「あい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ あい[動詞]
扉があい  穴のあい  目にあい  眼があい  裏戸があい  大穴があい  口をあい  目をかっとあい  ようにまたがあい  一人前にあい  穴があい  障子があい  窓でもあい  四角にあい  目があい  膝があい  鉄ぶたがぽかんとあい  ふたがあい  目をあい  音もなくあい  戸があい  窓があい  大口をあい  トンネルがあい  簡単にあい  畳があい  轉車があい  體のあい  蓋があい  口があい  了解しあい  不幸にあい  ドアがあい  下にわずかにあい  ふたがぱくんとあい  から扉をおすと、すうっとあい  鍵であい  上にあい  横穴があい  眼をあい  財布を見せあい  ベタ一面にあい  幕があい  気色はなく、依然として、すくみあい  四五分の隙間があい  位置にあい  手があい  底のあい  席があい  膚であい  あちらこちらにあい  肩のひろくあい  正面にあい  小さな穴があい  笛にあい  潜りがあい  錠はあい  錠のあい  細目にあい  戸ががらりとあい  時正にあい  しずかにあい  ドアはあい  門があい  眼をぱっちりとあい  そうにあい  眼が再びあい  緡から穴のあい  ガラス戸があい  休みなしにあい  鎧戸があい  彼女にあい  洞穴があい  鉤がはずれてあい  窓はあい  音を立ててあい  いっぱいにあい  窓がどうしてあい  昼じゅうにあい  一つがあい  戸はあい  孔があい  裏木戸があい  曳戸があい  襖があい  西にむいてあい  手にはあい  朽穴があい  アアンとあい  孔のあい  しばらく間があい  玄関があい  内庭に向ってあい  ばくばく口をあい  真中にあい  ことでしゃべりあい  誰かがあい  大阪があい  ア神戸があい  つて口をあい  風穴があい  結婚のあい  穴がポツリとあい  潜戸があい  恋愛のあい  カシタンカをあい  自分をあい  手あいをあい  前があい  顔を、こんなに寄せあい  音も無くあい  どこにもあい  戸のあい  そこにあい  小人をあい  簾戸があい  部屋があい  植田欣子さんにあい  室があい  一寸手のあい  猛獣の咬みあい  本性をあらわして咬みあい  相談のあい  三方があい  戸口があい  栓はあい  兵火にあい  薄目をあい  唐紙のあい  とおり二階はあい  不運を悲しみあい  ようにあい  蓋はあい  扉が、ばたんとあい  火星兵団にあい  時扉があい  から、ぜひあい  入口があい  大地にあい  途中夕立にあい  格子があい  中から障子があい  襖がサラリとあい  空想し、話しあい  マリイはあい  涙を流しながら抱きあい  鶴姉さん手があい  繰り戸がけたたましくあい  馬良をあい  記代子はあい  もっと平静に話しあい  餓鬼どもをあい  硝子戸があい  穴はあい  入口はあい  火星人にあい  子供があい  静かにあい  半分ばかりあい  ふだん着のあい  ゆっくり木部にあい  蓋のあい  じきにあい  用意周到さとにあい  横っ腹にあい  見返しのあい  らちがあい  窓のあい  二階広間があい  日本人にあい  一つ西側にあい  空間があい  通風孔があい  様にポカポカとあい  見返しがあい  顔を見あい  裏があい  王女にあい  身体があい  素直にあい  下にあい  胴中をぶっつけあい  あとにあい  主人もあい  三ヶ月程あい  しゅんかんドアがあい  いくつもあい  一同のあい  熱心にあい  そつとあい  扉のあい  一室があい  から身体があい  対比すると、ぽっかりとあい  戸がガラリとあい  ギーッとあい  乃ち口をあい  ギーとあい  眉がまた少しく寄りあい  眉が、ちらと寄りあい  眼のあい  病室もあい  台所口があい  雨にあい  米友があい  表だけがあい  八つ口のあい  男の子にあい  噂をしあい  ちゃんと口をあい  眼はあい  二寸ほどあい  真上にあい  米友のあい  明らかにあい  あたしにあい  一ぱいにあい  年期があい  引窓があい  冷水をあい  格子戸がガラリとあい  幻覺的にあい  實際にあい  網棚のあい  男にあい  