「開か」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 開か[動詞]
議会が開か  原書が開か  展覧会が開か  何時か開か  扉のしぜんに開か  公判が開か  博覧会が開か  公民講座がどしどし開か  展覽會なぞが開か  障子を明けようとするけれど、開か  ここに開か  つて酒宴が開か  やうやく開か  滅多に開か  宅で開か  ヒューザン会展覧会が開か  ところに開か  口を開か  戸は軋むばかりで開か  碁会所を開か  楽しい散歩場所が開か  方向に整然と開か  叔父さん一人知っているだけなのに、こうして開か  國際博覽會が開か  のが開か  扉が開か  出獄歡迎會が開か  法廷が開か  気運が、そこで開か  毎週一度ずつ開か  船内に開か  歓迎会が開か  意志と、開か  窓は悉く開か  窓はことごとく開か  糊づけにして開か  帝国教育会館で開か  細民部落改善協議会が開か  永久に開か  寄り合ひを開か  議会を開か  自動的に開か  しずかに開か  詩集が開か  何通もああして開か  後に開か  幻滅に開か  下に開か  道も開か  眼を開か  道眼を開か  国会を開か  帝国議会が始めて開か  二審公判が開か  朝から岩見沢で開か  境地を開か  手をかけたがなかなか開か  音も無く開か  外からは開か  さつきまで開か  口さへ開か  大村市で開か  途も開か  瞳が細く開か  戸が開か  箱を開か  例会が開か  酒も開か  都として開か  ハノーバー・メッセで開か  新宿センチュリーハイアットで開か  二日目に開か  ソニー本社で開か  ラスベガスで開か  一九九〇年五月十六日に開か  TEPIAで開か  幕張メッセで開か  発表直後に開か  サンフランシスコで開か  連中素人浄瑠璃大会が開か  田町で開か  自由に開か  たくさんに開か  天上生活が開か  狭間田に開か  前に開か  扉を押えて開か  こっちで開か  書店を開か  出版記念会が開か  パラシュートを開か  会はそのまま開か  舞踏会が開か  われ等で開か  口が開か  幾筋も開か  魅惑を掻き開か  容易に開か  蕾は、大方開か  如く口を開か  酒宴が開か  店を開か  沙漠に開か  夜宴が開か  幕は開か  柴折戸を開か  二寸三寸と開か  ように開か  役員会が開か  一九四七年八月首相官邸で開か  浮世絵展覧会が開か  一九四七年六月ストックホルムで開か  ストックホルムで開か  はじめ準備会が開か  明日に向って明るく開か  明治二十三年国会が開か  帷帳を開か  ものが開か  年次は開か  パリで開か  扉を開か  道路が開か  そこもやっぱり開か  傘が開か  今水門は開か  身を屈めて開か  小屋で開か  会話を開か  東京で開か  扉の開か  食堂が開か  時始て開か  悟りでも開か  土曜日に開か  フランボー自身によって開か  嘲笑ふ開か  市舶司の開か  宴會が開か  十分に開か  クラス会が開か  ぢつて見るが開か  ものであったが、開か  扉がグッと開か  牢屋が開か  花がよく開か  花を開か  内から障子が開か  蓋が開か  窓は開か  大航空路が開か  航空路が開か  それから絶えず開か  昨年十月召集され、現に開か  紅葉館で開か  合戦の開か  間に開か  村會も開か  村会も開か  否や談判を開か  検査しようと思ったが開か  のか、押しても、押しても決して開か  工業クラブに開か  前では開か  真実を開か  二回世界平和擁護大会が開か  親族会議が開か  門が開か  細目に開か  緊急会議が開か  入口を開か  眠い眼を開か  こっちからはどうしても開か  静かに開か  毎日規則正しく開か  隠し金庫が開か  奥へ開か  ロンドンで開か  宮を開か  板戸も開か  格子戸もまだ開か  二月に開か  馬市でも開か  言路は開か  宴席を開か  國で開か  松夫は叩けよ開か  扉のまだ開か  障子がさっと開か  親類縁者によって開か  ダンス会が開か  道が開か  判決公判が開か  同級会が開か  國会は、年中開か  國会が開か  文学座にのみ開か  序幕が開か  会議が開か  門戸を開か  