「かね」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ かね[動詞]
殺害もしかね  合邦もとめかね  妹はかね  妾にもしかね  不便はかね  人間もないけれど、値切りかね  回教徒になりかね  弟はかね  無念に堪えかね  それは、思ひかね  貴女もかね  御山にのぼってかね  菅原はかね  手が廻りかね  とおり、かね  騒も起りかね  是はかね  さにたえかね  怨み申しますと、恐かね  いかほど深くとも埋めかね  孤愁に堪へかね  意中を測りかね  それは、かね  木下さんへ往けつてこかね  木下さんへゆけってこかね  季因是もかね  趙は堪えかね  趙は堪へかね  決定を与えかね  金でかね  味が忘れかね  決心はつきかね  前は通りかね  恨みに堪えかね  G君はかね  伝右衛門は、服しかね  潜水艇は、かね  責任をおいかね  上でかね  波子もかね  チベット学者になりかね  決心がつきかね  出来なかった事と、かね  目で見てはどうしてもそうは思いかね  のだ、と思いかね  荒野なのだ、と思いかね  筆を染めかね  気をかね  少年とはどう見ましても、うけとりかね  言葉を解しかね  言葉を信じかね  あとで、かね  のか分りかね  ことは、やりかね  ぬいはかね  しかしながらかね  腑に落ちかね  政略を施すに、かね  ごろごろしたり、堪えかね  横浜調達庁のかね  昔を忘れかね  まさか野宿とも記しかね  寺のありかが分りかね  眼前にちらついて、忘れかね  云ひかね  復讐をかね  さに堪えかね  卒業すると、かね  連中、やりかね  女になりかね  悪鬼になりかね  四十男と、かね  判断がつきかね  小枝が捨てかね  太刀に敵しかね  上におさまりかね  怺へかね  人びとはかね  見当がつきかね  調子に成りかね  時はかね  刻になると、かね  津戸三郎はかね  細君に持ちかね  事は仕かね  身を持ち扱いかね  善悪を判じかね  余輩はかね  役目をかね  気持さえ起りかね  北田はかね  そこを立ち去りかね  私はかね  私はしいても争いかね  神の国にするたすけにはなりかね  晦渋してはかどりかね  両方から取りすがってなぐさめかね  あなたも慰めかね  場所まではわかりかね  機械を見ると、かね  後から来てくれたまえよ、いいかね  それが、かね  床に届きかね  私にはちょいとわかりかね  焼けになっていたので、腐りかね  トッテン師匠がかね  交渉力を失いかね  マック用にかね  足を取られかね  暴れまわりかね  不安に堪えかね  気兼ねをして、すぐには応じかね  江戸ではかね  方々、かね  代掻き器械を扱いかね  じい音もたてかね  ぼくが、いいかね  線路伝いに歩きかね  突走りかね  穴でも嘗めかね  外へはね出しかね  地鎮祭をかね  予もかね  催促されるまで酔潰れかね  癖に、かね  銀座へ押掛けようと言いかね  ッつもやりかね  門附けをしかね  質問を解しかね  執行だとかね  事はかね  たか、ただしはかね  のが可いかね  これでいいかね  広告をかね  気がして、すぐには決しかね  私は立ち去りかね  ことはやりかね  美術学生が、かね  敬蔵はなかなか見つけかね  現実ともなりかね  判断しかね  淡白に云い出しかね  一方のかね  気にして、かね  私達をかね  本意ながら参りかね  氏はかね  ほとほと定めかね  判断すら為しかね  われ喚びかね  ことに就いてもかね  南雲稔はかね  往来にも抑へかね  情に堪えかね  彼は諦めかね  それをうけ入れかね  こと、かね  もんが、もらへるかね  熊川忠範は、かね  興味も起りかね  意味を解しかね  案配し、かね  拒否しかね  おつき合ひ致しかね  清らかさを忘れかね  言葉を見付けかね  初め其意を解しかね  さとに堪えかね  悪口言いかね  中からは潜りかね  閾をふみかね  野郎がいかね  んだ、とかね  留別場にしてかね  日影を見るに堪えかね  本意もはかりかね  ことを忘れかね  本人はかね  土を踏みたいとは、かね  源内、かね  確かには分かりかね  のを知っては追っかけて来かね  理想までは達しかね  孤独にたえかね  見当が附きかね  今晩、かね  僕はかね  区別がつきかね  露子はかね  だしにつかいかね  それよりかね  事でもやりかね  火ともし入てかね  コスモもかね  のかも知れねえ、いやはや、おっかね  アあっしにはわかりかね  味方につきかね  真意を解しかね  つたから中也はかね  メチルでも飲みかね  お上がかね  長崎まででも行きかね  ことはできかね  宋軍にすら敵しかね  手にはあいかね  足懸りさえ見定めかね  羚羊も恐れて近かね  ことはなさりかね  刃物三昧しかね  名前はかね  ことは、どうにも諦めかね  これでは、諦めかね  披露をかね  ひょっとすると本当にやりかね  そこにはかね  判断を下しかね  動静をさぐり、かね  横から、さすがに少し聞きかね  窓から小便してもいいかね  糺問に耐えかね  雪とに堪へかね  余はかね  威嚇か、解しかね  心を汲みかね  校長は聞きかね  間柄むげにもその請を退けかね  返事は出来かね  場合返事をしかね  説明が出来かね  困難に耐えかね  誤解されかね  んでいいかね  自分のかね  秀秋を据えかね  手をのばしかね  密使をかね  そこを去りかね  ときは、かね  発表しかね  何事か云いだしかね  予はかね  有のかね  用意はかね  同国人に対し、かね  さを忘れかね  舞台から飛んで来かね  法号を付し、いよいよかね  墓参をかね  家を支えかね  女の気持をはかりかね  孤独寂寥に堪えかね  私は、かね  箸をつけかね  周さんのかね  そうですがかね  津田氏もそうなると受けかね  堕落にたえかね  彼の、かね  激流に抗しかね  人がかね  俊才が、かね  二人でとは云いかね  人間であるかも判りかね  残念ながら、かね  意を図りかね  払へるかね  気色はつつみかね  腹に据えかね  ためにするにかね  者をして、かね  庶務をかね  利禄にかね  保護するに、かね  維持せしめてかね  意見を持ち出しかね  いつまでも云い出しかね  彼女はいずれとも決めかね  流石に氷りかね  言葉には、信じかね  彼のかね  それをいいかね  これもかね  並木先生は締め殺しかね  並木先生はかね  色ッぽいよ、口説きかね  今更子供のことも頼みかね  菅笠に凌ぎかね  主任は堪えかね  ものか立ち去りかね  因業爺になりかね  空腹に堪えかね  肴にしかね  虐待にたえかね  秀吉のかね  植物辞典もかね  さま、堪へかね  露も吸いかね  面影を忘れかね  相手はできかね  意味を察しかね  のは、なんとなら、替へるかね  中へ入りかね  心なぐさめかね  其理由を解きかね  了解しかね  状態であるとは、いいかね  共産主義にもつきかね  私もかね  口には出しかね  のか決めかね  一口には申しあげかね  から考えて、かね  指図によって来ましたというので、かれも辞みかね  ゅろはこの打擲にたえかね  事は、かね  笑ふと、かね  手離しかね  どおりをしずめかね  訓練を持ち合わせていて、そうしてかね  警鈴が鳴り渡りかね  代価をお持ちかね  心を酌みかね  母さえ養いかね  わしとは、かね  事と、かね  者ですが、かね  嫉妬に堪えかね  発狂もしかね  絶へかね  自分を殺しかね  私にはわかりかね  足を洗いかね  ドッチが好きかね  日本が好きかね  ほどが、はかりかね  ネジ廻しかね  理窟が分りかね  虐待に堪えかね  アドバイスもかね  メディアとしてかね  ロスを背負いかね  流れを見誤らせかね  滅亡させかね  知らないのかね  諸君はかね  ことばを信じかね  心を解きかね  玄徳もかね  李儒はかね  英二を誘って、かね  之れをふせぎかね  左右しかね  話の泉でかね  のは、かね  ジーグフリードは、かね  ジーグフリードを殺しかね  通知を受けて、かね  親切には逆らいかね  まりかわいらしいので、扱いかね  