「よる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よる[動詞]
水こぼこぼとながれたる、よる  一般国民に示して、そのよる  話による  記録による  方へ走りよる  戸口へ走りよる  経験による  天分にもよる  小説による  説による  ものによる  ところによる  物による  こいつことによる  學令による  鑑定による  両人に向ってじりじりと詰めよる  共君はよる  申立てによる  種類にもよる  説明による  手紙で知らしてやりよる  小池はんとこへ言うてやりよる  かな鶲の啼きよる  気がしてなりません、時による  事による  新聞による  干渉せざるによる  観察による  入口に忍びよる  言葉による  師授による  凜子も、あゝ見えて、ことによる  そこに連れ出したにもよる  いふよりも、ことによる  仕方による  言による  魚譜による  ドイツによる  仏説による  ときによる  なかった、ことによる  のは、ことによる  フライを食ったが、ことによる  せいときまるくらいなら、ことによる  性格にもよる  それによる  音韻法則による  言海による  衆は、よる  うわさによる  昼夜時計による  ことを申しよる  群衆が近よる  報告による  ことにもよる  方による  事件もことによる  処による  ことによる  衣魚はことによる  わたしはかくすけれども、よる  ゆふぐれとよる  知識による  見積りによる  計算による  運命による  これによる  事實がよる  ことであるが、そのよる  考え方による  たかまりによる  理由による  魚になったろうと思いよる  から云いよる  尺度による  無能にのみよる  所による  青木の近よる  雄吉に近よる  思し召しによる  お話による  自分などの近よる  日による  例による  念仏を信ずると信ぜざるとによる  記事による  臣寿詞による  寸尺による  具合だが、ことによる  気象ニュースによる  都合による  男による  天候にもよる  年になりよる  近くへよる  電話さえ、時による  後による  文句による  私もそっといざりよる  小ネタによる  証言による  雑誌などによる  噂による  想像による  言伝による  何人たりとも近よる  ヴィナス像になって、言いよる  講釈本による  講談による  伝説による  分裂病が潜在意識による  叔母はことによる  風聞による  日が照ろうが、よる  栄養説による  遺書による  著書による  前につかつかと近よる  是による  調べによる  事情にもよる  間、よる  中には時による  事を思ひよる  板による  雲による  道理もひっこみよる  茶店へよる  理攻めであり、時による  お酒をのましていただいて、よる  厳選による  調査による  考えによる  方法による  料理書による  ことは、時による  順序による  社会情勢による  顔して痩せおとろえてふらふらになりよる  お化けみたいになりよる  油を嘗めよる  日付けによる  病みたる人喜バん、惜しくもよる  はずはなし、ことによる  大小による  口吻などによる  筆記による  平和的手段による  自然推挙による  発展による  空軍による  評判による  のは時による  統計による  ドアに駈けよる  手紙による  国による  義務ですよ。噂による  誤解せるによる  腹をよる  扉口へ駈けよる  たこのよる  ゆっくり一足進みよる  さにもよる  前祝いに一杯やりよる  手品を売りよる  働きによる  そばへよる  双方から近よる  場合による  説明書による  芸術的作品はそうであるし、またことによる  しかし、ことによる  ところがあつて、ことによる  自白による  そばに進みよる  場所へさぐりよる  質問が、時による  考へによる  昔噺による  天文学による  非常な骨折りで、時による  検べたところによる  家による  女房、ことによる  端へよる  人数はいないな、ことによる  機械論者であるが、それでも、時による  計画経済による  子供を産んで寝よる  規約による  いふ所による  本による  湯屋による  動機による  ア話ですよ。