「兼ね」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 兼ね[動詞]
注文をいひだし兼ね  汁の実に入れ兼ね  自分一人で兼ね  水を兼ね  耐うべく、兼ね  光には付き兼ね  秘書を兼ね  其用事を兼ね  傷に堪え兼ね  歩行も成り兼ね  西比利亜に及ぼし、兼ね  図をつくり、兼ね  乱酔時代からの兼ね  事務室を兼ね  けいこを兼ね  勉強を兼ね  祕書を兼ね  それは申し上げ兼ね  苦しみに堪へ兼ね  居間をも兼ね  気を兼ね  事務所を兼ね  これらを兼ね  ネネムはとうとう堪え兼ね  ちょっと見きわめがつき兼ね  まり混雑するので、乗ろうか乗るまいかと決し兼ね  流石にそうとは云い兼ね  いふ場合を兼ね  年占などを兼ね  殖ゆは勿論触るを兼ね  これらすべてを兼ね  支持者で、兼ね  私も判り兼ね  心をも兼ね  情死もし兼ね  完うし、兼ね  俳句を兼ね  二枚目を兼ね  ことは兼ね  留守番を兼ね  酷使に堪え兼ね  風流とを兼ね  二者を兼ね  品を決し兼ね  病院を兼ね  我慢し兼ね  荒物屋を兼ね  事でもやり兼ね  ホールを兼ね  管理を兼ね  覧古を兼ね  宮廷神に仕へ、兼ね  宮廷神に仕え、兼ね  支配さへ出来兼ね  ことを兼ね  子を慰め兼ね  感心に堪え兼ね  子を遊ばせ兼ね  もう少し何とかしてやりたいと諦め兼ね  智識を兼ね  捜査部長を兼ね  糧を兼ね  無遠慮には踏込み兼ね  気分は、兼ね  提擧市舶をも兼ね  福建廣東招撫使に進め、兼ね  祝いを兼ね  間で、兼ね  何でも兼ね  料理屋を兼ね  町奉行を兼ね  実証的研究から孤立さえし兼ね  號令壇を兼ね  學務委員を兼ね  校長を兼ね  号令壇を兼ね  学務委員を兼ね  客間を兼ね  事は出来兼ね  資質を兼ね  お話し致し兼ね  殿はとうとうこらえ兼ね  急にこらえ兼ね  自分ひとりでは決し兼ね  裡におさえ兼ね  色さえわかり兼ね  忖度いたし兼ね  私はどうかするとなり兼ね  動物学者で兼ね  二つとも兼ね  ましを兼ね  信頼を兼ね  差入屋を兼ね  幹事を兼ね  ホテルを兼ね  力あるのみならず兼ね  それまでには及び兼ね  勁敵を恐れて、兼ね  のあまりに兼ね  弊をも兼ね  ためにし、兼ね  旧友を忘れざるのみならず、兼ね  口入れも兼ね  医者を兼ね  觀覽船を兼ね  町會議員をも兼ね  荒魂和魂雙つながら兼ね  把り兼ね  わたくしにもわかり兼ね  小間物屋を兼ね  バットを捨て兼ね  薬局生を兼ね  眞意を測り兼ね  心持を測り兼ね  やうを測り兼ね  際には、兼ね  妙に諦め兼ね  我慢がなり兼ね  土地に離れ兼ね  腑に落ち兼ね  周子は堪え兼ね  話を兼ね  耐り兼ね  黙視し兼ね  宿を兼ね  居間を兼ね  六合を兼ね  法水はこらえ兼ね  讃称とを兼ね  涵養とを兼ね  鎮静を兼ね  自ら監督を兼ね  作者を兼ね  秩序を正し、兼ね  誅求に堪え兼ね  郷里に置き兼ね  彼ら多くは兼ね  土器を焼き、兼ね  しわ屋を兼ね  勝を兼ね  女中を兼ね  僕を殺し兼ね  やり口を兼ね  狂気でもし兼ね  けじめがつき兼ね  非我が兼ね  病室を兼ね  意味を兼ね  