パリに開か  スペインに開か  海戦は開か  砲火が開か  脚が開か  二つに開か  青蓮華を開か  委員會が開か  國的に開か  私たちはこの辛うじて開か  紀元を開か  頁が開か  五月一日からシカゴで開か  画面上に開か  資料として繰り返し開か  例年通り幕張で開か  目を開か  ボストンで開か  民主党大会が開か  直前まで開か  外で開か  噂をしたり、間もなく開か  扉が、荒々しく開か  宴が開か  帳は開か  互市場として開か  三港が開か  広島で開か  艙蓋が開か  扉がまだ開か  密室が、開か  扉が、開か  扉は、押せども引けども開か  蕾が開か  戦端が開か  仕方がなく、開か  扉を開こうとしても開か  童男に開か  耶の大きく開か  女は大きな開か  絶対に開か  棺桶が開か  独りに向って開か  二階広間で開か  祝宴が開か  死後幾日にして開か  戸は開か  大会が開か  レーニングラードに開か  北京で開か  特別展覧会が開か  城門をさっと開か  喫茶店なり開か  ようでどうしても開か  瞳には、開か  土地を開か  足が少し開か  ボール箱が開か  地方物産を集めて開か  眼は閉じられ開か  祝宴を開か  扉をさっと開か  彼に向って開か  開き窓は開か  血路を開か  後陣を開か  式は開か  捜査会議が開か  畑を開か  沿岸に開か  高所に開か  戸を開か  何度叩いても開か  暗号鍵によって開か  大驚異の世界が開か  宴会場は開か  中門まで通ってくると、開か  受取人に開か  トランクが開か  フォニックス市法廷で開か  花の如く開か  家で開か  近くに開か  戸が少し開か  入口が大きく開か  障子が開か  鎌倉に開か  航路の開か  講筵も開か  陸地測量部で開か  酒壺を開か  蓋を開か  いふ会合を開か  平地が開か  酒は開か  門を開か  大会の開か  最近満足に開か  久しぶりに開か  連合創立大会が開か  ベルリンで開か  五月二十三日に開か  道を開か  今不用心に開か  乱暴に開か  眉を開か  眼は開か  気運が開か  面目が開か  止めに止めて、めったに開か  時を移さず、開か  裂けめが開か  ハリウッドに開か  可能が開か  重詰めの開か  手提金庫が開か  戸も、開か  世界に向って開か  とあるところが、開か  廊下に向けて開か  ゲッとばかり開か  うち水門が開か  ブダペストで開か  まま、開か  来年に開か  しめやかに開か  一号法廷で開か  公判が開かれてゐるらしく少しばかり開か  国境以内に開か  博物館やときどき開か  道の開か  ために開か  珈琲店が開か  道は開か  二尺ばかり、開か  眼を大きく開か  右手を開か  宴会が開か  眼前に開か  ほど大きく開か  胸を開か  自然に開か  講義を開か  時に開か  口は開か  前途に開か  眼を開くと開か  小さな展覧会が開か  書画会を開か  書画会をだも開か  近いうちに外科學會が開か  幾つか開か  料亭で開か  内側にむかって開か  偵察報告の開か  肢を開か  幕が開か  日日驛前に開か  医院と同時に開か  寺が開か  口も開か  花いまだ開か  口をすこし開か  会が開か  松本市に開か  電灯がつき、開か  した心が開か  竟に開か  ドアが開か  まま少し開か  講習会が開か  時には黙って開か  會第八十五回が開か  赤土で塗りこめた開か  差異なしに開か  創意が開けようとしているし、又開か  理髪店が開か  音をたてて開か  記念すべく開か  押っ開か  活動分野が広く開か  指先でほごして開か  北の方で開か  二科会も開か  ミュンヒェン會議が開か  國境は、一度閉されてゐたが、すでに開か  門がきしめきながら開か  本を開か  戦争の開か  祝賀会が開か  扉は開か  評議が開か  二階の開か  公判は開か  別に一派を開か  十三回国際眼科学会が開か  ドアは開か  心はまるで開か  背嚢はとうとう開か  徒に開か  戦端の開か  硝子戸が開か  大門が突然開か  鉄柵はまた開か  扉はまた開か  扉は再度開か  さで開か  扉がさっと開か  だんだん大きく開か  ような開か  がたがたと開か  渠門は開か  