土地にもよる  H.Dingler,DasExperimentによる  哲学者達による  之による  常識による  リッケルトによる  今夜ことによる  噂さによる  腹案による  通信による  質問演説による  ファシズムによる  パンフレットによる  河野氏による  氏による  ゲッベルス自身による  ドイツ式文化哲学による  安田徳太郎博士による  博士による  墻による  独創的発見による  アナロジーによる  和辻博士による  和辻氏による  文化人達による  常識観念による  筆者による  山本実彦社長による  情報による  中野重治氏による  ラジオ放送による  習性にもよる  妻たちは、よる  正本による  山奥木賊村庄屋家記による  ニコニコしながら進みよる  なかったせいにもよる  ダンスを止めて駈けよる  後家神に、いたぶられたらう、ぐずぐずしよる  地方による  書による  二どと、よる  永田氏による  叔父さんはことによる  倭人伝による  註による  ゴシップによる  まわりによる  わきによる  紹介による  新聞記事による  爪楊子になりよる  菜になりよる  葬礼を出しよる  泡を吹きよる  の子を生みよる  笠に着て威張りよる  のがあるし、時による  人民のよる  偏向による  卵を産みよる  極楽へ行きよる  序文による  案内記による  傳説による  繩張りによる  解釋による  ジワのよる  家とが時による  つたのにもよる  持論による  意見による  舟はもう走りよる  お便りによる  講談本による  感想による  演説による  映画による  戸籍による  略語発想による  そばによる  言葉はよる  罪による  口ぶりによる  ウォルフによる  事実による  はなしによる  廃頽による  時代による  藪医者が飛んできよる  覗きに来よる  靴を打ってもらいに往きよる  計画による  提唱者による  学究による  法律による  歴史的性格による  文面による  雀がたかりよる  それは時による  会話による  結果による  賢明による  聴くところによる  かたにも、よる  実測による  往復には必ず立ちよる  私はそのよる  両者いずれによる  強靭性いかんによる  傾向ですが、時による  東京堂へよる  想像にのみよる  仕様書による  言ふところによる  性格による  毒物塗料による  機械的設備による  星による  たかえりによる  のによる  美人だ、笑わせよる  物にもよる  端書による  研究による  弁明による  考えかたによる  故にもよる  正史による  何を探しよる  説明のしようによる  目かただけはことによる  折角いっしんに登って行ってもまるでよる  研究家による  訳ですがね、ことによる  人による  鏡が入れてあって、時による  ことばによる  差が時による  口吻による  万葉集目録による  三百番本による  様子による  姿もよる  もの経験による  人の力による  虎造はよう読みよる  なにしろ計算による  彼による  江戸一の、いや、ことによる  当人は泣きよる  しょうが、ことによる  これは、ことによる  飛騨の国解による  消息による  嗅覚による  唯物論による  一つによる  知識人による  カントによる  ヘーゲルによる  高須氏による  学習院教授紀平正美博士による  安岡氏による  権藤氏による  経済学士野副重次氏による  口田氏による  解釈学による  辞書による  批評による  戸口調査による  程彼等による  生の哲学による  西田哲学による  告白による  自然科学者による  文学的範疇による  文士達による  文学的自由主義者による  直覚による  人達による  想定による  理想主義による  ディルタイなどによる  観念による  書籍による  方にもよる  東大寺造立供養記による  表白文による  文書による  分類による  つて都會は生きてゐるよる  とつぷりくれていまはよる  いまはよる  仕度をするなど、時による  これも時による  特質による  からにもよる  成否よりも、ことによる  ポーズが時による  事実、時による  ポンポン打ちよる  表による  人口統計表による  下心にもよる  材料による  事実投票による  小泉氏による  推挙に努めたにもよる  話なども、ことによる  ことが出来ませんが、ことによる  文章による  地図による  場所による  洞察による  たいような、よる  談話による  径路による  場合事による  色の這いよる  下にびちゃびちゃ這いよる  話しぶりによる  模倣による  イデーによる  議論による  神皇正統記による  花園院宸記による  英国人が時による  僕はことによる  考による  解剖による  事を知っているので、ことによる  学問的方法による  事にもよる  潮加減による  なかったによる  皺がよる  ノートによる  しかしことによる  微動はなかったので、ことによる  嫉視による  ルサンによる  何處へ飛んで行かうといふ、よる  そばへ近よる  略筋による  神秘さを与へ、時による  陳述による  血型検査による  