海ニ一剖破スレバ含ム二玉露  為ルヲ知ル  至モノ必ラズ釆帰ル山下ニテモ此草  ル者ソレ何ゾ  ラントシテ争ツテ邸ニ来ル  タルハ稲荷ヲ祭ル也  ル水母ヨリモ  保ツニ足ル  知ル所ナリ  ル花  垂レテ我ガ生ハ足ル  如ク水天ニ連ル  ハ科料ニ該ル事件ハ金三十円トス  キ刑ニ該ル事件  号ニ該ル事件  ル父母  ル運  龍此地ニ止ル前後六十日  京師柳馬場三条下ル所  関ニ帰ル彼島ニ行  当時私ハ京都三条通河原町一丁下ル車道酢屋  参ル  ル月六日  今日馬関ニ来ル  舟ト為ル落日西山  白氣ガ搖レナガラ立昇ル  ル高原  ル二世  ル後一人  保有操作シ得ル云々  意見アラバ来ル  ル千手観音立像ガ四十臂  木屋町四条下ル  自作自筆ニ係ル  近来支那ヨリ来ル者有リ  造ル所ナリ  折ル  テ陸奥ニ奔ル  天陰ル  観ル者  イニ乱ル  ヲ作ル  東方ハ日光山ニ連ル  



前後の言葉をピックアップ
リヽシズム  り災  り病  り絵    ルアゴン  ルアン  ルアーブル    


動詞をランダムでピックアップ
配り歩いもりあがっさしゃ来あわせ撰ぼ直せ買い取るつかそ従わ待ち望まはぐらかさばかし仕掛けよわずらっかすめるすきとおら還さかすも吹き出し
形容詞をランダムでピックアップ
こいしい大きい丸かっうす汚くなまめかし忝なういちじるしかっ白々し紅し空空しくかぐろき馴れ馴れしい惜しく草ぶかいたのもしくならびな篤かっ物すご聡い