「まつり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ まつり[動詞]
乘せまつり  主を乗せまつり  事へまつり  児にてわかれまつり  はじめから花子をあがめまつり  首をまつり  作家をまつり  魂魄をまつり  ほとりにまつり  ば称へまつり  大師様をまつり  ことなく仰ぎまつり  余り通などとまつり  宮に坐せまつり  齋きまつり  範囲にまつり  遺徳をしのびまつり  母君に、伺ひまつり  そなへまつり  位牌をまつり  ここにまつり  神にむくいまつり  最近までまつり  周りをほき廻られて、まつり  みこともち仕へまつり  像をまつり  無量億劫にもまうあひがたく、みたてまつり  中にまつり  中などにまつり  霊をまつり  場所にまつり  父上にせがみまつり  玉ゆゑ、いとけなく勝たせまつり  



前後の言葉をピックアップ
祀ら  祭ら  祭り上げる  マツリ  茉莉    祭り  茉莉子  祀り  祀り


動詞をランダムでピックアップ
心し醒ませ裁き投げこまかち得証拠立てよ囚われる打解ける下さならべたて住み泡立ちなぐさま畳めわけるかきあげる破く索い堪るやすまれ
形容詞をランダムでピックアップ
空空しいいわけな小さいわかり易から俗っぽふかかっ疑深まずしてごわい面白かっ空恐ろしく緩かろ細かく憎憎し宜しけれ野暮臭くからしうらめしかっあったかい薄ら寒き