絹はあい  色道談義は聞きあい  缶詰のあい  ものがあい  ッとあい  穴でもあい  側にあい  百蔵のあい  輩はあい  暴風雨にあい  者も、暫くはあい  これが難なくあい  手答えなしに、フワリとあい  間があい  殆どドアがあい  永久に愛しあい  ドアは、たえまなしにあい  ぼんやり薄目をあい  とき障子がガラリとあい  腕があい  のれんが颯とあい  確かにあい  兩腕があい  ぱつちり眼をあい  おんとあい  人にあい  カタリとあい  無造作にあい  物欲しげな、ぽっかりとあい  一つ穴があい  逃げ道さえあい  子供たちのあい  はつきり眼をあい  靜にあい  すべて狐たぬきの化かしあい  相談しあい  格子ががらりとあい  母子をあい  家があい  もっと眼をあい  引戸がガラリとあい  カリとあい  目鼻があい  内側へあい  雨戸があい  障子がそっとあい  一座があい  扉がさっとあい  自由にさらりとあい  正直におあい  それから口があい  埒があい  白雲はあい  クリ口をあい  クリとあい  それを押せばすぐにあい  一座はあい  襲撃を警めあい  口をあんぐりとあい  戸を押してみると、容易くあい  証拠には、どろりとあい  家来をあい  ものがとりこまれてあい  不便にあい  船窓があい  ーっとあい  身体のあい  幕はあい  さいわいにあい  去年穴のあい  ジャックをあい  入口がパッとあい  胸のあい  暗号通りに、そのあい  イモを食いあい  乱暴にあい  ぱつちりと眼をあい  胸があい  まま口をあい  障子がすつとあい  それはあい  ヤマト朝廷のあい  民衆をあい  襖子はさっとあい  穢れにあい  彼女はあい  テーブルがあい  小門があい  テーブルのあい  一廓はあい  体を支えあい  ままにあい  皆はあい  野にあい  学期にもあい  車室だけがあい  中門のあい  細めにあい  寺があい  襖子の細くあい  座敷のあい  君はまだあい  いをもらしあい  人たちをあい  むすこにあい  面倒もなくサッとあい  ギイとあい  君にぜひあい  みんな口をあい  二人は頷きあい  せっぷんしあい  うえがあい  台があい  親にあい  妻にあい  夫にあい  円窓があい  障子がガラッとあい  離れがあい  高はあい  ふすまがあい  樫扉があい  上等はあい  ドアが、がちゃっとあい  手をかけたら、すらりとあい  階子口があい  役人にも時々あい  今ようよう目をあい  つじつまがあい  足にあい  座でもあい  体があい  穴がところどころにあい  眼がぱっちりあい  田舎にあい  肱をつつきあい  通り路があい  十分話しあい  保護室があい  所長室はあい  ボーイはあい  門はあい  広津さんにあい  右手にあい  すじみちはあい  芸妓があい  売店があい  玄関が勢いよくガラリとあい  男を愛しているが、そのあい  感情を揺さずにあい  私のあい  私たちをあい  手紙を読んでくれとあい  必要がもはやなくなるまであい  事はあい  直接にあい  母にあい  深雪にあい  対いあい  硝子障子のあい  横広がりにあい  一方へあい  面会窓があい  空気穴があい  とき薄目をあい  どちらかがあい  軸にあい  愛情を感じあい  身内にあい  角道があい  湯のあい  壁にぼっかりあい  出入り口があい  とき窓があい  そこがあい  からだにあい  襖がすつとあい  雑作なくあい  針助はあい  部屋のあい  戸はさらりとあい  大戸があい  鶴にあい  めにあい  元気に働いて暮しましょうと話しあい  そのままぼんやり口をあい  孔でもあい  蔭で囁きあい  改札口があい  切り戸があい  わたしにあい  いつまでも眼をあい  西北とがあい  戸がひとりでにすうっとあい  意味を通じあい  一たん眼をあい  南があい  ことを論じあい  ガタッとあい  ものにあい  軍隊にはあい  カーテンがするりとあい  手のあい  あながあい  菓子箱のあい  三人で戯れあい  ところにあい  ぶたがあい  中があい  僧侶をあい  主にあい  昇降口があい  借家があい  よう眼をあい  口にしてはならぬと戒めあい  方へあい  穴が、ぽかぽかとあい  火事にあい  