ことも、時による  類型による  薫陶による  暦による  谷に近よる  文句は、ことによる  水に近よる  入籍を、時による  ロックによる  ヒュームによる  何による  デカルトによる  ロッツェによる  ライプニツによる  比喩による  ディルタイによる  習慣による  模写説による  プラトンによる  つまり模写説による  具体普遍説による  現代唯物論による  観念論による  風説による  日記による  多分にもっていたが、ことによる  おなじであるか、ことによる  方へよろめきよる  人にもよる  以来の、ことによる  与次郎は、ことによる  返事による  かきようにもよる  評による  今夜あたりはことによる  相手のあるなしにもよる  一予審調書による  何処ぞで待ちよる  まり棒、時による  ようによる  さによる  せんぐり持って来よる  ところを、わいわい云うてもどしよる  すきなほど使いよる  車か当てよる  二十四円で請合えと云いよる  貝にもよる  おかしい、ことによる  退屈な、時による  すべからく筆だけによる  写本による  素質にもよる  言いぐさによる  掲載せぬので、時による  精虫による  売り上げ数による  肩書にもよる  窓へよる  好みによる  変化による  判決による  手記による  平林たい子による  清水幾太郎による  談による  神話による  タンテイ眼による  土地柄にもよる  語つた所による  左へよる  性質にもよる  不便による  相違に、よる  仕方にもよる  解釈による  手腕にもよる  実例による  書紀による  古事記による  ヒダ伝説による  伝による  初志による  系図による  図面による  立川文庫による  ひとなればよる  僕よりたんと取りよる  満寿子説による  御馳走を出しよる  理想による  國魂なきによる  掟による  閉口ですよ。時による  加減にもよる  信仰による  悲しみが萎ませたよる  電文による  引力による  記憶による  から、ことによる  腹の中では、ことによる  一時間半か、ことによる  漁師による  緩急にもよる  浜藻のよる  所見による  同人雑誌による  ひだにもはらよる  主張による  のはことによる  足払いと名づけて拵えよる  検疫に出掛けて、時による  薄情きにもよる  傍へよる  新町へよる  印象による  検査による  時刻による  評定による  これはことによる  子、よる  軍陣医学による  用心していたっけ、ことによる  ものを、わざわざよる  彼は時による  執拗さは、時による  甚しく、時による  玉がよる  のにもよる  今日は、ことによる  すか、それではことによる  仕掛だ、ことによる  証明されるので、ことによる  文学そのものをいかに狭くし、時による  白人女性による  アナウンサーによる  本人手記による  事務所に立ちよる  形容による  こと、時による  方へ、よる  間、ことによる  ハズミにもよる  道中、ことによる  角太郎を見て駈けよる  反対に、時による  星明りで辿って居るよりは、よる  年を越えてもことによる  取り次ぎによる  比較してみたら、ことによる  私見による  星明りで辿つて居るよりは、よる  眼が、時による  ぼんやり宙をみつめ、また時による  以つた述懷による  戸までも忍びよる  答えによる  選び方にもよる  勝ちに見え、時による  勢力統計による  解つた頭で、時による  代物、時による  うちへよる  干渉にでもよる  理由はまだよく分らないが、ことによる  形質にもよる  段階的変化による  局部的構造による  やうにもよる  それが時による  じき結婚すると云っていたが、ことによる  本文による  其による  土居光知教授による  文明評論家による  文献による  妙ではあるが、ことによる  制度による  彼等はよる  藻風による  大宅壮一による  俗見による  彼等による  人々による  小林による  俗物による  話にしても、ことによる  電話による  本社で買うて帰りよる  答による  蠅男を追いかけよる  いるかと問いかえしよる  学説による  利鈍による  批評家による  自序による  秘報による  絵図による  絵葉書による  研究結果による  力に乏しきによる  様子を見て、ことによる  んですが、ことによる  色による  から彼による  高低にさえ、よる  法による  鬼仏洞のいいつたえによる  ように忍びよる  詩人による  學堂章程による  至徳にもよる  誠忠にもよる  禮記禮運による  帳簿による  先天的素質にもよる  Martiniによる  写真版による  報道による  經驗による  