決心がつき兼ね  警察医を兼ね  天才とを兼ね  なかった人だけに、さすがにいい兼ね  まごまごして附け兼ね  見当がつき兼ね  殿も仰せ兼ね  徴税吏をも兼ね  牧を兼ね  役目とを兼ね  母をも兼ね  役をも兼ね  校外監督を兼ね  旅館も兼ね  料理屋女郎屋も兼ね  衆を兼ね  半ば休養を兼ね  事を忘れ兼ね  役所をも兼ね  担当し、兼ね  陰陽師を兼ね  天文博士を兼ね  綿はのばし兼ね  散歩を兼ね  形態を取ったりさえし兼ね  タバコ屋とを兼ね  食堂とを兼ね  親愛に兼ね  から、しっかりとはわかり兼ね  意義を兼ね  場合を兼ね  大小を兼ね  あたりを兼ね  用を兼ね  新婚旅行を兼ね  味ひを兼ね  ところでは申し兼ね  智勇胆略の兼ね  芸者の小兼ね  縁を切り兼ね  私共にも下され兼ね  二つを兼ね  ことはあり兼ね  糊口がし兼ね  舞臺開を兼ね  好意には敵し兼ね  旅館を兼ね  葉子は兼ね  今までとつおいつ捨て兼ね  名前までは申し上げ兼ね  院長はたうたうこらえ兼ね  救済し兼ね  顔を包んで、兼ね  喜三郎はとうとう堪え兼ね  花形を兼ね  妾を兼ね  無聊に堪へ兼ね  銀行とは、兼ね  任に当り兼ね  夜はきっと、兼ね  サンティマンタアルになり兼ね  さに堪え兼ね  上に兼ね  機会を得ようと兼ね  色彩感覺とを兼ね  発狂し兼ね  氣を兼ね  到達し兼ね  案内を兼ね  噛着き兼ね  水陸を兼ね  敵に兼ね  商用を兼ね  印象を忘れ兼ね  大元帥を兼ね  挨拶を兼ね  神とに兼ね  二つの意味を兼ね  其両方を兼ね  天ぷら屋を兼ね  煙草屋を兼ね  脱出し兼ね  來つた徑路を示し、兼ね  肉体的とを兼ね  訳にも参り兼ね  僕には信じ兼ね  気持に乗り兼ね  所とを兼ね  上でなければ何とも申し上げ兼ね  興行家とを兼ね  上一人で兼ね  従属せしめようと仕兼ね  小遣取りを兼ね  さに耐え兼ね  人を殺し兼ね  むるに利して兼ね  応用し、兼ね  朝顔を愛し、兼ね  流れをも溯るべく、兼ね  一つ朝賀式とを兼ね  ヒュッテも欲しいと兼ね兼ね  役まで兼ね  用向を兼ね  買物を兼ね  から保養を兼ね  薪を兼ね  命まで取り兼ね  個想をも兼ね  ガルスワーシーはなお受取り兼ね  ひと夜を凌ぎ兼ね  儀も兼ね  助はこらえ兼ね  心を測り兼ね  遠慮して、まだ入り兼ね  さに堪へ兼ね  ちょっとわかり兼ね  骨休めを兼ね  挨拶に兼ね  叙情を語り兼ね  一身に兼ね  相談所とを兼ね  助は入り兼ね  豊は、しばらく立去り兼ね  姉夫慷慨にして兼ね  混雑致しまして、行届き兼ね  から行届き兼ね  寝室を兼ね  東京連絡所を兼ね  模範と、二つながら兼ね  大名になり兼ね  承服し兼ね  喰はせ兼ね  何時でもやり兼ね  關り兼ね  塗り消してもしまひ兼ね  言ひ兼ね  魔除を兼ね  出入りを司り、兼ね  人頭税取立てとを兼ね  革命記念日を兼ね  酒一斗はとても入り兼ね  怺え兼ね  小僧も兼ね  兵馬はついに堪え兼ね  浅瀬を計り兼ね  文士とを兼ね  農を兼ね  作業を兼ね  連島から見本を兼ね  附合いは致し兼ね  主人にはよくわかり兼ね  占者を兼ね  用向きを云い出し兼ね  気ちがいにでもなり兼ね  