「かなしみ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ かなしみ[動詞]
ことをかなしみ  聲もをしまずかなしみ  ゆえなりかなしみ  歌口にかなしみ  一人でかなしみ  言ひて、かなしみ  ひとり、かなしみ  囚われをかなしみ  企画したえずかなしみ  珍重し、かなしみ  エキモスはさほどかなしみ  水をかなしみ  彼のかなしみ  猿のかなしみ  なかった人民の声、訴え、そのよろこびとかなしみ  友はかなしみ  中のかなしみ  歎きかなしみ  フェアプレイのよろこび、かなしみ  彼はかなしみ  座をかなしみ  

名詞

かなしみ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
かなしみをつけた  かなしみはよわよわしい頼り気をなびかしてゐる  かなしみはだんだんに虚無の宮殿にちかよつてゆく  かなしみにそだてられた  かなしみにつつまれた  かなしみにさそはれる  かなしみにも似て  かなしみにし  かなしみとさびしさをひとつひとつに消してゆく  かなしみを感じつ  かなしみは永久の皷吹をなして  かなしみを償ふべからず  かなしみに捕へられるかもしれなかった  かなしみにはたけき  かなしみに敗けてしまう  かなしみは女を得れば癒される  かなしみを共にする  かなしみを耐えた  かなしみにもなれ  かなしみに打ちかたれています  かなしみや恥しさを夢のようにしてしまった  かなしみがやってきました  かなしみでもあった  かなしみも察せられ出来る  かなしみとにとらわれて立って居る  かなしみのためと絶望のために青白いすごいほど美くしくなった  かなしみにとらわれて  かなしみも何にも知らぬが  かなしみも明るみにハッキリかおをだして  かなしみをはなれたら死のうとしている  かなしみをたたえて  かなしみあきくれば  かなしみこそすみわたりたる  かなしみをわれにおしへし  かなしみをめざまさむとて草いろの  かなしみは君がしめたる  かなしみは此のくるしみの  かなしみ歩いて行った  かなしみの歌も作ってやらなかった  かなしみにおぼれて  かなしみを彼に与へる  かなしみの日としてのみ己の生れた  かなしみからやうやうぬけ出た  かなしみに堪へないで黙って引かへした  かなしみに対して恨む  かなしみを思出して  かなしみをもてるが如し  かなしみの涙をながさせられると  かなしみの色を泛かべて眉の門はふかく閉ざされている  かなしみをかたる  かなしみを掩うかのように見えた  かなしみから生れる  かなしみのたねになるだけで  かなしみのためにはげた  かなしみの音の吐息ほのかにおこる  かなしみの唸あげつつ  かなしみに耄けてしまった  かなしみは拭ひあへずも  かなしみをよわき男の感ずる  かなしみ消ゆる時なしやはらかに  かなしみの玉に枕して  かなしみぞ我に来れる  かなしみはあり  かなしみのすずろなるかな白き皿拭きては  かなしみが酔ひのあひだにはっきりと浮く  かなしみに葱の香などのまじれる  かなしみよ君の嫁ぎて  かなしみのつよくいたらぬ  かなしみを味わう  かなしみに悶え  かなしみに似た  かなしみもみんなおぼしめしです  かなしみや苦しみ怒りもなやみも  かなしみと決心とをみて  かなしみがしづかに帰つて来た  かなしみの腐れたる曲の緑を如何にせ  かなしみの幽かにもののなまめきに  かなしみから来ている  かなしみうずき爆破する  かなしみがかなしみのままに終れば  かなしみの曲でうたう  かなしみを湧きた  かなしみの極で堤が切れて  かなしみを含んだ  かなしみの酔ひごこち歌あるほどは  かなしみとい  かなしみのまくらにつたふ  かなしみのいつか恐怖と変りきて思ひ乱れて  かなしみのなかにしずみきっていました  かなしみがこみあげて来ました  かなしみにおそわれました  かなしみを自分も分け背負って  かなしみをも世間はしばしばみすごしている  かなしみが混亂してこみ上げて  かなしみにみちてゐた  かなしみにもだえて  かなしみとよろこびにふるえて居た  かなしみとが混り合った  かなしみに堪えている  かなしみから脱却させ  かなしみでさえそこでは聖くきれいにかがやいている  かなしみはいよいよ去らず  かなしみもあり  かなしみは素肌をつけてはしりゆく  かなしみの映  かなしみにふる  かなしみのつき  かなしみよりつよいうれしさ力強さにうす笑いして  かなしみもせず  かなしみとを理会する  かなしみは誰が消す  かなしみを浴びてつっ立たなければなりませんでした  かなしみでせう  かなしみを沈ます  かなしみをふりそそぐ  かなしみはひらき尽くせし  かなしみのはかない姿も見わけぬ  かなしみは慰める  かなしみもある  かなしみに似たり  かなしみもわたしのよろこびも  かなしみの世界より来し  かなしみの影ふとさしぬ  かなしみも重なりてゆく  かなしみを持って  かなしみのためのように思って居る  かなしみのためのやうに思つて居る  

