「けれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ けれ[動詞]
覚束なくは思うけれ  中間へさし入って居るけれ  気はないけれ  西とはわからないけれ  事ではないけれ  心が進んだけれ  事はあるかも知れないけれ  角度が同じけれ  から腹を切らんけれ  ア申訳が立たんけれ  遠国へ参らんけれ  荒磯にこそはつきにけれ  火こそみえけれ  電車來りけれ  標本だといわんけれ  はじめといふべかりけれ  初めなりけれ  ときはなりけれ  羽衣くちずさみけれ  六時になりけれ  民のうれへつひにむなしからざりけれ  人みな飢ゑ死にけれ  四五兩月がほどかぞへたりけれ  んでもないけれ  ここば讀んでけれ  仕度してけれ  持行て棄てよと責めけれ  放免共、強ちに責めけれ  男家に入れにけれ  節なりけれ  三枚はけれ  袖すれにこそたまわりけれ  ものこそありけれ  方から云い難くけれ  目をまわしませんけれ  館こそ古るけれ  疚ましけれ  ものだと思うけれ  から無理もないけれ  かくこそかくべかりけれ  これ歌によみなして奉れと仰ありけれ  名にこそありけれ  文おこせけれ  あはれなりけれ  さもあらばありけれ  もつが憎くけれ  恋のはかなかりけれ  友となりけれ  心を寄せけれ  家ごとに頼みけれ  酒肉も尽きけれ  切なりけれ  ことなりけれ  がちなりけれ  しかりけれ  会計役□□□を取出しけれ  しの出でけれ  かさかしたりけるに久しうかへさざりけれ  搦手にこそ向いけれ  耳に入れんけれ  事に当らけれ  君は守らんけれ  障碍と思ひけれ  一瞥せばやと思ひけれ  家に住みけれ  押へがたくなりけれ  書斎なりけれ  親しかりけれ  人にてありけれ  座を占めけれ  雑沓甚しかりけれ  交りてありけれ  好きじゃけれ  処分をせんけれ  お貰いるけれ  ものじゃけれ  油断が出来んけれ  まり別嬪さんじゃけれ  云いるけれ  学士さんじゃけれ  豊かになうてお困りじゃけれ  金が足りんけれ  代りは出来ているけれ  当り前じゃけれ  留守じゃけれ  唱ふるに同じけれ  許よりいかにぞととぶらひて侍りけれ  金庫を打ち壊さんけれ  奇すしくありけれ  目に立たぬけれ  重荷をになわんけれ  米と記しけれ  朝夕富士司を合せけれ  家にはなしとて、まうで来ざりけれ  數等低かりけれ  噂にきいて居るけれ  可愛いいんだけれ  から今までよっぽど立つけれ  察しは出来まいけれ  もう二度と貴女に会いますまい、けれ  知らないのだと思って居た、けれ  貴女は思って居らっしゃるでしょう、けれ  なかった、けれ  違いないけれ  位、けれ  女達はすすめるけれ  ようにといのって居るけれ  最後であった、けれ  私はもう去らなければならないけれ  斯う思って迷った、けれ  もっと遥かに善いしなけれけれ  子ではないけれ  のではないけれ  事はうまく感じよくやってのけたかもしれないけれ  女が居ないからとも云えるけれ  から何と云ったって、かまわないけれ  事であるけれ  事を云ったり仕たりして笑いこけるけれ  事ではないかもしれないけれ  事は出来ない、けれ  云つて悪るけれ  ものではないけれ  ものとしてはかなり重く出来て居ると信じるけれ  事があった、けれ  フイと思って見るけれ  作ではないけれ  自分も知っては居るけれ  位おしいか分らないけれ  ニイチェを読んだけれ  此書にてありけれ  頼みなりけれ  責めもしないけれ  許をば得たりけれ  我身の上なりけれ  ひきにけれ  これっきり来ねえけれ  ことも知んねえけれ  じきことども侍りけれ  合乗ほろかけ、てけれ  つのば、てけれ  数を掛んけれ  只今では切らんけれ  