順次に開か  灰皿に開か  いっぱいに開か  カーテンを開か  左右に開か  中に開か  三日間にわたって開か  中央大学に開か  真一文字に開か  幕は突如として開か  張つて来て開か  入口が開か  それは開か  花を出し開か  中からロツクして、開か  手を開か  祝が開か  カーテンが開か  記者月例会の開か  世界地圖を開か  記者月例會が開か  国技館で開か  金沢地方裁判所に開か  から委員会が開か  遊びが開か  酒肴を開か  予審廷が開か  緒が開か  暫らく見上げていると、その開か  会議の開か  格闘が開か  目前に開か  ぐひすの音に開か  外へ開か  木戸が開か  饗宴が開か  毎月芝居が開か  逼らず、開か  ことができたとでもいうか、遂に開か  それだのに開か  万八楼で開か  町が開か  ものが初めて開か  日比谷公園は開か  戸を開けようとしたが、開か  これも開か  戸を開けようとすると、やはり開か  扉が、押せど叩けど開か  扉だけが開か  傘を開か  笠を開か  往来にむかって開か  四月博覧会が開か  前後二十回に亙つて開か  毎年四月に開か  上海で開か  主旨によって開か  内国勧業博覧会が開か  内側から障子が開か  大店で開か  討論会もよく開か  情緒主義によって開か  一通の開か  お茶の水で開か  これは開か  人には開か  港が開か  町は開か  宴會は開か  寺惣代会が開か  いずれにも開か  教室は開か  和書が開か  楽しい酒宴が開か  下相談を開か  門も開か  それはついに開か  毎年春季に開か  親しく口を開か  金輪際口を開か  予審を開か  一回公判が開か  十月四日に開か  埒が開か  木藤救世軍士官が控えて、物々しく開か  審問はなかなか開か  これを開か  口腔を開か  扉はがたんと開か  しか口を開か  命日にあたるといふので開か  唐櫃が開か  土蔵の開か  学問が開か  将に開か  西欧派的な開か  戸を開けようとしても開か  みそかに開か  聖運の開か  首府で開か  十月ロンドンで開か  貝を開か  窓が開か  食堂の開か  裁判が開か  御念入り裁判が開か  帳が開か  そこが開か  手で開か  年四たびに開か  座敷として、ほとんど開か  田圃が広々と開か  席が、開か  蓆が開か  話頭が開か  炉辺閑話が開か  空に開か  音楽学校に開か  身の上を開か  大道に向って開か  里神楽が開か  展覧会の開か  今年新に開か  ここで開か  革命裁判が開か  高氏へ開か  市民大会が開か  どちらからともなく蹴開か  欝金櫻は、未だ開か  昨年四月から北京に開か  二つのドアを開か  頭部が開か  攻め口を開か  蓋を上げると開か  彼は開か  某所に開か  唐物商を開か  后町で開か  例を開か  漢口で開か  評議がまた開か  言葉によつて開か  明治三十六年十一月三日帝国ホテルに開か  それを開か  競技会を開か  町奉行所が開か  笠の開か  賭場の開か  屋敷町として開か  弁天通りが開か  遊廓が開か  鉄扉がときどき開か  弾薬庫は開か  大阪婦人大会が開か  芸者屋で開か  市会を開か  洞窟が開か  ひと幕を開か  勘次に開か  戦闘が開か  ものか、いいかげんにしてまたその開か  代官屋敷のまだ開か  吉野に開か  月々何回も開か  以前まで開か  舍で開か  中から錠を下ろしていると思われて開か  硝子戸を開か  酒宴は開か  売薬店を開か  後に突然開か  ビクとも開か  城が開か  青揚会が開か  玄関はすぐ開か  委員会が開か  名古屋に開か  宗秩寮審議会を開か  四月九日から上海で開か  言質を、予め開か  東京築地本願寺で開か  ロンドン海軍軍縮予備会談が開か  議会はいつ開か  途は開か  牢長屋の開か  吟味が開か  幕府が開か  花の早きは散り遅きは未だ開か  実隆邸に開か  朝に開か  殆ど其眼を開か  木井邸で開か  ままに開か  唇を開か  新世界は開か  街で開か  所では開か  伴天連が、封じて開か  やうとしたが開か  英米戦争を開か  俸給を受けるべく開か  扉が急いで開か  夢にちがひない、突然開か  緑とを垣間見せたのみで、終に再び開か  