「類」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
類ましろに寒き川のさま地平わづかに赤らむは  類ひの言葉は誌された  類ばかりはそれでも長くあって  類であるとにかかわらず  類ひのことが君の上に起るであれば  類にありては  類ひの菓子すらも決してつくられた  類が垂つて居た  類をもって集まっている  類にて充実したる  類ひの真面目な質問に出  類のない面倒な言葉使ひの  類に取り込まれた  類を調べて見る  類は千里の外に遁げ走る  類をたくさんアイヌ語に翻訳した  類や木幣などが山と寄り上っていたという  類を好むという  類した家の人たちに比べて見ます  類ひを槍や楯のやうに抱へ込み  類ひがひらひらと踊り  類も高く買ふ  類らしいことが分った  類の文句になっている  類の文句は稀に残っているが  類の問答をする  類ひの悲しみや決心を抱かせるといふ  類で態度を曖昧にしていなければならなくなっている  類に見て取れる  類をひっくるめると  類を収めると  類のことがらを証明する  類に属すると思われる  類に分ち  類の全体は物理的なものにおいて何らの適用をも有しない  類からオーバーに至るまで  類にも時節はちと寒過ぎる  類の醜態を誘発して  類を同じうするだろう  類と見なした  類を妻君と二人でつくづくと眺める  類に噛殺された  類ならば忽ち姿を消す  類をば如何に組合せ  類を目に当てない  類の奇瑞がまだ沢山ある  類を食べるけれども  類を造る  類にして  類も發見品中に存在す  類を指すと  類にて綴り  類に土を受け  類を用ゐしなるべし  類と植物の皮又は獸類の皮を細くしたる  類なりしならんか  類を延すに  類にて磨き上げし  類は此他種々有れど  類に摩り  類を入るる  類を有せし  類の存せし  類にて魚を捕りし  類かと思って  類や土偶や土製の飾玉や小版抔の製造或は用法迄も全く失ひ  類のものになったに  類の語があって  類もあるから  類が乗せっ  類がないのではないかと思へる  類の幸福がこれまで恵まれる  類を集めて  類の少い立派な作家だと思うから来ました  類まであって  類を子供に分けた  類であろうと思われる  類でさえ書かれている  類を異にした  類と肩をならべ  類がないかも知れない  類あらじと亡き母のたまいき  類は一切やめて  類のない芸風もあるし  類ひに入れられる  類を処狭く散らかした  類を捨つるは厄年の男女その厄を脱ぎ落すの  類ならんと思ひてありしが  類の音もする  類ひあるべ  類も過不足なくととのい  類の無い日本の若者だけが負わされた  類を切取った  類ひの人々があります  類ひのない貴い物となる  類は退屈している  類が雑然と並んでいた  類のみは緑に誇る  類を同じくしてゐたが  類とはなはだ異なる  類を見よ  類となるだろう  類が悪霊を逐うた  類にいたるまで  類なぞは何一つ見当らなかつた  類が四方八方から取り巻いている  類が順序よく並べて置かれてある  類を持って来る  類を彼に作らせた  類であることを知れば  類を頼んで  類の少い内容のものだといふ感じがしたばかりでなく  類の暗殺を企つる  類にあらず  類といえども  類の夢想を計れば  類を求めて  類を片付ける  類を読み捨てにしていく  類のないのを着て下されとの  類がはえていた  類ひの雑言を放つ  類ひやらが四散してゐて  類ひの質問ばかり浴せるので  類ひの私達の往来でもどちらかのうちの誰でもが気にもしなかつた  類ひの夢を見たであらうか  類を見ない  類を選ぶ  類をつけてゐる  類を繖状に放射させてゐる  類ひのないほど人が好かつた  類ひの物を手にさげてゐる  類の無い程の古い建国の歴史を有している  類些かならずと  類の魚を数多く放ってあり  類のことがいくつでも出てくる  類の諸歌にたちまさりたり  類の暴君にもまさる  類ででもあらうかと  類まで狩りあつめて  類となると  類はみんなコンピューターの上で使う  類を作る  類を見せて  類を電子化する  類もこの方式に限ると  類が生み出される  類をしたう  類を言ふ  類の枝の多くついてゐて  類の無頼漢を言ふ  類であつたことを見せてゐる  類を以て集る  類にはおびやかされるし  類などぞくぞく発見されたし  類ひしか書いてゐない  類の人物であるか言えなかったろう  類のない程多岐なゴーリキイの少年時代の第一歩をなした  類などと軽々しく口にするは  類としか思えない  類の野生児のおもちゃになった  類で連中が一儲けできる  類でも漢字の乱用に歯止めがかけられる  類には自分でも大笑いしたくなるほど  類がすでにいくつか商品としてでているが  類はあやし  類はさびしい私は眼を閉ぢてなにかの草の根を噛まうとする  類ほそくさよさよと草地に生えてる  類が有るか  類が散文と呼ばれる  類を取  類を車に積んで  類がひそんでゐる  類に荒らされるとは  類ひのことまで吹聴しないと  類などの交った  類が蔓り出して  類の無い裏にデリケートな処がある  類の如き  類を入れて来て  類に化した  類はとらなかったが  類を並べた  類を立並べた  類はいくらもあったけれど  類を描いて  類を船手に積み  類は救われる  類は最も口やかましく騒ぎ立てられる  類へ近づく  類になる  類だと見る  類によって是正され得る  類と等し並みに検閲の鋏みの  類はジャーナリズムに於ける  類に見る  類はその極端な場合に他ならぬ  類の文芸物であると云われている  類とされる  類と見  類をやって見たい  類も大同小異と云わねばならぬ  類になれば  類とは大いに違う  類が堆高く積み重ねられ  類などの印刷の用があったら  類のすくない良元帥であったといえよう  類の口碑伝説はたくさんある  類の者が内政から外務にまで新たに面を出すにいたっては  類まで飾ざられて  類をさも珍しいもののように思って悦んだ  類の少いものかもしれないが  類なくお仲のよいことをいっていました  類ひの人間はざらにゐる  類をおなじくする  類のものがあった  類ひの賞讃辞を与へたら  類をよせ集める  類のない恵まれた  類であらう  類は前座にすぎない  類は所詮人智に及ばず  類を石油カンにつめて届けてもらう  類が少いように思われる  類でも料理で通用する  類のない優秀品が一ツあると考えている  類とは見なされていない  類をみざる  類の果敢なさを認めずにはゐられない  類が随所に跳梁する  類を絶した  類までも知つて居る  類のものはありました  類とは違ひます  類の外交術をやっている  類ひの理想をも持たない  類を用いて  類でこさへた馬がおいてあるでせう  類に属してゐる  類の言語が持つてを  類に及ぼすべし  類を分類するのに  類で見ても  類の均整して並んでゐる  類を持ち出して  類を同じゅうする  類が発布せられた  類に至っては  類の形と見たのであらう  類の文章を愛して呉れ  類の憧憬を語る  類はあらかじめこの一条の横町は使わぬ  類のこととしなくてはなるまい  類は流  類の之に準ずべき  類であったと解せられる  類のことは実は太古からあった  類に気勢を煽られて  類から経文類まで書写せられる  類を読んで  類の相違がある  類ひを読んだ  類を暗記させられてしまうかも知れない  類よりのコピーであろうと思われる  類を発見する  類の引き出しのなかから数枚のエロチックが現れる  類を交えて  類をばいかに組み合わせいかに配置するかが  類を追い出し  類にしてもが  類が贋武士となってやってきた  類や法帖と一しよに  類を取りまとめていた  類の曲者多しといへり  類にあらざる  類を並べ  類が柳行李や何かと一緒に散らばっていて  類だと考えられている  類した程度のものが見える  類もある  類の多い物であつたと見える  類ひの声色や絵画に触れると  類ひには凡て眼を反ける  類として片づける  類がころがっていて  類のものといふ風に一往は誰も考へるが  類に列ねて  類に属すると見て居られる  類の物言ひが  類として現れてゐる  類がきりっと整ってる  類の心籠めた供物を入れ置く  類の称を挙げて見よう  類括の意を取りて  類は抽象したる  類には實なくして  類の美より美なるは  類かも知れぬ  類ひの要求が持出されてゐる  類が堆く店に積み上げてある  類いなき美しき女と名乗り給え  類ならまだい  類を産するので  類のない大仕掛けの養鶏を思い立った  類を懐中にしている  類を専門にしていたので  類まで買い与えたので  類のない研究だと思ふ  類を多く用いたという  類までが時につれて移り変わりつつある  類も目につく  類からして求めてあてがわねばならなかった  類ひの相談をしてゐる  類も相応にいたろう  類も沢山にいたろう  類がある  類を同じくするとも見られる  類を同じゅうしたものと解せられる  類のすべてがこの徒に出でた  類に至っても  類といっていた  類ひにあらずと  類をもって  類だと言われた  類とみるべき  類にみている  類のものがけだし多かろうと思われる  類なりと言われ  類とみていた  類は友だっていいますがね  類を奇麗に飾っているから  類を指す  類をお考へになるでせう  類に到るまで  類とも見られようが  類の話があった  類の薬師はかえって八日という所から祭り始めた  類に算えて  類に属し  類の話もある  類の下品な言葉があり  類の割拠主義は棄てなければなるまい  類の言い伝えがある  類が繁つてゐて  類をし  類もない美くしさを持って輝く  類が風にしなって  類の少いお話と云ってい  類の深と大とのある  類なりしや解する  類ひの出来事で忽ち仰天の色を顔に現し  類の思案も浮ばぬので  