「およん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ およん[動詞]
脳におよん  六回におよん  一着におよん  持参におよん  写真を見るにおよん  事なるにおよん  だんだん長ずるにおよん  町あたりまでもおよん  兄は長ずるにおよん  六十キロ以上にもおよん  相識るにおよん  外電が入ってくるにおよん  数万人におよん  置文を見るにおよん  評議におよん  往来などを知るにおよん  禍いがおよん  夜半におよん  期におよん  鎌倉にもおよん  注進におよん  老後におよん  今暁におよん  彼も思いおよん  時代となるにおよん  全国十数ヵ所におよん  性行を知るにおよん  戦争におよん  何十通にもおよん  南海から出雲地方にまでおよん  一殿から庭上にまでおよん  四度にもおよん  九州にまでおよん  小半時におよん  視察におよん  暴露におよん  二十一カ所におよん  会員十万におよん  危機におよん  ここでおよん  二階でおよん  ことを詳しく聞くにおよん  六ブロックにおよん  現業窯におよん  勢力もおよん  今日におよん  実のおよん  訴願におよん  皆がおよん  上へはあがらずに、そのおよん  私はそのおよん  私に近づけないでいる、あのおよん  徳川期におよん  抵抗を見るにおよん  細部におよん  こっちへおよん  



前後の言葉をピックアップ
おより  オヨリデキヌ  およる  およろ  及ん  居ら  折ら  織ら  おら  おら


動詞をランダムでピックアップ
因ん報じよ嗄らせ見回り咲き誇り抗えたこ送り届けよ類す連ねるたくらんもんたやさくらみゃ湿気延べれ返せはりあっ張切れ作る
形容詞をランダムでピックアップ
ありがたく口ぎたないくらかっ硬く怨めし五月蝿誇らしかっ薄暗うかっうすら寒いめでたかっ恐い堆かっ白かっ生々しく蒸し暑いよかっ敢なき遍く暗くっ