捉り兼ね  意見であるけれども、まだそうも言い出し兼ね  心をきめ兼ね  光もさっぱり届き兼ね  一寸見當がつき兼ね  働きを兼ね  何れがよいかまだ決し兼ね  主筆を兼ね  みな計り兼ね  仕草を見ていたが、とうとう堪え兼ね  冒険趣味とを兼ね  陸海軍奉行を兼ね  拝見を兼ね  水遊びを兼ね  娯楽施設を、兼ね  主膳は堪え兼ね  殺しにも仕兼ね  手込めにし兼ね  金助もついに堪え兼ね  高等とを兼ね  いくら木戸博士と仰ぐにしても、聞き捨てになり兼ね  美奈子は堪へ兼ね  代理をも兼ね  予習を兼ね  下宿を兼ね  食ひ兼ね  氣に堪へ兼ね  汲取屋をも兼ね  別当を兼ね  益州牧を兼ね  以前から司隷校尉をも兼ね  職を兼ね  倉庫とを兼ね  発表祝賀会を兼ね  情意を兼ね  見当は、どうもわかり兼ね  一寸手を下し兼ね  送別を兼ね  これをやり兼ね  ものを見せると、堪え兼ね  ことはやり兼ね  警部補が堪兼ね  祝を兼ね  商売を兼ね  主人も堪兼ね  一人で兼ね  伝染病院を兼ね  うちに兼ね  家を支えて兼ね  泥棒でも仕兼ね  参詣を兼ね  用心棒を兼ね  師範役を兼ね  動悸今猶静め兼ね  通知を兼ね  さとを兼ね  日向三国主、兼ね  子分は聞き兼ね  留守居を兼ね  ちょっと測り兼ね  名所見物を兼ね  それの御報じも兼ね  何とも申し上げ兼ね  事はやり兼ね  外務書記官を兼ね  百姓とを兼ね  お茶屋を兼ね  帆村は兼ね  名前は兼ね  お礼参りを兼ね  助太刀をも兼ね  判定し兼ね  手では間に合い兼ね  儒を兼ね  資を兼ね  腹に据え兼ね  さをこらえていたが、とうとうこらえ兼ね  粧飾用を兼ね  酒保を兼ね  蚊一つに施し兼ね  気焔を吐き兼ね  体格であり、兼ね  充分には判り兼ね  そのまま堪え兼ね  人間を呑み兼ね  相手が兼ね  一番の兼ね  チベットとは言い出し兼ね  さに堪兼ね  敵意にも紛い兼ね  外国奉行を兼ね  私は、あの誠に申し兼ね  移転通知を兼ね  引受け致し兼ね  二人が、兼ね  捉へ兼ね  ジョバンニがこらえ兼ね  異議は唱え兼ね  ことは仕兼ね  発展もでき兼ね  ジヨバンニがこらへ兼ね  慰安とを兼ね  剣術稽古を兼ね  剣術修行を兼ね  帰任とを兼ね  判断し兼ね  才文武を兼ね  却って人目に立ち兼ね  バルタザアルには解し兼ね  恋をし兼ね  ヤリテ婆アを兼ね  料理屋とを兼ね  手前を兼ね  答へ兼ね  ちょっと手を出し兼ね  辞を兼ね  舞台監督とを兼ね  気違いにでもなり兼ね  風呂をもらいに行き、兼ね  それを聞くと何となしに、そわそわとなって落ちつき兼ね  おわびをし、兼ね  空腹に堪え兼ね  ことは、兼ね  意味を解し兼ね  こと、兼ね  冒険とを兼ね  兼吉もことわり兼ね  美人局でもやり兼ね  金兵衛が聞き兼ね  留別を兼ね  即座にも答え兼ね  一つ出来たら書き、若し出来兼ね  駄菓子屋とを兼ね  無理にとも申し兼ね  それはどうも判り兼ね  豊は見すごし兼ね  海底の、兼ね  布告されますと同時に、兼ね  節は、兼ね  モンストン君、兼ね  巫女とを兼ね  お雪ちゃんはあしらい兼ね  目附とを兼ね  今、堪え兼ね  痴話が長いので、堪え兼ね  