類を放ちて  類にまで広告に利用して  類しておる  類に屡次見る  類ひから宝石類に至るまで  類をその物干しに干す  類はすべて彼の彫刻家的幽暗の根源から出ている  類のものが見当らない  類を商売にする  類の帆を張り艫櫂を使ひて  類が詰め込んであるや  類が一面にぶら  類が詰め込んである  類が一面にぶらさがっている  類は枝先を地につけんばかりに吹きなびいて  類のないほど肉感的な手足の指の先細な  類を持って干しに上がって来たらしい  類を入れた  類が飾ってある  類でも重ねた  類と同列に置くべき  類が無いと云ふ  類にはあらずや  類ひは悉く密かに妻や園に代筆せしめた  類ひの漢詩ばかりを次々に朗吟する  類に帰着して  類は文学が科学の性格を帯びた  類のない悪逆無道の悪党とよばれた  類の花を着けているから  類ひあるまい  類をも見ぬ  類を小脇にかかえて走り去り  類がなかったかも知れない  類とちがって  類は取扱いません  類を思いだすと  類を考える  類を知らなくて  類を生のまま食う  類を一通も出さず  類で顔を包み  類なりという  類を異にして居た  類でも上の方に比べると  類まで担いで行く  類が並べられ  類は往々含有している  類が掛て居り  類を与えるが  類を積んでいる  類を焼いてしまった  類がちがう  類を小脇に抱えている  類が舞いこんでいる  類をあけて見ると  類を見物した  類となす  類や万葉その他の古典が国民全般に研究される  類のない詩が成立したという  類などを出して来て見せた  類を照らして見せた  類が置いてある  類の語の中七字に用いられ  類にして見るべき  類を選んで  類に至るまで  類で傳聞の類を材料に取り入れる  類には往々にして  類多くなからうと思はれるが  類ではあるまいかと僕が疑うのに  類がないほど狭い国土の中でしめつけられて  類が出て来た  類なぞを三吉の許へ運んで来た  類から考察を進めよう  類だと云って  類に属する  類の書に当つて見ても  類が非常に尊重された  類が続々と出土するに及んで  類を買ひ  類が多く出  類はすべて經類に入り  類を以て門を分つ  類を買って  類が重苦しいまでに覆い重なっている  類なきは疑を容れざる  類のすくない立派な顔と体をもっていた  類に配しては  類の多少憂鬱な仕事をやろうとする  類とみなして  類を説明して  類の著作を自分が試みたといわれる  類を考え併せて行った  類が盛んに出て来た  類を自分の手一つで仕込んだ  類のものでなくして  類に比して  類を以てする  類の詩人がいた  類でなくして  類と解している  類を別にして  類に比し  類を操作させる  類いで冬はことごとく落葉し  類にて強く殴打したりと  類でも有るか  類には細かな鱗が有ります  類は是非持て居た  類を売はせぬかと  類を解く  類は梨子地の材料で金と銀とはちょっと見て分り兼ねる  類ひの言葉を寄せられた  類を授けるという  類ひは夥しく群れ  類が常に出没して  類属している  類の見えなかった  類のないほどの接戦であったのが敵味方のいずれにも属してない  類ある事なしという実感の方を肯定している  類には可笑味も可愛気もあるが  類を漏れず  類を悉く足留めをして  類が続く  類のない都市のやうに思はれた  類を供える  類を呼ぶ  類のない金銀が当家には蔵ってあるには  類を詰め込んで  類までべつだん世間並みの床屋と変った  類ひのない幸福に浸る  類を試している  類い稀れな美貌にも拘らず  類を引き出して  類を買い込んで  類で挽き切られていた  類がゾロゾロと金魚のウンコのようにつながってころがりこんでいる  類であろうと見えます  類は全部自分の居間に置く  類でしかあるまい  類ひを居ながらにして  類ひを完全な一箱にして  類いと昔から考えられておりますので  類は二千箇もでた  類をそろそろ取りだした  類しか現れないが  類を備えてありませんでしたから  類は一つも見えないで  類の浪人が化けこんでいるという  類のなかったオリジナルでフレッシな雑誌の体裁を創成するという  類をおやりになっては  類は最初から歯牙にかけず  類が同勢合せて  類だろうという説もありました  類を運送して来た  類が塁のように積まれてあるけれども  類を異にしてゐた  類を見ると  類をいっぱい持って帰るなど  類の妖言に原本したる  類は片隅によせた  類の植ゑられることが近年めつきり  類なき人物であると考え  類が累々とさしこんである  類にやあらん  類であろうと思う  類を申す  類を取り出して  類が行列を作ッて生えているが  類は友の中間同志が一塊となッて話を始めた  類はいまだに遺  類の精細な写生図が羅列してあったので  類に配られて  類まで耳をそろえて  類は友をひいて  類まで持ち込む  類にはあらざるか  類を異にしている  類もあらうし  類はわずかに〇・五プロセントの亜硫酸を含む  類もまた多少の損害を免れぬという  類に限る  類を塗って固めた  類がかなり積み込まれているから  類までが備わっている  類を取交ぜて  類にまで及んでいる  類を産むに至った  類は皆此方に栽ゑて枕元を飾るべし  類を絶してをる  類が行儀よく載せられてあった  類を見つけ  類はお菓子のうちには入れなかった  類だと思って  類を持ち出す  類を些し  類にも効があるという  類にいたるまでを  類をあわせ  類が私のいた  類で口の収まりの  類あるいは手織木綿のきれ  類がございますまいよ  類の絵馬の模様というものはきまりきった  類が頓狂な声を立て  類がないように思う  類かも知れなかった  類の無いというほどの  類の無い山だと毛唐人が言いましたから  類が無いと西洋人が驚きます  類を拉しきたって  類の違つたものと考へる  類にもれず  類が比較的に多く積込まれているらしい  類にまで試驗した  類のない色の鳥になった  類のない色といえば  類から洋服箪笥まで備え  類を排斥すれども  類をも猶予なく排したるがごとし  類を許容する  類の一種なりとす  類の記述は常の日の食事には触れていない  類に限られ  類が違つてゐる  類までも用意して  類にまで事寄せ  類の少なからうと思はれる  類をあけて見た  類を坂にころがし  類も亦神名を負うた  類をととのえた  類を見出した  類に応じて違う  類が吹雪の浪を泳ぎ寄り  類ばかりで米食の跡のないことを見届け  類を持ち出し  類でないことはわかっているのに  類がついている  類のない趣のある  類としか見えない  類ではありません  類でないことを知り  類が襲い来ったとしたならば  類まで通ぜざる  類であらうと  類は途中で蓋を明けて  類を食するも  類によって位置を異にしたりする  類を少し加えて  類にも色彩の見るべき  類が現われて来た  類を私の前に並べ  類と見える  類でないことはわかっているが  類のない魅力に胸を躍らす  類が古今南北を一貫して  類の語があった  類の草の名を問題にする  類の名が殆と行われていない  類をつくりたくないというので  類した他の話があった  類かも知れない  類の話も出来た  類を総括するまでには  類の方言の十数種が載せられてある  類は先づわが肉体を冒して  類を見ても  類を神宣やお題目だと云って  類の時間を殖やし  類を信仰せられて  類の多いものではございますが  類を出し  類もととのわなかったと見え  類い少なき文学者であったところからして  類を売っていた  類が盗まれたと云う  類が庫の空箱の中から出て来たと云う  類であるかも知れない  類ひがある  類かもしれぬと思って  類をも珍重する  類のない精密な恒星表を編成した  類とは本質的な差違を示しており  類は約五万年昔のものと推定されている  類を抱えては  類といっても  類なりと断ずる  類が紛れ込んだかと見ると  類も一通りは取揃えてある  類を買い込んで行った  類を買って行かれた  類を買ひて楽しむ  類にまで堕落したとすれば  類を売る  類の供物を中に近所の若い衆が寄り合って  類の物がなかったせいでもありましょうが  類を除かした  類が積んである  類取卸して見せける  類にタニグクまたはククの名ある  類にあらざるを以て  類は古今東西に散見されるが  類さえ携えて居ります  類はまた最も好む  類を並べてあった  類ひかも知れない  類になり降  類でなければならないと見て取ったし  類が存在していない  類を聞く  類も乗せて置く  類が繁茂いたし  類を求めては  類であったかも知れない  類ふべきものなき麁末なる部屋なりしと  類が沢山とれた  類の者をいう  類をもって集まる  類が巧を尽して列べられてある  類の人が山中に入り  類の珍本のいくつかを合わせて  類の山で修業した  類の狐になると  類を叩く  類の小さな神を招き降す  類の神の好む  類の例ならば方々に伝えられている  類の兇漢を描き出して  類の非難を伝えない  類に混じた  類を返礼に入れて返したなどと  類の物語があって  類を捕ってきて  類が施に出て  類が多くのせてある  類は地面いちめんを被っているから  類のあそびと  類ひの商標名であるのが解る  類がはいりこんで  類の小さな羽虫が沢山引っかかってる  類が住み  類だけだという結論になる  類までも合算していったら  類から講釈落語または歌舞伎劇の脚本等のなかにみられはするが  類のない変人ぞろいの捕物陣を敷きまして  類でも一応の必要は充たされる  類ひの隠花植物が絨氈のやうに蔓つてゐた  類と違って  類その儘出て行きます  類の待っていた  類が常にのしかかる  類にも惹かれよつたであらうが  類を繖状に放射させた  類を通じて考へて見るに  類との間を行く  