「訊い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 訊い[動詞]
指で弄びながら訊い  うつかり訊い  遊びに来るかなんて訊い  四宮理学士が訊い  僕は訊い  のを訊い  啓吉に訊い  容子を訊い  田口七郎兵衛に訊い  釦をはめてやりながら訊い  看護婦が訊い  けいちゃん何処にいるの、しつこく訊い  窓口へ行って訊い  露骨に訊い  今度、それとなく訊い  女中に訊い  平馬が訊い  妹千草を睨めつけて訊い  びっくりして訊い  女は訊い  陳はせきこんで訊い  陳は訊い  陳はまた訊い  そこで訊い  良人に訊い  気味に訊い  早口に訊い  状を訊い  妻となって貰えるだろうかと訊い  コネリイ・モルが訊い  眼をして訊い  恐怖を見せて訊い  琴手は訊い  問はず語りに訊い  それも訊い  声をはずませてこう訊い  部屋へよんで訊い  二人だけ別室へよんで訊い  僕に訊い  私に訊い  母に訊い  強ひて訊い  龍海さんに訊い  先生に訊い  の、と訊い  本を書きたいと思いませんかと訊い  尾世川がいくら訊い  鈴子に訊い  十一娘は訊い  故を訊い  どこから来たかを訊い  十一娘は驚いて訊い  容貌を訊い  ことを訊い  考えを訊い  夫人が訊い  数を訊い  姓を訊い  兄に訊い  嫂は訊い  管理人が訊い  山本さんに訊い  杉村が訊い  明子に訊い  三木に訊い  弟は訊い  茅野雄は尚も訊い  茅野雄は押し強く訊い  意外そうに訊い  三人へ訊い  誰ともなく訊い  顔つきを見守りながら訊い  のか、と訊い  なつたんだ、と訊い  検事は訊い  のかと訊い  ワイフに訊い  痛みはどないやとも訊い  誰に訊い  彼は訊い  エマニュエルに訊い  彼に訊い  ディーンが訊い  僕が訊い  ジェニファーが訊い  ダナが訊い  前まで来て訊い  彼が訊い  ラリーが訊い  ひとりが訊い  マニュエルに訊い  波乗り仲間が訊い  ジェーンは訊い  時間を訊い  部屋からラリーが訊い  直接、訊い  一件を訊い  僕も笑いながらまた訊い  ように訊い  顔をふきながら訊い  君助は思はず訊い  やうに訊い  大工さんに訊い  思ひ出して訊い  校長が訊い  豹一に訊い  顔をして訊い  事情を訊い  教授にそう訊い  一人が訊い  社長に訊い  豹一は思わず訊い  連中がそう訊い  機会だと思って、訊い  豹一はやっと訊い  テレ隠しに訊い  何者だ、と訊い  了簡を訊い  作業服に訊い  風に訊い  名前が分らないかと訊い  管理人に訊い  近所で訊い  景は訊い  一人に訊い  景はまた訊い  鄭に訊い  いるかと訊い  母は訊い  幾度か訊い  若い声で訊い  不思議に思って訊い  九郎右衛門に訊い  事を訊い  斯う云って訊い  忠清は訊い  卜翁は訊い  貝原に訊い  宏子は当らずさわらずに訊い  妹に訊い  なほ平然として訊い  父は訊い  高札を指して態とかう訊い  男が訊い  二人にかう訊い  なかで訊い  席が空いてないか、訊い  私にかう訊い  画家は訊い  使へるかどうか訊い  湖畔へ行くかどうかと訊い  率直に訊い  声が訊い  ことを止めて訊い  いくつは好く訊い  声で訊い  道助が訊い  にこにこしながら訊い  のを見て待ってゐて訊い  礼子さんを呼んで訊い  様子を訊い  想像を訊い  茂才先生に訊い  首をかしげて訊い  趙白眼はこわごわ訊い  親爺はしんみりと訊い  私が訊い  ために震えながら訊い  両手をさし伸べて訊い  熱心に訊い  ナルモヴが訊い  小声で訊い  紹介してもいいかと訊い  彼女は訊い  声を忍ばせて訊い  検屍官は訊い  自分自身に訊い  わたしは重ねて訊い  わたしは訊い  時に訊い  注意を払いながら訊い  人たちに訊い  わるに見まわしながら訊い  著書を持っていないかと訊い  お前往って訊い  誰かに精しく訊い  ジョヴァンニは訊い  青年は訊い  笑い方をして訊い  声をとがらして訊い  伏目がちに訊い  彼は突然に訊い  凝視めながら訊い  彼がこう訊い  顔を見なかったかと訊い  キッティは訊い  病気ではないかと訊い  子に訊い  芸術写真師に訊い  息を弾ませて訊い  おだやかに訊い  私は訊い  物を訊い  何を訊い  値いを訊い  僕はまた訊い  急に向き直って訊い  祖父が訊い  なんだ、と訊い  彼女に訊い  あまに訊い  直接に、訊い  裡誰かに訊い  ほうへ歩み寄りながら訊い  級長に代わって訊い  生徒にも訊い  腕を這わせながら訊い  しかし、どんなに突っ込んで訊い  自分でいろいろと訊い  好みなどを訊い  家を訊い  何人に訊い  喬生はいくら訊い  老人はこう言って訊い  ことだと訊い  老人はこう云って訊い  これでおおかた訊い  俺が訊い  から、訊い  役儀のおもてで訊い  前で訊い  万屋に訊い  宿で訊い  ころはまだ訊い  俺に訊い  品に訊い  顔を見上げながら訊い  簡単率直に訊い  王は訊い  死人等が訊い  トオカルが訊い  眉をよせながら訊い  不安らしく訊い  歩いてる人に訊い  床屋へ入って訊い  おれに訊い  機會に訊い  頼みを訊い  知人に訊い  側から訊い  笑ひながら訊い  