首を伸ばすわで、幸いあい  二階があい  ぱつちりと目をあい  障碍にあい  手をにぎりあい  音をたててあい  内からがらりとあい  途中であい  戸もあい  客をあい  学生をあい  大波とをあい  人間をあい  弟だって母にあい  存分に生かしあい  具体的に話しあい  眼を見あい  空洞があい  二人で、よく話しあい  一ぺん戸があい  みんな約束済であい  薄目にあい  ぱらひのやうに大口をあい  ふたが、ひとりでに、ぱっとあい  それがあい  手を握りあい  女にあい  壁があい  ボッカリ大穴があい  彦麿もあい  口のあい  フタがあい  座席があい  格子戸があい  身体をくっつけあい  硝子窓があい  ょうどそこのかぶき門があい  ゆうべそのぱっちりとあい  乳下にあい  ぼんやり眼をあい  それっきり戸のあい  口でもあい  土地にあい  銃眼のあい  如く口をあい  ブルック先生にあい  ローリイにあい  ように愛しあい  程易々とあい  兄にあい  しろにあい  扉はあい  サア目をあい  村びとたちはあい  戸が漸くあい  襖がすらりとあい  眼窩だけがあい  通路があい  食堂のあい  扉だけがあい  窓もあい  朝八時原子爆弾にあい  二階はあい  ように笑いあい  燕をあい  肉塊をあい  紀州家をあい  油障子があい  泥ぐつをはいた足をあい  幕のあい  襖がひっそりとあい  二つ並んであい  目にまであい  者一同はいましめあい  一間西側があい  母親にあい  人道へ向ってあい  わたくしのあい  これもすぐにあい  床にあい  採光窓があい  水攻めにあい  空にあい  がら空きにあい  ポッカリ目玉をあい  方をあい  卓子があい  横側にあい  屹度眼があい  揚幕があい  穴がぽっかりとあい  重要事項をあい  らだけを話しあい  ポケットにしまい、そのあい  

名詞

あい[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
あいになった  あいかはらず  あいへばかうなる  アイと私が返事をする  あいといって  あいにまいります  あいへしあいしている  あいも変らぬ  あいへしあいされながら  あいに来て下さるほど  あいがたき  あいや方々お聞きの  あいだけ言っといたじゃないか  あいと言つて帶を解く  あいに見入っている  あいだと違って  あいだといえども  あいをやって  あいに出される  あいがかり  あいになってるというのに  あいで袂時計を持って  アイは琴手の生命を救った  アイは西のあら海のとどろきの  アイの友トオカルがこの悲しみを知った  あいだから見える  あいのある  あいと云ったら  あい見忘れはしません  あい決して忘れやしません  あいまア此処へ来なさい  あいを持ちながら  あいに目を塞がない  あいをしたり  あいの線を活かした  あいをやろうという  あいがあって  あいもかわらぬ  あいにいく  あいに起きるであろう  あい変らず泣いていて  あいになっても  あいだけの親兄弟が死んだ  あいがある  あいの職分を分解して行くと  あい申してから僕もシカゴに行きたくなってしまった  あいに行ったりして見るが  あいになってよ  あいになったら  あいになる  あいだと云っても  あいにかつぐ  アイと素直に福茶を運び来て  あいの土山雨が降る  あいもあるが  あいだとはちがった  あいを詳しく知っていたり  あいなれされています  あいだと言う  あいになると  あいをしている  あいをする  あいがはじまる  あいだけの人間が夜の九時迄働いて  あいだけの資本を握  あいもしないで  あいへしあい突き進み踏み越え押し流され  あいが悪いかして  あいよあいよ妾が書いた  あいをした  あいのりっぱなプリズム双眼鏡を取出して  あい解することはできないにしても  あいと云ふ  あいはむろん同行した  あいとの間に市造が生れたので  あいを手中に握つて  あいの他には一人もなかつたといふことになる  あいに来た  あいだけ小僧どもがいるに  あいなどもありました  あい誠に面目次第も有りません  あいを考えて  あいになっているか  あいも助け合う  あいや近国の衆ともお見うけ申されぬが  