類の箱ではなかったか知らん  類ひ稀なるモロコシ酒の利き  類を人数に応じて  類があるまい  類ひをお願ひしに  類を書きながら  類をショットの標的とする  類から区別される  類しかなかつたのだと私は思ふ  類を凡て虎の模様一式で飾った  類を漁った  類を求められない  類を見れば  類はあるまいと思う  類を求め得られまいと思う  類でもあるか  類の者が語る  類もあるであらう  類属して居た  類を求めている  類を諸寺に移させられました  類かと見ゆるが  類となっている  類にあっては  類を求めてゐる  類ひの焼亡いたしました  類に煩はされる  類は昔はことに多かったと思われる  類で説明される  類が人間の需要の反射として更に行人を誘惑して居る  類のものと大して変った  類のある  類をことにしている  類の性格と共に作り出すであらう  類のものはあっても  類を求め  類は日本支那に於て独特の発達を遂げ  類が創作せられた  類の表現は単にそれを理解する  類を異にしていた  類が備えてあった  類と択ぶ  類は江戸泰平の時を得て  類は皆一人の思付きより仕出せしを  類を張り抜きに作り  類にて神守りの一つなりと思へり  類ひのものではなささうだね  類のない新しい歌を歌って  類を常食とし  類が跳梁した  類ひの力量を示した  類ひないものにする  類に目ざされる  類の異った  類までけっして乱雑に置いてはない  類を見たりし  類なりし者が女王の赫々たる英名を利用して  類を超えた  類を取出して示す  類なく立派であると思った  類のない国家形態がわが国には形づくられていた  類の地名があります  類に屬する  類のない聡明さに帝はお驚きになる  類が雑然とのっている  類をさへ描きて  類にも通じる  類も積み重ねてある  類を携帯して  類を求めるなら  類でさえ西洋人にはめずらしがられた  類は厳禁であると数えて見せる  類のことはほとんど数えきれない  類なぞがそこから出て行って  類を拾った  類までが否応なしに半蔵の前に取り出された  類の馬籠村にも許されて来た  類もありて  類などは惜しまず握らせ  類をやって見せよと言い  類のない幸運に恵まれた  類のない柔らかさに聞こえた  類の夥しく出  類をどう間違ったって  類もないような御恩寵を若君は身に負っている  類のない御身分になっていられる  類いまれなる  類の話は幾つもあるから  類となり  類をあつめて  類をみない  類を造って  類は馬籠村民にも許されて来た  類なぞを取り出して  類はこちらで取りそろえて置くと言ってよこしたさ  類まで取りそろえて  類を店にそろえて置いている  類もがさつに枝を伸ばすばかりになって  類までも細かに気をつけて  類がないと思っていても  類をいう  類の例はなおなお数多かり  類に過ぎず  類が澤山ある  類に随喜する  類もたくさんあります  類を推して  類は食時の節少々用ゐて  類のないものになりますでございましょう  類もない麗人と思われた  類の怪談は江戸時代の山の手には多く伝えられていたらしい  類ひにあらず  類が陳べてある  類を異にしてゐる  類のない人柄の温かさが先づこつ  類の少い確乎とした  類の旅の経験も知らない  類ひが面白いやうに沢山発掘出来る  類を集めてみたが  類は科学的な価値の低いものに過ぎぬという  類なきことと敬服いたし  類まで広く漁った  類を商なっている  類も多少持っている  類の少いものになつてゐる  類を根氣よく集め  類をさす  類を通じて我々の父祖たちがいかに堂々と討ちつ討たれつしたか  類も漂うて来ない  類もやっと出来上ったくらいだが  類はたいてい揃っており  類は電線を切れば  類も売れると見える  類の住地よりも高くして  類は此の限にあらず  類より変形したる  類の臆断を敢てされる  類の信念から生じた  類と化して来た  類とは大分違うらしい  類のものを指す  類にぞくする  類を数え得るに過ぎない  類が出版されている  類の事まだ夥しくあるが  類などが今もなほ余の記憶に新しく甦るにも拘はらず  類などが今もなほ余の記憶に新しく甦るにも  類せる点多きは真に驚嘆すべし  類を与え  類の人がいたればこそだと言って  類有りを五類に分けます  類の話がスペインにある  類故このついでに孔雀の話を一つ申そう  類を見ず  類と心得た  類はすべて澗泥を以てその背を冷やす  類の話数あり  類なき上手なり  類たる麝香鼠を創世神の一とす  類と歌はれてゐるが  類とどう区別される  類とに対比させれば  類に相当すると云う  類の論理に総合される  類の論理に対応するという  類に於て否定的に統一されるという  類の絶対的全体性も認められなくなる  類は初秋のものに属し  類は出来合いを買って間にあわせる  類を買って来さした  類の酒が市中を横行したに  類が無かつたのか雑誌も能く売れました  類のないよいスープができる  類や宗教書を三倉や浅倉で買った  類までこの国を住家にしてゐた  類だから衆の笑いを引起し  類を求める  類の盛んに出てゐた  類ひなき物に思へり  類を陳ねて  類と並べてある  類の演出を見まして  類なき厚意を感謝し  類を植え  類に漏るべき  類を積みし  類入り乱れし藪叢を背にしてうずくまり  類に到るまでの  類を特徴とする  類より出でて  類ひの理由も見出せなかつた  類が付して  類がその女子に憑付せし  類の憑付にあらざる  類の憑付によりて  類が憑付してなさし  類にあらずして  類にきまっている  類を耽読したり  類ひの無心でも享け容れられた  類のないものであったろうと思う  類のないこの自由圧迫の根本的な悪法が撤廃された  類を以て集り  類が群生し  類なりと断定する  類の穀物を混食してきた  類も生存している  類が生存している  類がどんどん繁殖して  類がそう殖えぬ  類といふ風にしか理解できなかつた  類は皆な博物館に寄附して  類で一パイになっていた  類せる政治的状態の反映と見  類を指しし  類が多すぎた  類ひを指す  類の歌に出てゐる執  類を持ってきて  類を縛りつけて  類を家の周囲に副え立てて  類にやなど思い悩み給いにき  類もつみ出した  類ひのものであらうと  類ひの手紙でも四五回は繰り返して読む  類を一覧す  類の少ない飛離れた  類を見に来られし  類に堕する  類を描いてゐましたが  類を見せてくれて  類を飼つてゐて  類した手段ではあったが  類ひのものであるといふ想像を廻して  類ひの運動を懸命に繰り返します  類は違うであろうけれども  類いまれなる  類の物語を更に蒐集する  類を集めた  類は紙を四つ折又は八つ折にして置いて切りぬいてから  類でもあらうか  類を言語の外形を形づくる  類にわける  類の万葉仮名を後世の仮名と対照すると  類の仮名で写された  類で書かれた  類があると共に  類が別にあって  類とは別の音を表わしていた  類の文字を用いて  類の文字を用いる  類の文字を用い  類のものを用いる  類の文字を用いるに対して  類の文字を用いている  類に分れて  類を用いるかがきまっていて  類の万葉仮名によって表わされた  類はこれに子音の加わった  類でせうか  類にやという者もありき  類に入つてゐる  類の演技をも含んで居つた  類のものを持っていよう  類が千紫万紅を競うている  類は子供らにあまり親しませたくなし  類が方々に積まれて  類ひのことだけを指す  類を引ずり出しては  類は其前から読み初めました  類が数多く占めて居ました  類はすべてその辺に置き並べてある  類は草のように靡いた  類まで乏しくなり  類が一冊ずつ順にふえた  類は取り出された  類ひかも知れなかつた  類ひの不安を與へる  類ひの立入つたはなしを厭つてゐたが  類おほかた備れりとぞいふなる  類を買つて來まして閑暇な時には種々な物を手造りにしました  類おおかた備われりとぞいうなる  類さえ一切見ず  類だと考えている  類が着きました  類が不思議に街の一と所に吹き溜められていたり  類を異にして  類がその六畳ばかりの狭っ  類はそれぞれしばったり  類を多くとる  類をとらえ  類がいかにも愉快げに遊んでいる  類は用いぬ  類がぎっしりあります  類ひの事柄であらうとも  類がかたずけてしまうあり  類でむごたらしく傷つけられて  類で満足した  類の少い見栄坊でもあった  類をこの山に埋めたまいしかは  類にすぎない  類が二種しかないと私は断言する  類にて右老伝の霊草は御廟瑞籬の内に希に数茎を得といふ説もあれば  類は眼中に置かずと見え  類は下谷本郷辺に多く神田には村口山本二軒のみにして  類は購ふ  類かとも思えども  類にほかならない  類は一つもいない  類の事の言葉にのぼりしは  類を一笑し倒さんと意気込む  類を実見せし  類にも許すべしとすれど  類の八房を成仏せし  類の高級な精神生活を営んではおりますが  類もなく可愛らしい花の精が舞いながら現われて来ました  類は友を呼ぶ  類が硝子器のうえにほとんど宗教的尊崇をもって  類の外は殆どないといっても  類の慰安で自分を飾り得たと思っていた  類よりは光明を持っている  類の化粧を以てのみ悪心を抱く  類などを見せられても  類もおよそ今日に遺って  類があり  類がその土間には放り出されてあった  類から二百二十種の怪奇談を抄出した  類に拠って  類ではあるまいかという当然の結論が生まれ  類ひの活躍を続けるかといふ  類ひの地図にも省略されてゐる  類の経験が度重なるにつれ  類のものに転化した  類を殆ど手放さうとはしない  類ひばかりが充ちてゐる  類ひの手紙を貫つても容易にそれに匹敵する  類ひの手紙を貰つても容易にそれに匹敵する  類の稀れな親孝行で誰にも負けない  類ひ稀れな親孝行で誰れにも負けない  