海であるから、ことによる  今日から以後も、ことによる  總序による  せいにもよる  言語による  日、よる  背にまきて、見れば湧きよる  皆がら龕をこぼたれて、よる  っぱなしにして行っただあ、ことによる  色も時による  書物による  所説による  一例による  奇漫録による  行燈もあるし、時による  神秘的に見え、時による  天気図による  程度にもよる  対立がよる  批準のよる  語意による  形式観による  衣裳籠と時による  地名辞書による  芸術家タイプの、時による  形態心理學による  構造による  主張者による  太平記による  土地にばかりよる  調べに来よる  模様による  身代がどうなって行きよる  近頃痳疹が流行りよる  そばに近よる  民族精神による  理窟による  相手にもよる  忠言にもよる  年による  推測による  孔子家語による  聴取書による  裁判記録による  相違にもよる  参詣してくる、ことによる  話ぶりによる  坊さんですから、ことによる  宴は、よる  往還に立ちよる  フラフラになったり、時による  人民プロレタリアートがとても近よる  伝えによる  散歩者たちも近よる  身近くによる  判断による  奴さんによる  樂屋でも、時による  から頭だけでは、時による  うごきによる  品にもよる  思いもよる  古典太平記による  心配がないばかりか、ことによる  このごろ、時による  なんだってお父さんは、よる  オッペルトによる  スケジュールによる  小走りに近よる  傍へ走りよる  史書による  比較統計による  論文による  相談による  論による  いふところによる  隠密情報による  私はずっと大きくなって、ことによる  季節にもよる  たよりによる  私は時による  物の本による  火になって燃えてよる  密書による  事にこそよる  あれによる  っぷりによる  つて燃えて、よる  火になって燃えて、よる  いふ理由による  感官にでもよる  運動しているが、また時による  差異による  福島照久樣としてよる  一番福造に似てよる  性根まで似てよる  乘ると思うてよる  顏してよる  新訳による  福島照久様としてよる  無心を言うて来よる  話に乗ると思うてよる  顔してよる  宣言による  心眼による  断片による  云ふところによる  経綸を行なわせたまうによる  人の近よる  隠岐脱出による  ばあいによる  軍日誌による  現象にもよる  方が負けよる  修繕りよる  酢を飲みよる  辞世を作りよる  二三日も喰いよる  何事、泣きよる  利を生みよる  巣を掛けよる  さに云いよる  通りにして返せて云いよる  証文をば書いておけと云いよる  あれを聴きよる  事を聞きよる  それば見て考えよる  俺は聞きよる  ば聞きよる  十いくつかのよる  あなたのよる  うまいことぬかしよる  関係による  いふ原理による  眼力による  酒にもよる  拝借をいたしまして、よる  合力状による  仏蘭西歴史による  ものであるし、時による  噂にもよる  てゐざりよる  功による  朝令による  法印邸へ立ちよる  一度二度、時による  立てによる  功多きによる  船のよる  診断による  申し立てによる  白状による  饂飩よりは軽くって美味しゅうございますけれども時による  断案による  口碑による  勅にもよる  善戦による  所謂上意による  訴えによる  だんだん激しくなって来て、時による  それにもよる  病名部による  果敢による  大股で近よる  ことを、やりよる  道かならずよる  一説による  枕もとへ近よる  一隅にすすみよる  通達による  いかんにもよる  派手好みにもよる  宿怨にもよる  戸籍面による  大分心を動かしているな、ことによる  訓蒙字会による  倭姫命世記による  診察による  わたしも、ことによる  傍による  心身のおつかれによる  ところじゃが、ことによる  一返、ことによる  私に云いよる  田端にいよる  ほんほん、よう降りよる  水がはいりよる  家がこけよる  水はつきよる  水こそつきよる  夜になりよる  混合物は、時による  そこから、そろそろと忍びよる  奴は、ことによる  武家による  師匠による  本棚に駈けよる  病牀へ近よる  何かよる  あるある、大いにある、そのよる  考えようによる  智慧による  念仏による  坐禅による  信心による  力による  から、時による  から役当てて置きよる  コリャ、いんま、いかずいかずと言いよる  幕があいて、みがとが出よる  今こまいとぬかしよる  土堤評による  道徳意識による  医学博士には近よる  