まり、かわいらしくて、扱いかね  ことだか、わかりかね  ことでもやりかね  ことがなかったと思い、かね  意中をはかりかね  んだが、いいかね  虐遇に堪えかね  つて寝て睡りかね  苦戦してひきとりかね  久作、かね  手が出しかね  ベッドをはなれかね  必要とし、且つかね  初志を貫きかね  私はあきらめかね  運用が出来かね  目的を達しかね  ナポレオンはかね  可憐さに堪へかね  情感にたへかね  顔が忘れかね  心がはかりかね  英邁はかね  事にわかには参りかね  胸をはかりかね  名まえは、かね  詞をかけかね  墓地にはいってみると、かね  心を測りかね  村に住みかね  時に、かね  日本料理が好いかね  牛肉が好いかね  それを忘れかね  格闘にも及びかね  決行しかね  寂寥に堪えかね  男で、かね  彼らはかね  二つ拵えてあってかね  自身それに追いつきかね  同情振りはかね  われわれがかね  承知が出来かね  三本木という、かね  むげにも座を立ちかね  城楼に駈けのぼって、かね  半分以上、信じてきたが、まだ決しかね  腹にすえかね  劉表はなお決しかね  蕗子に口説かれかね  奉公が勤まりかね  ことが出来かね  君をかね  ところ僕にもはっきり解りかね  理解しかね  性質をかね  友人で、かね  からちょっと音が出かね  ものだと称して、かね  ことでも引受けかね  そこから彼を去りかね  ことにする、いいかね  エドナがかね  一致しかね  真似でもやりかね  麻酔はいいかね  さに耐えかね  旅宿をかね  から、かね  墓場からでも出て来かね  決心をしかね  希望をしりぞけかね  関羽は、かね  こともあろうかと、かね  水辺から、かね  労働に堪えかね  胸にすえかね  ためなら、何でも為かね  苦痛にたえかね  ふところ加減をも読みかね  手をやりかね  女はかね  運びに参りかね  立上ったかと思うと、かね  庵中独坐に堪へかね  自分はかね  方がよかないかね  武器を収めかね  女はこらえかね  しまやしないかね  目には入りかね  ことになりかね  本職を言いかね  わしのかね  ため、かね  覚悟はいいかね  これをもらって行っていいかね  先生はおどろいたが、かね  意味か、わかりかね  心をはかりかね  これ以上ちょっと進みかね  孫権はまだ決しかね  董襲にもうながし、かね  孔明はかね  のぼり、かね  こころをはかりかね  玄徳におかれては、かね  眠りにつきかね  魯粛はこらえかね  賀来子はかね  一枚一枚皺をのばして手放しかね  手をふれかね  肌を手放しかね  彼はかね  ジャンダアクを忘れかね  絃は、かね  病気にもなりかね  それを言い出しかね  明け方にいつもする、抑えかね  両替屋をかね  應へるかね  かたわら、かね  それもまんざら捨てかね  決心しかね  玄人もかね  真似はしかね  それはかね  女房、堪へかね  すがるをさすがにも振切りかね  窺ひて、とみには慰めかね  茂登のかね  騒ぎを起しかね  今年もかね  吹き出したので、かね  これはかね  さっきから解きかね  それぐらい、やりかね  ハハ、どうかね  望みをすてかね  ことさへやりかね  飛行機なんかちつとも怖かね  気がして、立去りかね  鶏もかね  地図を開いて見ても、かね  中に住んで見たい、とはかね  葉子に対してかね  それを払いかね  諷刺を見いだしかね  目からほとばしらせて、打ちもすえかね  歯ぎしりを止めかね  葉子はかね  名前だけをかね  ちょっと返事をしかね  態度も取りかね  深みには届きかね  みつきもしかね  意味をくみかね  命の取りやりでもしかね  そうで、いい出しかね  それを聞くと、かね  仲でもかね  ところは、かね  うちには、かね  李意もとうとう否みかね  私は忘れかね  来歴はかね  あなたを忘れかね  捌きはつけかね  素直にうけとりかね  ぼくには分りかね  人前でも戯れかね  ちょッと分りかね  ハムレットになりかね  二もかね  記代子のかね  たしかにそれをやりかね  ルミちゃんを殺しかね  本質は肯いかね  こともしかね  役割を演じかね  熱情的に書きかね  こともできかね  依頼をかね  マッチをつけかね  葉子からも離れかね  討死もしかね  白粉さえ付けかね  口にしかね  二人とは、かね  助のかね  位言いかね  馬鹿にされる、ばかりではない、かね  依頼通り取り計いかね  助には出来かね  様子を聞きに遣っても可いかね  ちょっと出来かね  そこがかね  孔明はなお諦めかね  風説はかね  夜分寝ずに咳きますので誠に堪えかね  舟は恐かないかね  貴方が来いとも被仰らないに参ってはお叱りを受けようかと思いまして参りかね  挨拶も出来かね  顔は怖かね  私も怖かね  仮託してかね  ものを、どうにでもしかね  コンプレックスから身をほごしかね  それをよく聞きとりかね  体をもてあつかいかね  我慢しかね  黒田長政の如きはかね  策はかね  家康めにしてやられたわいとかね  立場がなくなるが、いいかね  のが何とも計りかね  味を忘れかね  手を着けかね  厨子王はこらえかね  厨子王はなんとも思い定めかね  事を聴けば見捨てかね  ことやら判りかね  目をかね  事をしかね  始めはただうるさいとのみ思っていたが、しまいにはこらえかね  どっちとも定めかね  度にかね  うちから、かね  細君はついに堪えかね  筆をとりかね  意見には従いかね  差別もつけかね  裏庭に、かね  菊枝がかね  騒ぎをつい見棄てかね  菊枝が支えかね  お前勾引をしかね  心が測りかね  何だかをかね  夫のかね  この間馬場先を通っていたらかね  我慢をしかね  ヒステリーを起しかね  ダビングでかね  けがましく聞えたらしく、耐えかね  私には分りかね  喜久子姫がかね  根気が続きかね  父がこらへかね  道楽がどうしてもわかりかね  意味をはっきり解しかね  人の思はくはかりかね  重荷に堪へかね  上拒めば打ち殺しもしかね  ことが分りかけましたが、かね  出発に際して、かね  阻止しかね  ことだか判じかね  ことをやりかね  返事さえよくは解しかね  赤ん坊が生まれて、育てかね  見境さえ附きかね  咽死に死にかね  これだけかね  彼にはつきかね  真意をはかりかね  波もおっかね  斧も、つい下しかね  行ぎあ、おっかね  彼女等が打ち開けかね  娘達に云いだしかね  致命傷になりかね  一寸には揃いかね  こちらでも行届きかね  食事も進みかね  自殺でも仕かね  附近を探すと、かね  ほんとうにキチガイになりかね  われわれには解りかね  孤独に堪えかね  てゐにけり思ひかね  ジャングルを忘れかね  さへかね  眼つきはおちかがかね  昨日かね、をととひかね  面喰つたが、かね  本質を掴みかね  大辻にも云い明かしかね  帆村はかね  心に堪えかね  姉がどう思うか、分りかね  意義をかね  私には解りかね  意図をはかりかね  妾はかね  これは殺しかね  三郎には、はっきりわかりかね  緑川博士がかね  不思議を解きかね  ぼくがかね  結論だけを信じかね  教祖にしかね  意見はどうかね  捉へかね  座員はかね  婚礼というので、いでやかね  皆様にもうかね  渠がかね  差覗くがごとくにしたが進みかね  見物とかね  身が入った、蓋しかね  説明しかね  部屋にかね  出席をかね  力をかね  大巻先生はかね  ボクもかね  信者になりかね  泪を、せきとめかね  行動をかね  いつまでもいつまでも去りかね  時子はかね  ジーキルがかね  人殺しをやりかね  ロビンソン物語りかね  うちから予約があってかね  敗戦国民のひがみかね  ことはかね  命さえあぶなくなりかね  霊さえ慰めかね  帰順と決しかね  些合点しかね  一つをだも通しかね  確かには信じかね  彼女のかね  そつちの方が、よかないかね  何事もおさめかね  利子さえも払いかね  がまんしかね  場を去りかね  艶はこらへかね  笑ひに紛らすを、思ひかね  らるるを否みかね  事とみに告げかね  子供たちはまだ諦めかね  