類ひを逃げてゐる  類に入れられない  類が茂っている  類を作るので  類であらうと思はれる  類が生れているではないか  類を通読された  類を洗つて居る  類まで積んで  類になりますが  類が山積していた  類かと思われたが  類を喰べた空には白い雲がうかんで  類の女性しか傳へられてゐないが  類の人の勧めは綺麗に辞退し  類に三種あり  類の海草もたくさんとれるらしい  類けだし少からぬことであったと察せられる  類が来て  類にしろ  類に祈って  類が上される  類が立ち並んでゐる  類が入っている  類い稀な悲しい定めに対するたくまざる  類ひ稀な悲しい定めに対するたくまざる  類を片端から燃やしつつ  類ひを見て  類を示されても  類が集められてゐて  類ひなぞを見た  類ひの尊敬を払ふので  類が堆積していたり  類の無い文體を形成して  類ひに異なりません  類の要求にまで進まなければ  類が見え出して  類もまだ全國の諸所に殘つて居るかも知れないが  類を持つた  類であるかもしれない  類が並んで  類を稼いで  類は長く伸びず  類が並んでゐる  類が懸つてゐる  類が自慢さうに顔をのぞけては  類ではありませんか  類の少い位置をこの作品に与えている  類でもありはしない  類ひに何時までも満足する  類はあるが  類ひ淀み滞りて  類から大きなものでは鏡台や机の類まで見かけます  類に及びます  類などに見るべき  類はむしろ高い品位を想わせます  類を異にし  類を挙げるべきでありましょう  類では日本一と讃えて  類は末期を思わせますが  類を分けますから  類にも及び  類に忙しい仕事を見せます  類や数は並々ならぬ  類を持ちません  類を作りますが  類を見ません  類はいずれも型紙を用いて染めます  類では同じ町に見かける阿  類も沖縄は沢山美しいものを生みましたが  類はわずかの例に止めてあります  類を樹洞で醗酵させ  類の女でもありません  類又は佛の眞如實相といふ類である乎も知れぬ  類で人間の祖先なる動物時代に於ける視  類では無かろうと思う  類だけ買って  類を公許し  類が驚くほど  類とは違う  類のない深谷を下られるといふ  類の少ない学問筋なので何やかや世間から相談をかけられる  類のなかった日本の文化弾圧は一応終熄されて  類のない非望をあえてしたという  類いと奇しく  類の事により人の不利をわが利となさんとする  類と相合ふにいたる  類にて作り  類は巨大にして  類は余り使はずにやる  類も揃っていなかったので  類を積んだ  類のすくない一人の傑出した  類おくところが出来て  類についてわたしがどんなにクヨクヨ思いなやんでいる  類を排列していって  類を好む  類少なきによりていよ  類甚だ多きを見んとて  類を支ふる  類なき書なればた  類を送ってやった  類は米国からの到着を待って  類とは思はれない  類が職業として優に存在し得るかは  類いなく静かな落着いた  類となるし  類を籠めて言ふ  類とは言わず  類なおあまたあり  類の物語なお数百件あるならん  類の書物は少なくも現代の流行にあらず  類までも取り去りしかば  類も出  類から游離した  類を異にする  類は肥料を受けて  類に候う  類はむしろ自然の変化かもしれぬ  類となって  類のこと実は今に始まった  類は古典に取り  類は実際使いくらべてみた  類が数行書いてあった  類は乃ち異なつてゐる  類をいうものの如く  類のものからも採  類ふが故に最も是が心に適ふ  類を見ざる  類において同じ木も善果惡果を結び  類を用ゐて作れる  類を見ないほどの  類を時々書いて行きたいと考える  類ばかりを新刊したがる  類に局限されたものの  類は本書では多少比重を失して  類とは較べ  類しているが  類があるとしても  類であるところを見ると  類を同じ寺の十一面観音などと比べて見る  類と比較して見れば  類はじかに庭の上で演ぜられた  類ではなかったかと思われる  類を伝え  類までも珍重せられる  類がそこで湯治をしたと言われている  類は非常な勢いで流行した  類も朝堂の饗宴に盛んに行なわれた  類もこの特質の現われである  類よりも重んぜられた  類の考案に過ぎまい  類が立ち並んでいる  類が並べてある  類に洩れなかつた  類の少い仕事だけに是非して見たい受け合って見たい  類を失つたことは傷心なるも  類いに直結し  類の少ない独占事業でなにかにつけて  類で書くべき  類で書き  類で書くという  類の万葉仮名を使い  類の万葉仮名を使うという  類の仮名で書いているから  類の仮名を使うという  類にわかれて  類の仮名を使う  類の仮名のどれを使っても  類の仮名は使わない  類を使うかという  類の区別は普通の仮名で書き分ける  類に分れている  類に分れておって  類を分けて  類の一つ一つに一致する  類を合せた  類を代表させるに  類の仮名として区別せられておった  類の文字で書いて  類の文字では書かず  類の仮名で書かれている  類と同じ音になったと考えたからであろうと思われますが  類で書いてある  類として考えられていたという  類の文字で書いてあって  類の仮名が混じて用いられている  類の仮名を用いるべき  類に属するかきめる  類にわかれている  類に属するかを覚え  類の字で書くべきかを  類のものがあらわれます  類のものを用いず  類のものを用います  類が認められます  類がいつも用いられます  類のものは決して用いず  類のものを用いて  類が認められる  類が皆違った  類は決して用いません  類が用いられ  類のものがあらわれるという  類を用いるという  類の中の或るきまった  類に宛てた  類の仮名で書いた  類が違います  類に属するかによって  類に属して  類の仮名を正しく遣い分けてあるばかりでなく  類を積み込み  類の語を言ひ交す  類で包み  類を除き  類の神社暴滅に罹らんとする  類ひ無慮数十本の残骸累々とあり  類が巣を構えて住んでいた  類い稀れなる  類ひの婦人に対しても単なる機会次第に依つて  類ひの夢に悸やかされてゐた  類ひの他人の心遣ひには  類に言う  類の人が有るので有らう  類と林を分ちて  類は澤山あるが  類が懸っている  類は皆よくできた  類を架け並べてあった  類を出して  類の少い美人であるから婚家に当り前に暮していられるが  類の所為にもやと存じ  類まで積んで来て  類に繋り  類は机に山積されたほどだった  類まで余さず  類のすこぶる下手な地ぐち調の狂歌にすぎない  類を除いた  類が全く欠けている  類がすこし売りに出されたとの  類とかをのぞいて  類はなくならない  類の大に之に与りて  類を鬻ぐ  類を一嚥みにする  

~ 類[名詞]1
上等な類の  偏光の類  やうな類  道具の類ばかりは  日用品の類  涙をこぼさせる類  熱をあげるであらう類  研究会講習会の類に  おろか何んな類  染め木綿の類が  槍の類では  のと類を  日本にも類が  雄の類  頼朝の類では  糸の類にて  斯んな類  世界に類の  読本の類に  芝居の類には  小説の類を  妖魔の類は  讃美歌の類を  器具の類や  蛮方異産の類  蛮方異産の類の  カンマームジークの類を  多くの類  標本箱の類  カラスの類  クヅ鉄の類も  パイプの類  農具の類が  ば何んな類  斯る類  子供だましの類  是々非々主義の類で  発表した類に  耳鼻の類が  預金の類を  手拭の類を  一定の類に  原因の類の  くつ下の類から  しめじの類にも  骨肉相食む類の  妖怪変化と類を  聖木つげの類の  七小町の類から  壜の類と  ジャガイモの類を  にわかといった類の  狐狸変化の類に  妖怪狐狸の類  狐狸の類  聖教伝記の類を  柿などの類を  斧の類を  付け袴の類に  膚着の類  瓶鉢の類も  蔦蔓の類を  蔦蔓の類にて  席の類に  木詣の類と  標章玩具の類なり  餅の類を  手持砥石の類にて  骨器の類は  砥石の類に  膏藥の類を  水草の類に  籠の類を  舟の類の  具の類を  銛の類にて  壺鉢の類や  身を失うという類の  輩浮宕の類の  放免うりの類かと  言ふ類も  貉の類が  変事を伝えぬという類の  ような類の  米俵の類を  日本に類の  世帯道具の類まで  雑剣客の類では  もちや類を  科学商人の類  怪奇小説の類でさえ  認識論の類は  物語小説の類  随筆の類  心中実話の類と  ほかに類が  乃木祭を行う類  宗像国造などの類  言ふ類の  紀念碑の類は  叔母などいう類の  文弱の類  什の類を  犢鼻褌の類を  福引の類  名医の類で  太鼓の類の  仇花を咲かせようとの類  家具調度の類も  金の類を  剣を求むるの類  主人になっているとか云う類の  云はれる類  うたひはやされるべき類  ような類  採録した類  怪奇小説の類は  缶詰の類が  雑器の類  松杉の類のみは  あれと類を  他に類の  所謂真理運動の類を  一躍金が儲かるという類  艶史小説の類  野葡萄の類が  行者の類の  匕の類に  要求の類  現地報告の類に  家具の類なぞは  拳銃の類が  武器の類が  清水の類を  末利迦の類  祭祀用器具の類を  つて唾する類  法印山伏の類を  上書建白の類も  家財の類に  学校の類と  誹謗の類は  蕈の類  機関の類は  足袋の類を  雑誌の類を  道明ゆえ厭かは知らねど類の  羊歯の類が  何んな類  他人に話せる類  云ふ類  確に類を  画集の類  解説書は類が  コントの類を  地車の類は  劔戟の類を  祖師花の類を  サンカという類の  鎌の類  一つも類の  戦記軍談の類  葺替え造作田地開発などの類  鯉の類の  傑作といふ類  僕の類  伝奇稗史の類の  山賊の類で  