あいはしないかと  あいにならない  あいの山で昔女がへらで銭を受けとめた  あいをしましたが  あいにもちだすが  あいが悪いようにそろそろと出て来て  あいの男二人と見える  あいにくるかしら  あいの上で運ぼうとする  あいのおさえ  アイと駄賃を亭主に渡せば  あいもありました  あいもあるでしょう  あいに出しながら  あいは問題はありませんが  あいにかかったら  あいが出来て  あいをやり  アイと合点すりゃ  あいをしているって聞いてはいましたが  あいが始まっていた  あいのあいの土山雨がふる  あいのいい場所があるだろうと思ったが  あいもある  あいとかはいとか言いな  あいてはわたしがいたしますから  あいはしないかと気づかった  あいわからなければならない  あいより春立つ  あい対した潮見博士としきりになにか話をしていた  あいも変わらぬ  あいもかわらず  あいすみませぬ  あいがそうぞうされて  あいよと云いながら  あいから知って居る  あいと脚絆の膝をよじって  あいが悪いので観念して流させる  あいやそこへまいられたは  あいにも失われず  あいがあるにしても  あいに行く  あいになってみると  あいを思った  あいになるかもしれぬが  あいになったりあそばして  あいになったらしい  あいもしかねないからというので  あいになりましたの  あいをはきよせた  あいに馬車をのりつけました  あいにこられました  あいを演じた  あいをやる  あいをやっていた  あいはすぐ始まった  あいで旅に出た  あいがついた  あいに笑った  あいを聞きつけて  あいを見はからって  あいがついて  あいを最も月並に考へて  あいすみませんおそくなりまして  あいがッてばかりおやンなさいますから  あいにも学問をやめてはならん  あいに打ち砕かれていた  あいに私たちの魂は組み立てられ  あいのことを想像して驚く  あいを臆測するにとどめるだけな  あいにはそれを動かす  あいを除いて  あいもわたしと同質だとしたら  あいの助けを借りて  あいをつれて  あいを受け取る  あいをよこせと言って来る  あいに身か護ろうと  あいに帽子を潰してかぶり  あい変らずこう左手をうしろに廻して  あいだにかの三千金を何者にか奪われた  あいが悪いと思って  あいならば知らぬ  あいになるわ  あいだとまったく似た  あいのこの形をして  あいに出して  あいはその声音にやっと気を鎮める  あいの顔を凝  あいは立って  あいはかっとした  あいは驚いて  あいは起きあがろうとしなかった  あいは手燭を点して  あいは潜り戸から顔を半分出して  あいは思いあたって  あいには少しも分らなかった  あいはぎくりとした  あいにそうたずねた  あいが勝手から出て来た  あいの姿をみてから  あいにも堀にもわからなかった  あいは何心なく不意に例の櫛のことを思い出した  あいがそれを手にとると  あいだけの貸しが有る  あいのことを想像すると  あいに往々にして  あいをはじめた  あいも変はらぬ  あいにくる  あいやそこへ参られたは  あいに酒の一合でも飲めると  あいもあり  あいの問題などもある  あいに出る  

~ あい[名詞]1
チチと押しあいへ  五劫のあい  私にあいに  百剣林立のあい  それと取組みあいを  丸木のあい  北のあいが  鍔ぜりあいに  氷見役立ちあいで  鼻のあい  御船手が立ちあいの  七ツまでのあい  平野とのあい  木立のあい  関りあいを  中にあいの  お姫さまにあいに  それ以上ながびいたばあいに  能楽のあいが  其があい  内田にあいに  朝涼のあい  二人で差しあいに  親戚の繋りあいを  ここ二ヵ月のあい  関りあいに  縞のあい  機関銃の射ちあいを  カンキュウあればいつなんどきでも蹴あいを  一組の撲りあいが  倉川にあいだけの  誰も話しあいも  紐もぐあいが  識りあいでも  服装にはふにあいの  一人娘のあいを  味方はあいの  俺にあいに  誰かにあいに  道を知らないばあいなども  八日のあい  母親にあいは  父子のあい  方へひっこみあいを  端々を引きあいに  常談の云いあいを  どこかぐあいが  識りあいの  木があいに  すべて準備のあい  