目ばたきしながら訊い  ミサ子が訊い  方へ出して訊い  子供っぽく訊い  しづ子が訊い  当りですかって、そりゃしつこく訊い  使いに訊い  看護婦に訊い  真先に訊い  点について訊い  ちょっと不審そうに訊い  庄は訊い  様子を見ながら訊い  傍へ寄り添いながら訊い  調子で訊い  げに訊い  都合を訊い  気にかけて訊い  邪慳そうに訊い  框に腰掛けて訊い  気にしては、訊い  ところを揺りながら訊い  庄に訊い  伯母も訊い  続きだろう、こう訊い  亭主を呼んで訊い  嬶が訊い  武一に訊い  フランボーが訊い  唐突に訊い  名前なら大抵知っているのでそう訊い  安次が訊い  勘に訊い  安次を覗いて訊い  安次に訊い  んに訊い  生一本だらうといふのであつたが、訊い  停車場で訊い  ぐあいはどうだと、訊い  理由は、訊い  者ごとに訊い  ピオニェールカに訊い  ミーチャに訊い  千登世は訊い  方から投げ出して訊い  時偶だしぬけに訊い  女房が訊い  アンマをよんで訊い  本因坊に訊い  設計者に訊い  属籍を訊い  陸生に訊い  それを訊い  腑に落ちなささうに訊い  彫りものを指さしながら訊い  月代に、そう訊い  機会に訊い  六樹園が訊い  よしあしを訊い  由は待ちかねて又訊い  意見を一応訊い  伯母は訊い  問官が訊い  ちよいと訊い  本人に訊い  皆んなに訊い  八五郎親分に訊い  傍聴者諸君に訊い  人達に訊い  さんに訊い  だれだと訊い  家へ行って訊い  熊に訊い  兼はまた訊い  不安らしくまた訊い  ことはないかと取りあえず訊い  次郎左衛門が訊い  掛橋はまた訊い  光はふと振り向いて訊い  亭主に訊い  次郎左衛門に訊い  料簡も訊い  治六に、もうなんどきだと訊い  気まぐれに訊い  かに主人に訊い  一料簡で訊い  のだと訊い  彼はまた訊い  八橋になにげなく訊い  治六を連れて来ないかと訊い  兄はあわただしく訊い  光はそっと訊い  丞は訊い  ためにまた訊い  顔を覗きながらまた訊い  筆をおいて訊い  蔭ながら訊い  前ににじり寄って来てすぐに訊い  たよりがあったかなどとも訊い  人に訊い  屑屋に訊い  出来事におどろかされながら訊い  父はまた訊い  中斎は訊い  静かに訊い  身分を訊い  頤を向けて訊い  顔が出るとすぐ訊い  行先について訊い  貴女に訊い  貴方に訊い  傍に寄って訊い  森君は又訊い  お母さんに訊い  犬を指しながら訊い  フト思ひ出して訊い  スパイに訊い  事情かと訊い  ハヤブサに訊い  ジグスに訊い  のを憂いて訊い  顔を上げて訊い  気持ちから訊い  上から彼らに訊い  心配気に訊い  呆気にとられて訊い  雪ちゃんに訊い  名前を訊い  居処を訊い  婢を呼んで訊い  だんだんに訊い  誰かと訊い  父に訊い  声色で訊い  父が訊い  帆村はつい訊い  豊乃に訊い  麻雀ガールにちょいと訊い  帆村に向って訊い  検事が訊い  のを知らぬかと訊い  帆村に訊い  自分たちに訊い  つて蕗子さんに訊い  眸を光らせて、はっきりと訊い  感嘆して訊い  千枝子に訊い  祖父は訊い  貪慾に訊い  主人が訊い  ようで訊い  わけを訊い  銅器工に訊い  連中ならきっと訊い  百姓に訊い  彼は慌てて訊い  桃子はおびえながら青くなって訊い  ことだけ訊い  好奇心をもつて訊い  しろへ訊い  商店にも一々這入り込んで訊い  背中へ訊い  何うかと訊い  父親に訊い  鶴さんにも訊い  一つ皆さんに訊い  上さんに訊い  お前に逢ったら、一度訊い  理由を訊い  先に訊い  試しに訊い  さそうに訊い  友達に訊い  時不思議そうに訊い  いろいろ人に訊い  話を訊い  作はおずおず訊い  料簡を訊い  絹が訊い  おせっかいに訊い  衆智に訊い  覚悟かと訊い  左右に訊い  青年を叩き起して訊い  バアトンに訊い  ルウスから電話でも来たかと思って訊い  仕事かと訊い  学生を掴まえて訊い  ようにして訊い  巡査に訊い  それから私はやっと訊い  看護婦達に訊い  しようもなく、ただこう訊い  そうに訊い  息をはずませながら訊い  事もなしに訊い  躾けに訊い  のは、と訊い  会つて、訊い  病人たちに訊い  つもりですかと訊い  先へ近づいて訊い  国老に訊い  報らせを訊い  君に訊い  残念そうに訊い  正直に訊い  手前がいろいろ訊い  林さんから訊い  同僚たちに訊い  みなさんに訊い  礼子に会って訊い  自分に合せてゆがめてあるので、多く訊い  ところへ立ち寄って、思いきって訊い  事情などを訊い  閾を跨いで訊い  気軽に訊い  不安そうに訊い  面で訊い  税は又訊い  勘兵衛は訊い  松女が訊い  息をはずませて訊い  息をひそめて訊い  それに訊い  陳述からさきに訊い  つもりもなしに訊い  材料はないかと訊い  なにを訊い  逼って訊い  一生懸命になって訊い  お玉が訊い  世話人は訊い  表情をして訊い  武士は訊い  大江山警部は訊い  人を捉えて訊い  理由があって訊い  私が行って訊い  真面目になって訊い  ことでも訊い  不自由でしょうと訊い  顔を見て訊い  名を訊い  巴里へ訊い  大佐は訊い  とき彼女が訊い  