堆朱の類  山賊の類まで  真っ赤にしながら読んでいきたい類の  パロディーの類と  参考図書の類は  参考図書の類を  図版の類を  百科事典の類も  図書館にも欠かせない類の  修養書の類が  やうな類を  割り竹の類を  物竹の類の  美人局の類の  首長の類で  彼女自身の類  強盗山賊の類には  機を逸す類の  等の類  金銀絹帛の類など  狐狸などの類に  その他雑文の類  張儀の類などと  暗号の類としか  駆逐する類の  応対までやらせようとする類の  小型であるといった類の  参考書の類で  社内文書の類でも  管理の類には  電子辞書の類が  規約の類は  菌の類は  莖の類は  わらびの類  自由詩の類が  陰影の類は  小説の類が  牧歌の類を  犯罪史に類の  宝石の類を  蛇の類が  狐狸の類に  刀槍の類を  鍋釜の類  榛の類などの  躑躅の類が  他には類の  記憶比較の類の  筆紙墨の類を  鬼神羅刹の類に  怪神の類では  武器の類は  コップの類を  鏡の類を  カフェーの類は  兵馬武器の類を  茅柴の類を  鬼弾の類なり  与太者の類  自殺志望者の類は  組合加入禁止の類は  性犯罪の類は  圧迫する類  根拠の類に  外来思想受け売りの類  軍需インフレの類によって  痴戯の類と  変節漢などの類では  人間学の類の  所謂流言飛語の類は  ラジオの類に  ものの類も  ハンドブックの類は  古文書の類は  通俗小説の類の  新聞の類  流言飛語の類と  流言飛語浮説の類と  マツリゴトの類  政治放送の類を  解決し得ようといった類の  問題を惹き起こす類の  パンフレットの類も  モッブの類でも  オクといふ類  云へぬ類  孟達などの類とは  総合雑誌の類が  葉書の類などの  古今にかけても類の  ステツキの類まで  トロンボンの類で  十銭寿司の類  氷餅の類を  人生も類  クモの類は  発見せらるる類の  山鹿流とは類を  絵かきの類を  樂しまうとする類で  世界にも類の  世界に類が  妖怪変化の類は  臓物シッポ脳味噌アラの類を  史上では類が  焼肉の類でも  他国に類の  兵器の類とは  他に類を  変化の類が  支那小説の類までも  方の類とは  批評家との類と  今迄に類の  キャベツの類も  富豪の類  片目であったという類の  數ふるの類  赤檀の類を  胡瓜の類で  此の類に  此の類の  漸次統計年鑑の類に  宣命祝詞の類の  祝詞の類を  神宝の類  詔旨の類で  椽の類の  鉈の類を  トルゴウ会戦と類を  叙事詩の類を  宣命の類が  謎の類  世界に類を  皿の隠れて居る類の  荷のある類は  百匁六十円見当という類の  ゆゑ刀剣の類は  云ふ類の  賤しまれなくなったという類の  水呑百姓の類を  間人の類  雑戸の類  乞食法師とかの類  朗詠集の類に  名義抄の類から  野菜の類を  世には類  門番の類  私小説の類を  信仰しろと云う類  国には類の  虎だと云い切る類  小説の類  瓦の類を  日本名勝風景などの類や  銅版画の類よりの  静物の類を  手箱の類の  ニスの類を  花鳥の類を  竜の類を  シュールレアリズムの類に  小盗の類が  紙絹の類や  醤油ソースの類  曲を味わうと類  食器の類を  栂の類が  蟇口の類を  世に類  彼女は類  雑誌の類が  文献学的知識の類  ハルシネーションの類  幻覚と類  朝臣などの類  紀などの類  源左衛門といふの類  下手珍味の類に  怪談の類  表現の類として  解釈哲学の類  頭の類が  ぢやの類の  感動語の類に  言ふ類に  すの類の  口状の類の  狂言役者の類の  放蕩人の類として  豪華汽船の類  調度の類が  強飯の類の  魔法の類の  ハルトマンは類  個物ありて類  極致は類の  革命者は類の  鯵の類  寒からしめる類  蜜柑の類が  蒔炭の類を  近隣では類の  涎掛の類は  春画春本淫具の類を  餌の類  布の類を  洗面器の類まで  コカインの類を  おもちゃの類までが  着物の類も  農具の類から  即興楽ともいふべき類  当人に謀る類  中間若党の類も  奥女中の類も  呪縛に遇ったとかいう類の  夫に持っている類の  千秋万歳法師などの類が  のという類の  舞太夫などと類を  穢多の類  河原者も類を  エタの類の  梓神子の類に  エタの類と  云ふべき類に  陰陽師の類  エタの類  唱門師の類と  後から類を  犬神人の類  夙の類に  世を渡った類のみ  穢多の類なりと  神人の類と  この辺にも類  銅器陶器の類を  酌婦芸妓の類を  采女の類の  寿詞の類は  柵塁の類  鉱石の類を  山家鳥虫歌の類に  不調和に思ふが如き類  これまでに類の  遅刻早引の類とも  サイという類の  繭ねりというの類  罰を受けたという類の  娘を娶ったという類の  方ではという類の  遁げて来たという類の  ものだという類の  蘆荻の類が  回想記の類を  索綱の類が  世間に類の  符号の類  何んな類の  上こす類は  ような類を  竪縞の如く縫わせたらば類  絵本草双紙の類に  什器の類  穿の類を  詩歌の類は  弓術撃剣の類と  糸の類を  小舟の類の  酒楼の類の  人参川と呼ぶ類  譚詩の類を  雜誌の類が  蔦葛の類が  灌木の類は  浴衣の類を  兵士の類は  松脂の類を  刃物の類が  世間には類の  国民精神作興の類が  妄想幻視の類とな  阿片の類に  クッキーの類が  襦袢胴着の類でも  気を起させる類  文学として類の  商品的小説戯曲の類と  翻訳戯曲の類を  北海道に類が  茶碗の類は  隱亡の類で  餘り類の  のは類は  狐狸の類には  見世物の類は  書類書簡の類  人々の聞き慣れぬ類  探偵小説の類は  問題になる類の  風刺の類では  歴史にも類の  菜の類の  外國にも類  天然には類をも  銀笛の類  食物の類を  歴史に類が  ルーレットの類と  ゴシップの類は  格言コトワザの類を  みみずの類を  鳧雁の類  手紙の類を  帯の類で  毛虫の類なりと  ホーズとは類を  頂戴などという類の  他に類が  樅の類でも  鍋釜の類まで  乾酪の類を  コニャックの類が  軍人の類  紹介する類  長石の類は  槍薙刀の類が  衣服煙草の類を  風呂敷包の類を  系図の類を  剣法は類が  剣術とは類が  新聞雑誌の類を  手紙の類が  旅行案内記の類を  刑具の類を  送状の類も  文芸批評家とかいふ類の  劇の類と  服の類の  記紀の類や  香具の類などを  道具の類を  碁盤の類が  松月の類  享夫の類  藤尾の類  雲の類  擬古文の類に  思つた評論感想の類を  文學の類に  骨器の類  小説の類で  #聞の類を  志の類には  しまつたといふ類  聖人の類  餘り類  口頭禅の類では  マッシュルームの類  水は類  認識する類  將棊の類を  右の類へ  夏衣の類が  その他勝手道具の類なぞを  通俗的読物の類から  桜品桜譜といふ類の  鐘鼎の類が  明器の類が  蝋燭米穀蔬菜罐詰の類を  地志の類が  起居注の類が  經書の類は  雜家の類  マッチの類を  鬼畜の類  喬木の類が  捕縛して遺類  幽霊の類に  女郎花の類は  リヤカアの類は  芸術とかいう類の  さと来ては類が  小間物の類と  諷刺の類を  これらの下らぬ類の  門附の類で  歌の類を  門附の類  鵞鳥の類  按摩の類  云ふ類が  かわらけの類  過去に類が  手踊りの類を  らに類の  世界に類  特色に類  小説の類に  美文的随筆の類を以て  道徳訓の類も  ボッカチオの類の  叙事詩の類で  歌謡の類を  安来節の類に  膽勇殆ど人間の類  働販売器の類を  肌着の類と  楢の類  言ふ類  其上槌の類にて  エ君賽転の類でも  総て毛の類には  紙入の類は  白髪染粉の類を  算の類を  参考書の類を  鱗屑の類  側の類  追剥の類が  鍋釜茶碗の類を  菓子の類が  相州物の類  ノリの類が  部とに類  木樵山がつの類が  今までに類の  物置きなんぞの類では  変化の類  見越し入道の類には  狐の類  芸妓遊女の類を  盗人の類が  弥次馬の類が  軽業足芸の類は  小道具の類が  火の番の類では  手水盥の類まで  小者の類と  巻藁の類を  社の類も  類は類に  時代にも類が  母の類  葛籠の類を  毛布の類を  鋸の類で  スゲの類  イタヤモミジなどの類  惰民の類が  草履取の類  醤油の類は  日本中に類の  新設の類  挙国一致の類でしか  膜翅の類  サイカチなどの類  俗曲落語の類で  邪教の類  マガ玉の類は  品々オタカラの類を  ガラクタの類しか  武器の類を  鋸などの類  女房子供の類は  当時他に類の  柳樽の類を  迷信の類は  強力の類が  火薬の類  火薬の類を  明荷の類が  上願書の類を  鯉鯰の類を  忍び道具の類  云ふなどの類  紙の類は  果樹の類の  蓆の類  他に類  鰻の類が  狐狸の類にや  ものなりというがごとき類のみ  話の類  火光を見る類を  等の類に  猥畫の類  住所録の類を  変化の類では  楢などの類が  向うでは類は  三方の類は  床屋の類に  売女の類  絵草紙の類まで  草双紙の類  針箱の類まで  千鳥鎌の類に  これら宝石の類には  僧俗の類も  やうな類も  松明の類  絵図古書などの類も  害虫の類は  蔬菜の類も  烏賊の類に関する  猿猴の類に  樹脂の類を  荻の類  手荷物の類が  スケッチの類  青銅の類を  ぼうふらの類にまで  ダンサーの類と  書画骨董の類の  さは類が  文化住宅の類が  大衆作家の類を  華鬘草の類は  バタの類  巻紙の類が  油虫やの類を  不思議といふも類  餅団子の類は  鳥の類  櫛笄の類を  武者振いの類  幇間末社の類も  番頭の類の  