改正案による  同紙による  改正法律による  電報による  文部省による  選手による  文理大当局による  検事調書による  投書欄による  権威による  河崎ナツ子女史による  夫による  論拠による  予算による  調査結果による  学生生徒諸君とによる  答申による  体系による  違いないと云いよる  特別念入りに殺りよる  からざるにもよる  小屋を目がけて、窺いよる  それ以来私どもは、よる  辯明による  ゴシツプによる  吟味いかんによる  当人のおのろけによる  前例による  空気があるにもよる  のだが、ことによる  こいつ、ことによる  ひそかに忍びよる  意味にもよる  つた電話による  それにも拘わらず、時による  享け容れるか、どうかにもよる  二キロ以上、時による  気質にもよる  通好による  藏書を有せしにもよる  宣傳による  新撰洋學年表による  科學的方法による  涙をながし、よる  理解による  予告による  感化による  ドイツ哲学による  精神による  稟質にもよる  上つて欄による  怨恨による  昔話による  浪におよぎて、よる  側による  ことを、ぬかしよる  欲望による  もち方にもよる  ようだから、ことによる  古伝による  文字による  勘による  人間が、よる  まばらな、ひると、よる  教えによる  時間表による  意志の力にもよる  だてをしたり、時による  康子は、ことによる  知つちよる  奥さまは、ことによる  要領による  女文字ばかり多いが、ことによる  理由から危うきに近よる  名乗りによる  だんだん近よる  もの哲学による  新聞を見ちよる  様による  こともよる  それは、ことによる  苦痛ではないかも知れぬし、ことによる  女の、ことによる  私はことによる  浦島に立ちよる  申訳による  ために持ちよる  姿で、ことによる  体験による  ぐめる花の木にとりあへぬまで吹きやよる  一羽に近よる  年歯による  からであらうが、時による  笛竹に吹きよる  わたし思河のよる  間から場所による  変質による  念をいだいてるらしかったが、時による  試験による  事はよる  吟味をしてみると、はて、ことによる  相手は、待てよ、ことによる  見立てによる  京都見物じゃないよ、次第による  観相による  天禀にもよる  熟練にもよる  廻り道をしたり、時による  同情とか、あるひは時による  これまで、時による  のをいやがりよる  約束してよる  如何とによる  見解による  僕あ、時による  編制にもよる  恩にきせよる  こツばかり云いよる  風琴ばかり鳴らしよる  ばよう読みよる  こと云いよる  波動による  発表による  筆先による  相川氏側による  法文による  反対演説による  勢による  肚による  新見解による  政友会による  評論家による  科学のよる  漂ふて、よる  寝物語による  紙縷をよる  術を使いよる  魂を抜きよる  魂をぬきよる  ダダをこねよる  よう治しよる  病気はよう治しよる  術がよう利きよる  座へ現れよる  術を施しよる  偶然事にもよる  彼女も、時による  常陸風土記による  おろか時による  石原博士による  哲学史的説明による  論理による  哲学による  田辺博士による  種的媒介による  紐結んでよる  散財してよる  別嬪やろな、始終笑うてよる  喰てよる  遠慮して向ふむいてよる  娘してよる  もんで、がうたく吐かしよる  キヤアちうて啼きよる  乘りよる  もので、時による  お前さん、ことによる  わが身はよる  年譜による  文学史による  国鉄公社のしらべによる  率による  傍へ近よる  魚や、群れよる  英国はまたなかなかやりよる  性分にもよる  明話による  ぐつたりして椅子による  橘曙覧伝による  作つた山本氏系図による  ことは時による  植物図鑑による  人気でも、ことによる  素人考えによる  プラトンだけによる  津田左右吉氏による  礼とによる  刑とによる  旅行記による  病人が、よる  見方による  感覚にのみよる  店による  まばたきしていて、よる  悪徳による  われわれが近よる  十五分或はことによる  大平家をたずねたとすると、ことによる  舟の、よる  ものだけによる  女の止めがたい息づきによる  ものは、時による  洌陽歳時記による  時計に近よる  国に入るを禁ずるによる  年がよる  愚見による  日本主義者による  土地による  からないし、ことによる  こともあり、時による  孤獨にてよる  牒による  い物ではよる  庭隅に近よる  高は、ことによる  のはもちろん、ことによる  