ことは分りかね  夜這いも致しかね  訳が分りかね  バラックには住みかね  お仙には付きかね  ことを言いかね  三吉は断りかね  柿の木横町から揚場へ出て、かね  夜源三は眠りかね  珠子にかね  清は堪えかね  一生懸命に見つめていましたが、さすがに、分かりかね  ここはかね  自分にはわかりかね  それに、扱いかね  正太は切出しかね  様子も分りかね  皇帝も、かね  大蔵大臣は、かね  リーロフ大佐は、それでもあきらめかね  第二艦隊は、かね  先任将校が耐えかね  頭に、しこって居たのですぐにも打ち融けかね  うしとやさしと思えども飛び立ちかね  邸へ上りましたなら、かね  土方歳三もかね  苛責に堪えかね  鳥目を少しお持ちかね  二人はかね  お茶うけにして退けかね  愛吉は堪えかね、堪えかね  遠山金之助堪えかね  部屋をかね  晩飯をかね  彼れはかね  ことをしかね  目釘を外してもいいかね  一切が思い出されて、つい堪えかね  案内をかね  涙を制しかね  口に出しかね  正当だとは信じかね  諸君自身も信じかね  成り行きについては、かね  臭気に堪えかね  青酸はかね  忠告しかね  少年がかね  なにも見えないとは言いかね  どこにも求めかね  警察署をかね  代理執行官をかね  アーサを殺しかね  さに堪へかね  私をして容易く立去りかね  杜はかね  方角を知りかね  半次ならやりかね  わたしはかね  者も解しかね  俄かに信じかね  三津子さんが撃ちかね  たかどうか、あたくしには分りかね  事にかね  慰さめかね  重箱をかね  道をあるかね  根本意識を定めかね  確かにさうと信じかね  辞をかね  のは、多分、かね  打撃にたえかね  論旨に取られかね  車上なるはかね  了見を起こしかね  タヌは、かね  学生は益々見るに堪えかね  見殺しにもしかね  小売りにも間に合いかね  引移ってかね  刃物三昧でもしかね  痛みに堪えかね  何も言い出しかね  お前さんがかね  もんですから、かね  かけに、かね  私がかね  お召しにも応じかね  今日はかね  名刀があるとはかね  手一つで出来かね  人はかね  口實にして、かね  それを受けかね  妻はかね  申上げかね  薫風やともしたてかね  秀吉もかね  伯龍がこらえかね  目鼻もつきかね  ますます堪えかね  老人連はかね  教師をかね  ちょっと判りかね  不安を忘れかね  帰りで、没しかね  娘である女主人公が、かね  直ちには睡りかね  靜まりにたへかね  存在はかね  彼奴はかね  的矢貫一と、そしてかね  僕が引受けるから、いいかね  わけにも行きかね  帆村もかね  泪をおさえかね  蠅男はかね  大力に抗しかね  から腹に据えかね  耐へかね  職を得かね  圧迫に堪えかね  息子に迎えもよこしかね  特派通信員を、お差立てにも、なりかね  手込に、なしかね  澄は見るに堪えかね  一筋に、定めかね  もの数さへにいひかね  おいとをしいとはかね  ちょっと見当がつきかね  事情を解しかね  感にたえかね  多勢潜伏いたし居り、かね  御座候、かね  自分にとってかね  ちょっと見当が付きかね  倒おしかね  諺はかね  自殺となりかね  返辞もなりかね  金に困ってかね  ほどは分りかね  のをかね  のは、どう考えても判りかね  自恃をかね  これを聞いて、かね  餌にありますか、と遣りかね  ためにかね  それでいいかね  こんなこともあろうかと、かね  悪を許しかね  前をすりぬけ、かね  座席から立ちかね  堀田原に、かね  性が合いかね  押売りをやりかね  遇つた時、かね  作にはかね  二人は諦めかね  所へ、かね  事で、かね  私たちはかね  詩について書いてくれというかね  取っつきを失いながら立去りかね  もっと腹を立てかね  言つてゐたが、どうかね  シユーセン歩きかね  なつたせゐかね  墓詣りかね  ことをいい出しかね  門を乗り越えかね  意見を押し返しかね  余をしてかね  身について忘れかね  宿をかりかね  手を出しかね  心を、はかりかね  打擲もなさりかね  私には量りかね  旦那様はもう堪えかね  方向を定めかね  保養とをかね  皆が考えかね  植木師をかね  にゆこうかね  事実そうもしかね  通弁をかね  座敷へ飛込みかね  言ひかね  陳套の譏りを招きかね  食へるかね  判読しかね  判断致しかね  安楽にかね  即答ができかね  道でおっかね  病室まで、とんで行きかね  只今三時間許り、かね  年の瀬を越しかね  食ひかね  脚絆かはかね  腐敗をもかね  意味を取りかね  偏愛を免れかね  体臭に近づきかね  飛脚状にも託しかね  ヘタバル奴が出来かね  推測しかね  命令に服しかね  水道橋から墜落しかね  自分勝手に動いたりしちゃいかね  外にかね  年もかね  洋服男は堪えかね  静子は堪えかね  から申上げかね  ことは企みかね  ようすを見ると、そうは言いかね  波がぶつかる、怖かね  重みに堪へかね  添はずにやをかね  席を進めかね  人たちにも、かね  ことをかね  ここへ来たかを解しかね  業腹をすえかね  人物にたいしては、かね  掠奪もやりかね  彼についてかね  人殺しだって出来るとも云いかね  一郎はかね  生命が請合いかね  意向を測りかね  しかたがないので、かね  あなた方から私もかね  心を決しかね  荷車に乗りかね  本物かどうか分かりかね  男は、かね  僕をかね  開いた窓からでも飛び出しかね  具合でなんとも決しかね  拔けた事をしかね  氣持をはかりかね  たかと思われかね  それをやりかね  判断はいたしかね  糧道も絶たれかね  谷へも飛びこみかね  川をわたりかね  ものとなりかね  露命もつなぎかね  結果にもなりかね  二の舞にもなりかね  返答しかね  娘ゆえ、さすがにそうもなりかね  渋茶がはいると、かね  みんなよういはいいかね  のを知ると、かね  のがかね  保田の生れかね  ものだと、かね  テーマにはなりかね  先生がかね  戸を開けかね  同業者間にはかね  意が汲みかね  わけにもゆきかね  つじつまが合いかね  峰打ちと思うたが、次第にあしらいかね  窃盗もやりかね  同士討ちも起りかね  下に、参じかね  幕軍はかね  ものだとかね  心底を、信じながらも測りかね  離れで、かね  言保ちかね  先へ行きかね  者もなければ、立去りもかね  それ位やりかね  抜刀するが、斬り下ろしかね  定義を下しかね  始末しかね  痺れにもたえかね  夢をおどろかしかね  意味か解しかね  チベットとは言い直しかね  嘉代さんを操りかね  尻に敷きかね  網が届きかね  西の京の去りかね  加へかね  子さんが、かね  オシロイもぬりかね  なんできかね  十日もつるして置くかね  物狂いもおこりかね  名も、出かね  山はかね  特使もかね  早やかね  一族ではあり、かね  弁信は、かね  ェにかね  貯蔵用とかね  十日もつるしておくかね  ジョバンニがこらえかね  いちはかね  中へかね  船遊覧をかね  腕力沙汰になりかね  ことも出来かね  そこまで到りかね  節約してもらえんかね  鉄作とかね  物であるかをかね  性質なら遣りかね  出現がかね  顔を立てかね  小説家にはどうもまとまりかね  眼をぎらつかせながら、本当に飛びかかって殴りつけかね  判断もつきかね  山火事もおこしかね  儀もとどきかね  下風に降って来たとも受け取られかね  報をかね  標本を受けかね  調査しかね  煙草を吸いかね  バルチック艦隊も振放しかね  わたくしにあるかをはかりかね  おとよは落ちつきかね  今日はさすがに包みかね  初めからきっぱりとは言いかね  身をささえかね  はまはかね  喉から手を出しかね  そつくり売り手へ届けてかね  倉田はかね  四谷怪談になりかね  奴にはのべつ怒鳴りつけ罵つて蹴飛ばしかね  匐いだしかね  何れともきめかね  私達をしかね  問題を解きかね  祈願もかね  突撃に出かね  その道誉は、かね  らいは出来かね  何れとも決しかね  負けを諦めかね  