鳥威しの類を  料理場の類では  花柳病の類にも  家具調度の類に  串柿などの類  山陽山陰の与類を  職人の類が  猿の類に  昆虫の類で  版画の類  #手織木綿のきれ類といった  当代には類が  天下に類が  目高の類が  かけすの類が  腰を抜かしている類かも  肖像画の類  茶道具の類が  行者の類  国々に類の  世界中でも類の  黄不動の類を  蛤の類に  化物の類  食糧の類が  酵母バクテリヤの類にまで  ほかに類の  外に類の  雨戸障子まで焚いてしまう類  そりゃあニッケルとしては類  調度の類から  階級儀式の類を  保護貿易の類をも  軍人政治の類を  帝政論派の遺類に  帝政論派の遺類  帝政論派の遺類の  方という類の  料理物語という類の  茶の類に  増長せしめる類の  辞せずという類の  寝言の類  それは類が  茶器の類まで  ゆかたの類までも  枕の類にまで  外國には類の  洒落本の類を  先づ西瓜の類を  古帳日記の類は  岩石の類も  鈴を盗む類の  七輪の類を  郷士豪農の類  弾丸弓矢大石の類は  海草の類を  烏賊の類が  青草の類ばかり  図面の類を  人足の類  雛妓の類が  馬方の類としか  米友の類では  貴公子の類  右に挙げた類の  ばくろうの類  羆の類が  囲碁将棋の類まで  小鉢の類で  合力など求めて歩く類の  お菓子の類は  タピオカの類を  ために類  丁子の類を  調度器具の類にも  大幅の類が  庖丁の類を  ならず者の類と  百姓町人の類  被服帽子の類に  人物の類の  妖怪変化の類では  フカミグサ・ハツカ草という類の  ことを知ったという類の  松竹梅桜の類が  チゴバナ・ウナイコという類の  青蛙の類  狂気の類を  鳥になったという類の  これと類  キヨモリの類かも  一方ケケス・カラガイデという類の  雀の類を  住居の類は  お伽這子の類を  伊勢音頭の類を  安定其他の類でも  政綱の類を  国文の類の  本朝には類の  天魔外道の類を  妖魔の類を  恐怖何に類へ  膳椀の類を  調度の類も  朝廷に類  明灯心の類を  金銀珠玉衣服の類が  全体主義的議会演説の類  雑多な類  変化妖怪の類かも  人のくらいは類  根の類をも  従来には類の  岩石の類とは  絵画の類は  記録の類を  漬物の類と  妖怪変化の類なりと  野鳥山禽の類が  食器の類も  干瓢の類を  夜鷹の類を  追剥の類では  夜盗追剥の類にまで  駄菓子飴細工の類を  薄の類の  鉄鍋の類でも  新刀試し辻斬の類を  人の類も  親木の類  空箱の類が  梃子の類  草双紙絵本の類  餌取の類と  蝦蟆の類に  蝦蟆の類  苗売に聞けば類  坊主茸の類で  弓矢の類さえ  果実の類は  ラムネの類を  寄合世帯の類では  髣髴するをえる類の  猿楽の類に  引の類  いたちの類では  絵画彫刻の類も  木石の類が  水差茶道具の類も  桶の類まで  松柏の類が  他をいう類  これに類  鳩の類が  様な類に  実の如き類の  鳳仙花の類の  書画の類が  のだろうという類の  八郎という類の  低級神話の類  地獄を見たという類の  桝の類を  頭領という類の  妖怪変化の類に  産養いという類の  雉子の類を  狸兎の類を  県道という類の  曾我五郎という類の  馬鹿囃子の類  顔を見合せる類の  墨の類が  小鉢の類が  アザミの類は  もろの類の  ベルモ酒などの類  浮浪人の類が  蚊の類の  縁起物語の類が  多く与える類  鮒の類が  世に類の  酔払いの類だけ  倫理学の類  文化講演会の類は  末流もぐりの類までも  家具什器の類は  軍記物語の類から  古今に類の  一支柱の類でしか  草の類  蝶々トンボの類と  鋤の類を  夜鷹の類と  往來を禁ぜられる類  古今にも類の  救命イカダの類  活花の類が  練り物の類を通じて  餅花の類との  ナインの類  世間に類が  蒲団毛布寝巻などの類が  食糧品の類を  寄附施しの類  売薬の類  紀行の類を  高等遊民の類  絵巻物の類  セットの類を  抜萃の類  コメディの類  国際性に富むという類  講談落語の類しか  緞帳の類を  地誌の類を  南北日本アルプスにも類は  是れに類  名画の類でも  壇の類も  われわれ一家に対する類  決定論に類  記録の類も  金帛の類を  図籍の類を  筐の類かと  山賤の類に  妖怪変化の類と  鬼神の類に  群書の類  所謂快男児などの類では  物乞ひの類に  蒼空の類  銅像の類  題字の類のみは  乞索児という類で  落語の類が  豫定喝采者の類で  近松の類と  草雙紙の類と  教育という類の  植竹の類の  時間観念を含んだ類の  緋めだか緋鮒の類も  守宮の類も  つて芸術たらしめようとする類  いずくにも類を  源泉中に類が  誇示とかいう類の  水墨画の類は  絵巻物の類が  仏像の類と  茶器の類の  木馬の類が  手道具漆器の類を  軽口地口の類と  俳諧狂歌の類は  劇場案内記等の類に  紋所縞柄染模様の類  宝づくしの類を  蘇民将来の類にて  自活出来るといふ類  鎌の類を  玉蜀黍の類を  マット狢の類が  舌を巻かせる類  山賊の類に  男ほど類の  筆墨の類まで  魏略の類を  熊襲などの類  行動は類を  メリケン粉の類では  古書錦絵の類を  さは類  聡明さとが類の  皇子の類の  コップの類が  云ふべき類  清元の類  女郎雲助の類を  用ゐる如き類  鼻につく類  銀を用いた類の  本箱の類も  楊枝の類を  おもちゃの類でさえ  その他甲冑刀剣の類は  銅器の類なぞが  金物の類を  帳面の類までが  椹の類の  至つて猛烈なる類も  貨幣の類などは  何かの類  ことをして見せよの類  ものがあるかの類  作法の類を  さも類の  音も類の  案内記狂歌集絵本の類の  橡の類を  奇麗奇麗と叫ぶ類の  ほかには類も  子ぞ類  音譜の類  中宮は類の  名誉をそこなうという類の  陳情の類と  感想の類を  近代社会に類を  六櫛の類を  椹の類は  税も出さずに済むとはの類  野鳥の類  茶器の類なぞを  針箱の類は  問答せよの類  伊勢参宮も許されるかの類  あずま錦絵の類を  何を食ったかの類  バレエの類は  花草の類も  浄衣の類までも  ことを知るの類を  作用を覚えざるの類を  かくのごとき類  縁起の類に  八門遁甲の類  予言者のごとき類  人相見の類  半人半鳥などの類が  鼻紙の類に  偶合等の類に  識覚せざるの類を  ことあるの類を  かくのごとき類も  酒茶菓子の類は  燕尾服の類  頃まで用いる類の  空華幻影の類  狐の類に  ふ頭飾の類が  妻にしている類も  従来何んな類の  石斧の類  ノオトの類を  妖怪変化の類  健胃剤の類  外に類  雑書の類まで  煙草入の類を  通り魔の類  文房具の類を  とせいの類  コンメンタアルの類も  人となるの類を  於て類の  巷説の類を  大徳名匠の類で  鸚鵡の類を  歴史に類の  小紋の類  日記の類ばかり  軍記合戦の類を通じて  使用品の類も  法度の類も  薬草の類は  電気器具の類は  奇樹怪石後園に類  刺戟を忌むといふ類  これまで類の  俘囚の類  俘夷の類は  資人の類より  坐禅の類と  保護観察の類とは  何ぞの類の  歴史教程の類が  絵本の類などが  心性人に類  鬼の類  果核水食の類を  弓矢の類を  言に類  竹島に及ぶ類を  此魚の類  牛の類と  猪の類は  野猪の類じゃ  彫物師は類  雲の類と  ポプラアの類ばかり  系列の類と  個と類とに  国家が類に  両者が類の  論理こそ類の  個と類との  意味に於ける類では  媒介として類の  否定的統一としての類の  獅子茸の類は  玉茸の類は  夜具の類は  缶詰の類を  小説の類は  外に類が  蕈の類かと  語録の類や  村には類の  親父の類に  おろちの類まで  教科書とも類を  世界文学に類の  絵巻の類の  花を類  甲冑刀剣弓鎗の類を  自由の類が  民主主義化という類  我ガ古器ヨリ勾玉管玉ノ類迄  山祇の類と  花祭りの類の  此の類  紅楓の類を  町もかかる類に  皿の類  小笹の類  小唄の類に  四季雑歌の類の  穀物の類と  漆の類を  行潦に於けるは類  デマ政治家の類  狐狸等の類が  蛇の類の  狐狸の類が  狐狸の類の  野狐の類に  大概船頭船方の類に  古今の物語り類を  踊とかの類では  蘇鉄の類が  低徊の類なりと  唐黍といった類の  種々の類  兎鼠の類も  鳩雀の類が  兎鼠鳩雀の類が  鷹の類が  猛獣猛禽の類は  小禽小獣の類は  不動産の類といふ  古物の類は  器械器具の類で  熊襲の類と  爭鬪に類  宣傳する類を  美男美女の類  讃歌の類を  歌の類  花簪児の類を  小作百姓の類  薦の類を  コッコという類  石女の類にやなど  踊り振り事の類を  控へねばならぬ類  繁昌記の類を  文壇に類の  人情本春画の類を  蛇に怖じずの類  レグホンの類は  怪奇小説の類に  手弱女の類を  草花の類を  狐狸の類を  卑怯に類  ことの出来ない類  様々な類  方士の類  銅像の類は  世間には類が  すべて野菜の類に  燧石の類  泣言の類も  書の類を  模様の類は  一つも類が  孔雀坐の類でも  ア・タ・マなどの類を  いくつかの類に  他の類の  二つの類に  いずれの類を  ような類が  葱とかの類で  山人の類に  曲芸の類の  なでしこの類が  俗曲の類は  鞄の類が  マッチの類に  読本の類を  草双紙の類は  読本の類が  クスネの類を  道具食器の類は  竹の類は  馬鈴薯の類まで  戯曲の類が  刀剣の類は  この世に類  無茶な思ひの類  書籍の類が  花瓶の類  鶸の類は  鉋の類を  新聞雑誌の類さえ  ゴロツキの類  