送別とを兼ね  監視役とを兼ね  操作を兼ね  休み茶屋を兼ね  人達にはどうも判り兼ね  ことも判り兼ね  そこははっきり判り兼ね  仕出し屋を兼ね  無下にことわり兼ね  わたくしにも判り兼ね  相良氏が、兼ね  辺はどうも判り兼ね  用達しを兼ね  見当が付き兼ね  ことを忘れ兼ね  肚をはっきりと決め兼ね  商人宿を兼ね  あらわに云い出し兼ね  要路を兼ね  実用とを兼ね  寺男を兼ね  御見舞を兼ね  復讐を兼ね  こともなり兼ね  技能を兼ね  出立もし兼ね  ことをやり兼ね  お松が聞き兼ね  講師をも兼ね  練習を兼ね  家康をさえ食い兼ね  駒井は、いよいよ深く解し兼ね  反芻とを兼ね  まことに申し兼ね  一軒料理屋を兼ね  出しも兼ね  援助は致し兼ね  申しわけを兼ね  誓約を兼ね  日に、兼ね  追求し、兼ね  侍従をも兼ね  詫とを兼ね  美作権介を兼ね  静寂とを兼ね  甥は、兼ね  手ごめにでもし兼ね  腹を据え兼ね  色について兼ね  槍を手挟んで、兼ね  手がまわり兼ね  博覧会見物を兼ね  教師を兼ね  一人にて兼ね  独逸領事を兼ね  兵馬も全くあしらい兼ね  腰を抜かし兼ね  あるじになり兼ね  看護を兼ね  無遠慮にもおとない兼ね  形容と兼ね  ちょっと見当がつき兼ね  ことはなし兼ね  わたくしだけでは計らい兼ね  わたくし一個では計らい兼ね  運びまで行き兼ね  責任者を兼ね  おためごかしを兼ね  小道具しらべを兼ね  商務官とを兼ね  至候ては何分通じ兼ね  場合ではやり兼ね  僕もやり兼ね  大数学者が兼ね  物を兼ね  午飯は兼ね  何れをも兼ね  仙郷的の幽を兼ね  洵に申し兼ね  出発祝を兼ね  首も売り兼ね  財とに兼ね  劇作家を兼ね  これは多分、兼ね  世間を兼ね  船頭共だけであしらい兼ね  探索をも兼ね  手を見せ兼ね  三鳥をも兼ね  高野山へ隠れるとかなんとかおっしゃり兼ね  ことは、仕兼ね  差別がつき兼ね  乱入し兼ね  用事を兼ね  方が追いつき兼ね  報告を兼ね  休息とを兼ね  ものと兼ね  弊に堪え兼ね  斬罪にされ兼ね  装飾を兼ね  参謀総長を兼ね  盃でも受け兼ね  根城に仕兼ね  拙者も兼ね  ことですから、行届き兼ね  出世し兼ね  言ひ出し兼ね  私も兼ね  自然決心もなり兼ね  芳名は兼ね  私は兼ね  かば遊女屋を兼ね  逃出し兼ね  蔵人を兼ね  深津二郡を兼ね  ように投げすててしまい兼ね  返事を兼ね  なかった謝罪も兼ね  左中弁を兼ね  弁信も否み兼ね  意味も兼ね  鬱憤を兼ね  村正氏は、立去りもし兼ね  物語をも演じ兼ね  鉄拳が飛び兼ね  ことになり兼ね  相談を兼ね  洋妾にもなり兼ね  教授方をも兼ね  避寒を兼ね  労働婦を兼ね  死刑執行人とを兼ね  大将を兼ね  大納言を兼ね  官も兼ね  中将も兼ね  白井が兼ね  紀行を兼ね  中食した、兼ね  今迄近づき兼ね  左大将を兼ね  即答がなり兼ね  すべてを兼ね  お祝いを兼ね  それを兼ね  機嫌伺いを兼ね  助も食い兼ね  飢えに堪え兼ね  決断し兼ね  青年をあしらい兼ね  保養とを兼ね  別当をも兼ね  眼を読み兼ね  将監をも兼ね  