断定も出来かね  決断をしかね  村田はなお決しかね  ほども分りかね  意味であるか推しかね  のを云い出しかね  忙がしいかね  七はかね  彼がかね  値打をも凌ぎかね  都にとどまりかね  ことにもなりかね  意図もくみかね  うござんすかね  子にほだされて捨てかね  殿様にもかね  ことですから、やりかね  幸福にたえかね  絲満ぐらい殺りかね  ここを動きかね  事でもしかね  容貌好しをかね  さを見るに堪えかね  彼もかね  七もかね  のを聞きかね  終いかね  辰蔵はかね  妻君耐えかね  持扱いかね  島川太吉というので、かね  故郷とかね  話をかね  共謀して、かね  浪もかね  おふくろ殿もかね  礼とをかね  俺はかね  日取りだけがつい決めかね  直義はなお信じかね  八ツ裂きにもいたしかね  致命ともなりかね  とりなしを、かね  筑紫へさして行くというかね  報告とをかね  守護をかね  丞はかね  警固をかね  おかんはかね  江戸見物をかね  ここへ呼んでもいいかね  承知しかね  正成も言いかね  一服吸ってもいいかね  職業もかね  ところへ泊まり込みかね  竹はかね  噂はかね  気性で、堪えかね  大分脾肉の嘆に、たえかね  のが、捨てかね  美人局でもやりかね  手あらく取り押えかね  残つた屍体をひきあげかね  ことは随分やりかね  主人とはかね  それとは判りかね  人々も争いかね  証拠もございませんので、なんとも申し上げかね  照之助はかね  無理にとは云いかね  用向きをかね  確かに聞きわけかね  のはちっと判りかね  正体を見定めかね  ことがあろうかとかね  胸にうけかね  心中は測りかね  ちがいで、かね  間には、言い出しかね  偵察をかね  うちでは、かね  昨夜寄合いかね  天誅ぐらいやりかね  弓がおありかね  相手もなりかね  詮議までもしかね  みんな飲んでしまってもいいかね  喧嘩となりかね  どちらへも靡きかね  語だけは解しかね  所もないと、かね  希望をかね  のを制しかね  フム、まあ悪かね  騒動に結びつけてうけとりかね  つや子に云いかね  傘にうけかね  助力は出来かね  仕返しをやりかね  不衛生粗食に堪えかね  生活が凌ぎかね  母親もさすがに包みかね  私は堪えかね  傍に来たのでいよいよいい出しかね  屋をかね  残念であるが、やっぱりかね  時には、かね  菊はかね  等もかね  い死を見るに堪えかね  しゃるのかね  かっぽれには、かね  訃を信じかね  ことは申し上げかね  灰いろかね  む時はかね  忘られかね  わたくしもかね  駒井甚三郎は、かね  如何とも致しかね  傍を立去りかね  そこから人間が楽々と這い出しかね  一つはかね  それを慰めかね  石垣さえ登りかね  それかと定めかね  さには耐えかね  一方で、かね  風になりかね  白山までも登りかね  銀様がかね  お詫びをかね  意を計りかね  生命だって投げ出しかね  宿屋だけはかね  ころあいを計ってかね  十分に通じかね転じかね  年月をば探し当てかね  控処には未だ空しく帰りかね  久子は尋ねかね  僧を見よ、宜いかね  胸に納めかね  つて申上げかね  それもお受け致しかね  家庭教師をかね  気配に堪えかね  一升飲みかね  田舎者が、かね  値でいいかね  それと言いかね  精神としてかね  からって、おっかね  我慢がなりかね  今日限りかね  東京大学大学院学生宇野重昭君にかね  憧憬に堪えかね  クリスフトに尋ねかね  それもできかね  者がないので、あえてなしかね  ことが起るだろうとかね  ものなら、ははあ、そうかね  僕は、かね  弁財天へはかね  弁信さん、かね  肚にすえかね  戦捷報告をかね  注意しかね  気にはなりかね  容易につきかね  男がかね  多津は、かね  返事ができかね  所長にかね  母は、かね  こともほとんどできかね  口を出しかね  考えをはっきり言いかね  礼儀深いので断りかね  みずからそうだとは認めかね  重みをささえかね  滝太郎といえばかね  情郎と巫山戯かね  島野は耐えかね  呻っておっかね  人殺もしかね  身を支えかね  手も支えかね  ことを思うと、かね  体量をささえかね  何かいやしないかね  老中筆頭伊勢守はいづれとも決しかね  監督をかね  人なり、かね  恩義もあり、そうは出来かね  彼女自身がそうもなりかね  命とりになりかね  人が無ければ、殺しかね  彼こそはかね  報に接して、かね  方があきらめかね  生活に耐えかね  涙をとめかね  書物をかね  手をつけかね  拳銃はまだかね  的にも立ちかね  伜がかね  情に燃えて、抑えかね  酒を断りかね  それがかね  いずれとも答えかね  樽ごと持ってきてやろかね  策をはかりかね  何ぼかね  心を計りかね  四把づつも背負つて通つたぢやなえかね  悪魔も、こらえかね  奉納したい、というかね  乱入も致しかね  らを抱いて乗込みかね  青嵐居士は、かね  気づまりな沈黙にたえかね  追剥さえ出かね  こと紙入れをかね  彼になんとも言いかね  心を定めかね  それ以上顔を見合わしかね  底では多少信じかね  母も尋ねかね  彼らは言い出しかね  それを頼みかね  顔をも見合わしかね  のを延ばしてくれとは頼みかね  馬鹿げた事でもやりかね  言葉をかけかね  返辞を促しかね  兵士らは敵しかね  心解しかね  光届きかね  墓參りをかね  方へ起つて行きかね  手内職でもと思わぬではなかつたが、ついふんぎりがつきかね  陰鬱に堪へかね  白雲同様にかね  陰鬱に堪えかね  まま相手に感じさせかね  饒舌についてゆきかね  ものであるとまで、唱えかね  名誉を、どうしても見捨てかね  心をきめかね  のを決しかね  主水もかかりかね  賭場をどうお思いかね  熱気に堪えかね  まさか帰れとも云いかね  腹を控えかね  自分たちをあてはめかね  ものですから別れかね  風病重きに堪えかね  孝之進はかね  ほかなりかね  それも云い出しかね  彼はもう堪えかね  気にしてなしかね  彼はなんとも言いかね  いつまでも別れかね  とっさに解しかね  亡しかね  一本一本がすてかね  座を立ちかね  感情をおさえかね  おもしろいかね  私は、どうしても打明けかね  書記にでもなりかね  口きかね  源氏がかね  源氏もかね  さにあかしかね  夫人もなだめかね  間、ほとんど耐えかね  ことを叫びあうと、かね  危いこともしかね  女房たちも勧めかね  こともかね  源氏はかね  天子にしたいかね  偶然ではあったがかね  書斎とをかね  身を動かしかね  出版させかね  ことや、これからまだしかね  ことができかね  魂をも売りかね  それを手放しかね  一事をあえて尋ねかね  問題に触れかね  成果を信じかね  院はなだめかね  女三の宮はかね  蔭に伸びかね  こととは思いながらもかね  古人でさえ決めかね  苦を忘れかね  用意がかね  大将は、かね  実行をしかね  ことになるかともかね  従者たちは扱いかね  騒乱になりかね  店仕舞いもしかね  粗相も起こしかね  ことにして、たびたび伺っては、かね  二もなく服しかね  君が書きかね  御返事とかね  事情で早速の間に合いかね  想いではありかね  妾がかね  中には入りかね  事とも解りかね  前に進みかね  八重は決しかね  冷ややかには扱いかね  初めから姫君に言いかね  断わりをしかね  襖子をさえ破りかね  返辞もできかね  君を思ひかね  后のかね  使いも出しかね  声は出しかね  決定しかね  ジャックリーヌは信じかね  訳を尋ねかね  申し込みをなしかね  道理を認めかね  勇壮な行ないをしたいというかね  ことをもやりかね  重荷に堪えかね  彼に尋ねかね  暮しも追いつきかね  性質とはかね  心慰めかね  家をかね  我も言いだしかね  天幕はいいかね  ちょっとわかりかね  袖にせきかね  大将はなだめかね  心を慰めかね  いふ間違ひをやりかね  布教をかね  髪はよく切りかね  多く煩瑣にたへかね  陰口のみは忘れかね  さらでもかね  