顫わせて訊い  七兵衛はまた訊い  ようにまた訊い  摺り寄って訊い  此はかさねて訊い  しずかに訊い  気を取直して訊い  お父さんに訊い  家毎に訊い  中間が訊い  金兵衛は訊い  膳に向いながら訊い  不審そうに訊い  横から訊い  風を送りながら訊い  つて優しく訊い  誰にでも訊い  住宅を訊い  三度目に訊い  事務員は訊い  男自身に訊い  朋輩に訊い  一緒にあるきながら又訊い  佐山君は訊い  紀ノ国屋で訊い  父さんに訊い  用事を訊い  人が出て来はしないかと訊い  ために訊い  一つ事を訊い  万事をことごとく口ずから訊い  のかと段々訊い  乳呑児を揺りながら訊い  ホーキン氏が訊い  巫女に訊い  大男は訊い  ゴルドン大佐がまず訊い  不思議そうに訊い  首を屈めて訊い  井伏先生に訊い  要領を訊い  意見を訊い  小女のやまに訊い  娘に訊い  思切って訊い  身の上話を一応訊い  子供に訊い  長椅子に来てかけながら、訊い  口調で訊い  評判などを訊い  ささやき声で訊い  私、訊い  伸子は訊い  どこからですって訊い  傍から訊い  方を見ずに訊い  御用ですか、と訊い  伸子に訊い  用を訊い  夫にそっと訊い  佃に訊い  玄関で訊い  都合を一寸訊い  逆に訊い  訝しげに訊い  彼を見上げ、訊い  遠慮がちに訊い  帆村君に訊い  介へ訊い  工合に訊い  鎌をかけて訊い  問題として訊い  大寺警部が訊い  警部に訊い  ことは訊い  警部はいらいらしながら訊い  メモを見せながら訊い  どこだと訊い  思つて、訊い  道を訊い  葬式かと、訊い  前に訊い  如何だと訊い  自分は訊い  道順を訊い  手をあげてまた訊い  ことであったが、思いきってこう訊い  方言で訊い  私は、寝ながら訊い  熊沢を訊い  盛政は直ぐに引き取りたるかと訊い  誰かがはっきり訊い  あぐりは訊い  女達が訊い  頬を染めながら訊い  烏啼が訊い  なかったかと訊い  旅人は笑いながらまた訊い  旅人はかれに訊い  わが子に訊い  彼はこう訊い  喬介が訊い  消防手が訊い  時刻を訊い  偽装して訊い  ものはないかと訊い  村松に訊い  口調でこう訊い  口誦む青年子女に訊い  生徒に訊い  甲田は訊い  聲に訊い  此方から訊い  先生だと訊い  昨夜泊つたかと訊い  声に訊い  昨晩泊つたかと訊い  バキチに訊い  当人である三原玲子氏にも訊い  坊主は、と訊い  男性が訊い  原田は訊い  彫刻家に訊い  原田に訊い  彼女が訊い  酒井が訊い  直子が訊い  恵子が訊い  母にも訊い  ヨシオが訊い  岡部が訊い  舞子が訊い  舞子に訊い  かたですかと訊い  裕美子は訊い  顔をしかめながら訊い  とき私はふいと訊い  雇人に訊い  大槻博士にでも訊い  路を訊い  んですか、と訊い  せいだろうと訊い  のですか、と訊い  んだが、そんなに訊い  仲間なんかが訊い  娘は訊い  顫えながら訊い  何でも訊い  病気か訊い  女将にいろいろ訊い  さっき私に訊い  心配そうに訊い  アンポンタンがそう訊い  気持を訊い  お子さんと訊い  帰りに訊い  から、また訊い  しゃるろはこう訊い  わたしも笑いながら訊い  好奇心にそそのかされて訊い  無理になだめすかして訊い  文次郎は見かえって訊い  文次郎はまた訊い  峰はまず訊い  妻は訊い  生年月日を訊い  てゐないかと訊い  無理にも訊い  来歴を訊い  それからあらためて訊い  ふしぎに思って訊い  かいと訊い  落ち着きをもって訊い  怪訝そうに、しかし馴れなれしく繰り返して訊い  怪訝そうに訊い  瞠って訊い  椅子にかけながら訊い  微笑みながら揶揄的に訊い  支度をしながら訊い  ひと足踏み出しながら訊い  道など訊い  在所を訊い  何か訊い  あなたが訊い  行く先を訊い  から私はなんどり訊い  言葉を強くして訊い  前日女に向って訊い  店屋で訊い  繁さんに会って訊い  幾ツだと訊い  正季はまだ訊い  腰かけ茶屋で訊い  中門でも訊い  頭をつかまえて訊い  口吻をなおいろいろ引き出して訊い  何か読んだかと訊い  公爵夫人が訊い  から彼女が訊い  わたしに訊い  ルーシンが訊い  穴をひろげて訊い  マイダーノフが訊い  マレーフスキイが訊い  ジナイーダは訊い  ジナイーダが訊い  微笑を浮べて訊い  あざはできなかったかと訊い  男に訊い  からわたしは訊い  わたしはまた訊い  吉次郎をよんで訊い  門をくぐると直ぐに訊い  直ぐに訊い  どこですか、なんて訊い  刑事が訊い  羽色等について委しく訊い  値段を訊い  名前など訊い  眉をひそめて訊い  のぞきながら訊い  冗談半分に訊い  方など訊い  兵に、訊い  刑部へ訊い  彼をよんで訊い  兵に訊い  あなたが泣くか、っても訊い  何だかと訊い  んだと訊い  病状など訊い  勅使のしさいを訊い  いふ事をくはしく訊い  人々に訊い  三次が訊い  動きを訊い  反対に訊い  隣の女の子に訊い  声を小さくして訊い  女が訊い  茂左衛門はまた訊い  大変お困りと訊い  それからイエスはこう訊い  イエスはこう訊い  カヤパはこう訊い  彼は先ずこう訊い  彼女は追っかけて訊い  