くしではわかり兼ね  人物で兼ね  信仰とを兼ね  広告とを兼ね  風邪見舞とを兼ね  糾弾を兼ね  重味にさえ堪え兼ね  運らし兼ね  加へ兼ね  菊五郎が兼ね  割烹を兼ね  賑わいをも兼ね  見舞いを兼ね  婦人となり、兼ね  店主を兼ね  理解し兼ね  係長は捨て兼ね  擁護者であり、兼ね  出席を兼ね  卒となると果し兼ね  恩惠を忘れ兼ね  自分を見るや、兼ね  事は、兼ね  見舞を兼ね  両者を兼ね  急には、わかり兼ね  田舎とを兼ね  事になり兼ね  実験を兼ね  下僕を兼ね  ッと飛び立ち兼ね  慶を兼ね  医者じゃないが、受け合い兼ね  イス式を兼ね  処に永く留まれと命じ、兼ね  倶舎を兼ね  味渋みに甘きを兼ね  随い兼ね  軟派を兼ね  工場を兼ね  ものにし兼ね  小作農も兼ね  軟派と兼ね  キリストの復活を比べ、兼ね  烏鶏二つながら兼ね  勘定無一文とは兼ね  両義を兼ね  圧迫に耐え兼ね  彼者堪兼ね  官僚を兼ね  教員を兼ね  土地会社を兼ね  披露を兼ね  自分ながら解り兼ね  續くるにも堪へ兼ね  学校を兼ね  喜劇をも兼ね  女人を使い兼ね  使ひ兼ね  空腹に堪へ兼ね  間には合い兼ね  韻語に長じ、兼ね  催促し兼ね  病気見舞を兼ね  応接間を兼ね  力三十人を兼ね  商売用を兼ね  中央地方を兼ね  歎き死にもなさり兼ね  まま町へ出て、兼ね  一纏めにして、兼ね  両方を兼ね  哲学者を兼ね  入口を兼ね  スエーデン王を兼ね  県立図書館長を兼ね  誘惑に打ちかち兼ね  旅僧は耐え兼ね  耐へ兼ね  隣人をも兼ね  汁粉屋などを兼ね  六匹を兼ね  先まで出たが、云いだし兼ね  見送りと持出しを兼ね  文字で兼ね  条件を兼ね  牽引と走駆とを兼ね  盃を兼ね  文芸とを兼ね  出獄歓迎を兼ね  歓迎を兼ね  場合さえ起り兼ね  前に兼ね  教師とを兼ね  さに、兼ね  祝意を兼ね  泣寝入りになり兼ね  自殺をも仕兼ね  料理番を兼ね  慰めとを兼ね  挨拶もし兼ね  今はこらえ兼ね  何も至り兼ね  前を立ち去り兼ね  顕微鏡で測ってみると、兼ね  哀傷の思ひに堪へ兼ね  容易に信じ兼ね  理想と兼ね  緊張に堪へ兼ね  こともし兼ね  自殺もし兼ね  云ひ兼ね  ことを仕兼ね  旅籠屋とを兼ね  訪問者も断りも兼ね  から思ひ兼ね  んですが、それで誠に申し兼ね  旅籠を兼ね  判断が付き兼ね  哲学大家で兼ね  儒学を兼ね  侮辱に堪え兼ね  三つを兼ね  傾きを生じ兼ね  脇差だけは離し兼ね  不安はなかなかに消え兼ね  重みにたえ兼ね  収容し兼ね  三進も行かねえとなりゃ、こりゃァやり兼ね  講元を兼ね  事実で、兼ね  事にもあずかり、兼ね  収歛誅求に堪え兼ね  国造が兼ね  スペースを兼ね  手を出し兼ね  飯炊とを兼ね  今はまだ決し兼ね  様とを兼ね  事に就きて兼ね  政権を兼ね  かばねを兼ね  世話を兼ね  言葉としては、少々受け取り兼ね  それぞれ両性を兼ね  幹部を兼ね  都合と喜びまして、兼ね  懐を探って、兼ね  一行は思い悩んで決し兼ね  礼を兼ね  農会長とを兼ね  細君は悪いとも云い兼ね  伴なう倦怠とを兼ね  重役を兼ね  降誕会を兼ね  剣道師範役を兼ね  