きょう袷せ類が  ビラの類が  趣きとは類を  電気機械の類が  バタの類は  野うさぎの類を  きじの類を  うさぎの類が  毛糸の類は  雰囲気も類の  レコードの類が  蛆虫の類が  鶫の類が  飛び道具の類で  根菜の類で  非凡に憑かれた類の  甲冑の類を  クルミの類が  彼万年松の類にて  唐本漢籍詩集の類は  近松浄瑠璃西鶴浮世草紙の類  俳書雑著の類は  和本唐本の類は  美術雑誌名画集の類は  れんげそうの類かとも  世界中に類の  魚の類は  人の類を  間にてかかる類の  政治家の類を  道徳という類の  一人ずつの類も  近似性や類は  金つばの類が  書帖の類の  私の類よりは  茶器の類などを  竹花入れの類も  書画道具の類が  鉈の類が  小説筆記の類から  筆記の類に  狂医師の類では  沙石集とかいう類  雑兵の類  鬼面人を脅かす類の  册子の類を  旅行記の類  ほんとは類の  ほんとは類  愁ひの類  樺の類が  豆の類を  日記随筆の類が  傀儡師の類とは  当時に類を  菜大根の類を  宗教の類と  七面鳥の類まで  田地持の類も  藩札の類  チンパンジーの類かと  様な類  侠妓とかいふ類の  落語の類  ワカメの類の  動物の類が  蛇の類に  土偶の類に  蕈の類が  食堂の類が  帳綴じの類が  歴史に類を  訴訟になるという類  農民の類  油脂の類を  洗面器の類  遺稿の類を  断片の類が  アルバムの類  此好色男子の類に  道具の類が  實業家には類の  風の類  値上げという類の  返還せよという類の  しめ蠅の類が  船唄の類も  幣束樂器の類を  蛸の類が  仲仕の類を  大根人参の類は  壺の類が  投槍の類が  擂鉢の類が  ことは蒔かずに刈らうとする類では  中にあっても類の  瓦の類でも  聖人の類でも  説をなす類さえ  枕言葉歌の類では  幾らでも類は  のさえ避けたい類  竜における類  史魚の類  茶粕の類  毛氈の類で  土瓶の類  小箱の類から  机の類まで  笊の類では  棚の類に  五徳の類などに  蓑の類  ものと類を  傘の類では  木工の類  柄杓の類  茶器の類は  薬の類を  フォークの類にも  薬缶の類に  仏具の類や  鋏の類が  刃物の類を  置物の類も  茶器の類には  台所道具の類  着物の類は  履物の類では  玩具の類も  玩具の如き類は  無花果の類を  純文学の類は  歟いふの類  眞如實相といふ類  言へる類  怪談というべき類では  世界でも類の  包丁の類だけ  遊芸音曲の類を  雑誌店の類が  方言の類とは  こと他に類を  蝋の類にて  象鯨の類は  鉄の類は  破廉恥ばかり働く類  石燈籠の類を  連想する類  あなたのふとん類  ことの類  証言の類を  傳奇探偵物語の類を  ハムの類と  善行の類  花の類  梁の類を  五一物質と類を  開成山へふとん類を  教具器械の類は  人夫の類とは  芸術家の類が  もみの類の  天狗の類と  日の丸太郎の類に  祝詞の類の  辻堂の類を  すべて祭り屋台の類は  人を誑かしたる類とは  山男の類  味噌の類までも  こと笑いたりという類  石斧石刀の類も  景事の類の  斎柱祭の類の  所謂天つのりとの類  叙事詩の類から  軽業の類も  成立とともに類を  野菜の類は  魚を求むる類に  殉教者の類  かくの如き類は  子孫という類の  隠坊の類  官戸の類の  所謂山家などという類の  産所とかいう類の  傀儡子の類と  奴婢という類の  梗概書の類は  売薬の類は  金言の類が  所謂放蕩書生の類に  勉強家の類  土のごとき類の  物語の類を  こと他に類  是に類  者にさへ類を  六九是においてか類において  corona金銀眞珠の類を  莊麗他に類  收めた類  読書感想の類を  本の類ばかりを  項の類  学校論理学の類に  引用の類は  実験とは類を  トルコ風呂の類が  筒袖股引の類  四天王の類を  納曾利面の類と  踏歌の類は  抜頭楽の類を  ローマ料理の類までも  人夫の類が  伎楽の類は  踏歌の類も  疏の類が  道話の類も  浄土変の類よりも  僧侶の類の  像画工芸品の類が  縁喜という類の  薬品といった類の  揮ふ類に  ここらに類は  調度の類を  迷信の類  どちらの類の  二つの類の  仮名の類を  一つの類  二つの類を  別の類に  二つの類が  八十八だけが違った類として  別の類の  どちらの類に  皆違った類の  乙の類の  乙という類が  一つの類が  これと違った類の  おのおのの類が  乙の類を  甲の類は  すべて甲の類を  乙の類に  甲の類に  仮名の類が  それぞれ別の類に  七宝の類を  船の類の  小祠の類を  ウイスキーの類  苔桃の類  野武士邪教徒剽盗の類が  程疳癪にさわる類の  兜の類に  江家次第の類を  猿猴猩々の類と  行屆きて居る類は  草の類は  つて牛鬼蛇神の類の  彼は類を  聯の類が  菜の類は  牌の類  書棚の類が  弓の類を  妖怪の類  海珠の類を  ミドリも類の  づ今までに類の  どこかに類が  化鳥の類の  案内の類の  評判記の類に  隠岐文献の類は  現地講演の類まで  玉葉とかいう類の  画史評伝という類の  兵法伝書の類を  消息の類が  陶器の類が  装剣画幅の類とかを  酒の類は  戯作の類の  諸侯としては類の  蚊遣の類を  饅頭の類を  

~ 類[名詞]2
そんな類  ゆる類  この類  その類  つと類  もう少し類  ちょっと類  世にも類  全く類  そういう類  こうした類  どういう類  そうした類  さる類  こういう類  おそらく類  かかる類  世に類  まことに類  大きく類  よく類  こんな類  全然類  たしかに類  ほとんど類  其の類  とんと類  同じ類  次第に類  極めて類  とお類  いささか類  飽くまでも類  すでに類  そういった類  最も類  とある類  あらゆる類  亦類  どんな類  あんな類  如何なる類  先ず類  卑しき類  実に類  どの類  いかなる類  少しく類  

複合名詞
青菜類  機械類  道具類  先づ日記類  其一類  贋物類  旗幡類  類ひなん  虫類  毛類  類い  いふ類  宝石類  創作類  類名の  小説類  限り類  吾人人類  理科甲類  類まれ  日本人類学会  亜類の  容器類  歯朶類  類ひも消毒液  古事類苑編纂委員  書籍類  類くら  衣裳類  器械類  文書類  下着類  瀬戸物類  雑誌類  苔類  ネル類  類これ  類稀  全集類  手紙類  古道具類  宝玉類  器具類  器類  雜穀類  亜類  いろは字類抄  シャツ類  玉類  瓶鉢類  席類等  打製類總説  二類  類品  磨製類總説  打製類  磨製類  類品數個出  たる類品甚  類品諸所  紐類  磨製類考説  籠類製造  網代類製造  席類製造  布類製造  石斧石鏃類  决定討究スルハ我邦人類學上重要  土器石鏃石斧類  土器石器類  古事類苑  伊呂波字類抄  金銀類  類の  昆虫類  小唄類  家具類  豆もやし棒鱈類  四足類  胎盤類  麦類  かな寶石類  地球人類  なり類  薬品類  随筆類  筆蹟類  紙型類等  みんな類  類皆  布類  此ニ其一類  衣服類  被服類  類罕  類いが出没  きのこ類  紙類  称類  字引類  類燒  家畜類  金具類  水蘚類  調度類  一寸類  吾人々類  合巻類  の類  類蔵  装身具類  三類  蛇蝎類  史類  草紙類  標本類  骨董類  類ヒナリ  稀土類  七類  魚介類  類舶來品  練りもの類  今日菓物類  類みなこれ  節足類  偶因狂疾成殊類  太物類  鍋類  旧記類  爬蟲類  われら地球人類  新人類  其衣類  反物類  類いも  掛物類  書画骨董類  礼儀類典  油脂類  古典類  語類  かんづめ類半分  あずき類  辞典類  甲虫類  茸類  陶器類  カラー類  兇器類  金属器類  野菜類  まぐろ類  蝶類  類びは  類さかん  類地べたいちめん  とかげ類  類それ  爬蟲類蛇  類枝葉  歓喜類  地図類  銅器類  刀剣類同断  小道具類  筆紙墨類  筆紙類  読本類  今われわれ地球人類  われわれ地球人類  我々地球人類  あまり類  計器類  一部類  食器類  名所記類  紀行類  技術類  著類  メリヤス類  小物類  服類  食べ物類  類ノミ  ムノ類  字類  忘ナトスル類  四類トナル  骨類及ビ灰  類ヲ用ウ  此部類  其分類  紀類  書付類  余り類  証書類  襯衣類  塩辛類  程類  類いか  元来メン類  引率伴類六十餘人  乾物類  字書類  肉類野菜類何れ  トランク類  古書類  類癇性  群類  類一  儀式類  棟梁類  青物つまり野菜類  さる類  類ぢ  我我人類  グラフィック類  及元日受二朝賀一之類也  呪詞類  木具類  一人類  消毒ガーゼ類  今様類  歌類  経文類  民謡類  漆器類  バタ類  皮類  小皿類  スケッチ類  版画類  絵草紙類  鉄器類  みんな鉄具類  刀剣類  シルクハツト皆同類  ルノ類ニテ  伊勢えびの類  牛豚類  短篇小説類  油類  夜具類  文化類域  敷布類  享保撰要類集  かれい類  かれい類中  球根類  かさご類  律文類  狂言類  鈔物類  澱粉類  古事類苑官位部引  物語類はいふ  類想  類想派  類想家  ら類想  こと類美  類想詩  類想比較的  類数百斛  地衣類  果物類  植木類  金属類  不用発電所機械類  物語類  檜類  一俳諧随筆類  草花類  三方類  鉦打類取扱方  右類  役者類  類格式  郢曲類  多く此部類  蔵書類  薯類  塗物類  一塗物類  瓜類  農具類  着衣類  