彼女へ訊い  時私はこう云って訊い  どれかと訊い  誰だかとくどく訊い  色もなく訊い  私は帰るなり訊い  手つきで訊い  椅子に坐らせて訊い  傍に佇って居て訊い  あなたはどうする、と訊い  途は訊い  途を、訊い  気にかかるので、しきりに訊い  ボオト屋へ訊い  ため時間を訊い  学生を呼んで、訊い  経過を親しく訊い  師氏が代って訊い  いつかお前が訊い  ぢさんは訊い  本を貸入れたかと訊い  七は訊い  おじさんは訊い  本を貸し入れたかと訊い  七はかんがえながら訊い  七はまた訊い  清さんに訊い  何げなく訊い  猪口をおいて訊い  十右衛門は訊い  七は空とぼけて訊い  冬どんに逢ってそれとなく訊い  吉に訊い  茶を飲みながら訊い  何を奪られたか、よく訊い  記録所へでも伺って訊い  文観からそこを訊い  色も変えて訊い  七はだしぬけに訊い  源次に訊い  墓には始終お詣りがあるかと訊い  お婆さんに訊い  蛇に殺されたと訊い  七は笑いながら訊い  符売りに訊い  好奇心にそそられて又訊い  行状などを少しばかり訊い  眼を拭きながら訊い  七老人に訊い  徳寿に訊い  女に訊い  庄太は待ち兼ねて訊い  十右衛門に訊い  役人に逢って訊い  風俗を訊い  六に訊い  声をかけて訊い  槇原はすぐに訊い  カマをかけて訊い  人が訊い  まきに訊い  熊蔵に訊い  七はまず訊い  七は追いかけて訊い  利兵衛に訊い  膳を引きながら訊い  家で訊い  七は歩きながらそっと訊い  七はかんがえながら又訊い  利兵衛は訊い  此さんに訊い  宿がよいかなどと訊い  七蔵を指さして訊い  頤で示して訊い  眉をよせて訊い  七はあるきながら訊い  草履を穿きかえながら訊い  吉見が来たらしいかと訊い  辰蔵に訊い  左右を見かえりながら又訊い  唇をふるわせて訊い  こっちで訊い  胸をどきつかせながら訊い  不幸でもござったかと訊い  向うへ行って訊い  胸を躍らせながら訊い  猫か詳しく訊い  ために少し訊い  近所へ行ってそっと訊い  小声でまた訊い  しろを見返りながら訊い  荒物屋で訊い  七兵衛は訊い  わたしは又訊い  浪に訊い  婆さんに訊い  七はすぐに訊い  年頃を詳しく訊い  小娘にそっと訊い  七は又訊い  ことを少し訊い  午過ぎに行って訊い  住職に訊い  宗吉に訊い  番頭に訊い  上で、あらためて訊い  銀蔵を見かえって訊い  女房に訊い  竹に訊い  なかを指さして訊い  顔色をうかがいながら訊い  七はたたみかけて訊い  丁寧に訊い  念を押して訊い  者によく訊い  多吉は訊い  式部は訊い  七はいろいろ訊い  奴だか、よく訊い  七はそらとぼけて訊い  誰が来て訊い  女は又訊い  人はなかったかと訊い  番頭はおずおず訊い  のか、ついぞ訊い  七はかさねて訊い  砂をはらいながら訊い  介よ、やさしく訊い  あとでもよい、よくいたわって、訊い  騎影に訊い  店口へよび出して訊い  風俗をくわしく訊い  船頭仲間で訊い  七は笑いながら又訊い  澹山はまた訊い  伝兵衛は坐り直して訊い  彼はわざと落ち着き払って訊い  彼女のまえに押しやりながら訊い  それからだんだんと訊い  仔細を訊い  広は訊い  手紙かと訊い  七は先ず訊い  柱によりかかりながら先ず訊い  鉄に訊い  六助をよび止めて訊い  冠蔵は笑いながら訊い  七は、また訊い  門口から紋作を訊い  なにしろ師匠に逢ってよく訊い  与力はかさねて訊い  から小声で訊い  眼をやりながら訊い  勝次郎は訊い  徳はまた訊い  徳は訊い  不安らしく慌てて訊い  徳は待ちかねて訊い  わたくしは追いかけて訊い  お国は訊い  お国はすぐに訊い  藤次郎は訊い  熊蔵は訊い  小僧を見かえって訊い  七も笑いながら訊い  猪口をさしながら訊い  松吉は訊い  案内者に訊い  友吉に訊い  爺さんに訊い  興味をそそられて訊い  どこですなどと訊い  最後に訊い  彼は重ねて訊い  幸次郎をみかえって訊い  小僧を呼びとめて訊い  七は更に訊い  者に訊い  座敷へ呼んで訊い  空を仰ぎながら訊い  捉まえて訊い  わたしはすぐに訊い  仲間に訊い  妻が訊い  長造が訊い  将校が訊い  兵士に訊い  ように、訊い  僕、訊い  徳次はあるきながら訊い  徳次はまた訊い  七は重ねて訊い  吉五郎は笑いながら訊い  彼は押し返して訊い  誰だと訊い  わしく訊い  庄太はあるきながら訊い  茶屋へ行って訊い  駕籠屋で訊い  一緒にあるきながら訊い  訳を訊い  模様などを詳しく訊い  巳之助に訊い  酌をさせながら訊い  七は突然に訊い  のですが、よくよく訊い  顔を撫でながら訊い  眼をふきながら訊い  冗談に訊い  代りをあつらえながら又訊い  わたしは続けて訊い  私は重ねて訊い  善八はあるきながら訊い  心あたりを訊い  上に転がしながら訊い  庄太は訊い  冗談らしく訊い  彼はかさねて訊い  家主に訊い  奴をだまして訊い  小僧に訊い  善八は訊い  幸次郎は振り返って訊い  団扇を使いながら訊い  それを指さして訊い  米屋はないかと訊い  二人に訊い  わたし達に訊い  七はすかさず訊い  我を折って又訊い  亀吉はすぐに訊い  