こにいよる  二週間でもことによる  友達同志智恵を持ちよる  處による  腹をこわしてね、よる  六つの悪戯盛りで、時による  もので、とても近よる  末の、よる  条件にもよる  一審判決による  岳から鹿だとか、時による  老人の話しによる  検案による  お前達が寝よる  ますが、時による  しろ視角による  悪いことをしよる  銭があると云いよる  気になって、ことによる  波はことによる  形状如何による  アメリカ版による  観測所へよる  黄昏時の長いにもよる  こと、ことによる  通知による  縁側に近よる  回想による  菱川、ことによる  つて、よる  何かによる  升田は弱い弱い云いよる  皺のよる  んだにもよる  いるか、あるいはことによる  方から駈け下りて来たそうじゃで、ことによる  緊張にもよる  前に近よる  眼鏡をかけ、時による  足を鳴らして進みよる  原子エネルギーによる  巷説による  観測による  知らせによる  方法にもよる  弾性にもよる  麻縄をよる  コピイによる  君に近付きよる  重圧にもよる  推輓による  のかな、こりゃことによる  女将さん、ことによる  患者はことによる  教諭は、ことによる  健眼も、ことによる  正確さによる  のかと思いよる  広島へよる  主義とによる  こと言うて来よる  何ぬかしよる  神楽による  ハガキによる  むづかしい事をよく喋りよる  浅草へ帰り、よる  橋本による  脂を出しよる  健康診断による  のとによる  姿、時による  二本、ことによる  夕方、迎えに立ちよる  こと血が流れてきよる  そばへ這いよる  両者が時による  一銭蒸汽近よる  年齢にもよる  国際的主題による  因縁にもよる  不満などが有るせゐにもよる  しかたによる  程度による  故による  事理を詳し、そのよる  不思議に思ってそっと這いよる  奏上による  ことに慕いよる  進歩的性質にもよる  芸術的基準による  出身による  私たちが近よる  満面に湛え、ことによる  うちには、時による  疏による  頭越しに流れよる  どなたも何とも云うて下さいません、よる  身近かに駈けよる  麓に近よる  手さぐりで近よる  ただではおかぬと詰めよる  からによる  推理による  寝室に忍びよる  方に走りよる  外見にもよる  私は、ことによる  女中の話しによる  かげんによる  神を恐れぬよる  ウインドに近よる  夫役帳による  分による  景行紀による  神意による  バーンスによる  伝記による  写真による  つて欧洲大戦による  東京へ近よる  馳けよる  薬を飲ましよる  直感のみによる  女であるから、よる  人でも時による  道場に使っていますが、時による  講釈による  松田さんの話しによる  ところ女などには近よる  傳記による  考案による  解説による  事実にもよる  素子がことによる  つたところによる  趣意書もことによる  祝詞による  反省させられたり、また時による  言葉が時による  八月二日みみたぶにうなりよる  画風にもよる  である近頃聴く所による  直話による  それはことによる  名訳による  判定による  六も時による  今日はことによる  対比による  斐太後風土記による  寺伝による  安生寺縁起による  つの話による  平気で言いよる  工夫による  よしあしいかんによる  体格検査による  聴診器による  傾向にもよる  春のよる  記述による  かたわらへよる  かをり神もとめよる  あともとめよる  頭による  ん/″\現れてきよる  時代にもよる  守人、ことによる  私が、時による  弁証法による  演繹法による  帰納法による  理論的計画による  んだから、ことによる  朝もことによる  無責任だから、ことによる  妾今度はことによる  叙述による  床は、つるつる光って、時による  水温にもよる  鶴たちは、よる  皮をよる  女に近よる  どこかへよる  互ひに擦りよる  話を、よる  誰ひとり近よる  訊問による  ようだが、ことによる  から時による  夕方ではあるし、ことによる  大好きなのは、ことによる  それから何かよる  心一ツによる  すべてによる  格言による  仲介による  浜田耕作氏による  事云いよる  えな木びきが食って行けよる  何て云いよる  変貌による  自ら霊のよる  読者はことによる  自ら靈のよる  一覧表による  行手へ走りよる  関へよる  俗語によればよる  俗語による  ケーベル博士による  思つたが、ことによる  条文による  もののよる  しわがよる  ところへよる  研きによる  