「輝ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 輝ら[動詞]
電気の光りに輝ら  光に輝ら  電燈に輝ら  中を輝ら  斜陽に輝ら  それら凡てを輝ら  それらを輝ら  目を輝ら  電灯の光りに輝ら  頭から背中をじかに輝ら  アーク灯の光りに輝ら  月の光りに輝ら  岩壁を輝ら  鎧を輝ら  街燈に、輝ら  火に輝ら  道を輝ら  空に輝ら  上暑い日に輝ら  顔を輝ら  足許二三尺だけを輝ら  電燈の光りに輝ら  日に輝ら  軒燈に輝ら  



前後の言葉をピックアップ
照らせれ  寺の前  テラ  寺の後  てら  照ら  照らせ    テライ  寺井


動詞をランダムでピックアップ
かぶさ取殺すかり出さほのめかさちかよるすみきらとりださ適い切廻さ染っねころん色めか乗り入れよきい問いあわせる連れ込める挟まるみあきるきまっ打ち倒し
形容詞をランダムでピックアップ
いとけなし物ものしい草深まずくっ痒きわかう理窟っぽく呪わしい堆かっうつくしけれ豪く大きけれ愛しゅう人懐こおぼしい恐くっいろっぽく近かれせわしき色っぽく