カマを掛けて訊い  駕籠屋に訊い  かみさんに訊い  七は畳みかけて訊い  宗助に訊い  息子に訊い  亀吉は訊い  私は笑いながら訊い  直義へ訊い  直義に訊い  亀吉が訊い  勘太は空とぼけて訊い  兼松は訊い  七は入れ代って訊い  好奇心に駆られて訊い  膝を浮かせながら訊い  彦兵衛が訊い  藤吉が訊い  立話しながら訊い  七老人は訊い  値を訊い  幸次郎は訊い  善八に訊い  襟首を捉えながら訊い  甚右衛門に訊い  店へ寄って訊い  用で来合わせたので、共々調べて訊い  庄太郎が訊い  惣平次が、訊い  源蔵はかさねて訊い  勝が訊い  源蔵はまた訊い  北は又訊い  由は再び訊い  由はすぐに訊い  あとで好く訊い  勝をゆりおこして訊い  富が訊い  それに答えないで、また訊い  男は訊い  長三郎はすぐに訊い  者にも訊い  長三郎は又訊い  腰をかけて訊い  源蔵は訊い  長三郎は訊い  長三郎はそらとぼけて訊い  吉五郎はまた訊い  煙管をはたきながら訊い  顔をながめながら訊い  住職はまた訊い  由は又訊い  声を鋭くして訊い  摺り寄って又訊い  のを堪えながらおとなしく訊い  きょうは起きられるかと訊い  顔をすり寄せて訊い  留吉はまた訊い  吉五郎は訊い  源蔵に訊い  吉五郎はかさねて訊い  猪口を差しながら訊い  理右衛門は笑いながら訊い  理右衛門に訊い  足進み寄って訊い  ように又訊い  眼につかないので訊い  睫毛を向けて訊い  不安げに訊い  ときつや子が訊い  模様を訊い  心底をよく訊い  場所を訊い  婢に向って訊い  老人に訊い  様に訊い  気持ちを訊い  銀三が訊い  小声になって訊い  用事などを訊い  誰にともなくふと訊い  泥棒にきたかと訊い  それを呼びとめて訊い  次手に訊い  何処からきたかなどと頻りに訊い  佐平は訊い  青年に訊い  里程などを訊い  斯う訊い  もっと詳しく訊い  それからいろいろ訊い  写真なんかも同じですかしらと訊い  何人かに訊い  梶さんに訊い  夫人に訊い  スクルージは訊い  スクルージは畳みかけて訊い  誰であったかと訊い  側へ逸らしたいと望みながら訊い  眼を留めながら訊い  自宅へ帰って来てもいいかって訊い  それに答えて訊い  箱から煙草をうんと取り出しながら訊い  力なげに訊い  ようにしながら訊い  伝市と走りながら、あわてて訊い  従兄が訊い  権四郎爺に訊い  駅夫に訊い  宿を訊い  のかなどと訊い  首筋をふきながら訊い  朝鮮語で訊い  天に訊い  つたのかい、と訊い  彼に会って訊い  僧は訊い  叔父は又訊い  叔父は訊い  火を焚き添えながら訊い  老人が訊い  顔を見まわしながら訊い  叔父は畳みかけて訊い  質問を訊い  氏に訊い  何色かと訊い  世辞で訊い  ときでも訊い  梶は訊い  事をいろいろ訊い  ものだろうと、訊い  署長は直ぐに訊い  時間について訊い  運転手を探して訊い  勘定を訊い  そん時院長さんに訊い  出発地だけ訊い  動物学者が訊い  テーブルに載せながら訊い  顫わせながら訊い  眼を細めながら訊い  眼にじっと見入りながら訊い  フォン・コーレンが訊い  サモイレンコに訊い  心に訊い  傍に立って訊い  サモイレンコは思い惑って、そろそろ怒りだしながら訊い  ラエーフスキイは訊い  ラエーフスキイが訊い  フォン・コーレンが笑いながら訊い  動物学者は訊い  居酒屋へはいりながら訊い  ジョーンを振り向いて訊い  事を話したり訊い  由子は訊い  ちよつと訊い  助も訊い  助はそう訊い  過去について語ろうとせず、訊い  源女殿へ訊い  事情を詳しく訊い  武士が訊い  口々に訊い  澄江は訊い  夫婦に訊い  爺に訊い  必要があるだらうかと訊い  ブラウンが訊い  イグナート・イグナートウィッチに訊い  肩ひっ掴んで訊い  一座のものに訊い  法学生に訊い  法學生に訊い  芝居茶屋へ訊い  若い夫に訊い  嫌ひな忠太と訊い  不快であるかと訊い  心から惜しいと思うかと訊い  一言も訊い  斯う改めて訊い  窃めて先ず訊い  ひろ子が訊い  ひろ子に訊い  電気熔接学校と云って訊い  七斤ねえさんは少しせき込んでせわしなく訊い  兄はかさねて訊い  執拗く又訊い  商人は訊い  車掌は訊い  奥さんは再び笑いながら訊い  巡査は更に訊い  多代子さんにいろいろ訊い  ときに訊い  多代子さんに訊い  わたしはまず訊い  知らない顔で訊い  意外に思いながら訊い  善事を訊い  前かがみになって訊い  世辞に訊い  から次へ、訊い  何う訊い  母親が訊い  姉に訊い  ちょっと人に訊い  ふうに訊い  十七でしたね、と訊い  から黙って訊い  淺野がかう訊い  はずだと思って、すぐ訊い  眼で訊い  どこだなどと訊い  ふり返って、訊い  わたしはかさねて訊い  左右をみかえって訊い  私たちは訊い  勉に訊い  乙女に訊い  笑顔になって訊い  方が訊い  馬は訊い  甲谷に訊い  甲谷は訊い  柳に訊い  上から一等運転士が訊い  コートを脱ぎながら、気忙しく訊い  増は訊い  気なしに訊い  二度も訊い  増に訊い  室に訊い  一度あなたから、よく訊い  わしの訊い  小頭さんに、訊い  