~ かなしみ[名詞]1
生きもののかなしみを  やうにかなしみは  足どりにかなしみは  魚のかなしみにも  わたしはかなしみに  時のかなしみを  日本のかなしみは  子のかなしみに  時私はかなしみに  私のかなしみは  人間としてのかなしみで  あなたとかなしみを  苦しみとかなしみの  父は疲れたかなしみを  さまざまのかなしみにも  今はかなしみに  驚きとかなしみと  彼女のかなしみや  心配でもありかなしみでも  中におどろきとかなしみとに  あとにはだまってかなしみの  人々のかなしみも  それもかなしみの  千万無量のかなしみ  ようにまさぐりかなしみを  鳳眼にかなしみを  かなしみあきくればかなしみの  日のかなしみを  ひとり涙流すもかなしみは  聖者は疲れかなしみ  日のかなしみの  私はかなしみの  云ひしれないかなしみを  世の中にかなしみは  声がかなしみから  平和のかなしみの  自分のかなしみに対して  自分のかなしみを  山椒魚としかなしみを  不思議やかなしみの  ときにはかなしみの  それもかなしみも  心のかなしみを  女のかなしみを  人間のよろこびやかなしみと  かなしみがかなしみの  それとかなしみの  心のかなしみの  女のごときかなしみを  ふるさとを出でしかなしみ  青に透くかなしみの  酒のかなしみぞ  窓硝子にもかなしみは  蓮沼に咲くごとくかなしみが  ごと身体をひたすかなしみに  公園のかなしみよ  手をやるかなしみの  宰相にはかなしみ  ものを喪うかなしみは  胸いっぱいのかなしみに  喜左衛門のかなしみは  鹿が死んだかなしみの  曲のかなしみの  犬をうしなったかなしみから  徒なかなしみを  木精夜をなきあかすかなしみの  なにとは知らぬかなしみの  人のかなしみを  不安とかなしみが  夜のかなしみは  彼女のかなしみの  街もいはれなきかなしみに  恐れとかなしみと  中のかなしみに  一生のかなしみから  蜥蜴のかなしみは  滅えぬべきかなしみの  戀のかなしみに  血脈のかなしみの  夢の破るるに慣れてしあればかなしみも  君達のよろこびとかなしみとを  我のかなしみは  色のかなしみを  私のかなしみを  種はかなしみの  放埒放埒のかなしみは  放埒のかなしみは  夢やかなしみの  藤房のかなしみに  わたしのかなしみも  さの浮くかなしみの  目にもかなしみの  ごとにかなしみも  ひとつにしたとおもうたはつひかなしみの  心にかなしみを  自分のかなしみの  

~ かなしみ[名詞]2
わがかなしみ  大きなかなしみ  強いかなしみ  又かなしみ  このかなしみ  くちからかなしみ  なきかなしみ  うすいかなしみ  重きかなしみ  真にかなしみ  そのかなしみ  まるでかなしみ  深いかなしみ  難きかなしみ  うとうかなしみ  もうかなしみ  どんなかなしみ  薄きかなしみ  深きかなしみ  

複合名詞
さひとりかなしみひとり  かなしみかなしみ  23かなしみ  かなしみやとい  きんかなしみ  憂鬱かなしみ  せんかなしみ  悲しみかなしみ  かなしみ泪泪  詩おんみのかなしみ  かなしみ喰  かなしみそ  心かなしみとい  かなしみはなし石  かなしみ漂泊  かなしみ秋  みきかなしみ  かなしみ山路  かなしみ極り  強きかなしみ  かなしみ心頭  かなしみ顫  かなしみ訪  かなしみ切齒  かなしみ以外  らむよろこびの笛かなしみ  



前後の言葉をピックアップ
金島  かなしみ  悲しみ  哀しみ  哀しみ  悲しみ  悲しむ  かなしむ  哀しむ  悲しめ


動詞をランダムでピックアップ
廻らさ引払え走り回っのりださ聞き流さ通り過ぎよ散らしたまわろ食らいつい立ち止り落行か立寄る噎せ返る賞すあっ掻い込み仕舞いじらすつきやぶるはりまわさ
形容詞をランダムでピックアップ
ばかばかしかっかるき果てしなおかしき小暗し水臭きえがたき甘ったるくすっぱむつかしいじつな毛頭なかっのどけからいみ花はずかしいぽくっ脂っこい薄暗し悩ましいまたとなき