「野暮」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

野暮[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
野暮なる今日の御代にはあらず  野暮な談で世間に通用しない  野暮かと思へば  野暮な用があったので  野暮はいわなかった  野暮に知らない  野暮にはなかなかなれない  野暮にして  野暮な刀をふり廻すなどとは  野暮をいうなよ  野暮らしい感じがすると  野暮を敢てする  野暮を憫笑する  野暮な隠し立てはしますまい  野暮を嫌う  野暮で分らずやの  野暮な私には覺えられませんので  野暮な縞も隠されず  野暮な駄洒落の啖呵に風流を気取ったばかしに  野暮な問い掛けでおそれ入るが  野暮なことを云ふな  野暮くさい田舎女がさだめし奇妙なことでせうぞ  野暮な田舎者の狭量かも知れない  野暮がたい田舎娘などを貰う  野暮をいわんでも  野暮と申す  野暮なスカートの女の節高い指を軽蔑して眺める  野暮な会社に付き合う  野暮に振る舞わざるを得ない  野暮なことはしない  野暮ではありませんか  野暮であらう  野暮なやり  野暮な人間はいないからであるが  野暮な作品ばかり書いて行く  野暮なことはしたくない  野暮なおつくりではあるが  野暮なことを云うな  野暮な小言を云った  野暮な紋だから屋敷や何かでなけりゃア附けない  野暮な事を云わねえでさ  野暮つたくて氣が引ける  野暮といふ自嘲の気味をさへにほはせてゐるからである  野暮くさい束髪頭の黒羅紗のコオトに裹まって  野暮なお方でもありますまい  野暮にしちくどく希望されて  野暮な質問は止めよう  野暮に憤る  野暮な事は言わぬが  野暮なことを云わずに  野暮を云っても  野暮なまじめを繰り返しても居なかったが  野暮な学者に向って  野暮な話と言わねばならぬ  野暮な事は流行しませんよと云われれば  野暮な深入りはしない  野暮な足音を舗道に響かせながら  野暮かもしれません  野暮な科白を振り回してゐる  野暮な商売をゆずって  野暮をよそって  野暮だとか判らず  野暮にむずかしい詮議をされたら  野暮ではありません  野暮は仰有るまいと  野暮を言わずに  野暮なドラ声を出した  野暮な声を出した  野暮なことはしたくないが  野暮な声を出して  野暮な客だろうと呆れながら  野暮なことをきいた  野暮なことは言わなかった  野暮な話は取り上げない  野暮くさい綿入れを着ている  野暮だと僕は思う  野暮を言わずに取っときたまえて  野暮な事を云うな  野暮なことを私は言いはしません  野暮なお探りはお止しなさいませ  野暮にくい下って  野暮に御念がいりまする  野暮はいはないから  野暮をするな  野暮な議員だといふ風に考へられる  野暮くさいでもありましょうし  野暮なお酌をすると  野暮なもんと相場がきまっとる  野暮なことは俺は言わねえ  野暮を洗い落として  野暮に安住している  野暮な恰好をして  野暮を言う  野暮なことはなさらずに  野暮なことはおつしやらん  野暮な処へ参りますが  野暮な事を仰有らなくても  野暮なるは即ち彼をして  野暮なことは申し上げる  野暮のドン詰りであるが  野暮はしねえ  野暮なことをいうじゃありませんか  野暮な奴だと思って  野暮なものにし  野暮でそのくせ気取っている  野暮というものになろうし  野暮とかといやしめるにちがひない  野暮なものだといふ  野暮な常識臭いものを固く執つて動かない  野暮な単物を着ていた  野暮だと半七は思った  野暮に堅くなっているじゃあねえか  野暮なことを云いたくねえが  野暮に催促するにも及ばねえ  野暮な奴だというようなことになっていた  野暮なことは止めにして  野暮な人でも無いようなふうをしていました  野暮に立ち騒いだらば  野暮へと感染れたが  野暮の上塗が次第に剥げて  野暮に出来ているし  野暮を云っちゃあ  野暮な詮議もしませんが  野暮に催促する  野暮な田舎娘のこしらえで  野暮らしい田舎娘に扮していた  野暮を云わねえで  野暮な話は止めにして  野暮なことをきくなよ  野暮な言ひ  野暮の和田さまをもいろいろとおいた  野暮つたい狡猾なところもあり  野暮な者ほど華奢で繊細なものにあこがれる  野暮な声になって言った  野暮におびえさせて  野暮な真似はやめるが  野暮にシャチコ張ッた鼻の頭へ白粉をつけてやりたくなっていた  野暮はいたしませんが  野暮の絣を着て出た  野暮な心ならば初めから芸者引かせて  野暮をいうな  野暮くさいものをもって  野暮に叫びを立てようとしたが  野暮は言わない  野暮なのもこの人なればこそ  野暮にこぢんまりと引きしまった  野暮な伊達をいまだに忘れぬ  野暮な生真面目さを見込んだ  野暮なことをして下さいますな  野暮な風こそしていらっしゃるが  野暮な真似はせぬから  野暮であるとけなされた  野暮な位になって来た  野暮は言わないという  野暮なことのように感じる  野暮な追究を試みる  野暮なくりごとをやめましょう  野暮くさいものとの感じがあり  野暮に聞こえるほどの  野暮なおせっかいと心ある  野暮に陥つてゐる  野暮なるが故にして  野暮なアメリカの衣裳をつけて  野暮はしない  野暮に言い争ったりしない  野暮な仕向けもしたくなかった  野暮に誰を怨み  野暮な私は今でもやはり駄目かもしれない  野暮になる  野暮くささを感じながら  野暮を謝罪しなければならなかつた  野暮を任じていたが  野暮かもしれない  野暮な棚などを取り廻した  野暮を避けて  野暮に見受けられる  野暮な根性がもはや彼の身体の全部になつてゐた  野暮にそれと正面衝突は気質的に出来ず  野暮だからかえって女難にかかった  野暮だといふ  野暮の骨頂としてございますな  野暮なトンガラシが出現して  野暮な自分が楽しい相手と映る  野暮な優しさを描かうと  野暮なことをおきき申した  野暮たらしいものに思われる  野暮と不粹を罵倒したり  野暮は尊重されて  野暮くたい精神をもたなくてはなりません  野暮なことであるかも知れません  野暮なことを言ふの  野暮くさいテーブルかけがあったっけ  野暮をおそれぬ  野暮なレエスから出たらしい  野暮の云う  野暮な詮議はどこかのひと隅へおしこんで  野暮ならね高が二子の綿入れに繻子襟かけたを着て  野暮な女房を持ったばかりに  野暮とたしなみ  野暮だと言いはじめた  野暮の高声になって攻めつけると  野暮で物欲し  野暮の骨頂なり  