ことを記しおきけれ  何うでも死なんければならん死なんけれ  上でございませんけれ  二ツ返辞で差上げんけれ  処は止まって下さらんけれ  市を探ねて討たんけれ  一生不孝者で終らんけれ  媒介親と頼まんけれ  恩を返さんけれ  御無沙汰を致しました、一寸上らんけれ  逗留致さんけれ  市に逢わんけれ  屋敷を出んけれ  罪滅ぼしを致さんけれ  検屍を受けんけれ  市を討たんけれ  から静かに討たんけれ  様に聞えるけれ  事はないと云うけれ  思い出を語り合いもするけれ  健吉と仲よく働いてやってけれ  おいおい叛逆なんかしないでけれ  端を持ってけれ  足ば見てけれ  やよ猫又よと申しけれ  自分では居るけれ  お湯も、けれ  貴方御苦労でしたな、宜しくどうぞ、ちとこれから出懸けんけれ  心こそ着かざりけれ  伺い申し上げませんけれ  出でけれ  守り札ひきまくり捨てけれ  村人自身にならなければ分らないけれ  事はないけれ  様では有るけれ  たまには持って居るけれ  勿体もないほどであるけれ  男は持って居るけれ  分りもしないけれ  そうに思えるけれ  声もかき乱されるけれ  事だとは思うけれ  私にではないけれ  事は、よく考えるけれ  男に見えるけれ  顔つきをして居るけれ  気持はしないけれ  腕はないけれ  人達は生きて居るけれ  形をして居るけれ  色に輝いて居るけれ  大変早く、目まぐるしいほどで立って行くけれ  旦那に出て貰わんけれ  女房を貰ってやんねえけれ  異見をしねえけれ  一言云わねえけれ  休みなさるので宜けれ  類想家に立ち超えたりけれ  ところ相同じけれ  用心せんけれ  垣間見てこそ頷きけれ  此処に移され騒がしかりけれ  遺恨益々深かりけれ  一座甚だ白けたりけれ  寄ツて見んけれ  根よく攻めて歩かんけれ  ために厳しくせんけれ  往来したりけれ  限りなりけれ  花が散りけれ  気色に顕れけれ  命を全ふすべしと仰せ出されけれ  君がどうしてもそうしたけれ  合ひませんけれ  車夫は揉みに揉んで駈けたりけれ  ずくも外さざりけれ  戸を鎖さでありけれ  上手なりけれ  強かりけれ  往時もありけれ  弟なりけれ  をかしきことありけれ  來たれ、近づきけれ  給ふべし、と申しけれ  候にと申したりけれ  唯舞はせよと仰せ下されけれ  国土安穏なりけれ  慈現納受たれ給うべし、と申しけれ  人数なれば、ただ舞わせよと仰せ下されけれ  家あるじに語りけれ  名にこそきましけれ  始末をせんけれ  何んとかせんけれ  通りやってもらわんけれ  観なりけれ  興も亦深かりけれ  虫責にこそしたりけれ  言伝へたりけれ  絶叫するほどなりけれ  襲ぐ子とても無かりけれ  じだらくに居れば涼しく侍ると申しけれ  響きこそ恐しけれ  しかし、申し上げておきませんけれ  気もかろくなけれ  幾らもありますが宜けれ  恰好はしているけれ  あたりに、ふと見いだしけれ  氏神と出かけねえけれ  のじゃけれ  給ひにけれ  潮入時なりけれ  食も断ちけれ  心地もせざりけれ  芋ば食わしてけれ  たよりにか、いと忍びがたく思されけれ  しとど打たれけれ  兎に角僕に預け給わんけれ  金を取返さんけれ  方処分を受けんけれ  町人だって身分が宜けれ  上に致さんけれ  派出所まで参らんけれ  堪忍袋縫ふべかりけれ  訳ではございませんが、少し調べんけれ  職を辞さんけれ  懐へ這入るじゃが、然うせんけれ  道を守らんけれ  程なりけれ  心に決しけれ  病気全く癒えけれ  烏蛇の這出たりけれ  洞院にありけれ  張出してありけれ  興を催しけれ  登和嬢を説きけれ  豆腐を買い来りけれ  云つて追手なりけれ  物を打つけれ  なほ堪へ難く覚えて、帰りけるにつきて行きけれ  シヽデンなりけれ  