物事を話しあいの  賛成なばあいも  のかと思ったりするばあいも  理論を引きあいに  反戦論者としてとどまれるばあいは  互のわかりあいが  貧乏人同志が傷つけあいを  おれさえアイと  小ぜりあいを  小ぜりあいが  あいのあいの  上等なばあいも  顔にでもあいは  草のあいより  右門はあいも  それがあい  妙子さんにあいに  のもぐあいが  儀礼的因襲的に用いられるばあいが  ままに忍んであいに  暴行にあいも  青空があいを  甥にあいに  ものもぐあいが  市作もあいで  小ぜりあいは  シャモが蹴あいを  石の飛ばしあいを  仲間と果たしあいを  高のあい  磯五のあい  ことに話しあいが  へんなぐあいに  不良少女なんぞいふてあいを  子供はかあいが  あなたがかあいが  何のかかりあいの  一日のゆうよすべきばあい  破滅に陥ったばあいの  そうなばあいを  表に出るばあいには  まれなばあいを  伴れあいも  伴れあいの  伴れあいを  攻撃したばあいに  三のあい  夜のあいだにかの  身方をしてもぐあいが  小ぜりあい  ソルティーニとのあい  人力車のあいの  自分を引きあいに  尊公にあいだけの  現場にさらしたばあいに  へんなぐあい  博士のあい  きよ子にあいに  廃絶されているばあいも  それを観たばあいの  芭蕉が引きあいに  

~ あい[名詞]2
痛ぁい  このあい  いいあい  おもあい  いかあい  多くあい  べつにアイ  わかいあい  にくあい  

複合名詞
場あい  ころあい  走りあい  あい鴨  あいけり  ばあい  天満あい  ばあい重要  あいろ  手あい  たいやうあい  係りあい  アイちやん  あい手  あいかた  あい首  あいツ  気あい  あいずし  頃あい  向いあい  夫婦向きあい  あいサ  あいづあ休み前  うまあい  あいづやっぱり風の神  立ちあい  わけあい  気あい突き  沖あい  話あい  あい間あい間  アイ衰弱  朝アイ死去せり  沖あい遥  あい誰  あいお前  あい間  あいー  あい姉さん確か  あい此処  あい伯父さん  あい文吉さん  おんあい至上  めいあい  あい色  殺しあい  助けあい  あい廿  アイ御免  あいきょう  情あい  空あい  切りあい  乗りあい  れんあい  そいつあい  あい祭り  向きあい  競りあい  血アイ  程あい  あいはず  あい服  かかりあい  郁坊やあい  筋あい  間あい  あい宿  ゼリあい  あいめ  あい目  あい槌  寄りあい  しだぁい  あい解  鳴き声等あい  長あい間  掛りあい  賛めあい  名のりあい  沖あいあたり  磨きあい  うちあい  あい願  あい反映  こいつあい  巫女あい  あいよう  其気味あい  方ぁい  薄暮あい  あいづち  あいきょう者  あいきょうぶり  あいきょう男伝六  やつあい  さばあい  あいきょう笑い一つ  あいきょう者ともども  女郎五年あい勤め  毎夜毎夜ころあい  あい鼻  あい食辛抱  輝きぐあい  叩きあい  あいネズ  あいら  あい顔  取組あい  あいなかば  あいぼう  かねあい  あいじん  婆あやあい  三間あい  あいづちはうてなかった  帳あい  おしりあい  あい何  あいくだ  引きあい  あい対  あい形  つてあいけう  あいげ  柄あい  あい風  振りあい  ふくあい  天皇陛下万歳ぁい  皇后陛下万歳ぁい  万歳ぁい  摂政宮殿下万歳ぁい  皇太子殿下万歳ぁい  蒸肉万歳ぁい  ミルク万歳ぁい  はりあい  ふぐあい  義理あい  さあい  あいやけ  あいさん  色あい度あい  割あい  云つたアイ  続きあい  万才ぁい  



前後の言葉をピックアップ
    愛太郎  INA  あい  愛で  会い  AI  藹々  あいあい


動詞をランダムでピックアップ
ねじ込ももてれすされどなりつけ求めん和えよ気ばら稔らずっこけ読みふけり崇めよきりあげれかき消すなぎ倒さ緩まる添えんぶつけよ預け引きかえす鎮めよ
形容詞をランダムでピックアップ
よんどころな力強く可笑しかろ小さ勇ましきちいさし堅苦し心細い上手かっ激しいこうるさくけだかしいたかれ愛くるしくさみしき無くっこすくたくまし心弱く