~ 野暮[名詞]1
拵えは野暮  がちな野暮は  ことさえ野暮  方でさう野暮に  クールさは野暮に  問題を扱うだけ野暮には  ここに野暮に  のは野暮の  呂律も野暮  肩肘張って押し通すという野暮  存外な野暮  ジタバタが野暮という  好みは野暮  ような野暮を  私の野暮を  ここは野暮を  清興中を野暮  ことが野暮  のは野暮  方には野暮  隱すは野暮の  方でも野暮  それは野暮  これは野暮と  花は見るが野暮  紅葉は見ぬが野暮  女たちが野暮  オレも野暮に  アルコール禁止などという野暮  厳重さで野暮  ことは訊くだけ野暮  云ふだけ野暮で  時代おくれの野暮  ような野暮  ビイルは野暮の  申上げると野暮  言ふだけ野暮といふ  云ふだけ野暮  感じの野暮  ような野暮は  笑いには野暮  ことで野暮  結果はいうだけ野暮  方が野暮かも  何を野暮  意気でも野暮でも  数年来兄貴に野暮  化粧の野暮  樹男という野暮は  主人は野暮  岩永がまじっていて野暮に  小郷は野暮  のという野暮  西洋じみた野暮  こと云ふだけ野暮  君に言うだけ野暮  理由は数え上げるだけ野暮  のだろうなどと野暮  山の手が野暮に  それはいふだけ野暮の  非常に野暮  小説は野暮  意気で野暮  昔しから野暮  私は野暮  僕は野暮  割に野暮  ジタバタするだけ野暮じゃ  拵えが野暮  外れの野暮  如くに野暮  方が野暮  これは野暮  可なり野暮  眼鏡も野暮  これはいふだけ野暮の  田舎風で野暮で  紺地の野暮  のも野暮  かみさんだって野暮  ものの野暮に  華美から野暮へと  遊び人にしちゃあ野暮に  私たちの野暮  失礼ながら野暮の  くせ変に野暮  勸めるだけが野暮にや  彼の野暮に  焦茶色になった野暮の  やうな野暮  人は野暮  一時は野暮に  紹介する野暮  帯の野暮  律気らしく野暮に  田舎者じみた野暮  寺田の野暮  文選者を弱らせたとて野暮  附添のが野暮  のなら野暮  世の中に野暮  ことにひがみを起しているほどの野暮  ことをいうだけ野暮  調子が野暮  裏も野暮に  過程をも野暮  身の上話なんて野暮  酒のと野暮  田舎者めいた野暮  それをいうと野暮に  私には野暮  軽侮して野暮に  お前が野暮  ことほど野暮  武骨一片の野暮  赤鼻女の野暮  何処やら野暮  男と野暮に  喧嘩をすれば野暮に  事は野暮  己れの野暮を  それを怒ったでは野暮という  蛮行は野暮の  これは訊くだけ野暮かも  比べものにもならないほど野暮  灯籠や野暮  電燈の野暮を  いくらか野暮に  執拗すぎる野暮  ものかといふ野暮  卑屈で野暮  園遊会なんて野暮  方その他が野暮  年代記にも野暮の  現代の野暮と  酒をやめろというと野暮の  私のかかる野暮は  ことは言うだけ野暮  権兵衛の野暮  オリーブ色のぼったりした野暮  それは野暮の  口にするだけ野暮の  ものが野暮  選択こそ野暮  のは野暮と  お前たちは野暮  徒歩も野暮  若殿は野暮  ような野暮で  