熊なりけれ  給はれとありけれ  様でいいけれ  何でもせんけれ  著書が悪るけれ  それが悪るけれ  鵞鳥を見てけれ  悪趣味といわんけれ  奥なりけれ  達磨大師になりにけれ  うえ罪を重ねさせてやりたくねえけれ  裳を出しけれ  気もするけれ  女王にはわかりません、けれ  おんなじかも知れませんけれ  つたでせう、けれ  笑つて居ませう、けれ  此雪を誇ります、けれ  なつて居るけれ  温度が同じけれ  縁こそありけれ  つまとなりけれ  一致せんけれ  しるしなりけれ  しまったらしいけれ  焔なりけれ  わが身こそうらみられけれ  人はそめけれ  絆なりけれ  花心にえこそ任せざりけれ  事は無いけれ  枝を心してこそ折るべかりけれ  ぬれば思へどえこそ頼まざりけれ  心地せざりけれ  かたなかりけれ  情ありけれ  鋤にあたりけれ  かなはざりけれ  ほととぎす心してこそ鳴くべかりけれ  女郎花かと見ゆるなりけれ  渡り行れけれ  笑声睦じけれ  今日で悪るけれ  歸らざりけれ  一寸待ってけれ  ここば読んでけれ  小作料ば負けてけれ、負けてけれ  あまり厳しくしないでけれ  どこば見てけれ  二日我慢してけれ  四人も生んだけれ  意見するけれ  答辯が出て居るけれ  むとせしに快くなりけれ  二度だけは開けんけれ  いたつきをも忘れたりけれ  四歳になりにけれ  用事思いいだされけれ  名を呼んだけれ  風習なりけれ  剛の者なりけれ  矢比近くなりけれ  矢を射損じて安からず思ひけれ  不埒と訴えけれ  覓めて得ざりけれ  一生臥せるかといいけれ  存命すべからずと申し侍りけれ  汝は如何思いたもうと宣いけれ  后今更に如何離れ奉らんとのたまいけれ  后の坐せざりけれ  ところへ来りて悔しく思し召しながら、承りぬとて居たまいたりけれ  成さんずるといいけれ  南方へ行くなり、と宣いけれ  辺に到りけれ  竜宮城へ渡らんといいけれ  王失せにけれ  んと誂えけれ  云々といいけれ  下絵を与えけれ  癖の彫られたるはあるべしといいけれ  口輕に申されけれ  御前にわびたりけれ  杢をこそと思ひけれ  悪るけれ  様子なりけれ  戯言でございませんけれ  安さんでもございませんけれ  迷惑でございませんけれ  言葉を遮らねけれ  回復せんとて、押し来りけれ  だしなりけれ  門番が怖しけれ  私が気付きませんけれ  抱きしめて抱きしめてこそ泣くべかりけれ  惑溺せんけれ  中一つを選ばんけれ  文学家にならんけれ  京さんにたのんでちょくちょく来て見てもらえばいいけれ  左程にも思いませんけれ  今は居ませんけれ  何、いけませんけれ  高津とに寝よとてこそするなりけれ  からないけれ  ごらんありけれ  通り過けれ  牛なりけれ  猫なりけれ  肴大方取下してけれ  猿なりけれ  壮観なりけれ  欠唇にていと醜かりけれ  たつきを得ざりけれ  足を運ばざりけれ  心なりけれ  なかりけれ  くず湯も成りけれ  図も成りけれ  勢弱りけれ  ものありけれ  一つ考えてみませんけれ  白状に同じけれ  自分は考えて居ないかも知れない、けれ  花ちりてこそ見るべかりけれ  花散りてこそ見るべかりけれ  別れこそ悲しかりけれ  咲きまさりけれ  井戸を掘らんけれ  たるに、つれなかりけれ  洋紙をこそのべにけれ  山の端に傾きけれ  事なんかにはなれて居るけれ  私はよろこんでましょう、けれ  ネエ、けれ  千世子を見て居なくっちゃあならないけれ  事が出来るけれ  ものだと云うけれ  惜む情より多かりけれ  口にもする、けれ  批評が出来るけれ  事はあるかもしれないけれ  当人は居るけれ  幸なりけれ  事少きは一般に同じけれ  程こそありけれ  時機を待たんけれ  親聞きつけて、泣く泣く告げたりけれ  