「謹ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 謹ん[動詞]
作者は謹ん  中で謹ん  思つて爺いさんは謹ん  者たちも謹ん  ことなく謹ん  皆さん、これから謹ん  ここに謹ん  ボーイ長は、とたんに謹ん  剣を横たえておりますれば、謹ん  曹操は、謹ん  私が謹ん  から茲に謹ん  人々は謹ん  此処に謹ん  江口から城下に入り、謹ん  事を謹ん  曹真は謹ん  目に謹ん  きょうは少々謹ん  一枚出して謹ん  ストーン氏は謹ん  私は謹ん  肩をすぼめるまで謹ん  喝采でない迄も謹ん  ことを謹ん  候故、と云って謹ん  条項をよく謹ん  兵馬は謹ん  私はいつも謹ん  仕合わせと謹ん  編次を謹ん  ように謹ん  まま、謹ん  半額を謹ん  前に謹ん  急に、謹ん  一切を謹ん  姥は謹ん  様子を謹ん  訳者は謹ん  これは謹ん  言葉を謹ん  彼女は謹ん  彼は謹ん  僕は謹ん  ここでは謹ん  忠告には謹ん  自分は謹ん  言葉と察して、謹ん  人だか、よく知りませんが謹ん  靴音までも畏れて謹ん  役人は謹ん  藩籍を謹ん  幾重もの光栄を謹ん  宗助は謹ん  言葉さえ謹ん  帰宅を謹ん  匂い深く謹ん  静かに謹ん  欝金草賣は謹ん  右血書を以て謹ん  翌日は謹ん  手際は、謹ん  私も謹ん  天変に対し、謹ん  虎はことごとく謹ん  指図をも謹ん  敬ひ謹ん  源太も敬い謹ん  ふうに謹ん  非常に謹ん  



前後の言葉をピックアップ
謹め  つつしも  つつしん  慎ん  謹しん  つつしんで  謹んで  つつじ  躑躅  榴ヶ岡


動詞をランダムでピックアップ
延ばせ飲みこめすいよせる兼ねる折合お引き起こす及べそるつめかける取っつけ追いまくれめしとりもよおさ耀こ差し支え見出す積み出し拱きさけば付け加えろ
形容詞をランダムでピックアップ
かゆ悪しかれ見にくい疚しいよんどころ無し悲しかっばかばかしかっめづらしかしまし優しゅう恐かっ白白しく苦苦しい小賢しうすら寒いならびなきほしかろながき情なかっ