朝晝を兼ね  さも兼ね  運びとともに、またうなだれて、堪兼ね  嘱託医をも兼ね  漁祝とを兼ね  祭礼とを兼ね  姿をも、兼ね  帰らないで、上ってはどうかと、言いだし兼ね  藉してくれとは、言い出し兼ね  古道具屋を兼ね  利発とは少々申し兼ね  三斎様とは兼ね  候訣には参り兼ね  一味のよし、兼ね  客間に這入り兼ね  逆立くらいやり兼ね  待合所を兼ね  二人は遂に堪へ兼ね  滑稽感を抱き兼ね  八つ裂きにし兼ね  愁嘆ゆえ申し上げ兼ね  ことなり兼ね  こともやり兼ね  奇妙に兼ね  怪我も仕兼ね  ように通って来るというので、兼ね  開場式を兼ね  雑貨店を兼ね  吸ひ兼ね  私も堪え兼ね  餅をお持ちになっておりますか、誠に申し兼ね  なをそふと兼ね  小さな切符売場を兼ね  事をも兼ね  代参を兼ね  事もし兼ね  ロケットに乗って飛び出し、兼ね  心はかり兼ね  これにて兼ね  伝三腹を据え兼ね  完成し、兼ね  身に兼ね  ことでもしおおせ兼ね  社務所を兼ね  水茶屋を兼ね  旅宿屋を兼ね  お伴をいたし兼ね  文化を忘れ兼ね  筆耕生活に堪へ兼ね  年波に敵し兼ね  役割を兼ね  旧情を忘れ兼ね  中へ飼って置かれると、兼ね  浦は耐え兼ね  奇妙とは兼ね  仲働きとの兼ね  胆略を計り兼ね  者だと兼ね  籠めて置くと云い、兼ね  直ぐに兼ね  披露とを兼ね  相続をも兼ね  圧制に堪え兼ね  彼は兼ね  墓へ参るかは兼ね  余は兼ね  之は兼ね  工夫がなく、殺すと云って恐迫て居た、真に殺し兼ね  室の兼ね  奥底を計り兼ね  叔父も住み兼ね  叔父は兼ね  力を施し兼ね  先生も兼ね  三千ポンドで丁度、兼ね  少年が、兼ね  事情を聞きましたが、兼ね  工夫が有ると云い兼ね  戸が明け放されて居る、兼ね  独り書斎へ忍び込んで居りますと、兼ね  映画室を兼ね  縫殿介も、うかとは答え兼ね  ことを述べて、兼ね  原稿催促とを兼ね  玄関を兼ね  問題であり、兼ね  人間が大きく太り兼ね  両性を兼ね  堅実を兼ね  心中だけは仕兼ね  私はあきらめ兼ね  ずるに申出兼ね  無礼、御叱りには測り兼ね  漁業をも兼ね  陰陽道とを兼ね  曲舞を兼ね  この世を去り兼ね  そこまで行き兼ね  者らと、兼ね  わたくしどもは、兼ね  お話は致し兼ねますが、兼ね  醜態を演じ兼ね  一煽りにも消し兼ね  陸奥守をもお兼ね  侍別当をも兼ね  左近中将を兼ね  勝事、兼ね  中にこらへて居たが、こらへ兼ね  敵意さへ抱き兼ね  文章に長じ、兼ね  焼くるを見てありしが、ついにこらえ兼ね  事、兼ね  身軽となり、兼ね  生命も棄て兼ね  強制性を兼ね  聴断し、兼ね  話も出来兼ね  説もまた捨て兼ね  小売を兼ね  そこへ兼ね  ようにさえ、なり兼ね  信用し兼ね  私どもに解り兼ね  命でもとり兼ね  家政婦やらを兼ね  一出入り仕兼ね  根性にさえなり兼ね  勘定を兼ね  三役を兼ね  質屋を兼ね  両親を兼ね  年寄役を兼ね  二十日正月を兼ね  宿とを兼ね  霊性とを兼ね  佐渡金山奉行も兼ね  これは兼ね  記者を兼ね  玄関も兼ね  請ひを兼ね  本陣問屋は兼ね  神祇官判事とを兼ね  仏参を兼ね  