幕の開か  もとに開か  戸がまた開か  カーッと開か  愕いて開か  會議が開か  目を、少しずつ開か  初日が開か  追悼展覧会が開か  ことのできる開か  為めに開か  後ろへ開か  襖が開か  平野に時おり開か  頁を開か  道に向かえど開か  研究会が開か  地方事務所で開か  路が開か  戦場が開か  血路を、まず開か  大喜劇に向かって開か  外より開か  門の開か  扉しとやかに開か  襖手荒らに開か  馬市に開か  当地に開か  座敷で開か  広場に開か  そこで開か  妻戸が少しばかり開か  町で開か  運がこうして開か  仏で、まだ開か  ここは開か  間で、開か  口はついに開か  眼の開か  遊園地の開か  花のいまだ開か  すべてのものに開か  のだが、どうしても開か  場が開か  樹を伐りまさに開か  跡方もなく伐開か  秋竹の台に開か  万国博覧会が開か  宴会の開か  梅が、まだ開か  筵は開か  扉を開くか開か  ページが開か  ままだったし、てんで開か  雑誌は開か  トバの開か  木の間に開か  門、ほとんど開か  玄関は開か  浮舟自身もようやく開か  途が開か  ラチが開か  いつでもすぐに開か  数か月来掘り開か  音楽にたいして開か  口は少しも開か  眼も開か  みずから道を開か  一巻が開か  震災後に開か  新に開か  一議会が開か  戸がゆるゆる開か  襖が、開か  前後を通じて開か  世界作家大会が開か  一回が開か  二回総会が開か  ホールで開か  四五日間説教が開か  活動小屋で開か  彼へ開か  上に開か  民衆に開か  光によって開か  音楽会が開か  多様さにたいしても開か  香箱が開か  評定が開か  中へ入れて開か  障子が、すうとひとりでに開か  半分だけ少し開か  教場で開か  眼がなかなか開か  蓋がきつく閉まっていて、なかなか開か  鍵ががっちりして開か  殊に女子はいまだ開か  実演展覧会を開か  実演会を開か  展覧会を開か  演説会を開か  明後日に開か  市政会館で開か  於て開か  胸襟を開か  左右に引き開か  大阪で開か  長崎医大で開か  相談会を開か  見事に開か  京都で開か  青年学校が開か  針路を開か  緊急に開か  工場委員会が開か  一つが開か  扉が大きく軋みながら開か  眼が開か  戦端は開か  檻は開か  背部はぱっと開か  ん丸く開か  紀元の開か  莚が開か  あしたから大きく開か  平和博覧会が開か  内側から用心棒がしてあると見えて、どうしても開か  始て開か  日比谷で開か  お祭りが開か  京喜久というので開か  お牧の茶屋というので開か  菊は未開か  梅花未開か  顔と、おろおろと開か  三田文学会数寄屋橋外笹屋に開か  松屋に開か  夜三田文学会笹屋に開か  日本橋若松家に開か  三越楼上に開か  桜未開か  薔薇花将に開か  雪本に開か  清元一枝会有楽座に開か  花将に開か  置手紙は開か  音もなく開か  ところが開か  伸子が開か  表紙を開か  手あたりばったりに開か  由て開か  自分でどうしても開か  蓋は開か  ばらよ開か  酒もりが開か  辨當を開か  半ば以上に亙つて開か  静かに視開か  高野山において開か  社会主義研究会とが開か  変りなく開か  純粋小説に向って開か  調査会が開か  上の開か  窓を開か  扉がいつの間に開か  一斉に開か  無理に開か  牢獄が開か  震へるばかりで開か  七月から日清戦争が開か  まり口を開か  揃つて、まだ開か  ようにして、開か  内側に開か  今日珍しく開か  一頁が開か  首都コペンハーゲンで開か  總會が開か  アムステルダムで開か  本町通りで開か  研究が開か  園遊会が開か  歓迎会を開か  外に向けて開か  目は開か  皮が開か  喫茶店でも開か  夏大阪で開か  穴も開か  唱歌室で開か  封筒を開か  半眼は開か  成績展覧会が開か  魂の開か  彼に開か  一室が開か  格子戸は開か  歯をめったに開か  露支共産会合が開か  交通が開か  ボタンを押してみたが、どうしても開か  塾を開か  裁判の開か  私たちに向って開か  扉をつつんだ開か  