魚介虫類  幅びろな装束類  料理類  記録類  呉服類  藍玉煙草類  昆布類  形木綿類  国産陶器類  火薬類  伝記類  化粧品類  ぎぎの類  冊子類  禾本類  攀援類  屑本類  化學藥品油類  アルコール類  溶塩類  綿類独特  金物類  隔つた法類  先づ類  婦人雑誌類  檜葉類  瞬間それら家具類  鉄類  ハミガキ類  荘重類  お鍋類  類音  族類  色葉字類抄  帳簿類  文献類  古文書類  鱗木類  子類  以上三類中  三類中  教科書類  菓子類  則愛レ國愛レ類  志類  武具類  五人組竝親類之  竝親類之  通俗小説類  長石類  諸志類  分部類  起居注類  系譜類  儀注類  故事類  歳時類  類事  類書類  文史類  詩文評類  十二類  一家八種史類  十三家九十種諸子類  三家十五種五行類  一家十七種醫方類  一家二種文類  諸子類  天文類  即類以求  旁類以求  皆史類  文集類  藝文類  詞曲類  義類  總類  十二日朝カンづめ類  朱子語類卷八十三  醜悪絶類  蘚苔類  植物類  羊歯類  等類  等類中  鍵類  玩具類  キレ類  セーター類  雑貨類すべて  本類  鴨類  類ひで  瀬戸類  三紀偶蹄類  銃砲火薬類取締上  銃砲火薬類  銃砲火薬類取締  類いが十四五名入り  人種的同一類  蠕虫類  類族  類属  系類  椅子類  刃物類  骨董品類  絶類  其同類  彫刻類  広告類  五穀類  毛布類  海藻類  鼈甲類  松柏類  さ類  論文類  小説類全体  類人獣  小間物類  貴金属類  世界ニ類ナキ銀鱗躍動  恰度虫類  蜂類  仏具類  書ツケ類  着物類  糸類  草双紙類  脚本類  絵図類  鍋釜食器類  たく類  該書類  金晶及書類  類乎  果物罐詰類  読物類  詰類  甲乙二類  生菓子類  同一類  ときの類  センイ類  一十五類五  九十六類九  七十五類五  歯磨類  芋類  食器類その他  相似たる類  織物類  頭足類  一体頭足類  黴菌類  洋服類  女類  小屋類  つた類  藁類  類癇  もと類癇  洋書類  法類  干物類  呉服小間物類  宮内類  連類  雜誌類  みな褐藻類  オラショ類  絹類  蔬菜類  柑子類  マスク類  切れ類  果樹類  書籍雑誌類  土鍋類  寳石類  和名類聚鈔  灌木類  油類倉庫  漁類問屋  元来葛類全体  餅類  汁類  あえ物類  鍋釜類  鯨類  器物骨董書画類  古来類話  雑書類  いふ類音  類話  下着類の  茶道具類  鱗類  ロマンス類  候類有  引入候類  穀物類  書画類  赤繪類  鉢類  外菓物類  純綿類  お伽草子類  仍つて其親類等  類延年  伴類二百人  伴類  春画類  その他椰子類等  スープ類  ケーキ類  ターツ類  キャンデー類  類なかりき  童馬漫語類  帆村たち地球人類  とき地球人類  歳時記類  音類義  鶸類  類Naucratesductor鱶  木綿類  歌集類  歴史類  間人類  化石類  何類  青物類  薬類  後人類  アルコオル類  なぞいふ類  類時  辞書類  伊呂波字類抄以下  類さ  シメジ類  蔦葛類  蘭類  ジャケツ類  右類訴  属類  くだもの類  覚書類  根菜類  雑芸類  もの類  蜘蛛類  家具食器類  青物類はいふ  類ニ平等ニ  ヲ類ニ  類ヲシテ適宜ニ  類ニ平等ニ分チ  系譜記録類  物類  三階木綿類  雑貨類  骨類  類此処  繪詞類  英和辭書類  雜貨類  蘭書類  貴金属類十ポンド  五日記物語類  ざら類  機械類等  肉食類  細菌類  珊瑚類  羊歯類顕花植物  彼等虫類  それら昆虫類  蔦類  えび類  反芻類  ラジウム類  五類  イワナ類  小説戯曲類  読み物類  類屬  二つ類話  類ひも  面祭器類  アルカリ類  什器類  類犯  写本類  革類細工人  類於レ有レ  類集  演藝類  類音化  類音聯想  鬼類  混虫類  稗史小説類  肉筆及黄表紙絵本類  屏風衝立類四百種  板画類一万種  板刻絵本類  絵本類  これら板刻絵本類  皆玩具類  絵具類  雑類  一般人類  冷艷類  武器類  草類  錦絵和本類屋  大木老木權木類  字類抄  短歌類  つたへん類  夜着類  類皆これ  普請鳴り物類一切停止  絹布類  服飾類  物類品隲  小袖類  香木類  手道具類  楽器類  此の分類  錦絵類  脂肪類  全国民事慣例類集  僧服類  の類これ  鉱類  装束類その他  言つた類  雑品類  類限り  酒肴類  宝物類  朱子語類百三十七  特絶無類  といつた類  反古類  つて類燒  類燒後  麪粉類御用相勤  山鳥類  戸棚類  日記類  衣類家具類  夷類等  夷類  夷類ら  有尾類  神及人類  此一類  むるの類これ  其後小説類  假作物語類  黴類  法類仲間  倭名類聚抄  好望佳類類  其親類  類譚  皆類  蜥蜴類  蛇類  呉服物類品々  ツツジ類  蛙類  蛸類中  蛸類  種子類  夏菜類  菜類  画類  活字類  稀土類元素  類話二つ  類ひだ  類ひも神  巨獣類  言有類  いふ五類  三物五類立言  鳥獣類  相類  通り猪類皆  鼠類  別類  類的国家  一定類  原稿類  鮭類  銃砲火薬類取締規則  教訓類三百十四冊  証書類一切  箱類  候類  猫類  尾類  類ゆえ  鑵詰類  綿布類  稿本類  類人間  類みな  蛇憑きの類  陶磁器類  硝子器類  雅楽類  原書類  只化粧品小間物類  歌謡類  得類古人  ビスケット類  猛禽類  巾着類  地誌類  罪類一  俗謡類  酒味噌酢類  詞藻類典  しき類  古布類  翻訳類  履物類  履物類その他日用品一切  玉類金環類  はけだし類  類若干  類数巻  民類学  小間物類一切  西洋草花類  果実類  赤本類  黄表紙類  大正二・二人類  鳴き声かに類  説経類  われら地球人類以来  工具類  地球人類以外  節用集類  歌諺類  物類相愛  猿蟹合戦といつた類  袷類  古本類  ガラクタ類  綿入れ類  凡そ類  縄類  鉛類若干  食器類一式  かんづめ類  帆類すべて  ゴム類  樹類  蒲団類  小紋類  音物類  屏風類  太刀類  印籠類  馳走類  錫類  詩書類  熱帯椰子類  椰子類  瘡類中  ヤナギ類  地衣類植物  ハナタデイヌタデノ類ニシテ花紅色馬蓼一種  品類  蓼類ト  褐藻類ツルモ科  一名ハ玉柏本草苔類及衡嶽志ニノセタリ国俗マンネングサト云鞍馬高野山所  類ナリ根ハ蔓ニシテ長ク地上ニ延ク処処ニ茎立テ地衣  私たち爬蟲類  爬蟲類共通  惡無類  叢書類  スミレ品類中一等優品  スミレ類  サクラソウ類  これらミカン類  ミカン類  バナナ類  統計類  ぱんの類  貴重品類  浄瑠璃類  蘇苔類  類性  婦人及人類  候英国製毛布ヒザ掛類製産地直接取引  絵葉書たばこ類売場  ポケット辞書類  牛類  乾麺類  皮革類  土産類  革類  毛織物類  半襟小切れ類  寝具類  毒類  枝角類  昆虫類標本  猿類  男類  僕たち男類  女類同志  女類一般  土類  売薬その他いかもの類  著述類  木竹草蔓類製造  書物類  その他金物類  古事類苑引  ぼろ類  書簡類  キノコ類  セル類  年表類  年鑑類  紙類どっか  匍足類  蟹類  銀器類  且人類  甲足類  煮物類  類体論  類体  石灰類  エンジン類  類枇杷  カンヅメ類  年かん類勉強  タンス類  経典類  箪笥類  粗物類  置物類  椀類  大体紬類  籠類  紬類  絣類  桶類  類たる  本性上人類的普遍的  青果類  游蛇類  蝦類  外日記類  石塔類  文庫類  ケイ類  殻類  蒲類海  一二九みな類  力勝ち類  缶詰兼洋酒類煙草屋  品物類  狐狸虫類  ビン類すべて  縮緬類  類註釋者曰  切手類一切  ざぶとん家財類  本類そちら  戲作類  手工類  稗史類  楚辞類  山魅人妖異類  食物類  軍記類  類生れ出  抜き書き類  史伝類  美術品類  六〇天地人類  じき類  魔類  御衣類  以下其近レ己而俗變相類  絶類抜群  珪藻類  微生物類  類化性能  おのおの二類  二十六類  すべて十二類  以上合計三十八類  合計四十七類  総計八十五類  以上八十五類  総計八十八類  すべて八十五類  八十五類  それぞれ二類  八十七類  八十八類  すべておのおの二類  甲類  甲類同志  乙類  乙類同志  曾降家類  皆乙類  寸杵服来甲類  木城樹乙類  馬甲類  外砥礪戸聡利速門甲類  弩努甲類  笶箆乙類ヒ  樋乙類  身乙類  毛甲類モ  母乙類  夜甲類ヨ  四世代吉乙類  路露婁楼魯盧甲類ロ  稜勒里乙類  刷毛類  物語日記類  長歌類  石松類等  托生蘭類  調度家具類  類いが一変  洒落本類  ざる類  バクテリヤ類  鷙鳥類  殆ど類  管球類  何かしら食器類  願書類  乾パン類  顕浄土真実教文類  顕浄土真実行文類  顕浄土真実信文類  顕浄土真実証文類  類ひと  郷土史類  類ヒナキ絵書キニテゾ  救荒本草類  鰒類  書附類  野菜類穀物類  類あまた  骨董類五  聖器類  



前後の言葉をピックアップ
  ルアゴン  ルアン  ルアーブル      るい  ルイウチニ  類縁  類火


動詞をランダムでピックアップ
極める仰る行き逢わつかまえろ受から据わる枕する貫き通し交じり触れ合え目ざめるとりまい謗りむかつこおっつける終わらししょうたてこん割り切田舎び
形容詞をランダムでピックアップ
やりきれないあしいふるくかわいらしき猛々しく小賢しい胡散臭木深清々しき薄く見ようまだるっこおもしろくいそがしくっ敏い重苦しもの凄くわるがしこいいじらし