死にけれ  くらしなりけれ  虫こそすずろなりけれ  蛙聴きけれ  ぷつと虱をつぶしけれ  風悪しかりけれ  身を投げけれ  遁げ終りぬとこそ申しけれ  橋ありけれ  汽車つきけれ  暫時拝借を請うとありけれ  一条を語りけれ  カメレオンにも似たりけれ  さがみちて居るけれ  どこに居たってかまわないとは思うけれ  何んて云われたってかまわないけれ  処ありけれ  調子でねえけれ  面白からざりけれ  型も見ざりけれ  やうも無かりけれ  願ありけれ  たかまだ分らないけれ  寝間と定めけれ  やうに覚えけれ  勤にも聞えけれ  つる甲斐はありけれ  金を出してけねえけれ  云々と申されけれ  其事を語りけれ  飛びちがふばかりにて其響夥しかりしが、暫くして止みけれ  無断に持ち去りて棄てたりけれ  影も見えずなりけれ  さびしかりけれ  風はげしく吹きけれ  閏ありと聞きけれ  人々誹りけれ  人々笑ひ興じけれ  賢顔に説きけれ  乞ひに来けれ  苦ろに説き示しけれ  老いにけれ  時やや早かりけれ  明映すに心細くこそなりけれ  世の中とかく騒がしかりけれ  足蹴にかけけれ  手だれなりけれ  虫の啼きけれ  艦長、お寝みになっていませんけれ  許可を得んけれ  やめでけれ  髭あたってけれ  爺っちゃ、止ってけれ  風が宜けれ  憚らずこそ申しけれ  思いきりでへこたれはしませんけれ  程に感じて居るけれ  写し認めて与えにけれ  旨を尋ねけれ  眠りを催しけれ  催促せられけれ  銀にならぬかと、空嘯いておわしけれ  はいふなりけれ  ますます戦を挑みけれ  盤根錯節を切んけれ  ことありけれ  午後四時頃金起来りけれ  あとが付いて居るけれ  んだろうとは思うけれ  臆してや見ゆらんと思はれけれ  笑はれけれ  海に入りけれ  計略をめぐらすべしと示し合されけれ  首のありか知れざりけれ  鬢に参りけれ  ドレスデンより来にけれ  国王見えざりけれ  疎かりけれ  仲間なりけれ  かな、けれ  美しかりけれ  睡眠を催しけれ  老人たち大いに叱りけれ  これ、まずけれ  腕を磨きけれ  ″\と思ひ知りけれ  時をうつし出しけれ  座と定めけれ  私は知りません、けれ  別に気にもとめませんけれ  ことではないけれ  読書力を続けてやらんけれ  無理にやらんけれ  蓄めでてけれ  のが悪るけれ  日もおなじけれ  やかたにさしはさめりけれ  たる人にいひ知らせけれ  帆手うちてこそうれしかりけれ  子の日なりけれ  明かに判っているけれ  云ふ御話しも少ししませんけれ  われもいやまさりけれ  芋よりとはあまりになさけなかりけれ  一銭となりけれ  言葉の聞きちがえにて、いと知れにくかりけれ  馬車券とを得けれ  ところと相同じけれ  術巧みなりけれ  鷹なりけれ  騾馬なりけれ  答成りけれ  言醉へるに似たりけれ  者なりけれ  覺えけれ  道なりけれ  不具なりけれ  皆グエルフィ黨なりけれ  ところなりけれ  友なりけれ  城未だ落ちざりけれ  城安全なりと信ぜられけれ  容易に落つべくもあらざりけれ  山中にひそみゐたりけれ  沙汰ありけれ  謀なりけれ  心を清くせんけれ  騷擾はたと止みけれ  ことを話さんけれ  例を話さんけれ  梅をくれけれ  稽古をして居ませんけれ  屋敷へ出んけれ  行ふ可けれ  ことを考えんけれ  ことはげしかりけれ  答へきこゆるごとくなりけれ  友ありけれ  我等これを知らざりけれ  いふ者ありけれ  靈ありけれ  民ありけれ  こと遠かりけれ  心をとめざりけれ  本なりけれ  石を投じけれ  影だも見えざりけれ  歩みを進めけれ  時しもありけれ  婦女のみなりけれ  者のあらざりけれ  伝馬も来らざりけれ  昏倒せんとしたりけれ  