三たび口を開か  今新たに開か  玻璃窓を開か  事務所が開か  ためには開か  山を開か  監房を開か  戸口も開か  目覚めを伴わなければ開か  ことを、開か  扇子が同時にぱらぱらと開か  童謡音楽会が開か  三回が開か  選挙会が開か  新らしく開か  方で開か  城門が開か  国会が開か  ガタッと鳴っただけで、開か  箱をすっかり開か  つて大きく開か  七月四日からスペインで開か  アメリカで開か  廟門は忽ちにおのずから開か  あいだ城門を開か  森に向いて開か  近江伊吹山植物講習会が開か  観音びらきに開か  そうに垂れ下がり、めったに開か  げに開か  鼻を開か  一度も開か  内側から機械仕掛で開か  つて一度も開か  しづかに開か  何処までも開か  弁当籠の開か  合掌して開か  カント講座が開か  幕府の開か  メインタンクが開か  五月初旬京城において開か  瞬時に大きく開か  一大歓迎会を開か  觀測所が再び開か  俳句会の開か  宝生流素謡会を開か  便法が開か  随時に開か  どこででも開か  間口を開か  出入口が開か  力でも開か  胸隔を開か  身体は、斬り開か  そつと押し、開か  ダンスが開か  なかに開か  手に開か  鎧戸はほとんど開か  小さな部屋は開か  途を開か  海事査問が開か  二階で開か  先刻扉が開か  尾根部に開か  ように、開か  悟は開か  内側へ開か  泰澄によって開か  姻戚的交渉を開か  万松寺に開か  袋が開か  療養所でも開か  鍵が掛っていて開か  文展の開か  春京都で開か  定期的に開か  劇場が開か  罹災民慰問会の開か  慰問会が開か  雨戸の開か  二尋常小学校で開か  学校に開か  英語会が開か  戦端を開か  御前会議が開か  ところを押してみたが開か  戸を押したがやはり開か  寄り合いが開か  乱陣は開か  多く口を開か  埓は一向開か  一組を開か  広大に裂き開か  誰ひとり口を開か  目口も開か  歌會が開か  一升壜の開か  岡崎公園に開か  ために伐り開か  門扉が開か  ちっぽけなので、開か  なかへ押しよせてはこないで、まず少しばかり開か  扉はいつも開か  幕で開か  毎晩そこで開か  教育展覧会も開か  平和博覧会も開か  知を開か  正面に開か  地を開か  世界が開か  比叡山は開か  審問が開か  十一月二十九日にも開か  起原は開か  特別講座が開か  一切口は開か  噂のある開か  今もって、開か  ここはただ暗い開か  天守閣の開か  私が住めば、開か  九百日、開か  草市が開か  港として開か  交通は開か  窯が開か  眼口が開か  幾つも開か  公判始めて開か  ホテルが開か  力では開か  ものによって開か  萬國博覽會が開か  今行ったが開か  こにも開か  査問会が開か  釘で開か  ほかには、決して開か  扉が少しではあるがはげしく開か  小さな柳甲李は開か  道がどう開か  夜中に開か  煙硝蔵が開か  幕僚会議が開か  明菓で開か  何、開か  出來るほどだけ繰り開か  はじめて白鳥会が開か  交通を開か  錆附いて居て好くは開か  茲で開か  差図して開か  錠を開か  美術団体連合展が開か  同情融和会が開か  不思議な世界が開か  扉ががらっと開か  居留地が開か  歌留多会が開か  円山公園で開か  無理押しに開か  新しい世界が開か  内より開か  この間改札口幾度か開か  目に入って開けようとしても開か  咽喉へ通すと、その薄く開か  かすかに開か  パラシュートが開か  生徒大会を開か  其胸を開か  真剣に開か  城門を開か  銅銭会縁起録が開か  門は開か  しきを開か  さくらはまだ開か  大門は開か  中にも開か  会合が開か  うち、せいぜい開か  神田青年会館に開か  帝国ホテルに開か  帝国劇場の開か  重大会議を開か  祟ありとて開か  商店が開か  幾本も開か  道路を開か  ここに少しく開か  上には開か  展望が開か  天地が開か  皮膚に開か  生存競争場が開か  眼は一層大きく開か  扉はかるく開か  戸口は開か  湖が開か  読書会が開か  会を開か  森が開か  目はうっとりと開か  柔らげさせて開か  