~ 野暮[名詞]2
いろいろ野暮  そんな野暮  多少野暮  もう野暮  ない野暮  大きに野暮  かる野暮  いよいよ野暮  あまり野暮  何とか野暮  少し野暮  別して野暮  今更野暮  この野暮  あの野暮  思わず野暮  なんと野暮  いけすかない野暮  っぽい野暮  まあ野暮  どうも野暮  そう野暮  再び野暮  そんなに野暮  どうか野暮  く野暮  そもそも野暮  狭い野暮  甚だ野暮  こんな野暮  まんざら野暮  全く野暮  たまらなく野暮  たしかに野暮  どう野暮  むしろ野暮  あまりに野暮  いかにも野暮  ひとり野暮  いかさま野暮  もっと野暮  

複合名詞
至つて野暮  一ツ大野暮  皆野暮  野暮仁  野暮作り  野暮さ  野暮的  チト野暮  自ら野暮  野暮用  程野暮  野暮さ加減  とおり野暮  野暮め  何かしら野暮  野暮そのもの  野暮一度  野暮かたぎ  当節野暮  野暮つたさ  一番野暮  野暮ぎらいで  野暮乃木將軍  



前後の言葉をピックアップ
矢部川  ヤペツス  八穂  野砲  ヤボ  野望  野暮臭い  野暮臭く  野暮臭くっ  野暮った


動詞をランダムでピックアップ
満たそ泣きはらし捲き込も駁するきれあがっ滴り沁みよくすぐらはこび葺か泡だち痛み入押しかけろよじ登りしめきら持ち回っ翳す肯かやり遂げよ問い返し
形容詞をランダムでピックアップ
ぶあつい青臭い極まりなくなまぬるかっ心許なかっ俗っぽく良くっもろいいとけなき男らしかっ捗々しい狭苦しかっ烏滸がましく悲しからねつく狂わしかっ畏くすから