「黄ばん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 黄ばん[動詞]
葉がいつとなく黄ばん  鶯の黄ばん  昔を語り伝えようとするもののごとく、黄ばん  ランプの黄ばん  木々の黄ばん  なかに美しく黄ばん  柿の実はやや黄ばん  自分を愛してゐる黄ばん  其度毎に黄ばん  幾分か黄ばん  偸汗に黄ばん  彼の黄ばん  銀色も黄ばん  海邊にある黄ばん  唯気まぐれに、黄ばん  手許には、すっかり黄ばん  秋になると次第に黄ばん  それをめぐって黄ばん  目のあたりに、黄ばん  門を入って黄ばん  てゐたものの、黄ばん  木の葉の黄ばん  上に、少し黄ばん  先にあっさりと黄ばん  それから黄金色に黄ばん  ここに黄ばん  草には黄ばん  葉が黄ばん  田はもう黄ばん  秋の黄ばん  豊かに黄ばん  間から、黄ばん  溝に黄ばん  色よく黄ばん  刷りの黄ばん  ような、黄ばん  紙の黄ばん  秋のやや黄ばん  庭土は、熱い、黄ばん  部屋の黄ばん  むりのうずを空に巻きながら、黄ばん  窓ガラスが破れ、黄ばん  そこに黄ばん  穂が少し黄ばん  空気は黄ばん  つた、黄ばん  行つて、とろりと黄ばん  先が黄ばん  葉はようやく黄ばん  土、黄ばん  色も黄ばん  雨漏りの黄ばん  顔がさぞ黄ばん  泥色の黄ばん  鰭の黄ばん  額もすこし黄ばん  林檎はいつか黄ばん  それは黄ばん  色が黄ばん  埃に黄ばん  如く薄く黄ばん  斜面の黄ばん  右のこの黄ばん  古木の、黄ばん  ように黒く黄ばん  眺望は軟かに黄ばん  白髮が黄ばん  柿の葉の黄ばん  ところどころに黄ばん  昼間の黄ばん  毛が見苦しく黄ばん  壁には黄ばん  古手帳のやや黄ばん  彼は手早く見知らぬ黄ばん  源氏は黄ばん  樹木は少く、黄ばん  黒土には、黄ばん  水と、黄ばん  夕陽を浴びて黄ばん  蓋をあけ、黄ばん  髪の毛が少し黄ばん  寒い風に黄ばん  前に出ると黄ばん  血は見る見る黄ばん  それよりずっと痩せ黄ばん  羊羹色に黄ばん  中には最早美しく黄ばん  日光そのものが黄ばん  顕われ、黄ばん  突付き合ったり、黄ばん  うちに黄ばん  蕾の黄ばん  夕方には黄ばん  形した白い黄ばん  つた夕日の黄ばん  ものがあるので、うすぐらい黄ばん  中に黄ばん  柔かに黄ばん  盆を据えて、黄ばん  皮膚の黄ばん  障子窓に黄ばん  蔓が黄ばん  顔は黄ばん  うすい葉は黄ばん  前を黄ばん  どこか黄ばん  一条の黄ばん  あたりに黄ばん  先が伸び、どんよりと黄ばん  一面にまだ黄ばん  帷子に、黄ばん  ばばは、黄ばん  円坊主にした、痩せて黄ばん  影は黄ばん  気早に黄ばん  明かるい黄ばん  下から長い黄ばん  無数の黄ばん  手紙が次第に黄ばん  妙に黄ばん  栃の黄ばん  いやに黄ばん  山とは異なり、黄ばん  下を歩けば、黄ばん  ほのかに黄ばん  なかで絶えず黄ばん  仄暗い、黄ばん  一枚の黄ばん  住職は、少し黄ばん  太陽が黄ばん  稻はもう黄ばん  葉は、すっかり黄ばん  水田が黄ばん  麦が黄ばん  稲が黄ばん  汚れ目が黄ばん  英字新聞の黄ばん  槐も黄ばん  方から黄ばん  らが黄ばん  一列に黄ばん  腰張りのしてある黄ばん  レモンみたいに黄ばん  白味が黄ばん  空と黄ばん  空や黄ばん  木にまだ黄ばん  顔だけが黄ばん  物も言わずに黄ばん  経巻が、黄ばん  石州の黄ばん  天与の黄ばん  色が褪めて、黄ばん  葉は既にいくらか黄ばん  裸足で、だぶだぶの黄ばん  婦人で、黄ばん  鮮かな黄ばん  稲の黄ばん  胸は黄ばん  葉が少しずつ黄ばん  日の黄ばん  



前後の言葉をピックアップ
気ばる  気張る  気張れ  気ばれ  基板  基盤  忌避  起筆  紀平  気品


動詞をランダムでピックアップ
きずつかはずめ出遅れる結び付けるでくわし飾りたて重んじろ転げ落ちかたちづくる投げ掛ける令せ給うはやっととのえなおすはいりこまあおい利かさ坐すれ泊まり込ん敬っ
形容詞をランダムでピックアップ
嬉しゅうあぶなく若若し得がたき古くさいまばゆうにがい見易く濃う腹立たしき重苦しはずかし残り少なき差出がましいうらめしい聰し罪ぶかい骨っぽあさましくせわし