「てら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ てら[動詞]
故郷見物がてら  散歩がてら  解剖を見がてら  留守番がてら  買物がてら  見送りがてら  石油買ひがてら  運動がてら  食事がてら  刀痕がついてら  雪見がてら  勉強がてら  **********おとなしく待ってら  文句を述べたてら  夕涼みがてら  見舞がてら  食ひね、てら  商用がてら  こむづかしいものを書かうとするてら  案内がてら  白酒を飲みがてら  月見がてら  紐を持つてら  凝議がてら  焚木を拾いがてら  奥さんを探してら  これ持つてら  音がして、てら  詫びなどを言いがてら  涼みがてら  花見がてら  手伝いがてら  昨日から顔色ア悪くてら  使つて保養がてら  報告がてら  マア散歩がてら  外へ出てら  散歩でもしてら  忌も違えがてら  ように狩りたてら  怒号で狩りたてら  巧く言ってら  天王寺へお詣りがてら  でたらめ、いってら  日のてら  ききがてら  自殺してしまってら  馬鹿あ云ってら  稽古がてら  おふくろも待ってら  見物がてら  見舞いがてら  云つて心配してら  夕飯を食いがてら  遊びがてら  今でてら  家を見せがてら  葉子にしゃべりたてら  ファシストであり、狩りたてら  大名に取りたてら  遙ばると出てら  一所に動いて、時々、てら  何かしてら  何か書いてら  こと考へてら  避暑地から散歩がてら  輕蔑してら  お礼がてら  毎晩女を殺してら  ことをいってら  うそいってら  つてに、もうわてら  魚釣りがてら  ことを言ってら  組合が違ってら  熊野は、呼びたてら  思つてびくびくしてら  詩を書いてら  フクレてるし、よく似合ってら  家を探しがてら  写生がてら  老人が早速叱りがてら  相談がてら  こかはてら  伴がてら  かいふりてあてら  気散じがてら  気楽云ってら  から持つてら  通り立ってら  つて、てら  医務室へとどけに行きがてら  疎開してら  我慢してら  面からして違ってら  遊山がてら  お母様たち心配してら  意見を加えがてら  山を見がてら  保養がてら  帰りがてら  傘を返しがてら  青坊主に剃りたてら  大切にしてら  一つ散歩がてら  おやすみがてら  辺を探しがてら  いま海へ行ってら  留守居がてら  小説も慌てながら書いてら  ほんまに、わてら  うそばかり言ってら  所が見たてら  其箱をば、てら  すべて、てら  阿弥陀堂を、やはりてら  宮である意味のてら  警官に狩りたてら  やうにてら  慰みがてら  自慢がてら  それをみとりがてら  彼がたえず燃やしたてら  顔ばかり、じろじろ見てら  陰でも、ほめてら  キャッチしてら  なにしてら  ことを謂ってら  地が見たてら  三人とも揃ってら  年始がてら  家にじつとしてら  送りがてら  上りがてら  こと考えてら  入院してら  ところへ連れてら  月も見がてら  何程に喜んで聴いてら  休みがてら  様子も見がてら  花野もながめがてら  お見舞いしがてら  惜しみがてら  甲のすべっこい、てら  お見舞いもしがてら  導べしがてら  船番がてら  紹介がてら  赤さんはわてら  表を歩いてら  使いを貰ってら  好奇心から常に狩りたてら  心境をのべたてら  たか覚えてら  挨拶がてら  うつむいてら  うそをいってら  後讎がてら  おれたちを待ってら  気保養がてら  物が分つてら  から運動がてら  詫びがてら  可愛いことをいつてら  避暑がてら  のは知れ切ってら  サッパリしてら  あなたを愛してら  泊りがてら  気晴しがてら  君待ちがてら  結婚してら  見舞ひがてら  可愛い顔をしてら  発音辞典を買いがてら  ちよつと待つてら  買ひものがてら  それを買いがてら  あんた持つてら  様子がやかましく述べたてら  悔みをのべがてら  自己吹聴がてら  傍見がてら  カバンを置きがてら  ゆつくりしてら  から、待つてら  毎晩やってら  興味をもつてら  気にしてら  今夜は疲れてら  方は慣れてら  上に、てら  へん、うまく言ってら  みんな等に待つてら  何か探してら  帰つてオルガンでも弾いてら  覺えてら  繪を描いてら  家にあそびに連れてら  裏表なしの塗りつぶしと来てら  顔をしてら  あたしを欺かしてら  ところからユサユサとゆすぶりたてら  肉を買いがてら  親爺さんが泣きこんできてら  研究がてら  役人に狩りたてら  人柄がちがってら  嘘言ってら  馬鹿にしてら  馬鹿言ってら  みんな落書きしてら  修行がてら  肩をいからしてら  お祖母さんが、いつもそう言ってら  巡査にとがめたてら  図嚢へ入れてら  酒屋で飲みがてら  索りがてら  ばかいってら  ますから油斷してら  燈に向けて、てら  何かを話しがてら  外形をてら  菎蒻は、ててら  監督がてら  捜査がてら  避寒がてら  興がてら  髭を生やしてら  髪は分けてら  お稽古がてら  通訳がてら  お花見がてら  ワイノワイノと呼びたてら  伝六様がついてら  靜さんも待つてら  もの、緩りしてら  心配してら  兄樣何か持つてら  誤解してら  月さんが笑ってら  静子さんも待つてら  マア、起きてら  感心してら  ほんとうにほめられたと思ってら  バカにしてら  浅草へでも捜しがてら  鑑定がてら  位置を見がてら  墓へ詣りがてら  刎ねてら  腹いせがてら  矢張り散歩がてら  様子ききがてら  これを出しがてら  其有様を見がてら  買いがてら  それを見がてら  嘘いってら  不安に狩りたてら  実験にはだいぶひやかしがてら  伝えがてら  外は、てら  奇矯をてら  出席がてら  生意気云ってら  テニスしてら  のを待ってら  びっくりしてら  燒けた顏がてら  ブツブツ言ってら  お腹が空いてら  人体がちがってら  森山さん、覚えてら  



前後の言葉をピックアップ
テヨリ  照らせれ  寺の前  テラ  寺の後  輝ら  照ら  照らせ    テライ


動詞をランダムでピックアップ
はらお思いなす縛めろ煌めく惚れ込むあれるいらっしゃろいろめか低まれ吹きまくろ赦す打てよ痛め付ける附け潤せもがく見透かせとばしるこいほうりこめ
形容詞をランダムでピックアップ
つめたし貧しけれおしけれなみだぐましきわざとらしから香しく奥ゆかしき宜しいわかく生ぬるい痛いたしかっ五月蝿憎々しきさわがし汚しよろこばしくつらにくしめづらしねたけれなさけなかっ