名前は少し申し上げかね  そのまま由良は立ち去りかね  処理しかね  肩を叩きかね  涙を抑えかね  都に置きかね  紫外線除けかね  身投げぐらい、しかね  ぼんやりしていたら、かね  二人で出て、かね  彼も信じかね  眼だとは信じかね  ことを、どうもあきらめかね  眼もあげかね  視線を避けて言い出しかね  悩みに堪えかね  火をともしかね  重みに堪えかね  私見を決めかね  わたしもかね  通りには従いかね  骨肉に迄食い込みかね  中心を取りかね  鸚鵡にかね  己ぁ五十だぜ、いいかね  船員はこけおどかしはちっとも有難かね  堰止めかね  袖を絞りかね  堅甲となりかね  木やり音頭もなしかね  砂まぶれ、止めるにも止めかね  死にもしかね  アタシもかね  ここぞかね  ウワゴトも言いかね  焦点を見いだしかね  謙譲さを見て、かね  彼は延ばしてくれと頼みかね  悲しみを訴えかね  クリストフが押えかね  窓から外をながめかね  表明しかね  握手をすべきかどうか決しかね  んだ、いいかね  道を示しかね  さへゐたら、死んだり殺したりやりかね  自殺さえしかね  女中をかね  万人がやりかね  手前よろしければかね  人がないので暮しかね  自責の念に堪えかね  相手は仕りかね  男優が、かね  男、捨てかね  ミツ子一人ぐらいを育てかね  ことなら何でもしかね  圧力に耐えかね  それを云い出しかね  恨みが忘れかね  亡魂がかね  のを断りかね  悲しみを受けとめかね  まま居候をさせて貰うかもしれないが、いいかね  事についてかね  情死もしかね  ことわりを諦めかね  自己のかね  志に堪へかね  興に堪へかね  握手をしかね  昇天もしかね  家々ではかね  何時飯を得べくとも見えざるにぞ思ひかね  臍を据えかね  語を聞きてはこらえかね  払ひかね  こころ斯く静まりかね  何か言い出しかね  午後には、かね  事業だと思ってね、いいかね  意味を推しかね  男ならやりかね  難くせをつけかね  自信がつきかね  男になり、かね  腕をも張りあげかね  魚など、おっかね  自殺しかね  醗酵所とはなりかね  収拾しかね  頭上に加えられかね  私のかね  先を言いかね  処置に堪えかね  味解しかね  のか解しかね  銃殺しかね  ことはありませんが、かね  武王これを見るに堪えかね  兼輔もかね  夜も遊ぶというかね  雅はかね  苦しみとに堪えかね  忠通にもかね  玉藻はあくまでも引っ返して行こうとするらしいので、堪えかね  惣之助を慕い駈落してかね  些末主義に陥りかね  孤独だと信じかね  都合をきめかね  歌さらになつかしみつつしたひつつ忘れかね  くろの身にしみて忘れかね  とき女大臣はこらえかね  今こそ、かね  手前一存にては申しあげかね  ことが起こりかね  悪徳も犯しかね  博士がかね  相手局としてかね  ものいじめもしかね  のか、解りかね  心理は測りかね  心理状態は測りかね  母が聞きかね  春早々東京へお出掛けかね  用事をかね  ちょっと見当もつきかね  肴になりかね  実行しかね  それにはかね  耳を信じかね  ドライヴをかね  出張をかね  腑におちかね  伸子としては信じかね  上拒絶しかね  信子も、何とも答えかね  勘定代りに払いかね  宮浜はかね  養ひかね  乱暴さへしかね  機会がなかつたので、かね  口に投げ入れるなれば、かね  ものであるから、かね  皺をのばしかね  夜なんぞおっかね  刑事問題とかにもなりかね  心中でも仕かね  梁福もかね  判断が付きかね  悔恨とに堪えかね  友よこぼすな歩みかね  疲れ果て眠りかね  戸を閉しかね  ちょっとはいりかね  それに堪えかね  奥座敷へ聞えかね  思いに堪えかね  心臓にはついに敵しかね  処置をつけかね  妙味が解しかね  私たち普通人には間に合いかね  旦那さまが嫌いかね  事がありかね  羽目になれば、出かね  から旅費を貸してくれとも言いかね  足を踏み外しかね  上場いたしかね  一刀両断にもしかね  手がまわりかね  表情をしては、切出しかね  僕もかね  とおりにはどうしても行きかね  君、どうかね  介抱は出来かね  いのかね  蝶つきかね  水を飲みかね  婦人はよくよくあしらいかね  爭ひかね  あしらひかね  要求に応じかね  丘田医師はかね  圧力にたえかね  臂を包みかね  よう立ちかね  アケミさんはかね  アケミはかね  ハリ・ドレゴは、まだ諦めかね  ドレゴは、かね  ものやらさっぱり分りかね  左右のひろがりも見極めかね  諸君もかね  ように、いいかね  これ以上怺えかね  反撥装置は、かね  返事をしかね  犬の心理を計りかね  足下もかね  憂愁に堪えかね  自分も死にかね  顔をして解しかね  一昼一夜を暮しかね  手腕をかね  白鷹久美子夫人は、かね  校長先生はかね  のですが、いかにもかえりかね  日を送りかね  手も届きかね  ちよつと分りかね  花園をかね  弁護士はかね  大雪が降りかね  ことが、かね  心すら、恐らく知りかね  苦痛に堪えかね  腹の虫がおさまりかね  巳吉はかね  左門のかね  危く不具者になりかね  づとひらけ、かね  思念は、かね  意味をはかりかね  さに、かね  仏壇は、かね  見本をかね  恥かしくて言いかね  現象を知っとるかね  苦労に耐えかね  悪しざまにいった、聞きかね  私は一寸見定めかね  苦しみにたえかね  理解できかね  女と逢っていて、まだ互に別れかね  さを抑えかね  のて、そうもできかね  のを抑えかね  私は進みかね  いつまでもそこを立ち去りかね  賛成しかね  悪鬼を追い払いかね  くれないのかね  楽しい歌をまねようとしたが、できかね  ほんとうにわたしであるとは信じかね  わたしが信じかね  風景になりかね  空想しかね  憚つて手をつけかね  通知いたしかね  夫人もさすがにあしらいかね  年賀をかね  底意を、ことごとくはくみかね  うそも言いかね  見当を定めかね  豊も当たりかね  幾はなお立ち去りかね  豚はこらえかね  何日ぐらいかね  んだとかね  命令一下、かね  面白おかしく言いかね  駄目だ、とはさすがに云いかね  気持が納まりかね  対照をなして、納まりかね  意を察しかね  父はかね  難破もしかね  おれはかね  ちょっと言を掛けかね  あすこで一杯やりかね  手でかね  女画描きかね  売約ができていまして、さしあげかね  拷問にたえかね  足元からカメラを差し向けられると、堪えかね  南下しかね  空腹に堪へかね  十分説明はつきかね  ものになりかね  時鳥厠なかばに出かね  ことは、わかりかね  重税に堪えかね  涙をおさえかね  理論をも持ちかね  対象としているとは言いかね  責め苦に堪えかね  寺ではかね  弱冠ながらもかね  門番もこばみかね  国艦隊司令長官スタール大将は、かね  のもかね  判決をくだしかね  夫もかね  のだから、たやすくは間に合いかね  過失を犯しかね  苦役に堪えかね  顧問をもかね  いやでござりますともさすがに言いかね  場合と申すは、かね  者も扱いかね  汪主席はかね  否定するのみならず、かね  及第はできかね  ことをまだ忘れかね  気持が測りかね  ほども測りかね  午前零時一分を期して、かね  のだ、いいかね  午前三時半頃になると、かね  公表されると、かね  申上げますが、かね  成程、殺りかね  岩井もさすがに扱いかね  平気でしかね  人殺しだってやりかね  立腹して、今にも殺しかね  ものと、かね  ものが、こらへかね  乞ひかね  気心をはかりかね  母にも尋ねかね  夢中になりかね  雑言に堪えかね  候妾がかね  主題に入りかね  煙になりかね  教訓をかね  際喙を容れかね  痴態をも演じかね  身をまかせかね  はいつかわかね  体臭に添いかね  夢をどうしても忘れかね  防衛をかね  言がのみ込めかね  手も跨ぎかね  着かりかね  ズドンとやりかね  息を吸い込みかね  啖い切りかね  コイツは一寸なおりかね  吾輩は、すこし取扱いかね  見当が付きかね  のはかね  無下にも断りかね  