其作品を作り上げて居るけれ  猫をめがけてつきけれ  絃に触れざりけれ  妙なりけれ  我より強くは、思ひに燃えざりけれ  赤かりけれ  根なりけれ  度を超えざりけれ  民榮えかつ正しかりけれ  光殊に燦になりけれ  聖なりけれ  さまなりけれ  點なりけれ  王なりけれ  大人なりけれ  例なりけれ  告げありけれ  ことなどおもひいでけれ  ひじりにて在しけれ  心おろかなりけれ  ″\にきこえけれ  音きこえけれ  日栗ひらひなどしてありけれ  日と思はれけれ  男子をうみけれ  燒けば、いつしかも枯れてはありけれ  告らえにけれ  左千夫君の見とがめけれ  給はざりけれ  泣きこそ泣きけれ  來てくれけれ  夜なりけれ  來にけれ  竿に掛けさせけれ  目にめづらしけれ  なでしこをみずといひにけれ  読み書きも明るいけれ  事を聞かせたくはないけれ  予算はもとより立たないけれ  間違いが出けれ  仇ァ討たんけれ  歌よめと侍りけれ  辺開け住みうかりけれ  ものであると云うけれ  こともなくうせにけれ  なりにけれ  一ふしうたひいでけれ  落ちにけれ  文字なればひとしれずこそ乾きけれ  ほどなりけれ  速に追ひ放つべしと仰せけれ  教へけれ  めで楽しみたりけれ  事は知って居るけれ  私は快く許してやるけれ  様子じゃあないけれ  言葉だけは知って居るけれ  国も同じけれ  いねえけれ  脊の低くけれ  これ、通してけれ  事を好みけれ  時なりけれ  交渉し来りけれ  佐藤貞幹氏にてありけれ  さなりと思いけれ  夢のいまだ覚めやらぬほどなりけれ  本意なしと思いけれ  遊廓に潜めるよし告げけれ  気味ありけれ  振舞にも似合わしけれとありけれ  のみなりけれ  打電したりけれ  有となしけれ  特信ありけれ  事と思いけれ  抔、なかなかに勇み立たれけれ  嘔吐を催しけれ  人なりけれ  過ちなりけれ  憐れを告げけれ  有様に陥りけれ  漸次快方に赴きけれ  通信ありけれ  ことを知りけれ  挙動さえ著しかりけれ  覚悟さえ生じけれ  賛同せられけれ  節操全からざりけれ  ところとなるぞうたてけれ、うたてけれ  能はざりけれ  草木も靡いてたやすく傾け難かりけれ  一と仕るべきと尋ねさせけれ  面持をして居るけれ  すきと云えません、けれ  がまんするけれ  自主的に動いてはいるけれ  あっちこっちしてくれているけれ  一形態かもしれないけれ  一人も随分ひどいけれ  きらいなの、実際困りもするけれ  午後は眠りたいけれ  わけでは勿論ないけれ  事等はしないでくれるけれ  者さへありけれ  天気好かりけれ  大神けりけるけれ  四一かみけれ  活動も好いけれ  世はさだめなきこそいみじけれ  はじめになりけれ  首領に従わんけれ  学校も同じけれ  やうに聞えけれ  様子、狭いけれ  そんなら好いけれ  なかった事を喜んだけれ  一文ありけれ  他日論ず可けれ  わが家と知らざりけれ  涼しかりけれ  節こそ嬉しかりけれ  修覆さえ全けれ  カルカッタへ行かんけれ  われに渡しけれ  目にも知れけれ  酒肴整いけれ  家にあらざりけれ  相違ないけれ  得意として居るけれ  四年居らんけれ  



前後の言葉をピックアップ
ケルヤ  ケルヨウニシテ  ケルレル  ケルン  ケルヴィン  蹴れ  ケレ  ケレイ  ケレオソート  ケレスティヌス


動詞をランダムでピックアップ
蘇っはま堕するつかり撃ち殺す煎じつめる足せ服せ縋れよ食らいつく見送らはか片付きゃ托す供えんとじこもっ雪ぐ連れ添え変りはて座する
形容詞をランダムでピックアップ
ぽきかぼそきあえない珍しくっつつましき息ぐるしかっ焦げ臭く青きでかかろ古い初初しおほけなく似合しくもの恐ろしい薄暗きこの上なしからい囂しかっだだっぴろい