母さんが訊い  なんでも訊い  家賃はいくらすると訊い  庚娘は驚いて訊い  ぁんに訊い  英語で訊い  折竹にこう訊い  真知子が訊い  風呂はどうかと訊い  母が訊い  土蔵前へ連れて行き、よく訊い  すゞに訊い  小山は訊い  彼は歩きながら訊い  声をひそめて訊い  時にまた訊い  参詣に来なかったかと訊い  そばへ行ってこわごわ訊い  忠通はまた訊い  婆に訊い  千枝松はあわただしく訊い  徐かに訊い  頼長は笑いながら訊い  口紅をぬぐいながら訊い  阿闍梨はまた訊い  得意らしく又訊い  腕を揺すぶりながら訊い  人ごとに訊い  唇を咬みながら訊い  ひと足すり寄って訊い  弟子に訊い  月明かりで覗きながら訊い  会釈しながら訊い  翁に訊い  千枝太郎は訊い  名所などを訊い  千枝太郎は怖るおそる訊い  中から焼夷弾かと訊い  祖父さんに訊い  ミルキ閣下が訊い  母さんから訊い  誰かに会って訊い  のか、訊い  フォークも取らずに訊い  今朝の新聞があるかと訊い  目的を訊い  驚ろいて訊い  其処ら中を訊い  説を訊い  お前にはまだ訊い  小枝子に振向いて訊い  民部がすぐ訊い  ことはやったというが、いくら訊い  ひとが、先ず訊い  文さんに訊い  意地わるく訊い  僕は空とぼけて訊い  私は待ちかねて訊い  額を拭きながら訊い  名前なんか訊い  無遠慮に切り込んで訊い  顔をしかめながらまた訊い  飯をくいながら訊い  声でまた訊い  靜かにさせながら、やがて訊い  令嬢は訊い  医者にも訊い  窓から首を出して訊い  事務所へ行ってよく訊い  用件を訊い  直接あたって訊い  久子さんに訊い  気にかかってならなかったが、強いて訊い  五右衛門に訊い  勝子が訊い  君江から、すっかり訊い  顔を見るなり、訊い  者はいないかと訊い  早口で訊い  情勢などしきりに訊い  水戸は、せきこんで訊い  ドレゴが訊い  ホーテンスが訊い  ホーテンスは訊い  打合せ会議が済んだかどうかを訊い  重役に訊い  吐息と共に訊い  怪人が訊い  しな小声で訊い  手を洗いながら又訊い  関係などを訊い  火をつけて訊い  有様をいろいろ訊い  声を出して訊い  サチ子をひきよせて訊い  魚はめんくらって訊い  所を訊い  汗が出るかと訊い  どこかといって訊い  方角からどうして来たかと訊い  王侍御に逢って訊い  客がもう帰っていないので、訊い  水は訊い  卓一は訊い  左門は訊い  足音が訊い  老村長はぶつきらぼうに訊い  別に一寸訊い  中川へやってあった、訊い  きのう慶応でいろいろ訊い  素性を訊い  家内が起きたら訊い  菊龍に訊い  尾沢は訊い  ことは無かったかと訊い  通りにと思ってわざわざ訊い  指にひっかけてのび上って、そういつもいつも訊い  確めて訊い  あたしに訊い  僕達が訊い  手を引いて歩き出しながら、それとなく訊い  話をしてゐなかつたかと、訊い  外に出るとすぐ訊い  今も訊い  語調をかへて訊い  小父さんが訊い  ところがあるので訊い  學生に訊い  氣持で訊い  弟に訊い  ゆうべあんなにまで訊い  氣がしたんで、あんなに訊い  頭に訊い  二郎がしつこく訊い  声で、訊い  驛員に訊い  武士を泊めたかと訊い  これはいいことを訊い  誰やらが訊い  和製タゴールさんに訊い  三木君のことも訊い  パパでもわかるかと思って訊い  内儀に訊い  あれにも訊い  少年が訊い  紳士に訊い  ペラゲーヤに訊い  円通に訊い  用向きを訊い  らにそっと訊い  智通は訊い  崔は訊い  先生は訊い  男がかれに訊い  内から訊い  蒋はまた訊い  蛇を見たかと訊い  その男は訊い  何者だと訊い  宗にむかって突然に訊い  主人が怪しんで訊い  主人はまた訊い  賈は訊い  梁は訊い  児は訊い  韓氏が見かねて訊い  老人は訊い  県令に訊い  墓であるかと訊い  何者かと訊い  表をみながら訊い  探偵的興味に誘われてまた訊い  意外らしく訊い  そいつを訊い  ところがあったら訊い  芝居をしようかと訊い  おうむ返しに訊い  そいつに訊い  竹割りを訊い  北原に訊い  恵理子は訊い  五郎が訊い  美樹子が訊い  中原に訊い  仲間が訊い  深町にそんなふうに訊い  順子が訊い  深町に訊い  江利子が訊い  順子は訊い  柴崎は訊い  美枝子が訊い  水谷啓子が訊い  柴崎が訊い  矢野に訊い  矢野が訊い  交通巡査が同時に訊い  将棋会所を訪ねて訊い  気か、と訊い  首を動かして訊い  つて徳次が訊い  半分に訊い  富田が訊い  のかね、と訊い  小谷に訊い  房一は訊い  大声で訊い  一二度症状を訊い  なつて訊い  実父は、訊い  郵便屋にも訊い  それから運転手に訊い  熱心になって訊い  早瀬君はまた訊い  ライオンスに訊い  序に訊い  杉村に手渡しながら訊い  ひとつ腹を割つて訊い  茶をのみながら訊い  首をかしげながら訊い  神明へ行って訊い  アンガスが訊い  眉をつりあげながら訊い  山に訊い  川に訊い  谷なりにまず訊い  間違いではないかと思ったので訊い  自然によく訊い  着物が出て来たので、何かと訊い  ツて訊い  彼は立寄って訊い  縁側へ出て訊い  顔付で、そっと訊い  