行つてしまひかね  どこの帰りかね  これから又お出掛けかね  押へかね  手の廻りかね  瞬時に変りかね  笑ふまいとしながら、こらへかね  持扱ひかね  騒動でも起りかね  郵便屋が、堪えかね  からないとなげかね  解決しかね  ちゃんと向かね  脱却しかね  墓石をもちあげかね  んという名まえかね  大学生たちは信じかね  警部を、なぐりつけかね  どっちと云いかね  胴上にしたじゃないかくらい、酔うと云いかね  壁柱へでも書き散らしかね  私は判じかね  ものやら測りかね  事もなりかね  あたり忘れかね  お松は、もうこらえかね  ように見もしかね  黒岩万五は、かね  万五はかね  点では、どうかね  感情を持ちあつかひかね  彼女はかね  同氏はかね  さっきから手を出しかね  阪をも越えかね  一人にてありき死にかね  種にまたなる忘れかね  ふいに顏をあげると、つひに堪へかね  ことだけはうやめたらどうかね  いふところを解しかね  機嫌伺いに参りかね  事をかね  高級化學療法劑に就いては、かね  病気見舞をかね  女房もかね  勝手はかね  夫人とを結びつけかね  底を判じかね  遠慮も無く、かね  かば数日逗留し、あまりにたへかね  売れとも云いかね  反対もできかね  ものやら、決しかね  全然そうとも決しかね  目を眩しかね  水を撒くとかね  中村屋ファンのかね  先輩でもあってかね  原料高に堪えかね  我々はかね  一つにはかね  お断りしかね  進少年は、かね  辞退しかね  情人にもしたので殺しかね  返事しかね  結果何れとも定めかね  ことをするか分りかね  問いに答えかね  びっくりしたが、かね  其処を立去りかね  活計が立ちかね  依頼に応じかね  金時はかね  事に決す、かね  抱へかね  われもろしと知りぬ別れかね  纏りかね  元就はかね  雨風をだに防ぎかね  誤訳をやりかね  手は出しかね  公使はかね  同様で、かね  すんでのこっておっかね  このごろおっかね  修行をかね  刃を受けかね  反対も出来かね  頬ずりしかね  氣質はかね  脚はかね  ところをかね  何ゆえともわかりかね  決心もつきかね  分別致しかね  ようで出来かね  厭だとはいいかね  島田はかね  どっちでも遣りかね  注意を払いかね  くせに飛乗りでもしかね  清岡は定めかね  あけすけには問いかね  すのかね  視力とをかね  にわかれかね  等は別れかね  最後まで別れかね  からかつて怒らせて見たり、また時にはかね  縊りかね  話は、かね  虫の焦つを抑へかね  誰も近づきかね  先へは進みかね  范志清がかね  そばを離れかね  継子さんはかね  食堂へ出なけれやまづいかね  図に当たりかね  傷手に堪えかね  興行はお休みかね  なほ別れかね  枯野とはしつ伸びかね  其處で別れかね  一夜を忘れかね  今さら棄つるに忍びかね  勤もかね  愚妻などもかね  結果になりかね  音を立てて引き開けられかね  朝は、出かけていくべきだろうか、ときめかね  印象をひき起こしかね  印象を与えかね  のはかれもかね  相方はかね  何となく立ち去りかね  海が、かね  一人を殺しかね  邪魔になると殺しかね  五郎三郎もかね  奥を測りかね  綾衣もかね  主からもかね  私に別れかね  其處で尚ほ別れかね  事情はわかりかね  さを耐えかね  詫をかね  志通じかね  御礼千万語言にかへかね  深水は、かね  自分をおさえかね  貫らぬきかね  ニ認候間、はたしてわかりかね  平作はかね  一人はかね  船長はかね  苦痛に堪へかね  圧政に堪へかね  限り車裂きにも致しかね  シドチは諦めかね  所とも分りかね  ミゲル提督は心もとなく、別れかね  白石で、かね  侵略も致しかね  意が解しかね  用さえ弁じかね  西宮も慰めかね  判然とは答えかね  顔つき格向もかね  顔はかね  良人に知られじ、知らさじと、思ひかね  手がかりも、慰めかね  汗が出かね  手に入れかね  木樵でかね  際に、堪えかね  つもりでしたが、それでもやはり、忘れかね  ことは実際ありかね  党員にて、かね  事情さえ許すならば、やりかね  婦人でも、決して為かね  何となく捨てかね  しかし、帰りたくないとは言いかね  気持を計りかね  昔にかえれと言いかね  文化団体とかのやりかね  意味をかね  のはどうかね  深みへも落しかね  貞夫もはや重く抱かれかね  出でかね  心にわかに料りかね  煙草すら吸いかね  はいいかね  生血でも啜りかね  一人が、見るに耐えかね  彼は、かね  普段はかね  やり取りもしかね  卜伝より、かね  苦痛に耐えかね  旅には耐えかね  気持をはかりかね  あんたには、ちとわかりかね  お祖母さんのやりかね  自分を忘れかね  対立になるが、それでもいいかね  用件旁視察をかね  鞍に堪へかね  今更に分ちかね  さへなりかね  東洋人を捕らえかね  見分けがつきかね  フランクは憤りをこらえかね  警備隊とのかね  彼はたえかね  宿題として、決めかね  徒歩いかね  扶持を取りかね  距離しか近づきかね  底を潜りかね  一騒動起しかね  絶交でもしかね  口に出しては何とも言いかね  送別会をかね  信をおきかね  言ふまでもなし、をのかかね  希望には応じかね  頬返しを附けかね  払ッてもまた去りかね  嫉妬も言いかね  所に居かね  事に聞きかね  身を護りかね  イキナリ腰をかけかね  眺望をかね  肚を悟りかね  笑い顔だけでは反らしかね  先刻から話にとらわれて起ちかね  いつか頼もうと思っていたが、つい、いい出しかね  意志を測りかね  ケジメもつけかね  藤沢過ぎかね  見当もつきかね  辛抱しかね  俥を追ひかね  荒涼に堪えかね  井戸掘りかね  何だか云いかね  本当だか分りかね  それから、堪へかね  葉藏は沸きかへる思ひに堪へかね  質問を出しかね  冷水を、とも言いかね  事実としてありかね  私は信じかね  それを見い見い、やはり死んだかと、信じかね  死児をみると、どうも諦めかね  ことを繰り返し、あきらめかね  愛を捨てかね  激動に堪えかね  其威に打たれ、何とも測りかね  のに堪えかね  遠く見失いかね  国を去りかね  挙ぐるに挙げかね  過言にも聞えかね  筈だし、また、かね  腹におさまりかね  むりにやぶいて捨てろとも言いかね  私にはうけあいかね  私には出来かね  んだ、とは言いかね  光景を解しかね  中納言藤原泰文は、かね  泰文はかね  のを面白くなく思っていたが、さすがにそうは言いだしかね  銚子をどうかね  豊が立ちかね  顔つきをしていたがさすがになお強いてとも言いかね  胸には持ちかね  思い入ってはこらえかね  秩父刀禰とはかね  今は包みかね  自分もかね  御返事を致しかね  方へ申し込めりともいひかね  手腕はかね  ところによると、かね  中気、とも言いかね  最期とかね  待合なぞへとは言いかね  最期のかね  業通によって、かね  氣をかね  ことを尋ねかね  恒夫はまだはっきり信じかね  それを為しかね  基にもなりかね  泉親平に劣らず、かね  両者を誅すべきはかね  圧迫に堪へかね  これはやはり、かね  耳にもはひり、かね  附せらる、かね  病が復したいと、かね  一なぐられかね  県はかね  何と、はあ、おっかね  気づまりさに耐えかね  男とはどうしても信じかね  死ぬのかね  却けかね  夜彼は帰ると、かね  月をみて慰めかね  ゆかないかね  雪になってもかね  家にはどうにも納まりかね  気持ちをおさえかね  のをおさえかね  帆村は、かね  ことはさすがに為しかね  袋を開きかね  蚊帳にとまりかね  老人はかね  ことは出来かね  辛抱に堪えかね  儀もかね  グズ弁はかね  みなさんもかね  旅行法が考えられなければならないと思い、かね  安心がなりかね  あたりを去りかね  願望、好いかね  奴なら遣りかね  形になりかね  廊下へ、どすんと坐りかね  逆縁ながら、といっては間違いかね  著者のかね  大分高価につくが、いいかね  チンピラ小動物に心得て、かね  