「稚」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 稚[形容詞]
愛護稚  呉稚  づむ稚  競稚  宇治稚  其時稚  八田稚  長谷稚  丸い稚  美しい稚  葉稚  君稚  まだ稚  きれいな稚  いつまでも稚  もう少し稚  身稚  如何にも稚  多い稚  実語教稚  あまりに稚  ほしく稚  しろ稚  から稚  いかにも稚  藏稚  たわいない稚  事実稚  いちいち稚  くも稚  児稚  条々稚  余り稚  つた稚  國稚  八稚  こと稚  謝稚  なかには稚  なき稚  すべて稚  以上稚  なく稚  時稚  小松稚  づることありて稚  一稚  

~ 稚[形容詞]
昨年あたりから村内でも稚  程度の稚  弟子の稚  ものに対する稚  梨寺に稚  どこか稚  語つた古代人の稚  当時の稚  母親の稚  規矩男は稚  自分の稚  女の稚  故意に稚  褐色の稚  國も稚  宇治の稚  因果の稚  三歳の稚  彦皇子とは稚  楊と稚  先生の稚  うちに稚  青みを稚  弟に対して稚  みつちりと稚  思つたは稚  簡単に稚  僧侶たちも稚  智山の稚  彼につけ稚  足利殿の稚  主君の稚  五歳の稚  時の稚  髪を稚  童女型の稚  胴は稚  いつでも稚  懷に稚  尾花家の稚  草が稚  田舎娘の稚  遙と稚  ところの稚  綾之助は稚  殿の稚  樺の稚  予は稚  自身の稚  漠然として稚  信の稚  筈の稚  問へば稚  深井を稚  多賀・日ノ稚  己の稚  白樺の稚  それが稚  それも稚  私には稚  それを稚  女子は稚  私の稚  ひとの稚  乃ち私の稚  ものの稚  音の稚  楓の稚  僧の稚  無下に稚  カムパニヤティーコの稚  年の稚  赤土の稚  月鉾の稚  

[形容詞]
稚蚕  稚松  稚木  稚暉  稚兒  稚氣  稚わか  稚子  稚純  稚日  稚顔  稚な顔  稚な母  稚さ  稚敵討  稚葉  稚彦  稚童  稚馴染  稚厠  稚心  稚郎子  稚室  稚郎女  稚武  稚な心  稚神  稚兒法  稚之  稚みつ  稚日本  稚を用  稚愚  稚態  稚名  稚殿  稚なかった  稚妓  稚ともだち  稚講釈  稚筍  稚げ  稚湯  稚宮  稚苗  稚樹  稚兒双  稚な子  稚市  稚時  稚友達  稚かりき  稚朴  稚なびた  稚戯  稚如二  稚堅  稚ごころ  稚風  稚みか  稚み  稚松山  



前後の言葉をピックアップ
  イトグチ  糸口  糸車  いとけな  いとけない  稚い  稚かっ  いとけなき  稚き


動詞をランダムでピックアップ
しみ渡る思いあわせれ行き渡迷わ仮せ取り落とす負わさ歩き回るかいくぐり縫い上げ吹きまくろ振る舞わ抱きすくめよ腫れる通わかけるたたる込入る乗組ま滲ん
形容詞をランダムでピックアップ
かよわきせまし熱うこぎたないこす薄い普かっほの暗くうらわかとんでもなく小暗い物ものしい根強いしかつめらしく初初しい甘し厭わしかっ等しく女らしからうずたかく