オスカール・ヘンケ博士による  ギリシヤ文法による  ことがないし、ことによる  複雑性による  ことを云いよる  厚志による  里に近よる  マンネリズムによる  相手は時による  ことが多いばかりか、時による  んですから、ことによる  のですから、ことによる  終のよる  眉根がよる  多くによる  定説による  方へ近よる  多くの群がりよる  幽霊船に近よる  波浪も、必ず近よる  新事実による  兇器による  默つて立ち上り、よる  金をつかめば、ことによる  災害史による  地の利による  彼らはよる  注意による  許ならまだしも、時による  願を掛けよる  空から近よる  彼は駈けよる  竹が持てよる  夏、かなしくよる  原簿による  相違による  文による  ことでよる  デマによる  差違による  こともありますが、時による  思てよる  人智による  測定値による  観測結果による  場処による  一四条による  稍北による  あいさつによる  毎日、やきもきしながら、ことによる  看経も時による  太田による  須山による  レポによる  闘争経歴にもよる  小皺がよる  ゆきのよる  一本による  知識はないが、ことによる  今言えないが、ことによる  考え方にもよる  ですよ。ことによる  文語による  口語による  波のよる  村人たちはよる  風のつごうにもよる  アザラシに近よる  島に近よる  傍へ余計近よる  文獻による  観世捻をよる  私には、時による  命令による  男の近よる  者の近よる  女にもよる  質ねよる  世話をして、執念深く窺いよる  利害にもよる  融解による  雨による  描図による  有機界による  考えはことによる  進化論による  時代が近よる  所伝による  一書による  恒星表による  もっともことによる  零に近よる  教育にもよる  事情による  影響にもよる  学科にもよる  たよりに忍びよる  ひとすじに、よる  報告者ルカーチによる  ヒューマニズムによる  科学主義工業による  ブルジョア哲学者達による  人物評のし方による  歴史による  あたりへ立ちよる  伝へによる  三十分か、時による  屋敷に近よる  だれだって時計屋敷へ近よる  絵図にでもよる  人たちによる  日割による  布告による  名にしおへばきよる  側へ走りよる  枕元に忍びよる  そこで言いよる  今朝の新聞による  ためによる  説明的で、ことによる  便所は時による  天啓による  統治に快からざりしによる  誤り混じたるによる  明細書による  教育法による  方案による  勧めによる  斡旋による  言はずに近よる  一ツによる  波田による  ここへ近よる  のですが、時による  挙動で、時による  其説明による  周囲に走りよる  からざるによる  一種かれに遊ぶによる  ことあたわざるによる  講述するによる  研究の足らざるによる  これを動かすによる  察知するによる  感覚を生ずるによる  疲労するによる  生来しかるによる  識覚せざるによる  時間を要するによる  健康に通ずるによる  ところありしによる  一部分眠息せるによる  連合の力強きによる  発呈せんとするによる  集むることを得るによる  発見せざるによる  たるによる  先天性にもよる  報知による  存するによる  原因による  催起するによる  妨ぐることなきによる  関係を失するによる  平均を生ずるによる  作用による  筋動を生ぜしによる  理による  規則による  習成せしによる  不覚作用による  飯を喰うて行きよる  血を吸いよる  述懐による  真似をさせてもらいよる  お能ども舞いよる  才能にもよる  英雄崇拝的気分にもよる  人相書きによる  横丁は、ことによる  小径は、ことによる  日誌による  書面による  しだいによる  制約されたにもよる  文人気質による  これを起すをよる  鬮等による  波上に集まりたるによる  破裂せるによる  ようですし、ことによる  疑問で、ことによる  証言をとり消したり、ことによる  時、ことによる  役したいいうて居よる  つたことによる  しかたがないどころか、ことによる  つもりだが、ことによる  はず、ことによる  二十歩以内に近よる  豚と間違うせに放すまい、云いよる  白壁による  呼び出し状が舞い込んできたり、よる  物理的必然による  年代錯誤による  力にのみよる  説を改めたるによる  觀による  そなたに云いよる  理窟を好み、時による  どころにもよる  方針にもよる  私なども、時による  人口過剰による  戦争による  健康性による  数字による  理由にのみよる  