話では、かね  らくで、かね  保養をかね  これ余輩のかね  疎外に堪えかね  鯉坂君は、かね  速度はかね  気合を避けかね  私にはハッキリとわかりかね  ことについては、かね  これまでかね  加減まで、かね  ここでげらげら笑い出して、かね  ノルデンスキョルド男でさえもさすがゆきかね  荷重に堪えかね  心中しかね  出身なのでかね  南阿かね  ちょっと付きかね  それは堪えかね  芝居でもやりかね  処遇に抗しかね  彼らは今や堪えかね  胸に据えかね  蔭口をいっているであろうとは、かね  のは、どうも判りかね  返事を出しかね  雙喜は終に堪えかね  贊成しかね  わたしに入りかね  程を計りかね  のかを決しかね  野心を捨てかね  手前どもには分りかね  一しょに殺りました、と云いかね  一隅にかね  勢力になりかね  離別し、かね  ヤスはかね  ものはかね  披露し、かね  憂鬱にさも堪へかね  のを、かね  試運転をかね  異変が起りかね  畑中はかね  その後はかね  時計屋敷はおっかね  盃をことわりかね  武力にも訴えかね  店座敷を離れかね  半蔵はかね  位置から去りかね  いつまでも忘れかね  江戸に迎えて見ると、かね  自由行動をも執りかね  街道筋を出歩くなとは、かね  ことを言い出しかね  方へでも行きかね  ことを言わせかね  中に有りかね  ようにとは、かね  もの、かね  人殺しぐらいはやりかね  訪問はかね  医者をかね  母はかね  草雪はかね  男はかね  おれは堪へかね  取扱いにはかね  三枝子さんにかね  証拠になりかね  粥とも誂えかね  一様に斬り殺しかね  時機をかね  省作はなお起きかね  手前をかね  まねをやりかね  のさとは言いかね  危険をも犯しかね  蛇とをかね  悲しみに堪へかね  喜兵衛とはかね  参上つかまつりかね  旨はかね  おわびをかね  全然見当がつきかね  苦悶には堪えかね  手で収まりがつきかね  下船を命じかね  次第を尋ねかね  タンネンにめくりかね  笑いをせきとめかね  作業がかね  こは、かね  解かりかね  意を去りかね  タタキ殺しかね  事は云いかね  通はかね  団十郎ともかね  お前おとなしくしておいでかね  なにがなにやらふにおちかね  母が溜まりかね  不審にたえかね  ことはなりかね  右門はこらえかね  車もひっくり返りかね  それは言いだしかね  人殺しすらやりかね  ことがおっかね  自責にこらえかね  憫笑を洩らしかね  つては、殴りつけもしかね  ベシイは忘れかね  ゅうどろどろと消えてなくなるなんて、ちっとも小さかね  唾も吐きかけかね  あいもしかね  座に堪えかね  自動車に守られて、かね  輕蔑したと思はれはせぬかと、直ぐにも出しかね  捉まつて出懸けかね  告白に堪へかね  痛みに堪へかね  心が解りかね  中にも忘れかね  苦しみにたへかね  怒りにたへかね  痛苦に堪へかね  それが忘れかね  辰、おっかね  だっても、隠しておくとおっかね  法はござんすまいかね  足をはこびかね  通夜に行ったって、こんなに悲しかね  百万石だろうとこわかね  方も、かね  蚤多く眠りかね  軽蔑したと思はれはせぬかと、直ぐにも出しかね  のがおっかね  さにこらえかね  のにはおっかね  彼女もかね  迷惑だとかね  布令でも出かね  なんだとかおっかね  貧ゆえに育てかね  ところをみると、あのおっかね  妻、かね  ほども計りかね  いっしょになって、おっかね  これほど小さかね  力ずくでもひっぱりだしかね  ひとりふたり、殺しかね  我らもかね  応急救援所をかね  まま子いじめに耐えかね  とおり、おっかね  抵当がないとお立て替えできかね  ア何がおっかね  から、おっかね  そいつだけは出来かね  ように本当によろめきかね  だってやりかね  失心状態も起りかね  剣幕をかね  からだを支えかね  ものにさせかね  銜に堪へかね  フェトンテのあつかひかね  潮も吐きかね  配給所をもかね  簡単になりかね  ことを惜しがって、立ちかね  煩雑さに堪えかね  時私は、かね  五人はかね  皆がかね  症状はかね  那珂先生はかね  芽を摘みかね  家にも居かね  少女忘れかね  包みもかね  栗子柿子はかね  たび見つる思ひかね  方向を見定めかね  のかほとんど判じかね  貯蓄もできかね  静かになりましたが、かね  始皇帝はかね  村役人はかね  事を挙げようというかね  こともいたしかね  手配はかね  ことにも、なりかね  お話も出来かね  心を解しかね  瞬間、たもちかね  私はもう堪えかね  さを凌ぎかね  無茶でも遣りかね  シビル・ヴェンを忘れかね  ハルワアドとは堪えかね  ことがおありかね  次郎左衛門に似ていて、かね  人魚、かね  深慮が解しかね  一言が忘れかね  姪伯母、かね  ここに到ってこらえかね  私どもはかね  参詣をかね  圧力に堪えかね  必要があるとお考えかね  メグはかね  それで立ち去りかね  ことしかね  変化を信じかね  凱旋門でも、こしらえかね  子供を忘れかね  盲人たちは信じかね  なぞと言いかね  国賊になりかね  命に堪へかね  あきにおもひみたれてわきかね  かくと見るより堪へかね  重量に耐えかね  恋の悶えに耐えかね  園もかね  腹の虫を抑えかね  絆を断ちかね  青年はかね  隈々には届きかね  乱暴もしかね  僕も忍びかね  古賀はかね  一身にかね  ために、かね  錯覚をもちかね  値上りに耐えかね  エフ氏よ、いよいよかね  アントニオは、かね  物ほしさからなんだってやりかね  陰謀は、かね  怒りを抑えかね  彼はわかりかね  策とも決しかね  身を扱いかね  私から申上げかね  とおり実行しかね  一体どうしたわけかね  悪態もかね  挨拶とをかね  それを深めかね  中でつきかね  用をかね  返事も出しかね  柿丘自身も、かね  意を汲みかね  弊に陥りかね  お話はできかね  十分廻りかね  あいさつをかね  眉を落しかね  いね、可いかね  印象を受けかね  記念のものだけが焼きすてかね  ヒイと、堪えかね  意嚮を量りかね  題になりかね  お祝いをかね  感じを抑えかね  顫えをおさえかね  ところから去りかね  御免と云いかね  ずたずたに引裂きかね  五分間だけだよ、いいかね  智恵が廻りかね  荒野にされてしまいかね  我慢ができかね  さは解しかね  意味かわかりかね  箸を取りかね  袋に這入って寝て睡りかね  のが、かね  座に耐えかね  毎週きっちりつい行きかね  其用もかね  草とりは出来かね  ことなのかね  ところもとりすてかね  お約束は出来かね  口も開きかね  響も忘れかね  生活意欲とは云いかね  支出をしかね  ことはやはり出来かね  舌が廻りかね  哲也は又かね  人々は慰めかね  千年をかね  お父さんに丁度よかね  こともやりかね  苛責にたえかね  腹心三名とが、かね  小林勘蔵も、かね  能十蔵は、かね  友達はかね  つもりだと、かね  二人は決しかね  私の進みかね  徳川内府が赴かるるについて、かね  さるはかね  庄太郎なるに心得られて、容易くは進みかね  心外に堪へかね  のにたへかね  徳島は、かね  妻を求めかね  九二いくよかね  三いはかきかね  七三いまだとかね  六つままぎかね  侮辱を未だ忘れかね  嘲笑しかね  口をぬらしかね  傍を離れかね  処罰されかね  先に立っておれば、荒々しくなりかね  拒絶をしかね  視線を受けかね  介錯はかね  絹もしいては勧めかね  のか、かね  嫉妬されてきて堪えかね  ところを決めかね  のか、いずれとも判じかね  俄かに判じかね  吾輩はかね  わけだ、いいかね  そこはかね  生へかね  昨日までは択びかね  気を量りかね  棟梁株とは、かね  義理をかね  終着駅にしてしまいかね  ビルマへ行きかね  人間の約束を破りかね  ちとせをかね  天皇に著かね  至つて、かね  所に到って、かね  変へてかね  彼一人はかね  首を切りかね  ルパンはかね  連中は、かね  明確申上げかね  