容子で訊い  自分で訊い  あたしが訊い  ケリルが訊い  入浴で、と訊い  一つひとつに即いて訊い  評判を訊い  六二一番を叩いて訊い  不興気に訊い  ことなどを訊い  から真弓が訊い  友は訊い  蔵原さんが訊い  何だねと訊い  居心地わるく感じて、訊い  キラキラさせて訊い  矢崎に訊い  伊田に訊い  朝子に訊い  幸子が訊い  富貴子が訊い  富貴子に訊い  アレクセイに訊い  肩をすくめて訊い  私を見ながら訊い  耳もとで訊い  自分に訊い  のと、どうせ訊い  身元から訊い  細君が訊い  形で訊い  細君は笑いながら訊い  島田が訊い  比田に訊い  能く訊い  健三に訊い  それを詳しく訊い  健三も訊い  細君に向って訊い  常葉に訊い  から窕子は訊い  やつと訊い  ことについて、いろいろと訊い  田沢がやや暫くして訊い  四郎にこう訊い  安心して訊い  莞爾に訊い  卒然と訊い  助は優しくまた訊い  北山は訊い  來るかと訊い  若い木挽にも訊い  老人にも訊い  用心を一方に持ちながら訊い  一人を見つけて訊い  一つずつ持ち上げてみながら訊い  新子は訊い  美和子に訊い  子供達に訊い  新子に訊い  新子はつい訊い  お母さまが訊い  準之助氏は、たまりかねて訊い  それ以上は訊い  準之助氏が、まず訊い  準之助氏は、続けて訊い  美沢は訊い  女御主人にでも訊い  追撃をするかどうかと訊い  三度までくり返して訊い  十吉は笑いながら訊い  外記はわざと落ち着いて訊い  一ぺん駅までひっかえして、訊い  気がかりだったので訊い  のか訊い  てゐようと努めながら訊い  私は急き込んで訊い  慰め顔に訊い  なおさんに訊い  事務員が訊い  鷹揚に訊い  重役が訊い  心持を訊い  君が訊い  一本摘んで訊い  彼女はおずおず訊い  想像して訊い  身の上を訊い  蛞蝓は訊い  チョッと見やりながら訊い  私は努めて、平然としようと骨折りながら訊い  大切なことを訊い  振りかえって訊い  もっと直吉にいろいろ訊い  師にして学んだか訊い  ことを、いやに執こく訊い  者に、訊い  ようですから、戻って訊い  坊さんに訊い  お坊さまをとらえて訊い  いるか否かを訊い  囲いへ行って訊い  者はないかと訊い  どこから来たかと訊い  二人とも訊い  侍臣へ訊い  御意を訊い  白石治右衛門が訊い  香具師へ訊い  香具師は訊い  不思議に思って詳しく訊い  田中に会って訊い  居合す者たちに訊い  うわさでも訊い  小女へ訊い  うにして訊い  それは訊い  おれからよく訊い  友が訊い  口に出して訊い  何だと訊い  八帖寺へ行って、訊い  臆面もなく訊い  何遍でも訊い  ひとつはつきりと訊い  醉はん時優しく訊い  顔に向けて訊い  こと、いろいろ訊い  時李白がこう訊い  んですかな、と訊い  村へはいったら訊い  堀部君は訊い  雪を払いながら訊い  家が無いかと訊い  一緒になってくれるかどうかを訊い  眼だけを向けて訊い  巡査は細々と、しつこく訊い  伊藤が立ち上がりながら、そう訊い  弓之助は訊い  顔色を見い見い訊い  左伝次はこう訊い  のじゃああるまいかと思うが、若しそうだったらどうしましょうと訊い  事、訊い  駅員に訊い  ベランが訊い  ミミが訊い  腰をさすりながら訊い  態度で訊い  半分信子に訊い  姉がこんなに訊い  根掘って訊い  真面目顔をして訊い  者へ訊い  小次郎が訊い  男が笑いながら訊い  美作は訊い  兵馬は訊い  ついでに訊い  折竹に訊い  のに気がつきながら訊い  実だと訊い  セルカークが訊い  秋山は訊い  跳らせながら訊い  人にいろいろ訊い  ことをいって訊い  私はやさしく訊い  ところを、いくら訊い  もう一度よく訊い  ことも訊い  人をやって訊い  兄さんに訊い  無理にでも少し食べられないかつて、訊い  お前に訊い  僕は小突かれながらも慌てて訊い  音次をよんで訊い  来歴について訊い  少年に訊い  雅堂に訊い  ここは空いていますかと訊い  所も訊い  活版所をさがして訊い  彼方此方で訊い  狙いをつけて訊い  一軒のこらず訊い  石はないかと訊い  英専に訊い  真率に訊い  ことなど訊い  地名を知るかと訊い  女中にでも訊い  葉ぼり訊い  卯女子がゐるだけで、訊い  手を捕へて訊い  風呂はどうか、と訊い  里人に訊い  十郎が訊い  私は黙って見ていられなくなって、訊い  眼で指しながら訊い  伊助さんですかと訊い  伍は立ち上って訊い  方から一度こう訊い  何処だと訊い  何も訊い  タケノコを訊い  シラミつぶしに訊い  一軒ずつ訊い  直に訊い  ちょッと行って訊い  紅潮させて訊い  父はもう帰ったかと訊い  何処ですかと訊い  おばあさんに訊い  がちに訊い  神南佐太郎に訊い  堀口はまた訊い  から貴公たちに訊い  織衛は笑いながら訊い  神南が訊い  フリント君が訊い  医者はないかと訊い  気にして詳しく訊い  箸を動かしながら訊い  噂を訊い  話を詳しく訊い  病状を訊い  事を思ふだけに、何と訊い  動しながら訊い  本心を訊い  わしは、訊い  望みを訊い  側に坐って、訊い  こと僕に訊い  社へ行って訊い  