向こうに開か  臨時出店が開か  ほかに開か  花弁を開か  なつてゐて、まだなかなか開か  花はまだ開か  昔に初めて開か  港は開か  蕃書調所なぞのすでに開か  先例を開か  港を開か  三港を開か  都市をも開か  市場を開か  交際を開か  国を開か  国を開くか開か  主任に開か  教員会議が開か  懇談会が開か  汝何ぞ開か  方に開か  窓だけは開か  京都建春門を開か  戦争はすぐ開か  あとで開か  形において開か  二次会が開か  五年後にか開か  ハッチ口はまだ開か  戦いを開か  牡丹畑で開か  画会が開か  筈もないが、たしか開か  初日は開か  路を開か  政治的交際を開か  盛岡に開か  温泉で開か  温泉に開か  大澤温泉に開か  心を開か  二三度くりかえし開か  眼は大きく開か  つつじ園に開か  明らかに開か  びらはすでにもう開か  店が開か  窓にしても、ついぞ開か  家並に開か  日に開か  前後に開か  閉ぢ共に開か  書の開か  懇親会が開か  上院委員会が開か  市が開か  何も開か  戦争最高指導会議が開か  劇場で開か  講演会が開か  裡運を開か  軍評定が開か  端緒が開か  つて口が開か  鍵に依つて開か  何カ月ぶりかで再び開か  心とを開か  戦端も開か  酒宴を開か  東京に開か  宅では度々開か  盛んに開か  楼上で開か  清風亭で開か  熊野神社で開か  端緒は開か  墺国維納に開か  同年紐育に開か  西に開か  展覽會が開か  夕暮に向って開か  通りには、開か  音と共に開か  壁は開か  花は開か  都にて開か  貸席に開か  様々に開か  ものを開か  口もとがひとたび開か  私たちは開か  会合は、多くそこで開か  遲かれ早かれ開か  控訴公判の開か  中からは開か  軍議が開か  夜会が開か  脇門が開か  路は、再び開か  売店が開か  城門は開か  うちで開か  きり、めったに開か  盛運を開か  帰朝展覧会が開か  ヴィナス倶楽部といふところで開か  会場で開か  エディンバラで開か  学生大会が開か  党大会が開か  端緒を開か  廷は開か  公判は引き続きて開か  社會部會の開か  瞬間に開か  扉は勿論開か  扉は開こうとし、しかし未だ開か  扉は二度とは開か  両側ともすでに開か  法廷は開か  家塾育英舍を開か  合評会が開か  余り口を開か  部屋が開か  扉は固く締まって開か  爲に開か  板戸の開か  錘に置いて開か  上で開か  水門は開か  ように容易く開か  いとぐちが開か  ことをしても開か  錠は開か  女學校で開か  此處で開か  新しい精神によって開か  そのまま壁を蹴って、開か  金庫が開か  瞼がどうしても開か  それがふたたび開か  錠をかけているので直ぐには開か  口を余り開か  がらがらと開か  鉄門は開か  豁然として開か  毎月裏寺町で開か  社寺院の開か  村会まで開か  村会は開か  東邦宗徒連鎖聯盟会議が開か  つてゐて開か  目的で開か  回国際パンクラブ総会が開か  上野松坂屋で開か  個展が開か  分野が開か  巴里で開か  汎太平洋学術会議の開か  花が開か  長年の蒙を開か  一大饗宴が開か  十二時でないと開か  講話会が開か  ところを見ると、永らく開か  今度展覧会が開か  薔薇を開か  野原が開か  夜分に開か  アンダア・ラインを引かれて開か  牡丹を開か  掌も開か  そもそも最近にはめつたに開か  江戸城が開か  皆で開か  盛大に開か  障子を開か  戸を開けようとしたが開か  江戸を開くも開か  通路が開か  幹部とともに、開か  



前後の言葉をピックアップ
平織  平賀  拓か  平鹿  ひらか  枚方  平潟  平河  平川  平形


動詞をランダムでピックアップ
詰め替える交すけたてるふさぎ否む紡げ待ち受けよ気どり嘆ずるあやまらし打込めひるがえっ上がっくり出そききかえすうち群れ諦めよたちのい廻そ気圧される
形容詞をランダムでピックアップ
よかれ細かしくありがた広く遅からはなばなし芳しき有難きそうぞうしく脆い面はゆく乳臭ういけ好かなくやむをえない恥ずかしこうるさい心地よかっほほえましはやけりゃ寂しい