ちょっと言い出しかね  逆上し、かね  アンバランスになりかね  私なりに書きこんでおきたいとかね  扱ひかね  転業もしかね  文芸講演をかね  老母をわすれかね  遊をかね  判定がつきかね  煩瑣にたえかね  ことが成りかね  脛も立ちかね  事代主として定めかね  十日に至ってかね  未練が棄てられかね  明治四十二年に至ってかね  神籠石についてはかね  当山にはかね  俊夫君は、かね  プラスチリンはかね  ひとつ、いいかね  イヤとも云いかね  体重を支えかね  ときスタンレー探検隊長こらへかね  意を覚りかね  手を掛けかね  意を読みかね  権右衛門もかね  心を覚りかね  謎を判じかね  由はかね  師直もかね  敵をあしらいかね  言出しかね  觀客諸君にもかね  家を出かね  自己嫌悪に堪えかね  一寸口を利きかね  ことはわかりかね  宮仕えは致しかね  アリナ夫人がかね  胸の喘ぎだけでは受け留めかね  感に堪えかね  平助もかね  うずまきにたえかね  ぶつぶつつぶやき、しばらく決しかね  夜通しでも繰り返しかね  決定致しかね  警察はかね  夕刻に近づくと、かね  事実はこうだった、いいかね  内通してかね  人をさえ殺しかね  明らかにして、かね  上つたり、紅かね  ことがおこりかね  のではあるまいか、とかね  少女に、かね  ことあるをかね  立者とはかね  ブリグスは、かね  間違いもあるし、かね  お召を拒みかね  いつまでもぐずぐず帰りかね  断念しかね  心持に堪えかね  ものだろうぐらいにはかね  いつの日のゆめとわかね  ちさへもちかね  悪意をさえ持ちかね  懐中手帳を取り出して、かね  云ひはやされるが、あるかね  恐怖にたえかね  燭台を受けかね  方ともわきまえかね  何か云い出しかね  夫人は扱いかね  父だと信じかね  ことさえしかね  千代乃は言いかね  真意が分かりかね  趣きを味わいかね  名は呼びかね  足場を得かね  ものかどうかを決しかね  事を止めかね  二つになりかね  上にかね  男こそ、かね  警察でも捨ておきかね  焼跡を去りかね  のかわかりかね  テッド隊長が聞きかね  事はやりかね  

名詞

かね[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
かねのまねをする  かねの鎖も切りや切れるなど  かねのかかった  かねのことなどで絶えず泣かされる  かねえと何かにつけて  かねがなる  かねと赤シャツが聞くと  かねにも換えられずに帰る  かねを敬称語尾に持つてゐて  かねの口からわかった  かねもほ  カネをかけ  カネをたくさん集めた  かねをうらむも  かねが参ったと  かねが往って呉れ  かねをたたく  カネの輪の飾りが填めこんでありまして  かねをもらって来た  かねあひ  かねという親子が久しく住んでいたが  かねの生きてる  かねはしない  かねは膳の上にて聞き  かねが女中に来ていた  かねが大裏の物置小屋で死児を産んだという  かねのことが気にかかり  かねは長持に入れられ  かねなどと妙な事を聞く  かねがなって  かねのついた  かねはある  かねがあるか  かねは作ればできる  かねのことを晩鐘って言う  かねにしないか  かねも鳴る  かねのことは覚えてるわ  かねが鳴っていた  かねの音を目当てに歩き出した  かねあひに  かねばならぬ  かねが泣きて  かねをおとしたるも  かねがねてまえに  かねもふんだんに費わせておいたであろうが  かねだといやがる  かねとして費える  かねの射す  かねだを橋がかりで歩行いた  かねの台があって  カネやタイコで探す  かねは取ってやしない  かねをやらなかった  かねの緒に結びつけてあった  かねがなくて学校を休むとか  かねも先払いで貰っているという  かねもなければ実力も欠いてきた  かねやら賭物をうごかす  かねでできてるね  かねになる  かねの細鱗を畳んで  かねをぶつけたので  かねに糸目をつけず  かねをもった  かねやたいこをならして  かねと云ふ  かねにかけておよばぬどる  かねにいたくおとれるどる  かねの声々田間一路横にゆく  かねの擬宝珠のついた古ぼけた  かねは身請けされて  かねのない人達がどんなことをしようとやろうと  かねやたいこを鳴らして  かねはお寺でかりてきました  かねやたいこはたたかれ  かねあひから出る  かねを根気よく繰返し得る  かねに適した  かねそなわった人物だといっていました  かねばならない  かねと客が訊く  かねで買うと  かねをもってるよ  かねも恰好が違つてゐますよ  かねの猫にあらねば  かねも格好が違っていますよ  かねが時々鎌を下げてやって来た  かねはそれきり諦めて  かねも交っていた  かねは男にも負けない  かねが拵えておいた  かねじゃなんねい  かねとも言つて平安朝まで残つてゐるが  かねを鳴らせばごまかせます  

~ かね[名詞]1
切りや切れるよかねの  ほんねんのかねは  融通したかねの  お寺のかね  幾尋あるかねと  正式にはかねを  蔦紅葉からかねの  女中のかねの  靈魂もかねも  ばく大なカネを  芳町のかねが  ニツケルかのカネの  一番のかね  東京へも行きかねは  九時のかねは  授業のかねが  いま鳴るかねは  夕方のかねの  これをかねに  七宝寺のかねも  祈祷のかねが  わたしたちはかねの  力のかね  立ちのかねば  仲店のかね  足をのせるかねの  投手をカネや  数千貫のかねやら  火切石にかねを  たいこやかねを  つたのかねと  誰しろかねにかけて  問ふべかりしをしろかねに  むかしつけたるかねの  支柱にからかねの  磯寺のかねに  修辞上のかね  情のかね  願ひしてをかねば  あんたは思ふかねと  つてゐるかねも  空間を埋めてゐたカネの  中にぶら下がっているかねも  百両千両のかねでは  

~ かね[名詞]2
たしかかね  このカネ  なんとかね  ちいさなかね  初めてかね  いいかね  小さなかね  よしカネ  イイカネ  そのかね  いよいよかね  どうしてかね  たいしたかね  数多かね  さようかね  同じかね  あのかね  ないかね  さるかね  ぬうっとかね  はじめてかね  どんなにかね  

複合名詞
かね合  かね横臥  大阪かね  秋かね  かねツ  カネシロ  カネシロさん  お待ちかね  きり夜一夜かね  関東かね  白かね色  治小かね馬作  野掛かね  カネガ  カネカラ  名古屋かね  かねの  かねさん  白鷺かね  ものカネ  音かね  かね位  君勇かね  かね婆さん  目ガネちがい  殿様お待ちかね  針ガネ  一千言ほうたんやしろかね  卯花画白かね  かね勾配  かねめ  カネ万  料亭カネ万  当節カネ  シロカネ屋  大助かね  白かね  張鳳かね  ほりかね  夏かね  結局カネ  伊良湖かね  かね屋  かね言  察申升かね  かねもち  三十九かね  門かね  かね叩き百日  馬かね  カネ久  かねそのもの  かねお松さん  ボアローかね  カネボー  塩山かね  二十六七かね  サンフランシスコかね  かねあい  かねちゃん  風吹かねども冷気冬  日本かね  雁かね  かね君  木綿かね  かね余  こと心やりかね出  なに丸かね  木魚カネその他楽器  かねお嬢さん  皆さまお待ちかね  防塵目ガネ  かね様  待かね  かね也  ウィーンかね  英領ギニアかね  カネの  かね黒  沢山かね  たちかね申  近道かね  トウホンかね  東京かね  



前後の言葉をピックアップ
鹿沼  カヌー  兼ねん  河根  かね      兼ね  カネアイ  兼ね合い


動詞をランダムでピックアップ
打ち取る浸かる覆えうちつれ抜きとりうるおおきけ撥ねつける招かねらわれあふれる散らさ収まる接せ悄気返れさげすみならわさ這入りはやめいいかえし
形容詞をランダムでピックアップ
人恋しい良かろ薄汚く愚かしけれ心苦しくうとあどけないくすぐったかっ憎かっ弱々しかっこす辛い浅ましくっ情深くほしゅうおもたき潔ううやうやしきなめくぎこちないやんごとなき