「拓か」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 拓か[動詞]
自然と拓か  うちに拓か  手で拓か  前途が拓か  山肌に拓か  世界を拓か  林檎畠に拓か  いふ感覚によつて拓か  限りは拓か  姿も消え遂に拓か  境涯を拓か  いびつに切り拓か  道が拓か  桑茶栽付所となり、さらに拓か  おいおいに拓か  本道を拓か  山を拓か  百坪ばかり拓か  道を拓か  力に依って拓か  そこは、ひろびろと拓か  安楽平易な門が拓か  領域が拓か  文学によつて拓か  精神によって拓か  庭園を拓か  境地を拓か  塚が次第に大きくなるにつれて、拓か  我々の拓か  花園が拓か  農園が拓か  桑茶栽付所となり、更に拓か  



前後の言葉をピックアップ
平泳  平泳ぎ  平織り  平織  平賀  平鹿  ひらか  開か  枚方  平潟


動詞をランダムでピックアップ
のりきっつっ伏す汚す踏みならし切詰める替ろ詰め込めとどまあつまっくべれみたまっとうしたたき起さ差上げよ引き入れ打ち捨てる切り倒そまつわりつく笑われ起こ
形容詞をランダムでピックアップ
なまぬるくすずしかっ擽ったいあしき真新しく物珍し柔かう懶くねむたきいまだ恥ずかしゅう惜しかろ容易おもいゆかしわずらわしかっ理窟っぽくうすらさむいあぶなかろ