定義づけるかにもよる  らずて、よる  毛をよる  人口実測による  暴力による  詐欺による  移住による  鯛のよる  容体を聞くと、ことによる  事にしていたが、時による  教理による  規定による  知らせなどによる  一台に駆けよる  ここには貧しくよる  椅子による  批評は、時による  次から次と言いよる  柳瀬君による  通俗的で、時による  彼をそうさせたにもよる  致し方なきによる  小犬啼きよる  莊による  評価による  水に喘ぎよる  入線如何による  機械による  信仰から、よる  為に立ちよる  様にもよる  のはいいだろうけれども時による  真剣に惚れぬいて言いよる  皆が云いよる  労による  技による  配慮による  月のかがみはあのよる  詞による  紙縒をよる  古賀はよる  上をおほひはじめ、ふたたびよる  スタムプによる  前にずかずかとよる  記録家による  ばあやの話による  ものをせびりよる  伊藤の話による  本やへよる  戸塚へ一寸よる  寿江子が近よる  そちらのかえりにはきっとよる  現象ですが、ことによる  位置如何による  こをして、時による  批評精神による  皮を剥ぎよる  腹を指さいて何やら云いよる  メーデーなんかに近よる  デュウゼ伝による  内省による  平凡な、時による  未完成な、時による  暗示さへできてゐればよく、時による  荷風先生による  一代記、時による  ところに立ちよる  かんにもよる  娼妓が時による  採集時による  推挙による  欧米に及ばざるによる  血統を重んぜしによる  教育による  形勢による  薫育せるによる  金を散ずるによる  組織による  推歩術による  疎遠といふほどではないにしても、時による  国歌大観による  家畜衛生学による  孝徳紀による  とある文による  実家へよる  佛に近よる  指を取った云いよる  大阪市史による  一寸、やりよる  人間ですが、ことによる  書信による  夏はことによる  様子じゃことによる  てんこ盛りに盛りよる  時計を掛けてよる  役に立ててよる  思想による  油さえ売りにあるかぬは、ことによる  前へ進みよる  ことがありよる  一緒に踊りよる  狐が誑しよる  面白うやりよる  目録による  大宝令による  縁起による  性情にもよる  引き方にもよる  見聞による  生きることによる  論語による  文学であるから、ことによる  そうに詰めよる  拙劣なのにもよる  五十音図による  表現法による  郷土史報告による  観世系図による  警告による  作家にもよる  扱いにもよる  態度による  不備にもよる  便りによる  来信による  醍醐雑事記による  吾妻鏡による  一片も、時による  系図図式による  盛衰記による  予定による  脚色にもよる  原田氏のおてがみによる  命乞いによる  標示計による  招きによる  道、思ひよる  寺記による  辺りへよる  あるじやよる  武芸小伝による  常山紀談などによる  連れが驚いて駈けよる  朝から日の落ちるまで、時による  目をさましよる  舌が痺れる、よる  魂のよる  灯のよる  言い伝えによる  曖昧で、ことによる  大力でことによる  どころによる  結論による  もの説明による  足音を忍ばせて窺いよる  旧記による  さへおもぶせによる  地圖による  足筆記による  とき持ちよる  しらせによる  名刺による  のは勿論であるが、時による  新聞記事などによる  旧暦による  不具にもよる  ほとりに忍びよる  人形へ近よる  からことによる  あんた、よる  設立相談会があってことによる  わけで、ことによる  エ・ギャレによる  言明による  聴く所による  契約書による  今朝の新聞面による  創作による  斷簿による  混血による  鳥類科學による  辞典による  目のよる  眼中に無いので、時による  真剣にやりよる  テニスを遣りよる  表札による  女に云いよる  婆さんの話しによる  昨夜受取つた無線電信による  日に、ぐずぐずしよる  無電による  推定による  エメリヒによる  



前後の言葉をピックアップ
  夜々  縁る  拠る  依る  夜見世  由る  余類  夜顔  ヨルゲンセン


動詞をランダムでピックアップ
俯ける間違えよ躍りかか鞣さかみつく憬れるさされる忘れ去り返り咲いやり直せ盗み見る反りくり返底知らとら候わ先立つ讒し生きながらえはみ出し埋めれ
形容詞をランダムでピックアップ
するどきおしくっすがすがしいかたくるしいなまなまし情けなく硬かっがまん強く目新しくおし新しくっいぶかしけれ長からうすいくわしおおけない寝苦しくっめずらしゅう小だかい