私に向って訊い  周作は笑いながら訊い  気が付いてこう訊い  一閑斎は訊い  義助はあるきながらそっと訊い  義助は訊い  杉は訊い  彼は立ちどまって訊い  其処へ寄って訊い  目を瞬きながら訊い  様子で訊い  口数少く訊い  菜穂子に訊い  赤帽に訊い  グロウヴスが何と訊い  顔にあらわして訊い  老婆が訊い  嬰寧に訊い  なかった理由を訊い  女を見て訊い  贅のあるなしを訊い  お前に会って訊い  磯子が、そう訊い  悪いことを訊い  配当金いずれにありやと訊い  庄三郎は訊い  信玄はこう訊い  甚太郎はまた訊い  彼は恭しく訊い  優婆塞は訊い  感心して訊い  横柄に訊い  名か、訊い  衛士が訊い  音を気づかいながら訊い  波は立ちませんかと訊い  妻に訊い  医者が痛いかと訊い  上、訊い  事情が訊い  行つたものか詳しく訊い  さまに訊い  のでしょうと訊い  久助は訊い  尊に訊い  真赤にして訊い  醫者は訊い  梅三爺は訊い  とぎれとぎれに訊い  ピリニャークをどう思うかと訊い  文芸部に訊い  思いつきを訊い  さに訊い  自然さに立って訊い  部屋で訊い  静かに抱き起して訊い  ユースタスは訊い  ブライトは訊い  耳をつねりながら訊い  ファーンは訊い  雷に訊い  価を訊い  ことなど、一向に訊い  電報、といきなり訊い  朝ついて訊い  宗兵衛に訊い  頬ばりながら訊い  身の上なども、訊い  かまをかけて、訊い  乳母に訊い  膝を進めて訊い  躊躇しながらも訊い  小一郎はこう訊い  鯱丸に訊い  生活を訊い  垂井へ行って訊い  住居を訊い  俺が何故と訊い  何気なく庭師に訊い  和泉守は笑いながら訊い  何気なく女に訊い  ままに訊い  二人は訊い  蟹だか訊い  為子が訊い  風呂へ行っていたかどうだか、訊い  泉君は訊い  巡査は訊い  お前からそれとなく訊い  義哉は追っかけて訊い  浪士が訊い  銅助は訊い  希望を訊い  小杉さんに訊い  番人は更に訊い  番人は訊い  面白い記事はなかったかと訊い  以って訊い  僕は歩きながら訊い  メルジイ夫人に訊い  私も訊い  本屋で訊い  常識であるが、訊い  からなかったが、訊い  時、さっそく訊い  三笑亭に訊い  ッて訊い  それ手ミヤゲって訊い  渥美さんに訊い  心あたりは無いかと訊い  機会にずばり訊い  若造が訊い  なにかいろいろ訊い  手を休めて訊い  不審そうに又訊い  采女はまた訊い  わたしが訊い  小坂部もおなじくひざまずいて訊い  しずかに又訊い  小坂部はまた訊い  小坂部は畳みかけて訊い  中国訛りで訊い  ひと足すすみ出て訊い  居間へ呼びよせて訊い  師冬はかさねて訊い  袖に払いながら訊い  中で訊い  息をつきながら訊い  のを待ちかねてまた訊い  油断せずに訊い  師泰は訊い  秀吉は訊い  若い女車掌に訊い  それから婦人党員は訊い  日本女に訊い  疣政に訊い  顔をあげて訊い  のを指して訊い  対手が訊い  知ってるのにわざと訊い  エレーナに訊い  ことはないかとは、訊い  信吉が訊い  信吉に訊い  彼はいそいで訊い  彼を見ながら訊い  アルダナが訊い  エクタが訊い  モリイシャが訊い  青年はささやいて訊い  簡単に訊い  子供が訊い  個人的に打解けて訊い  わたしは畳みかけて訊い  曲り角まで追って来て、そっと訊い  上からからだを乗出して訊い  気に訊い  詞をあらためて訊い  何を思い付いたか、かれはまた訊い  将軍は更に訊い  お前をよんで訊い  羊得が訊い  座頭は訊い  溜息をつきながら訊い  学者たちにも訊い  丁寧にこう訊い  重助をよんで訊い  のではないかと訊い  お年は訊い  半兵衛はどうしたと訊い  少女に訊い  女にそっと訊い  喜兵衛はかさねて訊い  喜兵衛は突然に訊い  喜兵衛は更にすり寄って訊い  姓名を訊い  今回クレチュカを呼び寄せて訊い  小僧が恐る恐る訊い  八郎へ訊い  吉雄幸左衛門へ訊い  もう少し突っ込んで訊い  蔭から貝十郎が訊い  嘉右衛門に強いて訊い  貝十郎は訊い  不愉快そうに訊い  ようにこう訊い  途を訊い  手を入れて訊い  医者に訊い  両替所のありかを訊い  のかと、訊い  行らつしやると訊い  先づ洋子に訊い  その男に訊い  役場へいって訊い  氏の憂ひを訊い  あとでよく訊い  時、訊い  What'steam?」と訊い  方を訊い  用事はないかと訊い  気持はどうですといって訊い  事があるかと訊い  切目を待つて訊い  顔をさし寄せて訊い  小使にむかって訊い  当人に訊い  深入りして訊い  程度を訊い  額を訊い  時期を訊い  ものを訊い  横目に見て訊い  



前後の言葉をピックアップ
キィノー  キィーキィ  キイーキイー  忌い  貴意  聞い  きい  キイ  紀伊  効い


動詞をランダムでピックアップ
寄りかかり立返っもらう執れ反る切り上げる書き換えこうず捧げよむかえる掘り返さ奪い取りかたす申し込ま在さ汚れれ學ばあらわせ睨みあっ突破っ
形容詞をランダムでピックアップ
何気な臭く可笑しきすけななが緩う由由しい白うかたじけな見易う重々し無けりゃ厚くかくかれ善けれ気安い忘れっぽくねちっこい可笑しかっなまっ白い