庄屋を兼ね  講義を兼ね  軍治には解り兼ね  天井とを兼ね  自動車屋を兼ね  監視も要し兼ね  ながらみ取りになり兼ね  梅子嬢を貰いたいと兼ね  松葉燻しぐらいにはされ兼ね  命くらいは取られ兼ね  事ですが、兼ね  旦那を兼ね  書店を兼ね  真善美を兼ね  美とを兼ね  詩が兼ね  村醫までも兼ね  千六は、兼ね  議定官を兼ね  村医までも兼ね  工夫とを兼ね  ために云い出し兼ね  判断がつき兼ね  妖婦になり兼ね  相手を殺し兼ね  博物館を兼ね  続きを演じ兼ね  貴方がたには、ちとおわかりになり兼ね  自負し兼ね  演出家を兼ね  沢田と別れ兼ね  官につき、兼ね  四月一日新婚旅行を兼ね  想いに耐え兼ね  もので、兼ね  明らかにし、兼ね  お詫びも兼ね  汚物の取片付け、兼ね  貸席を兼ね  思惑を兼ね  ヒガミを兼ね  軍事を兼ね  軍監を兼ね  側用達を兼ね  公用人をも兼ね  記者をも兼ね  三百を出し兼ね  人目を兼ね  爽かさとを兼ね  オカズを兼ね  光を兼ね  農業とを兼ね  服従し兼ね  筆を下し兼ね  二面を兼ね  風致を添えながら兼ね  運動好きで、兼ね  郷土性をも兼ね  食堂も兼ね  方面を兼ね  四つもの意味が、兼ね  心を兼ね  扱ひ兼ね  ものをも兼ね  手薄に乗じ兼ね  東京に着して、兼ね  代りをも兼ね  妾も否み兼ね  典獄は兼ね  教養とを兼ね  銜へて呑み兼ね  掏られも仕兼ね  祈りであり、兼ね  才があると、兼ね  心祝いを兼ね  展覧を兼ね  才智とを兼ね  事で、兼ね  占ひと祝言とを兼ね  ぎとを兼ね  呪言にも兼ね  呪法を兼ね  占ひを兼ね  修験者とを兼ね  方を兼ね  家中には、兼ね  思召が分かり兼ね  同意がなり兼ね  側を離れ兼ね  京橋口をも兼ね  送りを兼ね  雄勁とを兼ね  傍に兼ね  さびしさに堪兼ね  任を兼ね  匂ひをも兼ね  寝室に兼ね  いふ風に、兼ね  しるしで、兼ね  探検家を兼ね  発表とを兼ね  つて技術をもちあつかひ兼ね  毒気とを兼ね  紅葉見物を兼ね  防火線を兼ね  外へ出て、兼ね  一浴し、兼ね  技癢に堪え兼ね  行を送るに、兼ね  顔をお見上げしますと同時に、兼ね  ものを堰き止め兼ね  息子一郎を遊ばし兼ね  ように薄く、もちろんはっきりと相分り兼ね  役をも演じ兼ね  父なら盗み兼ね  お話がよくわかり兼ね  一存では計らひ兼ね  想像がつき兼ね  そこは兼ね  意見をも兼ね  傍演出者を兼ね  役と兼ね  府立女学校校長を兼ね  広告を兼ね  それは兼ね兼ね  智慧が廻り兼ね  鰻屋を兼ね  当日は兼ね  振舞はし兼ね  思つて有繋にいひ出し兼ね  職分が兼ね  



前後の言葉をピックアップ
河根  かね  かね      カネアイ  兼ね合い  兼合い  鐘鋳  金石


動詞をランダムでピックアップ
おしかけ吐ける取繕うあがり求めろ減ずる出かけれかえる留め置き残れいやしゃごわすれ込めるみそなはせ見回せ取り上げる事足らなかうたわすさみ
形容詞をランダムでピックアップ
寝苦しくっ面白からつまらなけれ堅苦し真白く手緩かっ見よく楽しいくわしく男々しく慎ましかっ腹立たしくめんどうねたまし眠たい近けれこぶか野太く淋しかっ