「過ぎ行く」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 過ぎ行く[動詞]
馬の過ぎ行く  たまひかりて過ぎ行く  時は過ぎ行く  生活の過ぎ行く  倉皇として過ぎ行く  時間の過ぎ行く  あとへと過ぎ行く  烏の過ぎ行く  なごり惜しく過ぎ行く  らで過ぎ行く  神尾主膳は過ぎ行く  いままたひたひを過ぎ行く  宇津木兵馬は、過ぎ行く  ぴつたり立止つてその過ぎ行く  側を過ぎ行く  われの悲しむは過ぎ行く  不審がって、過ぎ行く  のかと、過ぎ行く  首傾けて過ぎ行く  往来を過ぎ行く  一つとして過ぎ行く  平穏無事に過ぎ行く  弾じつつ過ぎ行く  上手に過ぎ行く  そのままに過ぎ行く  時の過ぎ行く  二三町を過ぎ行く  前を過ぎ行く  門を過ぎ行く  處を過ぎ行く  中を過ぎ行く  何心なく過ぎ行く  海上を過ぎ行く  



前後の言葉をピックアップ
杉山  椙山  過ぎ行か  過ぎ行き  すぎゆき  すぎゆく  過ぎ行け  過ぎ行こ  すぎよ  過ぎよ


動詞をランダムでピックアップ
持ち上がら思し召せ漕げる梳るそんじよひっかき架したぶらかさ言い立てる犒わ詠めれしてやら手放す受け出すはじきだし洗い出し封じ込んきりとらころげおちるたちむかっ
形容詞をランダムでピックアップ
もろひなたくさい残り少なきこわく相応し根ぶかいややこしく骨っぽ赤かっ生新しいボロ口煩く何気無らうたし大きかっ心細くっ可笑しき眩しくほろにがく生あたたか